« Einstein's Dreams by Alan Lightman アラン・ライトマン 『アインシュタインの夢』 | Main | A Christmas Carol by Charles Dickens (1) チャールズ・ディケンズ 『クリスマス・キャロル』『クリスマス・カロル』 (1) »

Wednesday, 07 December 2005

The Story of My Life by Helen Keller へレン・ケラー 『奇跡の人 ヘレン・ケラー自伝』 『ヘレン・ケラ−自伝—私の青春時代』 『わたしの生涯』

          目次 Table of Contents

 I. ニュースとドキュメンタリー News & Documentaries
    Video 1  お宝映像! ヘレンとアニー (1930) Rare! Helen & Annie (1930)
    Video 2  ヘレン・ケラー 輝ける魂 (2005) Shining Soul (2005)
    Video 3  The Unconquered (1954)
    Video 4  世の人々へ (1919) Deliverance (1919)

 II. 舞台化作品——戯曲/演劇 Stage adaptation
    Video 5  舞台『奇跡の人』 NY (2010) The Miracle Worker (2010) on Broadway
   ■ウィリアム・ギブソンによる戯曲『奇跡の人』の日本語訳
     Japanese translation of the play "The Miracle Worker" by William Gibson
   ■戯曲の英語原文 The original text of "The Miralcle Worker," a stage play

 III. 映像化作品——映画とテレビ Film & Television adaptations
    Video 6  TV 奇跡の人 (2000) The Miracle Worker (2000)
    Video 7  TV 奇跡の翌日 (1998) Monday After the Miracle (1998)
    Video 8  アニメ ヘレン・ケラー (1996) Helen Keller (1996) Animation
    Video 9  TV 奇跡の人 (1979) The Miracle Worker (1979)
    Video 10  映画 奇跡の人 (1962) The Miracle Worker (1962)
    Image Gallery  奇跡の人 (1962) DVD The Miracle Worker (1962) DVD

 IV. 原作——ヘレン・ケラー自伝 The original book by Helen Keller
   ■ヘレン・ケラー自伝の日本語訳 Japanese translations of Helen's autobiography
     (1) 小倉 2004
     (2) 白紗 2003
     (3) 小原 2000
     (4) 井上 1987
     (5) 中村 1982
     (6) 今西 1972, 1981
     (7) 川西 1965, 1968, etc.
     (8) 岩橋(+芥川, 児玉) 1937, 1966
   ■ヘレン・ケラー自伝のポルトガル語訳 Portuguese translation
    Audio 1  原書朗読 The Story of My Life - Audiobook read by George Cooney
    Audio 2  原書朗読 The Story of My Life - Audiobook read by Maria
   ■ヘレン・ケラー自伝の英語原文 The Story of My Life - The original text

 V. その他 Others
    Image  ヘレン・ケラーの肖像写真 Portrait of Helen Keller
   ■自伝と戯曲——「ウァー、ウァー」場面についての論議
    The autobiography and the play: The "Wa-wa" controversy
   ■外部リンク External links
   ■更新履歴 Change log


 

I. ニュースとドキュメンタリー News and Documentaries

 Video 1 
お宝ニュース映像! ヘレン・ケラーとアン・サリヴァン(1930年)
(Rare!) Helen Keller & Anne Sullivan (1930 Newsreel Footage)

映像の最後にヘレン・ケラーが言う。「アイ・アム・ノット・ダム・ナウ」——わたしは、もうダム(=おし、唖)ではありません。


 Video 2 
ヘレン・ケラー 輝ける魂 (2005)
Shining Soul: Helen Keller's Spiritual Life and Legacy (2005)

米国スウェーデンボルグ財団制作のドキュメンタリー。ヘレン・ケラーがエマヌエル・スヴェーデンボリから受けた影響を中心に描く。スヴェーデンボリ(スウェーデンボルグとも表記)はスウェーデンの科学者・神学者・哲学者。ときにオカルト思想家と評されることもある。衛星チャンネルで放映された際の番組紹介はここ。 Directed by Penny Price. DVD available from the Swedenborg Foundation. VHS listed on Amazon.com


 Video 3 
The Unconquered (1954) a.k.a. Helen Keller in Her Story

Uploaded by IamHelenKeller on Jan 24, 2011. Directed by Nancy Hamilton. Narrated by Katharine Cornell. 1955 Academy Award winner for best documentary.


 Video 4 
世の人々へ (1919) Deliverance (1919)

監督: ジョージ・フォスター・プラット 出演: ヘレン・ケラー(本人)、アン・サリヴァン(本人)。2:38 以下の映像は Video 1 とおなじ。 Uploaded by IamHelenKeller on Jan 12, 2011. Directed by George Foster Platt. Starring Helen Keller (Herself), Anne Sullivan (Herself). The footage from 2:38 on is the same as Video 1.


II. 舞台化作品——戯曲/演劇 Stage adaptation

 Video 5 
舞台『奇跡の人』 NYブロードウェー (2010年2月27日-2010年4月4日)
The Miracle Worker (2010), Circle in the Square Theatre on Broadway
27 February 2010 - 4 April 2010

Kate Whoriskey (Director), William Gibson (Playwright), Abigail Breslin (Helen Keller), Alison Pill (Annie Sullivan).


■ウィリアム・ギブソンによる戯曲『奇跡の人』の日本語訳
 Japanese translation of the play "The Miracle Worker" by William Gibson

アニー:さあ、汲んで。

(ヘレン、頬に手を当て、自信なげに待つ)

アニー:いいえ、お母さんはいないわよ。汲んで!

(力づくでヘレンにハンドルを動かさせて、手を離す。ヘレン、服従する。ハンドルを上下させるとやがて水が出てくる。アニー、もう一方の手に水差しを持たせ、水の出口に導く。水は半分水差しに流れ込み、半分は外にこぼれてヘレンの手を濡らす。アニー、代わってハンドルを持ち水を出しながら、機械的にもう何百回となくくり返してきた動作、ヘレンのあいた掌に字を綴る)ウォーター。

アニー:W、A、T、E、R、ウォーター。これには名前があるのよ——

(そして、今、奇跡が起きた。ヘレン、水差しを水の出口の板石に落す。水差しは砕け散る。ヘレン、身じろぎもせずに立ちつくしている。アニー、ハンドルを持ったまま凍りつく。日没の照明が変っていき、その変化とともに、ヘレンの顔にも変化が起きる。観客がかつて見たこともない、ある光が浮かんでくる。ヘレンの心の奥深いところで、ある種の格闘が行われている。その唇がわなわなとふるえる。唇のまわりの筋肉が、かつて知っていた何かを思い出そうとしているのだ、そして最後に、それは出口をみつける。いかにも苦し気に、言葉なしに過した何年もの生活の堆積に埋もれていた赤ん坊の声がほとばしる)

ヘレン:ウァー、ウァー。(そしてもう一度、非常な努力で)ウァー、ウァー。

(ヘレン、出の細くなった水に手を突っ込み、自分の手に綴る。それから狂ったように手を突き出してさぐる。アニー、手をさしのべる。ヘレン、アニーの手に綴る)

アニー:(ささやく)そうよ。

(ヘレン、ふたたび綴る)

アニー:そうよ!

(ヘレン、ハンドルを掴んで水を汲み、ほとばしる水に手を突っ込み、アニーの手を掴んでもう一度綴る)

アニー:そうよ! ああ、とうとう——

   ウィリアム・ギブソン=作 額田やえ子=訳
   『奇跡の人』 劇書房ベストプレイ・シリーズ17
   劇書房 2003/03 新装第1刷
   下の英語原文と対照しやすいように改行を追加し、字下げを変更
   しました。また、原文の傍点を下線で置き換えました。


■戯曲の英語原文 The original text of "The Miralcle Worker," a stage play

Annie: All, right. Pump.

[Helen touches her cheek (a sign that she wants her mother), waits uncertainly.]

Annie: No, she’s not here. Pump!

[She forces Helen’s hand to work the handle, and then she lets go. And Helen obeys. She pumps till the water comes, then Annie puts the pitcher in her other hand and guides it under the spout, and the water tumbling half into and half around the pitcher douses Helen’s hand. Annie takes over the handle to keep water coming, And does automatically what she had done so many times before, spells into Helen’s free palm (by tapping her fingers, almost in a kind of Morse Code):]

Annie: Water. W, A, T, E, R. Water. It has a name—

[And now the miracle happens. Helen drops the pitcher on the slab under the spout, and it shatters. She stands transfixed (motionless). Annie freezes on the pump handle: There is a change in the sundown light, and with it a change in Helen’s face, some light coming into it that we have never seen there, some struggle in the depths behind it; and her lips tremble, trying to remember something the muscles around them once knew, till at last it finds its way out, painfully, a baby sound buried under the (emotional) debris of years . . .]

Helen: Wah. Wah. [And again, with great effort.] Wath. Wah.

[Helen plunges her hand into the dwindling water, spells it into her own palm. Then she gropes frantically. Annie reaches for her hand, and Helen spells into Annie’s hand.]

Annie: [Whispering.] Yes.

[Helen spells into it again.]

Annie: Yes!

[Helen grabs at the handle, pumps for more water, plunges her hand into its spurt and grabs Annie’s hand to spell it again.]

Annie: Yes! Oh, my dear—

   The Miracle Worker by William Gibson
   E-text at Googel.docs


III. 映像化作品——映画とテレビ Film and Television adaptations

 Video 6 
テレビ『奇跡の人 ヘレン・ケラー物語』 (2000)
The Miracle Worker (2000) TV

Nadia Tass (director), William Gibson (play), Monte Merrick (writer), Hallie Kate Eisenberg (Helen Keller), Alison Elliott (Anne Sullivan).
「ウォーター」のシーンは 3:25 あたりから。The 'Water' scene begins around 3:25.


 Video 7 
テレビ『奇跡の翌日/その後のヘレン・ケラーとアニー・サリバン』 (1998)
Monday After the Miracle (1998) TV
Daniel Petrie (director), William Gibson (play), Deena Goldstone (teleplay), Roma Downey (Annie Sullivan), Moira Kelly (Helen Keller).


 Video 8 
Helen Keller (1996) - Animated Hero Classics

Helen Keller - Animated Hero Classics DVD


 Video 9 
テレビ『奇跡の人』 (1979)
The Miracle Worker (1979) TV

Paul Aaron (director), William Gibson (play), William Gibson (screenplay), Patty Duke (Anne Sullivan), Melissa Gilbert (Helen Keller)
「ウォーター」のシーンは 4:15 あたりから。The 'Water' scene begins around 4:15.


 Video 10 
映画『奇跡の人』 (1962)——「ウォーター」のシーン
The Miracle Worker (1962) : The 'Water' scene

Arthur Penn (director), William Gibson (screenplay), William Gibson (stage play), Anne Bancroft (Annie Sullivan), Patty Duke (Helen Keller).


 Image Gallery 
映画『奇跡の人』 (1962) - DVDジャケット
The Miracle Worker (1962) - DVD covers

↓ Click to enlarge ↓

ja Ja_kiseki_no_hito fi Fi_ihmeidentekija de De_licht_im_dunkel

it It_anna_dei_miracoli pt Milagro_de_anna_sullivan es Es_ana_de_los_milagros

es Es_el_milagro_de_anna_sullivan fr Fr_miracle_en_alabama en En_the_miracleworkerdvd

  Flag_of_japansvg [ja] 奇跡の人 日本語
  Flag_of_finlandsvg [fi] Ihmeidentekijä フィンランド語
  Flag_of_germanysvg [de] Licht im Dunkel ドイツ語
  Flag_of_italysvg [it] Anna dei Miracoli イタリア語
  Flag_of_portugalsvg [pt] O Milagre de Anne Sullivan ポルトガル語
  Flag_of_argentina [es] Ana de los milagros スペイン語(アルゼンチン、メキシコ、ペルーなど)
  Flag_of_spainsvg_2 [es] El milagro de Anna Sullivan スペイン語(スペイン)
  Flag_of_francesvg [fr] Miracle en Alabama フランス語
  Flag_of_the_united_kingdomsvg [en] The Miracle Worker 英語


IV. 原作——ヘレン・ケラー自伝 The original book by Helen Keller

■自伝の日本語訳 Japanese translations of the autobiography

(1) 小倉 2004
誰かが井戸水を汲んでいた。先生は、私の片手をとり水の噴出口の下に置いた。冷たい水がほとばしり、手に流れ落ちる。その間に、先生は私のもう片方の手に、最初はゆっくりと、それから素早くw-a-t-e-rと綴りを書いた。私はじっと立ちつくし、その指の動きに全神経を傾けていた。すると突然、まるで忘れていたことをぼんやり思い出したかのような感覚に襲われた——感激に打ち震えながら、頭の中が徐々にはっきりしていく。ことばの神秘の扉が開かれたのである。この時はじめて、w-a-t-e-rが、私の手の上に流れ落ちる、このすてきな冷たいもののことだとわかったのだ。

   ヘレン・ケラー=著 小倉慶郎(おぐら・よしろう)=訳
   『奇跡の人 ヘレン・ケラー自伝』 新潮文庫 2004/08


(2) 白紗 2003
誰かが水をくみ上げていて、先生は私の手を樋口(ひぐち)の下に持っていきました。冷たくほとばしる水を片手に受けている間、先生はもう片方の手の中に、水という語をつづりました。初めはゆっくり、そして次には素早く。私は身じろぎもせず、先生の指の動きに全神経を集中させました。突然、私は何か忘れていたものを思い出すような漠然とした感覚に襲われました。頭の中に何かがよみがえってくるような、ぞくぞくする感じでした。そして、どういう拍子か、言葉という神秘が姿を現したのです。私はそのとき、w-a-t-e-rというものが、私の手の上に流れ落ちてくるこの冷たくて素敵なものを意味するのだと悟ったのでした。

   ヘレン・ケラー=著 白紗由季子=部分訳
   1. 感動を伝える ヘレン・ケラー/自伝 『私の生涯』
   近江誠(おうみ・まこと)=著 文藝春秋=編集
   『感動する英語!』 文藝春秋 2003/12/15


(3) 小原 2000
だれかが水をくんでいるところでした。先生は私の手をその水の吹き出し口の下に置きました。冷たい水が片方の手の上をほとばしり流れている間、先生はもう片方の手に《water》という単語を、始めはゆっくりと、次には速く、綴りました。私はじっと立って、先生の指の動きに全神経を集中させました。突然私は、なにか忘れていたものについての微かな意識、わくわくするような思考のよみがえりを感じました。そして、どういうわけか、言語の持つ秘密が私に啓示されたのです。私はその時、 w-a-t-e-r という綴りが、私の手の上を流れている、この素晴しい、冷たい物を意味していることを知ったのです。

   第2章 夜明け (2)
   Helen Keller by Dennis Wepman 小原二三夫=訳
   Copyright 1987 by Chelsea House Publishers, New York, Philadelphia
   小原二三夫の部屋 翻訳コーナー
   2000-05-29 アップロード 2012-02-17 更新


(4) 井上 1987
だれかが水をくんでいました。先生は、わたしの手を水の出てくるところへもっていきました。冷たい流れが手にかかると、先生は、わたしのもう片方の手に、はじめはゆっくりと、つぎにはすばやく、「WATER(水)」という字を書きました。わたしはじっと立ったまま、先生の指の動きに、全神経を集中していました。わたしはきゅうに、わすれていたことをぼんやり思い出したような感じ——考える力がもどってきたような、ぞくぞくする感じをあじわいました。そして、なぜか、ことばのもつなぞが、はっきりとわかったのです。「WATER」というのは、わたしの手を流れている、冷たくて、すてきなものだということがわかったのです。

   井上一夫(いのうえ・かずお)=訳
   『ヘレン・ケラ− 少年少女伝記文学館21』 講談社 1987/12/18
   この本の第1章から第3章までは、ヘレン・ケラー著 The Story of My Life の
   翻訳。うち第1章と第2章は、子ども向けに多少ことばを補っている点以外は、
   原書のほぼ忠実な全訳。第3章は抄訳。第4章は訳者による書き下ろし。
   ルビは省略しました。


(5) 中村 1982
ちょうど誰かが水を汲(く)んでいるところだった。アニーはヘレンの手を樋口(ひぐち)の下に置いた。「冷たい水がわたしの片手の上に勢いよくほとばしり流れたとき、先生はわたしのもう一方の手にW—A—T—E—Rと綴りました。はじめはゆっくり、それからもっとはやく。私は全身の神経を先生の指の動きに集中してじっとしていました。そのときとつぜん、わたしは、それまで忘れていた何かをぼんやり意識したのです——思想が胸によみがえる瞬間のときめきといったらいいでしょうか。そのいうにいわれぬ一刹那(せつな)、言葉の神秘が閃(ひらめ)いたのでした。W—A—T—E—Rというのは、いまわたしの手の上を流れている、このすばらしい冷たいもののことなのだ——わたしはそう悟りました。

   ジョゼフ・P・ラッシュ=著 中村妙子=訳
   『愛と光への旅—ヘレン・ケラ−とアン・サリヴァン』 新潮社 1982/01/25


(6) 今西 1972, 1981
だれかが水をくんでいました。先生は、わたしの手をとってさしだし、ポンプからあふれでるつめたい水にさわらせました。そして、もういっぽうのわたしの手をとって、その手のひらに、はじめはゆっくりと、だんだんはやく、「水」という字を、何回も書きつづけられました。わたしは、いっぽうの手でつめたい水をかんじながら、もういっぽうの手のひらの、先生のゆびのうごきに、じっと全身の注意をそそいでいました。とつぜん、わたしは、なにかしらわすれているものを思いだすような、なんともいえないふしぎな気もちになりました。こうして、わたしははじめて、手にかかるつめたいさわやかなものが「水」というものだということを知りました。

   ヘレン=ケラー著 今西祐行(いまにし・すけゆき)訳
   a. 『ヘレン=ケラー自伝 三重苦の奇跡の人
     講談社火の鳥伝記文庫 4 講談社 1981/11/19
   b. 『ヘレン=ケラー自伝 愛は三重苦をこえて
     少年少女講談社文庫 講談社 1972/07/12
   引用は a. に拠りました。a. b. はどちらも児童書なので原文は総ルビですが、
   引用ではこれをすべて省略しました。また、原文には「何回も書きつづけられ
   ました」のあとに改行がありますが、引用ではこれも省きました。


(7) 川西 1965, 1968, etc.
誰かが水を汲んでいて、先生は私の手を井戸の口にもっていきました。冷たい水の流れが手にかかると、先生はもう一方の手に、はじめはゆっくり次に速く「水」という字を書かれます。私はじっと立ったまま先生の指の動きに全神経を集中します。突然私は、なにか忘れていたことをぼんやり意識したような、思考が戻ってきたような、戦慄(りつ)を感じました。言語の神秘が啓示されたのです。そのとき、「W-A-T-E-R」というのは私の手に流れてくる、すばら しい冷たいなにかであることを知ったのです。

   a. ヘレン・ケラー=著 川西進(かわにし・すすむ)=訳
     『ヘレン・ケラ−自伝—私の青春時代』 ぶどう社 1982/05
   b. ヘレン・ケラー=著 川西進=訳 「奇蹟へのあゆみ」
     筑摩書房編集部=編 『現代世界ノンフィクション全集 14』 筑摩書房 1968
   c. H・ケラー=著 川西進=訳
     『奇跡へのあゆみ—ヘレン・ケラー自伝』 富士書店 1965
   a. は c. を改版(再版)したもの。引用は a. に拠りました。


(8) 岩橋(+芥川, 児玉) 1937, 1966
だれかが水を汲みあげていましたので、先生は樋口の下へ私の手をおいて、冷たい水が私の片手の上を勢いよく流れている間に、別の手に初めはゆっくりと、次には迅速に「水(ウォーター)」という語をつづられました。私は身動きもせず立ったままで、全身の注意を先生の指の運動にそそいでいました。ところが突然私は、何かしら忘れていたものを思い出すような、あるいはよみがえってこようとする思想のおののきといった一種の神秘な自覚を感じました。この時初めて私はw-a-t-e-r(ウォーター)はいま自分の片手の上を流れているふしぎな冷たい物の名であることを知りました。

   a. ヘレン・ケラー=著 岩橋武夫(いわはし・たけお)=訳
     『わたしの生涯』 角川文庫 1966/06
   b. ヘレン・ケラー=著 岩橋武夫+芥川潤+児玉国之進=訳
     「私の生涯」 『ヘレン・ケラー全集 第1 其の1』 三省堂 1937(昭和12)
   引用は a. に拠りました。なお、初版の出た1937年はヘレン・ケラー
   初来日の前年にあたる。


■自伝のポルトガル語訳 Portuguese translation of the autobiography

Alguém estava tirando água e a srta. Sullivan colocou minha mão sob o jorro da água. Enquanto a fria corrente despejava-se sobre uma de minhas mãos, a srta. Sullivan soletrava na outra a palavra água, primeiro lentamente, depois rapidamente. Fiquei imóvel, com toda a atenção fixada nos movimentos de seus dedos. De repente senti uma consciência envolta em nevoeiro, como de algo esquecido - o eletrizar de um pensamento que voltava; e de algum modo o mistério da linguagem foi revelado a mim. Soube então que "á-g-u-a" significava a maravilhosa coisa fresca que fluía sobre minha mão.

   Capítulo IV. A História da Minha Vida by Helen Keller
   E-text at Sobre a Deficiência Visual


 Audio 1 
ヘレン・ケラー自伝原書のオーディオブック 朗読: ジョージ・クーニー
The Story of My Life - Audiobook read by George Cooney

下に引用する箇所の朗読は 0:35:43 から始まります。 Uploaded to YouTube by rt20bg on 16 Dec 2012. Audio courtesy of LibriVox. Reading of the excerpt below starts at 0:35:43.


 Audio 2 
ヘレン・ケラー自伝原書のオーディオブック 朗読: マリア
The Story of My Life - Audiobook read by Maria

下に引用する箇所の朗読は 11:08 から始まります。 Uploaded to YouTube by newpoliticalvoices on 4 Jun 2012. Audio courtesy of LibriVox. Reading of the excerpt below starts at 11:08.


■自伝の英語原文 The original text of the autobiography

Some one was drawing water and my teacher placed my hand under the spout. As the cool stream gushed over one hand she spelled into the other the word water, first slowly, then rapidly. I stood still, my whole attention fixed upon the motions of her fingers. Suddenly I felt a misty consciousness as of something forgotten--a thrill of returning thought; and somehow the mystery of language was revealed to me. I knew then that "w-a-t-e-r" meant the wonderful cool something that was flowing over my hand.


V. その他 Others

 Image 
ヘレン・ケラーの肖像写真 Portrait of Helen Keller

Helen_keller
Image source: FamousPeople.com


■自伝 vs 戯曲・映画——「ウォーワー」場面についての論議
 The autobiography and the play/cinema: The "Wa-wa" controversy

ヘレン・ケラーの自伝と、それに基づくウィリアム・ギブソンの戯曲およびその映画化作品とのあいだの違いについては議論があります。とりわけ、戯曲と映画における、ヘレンが「ウァー、ウァー」あるいは「ウォーワー」と声を発するシーンの真偽/当否についてです。詳しくは、下のウィキペディア英語版の議論と、わかん (若林泰志) 氏によるサイトをご参照ください。


■外部リンク External links


■更新履歴 Change log

  • 2014/12/16 自伝のポルトガル語訳を追加しました。
  • 2013/06/07 ヘレン・ケラー自伝の2種類の原書朗読の YouTube 画面を追加しました。
  • 2013/02/23 今西祐行=訳の書誌情報を補足しました。
  • 2013/01/16 川西進=訳と岩橋武夫=訳の書誌情報を補足・修正しました。
  • 2013/01/11 「目次」と今西祐行=訳 1981/11/19 と「ヘレン・ケラー 輝ける魂」の YouTube 動画、および「鳥飼行博研究室」のリンクを追加しました。また、見出しを追加し、記事の分類と配列を変更しました。
  • 2012/08/09 つぎの2本の YouTube 動画を追加しました。
    1. The Unconquered (1954)
    2. 世の人々へ (1919)
  • 2012/05/20 外部リンクの項を新設しました。
  • 2012/03/19 小原二三夫=訳 2000 を追加しました。
  • 2012/03/18 中村妙子=訳 1982/01/25 を追加しました。
  • 2010/12/24 井上一夫=訳 1987/12/18 を追加しました。
  • 2010/12/01 白紗由季子=訳 2003/12/15 を追加しました。
  • 2010/05/02 映画『奇跡の人』 (1962) - DVDジャケット画像の項を新設しました。また、つぎの7本の YouTube 動画を追加しました。
    1. ニュース映像(1930)——ヘレン・ケラーとアン・サリヴァン
    2. 舞台『奇跡の人』 (2010) NYブロードウェーのハイライト
    3. テレビ『奇跡の人 ヘレン・ケラー物語』 (2000)
    4. テレビ『奇跡の翌日/その後のヘレン・ケラーとアニー・サリバン』 (1998)
    5. アニメ Helen Keller (1996) - Animated Hero Classics
    6. テレビ『奇跡の人』 (1979)
    7. 映画『奇跡の人』 (1962)
  • 2006/08/13 ウィリアム・ギブソン=作 額田やえ子=訳『奇跡の人』2003/03 を追加しました。また、自伝と、それに基づく戯曲との間の相違点について、注を加えました。
  • 2006/07/20 川西進=訳 1982/05 を追加しました。また、訳例の順序を旧→新から、新→旧に変更しました。さらに、書誌情報を補足・修正し、Amazon.co.jp および電子テキストの該当ページへのリンクを張りました。

にほんブログ村 
本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ84595840v1308102456

Flag Counter

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■和書 Books in Japanese

■洋書 Books in non-Japanese languages

■DVD

  

|

« Einstein's Dreams by Alan Lightman アラン・ライトマン 『アインシュタインの夢』 | Main | A Christmas Carol by Charles Dickens (1) チャールズ・ディケンズ 『クリスマス・キャロル』『クリスマス・カロル』 (1) »

Comments

When some one searches for his vital thing, thus he/she needs to be available that in detail, sso that thing is maintained over here.

Posted by: http://www.montreguesshomme.net/ | Sunday, 03 November 2013 06:53 pm

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference The Story of My Life by Helen Keller へレン・ケラー 『奇跡の人 ヘレン・ケラー自伝』 『ヘレン・ケラ−自伝—私の青春時代』 『わたしの生涯』:

« Einstein's Dreams by Alan Lightman アラン・ライトマン 『アインシュタインの夢』 | Main | A Christmas Carol by Charles Dickens (1) チャールズ・ディケンズ 『クリスマス・キャロル』『クリスマス・カロル』 (1) »