« November 2005 | Main | January 2006 »

December 2005

Friday, 23 December 2005

Memoirs of a Geisha by Arthur Golden アーサー・ゴールデン 『さゆり』

■表紙画像ギャラリー Cover photo gallery

↓ クリックして拡大 Click to enlarge ↓

zh Zh_simp_7532738760 zh Zh_trad_memoirs_of_a_gesha ko Ko_9788974280994_geisha

ja Ja_bunko_golden_geisha ms Ms_kenangan_seorang_geisha fa Fa_9646961703240

tr Tr_bir_geysanin_anilari_2 hu Hu_3b8d024fdd2c056faf2f814b6a558247 fi Fi_1135219117561

el El_ ru Ru_19647_1 bg Bg_9789547693715_2

pl Pl_wyznaniagejszy9788373594265_600 hr Hr_sjecanjejednegejse sk Sk_pamati_gejse

cz Cz_img_203345_orig sv Sv_9789170023682_engeishasmemoarer da Da_9788711313855

de De_die_geisha_9783442735228 nl Nl_dagboek_van_een_geisha it It_9788878188211g

pt Pt_memoriasdeumagueixa ca Ca_film_memories_geisha es Es_portadamemoriasdeunageisha_grand

fr Fr_9782709628204_geisha en En_9780099498186


■言語, ISBN, タイトル, 出版社, 発行年など
 Language, ISBN, Title, Publisher, Year, etc.

[zh] ISBN: 9787532738762 艺伎回忆录 上海译文出版社 2006 簡体字中国語
[zh] ISBN: 9789574674541 一個藝妓的回憶 希代 2001 繁體字中國語
[ko] ISBN: 9788974280994 게이샤의 추억 현대문화센타 2005 韓国語
[ja] ISBN: 9784167661847 さゆり(上) 文春文庫 2004 日本語
[ms] ISBN: 9789833346684 Kenangan Seorang Geisha マレー語
[fa] ISBN: 9789646961708 خاطرات یک گیشا  سخن 1385 ペルシア語
[tr] ISBN: 9789752112032 Bir geysanin anilari トルコ語
[hu] ISBN: 9789639367852 Egy gésa emlékiratai Trivium, 1999 ハンガリー語
[fi] ISBN: 9789510221556 Geishan muistelmat WSOY, 1997 フィンランド語
[el] ISBN: 9789602369135 Αναμνήσεις μιας γκέισας ギリシア語
[ru] ISBN: 9785170595150 Мемуары гейши АСТ, 2009 ロシア語
[bg] ISBN: 9789547693715 Мемоарите на една гейша ブルガリア語
[pl] ISBN: 9788373594265 Wyznania gejszy Аlbatros, 2005 ポーランド語
[hr] ISBN: 9789533245287 Sjećanja jedne gejše クロアチア語
[sk] ISBN: 9788055112831 Pamäti gejše スロバキア語
[cz] ISBN: 9788024906447 Gejša Ikar, 2006 チェコ語
[sv] ISBN: 9789170023682 En geishas memoarer Bra Böcker, 2005 スウェーデン語
[da] ISBN: 9788711313855 Mit liv som Geisha Aschehoug, 2007 デンマーク語
[de] ISBN: 9783442726325 Die Geisha btb, 2005 ドイツ語
[nl] ISBN: 9789041410054 Dagboek van een Geisha Anthos, 2006 オランダ語
[it] ISBN: 9788878188211 Memorie di una geisha TEA, 2000 イタリア語
[pt] ISBN: 9788531206054 Memórias de uma Gueixa Imago, 2006 ポルトガル語
[ca] ISBN: 9788429748253 Memòries d'una geisha Peninsula, 2011 カタルーニャ語
[es] ISBN: 9789870403814 Memorias de una geisha Suma de Letras, 2006 スペイン語
[fr] ISBN: 9782709628204 Geisha Jean-Claude Lattès, 2006 フランス語
[en] ISBN: 9780099498186 Memoirs of a Geisha Vintage Books USA, 2006 英語


■中国語訳(簡体字) Translation into simplified Chinese
我是一个渔夫的女儿、來自日本海附近一个叫养老的小镇。在那个小镇上,我住在一个我称之为"醉屋"的地方。

   《艺伎回忆录
   [美]高顿 著  译者: 金逸明, 柏栎
   上海译文出版社 2006
   Excerpt at 豆瓣 (douban.com)


■中國語譯(繁體字) Translation into traditional Chinese
我不是生來就為做為一個京都的藝妓的、甚至我根本不在京都出生。我原是一個漁夫的女兒、來自日本海附近一個叫做鎧戸的小鎮。

   《一個藝妓的回憶
   作者: 亞瑟.高登 Arthur Golden  譯者: 林妤容
   希代多媒體書版股份有限公司 2001/06/01


■日本語訳 Translation into Japanese
なにも芸者になるために生まれ育ったわけではありません。京都の生まれですらないのです。漁師の娘なのですよ。鎧戸という日本海に面した小さな町でしてね。

   アーサー・ゴールデン=著 小川高義=訳 『さゆり(上)』
   * 文庫: 文春文庫 2004/12
   * 単行本: 文藝春秋 1999/11


■英語原文 The original text in English
I wasn't born and raised to be a geisha.  I wasn't even born in Kyoto.  I'm a fisherman's daughter from a little town called Yoroido on the Sea of Japan.

   Memoirs of a Geisha (1997) by Arthur Golden
   * Paperback: Vintage Books, 2005/11
   * Hardcover: Alfred A. Knopf, 1997/09


_1


■更新履歴 Change log

  • 2015/09/11 ブルガリア語の表紙画像を追加しました。
  • 2012/11/20 韓国語、マレー語、トルコ語、ギリシア語、クロアチア語、スロバキア語、およびフランス語の表紙画像を追加しました。
  • 2011/08/15 中国語訳(簡体字)を追加しました。また、「表紙画像コレクション」と「言語, ISBN, タイトル, 出版社, 発行年など」の項を新設しました。
  • 2007/12/11 書誌情報を補足しました。また、オンライン書店へのリンクを張りました。さらに、英語原文、中國語譯、日本語訳の順だったのを、中國語譯、日本語訳、英語原文の順に変更しました。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ84595840v1308102456

Flag Counter

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

■DVD

  

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, 19 December 2005

Sherlock Holmes - The Speckled Band by Arthur Conan Doyle コナン・ドイル 「まだらの紐」

        目次 Table of Contents

■中国語訳(簡体字)Translation into simplified Chinese
■中國語譯(繁體字)Translation into traditional Chinese
 Audio 1  日本語のドラマ仕立ての朗読 Dramatized reading in Japanese
■日本語訳 Translations into Japanese
  (J1) 石田 2010
  (J2) 深町 2010
  (J3) 海野=訳 大久保(ゆ)=改訳 2009, 2014
  (J4) 日暮 2006
  (J5) 山本 2006
  (J6) 小林+東山 1998
  (J7) 中田 1992
  (J8) 平賀 1982
  (J9) 中野 1982
  (J10) 大久保(康) 1981
  (J11) 河田 1981
  (J12) 鈴木 1980
  (J13) 鮎川 1973
  (J14) 宇野 1973
  (J15) 飯島 1970
  (J16) 田中 1961
  (J17) 阿部 1960
  (J18) 鈴木 1959, 1963, etc.
  (J19) 延原 1958
  (J20) 船橋 1956
  (J21) 林 1955
  (J22) 菊池 1936
  (J23) 延原 1928, 1933, etc.
  (J24) 石川 1922
  (J25) 夜香郎 1905, 2001
  (J26) 水田 1899, 2001
 Video 1  TV episode Adventures of Sherlock Holmes: The Speckled Band (1984)
 Video 2  TV short The Adventure of the Speckled Band (1949)
 Video 3  Film The Speckled Band (1931)
■トルコ語訳 Translations into Tuskish
■フィンランド語訳 Translation into Finnish
■ロシア語訳 Translation into Russian
■ウクライナ語訳 Translation into Ukrainian
■ブルガリア語訳 Translation into Bulgarian
■ポーランド語訳 Translation into Polish
■チェコ語訳 Translation into Czech
■ノルウェー語訳 Translation into Norwegian
■スウェーデン語訳 Translation into Swedish
■ドイツ語訳 Translation into German
■オランダ語訳 Translation into Dutch
■ルーマニア語訳 Translation into Romanian
■イタリア語訳 Translation into Italian
■ポルトガル語訳 Translations into Portuguese
  (Pt1)
  (Pt2)
  (Pt3) Chaves, 2009
■スペイン語訳 Translation into Spanish
■フランス語訳 Translation into French
 Audio 2  朗読: グレッグ・ワグランド Audiobook read by Greg Wagland
 Audio 3  朗読: マーク・F・スミス Audiobook read by Mark F. Smith
 Audio 4  英 BBC Radio Four (2008) starring Clive Merrison
 Audio 5  米 CBS Radio Mystery Theater (1977) starring Kevin McCarthy
 Audio 6  米英ラジオ US/UK Radio drama (1954) starring Gielgud & Richardson
 Audio 7  米ラジオ US Radio drama (1948) starring John Stanley
 Audio 8  英ラジオ UK Radio drama (1945) starring Cedric Hardwicke
 Audio 9  米ラジオ US Radio drama (1943) starring Basil Rathbone
■英語原文 The original text in English
■更新履歴 Change log


Sherlock_holmes


■中国語訳(簡体字)Translation into simplified Chinese

八年来,我研究了我的朋友歇洛克·福尔摩斯的破案方法,记录了七十多个案例。我粗略地翻阅一下这些案例的记录,发现许多案例是悲剧性的,也有一些是喜剧性的,其中很大一部分仅仅是离奇古怪而已,但是却没有一例是平淡无奇的。

   《福尔摩斯探案全集》 冒险史系列 斑点带子案
   柯南·道尔
   E-text at:
   * 民赞网 黄金书屋
   * 语文备课大师
   * 中国同学录 (www.clubsky.net)
   * 小说博览 (novelscape.com)


■中國語譯(繁體字)Translation into traditional Chinese

八年來,我研究了我的朋友歇洛克·福爾摩斯的破案方法,記録了七十多個案例。我粗略地翻閲一下這些案例的記録,發現許多案例是悲劇性的,也有一些是喜劇性的,其中很大一部分僅僅是離奇古怪而已,但是卻沒有一例是平淡無奇的。

   《斑點帶子案》 福爾摩斯探案——冒險史
   柯南·道爾
   E-text at 雲台書屋 (b111.net)


 Audio 1 
日本語のドラマ仕立ての朗読 Dramatized reading in Japanese

Voice: Ryo Kurosawa (Holmes), Michio Hazama (Watson). 動画・デザイン: 金子卓生 下の引用箇所に相当する部分は含まれていません。 Uploaded to YouTube by doramaya on 22 Jun 2014. The recording does not include a segment corresponding to the excerpt below.


■日本語訳 Translations into Japanese

(J1) 石田 2010
ぼくはこの八年間、七十件あまりの事件を記録し、シャーロック・ホームズの探偵の手法を研究してきた。いま、その記録にざっと目を通してみると、悲惨な事件が多いなか、こっけいな事件もあり、ただもう不思議としかいいようのない事件もたくさんある。しかし、どれひとつとして、ありきたりの事件はない。
   石田文子=訳 「まだらのひも」
   『シャーロック・ホームズの冒険』 角川文庫 2010/02/25 所収


(J2) 深町 2010
過去八年間に、私が友人シャーロック・ホームズの推理法をつぶさに観察し、書きとめてきた、およそ七十件余りの事件記録をざっと見なおしてみると、悲劇も多いが、喜劇もいくらかあり、また、たんに風変わりなだけの事件もあまた見受けられる。だが、それらのひとつとして、ありふれたものはない。
   深町眞理子=訳 「まだらの紐」
   『シャーロック・ホームズの冒険』 創元推理文庫 2010/02/19 所収


(J3) 海野=訳 大久保(ゆ)=改訳 2009, 2014
ふと私の覚え書きを見ると、七〇もの不思議な事件がある。この八年間、事件を通じて友人シャーロック・ホームズの手際を考えてきた。その中には多くの悲劇と少しの喜劇があり、あとの大半は単に変わっただけのものだったが、普通というものはひとつとしてない。
  海野十三(うんの・じゅうざ、うんの・じゅうぞう)=訳
  大久保ゆう=改訳 「まだらのひも
  初登録日 2009-10-20 最終更新日 2014-04-03
  2008(平成20)年2月29日改訳


(J4) 日暮 2006
この八年間、わたしは友人シャーロック・ホームズの探偵法をつぶさに観察しては記録してきた。その七十件あまりにおよぶ事件記録にざっと目を通してみると、悲劇的な事件が数多くあるなか、喜劇的な事件もいくらかあり、またちょっと風変わりなだけの事件もたくさんあるが、平凡なできごとはひとつもない。
   日暮雅通(ひぐらし・まさみち)=訳 「まだらの紐」
   『シャーロック・ホームズの冒険』 光文社文庫 2006 所収


(J5) 山本 2006
我が友シャーロック・ホームズの手法をここ八年記録している手帳に記された、七十件あまりの事件のノートをざっと眺めてみると、多くは悲劇的であり、いくつかは喜劇的であり、大多数は単に奇妙なだけだが、どれも尋常ではない事件である。
   山本ゆうじ=訳 「まだらの紐をめぐる冒険」 秋桜舎(電子版)
   2006-11-21 改訂


(J6) 小林+東山 1998
この八年の間に、友人シャーロック・ホームズの探偵としての活躍について、わたしが記録した事件は七十余りにもなるが、それらに目を通してみると、その中には、多くの悲劇的な事件や、いくつかの喜劇的な事件、また、奇妙としか言えないようなものもたくさんあるが、ごく普通の事件というのは、一つもない。
   小林司+東山あかね=本文の訳 「まだらの紐」
   リチャード・ランセリン・グリーン=注・解説 高田寛=注・解説の訳
   『シャーロック・ホームズ全集3 シャーロック・ホームズの冒険
   河出書房新社 1998 所収


(J7) 中田 1992
この八年のあいだに、私がシャーロック・ホームズの探偵方法を研究してメモした七十件あまりの事件ノートをくってみると、たくさんの悲劇もあれば、喜劇もいくらかあり、風変わりな事件もいろいろ多いが、平凡なものは一つもない。
   中田耕治(なかだ・こうじ)=訳 「まだらの紐」
   『シャーロック・ホームズ傑作選』 集英社文庫 1992 所収


(J8) 平賀 1982
この八年のあいだに、友人のシャーロック=ホームズが解決してきた、七十あまりの事件を、わたしは、ノートに書きとめてきた。そのノートに、ざっと目をとおすと、多数の悲惨な事件、いくつかのゆかいな事件、そして、奇妙としかいいようのない事件など、たくさんあるが、平凡な事件といえるものは一つとしてない。
   平賀悦子=訳 「まだらの紐」
   『シャーロック=ホームズ全集 7』 偕成社 1982 所収


(J9) 中野 1982
この八年間に私がシャーロック・ホームズの探偵ぶりを観察して記録した七十件以上におよぶ事件ノートに目を通してみると、そこには多くの悲劇があり、喜劇もいくらかあり、ちょっと風変わりなだけの事件も数多くあるが、ひとつとして平凡なものはない。
   中野康司=訳 「まだらの紐」
   コナン・ドイル=著 ベアリング‐グールド=解説と注 小池滋=監訳
   『シャーロック・ホームズ全集4』 東京図書 1982 所収


(J10) 大久保(康) 1981
この八年間に私がシャーロック・ホームズの推理の方法を調べて記録した七十件あまりの事件のノートに目を通してみると、悲劇も多いが、喜劇もいくつかあり、それに単に風変りなだけの事件も数多くあるが、平凡なものは一件もない。
   大久保康雄=訳 「まだらの紐」
   『シャーロック・ホームズの冒険』 ハヤカワ・ミステリ文庫 1981 所収


(J11) 河田 1981
ここ八年のあいだ、わたしは友人のシャーロック=ホームズの探偵方法をじっと観察してきた。七十あまりの事件の記録にざっと目をとおしてみると、おおくの悲劇的な事件や、いくつかの喜劇的な事件のほかに、奇怪としかいいようがない事件もたくさんあるが、平凡な事件は一つもない。
   河田智雄=訳 「まだらのひも」
   『シャーロック=ホームズの冒険(中)』 偕成社文庫 1981 所収


(J12) 鈴木 1980
私が書きとめた七十件あまりの事件のノートをくってみると、この八年間にわが友シャーロク・ホウムズのやり方を研究してきたものであるが、たくさんの悲劇もあれば、喜劇もいくつかあるものの、多くはたんに風変わりな事件にすぎないにしても、平凡なものは一つもない。
   鈴木幸夫(すずき・ゆきお)=訳 「まだらのひも」
   『シャーロク・ホウムズの冒険』 新学社文庫 1980 所収


(J13) 鮎川 1973
この八年のあいだ私が友人のシャーロック・ホームズの探偵方法をつぶさに観察してきた七十あまりの事件の記録にざっと目を通してみると、多数の悲劇的な事件や、いくつかの喜劇的な事件、それにもっぱら奇妙というほかはない事件はたくさんあるが、陳腐な内容の事件はひとつも見あたらない。
   鮎川信夫=訳 「まだらのひも」
   『シャーロック・ホームズの冒険』 講談社文庫 1973


(J14) 宇野 1973
ここ八年のあいだ、ぼくは友人シャーロック=ホームズのとり扱った事件を調べては書きつけてきたが、こうして眼を通してゆくと、その多くは悲劇的であり、いくつかは喜劇的、そして大部分は、ただ変わっているというだけにとどまってはいるが、ひとつとして平凡なものはない。
   宇野利泰=訳 「まだらの紐」
   『世界推理小説大系 第2巻』 講談社 1973 所収


(J15) 飯島 1970
これまでの八年間、シャーロック=ホームズがあつかった事件は、七十近くにものぼっている。ぼくはそれらの事件をいちいちくわしく記録しておいた。その記録のノートをざっとながめてみると、ずいぶんいろいろな事件があったものだ。いたましい事件、こっけいな事件、奇怪な事件。どれもこれも、ありふれた事件は一つもない。
   飯島淳秀(いいじま・よしひで)=訳 「まだらのひも」
   『シャーロック=ホームズの冒険』 文研出版 1970 所収


(J16) 田中 1961
過ぐる八年間に、わたしはおよそ七十件あまり、わが友シャーロック・ホームズの捜査方法を身近で観察して来たが、いまその事件メモを通覧して感ずることは、その多くは悲劇であり、あるものは滑稽であり、単に奇妙でめずらしいというだけのものも少なからず含まれているが、平凡無味なものはただの一つもない、ということである。
   田中西二郎=訳 「まだらの紐」
   『世界推理名作全集 1 ポー ; ドイル』 中央公論社 1961 所収


(J17) 阿部 1960
この八年間に私がシャーロック・ホームズの探偵方法を研究してひかえてきた、七十件あまりの事件にかんするノートをながめてみると、悲劇も多いが、喜劇もいくらかあり、そしてまたたんに風変わりなだけの事件もたくさんあるけれども、一つとして平凡なものはない。
   阿部知二=訳 「まだらの紐」
   『シャーロック・ホームズの冒険』 創元推理文庫 1960 所収


(J18) 鈴木 1959, 1963, etc.
私はこの八年間にわたって、わが友シャーロック・ホームズのやり方を研究してきたのであるが、この間に書きとめた七十件あまりの事件のノートをくってみる と、そこには多くの悲劇と、喜劇もいくつか見られるのであるが、いずれもきわめて風変わりな事件であって、平凡なものは一つもない。
   鈴木幸夫(すずき・ゆきお)=訳 「まだらのひも」
   a. ホームズの冒険』 電子書籍 グーテンベルク21 所収
   b.全訳 シァーロク・ホウムズの冒険』 角川文庫 1963 所収
   c.全訳 シャーロク・ホウムズの冒険(下)』 角川文庫 1959 所収
   引用は a. グーテンベルク21の電子書籍版に拠りました。


(J19) 延原 1958
この八年のあいだに、シャーロック・ホームズの探偵ぶりを調べては控えておいた七十余件におよぶ私のノートをくってみると、そのなかには多くの悲劇もあり、喜劇もいくらかはあり、単に奇異なだけのものもたくさんあって、一つとして平凡なものはない。
   延原謙(のぶはら・けん)=訳 「まだらの紐」
   『シャーロック・ホームズの冒険』 新潮文庫 1958 所収


(J20) 船橋 1956
これまで八年のあいだに、友人シャーロック・ホームズのやりかたを研究しながら、書きとめておいた覚え書には、七十ばかりもの事件が、あつまつている。ザッと繰ってみると、悲劇をともなつた事件が多く、滑稽なのもあり、単にふう変りというだけのものなら、ずいぶんドッサリあるが、平凡といえるような事件は、さすがに一つとしてない。
   船橋啓次=訳 「まだらの紐(バンド)」
   早川書房編集部=編 『名探偵登場(1)』1956 所収


(J21) 林 1955
この八年間に、私が友人シャーロック・ホウムズの探偵法を学びながら書きとめておいた、七十あまりの事件のノートをめくってみますと、ぜんたいに悲しい物語が多いのですが、中にはこっけいな話もいくつかあります。まあ、大部分はただちょっと変わっているという程度ですが、しかし、平凡なものは一つもありません。
   林克己(はやし・かつみ)=訳 「まだらのひも」
   『シャーロック・ホウムズの冒険』 岩波少年文庫 1955 所収


(J22) 菊池 1936
過去八年のあいだ、友人シャーロック・ホームズのやり方をしらべてきた七十件あまりの事件の記録を見わたしてみますと、悲劇的なものがたくさんあり、なかには喜劇的なのもあり、ただ奇妙な事件というだけのものも多数にあります。しかし、どれ一つとして平凡なものというのはありません。
   菊池武一(きくち・たけかず)=訳 「まだらの紐(バンド)」
   『シャーロック・ホームズの冒険』 岩波文庫 1936(昭和11)所収


(J23) 延原 1928, 1933, etc.
すぐる八年(ねん)の間(あひだ)に、シヤアロツク・ホウムズの探偵法(たんていはふ)をしらべてはひかへておいた私(わたし)のノートを繰(く)つてみると、その中(なか)にはおほくの悲劇(ひげき)もあり、喜劇(きげき)もいくらかはあり、單(たん)に奇異(きい)なだけの事件(じけん)も澤山(たくさん)あつて、一(ひと)つとして平凡(へいぼん)なものはない。
   a. 延原謙=訳「まだらの紐」 『コナン・ドイル全集2』 本の友社 2006/03 所収
   b. 延原謙=訳「まだらの紐」 シヤアロツク・ホウムズの冒険
     『世界文學大全集 ドイル全集2』 改造社 1933/05(昭和8)所収
   2c. コーナン・ドイル=作 延原謙(のぶはら・けん)=譯
     「真紅の絲(しんくのいと)」    
     『世界大衆文學全集21 シヤアロツク・ホウムズ
     改造社 1928/06(昭和3)所収
   a.b. の復刻版。引用は a. に拠りました。


(J24) 石川 1922
私は、此の八年間わが友シァヤロック・ホウムズの探偵術を硏究して書き留めた七十余りの事件覺書きにざつと目を通すと、その中には澤山の悲劇があり、いくらかの喜劇もあり、又多くの奇異な事件もあるが、平凡な事件は一つとしてない。
   コナン・ドイル=著 石川正通(いしかわ・せいつう)=譯 「まだら紐」
   『全譯 シヤロック・ホウムズ』 越山堂 定價貳圓八十錢
   三版 1922/09/05(大正11)所収
   国立国会図書館デジタル化資料
   「石川正通」は「序」の末尾の表示。奥付の「譯者」表示は「石川正道」。
   通・又・平・道の旧字は新字で置き換えました。


(J25) 夜香郎 1905, 2001
[この訳は抄訳であって、他の訳書からの引用箇所に相当する部分を含んでいません。ですが、最初期の訳の一つですし、記録しておくことに、なんらかの意味もありうるかもしれないと思い、書き留めておきます - tomoki y.]
   コナン・ドイル=作 夜香郎(本間久四郎)=譯 「怪しの帯」
   a. 川戸道昭+新井清司+榊原貴教=編
     『明治期シャーロツク・ホームズ翻訳集成3』(全3巻)
     ナダ出版センター=企画 アイアールディー企画=発行
     紀伊国屋書店=発売 2001/01 所収
   b.新潮』1905年11月(明治38)収載
   a.b. を複製したもの。


(J26) 水田 1899, 2001
私は私の姓名を云はないで、唯獨逸伯林の醫學士と名乗り、私の友人を世界第一の大探偵と呼ふ、私と大探偵とが殆ど十年の永い間に、世界不思議の探偵を遂げた秘密の内には、笑ふ可きもの怒る可きもの、悲む可きもの驚く可きものなど、種々樣々であるが、彼の世界を驚かした惡醫栗生六郎の探偵事件も其内の一である。

[原文は下のように総ルビです - tomoki y.]
私(わたし)は私(わたし)の姓名(せいめい)を云(い)はないで、唯(たゞ)獨逸(どいつ)伯林(べるりん)の醫學士(ゐがくし)と名乗(なの)り、私(わたし)の友人(ともだち)を世界第(せかいだい)一の大探偵(だいたんてい)と呼(よば)ふ、私(わたし)と大探偵(だんてんてい)とが殆(ほと)んど十年(ねん)の永(なが)い間(あひだ)に、世界不思議(せかいふしぎ)の探偵(たんてい)を遂(と)げた秘密(ひみつ)の内(うち)には、笑(わら)ふ可(べ)きもの怒(いか)る可(べ)きもの、悲(かなし)む可(べ)きもの驚(おどろ)く可(べ)きものなど、種々樣々(いろ/\さま/゛\)であるが、彼(か)の世界(せかい)を驚(おどろ)かした惡醫(あくゐ)栗生六郎(くりふろくらう)の探偵事件(たんていじけん)も其内(そのうち)の一(ひとつ)である。
   コナン・ドイル=作 水田南陽=譯 「毒蛇の秘密」    
   a. 川戸道昭+新井清司+榊原貴教=編
     『明治期シャーロツク・ホームズ翻訳集成3』(全3巻)
     ナダ出版センター=企画 アイアールディー企画=発行
     紀伊国屋書店=発売 2001/01 所収
   b. 中央新聞 1899年7月12日(明治32)収載
   a.b. を複製したもの。引用は a. に拠りました。


 Video 1 
TV シャーロック・ホームズの冒険 第1シリーズ 第6話 「まだらの紐」 (1984)
The Adventures of Sherlock Holmes: Season 1 Episode 6 The Speckled Band (1984)

Uploaded to YouTube by empepors on 1 Jul 2010. Directed by John Bruce. Starring Jeremy Brett (Holmes) and David Burke (Watson).


 Video 2 
TV ユア・ショウ・タイム 第1シリーズ 第10話 「まだらの紐」 (1949)
Your Show Time: Season 1, Episode 10 The Adventure of the Speckled Band (1949)

Uploaded to YouTube by The Video Cellar on 4 Nov 2011. Directed by Sobey Martin. Starring Alan Napier (Holmes) and Arthur Shields (The Bookshop Man).


 Video 3 
映画 まだらの紐 (1931) Film The Speckled Band (1931)

Uploaded to YouTube by Vintage Films on 4 Sep 2013. Directed by Jack Raymond. Starring Raymond Massey (Holmes) and Athole Stewart (Watson).


■トルコ語訳 Translations into Turkish

(Tr1) Akyazan, 2011
Son sekiz yıldır dostum Sherlock Holmes 'un kullandığı yöntemleri takip ettiğim yetmiş kadar vakaya göz atığımda, bu vakaların birçoğunun garip, bazılarının trajik ve hatta komik olduğunu, ama hiç birinin sıradan olmadığını görüyorum.

   Benekli Kordon
   in Sherlock Holmes Mavi Yakut by Arthur Conan Doyle
   Translated by Necmi Akyazan
   Istanbul, Kasim, 2011
   E-book at Issuu.com


(Tr2) Mısırlıoğlu, 2000
Son sekiz yıldır dostum Sherlock Holmes 'un yöntemlerini izlediğim yetmiş kadar vakayı incelediğimde, bir çoğunun garip, bazılarının trajik hatta komik olduğunu, ama bir tanesinin bile sıradan olmadığını görüyorum.

   Sherlock Holmes: Bütün Hikayeleri 1 by Arthur Conan Doyle.
   Translated by Cumhur Mısırlıoğlu
   Marti Kitabevi, 2000. ISBN: 9758461028
   E-text at Belgeler.com


■フィンランド語訳 Translation into Finnish

Kun minä silmäilen muistiinpanojani yli seitsemästäkymmenestä rikosjutusta ja muista tutkimuksistani, jotka viimeisenä kahdeksana vuotena ovat antaneet minulle tilaisuuden huomata Sherlock Holmes’en omituista menettelytapaa salapoliisina, huomaan minä monta surullista, monta leikillistä ja joukon ainoastaan omituisia tapauksia, mutta ei yhtään, joita voisi kutsua jokapäiväisiksi.

   Kirjava nauha by Arthur Conan Doyle
   E-text at Wikisource


■ロシア語訳 Translation into Russian

Просматривая свои записи о приключениях Шерлока  Холмса,  -  а  таких записей, которые я вел на протяжении последних восьми лет, у  меня  больше семидесяти, - я нахожу в них немало трагических случаев, есть среди них  и забавные, есть и причудливые, но нет  ни  одного  заурядного: ( . . . )

   Артур Конан Дойл. Пестрая лента
   Translated by М. Чуковской
   E-text at Библиотека (lib.guru.ua)


■ウクライナ語訳 Translation into Ukrainian

Переглядаючи свої записи про більш як сімдесят пригод Шерлока Холмса, які я вів протягом останніх восьми років, і вивчаючи методи свого друга, я бачу між них багато трагічних, кілька кумедних, чимало дивних, але не можу назвати бодай однієї банальної, [Omission]

   ДОЙЛ, Артур Конан. Пістрява стрічка
   Translated by Микола Дмитренко
   Шерлок Холмс и жълтото лице by Артър Конан Дойл
   Конан Дойл А. Людина з Бейкер-стріт:Повісті та оповідання.
   К.:Дніпро, 2001
   E-text at Моята библиотека (chitanka.info)


■ブルガリア語訳 Translation into Bulgarian

Като разглеждам записките си за многобройните приключения, които съм наблюдавал през последните осем години, докато изучавах методите на Шерлок Холмс, откривам твърде много трагични случаи, няколко комични, голям брой странни, но нито един банален.

   Артър Конан Дойл. Пъстрата лента
   Translated by Илия Азанов
   Шерлок Холмс и жълтото лице by Артър Конан Дойл
   TRUD Publishers
   Preview at Google Books
   E-text at Моята библиотека (chitanka.info)


■ポーランド語訳 Translation into Polish

Przeglądam swe notatki, obejmujące siedemdziesiąt jakże oryginalnych wypadków, w których toku na przestrzeni ubiegłych ośmiu lat przestudiowałem metody działania mego przyjaciela Sherlocka Holmesa. Znalazłem tam wiele spraw tragicznych, kilka nie pozbawionych aspektu humorystycznego, wreszcie sporą liczbę zasługujących jedynie na miano dziwacznych, lecz ani jednej banalnej.

   Nakrapiana przepaska niesie śmierć by Arthur Conan Doyle
   Translated by Witold Engel
   E-text at Przygody detektywa Sherlocka Holmesa - Webnode [PDF]


■チェコ語訳 Translation into Czech

Když se probírám svými zápisky o sedmdesáti nejrůznějších případech, na nichž jsem v posledních osmi letech studoval metody svého přítele Sherlocka Holmese, nalézám mezi nimi mnohé, jež jsou tragické, některé směšné a jiné zas pouze podivné, ale žádný z nich není obyčejný, ( . . . )

   Strakatý pás by Arthur Conan Doyle
   Translated by Zora Wolfová
   E-text at Literární doupě


■ノルウェー語訳 Translation into Norwegian

Når jeg ser over notatene fra de rundt regnet sytti saker hvor jeg i løpet av de siste åtte år har hatt anledning til å studere min venn Sherloek Holmes’ metoder, finner jeg mange tragiske, noen komiske, en god del som er rett og slett merkelige, men ingen hver dagslige.

   Det flekkete båndet by Arthur Conan Doyle
   E-text at Underveis, høst 2009 [PDF]


■スウェーデン語訳 Translation into Swedish

När jag ögnar igenom mina anteckningar om det sjuttiotal fall som de senaste åtta åren låtit mig studera min vän Sherlock Holmes metoder, finner jag många tragiska, andra komiska, ett stort antal blott och bart egendomliga, men inget som är alldagligt.

   Det spräckliga bandet by Arthur Conan Doyle
   Excerpt at Biblioteken.fi


■ドイツ語訳 Translation into German

Ich habe die Notizen von gut siebzig Fällen durchgesehen, in denen ich die Methoden meines Freundes Sherlock Holmes studiert habe. Manche davon sind tragisch, manche komisch und sehr viele einfach befremdlich, aber keiner der Fälle ist alltäglich.

   Das gesprenkelte Band by Arthur Conan Doyle
   Sherlock Holmes 3 Die Abenteuer: Erzählungen
   BoD – Books on Demand, 2009
   Preview at Google Books


■オランダ語訳 Translation into Dutch

Kijkend in mijn nota's over een zeventigtal zaken w aarin ik gedurende de laatste acht jaar de methoden van mijn vriend Sherlock Holmes heb bestudeerd, vind ik er veel die tragisch zijn, enkel komisch, een groot aantal gewoonweg vre emd, maar geen enkel dat alledaags is alledaags is; ( . . . )

   Het Avontuur met het Gespikkelde Lint by Arthur Conan Doyle
   De avonturen van Sherlock Holmes [PDF]
   Translated by Koen Van den Bruele, 2011


■ルーマニア語訳 Translation into Romanian

Aruncând o privire peste însemnările mele despre mai mult de şaptezeci de cazuri în care am studiat în ultimii opt ani metodele prietenului meu Sherlock Holmes, găsesc multe tragice, unele comice, un număr mare doar ciudate, dar niciunul banal; [Omission]

   Aventura bandei cu pete
   in Aventurile lui Sherlock Holmes by Arthur Conan Doyle
   Editura Pentru Literatura Clasică şi Contemporană 2012
   E-text at Scribd


■イタリア語訳 Translation into Italian

Riguardando i miei appunti sulla settantina di casi nel corso dei quali, in questi ultimi otto anni, ho avuto modo di studiare i metodi del mio amico Sherlock Holmes, noto che molti avevano dei risvolti tragici, altri, comici, molti erano semplicemente strani, ma nessuno banale; ( . . . )

   L'avventura della fascia maculata by Arthur Conan Doyle
   Le avventure di Sherlock Holmes
   Newton Compton Editori, 2010-07-07
   Preview at Google Books


■ポルトガル語訳 Translations into Portuguese

(Pt1)
Ao rever as minhas anotações sobre os setenta e tantos casos em que, durante estes últimos oito anos, tenho estudado os métodos de meu amigo Sherlock Holmes, encontro alguns trágicos, outros cômicos, mas nenhum comum,  ( . . . )

   A Faixa Malhada by Arthur Conan Doyle
   E-text at Pt-scribd-com


(Pt2)
Dando uma olhada em minhas anotações sobre os setenta estranhos casos através dos quais estudei os métodos de meu amigo Sherlock Holmes nos últimos oito anos, há muitos que são trágicos, alguns cômicos, um grande número meramente esquisito, mas nenhum banal;  ( . . . )

   A Faixa Malhada by Arthur Conan Doyle
   E-text at Contos Sherlock Holmes.p65 [PDF]


(Pt3) Chaves, 2009
Ao fazer uma revisão das minhas anotações sobre os setenta e tantos casos nos quais tenho, durante estes últimos oito anos, estudado os métodos de meu amigo Sherlock Holmes, encontro alguns trágicos, outros cómicos e um grande número apenas estranhos, mas nenhum comum, ( . . . )

   A Faixa Malhada by Arthur Conan Doyle
   O Polegar do Mecânico e outras aventuras de Sherlock Holmes
   Sinergia, 2009
   Translated by Carlos Chaves
   Preview at Google Books


■スペイン語訳 Translation into Spanish

Al repasar mis notas sobre los setenta y tantos casos en los que, durante los ocho últimos años, he estudiado los métodos de mi amigo Sherlock Holmes, he encontrado muchos trágicos, algunos cómicos, un buen número de ellos que eran simplemente extraños, pero ninguno vulgar;  ( . . . )

   La banda de lunares by Arthur Conan Doyle
   E-text at Ciudad Seva


■フランス語訳 Translation into French

En jetant un regard sur mes notes des soixante-dix et quelques affaires dans lesquelles j’ai, pendant les huit dernières années, étudié les méthodes de mon ami Sherlock Holmes, j’en trouve beaucoup qui sont tragiques, quelques-unes comiques et un grand nombre tout simplement étranges, mais il n’y en a aucune qui soit banale ( . . . )

   La bande mouchetée by Arthur Conan Doyle
   E-text at Calaméo


 Audio 2 
英語原文のオーディオブック(サンプル): 朗読: グレッグ・ワグランド
Audiobook sample of the original English book, read by Greg Wagland

録音は冒頭部分のみ。 Uploaded to YouTube by MagpieAudio on 16 Sep 2012.


 Audio 3 
英語原文のオーディオブック(全文) 朗読: マーク・F・スミス
Full audiobook of the original English book, read by Mark F. Smith

Uploaded to YouTube by CCProse on 6 Jun 2011. Audio courtesy of LibriVox.


 Audio 4 
英BBCラジオ4 まだらの紐 (2008) 主演: クライヴ・メリスン
BBC Radio Four The Speckled Band (2008) starring Clive Merrison

Uploaded to YouTube by Radio Online on 17 Dec 2014


 Audio 5 
米CBSラジオ・ミステリー・シアター (1977) 主演: ケヴィン・マッカーシー
CBS Radio Mystery Theater The Speckled Band (1977) starring Kevin McCarthy

Uploaded to YouTube by QuoteAway on 17 Dec 2013


 Audio 6 
米英ラジオ まだらの紐 (1954) 主演: ジョン・ギールグッド & ラルフ・リチャードソン
US & UK Radio drama (1954) starring John Gielgud & Ralph Richardson

Co-produced by BBC and ABC in 1954. Uploaded to YouTube by Roman Styran Sound Collection on 20 Aug 2014


 Audio 7 
米ラジオドラマ まだらの紐 (1948) 主演: ジョン・スタンリー
US Radio drama The Speckled Band (1948) starring John Stanley

下の引用箇所におおよそ相当する部分の録音は 1:35 から始まります。 Uploaded to YouTube by QuoteAway on 17 Dec 2013. Recording of the segment roughly corresponding to the excerpt below starts at 1:35.


 Audio 8 
英ラジオドラマ まだらの紐 (1945) 主演: セドリック・ハードウィック
UK Radio drama The Speckled Band (1945) starring Cedric Hardwicke

下の引用箇所に相当する部分の録音は 3:19 から始まります。 Uploaded to YouTube by videocurios on 24 Aug 2014. Recording of the segment corresponding to the excerpt below starts at 3:19.


 Audio 9 
米ラジオドラマ まだらの紐 (1943) 主演: ベイジル・ラスボーン
US Radio drama The Speckled Band (1943) starring Basil Rathbone

Uploaded to YouTube by Old Time Radio Shows on 28 Dec 2015. The recording is available also HERE at The Old Time Radio Researchers (OTRR) Library. See also Times Past Old Time Radio for links to other recordings.


■英語原文 The original text in English

On glancing over my notes of the seventy odd cases in which I have during the last eight years studied the methods of my friend Sherlock Holmes, I find many tragic, some comic, a large number merely strange, but none commonplace; ...

    The Adventure of the Speckled Band by Sir Arthur Conan Doyle
    from "The Adventures of Sherlock Holmes."
    The story was first published in the Strand Magazine
    in February 1892.  E-text versions of the story are available
    at various websites such as the following:


■外部リンク External links


■更新履歴 Change log

  • 2016/02/18 ジョン・ギールグッド & ラルフ・リチャードソンによるラジオドラマの YouTube 画面を追加しました。
  • 2015/03/05 日本語のドラマ仕立ての朗読と、複数のラジオドラマの YouTube 画面を追加しました。また、外部リンクの項を新設しました。
  • 2014/11/03 セドリック・ハードウィック主演のラジオドラマの YouTube 画面を追加しました。
  • 2013/07/20 石川正通=譯 1922/09/05、2種類のトルコ語訳、フィンランド語訳、ポーランド語訳、ノルウェー語訳、スウェーデン語訳、オランダ語訳、およびルーマニア語訳を追加しました。また、グレッグ・ワグランドによる英語原文朗読と3本のテレビ/映画の YouTube 画面も追加しました。さらに、鈴木幸夫=訳の書誌情報を修正・補足しました。
  • 2013/03/07 ウクライナ語訳とブルガリア語訳を追加しました。
  • 2012/08/13 ロシア語訳、チェコ語訳、ドイツ語訳、イタリア語訳、3種類のポルトガル語訳、およびスペイン語訳を追加しました。
  • 2011/09/28 英語原文オーディオブックの YouTube 画面を追加しました。
  • 2010/02/27 石田文子=訳 2010/02/25 を追加しました。
  • 2010/02/25 深町眞理子=訳 2010/02/19 を追加しました。
  • 2009/09/29 中國語譯(繁體字)を追加しました。
  • 2008/08/31 夜香郎=譯 2001/01 に関する書誌情報を追加しました。
  • 2008/04/26 風葉散人=譯 2001/01 を追加しました。また、テキストの配列を旧→新から新→旧に変更しました。
  • 2006/11/27 フランス語訳および中国語訳(簡体字)を追加しました。また、書誌情報を修正・補足しました。
  • 2006/08/24 延原謙=訳 2006/03 を追加しました。また、山本ゆうじ=訳 2006年11月21日改訂にともない、その変更を反映させました。
  • 2006/07/19 小林司+東山あかね=訳 1998 を追加しました。
  • 2006/07/10 中田耕治=訳 1992 を追加しました。
  • 2006/06/17 書誌情報に、Amazon.co.jp の該当ページへのリンクを張りました。
  • 2006/04/30 鈴木幸夫=訳 1980 を追加しました。
  • 2006/04/09 鈴木幸夫=訳 グーテンベルク21 を追加しました。
  • 2006/03/27 大久保康雄=訳 1981 を追加しました。
  • 2006/03/11 阿部知二=訳 1960 を追加しました。
  • 2006/03/09 出版社名、文庫名などを挿入しました。
  • 2006/01/19 菊池武一=訳 1936 を追加しました。
  • 2006/01/18 日暮雅通=訳 2006 を追加しました。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ84595840v1308102456

Flag Counter

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■CD

■DVD

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

  

| | Comments (6) | TrackBack (1)

Sunday, 18 December 2005

村上春樹《神的孩子全跳舞》

_1

結合することを何度か試みて、どうしてもうまく行かなかったあとで、小村はあきらめた。それは小村には初めてのことだった。
「奥さんのことを考えていたんじゃない?」とシマオさんは尋ねた。
「うん」と小村は言った。でも実を言えば、小村の頭の中にあったのは地震の光景だった。それがスライドの映写会みたいに、ひとつ浮かんでは、ひとつ消えていく。ひとつ浮かんでは、ひとつ消えていく。高速道路、炎、煙、瓦礫の山、道路のひび。彼はその無音のイメージの連続をどうしても断ち切ることができなかった。
            村上春樹『神の子どもたちはみな踊る』(2000)
            UFOが釧路に降りる
 
 
 

| | Comments (1) | TrackBack (0)

芥川龍之介「藪の中」In a Grove by Ryunosuke Akutagawa

_1
 
 
■英訳 Translation into English

Yes, sir. Certainly, it was I who found the body. This morning, as usual, I went to cut my daily quota of cedars, when I found the body in a grove in a hollow in the mountains. The exact location? About 150 meters off the Yamashina stage road. It's an out-of-the-way grove of bamboo and cedars.

   The Testimony of a Woodcutter
   Questioned by a High Police Commissioner
   In a Grove
   from Rashomon and Other Stories by Ryunosuke Akutagawa
   Translation by Takashi Kojima
   Originally published in 1952.
   Paperback: Tuttle Publishing, 2001/06
 
 
■日本語原文 The original text in Japanese

さようでございます。あの死骸を見つけたのは、わたしに違いございません。わたしは今朝いつもの通り、裏山の杉を伐りに参りました。すると山陰の藪の中に、あの死骸があったのでございます。あった処でございますか? それは山科の駅路からは、四五町ほど隔たって居りましょう。竹の中に痩せ杉の交った、人気のない所でございます。

   検非違使に問われたる木樵りの物語
   芥川龍之介「藪の中」
   a.藪の中」E-text at 青空文庫
    入力:平山誠、野口英司 校正:もりみつじゅんじ
    1997/11/10 公開 2004/03/09 修正
   b.芥川龍之介全集4』ちくま文庫 1987/01 所収
   c.筑摩全集類聚版 芥川龍之介全集2』筑摩書房 1971 所収
   d.『新潮』1922年1月号(大正11)収載
   初出誌は d.a. の底本は b.b. の親本は c.
 
 
■外部リンク External links

   * 藪の中 - Wikipedia
   * In a Grove - Wikipedia
 
■更新履歴 Change log

2007/12/11
(1) 書誌情報を補足しました。
(2) 電子テキストやオンライン書店へのリンクを張りました。
(3) 日本語原文、英訳の順だったのを逆にしました。
  
↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザの画面を更新すると入れ替わります。 
↓ Renew the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■DVD

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

 
 
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

村上春樹 「UFOが釧路に降りる」(『神の子どもたちはみな踊る』から) UFO in Kushiro (from After the Quake) by Haruki Murakami

          目次 Table of Contents

    Video  神の子どもたちはみな踊る (2008) 予告編
       All God's Children Can Dance (2008) Trailer
   ■英訳        Translation into English
   ■フランス語訳    Translation into French
   ■スペイン語訳    Translations into Spanish
     (Es1) Porta, 2013
     (Es2) Chanove
   ■カタルーニャ語訳(カタロニア語訳) Translation into Catalan
   ■イタリア語訳    Translation into Italian
   ■ルーマニア語訳   Translation into Romanian
   ■オランダ語訳    Translation into Dutch
   ■ドイツ語訳     Translation into German
   ■クロアチア語訳   Translation into Croatian
   ■ポーランド語訳   Translation into Polish
   ■ロシア語訳     Translation into Russian
   ■ハンガリー語訳   Translation into Hungarian
   ■トルコ語訳     Translation into Turkish
   ■ベトナム語訳    Translation into Vietnamese
   ■中国語訳(簡体字) Translation into simplified Chinese
   ■中國語譯(繁體字) Translation into traditional Chinese
   ■韓国語訳      Translation into Korean
   ■日本語原文     The original text in Japanese
   ■更新履歴      Change log


 Video 
映画 神の子どもたちはみな踊る (2008) 予告編
Film All God's Children Can Dance (2008) Trailer


■英訳 Translation into English

Five straight days she spent in front of the television, staring at crumbled banks and hospitals, whole blocks of store in flames, severed rail lines and expressways.  She never said a word.  Sunk deep in the cushions of the sofa, her mouth clamped shut, she wouldn't answer when Komura spoke to her.  She wouldn't shake her head or nod.  Komura could not be sure the sound of his voice was even getting through her.

   UFO in Kushiro
   from "After the Quake: Stories" by Haruki Murakami
   Translated by Jay Rubin
   Hardcover: Alfred A. Knopf, 2002/08
   Originally published in The New Yorker's March 19, 2001, issue,
   and reprinted in March 28, 2011, issue.


■フランス語訳 Translation into French

Elle avait passé cinq journées entières devant le poste de télévision, contemplant en silence les paysages dévastés : autoroutes et voies de chemin de fer coupées, banques et hôpitaux en ruines, rues commerçantes ravagées par les incendies. Profondément enfoncée dans le canapé, lèvres serrées, elle ne réagissait pas quand Komura lui parlait, ne secouant même pas la tête pour acquiescer ou répondre non. Il ne savait pas si elle entendait sa voix ou non.

   Un ovni atterri à Kushiro
   from Après le tremblement de terre by Haruki Murakami
   Translated by Corinne Atlan
   Published by 10 X 18 (2002/02/07)
   Excerpt at Japon - Ad Memoriam | kabylmag.com 2011/03/15


■スペイン語訳 Translations into Spanish

(Es1) Porta, 2013
Estuvo cinco días enteros sentada frente al televisor. En silencio, con los ojos clavados en las imágenes de hospitales y bancos derruidos, calles comerciales calcinadas por el fuego, líneas férreas, autopistas cortadas. Hundida en el sofá, con los labios apretados con fuerza, ni siquiera respondía cuando Komura le hablaba. Ni tan sólo afirmaba o negaba con un leve movimiento de cabeza. Él ni siquiera tenía claro si ella llegaba a percibir su voz.

   Un ovni aterriza en Kushiro
   Después del terremoto by Haruki Murakami
   Translated by Lourdes Porta. Tusquets, 2013.
   E-text at Tusquets Editores [PDF]


(Es2) Chanove
Pasó cinco días frente al televisor mirando edificios y hospitales desmoronados, contemplando como cuadras y cuadras de tiendas comerciales dejaban escapar lenguas de fuego por techos y ventanas, y como los rieles de acero del tren expreso se abrían y alzaban. No decía una palabra. Hundida en los cojines del sofá mantenía la boca cerrada, y no se producía ninguna reacción cuando Komura hacía algún comentario. No sacudía la cabeza, no asentía. Komura llegó a pensar que el sonido de su voz no tenía la facultad de hacer vibrar sus tímpanos, de alcanzarla.

   Ovni en Kushiro by Haruki Murakami
   Translated from English by Oswaldo Chanove
   E-text at Oswaldo Chanove


■カタルーニャ語訳(カタロニア語訳) Translation into Catalan

Es va passar cinc dies sencers davant el televisor, mirant en silenci els bancs i hospitals destruïts, els barris comercials en flames, les vies de tren i les autopistes tallades. Estava aclofada al sofà, amb els llavis ben tancats i sense respondre a res del que li deia en Komura. No feia ni queni que no amb el cap. De fet, en Komura ni tan sols sabia si la seva veu li arribava.

   Un ovni aterra a Kushiro
   Després del terratrèmol by Haruki Murakami
   Editorial Empúries, 2013/02/07
   Preview at Google Books
   E-text at Scribd


■イタリア語訳 Translation into Italian

Per cinque giorni, aveva passato tutto il tempo davanti alla televisione. Guardando in silenzio quelle immagini di banche e ospedali crollati, strade piene di negozi avvolte dalle fiamme, ferrovie e autostrade fatte a pezzi. Sprofondata nel divano, le labbra serrate, quando Komura le parlava non rispondeva. Non faceva nemmeno sì o no con la testa. Lui dubitava persino che la sua voce le arrivasse.

   Atterra un Ufo su Kushiro
   in Tutti i figli di Dio danzano by Haruki Murakami
   Translated by Giorgio Amitrano. Einaudi, 2005.
   Excerpt at Novità in libreria


■ルーマニア語訳 Translation into Romanian

Şi-a petrecut cinci zile în faţa televizorului. Privea tăcută imaginile cu bănci şi spitale dărâmate, străzi comerciale mistuite de flăcări, autostrăzi şi căi ferate întrerupte. Stătea cufundată în canapea, cu buzele strânse şi nu-i răspundea deloc lui Komura, nici măcar printr-un semn din cap. Komura nu era sigur nici măcar că ea îl ascultă.

   Un OZX aterizează în Kushiro
   După cutremur by Haruki Murakami
   ©2006 by Editura POLIROM
   E-text at haruki murakami - yimg.com [RTF]


■オランダ語訳 Translation into Dutch

Vijf dagen achtereen zat ze voor de televisie, starend naar verpulverde banken en ziekenhuizen, hele winkelstraten in vlammen, in tweeën gebroken spoorlijnen en autowegen. En al die tijd zei geen woord. Diep weggezonken in de kussens van de bank, haar mond stijf dicht geklemd. Ze wilde niet antwoorden als Komura haar aansprak. Ze knikte of schudde haar hoofd zelfs niet. Komura wist niet eens zeker of het geluid van zijn stem wel tot haar door drong.

   UFO in Kushiro by Haruki Murakami
   Translated by Sam Gerrits
   E-text at Samgerrits's Blog 2011-03-21


■ドイツ語訳 Translation into German

Fünf Tage lang verbrachte sie ihre gesamte Zeit vor dem Fernseher, starrte stumm auf die Bilder von zerstörten Banken und Krankenhäusern, niedergebrannten Einkaufszentren und eingestürzten Schienen und Hochstraßen. Tief ins Sofa geschmiegt, die Lippen fest zusammengepresst, saß sie da und gab auch keine Antwort, wenn Komura sie ansprach. Sie reagierte nicht einmal mit einem Kopfschütteln oder Nicken, und er wusste nicht, ob seine Worte überhaupt bis zu ihr durchgedrungen waren.

   Ufo in Kushiro
   from Nach dem Beben by Haruki Murakami
   Translated by Ursula Gräfe
   Dumont Buchverlag (2003/02/19)
   Excerpt at Titel-Magazin


■クロアチア語訳 Translation into Croatian

Pet dana za redom sjedila je pred televizorom i netremice zurila u ruševine banki i bolnica, cijele nizove dućana u plamenu, polomljene tračnice i ceste. Nije progovorila ni riječ.Utonula u jastuke na kauču, čvrsto stisnutih usnica, nije odgovarala ni kad joj se Komuraobratio. Nije ni jednom zavrtjela ili kimnula glavom. Komura čak nije bio siguran dopire linjegov glas uopće do nje.

   UFO Kuširu (UFO in Kushiro)
   Nakon Potresa by Haruki Murakami
   E-text at Scribd


■ポーランド語訳 Translation into Polish

Przez pięć dni siedziała bez przerwy przed telewizorem. W milczeniu wpatrywała się w zrujnowane banki i szpitale, płonące pasaże handlowe, zerwane tory i przecięte na pół autostrady. Zatopiona głęboko w poduszkach kanapy, zacisnęła usta, nie reagowała, kiedy Komura się do niej zwracał. Nawet nie skinęła ani nie potrząsnęła głową. Nie wiedział, czy go w ogóle usłyszała.

   UFO ląduje w Kushiro
   Wszystkie boże dzieci tańczą by Haruki Murakami
   Translated by Anna Zielińska-Elliott
   E-text at Либрусек (lib.rus.ec)


■ロシア語訳 Translation into Russian

Пять дней подряд она не отходила от телевизора. Молча всматривалась в руины больниц и банков, выгоревшие торговые кварталы, перерезанные автострады и железные дороги. Утонув в мягких подушках дивана, крепко поджав губы, не отвечала Комуре, когда тот заговаривал с ней. Даже не кивала и не мотала головой. И при этом было непонятно, слышит ли она вообще, что к ней обращаются.

   В Кусиро поселился НЛО
   Все божьи дети могут танцевать
   Author: Харуки Мураками (Haruki Murakami)
   Translator: Андрея Замилова (Andrei Zamilova)
   Эксмо, 2004
   E-text at Lib.Ru


■ハンガリー語訳 Translation into Hungarian

Az öt napot teljes egészében a TV képernyője előtt töltötte. Csak némán bámulta, az összedőlt bankokat és kórházakat a lángba borult vásárnegyedet, és a megrongálódott vasút és autópálya látványát. Komura próbált beszélni hozzá, de nem válaszolt, csak mélyen belesüppedve ült a fotelben, száját szorosan összezárva. Nem is bólogatott vagy rázta a fejét. Nem tudhatta egyáltalán elérnek-e szavai a füléhez.

   Kushiróba leszáll az UFO
   by Haruki Murakami
   E-text at Japán könyvek


■トルコ語訳 Translation into Turkish

Komuro’nun karısı beş gündür televizyonun önünden kalkmıyordu. Un ufak olmuş bankaları, hastaneleri, alevler içindeki mağazaları, parçalanmış yolları seyretti. Ona tek kelime etmedi. Komuro’nun sorularına cevap vermiyor, başını bile sallamıyordu.

   Kushiro’daki Ufo
   by Haruki Murakami
   Excerpt at Altımızdaki toprak kayarsa


■ベトナム語訳 Translation into Vietnamese

Suốt 5 ngày, cô chỉ ngồi trước máy truyền hình. Im lìm dán mắt vào cảnh tượng những toà nhà ngân hàng, nhà thương sụp đổ; những phố buôn bán bị thiêu rụi trong ngọn lửa; những đường sắt, đường lộ cao tốc bị cắt đứt. Cô ngồi thu mình, ép sâu vào trong ghế dài phòng khách, môi mím chặt. Komura có nói gì cô cũng không trả lời. Ngay cả lắc đầu hay gật đầu cũng không. Tiếng nói có đến tai hay không cũng chẳng biết nữa.

   Đĩa Bay Đáp Xuống Kushiro
   Sau Cơn Động Đất by Haruki Murakami
   Translated by Phạm Vũ Thịnh
   E-text at Viet Messenger


■中国語訳(簡体字) Translation into simplified Chinese

五天的时间,她每时每刻都是在电视机前度过的。银行和医院的大楼土崩瓦解,商业街灰飞烟灭,铁路和高速公路拦腰折断——她只管默默地盯视着这一系列画面。她深深沉进沙发,双唇紧闭,小村跟她说话她也不应声,头都没摇没点一下,甚至说话声是否传入她耳朵都无从得知。

   〈UFO飞落钏路〉
   作者: (日)村上春树 著 林少华 译
   《神的孩子全跳舞》 上海译文出版社 2009-08-01
   E-text at 努努書坊 (book.kanunu.cn)


■中國語譯(繁體字) Translation into traditional Chinese

五天之間,他所有的時間都在電視機前面度過,只一直默默瞪著銀行和醫院的大樓倒塌,商店街被火燃燒,鐵路和高速公路被切斷的風景。[略]

   「UFO降落在釧路」
   『神的孩子都在跳舞』 作者:村上春樹 譯者:賴明珠
   時報出版 2000-08-01
   Excerpt at 穿梭我城‧流轉他鄉


■韓国語訳 Translation into Korean

닷새 동안 그녀는 온종일 텔레비전 앞에서 시간을 보냈다. 은행과 병원 빌딩이 무너져내리고, 상점가가 불길에 휩싸이고, 철도와 고속도로가 끊어져내린 풍경을 그냥 잠자코 노려보고 있었따. 소파에 몸을 깊숙이 파묻고, 입술을 굳게 다물고는 고무라가 말을 걸어도 대답하지 않았다. 머리를 흔들거나 고개를 끄덕이지도 않았따. 자신의 목소리가 그녀의 귀에 들리는지 아닌지 그것도 알 수 없었다.

   <쿠시로에 내린 UFO>
   무라카미 하루키 (Author), 김유곤 (Translator)
   《신의 아이들은 모두 춤춘다
   Excerpt at 모두가하나다.


■日本語原文 The original text in Japanese

五日のあいだ彼女は、すべての時間をテレビの前で過ごした。銀行や病院のビルが崩れ、商店街が炎に焼かれ、鉄道や高速道路が切断された風景を、ただ黙ってにらんでいた。ソファに深く沈み込み、唇を固く結び、小村が話しかけても返事をしなかった。首を振ったり、うなずいたりさえしなかった。自分の声が相手の耳に届いているのかいないのか、それもわからない。

   村上春樹=作 「UFOが釧路に降りる」
   a.神の子どもたちはみな踊る』 新潮文庫 2002/02 所収
   b.神の子どもたちはみな踊る』 新潮社 2000/02 所収


_1


■更新履歴 Change log

  • 2013/11/04 もう1種類のスペイン語訳、ルーマニア語訳、オランダ語訳、クロアチア語訳、およびベトナム語訳を追加しました。
  • 2013/04/30 目次を新設しました。また、イタリア語訳、カタルーニャ語訳、ポーランド語訳、ハンガリー語訳、および韓国語訳を追加しました。
  • 2011/03/29 フランス語訳、スペイン語訳、ドイツ語訳、ロシア語訳、中國語譯(繁體字)、および映画 『神の子どもたちはみな踊る』 予告編の YouTube 動画を追加しました。
  • 2008/03/08 中国語訳(簡体字)を追加しました。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ翻訳ブログ人気ランキング参加中

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■CD

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

  

| | Comments (0) | TrackBack (0)

The Bottle Imp by Robert Louis Stevenson スティーヴンソン / スティーヴンスン 「小瓶の悪魔」「びんの悪魔」「壜の小鬼」「びんの小鬼」「瓶の妖鬼」「壺の怪鬼」「壺の鬼」

           目次 Table of Contents

 Image gallery  表紙画像 Cover photos
■中国語訳(簡体字) Translation into simplified Chinese
■日本語訳 Translations into Japanese
  (J1) 金原 2012
  (J2) よしだ 2010
  (J3) 大谷 2006
  (J4) 高松+高松 1989, 2011, etc.
  (J5) 河田 1975, 1988
  (J6) 田谷 1971
  (J7) 岩田 1971
  (J8) 斎藤(美) 1958
  (J9) 守屋 1958
  (J10) カバヤ児童文化研究所 1953
  (J11) 大橋 1952
  (J12) 中村 1950
  (J13) 本多 1947
  (J14) 粟津 1923
  (J15) 齋藤(茂) 1914
■ロシア語訳 Translation into Russian
■ウクライナ語訳 Translation into Ukrainian
 Audio 1  ドイツ語版オーディオブック(朗読) Audiobook in German
■ドイツ語訳 Translation into German
 Audio 2  イタリア語版オーディオブック(朗読) Audiobook in Italian
■イタリア語訳 Translations into Italian
  (It1) Pilo, 2012
  (It2) Reim, 2000
  (It3) Mazzali, 1987
  (It4)
■ポルトガル語訳 Translation into Portuguese
 Audio 3  スペイン語版オーディオブック(朗読) Audiobook in Spanish
■スペイン語訳 Translation into Spanish
 Audio 4  米ラジオ The Bottle Imp - Mystery Playhouse
 Audio 5  米ラジオ The Imp in the Bottle CBS Radio Mystery Theater
 Audio 6  英語朗読: ダン・グレイヴズ Audiobook read by Dan Graves
 Audio 7  英語朗読: C・ソウル Audiobook sample read by Christopher Saul
■英語原文 The original text in English
■邦題の異同 Variations of the title in Japanese
■著者名の日本語表記の異同 Transliteration variations of "Stevenson" in Japanese
■tomokilog 関連記事 Related articles from tomokilog
■外部リンク External links
■更新履歴 Change log


 Image gallery 
表紙画像 Cover photos

_1


■中国語訳(簡体字) Translations into simplified Chinese

它的玻璃是在地狱的火焰里冶炼过的.瓶里住着一个小魔鬼,那就是咱们看见的老在移动的影子;要是有人买了这个瓶子,小魔鬼就听从他的指挥;他所渴望的一切——爱情,名誉,金钱,等等之类只要他说出来就是他的。


■日本語訳 Translations into Japanese

(J1) 金原 2012
「これは地獄(じごく)の火で焼き入れをしたガラスなのだ。悪魔(あくま)が一匹(ぴき)中にいる。ほら、動いているのがみえるだろう。ちがうかね? この瓶(びん)を買った者は、その悪魔(あくま)を思いのままにできる。望むことがなんでもかなう。愛、名声、金、この家のような立派(りっぱ)な屋敷(やしき)、いや、この街さえ、願いさえすれば、すべて自分のものになる。……」


(J2) よしだ 2010
「……このガラスは、地獄(じごく)の炎(ほのお)で溶(と)かして固めたものなんです。そしてこの中には、一ぴきの小さな鬼(おに)が入っている。何か影(かげ)のように動いているでしょう。これがおそらく、その小鬼(こおに)です。このびんを買うと、そいつが持ち主の言いなりになって、望めば何でも……愛でも、名声でも、お金でも、こんな家でも……ああそれどころか、このサンフランシスコのような町でさえ、ただ〝欲(ほ)しい〟と口にするだけで手に入れることができるんです。……」

  • R・L・スティーブンソン=作 よしだ みどり=訳 磯良一(いそ・りょういち)=画 『びんの悪魔』 世界傑作童話シリーズ 福音館書店 2010/04/20

(J3) 大谷 2006
「……しかし、そんじょそこらのガラスではない。地獄(じごく)の業火(ごうか)で焼入(やきい)れをした強化(きょうか)ガラスだ。びんのなかには小さい悪魔(あくま)が住んでおる。ほれ、なにやら動いているのが見えるだろう、それはたぶん悪魔(あくま)の影(かげ)だ。悪魔はこのびんを買った者(もの)のねがいをかなえてくれる。どんなねがいも聞いてくれるぞ、愛(あい)も、名声(めいせい)も、金も、こういう家でもなんでもござれだ。家どころか、いや、サン・フランシスコのような街(まち)さえ手に入る。ねがいを口にすれば、たちどころにかなうのだ。……」

  • ロバート・ルイス・スティーヴンスン=作 大谷真弓=訳 「びんの悪魔」 『英米ホラーの系譜』 ホラーセレクション 9 ポプラ社 2006/03

(J4) 高松+高松 1989, 2011, etc.
「……このガラスは地獄の火で焼いたのだよ。そうして小鬼が中にいる。中で動いているのはその影だ。私はそう思っている。誰かがこの壜を買えば、小鬼はその人の言うことを聞く。望むものは何でも——愛でも、名声でも、こういう屋敷でも、いや、こういう町全部だって——口に出せば自分のものになる。……」

  • ロバート・ルイス・スティーヴンソン=作 高松雄一+高松禎子(たかまつ・ていこ)=訳 「壜の小鬼」 
  • 引用は b. 岩波文庫版に拠りました。訳者名のうち禎の旧字は新字で置き換えました。

(J5) 河田 1975, 1988
「……このガラスは、地獄の炎で練って作られたものなんです。びんの中には小鬼が住んでるんです。びんの中で動いてるのは小鬼の影なんですよ。たぶんそうだと思います。誰でもこのびんを買った人は、何でも小鬼に命じることができるんです。その人が望むものは何でも——愛情だろうと、名声だろうと、金だろうと、この家のような家だろうと、そう、この町のような町だろうと——小鬼に命令しさえすれば、みんなその人のものになるんですよ。……」


(J6) 田谷 1971
「……このガラスは地(じ)ごくの火(ひ)でやいたものなんです。なかには小鬼(こおに)がすんでいて、それであのようにちらちらとうごくかげが見(み)えるんです。もっともこれはわたしのそうぞうですがね。だれでもこのびんを買(か)えば、小鬼(こおに)をじぶんの思(おも)うままにはたらかすことができます。じぶんのほしいものなら、愛(あい)だろうが、名声(めいせい)だろうが、金(かね)だろうが、こんな家(いえ)だろうが、いや、このような町(まち)だって、ひとこと命(めい)じただけで、なんなりとじぶんのものになるんですよ。……」

  • スチーブンソン=作 田谷多枝子(たがや・たえこ)=訳 『びんの中の小鬼』 旺文社ジュニア図書館 1971

(J7) 岩田 1971
「……このガラスは、地獄(じごく)の火でねりかためたガラスなんですよ。そして、この中に一ぴきの小鬼(こおに)がいるんです。影(かげ)のように中で動(うご)いているのが、それです。誰(だれ)かこのびんを買(か)うと、この小鬼が買手(かいて)の望(のぞ)むことを何でもかなえてくれます。愛(あい)でも、お金(かね)でも、この家のような家でも、いや、サンフランシスコのような町だって、望(のぞ)むものは、何でもすぐじぶんのものになるんです。……」

  • R・L・スチブンスン=作 岩田良吉(いわた・りょうきち)=訳 「びんの小鬼」 石井桃子(いしい・ももこ)=責任編集 『子どもの文学——新しい時代の物語』 西欧文化への招待 10 グロリア インターナショナル 1971-01-01

(J8) 斎藤(美) 1958
「……そのガラスは地獄の火でやきを入れたのです。一匹の小鬼がその中にいる。その、そこで動いているのが見えるのが、そいつの影だ、いやそうらしいのだ。誰でもこのびんを買ったら、小鬼はその人の言うままになる。望むものは何んでも——恋、名誉、金、このような家、いやこの町のような町でも——すべて一言(ひとこと)いったゞけで彼のものになる。……」


(J9) 守屋 1958
「……このガラスは、地獄の焰で焼ききたえてあるのです。そしてその中には、小鬼が住んでいるのです。そこに動いているのが見えるのが、その影なのですよ。ともかくも私はそうだと思っているのです。この瓶を買った人は、この小鬼を自由に使うことができます。ほしいと思うものは、どんなものでも——恋でも、名声でも、お金でも、このような家でも、そうですこのサン・フランシスコのような都市でも、ひとこと言えば、その人のものになるのです。……」

  • スティーヴンソン=著 守屋陽一(もりや・よういち)=訳 「瓶の小鬼」 『水車小屋のウイル 他三篇』 角川文庫 1958/01/30

(J10) カバヤ児童文化研究所 1953
「このびんは、じごくの火(ひ)でねりかためたガラスなのじゃ!」
「なんですって? じごく! あのじごくの火(ひ)!!」
「しかも、このびんの中(なか)にかげのようにうすぼんやり見(み)えるものは、一匹(ぴき)の小鬼(こおに)がこの中(なか)に住(す)んでいるのです。」
「鬼(おに)が!!」
 ケアウエの顔(かお)は真青(まっさお)になり、立(た)っているのがやっとでした。
「しかし、わかい人(ひと)、そんなにこわがることはない。この鬼(おに)は、このびんをかった人(ひと)ののぞむことを何(なん)でもかなえてくれるのですよ。
 家(いえ)がほしいといえば家(いえ)を、お金(かね)のほしい人(ひと)にはお金(かね)をね。」

  • 原作: ロバート・ルイス・スチブンソン 編集: カバヤ児童文化研究所 (京都市中京区壬生花井町三) 販売: カバヤ販売株式会社 (岡山市下石井一九八) 『ビンの中の小鬼』 児童文庫 第八巻第二号 定価¥120 1953/10/04
  • この本は原作の忠実な翻訳ではなく児童向けの再話。

(J11) 大橋 1952
「……その硝子は地獄の焰で焼きつけてある。なかには鬼が住んでいて、動いて見えるのがその影さ、とにかく俺はそう思つている。誰れでも此壺を買えば、鬼は持主の言いなり次第、望みとあらばどんな物でも——恋も、名も、 金も、こうした家屋敷も、そうさ、又はこの町の様な都市さえも一と言いえば一切合切その人の物になる。……」

  • R. L. Stevenson=著 大橋榮三(おおはし・えいぞう)=譯註 「壺の怪鬼」 『壺の怪鬼・マークハイム』 フイニツクス・ライブラリー英和対訳 7 第6版 南雲堂 1952/03/01
  • 譯註者名の表記は扉に拠る。奥付の表記は大橋栄三。

(J12) 中村 1950
「……その硝子は地獄の火で焼きがいれてあり、中に小鬼が住んでいるんです。中に動いている物が見えましょう、それがその影です。そうではないかも知れませんが、私はそう思っているのです。誰でもこの瓶を買うと、小鬼はその人の言う通りにするのです。その人の欲しいと思う物は何でも、戀愛でも、名聲でも、金銭でも、こういう家でも、そうです、サン・フランシスコのような都市でも、その人が欲しいと言えばすぐその人の物になるのです。……」

  • スティ−ヴンスン=作 中村徳三郎=訳 「瓶の妖鬼」 『南海千一夜物語』 岩波文庫 1950/02

(J13) 本多 1947
「……この硝子は地獄の焔で燒かれたもので、中には鬼が棲んでるのですからね。で、そこに動いてゐるのが、その影なのです。と私は思ふのですよ。誰でもこの壜を買ふと、鬼は其人の吩附通りになるのです。其人の望みは何んなりとも——戀でも、名譽でも、金でも、この家のやうな家でも、それどころではない、この市(まち)のやうな市でも——みんな命じさへすれば、其人のものとなるのですよ。……」

  • スティブンスン=作 本多平八郎=譯 「壜中鬼」 『スティブンスン小品集 1 一夜の宿 他二篇』 關書院(京都市東山區澁谷通 青年通信社内) 1947/07
  • 表紙・奥付・背表紙は「スティブンスン」、扉は「ステイヴンソン」。

(J14) 粟津 1923
「……其の硝子は地獄の火で鍛へられたのです。一匹の小鬼が其の中に居ます、其處に動いて見えるのがそいつの影です。で、なくとも私はさう思ひます。誰でもこの壜をお買ひなされば小鬼は其の人の云ふなりになります、欲しいものは何でも——戀でも、名譽でも;金でも;此の家の樣な家でも、さうです、又は此の都會の樣な都會でも——すべては欲しいとさへ云へば其の人の物になります。……」


(J15) 齋藤(茂) 1914
「……其の硝子は並のとは違つて地獄ので鍛つてあるのさ。鬼が其の中に住んでゐるのですよ。あの中で揺く樣に見えるのは實はそいつの影だと私は思つてゐるのですよ。唯れでも此の瓶を買へば其の鬼は其の持主の御意のまゝに何んでもやつて呉れる。何んでも慾しいと思ふ物——戀、名、金、此んな家乃至は此んな市——何んでも彼でも言下に其の人の有になるのさ。……」

  • スチヴンソン=原作 齋藤茂(さいとう・しげる)=譯 『壺の鬼』 アカギ叢書 第13編 出版者:赤城正藏(あかぎ・しょうぞう) 定價金拾錢 1914/05/05(大正3)
  • 違の旧字は新字で置き換えました。焰と揺はそれぞれ異体字で代用しました。

■ロシア語訳 Translation into Russian

-- Она и есть из стекла, -- [Omission] -- да только стекло закалилось в адском пламени. В этой бутылке живет черт -- видишь, там что-то движется, словно тень какая-то. Это черт, или так по крайней мере я думаю. Человек, который приобретет другу бутылку, будет повелевать чертом, и чего бы он отныне себе ни пожелал, все -- любовь, слава, деньги, дома, подобные этому, да, да, и даже города, подобные этому, -- все получит он по первому своему слову. [Omission]

  • Роберт Луис Стивенсон - Сатанинская бутылка. Изд. "Правда", Москва, 1981 г.
  • E-text at Lib.Ru

■ウクライナ語訳 Translation into Ukrainian

— Вона і є скляна, — відповів, ще скрушніше зітхнувши, чоловік, — та тільки скло загартувалося в пекельному вогні. В цій пляшчині живе чорт — бачиш, там щось метляється, наче тінь якась. Це чорт, чи так принаймні я гадаю. Людина, яка придбає цю пляшку, владарюватиме над чортом, і хоч би що вона віднині побажала собі, все — кохання, слава, гроші, будинки, схожі на цей, так, так, і навіть міста, схожі на це місто, — все здобуде вона на перше своє слово. [Omission]

  • Роберт Луїс Стівенсон. Сатанинська пляшка. Вечірні розмови на острові. Translated by Юрія Лісняка & Олександра Тереха
  • E-text at Libros.am

 Audio 1 
ドイツ語版オーディオブック(朗読) Audiobook in German

下の引用箇所の朗読は 5:43 から始まります。 Uploaded to YouTube by Edgar Allan Poe on 4 Apr 2015. Reading of the excerpt below starts at 5:43.


■ドイツ語訳 Translation into German

»Aus Glas ist sie«, versetzte der Mann und seufzte dabei schwerer denn je, »aber das Glas dieser Flasche wurde in den Flammen der Hölle geblasen. Ein Teufelchen wohnt darin, und das ist der Schatten, den wir da sich bewegen sehen; wenigstens denke ich mir das. Wenn irgendein Mensch diese Flasche kauft, steht ihm das Teufelchen zu Befehl; alles was er begehrt – Liebe, Ruhm, Geld, Häuser wie dieses Haus, ja sogar eine Stadt wie diese Stadt – alles ist sein, sobald er das Wort ausspricht. [Omission] « [Omission]

  • Das Flaschenteufelchen by Robert Louis Stevenson. Translated by Heinrich Conrad
  • E-text at Projekt Gutenberg-DE

 Audio 2 
イタリア語版オーディオブック(朗読) Audiobook in Italian

下の引用箇所の朗読は 5:24 から始まります。 Uploaded to YouTube by valter zanardi on 21 Jan 2016. Reading of the excerpt below starts at 5:24.


■イタリア語訳 Translations into Italian

(It1) Pilo, 2012
«Infatti lo è», [Omission], «ma il suo vetro sembra sia stato forgiato dalle fiamme dell'inferno. Dentro ci vive un folletto, ed è sua l'ombra che si vede guizzare, o almeno così credo. Se una persona compra questa bottiglia, lo Spirito si mette ai suoi ordini, ed ogni suo desiderio, sia esso amore, gloria, denaro, una casa come questa, o una città come San Francisco, viene esaudito pronunciando una sola parola. [Omission]»


(It2) Reim, 2000
"È di vetro", [Omission], "ma un vetro temprato alle fiamme dell'inferno. Dentro questa bottiglia abita uno spirito infernale, e quella che si vede muovere è la sua ombra, o almeno così credo. Chiunque acquisti la bottiglia avrà al suo servizio questo diavoletto. Gli basterà pronunciare una parola e il demone che è qui dentro gli procurerà tutto quello che vuole: amore, gloria, ricchezza, case come la mia e città come questa. [Omission]"


(It3) Mazzali, 1987
"Di vetro, sì," [Omission] "Ma quel vetro fu forgiato dalle fiamme dell'Inferno. Ci vive dentro un diavolo e quell'ombra che vediamo muoversi dentro è la sua: così almeno penso. Chi compra questa bottiglia ha il diavolo a suo servizio: quanto può desiderare, — amore, fama, danaro, case come questa, sì, città come questa, — tutto è suo, appena che ne pronunci il nome. [Omission]"


(It4)
- E di vetro è [Omission] ma il suo vetro è stato temprato nelle fiamme dell'inferno. Ci vive dentro un diavolo, ed è quell'ombra che vediamo muoversi; almeno così suppongo. Se qualcuno compra questa bottiglia, il diavolo sarà ai suoi ordini; tutto ciò che desidera - amore, fama, denaro, case come questa, o una città come questa città - tutto sarà suo appena espresso il desiderio. [Omission]


■ポルトガル語訳 Translation into Portuguese

"Ela é de vidro", [omission], "de um vidro temperado nas chamas do inferno. Um demônio vive aí dentro. Suponho queseja ele essa chama que vemos dançar. O homem que comprar essa garrafa irámandar no demônio; e terá tudo que desejar — amor, fama, dinheiro, casas como aminha, ou uma cidade como esta — tudo será dele com apenas uma palavra. [Omission]."

  • O demônio da garrafa by Robert Louis Stevenson
  • E-text at Scribd

 Audio 3 
スペイン語版オーディオブック(朗読) Audiobook in Spanish

下の引用箇所の朗読は 5:07 から始まります。 Uploaded to YouTube by CLUB HISTORIAS on 27 Mar 2013. Reading of the excerpt below starts at 5:07.


■スペイン語訳 Translation into Spanish

—Es de cristal—[Omission], pero de un cristal templado en las llamas del infierno. Un diablo vive en ella y la sombra que vemos moverse es la suya; al menos eso creo yo. Cuando un hombre compra esta botella el diablo se pone a su servicio; todo lo que esa persona desee, amor, fama, dinero, casas como ésta o una ciudad como San Francisco, será suyo con sólo pedirlo. [Omission]

  • El Diablo de la Botella by Robert Louis Stevenson
  • E-text at:

 Audio 4 
往年の米ラジオドラマ「ミステリー・プレイハウス」
The Bottle Imp - Mystery Playhouse

オリジナル放送日 1944-12-12。スティーヴンソンの小説を脚色したもの。番組の案内役はピーター・ローレ。 Uploaded to YouTube by TonightOnTheRadio on 10 Oct 2012. Original air date: 12 Dec 1944. Adapted from Robert Louis Stevenson's short story. Program introduced by Peter Lorre.


 Audio 5 
往年の米ラジオドラマ「CBSラジオ・ミステリシアター」 - オリジナル放送時のCM付き
The Imp in the Bottle (with Original Commercials) - CBS Radio Mystery Theater

オリジナル放送日 1974-09-03。スティーヴンソンの小説を脚色したもの。 Uploaded to YouTube by MysteryTheaterRadio on 28 Feb 2013. Original air date: 3 Sep 1974. Adapted from Robert Louis Stevenson's short story.


 Audio 6 
英語原文のオーディオブック 朗読: ダン・グレイヴズ
The Bottle Imp - Audiobook read by Dan Graves

下に引用する箇所の朗読は 3:41 あたりから始まります。 Uploaded to YouTube by The16thCavern on 10 Jan 2013. Audio courtesy of LibriVox. Reading of the excerpt below starts around 3:41.


 Audio 7 
英語原文オーディオブックのサンプル 朗読: クリストファー・ソウル
The Bottle Imp - Audiobook sample read by Christopher Saul

録音は冒頭の2段落のみ。下に引用する箇所は含みません。 Uploaded to YouTube by Storytel.no on 1 Oct 2015. The recording is for the first two paragraphs only, and does not include the excerpt below.


■英語原文 The original text in English

"[Omission] the glass of it was tempered in the flames of hell. An imp lives in it, and that is the shadow we behold there moving; or so I suppose. If any man buy this bottle the imp is at his command; all that he desires-- love, fame, money, houses like this house, ay, or a city like this city--all are his at the word uttered [Omission]."


■邦題の異同 Variations of the title in Japanese

 a) 読みによる配列

   こびんのあくま………「小瓶の悪魔」………金原 2012
   つぼのおに……………「壺の鬼」……………齋藤(茂) 1914
   つぼのかいき…………「壺の怪鬼」…………大橋 1952
   びんちゅうき…………「壜中鬼」……………本多 1947
   びんちゅうのこおに…「壜中の小鬼」………粟津 1923
   びんづめのこおに……「びんづめの小鬼」…斎藤(美) 1958
   びんのあくま…………「びんの悪魔」………よしだ 2010
   びんのあくま…………「びんの悪魔」………大谷 2006
   びんのこおに…………「びんの小鬼」………河田 1975, 1988
   びんのこおに…………「びんの小鬼」………岩田 1971
   びんのこおに…………「壜の小鬼」…………高松+高松 1989
   びんのこおに…………「瓶の小鬼」…………守屋 1958
   びんのなかのこおに…「びんの中の小鬼」…田谷 1971
   びんのなかのこおに…「ビンの中の小鬼」…カバヤ児童文化研究所 1953
   びんのようき…………「瓶の妖鬼」…………中村 1950

 b) 文字表記による配列

   「びんづめの小鬼」……斎藤(美) 1958
   「びんの悪魔」…………よしだ 2010
   「びんの悪魔」…………大谷 2006
   「びんの小鬼」…………河田 1975, 1988

   「びんの小鬼」…………岩田 1971

   「びんの中の小鬼」……田谷 1971
   「ビンの中の小鬼」……カバヤ児童文化研究所 1953
   「小瓶の悪魔」…………金原 2012
   「瓶の小鬼」……………守屋 1958
   「瓶の妖鬼」……………中村 1950
   「壜の小鬼」……………高松+高松 1989
   「壜中の小鬼」…………粟津 1923
   「壜中鬼」………………本多 1947
   「壺の怪鬼」……………大橋 1952
   「壺の鬼」………………齋藤(茂) 1914

  • 文字に着目すると、よしだ訳と 大谷訳、河田訳と岩田訳の二つの訳者のペアがそれぞれ同じであるのを除けば、どの二つの邦題も完全には一致しません。つまり、邦題の表記は、ほとんどすべてバラバラだということがわかります。

■Stevenson の日本語表記の異同
 Transliteration variations of the name "Stevenson" in Japanese

   スティーン………よしだ 2010(あとがき)
   スティーン………大谷 2006
   スティーン………中村 1950
    スティン………本多 1947(表紙・奥付・背表紙)
     スン………岩田 1971
   スティーン………金原 2012
   スティーン………高松+高松 1989, 2011
   スティーン………河田 1988
   スティーン………斎藤(美) 1958
   スティーン………守屋 1958
    ステイン………本多 1947(扉)
     スン………齋藤(茂) 1914
   スティーン………よしだ 2010(表紙・扉・奥付など)
    スチーン………田谷 1971
     スン………粟津 1923


■tomokilog 関連記事
 Related articles from tomokilog


■外部リンク External links


■更新履歴 Change log

  • 2016/02/18 イタリア語版オーディオブックとドイツ語版オーディオブックの YouTube 画面を追加しました。
  • 2014/11/27 スペイン語版オーディオブックの YouTube 画面を追加しました。
  • 2013/07/11 外部リンクの項を新設しました。
  • 2013/06/29 カバヤ児童文化研究所=編 1953/10/04 を追加しました。
  • 2013/06/27 簡体字中国語訳を追加しました。
  • 2013/06/26 岩田良吉=訳 1971/01/01 と斎藤美洲=訳註 1958/11/25 を追加しました。
  • 2013/06/19 ラジオドラマ「ミステリー・プレイハウス」の YouTube 画面を追加しました。
  • 2013/06/11 大橋榮三=譯註 1952/03/01 の訳文を挿入しました。
  • 2013/06/08 金原瑞人=訳 2012/07/18 を追加しました。
  • 2013/06/03 よしだ みどり=訳 2010/04/20 と粟津淸達=抜粋訳 1923/07/10 を追加しました。
  • 2013/06/01 ラジオドラマ「CBSラジオ・ミステリーシアター」と、もう一種類の英語原文朗読の YouTube 画面を追加しました。
  • 2013/02/01 ウクライナ語訳と英語原文朗読の YouTube 画面を追加しました。
  • 2012/08/25 齋藤茂=譯 1914/05/05 の訳文を挿入しました。
  • 2012/08/17 4種類のイタリア語訳を追加しました。
  • 2012/08/12 英語原文の途中に脱落していた箇所があったのを訂正しました。
  • 2012/07/05 ポルトガル語訳を追加しました。
  • 2011/12/27 守屋陽一=訳 1958/01/30 の訳文を挿入しました。また、高松雄一+高松禎子=訳の訳文を修正し、書誌情報を補足しました。
  • 2011/05/25 ロシア語訳、ドイツ語訳、およびスペイン語訳を追加しました。
  • 2009/05/20 邦題の異同 b) 文字表記による配列 の項を新設しました。
  • 2008/12/05 大橋栄三=訳註 1953と齋藤茂=譯 1914 の書誌情報を補足しました。
  • 2008/06/30 守屋陽一=訳 1958 の書誌情報を補足しました。
  • 2008/01/23 田谷多枝子=訳 1971 と本多平八郎=譯 1947/07 を補足しました。
  • 2007/02/19 大谷真弓=訳 2006/03 を追加しました。また、「邦題の異同」の項と「Stevenson の日本語表記の異同」の項を新設しました。
  • 2006/12/18 高松雄一+高松禎子=訳 1989/10 を追加しました。また、書誌情報を修正・補足しました。さらに、Amazon.co.jp その他の関連サイトへのリンクを追加しました。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ84595840v1308102456

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザの画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese
  
  

| | Comments (1) | TrackBack (1)

Thursday, 15 December 2005

道12月例会+アートなお茶会(仮称)+忘年会

◆アートグループ道 12月例会(備忘録)
と き:2005年12月10日(土)晩
ところ:京都市女性総合センター ウイングス京都 http://wings-kyoto.jp/
    地階ビデオスタジオ
参加者:T、F、H、M、および tomoki y.
合 評:今回作品を発表したのは、Tら。

♡アートなお茶会(仮称)♡
近ごろ恒例となっている、メンバーMさん主催による「アートなお茶会」(仮称)。
合評終了後に行なった。今回も前回にひきつづき各自が、好きなアーティストになりかわって参加。集まったアーティストは、つぎの5人。順不同。

マルセル・ブロータース(T):Marcel Broodthaers (1924-1976)。
 マグリットの流れをくむベルギーの人。
コロンブス(H):あのコロンブス。アーティストじゃないですね、はは。
福岡道雄(M):ただいま大阪で個展「腐ったきんたま」開催中。
郭徳俊(F):「大統領と郭シリーズ」の人。
ルネ・マグリット(tomoki y.):前回につづいてパイプ持参で参加。

お茶会は今後も続きそう。
忘年会もしました。

◆2006年1月例会の予定
と き:2006年1月15日(日)14:00-16:00
ところ:メンバーTさん宅

◆2006年2月例会の予定
と き:2006年2月4日(土)晩
ところ:ウイングス京都 地階ビデオスタジオ

新規参加、オブザーバー歓迎します。
ご希望の方は事前にご連絡ください。
お問合せ先:tomoki-y@nifty.com
 
 
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, 13 December 2005

Story of the Physician and the Saratoga Trunk (from New Arabian Nights, The Suicide Club) by Robert Louis Stevenson スティーヴンスン / スティーヴンソン 「医者とサラトガトランクの話」(『新アラビア夜話』『新アラビヤ夜話』「自殺クラブ」「自殺倶楽部」「自殺倶樂部」より)

        目次 Table of Contents

 Cover photo  表紙画像
■日本語訳 Translations into Japanese
  (J1) 南條+坂本 2007
  (J2) 河田 1989
  (J3) 河田 1975
  (J4) 飯島 1971
  (J5) 平井 1970
  (J6) 西村 1948
  (J7) 佐藤 1934
  (J8) 原田 1933, 2006, etc.
  (J9) 野尻 1928
  (J10) 飯田 1924
  (J11) 三上 1916
  (J12) 若月+帆引 1910
■ロシア語訳 Translation into Russian
■チェコ語訳 Translation into Czech
■ドイツ語訳 Translation into German
■イタリア語訳 Translation into Italian
■スペイン語訳 Translation into Spanish
■フランス語訳 Translation into French
 Audio 1  英語原文朗読: ドン・W・ジェンキンス Audibobook read by Don W. Jenkins
 Audio 2  往年の米国ラジオドラマ CBS Radio Mystery Theater
■英語原文 The original text in English
■"Stevenson" の日本語表記 Transliteration variations of "Stevenson" in Japanese
■更新履歴 Change log


 Cover photo  表紙画像
c305


■日本語訳 Translations into Japanese

(J1) 南條+坂本 2007
自分の部屋とゼフィリーヌ夫人の部屋との仕切り壁に割れ目を見つけた時は、それを塞(ふさ)がずに大きくして、隣人の動静をうかがう覗(のぞ)き穴に利用した。

  • ロバート・ルイス・スティーヴンスン=著 南條竹則(なんじょう・たけのり)+坂本あおい=訳 自殺クラブ 「医者とサラトガトランクの話」 『新アラビア夜話』 光文社古典新訳文庫 2007/09

(J2) 河田 1989
自分の部屋とゼフィリーン夫人の部屋の間の仕切り壁に割れ目を見つけたときなど彼はそれをふさぐどころか、その穴を大きく広げ、隣人の暮しぶりをうかがうのぞき穴に利用した。

  • ロバート・ルイス・スティーヴンソン=作 河田智雄(かわだ・ともお)=訳 「医者とサラトーガ・トランクの話」 『自殺クラブ』 福武文庫 1989/03

(J3) 河田 1975
自分の部屋とゼフィリン夫人の部屋を仕切る壁にひびがあるのを見つけた時、彼はそれをふさぐどころか、広げてのぞき穴にし、隣人の暮しぶりをうかがうことにした。


(J4) 飯島 1971
こんなサイラスくんだから、自分のへやと、おとなりのゼフィリン夫人(ふじん)のへやとのあいだの壁(かべ)に、ちいさな穴(あな)があるのをみつけると、ふさぐどころか、かえって大きくして、よく見えるようにした。そして、スパイのように、その穴(あな)から、となりのようすをのぞき見していた。


(J5) 平井 1970
自分の部屋とゼフィリーヌ夫人の部屋の間の壁に割れ目を見つけたとき、彼はそれを塞(ふさ)ぐどころか、逆にその穴を大きく拡(ひろ)げて、隣人の私生活を窺(うかが)う、いわばスパイ用の覗(のぞ)き穴として利用するにいたった。


(J6) 西村 1948
自分の部屋もマダム ゼフィリーヌの部屋との仕切りに穴を見つけると、それをつめるどころか、大きくして工夫を加へ、隣人の行動をこつそり窺ふ穴に利用した。


(J7) 佐藤 1934
そこで、自分の部屋とゼフィリーン夫人の部屋との間の仕切に小さな隙間を見付けた時には、彼はそれを塞がうとはしないで、却つてそれを大きくして、その孔を具合よく繕うた。そして隣の樣子を窺ふ覗き孔に利用したのであつた。

  • ステイーヴンスン=著 佐藤緑葉=訳 「醫師と旅行鞄の話」 『新アラビヤ夜話』 岩波文庫 1934(昭和9)

(J8) 原田 1933, 2006, etc.
それでサイラス君が自分の室とジエフリーヌ夫人との隔壁に破目を發見した時に、それを塞ぐ所か、大きく、巧みに繕つて、隣室の樣子を秘かに覗き見する孔としてしまつた。

  • ステイブンソン=著 原田正雄=訳 「醫師とサラトガ鞄物語」
    • 自殺倶楽部』 昭和初期世界名作翻訳全集 68 ゆまに書房 2006/02
    • 『自殺倶樂部』 世界名作文庫 25 春陽堂 第2版 1936/08(昭和11)
    • 『自殺倶樂部』 春陽堂文庫 1024 春陽堂 初版 1933/03(昭和8)
  • a. は b. を原本としたオンデマンド版。引用は a. ゆまに書房版に拠りました。

(J9) 野尻 1928
さういふわけで、ふと自分の室(しつ)とゼフィリーン夫人の室との隔壁(しきり)に僅かな隙間を見附けた時にも、サイラスはそれを塞がうとはしないで、却てその孔を擴(ひろ)げ、それを巧みに繕つて、隣の樣子を隙見(すきみ)する孔に利用したのであつた。
[原文は総ルビですが、上の引用ではその一部を省略しました - tomoki y.

  • ロバァト・ルウィス・スティヴンスン=著 野尻清彦=譯 第一話 自殺倶樂部 醫師とサラトガ鞄(トランク) 「新アラビヤ夜話」 『世界大衆文學全集18 寶島他三篇』 改造社 1928/05(昭和3)

(J10) 飯田 1924
で、自分の室とゼフイリン夫人の室との隔壁に一寸した破れ目を見付けた時にも、彼はそれを塞ぐことをしないで、その孔を擴げ其處を巧く直して、隣りでしてゐる事を隙見する孔に利用したりした。

  • ステーヴンスン=作 飯田敏雄=譯 自殺倶樂部 醫師とサラトガ鞄の話 『全譯 新アラビヤ夜話』 日本書院出版部 1924/03(大正13)

(J11) 三上 1916
那樣(そん)な風(ふう)で有(あ)つたから彼(かれ)の部屋(へや)とマダムゼフィリンの部屋(へや)との間(あひだ)の墻壁(しやうへき)に小(ちひ)さい罅穴(われめ)など有(あ)ると、それを塡充(うづめ)ることはしないで、却(かへ)つて、之(これ)を擴大(くわくだい)し、隣室(りんしつ)の樣子(やうす)を探知(たんち)する覗穴(のぞきあな)に利用(りやう)して居(ゐ)たので有(あ)つた。


(J12) 若月+帆引 1910
或日のこと、須賀田は自分の室と、田尻夫人の室との間の障壁に小さい罅穴のあることに氣が附いた。須賀田は元來正直ではあるが物好きな男で、どんな些細な事でも一旦耳目に觸れたが最後、其根底迄見届けねば置かぬといふ質で有るので、隣室の夫人の日常の動作を知りたいと思つて居る矢先、此穴を發見して、彼は絕えず此穴から覗いて隣の室を窺はずには居られなかつた。そして彼は一層能く見えるやうにと、小刀を以て其穴を擴げたのである。
 かくて須賀田は、毎日此穴から隣室の夫人の動靜を窺ふを、唯一の樂として居た。

  • 自殺倶樂部 中 行李物語 スチーヴンソン=著 若月紫蘭(わかつき・しらん)+帆引徹巌(ほびき・てつがん)=譯
    • 新亜刺比亞物語』 (本文第一ページと最終ページの表記)
    • 『新アラビヤ物語』 (扉・奥付の表記)
    三敎書院 正價金壹圓語拾錢 1910/08/10(明治43)
  • 原文は総ルビですが、ここではそれを省略しました。

■ロシア語訳 Translation into Russian

Однажды,  обнаружив,  между  своей  комнатой и комнатой  мадам Зефирин небольшую  щель, мистер  Скэддемор вместо  того,  чтобы тотчас ее  заделать, расширил  и  усовершенствовал  это  оконце,  позволившее  ему  наблюдать  за соседкой.

  • Повесть об английском докторе и дорожном сундуке from Клуб самоубийц by Роберт Льюис Стивенсон. Изд. "Правда", Москва, 1981 г.
  • E-text at Lib.Ru

■チェコ語訳 Translation into Czech

( . . . ) a když zjistil, že v pøepážce mezi jeho pokojem a pokojem madame Zéphyrine je skulina, nejen že ji neucpal, ale dokonce ji zvìtšil a otvor si ještì upravil, a touto špehýrkou pak sledoval, èím se jeho sousedka zabývá.


■ドイツ語訳 Translation into German

So ist es nicht erstaunlich, daß er bei der Entdeckung eines Spaltes in der bretternen Zwischenwand zwischen seinem Zimmer und dem seiner Nachbarin diesen Spalt nicht etwa ausfüllte, sondern die Öffnung vergrößerte und zum Spionieren benutzte.

  • Zweites Kapitel. Der Arzt und der Reisekoffer from Der Selbstmordklub by Robert Louis Stevenson
  • E-text at Projekt Gutenberg-DE

■イタリア語訳 Translation into Italian

( . . . ) e quando scoprì una fessura nella parete che divideva la sua camera da quella di Madame Zéphirine, invece di chiuderla l’allargò e l’accrebbe, e se ne servì come di uno spioncino per ficcanasare nelle faccende della sua vicina.


■スペイン語訳 Translation into Spanish

Y cuando encontró un agujero en la pared que separaba su habitación de la de la señora Zéphyrine, en lugar de cerrarlo, lo agrandó y mejoró la abertura, y lo utilizó para espiar la vida de su vecina.


■フランス語訳 Translation into French

Il ne faut donc pas s'étonner si, ayant aperçu d'aventure une fente dans la cloison qui séparait sa chambre de celle de Mme Zéphyrine, il se garda de la boucher, mais l'élargit au contraire et l'augmenta si bien, qu'il put s'en servir comme d'un observatoire pour espionner les faits et gestes de sa voisine.

  • Histoire d'un medecin et d'une malle from Le Club du Suicide. Nouvelles mille et une nuits by Robert-Louis Stevenson
  • E-text at Project Gutenberg

 Audio 1 
英語原文のオーディオブック 朗読: ドン・W・ジェンキンス
Audibobook in English, read by Don W. Jenkins

下の引用箇所の朗読は 3:35 から始まります。 Uploaded to YouTube by BackToTheArchives on 3 May 2013. Audio courtesy of LibriVox. Reading of the excerpt below starts at 3:35.


 Audio 2 
自殺クラブ - 往年の米国のラジオドラマ
The Suicide Club - CBS Radio Mystery Theater

Uploaded to YouTube by MysteryTheaterRadio on 11 May 2012. 87 - The Suicide Club - CBS Radio Mystery Theater (adapted from the Robert Louis Stevenson classic). Original air date May 7, 1974. Directed by: Himan Brown, Written by: George Lowther. Hosted by E.G. Marshall. Starring Barry Nelson, Marian Seldes, John Baragrey


■英語原文 The original text in English

... and when he found a flaw in the partition between his room and Madame Zephyrine's, instead of filling it up, he enlarged and improved the opening, and made use of it as a spy-hole on his neighbour's affairs.

  • Story of the Physician and the Saratoga Trunk. The Suicide Club. New Arabian Nights by Robert Louis Stevenson
  • E-text at:

■"Stevenson" の日本語表記の異同
 Transliteration variations of the name "Stevenson" in Japanese

  スチーヴンソン………若月+帆引 1910
  スチィヴンソン………三上 1916
  ステーヴンスン………飯田 1924
  スティーヴンスン……南條+坂本 2007
  スティーヴンソン……河田 1975, 1989
  スティブンソン………飯島 1971
  スティヴンスン………野尻 1928
  スティヴンソン………西村 1948
  スティヴンソン………平井 1970
  ステイーヴンスン……佐藤 1934
  ステイブンソン……原田 1933, 2006, etc.

11の版で10通りの表記。みごとなまでに、バラバラです(苦笑)。
In ten editions quoted above are nine different ways of spelling "Stevenson" in Japanese. The inconsistency is nearly perfect. Ha, ha.


■更新履歴 Change log

  • 2014/05/31 目次を新設し、英語原文オーディオブックの YouTube 画面を追加しました。
  • 2013/05/16 三上節造=譯 1916/06/30 と若月紫蘭+帆引徹巌=譯 1910/08/10 を追加しました。
  • 2013/04/22 CBS Radio Mystery Theater の YouTube 画面を追加しました。
  • 2012/08/27 チェコ語訳、ドイツ語訳、イタリア語訳、およびスペイン語訳を追加しました。
  • 2012/07/14 ロシア語訳を追加しました。
  • 2008/03/10 原田正雄=訳 2006/02 を追加しました。また、「"Stevenson" の日本語表記の異同」の項を新設しました。
  • 2008/01/24 飯島淳秀=訳 1971/10 を追加しました。
  • 2007/09/26 南條竹則+坂本あおい=訳 2007/09 を追加しました。
  • 2007/03/14 西村孝次=譯 1948/03 および飯田敏雄=譯 1924/03 を追加しました。
  • 2006/11/08 平井正穂=訳 1970 を追加しました。
  • 200-/--/-- この記事のタイトルを "A Spy-hole" から "The Suicide Club by Robert Louis Stevenson" に、 日本語訳の配列を、旧→新から新→旧に、それぞれ変更しました。また、Project Gutenberg によるフランス語訳を追加しました。さらに、Amazon.co.jp の該当ページ、および電子テキストの該当ページへのリンクを張りました。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ84595840v1308102456

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages
(1) New Arabian Nights

(2) The Suicide Club

■和書 Books in Japanese
(1) 自殺クラブ
 

(2) 新アラビア夜話/新アラビヤ夜話
 

  

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Friday, 09 December 2005

The Black Cat by Edgar Allan Poe エドガー・アラン・ポー / エドガア・アラン・ポオ / エドガー・アラン・ポゥ 「黒猫」「黒猫物語」「黒猫譚」「西洋怪談 黒猫」

        目次 Table of Contents

 French short film  Le chat noir (2010)
 Spanish short film  El Gato Negro
 TV episode  黒猫 (2007) 予告篇 The Black Cat (2007) trailer
■中国語訳(簡体字)Translation into simplified Chinese
■中國語譯(繁體字) Translation into traditional Chinese
 Audiobook sample in Japanese  黒猫(録音サンプル) 日本語版朗読
■日本語訳 Translations into Japanese
  (J1) 小川(高)2006
  (J2) 金原 2002
  (J3) 大岡 1998
  (J4) 田中 1996
  (J5) 富士川 1992
  (J6) 高橋 1989
  (J7) 松村+繁尾 1987, 2010
  (J8) 谷崎 1985
  (J9) 中野 1978
  (J10) 大庭 1978
  (J11) 小泉 1974
  (J12) 河野 1974
  (J13) 小川(和)1973
  (J14) 八木 1971
  (J15) 丸谷 1970
  (J16) 大橋 1966
  (J17) 刈田 1966
  (J18) 田桐 1964
  (J19) 松村 1962
  (J20) 谷崎 1962, 1969, etc.
  (J21) 菅 1961
  (J22) 佐々木 1951, 1999
  (J23) ダイジエスト・シリーズ刊行會 1950
  (J24) 城 1949
  (J25) 山本 1934
  (J26) 森村+澤田 1934
  (J27) 江戸川 1929
  (J28) 平塚 1911, 1996
  (J29) 畑 1907, 1996
  (J30) 本間 1907
  (J31) 内田 1893, 1984
  (J32) 饗庭 1887, 1972, etc.
■ロシア語訳 Translation into Russian
 Audiobook in Polish  Czarny kot ポーランド語版朗読
■ポーランド語訳 Translation into Polish
■ハンガリー語訳 Translation into Hungarian
■チェコ語訳 Translation into Czech
■スウェーデン語訳 Translation into Swedish
■デンマーク語訳 Translation into Danish
 Audiobook in German 1  Die schwarze Katze ドイツ語版朗読 1
 Audiobook in German 2  Die schwarze Katze ドイツ語版朗読 2
■ドイツ語訳 Translation into German
 Audiobook in Italian  Il gatto nero イタリア語版朗読
■イタリア語訳 Translation into Italian
■ポルトガル語訳 Translation into Portuguese
■スペイン語訳 Translation into Spanish
 Audiobook in French 1  Le Chat noir フランス語版朗読 1
 Audiobook in French 2  Le Chat noir フランス語版朗読 2
■フランス語訳 Translations into French
  (F1) Chabrières, 2006
  (F2) Baudelaire, 1857
 Audiobook 1  Tom O'Bedlam reads The Black Cat
 Audiobook 2  Richard Day Gore reads The Black Cat
 Audiobook 3 
 Audiobook 4  Roy Macready reads The Black Cat
 Dramatic reading 
■英語原文 The original text in English
■外部リンク External links
■tomokilog 関連記事 Related articles from tomokilog:
■更新履歴 Change log


 French short film  Le chat noir (2010)

Uploaded by tristanconvert on 2011-09-13. Directed by Tristan Convert. Starring Michaël Abiteboul, Myriam Ajar and Julie Castel.


 Spanish short film  El Gato Negro

Uploaded by dulcemizhu on 2009-08-17.


 TV episode 
黒猫 (2007) 予告篇 13 thirteen ~マスターズ・オブ・ホラー2~
The Black Cat (2007) trailer - Masters of Horror: Season 2, Episode 11

監督: スチュアート・ゴードン 出演: ジェフリー・コムズ、エリス・レヴェスク Uploaded by utterfright on 2011-09-13. Original TV broadcast of the episode: 2007-10-29. Directed by Stuart Gordon, Stuart Ortiz. Starring Elyse Levesque, Jeffrey Combs and Aron Tager.


■中国語訳(簡体字) Translation into simplified Chinese

谁没有在无意中多次干下坏事或蠢事呢?而且这样干时无缘无故,心里明知干不得而偏要干。哪怕我们明知这样干犯法,我们不是还会无视自己看到的后果,有股拼命想去以身试法的邪念吗?唉,就是这股邪念终于断送了我的一生。

   《黑猫》 爱伦•坡
   E-text at 中国教师阅读网 (reading.cersp.com)


■中國語譯(繁體字) Translation into traditional Chinese

誰沒有在無意中多次干下坏事或蠢事呢?而且這樣干時無縁無故,心里明知干不得而偏要干。哪怕我們明知這樣干犯法,我們不是還會無視自己看到的后果,有股拼命想去以身試法的邪念嗎?唉,就是這股邪念終于斷送了我的一生。

   《黑貓》 愛倫・坡
   E-text at 龍騰世紀 (millionbook.net)


 Audiobook sample in Japanese  黒猫(録音サンプル)

佐々木直次郎訳。 Uploaded to YouTube by panrolling on 20 Aug 2009.


■日本語訳 Translations into Japanese

(J1) 小川(高)2006
けしからん行為、おろかしい行為は、百遍でも繰り返してしまう。そうでない人間がいるだろうか。してはいけないと思うからそうしているだけなので、ほかに理由はない。法として定められたことを、法であると承知しているくせに、だからこそ破りたくなる性向があって直らないのではないか。そんな邪気(じゃき)のようなものが私にもやって来て、転落が決まった。

   エドガー・アラン・ポー=作 小川高義(おがわ・たかよし)=訳 「黒猫」
   『黒猫/モルグ街の殺人』 光文社古典新訳文庫 2006/10 所収


(J2) 金原 2002
してはいけないという、ただそれだけの理由で、あくどいことをしたり、愚かなことをしてしまうというのは、驚くほどよくあることではないだろうか。人間には、決まりだからというだけの理由で、正しい判断力を持っていながら、それを破ってしまう傾向がないだろうか。そういう気持ちが、わたしをとことん破滅させてしまったのだ。

   E・A・ポー=作 金原瑞人(かねはら・みずひと)=訳 「黒猫」
   『モルグ街の殺人事件』 岩波少年文庫 2002/08 所収


(J3) 大岡 1998
やってはいけないと知っている、というただそれだけの理由から、実に多くの人間が下劣でおろかな行為を、それこそ何度となくくりかえす。立派な判断力があるというのに、法律だからという理由だけで、規則を破りたくなる。そんな気持ちが、私たちのなかにはつねに存在しているのではないか? くりかえすが、この“あまのじゃく”こそが、私の破滅をまねいたのだ。

   エドガー・アラン・ポー=作 大岡玲(おおおか・あきら)=訳 「黒猫」
   『アモンティラードの樽 その他
   地球人ライブラリー 小学館 1998/03 所収


(J4) 田中 1996
やってはいけないことというただそれだけの理由で、なんどもなんども、下劣なこと、バカなことをやってる自分に気がつかなかった者があるだろうか。これがいちばんいいことだとわかっていながら、法はおかしてはいけないというただそのために、しょっちゅう、法をおかすような傾向が、わたしたちにはないだろうか。ひねくれ根性は、わたしの破滅の最後のゴールとなった。

   田中小実昌=訳 「黒猫」 『世界幻想名作集』 澁澤龍彦コレクション
   河出文庫 1996/10 所収


(J5) 富士川 1992
そんなことをしては いけない のだということが自分にはわかっているという、ただそれだけの理由で、恥ずべきことや馬鹿らしいことを自分が何度もしているのだということに気づいていないような人が、果たしているだろうか? ただそれが〈掟〉であるということを知っているために、最上の判断にすら逆らってまでそれを破りたくなるという性向が、われわれの心のなかにはいつも存在するのではなかろうか? この天邪鬼の精神というやつが訪れて、わたしを徹底的に破滅させようとしたのである。

   ポー=作 富士川義之=訳 『黒猫』 集英社文庫 1992/05 所収
   文中の太字箇所は、原文では太字でなく傍点。


(J6) 高橋 1989
たとえば、してはいけませんと言われれば言われるほど、どうしてもそうしたくなってしまい、何度も何度も同じばかなことをくりかえしてしまう。だれでも思いあたるふしがあるのではないでしょうか。正しいおこないではないということがじゅうぶんわかっているのに、それが規則(きそく)で決められているからこそしゃくにさわる。ついその規則(きそく)をやぶってしまいたくなる。これがつまりあまのじゃくです。このあまのじゃくがわたしにとりついて、わたしをだめにしてしまったのです。

   ポー=作 高橋啓(たかはし・けい)=訳 「黒猫」
   江河徹(えがわ・とおる)=編 『奇妙な動物の話』 幻想文学館3
   くもん出版 1989/08 所収


(J7) 松村+繁尾 1987, 2010
悪いとは知りながら罪をおかしてしまう、そのような性質が人間にはあるのではないか。法律とはこういうものだとわかっているために、かえって法律をおかしたくなるつむじ曲がりなくせを、わたしたちはもちあわせているようである。そうだ、このつむじ曲がりの、ひねくれた気持ちが、わたしをこのように追いつめてしまったのだ。

   エドガー=アラン=ポー=作 松村達雄+繁尾久=訳 「黒猫」
   7a.21世紀版少年少女世界文学館 13』 講談社 2010 所収
   7b.少年少女世界文学館 13』 講談社 1987/12/21 所収
   引用は 7b. 講談社 1987/12/21 に拠りました。ルビは省略しました。


(J8) 谷崎 1985
「してはいけない」と思うだけで、かえってわるいことをしてしまった人を見たことはないだろうか? わたしたちはただしく判断する力をもっていながら、法律はおかしてはならないという理由だけで法律をおかしてしまうことはないだろうか? こうしたいこじな精神がわたしに破滅をもたらすようになったのだ。

   エドガー=アラン=ポー=作 谷崎精二=訳 「黒猫」
   『エドガー=アラン=ポー怪奇・探偵小説集1』 偕成社文庫 1985/03 所収


(J9) 中野 1978
してはならぬという、ただその理由だけで、人はいかにしばしば悪事、愚行を犯していることだろうか。私たちには、みすみす最善の判断に逆らってまで、いわゆる法なるものを破ろうとする、不断の傾向がある。しかもそれは何故だ? ただそれが法なることを知るゆえにすぎぬのだ。ところで、いまやその天邪鬼の根性が、ついに私の命取りになった。

   中野好夫=訳 「黒猫」 『黒猫・モルグ街の殺人事件 他五篇
   岩波文庫 1978/12 所収


(J10) 大庭 1978
いったい、わかっていてそうしてはならないことを、悪いことを、ばかげたくだらないことを繰り返さない人間がいるものだろうか。人間たちはわかっているがゆえに、その守らなければならないいましめを常に破りたがるものではないだろうか。このわけのわからない邪悪な衝動がとうとうわたしを破滅に追いこんだのだ。

   ポー=作 大庭みな子=訳 「黒猫」
   五木寛之〔ほか〕=編 『世界文学全集1 ポー/ホーソーン
   学習研究社 1978/09 所収


(J11) 小泉 1974
おれはそれをしては いけない のだということが判っている、ただそれだけの理由から、下劣な愚かしい行為を幾たびとなく繰りかえす自分に気づかなかった人間が一体この世にいるだろうか? 立派な判断力をもちながら、「掟(おきて)」というものを、掟であると判っているただそれだけの理由から破ってみたくなる傾向が、いつもわれわれの内部にはあるのではなかろうか。この天の邪鬼根性という奴がおそって来て、私を決定的に破滅させたのである。

   ポオ=作 小泉一郎=訳 「黒猫」
   『世界文学全集32 ポー/ホーソン』 講談社 1974 所収
   文中の太字箇所は、原文では太字でなく傍点。


(J12) 河野 1974
してはならぬことが分かっているというただそれだけの理由で、何度となく繰り返し下劣な、愚劣な行為をなしている人間が、世間にはどんなに多いことであろう。立派な分別を持ちながらも、法なるものを法なるがゆえに破りたいという気持が、常にわれわれにはそなわっているのではなかろうか? つまりこの片意地な気持が、わたしにとって身の破滅となったのだ。

   エドガー・アラン・ポオ=作 河野一郎=訳 「黒猫」
   『ポオ小説全集4』 創元推理文庫 1974/09 所収


(J13) 小川(和)1973
そうやっては いけない と知っている、ただそれだけの理由で、何回も何十回も悪いことをする、あるいは馬鹿なことをする、そんな覚えはないという人間がいったいいるだろうか。最上の分別を持ちながら、それにさからって とされているものを破りたくなる、その理由は単にそれが法だと知るからだ、――われわれには常日頃こういう傾向があるのではあるまいか。この天邪鬼の精神が、前に述べたように、私に究極の破滅をもたらしたのだ。

   ポオ=作 小川和夫=訳 「黒猫」
   『筑摩世界文學大系 37 ポオ/ボオドレール』 筑摩書房 1973/11 所収
   文中の太字箇所は、原文では太字でなく傍点。


(J14) 八木 1971
してはならぬ と承知しているという、ただそれだけの理由で、卑劣な、また愚劣な行動を、しかもしばしば、しでかした覚えがないような人間がいるだろうか。最高の判断力をそなえながら、「至上の法」なるものを、まさしくそれが至上の法たることを承知しているというだけの理由で、侵犯したくなるといった、どうしようもない傾向がわれわれにはあるのではなかろうか。くりかえすが、最終的にわたしを破滅させたのはこのあまのじゃくの精神である。

   ポオ=作 八木敏雄=訳 「黒猫」
   『黄金虫・黒猫・アッシャ-家の崩壊 ほか五編』 講談社文庫 1971/07 所収
   文中の太字箇所は、原文では太字でなく傍点。


(J15) 丸谷 1970
してはいけないということが判っている――ただそれだけの理由で、他には何も理由がないのに、厭(いや)らしいこと、ばかげたことを何百回もしたという経験のない人が、一体いるだろうか? ただそれが《掟》だということを知っているせいで、至上の判断に背(そむ)いてまでもそれに逆らいたくなる傾向――それはわれわれにないだろうか? 私を徹底的に破滅させようとして訪れてきたのは、この天邪鬼の精神であった。

   ポー=作 丸谷才一=訳 「黒猫」
   『デュエット版・世界文学全集18 アシャ-家の崩壊/黒猫 他
   編集=綜合社 発行=集英社 1970/07 所収


(J16) 大橋 1966
ひとはだれでも、つい、悪辣なこと、ばかげたことを何度でもくりかえしてしまうではないか?そして、その理由はただ、そういうことをしてはならないとよく知っているからだけではないか? われわれはいつでも最善の判断力をもっているのにもかかわらず、守るべき掟(おきて)を、ただそれが守るべき掟であるとわかっているがために、おかしたくなるのではないか? こういうねじけ曲った心が私を最後の破滅におとしこんだのだ。

   E・A・ポー=作 大橋吉之輔(おおはし・きちのすけ)=訳 「黒猫」
   『黒猫・黄金虫』 角川文庫 1966/12/15 所収


(J17) 刈田 1966
しては ならない ということを承知しているというただそれだけの理由のために、何百回となく、自分がいつのまにか下劣な、あるいは愚かな行為をしていることに気づかなかったものがあるだろうか? 最善の判断を持っているにもかかわらず、掟(おきて)なるものを、それがこういうものであることを理解しているがために、かえって犯したくなるような絶えまのない性向がわれわれにはあるのではなかろうか? くりかえして言うが、このつむじ曲がりの精神がわたしの最後の破滅を招くためにやってきたのだった。

   ポー=作 刈田元司(かりた・もとし)=訳 「黒猫」
   『黒猫・黄金虫 他四編』 旺文社文庫 1966/05 所収
   文中の太字箇所は、原文では太字でなく傍点。


(J18) 田桐 1964
しては いけない のだと百も承知で、いや、承知していればこそ、何度となく、不道徳なこと、あるいは、愚劣なことを犯している自分に気づかなかった者が、一人でもあろうか? われわれ人間という奴は、頼れる最高の判断力を持ちあわせているにもかかわらず、ただそれが犯すべからざる法と知るが故に、あえて その法 を犯そうとする、度しがたい性向を持っているのではないか? この天邪鬼精神が、今こそ私を再び立たせぬ打撃となってやって来たのだ。

   エドガー・アラン・ポオ=作 田桐大澄(たぎり・ひさずみ)=訳 「黒猫」
   『ポオ短篇集』 八潮版・アメリカの文学 八潮出版社 1964/08 所収
   文中の太字箇所は、原文では太字でなく傍点。


(J19) 松村 1962
ただ単にしてはならないことと知っているがゆえに、ただそれゆえに、卑劣な、あるいは愚劣な行為をみずからしでかすのに、幾度となく気づかなかったような者が果たしてあろうか? 最上の判断をみごと持ち合わせながら、犯すべからざる掟を、ただそれが犯すべからざるものと知っているがために、われわれはつねに犯したく感ずるものではなかろうか? くり返して言うが、この「つむじ曲がり」の精神こそはわたしの最後の破滅をうながしたのであった。

   ポー=作 松村達雄=訳 「黒猫」
   『世界文学全集11 ポー/ホーソーン』 河出書房新社 1962/08 所収


(J20) 谷崎 1962, 1969, etc.
誰か自分が「なすべきでない」と思うだけの理由で、悪(あ)しき、愚かなる行ないをしたことをしばしば見いださなかったものがあろうか? 私たちは最上の判断を犯しても、たんに法律の法律たるゆえんを知るがゆえに、これを犯す傾向を絶えず持っておりはしないだろうか? こうした依怙地の精神が私の最後の破滅をもたらすに至ったのだ。

   エドガア・アラン・ポオ=作 谷崎精二=訳 「黒猫」
   20a.ポオ小説全集1 推理小説』(全4巻)新装版 春秋社 1998/09 所収
   20b.エドガア・アラン・ポオ全集1』(全6巻)新装版
      春秋社 1969/10 所収
   20c.エドガア・アラン・ポオ小説全集1 推理小説』(全4巻・別巻1)
      春秋社 1962/05 所収


(J21) 菅 1961
しては ならぬ という正にその理由の故に、悪いこと、馬鹿げたことをした――しかも再々した――覚えのない人があろうか? われわれには、 なるものを、そうと知るが故にこそ、最善の判断にさからっても、犯したいという、たえざる性向があるのではあるまいか? このつむじ曲りの精神が、私の最後の破滅をまねくために来たのであった。

   エドガー・アラン・ポー=著 菅泰男=訳 「黒猫」
   鈴木幸夫〔ほか〕=訳 『ポー代表作選集(下)』(全3巻)
   鏡浦書房 1961/01 所収
   文中の太字箇所は、原文では太字でなく傍点。


(J22) 佐々木 1951, 1999
しては いけない という、ただそれだけの理由で、自分が邪悪な、あるいは愚かな行為をしていることに、人はどんなにかしばしば気づいたことであろう。人は、を、単にそれが掟であると知っているだけのために、その最善の判断に逆らってまでも、その掟を破ろうとする永続的な性向を、持っていはしないだろうか? この天邪鬼の心持がいま言ったように、私の最後の破滅を来たしたのであった。

   エドガー・アラン・ポー=作 佐々木直次郎=訳 「黒猫」
   22a. E-text at 青空文庫 入力:大野晋 校正:宮崎直彦
      1999年2月4日公開 2005年12月25日修正
   22b.黒猫・黄金虫』 新潮文庫 1951/08 所収
   22a. の底本は 22b.。文中の太字箇所は、原文では太字でなく傍点。


(J23) ダイジエスト・シリーズ刊行會 1950
してはならぬと思えば、思うほど、ますます、私は、そんな惡業に、ひきずりこまれてゆく たしかに こういう、一見ひどく矛盾したような非合理なこころのうごきは、人間に共通してみられる。
 ついに、ある朝、私は、そんな病的な意識の傾斜に、身をすべらせてしまつた。

   エドガー・アラン・ポオ=作
   編著者:ダイジエスト・シリーズ刊行會 代表:磯部秀見 「黑猫」
   『怪奇と詩情―ポーの人と作品』 ダイジエスト・シリーズ3
   ジープ社 定價八○圓 1950/06/15 所収


(J24) 城 1949
いけないと知つての上だから、それ故に惡事を犯す自分に何遍も人は氣付いてゐる筈だ。人は、知つてゐればこそ、良心に反して規則を破らうとする心根を所有するものではなからうか。繰返すが此れが私を破滅へ導いた。

   エドガア・アラン・ポオ=作 城昌幸(じょう・まさゆき)=訳
   「黒猫」 ポオ百年祭記念・ポオ怪奇探偵傑作選
   『宝石 第四卷 第十號』 昭和24年11月号 岩谷書店 1949/11/01
   この雑誌の内容紹介は、つぎの2つのサイトにあります:
   1) 尖端猟奇大パノラマ(江戸川乱歩をしのんで) > 宝石「ポオ百年祭記念」
   2) ちっちゃな推理小説の図書室 “宝石” > “宝石”第4巻 目次
   黒の旧字は新字で置き換えました。


(J25) 山本 1934
他に理由があるのでもなく、唯、してはならないと承知してゐるだけの理由で、卑しむ可き詰らない行ひをする事は、誰しも幾度となく經驗する處ではなからうか。單に犯してはならないと承知してゐるだけの理由で、自分でははつきり分つてゐながら「掟」なるものをことさらに犯さむとする傾向を斷えず持つてをりはしないだらうか。この片意地の念こそは、今云つた通り私を決定的の破滅に導いたものであつた。

   Edgar Allan Poe=作 山本供平=譯註 「黒猫物語」
   『Prose Tales』 英學生文庫 春陽堂 定價金六拾五錢
   1934/09(昭和9)所収
   奥付に表示された書名は「プローズ・テールズ」


(J26) 森村+澤田 1934
してはならぬと承知すればこそ、却つてその爲に惡業や愚行を犯してゐる自身を百度も見出さなかつた人があらうか。さうと知つてゐればこそ、最善の分別に逆つてさへ、掟であることを犯さうとする不斷の性癖を吾々は持つのではなからうか。重ねて言ふが、その片意地な性根が私の身の破滅をきたしたのであつた。

   エドガー・アラン・ポゥ=作
   森村豐(もりむら・ゆたか)+澤田卓爾(さわだ・たくじ)=譯 「黑猫」
   『黑猫 他六篇』 岩波文庫 定價四十錢 1934/02/10(昭和9)
   逆の旧字は新字で置き換えました。


(J27) 江戸川 1929
實際、外に何の理由もなく、たゞそれをしてはいけないものだと言ふ事を知つてゐる爲に、何遍となく、卑劣な或は愚かな行ひをやつてのけてしまふと言ふやうな事は何人も經驗するところではなからうか。たゞ犯してはならぬ事を知つてゐる爲わざわざその「律法」を理性に逆らつて犯して見たい氣持を經驗しないだらうか。このひねくれた天邪鬼な氣持ちこそ、前にも言つたとほり私を全く破滅させてしまつたのである。

[原文は、つぎのとおり総ルビ]

實際(じつさい)、外(ほか)に何(なん)の理由(りいう)もなく、たゞそれをしてはいけないものだと言(い)ふ事(こと)を知(し)つてゐる爲(ため)に、何遍(なんべん)となく、卑劣(ひれつ)な或(あるひ)は愚(おろ)かな行(おこな)ひをやつてのけてしまふと言(い)ふやうな事(こと)は何人(なにびと)も經驗(けいけん)するところではなからうか。たゞ犯(をか)してはならぬ事(こと)を知(し)つてゐる爲(ため)わざわざその「律法(りつぱふ)」を理性(りせい)に逆(さか)らつて犯(をか)して見(み)たい氣持(きもち)を經驗(けいけん)しないだらうか。このひねくれた天邪鬼(あまのじやく)な氣持(きも)ちこそ、前(まへ)にも言(い)つたとほり私(わたし)を全(まつた)く破滅(はめつ)させてしまつたのである。

   ポー=作 江戸川亂歩=譯 「黒猫譚」
   『世界大衆文學全集30 ポー、ホフマン集
   改造社 1929(昭和4)所収


(J28) 平塚 1911, 1996
自分が惡い事をした覺えがないからと云ふそれだけの理由で幾度もかく厭はしい又愚かしい罪を犯して、誰も自ら氣が付かなかつたのであらうか。我々は單に斯うなるだらうといふ事が解るので自己の意見に逆ふても法律を犯すと云ふ傾向を常に有たないであらうか。此邪惡の心が遂に私を滅するやうになつた。

   ポオ=作 平塚らいてう=訳 「黒猫」
   28a. 川戸道昭+榊原貴教=編 ナダ出版センター=制作
      『明治翻訳文学全集《新聞雑誌編》19 ポー集』(全50巻・別巻2)
      大空社 1996/06 所収
   28b. 『青踏』1911/12(明治44)
   初出誌は 28b.28a.28b. を複製したもの。


(J29) 畑 1907, 1996
醜陋野卑の馬鹿げた所業を犯すのは、外に理由があるのではなく、單に犯す可からずと云ふ事を知るが故に誰でも犯すのだ! 自分共は單に法律である事を知つて居ればこそ、最も良き判斷に反抗しても法律なるものを犯す傾向を常に持つて居るのではあるまいか? 確實に此の強情心が、自分を最後の破滅のどん底に突き落したのだ。

[原文は、つぎのとおり総ルビ]

醜陋野卑(しうらうやひ)の馬鹿(ばか)げた所業(しよげふ)を犯(をか)すのは、外(ほか)に理由(わけ)があるのではなく、單(たん)に犯(をか)す可(べ)からずと云(い)ふ事(こと)を知(し)るが故(ゆへ)に誰(だれ)でも犯(をか)すのだ! 自分共(じぶんども)は單(たん)に法律(はふりつ)である事(こと)を知(し)つて居(を)ればこそ、最(もつも)も良(よ)き判斷(はんだん)に反抗(はんかう)しても法律(はふりつ)なるものを犯(をか)す傾向(けうかう)を常(つね)に持(も)つて居(ゐ)るのではあるまいか? 確實(たしか)に此(こ)の強情心(がうじやうしん)が、自分(じぶん)を最後(さいご)の破滅(はめつ)のどん底(そこ)に突(つ)き落(おと)したのだ。

   アラン、ポー=作 畑荷香=譯 「黒猫物語」
   29a. 川戸道昭+榊原貴教=編 ナダ出版センター=制作
      『明治翻訳文学全集《新聞雑誌編》19 ポー集』(全50巻・別巻2)
      大空社 1996/06 所収
   29b. 初出誌:『新古文林』1907/12(明治40)
   29a.29b. を複製したもの。


(J30) 本間 1907
この暴戻の心は「くろ」を限りなく苦めんとし、唯惡といふものゝ爲に惡をなさしめて、遂にはこの頼りなき一小動物に此迄蒙らし來つた虐遇の終を告げよと私の胸に囁いたのである。

[原文は、つぎのとおり総ルビ]

この暴戻(ぼうれい)の心(こゝろ)は「くろ」を限(かぎ)りなく苦(くるし)めんとし、唯(たゞ)惡(あく)といふものゝ爲(た)めに惡(あく)をなさしめて、遂(つひ)にはこの頼(たよ)りなき一小動物(せうどうぶつ)に此迄(これまで)蒙(こうむ)らし來(きた)つた虐遇(ぎやくぐう)の終(をはり)を告(つ)げよと私(わたくし)の胸(むね)に囁(さゝや)いたのである。

   エドガー、アラン、ポー=著 本間久四郎=譯 「黒猫物語」
   夏目漱石・上田敏・島村抱月=序 本間久四郎=譯
   『名著新譯』 文禄堂 1907/11 (明治40)所収
   この本の全ページの複写画像は国立国会図書館 近代デジタルライブラリー
   閲覧できる。上の引用箇所が掲載されているページは ここ


(J31) 内田 1893, 1984
されば人は平生より爲すまじと思ふても猶ほ暴戻無殘(ぼうれいむざん)の所業を百千度となく爲すにあらずや。又惡事なりとは充分知りながら猶ほ所謂法を蹂躙せんとする傾向を絶えず有するにあらずや。余が最後の敗滅を速(まね)ぎしは即ち此『無道』の念にして、我が精神は自らを苦め、其性質に暴戻(ぼうれい)を加へ、(……)

   エドガー・アラン・ポー作 内田魯庵=訳 「黒猫」
   31a.内田魯庵全集12 翻訳I』 ゆまに書房 1984/04 所収
   31b. 上記全集の「解題」によると、内田貢=著 「黒猫」
      『鳥留好語』 警醒社書店 1893/09/07(明治26)所収。
      内田貢は内田魯庵の本名。


(J32) 饗庭 1887, 1972, etc.
誰でも爲(し)てハ惡いと思ふ事を惡いと思ふために却(かへつ)て爲(し)て見やうと思ふ事が有るだらう。是ハ天法だ背(そむ)いてハは道に欠けるぞと知れど道に欠けるぞと知る故(ゆゑ)に夫(それ)を犯(をか)して見たくなる事も有るだらう。

   エドガア・アラン・ポー=作 饗庭篁村(あえば・こうそん)=譯
   「西洋怪談 黒猫」
   32a. 川戸道昭+榊原貴教=編 ナダ出版センター=制作
      『明治翻訳文学全集《新聞雑誌編》19 ポー集』(全50巻・別巻2)
      大空社 1996/06 所収
   32b.明治文學全集7 明治飜譯文學集』 筑摩書房 1972/10 所収
   32c. 初出は「讀賣新聞」付録。1887(明治20)年11月3日と9日に分載。


_1


■ロシア語訳 Translation into Russian

Кто не ловил себя сто раз в учинении глупого или низкого поступка по той только причине, что знал, что не должен был этого сделать? Разве в нас нет вечной склонности, несмотря на превосходство нашего суждения, нарушить закон, потому только, что это закон? Этот дух злости, говорю я, довершил мое падение.

   Эдгар Аллан По - Черная кошка
   E-text at:
   * Онлайн словарь
   * Викитека (Wikisource)


 Audiobook in Polish  ポーランド語版朗読 Czarny kot

Uploaded to YouTube by OTOkiosk on 15 Aug 2012.


■ポーランド語訳 Translation into Polish

Któż, popełniając czyn niedorzeczny lub nikczemny, nie dziwił się po stokroć tej prostej oczywistości, iż wiedział, że winien go był n i e popełniać? Czyż pomimo doskonałości naszego rozsądku nie mamy nieustannych zakusów do naruszania tego, co jest Prawem, dla tej po prostu przyczyny, iż wiemy właśnie, że jest to — Prawo? Powtarzam — ów duch przekory przyczynił się do ostatecznego mego upadku.

   Czarny kot by Edgar Allan Poe
   Translated by Bolesław Leśmian
   E-text at Wolne Lektury


■ハンガリー語訳 Translation into Hungarian

Van-e, aki százszor is nem kapta rajta magát azon, hogy valami hitvány vagy együgyű dolgot követ el, pusztán azért, mert tudja, hogy nem volna szabad elkövetnie? Nem él-e bennünk örökösen az a hajlam, hogy legjobb belátásunk ellenére is megszegjük a törvényt, csak azért, mert tudjuk, hogy törvény? Fölébredt bennem, mondom, a csökönyösségnek ez a szelleme, hogy végképp tönkretegyen.

   A fekete macska by Edgar Allan Poe
   E-text at Olvasókuckó


■チェコ語訳 Translation into Czech

Kdo se aspoň stokrát nepřistihl, jak se dopouští zlého či pošetilého skutku jen a jen proto, že ví, že nemá? Cožpak nás cosi věčně nepudí porušovat navzdory rozumu to, čemu říkáme Zákon, jen proto, že to jako zákon chápeme? Tento duch zvrácenosti dovršil, pravím, můj pád.

   Černý kocour by Edgar Allan Poe
   E-text at V noci jsem snil, že jsem motýlem


■スウェーデン語訳 Translation into Swedish

Vem har inte hundratals gånger konstaterat att han handlar dåligt eller oförnuftigt helt enkelt därför att han vet att han inte bör göra det? Känner vi inte en ständig böjelse mot bättre vetande att kränka vad som är lag endast och allenast därför att vi vet att det är lag? Det var själens oförklarliga begär att plåga sig själv, göra våld på sin egen natur, göra ont för det ondas egen skull, som drev mig att fortsätta och slutligen fullborda den oförrätt jag hade gjort mig skyldig till mot det oskyldiga djuret.

   Den svarta katten by Edgar Allan Poe
   Excerpt at Signum


■デンマーク語訳 Translation into Danish

Hvem har ikke mindst hundrede gange taget sig selv i at begå en tarvelig eller dum handling uden anden grund, end at han ved, at han skulle lade være? Er vi ikke indrettet med en evig tilbøjelighed til - stik imod bedre vidende - at gå på tværs af det, som er lov, alene fordi vi forstår, at sådan er det? Denne forvendelse, det er min påstand, forårsagede altså mit endelige fald.

   Den sorte kat by Edgar Allan Poe
   E-text at Bogbidder.dk


 Audiobook in German 1  Die schwarze Katze

下の引用箇所の朗読は 6:45 あたりから始まります。 Uploaded to YouTube by EAPoeProductions on Jun 9, 2012. Reading of the excerpt below starts around 6:45.


 Audiobook in German 2  Die schwarze Katze

下に引用する箇所は 8:50 あたりから始まります。 Uploaded to YouTube by SoundtalesProduction on 14 Feb 2012. The excerpt below starts around 8:50.


■ドイツ語訳 Translation into German

Wer hat nicht schon hundertmal eine gemeine oder dumme Handlung begangen, einzig und allein weil er wußte, daß er eigentlich nicht so handeln sollte! Haben wir nicht eine beständige Neigung, das Gesetz zu übertreten, nur weil wir eben wissen, daß es ›Gesetz‹ ist? Ich sage, dieser Geist des Eigensinns war es, der mich endgültig umwarf.

   Die schwarze Katze by Edgar Allan Poe
   E-text at Zeno.org


 Audiobook in Italian  Il gatto nero

Uploaded to YouTube by Menestrandise on Jun 9, 2012 


■イタリア語訳 Translation into Italian

Chi non ha almeno cento volte commessa un’azione sciocca o vile, per nessun altro motivo se non perché sa che non dovrebbe commetterla? Non proviamo noi una tendenza perenne, a dispetto di ogni nostra migliore saggezza, a violare ciò che è la Legge, soltanto perché la riconosciamo tale?

   Il gatto nero by Edgar Allan Poe
   E-text at L'angolo di Violetta


■ポルトガル語訳 Translation into Portuguese

Quem não se achou centenas de vezes a cometer um ato vil ou estúpido, sem outra razão senão a de saber que não devia cometê-lo ? Não temos nós uma perpétua inclinação apesar de nosso melhor bom-senso, para violar o que é a lei, pelo simples fato de compreendermos que ela é a Lei? O espírito de perversidade, repito, veio a causar, minha derrocada final.

   O Gato Preto by Edgar Allan Poe
   E-text at Scribd


■スペイン語訳 Translation into Spanish

¿Quién no se ha descubierto, cientos de veces, cometiendo acciones viles o estúpidas, sin otra razón que saber que no deben hacerse? ¿Acaso no tenemos una perpetua inclinación, estando en nuestros cabales, a violar eso que es la Ley, tan solo por ser lo que es? El espíritu de la perversidad, como digo, me trajo la última degradación.

   El Gato Negro by Edgar Allan Poe
   Biblioteca Edgar Alan Poe. Edaf, 2005-07-20
   Preview at Google Books
   E-text at Interplanetaria.com


 Audiobook in French 1  Le Chat noir

下の引用箇所の朗読は 7:08 から始まります。 Uploaded to YouTube by Poesis fr on 2 Dec 2014. Based on the translation by Charles Baudelaire. Reading of the excerpt below starts at 7:08.


 Audiobook in French 2  Le Chat noir

下の引用箇所の朗読は 8:05 から始まります。 Uploaded to YouTube by Audiolude on 25 Mar 2013. Based on the translation by Charles Baudelaire. Reading of the excerpt below starts at 8:05.


■フランス語訳 Translations into French

(F1) Chabrières, 2006
Qui ne s’est pas trouvé, une centaine de fois, en train de commettre, une action vile ou stupide, pour nulle autre raison qu’il ne devrait pas pas la commettre? N’avons-nous pas une inclination perpétuelle, dans les fondements de notre propre jugement, à violer ce qui représente la Loi, justement parce que nous la reconnaissons être telle? Cet esprit de perversité, vous dis-je, causa ma chute finale.

   Le Chat noir by Edgar Allan Poe
   Translated by Stéphane Chabrières. 2006
   E-text at the Personal Site of Stéphane Chabrières


(F2) Baudelaire, 1857
Qui ne s’est pas surpris cent fois commettant une action sotte ou vile, par la seule raison qu’il savait devoir ne pas la commettre ? N’avons-nous pas une perpétuelle inclination, malgré l’excellence de notre jugement, à violer ce qui est la Loi, simplement parce que nous comprenons que c’est la Loi ? Cet esprit de perversité, dis-je, vint causer ma déroute finale.

   Le Chat noir by Edgar Allan Poe
   Nouvelles histoires extraordinaires
   Translated by Charles Baudelaire. 1857
   E-text at Wikisource


 Audiobook 1  Tom O'Bedlam reads The Black Cat

下の引用箇所の朗読は 6:50 あたりから始まります。 Uploaded to YouTube by SpokenVerse on 27 Sep 2012. Reading of the excerpt below starts around 6:50.


 Audiobook 2  Richard Day Gore reads The Black Cat

下の引用箇所の朗読は 8:14 あたりから始まります。 Uploaded by asdesas on Nov 28, 2010. Reading of the excerpt below starts around 8:14.


 Audiobook 3 

下の引用箇所の朗読は 8:20 あたりから始まります。 Uploaded by newpoliticalvoices on Sep 30, 2010. Reading of the excerpt below starts around 8:20.


 Audiobook 4  Roy Macready reads The Black Cat

小説冒頭の部分。録音は下に引用する箇所が始まるまえに終わっています。 Uploaded by SpidersHouseAudio on Jun 3, 2009. The recording ends before the excerpt below starts.


 Dramatic reading 

下の引用箇所の朗読は 4:05 あたりから始まります。 Uploaded by Wallace Barboza on 17 Mar 2007. Reading of the excerpt below starts around 4:05.


■英語原文 The original text in English

Who has not, a hundred times, found himself committing a vile or a silly action, for no other reason than because he knows he should not? Have we not a perpetual inclination, in the teeth of our best judgment, to violate that which is Law, merely because we understand it to be such? This spirit of perverseness, I say, came to my final overthrow.

   Edgar Allan Poe "The Black Cat" 1843
   E-text at Project Gutenberg


■外部リンク External links

  • 第10回 ポーの2匹目の黒猫 新着ほんのたまご 2011/06/10
    インターネット古書店が発行するミニコミ紙「miniたま」に掲載されている、このコラムでは、小川高義訳を絶賛している。

■tomokilog 関連記事
 Related articles from tomokilog:


■更新履歴 Change log

  • 2014/12/21 もう1種類のフランス語版オーディオブックの YouTube 画面を追加しました。
  • 2013/08/25 松村達雄+繁尾久=訳 1987/12/21 を追加しました。
  • 2013/04/13 もう1種類のドイツ語版オーディオブックの YouTube 画面を追加しました。
  • 2013/03/31 つぎの4本の YouTube 画面を追加しました。
      1. 日本語オーディオブック
      2. ポーランド語オーディオブック
      3. フランス語オーディオブック
      4. トム・オベドラムによる英語原書オーディオブック
  • 2013/02/27 城昌幸=訳 1949/11/01 を追加しました。
  • 2012/09/22 森村豐+澤田卓爾=譯 1934/02/10 を追加しました。また、テレビ化作品やオーディオブック(朗読)などの YouTube 画面も追加しました。
  • 2012/08/26 ポーランド語訳とスウェーデン語訳を追加しました。
  • 2011/06/10 外部リンクの項を新設しました。
  • 2011/01/22 ハンガリー語訳を追加しました。
  • 2011/01/21 ロシア語訳、デンマーク語訳、ドイツ語訳を追加しました。
  • 2011/01/20 イタリア語訳、ポルトガル語訳、スペイン語訳を追加しました。
  • 2010/11/05 大橋吉之輔=訳 1966/12/15 を追加しました。
  • 2009/11/08 チェコ語訳を追加しました。
  • 2009/09/15 ダイジエスト・シリーズ刊行會=編著 1950/06/15 を追加しました。
  • 2009/08/25 中國語譯(繁體字)を追加しました。
  • 2009/05/28 本間久四郎=譯 1907/11 を追加しました。
  • 2009/04/26 田桐大澄=訳 1964/08 を追加しました。
  • 2008/01/27 菅泰男=訳 1961/01 を追加しました。
  • 2007/09/17 山本供平=譯 1934/09 を追加しました。
  • 2007/07/16 平塚らいてう=訳 1996/06、1911/12 と畑荷香=譯 1996/06、1907/12 を追加しました。また、饗庭篁村=譯の書誌情報を修正・補足しました。
  • 2007/06/17 谷崎精二=訳の書誌情報を補足しました。
  • 2007/03/16 高橋啓=訳 1989/08 を追加しました。
  • 2007/03/13 谷崎精二=訳 1969/10 を追加しました。
  • 2007/02/06 大庭みな子=訳 1978/09 と丸谷才一=訳 1970/07 を追加しました。また、読みやすさを考慮して、江戸川亂歩=譯 1929 のルビなしのバージョンを追加しました。
  • 2006/12/21 中国語訳(簡体字)を追加しました。
  • 2006/12/18 大岡玲=訳 1998/03 を追加しました。
  • 2006/11/24 書誌情報を修正・補足しました。
  • 2006/11/12 小川高義=訳 2006/10 と饗庭篁村=譯 1888 を追加しました。
  • 2006/07/28 内田魯庵=訳 1893 を追加し、訳例に番号を振りました。
  • 2006/06/18 八木敏雄=訳 1971 を追加し、書誌情報に Amazon.co.jp の該当ページへのリンクを張りました。
  • 2006/05/14 小泉一郎=訳 1974 と江戸川亂歩=譯 1929 を追加しました。
  • 2006/05/13 Charles Baudelaire によるフランス語訳 1857 を追加しました。
  • 2006/05/06 中小実昌=訳 1996 を追加し、訳例の配列を、旧→新から新→旧に変更しました。
  • 2006/04/28 刈田元司=訳 1966 を追加し、書誌情報を修正しました。
  • 2006/04/03 富士川義之=訳 1992 と書誌情報を追加しました。
  • 2006/02/27 松村達雄=訳 1962 と小川和夫=訳 1973 を追加しました。
  • 2006/02/15 Stephane Chabrieres によるフランス語訳 2006 と、金原瑞人=訳 2002 を追加しました。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ翻訳ブログ人気ランキング参加中

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese
(1) エドガー・アラン・「ポー」またはエドガー・アラン・「ポオ」で検索

(2) エドガー・アラン・「ポウ」で検索

■DVD

  

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Wednesday, 07 December 2005

A Christmas Carol by Charles Dickens (1) チャールズ・ディケンズ 『クリスマス・キャロル』『クリスマス・カロル』 (1)

« A Christmas Carol 2 3 4 5 6 »
« クリスマス・キャロル 2 3 4 5 6 »

        目次 Table of Contents

■Disney's クリスマス・キャロル (2009)Disney's A Christmas Carol (2009)
■中國語譯(繁體字) Translation into traditional Chinese
■日本語訳 Translations into Japanese
  (J1) 池 2006
  (J2) 清水 2003
  (J3) katokt 2003
  (J4) 脇 2001
  (J5) 伊藤 1996
  (J6) もき 1991
  (J7) 小池 1991
  (J8) 夏目 1989, 1991
  (J9) 八木田 1989
  (J10) こだま 1987
  (J11) 吉田 1977, 1986, etc.
  (J12) 光吉 1976
  (J13) 中川 1975, 1991 
  (J14) 神山 1969
  (J15) 皆河 1961
  (J16) 北川 1955
  (J17) 原島 1954
  (J18) 村岡 1952
  (J19) 安藤 1950, 1966, etc.
  (J20) 村山 1950
  (J21) 山本 1948
  (J22) 田中 1948
  (J23) 森田 1929, 2002, etc.
  (J24) 幡谷 1925
  (J25) 中島 1920
  (J26) 矢口 1915
  (J27) 紅薔薇 1911
  (J28) 淺野 1902
■挿絵 An Illustration
■更新履歴 Change log


■『Disney's クリスマス・キャロル』(日本公開 2009-11-14)予告編
 Disney's A Christmas Carol (2009) - Trailer

Disney's A Christmas Carol - Official Website
ディズニー『クリスマス・キャロル』公式サイト
A Christmas Carol (2009) - IMDb


■中國語譯(繁體字) Translation into traditional Chinese

 「別生氣了,舅舅。」外甥說。
 「叫我怎麼能不生氣?」施顧己反駁道:「誰讓我生在這麼一個充滿蠢人的世界?聖誕快樂!我呸你個聖誕快樂!聖誕節對你有什麼意義?這個時候一到你只會發現自己又得付帳卻口袋空空;發現自己又老了一歲,卻從來沒有多賺一點錢;發現該結帳了,帳本裡整整十二個月的帳目卻條條都是負債。要我說呀,」施顧己憤憤地說:「那些不時把『聖誕快樂』掛在嘴邊的笨蛋,都應該和他們的布丁一起丟到鍋子裡頭煮,再在他們的心口插一支冬青木然後埋掉。就該這樣!」

   聖誕頌歌 A Christmas Carol 中/英對照
   作者: 狄更斯 Charles Dickens 譯者: 顏湘如
   臺灣商務印書館股份有限公司 2012/12/01
   Preview at:
   * 誠品網路書店 (eslite.com)
   * 博客來 (books.com.tw)


■日本語訳 Translations into Japanese

(J1) 池 2006
「そう、つんけんしないでくださいよ、伯父さん」
「ほかにどうしろっていうんだ?」スクル-ジは突っかかった。「この馬鹿馬鹿しい世の中で。クリスマスおめでとうだ? クリスマスなんぞ願い下げにしてもらいたい。お前のために、クリスマスはどういう時期だ? 金もないのに溜まった付けを払わされて、一つ年を取って、これっぱかりも豊かにはなりゃあしない。帳簿を締めてみれば、ほとんど何もかも、一年中、取りっぱぐれだろうが。俺に言わせればだな……」スクルージは息巻いた。「クリスマスおめでとうなんどと戯(たわ)けたことを口にする脳足りんは、どいつもこいつも、プディングとごった煮にして、心臓にヒイラギの杭を打ち込んで埋めてやりゃあいいんだ。ああ、そうだとも!」

   チャールズ・ディケンズ=著 池央耿(いけ・ひろあき)=訳
   『クリスマス・キャロル』 光文社古典新訳文庫 2006/11


(J2) 清水 2003
「怒(おこ)らないでください、おじさん!」
「怒(おこ)らずにいられるか。こんなばか者ばかりの世の中にいて! クリスマスおめでとうだと! クリスマスおめでとうなど、消えてなくなればいい! クリスマスはおまえにとってどういう時期だ? 金もないのに、勘定(かんじょう)をはらわねばならん時期じゃないか。歳(とし)は一年分とったのに、金は一時間分も増(ふ)えてやしないと気づかされる時期だぞ。帳簿(ちょうぼ)の決算(けっさん)をすれば、まる十二か月の間、どの項目(こうもく)も損(そん)ばかりしていたのがわかる時期だ。わしの思いどおりになるんなら、『クリスマスおめでとう』などと言って歩くばか者どもを、ひとり残(のこ)らずプディングといっしょに煮(に)て、心臓(しんぞう)にヒイラギのくいをうちこんで埋(う)めてやるわ。そうだとも!」
 スクルージは、ぷりぷり怒(おこ)りながら言った。

   ディケンズ=作 清水奈緒子(しみず・なおこ)=訳
   『クリスマス・キャロル』 ポプラ社文庫 2003/10       


(J3) katokt 2003
「そう怒らないでくださいよ、おじさん」
「そうする以外にどうしようがある。こんなばかどもがうようよしている世の中なんだぞ? メリークリスマスだって! 言うに事欠いてメリークリスマスとは! クリスマスなんてものは金もないのに勘定をしなきゃならんときじゃないか。また一年歳はとるがすこしばかりだって金持ちになってないのを確認するときじゃないか、帳簿をしめて、そのどの項目をみても一年どの月でも赤字だったことを知るときじゃないか。もしわしの思い通りになるなら」スクルージはぷんぷんに怒って言いました。「『メリークリスマス』なんてぬかす頭のたりない間抜けどもは、お祝いのプディングなんかと一緒に煮詰めてやって、心臓にヒイラギの棒でもつきさして埋葬してやりゃいいんだ。うん、そうするべきだ」

   チャールズ・ディケンズ=著
   katokt (katoukui@yahoo.co.jp) =訳
   『クリスマスキャロル 翻訳 1.00版』 2003


(J4) 脇 2001
「まあ、そうぴりぴりしないで、おじさん!」と、甥が言いました。
「これがぴりぴりせずにおれるか」と、スクルージは言い返しました。「どいつもこいつも阿呆ばかりの世の中じゃというに! クリスマスおめでとうじゃと! おめでとうが聞いてあきれる! クリスマスには請求書が来て、金があろうとなかろうと払わねばならん。気がついてみると、一年分歳を取ったというのに、ただの一時間分も金持ちにはなっておらん。収支決算をしようものなら、十二か月例外なく、ありとあらゆる項目で、損ばっかりしておるのが明らかになる。もしも、わしの思いどおりになるんだったら」と、スクルージはいきりたちました。「『クリスマスおめでとう』などとほざいてまわる馬鹿者どもは、プディングといっしょに袋に詰めてゆでてやるわい。それから、杭がわりにヒイラギの枝を心臓に打ちこんで、埋めてやるんじゃ。そうじゃとも!」

   ディケンズ=作 脇明子=訳
   『クリスマス・キャロル』 岩波少年文庫 2001/12


(J5) 伊藤 1996
「怒(おこ)らないでくださいナ、伯父さん!」
甥は言った。
「怒らずにおれるものか」「こんな馬鹿もの揃(ぞろ)いの世の中に住んでいる時に。クリスマスおめでとうだって! クリスマスおめでとうなんて、まっぴらだ! クリスマスの季節は、おまえにとって、一体、どういう時かね? 金もないのに、勘定書を払う時じゃないか。ひとつだけ年はとっても、一時間だって、金持ちになれない時じゃないか。おまえの帳簿を清算して、まる一年間、その中のどの項目も、おまえにとって、まる損だと分かる時じゃないか」
「わしの思い通りになるのだったら」とスクルージは憤然(ふんぜん)と言った。
「クリスマスおめでとうと言って歩き回る馬鹿ものは、めいめいの食らうプディングと一緒に煮(に)こんで、心臓に柊(ひいらぎ)の杭(くい)を突きさして、埋めてやるべきだ*。そうしてやるべきだ!」
* 訳注:昔イギリスにおいては、自殺者は死体に柊の杭を突きさされて、十字路に埋められる習慣があった。一八二三年廃止。

   チャールズ・ディケンズ=著 伊藤廣里(いとう・ひろさと)=訳
   『クリスマス・キャロル』 近代文芸社 1996/12


(J6) もき 1991
「怒っちゃいけませんよ、おじさん」
「ほかになにができる? この世の中はばかものぞろいだ。クリスマスおめでとうだと! へっ、おめでとうもなにもあるものか。クリスマスってのはな、金もないのに勘定を払うときだぞ。ひとつ年をとったからって、その1時間分も金が増えるわけじゃないことを知る時期だ。会計簿の帳尻(ちょうじり)をあわせてみて、1年12か月の収支が、どの項目をとっても、どんづまりになっているのがわかるときだ。もしわしの思いどおりになるなら」と、スクルージは鼻息を荒くしていった。「クリスマスおめでとうなどとぬかすやつらを、お祝い用のプディングといっしょに蒸して、飾りに使うヒイラギのくいで心臓をひとさしにしてくれる。それがやつらには似合いだよ」

   チャールズ・ディケンズ=作 もき かずこ(本名: 本城和子, 1949-)=訳
   ロベルト・インノチェンティ Roberto Innocenti (1940-) =絵
   『クリスマス・キャロル』 西村書店 1991/12/25


(J7) 小池 1991
「おじさん、怒っちゃいけませんよ」
「怒らずにいられるかってんだ! こんな大馬鹿者ぞろいの世の中に住んでるんじゃ。クリスマスおめでとう、だと! クリスマスおめでとうなんて、くそっ喰らえ! クリスマスってなあ、金もねえのに勘定を払わにゃならん時節、それだけのこった。一つ年をとって、一文も金が増えねえ時節、帳簿をしめて、一年十二カ月赤字だらけだとわかる時節、それだけのこった。もし、このおれが好きなようにできるんだったら、『クリスマスおめでとう』なんてほざく馬鹿ったれ野郎は、一人残らずプディングと一緒に釜茹でにしてやる。心臓にトゲトゲのひいらぎの枝を突き刺して埋めてやる」

   チャールズ・ディケンズ=著 小池滋=訳 「クリスマス・キャロル」
   『クリスマス・ブックス』 ちくま文庫 1991/12/04 所収


(J8) 夏目 1989, 1991
「おこらないでくださいよ、おじさん。」甥は言った。
「これがおこらずにいられるかね。こんな、ばか者だらけの世の中に住んでいるというのに、メリー・クリスマスだと? メリー・クリスマスなど、くそくらえだ。クリスマスなんて、おまえにとっちゃ、金もないのに勘定を払うときにすぎんじゃないか。気がついてみりゃ、年だけ一つふえ、一時間も金持ちになっておらん。帳簿をしめてみると、一年間の帳尻は、どの項目も赤字になっているときじゃないか。もし、わしの思いどおりになるものなら、“メリー・クリスマス”などとほざいているばか者は、ひとり残らずクリスマス・プディング*といっしょに煮こんで、心臓にヒイラギの枝をつきさして、地面に埋めてやるわ。そうしてやるとも。」
* 訳注:クリスマスに、小麦粉、卵、干しブドウなどで作る菓子。

   ディケンズ=作 夏目道子=訳 浜田洋子=絵
   8a.クリスマス・キャロル』 フォア文庫 金の星社 1991/11
   8b.クリスマス・キャロル』 世界の名作ライブラリー7 金の星社 1989/12
   引用は 8b. に拠りました。


(J9) 八木田 1989
「ごきげんをなおしてくださいよ、おじさん。」と、おい。
「ごきげんでいられるかい。」と、おじさんは答えました。
「こんな、ばかものだらけの世の中に、住んでいるというのに? クリスマス、おめでとう、だと! クリスマスおめでとうなんぞ、くたばっちまえ! クリスマスっていうのはな、金もないのにかんじょうを払(はら)う時なんだぞ。一歳(さい)としを取り、それでいて、一時間だって金持ちにはなれない時なんだぞ。帳簿(ちょうぼ)の決算(けっさん)をし、十二か月のあいだなんのもうけもなかったことがわかる時なんだぞ、え? わしが自分の好(す)きなようにできるならな、『クリスマス、おめでとう。』なんていって歩く者はみんな、プディングといっしょに煮(に)こんでまって、心臓(しんぞう)にヒイラギの枝(えだ)をさして墓(はか)にうめっちまうよ。そうするともさ!」

   チャールズ・ディケンズ=作 八木田宜子(やぎた・よしこ)=訳
   『クリスマス・キャロル』 少年少女世界名作の森2
   集英社 1989/11


(J10) こだま 1987
「おこらないでくださいよ、おじさん。」
「これがおこらずにいられるか! こんなあほうどもばかり住んでいる世の中にいるんだぞ。なにがクリスマスおめでとうだ! クリスマスおめでとうがきいてあきれる! クリスマスってのは、金もないのに勘定をはらわなきゃならんときじゃないのかい? ひとつ年をとるだけで、一時間分も金がもうかるわけでもなし。帳簿を調べてみれば、一年を通じてどの項目も赤字つづき……。もし、思うようにやらせてもらえるんだったらな、」スクルージはもうかんかんにおこっていました。「いいか、クリスマスおめでとうなんて、ひとことでもほざいたあほうどもは、ひとりのこらず、そいつのうちでこしらえるクリスマスプディングといっしょに、グツグツ煮こんでしまえ! それから、心臓にひいらぎの枝をさして地面にうめちまえ! ぜったいそうしてやるからな!」

   チャールズ・ディケンズ=作 こだまともこ=訳 『クリスマス キャロル
   少年少女世界文学館7 講談社 1987/11


(J11) 吉田 1977, 1986, etc.
「そんなにつむじまがりをいわないでくださいよ、おじさん。」と甥はいいました。
「こんなばかものぞろいの世の中に住んでいて、ほかにどうしろっていうんだ?」おじはいいました。「クリスマスおめでとうだと! なにがおめでとうだ! おまえにとってクリスマスがどういうときだと思ってるんだ? 金もないのにかんじょうをはらわなきゃならん。歳は一年とるけど、金持にゃ一時間もなりゃあしない。帳簿の清算をしてみりゃ、一年十二か月つうじてなにもかももうけどころか損ばかり。わしの思いどおりになるもんなら、<クリスマスおめでとう>なんてほざきまわるばかものは、ひとり残らずプディングといっしょに煮て、心臓にひいらぎの枝をつきさして埋めてやるぞ(むかし殺人を犯した罪人は、心臓に棒をつきたてられ、道路の四つかどに埋められた)。ぜったい、そうしてやる!」

   チャ-ルズ・ディケンズ=作 吉田新一=訳
   11a. クリスマス・キャロル』 世界の名作全集 国土社 1995/06
   11b. リスベート・ツヴェルガー=絵 Illustrated by Lisbeth Zwerger
       『クリスマス・キャロル』 太平社 1989/11
   11c. 『クリスマス・キャロル』 大活字本シリーズ 埼玉福祉会 1986/04
   11d.クリスマス・キャロル』 国土社版世界の名作2 1977/11
   引用は 11b. に拠りました。


(J12) 光吉 1976
「そんなにプリプリするもんじゃありませんよ、おじさん。」
「プリプリせずにいられるかい。こんなばかものばかりの世の中にいて……。クリスマスおめでとうだって? なにがおめでとうだ。おまえさんたちにとっちゃ、クリスマスがどんなときだと思うんだ。金もないのに、かんじょうははらわなきゃならんし、年はとっても、一時間だって金持ちになるわけじゃなし、一年十二ヵ月の差し引きかんじょうをしてみりゃ、なにもかも損ばかりというときじゃないか。わしの思いどおりになるものなら、クリスマスおめでとう、なんていってまわるばかものどもは、ひとりのこらず、プディングといっしょににてしまい、心臓にヒイラギのえだをつきさして、うずめてやるんだが。ああ、そうしてやるとも。」

   ディケンズ=作 光吉夏弥(みつよし・なつや)=訳
   『クリスマス・カロル』 玉川大学出版部 1976/12


(J13) 中川 1975, 1991 
「そう怒らないでくださいよ、叔父さん」と甥が言った。
「怒らずにいられるものか」と叔父はやり返した。「こんな馬鹿(ばか)ぞろいの世の中に住んでいるんだからな。クリスマスおめでとうだと! クリスマスおめでとうなんて、まっぴらご免だ! クリスマスなんか、おまえにとっては、金もないのに支払いをしなくてはいけない時期でしかないじゃないか。一つ年をとって、そのくせ一時間だってとくをしないことがわかる時期、帳簿を決算し、一年じゅうを通してどこを見ても損ばかりなのがわかる時期じゃないか。もしもわたしが自分の思うとおりにやれるのだったら」スクルージはいかにも腹立たしそうに言った。「クリスマスおめでとうなどと言い歩いている愚か者はみんな、そいつらのプディングと一緒に煮こんで、心臓にひいらぎの枝*をつき立てて埋めてやるんだが。そうしてやるところなんだ!」
* 訳注:クリスマスのプディングの上にはひいらぎの枝がさしてある。

   ディケンズ=著 中川敏(なかがわ・さとし)=訳
   13a.クリスマス・キャロル』 集英社文庫 1991/11
   13b. 「クリスマス・キャロル」 『愛蔵版 世界文学全集15』 集英社 1975/10 所収
   引用は 13a. に拠りました。


(J14) 神山 1969
「まあおじさん、そう機嫌を悪くなさらないでください」と甥(おい)は言った。
「ほかに何ができるというのかね」とスクルージはやりかえした。「こんな馬鹿者ぞろいの世の中で生きてゆかなきゃならないというのに! クリスマスおめでとうだって! クリスマスおめでとうだなんてまったくけしからん! おまえにとってクリスマスとはいったい何だというのかね? 金もないのに勘定を払わなければならないし、一つ年をとりこそすれ、一時間だって余分に金がはいるわけじゃない。また帳簿の清算をしてそのうちのどの項目をつついてみても一年を通じて大損ということがわかる季節というだけじゃないか。おれの思い通りになるとすれば」とスクルージは憤然として言った。「クリスマスおめでとうなんて言ってまわる馬鹿者は一人のこらずプディング*といっしょに火にかけて、胸にひいらぎの枝をつきさして埋葬してやる**。本当にそうすべきだ」
* 訳注:英国のクリスマスのご馳走のひとつ。干葡萄(ぶどう)やオレンジの皮などや砂糖漬のさくらんぼやアーモンドのみじんぎりなどをいっぱいいれたプラム・プディングで出すときにはこの上にひいらぎの小枝をさしブランデーを注いで、それに火をつけ、青い焔(ほのお)をたのしむ。
** 訳注:昔、自殺者は体にひいらぎの棒をつきさして、十字路に埋める習慣があっ
た。

   ディケンズ=著 神山妙子=訳 『クリスマス・カロル』 旺文社文庫 1969


(J15) 皆河 1961
「そうおこらないでください、伯父さん!」甥はいった。
「これがおこらずにいられるか?」伯父は答えた。「こんなあほうどもばかりの世の中に生きていたら。クリスマスおめでとうだって! クリスマスおめでとうもへちまもあるか! クリスマスが、おまえにとってどういう時だというのだ? 金もないのに、勘定書をはらう時にすぎないじゃないか。一年だけ年はとっても、一時間分も金持ちにはなっていない時じゃないか。帳簿を締めてみて、まる十二か月間、その中のどの項目も、まるまる損をしていることがわかる時じゃないか。このわしの思いのままになるのだったら」スクルージはかんかになっていった。「『クリスマスおめでとう』などといって歩くたわけ者は、ひとり残らず、めいめいの食べるプディングといっしょくたに煮て、心臓にヒイラギの棒を突き刺してやるんだがな(昔英国では、自殺者はからだに棒を突き刺されて、十字路に埋められた。ヒイラギはクリスマス・プディングに埋めて飾られた)。そうしてやるとも!」

   ディケンズ=作 皆河宗一=訳 「クリスマス・キャロル」
   『世界文学全集6』 河出書房新社 1961 所収


(J16) 北川 1955
「(……)おじさんのようなお金持(かねも)ちが、ぷりぷりすることはないじゃありませんか。」
「ばかばかしい。きげんよくなんてしていられるか。おまえのようなばかものが、うようよしている世(よ)の中(なか)に。――クリスマスっていったいなんだい。金(かね)もないのにかんじょうをはらう日(ひ)じゃないか。一つよけいに年(とし)をとりながら、一つだってよけいな金(かね)もうけもないときじゃないか。――おれにできることだったら、おめでとうなんていってあるいているやつらを、みんなひいらぎの葉(は)でつきさして、土(つち)の中(なか)にうめてやりたいくらいだ。」

   ディケンズ=原作 北川千代(きたがわ・ちよ)=著(再話)
   『クリスマス・カロル』 世界名作全集120
   大日本雄弁会講談社 1955/11


(J17) 原島 1954
「まあ、おじさん、おこらないでくださいよよ。」と、甥は言いました。
「これがおこらずにいられるものか。」と、おじさんは言いかえして、
「こんなばかな人間どもがうようよしている世の中に住んでいるんだからなあ。クリスマスおめでとうだって! おめでたいクリスマスなんか、くそくらえだ。おまえにとって、クリスマスとは、どんな時なのかね? 金もないのに勘定をはらう時じゃないか。一時間、これまでよりも金持になるわけでもないのに、年だけは一つ多くなったのに気がつく時じゃないか。それから帳簿の決算をやってみると、十二か月のどの項目も、みんな損ばかりしていたのがわかる時じゃないか。もし、わしの思いどおりになるものなら、」と、スクルージはいきまいて、「《クリスマスおめでとう》なんて言って歩くばかどもは、菓子のプディングといっしょに煮て、心臓にはひいらぎの枝をつきさして、うずめてやるんだが。そうしてやるともさ。」

   ディケンズ=作 原島善衛(はらしま・よしもり)=訳
   「クリスマス・キャロル」
   『世界少年少女文学全集6 イギリス編4』 創元社 1954/05 所収
   ルビは省略しました。


(J18) 村岡 1952
「伯父さん、そうぷりぷりするんじゃありませんよ」と甥が言った。
「ぷりぷりせずにいられるかい」と伯父がやり返した。
「こんなばかものばかりの世の中にいてさ、クリスマスおめでとうだとよ。クリスマスおめでとうはやめてくれ! お前なんかにとっては、クリスマスはな、金もありもしないのに勘定書が来る季節じゃないか。年こそ一つふえるけれど、その一時間分だって金がふえるわけじゃないじゃないか。帳簿を全部引合わせたところで、十二カ月のどこをどう押しても損ばっかりだということがはっきり分る時じゃないか。俺の思う通りになるんだったら」とスクルージはますます憤然として、「おれの思う通りになるんだったら、クリスマスおめでとうなんて寝言を並べるのろまどもは、そいつらの家でこしらえてるプディングの中へ一緒に煮込んで、心臓にひいらぎの枝をぶっとおして、地面の中へ埋めちまいたいよ。ぜひともそうしてやりたいよ」

   ディケンズ=作 村岡花子=訳 『クリスマス・カロル』 新潮文庫 1952/11


(J19) 安藤 1950, 1966, etc.
「まあ、叔父さん、怒らないでください」と甥が言った。
「こんなばかどもの多い世の中に生きていたら、怒らんわけにはいかんじゃないか! クリスマスおめでとうだって! クリスマスおめでとうも糞(くそ)もあるもんか! クリスマスはお前にどういう時かね? 金もないのに、勘定を払わなければならん時じゃないか。一つ年をとるということを知るだけで、一時間だって別に金持ちになることはない時じゃないか。また、帳簿の清算をして、その中のどの項目もまる損だということが十二か月の総締でわかる時じゃないか。そうだろう?」ここでスクルージはぷんぷんおこった調子になって、「もしわしが自分の思うとおりにできるのだったら、クリスマスおめでとう(#原文は太字でなく傍点)、などとほざいて歩きまわるばか者どもは残らず、ご馳走のプディングといっしょに煮てしまい、そいつの心臓にヒイラギの枝*を突きさして埋めてやるぞ。それでちょうどいいんだ!」
* 訳注:クリスマスのプラム・プディングは、上にヒイラギの葉がのせてある。

   ディケンズ=著 安藤一郎=訳
   19a.クリスマス・カロル』 角川文庫 新版 1966/07
   19b. クリスマス・カロル』 角川文庫 1950/12
   引用は 19a. に拠りました。


(J20) 村山 1950
「おおこりにならないでくださいよ、おじさん!」おいはいいました。
「これがおこらずにいられるか!」おじは答えました。「こんなばかものばかりの世の中にいて。クリスマスおめでとうだと! クリスマスおめでとうなんか、消えてなくなれだ! おまえにとって、クリスマスがどんな時だと思うんだ? 金もないのに、勘定のしめくくりをしなければならない時じゃないか。ただの一時間、金持ちになるわけでもないのに、歳だけは一つよけいにとらなきゃならない時じゃないか。貸し借りのさしひき勘定をやってみて、一年十二か月の間、どの項目もみんなそんばかりしていたのが、わかる時じゃないか。このわしの思いどおりになるもんなら、」スクルージはぷりぷりしながらいいました。「『クリスマスおめでとう』なんていって歩くばかどもを、みんな、やつらのプディングといっしょに煮殺して、心臓にヒイラギの枝*をつきさして、うずめてやるぞ。そうしてやるとも。」
* 訳注:イギリスで自殺者は、そのからだに棒ぎえをつきさして、こらしめのため、四つ辻に埋められることになっていた。おまえらのようなばかどもも、こういうふうにさらしものにしてやるぞの意。十九世紀にはいって禁止された。

   ディケンズ=著 村山英太郎=訳
   『クリスマス・キャロル』 岩波少年文庫 1950


(J21) 山本 1948
「伯父さん、そんなにむくれることはありませんよ、」と甥は言いました。
「ほかにしようがないじゃないか、」と伯父は言いかえしました、「こんな馬鹿者ぞろいの世の中に生きていたんじゃ。クリスマスおめでとうだと! クリスマスおめでとうくそくらえだ! クリスマス時といえば、お前らにとっては、ほかでもない、かねがないのに勘定をはらわねばならぬ時じゃないか、一つ年をとったが一時間分も金が殘らなかったことに氣がつく時じゃないか、帳簿の差引勘定をしてみて、丸一年十二ヵ月のどの月の分をしめてみてもみんな赤字になっているという時じゃないか? もしおれの思い通りにすることができれば、」とスクルージは腹立たしげに言いました、「クリスマスお目出度うなんて言ってまわる馬鹿野郎共はどいつもこいつも、そいつのプリンの中に煮込んじゃつて、心臓にひいらぎの串をさしとおしてうめてやるんだ。やるんだとも!」

   ディケンズ=作 山本政喜(やまもと・まさき)=訳
   ひじかたしげみ(本名:土方重巳)=絵
   『クリスマス・カロル』 季節社 1948/11


(J22) 田中 1948
「そんなに、むかっぱらを立てないで下さいよ、おじさん。」
「これがむかっぱらを立てずにいられるもんか。どっちを見ても、ばかとあほうのより集りじゃなないか。クリスマスおめでとうなんて、くそくらえだ! お前たちにとってクリスマスというのは、あちらこちらから勘定書を持って來られて、しかも拂う金はないという四苦八苦の時じゃないか。一つ年はとっても、金廻りの方はさっぱりよくならないという情ない時じゃないか。わしの思うまゝになるものなら、クリスマスおめでとうなんて言って廻るばか者どもは、そいつらの食うプディングといっしょに煮て、ひゝらぎの枝を胸に突きさして地の中に埋めてやりたいよ。

   ディケンズ=著 田中俊夫=訳
   『クリスマス・カロル〜スクルージと四人の幽霊〜』 小石川書房 1948/09


(J23) 森田 1929, 2002, etc.
「伯父さん、そうぷりぷりしなさんな」と、甥は云った。
「ぷりぷりせずにいられるかい」と、伯父は云い返した、「こんな馬鹿者どもの世の中にいては。聖降誕祭お目出とうだって! 聖降誕祭お目出とうがちゃんちゃら可笑しいわい! お前にとっちゃ聖降誕祭の時は一体何だ! 金子もないのに勘定書を払う時じゃないか。一つ余計に年を取りながら、一つだって余計に金持にはなれない時じゃないか。お前の帳面の決算をして、その中のどの口座を見ても丸一年の間ずっと損にばかりなっていることを知る時じゃないか。俺の思う通りにすることが出来れば」と、スクルージは憤然として云った、「聖降誕祭お目出とうなどと云って廻っている鈍児(どじ)どもはどいつもこいつもそいつのプディングの中へ一緒に煮込んで、心臓に柊(ひいらぎ)の棒を突き通して、地面に埋めてやるんだよ。是非そうしてやるとも!」

   ディツケンス=著 森田草平=訳
   23a. E-text 『クリスマス・カロル(舊字舊假名版)』
      (通常電子テキストハイパー・マルチメディア版
      電子化:2004/12/25 松岡光治。底本は 23c.
      ディケンズ・フェロウシップ日本支部サイト内の 作品の翻訳
      というページから、リンクが張られている。
   23b. E-text 『クリスマス・カロル
      青空文庫 2002/12/22 作成
      入力:大久保ゆう、校正:松永正敏。底本は 23c.
      ただし、旧字、旧仮名の表記は、あらためられている。
      疑問点については、1938/02/05 の改版13刷が参照されている由。
   23c.クリスマス・カロル』 岩波文庫 1929/04(昭和4)
   引用は 23c. に拠りました。 


(J24) 幡谷 1925
『さう旋毛(つむじ)を曲げるもんぢやありませんよ、叔父さん』と、甥は言つた。
『旋毛(つむじ)を曲げずにゐられるものか、お前のやうな阿呆者のゐる世の中に? クリスマスお芽出度うだつて! 何がお芽出度うだ! クリスマスの時節はお前等は勘定を催促される、拂ふ金は無しといふ時ぢやないか。年は拾つても、懷は唯の一時間でも暖まることのない時ぢや。帖簿の貸借を差引勘定して見りや、丸一年の賣上高は、すつかり帖消しにされちやつて、殘るのは借ばかりといふ時ぢやないか? 俺の自由になるもんなら』と、スクルーヂは怒氣滿々で、「お前みたやうにクリスマスおめでたう」なんて言つて步く馬鹿者はプッディングと一緒に雜煮にして、柊の枝を胸に突通して埋めてやらなけりや氣が澄まねえぞ吃度さうしてやる!柊と言ひ返した。』

   ディケンズ=著 幡谷正雄(はたや・まさお)=譯註
   『クリスマス・カロル』 嶺光社(れいこうしゃ) 1925/04/10(大正14)
   国立国会図書館デジタル化資料
   節・通・返の旧字はそれぞれ新字で置き換えました。


(J25) 中島 1920
「小父さん、そんなに怒るもんぢやありませんよ。」と甥が言ひました。
「怒らねえで居られるか?」とスクルージは甥の顏を睨めつけて言ひました。「こんな馬鹿者ばかりの中に居て、怒らねえで居られるか?お芽出度う!とは何だ。え何がお芽出度うだ!これ、クリスマスといふのは、全體貴樣なんぞには何ういふ時だ!掛取が來ても拂ふ金はなし、年は拾つても相變らずの素漢貧で、一年三百六十五日の差引勘定をすりやア、殘るのは借ばかりといふ時ぢやないか?俺の自由になるもんなら、」と腹が立つて堪らないといふやうに「貴樣みたやうに『お芽出度う』なんて言つて步く馬鹿者は、雜煮の中へ叩き込んで、柊の枝へ突通して、埋めてやらなきやア氣が濟まねえ!是非然うしてやるんだ!」

   ディッケンス=作 中島孤島(なかじま・ことう)=譯
   『世界少年文學名作集 13 クリスマス・カロル
   家庭讀物刊行會 定價 金貳圓五拾錢 1920/08/31(大正9)
   国立国会図書館デジタル化資料
   漢・者・煮・込・柊・突・通の旧字はそれぞれ新字で置き換えました。
   原文は総ルビですが、ここでは省略しました。


(J26) 矢口 1915
 『さうつむじを曲げちやいけませんよ、伯父さん!」甥は言つた。
 『曲げずに居られるもんか、」伯父は答へた、『こんな阿呆共の世の中に住んで居るんだもの、クリスマスお芽出度うだつて!クリスマスお芽出度いもないもんだ、あほらしい!クリスマスの時節つてのは、おまへなんかには金は取られる、金はなしといふ時に過ぎんぢやないか、一年お齢が殖えてござつて一時も金はお殖えにならぬといふ時ぢやないか、帳簿を計算して見りや、まる十二ケ月の賣上高がすつかり帳消されてるといふ時ぢやないか?世の中が俺の勝手になるなら、」伯父は怒気滿々『「クリスマスおめでたう、」なんてほざいて步く馬鹿者共をプデイングと一しよに雜煮にして、ひらぎを胸へ突き入れて埋めてやるのだがなあ。やつたともさ!」

   ヂィケンス=作 矢口達(やぐち・たつ)=譯 『クリスマス・カロル
   薔薇叢書 5 植竹書院 定價五十錢 1915/04/22(大正4)
   国立国会図書館デジタル化資料
   節・突・達の旧字はそれぞれ新字で置き換えました。
   原文は総ルビですが、ここでは省略しました。


(J27) 紅薔薇 1911
 『叔父(おぢ)さん、那樣(そんな)に頑固(かたゐぢ)ではいけませんよ」。と甥(おひ)がいつた。
 『ふン、こんな馬鹿者(ばかもの)ばかり住(す)んでゐる世(よ)の中(なか)に、頑固(かたゐぢ)でなくて何(なん)とする。降誕祭(クリスマス)おめでたうだなんて煩(うる)さいや。降誕祭(クリスマス)が汝(おまへ)に何(ど)うして芽出(めで)たいんだ、汝(おまへ)などは一文無(もんな)しに借金拂(しやくきんばらい)を爲(し)なけりやならん時(とき)ぢや。一ツ年(とし)が殖(ふ)えるばかりで些(ちつ)とも金(かね)が殖(ふ)えない時(とき)ぢやないか、汝(おまへ)の帳面(ちやうめん)を見ろ、一年中(ねいぢう)の總勘定(さうかんぢやう)が出(で)ばかりで、差引(さしひき)皆無(かいむ)の事(こと)が分(わか)る時ぢや。」と尚(なほ)も腹立(はらだ)たしさうに『乃公(おれ)の勝手(かつて)になるなら口先(くちさき)でお芽出度(めでた)いなどゝ言ふ奴(やつ)を雜煮(ざうに)と一緒(しよ)に煮込(にこ)んで、其奴(そいつ)の心臓(しんざう)を柊(ひゝらぎ)で打通(ぶつとほ)して土埋(つちうめ)にして遣(や)りたいのだ。屹度(きつと)左樣(さう)して遣るのだ………』。

   ヂッケンス=著 紅薔薇(べにばら)=譯註 『新譯 クリスマスカロル
   富田文陽堂 定價五十錢 1911/11/10(明治44)
   国立国会図書館デジタル化資料
   尚・煮・込・遣の旧字はそれぞれ新字で置き換えました。


(J28) 淺野 1902
「さうプン/\憤怒(おこ)ッちや困ります、伯父さん」
「憤怒(おこ)らねえで居られるものか、貴樣見たやうな大馬鹿者が多い時世(ときよ)に憤怒(おこ)らねえで居られるものかい、今日(こんにち)はお目出度(めでたう)だ……笑はせやがる、聞いて呆れるワィ、クリスマスが何が目出度ものか、貴樣などに取つちや、クリスマスといふ時節は、勘定は催促される、金は無しといふ時節ぢやねいか、年齡(とし)ばかりは一ツ殖(ふ)えても、懷(ふところ)は一文も殖(ふ)えず、帳簿を出して計算して見りや、一年三百六十五日の賣高(うりたか)が、悉皆(しつかい)水泡(あぶく)のやうに消えて仕舞ふ時節ぢやねいかよ、アーア、若しも浮世が乃公(おれ)の勝手に出來るものなら」と酢九郎次は一層怒氣を含んで「若しも浮世が乃公(おれ)の勝手に出來るものならば貴樣見たやうな奴輩(やつぱら)は雜煮(ざうに)の中へ叩き込んで、散々煮た上で、ゴマメの串かなんぞを胸の直中(まんなか)にグッと突込(つきこ)んで、地面の底に埋めてやる所なのだ、是非やる所なのだ」

   チヤールス、デツケンス=著 淺野和三郎=譯
   『クリスマス、カロル』 大日本圖書 定價金四拾錢 1902/04(明治35)


■挿絵 An Illustration

Marleys_ghost
Marley's Ghost
A Christmas Carol by Charles Dickens, 1843 first edition
Illustrated by John Leech
Image source: University of Birmingham, Special Collections


■更新履歴 Change log

次の記事「A Christmas Carol by Charles Dickens (2)」をご参照ください。


 

« A Christmas Carol 2 3 4 5 6 »
« クリスマス・キャロル 2 3 4 5 6 »

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ翻訳ブログ人気ランキング参加中

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■DVD

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese
(1) クリスマス・「キャロル」表記のもの

(2) クリスマス・「カロル」表記のもの

  

| | Comments (3) | TrackBack (0)

The Story of My Life by Helen Keller へレン・ケラー 『奇跡の人 ヘレン・ケラー自伝』 『ヘレン・ケラ−自伝—私の青春時代』 『わたしの生涯』

          目次 Table of Contents

 I. ニュースとドキュメンタリー News & Documentaries
    Video 1  お宝映像! ヘレンとアニー (1930) Rare! Helen & Annie (1930)
    Video 2  ヘレン・ケラー 輝ける魂 (2005) Shining Soul (2005)
    Video 3  The Unconquered (1954)
    Video 4  世の人々へ (1919) Deliverance (1919)

 II. 舞台化作品——戯曲/演劇 Stage adaptation
    Video 5  舞台『奇跡の人』 NY (2010) The Miracle Worker (2010) on Broadway
   ■ウィリアム・ギブソンによる戯曲『奇跡の人』の日本語訳
     Japanese translation of the play "The Miracle Worker" by William Gibson
   ■戯曲の英語原文 The original text of "The Miralcle Worker," a stage play

 III. 映像化作品——映画とテレビ Film & Television adaptations
    Video 6  TV 奇跡の人 (2000) The Miracle Worker (2000)
    Video 7  TV 奇跡の翌日 (1998) Monday After the Miracle (1998)
    Video 8  アニメ ヘレン・ケラー (1996) Helen Keller (1996) Animation
    Video 9  TV 奇跡の人 (1979) The Miracle Worker (1979)
    Video 10  映画 奇跡の人 (1962) The Miracle Worker (1962)
    Image Gallery  奇跡の人 (1962) DVD The Miracle Worker (1962) DVD

 IV. 原作——ヘレン・ケラー自伝 The original book by Helen Keller
   ■ヘレン・ケラー自伝の日本語訳 Japanese translations of Helen's autobiography
     (1) 小倉 2004
     (2) 白紗 2003
     (3) 小原 2000
     (4) 井上 1987
     (5) 中村 1982
     (6) 今西 1972, 1981
     (7) 川西 1965, 1968, etc.
     (8) 岩橋(+芥川, 児玉) 1937, 1966
   ■ヘレン・ケラー自伝のポルトガル語訳 Portuguese translation
    Audio 1  原書朗読 The Story of My Life - Audiobook read by George Cooney
    Audio 2  原書朗読 The Story of My Life - Audiobook read by Maria
   ■ヘレン・ケラー自伝の英語原文 The Story of My Life - The original text

 V. その他 Others
    Image  ヘレン・ケラーの肖像写真 Portrait of Helen Keller
   ■自伝と戯曲——「ウァー、ウァー」場面についての論議
    The autobiography and the play: The "Wa-wa" controversy
   ■外部リンク External links
   ■更新履歴 Change log


 

I. ニュースとドキュメンタリー News and Documentaries

 Video 1 
お宝ニュース映像! ヘレン・ケラーとアン・サリヴァン(1930年)
(Rare!) Helen Keller & Anne Sullivan (1930 Newsreel Footage)

映像の最後にヘレン・ケラーが言う。「アイ・アム・ノット・ダム・ナウ」——わたしは、もうダム(=おし、唖)ではありません。


 Video 2 
ヘレン・ケラー 輝ける魂 (2005)
Shining Soul: Helen Keller's Spiritual Life and Legacy (2005)

米国スウェーデンボルグ財団制作のドキュメンタリー。ヘレン・ケラーがエマヌエル・スヴェーデンボリから受けた影響を中心に描く。スヴェーデンボリ(スウェーデンボルグとも表記)はスウェーデンの科学者・神学者・哲学者。ときにオカルト思想家と評されることもある。衛星チャンネルで放映された際の番組紹介はここ。 Directed by Penny Price. DVD available from the Swedenborg Foundation. VHS listed on Amazon.com


 Video 3 
The Unconquered (1954) a.k.a. Helen Keller in Her Story

Uploaded by IamHelenKeller on Jan 24, 2011. Directed by Nancy Hamilton. Narrated by Katharine Cornell. 1955 Academy Award winner for best documentary.


 Video 4 
世の人々へ (1919) Deliverance (1919)

監督: ジョージ・フォスター・プラット 出演: ヘレン・ケラー(本人)、アン・サリヴァン(本人)。2:38 以下の映像は Video 1 とおなじ。 Uploaded by IamHelenKeller on Jan 12, 2011. Directed by George Foster Platt. Starring Helen Keller (Herself), Anne Sullivan (Herself). The footage from 2:38 on is the same as Video 1.


II. 舞台化作品——戯曲/演劇 Stage adaptation

 Video 5 
舞台『奇跡の人』 NYブロードウェー (2010年2月27日-2010年4月4日)
The Miracle Worker (2010), Circle in the Square Theatre on Broadway
27 February 2010 - 4 April 2010

Kate Whoriskey (Director), William Gibson (Playwright), Abigail Breslin (Helen Keller), Alison Pill (Annie Sullivan).


■ウィリアム・ギブソンによる戯曲『奇跡の人』の日本語訳
 Japanese translation of the play "The Miracle Worker" by William Gibson

アニー:さあ、汲んで。

(ヘレン、頬に手を当て、自信なげに待つ)

アニー:いいえ、お母さんはいないわよ。汲んで!

(力づくでヘレンにハンドルを動かさせて、手を離す。ヘレン、服従する。ハンドルを上下させるとやがて水が出てくる。アニー、もう一方の手に水差しを持たせ、水の出口に導く。水は半分水差しに流れ込み、半分は外にこぼれてヘレンの手を濡らす。アニー、代わってハンドルを持ち水を出しながら、機械的にもう何百回となくくり返してきた動作、ヘレンのあいた掌に字を綴る)ウォーター。

アニー:W、A、T、E、R、ウォーター。これには名前があるのよ——

(そして、今、奇跡が起きた。ヘレン、水差しを水の出口の板石に落す。水差しは砕け散る。ヘレン、身じろぎもせずに立ちつくしている。アニー、ハンドルを持ったまま凍りつく。日没の照明が変っていき、その変化とともに、ヘレンの顔にも変化が起きる。観客がかつて見たこともない、ある光が浮かんでくる。ヘレンの心の奥深いところで、ある種の格闘が行われている。その唇がわなわなとふるえる。唇のまわりの筋肉が、かつて知っていた何かを思い出そうとしているのだ、そして最後に、それは出口をみつける。いかにも苦し気に、言葉なしに過した何年もの生活の堆積に埋もれていた赤ん坊の声がほとばしる)

ヘレン:ウァー、ウァー。(そしてもう一度、非常な努力で)ウァー、ウァー。

(ヘレン、出の細くなった水に手を突っ込み、自分の手に綴る。それから狂ったように手を突き出してさぐる。アニー、手をさしのべる。ヘレン、アニーの手に綴る)

アニー:(ささやく)そうよ。

(ヘレン、ふたたび綴る)

アニー:そうよ!

(ヘレン、ハンドルを掴んで水を汲み、ほとばしる水に手を突っ込み、アニーの手を掴んでもう一度綴る)

アニー:そうよ! ああ、とうとう——

   ウィリアム・ギブソン=作 額田やえ子=訳
   『奇跡の人』 劇書房ベストプレイ・シリーズ17
   劇書房 2003/03 新装第1刷
   下の英語原文と対照しやすいように改行を追加し、字下げを変更
   しました。また、原文の傍点を下線で置き換えました。


■戯曲の英語原文 The original text of "The Miralcle Worker," a stage play

Annie: All, right. Pump.

[Helen touches her cheek (a sign that she wants her mother), waits uncertainly.]

Annie: No, she’s not here. Pump!

[She forces Helen’s hand to work the handle, and then she lets go. And Helen obeys. She pumps till the water comes, then Annie puts the pitcher in her other hand and guides it under the spout, and the water tumbling half into and half around the pitcher douses Helen’s hand. Annie takes over the handle to keep water coming, And does automatically what she had done so many times before, spells into Helen’s free palm (by tapping her fingers, almost in a kind of Morse Code):]

Annie: Water. W, A, T, E, R. Water. It has a name—

[And now the miracle happens. Helen drops the pitcher on the slab under the spout, and it shatters. She stands transfixed (motionless). Annie freezes on the pump handle: There is a change in the sundown light, and with it a change in Helen’s face, some light coming into it that we have never seen there, some struggle in the depths behind it; and her lips tremble, trying to remember something the muscles around them once knew, till at last it finds its way out, painfully, a baby sound buried under the (emotional) debris of years . . .]

Helen: Wah. Wah. [And again, with great effort.] Wath. Wah.

[Helen plunges her hand into the dwindling water, spells it into her own palm. Then she gropes frantically. Annie reaches for her hand, and Helen spells into Annie’s hand.]

Annie: [Whispering.] Yes.

[Helen spells into it again.]

Annie: Yes!

[Helen grabs at the handle, pumps for more water, plunges her hand into its spurt and grabs Annie’s hand to spell it again.]

Annie: Yes! Oh, my dear—

   The Miracle Worker by William Gibson
   E-text at Googel.docs


III. 映像化作品——映画とテレビ Film and Television adaptations

 Video 6 
テレビ『奇跡の人 ヘレン・ケラー物語』 (2000)
The Miracle Worker (2000) TV

Nadia Tass (director), William Gibson (play), Monte Merrick (writer), Hallie Kate Eisenberg (Helen Keller), Alison Elliott (Anne Sullivan).
「ウォーター」のシーンは 3:25 あたりから。The 'Water' scene begins around 3:25.


 Video 7 
テレビ『奇跡の翌日/その後のヘレン・ケラーとアニー・サリバン』 (1998)
Monday After the Miracle (1998) TV
Daniel Petrie (director), William Gibson (play), Deena Goldstone (teleplay), Roma Downey (Annie Sullivan), Moira Kelly (Helen Keller).


 Video 8 
Helen Keller (1996) - Animated Hero Classics

Helen Keller - Animated Hero Classics DVD


 Video 9 
テレビ『奇跡の人』 (1979)
The Miracle Worker (1979) TV

Paul Aaron (director), William Gibson (play), William Gibson (screenplay), Patty Duke (Anne Sullivan), Melissa Gilbert (Helen Keller)
「ウォーター」のシーンは 4:15 あたりから。The 'Water' scene begins around 4:15.


 Video 10 
映画『奇跡の人』 (1962)——「ウォーター」のシーン
The Miracle Worker (1962) : The 'Water' scene

Arthur Penn (director), William Gibson (screenplay), William Gibson (stage play), Anne Bancroft (Annie Sullivan), Patty Duke (Helen Keller).


 Image Gallery 
映画『奇跡の人』 (1962) - DVDジャケット
The Miracle Worker (1962) - DVD covers

↓ Click to enlarge ↓

ja Ja_kiseki_no_hito fi Fi_ihmeidentekija de De_licht_im_dunkel

it It_anna_dei_miracoli pt Milagro_de_anna_sullivan es Es_ana_de_los_milagros

es Es_el_milagro_de_anna_sullivan fr Fr_miracle_en_alabama en En_the_miracleworkerdvd

  Flag_of_japansvg [ja] 奇跡の人 日本語
  Flag_of_finlandsvg [fi] Ihmeidentekijä フィンランド語
  Flag_of_germanysvg [de] Licht im Dunkel ドイツ語
  Flag_of_italysvg [it] Anna dei Miracoli イタリア語
  Flag_of_portugalsvg [pt] O Milagre de Anne Sullivan ポルトガル語
  Flag_of_argentina [es] Ana de los milagros スペイン語(アルゼンチン、メキシコ、ペルーなど)
  Flag_of_spainsvg_2 [es] El milagro de Anna Sullivan スペイン語(スペイン)
  Flag_of_francesvg [fr] Miracle en Alabama フランス語
  Flag_of_the_united_kingdomsvg [en] The Miracle Worker 英語


IV. 原作——ヘレン・ケラー自伝 The original book by Helen Keller

■自伝の日本語訳 Japanese translations of the autobiography

(1) 小倉 2004
誰かが井戸水を汲んでいた。先生は、私の片手をとり水の噴出口の下に置いた。冷たい水がほとばしり、手に流れ落ちる。その間に、先生は私のもう片方の手に、最初はゆっくりと、それから素早くw-a-t-e-rと綴りを書いた。私はじっと立ちつくし、その指の動きに全神経を傾けていた。すると突然、まるで忘れていたことをぼんやり思い出したかのような感覚に襲われた——感激に打ち震えながら、頭の中が徐々にはっきりしていく。ことばの神秘の扉が開かれたのである。この時はじめて、w-a-t-e-rが、私の手の上に流れ落ちる、このすてきな冷たいもののことだとわかったのだ。

   ヘレン・ケラー=著 小倉慶郎(おぐら・よしろう)=訳
   『奇跡の人 ヘレン・ケラー自伝』 新潮文庫 2004/08


(2) 白紗 2003
誰かが水をくみ上げていて、先生は私の手を樋口(ひぐち)の下に持っていきました。冷たくほとばしる水を片手に受けている間、先生はもう片方の手の中に、水という語をつづりました。初めはゆっくり、そして次には素早く。私は身じろぎもせず、先生の指の動きに全神経を集中させました。突然、私は何か忘れていたものを思い出すような漠然とした感覚に襲われました。頭の中に何かがよみがえってくるような、ぞくぞくする感じでした。そして、どういう拍子か、言葉という神秘が姿を現したのです。私はそのとき、w-a-t-e-rというものが、私の手の上に流れ落ちてくるこの冷たくて素敵なものを意味するのだと悟ったのでした。

   ヘレン・ケラー=著 白紗由季子=部分訳
   1. 感動を伝える ヘレン・ケラー/自伝 『私の生涯』
   近江誠(おうみ・まこと)=著 文藝春秋=編集
   『感動する英語!』 文藝春秋 2003/12/15


(3) 小原 2000
だれかが水をくんでいるところでした。先生は私の手をその水の吹き出し口の下に置きました。冷たい水が片方の手の上をほとばしり流れている間、先生はもう片方の手に《water》という単語を、始めはゆっくりと、次には速く、綴りました。私はじっと立って、先生の指の動きに全神経を集中させました。突然私は、なにか忘れていたものについての微かな意識、わくわくするような思考のよみがえりを感じました。そして、どういうわけか、言語の持つ秘密が私に啓示されたのです。私はその時、 w-a-t-e-r という綴りが、私の手の上を流れている、この素晴しい、冷たい物を意味していることを知ったのです。

   第2章 夜明け (2)
   Helen Keller by Dennis Wepman 小原二三夫=訳
   Copyright 1987 by Chelsea House Publishers, New York, Philadelphia
   小原二三夫の部屋 翻訳コーナー
   2000-05-29 アップロード 2012-02-17 更新


(4) 井上 1987
だれかが水をくんでいました。先生は、わたしの手を水の出てくるところへもっていきました。冷たい流れが手にかかると、先生は、わたしのもう片方の手に、はじめはゆっくりと、つぎにはすばやく、「WATER(水)」という字を書きました。わたしはじっと立ったまま、先生の指の動きに、全神経を集中していました。わたしはきゅうに、わすれていたことをぼんやり思い出したような感じ——考える力がもどってきたような、ぞくぞくする感じをあじわいました。そして、なぜか、ことばのもつなぞが、はっきりとわかったのです。「WATER」というのは、わたしの手を流れている、冷たくて、すてきなものだということがわかったのです。

   井上一夫(いのうえ・かずお)=訳
   『ヘレン・ケラ− 少年少女伝記文学館21』 講談社 1987/12/18
   この本の第1章から第3章までは、ヘレン・ケラー著 The Story of My Life の
   翻訳。うち第1章と第2章は、子ども向けに多少ことばを補っている点以外は、
   原書のほぼ忠実な全訳。第3章は抄訳。第4章は訳者による書き下ろし。
   ルビは省略しました。


(5) 中村 1982
ちょうど誰かが水を汲(く)んでいるところだった。アニーはヘレンの手を樋口(ひぐち)の下に置いた。「冷たい水がわたしの片手の上に勢いよくほとばしり流れたとき、先生はわたしのもう一方の手にW—A—T—E—Rと綴りました。はじめはゆっくり、それからもっとはやく。私は全身の神経を先生の指の動きに集中してじっとしていました。そのときとつぜん、わたしは、それまで忘れていた何かをぼんやり意識したのです——思想が胸によみがえる瞬間のときめきといったらいいでしょうか。そのいうにいわれぬ一刹那(せつな)、言葉の神秘が閃(ひらめ)いたのでした。W—A—T—E—Rというのは、いまわたしの手の上を流れている、このすばらしい冷たいもののことなのだ——わたしはそう悟りました。

   ジョゼフ・P・ラッシュ=著 中村妙子=訳
   『愛と光への旅—ヘレン・ケラ−とアン・サリヴァン』 新潮社 1982/01/25


(6) 今西 1972, 1981
だれかが水をくんでいました。先生は、わたしの手をとってさしだし、ポンプからあふれでるつめたい水にさわらせました。そして、もういっぽうのわたしの手をとって、その手のひらに、はじめはゆっくりと、だんだんはやく、「水」という字を、何回も書きつづけられました。わたしは、いっぽうの手でつめたい水をかんじながら、もういっぽうの手のひらの、先生のゆびのうごきに、じっと全身の注意をそそいでいました。とつぜん、わたしは、なにかしらわすれているものを思いだすような、なんともいえないふしぎな気もちになりました。こうして、わたしははじめて、手にかかるつめたいさわやかなものが「水」というものだということを知りました。

   ヘレン=ケラー著 今西祐行(いまにし・すけゆき)訳
   a. 『ヘレン=ケラー自伝 三重苦の奇跡の人
     講談社火の鳥伝記文庫 4 講談社 1981/11/19
   b. 『ヘレン=ケラー自伝 愛は三重苦をこえて
     少年少女講談社文庫 講談社 1972/07/12
   引用は a. に拠りました。a. b. はどちらも児童書なので原文は総ルビですが、
   引用ではこれをすべて省略しました。また、原文には「何回も書きつづけられ
   ました」のあとに改行がありますが、引用ではこれも省きました。


(7) 川西 1965, 1968, etc.
誰かが水を汲んでいて、先生は私の手を井戸の口にもっていきました。冷たい水の流れが手にかかると、先生はもう一方の手に、はじめはゆっくり次に速く「水」という字を書かれます。私はじっと立ったまま先生の指の動きに全神経を集中します。突然私は、なにか忘れていたことをぼんやり意識したような、思考が戻ってきたような、戦慄(りつ)を感じました。言語の神秘が啓示されたのです。そのとき、「W-A-T-E-R」というのは私の手に流れてくる、すばら しい冷たいなにかであることを知ったのです。

   a. ヘレン・ケラー=著 川西進(かわにし・すすむ)=訳
     『ヘレン・ケラ−自伝—私の青春時代』 ぶどう社 1982/05
   b. ヘレン・ケラー=著 川西進=訳 「奇蹟へのあゆみ」
     筑摩書房編集部=編 『現代世界ノンフィクション全集 14』 筑摩書房 1968
   c. H・ケラー=著 川西進=訳
     『奇跡へのあゆみ—ヘレン・ケラー自伝』 富士書店 1965
   a. は c. を改版(再版)したもの。引用は a. に拠りました。


(8) 岩橋(+芥川, 児玉) 1937, 1966
だれかが水を汲みあげていましたので、先生は樋口の下へ私の手をおいて、冷たい水が私の片手の上を勢いよく流れている間に、別の手に初めはゆっくりと、次には迅速に「水(ウォーター)」という語をつづられました。私は身動きもせず立ったままで、全身の注意を先生の指の運動にそそいでいました。ところが突然私は、何かしら忘れていたものを思い出すような、あるいはよみがえってこようとする思想のおののきといった一種の神秘な自覚を感じました。この時初めて私はw-a-t-e-r(ウォーター)はいま自分の片手の上を流れているふしぎな冷たい物の名であることを知りました。

   a. ヘレン・ケラー=著 岩橋武夫(いわはし・たけお)=訳
     『わたしの生涯』 角川文庫 1966/06
   b. ヘレン・ケラー=著 岩橋武夫+芥川潤+児玉国之進=訳
     「私の生涯」 『ヘレン・ケラー全集 第1 其の1』 三省堂 1937(昭和12)
   引用は a. に拠りました。なお、初版の出た1937年はヘレン・ケラー
   初来日の前年にあたる。


■自伝のポルトガル語訳 Portuguese translation of the autobiography

Alguém estava tirando água e a srta. Sullivan colocou minha mão sob o jorro da água. Enquanto a fria corrente despejava-se sobre uma de minhas mãos, a srta. Sullivan soletrava na outra a palavra água, primeiro lentamente, depois rapidamente. Fiquei imóvel, com toda a atenção fixada nos movimentos de seus dedos. De repente senti uma consciência envolta em nevoeiro, como de algo esquecido - o eletrizar de um pensamento que voltava; e de algum modo o mistério da linguagem foi revelado a mim. Soube então que "á-g-u-a" significava a maravilhosa coisa fresca que fluía sobre minha mão.

   Capítulo IV. A História da Minha Vida by Helen Keller
   E-text at Sobre a Deficiência Visual


 Audio 1 
ヘレン・ケラー自伝原書のオーディオブック 朗読: ジョージ・クーニー
The Story of My Life - Audiobook read by George Cooney

下に引用する箇所の朗読は 0:35:43 から始まります。 Uploaded to YouTube by rt20bg on 16 Dec 2012. Audio courtesy of LibriVox. Reading of the excerpt below starts at 0:35:43.


 Audio 2 
ヘレン・ケラー自伝原書のオーディオブック 朗読: マリア
The Story of My Life - Audiobook read by Maria

下に引用する箇所の朗読は 11:08 から始まります。 Uploaded to YouTube by newpoliticalvoices on 4 Jun 2012. Audio courtesy of LibriVox. Reading of the excerpt below starts at 11:08.


■自伝の英語原文 The original text of the autobiography

Some one was drawing water and my teacher placed my hand under the spout. As the cool stream gushed over one hand she spelled into the other the word water, first slowly, then rapidly. I stood still, my whole attention fixed upon the motions of her fingers. Suddenly I felt a misty consciousness as of something forgotten--a thrill of returning thought; and somehow the mystery of language was revealed to me. I knew then that "w-a-t-e-r" meant the wonderful cool something that was flowing over my hand.


V. その他 Others

 Image 
ヘレン・ケラーの肖像写真 Portrait of Helen Keller

Helen_keller
Image source: FamousPeople.com


■自伝 vs 戯曲・映画——「ウォーワー」場面についての論議
 The autobiography and the play/cinema: The "Wa-wa" controversy

ヘレン・ケラーの自伝と、それに基づくウィリアム・ギブソンの戯曲およびその映画化作品とのあいだの違いについては議論があります。とりわけ、戯曲と映画における、ヘレンが「ウァー、ウァー」あるいは「ウォーワー」と声を発するシーンの真偽/当否についてです。詳しくは、下のウィキペディア英語版の議論と、わかん (若林泰志) 氏によるサイトをご参照ください。


■外部リンク External links


■更新履歴 Change log

  • 2014/12/16 自伝のポルトガル語訳を追加しました。
  • 2013/06/07 ヘレン・ケラー自伝の2種類の原書朗読の YouTube 画面を追加しました。
  • 2013/02/23 今西祐行=訳の書誌情報を補足しました。
  • 2013/01/16 川西進=訳と岩橋武夫=訳の書誌情報を補足・修正しました。
  • 2013/01/11 「目次」と今西祐行=訳 1981/11/19 と「ヘレン・ケラー 輝ける魂」の YouTube 動画、および「鳥飼行博研究室」のリンクを追加しました。また、見出しを追加し、記事の分類と配列を変更しました。
  • 2012/08/09 つぎの2本の YouTube 動画を追加しました。
    1. The Unconquered (1954)
    2. 世の人々へ (1919)
  • 2012/05/20 外部リンクの項を新設しました。
  • 2012/03/19 小原二三夫=訳 2000 を追加しました。
  • 2012/03/18 中村妙子=訳 1982/01/25 を追加しました。
  • 2010/12/24 井上一夫=訳 1987/12/18 を追加しました。
  • 2010/12/01 白紗由季子=訳 2003/12/15 を追加しました。
  • 2010/05/02 映画『奇跡の人』 (1962) - DVDジャケット画像の項を新設しました。また、つぎの7本の YouTube 動画を追加しました。
    1. ニュース映像(1930)——ヘレン・ケラーとアン・サリヴァン
    2. 舞台『奇跡の人』 (2010) NYブロードウェーのハイライト
    3. テレビ『奇跡の人 ヘレン・ケラー物語』 (2000)
    4. テレビ『奇跡の翌日/その後のヘレン・ケラーとアニー・サリバン』 (1998)
    5. アニメ Helen Keller (1996) - Animated Hero Classics
    6. テレビ『奇跡の人』 (1979)
    7. 映画『奇跡の人』 (1962)
  • 2006/08/13 ウィリアム・ギブソン=作 額田やえ子=訳『奇跡の人』2003/03 を追加しました。また、自伝と、それに基づく戯曲との間の相違点について、注を加えました。
  • 2006/07/20 川西進=訳 1982/05 を追加しました。また、訳例の順序を旧→新から、新→旧に変更しました。さらに、書誌情報を補足・修正し、Amazon.co.jp および電子テキストの該当ページへのリンクを張りました。

にほんブログ村 
本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ84595840v1308102456

Flag Counter

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■和書 Books in Japanese

■洋書 Books in non-Japanese languages

■DVD

  

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Tuesday, 06 December 2005

Einstein's Dreams by Alan Lightman アラン・ライトマン 『アインシュタインの夢』

■表紙画像 Cover photos

zh Zh_simp_9787806797532_2 zh Zh_trad_9576392055 ko Ko_9788972210399_

ko Ko_9788993285697 ja Ja_einsteins_dreams ja Ja_9784152035547_ainshutain_no_yume

id Id_9789799023315_mimpimimpieinstein fa Fa___einsteins_dreams he He_

el El_alan_lightman__2 fi Fi_9789510190005_einsteinin_unet ru Ru_9785170086122_

pl Pl_9788385475248_sny_einsteina_limb no No_9788202137441_einsteins_drmmer sv Se_9789137104850_einsteins_drommar

da Da_9788700552432_einsteins_drmme de De_9783455044294_und_immer_wieder_d nl Nl_9789029096386_einsteins_dromen

ro Ro_visele_lui_einstein_366837_2 it It_9788877466365_i_sogni_di_einstei pt Pt_sonhos_de_einstein

pt Pt_9724113809_os_sonhos_de_einstein ca Ca_9788478095810_els_somnis_deinste es Es_9788472236936_suenos_de_einstein

fr Fr_quand_einstein_revait_2253136921 fr Fr_quand_einstein_revait_2 en En_einsteins_dreams


■さまざまな言語に訳されたタイトル Title translated into various languages

[zh] ISBN : 9787806797532 爱因斯坦的梦 簡体字中国語
[zh] ISBN : 9789576392054 愛因斯坦的夢 繁體字中國語
[ko] ISBN : 9788972210399 아인슈타인의 꿈 韓国語
[ko] ISBN : 9781400077809 아인슈타인의 꿈 韓国語
[ja] ISBN : 9784151200175 アインシュタインの夢 日本語 版元サイト
[ja] ISBN : 9784152035547 アインシュタインの夢 日本語
[id] ISBN : 9789799023315 Mimpi-Mimpi Einstein インドネシア語
[fa] ISBN : unconfirmed   رویاهای اینشتین ペルシア語
[he] ISBN : 9789657318317 החלומות של איינשטיין ヘブライ語
[el] ISBN : 9789607023773 Τα όνειρα του Αϊνστάιν ギリシア語
[fi] ISBN : 9789510190005 Einsteinin Unet フィンランド語
[ru] ISBN : 9785170086122 Сны Эйнштейна. Друг Бенито ロシア語
[pl] ISBN : 9788385475248 Sny Einsteina ポーランド語
[no] ISBN : 9788202137441 Einsteins drømmer ノルウェー語
[sv] ISBN : 9789137104850 Einsteins drömmar スウェーデン語
[da] ISBN : 9788700552432 Einsteins drømme デンマーク語
[de] ISBN : 9783455044294 Und immer wieder die Zeit ドイツ語
[nl] ISBN : 9789029096386 Einsteins dromen オランダ語
[ro] ISBN : 9789735010799 Visele Lui Einstein ルーマニア語
[it] ISBN : 9788877466365 I sogni di Einstein イタリア語 
[pt] ISBN : 9788571643505 Sonhos de Einstein ポルトガル語(ブラジル) 版元サイト
[pt] ISBN : 9789724113807 Os sonhos de Einstein ポルトガル語(ポルトガル)
[ca] ISBN : 9788478095810 Els Somnis d'Einstein カタルーニャ語
[es] ISBN : 9788472236936 Sueños de Einstein スペイン語
[fr] ISBN : 9782253136927 Quand Einstein rêvait フランス語
[fr] ISBN : 9782221075029 Quand Einstein rêvait フランス語
[en] ISBN : 9780446670111 Einstein's Dreams 英語原題 The original title in English


■日本語訳 Translation into Japanese

アインシュタインは友人のベッソーに、なぜ自分が時間の性質を知りたがるのかを説明しているところだ。しかし、最近つづけて見る夢のことはひとことも話さない。まもなくふたりはベッソーの家に着くだろう。ときおりアインシュタインは夕食がすむまで長居して、たまりかねたミレーヴァが赤ん坊を連れて迎えにくることもある。そんなことが起きるのは、アインシュタインがいまのように新しいプロジェクトにとりつかれたときだ。夕食のあいだも食卓の下で貧乏ゆすりがつづく。アインシュタインは食卓でのたのしい話し相手とはいえない。

   インタールード
   アラン ライトマン=著 浅倉久志=訳
   a.アインシュタインの夢』 早川書房 ハヤカワepi文庫 2002-04
   b.アインシュタインの夢』 早川書房 単行本 1993-03


■英語原文 The original text in English

Einstein has been explaining to his friend Besso why he wants to know time.  But he says nothing of his dreams.  Soon they will be at Besso's house.  Sometimes Einstein stays there through dinner, and Mileva has to come get him, toting their infant.  That usually happens when Einstein is possessed with a new project, as he is now, and all through dinner he twitches his leg under the table.  Einstein isn't good dinner company.

   Interlude
   Einstein's Dreams by Alan Lightman
   Pantheon, 1993-01-04


■外部リンク External links

 [en] English
   * Alan Lightman - Wikipedia (1948-  )
   * Alan Lightman | Writing and Humanistic Studies | MIT
   * Einstein's Dreams - Wikipedia

 [ja] 日本語
   * アラン・ライトマンとは - はてなキーワード


■更新履歴 Change log

2012-12-03 表紙画像を大幅に追加しました。
2010-04-05 表紙画像と見出しを追加し、「外部リンク」の項を新設しました。
         また、Amazon.co.jp へのリンクを張るなど、細部に修正を加え
         ました。さらに、ブログ記事のタイトルに日本語表記を追加し、
         つぎのように変更しました。
         旧題: Einstein's Dreams by Alan Lightman
         新題: Einstein's Dreams by Alan Lightman
             アラン・ライトマン 『アインシュタインの夢』


にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ翻訳ブログ人気ランキング参加中

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

  

| | Comments (0) | TrackBack (0)

A Bear Called Paddington by Michael Bond マイケル・ボンド 『くまのパディントン』

_1


■日本語訳 Translation into Japanese

パディントンは、とび上がりました。帽子をとって、おじぎをしようと思ったのです。ところが、あわてたものですから、テーブルの上にあったイチゴジャムのかたまり——どういうわけでそんなところにあったのかわかりませんけれども——の上で、ツルッと足をすべらせてしまったのです。一瞬、何もかも、だれもかれもさかさまになったような気がして、くらくら目まいがしました。そこで、めちゃくちゃに手足をふりまわしましたが、だれもつかまえてくれません。あれよあれよというまに、くるっと一回転して、パシャーンと、お茶のはいった受け皿の中へ、しりもちをついてしまいました。が、しりもちをつくが早いか、またとび上がりました。お茶が、まだとても熱かったからです。そして、立ち上がりざまブラウンさんのコップの中に足をつっこみました。

   I. どうぞこのクマのめんどうをみてやってください
   松岡享子=訳 『くまのパディントン』 1967


■英語原文 The original text in English

He jumped up, meaning to raise his hat, and in his haste slipped on a patch of strawberry jam which somehow or other had found its way on to the glass table-top.  For a brief moment he had a dizzy impression of everything and everyone being upside down.  He waved his paws wildly in the air and then, before anyone could catch him, he somersaulted backwards and landed with a splash in his saucer of tea.  He jumped up even quicker than he had sat down, because the tea was still very hot, and promptly stepped into Mr Brown's cup.

   Chapter One  Please look after this bear
   A Bear Called Paddington (1958) by Michael Bond


 Image gallery 1 

pl Pl_mis_zwany_paddington_1957 sv Se_kalla_mig_paddington da Da_9788759106716_bjrnen_paddington

de De_9783407742483_geschichten_von_pa nl Nl_8711000252802_het_beertje_paddin es Es_un_oso_llamado_paddingtonpreview

en En_abearcalledpaddingtoncover

  • [pl] ポーランド語
  • [sv] スウェーデン語
  • [da] デンマーク語
  • [de] ドイツ語
  • [nl] オランダ語
  • [es] スペイン語
  • [en] 英語

 Image gallery 2 

zh Zh_simp_ zh Zh_trad_ ja Ja_paddington_daisuki

he He__2 hu Hu_a_medve_akit_paddingtonnak_hivna et Et_karupoeg_paddington_978994944229

bg Bg_ sr Sr___meda_zvani_pedington sk Sk_medvedik_paddington_978808085652

ro Ro_un_urs_pe_nume_paddington_978606 la La_paddington_9780007412563 en En_9780007161645_a_bear_called_padd

  • [zh] 簡体字中国語
  • [zh] 繁體字中國語
  • [ja] 日本語
  • [he] ヘブライ語
  • [hu] ハンガリー語
  • [et] エストニア語
  • [bg] ブルガリア語
  • [sr] セルビア語
  • [sk] スロバキア語
  • [ro] ルーマニア語
  • [la] ラテン語
  • [en] 英語

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Monday, 05 December 2005

Den lille Pige med Svovlstikkerne / The Little Match Girl by Hans Christian Andersen アンデルセン 「マッチ売りの少女」

        目次 Table of Contents

 Video 1  ベトナム製アニメ Cô Bé Bán Diêm, a Vietnamese animated film
 Video 2  ディズニー短編 マッチ売りの少女 (2006) The Little Matchgirl (2006)
■中国語訳(簡体字)Translation into simplified Chinese
■中國語譯(繁體字)Translation into traditional Chinese
■日本語訳 Translations into Japanese
  (J1) 天沼 2012
  (J2) 代田 2007
  (J3) 荒俣 2005
  (J4) 木村 2004
  (J5) 大塚 2003
  (J6) 大久保 1999
  (J7) 結城 1999, 2000
  (J8) 山内 1987
  (J9) 木村 1987
  (J10) 大畑 1986, 1993, etc.
  (J11) 高橋 1979, 1986, etc.
  (J12) 各務 1978
  (J13) 山室 1978
  (J14) 大畑 1971, 1979
  (J15) 与田 1969, 2001
  (J16) 阪本 1969
  (J17) 矢崎 1967
  (J18) 竹崎 1956, 1989
  (J19) 番匠谷 1950
  (J20) 藤井 1948
  (J21) 酒井 1947
  (J22) 大畑 1939
  (J23) 楠山 1928, 2002
  (J24) 鈴木 1927, 1948, etc.
  (J25) 竹友 1924, 1989
  (J26) 相馬 1903, 1996
■ベトナム語訳 Translation into Vietnamese
■ロシア語訳 Translation into Russian
■ポーランド語訳 Translation into Polish
 Audio 1  ドイツ語版朗読 Audiobook in German read by Lisbeth Schmidt
■ドイツ語訳 Translation into German
■スペイン語訳 Translation into Spanish
■フランス語訳 Translation into French
 Audio 2  英語版朗読 Audiobook in English read by Fox in the Stars
■英訳 Translations into English
  (E1) Anonymous (Year of publication unknown)
  (E2) Spink, 1992
  (E3) Hersholt, 1949
  (E4) Paull, 1872
 Video 3  アニメ The Little Match-Seller. Read by Chuck Brown
■エスペラント、ノルウェー語、オランダ語、イタリア語、ハンガリー語などへの翻訳 Translations into Esperanto, Dutch, Italian, Hungarian, etc.
 Video 4  無声映画 マッチ売りの少女 (1902) The Little Match Seller (1902)
 Images   「マッチ売りの少女」 挿絵 Illustrations: Den lille Pige med Svovlstikkerne
 Audio 3  デンマーク語版朗読 Audiobook in Danish
■デンマーク語原文 The original text in Danish
■訳文の比較 Comparison of some expresssions
■邦題の異同 Variations of the title translted into Japanese
■デンマーク語の原文・原題などについての日本語による紹介
 Information in Japanese on Andersen's original titles and texts in Danish
■外部リンク External links
■更新履歴 Change log


 Video 1 
ベトナム製アニメ Cô Bé Bán Diêm, a Vietnamese animated film

Uploaded to YouTube by trueDvn on 24 Dec 2011. True-D Animation


 Video 2 
ディズニー短編 マッチ売りの少女 (2006) The Little Matchgirl (2006)

監督: ロジャー・アラーズ 製作:ウォルト・ディズニー 配給: ブエナビスタ この短編アニメは リトル・マーメイド (2006) の スペシャル・エディション DVD (2006)プラチナ・エディション DVD (2013) などに特典映像として収録されている。 Director: Roger Allers. Production : Walt Disney. Distributor : Buena Vista


■中国語訳(簡体字)Translation into simplified Chinese

“有一个什么人快要死了。”小女孩说。唯一疼她的奶奶活着的时候告诉过她:一颗星星落下来,就有一个灵魂要到上帝那儿去了。

    《卖火柴的小女孩》 汉斯·克里斯蒂安·安徒生
   E-text at 搜搜百科


■中國語譯(繁體字)Translation into traditional Chinese

「現在又有一個什麼人去世了(註)」小女孩說,因為她的老祖母曾經說過:天上落下一顆星,地上就有一個靈魂升到了上帝那兒去。老祖母是唯一對她好的人,但是現在已經死了。

註:北歐人的迷信:世界上有一個人,天上便有一顆星。一顆星的隕落象徵一個人的死亡。

   《賣火柴的小女孩》 漢斯·克里斯蒂安·安徒生
   * Download 《賣火柴的小女孩》 [doc]
   * HTML version of 《賣火柴的小女孩


■日本語訳 Translations into Japanese

(J1) 天沼 2012
「いま、だれかが死んだのね!」と、女の子はつぶやいた。いまはもう亡くなっている、女の子をとてもかわいがってくれた、たったひとりのおばあちゃんが言っていたのだ。星が1つ落ちるたびに、人間の魂(たましい)がひとつ神さまのもとにのぼるんだよ、と。

   「マッチ売りの少女」
   ハンス・クリスチャン・アンデルセン=作
   ドゥシャン・カーライ+カミラ・シュタンツロヴァー=絵
   天沼春樹(あまぬま・はるき)=訳
   『アンデルセン童話全集 2』 西村書店 2012/07/25 所収

   原書:
   H. Ch. Andersen Pohádky II
   Illustrations by Dušan Kállay and Kamila Štanclová
   Published by Brio, Prague, 2005


(J2) 代田 2007
「だれか、死んだんだわ!」 少女はいいました。死んだおばあちゃんからきいたことがあるのです。ただひとり、少女にやさしくしてくれたおばあちゃんです。そのおばあちゃんが前に、星が流れおちるのは、ひとつの魂(たましい)が神に召(めさ)された印だといっていたのです。

   ハンス・クリスチャン・アンデルセン=作 ジョエル・ステュワート=絵
   ナオミ・ルイス=訳 代田亜香子(だいた・あかこ)=日本語版訳
   「マッチ売りの少女」
   『アンデルセンの13の童話』 小峰書店 2007/03/15
   下の英訳版からの重訳。「召(めさ)された」のルビは原文のまま。

   原書:
   Tales of Hans Christian Andersen
   Selection and introductions by Naomi Lewis
   Illustrations by Joel Stewart
   Candlewick, 2004


(J3) 荒俣 2005
「いま、だれかが死んだわ」と、少女は思った。なぜなら、少女の母方のおばあさんが、流れ星を見るといつもこう言ったから。流れ星がひとつ落ちるとね、そのとき、ひとつの魂が神さまのところへのぼっていくのだよ、と。
 でも、そのおばあさんはもういない。この世でたった一人だけ少女にやさしくしてくれたおばあさんはもう死んでしまって、この世にいないのだ。

   ハンス・クリスチャン・アンデルセン=作 ハリー・クラーク=挿画
   荒俣宏(あらまた・ひろし)=訳 「マッチ売りの少女」
   『アンデルセン童話集』 新書館 2005/08/10 所収
   詳細: 新書館 訳者・荒俣氏が語るビデオ: Amazon.co.jp
   ハリー・クラーク の挿絵のうちのいくつかは、Spirit of the Ages で閲覧可能。

   原書:
   Fairy Tales by Hans Christian Andersen, 1916
   Illustrated by Harry Clarke
   Published by George G. Harrap & Co. Ltd.
   Some of the illustrations by Harry Clarke can be viewed here.

 

(J4) 木村 2004
「あ。人が死んだんだわ」と女の子は思いました。「流れ星が落ちるたびに、たましいが一つ、神さまの元にめされるのだよ」と、今はもういないおばあちゃんが、いつか話してくれたのです。この世でたった一人、女の子にやさしくしてくれたおばあちゃんでした。

   アンデルセン=原作 木村由利子(きむら・ゆりこ)=訳 「マッチ売りの少女」
   『アンデルセン童話集―心に残るロングセラー名作10話
   世界文化社 2004/01 所収


(J5) 大塚 2003
「ああ、いま、だれかが死んだわ!」と、女の子はいいました。なぜって、年とったおばあさんから聞いていたからです。その母方のおばあさんは、この世でひとりだけ、この女の子にやさしくしてくれたのに、いまではもう、死んでしまったのですが、その人がこう言っていたのです。……「星が一つ落ちるとね、そのとき、ひとりの人の魂が神さまのところにのぼっていくんだよ。」って。

   ハンス・クリスチャン・アンデルセン=著 大塚勇三=編訳
   「マッチ売りの女の子」
   『アンデルセンの童話3 雪の女王』 福音館文庫 2003/11 所収


(J6) 大久保 1999
「だれかが死ぬんだ……」と、少女は思いました。なぜなら、おばあさんが流れ星を見るといつもこう言ったからです。人が死ぬと、流れ星が落ちて命が神さまのところへ行く、と言っていました。でも、そのなつかしいおばあさんはもういません。少女を愛してくれたたった一人の人はもう死んでいないのです。

   ハンス・クリスチャン・アンデルセン=著 大久保ゆう=訳
   『マッチ売りの少女』 青空文庫 1999/12 初登録


(J7) 結城 1999, 2000
「いま、誰かが亡くなったんだわ!」と少女は言いました。 というのは、おばあさん――少女を愛したことのあるたった一人の人、いまはもう亡きおばあさん――がこんなことを言ったからです。 星が一つ、流れ落ちるとき、魂が一つ、神さまのところへと引き上げられるのよ、と。

   ハンス・クリスチャン・アンデルセン=作 結城浩=訳『マッチ売りの少女』
   7a. 電子テキスト at 青空文庫 2000/11 初登録
   7b. 電子テキスト at 翻訳の部屋 1999


(J8) 山内 1987
「だれかが しぬんだわ。」と、女の子は つぶやきました。 このよで ただ ひとり、女の子に やさしくしてくれた おばあちゃんが「お星さまが おちると、たましいが ひとつ、かみさまの みもとへ いくんだよ。」と、おしえてくれたのでした。その おばあちゃんも もう しんでしまっています。

   アンデルセン=作 山内清子(やまのうち・きよこ)=訳 
   ダニエレ・フリードリッシュ=画
   『マッチうりの少女 世界のどうわ9』 完訳アンデルセン童話
   偕成社 1987/12


(J9) 木村 1987
「あ、だれか死んだ。」
 女の子はいいました。
 女の子には、おばあちゃんがいました。いまはもう、この世にいないけれど、女の子にやさしくしてくれた、たったひとりの人でした。そのおばあちゃんが、いつかはなしてくれました。
「ながれ星がおちるたびに、たましいがひとつ、かみさまのもとにいくのだよ。」
と。

   アンデルセン=作 木村由利子=文
   『マッチ売りの少女 こども世界名作童話6
   ポプラ社 1987/11 所収
   原文は総ルビですが、ここでは省略しました。


(J10) 大畑 1986, 1993, etc.
「あ、だれかが死ぬんだわ!」と、少女はいいました。もうとっくに死んだおばあさんが、この世の中でたったひとりじぶんをかわいがってくれた、年とったおばあさんが、星が一つ落ちると、そのたびに、一つの魂が神さまのところへのぼっていくんだよ、といっていたからです。
[原文にあるルビは省略しました - tomoki y.]

   アンデルセン=著 大畑末吉(おおはた・すえきち)=訳
   「マッチ売りの少女」
   10a. アンデルセン童話選』 岩波世界児童文学集(新装版)2003/05 所収
   10b.アンデルセン童話選』 岩波世界児童文学集12 1993/11 所収
   10c.アンデルセン童話集2』(全3冊) 岩波少年文庫 1986/03/12 所収
   引用は 10a. に拠りました。


(J11) 高橋 1979, 1986, etc.
「あっ、だれかが死んだわ!」と、少女はいいました。少女にやさしくしてくれた、たったひとりの、いまはもう死んでしまった、年よりのおばあさんが、星が空から落ちると、ひとりの人のたましいが、神さまのところへまいあがるのだよと、聞かせてくれたからです。

   H・C・アンデルセン=著 高橋健二=訳 「マッチ売りの少女」
   11a.完訳 アンデルセン童話集3』(全8巻) 小学館ファンタジー文庫
      小学館 2009/11/06 所収
   11b. 完訳 アンデルセン童話集3』(全8巻) コンパクト版
      小学館 1986/05/01 所収
   11c.アンデルセン童話全集2』(全5巻) 小学館 1979/12/20 所収
   11a.11b. のイラストをリニューアルして復刊したもの。
   引用は 11c. に拠りました。ルビは省略しました。


(J12) 各務 1978
「だれか死ぬんだわ」と少女は思いました。たった一人愛してくれたおばあさん。もう死んでしまったおばあさんは、星が落ちるときには魂が神さまに召されるのだよ、と少女に話してきかせたことがありました。

   アンデルセン=著 各務三郎=訳 「マッチ売りの少女」
   『贈り物―クリスマス・ストーリー集1』 角川文庫 1978/11 所収


(J13) 山室 1978
「あっ、だれかが死んだんだわ」と、少女はいいました。それというのも、いまはもうなくなってしまいましたが、この子をかわいがってくれたただひとりのおばあさんが、いつもいっていたからです。――星がおちるときには、そのたんびに、一つの魂が、天の神さまのところへのぼっていくのだよ、と。

   アンデルセン=著 山室静(やまむろ・しずか)=訳 『マッチ売りの少女
   アンデルセン詩と童話集2 偕成社文庫 1978/06


(J14) 大畑 1971, 1979
「あ、だれかが死んだのだわ。」と、少女はいいました。もう、とっくに死んでいますが、この世の中でたったひとり、じぶんをかわいがってくれた、年とったおばあさんが、よくこういっていたからです。「星がおちるときにはな、そのたびに、ひとりの人の魂が、神さまのみもとへとんでいくのだよ。」

   ハンス=クリスチャン・アンデルセン=著
   大畑末吉(おおはた・すえきち)=訳 「マッチ売りの少女」
   14a.アンデルセン童話全集3』(全8巻) 講談社 新装第1刷 1979/02 所収
   14b.アンデルセン童話全集3』(全8巻) 講談社 1971 所収
   引用は 14a. に拠りました。


(J15) 与田 1969, 2001
 女の子は、「あっ、だれか しんだのだわ。」と いいました。今はもう なくなりましたが、この 子を かわいがって くれた おばあさんが、いつも 話して いました。――星が ながれる ときには、その たびに ひとりの 人の たましいが、かみさまの ところへ のぼって いくのだよ――

   アンデルセン=原作 与田準一(よだ・じゅんいち)=文
   杉田豊=絵 「マッチ売りの少女」
   15a.世界の名作7 マッチ売りの少女・雪の女王
      世界文化社 2001/06 所収
   15b. 少年少女世界の名作2 マッチ売りの少女・雪の女王
      世界文化社 1969/02 所収
   15a.15b. を新装改版したもの。引用は 15a. に拠りました。


(J16) 阪本 1969
「あ、だれかが死んだんだわ。」
 と、少女はつぶやきました。
 それというのは、いまはもうなくなってしまいましたが、この世の中でこの子をいちばんかわいがってくれた、ただひとりのおばあさんが、いつもいっていたからです。
「流(なが)れ星がおちるときは、そのたびに人のたましいが、天の神(かみ)さまのみもとへ召(め)されるのだよ。」と。

   アンデルセン=作 阪本越郎(さかもと・えつろう)=訳 「マッチ売りの少女」
   『新訳 星の女王―アンデルセン童話集
   文研児童読書館 文研出版 1969


(J17) 矢崎 1967
「ああ、だれかが死んだんだわ」と、少女は言いました。なぜって、いまは、この世にはいませんが、世界じゅうでただひとりだけ、この子をかわいがってくれていた、年とったおばあさんが、よく、こう言っていたからです。「星が落ちるときにはね、ひとりの人の魂が、神さまのみもとに、のぼっていくんだよ」

   アンデルセン=作 矢崎源九郎(やざき・げんくろう)=訳 
   『マッチ売りの少女―アンデルセン童話集3』 新潮文庫 1967/12


(J18) 竹崎 1956, 1989
「あっ! ほしがながれた。どこかで、ひとりのひとがしんだんだわ。」と、おんなのこはいいました。  おんなのこは、しんだおばあさんのことを、おもいだしていました。 「ほしがながれるとな、どこかのひとがひとり、かみさまのみもとに、めされていくんだとよ。」と、おばあさんが、はなしてくれたことがありました。  もう、あうことのできないおばあさん。このよのなかで、おんなのこをかわいがってくれたのは、このおばあさんひとりだけだったのです。

   アンデルセン=原作 竹崎有斐(たけざき・ゆうひ)=案
   初山滋(はつやま・しげる)=画
   18a.こどものとも』 マッチうりのしょうじょ
      心のかてを与える 「母の友」 絵本9 福音館書店 復刻版 1989/10/01
   18b.こどものとも』 マッチうりのしょうじょ 福音館書店 1956
   引用は 18a. に拠りました。


(J19) 番匠谷 1950
 「いま、だれか死んだのね。」
と女の子はいいました。というのは、たった一人、この子をかわいがってくれた、そして、もうずいぶん前に死んだおばあさんが、よくこんなふうにいったものでした。
 「星が落ちるたんびに、人のたましひが、天へのぼるんだよ。」

   アンデルセン=著 番匠谷英一(ばんしょうや・えいいち)=譯
   「マッチ賣りの少女」
   『アンデルセン童話集』 角川文庫 1950/03/20 所収


(J20) 藤井 1948
「あら! どなたか、死んだのだわ、神樣のおよびをうけて……」
 と、女の子はいいました。
 女の子には、年をとつた、たつた一人の、おばあさんがありました。そのおばあさんは 女の子を、いちばん かわいがつてくれたのです。今はもう、死んでしまつて いたのですけれど、生きているときには、いつでも
「星が長い尾をひいて、おちるときには、そのたびに、人のたましいが、神樣のところへ、よばれていくのですよ」
 と、はなして、くださつて、いたのでありました。

   アンデルセン=著 藤井樹郎(ふじい・じゅろう)=編
   鈴木壽雄=挿画・装幀 「マッチうりの女の子」
   『アンデルセン童話集』 世界名作童話選集 七星社 1948/09/25 所収


(J21) 酒井 1947
 「ああ、だれか、いま死(し)にかけてゐるんだわ!」  と、娘はこころにおもひました。いまはもう死んでしまつて、この世(よ)にはおいでになりませんが、いぜんには、じぶんをよくかあいがつてくださつた、たつたひとりのよい人であつたあ[ママ]ばあさんが、お星さまが天から落ちるときには、ひとりの人間(にんげん)のたましひが、天に昇(のぼ)つてゆくのである——といふことを、をしへてくださつたことを、娘は、いまおもひだしたのでありました。

   アンデルセン(アンデルゼン)=著 酒井朝彦(さかい・あさひこ)=譯
   『マツチ賣りの娘』 アンデルセン童話集1 愛育文庫103
   愛育社 1947/09/10 所収


(J22) 大畑 1939
 『あっ! 誰か死んだんだわ!』と女の子は言ひました。なぜなら、年をとつたお祖母(ばあ)さん——この世の中でこの子を一番可愛がつてくれた、たつた一人のお祖母さん、今はもう死んでしまつたお祖母さんが生きてる時いつも、『星が落ちるとな、そのたびに、一人の人の魂が天の神樣のところへとんで行くのだよ。』と話して聞かせたからです。

   アンデルセン=著 挿畫: Vilhelm Pedersen, Lorenz Frølich
   大畑末吉=譯 「マッチ賣りの女の子」
   『アンデルセン童話集3』 岩波文庫 1939/09/05(昭和14)所収

   原書:
   H.C. Andersens Eventyr og Historier
   Hans Brix og Anker Jensen
   5 bind. Gyldendalske Boghandel.


(J23) 楠山 1928, 2002
「だれか人が死んだのね。」
とむすめはいひました。
それはあのおばあさんが、ただ一人、この子にやさしくしてくれた、あのおばあさんが、それはもうとうになくなつてしまひましたが、生きてゐる時分よく、
「空から星が一つ落ちるたんびに、たましひが一つ神さまのところへあがつてゆくのだ。」
といひきかせたものでした。

   ハンス・アンデルセン=原著 楠山正雄(くすやま・まさお)=譯
   「マッチうりのむすめ」
   23a.アンデルセンの童話』 電子テキスト
      物語倶楽部 更新日 2002/07/27
   23b. 『現代日本文學全集第三十三篇 童話集』 アンデルセンの童話
      改造社 1928/03/01(昭和3)
   23 a. の底本は 23b.。引用は 23a. に拠りました。


(J24) 鈴木 1927, 1948, etc.
「だれかゞ死ぬんだ」と、少女は思ひました。それは、亡くなつたお祖母さんから、星がとぶのは、人のたましひが、神さまのところへ上つていく印だと聞いたことがあるからです。お祖母さんは、この少女をかわいがつてくれた、たゞ一人の人でした。

   24a. 鈴木三重吉=訳 「まっち賣りの少女」
      『アンデルセン童話集』 日本児童文庫30 名著普及会 1982/02 所収
   24b. 鈴木三重吉=著(=再話) 「マッチ売の少女」
      『鈴木三重吉童話全集4』 日本文学全集・選集叢刊第5次
      文泉堂書店 1975/09 所収
   24c. 鈴木三重吉=著(=再話) 初山滋(はつやま・しげる)=装幀・挿繪
      『マツチ賣りの少女』 少年文庫 光文社 1948/10
   24d. 鈴木三重吉=譯 「まっち賣りの少女」 『アンデルセン童話集
      日本兒童文庫30 アルス 非賣品 1927/07(昭和2)所収
   24a.24d. の復刻版。24b.24c. の復刻版。
   ただし、24b. は旧字・旧かなで、24c. と字句に異同あり。
   引用は 24d. に拠りました。原文は総ルビですが、ここでは省略しました。


(J25) 竹友 1924, 1989
「誰か死にかけてゐるのだよ」と娘は思つた。今は死んでしまつて居ないが、自分を可愛がつてくれた唯一人の人であるお祖母(ばあ)さんが、星の天より落ちる時には一人の人のたましひが天に上るといふことを、教へてくれたことがあるからである。

   アンデルセン=著 竹友藻風(たけとも・そうふう)=訳 「マッチ賣の娘」
   25a. 世界童話大系4 北欧篇 アンデルセン童話集
      株式会社名著普及会 1989/04 所収
   25b.世界童話大系4 北欧篇
      世界童話大系刊行會 1924/06(大正13)(非賣品)所収
   25a.25b. の復刻版。


(J26) 相馬 1903, 1996
『あゝ、何人(だれ)か死ぬのだ!』と少女は誰に云ふとなくつぶやくのであつた。今は亡いが、少女には唯一人のたよりであつた祖母なる人が、星の落ちるのは人の靈魂が天へ上るしるしだと甞て教へてくれた事を、今宵此時、少女は思ひ當つたのでもあらう。

   アンデルセン=著 相馬御風(そうま・ぎょふう)=譯 「まっちの光」
   26a. 川戸道昭+榊原貴教=編 ナダ出版センター=制作
      『明治翻訳文学全集 新聞雑誌編46 アンデルセン集
      (全50巻・別巻2) 大空社 1996/06 所収
   26b. 『明星』 1903/09(明治36)。
   初出は 26b.。その複製は これ。引用は 26a. に拠りました。


■ベトナム語訳 Translation into Vietnamese

"Chắc có ai đó vừa qua đời" em nghĩ. Chả là bà nội, người độc nhất thương em, thường nói: Khi có một ngôi sao rơi trên trời là có một linh hồn về nơi nước Chúa."

   Em bé bán diêm by Hans Christian Andersen
   E-text at 4phuong.net


■ロシア語訳 Translation into Russian

-- Вот кто-то умирает! -- сказала малютка.  Покойная бабушка, единственное любившее ее существо в мире, говорила ей: "Падает звездочка -- чья-нибудь душа идет к Богу".

   Ганс Христиан Андерсен. Девочка со спичками
   Translated by Анны и Петра Ганзен
   E-text at Lib.Ru


■ポーランド語訳 Translation into Polish

— Ktoś umarł — cicho szepnęła dziewczynka, bo słyszała od babki, którą kochała bardzo, że kiedy gwiazda spada, to dusza człowieka odlatuje z ziemi do nieba.

   Dziewczynka z zapałkami by Hans Christian Andersen
   Translated by Cecylia Niewiadomska
   E-text at Wolne Lektury


 Audio 1 
ドイツ語版オーディオブック(朗読) Audiobook in German read by Lisbeth Schmidt

下に引用する箇所の朗読は 4:10 から始まります。 Uploaded to YouTube by freeaudiobooks84 on 28 Nov 2012. Audio courtesy of LibriVox. Reading of the excerpt below starts at 4:10.


■ドイツ語訳 Translation into German

„Jetzt stirbt jemand!“ sagte die Kleine; denn die alte Großmutter, welche sie allein freundlich behandelt hatte, jetzt aber längst tot war, hatte gesagt: „Wenn ein Stern fällt, steigt eine Seele zu Gott empor!“

   Märchen für Kinder by Hans Christian Andersen
   Translated by Paul Arndt
   E-text at Project Gutenberg


■スペイン語訳 Translation into Spanish

«Alguien se está muriendo» -pensó la niña, pues su abuela, la única persona que la había querido, pero que estaba muerta ya, le había dicho-: Cuando una estrella cae, un alma se eleva hacia Dios.

   La niña de los fósforos by Hans Christian Andersen
   E-text at:
   * Ciudad Seva
   * Wikisource


■フランス語訳 Translation into French

«Voilà quelqu'un qui va mourir » se dit la petite. Sa vieille grand-mère, le seul être qui l'avait aimée et chérie, et qui était morte il n'y avait pas longtemps, lui avait dit que lorsqu'on voit une étoile qui file, d'un autre côté une âme monte vers le paradis.

   La Petite Fille aux allumettes by Hans Christian Andersen
   E-text at Wikisource


 Audio 2 
英語版オーディオブック(朗読) Audiobook in English read by Fox in the Stars

下に引用する箇所の朗読は 4:54 から始まります。 Uploaded to YouTube by audiobooksfree on 17 Jan 2012. Reading of the excerpt below starts at 4:54.


■英訳 Translations into English

(E1) Anonymous (Year of publication unknown)
"Someone is just dead!" said the little girl; for her old grandmother, the only person who had loved her, and who was now no more, had told her, that when a star falls, a soul ascends to God.

   The Little Match Girl
   from Andersen's Fairy Tales by Hans Christian Andersen
   * E-text at Project Gutenberg (Released: 1999/01)
   * Creative Commons audiobook at LiteralSystems.org


(E2) Spink, 1992
'Someone's dying!' said the little girl; for old Granny, the only person who had been good to her, but who was dead, had said that when a star falls a soul rises up to God.

   The Little Match Girl
   Fairly Tales by Hans Christian Andersen
   translated into English by Reginald Spink
   Children's Classics, Everyman's Library (1992/10)


(E3) Hersholt, 1949
"Now someone is dying," thought the little girl, for her old grandmother, the only person who had loved her, and who was now dead, had told her that when a star fell down a soul went up to God.

   The Little Match Girl by Hans Christian Andersen
   translated into English by Jean Hersholt (1949)


(E4) Paull, 1872
"Someone is dying," thought the little girl, for her old grandmother, the only one who had ever loved her, and who was now dead, had told her that when a star falls, a soul was going up to God.

   Hans Christian Andersen: Fairy Tales and Stories
   English Translation by H. P. Paull (1872)
   E-text:
   * The Little Match-Seller - HCA.Gilead.org.il
   * The Little Match-Seller - AesopFables.com
   * The Little Match Girl - Wikisource


 Video 3 
The Little Match-Seller. Read by Chuck Brown

The script is based on the translation by H. P. Paull quoted above.


■その他の言語への翻訳 Translations into other languages

以上のほか、エスペラント、ノルウェー語、オランダ語、イタリア語、ハンガリー語などの各言語への翻訳は、つぎのリンク先で読むことができます。


 Video 4 
マッチ売りの少女 (1902) — 初期のサイレント映画
The Little Match Seller (1902), an early silent film adaptation

イギリス映画 監督: ジェームズ・ウィリアムソン UK. Directed by James Williamson. Produced by Williamson Kinematograph Company. c.3 mins. Black and white.


 Images  
「マッチ売りの少女」 挿絵
Illustrations: Den lille Pige med Svovlstikkerne (The Little Match Girl)

↓ Click to enlarge ↓
a. Vilhelm_pedersen__den_lille_pige__2 b. Axel__mathiesen_den_lille_pige_me_2
  • 挿絵: ヴィルヘルム・ペーダーセン
    Illustration by Wilhelm Pedersen. Image source: Kulturcentret Assistens
  • 挿絵: アクセル・マティーセン
    Illustration by Axel Mathiesen. Image source: TheHumanStain

 Audio 3 
デンマーク語版朗読 Audiobook in Danish

下に引用する箇所の朗読は 3:51 から始まります。 Uploaded to YouTube by Kristian Hedegaard Petersen on 16 Oct 2010. Reading of the excerpt below starts at 3:51.


■デンマーク語原文 The original text in Danish

“Nu døer der Een!” sagde den Lille, for gamle Mormoer, som var den eneste, der havde været god mod hende, men nu var død, havde sagt: naar en Stjerne falder, gaaer der en Sjæl op til Gud.


■訳文の比較 Comparison of some expresssions

[zh] 中國語譯(繁體字)Translations into traditional Chinese
   “有一個什麼人快要死了” …………(C2)
   “有一個什麼人去世了” ……………(C1)

[ja] 日本語訳 Translations into Japanese
   「だれか しんだのだわ」  …………与田 1969, 2001
   「だれかゞ死ぬんだ」 ………………鈴木 1927, 1948, etc.
   「だれか、いま死にかけてゐるんだわ!」……酒井 1947
   「だれか、死んだんだわ!」 ………代田 2007
   「だれかが しぬんだわ」  …………山内 1987
   「だれかが死ぬんだ……」…………大久保 1999
   「だれかが死ぬんだわ!」…………大畑 1993, 2003
   「だれかが死んだのだわ」…………大畑 1971, 1979
   「だれかが死んだのね!」…………天沼 2012
   「だれかが死んだわ」………………荒俣 2005
   「だれかが死んだわ!」……………大塚 2003
   「だれかが死んだわ!」……………高橋 1979, 1986, etc.
   「だれかが死んだんだわ」…………山室 1978
   「だれかが死んだんだわ」…………阪本 1969
   「だれかが死んだんだわ」…………矢崎 1967
   「だれか人が死んだのね。」 ………楠山 1928, 2002
   「だれか死ぬんだわ」………………各務 1978
   「だれか死んだ」……………………木村 1987
   「だれか死んだのね」………………番匠谷 1950
   「どなたか、死んだのだわ」  ………藤井 1948
   「ひとりのひとがしんだんだわ。」 …竹崎 1956, 1989
   「人が死んだんだわ」………………木村 2004
   「何人か死ぬのだ!」………………相馬 1903, 1996
   「誰かが亡くなったんだわ!」  ……結城 1999, 2000
   「誰か死にかけてゐるのだよ」 ……竹友 1924, 1989
   「誰か死んだんだわ!」……………大畑 1939

[vi] ベトナム語訳 Translation into Vietnamese
   "Chắc có ai đó vừa qua đời"

[ru] ロシア語訳 Translation into Russian
   -- Вот кто-то умирает! --

[pl] ポーランド語訳 Translation into Polish
   — Ktoś umarł —

[en] 英訳 Translations into English
   “Someone is dying,” ………………Paull, 1872
   “Someone is just dead!” …………Anonymous
   “Someone's dying!” ………………Spink, 1992
   “someone is dying,” ………………Hersholt, 1949

[es] スペイン語訳 Translation into Spanish
   «Alguien se está muriendo »

[fr] フランス語訳 Translation into French
   «Voilà quelqu'un qui va mourir »

[da] デンマーク語原文 The original text in Danish
   “Nu døer der Een!”


■邦題の異同 Variations of the title translted into Japanese

   「まっちの光」  ………………相馬 1903, 1996
   「まっち賣りの少女」…………鈴木 1927, 1982
   「マッチうりのしょうじょ」  ……竹崎 1956, 1989
   「マッチうりのむすめ」 ………楠山 1928, 2002
   「マッチうりの女の子」 ………藤井 1948
   「マッチうりの少女」 …………山内 1987
   「マッチ売の少女」  …………鈴木 1975
   「マッチ売りの女の子」………大塚 2003
   「マッチ売りの少女」…………天沼 2012
   「マッチ売りの少女」…………代田 2007
   「マッチ売りの少女」…………荒俣 2005
   「マッチ売りの少女」…………結城 1999, 2000
   「マッチ売りの少女」…………大久保 1999
   「マッチ売りの少女」…………木村 1987, 2004
   「マッチ売りの少女」…………高橋 1979, 1986, etc.
   「マッチ売りの少女」…………各務 1978
   「マッチ売りの少女」…………山室 1978
   「マッチ売りの少女」…………大畑 1971, 1979, 1986, 1993, etc.
   「マッチ売りの少女」…………阪本 1969
   「マッチ売りの少女」…………与田 1969, 2001
   「マッチ売りの少女」…………矢崎 1967
   「マッチ賣の娘」  ……………竹友 1924, 1989
   「マッチ賣りの女の子」 ………大畑 1939
   「マッチ賣りの少女」…………番匠谷 1950
   「マツチ賣りの少女」…………鈴木 1948
   「マツチ賣りの娘」……………酒井 1947


■デンマーク語の原文・原題などについての日本語による紹介
 Information in Japanese on Andersen's original titles and texts in Danish

アンデルセン童話の各作品名のデンマーク語における原文ならびに原題については、つぎの2つのサイトが参考になります。

  1. 趣味のデンマーク語
    この「趣味のデンマーク語」というサイトは、千葉市にある『本町受験英語』という英語塾の塾長の方が1人で運営しておられるそうです。すばらしいサイトを運営しておられることに敬服します。
  2. ハンス・クリスチャン・アンデルセンの絵本 - 埼玉県立図書館

■外部リンク External links


■更新履歴 Change log

2014/01/06 ドイツ語版オーディオブック、英語版オーディオブック、およびデンマーク
         語版朗読の YouTube 画面、ならびにドイツ語訳を追加しました。
2013/12/09 代田亜香子=日本語版訳 2007/03/15 を追加しました。
2013/12/05 天沼春樹=訳 2012/07/25 を追加しました。
2013/11/19 ベトナム語訳を追加しました。
2013/04/24 ベトナムのアニメ Cô Bé Bán Diêm の YouTube 動画を追加しました。
2012/08/08 ロシア語訳を追加しました。
2012/07/07 ポーランド語訳を追加しました。
2010/09/17 高橋健二=訳の書誌情報を補足しました。
2010/08/22 つぎの2本のYouTube 動画を追加しました。
         1) ロジャー・アラーズ監督によるアニメ作品
         2) 詳細未確認の The Little Match-Seller
2010/07/04 高橋健二=訳 1979/12/20 を追加しました。
2010/06/29 これまで新字「神」「祖」に置き換えていた一部の表記を、原文どおり
         の旧字「神」「祖」に、それぞれ変更しました。
2010/06/15 藤井樹郎=編 1948/09/25、酒井朝彦=譯 1947/09/10、
         大畑末吉=譯 1939/09/05、楠山正雄=譯 1928/03/01 を追加
         しました。また、「邦題の異同」の項を新設しました。さらに、
         ヴィルヘルム・ペーダーセンによる挿絵を追加し、ブログ記事の
         タイトルにデンマーク語原題 Den lille Pige med Svovlstikkerne
         を追加しました。
2009/08/29 竹崎有斐=案 1989/10/01 を追加しました。
2009/08/05 番匠谷英一=譯 1950/03 を追加し「訳文の比較」の項を新設しました。
2009/08/03 荒俣宏=訳 2005/08 を追加しました。
2009/07/31 初期のサイレント映画の動画画像、2つめの中國語譯(繁體字)、
         木村由利子=訳 1987/11 および阪本越郎=訳 1969 の2種類の
         日本語訳、その他の言語への翻訳に関する情報、ならびに外部
         リンクの項を追加しました。
2008/12/24 各務三郎=訳 1978/11 を追加しました。
2008/02/14 鈴木三重吉=譯の訳文を 1927/07(昭和2)のものに差し換えました。
         また、日本語訳の訳文の配列を変更しました。さらに、関係サイト
         へのリンクを追加しました。
2007/07/02 相馬御風=譯 1903/09, 1996/06 を追加しました。
2007/04/13 スペイン語訳を追加しました。
2007/04/05 大畑末吉=訳 1979/02、鈴木三重吉=再話 1948/10、および
         竹友藻風=訳 1924/06 を追加しました。
2006/08/26 木村由利子=訳 2004/01、与田準一=文 2001/06、および
         山内清子=訳 1987/12 を追加しました。
2006/07/31 フランス語訳、デンマーク語原文、中國語譯(繁體字)を追加しました。
         また、「デンマーク語の原文・原題などについての日本語による紹介」
         を追加しました。
2006/07/30 Reginald Spink による英訳 1960 を追加しました。訳例の配列を、
         英訳→日本語訳から、日本語訳→英語へ、また、それぞれの
         言語における配列を、旧→新から、新→旧に変更しました。さらに、
         Amazon.co.jp の該当ページと電子テキストの該当ページへの
         リンクを張りました。
2006/05/19 大久保ゆう=訳 1999/12 を追加しました。
2006/02/23 山室静=訳 1978/06 を追加し、書誌情報を修正・補足しました。
2006/02/20 結城浩=訳 1999 を追加しました。


にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ84595840v1308102456

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■DVD

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

  

| | Comments (0) | TrackBack (0)

The Restaurant at the End of the Universe by Douglas Adams (2) ダグラス・アダムス 『宇宙の果てのレストラン』 (2)

_1
 
 
       目次 Table of Contents

■中國語譯(繁體字) Translation into traditional Chinese
■日本語訳 Translations into Japanese
  (J1) 安原 2005
  (J2) 風見 1983
■トルコ語訳 Translation into Turkish
■ハンガリー語訳 Translation into Hungarian
■フィンランド語訳 Translation into Finnish
■ギリシャ語訳 Translations into Greek
■ロシア語訳 Translations into Russian
  (R1) Аринович, 2011
  (R2) Генкин, Силакова, 1997
  (R3) Филиппов, 1995-1997
■ウクライナ語訳 Translations into Ukrainian
■ブルガリア語訳 Translation into Bulgarian
■ポーランド語訳 Translation into Polish
■クロアチア語 Translation into Croatian
■チェコ語訳 Translation into Czech
■ノルウェー語訳 Translation into Norwegian
■デンマーク語訳 Translation into Danish
■スウェーデン語訳 Translation into Swedish
■ドイツ語訳 Translation into German
■オランダ語訳 Translation into Dutch
■イタリア語訳 Translation into Italian
■ポルトガル語訳 Translation into Portuguese
■カタルーニャ語訳(カタロニア語訳) Translation into Catalan
■スペイン語訳 Translation into Spanish
■フランス語訳 Translations into French
  (F1)
  (F2)
■英語原文 The original text in English
 Audio 1  Audiobook read by Martin Freeman
 Audio 2  Audiobook read by Douglas Adams
 Audio 3  Part One (Vinyl Version)
■外部リンク External links
■更新履歴 Change log


■中國語譯(繁體字) Translation into traditional Chinese

混沌初開,宇宙始創。這讓一堆人非常不爽,普遍認為是一大敗筆。

   第一章
   《宇宙盡頭的餐廳》  作者: 道格拉斯.亞當斯 譯者: 丁世佳
   時報文化出版企業股份有限公司 2008/10/06
   Excerpt at 誠品網路書店


■日本語訳 Translations into Japanese

(J1) 安原 2005
はじめに宇宙が創造された。これには多くの人がたいへん立腹したし、よけいなことをしてくれたというのがおおかたの意見だった。

   1
   『宇宙の果てのレストラン』 河出文庫 2005/09


(J2) 風見 1983
初めに宇宙がつくられた。これにはたくさんの人が腹を立てた。これはよくない行為として広く認められている。

   1
   ダグラス・アダムス=著 風見潤(かざみ・じゅん)=訳
   『宇宙の果てのレストラン』 新潮文庫 1983/04


■トルコ語訳 Translation into Turkishh

İşin başında Evren yaratıldı. Bu, pek çok kişiyi çok kızdırdı ve genellikle kötü bir adım olarak değerlendirildi.

   1
   Evrenin Sonundaki Restoran by Douglas Adams
   Translated by İrem Kutlu
   E-text at:
   * Evrenin [PDF]
   * Scribd
   Quoted in ankakedisi


■ハンガリー語訳 Translation into Hungarian

Kezdetben volt az Univerzum teremtése. Ez sokak rosszallását kiváltotta, s elterjedt vélemény szerint nem tartozott a legjobb húzások közé.

   Első fejezet
   Vendégl ő A Világ Végén by Douglas Adams
   E-text at DOUGLAS ADAMS - ketto.pdf [PDF]
   Quoted in Wikidézet (Wikiquote)


■フィンランド語訳 Translation into Finnish

Alussa universumi luotiin. Tämä on suututtanut monia ihmisiä ja sitä pidetään yleisesti huonona ideana.

   1
   Maailmanlopun ravintola by Douglas Adams
   Quoted in Shvoong


■ギリシャ語訳 Translations into Greek

Στην αρχή δημιουργήθηκε ο κόσμος. Το γεγονος αυτό έκανε πολλούς ανθρώπους να νευριάσουν και γενικά θεωρήθηκε ως κακή κίνηση.

   1
   Ντάγκλας Άνταμς - Το εστιατόριο στην άκρη του σύμπαντος
   Quoted in Λέσχη του Βιβλίου


■ロシア語訳 Translations into Russian

(R1) Аринович, 2011
Сначала была создана Вселенная. Немало людей  сильно разозлилось из-за этого, да и вообще, общественное мнение сочло это ошибкой.

   Chapter 1
   Дуглас Адамс. Ресторан в конце Вселенной
   Translated by Юрий Аринович
   © Copyright 2011 Юрий Аринович, перевод, 2011-04-17
   E-text at Lib.Ru


(R2) Генкин, Силакова, 1997
Все началось с появления Вселенной. Это  событие  чрезвычайно  разозлило  массу  людей  и  было   расценено общественным мнением как ложный шаг.

   1
   Дуглас Адамс. Ресторан "У конца вселенной"
   Translated by В.Генкин, С.Силакова. М., "АСТ", 1997.
   E-text at Lib.Ru


(R3) Филиппов, 1995-1997
В  начале  была  создана  Вселенная. Это у многих вызвало крайнее раздражение, и в основном  рассматривалось  как  плохой ход.

   Глава 1
   Дуглас Адамс. Ресторан на краю Вселенной
   Translated by Вадим Филиппов
   © Copyright Вадим Филиппов -- перевод, 1995-1997
   E-text at Lib.Ru


■ウクライナ語訳 Translations into Ukrainian

Спочатку Всесвіт було створено. Багато людей лютилися на одну тільки думку про це і вважали сотворіння світу ганебним вчинком.

   Розділ 1
   Дуглас Адамс. Ресторан на краю Всесвіту
   E-text at Дуглас АДАМС [DOC]
   © ВСЕСВІТ. - 1996.- № 3.
   © НАСАДА Павло, переклад з англійської, 1996.


■ブルガリア語訳 Translation into Bulgarian

В началато бе създадена Вселената. Този факт разгневи силно много хора и сега се шири мнението, че това е била погрешна стъпка.

   Дъглас Адамс. Ресторант на края на вселената
   Quoted in Wikiquote


■ポーランド語訳 Translation into Polish

Na początku stworzono wszechświat. Zezłościło to mnóstwo ludzi i zostało powszechnie uznane za błąd.

   Restauracja na końcu wszechświata by Douglas Adams
   Quoted in:
   * komiksomania.pl
   * Lubimy Czytać


■クロアチア語 Translation into Croatian

U početku je nastao svemir. To je jako razljutilo mnogo ljudi i uglavnom se smatra lošim potezom.

   Restoran na kraju svemira  by Douglas Adams
   Quoted in BROTEST.ba


■チェコ語訳 Translation into Czech

Na počátku byl stvořen vesmír. Spoustu lidí to naštvalo a většinou se to považovalo za chybný krok.

   Restaurant na konci vesmíru by Douglas Adams
   E-text at Restaurant na konci vesmíru
   Quoted in Databáze knih


■ノルウェー語訳 Translation into Norwegian

I begynnelsen ble Universet skapt. Dette gjorde mange svært sinte og ble i vide kretser betraktet som et dårlig trekk.

   Kapittel 1
   Restauranten Der Universet Slutter by Douglas Adams
   E-text IKT 11/12: Tekster fra forskjellige bøker


■デンマーク語訳 Translation into Danish

I begyndelsen blev universet skabt. Det gjorde en masse mennesker meget vrede og er blevet almindeligt anerkendt som en rigtig dårlig idé.

   Resteurant i slutningen af universet by Douglas Adams
   Quoted in Universet - Spademanns Leksikon


■スウェーデン語訳 Translation into Swedish

I begynnelsen skapades universum. Detta har gjort många väldigt upprörda och har blivit vida uppfattat som ett dumt drag.

   Restaurangen vid slutet av universum by Douglas Adams
   Quoted in:
   * 49970_I_begynnelsen_skapades_univers.pdf [PDF]
   * Visa victor.no1


■ドイツ語訳 Translation into German

Am Anfang wurde das Universum erschaffen. Das machte viele Leute sehr wütend und wurde allenthalben als Schritt in die falsche Richtung angesehen.

   Kapitel 1
   Das Restaurant am Ende des Universums by Douglas Adams
   Translated by Benjamin Schwarz. Heyne Verlag, 2009
   Preview at Amazon.co.jp
   Quoted in:
   * Hintergründe zu Per Anhalter durch die Galaxis - Wikipedia
   * Wikiquote


■オランダ語訳 Translation into Dutch

In den beginne is het heelal geschapen. Hierover hebben velen zich erg boos gemaakt en in brede kring is het beschouwd als een domme zet.

   1
   Het restaurant aan het einde van het heelal by Douglas Adams
   E-text at Het restaurant aan het einde van het heelal - Boekerij [PDF]


■イタリア語訳 Translation into Italian

Al principio fu creato l'Universo. Questo fatto ha sconcertato non poche persone ed è stato considerato dai più come una cattiva mossa.

   1
   Ristorante al termine dell'universo by Douglas Adams
   Translated by Laura Serra. Edizioni Mondadori, 2012
   Preview at Google Books
   Quote in Wikiquote


■ポルトガル語訳 Translation into Portuguese

No princípio o Universo foi criado. Isso irritou muitas pessoas e foi amplamente encarado como um passo errado.

   Capítulo 1
   O Restaurante do fim do Universo by Douglas Adams
   Translated by Aguinaldo Anselmo
   E-text at O Restaurante do fim do Universo Douglas Adams [PDF]


■カタルーニャ語訳(カタロニア語訳) Translation into Catalan

Al principi, l'univers es va crear. Aquest fet va enutjar a molta gent i ha estat ampliament considerar com una mala decisió.

   1
   The Restaurant at the End of the Universe (Catalan title unconfirmed)
   by Douglas Adams
   Excerpt at Grans frases - Fòrums - Racó Català


■スペイン語訳 Translation into Spanish

Al principio se creó el Universo. Eso hizo que se enfadara mucha gente, y la mayoría lo consideró un error.

   1
   El Restaurante del Fin del Mundo by Douglas Adams
   E-text at EL RESTAURANTE DEL FIN DEL MUNDO - Alconet [DOC]


■フランス語訳 Translations into French

(F1)
Au début, l'univers a été créé. Cela a fait que beaucoup de gens très en colère et a été largement considéré comme un mauvais coup.

   Chapitre 1
   Le Dernier Restaurant avant la fin du monde by Douglas Adams
   Quoted in les-paroles-de-chansons.com


(F2)
Au début, l'univers a été créé. Cela fait un bon nombre de gens très en colère, et a été largement considérée comme une mauvaise idée.

   Chapitre 1
   Le Dernier Restaurant avant la fin du monde by Douglas Adams
   Quoted in Personalized Mothers Day Gifts


■英語原文 The original text in English

In the beginning the Universe was created. This has made a lot of people very angry and been widely regarded  as a bad move.

   Chapter 1
   The Restaurant at the End of the Universe (1980) by Douglas Adams


 Audio 1 
The Restaurant at the End of the Universe - Audiobook read by Martin Freeman

Uploaded to YouTube by audiobookmturk19 on 15 Sep 2011.


 Audio 2 
The Restaurant at the End of the Universe - Audiobook read by Douglas Adams

Uploaded to YouTube by S.S. Heart of Gold on 15 Apr 2012.


 Audio 3 
The Restaurant at the End of the Universe - Part One (Vinyl Version)

Uploaded to YouTube by Runmaster Supreme on 15 Apr 2012.


■外部リンク External links


■更新履歴 Change log

  • 2014/11/26 繁體字中國語譯、ギリシャ語訳、およびカタルーニャ語訳を追加しました。
  • 2013/08/31 トルコ語訳、ハンガリー語訳、フィンランド語訳、ウクライナ語訳、およびオランダ語訳を追加しました。
  • 2013/08/30 目次を新設しました。また、ブルガリア語訳、ポーランド語訳、クロアチア語、チェコ語訳、ノルウェー語訳、デンマーク語訳、スウェーデン語訳、ドイツ語訳、イタリア語訳、ポルトガル語訳、スペイン語訳、2種類のフランス語訳、および3種類の録音の YouTube 画面を追加しました。
  • 2012/07/20 3種類のロシア語訳を追加しました。
  • ----/--/-- 風見潤=訳 1983/04 を追加しました。また、「外部リンク」の項を新設しました。さらに、記事のタイトルをつぎのとおり変更しました。
    • 旧題: Quote 008 A bad move
    • 新題: The Restaurant at the End of the Universe by Douglas Adams (2) ダグラス・アダムス『宇宙の果てのレストラン』 (2)

にほんブログ村 
本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ84595840v1308102456

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザの画面を更新すると入れ替ります。
↓ Renew the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages

(1) The Restaurant at the End of the Universe

(2) The Hitchhiker's Guide to the Galaxy

(3) Douglas Adams

■和書 Books in Japanese

■DVD

■CD

  

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Le Tour du monde en 80 jours par Jules Verne / Around the World in Eighty Days by Jules Verne / ジュール・ヴェルヌ 『八十日間世界一周』

        目次 Table of Contents

 Video 1  80デイズ (2004) Around the World in 80 Days (2004)
 Video 2  80日間世界一周 (1956) Around the World in 80 Days (1956)
 Video 3  Videobook of the English translation by G. M. Towle
■中国語訳(簡体字)Translation into simplified Chinese
■日本語訳 Translations into Japanese
  (J1) 高野 2009
  (J2) SOGO_e-text_library 2002
  (J3) 鈴木 2001
  (J4) 田辺 1976
  (J5) 木村 1973
  (J6) 江口 1963, 1978, etc.
  (J7) 井上 1888
  (J8) 川島 1878, 2002, etc.
 Images   表紙画像、扉、挿絵 Illustration, book covers and title pages
■トルコ語訳 Translation into Turkish
■ハンガリー語訳 Translation into
■フィンランド語訳 Translation into Finnish
■ギリシャ語訳 Translation into Greek
 Audio 1  ロシア語版オーディオブック(朗読) Audiobook in Russian
■ロシア語訳 Translation into Russian
■ウクライナ語訳 Translation into Ukrainian
■ブルガリア語訳 Translation into Bulgarian
 Audio 2  ポーランド語版オーディオブック(朗読) Audiobook in Polish
■ポーランド語訳 Translation into Polish
■スロベニア語訳 Translation into Slovenian
■チェコ語訳 Translation into Czech
■スウェーデン語訳 Translation into Swedish
■ドイツ語訳 Translation into German
 Audio 3  オランダ語版オーディオブック(朗読) Audiobook in Dutch
■オランダ語訳 Translation into Dutch
 Audio 4  英語版オーディオブック(朗読) Audiobook in English (tr. G. M. Towle)
 Audio 5  英語版オーディオブック(朗読) Audiobook in English (tr. G. M. Towle)
■英訳 Translations into English
  (E1) Glencross, 2004
  (E2) Butcher, 2001
  (E3) Towle, 1873
■ルーマニア語訳 Translations into Romanian
  (Ro1) Dumitrache, 2013
  (Ro2) Tudoran, 2010
■イタリア語訳 Translation into Italian
■ポルトガル語訳 Translation into Portuguese
■カタロニア語訳(部分) Translation into Catalan (fragment)
 Audio 6  スペイン語版オーディオブック(朗読) Audiobook in Spanish
■スペイン語訳 Translation into Spanish
 Audio 7  フランス語原書オーディオブック(朗読)  Audiobook in French
■フランス語原文 The original text in French
■更新履歴 Change log


 Video 1 
80デイズ (2004) 予告篇 Around the World in 80 Days (2004) Trailer

監督: フランク・コラチ 出演: ジャッキー・チェン(パスパルトゥー)、スティーヴ・クーガン(フィリアス・フォッグ) Directed by Frank Coraci. Starring Jackie Chan (Passepartout / Lau Xing), Steve Coogan (Phileas Fogg)


 Video 2 
80日間世界一周 (1956) 予告編 Around the World in 80 Days (1956) Trailer

監督: マイケル・アンダーソン 出演: デヴィッド・ニーヴン(フォッグ)、カンティンフラス(パスパルトゥー)、ロバート・ニュートン(フィックス刑事)ほか豪華キャスト。 Directed by Michael Anderson. Starring David Niven (Phileas Fogg), Mario Moreno "Cantinflas" (Passepartout), Robert Newton (Mr. Fix) and many others.


 Video 3 
『八十日間世界一周』——G・M・タウルによる下掲英訳のビデオブック
Around the World in Eighty Days: A Videobook of the English translation by George Makepeace Towle

下に引用する箇所の朗読は 8:58 から始まります。 Presented by CCProse. Reading of the excerpt below starts at 8:58.


■中国語訳(簡体字)Translation into simplified Chinese

“那就好,现在你的表几点?”
路路通伸手从裤腰上的表口袋里掏出一只大银表,回答说:
“十一点二十二分。”
“你的表慢了,”福克先生说。
“请您别见怪,先生,我的表是不会慢的。”
“你的表慢了四分钟。不过不要紧,你只要记住所差的时间就行了。好吧,从现在算起,1872年10月2号星期三上午十一时二十九分开始,你就是我的佣人了。”

   《八十天环游地球》 作者: 儒勒.凡尔纳
   第一章 斐利亚·福克和路路通建立主仆关系
   E-text at:
   * 我有闲书库 (WoYouXian.com)
   * 美人鱼小说阅读网


■日本語訳 Translations into Japanese

(J1) 高野 2009
「よろしい。ところで、今は何時だ?」
「十一時三十三分です」パスパルトゥーはチョッキのポケットから大きな銀の懐中時計を出すと答えた。
「その時計は進んでいる」フォッグ氏は言った。
「申しわけありませんが、そんなはずはありません」パスパルトゥーは言い張った。
「いや、四分、進んでいる。だが、遅れているか進んでいるかはどうでもいい。大切なのは四分の ずれ があることだ。そのずれがあることをわかったうえで行動してくれたまえ。ということで、君は十月二日水曜日の午前十一時二十九分からこの屋敷の召使いになったということになる」

   第1章 謎の男
   フィリアス・フォッグ氏とパスパルトゥー、主従の誓いを結ぶ
   ジュール・ヴェルヌ=著 高野優(たかの・ゆう)=訳
   『八十日間世界一周(上)』(全2冊) 光文社古典新訳文庫 2009/05
   文中の太字個所は原文では太字でなく傍点。
   注意:
   この訳だけ、他の訳とのあいだに日付・時間のずれがあることについては
   下巻の「訳者あとがき」を参照。ただしネタバレ注意。


(J2) SOGO_e-text_library 2002
「上出来だ! ところで今何時かね。」
聞かれたパスパルトゥーは、ポケットから巨大な銀時計を取り出して、「十一時二十二分過ぎであります。」と答えた。
「遅れてるぞ。」 とフォッグ氏は言った。
「しかし、まさかそんな——。」
「四分遅れている。大丈夫、遅れを確認しておけばいいんだ。今この瞬間、十月二日木曜日十一時二十九分になったら、君は私の従者だ。」

   第一章:フィリアス・フォッグとパスパルトゥーが主従契約を結ぶこと
   ジュール・ヴェルヌ=著 SOGO_e-text_library 訳
   『八十日間世界一周(普及版)
   プロジェクト杉田玄白正式参加テキスト 最終改訂 2002/06


(J3) 鈴木 2001
「ならば結構。で、今何時かな。」
「一一時二二分でございます。」チョッキのポケットの奥からとてつもなく大きな銀時計を出して、パスパルトゥーが答えた。
「君の時計は遅れている。」とフォッグ氏が言った。
「お言葉ではございますが、まさかそんなことはありえないかと存じます。」
「四分遅れている。がそれはどうでもいい。ずれがあることが分かりさえすればいいのだ。したがって、君は今この時、すなわち、一八七二年一○月二日水曜日、午前一一時二九分から私の召使として働くことになった。」

   1 フィリアス・フォッグとパスパルトゥー、
   一方が主人に、他方が召使になることを了承しあう
   ジュール・ヴェルヌ=作 鈴木啓二(すずき・けいじ)=訳
   『八十日間世界一周』 岩波文庫 2001/04


(J4) 田辺 1976
「よろしい。ところで、いま何時かな」
「十一時二十五分です」と、パスパルトゥーはチョッキのポケットから大きな銀の時計をだして、答えた。
「おまえの時計はおくれているぞ」と、フォッグ氏がいった。
「失礼ですが、そんなはずはありません」
「いや、四分おくれている。だが、それはどうでもいい。四分のおくれを確認しておけばいいのだ。では、いまから、つまり一八七二年十月二日水曜日の午前十一時二十九分から、おまえはわたしの使用人となったのだ」

   1 フィリアス・フォッグとパスパルトゥーとが、
   たがいに主従の契約をすること
   ジュール・ヴェルヌ=著 田辺貞之助(たなべ・ていのすけ)=訳
   『八十日間世界一周』 創元SF文庫 1976/03


(J5) 木村 1973
「よろしい。ところで、いま何時だね?」
「十一時二十二分でございます」と、パスパルトゥーはチョッキのポケットから大型の銀時計を取り出しながら答えた。
「きみの時計は遅れている」と、フォッグ氏は言った。
「失礼ですが、けっして、そんなことは……」
「四分遅れている。が、まあ、それはどちらでもいい。必要なのは、きみがその遅れを確認しておくことだ。……では、いまから、すなわち一八七二年十月二日、水曜日、午前十一時二十九分から、きみはわたしの従僕になる」

   一 フィリアス・フォッグとパスパルトゥーとが主従の契約を結ぶこと
   ヴェルヌ=著 木村庄三郎(きむら・しょうざぶろう)=訳
   『八十日間世界一周』 旺文社文庫 1973/02


(J6) 江口 1963, 1978, etc.
「よろしい。では、いま何時かな?」
「十一時二十二分です」と、ポケットから大きな銀時計をとりだして、パスパルトゥーは答えた。
「おまえの時計はおくれている」と、フォッグ氏は言った。
「おことばにそむくようですが、そんなことはありません」
「おまえのは、四分おくれている。まあ、どうでもいい。その差がわかっていればいいわけだ。ところでと、現在一八七二年十月二日水曜日午前十一時二十九分から、おまえはわたしの使用人になったことになる、わかったな」

   1 フィリアス・フォッグとパスパルトゥーとは、
   主人となり従僕となることをたがいに同意すること
   ジュール・ヴェルヌ=著 江口清(えぐち・きよし)=訳
   a.八十日間世界一周』 角川文庫 改版初版 2004/10
   b.八十日間世界一周』 角川文庫 改訂版 1978/11
   c.八十日間世界一周』 角川文庫 初版 1963/03
   a.b. にルビを振るなどの表記変えを行なったもの。
   引用は a. に拠りました。


(J7) 井上 1888
[ルビを取り除いたテキスト]
扶倶「夫は夫れにて宜し今は何時なるや」 新僕ハ衣裳の底より大なる銀時計を取り出し打ち見遣りて 新僕「十一時二十二分過ぎに候」 扶倶「夫は餘り遲し」 新僕「遲いやうには存じ候はず」 扶倶「其方が云ひしは四分晩れたり夫は誤りなりとも夫れにて宜し今日十月二日水曜日午前十一時二十九分より其方を雇ひ候程に左樣心得べし」

[原文 - 総ルビ]
扶倶「夫(そ)は夫(そ)れにて宜(よ)し今(いま)は何時(なんとき)なるや」 新僕(しんぼく)ハ衣裳(かくし)の底(そこ)より大(おほい)なる銀時計(ぎんとけい)を取(と)り出(いだ)し打(う)ち見遣(みや)りて 新僕「十一時二十二分(ふん)過(す)ぎに候」 扶倶「夫(そ)は餘(あま)り遲(おそ)し」 新僕「遲(おそ)いやうには存(ぞん)じ候はず」 扶倶「其方(そなた)が云(い)ひしは四分(ふん)晩(おく)れたり夫(そ)は誤(あやま)りなりとも夫(そ)れにて宜(よ)し今日(けふ)十月二日水曜日(すいえうび)午前(ごぜん)十一時(志)二十九分(ふん)より其方(そなた)を雇(やと)ひ候程(ほど)に左樣(さやう)心得(こゝろえ)べし」

   ジュール・ベルネ=著 井上勤(いのうえ・つとむ)=譯
   『通俗 八十日間世界一周』 自由閣 定價金八拾錢 1888-11-17(明治21)
   国立国会図書館 近代デジタルライブラリー
   旧字や旧仮名に慣れないので、誤読しているかもしれません。誤りがあれば
   ご指摘ください。


(J8) 川島 1878, 2002, etc.
主「可(よ)シ 今ハ汝ノ時計ニテ何時(なんどき)ナル哉 ト 問(とひ)ニ応ジパスパルツーハ衣ノ袂(たもと)ヨリ巨大ノ銀時計ヲ取リ出シ 「十一時二十二分ニテ候 ト云ヘバ主人又云(いは)ク 汝ノ時計ハ遅レタリ 僕「失敬ナガラ違(たが)フ筈ハ決シテコレナク候 主人「汝ノ時計ハ後(おく)ルヽコト四分ナリ 去レドモ互ニ差ヲ記臆シ置カバ障碍(しやうがい)ナカリナン 仍(より)テ今(いま)千八百七十二年十月二日水曜日午前十一時二十九分ヨリシテ汝ハ予ノ使傭(しよう)スル所タリ

   シェル・ウエルヌ=著 川島忠之助(かわしま・ちゅうのすけ)=訳
   a.新説 八十日間世界一周』 国立国会図書館 近代デジタルライブラリー
   b.新日本古典文学大系15 明治編 翻訳小説集2』 岩波書店 2002/01
   c.新説 八十日間世界一周』 第壱回 1878/06(明治11)
   a.c. の1880(明治13)年版の複写画像を収録したもの。
   a. のリンク先は上掲引用個所の該当ページ。引用は b. に拠りました。


 Images 
表紙画像、扉、挿絵 Illustration, book covers and title pages

↓ クリックして拡大 Click to enlarge ↓

PP Passepartout_2 ja 2009_takano_kobunsha ja 2001_suzuki_iwanami

ja Ja_inoue_tsutomu ja Ja_kawashima_jpg en 2008_butcher_oxford_up

en 2004_glencross_penguin_classics fr 1976_verne_le_tour_du_monde_poche fr Verne_tour_du_monde


■トルコ語訳 Translation into Turkish

  "Güzel. Saatiniz kaç?"
  "On biri yirmi iki geçiyor," diye yanıtladı Passepartout yelek cebinin derinliklerinden büyük bir gümüş saat çıkararak.
  "Saatiniz geri kalmış," dedi Bay Fogg.
  "Bağışlayın beni Bayım ama mümkün değil."
  "Dört dakika geri. Önemli değil. Aradaki farkı saptamak yeterli. Öyleyse şu andan, yani 2 Ekim 1872 çarşamba günü sabah saat on biri yirmi dokuz geçeden itibaren benim hizmetimdesiniz."

   Jules Verne. 80 Günde Devri Alem
   1. Phileas Fogg'Un Passepartout'Yu Uşak Olarak İşe Almasi
   Ithaki Publishing, 2013
   Preview at Google Books


■ハンガリー語訳 Translation into Hungarian

- Helyes. Önnél most hány óra van?
- Tizenegy óra huszonkettő - felelte Passepartout, s egy óriási ezüstórát halászott elő feneketlen mellényzsebéből.
- Késik - szólt Mr. Fogg.
- Bocsásson meg, uram, ez lehetetlen.
- Négy percet késik. Lényegtelen. Fontos, hogy tudjuk az eltérést. Tehát e perctől, vagyis 1872. október 2-án, szerdán délelőtt tizenegy óra huszonkilenc perctől fogva ön nálam szolgálatban van.

   Jules Verne. Nyolcvan nap alatt a Föld körül
   Első Fejezet. Egy megállapodásról, melynek értelmében Phileas Fogg
   és Passepartout kölcsönösen gazdává, illetve inassá fogadja egymást
   Translated by Csatlós János
   E-text at MEK


■フィンランド語訳 Translation into Finnish

-- Hyvä. Mitä kellonne on?
-- Kello on 11 ja 22 minuuttia, -- vastasi Passepartout katsahtaen suunnattoman suureen hopeakelloon, jonka oli vetänyt taskustaan.
-- Kellonne jättää.
-- Anteeksi, monsieur, mutta se on mahdotonta.
-- Se jättää neljä minuuttia. Mutta vähät siitä. Virhe on pian korjattu. Siis, tästä hetkestä saakka, kello 11 ja 29 minuuttia a.p. tänään, keskiviikkona 2 p:nä lokakuuta 1872, olen ottanut teidät palvelukseeni.

   Maan ympäri 80 päivässä by Jules Verne
   I. Phileas Fogg ja Passepartout ottavat toisensa, toinen palvelijaksi,
   toinen herraksi.
   Translated by Samuli Suomalainen. Otava, Helsinki, 1911.
   E-text at Project Gutenberg


■ギリシャ語訳 Translation into Greek

- Ωραία. Τι ώρα έχεις,.
- Έντεκα και είκοσι πέντε, απάντησε ο Πασπαρτού, αρού πρώτα συμδουλεύτηκε ένα τεράστιο ασημένιο ρολόι που έὅγαλε από τα ὅάθη της τσέπης του.
- Πας πίσω, είπε ο κύριος Φογκ.
- Να με συγχωρήσει ο κύριος, μα αυτό είναι αδύνατον. - Πας πίσω τέσσερα ολόκληρα λεπτά. Δεν έχει όμως σημασία. Αρκεί να εντοπίσει κανείς τη διαερορά. Λοιπόν, απ9 αυτή τη στιγμή, έντεκα και είκοσι εννέα το πρωί, σήμερα, 2. Οκτωὅρίου 1872, είσαι στην υπηρεσία μου.

   Ιούλιος Βερν. Ο γύρος του κόσμου σε 80 μέρες
   Κεφάλαιο 1. Όπου ο Φιλέας Φογκ προσλαμβάνει τον
   Πασπαρτού και αρχίζει η
   © 2004, για την ελληνική γλώσσα σε ολο τον κόσμο.
   Εκδόσεις ΑΛΚΥΩΝ, Μαυρομιχάλη 44, 106 80 Αθήνα
   E-text at Ο γύρος του κόσμου σε 80 μέρες [PDF]


 Audio 1 
ロシア語版オーディオブック(朗読) Audiobook in Russian

下の引用箇所の朗読は 8:11 から始まります。 Uploaded to YouTube by Sam Pawno on 21 Aug 2014. Reading of the excerpt below starts at 8:11.


■ロシア語訳 Translation into Russian

   - Хорошо. Сколько времени на ваших часах?
   - Одиннадцать часов двадцать две минуты, - ответил  Паспарту,  извлекая  из  недр жилетного кармана громадные серебряные часы.
   - Ваши отстают, - заметил мистер Фогг.
   - Простите, сударь, это невозможно.
   - Они отстают  на  четыре  минуты.  Но  это  несущественно.  Достаточно  установить расхождение. Итак, начиная  с  этого  мгновения  -  то  есть  с  одиннадцати часов двадцати  девяти  минут  утра  среды,  второго  октября, тысяча восемьсот семьдесят второго года - вы у меня на службе.

   Жюль Верн. Вокруг света за восемьдесят дней
   Глава Первая, где заключается взаимный договор, по которому
   Паспарту поступает в услужение к Филеасу Фоггу
   Пер. с фр. - Н.Габинский, Я.Лесюк. "Собрание сочинений", т.6.
   М., Государственное издательство художественной литературы, 1956.
   E-text at Lib.Ru


■ウクライナ語訳 Translation into Ukrainian

— Гаразд. Котра година на вашому годиннику?
— Одинадцята година двадцять дві хвилини, — відповів Паспарту, витягаючи з глибокої жилетної кишені великого срібного годинника.
— Ваш відстає, — зауважив містер Фоґґ.
— Даруйте, пане, але це неможливо.
— Він відстає на чотири хвилини. Але це не має значення. Достатньо встановити розбіжність. Отже, з цієї миті — тобто з одинадцятої години двадцять дев’ять хвилин ранку середи, другого жовтня, тисяча вісімсот сімдесят другого року — ви в мене на службі.

   Жуль Верн. Навколо світу за вісімдесят днів
   Розділ перший, де укладається взаємна угода,
   згідно з якою Паспарту наймається на службу до Філеаса Фоґґа
   Translated by Оксана Іванівна Донічева
   E-text at CoolLib.net (КулЛиб)


■ブルガリア語訳 Translation into Bulgarian

— Добре. Колко ви е часът?
— Единадесет и двадесет и две — отговори Паспарту, като измъкна от джоба си огромен сребърен часовник.
— Закъснявате — каза господин Фог.
— Простете, господине, но това не е възможно.
— Закъснявате с четири минути. Няма значение. Достатъчно е да констатираме закъснението. От този момент нататък — единадесет часа и двадесет и девет минути сутринта, сряда, 2 октомври 1872 година, вие сте на служба при мен.

   Жул Верн. Пътешествие около света за 80 дни
   Глава 1. Филиас Фог и Паспарту се харесват като господар и прислужник
   Translated by Гергана Иванова, 2006
   E-text at Моята библиотека (chitanka.info)


 Audio 2 
ポーランド語版朗読 Audiobook in Polish

下の引用箇所に相当する部分の朗読は 9:10 あたりから始まります。 Uploaded to YouTube by Mściwój Ziemomysł on 24 Jan 2014. Reading of the segment corresponding to the excerpt below starts at around 9:10.


■ポーランド語訳 Translation into Polish

– Dobrze. Którą macie godzinę?
– Dwadzieścia dwie minuty po jedenastej – odpowiedzia› Passepartout, wydobywszy z g›ębin kieszeni pokaźny srebrny zegarek.
– Ten zegarek się spóźnia – zauważy› pan Fogg.
– Proszę mi wybaczyć, ale to niemożliwe!
– Spóźnia się o cztery minuty. Mniejsza o to. Wystarczy zapamiętać różnicę. A więc począwszy od tej chwili, czyli od godziny jedenastej dwadzieścia dziewięć rano, w środę, drugiego października 1872 roku, jesteście u mnie na s›użbie.

   W 80 Dni Dookoła Świata by Juliusz Verne
   Rozdział I. W którym Phileas Fogg i Passepartout akceptują się wzajemnie
   Translated by Mieczysława Wójcik. Zielona Sowa, 2011
   E-text at Nexto.pl [PDF]


■スロベニア語訳 Translation into Slovenian

   - Dobro. Koliko je ura?
   - Enajst in dvaindvajset minut - je odgovoril Passepartout, ko je potegnil globoko iz žepa ogromno srebrno uro.
   - Vaša ura zaostaja - je dejal Mr. Fogg.
   - Naj mi gospod oprosti, toda to je nemogoče.
   - Zaostaja za štiri minute. Nič zato. Dovolj je, da poznamo razliko. Torej, od tega trenutka dalje, od enajstih in šestindvajset minut dopoldan, ste od srede 2. oktobra 1872 pri meni v službi.

   Jules Verne. V osemdesetih dneh okoli sveta
   Prvo Poglavje - V Katerem Phileas Fogg In Passepartout Sprejmeta
   Drug Drugega, Prvi Kot Gospodar, Drugi Kot Služabnik.
   Excerpt at Filozofska fakulteta Univerze v Ljubljani


■チェコ語訳 Translation into Czech

„Dobrá. Kolik máte hodin?“
„Jedenáct hodin, dvaadvacet minut,“ odpověděl Proklouz, když vytáhl z hlubin své kapsy obrovské stříbrné hodinky.
„Pozdí se vám,“ řekl Mr. Fogg.
„Nechť mi pán promine, ale to je nemožné.“
„Zpozdily se vám o čtyři minuty. To nevadí. Stačí zjistit rozdíl. Tak tedy od tohoto okamžiku, od jedenácti hodin dvaceti devíti minut dopoledne ve středu 2. října 1872 jste v mých službách.“

   Jules Verne: Cesta kolem světa za osmdesát dní
   Kapitola první v níž Phileas Fogg a Proklouz přijímají jeden druhého,
   jeden jakožto pán, druhý jakožto sluha
   Státní nakladatelství krásné literatury a umění
   E-text at schacco.savana-hosting.cz [PDF]


■スウェーデン語訳 Translation into Swedish

"Gott! Hur mycket är Er klocka?"
"Tjugotvå minuter över elva", svarade Passepartout, efter att ha dragit upp ett enormt silverur från sina fickors djup.
"Den går efter", sade Mr Fogg.
"Ursäkta mig, Monsieur, men det är omöjligt..."
"Den går fyra minuter efter. Men, det är tillräckligt att omnämna detta misstag. Nu, från och med detta ögonblick, klockan 11.29 förmiddagen, denna onsdag den 2 oktober, är Ni i min tjänst."

   Jules Verne: Jorden runt på 80 dagar
   Kapitel 1, I vilket Phileas Fogg och Passepartout accepterar varandra,
   den ene som husbonde och den andre som betjänt.
   E-text at Provläsning ur Jorden runt på 80 dagar - Elib


■ドイツ語訳 Translation into German

– Gut. Wieviel Uhr haben Sie?
– Elf Uhr zweiundzwanzig Minuten, erwiderte Passepartout, indem er eine große silberne Uhr aus seiner Hosentasche hervorzog.
– Sie sind in der Zeit zurück, sagte Herr Fogg.
– Verzeihen Sie, mein Herr, aber es ist nicht möglich.
– Um vier Minuten sind Sie zurück. Gleichviel. Merken wir uns nur die Abweichung. Also von diesem Augenblicke an, elf Uhr neunundzwanzig Minuten Vormittags, Mittwochs, 2. October 1872, sind Sie in meinem Dienst.«

   Jules Verne: Reise um die Erde in 80 Tagen. Bekannte und unbekannte Welten.
   Erstes Capitel. Phileas Fogg und Passepartout nehmen sich einander
   als Herr und Diener an.
   Abenteuerliche Reisen von Julius Verne, Band VI, Wien, Pest,
   Leipzig 1875, S. 5-11.
   Rozdział I. W którym Phileas Fogg i Passepartout akceptują się wzajemnie
   Translated by Mieczysława Wójcik. Zielona Sowa, 2011
   E-text at Zeno.org


 Audio 3 
オランダ語版オーディオブック(朗読) Audiobook in Dutch

下の引用箇所の朗読は 9:19 から始まります。 Uploaded to YouTube by Macdui Audio Books on 25 Mar 2014. Audio courtesy of LibriVox. Reading of the excerpt below starts at 9:19.


■オランダ語訳 Translation into Dutch

"Goed. Hoe laat hebt gij 't?"
"Twee en twintig minuten over elven," zeide Passepartout, uit de diepte van zijn vestjeszak een ontzaglijk zilveren horloge te voorschijn halende.
"Gij gaat achter," zeide Fogg.
"Houd mij ten goede, mijnheer, dat is onmogelijk."
"Gij gaat vier minuten achter. Maar dat doet er niet toe. Het is genoeg, dat het verschil bekend zij. Van dit oogenblik af, elf ure negen en twintig minuten in den morgen van Woensdag 2 October 1872, zijt gij in mijn dienst."

   De reis om de wereld in tachtig dagen by Jules Verne
   Eerste Hoofdstuk.  Waarin Phileas Fogg en Passepartout
   elkander wederkeerig aannemen, den een als
   meester, den ander als knecht.
   Translated into Dutch (2005)
   E-text at Zvi Har' El's Jules Verne Collection


 Audio 4 
『八十日間世界一周』——G・M・タウルによる上掲英訳の朗読(音声のみ)
Around the World in Eighty Days: Audiobook in English (translation by George Makepeace Towle)

上に引用した箇所は 9:59 から始まります。 Uploaded to YouTube by GreatestAudioBooks on 14 Mar 2013. The excerpt above starts at 9:59.


 Audio 5 
『八十日間世界一周』——G・M・タウルによる上掲英訳の朗読(音声のみ)
Around the World in Eighty Days: Audiobook in English (translation by George Makepeace Towle)

朗読: デヴィッド・ラッセル。上に引用した箇所は 7:24 あたりから始まります。 Uploaded to YouTube by sstitanlady on 27 Aug 2010. Read by David Russell. The excerpt above starts around 7:24.


■英訳 Translations into English

(E1) Glencross, 2004
'Good. What time do you make it?'
'Eleven twenty-two,' replied Passepartout, as he took out from the depths of his waistcoat pocket an enormous silver watch.
'Your watch is slow,' said Mr Fogg.
'Forgive me, sir, but that is impossible.'
'Your watch is four minutes slow. It's not important. All that matters is to note the difference in time. So from this moment onwards, eleven twenty-nine on the morning of 2 October 1872, you are working for me.'

   Around the World in Eighty Days by Jules Verne
   Chapter I.  In which Phileas Fogg and Passepartout
   agree their relationship, that of master and servant
   Translated with Notes by Michael Glencross
   Penguin Classics, 2004/05


(E2) Butcher, 2001
‘Very well, then. What time do you make it?’
‘Eleven twenty-two,’ replied Passepartout, pulling an enormous silver watch from his waistcoat pocket. ‘Your watch is slow.’
‘Pardon me, sir, but that’s impossible.’
‘You’re four minutes slow. It is of no consequence. What matters is to note the difference. So, starting from this moment, 11.29 a.m. on Wednesday, 2 October 1872, you are in my employ.’

   Around the World in Eighty Days by Jules Verne
   Translated by William Butcher
   Abridged and serialised on Book at Bedtime,
   BBC Radio 4 and World Service,
   read by Robert Powell, 7-18 May 2001, with repeats in 2001/02
   Source of the text: Dr William Butcher's website


(E3) Towle, 1873
"Good! What time is it?"
"Twenty-two minutes after eleven," returned Passepartout, drawing an enormous silver watch from the depths of his pocket.
"You are too slow," said Mr. Fogg.
"Pardon me, monsieur, it is impossible -- "
"You are four minutes too slow. No matter; it's enough to mention the error. Now from this moment, twenty-nine minutes after eleven, a.m., this Wednesday, 2nd October, you are in my service."

   Around the World in Eighty Days by Jules Verne
   Chapter I.  In which Phileas Fogg and Passepartout
   accept each other, the one as master, the other as man
   English translation by George Makepeace Towle (1873)
   E-text at Zvi Har' El's Jules Verne Collection


■ルーマニア語訳 Translations into Romanian

(Ro1) Dumitrache, 2013
— Bine. Cât arată ceasul tău?
— Ora 11 şi douăzeci şi două de minute, răspunse Passepartout, scoţând din buzunarul vestei un ceas enorm din argint.
— Este în urmă, spuse Mr. Fogg.
— Să mă ierte domnul, dar este imposibil.
— Este în urmă cu patru minute. Nu contează. Ajunge să observi diferența. Deci, începând de acum, miercuri 2 octombrie 1872, ora 11 și douăzeci și nouă de minute dimineața, ești valetul meu.

   Ocolul pământului în optzeci de zile by Jules Verne
   Translated by Andreea Dumitrache, Aldo Press, 2013
   Capitole I. În care Phileas Fogg şi Passepartout se acceptă reciproc
   unul ca stăpân, iar celălalt ca servitor.
   Preview at Google Books


(Ro2) Tudoran, 2010
- Bine! Ce oră este?
- Ora unsprezece şi douăzeci şi două, răspunse Passepartout, după ce scoase din buzunarul jiletcii un uriaş ceas de argint.
- E în urmă! observă Mr. Fogg.
- Iertaţi-mă, domnule, dar nu se poate!
- E în urmă cu patru minute. N-are importanţă ; este de ajuns să ştii diferenţa. Deci, începînd din această clipă, miercuri 2 octombrie 1872, ora unsprezece şi douăzeci şi nouă dimineaţa, te afli în serviciul meu!

   Ocolul Pământului în optzeci de zile by Jules Verne
   Translated by Radu Tudoran. Marcel Stavre, 2010
   Capitolul I În care Phileas Fogg și Passepartout se acceptă reciproc,
   unul ca stăpân, celălalt ca servitor
   E-text at Scribd


■イタリア語訳 Translation into Italian

- Bene. Che ora fate?
- Le undici e ventidue minuti - rispose Passepartout, dopo aver estratto dalle profondità del suo taschino uno spropositato orologio d’argento.
- Il vostro orologio è indietro - disse Phileas Fogg.
- Mi sia permesso: la cosa è impossibile!
- Il vostro orologio ritarda quattro minuti. Non importa. Basta saperlo.
Dunque da questo momento, ore undici e ventisei minuti e mezzo del mattino, di questo mercoledì 2 ottobre 1872, voi siete al mio servizio.

   Il giro del mondo in 80 giorni by Jules Verne
   1. Phileas Fogg e Passepartout si accettano reciprocamente,
   il primo come padrone e l’altro come domestico
   Translated by Manuela Revolt
   © 2007 di Scuola del Fumetto Edizioni
   E-text at Scuola del Fumetto [PDF]


■ポルトガル語訳 Translation into Portuguese

— Bem. Que horas tem?
— Onze e vinte, respondeu Passepartout, tirando das profundezas do bolso do colete um enorme relógio de prata.
— Está atrasado, disse Mr. Fogg.
— O senhor me desculpe, mas é impossível.
— Atrasado em quatro minutos. Năo importa. Basta constatar a diferença. Portanto, a partir deste momento, onze e vinte e nove da manhă, desta quarta feira 2 de outubro de 1872, fica ao meu serviço.

   A Volta ao Mundo em 80 Dias by Julio Verne
   Capítulo 1. Em que Phileas Fogg e Passepartout reciprocamente se aceitam,
   o primeiro na qualidade de patrăo, o segundo na de criado
   E-text at eBooksBrasil


■カタロニア語訳(部分) Translation into Catalan (fragment)

–Bé. Quina hora té?
–Són les onze i vint-i-dos –va contestar Passepartout, després de mirar el seu rellotge.
–Va endarrerit.
–M’ha de perdonar, senyor, però això és impossible.

   La volta al món en 80 dies by Jules Verne
   Excerpt at Llegir és un bon pla [PDF]


 Audio 6 
スペイン語版オーディオブック(朗読) Audiobook in Spanish

下の引用箇所の朗読は 9:20 から始まります。 Uploaded to YouTube by AudioLibros en MP3 on 21 Jul 2009. Reading of the excerpt below starts at 9:20.


■スペイン語訳 Translation into Spanish

-Bien. ¿Qué hora tenéis?
-Las once y veintidós- respondió Picaporte, sacando de las profundidades del bolsillo de su chaleco un enorme reloj de plata.
-Vais atrasado.
-Perdóneme el señor, pero es imposible.
-Vais cuatro minutos atrasado. No importa. Basta con hacer constar la diferencia. Conque desde este momento, las once y veintinueve de la mañana, hoy miércoles 2 de octubre de 1872, entráis a mi servicio.

   La vuelta al mundo en 80 días by Julio Verne
   Capítulo I
   E-text at:
   * Lector Online
   * Wikisource


 Audio 7 
フランス語原書朗読 Audiobook in French

下に引用する箇所の朗読は 10:23 から始まります。Uploaded to YouTube by Audiolude on 19 Nov 2012.  Reading of the excerpt below starts at 10:23.


■フランス語原文 The original text in French

-- Bien. Quelle heure avez-vous ?
-- Onze heures vingt-deux, répondit Passepartout, en tirant des profondeurs de son gousset une énorme montre d'argent.
-- Vous retardez, dit Mr. Fogg.
-- Que monsieur me pardonne, mais c'est impossible.
-- Vous retardez de quatre minutes. N'importe. Il suffit de constater l'écart. Donc, à partir de ce moment, onze heures vingt-neuf du matin, ce mercredi 2 octobre 1872, vous êtes à mon service. »

   Le Tour du monde en quatre-vingts jours (1873) par Jules Verne
   Chapitre I. Dans lequel Phileas Fogg et Passepartout s'acceptent
   réciproquement, l'un comme maître, l'autre comme domestique
   E-text at Zvi Har' El's Jules Verne Collection


■更新履歴 Change log

  • 2014/11/02 ギリシャ語訳とスウェーデン語訳を追加しました。
  • 2014/11/01 トルコ語訳、フィンランド語訳、スロベニア語訳、チェコ語訳、2種類のルーマニア語訳、ポルトガル語訳、およびカタロニア語訳(部分)を追加しました。
  • 2014/10/31 ハンガリー語訳、ロシア語訳、ウクライナ語訳、ブルガリア語訳、ポーランド語訳、ドイツ語訳、およびイタリア語訳の訳文、ならびにロシア語版、ポーランド語版、オランダ語版、およびスペイン語版のオーディオブックの YouTube 画面を追加しました。
  • 2013/10/21 井上勤=譯 1888-11-17 と表紙画像を追加しました。
  • 2013/03/28 もう1種類の英訳朗読の録音を追加しました。
  • 2012/08/11 スペイン語訳を追加しました。
  • 2011/11/09 下の4本の動画または録音を追加しました。
    1. 80デイズ (2004)
    2. 80日間世界一周 (1956)
    3. ビデオブック——G・M・タウルによる英訳
    4. 朗読——G・M・タウルによる英訳
  • 2009/07/15 高野優=訳 2009/05、英訳 Butcher, 2001 および画像を追加しました。また、ブログ記事の題に書名と著者名の英語表記 Around the World in Eighty Days by Jules Verne を追加しました。さらに、書誌情報を補足修正し、川島忠之助=訳の国立国会図書館 近代デジタルライブラリー該当ページへのリンクを張りました。
  • 2009/03/05 ブログ記事のタイトルに日本語表記を追加しました。
  • 2006/09/04 江口清=訳 2004/10 を追加しました。
  • 2006/09/01 中国語訳(簡体字)を追加しました。また、訳例の配列を旧→新から、新→旧に変更しました。さらに、Amazon.co.jp の該当ページ、および電子テキストの該当ページへのリンクを張りました。
  • 2006/02/20 SOGO_e-text_library 訳 2000 を追加しました。
  • 2006/02/15 川島忠之助=訳 1878 を追加しました。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ84595840v1308102456

Flag Counter

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages
(1) Le tour du monde en 80 jours

(2) Around the World in 80 Days

■和書 Books in Japanese

■DVD

  

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sunday, 04 December 2005

The Murders in the Rue Morgue by Edgar Allan Poe エドガー・アラン・ポー 「モルグ街の殺人」「モルグ街の殺人事件」

           目次 Table of Contents

 Video 1  TV モルグ街の殺人 (1986) The Murders in the Rue Morgue (1986)
 Video 2  映画 モルグ街の殺人 (1971) Murders in the Rue Morgue (1971)
 Video 3  映画 モルグ街の殺人 (1932) Murders in the Rue Morgue (1932)
■中国語訳(簡体字)Translation into simplified Chinese
■中國語譯(繁體字)Translations into traditional Chinese
  (Zh1) 簡伊婕
  (Zh2)
■日本語訳 Translations into Japanese
  (J1) 柴田 2013
  (J2) 巽 2009
  (J3) 小川(高)2006
  (J4) 金原 2002
  (J5) 堀内 2001
  (J6) 松村+繁尾 1987, 2010
  (J7) 谷崎 1985
  (J8) 岡上 1984
  (J9) 中野 1978
  (J10) 志貴 1978
  (J11) 久米 1975
  (J12) 丸谷 1974
  (J13) 小川(和)1973
  (J14) 八木 1971, 1974
  (J15) 刈田 1966
  (J16) 松村 1962
  (J17) 谷崎 1962, 1969, etc.
  (J18) 鈴木 1961
  (J19) 砧 1956
  (J20) 佐々木 1951
  (J21) ダイジエスト・シリーズ刊行會 1950
  (J22) 江戸川 1929
  (J23) 平野 1924
  (J24) 森 1913, 1915, etc.
  (J25) 長田 1899, 1996
  (J26) 饗庭 1887, 1972, etc.
■ハンガリー語訳 Translation into Hungarian
■ギリシャ語訳 Translation into Greek
■ロシア語訳 Translation into Russian
■ブルガリア語訳 Translation into Bulgarian
■デンマーク語訳 Translation into Danish
■オーディオブックのジャケット Audiobook cover
 Audio 1  ドイツ語版オーディオブック(朗読)Audiobook in German
■ドイツ語訳 Translations into German
  (D1) Etzel, 1976
  (D2) Eulenberg, 1901
■イタリア語訳 Translations into Italian
  (It1) Franconeri, 2010
  (It2)
■ポルトガル語訳 Translation into Portuguese
 Audio 2  スペイン語版オーディオブック(朗読) Audiobook in Spanish
■スペイン語訳 Translation into Spanish
 Audio 3  フランス語版オーディオブック(朗読)Audiobook in French
■フランス語訳 Translation into French
 Audio 4  英語原文オーディオブック(朗読) Audiobook in English
■英語原文 The original text in English
■邦題の異同 Variations of the title in Japanese
■更新履歴 Change log


 Video 1 
テレビ 『モルグ街の殺人 (1986)』 全篇
The Murders in the Rue Morgue (1986) Complete

監督: ジュノー・シュウォーク 出演: ジョージ・C・スコット、レベッカ・デモーネイ、ヴァル・キルマー Directed by Jeannot Szwarc. Starring George C. Scott, Rebecca De Mornay, Val Kilmer.


 Video 2 
アメリカ映画 『モルグ街の殺人 (1971)』 予告篇
Murders in the Rue Morgue (1971) Trailer

監督: ゴードン・ヘスラー 出演: ジェイソン・ロバーズ、ハーバート・ロム
Directed by Gordon Hessler. Starring Jason Robards, Herbert Lom.


 Video 3 
アメリカ映画 『モルグ街の殺人 (1932)』 予告篇
Murders in the Rue Morgue (1932) Trailer

監督: ロバート・フローリー 出演: ベラ・ルゴシ、シドニー・フォックス
Directed by Robert Florey. Starring Bela Lugosi, Sidney Fox.


■中国語訳(簡体字)Translation into simplified Chinese

大家将整幢房子上上下下仔细搜遍,并没再发现什么,便走到屋后一个铺砖的小院子里,只见院子里扔着老太太的尸首,喉部完全给割断了,大家刚想扶起尸首,头便掉落。尸身和头部全给割得血肉模糊——尸身尤其惨不忍睹,简直不复人形。

   《毛格街血案》 作者:爱伦·坡
   E-text at 时代书城 (www.mypcera.com)


■中國語譯(繁體字)Translations into traditional Chinese

(Zh1) 簡伊婕
屋內內經仔細搜查後,還是不見愛斯巴奈雅太太的身影,眾人於是來到屋外,並在建築物後面的鋪石小庭院發現了老太太的屍體。老太太的喉嚨完全被割斷,當眾人試著想抬起她時,她的頭顱竟與身體分家;老太太的頭部和身體均受到嚴重割裂傷,身上的割傷尤其恐怖,一片血肉糢糊,幾乎無法辨認出人形。

   莫爾格街凶殺案 愛論坡=著 簡伊婕=譯
   《愛論坡驚了小說全集》 好讀出版
   E-text at 莫爾格街凶殺案 [PDF]


(Zh2)
大家將整幢房子上上下下仔細搜遍,并沒再發現什麼,便走到屋后一個舖磚的小院子里,只見院子里扔著老太太的尸首,喉部完全給割斷了,大家剛想扶起尸首,頭便掉落。尸身和頭部全給割得血肉模糊——尸身尤其慘不忍睹,簡直不復人形。

   《毛格街血案》 作者:愛倫·坡
   E-text at 龍騰世紀


■日本語訳 Translations into Japanese

(J1) 柴田 2013
家じゅう隈なく調べたがこれ以上の発見はなく、一行が屋敷裏の小さな石畳に出てみると、老夫人の死体が横たわっていた。喉は完全に切断されていて、体を持ち上げようとしたところ頭部が転げ落ちてしまった。胴体にも頭部同様著しい損傷が加えられていて、もはやほとんど人間の姿をとどめていなかった。

   エドガー・アラン・ポー=作 柴田元幸(しばた・もとゆき)=訳 「モルグ街の殺人」
   柴田元幸=編訳 『アメリカンマスターピース 古典篇』 柴田元幸翻訳叢書
   スイッチ・パブリッシング 2013/10/19 所収 訳し下ろし


(J2) 巽 2009
屋敷の隅から隅まで徹底調査してもなお、さらなる発見はなかったのだが、一団が屋敷の裏側にある小さな鋪装された裏庭へ回ると、そこにレスパネー夫人の屍体が横たわっていた。彼女の喉は完全に掻き切られていたため、起そうとすると首から先がころころと外れてしまった。その頭蓋(ずがい)と同じく身体(からだ)のほうも鳥肌が立つほどに切り刻まれており、もはや人間のしるしをとどめているとは言えないほどであった。

   エドガー・アラン・ポー=作 巽孝之(たつみ・たかゆき)=訳 「モルグ街の殺人」
   『モルグ街の殺人・黄金虫—ポー短編集2 ミステリ編
   新潮文庫 2009/05/01 所収


(J3) 小川(高)2006
さらに邸内をくまなく捜索したが、もはや新発見がないので、家の裏手へ出ると、小さな鋪装した庭で、レスパネー夫人が死体となって見つかった。首はほぼ切断され、死体を起こそうとした際に、頭部が落ちてしまった。この頭部とともに、胴体の損傷も甚だしく、ほとんど人体の原形をとどめていなかった。

   エドガー・アラン・ポー=作 小川高義(おがわ・たかよし)=訳
   「モルグ街の殺人」
   『黒猫/モルグ街の殺人』 光文社古典新訳文庫 2006/10 所収


(J4) 金原 2002
一行は部屋のなかをすみからすみまで調べたが、ほかに事件と関係がありそうな証拠はなにひとつみつからなかった。そこで家の小さな裏庭に出てみると、レスパネ夫人の死体がみつかった。死体を抱え起こそうとすると、首が転げ落ちた。喉のところで完全に切り離されていたのだ。頭も体もずたずたに切り裂かれ、とくに胴のほうは人間のものとは思えないくらいになっていた。

   E・A・ポー作 金原瑞人=訳
   『モルグ街の殺人事件』 岩波少年文庫 2002/08


(J5) 堀内 2001
家のあらゆるところが徹底的に捜索されたが、それ以上の発見はなかったので、一行は建物の裏側の鋪装された狭い庭をしらべたところ、老婦人の死体が横たわっていた。その喉(のど)をカミソリですっぱり切られ、夫人を抱き起こそうとしたところ、頭部がころがり落ちた。胴体は頭と同じように、無残に切りきざまれて、ほとんど人間の原形をとどめていなかった。
[原文にあるルビは省略しました - tomoki y.]

   エドガー・アラン・ポー=作 堀内一郎=訳 大久保浩=絵
   「モルグ街の怪事件」
   『オーギュスト・デュパン モルグ街の怪事件 他
   世界の名探偵1 岩崎書店 2001/04 所収


(J6) 松村+繁尾 1987, 2010
家じゅうくまなくさがしたけれど、そのほか、なにも発見できなかったので、一行は建物の裏がわの、せまい舗装された中庭へ出た。すると、そこに、母親の死体が横たわっていた。のどが完全にかき切られていたので、だきおこそうとすると、頭がころりと落ちてしまった。胴体は、むざんに切りきざまれていて、とても人体のおもかげはとどめていなかった。

   エドガー=アラン=ポー=作 松村達雄+繁尾久=訳 「モルグ街の殺人」
   6a.21世紀版少年少女世界文学館 13』 講談社 2010 所収
   6b.少年少女世界文学館 13』 講談社 1987/12/21 所収
   引用は 6b. 講談社 1987/12/21 に拠りました。ルビは省略しました。


(J7) 谷崎 1985
屋内をくまなく捜索したが、なんの手がかりもなかったので、一同は家の後方の、しき石のある小さな庭へでると、そこにのどをすっかりかききられ、もちあげようとすると、くびがおちてしまった夫人の死骸がみいだされた。頭も胴も無残にきりさいなまれ、胴はほとんど人体だかどうだかわからないくらいになっていた。

   エドガー=アラン=ポー=作 谷崎精二=訳 「モルグ街の殺人」
   『エドガー=アラン=ポー怪奇・探偵小説集2』 偕成社文庫 1985/03 所収


(J8) 岡上 1984
レスパネー老夫人の姿が見えないので、家じゅうさがしまわったところ、建物の裏がわの小さな庭によこたわっていた。その体を持ちあげようとしたとたん、のどをかき切られていたので、その首がころりと下に落ちた。首も胴体も、これが人間の体かと思うほど、ひどく傷つけられていたが(……)
[原文にあるルビは省略しました - tomoki y.]

   エドガー・アラン・ポー=作 岡上鈴江(おかのうえ・すずえ)=訳
   『モルグ街の殺人』 世界こわい話ふしぎな話傑作集5
   金の星社 1984/03


(J9) 中野 1978
屋内は、残る隈なく捜索したが、これ以上、別になんの発見もなく、一同、裏側の小さな鋪装中庭へ、降りてみると、夫人の死体があった。しかも咽喉は、完全に掻き切られていて、死体を持ち上げる拍子に、コロリと落ちてしまった。頭も、胴も、無惨に切り刻まれ、胴体の如きは、ほとんど人体とは見えなかった。

   ポオ=作 中野好夫=訳 「モルグ街の殺人事件」
   『黒猫・モルグ街の殺人事件 他五篇』 岩波文庫 1978/12 所収


(J10) 志貴 1978
家じゅうくまなく、あらゆる場所を捜索したが、それ以上は何も見つからず、一同が裏にまわって敷石を敷きつめた小さな裏庭に出ると、そこに老婦人の死体が横たわっていたのである。喉をすっぱり切られていて、抱きあげようとすると、首が転がり落ちた。胴体も頭部同様、無惨なまでに切りきざまれて、ほとんど人間のものとも見えないくらいであった。

   ポー=作 志貴宏(しき・ひろし)=訳 「モルグ街殺人事件」
   五木寛之〔ほか〕=編 『世界文学全集1 ポー/ホーソーン
   学習研究社 1978/09 所収


(J11) 久米 1975
つぎに、みんなで手分けして、家の中をくまなくさがしてみたが、母親のレスパネ夫人のすがたは、どこにも見あたらなかった。最後に、建物の裏がわにある、石を敷いた中庭へ出てみると、そこに、見るもむざんな、レスパネ夫人の死体がころがっていた。のどを、するどい刃物(はもの)で完全に切られていたので、体を持ちあげると、頭がころりと落ちてしまった。頭も胴(どう)も、むごたらしく切りさいなまれていた。

   エドガー・アラン・ポー=著 久米元一(くめ・げんいち)=訳
   「モルグ街の殺人事件」
   『世界の名作文学26 アッシャー家の没落
   岩崎書店 1975(児童向け抄訳)所収


(J12) 丸谷 1974
邸じゅうをくまなく探索したがこれ以上なにも発見することができなかったので、裏にある、鋪装されている小さな中庭へゆくと、老夫人の死体があった。咽喉のところをすっかり切られていて、死体を抱きあげようとすると、首がころがり落ちた。首も胴も無残に切りきざまれ、胴体は人間のそれとは見えないほどであった。

   エドガー・アラン・ポオ=著 丸谷才一=訳 「モルグ街の殺人」
   『ポオ小説全集3』 創元推理文庫 1974/06 所収


(J13) 小川(和)1973
家のなかを隈(くま)なく捜索しても、それ以上何も発見されなかつたので、一同が建物の裏手にある石を敷いた小さな庭に出てみると、そこに老婦人の死体が横たわっていた。咽喉をすっかりえぐられていたので、身体を起そうとすると、頭がころがり落ちた。首も胴体も見るも無惨に切り刻まれ、胴体の方はほとんど人間のものとは思えぬくらいであつた。

   ポオ=作 小川和夫=訳 「モルグ街の殺人」
   『筑摩世界文學大系37 ポオ/ボオドレール』 筑摩書房 1973/11 所収


(J14) 八木 1971, 1974
家屋をくまなく捜査したが、それ以上の発見はなく、一行が建物の裏の石が敷きつめられた庭に出たところ、そこに老婦人の死体があった。喉がひどく切り裂かれていて、持ちあげようとしたとたん、頭がころげ落ちた。頭もそうだが、胴体も見るも無惨に切りきざまれていた——とくに胴体の状態はひどく、ほとんど原形をとどめない。

   ポオ=作 八木敏雄=訳 「モルグ街の殺人」
   14a. 世界文学全集32 ポオ/ホーソン』 講談社 1974 所収
   14b.黄金虫・黒猫・アッシャ−家の崩壊 ほか五編
       講談社文庫 1971/07 所収


(J15) 刈田 1966
この家のあらゆる場所を徹底的に調査したが、それ以上の発見もなかったので、一行は建物の裏側にある小さい舗装(ほそう)した中庭へ出ると、そこに老婦人の死体があった。のどが完全に切られていたので、死体を持ちあげようとすると、首がころがり落ちた。胴も、頭と同様無残に切りさいなまれていて、胴のほうはほとんど人間の体らしい様子はとどめていないほどであった。

   ポー=著 刈田元司(かりた・もとし)=訳 「モルグ街の殺人」
   『黒猫・黄金虫 他四編』 旺文社文庫 1966/05 所収


(J16) 松村 1962
家じゅう残る隈なく捜査してもそれ以上何も発見されなかったので、一同は建物の裏側の石を敷いた小さな中庭へ出てみたところ、そこに老女の死体が横たわっていた。咽喉が完全にかき切られていたので、からだを持ち上げようとしたとたん、首はころりと下に落ちた。首も胴体もいたましく切りさいなまれていた——じっさい、胴体などは人間のからだとは見えぬほどひどく傷つけられていた。

   ポー=著 松村達雄=訳 「モルグ街の殺人」
   『世界文学全集11 ポー/ホーソーン』 河出書房新社 1962/08 所収


(J17) 谷崎 1962, 1969, etc.
屋内を隈(くま)なく捜索したがなんの手がかりもなかったので、一同は家の後方の、敷石のある小さな庭へ出ると、そこに咽喉をすっかりかき切られ、持ち上げようとすると、首が取れてしまった夫人の死骸が見出された。頭も、胴も、無残(むざん)に切りさいなまれ、胴はほとんど人体だかどうだかわからないくらいになっていた。

   エドガア・アラン・ポオ=作 谷崎精二=訳 「モルグ街の殺人」
   17a.ポオ小説全集1 推理小説』(全4巻) 新装版 春秋社 1998/09 所収
   17b.エドガア・アラン・ポオ全集1』(全6巻) 新装版
       春秋社 1969/10 所収
   17c.エドガア・アラン・ポオ小説全集1 推理小説』(全4巻・別巻1)
       春秋社 1962/05 所収


(J18) 鈴木 1961
この家のあらゆる部分を調査してから、それ以上の発見もないままに、一行は建物の裏手にある、鋪装した小さな中庭へ出てみると、そこに老婦人の死体が転がっていた。のどをすっかり切られていたので、身体を起こそうとすると、頭部がちぎれ落ちた。胴体は頭部と同様に無惨に切りさいなまれていて、胴体はまるで人間のものらしい面影もとどめていないくらいであった。

   エドガー・アラン・ポー=著 鈴木幸夫(すずき・ゆきお)=訳
   「モルグ街の殺人」
   鈴木幸夫〔ほか〕=訳 『ポー代表作選集(下)』(全3巻)
   鏡浦書房 1961/01 所収


(J19) 砧 1956
屋内のあらゆる部分が、徹底的に捜査されたが、なんの獲ものもなかつた。一同が、家の裏の小さな石だたみの庭に出て見ると、そこに、老婦人の死体が、ころがつていた。のどを深く掻き切られ、からだをもたげようとすると、頭が、胴体から離れてしまつた。他の部分も、見るも無残に切りさいなまれ、ほとんど、人体のおもかげをとどめないばかりであつた。

   E・A・ポー=著 砧一郎=訳 「モルグ街の殺人」
   早川書房編集部=編 『名探偵登場1』 世界探偵小説全集
   早川書房 1956/02 所収


(J20) 佐々木 1951
家のあらゆる部分をくまなく探したが、それ以上はなんの発見もなく、一同はこの建物の裏にある石敷きの小さな中庭へ出ると、そこに老婦人の死体が横たわっており、その咽喉が完全に切られていたので、体を起そうとすると頭部が落ちてしまった。頭も胴もおろそしく切りさいなまれ、——胴のほうはほとんど人間のものとは見えないくらいであった。

   エドガー・ポー=著 佐々木直次郎=訳
   『モルグ街の殺人事件』 新潮文庫 1951/08


(J21) ダイジエスト・シリーズ刊行會 1950
 母親の死體は、庭の石だたみの上に、投げ出されていた。
 首を、鋭利な刃物できられている。もちあげたとき、ぽとりと、首が胴から落ちてしまつた。
 全身、めツた斬りに斬りさいなまれており、ほとんど、原形をとどめていなかつた。

   エドガー・アラン・ポオ=作
   編著者:ダイジエスト・シリーズ刊行會 代表:磯部秀見 「モルグ街の殺人」
   『怪奇と詩情―ポーの人と作品』 ダイジエスト・シリーズ3
   ジープ社 定價八○圓 1950/06/15 所収
   「ダイジエスト・シリーズ」というシリーズ名からも察せられるとおり、
   この訳は完訳ではなく抄訳です。


(J22) 江戸川 1929
[ルビを省いたテキスト]
家の中を隈なく檢べたが、それ以上何物も發見出來なかつたので、人々は建物の背後の石を敷いた小さな中庭に出て見ると、そこで老婦人の死體を發見したが喉をすつかり掻き切られてゐて、人々が彼女の體を起こさうとすると、首は落ちてしまつた。體も首も、無殘に切り刻まれて——體などは殆ど人間らしいところを止めてゐなかつた。

[原文——以下のとおり総ルビ]

家(いへ)の中(なか)を隈(くま)なく檢(しら)べたが、それ以上(いじやう)何物(なにもの)も發見(はつけん)出來(でき)なかつたので、人々(ひと/″\)は建物(たてもの)の背後(うしろ)の石(いし)を敷(し)いた小(ちひ)さな中庭(なかには)に出(で)て見(み)ると、そこで老婦人(らうふじん)の死體(したい)を發見(はつけん)したが喉(のど)をすつかり掻(か)き切(き)られてゐて、人々(ひと/″\)が彼女(かのぢよ)の體(からだ)を起(お)こさうとすると、首(くび)は落(お)ちてしまつた。體(からだ)も首(くび)も、無殘(むざん)に切(き)り刻(きざ)まれて——體(からだ)などは殆(ほとん)ど人間(にんげん)らしいところを止(とゞ)めてゐなかつた。

   ポー=著 江戸川亂歩=譯 「モルグ街の殺人」
   (ただし目次には「モルグ街殺人」)
   『世界大衆文學全集30 ポー、ホフマン集
   改造社 1929/04(昭和4)所収


(J23) 平野 1924
一同更に屋内をくまなく捜査せしに何等新しき發見を得ず、されば家屋の裏部なる中庭に出でたり。そこは一面石を敷つめあり。この中庭に老婦レスパネ夫人の死體ありき。死體を檢するに、頸部見ごとに切斷されわづかに後頭部の皮によつて頭と胴と連なり居る程なれば、死體を擡ぐるや首は胴より離れたり。死體には一面おびたゞしき傷のあとあり就中胴と顏部とは殆ど人の屍とは認め難きまでに變形せり。

[原文は、以下のとおり総ルビ]

一同(どう)更(さら)に屋内(やない)をくまなく捜査(そうさ)せしに何等(なんら)新(あたら)しき發見(はつけん)を得ず、されば家屋(かおく)の裏部(りぶ)なる中庭(なかには)に出(い)でたり。そこは一面(めん)石(いし)を敷(しき)つめあり。この中庭(なかには)に老婦(ろうふ)レスパネ夫人(ふじん)の死體(したい)ありき。死體(したい)を檢(けん)するに、頸部(けいぶ)見(み)ごとに切斷(せつだん)されわづかに後頭部(こうとうぶ)の皮(かは)によつて頭(あたま)と胴(どう)と連(つら)なり居(を)る程(ほど)なれば、死體(したい)を擡(もた)ぐるや首(くび)は胴(どう)より離(はな)れたり。死體(したい)には一面(めん)おびたゞしき傷(きず)のあとあり就中(なかづく)胴(どう)と顏部(がんぶ)とは殆(ほとん)ど人(ひと)の屍(しかばね)とは認(みと)め難(かた)きまでに變形(へんけい)せり。

   エドガ-・アラン・ポオ=作 平野威馬雄=譯 『モルク街の殺人
   アルス・ポピュラアー・ライブラリー11 1924(大正13)


(J24) 森 1913, 1915, etc.
人々は屋内所々を精密に捜索せしに、前記の他には別に發見する所なきを以て屋後なる中庭に出たり。中庭は石を敷き詰めあり。この中庭に女主人の屍體ありき。前頸部より非常に深く切り込みたる創あり。僅に項の皮少許にて首と胴と連りゐたる故、屍體を擡ぐる時、首は胴より離れたり。首もその他の體部も甚しく損傷あり。就中胴と手足とは、殆ど人の遺骸とは認められざる程變形せり。

[原文は、以下のとおり総ルビ]

人々(ひと/″\)は屋内所々(をくないしよ/\)を精密(せいみつ)に捜索(さうさく)せしに、前記(ぜんき)の他(た)には別(べつ)に發見(はつけん)する所(ところ)なきを以(もつ)て屋後(をくご)なる中庭(なかには)に出(いで)たり。中庭(なかには)は石(いし)を敷(し)き詰(つ)めあり。この中庭(なかには)に女主人(をんなしゆじん)の屍體(したい)ありき。前頸部(ぜんけいぶ)より非常(ひじやう)に深(ふか)く切(き)り込(こ)みたる創(きず)あり。僅(わづか)に項(うなじ)の皮(かは)少許(せうきよ)にて首(くび)と胴(どう)と連(つらな)りゐたる故(ゆゑ)、屍體(したい)を擡(もた)ぐる時(とき)、首(くび)は胴(どう)より離(はな)れたり。首(くび)もその他(た)の體部(たいぶ)も甚(はなはだ)しく損傷(そんしやう)しあり。就中(なかんづく)胴(どう)と手足(てあし)とは、殆(ほとん)ど人(ひと)の遺骸(ゐがい)とは認(みと)められざる程(ほど)變形(へんけい)せり。

   Poe=著 森林太郎=譯
   「病院横町の殺人犯(びやうゐんよこちやうのさつじんはん)」
   24a. 森鴎外=訳 『諸国物語(上)』 ちくま文庫 1991/12 所収
   24b. 森林太郎=著 『鴎外全集11』(全38巻) 岩波書店 1972/09 所収
   24c. 森林太郎=譯 『諸國物語』 國民文庫刊行會〔非賣品〕
       1915/01 (大正4) 所収
   24d. ポオ作 鴎外譯 雑誌『新小説』 第十八年第六卷
       1913/06(大正2)収載

   鴎外譯は、いずれもドイツ語譯 "Der Mord in der Spitalgasse" からの重訳。
   初出は 24d.


(J25) 長田 1899, 1996
再び捜索しれる結果として、此室の後なる小さき物置場の如き所より夫人の死骸を發見せり、利刀を以て斬られたるものゝ如く首と體とは殆ど連續せず手足の如きは見るに忍びざる程惨を極め、殆ど其形態を有せず

[原文は、以下のとおり総ルビです - tomoki y.]

再(ふたゝび)捜索(さうさく)しれる結果(けつくわ)として、此(この)室(しつ)の後(うしろ)なる小(ちい)さき物置場(ものおきば)の如(ごと)き所(ところ)より夫人(ふじん)の死骸(しがい)を發見(はつけん)せり、利刀(りとう)を以(もつ)て斬(き)られたるものゝ如(ごと)く首(くび)と體(からだ)とは殆(ほとん)ど連續(れんぞく)せず手足(てあし)の如(ごと)きは見(み)るに忍(しの)びざる程(ほど)惨(さん)を極(きは)め、殆(ほとん)ど其(その)形態(けいたい)を有(いう)せず

   長田秋濤(おさだ・しゅうとう)=譯 「猩々怪」
   25a. 川戸道昭+榊原貴教=編 ナダ出版センター=制作
       『明治翻訳文学全集《新聞雑誌編》19 ポー集』(全50巻・別巻2)
       大空社 1996/06 所収
   25b. 『文藝倶楽部』 第5巻第13編 1899/10(明治32)収載
   初出は 25b.25a.25b. を複製したもの。


(J26) 饗庭 1887, 1972, etc.
尚ほ諸方を探すと母の死骸ハ庭の隅に草を染めて倒れたり咽喉を切り斷ち顏手足の嫌なく疵ありて切殺されしといふより刻まれたりといふが適當ならん

[原文は以下のとおり総ルビ。ここには再現できませんが、変体がなが用いられています - tomoki y.]

尚(な)ほ諸方(しよはう)を探(さが)すと母(はゝ)の死骸(しがい)ハ庭(には)の隅(すみ)に草(くさ)を染(そ)めて倒(たふ)れたり咽喉(のど)を切(き)り斷(た)ち顏手足(かおてあし)の嫌(きらひ)なく疵(きず)ありて切殺(きりころ)されしといふより刻(きざ)まれたりといふが適當(てきたう)ならん

   エドガア・アラン・ポー=作 饗庭篁村(あえば・こうそん)=譯
   (初出紙には「竹の舎主人意譯」と記載)
   「ルーモルグの人殺し」
   26a. 川戸道昭+榊原貴教=編 ナダ出版センター=制作
       『明治翻訳文学全集《新聞雑誌編》19 ポー集』(全50巻・別巻2)
       大空社 1996/06 所収
   26b. 丹羽純一郎=譯者代表『明治飜訳文學集』 明治文學全集7
       筑摩書房 1972/10 所収
   26c. 『讀賣新聞附録』1887(明治20)年12月14日、27日、30日の
       3回に分けて掲載。

   上の引用は 26a. に依拠しました。
   初出は 26c.26a.26c. を複製したもの。
   26a.26c. は総ルビ、26b. はパラルビ。
   26b. には、26a.26c. に見られない句読点が補ってあります。


■ハンガリー語訳 Translation into Hungarian

Az egész házat alaposan átkutatták, de sehol másutt nem találtak semmit, csak mikor a ház mögötti szűk, kikövezett udvarba értek, bukkantak rá Madame L'Espanaye holttestére. Teljesen átvágott nyakkal, vértócsában feküdt a kövezeten; mikor a testet fel akarták emelni, a fej egyszerűen levált róla. A test, akárcsak a fej, annyira össze volt zúzva és nyomorítva, hogy szinte elvesztette minden emberi formáját.

   Edgar Allan Poe: A Morgue utcai kettős gyilkosság
   E-text at MEK (Magyar Elektronikus Könyvtár)


■ギリシャ語訳 Translation into Greek

Αφού έψαξαν όλο το σπίτι, τα µέλη της οµάδας προχώρησαν σε µια µικρή πλακόστρωτη αυλή, στο πίσω µέρος του σπιτιού. Εκεί βρήκαν το πτώµα της γηραιάς Κυρίας, µε τον λαιµό κοµµένο τόσο βαθιά, ώστε µε την πρώτη προσπάθεια που έκαναν να µετακινήσουν την νεκρή, το κεφάλι έπεσε. Τόσο το σώµα όσο και το κεφάλι της γηραιάς Κυρίας, έφεραν τροµερές κακώσεις. Ιδιαίτερα το σώµα της, ήταν τόσο κακοποιηµένο, ώστε µόλις και µετά βίας διατηρούσε το ανθρώπινο σχήµα του.

   Έντγκαρ Άλλαν Πόε - Οι  Φόνοι  της  Οδού  Μοργκ
   Translated by Γιώργος Μπλάνας
   E-text at Scribd


■ロシア語訳 Translation into Russian

После  того как  сверху донизу обшарили  весь дом, не обнаружив  ничего нового,  все кинулись вниз,  на мощеный дворик, и там  наткнулись на мертвую старуху -  ее  так  хватили бритвой, что  при  попытке поднять  труп  голова отвалилась.  И  тело  и  лицо  были  изуродованы,  особенно тело, в  нем  не сохранилось ничего человеческого.

   Эдгар Аллан По. Убийство на улице Морг
   Translated by Р. Гальпериной
   E-text at Lib.Ru


■ブルガリア語訳 Translation into Bulgarian

След като огледа внимателно всяко ъгълче на къщата, групата се упъти към настланото дворче в задната част на сградата, където лежеше тялото на старата мадам Л'Еспане, чиято шия бе така прерязана, че още при първия опит да вдигнат трупа главата се отдели. Тялото и лицето бяха ужасно обезобразени, особено тялото, което бе почти изгубило човешкия си вид.

   Едгар Алън По. Убийствата на улица Морг
   Translated by Борис Дамянов, 1982
   E-text at Моята библиотека (chitanka.info)


■デンマーク語訳 Translation into Danish

Efter en gennemgaaende Undersøgelse af hele Huset, uden at der opdagedes noget yderligere Spor, begav Selskabet sig til en lille brolagt Gaard bagved Bygningen, hvor Liget af den gamle Dame fandtes, med Halsen saa komplet overskaaren, at Hovedet faldt af, da man forsøgte paa at stille Legemet oprejst. Saavel Hovedet som det øvrige Legeme var saaledes mishandlet, at det sidstnævnte aldeles syntes at have tabt sit menneskelige Udseende.

   Mordene i Rue Morgue by Edgar Allan Poe
   Translated by Robert Watt, 1893
   E-text at Mordene i Rue Morgue. [PDF]


■オーディオブックのジャケット Audiobook cover
9626342765


 Audio 1 
「モルグ街の殺人」 ドイツ語版のオーディオブック(朗読)
Der Doppelmord in der Rue Morgue: Audiobook of German translation

下の引用箇所は 26:01 あたりから始まります。 Published on Apr 5, 2012 by allenzadock. The excerpt below starts around 26:01.


■ドイツ語訳 Translations into German

(D1) Etzel, 1976
Nachdem man jeden Winkel des Hauses auf das gründlichste untersucht hatte, ohne jedoch etwas Weiteres zu entdecken, drangen die Leute in einen kleinen gepflasterten Hof, der hinter dem Hause lag. Und hier war es, wo man die Leiche der alten Dame fand. Der Kopf war vom Rumpfe abgetrennt und hing nur noch durch ein Stück Haut lose damit zusammen, so daß er abfiel, als man die Leiche aufzuheben versuchte. Der Körper sowohl wie der Kopf waren in unerhörter, grauenhaftester Weise verstümmelt, und besonders der erstere sah kaum noch menschenähnlich aus.

   Der Doppelmord in der Rue Morgue by Edgar Allan Poe
   Translated by Gisela Etzel
   Der Untergang des Hauses Usher – Ausgewählte Erzählungen
   Zürich : Diogenes, 1976
   E-text at Zeno.org


(D2) Eulenberg, 1901
Nachdem man jeden Winkel des Hauses auf das gründlichste untersucht hatte, ohne jedoch etwas Weiteres zu entdecken, drangen die Leute in einen kleinen gepflasterten Hof, der hinter dem Hause lag. Und hier war es, wo man die Leiche der alten Dame fand. Der Kopf war vom Rumpfe abgetrennt und hing nur noch durch ein Stück Haut lose damit zusammen, so daß er abfiel, als man die Leiche aufzuheben versuchte. Der Körper sowohl wie der Kopf waren in unerhörter, grauenhaftester Weise verstümmelt, und besonders der erstere sah kaum noch menschenähnlich aus.

   Der Mord in der Spitalgasse by Edgar Allan Poe
   Translated by Hedda Eulenberg, 1901
   E-text at Haus Freiheit


■イタリア語訳 Translations into Italian

(It1) Franconeri, 2010
Dopo avere minuziosamente esaminato ogni angolo della casa, ma senza ulteriori risultati, il gruppo delle persone accorse passò a ispezionare il cortiletto lastricato sul retro dell'edificio. Là fu rinvenuta la vecchia signora, la cui gola era stata tagliata così profondamente che quando si tentò di sollevare il cadavere la testa si staccò. Tutto il corpo era orrendamente mutilato, tanto da non sembrare più umano.

   I delitti della Rue Morgue by Edgar Allan Poe
   I delitti della Rue Morgue. Il mistero di Marie Rogêt by Edgar Allan Poe
   Translated by Francesco Franconeri
   Giunti Demetra, 2010/05/12
   Preview at Google Books


(It2)
Dopo una minuziosa perlustrazione condotta per ogni angolo della casa che non portò però a nessuna ulteriore scoperta, il gruppo di persone si diresse a un piccolo cortile lastricato sul retro della casa, dove giaceva il cadavere della vecchia signora, con la gola tagliata tanto selvaggiamente che, nel tentativo fatto per sollevare la salma, la testa si staccò nettamente dal busto. Sia il corpo che la testa erano orribilmente mutilati, il primo specialmente era così sfigurato da non serbare quasi più traccia di parvenza umana.

   I delitti della Rue Morgue by Edgar Allan Poe
   E-text at Digilander libero


■ポルトガル語訳 Translation into Portuguese

Depois de cuidadosa investigação de todos os aposentos da casa, sem nenhuma outra descoberta, o grupo encaminhou-se para um pequeno pátio calçado que havia atrás da casa, e lá encontrou o cadáver da velha, com a garganta tão cortada que, ao tentar-se levantar o corpo, a cabeça caiu. Tanto o corpo como a cabeça estavam terrivelmente mutilados, sendo que aquele mal conservava qualquer aparência humana.

   Edgar Allan Poe: Os Crimes da Rua Morgue (Os Assassinatos da Rua Morgue)
   E-text at:
   * Ning (api.ning.com) [PDF]
   * Intellecta Design
   * Scribd


 Audio 2 
「モルグ街の殺人」 スペイン語版のオーディオブック(朗読)
Los Crímenes de la Calle Morgue: Audiobook of Spanish translation (Part 3/10)

Uploaded by ByblosXXI on May 30, 2011


■スペイン語訳 Translation into Spanish

Después de un minucioso examen efectuado en todas las habitaciones, sin que se lograra ningún nuevo descubrimiento, los presentes se dirigieron a un pequeño patio pavimentado, situado en la parte posterior del edificio, donde hallaron el cadáver de la anciana señora, con el cuello cortado de tal modo, que la cabeza se desprendió del tronco al levantar el cuerpo. Tanto éste como la cabeza estaban tan horriblemente mutilados, que apenas conservaban apariencia humana.

   Los crímenes de la calle Morgue by Edgar Allan Poe
   E-text at Wikisource


 Audio 3 
「モルグ街の殺人」 フランス語版のオーディオブック(朗読)
Double Assassinat dans la rue Morgue: Audiobook of French translation

下の引用箇所は 8:33 あたりから始まります。 Published on 7 Nov 2012 by SolANDSixela. The excerpt below starts around 8:33.


■フランス語訳 Translation into French

Après un examen minutieux de chaque partie de la maison, qui n’amena aucune découverte nouvelle, les voisins s’introduisirent dans une petite cour pavée, située sur le derrière du bâtiment. Là gisait le cadavre de la vieille dame, avec la gorge si parfaitement coupée, que, quand on essaya de le relever, la tête se détacha du tronc. Le corps, aussi bien que la tête, était terriblement mutilé, et celui-ci à ce point qu’il gardait à peine une apparence humaine.

   Le double assassinat dans la rue Morgue by Edgar Allan Poe
   Histoires extraordinaires et Histoires grotesques et sérieuses
   Translated by Charles Baudelaire, 1856
   Preview at Google Books
   E-text at:
   * Psychanalyse-paris.com
   * Memodata.com
   * Wikisource


 Audio 4 
「モルグ街の殺人」 英語原文のオーディオブック(朗読)
The Murders in the Rue Morgue: An Audiobook of the original in English

下に引用した箇所は 26:14 あたりから始まります。 Uploaded by audiobooksfree on Dec 22, 2011. The excerpt below starts around 26:14.


■英語原文 The original text in English

After a thorough investigation of every portion of the house, without farther discovery, the party made its way into a small paved yard in the rear of the building, where lay the corpse of the old lady, with her throat so entirely cut that, upon an attempt to raise her, the head fell off. The body, as well as the head, was fearfully mutilated --the former so much so as scarcely to retain any semblance of humanity.

   The Murders in the Rue Morgue (1841) by Edgar Allan Poe
   E-text at:
   * E. A. Poe Society of Baltimore
   * Project Gutenberg


■邦題の異同 Variations of the title in Japanese

「モルク街の殺人」…………平野 1924  [クに濁点がない]
「モルグ街の怪事件」………堀内 2001
「モルグ街の殺人」…………小川(高) 2006  松村+繁尾 1987, 2010
             谷崎 1985  岡上 1984
             丸谷 1974  小川(和) 1973
             八木 1971, 1974
             谷崎 1962, 1969, 1998  刈田 1966
             松村 1962  鈴木 1961  砧 1956
             ダイジエスト・シリーズ刊行會 1950
             江戸川 1929(表紙)
「モルグ街の殺人事件」……金原 2002  中野 1978  久米 1975
             佐々木 1951
「モルグ街殺人」……………江戸川 1929(目次)
「モルグ街殺人事件」………志貴 1978
「ルーモルグの人殺し」……饗庭 1887, 1972, 1996
「病院横町の殺人犯」………森 1913, 1915, 1972, 1991
「猩々怪」……………………長田 1899, 1996


■更新履歴 Change log

2014/11/20 簡伊婕による、もう1種類の繁體字中國語譯を追加しました。
2014/11/02 ギリシャ語訳を追加しました。
2013/11/27 柴田元幸=訳 2013/10/19 を追加しました。
2013/08/25 松村達雄+繁尾久=訳 1987/12/21 を追加しました。
2013/01/25 ハンガリー語訳、ブルガリア語訳、デンマーク語訳、イタリア語訳、
         ポルトガル語訳、およびフランス語版のオーディオブックの
         YouTube 動画を追加しました。
2012/08/14 ドイツ語版オーディオブックと英語原文のオーディオブックの
         YouTube 動画を追加しました。
2012/06/07 ロシア語訳、およびテレビ 『モルグ街の殺人 (1986)』 の YouTube
         動画を追加しました。
2010/12/12 『モルグ街の殺人 (1932)』予告篇と『モルグ街の殺人 (1971)』
         予告篇の2本の YouTube 動画、巽孝之=訳 2009/05/01、
         Gisela Etzel 訳 (1976) および Hedda Eulenberg 訳 (1901) の
         2種類のドイツ語訳、ならびにスペイン語訳を追加しました。
2009/09/15 ダイジエスト・シリーズ刊行會=編著 1950/06/15 を追加しました。
2009/08/25 中國語譯(繁體字)を追加しました。
2008/01/27 鈴木幸夫=訳 1961/01 を追加しました。
2007/10/31 堀内一郎=訳 2001/04 を追加しました。
2007/07/16 饗庭篁村(竹の舎主人)=譯 1996/06、1972/10、1887/12、
         および長田秋濤=譯 1996/06、1899/10 を追加しました。
2007/06/05 岡上鈴江=訳 1984/03 を追加しました。
2007/03/13 谷崎精二=訳 1969/10 を追加しました。
2007/01/27 志貴宏=訳 1978/09 と森林太郎=譯 1915/01 を追加
         しました。また、閲読の便を考慮して、江戸川亂歩=譯 と
         平野威馬雄=譯につき、ルビなしの版を追加しました。
2006/11/24 中国語訳(簡体字)を追加しました。
2006/05/19 久米元一=訳 1975 を追加しました
2006/05/13 八木敏雄=訳 1974、江戸川亂歩=譯 1929(昭和4)、ならびに
         平野威馬雄=譯 1924(大正13)を追加しました。また、訳例の
         配列を、旧→新から新→旧に変更しました。
2006/04/03 刈田元司=訳 1966 と Charles Baudelaire によるフランス語訳を
         追加しました。また、書誌情報を補足・修正しました。
2006/02/27 松村達雄=訳 1962 と小川和夫=訳 1973 を追加しました。
2006/02/15 金原瑞人=訳 2002 を追加しました。


にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ翻訳ブログ人気ランキング参加中

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■DVD

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

  

| | Comments (0) | TrackBack (0)

William Wilson by Edgar Allan Poe (1) エドガー・アラン・ポー 「ウィリアム・ウィルソン」 (1)

« William Wilson 2 »
« ウィリアム・ウィルソン 2 »

        目次 Table of Contents

 Video  映画 世にも怪奇な物語 (1968) Film Histoires extraordinaires (1968)
■中国語訳(簡体字) Translation into simplified Chinese
■日本語訳 Translations into Japanese
  (J1) 巽 2009
  (J2) 西崎 2007
  (J3) 小川(高)2006
  (J4) 金原 2002
  (J5) 大岡 1998
  (J6) 富士川 1992
  (J7) 谷崎 1985
  (J8) 永川 1978
  (J9) 佐伯 1974
  (J10) 中野 1974, 1978
  (J11) 小川(和)1973
  (J12) 刈田 1966
  (J13) 松村 1962
  (J14) 谷崎 1962, 1969, etc.
  (J15) 荒 1961
  (J16) 佐々木 1951, 2005
  (J17) 平林 1949
  (J18) 葉河 1946
  (J19) 江戸川 1929
  (J20) 谷崎 1929
  (J21) その他
■ギリシャ語訳 Translation into Greek
■ロシア語訳 Translation into Russian
■ウクライナ語訳 Translation into Ukrainian
■ポーランド語訳 Translation into Polish
■チェコ語訳 Translation into Czech
■ドイツ語訳 Translation into German
■イタリア語訳 Translation into Italian
■ポルトガル語訳 Translation into Portuguese
■スペイン語訳 Translations into Spanish
  (Es1) Cortázar
  (Es2)
■フランス語訳 Translation into French
 Image  著者の肖像写真 Portrait of the author
■英語原文 The original text in English
■"William Wilson" の日本語表記 Variations of transliteration in Japanese
■tomokilog 関連記事 Related articles from tomokilog:
■更新履歴 Change log


 Video  オムニバス映画『世にも怪奇な物語』から第2話「影を殺した男」
 William Wilson, a segment of the omnibus film Histoires extraordinaires (1968)
 Also known as Spirits of the Dead (USA) or Tales of Mystery and Imagination (UK)

フランス+イタリア 原作: エドガー・アラン・ポー 第2話の監督: ルイ・マル 出演: アラン・ドロン、ブリジット・バルドー France & Italy. Story by Edgar Allan Poe. Segment "William Wilson" adapted by Louis Malle, starring Brigitte Bardot, Alain Delon.


■中国語訳(簡体字) Translation into simplified Chinese

我们这族人,一直以想象力丰富,性子暴躁而闻名,在幼年时代,我就表现出了完全继承家族特征的秉性。随着我一年一年地长大,这种秉性益发显著。由于多种原因,搞得我的朋友焦虑不堪,我自己也备受伤害。

   《威廉·威尔逊》
   经典爱伦坡悬疑集 作者: [美]爱伦·坡
   E-text at 百度文库


■日本語訳 Translations into Japanese

(J1) 巽 2009
わたしが血を受け継いだ一族は、想像力にあふれ興奮しやすい傾向が変わらぬ特質であった。そして自分自身、まだほんの幼児だったころから、一族の特質をぞんぶんに表していた。成長するにつれて、それはますます顕著なものとなり、理由はさまざまではあるものの、友人たちをことごとく狼狽(ろうばい)させたり、そればかりか自分自身をもひどく傷つけたりする要因となった。

   エドガー・アラン・ポー=作 巽孝之(たつみ・たかゆき)=訳
   「ウィリアム・ウィルソン」
   『黒猫・アッシャー家の崩壊—ポー短編集1 ゴシック編
   新潮文庫 2009/04/01 所収


(J2) 西崎 2007
想像力に富み、たやすく興奮する気質を具え、そのせいでつねに周囲の注視の的となる、わたしはそんな一族に属している。わたしは幼年期に早くも家系のその特徴を全面的に受け継いでいる兆候を示していたという。そしてさらに年齢を加えた時、その傾向はきわめて顕著になった。そのため、友人たちのあいだに深刻な不安の要因を種々提供することになり、確実に自身も傷つくことになった。

   エドガー・アラン・ポー=著 西崎憲(にしざき・けん)=訳
   「ウイリアム・ウイルソン」
   『エドガー・アラン・ポー短篇集』 ちくま文庫 2007/05 所収


(J3) 小川(高)2006
私は、ある一族に生き残った末裔だ。代々、空想癖の激情家が出やすいとされた家である。ごく幼い私にも、この性質はそっくり表れていた。年とともに強まる一方だ。おおいに友人の心を悩ませ、私自身の損害になったものでもある。

   エドガー・アラン・ポー=作 小川高義(おがわ・たかよし)=訳
   「ウィリアム・ウィルソン」
   『黒猫/モルグ街の殺人』 光文社古典新訳文庫 2006/10 所収


(J4) 金原 2002
自分はもともと想像力が豊かで、すぐに興奮してしまう先祖代々の血を受け継いで生まれ、幼い頃からその傾向は強く、成長するにしたがって、それにみがきがかかった。そのせいでいろんなことがあり、友人にはとても迷惑をかけたし、自分もひどい目にあってきた。

   E・A・ポー=作 金原瑞人(かねはら・みすひと)=訳 「ウィリアム・ウィルスン」
   『モルグ街の殺人事件』 岩波少年文庫 2002/08 所収


(J5) 大岡 1998
私は空想的でひどく興奮しやすい気質のせいで、つねに注目されてきた一族の子孫として、この世に生まれた。そして、ごく幼いころから、一家の特徴をあますところなく受けついでいる証拠を示したものである。大人になるにしたがって、それはますますひどくなった。ほかの多くの理由もかさなり、その傾向は友人たちの深刻な頭痛のたねになっていったし、私自身にとっても確実に有害なものとなった。

   エドガー・アラン・ポー=作 大岡玲(おおおか・あきら)=訳
   「ウィリアム・ウィルソン」
   『アモンティラードの樽 その他
   地球人ライブラリー 小学館 1998/03 所収


(J6) 富士川 1992
ぼくは、その幻想性と興奮しやすい気質にかけては、いつもひときわ目立っていた一族の末裔(まつえい)である。しかも、ごく幼少の頃(ころ)より、ぼくはこの一族の特徴を完全に受け継いだ証拠を示していた。成長するにつれて、その特徴はますます強く顕(あら)われるようになり、いろいろな理由で、友人たちの深刻な心配の種ともなり、またぼく自身にとっても、明らかな損害を招くもととなった。

   ポー=作 富士川義之=訳 「ウィリアム・ウィルソン」
   『黒猫』 集英社文庫 1992/05 所収


(J7) 谷崎 1985
わたしは、想像力がゆたかで、そのうえ短気者としてずっとむかしから有名だった家系の、子孫である。そして、子どもの時分からこの家族の特徴をじゅうぶんうけついだ、いちじるしい証拠をあらわしていた。成長するにしたがって、それがますます発達し、いろいろの理由から友人にはえらい迷惑をかけ、自分自身にも大きな害をなすようになった。

   エドガー=アラン=ポー=作 谷崎精二=訳 「ウィリアム = ウィルスン」
   『エドガー=アラン=ポー怪奇・探偵小説集1』 偕成社文庫 1985 所収


(J8) 永川 1978
ぼくの一族は先祖代々、つねに過剰な想像力と、興奮しやすい気質をもって知られていた。すでに幼年期からぼくは、この家系的特徴をすべて受けついでいるという顕著な兆候を示していた。成長するにしたがってそれがますますはなはだしくなり、いろいろの理由で友人たちをひどく困らせるばかりでなく、自分自身をわざわざ傷つけてしまう。

   ポー=作 永川玲二=訳 「ウィリアム・ウイルソン」
   五木寛之〔ほか〕=編 『世界文学全集1 ポー/ホーソーン
   学習研究社 1978/09 所収


(J9) 佐伯 1974
一体、私の一族というのは、空想性と興奮しやすい気質にかけては、ぬきんでた一族であり、私自身、ごく幼少の頃から、この先祖伝来の特徴をたっぷりと受けついだ証拠を明らかに示していた。成長するにつれて、この点は著しくなりまさって、いろいろな理由から友人に重大な不安の種ともなり、私自身にとっても、被害をまねく元となった。

   ポオ=作 佐伯彰一=訳 「ウィリアム・ウイルソン」
   『世界文学全集32 ポー/ホーソン』 講談社 1974 所収


(J10) 中野 1974, 1978
僕は、由来その幻想的傾向と、興奮しやすい気質をもってあらわれたある一族の末裔である。わずかに物心ついたその頃から、僕はすでにこの家系的特徴を十分に享けついだ顕著な証拠を示していた。成長するにしたがって、それはますますひどくなり、いろいろの理由で、単に友人たちに重大な心配をかけたばかりでなく、まず僕自身、事毎に非常な損害を招く基になった。

   エドガー・アラン・ポオ=作 中野好夫=訳 「ウィリアム・ウィルソン」
   10a. 黒猫・モルグ街の殺人事件 他五篇』 岩波文庫 1978/12 所収
   10b.ポオ小説全集1』 創元推理文庫 1974/06 所収


(J11) 小川(和)1973
ぼくは、幻想的な性向と興奮しやすい気質で昔からいつも際(きわ)だっていた一族の後裔(こうえい)である。そしてごく幼少のころから、ぼくはこの家門の特徴を十二分に受け継いでいるという証拠を示したのだった。年をとるにつれて、これはますますひどくなり、さまざまな理由から、友人たちに容易ならぬ心配を与え、また自分自身非常な損害を受ける原因ともなった。

   ポオ=作 小川和夫=訳 「ウィリアム・ウィルソン」
   『筑摩世界文學大系 37 ポオ/ボオドレール』 筑摩書房 1973/11 所収


(J12) 刈田 1966
僕は空想的な興奮しやすい気質のために昔から有名であった一族の末裔(まつえい)で、僕も幼児のころすでに、一家の特徴をあますところなく受けついだという証拠を示したものである。長ずるにしたがって、その特徴はますます強くなり、ほかのいろんな理由もかさなって、友人たちにとって真剣な危惧(きぐ)の原因となり、僕自身にとっても大きな損害をあたえかねないものとなった。

   ポー=作 刈田元司(かりた・もとし)=訳 「ウィリアム・ウィルソン」
   『黒猫・黄金虫 他四編』 旺文社文庫 1966/05 所収


(J13) 松村 1962
このわたしは、想像力に富み、たやすく激しやすい気質をもっていつもきこえていたある一族の子孫である。まだほんの幼いころから、わたしは、この先祖代々の気質をそのまま受けついでいることをはっきり示していた。年を重ねるにつれて、この気質はますますつのっていって、いろいろな理由から、友人たちの非常な不安の種となり、またたしかにわが身を傷つける原因(もと)ともなった。

   ポー=作 松村達雄=訳 「ウィリアム・ウィルソン」
   『世界文学全集11 ポー/ホーソーン』 河出書房新社 1962/08 所収


(J14) 谷崎 1962, 1969, etc.
私はずっとむかしから、想像力と短気で有名な家族の子孫である。そして、子供の時分から、この家族の特徴を十分うけついだことの証跡がいちじるしかった。だんだん成長するに従って、それがますます発達し、いろいろの理由から友人にはえらい迷惑をかけ、自分自身にも大きな害をなすようになった。

   エドガア・アラン・ポオ=作 谷崎精二=訳 「ウィリアム・ウィルスン」
   14a.ポオ小説全集2 幻怪小説』(全4巻)新装版 春秋社 1998/09 所収
   14b.エドガア・アラン・ポオ全集2』(全6巻)春秋社 1969/11 所収
   14c.ポオ小説全集2 - 幻怪小説編』(全4巻・別巻1)
       春秋社 1962/07 所収


(J15) 荒 1961
私は、想像力に富んだ、興奮しやすい気質で、ずっと名高かった或る一族の子孫なのである。ごく幼い頃から、私には、この一族の特色を十分受け継いでいる証拠があった。年とるにつれ、それはますますつよくなった。多くの理由で、友人たちに本気で心配をさせ、私自身手ひどい損害を受ける原因になった。

   ポー=作 荒正人=訳 「ウィリアム・ウィルソン」
   大橋健三郎=編 『アメリカ短篇名作集』 学生社 1961/09 所収


(J16) 佐々木 1951, 2005
私は、想像力に富んで、しかもたやすく興奮する気質のために昔からずっと有名だった一族の子孫である。そして、まだごく幼いころから、この家族の性格を十分にうけついでいる証拠をあらわしていた。成長するにしたがって、その性格はいっそう強く発達し、いろいろな理由で、友人たちにはたいへん心配をかけたし、また自分自身には非常な損害をかける原因となった。

   エドガー・ポー=作 佐々木直次郎=訳 「ウィリアム・ウィルスン」
   16a. 青空文庫 入力:kompass 校正:土屋隆 2005年11月1日作成
   16b.黒猫・黄金虫』 新潮文庫 1951/08 所収
   電子テキスト 16a. の底本は 16b.(2004/02/05, 100刷)です。


(J17) 平林 1949
私の先祖は、空想的な、ちよつとしたことにも昂奮し易い氣質のために、代々名が通つてゐた。そして私も、ほんの幼ない子供の時分から、先祖の遺を十分に承けついでゐる證據を歴々と示してゐた。そして成長するにつけてそれは益々著になつて來て、色々な理由で、友だちにはひどい心配をかけ、私自身にもひどい迷惑をかける原因になつた。

   エドガア・アラン・ポオ=作 平林初之輔(ひらばやし・はつのすけ)=譯
   「ウイリヤム・ウイルスン」(本文の表記)
   「ウヰリアム・ウィルソン」(目次の表記)
   ポオ百年祭記念・ポオ怪奇探偵傑作選
   『宝石 第四卷 第十號』 昭和24年11月号 岩谷書店 1949/11/01 所収
   この雑誌の内容紹介は、つぎの2つのサイトにあります:
   1) 尖端猟奇大パノラマ(江戸川乱歩をしのんで) > 宝石「ポオ百年祭記念」
   2) ちっちゃな推理小説の図書室 “宝石” > “宝石”第4巻 目次
   祖・通・遺・益・迷の旧字はそれぞれ新字で置き換えました。


(J18) 葉河 1946
私は、想像力に富む且つちよつとしたことにも昂奮し易い氣質のために、昔からずつと名が通つてゐる家門の後裔である。そしてほんの幼ない子供の時分から、この一族の性格を十分に承けついでゐる證據を示した。成長するにつれてそれは益々顯著になつて來て、色々な理由で、友だちには、ひどい心配をかけ、私自身にも積極的の損害をかける原因になつた。

   エドガ・アラン・ポウ=作 葉河憲吉(はがわ・けんきち)=譯
   「ウィリアム・ウィルスン」
   『あひびき』 出水書園 1946/12/25 所収
   通・益の旧字はそれぞれ新字で置き換えました。


(J19) 江戸川 1929
私は古くから空想的な、且つ容易に興奮し易氣質で知られている一門の裔であつたが、私自身も、ほんの幼い頃に於いてすでに、先祖の遺傳を十分に承けついでゐる證據を明かに現はしてゐた。しかも成長するに從つて、この特徴はやうやく顯著になつて來て、遂には種々な理由から友達にはひどい心配をかけ、私自身にも甚しい損失を招く原因となつた。

[原文は次のように総ルビ]

私(わたし)は古(ふる)くから空想的(くうさうてき)な、且(か)つ容易(ようい)に興奮(こうふん)し易(やす)い氣質(きしつ)で知(し)られている一門(もん)の裔(すゑ)であつたが、私自身(わたしじしん)も、ほんの幼(をさな)い頃(ころ)に於(お)いてすでに、先祖(せんぞ)の遺傳(ゐでん)を十分(ぶん)に承(う)けついでゐる證據(しようこ)を明(あきら)かに現(あら)はしてゐた。しかも成長(せちちやう)するに從(したが)つて、この特徴(とくちよう)はやうやく顯著(けんちよ)になつて來(き)て、遂(つひ)には種々(しゆ/″\)な理由(りいう)から友達(ともだち)にはひどい心配(しんぱい)をかけ、私自身(わたしじしん)にも甚(はなはだ)しい損失(そんしつ)を招(まね)く原因(げんいん)となつた。

   ポー=作 江戸川亂歩=譯 「ヰリアム・ヰルスン」
   『世界大衆文學全集30 ポー、ホフマン集』 改造社 1929/04(昭和4)所収


(J20) 谷崎 1929
私はずつと昔から想像力と短氣で有名な家族の後裔(こうえい)である。そして子供の時分からこの家族の特徴を十分承(う)け繼(つ)いだ事の證跡が著(いちじる)しかつた。だん/\成長するに從つてそれが益々發達し、いろ/\の理由から友人にはえらい迷惑をかけ、自分自身にも大きな害を爲すやうになつた。

   ポオ=作 谷崎精二=譯 「ウィリアム・ウィルスン」
   『世界文學全集11 ポオ傑作集 緋文字・其他
   新潮社(非賣品)1929/01(昭和4)所収


(J21) その他
以上のほかに、たとえば白木茂氏による、つぎの2つの翻訳があります。ただし、これらの版は児童向けの抄訳で、上の引用部分に相当する箇所が訳出されていません。

   21a. ポー=作 白木茂=訳 『影を殺した男』 青い鳥文庫Kシリーズ
       講談社 1996/11
   21b. ポー=作 白木茂=訳 「影を殺した男」
       『世界の怪談2 英米編2 怪奇! 105号室
       講談社 1973/11 所収


■ギリシャ語訳 Translation into Greek

Είμαι απόγονος μιας γενιάς που ο ευφάνταστος κι ευερέθιστος χαρακτήρας της την έκανε κάθε φορά να ξεχωρίζει από τις άλλες· κι από την πιο παιδική μου ηλικία έδειχνα πως είχα κληρονομήσει όλα τα γνωρίσματα της οικογένειάς μου. Όσο περνούσαν τα χρόνια, τόσο αυτός ο χαρακτήρας μου δυνάμωνε όλο και περισσότερο: τόσο που είχε καταντήσει αφορμή σοβαρής ανησυχίας για τους φίλους μου, κι αληθινής βλάβης για τον εαυτό μου.

   Έντγκαρ 'Aλλαν Πόε. Γουίλλιαμ Ουίλσον
   E-text at Scribd


■ロシア語訳 Translation into Russian

Я принадлежу к роду, который во все времена отличался пылкостью нрава и силой воображения,  и  уже  в  раннем  детстве  доказал,  что  полностью унаследовал эти черты. С годами они проявлялись все определеннее,  внушая, по многим причинам, серьезную тревогу моим друзьям и  принося  безусловный вред  мне  самому.

   Эдгар Аллан По. Вильям Вильсон
   Translated by Р.Облонской
   Источник: "Эдгар По. Стихотворения. Проза", Изд-во "Худ.лит.",
   Москва, 1976, Библиотека Всемирной литературы,
   Серия вторая - литература XIX в.
   E-text at Lib.Ru


■ウクライナ語訳 Translation into Ukrainian

Походжу я з роду, який завжди славився буйністю уяви і вразливістю вдачі, і вже з ранніх моїх літ було видно, що фамільний характер я успадкував повністю. З роками він укорінювався дедалі глибше, даючи моїм друзям серйозні підстави для занепокоєння і нічого, крім шкоди, не даючи мені.

   Едгар Аллан По. Вільям Вілсон
   Translated by Р.Облонской
   © ГАБЛЕВИЧ М. Б., переклад з англійської, 1992.
   E-text at Український Центр (ukrcenter.com)


■ポーランド語訳 Translation into Polish

Jestem potomkiem rasy, którą zawsze wyróżniał temperament zdolny do przywidzeń i łatwo zapalny, i pierwsze lata mego dzieciństwa są już dowodem, żem całkowicie odziedziczył cechy mego rodu. Z biegiem czasu cechy owe zarysowały się dosadniej i z wielu powodów stały się dla mych przyjaciół przedmiotem poważnych niepokojów, a dla mnie — źródłem istotnych krzywd.

   William Wilson by Edgar Allan Poe
   Translated by Bolesław Leśmian
   E-text at Wolne Lektury


■チェコ語訳 Translation into Czech

Pocházím z rodu, který byl odedávna proslulý svou představivostí a lehce vznětlivou povahou, a já jsem již v raném dětství dával neklamně najevo, že jsem tyto rodinné rysy plně zdědil. S přibývajícími lety se projevovaly silněji a působily z mnoha důvodů vážné starosti mým přátelům a značné škody mně samému.

   William Wilson by Edgar Allan Poe
   E-text at Literární doupě


■ドイツ語訳 Translation into German

Ich bin der Abkömmling eines Geschlechtes, das sich von jeher durch eine starke Einbildungskraft und ein leicht erregbares Temperament auszeichnete; und schon in frühester Kindheit bewies ich, dass ich ein echter Erbe dieser Familienveranlagung sei. Je mehr ich heranwuchs, desto mehr entwickelten sich jene Eigenschaften, die aus vielen Gründen meinen Freunden zu einer Quelle der Besorgnis und mir selbst zum Kummer wurden.

   William Wilson by Edgar Allan Poe
   Translated by Gisela Etzel
   in Edgar Allan Poes Werke edited by Theodor Etzel.
   Propyläen-Verlag, Berlin, 1921
   E-text at Projekt Gutenberg-DE


■イタリア語訳 Translation into Italian

Discendo da una stirpe che si è distinta in ogni tempo per indole immaginosa e facilmente eccitabile; la mia prima infanzia provò che avevo ereditato in pieno il carattere atavico. Col crescere degli anni questo carattere si fece in me più spiccato; e per mille ragioni divenne una causa di seria inquietudine per i miei amici, e per me stesso una fonte di positivo pregiudizio.

   William Wilson
   from Racconti del terrore by Edgar Allan Poe
   Translated by Delfino Cinelli and Elio Vittorini
   Edizioni Mondadori, 2010
   E-text at RACCONTI - Hardwaregame.it [PDF]


■ポルトガル語訳 Translation into Portuguese

Sou filho de uma raça de temperamento imaginativo. Sensível, facilmente excitável. E, desde a infância, mostrei ter herdado o caráter da família. Isso cresceu comigo. Acompanhou-me sempre. Eram muitas as tendências más, e meus pais nada podiam fazer para detê-las. Por isso mesmo, muito cedo, tornei-me o senhor de minhas próprias ações.

   William Wilson
   Histórias extraordinárias by Edgar Allan Poe
   Tradução e Adaptação Clarice Lispector
   Rio de Janeiro : Ediouro Publicações, 2005
   Preview at Google Books


■スペイン語訳 Translations into Spanish

(Es1) Cortázar
Desciendo de una raza cuyo temperamento imaginativo y fácilmente excitable la destacó en todo tiempo; desde la más tierna infancia di pruebas de haber heredado plenamente el carácter de la familia. A medida que avanzaba en años, esa modalidad se desarrolló aún más, llegando a ser por muchas razones causa de grave ansiedad para mis amigos y de perjuicios para mí.

   William Wilson
   in Narraciones extraordinarias by Edgar Allan Poe
   Translated by Julio Cortázar
   Libresa. Preview at Google Books
   E-text at Lector Online


(Es2)
Soy descendiente de una estirpe cuya imaginación y temperamento fácilmente excitable la destacó en todo momento; y desde la más tierna infancia di muestras de haber heredado plenamente el carácter de la familia. A medida que avanzaba en años, ese carácter se desarrolló con más fuerza y se convirtió por muchos motivos en causa de grave preocupación para mis amigos, y de acusado perjuicio para mí.

   William Wilson
   in The Raven. Relatos de Edgar Allan Poe by Edgar Allan Poe
   Paradimage Soluciones SL. Preview at Google Books
   E-text at:
   * Les paraules secretes dels óssos polars
   * Ciudad Seva


■フランス語訳 Translation into French

Je suis le descendant d’une race qui s’est distinguée en tout temps par un tempérament imaginatif et facilement excitable ; et ma première enfance prouva que j’avais pleinement hérité du caractère de famille. Quand j’avançai en âge, ce caractère se dessina plus fortement ; il devint, pour mille raisons, une cause d’inquiétude sérieuse pour mes amis, et de préjudice positif pour moi-même.

   William Wilson by Edgar Allan Poe
   Translated by Charles Baudelaire
   Œuvres complètes de Charles Baudelaire VI Michel Lévy frères, 1869
   Preview at Google Books  E-text at Wikisource


 Image 
著者の肖像写真 Portrait of the author
poe


■英語原文 The original text in English

I am the descendant of a race whose imaginative and easily excitable temperament has at all times rendered them remarkable; and, in my earliest infancy, I gave evidence of having fully inherited the family character. As I advanced in years it was more strongly developed; becoming, for many reasons, a cause of serious disquietude to my friends, and of positive injury to myself.

   William Wilson (1839)
   in The Complete Works of Edgar Allan Poe Cosimo Classics, 2009
   Preview at Google Books
   E-text at Project Gutenberg


■"William Wilson" の日本語表記 Variations of transliteration in Japanese

上にご覧のとおり、"William Wilson" の日本語表記は、これまでに少なくとも7通りがありました。原音の "wi" や "so" を、どのように転写するかについての違いです。下に赤や緑で示した箇所です。

  「ウリアム・ウン」……金原 2002 谷崎 1985
                 谷崎 1962, 1969, etc. 佐々木 1951
                 
葉河 1946 谷崎 1929
  「ウリアム・ウン」……巽 2009 小川(高)2006 大岡 1998
                 富士川 1992 永川 1978
                 中野 1974, 1978 
小川(和)1973
                 刈田 1966 松村 1962
 荒 1961
  「ウリアム・ウン」……佐伯 1974
  「ウリアム・ウン」……西崎 2007
  「ウム・ウン」……平林 1949(本文)
  「ウリアム・ウン」……平林 1949(目次)
  「リアム・ン」
………江戸川 1929


■tomokilog 関連記事 Related articles from tomokilog:


■更新履歴 Change log

  • 2014/11/02 ギリシャ語訳を追加しました。
  • 2013/07/19 目次を新設し、チェコ語訳を追加しました。
  • 2013/03/18 葉河憲吉=譯 1946/12/25 を追加しました。
  • 2013/02/26 平林初之輔=譯 1949/11/01 と、もう一種類のスペイン語訳を追加しました。
  • 2013/02/11 ウクライナ語訳とイタリア語訳を追加しました。
  • 2012/08/11 スペイン語訳を追加しました。
  • 2012/07/07 ロシア語訳とポーランド語訳を追加しました。
  • 2010/12/05 巽孝之=訳 2009/04/01 とポルトガル語訳を追加しました。
  • 2010/09/06 映画 『世にも怪奇な物語』 第2話「影を殺した男」の YouTube 動画を追加しました。
  • 2009/09/08 "William Wilson" の日本語表記の項を修正しました。
  • 2008/02/16 ドイツ語訳を追加しました。また、フランス語訳のテキストを、アクセント記号のついた、より正確なものに差し換えました。
  • 2007/11/04 白木茂=訳に関する書誌情報を補足しました。
  • 2007/06/22 小川和夫=訳 1973/11 の引用に誤りがありましたので、訂正しました。
  • 2007/06/17 谷崎精二=訳の書誌情報を補足・修正しました。
  • 2007/06/16 谷崎精二=譯 1929/01 を追加しました。
  • 2007/06/14 白木茂=訳 1996/11 を追加しました。
  • 2007/06/13 西崎憲=訳 2007/05 を追加しました。
  • 2007/02/01 荒正人=訳 1961/09 を追加しました。
  • 2007/01/29 永川玲二=訳 1978/09 を追加しました。
  • 2006/12/18 大岡玲=訳 1998/03 を追加しました。
  • 2006/11/23 中国語訳(簡体字)および小川高義=訳 2006/10 を追加しました。また、Amazon.co.jp その他の関連サイトへのリンクを張りました。
  • 2006/11/08 tomokilog 関連記事の項をあらたに設けました。
  • 2006/05/15 佐伯彰一=訳 1974 と江戸川亂歩=譯 1929 を追加しました。また、"William Wilson" の日本語表記に関する注釈をつけました。
  • 2006/05/13 Charles Baudelaire によるフランス語訳を追加しました。また、訳例の配列を、旧→新から新→旧に変更しました。
  • 2006/02/27 刈田元司=訳 1966、および富士川義之=訳 1992 を追加しました。また、書誌情報を修正・補足しました。
  • 2006/02/27 松村達雄=訳 1962 と小川和夫=訳 1973 を追加しました。
  • 2006/02/15 金原瑞人=訳 2002 を追加しました。

« William Wilson 2 »
« ウィリアム・ウィルソン 2 »

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ84595840v1308102456

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■DVD

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese
(1)「ポオ」表記のもの

(2)「ポー」表記のもの

  

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Saturday, 03 December 2005

Long John Silver - Treasure Island by Robert Louis Stevenson スティーヴンスン / スティーブンソン 『宝島』『寳島』『寳島探検物語』

        目次 Table of Contents

 Video 1  テレビ主題歌 『宝島』 (1978) Opening theme from Takarajima (1978)
 Video 2  ポルトガル語マンガ版 A Portuguese cartoon edition
■中国語訳(簡体字) Translation into simplified Chinese
■中國語譯(繁體字) Translation into traditional Chinese
■日本語訳 Translations into Japanese
  (J1) 鈴木 2016
  (J2) 村上 2008
  (J3) Katokt 2000
  (J4) 海保 2000
  (J5) 増田 1999
  (J6) 宗田 1998
  (J7) 大佛 1997
  (J8) 金原 1994
  (J9) 白木 1993
  (J10) 野尻 1990
  (J11) 新庄 1979
  (J12) 中山 1976
  (J13) 坂井 1976
  (J14) 上田 1970
  (J15) 阿部 1963
  (J16) 松原 1960
  (J17) 中村 1956
  (J18) 佐々木+稲沢 1951
  (J19) 高垣 1937, 1946, etc.
  (J20) 佐々木 1935
  (J21) 平田 1930
  (J22) 野尻 1928
  (J23) 金の星社 1927
  (J24) 古館 1925
  (J25) 押川 1914
  Images   本の挿絵と表紙 Illustrations and Cover Images
■ロシア語訳 Translation into Russian
■ウクライナ語訳 Translation into Ukrainian
■ブルガリア語訳 Translation into Bulgarian
■ポーランド語訳 Translation into Polish
■チェコ語訳 Translation into Czech
■ハンガリー語訳 Translation into Hungarian
■ノルウェー語訳(部分) Translation into Norwegian (fragment)
■スウェーデン語訳 Translation into Swedish
 Audio 1  ドイツ語版オーディオブック(朗読) Audiobook in German
■ドイツ語訳 Translation into German
  (D1) Schlu, 2008
  (D2) Weith, 2007
 Audio 2  イタリア語版オーディオブック(朗読) Audiobook in Italian
■イタリア語訳 Translation into Italian
■ポルトガル語訳 Translation into Portuguese
■カタルーニャ語訳(カタロニア語訳) Translation into Catalan
 Audio 3  スペイン語版オーディオブック(朗読) Audiobook in Spanish
■スペイン語訳 Translations into Spanish
  (Es1) Biblioteca Virtual Miguel de Cervantes
  (Es2) E-FOCUS, Wikisource
  (Es3) Caballero, 1886
 Audio 4  フランス語版オーディオブック(朗読) Audiobook in French
■フランス語訳 Translation into French
 Audio 5  英語原文朗読: qwer4o Audiobook by qwer4o
 Audio 6  英語原文朗読: ジョン・アダムズ Audiobook by John Adams
 Audio 7  英語原文朗読: CCプローズ Audiobook by CCProse
■英語原文 The original text in English
■著者名の日本語表記のばらつき Variations of the author's name in Japanese
■tomokilog 関連記事 Related articles from tomokilog
■更新履歴 Change log


 Audio 1 
オープニング主題歌 - テレビアニメ 『宝島』 (1978)
Opening theme from Japanese TV animation series Takarajima (1978)

作詞: 岩谷時子 作曲: 羽田健太郎 歌: 町田よしと 詳しい紹介 (Go To Music)
Lyric by Tokiko Iwatani, Music by Kentaro Haneda, Performed by Yoshito Machida.


 Video 2 
ポルトガル語マンガ版 A Portuguese cartoon edition

Uploaded to YouTube by LePM Editores on 6 Dec 2011.


■中国語訳(簡体字) Translation into simplified Chinese

[略]我一眼就看出,他肯定就是高个子约翰。他的左腿齐大腿根锯掉了,左腋下架着个拐杖,行动却灵巧得令人赞叹,像小鸟一样蹦来蹦去。他长得又高又壮,有一张大得像火腿的面孔——扁平而苍白,然而机智,带着微笑。

   八、在挂“望远镜”招牌的酒店里
   《金银岛》 【英】罗伯特·路易斯·史蒂文森 著 宗先鸿 于雪桐 译
   E-text at 语文备课大师


■中國語譯(繁體字) Translation into traditional Chinese

[略]我一眼就看出,他肯定就是高個子約翰。他的左腿齊大腿根鋸掉暸,左腋下架著個拐杖,行動卻靈巧得令人贊歎,像小鳥一樣蹦來蹦去。他長得又高又壯,有一張大得像火腿的面孔——扁平而蒼白,然而機智,帶著微笑。

   第二部 水手廚子 八 在掛“望遠鏡”招牌的酒店裡
   《少兒讀物· 金銀島》 羅伯特·路易斯·斯蒂文森
   E-text at ZhuYin Library


■日本語訳 Translations into Japanese

(J1) 鈴木 2016
ひと眼でそれがのっぽのジョンだとわかった。左脚が付け根のところからなく、左腋(ひだりわき)にはさんだ撞木杖(しゅもくづえ)を驚くほど器用に操って、ひょいひょいと小鳥のように跳ねまわっていた。背が高くがっしりしていて、ハムのように大きな顔をしている——ぱっとしない青白い顔だが、いかにも利口そうで、にこにこしている。

  • ロバート・L・スティーヴンソン=作 鈴木恵(すずき・めぐみ)=訳 『宝島』 Star Classics 新潮文庫 2016/08/01

(J2) 村上 2008
ぼくはひと目でそれがロング・ジョンだとわかった。左足がつけ根のあたりから切断され、左脇に松葉杖をはさんでいた。その松葉杖をびっくりするほど器用に使って、ぴょんぴょんと小鳥のように跳ねてまわった。ずいぶん長身のがっしりしたからだつきで、豚の腿肉みたいなぼってりした顔は、面相も血色もよくないけれど、たやさぬ笑みは聡明さをうかがわせた。

  • スティーヴンスン=作 村上博基(むらかみ・ひろき)=訳 『宝島』 光文社古典新訳文庫 2008/02

(J3) Katokt 2000
一目みて、僕は彼がロング・ジョンに違いないとわかった。その左足はほぼ根元からなくなっていて、左脇に松葉杖をかかえ、おどろくほど器用にそれをつかいこなし、小鳥のように軽やかにぴょんぴょんと歩き回っていた。とても背が高くがっしりした男で、そのハムみたいに大きな顔は、醜く青白かったが、知性がうかがえ微笑を浮かべていた。


(J4) 海保 2000
わたしはひと目でロング・ジョンにちがいないと確信した。左の足が股(また)のつけ根近くまでない。左腕にかかえた松葉杖を驚くほど器用にあやつり、鳥のようにひょいひょいとび歩いている。背が高く、たくましい男で、顔はブタのモモ肉みたいに大きい。青ざめて、不細工な顔をしているが、頭はよさそうで、微笑を浮かべている。

  • スティーヴンスン=作 海保眞夫=訳 『宝島』 岩波少年文庫 2000/10

(J5) 増田 1999
一目見て、この人がロング・ジョンにちがいないとぼくは思った。左足が尻のすぐ下で切りとられ、左腕の下には松葉杖をかかえていたが、それをおどろくほど器用に使いながら、まるで鳥のようにとびまわっていた。たいへん背が高く、強そうな男で、顔はブタの腿肉のように大きかった——無骨で青白いけれども、頭がよさそうで、にこにこ笑っていた。

  • ロバート・ルイス・スティーヴンスン=著 増田義郎=訳 『完訳 宝島』 中公文庫 1999/02

(J6) 宗田 1998
左の脚がもものつけ根の下からなくなっており、左のわきの下に松葉杖をあてがっていたが、まるで小鳥みたいに身軽に動きまわっている。背が高く、がっしりした体つきで、たえずにこにこして、口笛を吹きながら、テーブルの間をぬって歩いている。一目見ただけで、ジムはこの男がシルバーだとわかった。

  • R・L・スティーブンソン=原作 宗田理(そうだ・おさむ)=再話 『宝島』 痛快世界の冒険文学 6 講談社 1998/03

(J7) 大佛 1997
私はひと目見て、それがロング・ジョンに相違ないと思った。左の脚がももから切れていて、左の脇(わき)の下に松葉杖をあてていたが、おどろくほど巧みな扱い方で、それを力に、鳥のようにぴょんぴょん跳ね歩いていた。背の高い、たくましい男で、顔はハムのように大きく——平たく青白いが、利口そうで、ニコニコしていた。

  • R・L・スティーヴンソン=作 大佛次郎(おさらぎ・じろう)=訳 『宝島』 恒文社 1997/02
  • 注:巻頭の「再刊に際して」(筆者は大佛氏の娘・野尻政子氏)によれば、この本は下の (17) 野尻清彦=訳 1928 を底本にして、新字・新仮名にあらため、難読字を避けつつも、初版の味わいを残すため、一部にルビをふったもの。以下、「再刊に際して」から引用。
    • 「今回は大佛次郎訳で刊行いたしますが、実はこの作品は大佛次郎の実兄であり、英文学者・星の学者として知られた野尻抱影が訳し、内容についてはふたりで相談し合った、いわば共訳であることをお断りしておきます。」

(J8) 金原 1994
ちらっとみただけで、それがのっぽのジョンだとわかった。左の脚はつけねからなく、左のわきにはさんだ松葉杖でおどろくほど器用に歩いている。ちょうど小鳥がはねるような歩き方だ。背が高く、がっしりしていて顔はブタのもも肉の輪切りのように大きく——醜男(ぶおとこ)で青白いが、頭はよさそうで、にこにこしている。

  • ロバート・ルイス・スティーブンソン=作 金原瑞人(かねはら・みずひと)=訳 『宝島』 偕成社文庫 1994/10

(J9) 白木 1993
ひと目で、主人のジョン・シルバーだということがわかった。左の足が、もものつけ根からとれていたが、左のわきの下に松葉 づえ(#原文は太字でなく傍点)をあてがい、その松葉づえをびっくりするほど器用に使いこなして、とびまわっていた。おそろしくのっぽで、がんじょうそうなからだつきをした男だった。顔色は青白くて、みにくかったが、とてもりこうそうで、たえずひこにこしていて、あいそがよかった。小鳥のように身軽く、ぴょんぴょんとテーブルのあいだをとびまわっては、お客におせじをふりまいている。
[ルビは省略しました - tomoki y.

  • ロバート・ルイス・スチーブンソン=原作 白木茂=訳 『宝島』 世界の名作全集 3 国土社 1993/11

(J10) 野尻 1990
わたしは一目見て、それが、のっぽ(#「のっぽ」に傍点)ジョンに相違ないと思った。左の脚(あし)がもも(#「もも」に傍点)の付け根から切れていて、左のわきの下に松葉杖をはさんでいたが、その扱いようは驚くほどうまくて、それで鳥のやうにぴょんぴょんはね歩いていた。ひどくせいの高い、たくましい男で、顔はハムのように大きく——ぶこつで青白いが、りこうそうで、にこにこしていた。


(J11) 新庄 1979
一目見るなり、それが〝のっぽ〟ジョンにちがいないと思った。左足はつけ根の近くで切り落とされ、左の脇下に松葉杖をはさんでいたが、それを驚くほど巧みに使いこなして、鳥のように飛び歩いていた。背が高く、力が強そうで、ハムみたいに大きな顔をしていた——みっともないつくりで、青白かったが、いかにも抜け目がなく、にこにこしていた。

  • スティーヴンソン=著 新庄哲夫(しんじょう・てつお)=訳 「宝島」 『世界中短編名作集』 世界文学全集46(全50巻) 学習研究社(学研) 1979/08/01

(J12) 中山 1976
一目で、ロング・ジョンにちがいないと思った。左足は、ももから下がなく、左のわきの下に、しゅもくづえをかいこんで、おどろくほどすばやく、鳥のようにはねまわる。男は背(せ)が高く、がっしりして、顔はハムのように大きく、つまり、平たくて青白いが、かしこそうで愛想(あしそ)がいい。

  • スティーブンスン=著 中山知子=訳 「宝島」 『宝島』 世界の名作・日本の名作14 春陽堂少年少女文庫 1976/12

(J13) 坂井 1976
一目で、その男がのっぽのジョンにちがいないと見当がついた。左の脚が、もものつけ根のすぐ下のところからなくなっており、左のわきの下に撞木杖(しゅもくづえ)をあてがっていたが、びっくりするほど器用にその杖をつかって、まるで鳥のようにぴょんぴょんと身がるにうごきまわっていた。背が高く、がっしりした体つきで、顔はハムのように大きく——つまり、平べったくて、白っぽかったが、いかにも利口そうで、たえずにこにこ笑顔を浮かべていた。

  • スティーブンソン=作 坂井晴彦=訳 『宝島』 福音館古典童話シリーズ 福音館書店 1976/10

(J14) 上田 1970
ひと目みただけで、それが、のっぽのジョンにちがいないと思った。左の脚(あし)が、付け根のところから切りおとされていて、左のわきの下に杖をはさんでいたが、それをおどろくほどうまく使いこなして、鳥のようにぴょんぴょん、とび歩いていた。とても背が高く、強そうで、大きなハムみたいな顔をしていた——つくりはまずくて、青白いが、賢そうで、にこにこしていた。


(J15) 阿部 1963
(……)一目でぼくは、これがのっぽのジョンにちがいないと思った。左の脚は、付け根のところで切れていて、松葉杖で左の肩の下をささえて、それを驚くほどたくみに使って、まるで鳥のように飛びまわっていた。ひじょうに背が高く、強そうで、顔は豚の脚肉みたいに大きく——醜くて、青白かったが、頭がよさそうで、にこにこしていた。

  • スティーヴンスン=作 阿部知二=訳 『宝島』 岩波文庫 1963/06

(J16) 松原 1960
一目見ただけで、私は、のっぽのジョンに相違ないと思った。左足が付け根のところからなくなっており、左の腋(わき)の下に松葉杖をあてがっていたが、その杖をまことに巧妙に扱って、まるで鳥のようにぴょんぴょん跳び歩くのである。背が高く逞しい男であり、やけに大きな顔で、顔の色はひどく青かったが、頭のよさそうな、それに愛想のいい男だった。


(J17) 中村 1956
[訳文は追って挿入するつもりです - tomoki y.]

  • スティヴンスン=作 中村能三(なかむら・よしみ)=訳 『宝島』 河出文庫 1956

(J18) 佐々木+稲沢 1951
わたしは一目でこれがのっぽのジョンにちがいないと思った。左の脚がほとんど股(もも)のつけ根のところから切断されていて、左の腋の下に松葉杖をはさんでいたが、それをおどろくほど器用に使いこなし、それを当てて鳥みたいにぴょんぴょん飛びまわっていた。たいそう背が高くがんじょうな男で、顔はハムのように大きく、——醜男(ぶおとこ)で青白いが、利口そうでにこにこしていた。

  • スティーヴンソン=著 佐々木直次郎+稲沢秀夫=訳 『宝島』 新潮文庫 1951/03

(J19) 高垣 1937, 1946, etc.
居酒屋の亭主はすぐ見つかった。この一本足の男は、左のわきの下にまつば杖をはさんで、鳥のように身軽に楽しげに、テーブルの間をピョイピョイ飛び歩いては、客に愛嬌をふりまいていた。

  • ロバート・ルイ・スチブンソン=原作 高垣眸(たかがき・ひとみ)=著(再話)
    • 『寳島』 世界名作物語 大日本雄辯會講談社 1937/12(昭和12)
    • 寳島』 少國民名作文庫 大日本雄辯會講談社 1946/09
    • 佐藤宗子=編 『少年翻訳小説集』 少年小説大系26 三一書房 1995/11

(J20) 佐々木 1935
私は一目でそれがのつぽのジョンに違ひないと思つた。左の脚が殆ど股のつけ根のところから切れてをり、左の腋の下に桛杖(かせづゑ)を持つてゐて、それを驚くべく器用に扱ひ、それをあてて鳥のやうにぴよんぴよん跳び廻つてゐた。大層丈(たけ)が高くて巖乘な男で、顏はハムのやうに大きく、——不器量で蒼白いが、利口さうでにこにこしてゐた。

  • スティーヴンスン=作 佐々木直次郎(ささき・なおじろう)=譯 『寶島』 岩波文庫 定價四十錢 1935/10/30(昭和10) 国立国会図書館デジタル化資料
  • 違・器・次の旧字は新字で置き換えました。

(J21) 平田 1930
ジムはひと目でもう長(なが)ジョンと見てとつた。左脚はつけ根のとこから切れ、左の脇の下へ松葉杖をかつてゐて、とても手際にそれを使ひこなし、鳥のようにぴょん/\跳びまはつてゐた。ばかに丈(せい)が高く巖乘(がんじよう)で、ハム(#原文は太字でなく傍点)のように大きな、お粗末で眞蒼(まつさを)な、またなか/\悧巧(りこう)そうな、にこ/\した、愛嬌のある顏をしていた。


(J22) 野尻 1928
私は一目見て、それがロング・ヂョンに相違ないと思つた。左の足が股(もゝ)から切れてゐて、左の腋の下に拐杖(かせつゑ)をあててゐたが、驚くほど巧みな扱ひ方で、それを力に、鳥のやうにぴょんぴょん跳ね歩いてゐた。背の高い、逞しい男で、顏はハムのやうに大きく——扁(ひら)たく青白いが、悧巧さうで、ニコニコしてゐた。

  • ロバァト・ルウイス・ステイヴンスン(もしくはスチヴンスン)=作 野尻清彦=譯 『寳島他三篇 世界大衆文學全集18』 改造社 1928/05(昭和3)
  • 野尻清彦は大佛次郎の本名。上記 大佛 1997 の注をご参照ください。

(J23) 金の星社 1927
シルヴァは左(ひだり)の脚(あし)が股(また)の所(ところ)からなくて、松葉杖(まつばづゑ)を左(ひだり)の脇(わき)の下(した)に挟(はさ)んで、それで小鳥(ことり)のやうに飛(と)び廻(まは)つてゐました。


(J24) 古館 1925
一目(ひとめ)で其人(そのひと)が屹度(きつと)、ロング・ジョンに違ひないと、私は思ひました。左の脚が股(もゝ)から失くなつてゐて、左の脇の下に松葉杖を挟んでゐましたが、其扱い方の巧みな事は驚くばかりで、まるで鳥のやうにそれで飛び廻るのでした。背が高く頑丈で、ハムのやうに大きな蒼白い平べつたい顏でしたが、聰明な微笑を浮べてゐました。

  • スチィヴンソン=著 古館清太郎(ふるだち・せいたろう)=譯 『全譯 寳島』 家庭文學名著選 春秋社 定價金壹圓九拾錢 1925/08(大正14)
  • 原文は総ルビですが、ここではその一部を省略しました。

(J25) 押川 1914
私(わたし)は一目(ひとめ)でこれが背高(のっぽ)のジョンに違(ちが)ひないと思(おも)つた。彼(かれ)の左(ひだり)の脚(あし)は腰(こし)の直(す)ぐ下(した)から切斷(せつだん)されてあつた。そして左(ひだり)の脇(わき)の下(した)に挺杖(しゅもく)を當(づゑあ)てがつてゐたが、その杖(つゑ)の使(つか)ひ方(かた)の巧妙(かうめう)なのは驚(おどろ)くばかりで、まるで鳥(とり)のやうにそれで飛(と)び廻(まは)つてゐた。彼(かれ)は大變(たいへん)背(せい)の高(たか)い頑丈(がっしり)した男で、肉(ハム)のやうな大(おお)きな靑(あを)い、いやな顏(かほ)だが、聰明(そうめい)な微笑(びせう)を浮(うか)べてゐた。

  • スティヴンソン=作 押川春浪(おしかわ・しゅんろう)=譯 『寳島 前編』 新潮社 定價金五拾八錢 1914/05/25(大正3)
  • 上の表題「寳島」は奥付による。背表紙や扉の表題表記は「寳嶋」。違の旧字は新字で置き換えました。

  Images  
本の挿絵と表紙 Illustrations and Cover Images

a. Long_john_silver b. Takarajima_tanken_monogatari_1927_2

c. Brm_92162_3 d. Treasureisland

↑ クリックして拡大 Click to enlarge ↑

■ロシア語訳 Translation into Russian

Я  сразу  понял,  что  это  и  есть  Долговязый Джон. Левая нога его была отнята  по  самое  бедро.  Под  левым  плечом  он  держал  костыль  и   необыкновенно   проворно   управлял   им,  подпрыгивая, как птица, на каждом шагу. Это был очень  высокий  и  сильный  мужчина, с широким, как окорок, плоским и  бледным,  но  умным  и  веселым  лицом.

   Роберт Луис Стивенсон. Остров сокровищ
   8. Под вывеской "Подзорная Труба"
   E-text at Lib.Ru


■ウクライナ語訳 Translation into Ukrainian

. . .і з першого ж погляду я здогадався, що то Довгий Джон. Ліва нога була в нього відтята по саме стегно; під лівою пахвою він тримав милицю і орудував нею на диво спритно, підстрибуючи за кожним кроком, як птах. Був він дуже високий і міцний, з широким, наче окіст, обличчям, пласким і блідим, але розумним і усміхненим.

   Роберт Луїс Стівенсон. Острів Скарбів
   Розділ VIII. Під вивіскою "Підзорна труба"
   Translated by Юрія Корецького
   E-text at AeLib


■ブルガリア語訳 Translation into Bulgarian

От пръв поглед разбрах, че е Дългия Джон. Левият му крак бе отрязан чак до бедрото, а под лявата си мишница стискаше патерица, с която си служеше с чудна сръчност, подскачайки на нея като птиче. Той бе много висок и силен, с лице, голямо колкото свински бут, плоско и бледо, но умно и усмихнато. Изглежда, беше в много весело настроение, защото свиреше с уста, като се движеше между масите, и подхвърляше по някоя шеговита дума или потупваше по рамото онези посетители, към които, изглежда, имаше по-добро разположение.

   Робърт Луис Стивънсън. Островът на съкровищата
   Осма глава Под Фирмата „Далекоглед“
   Translated by Весела Несторова, Надя Кехлибаревао, 1977
   E-text at Моята библиотека (chitanka.info)


■ポーランド語訳 Translation into Polish

. . .w którym na pierwszy rzut oka poznałem Długiego Johna. Miał lewą nogę uciętą pod samym biodrem, a pod lewą pachą trzymał szczudło, którym posługiwał się z nadzwyczajną zręcznością, skacząc na nim jak ptaszek. Był niezmiernie wysoki i tęgi, twarz miał wielką jak szynka, wprawdzie brzydką i bladą, lecz rozsądną i uśmiechniętą.

   Wyspa skarbów by Robert Louis Stevenson
   VIII. „Pod Lunetą”
   E-text at Wolne Lektury


■チェコ語訳 Translation into Czech

Na první pohled jsem poznal, že je to. Honza Silver. Levou nohu měl až u kyčle uříznutou a pod levou paží držel berlu, o níž se s neuvěřitelnou obratností opíral, takže poskakoval jako pták. Byl vysoké, silné postavy a tvář měl širokou jako měsíc v úplňku     nehezkou sice a bledou, ale chytrou a usměvavou.

   Poklad na ostrově by Robert Louis Stevenson
   Kapitola osmá. V hospodě U dalekohledu
   E-text at Robert Louis Stevenson Díl první [PDF]


■ハンガリー語訳 Translation into Hungarian

. . .és én első pillantásra bizonyos voltam benne, hogy ez Hosszú John. Bal lába majdnem csípőből le volt vágva, s bal hóna alatt mankót tartott, melyet csodálatos ügyességgel kezelt: ide-oda ugrált vele, mint egy madár. Nagyon magas és izmos volt, arca széles, mint egy sonka, elég csúnya és sápadt, de értelmes és mosolygós.

   A kincses sziget by Robert Louis Stevenson
   A messzelátóhoz címzett kocsmában
   Translated by Devecseri Gábor
   E-text at MEK (Magyar Elektronikus Könyvtár)


■ノルウェー語訳(部分) Translation into Norwegian (fragment)

. . .Hans venstre ben ble kuttet like ved hoften, og under venstre skulder har han en krykke, som han behandler med fantastisk ferdighet, hopper omkring som en fugl. Han er meget høy og sterk, med et ansikt så stor som en skinke -. ren og blek, men intelligent og smilende...

   Skatten på sjørøverøya by Robert Louis Stevenson
   Excerpt at Long John Silver-Film


■スウェーデン語訳 Translation into Swedish

. . .en enda blick var jag övertygad om att detta måste vara Långe John. Hans vänstra ben var kapat nära höften och i vänster armhåla höll han en krycka, med vilken han med underbar skicklighet manövrerade sig fram, hoppande som en fågel. Han var mycket lång och stark, med ett ansikte stort som en skinka — ordinärt och blekt, men intelligent och leende.

   Skattkammarön by Robert Louis Stevenson
   Kapitel 8. Vid krogen Kikarens skylt
   E-text at Wikisource


 Audio 1 
ドイツ語版オーディオブック(朗読) Audiobook in German

テキストは (D2) Weith, 2007 に拠ります。下に引用する箇所の朗読は 0:56 から始まります。 Uploaded to YouTube by TheParappa on 17 Mar 2011. The translation is (D2) Weith, 2007 quoted below. Reading of the excerpt below starts at 0:56.


■ドイツ語訳 Translations into German

(D1) Schlu, 2008
. . . auf einen Blick wußte ich, daß es Long John sein mußte. Sein linkes Bein war an der Hüfte abgenommen und unter seiner linken Schulter stützte er sich auf eine Krücke, die er mit wunderbarer Leichtigkeit herumwirbelte und mit der er wie ein Vogel durch das Lokal wirbelte. Er war sehr groß und stark, mit einem Gesicht, rosig und gesund, wie frischer Schinken, doch er sah intelligent aus und lächelte.

   Die Schatzinsel by Robert Louis Stevenson
   Kapitel VIII  Im Zeichen des Fernrohrs
   Translated by Martin Schlu, Juni 2008
   E-text at Martin Schlu


(D2) Weith, 2007
...und mit einem Blick war ich sicher, es müsse Long John sein. Sein linkes Bein war dicht unter der Hüfte abgeschnitten, und unter der linken Schulter hielt er eine Krücke, die er mit bewundernswerter Geschicklichkeit gebrauchte, indem er wie ein Vogel mit ihr herumhüpfte. Er war sehr groß und kräftig und sein Gesicht breit wie ein Schinken – flach und bleich, aber gescheit und lächelnd.

   Die Schatzinsel by Robert Louis Stevenson
   VIII. Im Wirtshause »Zum Fernrohr«
   Translated by Otto Weith. München: Omnibus Verlag, 2007
   Preview at Amazon.com  Amazon.de  Amazon.co.jp etc.
   Excerpt at Die_Schatzinsel.pdf [PDF]


 Audio 2 
イタリア語版オーディオブック(朗読) Audiobook in Italian

Uploaded to YouTube by LibriMp3 on 13 May 2013.


■イタリア語訳 Translation into Italian

... un uomo uscì da una stanza laterale, e alla prima occhiata mi convinsi che era lui, Long John. Aveva la gamba sinistra tagliata fin sotto l'anca, e appoggiava l'ascella sinistra su una gruccia della quale si serviva con prodigiosa destrezza saltellandovi intorno come un uccello. Era alto di corporatura e robusto, con una faccia larga come un prosciutto, scialba e volgare, ma rischiarata da un intelligente sorriso.

   L'isola del tesoro by Robert Louis Stevenson
   Capitolo 8. All'insegna del "Cannocchiale"
   Translated by Angiolo Silvio Novaro
   Edizioni Mondadori, 2011/12/13
   Preview at Google Books


■ポルトガル語訳 Translation into Portuguese

...e logo fiquei certo de que se tratava de Long John. A perna esquerda fora-lhe cortada rente à anca, e segurava sob o ombro esquerdo uma muleta que movia com espantosa destreza, saltitando sobre ela como um pássaro. Era muito alto e forte, com uma cara tão grande como um presunto – normal e pálida, mas expressiva e sorridente.

   A Ilha do Tesouro by Robert Louis Stevenson
   Capítulo VIII  Na casa do Óculo
   E-text at Robert Louis Stevenson - A ilha do tesouro(pdf)(rev) [PDF]


■カタルーニャ語訳(カタロニア語訳) Translation into Catalan

…i amb un cop d’ull en vaig tenir prou per saber que era John Silver el Llarg. Tenia la cama esquerra tallada just arran de cuixa, i sota l’aixella esquerra duia una crossa que feia anar amb una destresa extraordinària, movent-se a saltirons com un ocell. Era molt alt i fort i tenia una cara més ampla que un pernil, pàl·lida i lletja, però amb una expressió desperta i riallera.

   L’illa del tresor by Robert Louis Stevenson
   Excerpt at Plantilla carta [PDF]


 Audio 3 
スペイン語版オーディオブック 朗読: ギレルモ・ピエドライタ(ギリェルモ、ギジェルモ)
Audiobook in Spanish read by Guillermo Piedrahita

Uploaded to YouTube by Voragine Nueronal 2 on 21 Jan 2014


■スペイン語訳 Translations into Spanish

(Es1) Biblioteca Virtual Miguel de Cervantes
. . . y en cuanto lo vi estuve seguro de que era John el Largo. Tenía amputada la pierna izquierda por junto a la cadera, y bajo el brazo derecho llevaba una muleta que manejaba con maravillosa destreza, saltando de aquí para allá como un pájaro. Era muy alto y muy fuerte, con cara tan grande como un jamón..., fea y pálida, pero despierta y sonriente. Estaba, por lo visto, del mejor humor, pues no dejaba de silbar, mientras iba de una mesa a otra, con una palabra jovial o una palmada en el hombro para los parroquianos más favorecidos.

   La isla del tesoro by Roberto Luis Stevenson
   VIII. En la muestra de «El Catalejo»
   E-text at Biblioteca Virtual Miguel de Cervantes


(Es2) E-FOCUS, Wikisource
. . . y en cuanto lo vi estuve seguro de que se trataba del propio John «el Largo». Su pierna izquierda estaba amputada casi por la cadera y bajo el brazo sujetaba una muleta que movía a las mil maravillas, saltando de aquí para allá como un pájaro. Era muy alto y daba impresión de gran fortaleza, su cara parecía un jamón, y, a pesar de su palidez y cierta fealdad, desprendía un extraño aire agradable.

   La isla del tesoro by Robert Louis Stevenson. Translator unknown.
   Capítulo 8: A la taberna «El Catalejo»
   A Google eBook, published by E-FOCUS, Year unknown.
   Preview at Google Books
   E-text at: Wikisource


(Es3) Caballero, 1886
. . .á la primera ojeada tuve la seguridad de que aquel no era otro que John Silver. Su pierna izquierda había sido amputada desde la cadera, y bajo el brazo izquierdo se apoyaba en una muleta que manejaba con la más increíble destreza, saltando sobre ella con la agilidad de un pájaro. Era muy alto y fuerte, con una cara tan grande como un jamón, rasurada y'pálida, pero inteligente y risueña.

   La isla del Tesoro by Robert Louis Stevenson
   Capítulo VIII. La Taberna De “El Vigía”
   Translated by Manuel Caballero. D. Appleton y cía., 1886
   Preview at Google Books


 Audio 4 
フランス語版オーディオブック Audiobook in French

下に引用する箇所の朗読は 1:16 から始まります。 Uploaded to YouTube by CiffCiaff on 18 Nov 2011. Reading of the excerpt below starts at 1:16.


■フランス語訳 Translation into French

. . .un coup d’œil suffit à me persuader que c’était Long John. Il avait la jambe gauche coupée au niveau de la hanche, et il portait sous l’aisselle gauche une béquille, dont il usait avec une merveilleuse prestesse, en sautillant dessus comme un oiseau Il était très grand et robuste, avec une figure aussi grosse qu’un jambon – une vilaine figure blême, mais spirituelle et souriante.

   L’Île au trésor by Robert Louis Stevenson
   VIII - À l’enseigne de la Longue-Vue
   Translated by Théo Varlet
   E-text at Wikisource


 Audio 5 
『宝島』 第八章 原文朗読 Chapter 8, Treasure Island - Audiobook by qwer4o

下に引用する箇所は 42:00 あたりから。 Uploaded to YouTube by qwer4o on 16 Mar 2013. Reading of the excerpt below starts around 42:00.


 Audio 6 
『宝島』 第八章 原文朗読 Chapter 8, Treasure Island - Audiobook by John Adams

下に引用する箇所の朗読は 1:36:01 あたりから。 Uploaded to YouTube by John Adams on 4 Oct 2012. Audio courtesy of Librivox. Read by Adrian Praetzellis. Reading of the excerpt below starts around 1:36:01.


 Audio 7 
『宝島』 第八章 原文朗読 Chapter 8, Treasure Island - Audiobook by CCProse

上の  Audio 6  とおなじ録音だが、同期するテキストの表示方式が異なる。下に引用する箇所の朗読は 01:12 あたりから。 Uploaded to YouTube by CCProse on 9 Jun 2011. The same recording as Audio 2, but with different style of synchronized text. Audio courtesy of Librivox. Read by Adrian Praetzellis. Reading of the excerpt below starts around 01:12.


■英語原文 The original text in English

... at a glance, I was sure he must be Long John.  His left leg was cut off close by the hip, and under the left shoulder he carried a crutch, which he managed with wonderful dexterity, hopping about upon it like a bird.  He was very tall and strong, with a face as big as a ham--plain and pale, but intelligent and smiling.

  • Chapter VIII  At the Sign of the "Spy-glass" Treasure Island by Robert Louis Stevenson, 1883

■著者名の日本語表記のばらつき
 Variations on how to represent the author's name in Japanese

 Robert Louis Stevenson……Katokt 2000
    スティーン………村上 2008
    スティーン   海保 2000
    スティーン   増田 1999
    スティーン   阿部 1963
    スティーン   佐々木 1935
     スティン………野尻(抱) 1990
     スティン   中村 1956
     ステイン………野尻(清) 1928
      スン………野尻(清) 1928
    スティーン………中山 1976
    スティーン………鈴木 2016
    スティーン   大佛 1997
    スティーン   新庄 1979
    スティーン   佐々木+稲沢 1951
     スティン………上田 1970
     スティン   平田 1930
     スチィン………古館 1925
    スティーン………宗田 1998
    スティーン   金原 1994
    スティーン   坂井 1976
     スチーン………白木 1993
     スチーン   金の星社 1927
      スン………高垣 1937

 表記のバラツキについては、つぎの本が参考になります。

  • 17人のスティーヴンソン  「TRC MARC人名典拠録」編集部 編 図書館流通センター 1985 (図書における外国人名のカナ表記 ; 1)

■外部リンク External links


■tomokilog 関連記事
 Related articles from tomokilog


■更新履歴 Change log

  • 2016/08/23 鈴木恵=訳 2016/08/01を追加しました。
  • 2014/11/11 ウクライナ語訳、ブルガリア語訳、もう1種類のスペイン語訳の訳文、ならびにドイツ語版、イタリア語版、スペイン語版、フランス語版のオーディオブックの YouTube 画面を追加しました。
  • 2014/03/09 参考図書『17人のスティーヴンソン』に関する書誌情報を追加しました。
  • 2013/11/16 画像を追加しました。
  • 2013/11/02 外部リンクの項を新設しました。
  • 2013/11/01 押川春浪=譯 1914/05/25 を追加しました。
  • 2013/09/10 松原正=訳 1960/06/17 を追加しました。
  • 2013/06/03 金の星社編輯部=著 1927/10/18 の訳文と表紙画像を追加しました。
  • 2013/05/30 イタリア語訳と、もう2種類の朗読画面を追加しました。
  • 2013/05/29 佐々木直次郎=譯 1935/10/30 を追加しました。
  • 2012/08/28 カタルーニャ語訳を追加しました。
  • 2012/08/17 チェコ語訳、ノルウェー語訳(部分)、およびポルトガル語訳を追加しました。
  • 2012/08/11 もう1種類のスペイン語訳を追加しました。
  • 2012/07/08 ロシア語訳、ポーランド語訳、ハンガリー語訳、スウェーデン語訳、ドイツ語訳、およびスペイン語訳を追加しました。
  • 2012/04/22 新庄哲夫=訳 1979/08/01 を追加しました。
  • 2011/07/28 中國語譯(繁體字)と、Classic Literature VideoBook の YouTube 画面を追加しました。また、Katokt 訳 2000 のリンクを修正しました。
  • 2011/04/01 中国語訳(簡体字)を追加しました。
  • 2010/10/27 アニメ『宝島』オープニング曲の YouTube 動画を追加しました。
  • 2009/10/28 ブログ記事のタイトルに邦題『寳島探検物語』を追加しました。
  • 2008/08/15 中山知子=訳 1976/12 を追加しました。
  • 2008/03/27 白木茂=訳 1993/11 を追加しました。
  • 2008/03/11 村上博基=訳 2008/02 を追加しました。
  • 2008/02/01 古館清太郎=譯 1925/08 を追加しました。
  • 2008/01/27 中村能三=譯 1956/01、および高垣眸=訳(再話)を追加しました。
  • 2008/01/26 平田禿木=譯 1930/08 を追加しました。また、著者名の表記のばらつきに関する項を新設しました。
  • 2006/11/08 上田和夫=訳 1970/12 を追加しました。また、tomokilog 関連記事の項を新設しました。
  • 2006/10/17 大佛次郎=訳 1997/02 を追加しました。また、Amazon.co.jp や電子テキストへのリンクを張りました。さらに、その他の書誌情報を一部修正しました。
  • 2006/08/29 フランス語訳を追加しました。また、訳例に番号を振りました。
  • 2006/05/06 野尻抱影=訳 1990 を追加しました。また、訳例の配列を、旧→新から新→旧に変更しました。さらに、書誌情報を修正・補足しました。
  • 2006/02/20 Katokt=訳 2000 を追加しました。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ84595840v1308102456

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Renew the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■DVD

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese
(1) スティーヴンスン+宝島

(2) スティーヴンソン+宝島

  

保存

保存

保存

保存

保存

保存

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wherefore art thou Romeo? - Romeo and Juliet by William Shakespeare (1) 「ああ、ロミオ!」 - シェイクスピア 『ロミオとジュリエット』 (1)

« Romeo and Juliet 2 »
« ロミオとジュリエット 2 »

        目次 Table of Contents

  Image   19世紀アメリカの劇団の宣伝パンフレット裏表紙 Promotional brochure
■中国語訳(簡体字) Translation into simplified Chinese
■中國語譯(繁體字) Translation into traditional Chinese
 Video 1  アニメ ロミオ×ジュリエット (2007) Romeo x Juliet (2007)
■日本語訳 Translations into Japanese
  (J1) 斎藤 (NHK出版) 2010
  (J2) 河合 2005
  (J3) 石川 2002
  (J4) 松岡 1996
  (J5) 田中 1993
  (J6) 平井 1988
  (J7) 小田島 1983
  (J8) 三神 1967
  (J9) 大山 1966
  (J10) 福田 1964
  (J11) 中野 1962
  (J12) 本多 1959
  (J13) 坪内 1933
  (J14) 久米 1915
  (J15) 戸沢 1905, 1997
  (J16) 河島 1886, 1992
■邦訳リスト List of Japanese translations of Romeo and Juliet
■ベトナム語訳 Translation into Vietnamese
 Video 2  ロミオ&ジュリエット (1996) Romeo + Juliet (1996)
■ロシア語訳 Translations into Russian
  (R1) Сороки, 2001
  (R2) Михаловского, 1899
■ポーランド語訳 Translation into Polish
■ドイツ語訳 Translation into German
■イタリア語訳 Translation into Italian
■スペイン語訳 Translation into Spanish
■フランス語訳 Translations into French
  (F1) Bibliothèque de la Pléiade, 1959
  (F2) Le Club Français du Livre, 1955
  (F3) de Lamartine, 1865
 Video 3  ロミオとジュリエット (1968) Romeo and Juliet (1968)
 Audio 1  Dramatic reading by The Renaissance Theatre Company
 Audio 2  Audiobook by CCProse
■英語原文 The original text in English
■更新履歴 Change log


 Image 
19世紀アメリカの劇団の宣伝パンフレット裏表紙 Promotional brochure
balcony
Romeo and Juliet balcony scene from the back cover of a promotional brochure for Margaret Mather's tour, 1883-84. Distributed at McVicker's Theatre, Chicago. The New York Public Library for the Performing Arts, Billy Rose Theatre Collection.
Image source: The New York Public Library website


■中国語訳(簡体字) Translation into simplified Chinese

罗密欧啊,罗密欧!为什么你偏偏是罗密欧呢?否认你的父亲,抛弃你的姓名吧;也许你不愿意这样做,那么只要你宣誓做我的爱人,我也不愿再姓凯普莱特了。

   莎士比亚 《罗密欧与朱丽叶》
   第二幕 第二场
   Excerpt at 湿水浮人 百度空间


■中國語譯(繁體字) Translation into traditional Chinese

羅密歐啊,羅密歐!為什么你偏偏是羅密歐呢?否認你的父親,拋棄你的姓名吧;也許你不愿意這樣做,那么只要你宣誓做我的愛人,我也不愿再姓凱普萊特了。

   莎士比亞 《羅密歐与朱麗葉》
   第二幕 第二場
   E-text at 龍騰世紀 (millionbook.net)


 Video 1 
TVアニメ 『ロミオ×ジュリエット』 (2007) 第10話 バルコニーのシーン
Romeo x Juliet (2007), a TV anime series. Episode 10: Balcony Scene

監督: 追崎史敏 アニメーション制作: GONZO
ロミオ×ジュリエット - Wikipedia
Romeo x Juliet - Wikipedia


■日本語訳 Translations into Japanese

(J1) 斎藤 (NHK出版) 2010
ああ、ロミオ、ロミオ、あなたはどうしてロミオなの?
苗字(みょうじ)を捨て、ロミオという名前ではないと言って。
あるいは、もしそれができないなら、私への愛を誓って。
そうしたら、私はキャピュレット家と縁を切りましょう。

   ウィリアム・シェイクスピア=作 斎藤兆史(さいとう・よしふみ)=講師
   「ロミオとジュリエット」
   日本放送協会・日本放送出版協会(NHK出版)=編集
   『NHKテレビ 3か月トピック英会話 2010年11月号
   聴く読むわかる! 英文学の名作名場面
   日本放送出版協会 2010/10/18
   版元による この語学テキストの紹介


(J2) 河合 2005
ああ、ロミオ、ロミオ、どうしてあなたはロミオなの。
お父さまと縁を切り、その名を捨てて。
それが無理なら、せめて私を愛すると誓って。
そうすれば、私はキャピュレットの名を捨てましょう。

   河合祥一郎=訳 『新訳 ロミオとジュリエット』 角川文庫 2005


(J3) 石川 2002
おお、ロミオ、ロミオ、
なぜあなたはロミオなの?
お父様との縁を切り、あなたのお名をお棄て下さい。
おいやなら、わたしの恋人とお誓いになって。
そうなされば、わたしはもうキャピュレットではございません。

   石川実=訳 「ロミオとジュリエット」
   『新体 シェイクスピア』 慶應義塾大学出版会 2002 所収


(J4) 松岡 1996
あぁ、ロミオ! どうしてロミオなの?
あなたのお父さまから離れ、名前なんて棄ててしまって。
できないと言うのなら、私の恋人であると、それだけ誓って
そうすれば私、キャピュレットの名なんて、棄ててしまうから。

   松岡和子=訳 『ロミオとジュリエット』 ちくま文庫 1996


(J5) 田中 1993
ああロミオ、ロミオ! どうしてあなたはロミオなの?
お父様と縁を切り、あなたのお名前お捨てになって。
もしそれがおいやなら、わたしに愛を誓ってください。
そうすればわたしもキャピュレットの名を捨てましょう。

   田中晏男(たなか・やすお)=訳 「ロミオとジュリエット」
   『対訳 シェイクスピア全集4』 山口書店 1993 所収


(J6) 平井 1988
おお、ロミオ、ロミオ! どうしてあなたはロミオなの?
お父様とは無関係、自分の名は自分の名ではない、とおっしゃってください。
それがいやなら、お前だけを愛していると、誓ってください。
そしたら、私もキャピュレットの名を捨ててしまいましょう。

   平井正穂=訳 『ロミオとジューリエット』 岩波文庫 1988


(J7) 小田島 1983
おお、ロミオ、ロミオ!
どうしてあなたはロミオ?
お父様と縁を切り、ロミオという名をおすてになって。
それがだめなら、私を愛すると誓言して、
そうすれば私もキャピュレットの名をすてます。

   小田島雄志=訳 『ロミオとジュリエット』 白水社Uブックス 1983


(J8) 三神 1967
おお、ロミオ、ロミオ! あなたはなぜロミオなの?
お父さまを捨ててください、名前もお捨てなさい。
それがおいやなら、せめてわたくしの恋人だと誓ってください。
わたくしも、キャピュレットではなくなりますから。

   三神勲=訳 『ロミオとジュリエット』 角川文庫 1967


(J9) 大山 1966
おお、ロミオ、ロミオ! なぜあなたはロミオなの?
あなたのお父様をお父様でないとおっしゃって、あなたのお名前を捨ててください。
それとも、もしそれがおいやなら、せめて私を愛していると誓ってください。
そうすれば私はもうキャピュレットの名を捨て去りましょう。

   大山敏子=訳 『ロミオとジュリエット』 旺文社文庫 1966


(J10) 福田 1964
おお、ロミオ、ロミオ! なぜあなたはロミオなの? お父上に背き、その名を
捨てておくれ、さもなければ、それが出來ないのなら、せめて愛の誓ひを、
さうしてくれさへしたらもうこの身はキャプレットではない。

   福田恆存=訳 「ロミオとジュリエット」
   『シェイクスピア全集3』 新潮社 1964 所収


(J11) 中野 1962
ああ、ロミオ様、ロミオ様!
なぜロミオ様でいらっしゃいますの、あなたは?
あなたのお父様をお父様でないといい、あなたの家名をお捨てになって!
それとも、それがおいやなら、せめてはわたしを愛すると、誓言していただきたいの。
さすれば、わたしも今をかぎりキャピュレットの名を捨ててみせますわ。

   中野好夫=訳 「ロミオとジュリエット」
   『世界文学全集1 シェイクスピア』 河出書房新社 1962 所収


(J12) 本多 1959
おお、ロミオ、ロミオ! なぜ、あなたはロミオなの?
あなたのお父様をお父様でないとおっしゃい。そして、あなたのお名前を
あなたのでないとおっしゃい。
それとも、もしそれがおいやなら、ただ私の恋人だと誓って下さい。
そうすれば、私はもはやキャピュレトのものではなくなります。

   本多顕彰(ほんだ・あきら)=訳 『ロミオとジュリエトの悲劇
   岩波文庫 1959


(J13) 坪内 1933
おゝ、ロミオ、ロミオ!
何故卿《おまえ》はロミオぢゃ!
父御《ててご》をも、自身の名をも棄てゝしまや。
それが否《や》ならば、せめても予《わし》の恋人ぢゃと誓言して下され。
すれば、予《わし》ゃ最早《もう》カピューレットではない。

   坪内逍遙=訳「ロミオとヂュリエット」
   『新修シェークスピヤ全集 第25巻』 中央公論社 1933(昭和8)所収
   E-text at 物語倶楽部


(J14) 久米 1915
おゝ、ロメオ。ロメオ。どうしておまへはロメオなの。お父樣
を厭だと云つて名なんぞすてゝお了ひ。もしそれが厭なら妾の戀人だと
お誓ひ。さうすれば妾だつてもうキャピュレットをやめて了つてよ。

   久米正雄=訳 『ロミオとジュリエット』 新潮文庫 1915(大正4)


(J15) 戸沢 1905, 1997
おゝロメオ樣、ロメオ樣。貴郎(あなた)は何故ロメオ樣でおはすぞへのう、えゝ父御(てゝご)の子ではないと主張(いひは)り、家の名をもお棄てなされ、それがならずば、せめて妾が戀人ぢやと、誓文立てゝ下さらば、妾の方で、カプレツトの家名を棄てやうもの

   シェイクスピア=原著 戸澤姑射(とざわ・こや)=著
   「ロメオ、エンド、ヂユリエット」
   15a. 川戸道昭(かわと・みちあき)
      +榊原貴教(さかきばら・たかのり)=編
      『明治翻訳文学全集 新聞雑誌編4 シェイクスピア集4
      大空社 1997/10 所収
   15b. 『白百合』 第參卷第貳號 純文社 1905/12(明治38)収載
   15a.15b. の複製。初出は15b.。引用は 15a. に拠りました。


(J16) 河島 1886, 1992
ヲゝ、ロミヨー樣、ロミヨー樣。何故御身はロミヨーと御名を附られたか。御身の父と御身の名とは妾(わらわ)が家の仇敵(かたき)なれば、妾は其名を好(すき)ませぬ。御身がロミヨーでなきならば、二世も三世も末掛て戀の誓(ちかい)を堅めたや。妾(わたし)は最早カプレツトではござりませぬ。

   沙士比阿(セキスピヤ)=原著 河島敬藏=翻譯 瀧本誠一=校閲
   露妙(ロミヨー)樹利(ジユリー)戯曲
   16a. 明治文化研究会=編 『明治文化全集15 飜訳文藝編
      日本評論社 1992/10 所収
   16b. 『春情浮世の夢』 紀伊和歌山・耕文舎 1886(明治19)
   16a.16b. を復刻したもの。引用は 16a. に拠りました。


■「ロミオとジュリエット」邦訳リスト
 List of Japanese translations of "Romeo and Juliet"

"Romeo and Juliet" の、多数ある邦訳のうち、おもなものについては、
新潮社『シェイクスピア大全CD-ROM版 底本リスト』を
参照なさるのが便利です。


■ベトナム語訳 Translation into Vietnamese

Than ôi! Khốn khổ thân tôi! Roméo!
Sao chàng lại là Roméo? Hãy từ bỏ gia đình, hay từ bỏ tên họ đi.
Hoặc là chàng hãy hứa yêu em,
rồi em sẽ chẳng còn là người thuộc dòng Capulet nữa.

   Roméo và Juliette by William Shakespeare
   Excerpt at 4phuong.net


 Video 2 
バズ・ラーマン監督の映画 『ロミオ&ジュリエット』 (1996)
Romeo + Juliet (1996) directed by Baz Luhrmann. Balcony scene.

ロミオ - レオナルド・ディカプリオ ジュリエット - クレア・デーンズ
Romeo - Leonardo DiCaprio  Juliet - Claire Danes
引用した台詞があらわれるのは 2:04 あたり。The quoted lines start around 2:04.


■ロシア語訳 Translations into Russian

(R1) Сороки, 2001
Ромео! Ах, Ромео! Для чего Ромео ты?
Отринь отца, отвергни это имя.
Или хотя бы поклянись любить -
И я не буду больше Капулетти.

   Акт 2, Сцена 2. Сад Капулетти.
   Ромео и Джульетта
   Translated by Осии Сороки
   Шекспир Уильям. Комедии и трагедии. М., "Аграф", 2001.
   E-text at:
   * Шекспир (shakespeare.ouc.ru)
   * Lib.Ru


(R2) Михаловского, 1899
Ромео! Для чего Ромео ты?
О, отрекись отъ своего отца,
Отъ имени; а если не желаешь,
То поклянись лишь мнѣ въ своей любви —
И я тогда не буду Капулетти.

   ДѢЙСТВIЕ ВТОРОЕ. Сцене II.
   Уильям Шекспир. Ромео и Джульетта
   Translated by Д. Михаловского
   Полное собрание сочинений В. Шекспира
   в переводе русских писателей: В 3 т. СПб.: 1899 Т. 3. — С. 43-97
   E-text at Викитека (Wikisource)


■ポーランド語訳 Translation into Polish

Romeo! Czemuż ty jesteś Romeo!
Wyrzecz się swego rodu, rzuć tę nazwę!
Lub jeśli tego nie możesz uczynić,
To przysiąż wiernym być mojej miłości,
A ja przestanę być z krwi Kapuletów.

   Akt drugi, Scena druga
   William Szekspir - Romeo i Julia
   Translated by Józef Paszkowski
   E-text at:
   * Wolne Lektury
   * Wikiźródła (Wikisource)


■ドイツ語訳 Translation into German

O Romeo! warum denn Romeo?
Verleugne deinen Vater, deinen Namen!
Willst du das nicht, schwör’ dich zu meinem Liebsten,
Und ich bin länger keine Capulet!

   Zweiter Aufzug, Zweite Scene.
   William Shakespeare - Romeo und Julia
   E-text at Wikisource


■イタリア語訳 Translation into Italian

O Romeo, Romeo! Perché sei tu Romeo?
Rinnega tuo padre; e rifiuta il tuo nome:
o, se non vuoi, legati solo in giuramento all'amor mio,
ed io non sarò più una Capuleti.

   Atto secondo - Scena Seconda
   William Shakespeare - Romeo e Giulietta
   E-text at:
   * Antonino Oretti
   * poesie d'amore


■スペイン語訳 Translation into Spanish

¡Ah, Romeo, Romeo! ¿Por qué eres Romeo?
Niega a tu padre y rechaza tu nombre,
o, si no, júrame tu amor
y ya nunca seré una Capuleto.

   Acto 2 Escena 2
   William Shakespeare - Romeo y Julieta
   E-text at Wikisource


■フランス語訳 Translations into French

(F1) Bibliothèque de la Pléiade, 1959
O Roméo, Roméo, pourquoi es-tu Roméo?
Renie ton père et refuse ton nom
ou si tu veux, fais-moi simplement voeu d'amour
et je cesserais d'être une Capulet.

   Roméo et Juliette
   Œuvres complètes, Bibliothèque de la Plélade, v. 50-51
   Gallimard, 1959
   Snippet view at Google Books


(F2) Le Club Français du Livre, 1955
O Roméo, Roméo! Pourquoi es-tu Roméo ?
Renie ton père, refuse ton nom ;
Ou si tu ne le fais, sois mon amour juré
Et moi je ne serai plus une Capulet.

   Roméo et Juliette
   Oeuvres complètes de Shakespeare, Vol. 3
   Le Club Français du Livre, 1955
   Snippet view at Google Books


(F3) de Lamartine, 1865
O Roméo! Roméo! pourquoi es-tu Roméo?
Renie ton père et abdique ton nom ;
ou, si tu ne le veux pas, jure de m’aimer,
et je ne serai plus une Capulet.

   Acte II scène 2
   Roméo et Juliette in Shakespeare et son oeuvre
   Translated by Alphonse de Lamartine, 1865
   Preview at Google Books


 Video 3 
フランコ・ゼフィレッリ監督の映画 『ロミオとジュリエット』 (1968) 5/15
Romeo and Juliet (1968) directed by Franco Zeffirelli. Part 5 of 15

ロミオ - レナード・ホワイティング ジュリエット - オリヴィア・ハッセー
Romeo - Leonard Whiting  Juliet - Olivia Hussey
引用した台詞があらわれるのは 4:30 あたり。The quoted lines start around 4:30.


 Audio 1 
ルネサンス・シアター・カンパニーによる録音『ロミオとジュリエット』
Audio recording by The Renaissance Theatre Company
Romeo & Juliet, Act 2 Scene 2 - Part 1
ロミオ - ケネス・ブラナー ジュリエット - サマンサ・ボンド
Romeo - Kenneth Branagh  Juliet - Samantha Bond
引用した台詞があらわれるのは 2:25 あたり。The quoted lines start around 2:25.


 Audio 2 
CCProseによる録音『ロミオとジュリエット』
Recording presented by CCProse

Uploaded by CCProse on Nov 22, 2011. The quoted lines start around 0:47:11.  引用した台詞があらわれるのは 0:47:11 あたり。


■英語原文 The original text in English

O Romeo, Romeo! wherefore art thou Romeo?
Deny thy father and refuse thy name;
Or, if thou wilt not, be but sworn my love,
And I'll no longer be a Capulet.

   William Shakespeare "Romeo and Juliet"
   Act II, Scene II.    Capulet's orchard.


■更新履歴 Change log

2013/11/18 ベトナム語訳を追加しました。
2012/08/04 CCProseによる録音の YouTube 画面を追加しました。
2011/11/16 田中晏男=訳 1993 を追加しました。
2011/02/16 2種類のロシア語訳、ポーランド語訳、ドイツ語訳、イタリア語訳、および
         スペイン語訳を追加しました。
2010/11/26 斎藤兆史=講師、日本放送協会+日本放送出版協会=
         編集 2010/10/18 の訳文を追加しました。
2010/03/27 アニメ 『ロミオ×ジュリエット』 (2007)、映画 『ロミオ&ジュリエット』
         (1996)、映画 『ロミオとジュリエット』 (1968)、ルネサンス・シアター・
         カンパニーによる録音『ロメオとジュリエット』、それぞれのバルコニー・
         シーンを含む YouTube 動画を追加しました。
2010/03/09 中国語訳(簡体字)を追加しました。
2009/05/02 石川実=訳 2002/06 を追加しました。
2008/08/26 戸澤姑射=著 1997/10 を追加しました。
2007/05/18 河島敬藏=譯 1886 を追加しました。
2006/08/29 中國語譯(繁體字)とフランス語訳を追加しました。また、日本語
         訳の各訳例に番号を振りました。さらに、訳例の配列を旧→新
         から新→旧に変更しました。Amazon.co.jp の該当ページ、および
         電子テキストの該当ページへのリンクも張りました。
2006/04/28 三神勲=訳 1967 を追加しました。
2006/04/25 大山敏子=訳 1966 を追加しました。また、書誌情報を
         修正・補足しました。
2006/02/07 久米正雄=訳 1915 および本多顕彰=訳 1959 を追加しました。
2006/01/21 福田恆存=訳 1964 を追加しました。
2005/12/06 平井正穂=訳 1988 を追加しました。


« Romeo and Juliet 2 »
« ロミオとジュリエット 2 »

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ84595840v1308102456

Flag Counter

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■DVD

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese
(1)

(2)

  

| | Comments (7) | TrackBack (0)

Friday, 02 December 2005

Beauty - The Devil's Dictionary

0820324019
 
 
■日本語訳 Translations into Japanese

BEAUTY [美しさ] n. 女性が恋人を魅了し、夫を怖がらせる力。
   枯葉 =訳『悪魔の辞典』 2000-2003

BEAUTY 【美貌】名 恋人を魅惑し夫を不安にさせる力。
   筒井康隆=訳 『筒井版 悪魔の辞典〈完全補注〉』 講談社 2002/10
 
美貌(beauty n.) おんなが、それによって、情人の心をとろかす一方、亭主の心胆を寒からしめる力。
   西川正身=編訳 『新編 悪魔の辞典』 岩波文庫 1997/01

BEAUTY, n.【美しさ】女性が恋人を魅了し、夫を震えあがらせるために用いる力。
   奥田俊介・倉本護・猪狩博=訳 『悪魔の辞典』 角川文庫 1975/04
 
 
■英語原文 The original text in English

BEAUTY, n. The power by which a woman charms a lover and terrifies a husband.
   Ambrose Bierce "The Devil's Dictionary" 1910
 
 
■更新履歴 Change log

2008/05/04 見出しの追加、原文と訳文の配列の変更など細部の修正を行ないました。

2006/02/20 枯葉=訳 を追加しました。
 
 
 

| | Comments (6) | TrackBack (0)

Thursday, 01 December 2005

Begin at the beginning... - Alice's Adventures in Wonderland by Lewis Carroll キャロル『不思議の国のアリス』

 Video 
映画 『アリス』 (1988) 監督: ヤン・シュヴァンクマイエル
Neco z Alenky (1988) a.k.a. Alice, directed by Jan Svankmajer

製作国: チェコスロバキア・スイス・イギリス・西ドイツ Countries: Czechoslovakia, Switzerland, UK & West Germany.


■中国語訳(簡体字)Translation into simplified Chinese

“从开始的地方开始吧,一直读到末尾,然后停止。”国王郑重地说。

   刘易斯·卡洛尔 著 管绍淳 译
   《爱丽丝漫游奇境记》
   E-text at 新時代書城 (www.mypcera.com)


■中國語譯(繁體字)Translation into traditional Chinese

“從開始的地方開始吧,一直讀到末尾,然后停止。”國王鄭重地説。

   劉易斯・卡羅爾 著  管紹淳 譯
   《愛麗絲漫游奇境記
   E-text at 熾天使書城 (Angelibrary.com)


■日本語訳 Translations into Japanese

(J1) 高山 2015
「はじめからはじめよ」とても重々しくキングが言います。「終わりまでいったら、そこが終わりなのじゃ」
   ルイス・キャロル=作 高山宏(たかやま・ひろし)=訳 佐々木マキ=絵
   『不思議の国のアリス』 亜紀書房 2015/04


(J2) 河合 2010
「初めから始めなさい。」王様はとてもおごそかにおっしゃいました。「そして終わりまで続け、終わりでやめなさい。」
   ルイス・キャロル=著 河合祥一郎(かわい・しょういちろう)=訳
   『不思議の国のアリス』 角川文庫 2010/02/25


(J3) 石井 2008
「はじめから始めよ」王はとてもおごそかに言った。「読み進み、終わりになったら読みやめるのだ」
   ルイス・キャロル=作 リスベート・ツヴェルガー=絵
   石井睦美(いしい・むつみ)=訳 『不思議の国のアリス
   BL出版 2008/11/10


(J4) 久美 2006
「はじめからはじめよ」王はおごそかに告げた。「終わりまで読んだら、そこで終わりじゃ」
   ルイス・キャロル=著 ヤン・シュヴァンクマイエル=挿画
   久美里美(ひさみ・さとみ)=訳 『不思議の国のアリス
   エスクァイア マガジン ジャパン 2006/11


(J5) 村山 2006
「初めから始めよ」と、王様はもったいぶって言った。「そして、終わりがくるまで続けて、そこでやめよ」
   ルイス・キャロル=作 村山由佳=訳 『不思議の国のアリス
   メディアファクトリー 2006/03


(J6) 楠本 2006
「初めから始め、終わりまで読み進み、そこで終わるのじゃ」王様は重々しく言いました。
   キャロル=作 楠本君恵=訳 『不思議の国のアリス』 論創社 2006/02


(J7) 山形 2003
王さまはもったいぶった口調で言います。「はじめからはじめるがよい。そして最後にくるまで続けるのじゃ。そうしたらやめるのだ」
   キャロル=作 山形浩生=訳 『不思議の国のアリス』 朝日出版社 2003/06


(J8) 大西 2002-2006
「初めのところから、はじめよ」王さまは、実におごそかに、おっしゃった。「そして、ずっと読んでいって終わりまで来る。――そこで、やめるのじゃ」
   キャロル=作 大西小生=訳 『ふしぎの国のアリス
   新「アリス」訳解 2002-2006   


(J9) 脇 2000
「はじめからはじめよ」と、王さまがもったいぶって言いました。「そして、終わりになるまでつづけ、終わりになったら、そこでやめよ。」
   キャロル=作 脇明子=訳 『不思議の国のアリス』 岩波少年文庫 2000/06


(J10) 中村 2000
「はじめからはじめよ」と王はおごそかにいいました。「しまいまで読みとおしたらやめてよい」
   キャロル=作 中村妙子=訳 『ふしぎの国のアリス』 児童図書館・文学の部屋
   評論社 2000/03


(J11) 高山 1994
「はじめから始めるのじゃ」と、とても重々しく王様は申されました、「そして終るところまでは終るな。そして、そこでやめるのじゃ」
   キャロル=作 マーティン・ガードナー=注 ピーター・ニューエル=画
   高山宏=訳 『新注 不思議の国のアリス』 東京図書 1994/09


(J12) 矢川 1994
「はじめからはじめろ」王さまはいともおごそかに、「終りまで読んだら、そこでストップだ」
   キャロル=作 矢川澄子=訳 『不思議の国のアリス』 新潮文庫 1994/02


(J13) 吉田 1993
「はじめからはじめて――終わりまで読んで、終わりになったら読むのをやめろ」と、王さまがまじめな調子で言いました。
   キャロル=著 吉田健一=訳 『不思議の国のアリス
   世界文学の玉手箱 6 河出書房新社 1993/01


(J14) 北村 1992
「初めから始めるのさ」と王がおごそかにいった。「どんどん読んでいってだな、終わりがきたら終えるんだ」
   キャロル=作 北村太郎=訳 『ふしぎの国のアリス』 集英社文庫 1992/03


(J15) 柳瀬 1990
「はじめからはじめるのじゃ。」王さまは、おもおもしくいいます。「終わりまでいって、そこでやめるのじゃ。」
   キャロル=作 柳瀬尚紀=訳
   『少年少女世界名作の森18 不思議の国のアリス』 集英社 1990/08


(J16) 柳瀬 1988
「はじめからはじめるのじゃ。」王さまはおもおもしくいいます。「終わりまでいって、そこでやめるのじゃ。」
   キャロル=作 柳瀬尚紀=訳 『少年少女希望図書館4 ふしぎの国のアリス
   第三文明社 1988/12


(J17) 高橋+高橋 1988
「はじめからはじめろ。そして終りになるまでつづけろ。それからやめるんじゃ」
   キャロル=作 高橋康也+高橋迪(たかはし・みち)=訳
   『不思議の国のアリス』 河出文庫 1988/10


(J18) 多田 1988
「はじめから始めよ」と王さまはいとも重々しい口調で言われました。「そして終わりに来るまで読みつづけるのじゃ。そしたらやめるのじゃ」
   多田幸蔵=訳 『不思議の国のアリス』 中学生・高校生必読名作シリーズ
   旺文社 1988/03


(J19) 柳瀬 1987
「始めからはじめよ」王は重々しくいった。「終わりまでいって、そこでやめるのじゃ」
   キャロル=作 柳瀬尚紀=訳 『不思議の国のアリス』 ちくま文庫 1987/12


(J20) 中山 1986
「はじめからはじめなさい」王さまは、たいへんおごそかに、おっしゃいました。「そして、ずうっとつづけて読んで、おわりまで読んだらやめなさい」
   キャロル=作 中山知子=訳 『ふしぎの国のアリス
   フォア文庫 岩崎書店 1986/07


(J21) 高杉 1983
「はじめから読みはじめるんだ」と、王さまはいかめしい声でいいました。「それから、おわりまで読みつづけて、おわりへきたらやめるんだ」
   ルイス・キャロル=作 高杉一郎=訳 『ふしぎの国のアリス
   講談社文庫 1983/09


(J22) 芹生 1979
「はじめからはじめよ。そして、終わりまで読みすすみ、しかるのちやめるのじゃ」と、王さまはたいそうおもおもしくいいました。
   キャロル=作 芹生一(せりう・はじめ)=訳 『ふしぎの国のアリス
   偕成社文庫 1979/12


(J23) 福島 1975
「初めから始めよ」と王様が、重々しい口調でいいました。「最後にいたるまで読み進み、しかるのちやめよ」
   キャロル=作 福島正実=訳 『不思議の国のアリス』 角川文庫 1975/08


(J24) 生野 1971
「はじめからはじめよ」と、たいそうおごそかに王さまは言いました。「そして終わるところまで読みつづけよ。そこでやめるのじゃ」
   ルイス・キャロル=作 生野幸吉(しょうの・こうきち)=訳
   ジョン・テニエル=画
   『ふしぎの国のアリス』 福音館古典童話シリーズ 4 1971/07


(J25) 田中 1955
「はじめから読みはじめて、ずーっと読む。おしまいまでいったらやめるのじゃ。」と王さまは、おごそかに申されました。
   キャロル=作 田中俊夫=訳 『ふしぎの国のアリス』 岩波少年文庫 1955/03


(J26) 吉田 1954
「はじめから始めて――」と、王さまがまじめな調子(ちょうし)で言いました。「おわりまで読んで、おわりになったら読むのをやめろ。」
   キャロル=著 吉田健一=訳 「ふしぎの国のアリス」
   『世界少年少女文学全集6 イギリス編4』 創元社 1954/05 所収


(J27) 岩崎 1952
「初めから始めい」と王はまじめくさって申されました「それから読みつづけて、終わりに来たらやめるのじゃ」
   ルーイス・キャロル=作 岩崎民平(いわさき・たみへい)=訳
   『不思議の国のアリス』 角川文庫(旧版)1952/04


(J28) 菊池+芥川 1927
「初(はじ)めから始(はじ)めよ。」と王樣(わうさま)は重重(おもおも)しく言(い)ひました。そしてしまひまで讀(よ)んで、そこで止(や)めるんだ。」
   菊池寛+芥川龍之介=共訳 『アリス物語
   小學生全集 第二十八卷(初級用) 興文社(文藝春秋社) 1927/11(昭和2)


(J29) 丸山 1910
『初(はじ)めから始(はじ)めて』と王樣(わうさま)は嚴格(げんかく)に、『それから、ずつと終(しま)ひまで、濟(す)んだから止(や)め』
   ルイス・キャロル=著 丸山英観(まるやま・えいかん;丸山薄夜)=訳
   『愛ちやんの夢物語』 東京:内外出版協会 1910/02(明治43)
   国立国会図書館 近代デジタルライブラリー で閲覧可能


(J30) その他
邦訳は、以上のほかにも、1908(明治41)年の初訳以来、

   1921(大正10)年の鈴木三重吉=訳 「地中の世界」『赤い鳥』  所収
   『鈴木三重吉童話全集7』 文泉堂書店 1975/09 に再録

ほか、数多くの版が出ています。その歴史については、大西小生氏による、たいへん詳細な、すばらしい解説 『不思議の国』邦訳書誌 を参照なさることをお薦めします。


■ジョン・テニエルによる挿し絵 Illustration by Sir John Tenniel
aiw42


■ロシア語訳 Translation into Russian

-- Начни с начала, -- важно ответил Король,  --  продолжай, пока не дойдешь до конца. Как дойдешь -- кончай!

   Льюис Кэрролл. Приключения Алисы в стране чудес
   Translated by Нина Демурова
   E-text at Lib.Ru


■ドイツ語訳 Translation into German

„Fange beim Anfang an,“ sagte der König ernsthaft, „und lies bis du an’s Ende kommst, dann halte an.“

   Alice’s Abenteuer im Wunderland (Alice im Wunderland) by Lewis Carroll
   Translated by Antonie Zimmermann
   Leipzig : Johann Friedrich Hartknoch, 1869.
   E-text at:
   * Librito.de [PDF]
   * Wikisource


■ポルトガル語訳 Translation into Portuguese

“Comece pelo começo”, disse o Rei com muita gravidade, “e siga até o fim: daí pare.”

   Alice no País das Maravilhas by Lewis Carroll
   Translated by Clélia Regina Ramos
   E-text at eBookLibris


■スペイン語訳 Translation into Spanish

--Empieza por el principio --dijo el Rey con gravedad-- y sigue hasta llegar al final; allí te paras.

   Las Aventuras de Alicia en el País de las Maravillas
   (Alicia en el País de las Maravilla) by Lewis Carroll
   Translated by Humpty Dumpty
   E-text at:
   * CiberTextos Interactivos -- La Celestina, de Fernando de Rojas
   * Pagina de Lewis Carroll
   * OjoconelArte.cl


■フランス語訳 Translation into French

– Commencez au commencement, dit le Roi d’un ton grave, et continuez jusqu’à ce que vous arriviez à la fin ; ensuite, arrêtez-vous.

   Chapitre XII La déposition d’Alice
   Alice au pays des merveilles by Lewis Carroll
   E-text at Wikisource (Last modified 2006)


 Audio 
英BBCラジオ4によるラジオドラマ 『Alice's Adventures in Wonderland
BBC Radio 4's Alice's Adventures in Wonderland

Starring Roy Hudd as the Mad Hatter, Sarah-Jane Holm as Alice and David Bamber as the White Rabbit. A downloadable audiobook (Windows Media) is available at Audio Book Central.


■英語原文 The original text in English

"Begin at the beginning," the King said, very gravely, "and go on till you come to the end: then stop."

   Chapter XII Alice's Evidence
   Alice's Adventures in Wonderland (1865) by Lewis Carroll
   E-text at:
   * The University of Adelaide Library
   * Project Gutenberg
   * Indiana University


■更新履歴 Change log

2015/04/30 高山宏=訳 2015/04 と高山宏=訳 1994/09 を追加しました。
2012/08/03 ロシア語訳とポルトガル語訳を追加しました。
2010/09/08 英BBCラジオ4によるラジオドラマ Alice's Adventures in Wonderland 
         の YouTube 画面を追加しました。
2010/05/08 ヤン・シュヴァンクマイエル監督の映画『アリス』 (1988) の YouTube
         動画を追加しました。
2010/05/06 石井睦美=訳 2008/11/10 を追加しました。また、ドイツ語訳の
         書誌情報を補足しました。
2010/02/27 河合祥一郎=訳 2010/02/25 を追加しました。
2008/10/24 吉田健一=訳 1954/05 を追加しました。
2007/08/21 久美里美=訳 2006/11 を追加しました。また、中國語譯(繁體字)
         の電子テキストのリンクがまちがっていたので訂正しました。
2006/09/27 菊池寛+芥川龍之介=共訳 1927/11 および丸山英観=訳
         1910/02 を追加しました。
2006/08/29 高杉一郎=訳 1983/09 を追加しました。日本語訳の番号を
         振り直しました。
2006/08/15 中國語譯(繁體字)、生野幸吉=訳 1971/07、および岩崎民平=訳
         1952/04 を追加しました。また、日本語訳の番号を振り直しました。
2006/07/31 吉田健一=訳 1993、中国語訳(簡体字)、ドイツ語訳、スペイン語訳、
         およびフランス語訳を追加しました。
2006/05/05 中山知子=訳 1986/07 を追加しました。
2006/04/30 脇明子=訳 2000/06 を追加しました。また、配列を旧→新から
         新→旧に変更しました。
2006/04/22 芹生一=訳 1979/12 および中村妙子=訳 2000/03 を追加しました。
2006/04/20 多田幸蔵=訳 1988/03 と大西小生=訳 2002-2006 を追加しました。
         また、書誌情報を補足・修正しました。
2006/03/11 村山由佳=訳 2006/03 を追加しました。
2006/02/20 楠本君恵=訳 2006/02 を追加しました。


にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ84595840v1308102456

Flag Counter

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■DVD

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

  

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2005 | Main | January 2006 »