« 芥川龍之介 「藪の中」 In a Grove by Ryunosuke Akutagawa | Main | Sherlock Holmes - The Speckled Band by Arthur Conan Doyle コナン・ドイル 「まだらの紐」 »

Sunday, 18 December 2005

村上春樹《神的孩子全跳舞》

_1

結合することを何度か試みて、どうしてもうまく行かなかったあとで、小村はあきらめた。それは小村には初めてのことだった。
「奥さんのことを考えていたんじゃない?」とシマオさんは尋ねた。
「うん」と小村は言った。でも実を言えば、小村の頭の中にあったのは地震の光景だった。それがスライドの映写会みたいに、ひとつ浮かんでは、ひとつ消えていく。ひとつ浮かんでは、ひとつ消えていく。高速道路、炎、煙、瓦礫の山、道路のひび。彼はその無音のイメージの連続をどうしても断ち切ることができなかった。
            村上春樹『神の子どもたちはみな踊る』(2000)
            UFOが釧路に降りる
 
 
 

|

« 芥川龍之介 「藪の中」 In a Grove by Ryunosuke Akutagawa | Main | Sherlock Holmes - The Speckled Band by Arthur Conan Doyle コナン・ドイル 「まだらの紐」 »

Comments

This is very interesting, You are an overly professional blogger. I've joined your feed and sit up for in the hunt for extra of your wonderful post. Also, I've shared your site in my social networks

Posted by: en amor mayor | Tuesday, 10 December 2013 01:20 am

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 村上春樹《神的孩子全跳舞》:

« 芥川龍之介 「藪の中」 In a Grove by Ryunosuke Akutagawa | Main | Sherlock Holmes - The Speckled Band by Arthur Conan Doyle コナン・ドイル 「まだらの紐」 »