« February 2005 | Main | April 2005 »

March 2005

Thursday, 31 March 2005

A Cat Named Lunch: A Novella 4 of 4

Episode 1 Episode 2 Episode 3 <<

4_of_4_b

To J1,
A leading member of Tomoki & Js and
Co-founder of the Jalousian Society for International Piece of Cake,


     A Cat Named Lunch: A Novella 4 of 4
     ランチという名の猫 第4話・完(全4話)

Out of the four members of Tomoki & Js, the one who spoke the worst Chinese was J1, who is from SF, CA, USA. His sentences in Mandarin were composed of extremely limited vocabulary, primarily the following four phrases: "wo xiang" 我想 (I think), "suoyi" 所以 (therefore), "wo shi" 我是 (I am), plus "hen hao" 很好 (very good). "Cogito ergo sum. Bravo!" For a student of first-year Chinese to be able to discuss Cartesian philosophy in Chinese was fairly impressive, but J1 normally talked about more mundane matters of life.

J1's favourite expressions were: "Ali shangke. Ta da lanqiu. Ta huijia. Ta zuo zuoye." 阿里上課。他打籃球。他回家。他作作業。(Ali goes to class. He plays basketball. He goes home. He does his homework.) -- straight out of our textbook, which was published by Beijing Language Institute, now Beijing Language and Culture University 北京語言学院 (現・北京語言文化大学).

Our life on campus was not much different from Ali's, as a matter of fact. At Beijing Teachers College, now Capital Normal University 北京師範学院 (現・首都師範大学), we had four classes in the morning and no class in the afternoon. We went to class, usually. We didn't necessarily play basketball, but we played cards, played Madonna and Michael Jackson on the cassette player (remember, it was the mid-1980s), we played the fool, and played away our youth, money and time. We went home, which was one minute walk downstairs, since our classroom and dormitory rooms were in the same building. And we did our homework -- well, most of the time.

While Tomoki & Js were in class, our dear pussycat Lunch a.k.a. 晩飯 had to stay in the dorm room of one of us -- all alone. Obviously she had very few things to do, apart from eating, sleeping, peeing and poohing. As a result, what happened to her?

. . . well, let me introduce to you a comparable case of one of Lunch's uncles in suburban London, who also had few things to do . . .


Mrs B: It's our cat. He doesn't do anything. He just sits out there on the lawn. . . . He just sits there, all day and every day.

Mr A: And at night.

Mrs B: Sh! Almost motionless. We have to take his food out to him.

Mr A: And his milk.

. . . . . .

Vet: Hm. I see. Well I think I may be able to help you. You see . . . your cat is suffering from what we vets haven't found a word for. His condition is typified by total physical inertia, absence of interest in its ambience -- what we vets call environment -- failure to respond to the conventional external stimuli -- a ball of string, a nice juicy mouse, a bird. To be blunt, your cat is in a rut. It's the old stockbroker syndrome, the suburban fin de siecle ennui, angst, weltschmertz, call it what you will.

Mrs B: Moping.

Vet: In a way, in a way . . . hum . . . moping, I must remember that. Now, what's to be done? Tell me Sir, have you confused your cat recently?

Mr A: Well we . . .

Mrs B: Sh! No.

Vet: Yes . . . I think I can definitely say that your cat badly needs to be confused.

Mrs B: What?

Mr A: Sh! What?

Vet: Confused. To shake it out of its state of complacency.

(Monty Python's Flying Circus. Series One, Episode Five: Man's crisis of identity in the latter half of the twentieth century. Original broadcast: 16-11-1969, Tomoki's Xth birthday)


Lunch's uncle will be rescued by the guys from the 'Confuse-a-Cat Limited'. But we had no 'Confuse-a-Cat Limited' in Beijing. So what did Tomoki & Js do to Lunch? We took her out for a walk, out of the confinement of the dormitory room. It was not Tomoki's idea, as far as he remembers. Guess it was J1 or J2 who proposed it.

People walk a dog, no problem. But "walk a cat"? Yes, some people actually do practice it. One expert says about a cat leash as follows: "Cats need specially-made leashes. Dog leashes won't work as cat leashes because a cat's neck can't take the force a dog's can; one scared leap sideways and a cat on a dog's leash could break its neck. A cat's leash must harness its chest instead, which is why a cat leash consists of a cord looped at one end into three loops, for head and paws." And the same expert on walking a cat: "Walking my cats ... is a compromise between their wanting to be able to go outdoors at will and my wanting them to be safe indoors." - How to Make a Cat Leash, How to Walk a Cat, and How to Give a Cat a Bath Too (http://freeairpress.com/Cats/leash.html)

It was a sunny afternoon. Classes were over. The teachers and the caretaker were not around. We knew we were safe. J1, J2 and Tomoki took Lunch out to the quadrangle. She walked a little and, at that moment, she looked like a little tigress. She breathed the outside air of this Chinese capital for the first time in her life. She was finally liberated -- sort of -- with a leash, for a brief while. It was Spring of Beijing, a year before the infamous Tiananmen crackdown.


第1話 第2話 第3話 <<

2002 (C) Tomoki Yamabayashi
 
 
 

| | Comments (3) | TrackBack (1)

Wednesday, 30 March 2005

A Cat Named Lunch: A Novella 3 of 4

Episode 1 Episode 2 <<                   >> Episode 4


3images     A Cat Named Lunch: A Novella 3 of 4
     ランチという名の猫 第3話(全4話)   

2002年9月29日(日曜日)は、ランチにとっておめでたい日でした。理由は二つあります。


1. 9月29日はランチの誕生日

—— ではなくて「招き猫の日」。詳しくは知りませんが、日本招猫倶楽部 http://www.nekoma.net/club/ と愛知県瀬戸観光協会(瀬戸は招き猫の代表的産地の一つ)が1995年に制定した招き猫の記念日だそうです。

人間のために日夜手を挙げて福を招き続けている招き猫に感謝する日があってもいいのではないかということから、倶楽部の心ある会員たちに呼びかけて、できた日だそうです。

9月29日が「来る福(くるふく)」と読めることから、この日が選ばれたとか。ランチも、海の向うの小さな島国に住む親戚たちが、年に一度お祝いされていることを喜んでいます。——いるはずです。——たぶん喜んでいるでしょう。……? さあ、どうでしょうか……。


2. 9月29日は日中国交正常化30周年記念の日。

そもそもランチが広州のレストランで、蛇とニワトリと仲良く香辛料入りの熱湯の釜風呂に入れられる代わりに、北京の大学の留学生宿舎の部屋で比較的平穏な人生(たしかに「人生」と書きました!)をスタートすることになったのも、

元をただせば、Tomoki & Jsに拾われたからで、そして、それは何ゆえに起こり得たかというと、

あの、きわめて小柄でヘビースモーカーで若い頃はフランスにいて、「小瓶」という単語と同じ発音の名前を持っていて、「白い猫でも黒い猫でも鼠を捕る猫が良い猫だ」と言ったとか言わないとかいう(1)、おまけに1989年6月4日に天安門広場で学生や市民に対して戦車から発砲させた責任者でもある、今は亡き中国共産党最高指導者が、

文化大革命やら旧四人組(Tomoki & Jsの新四人組と混同しないこと)やらのゴタゴタを、きれいに片付けてくれたおかげで、外国人が平和で安全に中国へ留学できるようになったからで、

それを遡れば、1972年の今日の午前11時に北京の人民大会堂で、ちょび髭で汗っかきで「よっしゃ」のセリフが得意で「コンピューター付きブルドーザー」の渾名で、逮捕されたり裁判にかけられたり、ゲタ履きでお屋敷の鯉にエサをまいたり忙しかった、真紀子さんの亡くなられたお父さんが、

中国の周恩来首相と一緒に「日中共同声明」という一枚の文書にサインしてハンコを押して握手して乾杯したおかげなわけで(いや、乾杯は前の日の晩餐会のときに済ませてました)、

そして、それは、さらに遡れば、同じ年の2月にリチャード・M・ニクソンがヘンリー・キッシンジャーを露払いとして突如北京に乗り込んで、世界と日本をあっと言わせてくれたおかげなわけで……。

つまるところ、Mr Kakuei Tanaka や、にくそんダイトウリョウがいなければ、Tomoki & Js はランチの尊顔に接することが出来なかったという理屈になるのです。論理の飛躍はないでしょう。たぶん。だから…… 

Hurrah Lucky Cat(2)!  祝賀日中及米中友好! Hooray Lunch!
 
 
 
注:
1. 「白い猫でも黒い猫でも鼠を捕る猫が良い猫だ」
同氏の現実主義路線を象徴する文句としてよく引用されますが、本当は「黄色い猫でも、黒い猫でも」と言ったらしいです。同氏はもちろん、自分は猫の色に好き嫌いがないという意味で言ったのではなくて、鼠を「捕る」か「捕らない」かを問題にしたのでしょう。

2. Lucky Cat
Lucky cat, welcome cat, beckoning cat, lucky beckoning cat など訳し方はいろいろありますが、説明的に述べれば、a cat with a beckoning paw でしょうか。

第1話 第2話 <<                           >> 第4話

2002 (C) Tomoki Yamabayashi
 
 
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, 29 March 2005

二等兵と青年とことばとせんべい

A-bombHiroshima

    二等兵と青年とことばとせんべい:現代詩(1)

 「上官、そうであります!」
と坂本二等兵は直立不動で答えた。よし子はおせんべいをかじりながら、テレビで戦争映画を観ている。
 「そうです」と言わないで、なぜ「そうであります」というのか? よし子は日本の昔の軍隊言葉が変だと思う。
 そうです。そうだ。そうじゃ。そうや。そうだべ。そうじゃろ。そうじゃん。……。
 日本語の文末は方言によってバラバラだから、地方出身者の寄り合い所帯である軍隊では、意思疎通をはかる必要に迫られて、共通語をつくる試みとして「であります」で統一したのだそうだ(2)。
 ——とは、私がどこかで聞いた話である。よし子はこれを知らない。
 ついでながら、祇園の舞子さんが「そうどすえ」というのも、上の軍隊言葉と同じく田舎出の娘に教え込んだ、一種の人工的業界内共通語らしい。これも、どこぞの京都人からの受け売りである。
 よし子は島根県に住んでいる。京都には修学旅行で一度行ったきりで祇園の舞子さんの言葉のことなんか、もちろん何も知らない。
 よし子のかじっているせんべいは、埼玉県にホームステイしている23歳のスウェーデン人の青年クリスが、出雲大社と原爆ドームを見学するため中国地方へやってきたとき、ガイドと通訳をしてあげたよし子に、手土産としてもってきてくれた草加せんべいである。
 出雲大社でクリスはよし子に尋ねた。
 「この shrine(神社)の minister(司祭? 牧師? 神主?)のイエは、どこにありますか?」
 よし子は答えた。「さあ、知りませんねえ」
 広島でクリスはよし子に尋ねた。
 「Atomic bomb(原子爆弾)の ground zero(爆心地)は、どこにありますか?」
 よし子は戸惑った。「ええっと、原爆ドームのそばのはずだけど、どこだったっけ…(3)」
 よし子の観ている戦争映画は、まだ終らない。坂本二等兵は直立不動で「そうであります!」を繰り返している。上官は「馬鹿野郎!」を繰り返している。この映画、つまらないなあ。
 クリスはよし子には、大した印象を残さなかったけど、この草加せんべいはおいしいなあ、とよし子は思う。
 映画はあと残り30分ぐらい。草加せんべいは7枚残っている。

おわり


(1) 詩のワークショップ「詩の放課後」(講師:上田假奈代さん、於:京都芸術センター)で2002年9月19日に作り、朗読した即興詩に加筆修正したもの。与えられた詩のお題は「あります」。
This piece originally appeared in a slightly different form at "Shi no Hookago," a poetry workshop by Ms Kanayo Ueda, on 19 September 2002, Kyoto Art Center.

(2) 司馬遼太郎によると、軍隊言葉の「であります」は、維新期の長州方言に由来するらしい。出典は未確認。

(3) 各種サイトによると、原子爆弾は原爆ドームの東南約160m、東経132度27分27秒、北緯34度23分29秒、広島市細工町29-2、島外科病院の玄関から東南約25メ−トル(中庭ともされる)の地点の上空、高度580メートル・プラスマイナス20メ−トル、ないし高度570メートル・プラスマイナス10メートルで爆発したとされているらしい。
 
 
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

A Cat Named Lunch: A Novella 2 of 4

Episode 1 <<                     >> Episode 3 Episode 4

new1105037

     A Cat Named Lunch 2 of 4
     ランチという名の猫 第2話(全4話)

前回お話したのは、中国・広州の食品市場で食用に売られていたメスの子猫を、留学生「新四人組」のTomoki & JsのうちJ1、J2、Tomokiの3人がお金を出し合って買い受けて、ランチと名付けて北京に連れて帰ってペットとして飼うことにした——というところまででしたね(1)。

さて、彼女の世話はスタートからつまずきました。トイレのしつけがなかなか出来なかったのです。日本にあるような、猫のトイレの砂は、1988年当時の北京では、大学からタクシーで小1時間の某アメリカ系高級ホテルに付属する外国人専用のスーパーマーケットにでも行かないと手に入りませんでした。トイレの砂を買いに行くまでの数週間、寮の部屋の布団を、ランチの出す液体や固体で汚されたのには弱りました。汚れた布団を消毒する消毒薬とて、そこらに売っているわけではないので、J1がマウスウォッシュのリステリンを脱脂綿に含ませて布団カバーを拭き取る気休めの一時しのぎの処置を思いついて、Tomokiにも教えました。このリステリンも、たぶん同じホテルのスーパーかどこかで買ってきたのだったろうと思います。

ここで約80年さかのぼって、舞台は1988年の北京から1905年の東京に移ります。1905年は明治38年。日露戦争で日本が勝利を決定的なものにしつつあった頃です。登場人物は3人。多々良三平君と苦沙弥先生夫婦。多々良君は、筑後の国・久留米の出身で、苦沙弥家のもと書生。1905年当時はサラリーマンをしています。今から一世紀前の、次の会話をお聞きください。

「奥さん犬の大か奴を是非一丁飼ひなさい。——猫は駄目ですばい、飯を食ふ許りで——ちつとは鼠でも捕りますか」
「一匹もとつた事はありません。本当に横着な図々/\敷い猫ですよ」
「いやそりや、どうもかうもならん。早々棄てなさい。私が貰つて行つて煮て食はうか知らん」
「あら、多々良さんは猫を食べるの」
「食ひました。猫は旨う御座ります」
「随分豪傑ね」
 下等な書生のうちには猫を食ふ様な野蛮人がある由はかねて伝聞したが、吾輩が平生眷顧を辱うする多々良君其人も亦此同類ならんとは今が今迄夢にも知らなかつた。況んや同君は既に書生ではない、卒業の日は浅きにも係はらず堂々たる一個の法学士で、六っ井物産会社の役員であるのだから吾輩の驚愕も亦一と通りではない。
(中略)
「然し一番愚なのは此猫ですばい。ほんにまあ、どう云ふ了見ぢやらう。鼠は捕らず泥棒が来ても知らん顔をして居る。——先生この猫を私に呉んなさらんか。かうして置いたつちや何の役にも立ちませんばい」
「やつても好い。何にするんだ」
「煮て喰べます」
 主人は猛烈なる此一言を聞いて、うふと気味の悪い胃弱性の笑を洩らしたが、別段の返事もしないので、多々良君も是非食ひ度とも云はなかつたのは吾輩にとつて望外の幸福である。(夏目漱石『吾輩は猫である』五)

ランチと同じく「吾輩」も命拾いしたと聞いて、100年前のことながら、ほっとさせられます。しかし問題は、多々良三平君です。法学士で卒業後、日が浅く、六っ井物産勤務で猫を食ったと言っています。いっぽうTomokiも法学士で卒業後、日が浅かった当時、六っ菱化成(2)勤務で猫を食ったと言っています。してみると、日本の法学士で会社員になるものは、80年たっても全く進歩せずに野蛮人のままなのかしら。そうかもしれません。もっとも、Tomokiのほうは、自分で「煮て喰べます」とまでは言っていないから、少しは進化が見られるのでしょうか。

人類あるいは日本人あるいは法学士あるいは会社員が進歩したかどうかは知りませんが、ランチは成長しました。猫の砂を買ってきたら、じきに粗相をしなくなったのです。お利口さんだね、ランチ。


(1)「A Cat Named Lunch 1 of 4 / ランチという名の猫 第1話(全4話)」
http://tomoki.tea-nifty.com/tomokilog/2005/03/a_cat_named_lun.html を参照。
(2) 旧・三菱化成(現・三菱化学)の誤りか。


第1話 <<                           >> 第3話 第4話

Copyright 2002 Tomoki Yamabayashi
 
 
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Kanjoosen: A Poem

            kanjoosen
            a heart line

 かんじょうせん 感情線 [手相]  kanjoosen  a heart line [palmistry]
 かんじょうせん 勘定せん    kanjoosen  Won't count.
 かんじょうせん 環状線     kanjoosen  a loop [US], a ring road [UK],
                         Circle Line [London
                        Underground]
                         JR Osaka Kanjosen
                        [Osaka Loop Line]
                         JR Yamanote Line [Tokyo]
 たんじょうせん 誕生せん    tanjoosen  Won't be born.
 はんじょうせん 繁盛せん    hanjoosen  Won't thrive.
 けんじょうせん 献上せん    kenjoosen  Won't contribute.
 ちんじょうせん 陳情せん    chinjoosen  Won't lobby.
 へんじょうせん 返上せん    enjoosen   Won't return.
 びんじょうせん 便乗せん    binjoosen   Won't jump on the
                        bandwagon.
 えんじょうせん 炎上せん    enjoosen   Won't burn.
 ぎんじょうせん 吟醸せん    ginjoosen   Won't brew from thoroughly
                         polished rice
 さんじょうせん 参上せん    sanjoosen   Won't come.
 ばんじょーせん バンジョーせん banjoo-sen  Won't play the banjo.
むちんじょうせん 無賃乗船    muchin-joosen a free passage on a ship
      …… ……      ............     ............
       … …       .......      .......
 かんじょうせん 感情線。    kanjoosen  a heart line.


詩のワークショップ「詩の放課後」(講師:上田假奈代さん、於:京都芸術センター)
で2002年7月18日に作り、朗読した即興詩 (?) に加筆修正したもの。

This piece originally appeared in a slightly different form at "Shi no Hookago," a poetry workshop by Ms Kanayo Ueda, on 18 July 2002, Kyoto Art Center.
 
2002 (C) Tomoki Yamabayashi 
 
 
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, 28 March 2005

A Cat Named Lunch: A Novella 1 of 4

                   >> Episode 2 Episode 3 Episode 4
lunch


      A Cat Named Lunch 1 of 4
      ランチという名の猫 第1話(全4話)

猫の話をします。僕が北京で友達2人と共同で飼っていた猫です。茶色いまだらのメスの子猫。名前はランチ(Lunch)。中国名は晩飯(ワン・ファンと読む。ワンが姓でファンが名)。英語名は Miss Dinah Wong(ディナ・ウォン)。ランチは中国4,000年の歴史上初めて、広州から北京まで二泊三日36時間、一等寝台のコンパートメントに乗って旅をした猫です。

ランチはもともと広州市内の有名な清平食品市場という所で、金網の檻に入れられてグラムいくらで食用に売られていた猫でした。生まれたばかりの子猫です。それを友達2人—アメリカ人の男J1と日本人の男J2—と僕 Tomokiがお金を出し合って、1,000円ぐらいで買い取ったのです。まずホテルまで持ち帰ってバスルームで体を洗ってやりました。そして北京まで連れて帰ったのです。中国の寝台列車はペット持ち込み禁止でした(だったと思います)。車掌が検札に回って来たときには、コートの中に隠して(季節は冬でした)、にゃーにゃー鳴き声をあげそうになると、僕らが咳払いをしたり歌をうたったりしてカムフラージュして、ようやく北京までたどりついたのです。北京の大学の留学生寮も、もちろんペット禁止でした。共同飼い主のJ1とJ2とTomokiは、かわりばんこに各々の部屋で飼って、寮の管理人や大学の先生方に何とか見つからないようにしました。寮と教室は同じ建物にありましたから、先生方にも見つからないように気を付けなければならなかったのです。

1988年2月初めのある晩、J1とJ2とJ3(=J2と同じく日本人)とTomokiは、広東省の広州にいました。4人はTomoki & Js(トモキ・アンド・ジェイズ)もしくは「新四人組」と自称していました。長い冬の旅の終り近くでした。Tomoki & Jsのいた北京の大学では、春節(旧正月)の休み、つまり冬休みが、1月半ばから2月半ばまで丸一か月ありましたが、新四人組は休みに入るやいなや、地面の凍りついた厳寒の北京を脱出して、太陽を求めて南下する旅に出たのです。なにしろ時間だけはたっぷりありましたから、その旅は漫遊とでもいうべきものでした。列車やバスは遅くて不規則で、駅の窓口にはいつも人がわんさといて、押し合いながら切符を買っていました。ときにちゃんと行列をつくって買う場合でも、延々と並んで待った挙げ句に、窓口で「没有(メイヨー=ありません)」と言われることもザラでした。列車やバスの便がない場合。便はあるけど売り切れの場合。便があるのかないのか駅員にもよく分からない場合。いろいろです。予定はあってないようなもの。中国での旅には忍耐と柔軟性が必要でした。そうこうしながらも南へ南へと行き、西のほうにも足を伸ばして、少数民族の多い雲南省を訪れたり、香港に出て(中国返還前でしたし、もちろんパスポートが要りました)久しぶりに先進国の空気を吸ったりしたあとに行きついたのが、広州です。

食在広州(食は広州に在り)。ここは昔からグルメで有名な街です。その晩、Tomoki & Jsは、有名な蛇餐館(The Snake Restaurant)という店に入りました。そして、勇敢/無謀/野蛮にも、龍と虎と鳳凰の入ったスープというのを注文して食べたのです。「龍」というのは、いうまでもなく、このレストランの看板にある蛇の肉です。「鳳凰」というのは、鶏肉。そして「虎」というのは…? そう、猫の肉なのでした。「白髪三千丈」などでご承知のとおり、中国人は物事を大げさに表現するのが得意ですからね。

J1、J2、Tomokiの3人が食品市場で子猫を買って晩飯/ランチと名付けたのは、その翌日のことでした。なお、J3が飼い主に加わらなかったのは、彼が猫アレルギーだったからです。

                          >> 第2話 第3話 第4話

2002 (C) Tomoki Yamabayashi
 
 
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Saturday, 26 March 2005

Hey, what's your name?: A Poem

sb08922     Hey, what's your name?
     ねぇ、名前なんていうの?

ファーストネームはときめき
ミドルネームは涙
ラストネームは詩(うた)

イニシャルはL(エル)
ペンネームは愛
ニックネームはエロス

本名は色
戸籍上の名前は生殖行動への衝動

ファーストネームは勃起
ミドルネームは性欲
ラストネームはSEX

雅号はLove
俳号はダンス
戒名はいのち
 
 
 
 
Note: This piece originally appeared under a different title at "Shi no Hookago," a poetry workshop by Ms Kanayo Ueda, on 5 December 2002, Kyoto Art Center.

注:詩のワークショップ「詩の放課後」(講師:上田假奈代せんせい、於:京都芸術センター)で2002年12月5日に創作し、朗読した即興詩を改題。与えられたお題は「恋の名前」。

2002 (C) Tomoki Yamabayashi
 
 
 

| | Comments (0)

Wednesday, 23 March 2005

順不同072 すいすすいすいこうすい

_551


         順不同072

         すいす Switzerland/Suisse/Schweiz/Svizzera
       すいすい like shit through a tin horn
       こうすい 香水
       こうずい 洪水
       えんずい 延髄
       えんざい 冤罪
       えんざいむ enzyme / 酵素

       てんさい 天才
       てんさい 天災
       まんざい 漫才
       ばんざい 万歳
       ぼんさい 盆栽
     さつじんざい 殺人罪
  おちゃのこさいさい no-sweat
  きょうのおばんざい 京のお晩菜

     こすっからい cunning
        からい salty
        きらい 嫌い
        くらい 暗い
        けらい 家来
      どぶさらい a drainer
      ひとさらい kidnapping
        じらい てっきょ 地雷撤去
      えびふらい deep-fried prawns
      おおぐらい 大食らい
      さらあらい 皿洗い
      ろーれらい Lorelei
ごーごーいちのほうらい 551の蓬莱(関西の有名な豚まん/肉マン)
         らいくーだー Ry Cooder(ジャズ・ギタリスト)
         らいびょう【死語・廃語・差別用語】 Hansen's disease
         らいむぎぱん ライ麦パン
         らいらっく liluc
        あらいちゅう 荒井注(ザ・ドリフターズの元メンバー)
        ひらいけん 平井堅
      へっどらいと headlight
     いちばんらいといちろー 1番ライト:イチロー
      らいむらいと Limelight (Charles Chaplin)
    たいくつならいひんのしゅくじ 退屈な来賓の祝辞
   はっしゃおーらい 発車オーライ
     きくかわれい 菊川怜
        かれいなじょせい 華麗な女性
        きれいなじょせい 綺麗な女性

     やまだないと 漫画家(1965-  )
えいごでしゃべらないと 英語でしゃべらナイト(NHK総合テレビ)
 このへんでやめないと……。


2005 (C) Tomoki Yamabayashi

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Saturday, 19 March 2005

順不同071 らっぷじんでゔぃふじん

pompadournew


         順不同071

       きふじん 貴婦人
       りふじん 理不尽
       じふしん 自負心
       ぺぷしん pepsin
      やすぶしん 安普請
      けんぷじん 賢夫人
      らっぷじん ラップ人
     でゔぃふじん デヴィ夫人
   えまにえるふじん Emmanuelle
   さいきょうふじん 最強布陣
   ぼうじゃくぶじん 傍若無人
      あらぶじん an Arab
     すきやぶしん 数寄屋普請
     きょうふしん 恐怖心
     せいじふしん 政治不信
    けいえいふしん 経営不振
    きょどうふしん 挙動不審
    きゅりーふじん Madame Curie
    まくべすふじん Lady Macbeth
   ぼゔぁりーふじん Madame Bovary
   だろうぇいふじん Mrs Dalloway
    ゆうかんふじん 有閑夫人
  しょくぎょうふじん 職業婦人
 ぽんぱどぅーるふじん Marquise de Pompadour
あふりかけいかりぶじん Afro-Caribbean


2002 (C) Tomoki Yamabayashi

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, 17 March 2005

順不同070 おっかさんかっかざん

furin


            順不同070

         らっかさん 落下傘
         おっかさん おっ母さん
         かっかざん 活火山
        えりあかざん Elia Kazan(舞台/映画監督『波止場』ほか)
         かさかさん 傘貸さん
       ふうりんかざん 風林火山

         まいほーむ マイホーム
       ぷらっとほーむ platform
       ろうじんほーむ 老人ホーム
     やんきーごーほーむ "Yankee, go home!"
    ほーむすいーとほーむ Home, Sweet Home

          くろーる crawl
         ぱとろーる patrol
       ろっくんろーる rock 'n' roll
       これすてろーる cholesterol
     はっぽうすちろーる 発泡スチロール
    りもーとこんとろーる remote control

ぶりじっとじょーんずのにっき Bridget Jones's Diary
       さらしなにっき 更級日記(菅原孝標女)
    ちゅうがくせいにっき 中学生日記(NHKテレビ)
      ぴーぷすのにっき The Diary of Samuel Pepys
  じゅうねんれんようにっき 10年連用日記(博文館新社)
        こくらにっき 小倉日記(森鴎外)
       こうかんにっき 交換日記
   いりいえすけまさにっき 入江相政日記(昭和天皇の侍従長)
     そーぷらんどにっき ソ−プランド日記(宇能鴻一郎)
      はらたかしにっき 原敬日記
       あんねのにっき The Diary of Anne Frank
   ふうてんろうじんにっき 瘋癲老人日記(谷崎潤一郎)
    あないすにんのにっき The Diary of Anais Nin
        いくじにっき 育児日記
         ゆめにっき 夢日記
やましたきよしほうろうにっき 山下清放浪日記


2002 (C) Tomoki Yamabayashi

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, 16 March 2005

順不同069 まちこがくる

maru     順不同069

まどもわぜる mademoiselle
まどもあける 窓も開ける
まともなさる まともな猿
まがたまみる 勾玉見る
まかろににる マカロニ煮る
まがりくねる 曲がりくねる
まかりとおる 罷り通る
まぜあわせる 混ぜ合わせる
まちあわせる 待ち合わせる
まちかまえる 待ち構える
まちこがれる 待ち焦がれる
まちこがくる 真知子が来る
まったりする まったりする
まっとうする 全うする
まつげぬける 睫毛抜ける
まつりあげる 祭り上げる
まいおさめる 舞い納める
まいそうする 埋葬する
まいにちする 毎日する
まいぼつする 埋没する
まえあしける 前脚蹴る
まえがみきる 前髪切る
まえやくくる 前厄来る
まごあずかる 孫、預かる
まごつかせる まごつかせる
まごのている 孫の手要る
まじきりする 間仕切りする
まじぎれする マジ切れする
まじめくさる 真面目腐る
ますいかける 麻酔かける
まずいびーる 不味いビール
またつかれる また疲れる
まだがすかる Madagascar
まだたすかる まだ助かる
まだまだやる まだまだやる
まともすぎる まとも過ぎる
まにあわせる 間に合わせる
まねきよせる 招き寄せる
まばたきする まばたきする
ままとあひる ママとアヒル
ままとかえる ママと帰る
まめまきする 豆撒きする
まゆをよせる 眉を寄せる
まんぷくする 満腹する
まんしんする 慢心する
まんびきする 万引きする
まくりあげる 捲り上げる
まくべすみる マクベス観る
まぐろたべる 鮪食べる
まるぞんする 丸損する
まんさいする 満載する
まんえんする 蔓延する
まんきつする 満喫する
まんぞくする 満足する
まくをとじる 幕を閉じる


2002 (C) Tomoki Yamabayashi

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, 15 March 2005

順不同068 はらぐあいぱらぐあい

22_1


          順不同068

       ぼっちゃん 坊ちゃん
      くりすちゃん Christian
     ゔぃえんちゃん Vientiane (1)
    ちびまるこちゃん ちびまる子ちゃん
ろーずまりーのあかちゃん Rosemary's Baby (2)

        きゅーば Cuba
        ぎゅうば 牛馬
       はらぐあい 腹具合
       ぱらぐあい Paraguay
      まどもわぜる mademoiselle
      まぜあわせる 混ぜ合せる
      かぜひいたの 風邪ひいたの?
      がせねたなの ガセネタなの。
     おののとうふう 小野道風
     もえよかんふー 燃えよ、カンフー (3)
    しきゅうきんしゅ 子宮筋腫
    せんせいくんしゅ 専制君主
   おうしょくじんしゅ 黄色人種
   こうじょうせんしゅ 甲状腺腫
   かんきょうほるもん 環境ホルモン
   かたおかにざえもん 片岡仁左衛門
   どんぶりかんじょう 丼勘定
   こくみんかんじょう 国民感情


(1) ラオスの首都。
(2) 米国映画 (1968)。Roman Polanski 脚本・監督。Mia Farrow 主演。
(3) 米テレビのアクションドラマ (1972-75)。原題“Kung Fu”。

2002 (C) Tomoki Yamabayashi

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Manzai "Hamlet"

Ophelia2

       Manzai "Hamlet"

こいし「オフィーリアが川にはまって死んだんやて」
いとし「おフロヤが川にはまって死んだ — ということは、お湯が熱すぎたんか?」

(2001年9月29日放映 ABC朝日放送「イギリス謎解き紀行!
ハムレットをめぐる冒険:旅・演劇・漫才・狂言で徹底的に楽しむ世界一の名作」
の番組中、夢路いとし・喜味こいしの「ハムレット」をお題にした漫才より)
 
 
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

tomokilog と『順不同』シリーズについて

tomokilog の記事は、今のところ、ほとんどがオリジナルではありません。
初出は2002年ごろに百数十名の読者(被害者?)に勝手に送りつけていた
メールマガジン『A Day in the Life ある一日』に発表したものです。
このメルマガは、その後、自然消滅的に廃刊になりました。

『順不同』シリーズについては、近作が少し混じっています。
コピーライト表示に 2005 (C) とあるのが、それらです。
『順不同』というシリーズ名は、じぶんでは「さえない」と思っています。
どなたか、もっといいタイトルを思いついた方はご連絡ください。
よろしくお願いします。
 
 
 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Monday, 14 March 2005

順不同067 そんなはなしききたく

img_02

           順不同067

          おたく otaku
         きむたく キムタク
     じゅうじにきたく 10時に帰宅
   そんなはなしききたく ない そんな話、聞きたくない
おーぷんがたとうししんたく オープン型投資信託

      しゃくとりむし 尺取り虫
       ちゃわんむし 茶わん蒸し
       でんでんむし むしかたつむり
  しゃかいほけんろうむし 社会保険労務士
          せむし のこうま セムシの子馬
        ふとんむし 布団蒸し
          まむし 蝮
       しんごうむし 信号無視
        かぶとむし beetle
        どくまむし さんだゆう 毒蝮三太夫
   のーとるだむのせむし おとこ The Hunchback of Notre Dame


2005 (C) Tomoki Yamabayashi

| | Comments (0) | TrackBack (0)

順不同066 かんたーたがんだーら

siberian


      順不同066

しびりあんこんとろーる 
civilian control
しべりあんはすきー   
Siberian husky

しゅうきょうかいかく 宗教改革
しゅうぎょうきそく  就業規則

こうきょうりょうきん 公共料金
こうきょうがくだん  交響楽団

けんかりょうせいばい 喧嘩両成敗
けしのいほうさいばい 芥子の違法栽培

きゅうせいこうこう 旧制高校
きゅうせいはいえん 急性肺炎

かんぼうちょうかん 官房長官
かんぽうしゃげき  艦砲射撃

きんかぎょくじょう 金科玉条
きんがしんねん   謹賀新年

こうきんおうりょう 公金横領
こうきんしょり   抗菌処理

かいせききかがく 解析幾何学
かいせきりょうり 懐石料理

きょしんたんかい 虚心坦懐
きょじんざんぱい 巨人惨敗

こうとうがっこう 高等学校
こうとうべんろん 口頭弁論

かじんはくめい  佳人薄命
がしんしょうたん 臥薪嘗胆

きせいをあげる  気勢を上げる
きせいをはっする 奇声を発する

きかいたいそう 器械体操
きかいきんとう 機会均等

こしぎんちゃく 腰巾着
こじじゅんれい 古寺巡礼

きじんへんじん 奇人変人
ぎしんあんき  疑心暗鬼

きせいじじつ 既成事実
きせいかんわ 規制緩和

さずかりもの 授かり物
さらしもの  晒し者

かくじっけん 核実験
かくしんはん 確信犯

かみだのみ 神頼み
かみしばい 紙芝居

かんたーた 
cantata
がんだーら 
Gandhara

ここやし ココ椰子
ここまい 古古米

かるいし 軽石
かろうし 過労死

しこく 四国
じごく 地獄

おもり 錘り
おわり 終り


2002 (C) Tomoki Yamabayashi

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sunday, 13 March 2005

順不同065 あすこねすこゆねすこ

nessie       順不同065

     いとこ 従兄弟
     おとこ 男
    しれとこ 知床
    ちちとこ 父と子(ツルゲーネフ)
   はにもとこ 羽仁もと子
   ちべっとご チベット語
  ぽーらんどご ポーランド語
  ねざめのとこ 寝覚の床

     ふたご 双子
     はたご 旅籠
    ぺんだこ ペン胼胝
    とわだこ 十和田湖
   やっこだこ 奴凧
   おらんだご オランダ語
  ひっぱりだこ 引っ張り凧
  きょううたこ 京唄子

     りんご 林檎
     だんご 団子
    にほんご 日本語
    うどんこ 饂飩粉
   じこべんご 自己弁護
   のどちんこ 喉ちんこ
 さかぐちあんご 坂口安吾
 しんようきんこ 信用金庫

     あすこ 彼所
     ねすこ ネス湖 Loch Ness
    ゆねすこ UNESCO
    たばすこ Tabasco
   いよねすこ Ionesco, Eugene
   どらむすこ どら息子
さんふらんしすこ San Francisco
あふりかーんすご アフリカーンス語


2002 (C) Tomoki Yamabayashi

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Saturday, 12 March 2005

餅屋は餅

sobabouro2


  餅屋は餅

餅屋は餅を売り、
肉屋は肉を売り、
魚屋は魚を売り、
本屋は本を売り、
靴屋は靴を売り、
酒屋は酒を売る。

時計屋は時計を売り、
宝石屋は宝石を売り、
呉服屋は呉服を売り、
カバン屋はカバンを売り、
文房具屋は文房具を売り、
自転車屋は自転車を売る。

蕎麦屋は蕎麦を食わせ、
居酒屋は酒を飲ませて飯を食わせ、
風呂屋は風呂桶を売らないで、風呂に入れさせる。
左官屋は壁を塗り、
質屋は物と引き換えに金を貸し、
貸布団屋は布団を貸していた。
床屋は床を売らないで、髪を切り、
「ちわ〜、三河屋」は酒や調味料を売っていた。
八百屋は野菜を売るが「八百」は誇大広告かもしれぬ。

本家尾張屋と晦庵河道屋は蕎麦を食わせ、
総本家河道屋は「蕎麦ほうる」を売り、
丸太町かわみち屋は「そばぼうろ」を売り
聖護院八ツ橋総本店(創業元禄2年、1689年)と井筒八ツ橋本舗(創業文化2年、1805年)と本家八ツ橋西尾株式会社(創業元禄年間、1688-03年)は「八ツ橋」を売り、御殿八ッ橋本舗は「八ッ橋」を売る。

旭屋と紀伊国屋は本を売り、
音羽屋や成駒屋は舞台に立ち、
松坂屋は何でも(百貨を)売り、
TSUTAYAはTSUTAを売らないで、ビデオとCDとDVDを貸す。

屑屋は屑を拾って売る。


2002 (C) Tomoki Yamabayashi

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Friday, 11 March 2005

順不同064 もりおうがいめしつかい


Ougai            順不同064

       わかりにくい 
difficult to understand
       こころにくい 心憎い 
てっきんこんくりーとのくい 鉄筋コンクリートの杭

    かんぜんちょうあく 勧善懲悪
    かんぜんしょうあく 完全掌握
       にもののあく 煮物の灰汁
        あいきゃく 相客
     ありがためいわく 有り難迷惑
   ふらんそわもーりあく 
François Mauriac

     しゅうねんぶかい 執念深い
     もうじゅうつかい 猛獣使い
     とくべつあつかい 特別扱い
      おほーつくかい オホーツク海
    ながらがわのうかい 長良川の鵜飼い
     しょじょこうかい 処女航海
じんせいさいだいのこうかい 人生最大の後悔
      ふじのじゅかい 富士の樹海
      きょうじゅかい 教授会
      さいしゅうかい 最終回
       もりおうがい 森鴎外
        めしつかい 召使い
         まむかい 真向い
          でかい 
huge

      おにのかくらん 鬼の霍乱
      あにのがくらん 兄の学ラン
     じんしんかくらん 人心撹乱

      おやまだけいご 小山田圭吾(1)
    おしゅうじのけいこ お習字の稽古
        きしけいこ 岸恵子

     ふじわらのていか 藤原定家
 ふじとまんじゅうのていか 藤戸饅頭の定価(2)

          わるい 悪い
        まんまるい 真ん丸い

       ぺんでぃんぐ 
pending
       えんでぃんぐ 
ending


(1) ミュージシャン。もと小沢健二とのコンビで「フリッパーズギター」。
(2) 藤戸饅頭は、岡山県倉敷の銘菓。10個箱入600円位。

2005 (C) Tomoki Yamabayashi

| | Comments (1) | TrackBack (1)

順不同063 ふるくさいおとこくさい

hakusai1


         順不同063

        くさい 臭い
       あくさい 悪妻
      あせくさい 汗臭い
     うさんくさい 胡散臭い
    せっちゃくざい 接着剤
   むびょうそくさい 無病息災
  しちめんどうくさい 七面倒臭い
 ぷろれたりあどくさい プロレタリア独裁

        ぐさい 愚妻
       はくさい 白菜
      ふるくさい 古臭い
     おとこくさい 男臭い
    ふんべつくさい 分別くさい
   ちゅうきこくさい 中期国債
  いちびょうそくさい 一病息災
 ほうていぶじょくざい 法廷侮辱罪

    きょうはくざい 脅迫罪
    ひょうはくざい 漂白剤
    れいきゃくざい 冷却材
    こうげんやさい 高原野菜
    しゅうえきざい 収益財
    かへいけいざい 貨幣経済
    ここんとうざい 古今東西
    みかわまんざい 三河万歳
    おかえりなさい お帰りなさい
    ごめんください ご免ください
    おやすみなさい お休みなさい


2002 (C) Tomoki Yamabayashi

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, 10 March 2005

English Tea and Japanese Sweets

tea

English Tea and Japanese Sweets
紅茶と饅頭

[How to Make Tea]

FORTNUM & MASON (tm)
ESTABLISHED 1707
Famous Teas
EARL GREY CLASSIC
BLEND OF CHINA AND CEYLON TEAS

USE ONE TEA BAG FOR EACH CUP. BRING
FRESH WATER TO THE BOIL AND POUR THE
BOILING WATER ON TO THE TEA BAG. ALLOW
TO INFUSE FOR 3 TO 5 MINUTES, ACCORDING
TO TASTE. ALTERNATIVELY, USE A WARMED
TEAPOT, ADDING ONE TEA BAG PER PERSON
AND 'ONE FOR THE POT'.

SPECIALLY BLENDED AND PACKED
FOR FORTNUM & MASON PLC,
PICCADILLY, LONDON, ENGLAND.

[Japanese Sweets]

     両口屋是清 (R)
      創業360年

名  称  菓 子(銘菓詰合)
原材料名 砂糖、小豆、小麦粉、卵、水飴、還元水飴、
     異性化液糖、ごま、植物油脂(大豆を含
     む)、ベーキングパウダー、炭酸カルシウム
内容量  260 g
賞味期限 14.5.13 T
保存方法 高温多湿をお避けください。
製造者  株式会社 両口屋是清 K
     名古屋市中区丸の内三丁目14-23

     [バーコード]
     4 538278 180064

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, 08 March 2005

順不同062 きくちかんくちきかん

taisei_houkan2


             順不同062

            やかん kettle
            どかん 土管
        おおたどうかん 太田道灌
        でっちようかん 丁稚羊羹

       たいせいほうかん 大政奉還
       たいせいようがん 大西洋岸
      あそざんのようがん 阿蘇山の溶岩(普通の人)
      あそさんのようがん 阿蘇山の溶岩(地元の人の多く)
 
           かにかん カニ缶
           さけかん 鮭缶
          きくちかん 菊池寛
          くちきかん 口きかん
          くちくかん 駆逐艦
         はくぶつかん 博物館
          なおとかん 
Naoto Kan, Mr. (Democratic Party of Japan)
         れっとうかん 劣等感

      じゅぎょうさんかん 授業参観
       きんしんそうかん 近親相姦
         そりゃいかん 
That's no good.
         さいばんかん 裁判官
         あんざんがん 安山岩
          にゅうがん 乳癌
         せんすいかん 
submarine
         げっけいかん 月桂冠
れんごうぐんさいこうしれいかん 
Douglas MacArthur
          いけすかん いけ好かん

        たねなしすいか 種なしスイカ
       しんりょうないか 心療内科
        ぶんめいかいか 文明開化
     ゔぃっとりおでしーか 
Vittorio De Sica 『自転車泥棒』 (1948)
       ふじわらのていか 藤原定家
        ぺれすとろいか 
perestroika
          やろまいか やろうじゃないか(の名古屋弁)
       んがなくちゃいか (NHK教育ピタゴラの佐藤雅彦さん)


2002 (C) Tomoki Yamabayashi

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Monday, 07 March 2005

順不同061 めんたいこげんだいご

maiko


      順不同061

     あいこ さま 敬宮愛子内親王殿下
     あいこ aiko(シンガーソングライター)
 どうぶつあいご 動物愛護
 うえむらあいこ 上村愛子(モーグル)
 ふくはらあい  福原愛(卓球)
 みやざとあい  宮里藍(ゴルフ)
  しばたあい  柴田亜衣(水泳)
 おおつかあい  大塚愛(シンガーソングライター)

     たいこ drums
    ごだいこ 五大湖
    ごだいご てんのう 後醍醐天皇
 そうげんたいご 荘言大語
   めんたいこ 明太子
   げんだいご 現代語

     まいご 迷子
     まいこ さん 舞妓さん 
ひらばやしたいこ 平林たい子
    ちゃいこふすきー Tchaikovsky, Pyotr Ilich
   へぶらいご Hebrew
    ひわいご 卑猥語
     かいこ 解雇
     さいこ psycho
     さいごーどん 西郷隆盛
     さいご The End


2005 (C) Tomoki Yamabayashi

| | Comments (2) | TrackBack (0)

A Puss in Boots: A Very Short Story

wonderful

[This is a rough English equivalent of my earlier article, 超短篇:長靴をはいた山猫, on March 4, 2005.]

        A Puss in Boots on a Hot Tin Roof

I am a Cat -- or Puss in Boots on a Hot Tin Roof.

With Sabrina I had Breakfast at Tiffany's, then I heard The Call of the
Wild and took A Streetcar Named Desire heading North by Northwest,
taking A Passage to India crooning White Christmas.

Aboard the Streetcar Named Desire were The Naked and the Dead, Easy Rider,
Le Petit Prince, The Girl from Ipanema, Ryan's Daughter, Alice in
Wonderland, Lady Chatterley's Lover, and The Buddenbrooks, a family from
northern Germany. Among all the passengers, One Flew Over the Cuckoo's Nest.

I saw Easy Rider eleven years ago at Radio City Music Hall. I met The
Girl from Ipanema in L'Annee derniere a Marienbad. The Girl from
Ipanema 'Twist and Shout'-ed while Singin' in the Rain, whereas Ryan's
Daughter showed me Pictures at an Exhibition. Lady Chatterley's Lover
played me Water Music while telling me Everything You Always Wanted to
Know About Sex But Were Afraid to Ask. Lady Chatterley's Lover wanted
me to have the key to The Apartment, but I kindly declined. I'm No
Angel. Besides, Gentlemen Prefer Blondes (or Blonds, if they are
homosexual).

The Buddenbrooks insisted on selling me a kalashnikov.
They said, "Annie Get Your Gun. Johnny Got His Gun. Shoot the Pianist.
Strike while the iron is hot. Shoot to Kill. Otherwise Shoot! They
Shoot Horses, Don't They?"
"Never on Sunday, Butch Cassidy and the Sundance Kid. Wait Until Dark,"
I politely declined, but The Buddenbrooks were persistent.

Meanwhile, on the next car were Bonnie and Clyde, the Marx Brothers,
Warner Brothers, The Brothers Karamazov, Hannah and Her Sisters, Wassily
Kandinsky, Modest Petrovich Mussorgsky, a cross-country ski and Twelve
Angry Men. It was A Night at the Opera.

I said, "Play it Again, Sam. Drop Dead Fred. Who's Afraid of Virginia
Woolf? You want me to count three or something like a movie? Where's Agnes?"

My Bogartesque quip worked and The Buddenbrooks finally gave up on
trying to sell me the Russian submachine gun. A Farewell to Arms and
Bonjour Tristesse. I will die a Death in Venice from The Unbearable
Lightness of Being. For Whom the Bell Tolls. Is this A Midsummer
Night's Dream or real? That is the question. O, It's a Mad Mad Mad Mad
World but then again It's a Wonderful Life.

2002 (C) Tomoki Yamabayashi


| | Comments (0)

Sunday, 06 March 2005

順不同060 あせみどろあおみどろ

LaScala


            順不同060

          さそりざ 蠍座
          すからざ スカラ座
          もなりざ Mona Lisa
          あらわざ 荒技
          いざこざ (もめごと)
          ことわざ 諺

          じぇとろ JETRO (Japan External Trade Organization)
          びすとろ bistro
          ちみどろ 血みどろ
          ねぎとろ ねぎとろ
          むぎとろ 麦とろ
          こそどろ こそ泥
         あせみどろ 汗みどろ
         あおみどろ アオミドロ
         まえすとろ maestro
        しどろもどろ しどろもどろ
      ふぃでるかすとろ Fidel Castro

         ふりーたー フリーター
       たいぷらいたー typewriter
      ごーすとらいたー ghostwriter
     ひゃくえんらいたー 百円ライター
   しんがーそんぐらいたー singer-songwriter

            かず 数
           あまず 甘酢
          きさらづ 木更津
          すかさず すかさず
         つちふまず 土踏まず
        どっちつかず 何方付かず
        あるかとらず Alcatraz
        みっかぼうず 三日坊主
      きーすりちゃーず Keith Richards
     せっくすぴすとるず Sex Pistols
     ごーすとばすたーず Ghostbusters
  みずきよければうおすまず 水清ければ魚棲まず
ちゅうしんはにくんにつかえず 忠臣は二君に仕えず


2002 (C) Tomoki Yamabayashi

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Saturday, 05 March 2005

順不同059 はわいあんだるめしあん


mondrian1          順不同059

       たくあん 沢庵
       こしあん 漉し餡
       つぶあん 粒餡
       みそあん のかしわもち 味噌餡の柏餅
      しょくあん 職安
      はわいあん 
Hawaiian
     だるめしあん 
Dalmatian
    ひっこみじあん 引っ込み思案
     もんどりあん 
Mondrian, Piet
   じつようしんあん 実用新案
      のくたーん 
nocturne
     へっぷばーん きゃさりん 
Hepburn, Katharine
     へっぷばーん おーどりー 
Hepburn, Audrey
      れずびあん 
lesbian
       えびあん 
Evian (l'eau minerale)
       あせあん 
ASEAN (Association of Southeast Asian Nations)
       こりあん 
Korean
       こりあん せんせい “孤狸庵先生”遠藤周作
      ふしんあん 不審庵(表千家)
     こんにちあん 今日庵(裏千家)
     どんじゅあん 
Don Juan
      えいりあん 
Alien
    ごばんあいあん 5番アイアン
     べじたりあん 
vegetarian
     だきょうあん 妥協案
     こめでぃあん 
comedian
ゆうじほうせいほうあん 有事法制法案
        ふあん 不安


2002 (C) Tomoki Yamabayashi

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Friday, 04 March 2005

tomokilogが「粋人観察+α」で紹介されました

blogzine

上にご覧のとおり、tomokilog が NTTコミュニケーションズのサイト「週刊ブログ人」第七回【ひなまつり号】の「粋人(イキモノ)観察+α」 http://ikimono.blogzine.jp/ikimono/ というコーナーで、「今週の粋人」に選ばれ、紹介されました。愛読者のみなさん、「ブログ人」運営者の方、ともにお礼申しあげます。ありがとうございます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

超短篇:長靴をはいた山猫

wonderful.jpn

この記事の英語版は A Puss in Boots: A Very Short Story, March 3, 2005 です。
 
 
            長靴をはいた山猫

 吾輩はやけたトタン屋根の上の長靴をはいた山猫である。
 麗しのサブリナとティファニーで朝食をとったあと野生の呼び声を聞き、失われた時を求めて欲望という名の電車に乗り北北西に進路を取ってインドへの道を雨に唄えば、車中に同乗するのは、裸者と死者と仮面ライダーとイージー・ライダーと星の王子さまと不思議の国のアリスとチャタレー夫人の恋人とブッデンブローク家の人々である。仮面ライダーとはおととしカッコーの巣の上で会って以来、チャタレー夫人の恋人とは、去年マリエンバートで会って以来の再会である。
 星の王子さまは展覧会の絵を吾輩に見せ、不思議の国のアリスは、水上の音楽を吾輩に聞かせた。チャタレー夫人の恋人はアパートの鍵貸しますと申し出たが、吾輩は丁重に断った。男はつらいよ。ブッデンブローク家の人々は、カラシニコフ銃を吾輩に売り付けようとした。
「ピアニストを撃て。鉄は熱いうちに打て。さもなくば明日に向って撃て!」
「俺たちに明日はない。暗くなるまで待って」
 何とか断ろうとしたが勧誘はしつこかった。隣の車両には、ダーティーハリーとマッチ売りの少女とアラビアのロレンスとリチャード三世と十二人の怒れる男が乗っていた。オペラは踊る。会議は踊る。
「ボギー! 俺も男だ。三つ数えろ。バージニア・ウルフなんかこわくない」
 吾輩の脅しがきいて、やっとのことで、そのロシア製ライフル銃兼軽機関銃購入の勧誘を断った。武器よさらば。悲しみよこんにちは(あなただけ今晩は)。吾輩は、存在の耐えられない軽さのためベニスに死す。誰がために鐘は鳴る。真夏の夜の夢かまぼろしか。嗚呼、素晴らしき哉、人生!

2002 (C) Tomoki Yamabayashi

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, 03 March 2005

順不同058 てんはにぶつをあたえず

r07_2


               順不同058

        ふえふけどおどらず 笛吹けど踊らず
       こうしもときにあわず 孔子も時に遇わず
      てんはにぶつをあたえず 天は二物を与えず
     なさけはひとのためならず 情は人の為ならず
    うえたいぬはぼうをおそれず 飢えた犬は棒を恐れず
   ろーまはいちにちにしてならず ローマは一日にしてならず
  はいぐんのしょうへいをかたらず 敗軍の将兵を語らず
 いのなかのかえるたいかいをしらず 井の中の蛙大海を知らず
さんじゃくさがってしのかげをふまず 三尺下がって師の影を踏まず

        ひょうたんでなまず 瓢箪で鯰
       がきのめにみずみえず 餓鬼の目に水見えず
      りょうゆうならびたたず 両雄並び立たず
     ろんごよみのろんごしらず 論語読みの論語知らず
    はるうえざればあきみのらず 春植えざれば秋実らず
   ひゃくぶんはいっけんにしかず 百聞は一見に如かず
  たいぼくはたおれてもちにつかず 大木は倒れても地につかず
 さんじゅうろっけいにげるにしかず 三十六計逃げるに如かず
しかをおうものはうさぎをかえりみず 鹿を逐う者は兎を顧みず

        きゅうすればつうず 窮すれば通ず
       ふるかわにみずたえず 古川に水絶えず
      ちにいてらんをわすれず 治にいて乱を忘れず
     しそんにびでんをのこさず 子孫に美田を残さず
    かぜはふけどやまはどうぜず 風は吹けど山は動ぜず
   ほとけつくってたましいいれず 仏造って魂入れず
  よげんしゃきょうりにいれられず 預言者郷里に容れられず
 かっしてもとうせんのみずはのまず 渇しても盗泉の水は飲まず
くるものはこばまずさるものはおわず 来る者は拒まず、去る者は追わず


2002 (C) Tomoki Yamabayashi

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, 02 March 2005

順不同057 こうぼうふでをえらばず

woodlegcat

Don't cry over spilt milk.  Get a cat.
Rosemary Appleton's Zen Christian Hindu Rosicrucian Mystic Sayings Collection  http://www.mudmystic.com/


              順不同057

       きをみてもりをみず 木を見て森を見ず
      おやのこころこしらず 親の心子知らず
     たつとりあとをにごさず 立つ鳥跡を濁さず
    りかにかんむりをたださず 李下に冠を正さず
   おおきのしたにおぎそだたず 大木の下に小木育たず
  あたらずといえどもとおからず 中らずと雖も遠からず
 やまたかきがゆえにたっとからず 山高きが故に貴からず
てんもうかいかいそにしてもらさず 天網恢恢疎にして漏らさず

       めくらへびにおじず 盲蛇に怖じず
      こうかいさきにたたず 後悔先に立たず
     ふくすいぼんにかえらず 
What's been done, has been done
    てんせきこけをしょうぜず 
A rolling stone gathers no moss
   あたまかくしてしりかくさず 頭隠して尻隠さず
  つみをにくんでひとをにくまず 罪を憎んで人を憎まず
 すずめひゃくまでおどりわすれず 雀百まで踊忘れず
しょくなきものはしょくをえらばず 食なき者は職を選ばず

       あくせんみにつかず 悪銭身に付かず
      さいげつひとをまたず 
Time and tide wait for no man
     こうぼうふでをえらばず 弘法筆を選ばず
    おごるものはひさしからず 奢る者は久しからず
   くんしあやうきにちかよらず 君子危うきに近寄らず
  よらしむべししらしむべからず 由らしむべし、知らしむべからず
 にとをおうものはいっとをもえず 
Grasp all, lose all
ひとはぱんのみにていくるにあらず 
Man shall not live by bread alone


2002 (C) Tomoki Yamabayashi

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, 01 March 2005

順不同056 にっちもさっちもいかぬ

GoneWithTheWind


                 順不同056

           びんぼうひまなし 貧乏暇なし
          くんしににごんなし 君子に二言なし
         りっすいのよちもなし 立錐の余地もなし
        そなえあればうれいなし 備えあれば憂いなし
       さわらぬかみにたたりなし 触らぬ神に祟なし
      せいぶせんせんいじょうなし 
All Quiet on the Western Front
     あるときばらいのさいそくなし ある時払いの催促なし
    たとえにうそなしぼうずにけなし 譬えに嘘なし坊主に毛なし

          とりつくしまもない とりつく島もない
         おれたちにあすはない 
Bonnie and Clyde
        あさのこないよるはない 
Dawn comes after the night
       おとなはわかってくれない 
Quatre Cents Coups (Truffaut)
      よこのものをたてにもしない 横のものを縦にもしない
   ばーじにあうるふなんかこわくない 
Who's Afraid of Virginia Woolf?
  しょーほどすてきなしょうばいはない 
There's No Business Like Show
                    
Business
 はしよりおもいものをもったことのない 箸より重い物を持ったことのない
しぬしぬというものにしんだためしがない 死ぬ死ぬと言う者に死んだ例がない

            はにきぬきせぬ 歯に衣着せぬ
          かぜとともにさりぬ 
Gone with the Wind
         せにはらはかえられぬ 背に腹はかえられぬ
        にっちもさっちもいかぬ にっちもさっちもいかぬ
       はしにもぼうにもかからぬ 箸にも棒にもかからぬ
      うりのつるになすびはならぬ 瓜の蔓に茄子はならぬ
     はらがへってはいくさができぬ 腹が減っては戦ができぬ
    あちらをたてればこちらがたたぬ あちらを立てればこちらが立たぬ
   えどっこはよいごしのかねはもたぬ 江戸っ子は宵越しの金は持たぬ
  うみのものともやまのものともしれぬ 海のものとも山のものとも知れぬ


2002 (C) Tomoki Yamabayashi

| | Comments (0) | TrackBack (0)

順不同055 すりらんかかさぶらんか

Cinema


        順不同055

       あんか 安価
      さざんか 山茶花
     すりらんか 
Sri Lanka
    かさぶらんか 
Casablanca

      あこがれ 憧れ
     しちながれ 質流れ
    いちじのがれ 一時逃れ
   よかれあしかれ 善かれ悪しかれ
  かってにしやがれ 
A Bout de Souffle

      ふらんす 
France
     るーべんす 
Rubens, Peter Paul
    ふろーれんす 
Florence
   ほもさぴえんす 
Homo sapiens
  こんたくとれんず 
contact lens
 あらびあのろれんす 
Lawrence of Arabia

     ほおずき  酸漿
    かれすすき  枯薄
   むそるぐすきー 
Mussorgsky, Modest
  すとらびんすきー 
Stravinsky, Igor
 なごりのさかずき  名残の杯
おあついのがおすき  
Some Like It Hot


2002 (C) Tomoki Yamabayashi

| | Comments (2) | TrackBack (0)

順不同054 ごだーるしゃがーる

godard
         順不同054

        あーる R
       ごだーる 
Godard, Jean-Luc
      しゃがーる 
Chagall, Marc
     すたんだーる 
Stendhal
    ぼーゔぉわーる 
Beauvoir, Simone de
   こーとじぼわーる 
Cote d'Ivoire
  ゆーえすえすあーる 
USSR
 わがはいはかもである 
Duck Soup (1933)

        てんじ 点字
       あれんじ 
arrange
      ちゃれんじ 
challenge
     でんしれんじ 電子レンジ
    みぞぐちけんじ 溝口健二
   いめーじちぇんじ イメージチェンジ
  ばれんしあおれんじ 
Valencia orange
とけいじかけのおれんじ 
A Clockwork Orange

        さかさ 逆さ
       としかさ 年嵩
      さんどがさ 三度笠
     あいあいがさ 相合傘
    さこんのつかさ 左近司
   あんたがたどこさ あんたがた何処さ
  おおとねりのつかさ 大舎人寮
しぇるぶーるのあまがさ 
Les Parapluies de Cherbourg




2002 (C) Tomoki Yamabayashi

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2005 | Main | April 2005 »