« 日記を書く人、書かない人 | Main | Life is a tragedy when seen ... »

Thursday, 06 October 2005

秋の音、秋の香り

_1

    秋の音、秋の香り

朝、窓を開けるとぷ〜んとかおる香り。
このまえ近所を歩いていたときに、最初に気づいた。
キンモクセイ。
どこに生えているのかは知らない。

夜、窓の外の音が、
セミの声から秋の虫に変わったのは、
わずか数日のあいだの出来事だった。

十月に最高なのは、北京の秋空。
天安門広場の真ん真ん中に立って、大きく背伸びをしたい。

京都の十月も悪くない。雨が多いけど、
もみじ見物の人が押し寄せるまでの束の間、街は静か。

きのう小雨のなか短パン姿で自転車をこいでいたら、
ちょっと寒かった。
「いつまで短パンはいてるんや?」
と友達に訊かれた。

いつまででも。夏の名残りを感じていたい間じゅう。
冷めた紅茶の最後のひとくちを飲み干す瞬間が、
好きなのだ。

2005 (c) Tomoki Yamabayashi

|

« 日記を書く人、書かない人 | Main | Life is a tragedy when seen ... »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 秋の音、秋の香り:

« 日記を書く人、書かない人 | Main | Life is a tragedy when seen ... »