« January 2006 | Main | March 2006 »

February 2006

Saturday, 25 February 2006

The Killers by Ernest Hemingway ヘミングウェイ 「殺し屋」「殺し屋たち」「殺し屋ども」「殺し屋達」「殺人者」

        目次 Table of Contents

■はじめに Introduction
 Video 1  クリストファー・カペルト監督 短篇 The Killers
 Video 2  ドン・シーゲル監督 殺人者たち (1964) The Killers (1964)
 Video 3  アンドレイ・タルコフスキーほか監督 殺し屋 (1956) Ubiytsy (1956)
 Video 4  ロバート・シオドマク監督 殺人者 (1946) The Killers (1946)
■中国語訳(簡体字)Translation into simplified Chinese
■中國語譯(繁體字)Translation into traditional Chinese
■韓国語訳 Translation into Korean
■日本語訳 Translations into Japanese
  (J1) 西崎 2010
  (J2) 柴田 2009, 2012
  (J3) 祭谷 2007
  (J4) 陰陽師 2006
  (J5) 高見 1995
  (J6) 沼沢 1989
  (J7) 鮎川 1982
  (J8) 佐伯 1974
  (J9) 谷口 1972
  (J10) 大久保 1972
  (J11) 大久保 1970
  (J12) 龍口 1969
  (J13) 高村 1966
  (J14) 大久保 1964
  (J15) 西川 1964
  (J16) 龍口 1957
  (J17) 福田 1956
  (J18) 西川 1955
■邦題の異同 Variations of the title in Japanese
■"Henry's lunchroom" の邦訳の異同 Variations of "Henry's lunchroom" in Japanese
  Image   著者の肖像写真 Portrait of the author
■ロシア語訳 Translation into Russian
■ブルガリア語訳 Translation into Bulgarian
■ポーランド語訳 Translation into Polish
■チェコ語訳 Translations into Czech
  (Cs1) Anonymní 23, 2010
  (Cs2) HURDY26, 2010
  (Cs3) Jana28, 2010
■スウェーデン語訳(部分) Translation into Swedish (fragmental)
■ドイツ語訳 Translation into German
■イタリア語訳 Translations into Italian
  (It1) Trevisani, 1967
  (It2)
■ポルトガル語訳 Translations into Portuguese
  (Pt1)
  (Pt2)
■カタルーニャ語訳(カタロニア語訳) Translation into Catalan
■スペイン語訳 Translation into Spanish
■フランス語訳 Translation into French
 Audio 1  ノーベル賞受賞スピーチ Nobel Prize Acceptance Speech
 Audio 2  英語原文のオーディオブック(朗読) Audiobook in English
■英語原文 The original text in English
■更新履歴 Change log


■はじめに Introduction

ヘミングウェイの名高い短篇。下に引用するのは、その冒頭部分。


 Video 1 
短篇映画 The Killers

舞台をニューヨークの屋上レストランに置き換えてありますが、冒頭の台詞は原作どおりです。 Uploaded by Chris Capelluto on 28 May 2011. Directed by Christopher Capelluto.


 Video 2 
映画 殺人者たち(1964) 予告編 The Killers (1964) Trailer

監督: ドン・シーゲル 出演: リー・マーヴィン、アンジー・ディキンソン、ジョン・カサヴェテス、ロナルド・レーガン(そう、のちの合衆国大統領!)
Uploaded by stanzibar on 17 Jun 2006. Directed by Don Siegel. Starring Lee Marvin, Angie Dickinson, John Cassavetes, Ronald Reagan (Yeah, the later U.S. President!).


 Video 3 
ソ連映画 殺し屋 (1956) パート1 Ubiytsy (1956) Part 1

監督: マリカ・ベイク、アレクサンドル・ゴルドン、アンドレイ・タルコフスキー 出演: ユーリー・ファイト、アレクサンドル・ゴルドン、ヴァレンティン・ヴィノグラドフ Directed by Marika Beiku, Aleksandr Gordon, Andrei Tarkovsky. Starring Yuli Fait, Aleksandr Gordon, Valentin Vinogradov.


 Video 4 
映画 殺人者 (1946) 予告編 The Killers (1946) Trailer

監督: ロバート・シオドマク 出演: バート・ランカスター、エヴァ・ガードナー
Directed by Robert Siodmak. Starring Burt Lancaster, Ava Gardner.


■中国語訳(簡体字)Translation into simplified Chinese

  亨利那家供应快餐的小饭馆的门一开,就进来了两个人。他们挨着柜台坐下。
    "你们要吃什么?"乔治问他们。
    "我不知道,"其中一个人说。"你要吃什么,艾尔?"
    "我不知道,"艾尔说。"我不知道我要吃什么。"
      外边,天快断黑了。街灯光打窗外漏进来。坐在柜台边那两个人在看菜单。尼克·亚当斯打柜台另一端瞅着他们。刚才他们两人进来的时候,尼克正在同乔治谈天。

   《杀人者》 作者:海明威 译者:曹庸
   E-text at 時代書城 (www.mypcera.com)


■中國語譯(繁體字)Translation into traditional Chinese

  亨利那家供應快餐的小飯館的門一開,就進來了兩個人。他們挨著柜台坐下。
  "你們要吃什麼?"喬治問他們。
  "我不知道,"其中一個人説。"你要吃什麼,艾爾?"
  "我不知道,"艾爾說。"我不知道我要吃什麼。"
  外邊,天快斷黑了。街燈光打窗外漏進來。坐在柜台邊那兩個人在看菜單。尼克·亞當斯打柜台另一端瞅著他們。剛才他們兩人進來的時候,尼克正在同喬治談天。

   《殺人者》 作者:海明威 譯者:曹庸
   E-text at 龍騰世紀 (millionbook.net)


■韓国語訳 Translation into Korean

헨리(Henry) 간이 식당의 문이 열리고 두 사나이가 들어왔다. 그들은 계산대에 자리를 잡았다.
“무얼 주문하시겠어요?” 조지(George)가 그들에게 물었다.
“몰라.” 그 사나이 중 하나가 말했다. “뭘 먹고 싶어. 앨(Al)?"
“몰라.” 앨이 말했다. “내가 뭘 먹고 싶은지 모르겠단 말이야.”
밖은 어두워지고 있었다. 창 밖에는 가로등 불이 들어왔다. 계산대에 자리 잡은 두 사나이는 메뉴를 보았다. 계산대 다른 쪽 끝에서 닉 애덤스(Nick Adams)가 그들을 지켜보았다. 그들이 들어 왔을 때 그는 조지에게 말을 하고 있던 참이었다.

   어니스트 헤밍웨이 (Ernest Hemingway) 살인자들 (The Killers)
   E-text at mybox.happycampus.com


■日本語訳 Translations into Japanese

(J1) 西崎 2010
 ヘンリーの店のドアが開き、ふたりの男が入ってきた。ふたりはカウンターにすわった。
 「何にします?」ジョージが尋ねた。
 「さあな」ひとりが言った。「おまえは何が食いたいんだ、アル?」
 「さあな」アルと呼ばれた男が答えた。「何が食いたいか分からねえ」
 外は暗くなりはじめていた。窓の外の街灯が灯った。カウンターにすわったふたりはメニューを眺めた。カウンターの一方の端にすわっていたニック・アダムズはふたりのようすを窺った。ふたりが入ってきた時、ニックはジョージと話していたのだった。

   アーネスト・ヘミングウェイ=著 西崎憲(にしざき・けん)=訳 「殺し屋」
   西崎憲=編訳 『ヘミングウェイ短篇集
   ちくま文庫 2010/03/10 所収


(J2) 柴田 2009, 2012
 食堂〈ヘンリーズ〉のドアが開いて男が二人入ってきた。彼らはカウンターに座った。
「何にします?」ジョージが彼らに訊いた。
「さあなあ」男の一人が言った。「おいアル、何食いたい?」
「さあなあ」アルが言った。「わからないな、何食いたいか」
 表は暗くなってきていた。窓の外で街灯が点(とも)った。カウンターの男二人はメニューを見た。カウンターの反対の端からニック・アダムズは彼らを眺めた。ニックがジョージと喋っていたら、二人が入ってきたのだ。

   ヘミングウェイ=著 柴田元幸=訳 「殺し屋たち」
   a.こころ朗らなれ、誰もみな』 柴田元幸翻訳叢書 
     スイッチパブリッシング 2012/11/27 所収
   b.Coyote (コヨーテ) No.40 特集: 谷川俊太郎、アラスカを行く
     柴田元幸翻訳叢書 連載 アーネスト・ヘミングウェイ 第3回
     2010年1月号 スイッチパブリッシング 2009-12-10 所収
   初出は b. の雑誌掲載稿。a.b. に加筆・修正して単行本化したもの。
   引用は a. に拠りました。


(J3) 祭谷 2007
 ヘンリー食堂のドアが開き、二人の男が入ってきた。来るなり彼らはカウンターへと腰を降ろした。
「何にします?」ジョージは訊ねた。
「さあな」一人が言った。「何にする、アル?」
「さあな」アルは答えた。「何にするかな」
 外は暗くなりつつあった。街の灯が窓から差し込んできた。カウンター上、二人はメニューを見た。反対側のカウンター端から、ニック・アダムスは彼らを眺めていた。ジョージと話している最中、彼らが入ってきたのだ。

   ヘミングウェイ=著 祭谷一斗(Maturiya Itto)=訳 「殺し屋」
   ブログ 『一斗缶』 アップロード: 2007-03-28


(J4) 陰陽師 2006
 食堂《ヘンリーの店》のドアが開いて、男がふたり入ってきた。カウンターの席にすわる。
「何になさいます?」ジョージが尋ねた。
「何にしよう」ひとりの男が言った。「アル、お前は何が食いたい?」
「さてね」アルが答えた。「何にしたらいいか、見当もつかねえな」
 外は暗くなりかけていた。窓の外では街灯に灯が入った。カウンターのふたりの男はメニューに目をこらしている。カウンターの反対側の端にいたニック・アダムズはそれを見ていた。ニックがジョージと話していたところに、男たちが入ってきたのだった。

   アーネスト・ヘミングウェイ=著 陰陽師=訳 「殺し屋
   Ghostbuster's Book Web.
   初出 2006/12/24 - 2006/12/27
   改訂 2006/12/30


(J5) 高見 1995
 ヘンリーズ・ランチルームのドアがあいて、二人の男が入ってきた。二人とも、カウンターの席に腰を下ろした。
「何にします?」ジョージが訊いた。
「さあてと」一人が言った。「何が食いたい、アル?」
「さあな」アルが言った。「何を食うかな」
 外は薄暗くなりかけている。窓の外の街灯がともった。カウンターの二人の男は、メニューに目を走らせた。ニック・アダムズは、カウンターの反対の端から二人を眺めていた。彼らが入ってきたとき、ニックはちょうどジョージと話している最中だったのだ。

   ヘミングウェイ=著 高見浩=訳 「殺し屋」
   『われらの時代・男だけの世界 —ヘミングウェイ全短篇1—
   新潮文庫 1995/10 所収


(J6) 沼沢 1989
 ヘンリー軽食堂のドアが開き、二人の男が入って来た。カウンターに座った。
「何にします?」ジョージが訊いた。
「さてな」片方の男が言い、「アル、お前何食う?」
「さてな」とアルは言う。「何を食ったものやら」
 外は暗くなりかかっている。窓の外の街灯がついた。カウンターの二人の男はメニューを読んだ。ニック・アダムズはカウンターの反対の端から二人を見守った。ジョージとしゃべっているところへ二人が入って来たのである。

   ヘミングウェイ=著 沼沢洽治=訳 「殺し屋達」
   『集英社ギャラリー[世界の文学]17 アメリカ2』 集英社 1989/10 所収


(J7) 鮎川 1982
 ヘンリー簡易食堂のドアが開いて、二人の男がはいってきた。男たちはカウンターに腰をおろした。
「何にいたしますか?」ジョージが二人にきいた。
「そうだな」一人が言った。「何がいい、アル?」
「なんにするかな」アルが言った。「何がいいか、わからねえな」
 外は暗くなりかけていた。窓の外に、街燈がつきはじめた。カウンターにいる二人の男はメニューをながめていた。カウンターのむこうの端から、ニック・アダムズがじっと見つめていた。ジョージと話していたところへ男たちがはいってきたのだった。

   ヘミングウェイ=著 鮎川信夫=訳 「殺し屋」
   『ヘミングウェイ短編集2 女のいない男たち』 荒地出版社 1982/07 所収


(J8) 佐伯 1974
 ヘンリーの簡易食堂のドアが開いて、男がふたり、入ってきた。カウンターの前に腰をおろした。
「何にしますか」ジョージがたずねた。
「わからねえや」ひとりが言った。「おい、アル、何を食うかい」
「知らねえよ」とアル。「何を食うかなんて、知らねえよ」
 外は、暗くなってきた。窓の外で、街灯がともる。カウンターの男ふたりはメニューを見ている。カウンターの向こう端から、ニック・アダムズがふたりをじっと見ていた。ジョージとしゃべっている所へ、ふたり組が入ってきたのだ。

   ヘミングウェイ=著 佐伯彰一=訳 「殺し屋」
   『世界文学全集90 ヘミングウェイ』 講談社 1974/09 所収


(J9) 谷口 1972
 ヘンリー食堂のドアが開いて、男が二人はいってきた。カウンターの前に腰をおろす。
「何にします?」ジョージがそっちにたずねた。
「そうさな」その一人が言う。「おめえは何が食いてえ、アル?」
「そうさな」とアルが言う。「何が食いてえんだかな」
 外は暗くなって行くところだ。窓の外に街灯がともった。カウンターにいる二人の男がメニューを読む。カウンターの片端から、ニック・アダムズは二人をながめていた。ジョージに話しかけている途中で、二人がはいってきたのである。

   ヘミングウェイ=作 谷口陸男=訳 「殺し屋」
   『ヘミングウェイ短編集(上)』 岩波文庫 1972/11 所収


(J10) 大久保 1972
 ヘンリー食堂のドアが開いて、二人の男がはいってきた。カウンターの前に腰をおろした。
 「なにをさし上げますか?」とジョージがたずねた。
 「さて」と一人の男が言った。「アル、おめえ、なにを食うかね?」
 「さあ、なににするかな」とアルは言った。「おれにもなにが食いたいんだかわからねえ」
 表は暗くなりかけている。窓の外の外燈がついた。カウンターの前の二人の男はメニューを読んでいる。カウンターの向こうの端から、ニック・アダムズは、二人を見まもっていた。彼がジョージに話しかけているところへ、この二人がはいってきたのである。

   ヘミングウェイ=著 大久保康雄=訳 「殺し屋ども」
   『ヘミングウェイ全短篇集』 三笠書房 1972 所収
   タイトルが「殺人者」から「殺し屋ども」に変更されている点と、
   用字や送りがなが改められている点などを除けば、この訳文は下の
   大久保康雄=譯 1964/09/30 とほぼ同じ。


(J11) 大久保 1970
 ヘンリ食堂のドアがあいて、二人の男がはいってきた。二人はカウンターの前に腰をおろした。
「何にしますか?」ジョージが注文をきいた。
「そうだな」一人が言った。「アル、何がいい?」
「そうだな」アルが言った。「何がいいかな」
 外は暗くなりかけていた。窓の外に街燈がともった。カウンターにいる二人の男はメニューを見た。カウンターの向うの端から、ニック・アダムズは二人をながめていた。ジョージと話をしているところへ、この二人がはいってきたのだ。

   ヘミングウェイ=著 大久保康雄=訳 「殺し屋」
   『ヘミングウェイ短編集(一)』 新潮文庫 1970/06 所収


(J12) 龍口 1969
 ヘンリー簡易食堂の扉が開いて、二人の男がはいってきた。彼らはカウンターに腰をおろした。
「何にいたしますか?」とジョージが尋ねた。
「さあ、何にするかな」と二人のうちの一人が言った。「アル、何が食べたい?」
「わからんね」とアルは言った。「何が食べたいかわからんよ」
 外はだんだん暗くなりかけていた。窓の外には街灯がついていた。カウンターに向かった二人の男はメニューを読んでいた。カウンターの向こうの端から、ニック・アダムズが二人をながめていた。彼は二人がはいってくるまで、ジョージと話をしていたのだった。

   ヘミングウェイ=著 龍口直太郎=訳 「殺し屋」
   『キリマンジャロの雪』 角川文庫 1969/12 所収


(J13) 高村 1966
 ヘンリー軽食堂のドアが開(あ)いて、二人の男がはいってきた。二人はカウンターの前に腰かけた。
「なんにしますか?」とジョージが二人にきいた。
「さあね」と一人がいった。「アル、なんにする?」
「さあね」とアルがいった。「そうだな、なんにしようか。」
 外は暗くなりかかっていた。窓の外に街灯がついた。カウンターの二人はメニューを読んだ。カウンターの向こうの端から、ニック・アダムズが二人を見ていた。二人がはいってくるまで、ジョージと話していたのだ。

   ヘミングウェイ=著 高村勝治=訳 「殺し屋」
   * 『キリマンジャロの雪』 旺文社文庫 1966/11 所収
   * 『ノーベル賞文学全集12 アーネスト・ヘミングウェイ
     主婦の友社 1970 に再録


(J14) 大久保 1964
 ヘンリー食堂のドアが開いて、二人の男がはいつてきた。カウンターの前に腰をおろした。
 「何をさし上げますか?」とジョージがたずねた。
 「さて」と一人の男が言つた。「アル、おめえ、何を食うかね?」
 「さあ、何にするかな」とアルは言つた。「おれにも何が食いたいんだかわからねえ」
 表は暗くなりかけている。窓の外の外燈がついた。カウンターの前の二人の男はメニューを讀んでいる。カウンターの向うの端から、ニック・アダムズは、二人を見まもつていた。彼がジョージに話しかけているところへ、この二人がはいつてきたのである。

   ヘミングウェイ=著 大久保康雄=譯 「殺人者」
   『ヘミングウェイ全集1 短篇集』 三笠書房 1964/09/30 所収


(J15) 西川 1964
 ヘンリー簡易食堂のドアがあいて、二人の男がはいってきた。二人はカウンターに向かって腰を下ろした。
「何にしましょう?」ジョージはたずねた。
「わからねえ」一人が言った。「アル、おめえ、何にする?」
「わからねえ」アルは言った。「何が食いてえのか、おれにもわからねえんだ」
 外は暗くなりはじめていた。窓の外に街燈がともった。カウンターの二人はメニューを読んだ。ニック・アダムズは、カウンターの一方の端にいて、二人を見守った。二人がはいって来るまで、ジョージを相手に話をしていたのだ。

   ヘミングウェイ=著 西川正身=訳 「殺し屋」
   『世界の文学44 ヘミングウェイ』 中央公論社 1964/04 所収


(J16) 龍口 1957
 ヘンリー簡易食堂の扉が開いて、二人の男が入ってきた。彼らはカウンターに腰をおろした。
「何にいたしますか?」とジョージが訊ねた。
「さあ、何にするかな」と二人のうちの一人がいった。「アル、何が食べたい?」
「わからんね」とアルはいった。「何が食べたいかわからんよ」
 外はだんだん暗くなりかけていた。窓の外には街燈がついていた。カウンターに向った二人の男はメニューを読んでいた。カウンターの向うの端から、ニック・アダムズが二人を眺めていた。彼は二人が入ってくるまで、ジョージと話をしていたのだった。

   ヘミングウェイ=著 龍口直太郎=訳 「殺人者」
   『現代アメリカ文学全集7 ヘミングウェイ
   武器よさらば・われらの時代に・女のいない男たち他
   荒地出版社 1957 所収


(J17) 福田 1956
 ヘンリー食堂(ランチ・ルーム)の扉が開き、二人の男が中へ入ってきた。二人はカウンターの前に陣どった。
「何にしますか」とジョージが二人にたずねた。「そうだな」と一人のほうがいった。「アル、何が食いてえんだ」
「そうだな」とアルがいった。「何が食いてえのか、おれにも分んねえや」
 外は暗くなり出していた。窓のそとで外燈が灯った。カウンターに陣どった二人の男はメニューを読んだ。カウンターの片方の端から、ニック・アダムズがこの二人をじっと見た。ジョージと話をしていたところへ、この二人が入ってきたのだ。

   ヘミングウェイ=著 福田實(ふくだ・みのる)=訳 「殺人者」
   福田實+米田一彦=訳 『白い象のような山々・鱒釣り
   英米名作ライブラリー 英宝社 1956/07/30 所収


(J18) 西川 1955
 ヘンリー食堂のドアが開いて、二人の男がはいつてきた。二人はカウンターに向つて腰を下ろした。
 「御註文は?」ジョージはたずねた。
 「わからねえ」一人がいつた。「アル、おめえ、何にする?」
 「わからねえ」アルはいつた。「何が食いてえのか、おらあわからねえんだ」
 外は暗くなりはじめていた。窓の外に街燈がともつた。カウンターの二人はメニューを讀んだ。ニック・アダムズは、カウンターの一方の端にいて、二人の樣子を見守つた。二人がはいつて來るまで、ジョージを相手に話をしていたのだ。

   ヘミングウェイ=著 西川正身=譯 「殺人者」
   『ヘミングウェイ全集1 男だけの世界・勝者には何もやるな
   三笠書房 1955/10/10 所収


■邦題の異同 Variations of the title in Japanese

   「殺し屋」………西崎 2010
   「殺し屋」………祭谷 2007
   「殺し屋」………陰陽師 2006
   「殺し屋」………高見 1995
   「殺し屋」………鮎川 1982
   「殺し屋」………佐伯 1974
   「殺し屋」………谷口 1972
   「殺し屋」………大久保 1970
   「殺し屋」………龍口 1969
   「殺し屋」………高村 1966, 1970
   「殺し屋」………西川 1964
   「殺し屋たち」 …柴田 2009, 2012
   「殺し屋ども」 …大久保 1972
   「殺し屋達」……沼沢 1989
   「殺人者」………大久保 1964
   「殺人者」………龍口 1957
   「殺人者」………福田 1956
   「殺人者」………西川 1955


■"Henry's lunchroom" の邦訳の異同
 Variations of "Henry's lunchroom" translated into Japanese

   ヘンリーの店……………………………西崎 2010
   ヘンリーの簡易食堂……………………佐伯 1974
   ヘンリーズ・ランチルーム………………高見 1995
   ヘンリー簡易食堂………………………鮎川 1982
   ヘンリー簡易食堂………………………龍口 1969
   ヘンリー簡易食堂………………………西川 1964
   ヘンリー簡易食堂………………………龍口 1957
   ヘンリー軽食堂…………………………沼沢 1989
   ヘンリー軽食堂…………………………高村 1966
   ヘンリー食堂……………………………祭谷 2007
   ヘンリー食堂……………………………谷口 1972
   ヘンリー食堂……………………………大久保 1972
   ヘンリー食堂……………………………大久保 1964
   ヘンリー食堂……………………………西川 1955
   ヘンリー食堂(ランチ・ルーム)…………福田 1956
   ヘンリ食堂………………………………大久保 1970
   食堂〈ヘンリーズ〉………………………柴田 2009, 2012
   食堂《ヘンリーの店》……………………陰陽師 2006


  Image  
著者の肖像写真 Portrait of the author
180px-Hemmingway


■ロシア語訳 Translation into Russian

Дверь закусочной Генри отворилась. Вошли двое и сели у стойки.
   - Что для вас? - спросил Джордж.
   - Сам не знаю, - сказал один. - Ты что возьмешь, Эл?
   - Не знаю, - ответил Эл. - Не знаю, что взять.
   На улице уже темнело. За окном зажегся фонарь.  Вошедшие  просматривали меню. Ник  Адамс  глядел  на  них  из-за  угла  стойки.  Он  там  стоял  и разговаривал с Джорджем, когда они вошли.

   Эрнест Хемингуэй. Убийцы
   E-text at lib.guru.ua


■ブルガリア語訳 Translation into Bulgarian

Вратата на снекбара „При Хенри“ се отвори. Двама души влязоха и седнаха на високите столчета край бара.
— За вас? — запита ги Джордж.
— Не знам — каза единият. — Какво ще ядеш, Ал?
— Не знам — отвърна Ал. — Не знам какво да взема.
Навън се смрачаваше. През витрината се виждаха електрическите светлини на улицата. Двамата мъже на високите столчета четяха листа. Ник Адамс ги гледаше от другия край на бара. Когато те влязоха, той разговаряше с Джордж.

   Ърнест Хемингуей. Убийците
   E-text at Моята библиотека (chitanka.info)


■ポーランド語訳 Translation into Polish

Drzwi jadłodajni „Henry" otworzyły się i Weszło dwóch. Siedli przy bufecie.
— Słucham? — spytał George.
— Jeszcze nie wiem — powiedział jeden z mężczyzn. — Al, co będziesz jadł?
— Nie wiem. Nie wiem, co będę jadł.
Na dworze ciemniało. Przed oknem zapłonęła latarnia. Mężczyźni siedzący przy bufecie czytali kartę. Z drugiego końca bufetu przyglądał im się Nick Adams. Gdy weszli, rozmawiał z George'em.

   Mordercy by Ernest Hemingway
   E-text at Chomikuj.pl


■チェコ語訳 Translations into Czech

(Cs1) Anonymní 23, 2010
Dveře bistra U Henryho se otevřely a vešli dva muži. Posadili se u pultu.
„Co si dáte?,“ zeptal se George.
„Nevim,“ řekl jeden z mužů. „Co bys chtěl, Ale?“
„Nevim,“ řekl Al. „Nevim, co bych chtěl.“
Venku se stmívalo. Za okny se rozsvítilo pouliční osvětlení. Ti dva muži u pultu si četli jídelní lístek. Z druhého konce jídelního pultu je sledoval Nick Adams. Když přišli, povídal si s Georgem.

   Zabijáci by Ernest Hemingway
   Anonymní 23. prosince 2010 20:00
   E-text at Překládání - PVK


(Cs2) HURDY26, 2010
Dveře Henryho bufetu se otevřely a vstoupili dva muži. Sedli si k pultu.
„Co si dáte?“ Zeptal se George.
„Nevím,“ řekl jeden z nich. „Co by sis dal k jídlu, Ale?“
„Nevím,“ řekl Al. „Nevím co bych si dal.“
Venku se stmívalo. Pouliční osvětlení prosvítalo skrz okno. Ti dva lidé si četli jídelní lístek. Z druhého konce pultu je pozoroval Nick Adams. Předtím než přišli, mluvil s Georgem.

   Zabijáci by Ernest Hemingway
   HURDY26. prosince 2010 23:42
   E-text at Překládání - PVK


(Cs3) Jana28, 2010
Dveře Henryho jídelny se otevřely a dovnitř vešli dva muži. Sedli si k pultu.
„Co si dáte?“ zeptal se jich George.
„Nevím,“ řekl jeden z nich. „Co chceš jíst, Ale?“
„Nevím,“ řekl Al. „Nevím, co chci jíst.“
Venku se stmívalo. Pouliční osvětlení za oknem se rozsvítilo.
Dva muži za pultem si četli menu. Z druhé strany pultu je pozoroval Nick Adams. Ve chvíli, kdy muži přišli, si s Georgem povídal.

   Zabijáci by Ernest Hemingway
   Jana28. prosince 2010 16:33
   E-text at Překládání - PVK


■スウェーデン語訳(部分) Translation into Swedish (fragmental)

Dörren till Henrys lunchbar gick upp och två män kom in. De satte sig vid bardisken.
- Vad får det vara? frågade George.
- Jag vet inte, sa den ena.Vad ska du ha för något, Al?
- Jag vet inte, sa Al. Jag vet inte vad man ska hitta på.

   Henrys lunchbar by Ernest Hemingway
   from Snön på Kilimandjaro
   Excerpt at Början på böcker


■ドイツ語訳 Translation into German

Die Tür von Henrys Eßlokal öffnete sich, und zwei Männer kamen herein. Sie setzten sich an die Theke.
«Was bekommen Sie?» fragte sie George.
«Ich weiß nicht», sagte der eine Mann. «Was willst du essen, Al?»
«Ich weiß nicht», sagte Al. «Ich weiß nicht, was ich essen will.»
Draußen wurde es dunkel. Die Straßenbeleuchtung vor dem Fenster ging an. Die beiden Männer an der Theke lasen die Speisekarte. Nick Adams beobachtete sie vom anderen Ende der Theke her. Als sie hereinkamen, hatte er sich mit George unterhalten.

   Die Killer by Ernest Hemingway
   in Die Nick Adams Stories
   Translated by Annemarie Horschitz-Horst & Richard K. Flesch
   Published by Rowohlt, 1983-03
   Free e-book (PDF) downloadable from Ebook30.com


■イタリア語訳 Translations into Italian

(It1) Trevisani, 1967
La porta della trattoria Enrico si aprì ed entrarono due uomini. Si sedettero al banco.
«Cosa desiderate?» chiese George.
«Non saprei» uno dei due disse. «Cosa vuoi da mangiare, Al?»
«Per me è lo stesso» disse Al «non lo so proprio cos’è che voglio».
Fuori stava facendosi buio. La luce di un lampione brillò attraverso la finestra. I due uomini si misero a leggere il menù mentre all’altra estremità del banco Nick Adams li stava a guardare.

   Gli uccisori
   I quarantanove racconti ; La quinta colonna
   by Ernest Hemingway
   Translated by Giuseppe Trevisani. Torino : Einaudi, 1967
   E-text at La Principessa SSIS(y)
   Excerpt at:
   * Letteratura Gastronomica - Le guide di Supereva
   * La Principessa SSIS(y)


(It2)
La porta della tavola calda di Henry si aprì ed entrarono due uomini. Si sedettero al banco.
«Cosa prendete?» gli domandò George.
«Non so» disse uno dei due. «Cosa vuoi mangiare, Al?»
«Non so» disse Al «Non lo so cosa voglio mangiare.»
Fuori stava facendosi buio. Il lampione si accese davanti alla vetrina. I due uomini al banco leggevano il menù. Dal' l'altro capo del banco Nick Adams li guardava. Stava parlando con George quando erano entrati.

   I sicari by Ernest Hemingway
   E-text at Prefazione I primi quattro racconti sono gli ultimi che ho scritto ...


■ポルトガル語訳 Translations into Portuguese

(Pt1)
A porta do restaurante "do Henry" se abriu e entraram dois homens que se sentaram ao balcão.
- O que vão pedir? - perguntou-lhes George.
- Não sei. - disse um deles -. O que você quer comer, Al?
- Como vou saber? - respondeu Al - não sei.
Lá fora estava escurecendo. As luzes da rua entravam pela janela. Os dois homens liam o menu. Do outro extremo do balcão, Nick Adams, que tinha estado conversando com George quando eles entraram, observava-os.

   Os Assassinos by Ernest Hemingway
   E-text at Scribd


(Pt2)
A porta do restaurante Herry’s se abriu e dois homens entraram. Eles sentaram-se no balcão.
“Qual sua pedida?” George perguntou a eles.
“Não sei”, disse um dos homens. “O que você gostaria de comer Al?”
“Não sei” disse Al. “Eu não sei o que gostaria de comer.”
Fora estava escuro. As luzes da rua acenderam. Os dois homens no balcão liam o menu. Do lado de dentro Nick Adams os olhou. Ele conversava com George quando eles entraram.

   Os Matadores by Ernest Hemingway
   E-text at ataraxia


■カタルーニャ語訳(カタロニア語訳) Translation into Catalan

La porta del petit restaurant de Henry es va obrir i hi entraren dos homes. S'assegueren a la barra.
—Què pendran?—els va preguntar George.
—No ho sé —va contestar un dels homes—. ¿Què vols menjar, Al?
—No ho sé —va fer Al—. No sé què vull menjar.
A fora s'anava fent fosc. Es va encendre el fanal del carrer, davant la finestra. Els dos homes a la barra llegien el menú. Des de l'altre cap del taulell, Nick Adams els observava. Quan els homes entraren, ell enraonava amb George.

   Els assassins by Ernest Hemingway
   E-text at:
   * catala - hemingway - els assassins.doc [DOC]
   * Logos Library


■スペイン語訳 Translation into Spanish

La puerta del restaurante Henry se abrió y entraron dos hombres, que se sentaron ante el mostrador.
-¿Qué les sirvo? -preguntó George.
-No sé -contestó uno de ellos-. ¿Qué quieres comer, Al?
-No sé -dijo Al-. No sé lo que quiero comer.
Afuera aumentaba la oscuridad. Las luces de la calle se veían por la ventana. Los hombres, sentados ante el mostrador, leían el menú. Desde el otro lado del mostrador, Nick Adams los miraba. Cuando entraron, estaba hablando con George.

   Los Asesinos by Ernest Hemingway
   E-text at La Letra del Escriba


■フランス語訳 Translation into French

La porte du restaurant Henry's s'ouvrit et deux hommes entrèrent. Ils s'assirent devant le comptoir.
— Qu'est-ce que ce sera ? leur demanda Georges.
— J'sais pas, dit l'un des deux hommes. Qu'est-ce que tu veux bouffer, Al ?
— J'sais pas, fit Al. J'sais pas ce que je veux bouffer.
Dehors il commençait à faire sombre. La lueur du réverbère s'alluma derrière la vitre. Les deux hommes assis au comptoir consultèrent le menu. A l'autre bout du comptoir, Nick Adams les regardait. Il causait avec Georges quand ils étaient entrés.

   Les Tueurs by Ernest Hemingway
   Excerpt in Lire le récit de fiction: pour étayer un apprentissage :
   théorie et pratique
   by Jean-Louis Dumortier
   Published by De Boeck Université, 2001/10/03
   Page preview at Google Books


 Audio 1 
ヘミングウェイのノーベル賞受賞スピーチ
Ernest Hemingway's Nobel Prize Acceptance Speech

fakeman345, on YouTube, explains this audio recording as follows:

Hemingway's Nobel Prize acceptance speech was read for him by United States Ambassador to Sweden, John C. Cabot, on December 10, 1954.

Hemingway was unable to attend the ceremony in Sweden because of serious injuries sustained in two airplane crashes in Africa during a safari, but he did record his speech for posterity.

This is Hemingway's voice, recorded in Cuba.


 Audio 2 
英語原文のオーディオブック 朗読: ステイシー・キーチ
Audiobook in English read by Stacy Keach

Uploaded to YouTube by Best Audio Books on 27 Dec 2014


■英語原文 The original text in English

The door of Henry's lunchroom opened and two men came in. They sat down at the counter.
"What's yours?" George asked them.
"I don't know," one of the men said. "What do you want to eat, Al?"
"I don't know," said Al. "I don't know what I want to eat."
Outside it was getting dark. The streetlight came on outside the window. The two men at the counter read the menu. From the other end of the counter Nick Adams watched them. He had been talking to George when they came in.

   The Killers
   from Men Without Women (1927), a collection of short stories
   written by Ernest Hemingway
   The story first appeared in 1927 in Scribner's Magazine.
   E-text at Short Story Classics


■更新履歴 Change log

2014/12/09 英語原文のオーディオブックの YouTube 画面を追加しました。
2013/07/26 柴田元幸=訳を修正・補足しました。
2013/06/11 ソ連映画 『殺し屋』 (1956) の YouTube 動画を追加しました。
2013/03/10 目次を新設しました。また、韓国語訳、ブルガリア語訳、ポーランド語訳、
         カタルーニャ語訳、および短篇映画 The Killers の YouTube 動画を
         追加しました。
2012/07/12 ロシア語訳、チェコ語訳、およびスウェーデン語訳(部分)を追加しました。
2011/07/19 2種類のポルトガル語訳を追加しました。
2010/12/20 2種類のイタリア語訳を追加しました。
2010/06/11 祭谷一斗=訳 2007-03-28 を追加しました。また、「"Henry's
         lunchroom" の邦訳の異同」の項を新設しました。
2010/06/09 映画 『殺人者』 (1946) と映画 『殺人者たち』 (1964) の2本の
         YouTube 動画を追加しました。また、大久保康雄=訳 1972 と
         西川正身=譯 1955/10/10 を追加しました。これにともない、
         ブログ記事の邦題に大久保氏のつけた訳題「殺し屋ども」を追加
         しました。
2010/05/18 西崎憲=訳 2010/03/10 を追加しました。
2010/01/09 ドイツ語訳、スペイン語訳、フランス語訳、そして柴田元幸=訳
         2009-12-10 を追加しました。また、これにともない、ブログ記事の
         邦題に柴田氏のつけた訳題「殺し屋たち」を追加しました。
2009/10/15 ヘミングウェイのノーベル賞受賞スピーチの YouTube 録音を追加
         しました。
2009/08/29 中國語譯(繁體字)と米田一彦=訳 1956/07/30 を追加し、リンク
         を一部修正しました。
2009/06/26 検索の便を考慮し、ブログ記事のタイトルを次のとおり変更しました。
         旧題: The Killers by Ernest Hemingway ヘミングウェイ「殺し屋」
         新題: The Killers by Ernest Hemingway ヘミングウェイ「殺し屋」
             「殺し屋達」「殺人者」
2007/07/13 陰陽師=訳(2006/12/24 - 2006/12/27)を追加しました。
2007/07/07 鮎川信夫=訳 1982/07 を追加しました。
2007/05/20 大久保康雄=譯 1964/09 を追加し、「邦題の異同」の項を新設
         しました。
2007/05/19 高村勝治=訳 1966/11 を追加しました。
2006/11/24 中国語訳(簡体字)を追加し、Amazon.co.jp その他の関連サイトへ
         のリンクを張りました。
2006/05/11 龍口直太郎=訳 1957 を追加しました。
2006/05/09 訳例の配列を、旧→新から新→旧に変更しました。
2006/04/23 佐伯彰一=訳 1974 と沼沢洽治=訳 1989 を追加しました。
2006/04/22 西川正身=訳 1968 を追加しました。また、検索の便を考慮し、
         この記事のタイトルを次のとおり変更しました。
         旧題: What do you want to eat, Al? - Hemingway
         新題: The Killers by Ernest Hemingway
2006/04/19 書誌情報を補足しました。


にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ84595840v1308102456

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages


■和書 Books in Japanese

  

| | Comments (4) | TrackBack (0)

The Last Leaf by O. Henry O・ヘンリー / オー・ヘンリー 「最後のひと葉」「最後の一葉」

        目次 Table of Contents

■はじめに Introduction
■気になる和訳 Curious translations in Japanese
 Video 1  『ザ・ラスト・リーフ』 監督: キャスリーン・ワイアー The Last Leaf
 Video 2  『ザ・ラスト・リーフ』 監督: マット・ガトリン The Last Leaf
 Video 3  『ザ・ラスト・リーフ』 監督: デヴィッド・アンスポー The Last Leaf (1983)
■中国語訳(簡体字) Translations into simplified Chinese
  (Zh1)
  (Zh2)
■中國語譯(繁體字) Translation into traditional Chinese
■日本語訳 Translations into Japanese
  (J1) 小川 2015
  (J2) 横山 2015
  (J3) 芹澤 2007
  (J4) 千葉 2007
  (J5) 金原 2001
  (J6) 結城 1999, 2005
  (J7) 有吉 1992
  (J8) 飯島 1990
  (J9) 西田 1990
  (J10) 飯島 1989
  (J11) 大津 1979
  (J12) 小沼 1979, 2005
  (J13) 下嶋 1975
  (J14) 大久保(博)1974, 1985
  (J15) 大久保(康)1971
  (J16) 大久保(康)1969
  (J17) 清野 1938
  (J18) 浅野 1929, 1991
  (J19) 大橋 1928
■ベトナム語訳 Translation into Vietnamese
■トルコ語訳 Translation into Turkish
■ハンガリー語訳 Translation into Hungarian
  Image   O・ヘンリーの肖像写真 Portrait of O. Henry
■ロシア語訳 Translation into Russian
■ウクライナ語訳 Translation into Ukrainian
■ブルガリア語訳 Translation into Bulgarian
■ドイツ語訳 Translation into German
■イタリア語訳 Translation into Italian
■ポルトガル語訳 Translation into Portuguese
■スペイン語訳 Translation into Spanish
■フランス語訳 Translation into French
 Audio 1  英語原文の朗読: テッド・マッケルロイ Audiobook read by Ted McElroy
 Audio 2  英語原文の朗読: マリアン・ブラウン Audiobook read by Marian Brown
■英語原文 The original text in English
■Washington Square の日本語表記 How to write 'Washington Square' in Japanese?
■tomoki y. のコメント(および再考) A comment (and an afterthought) by tomoki y.
■更新履歴 Change log


■はじめに Introduction

「最後のひと葉」は「賢者の贈りもの」とならんで、たぶんO・ヘンリーの最も有名な作品。この短篇の冒頭の一段落を下に引用します。


■気になる和訳 Curious translations in Japanese

たくさんの和訳を読みくらべてみて、前からどうも腑に落ちなかった部分がありました。下の2か所です。どうも日本語らしくない、変な日本語だと感じていた箇所です。原文と、典型的な訳しかたを挙げます。

  1. One street crosses itself a time or two.
    一本の通りが、それ自身と一、二度交差する
  2. Suppose a collector [略] suddenly meet himself coming back
    集金人は[略]自分自身とばったりでくわす

しかし、2015年に出た小川高義さんによる新潮文庫版の訳を読んで、ようやく分かった気になりました。小川氏の翻訳家としての力量にあらためて敬服しました。


 Video 1 
『ザ・ラスト・リーフ(原題)』 The Last Leaf

脚本・監督: キャスリーン・ワイアー 出演: ニーム・デイリー、ニコル・エリザベス Uploaded to YouTube by Kathleen Weir on 7 Apr 2013. Written and Directed by Kathleen Weir. Starring Niamh Daly, Nicole Elizabeth.


 Video 2 
『ザ・ラスト・リーフ(原題)』 The Last Leaf

監督: マット・ガトリン  出演: ピーター・ジフォほか Uploaded to YouTube by tvf200gatlin on 26 Dec 2010. Directed by Matt Gatlin. Starring Mary Huse, Peter Xifo, Demi Dustman and Jonathan Salisbury.


 Video 3 
アメリカ映画 『ザ・ラスト・リーフ(原題)』 The Last Leaf (1983)

監督: デヴィッド・アンスポー 出演: アート・カーニー、シドニー・ペニー Directed by David Anspaugh. Starring Art Carney, Sydney Penny and Hermione Baddeley.


■中国語訳(簡体字) Translations into simplified Chinese

(Zh1)
在华盛顿广场西边的一个小区里,街道都横七竖八地伸展开去,又分裂成一小条一小条的“胡同”。这些“胡同” 稀奇古怪地拐着弯子。一条街有时自己本身就交叉了不止一次。有一回一个画家发现这条街有一种优越性:要是有个收帐的跑到这条街上,来催要颜料、纸张和画布的钱,他就会突然发现自己两手空空,原路返回,一文钱的帐也没有要到!


(Zh2)
在华盛顿广场西面的一个小区里,街道仿佛发了狂似地,分成了许多叫做“巷子”的小胡同。这些“巷子”形成许多奇特的角度和曲线。一条街本身往往交叉一两回。有一次,一个艺术家发现这条街有它可贵之处。如果一个商人去收颜料、纸张和画布的账款,在这条街上转弯抹角、大兜圈子的时候,突然碰上一文钱也没收到,空手而回的他自己,那才有意思呢!

  • 欧亨利 《最后一片藤叶》
  • E-text at 百度知道

■中國語譯(繁體字) Translation into traditional Chinese

在華盛頓廣場西邊的一個小區裡,街道都橫七豎八地伸展開去,又分裂成一小條一小條的“胡同”。這些“胡同”稀奇古怪地拐著彎子。一條街有時自己本身就交叉了不止一次。有一回一個畫家發現這條街有一種優越性:要是有個收帳的跑到這條街上,來催要顏料、紙張和畫布的錢,他就會突然發現自己兩手空空,原路返回,一文錢的帳也沒有要到!

  • 歐﹒亨利 《最後一片葉子》
  • E-text at 明心 (Mingxin)

■日本語訳 Translations into Japanese

(J1) 小川 2015
ワシントン広場の西にちょっとした界隈(かいわい)があって、でたらめに走る街路が細切れになり、「プレース」と名のつく小路になっている。この手の「プ レース」はおかしな角度で折れ曲がるもので、ある一本の道では、たどって歩いているうちに、一度や二度は、もとの道に出ている。これは重宝なことである、 と気づいた画家がいた。絵の具や画用紙、カンバスの掛け取りが来たとしても、一セントの取り立てもしないうちに、いま来た道を戻っていることにならない か!


(J2) 横山 2015
ワシントン・スクエアの西側の小さな一画では、街路は突拍子もない方向に曲がりくねり、やがて分かれていくつもの「プレイス (Place)」と呼ばれる小道となっていく。これらの「プレイス」は奇妙な角度や湾曲をなしている。道は一度や二度は曲がりくねってもとの道に戻ってきてしまうのだ。とある芸術家がその昔、この街路に有望な可能性を見出した。絵の具や画紙、画布の請求書を携えた集金人がこのルートを徘徊した揚句に気がつくとまた元の道に戻ってきてしまっているとしたらどうだろう。結局つけた分を1セントたりとも回収できないままでね!


(J3) 芹澤 2007
ワシントン・スクエアの西側の、あまり広くないある一帯では、いくつもの通りが不規則に錯綜(さくそう)して〝プレイス〟と呼ばれる小路に寸断されている。これらの〝プレイス〟は奇妙な角度や曲線を成す。一本の通りが、一度や二度はそれ自身と交差していたりする。かつてある絵描きが、この通りの持つ実利的な可能性に気づいた。たとえば、絵の具や紙やキャンバスの代金を回収にきた集金人がこの通りに入り込み、行ったり来たりしているうちに、売掛金の一セントも受け取れないまま、ふと気がついてみたら帰路をたどっていたとしたら?


(J4) 千葉 2007
ワシントン・スクウェアの西側に、道路がでたらめに交差しているせいで、いくつもの短い路地に寸断(すんだん)された区域(くいき)がある。路地はおかしな角度でまじわったり、カーブしたりしていて、一本の道を進んでいるのに、その道自体と一度、二度と交差する始末だ。むかし、ひとりの芸術家がこの区域にある可能性を見いだした。絵具や紙、キャンバス代を回収(かいしゅう)しようと足を踏(ふ)み入れた集金人は、一セントも回収しないうちに堂々めぐりをして、あげくのはてにとつぜん、自分自身とばったりでくわす、なんてことになるかもしれない!

  • オー・ヘンリー=著 千葉茂樹(ちば・しげき)=訳 和田誠=絵 『最後のひと葉』 オー・ヘンリー ショートストーリーセレクション 5 理論社 2007/09

(J5) 金原 2001
ニューヨークにあるワシントン・スクェアの西の一角(いっかく)では、通りが複雑に入りくんでいるせいで、土地が奇妙(きみょう)でいびつな形に分割(ぶんかつ)されている。一本の道が何度も同じ道と交わることも珍(めずら)しくない。ある芸術家が、ふとこんなことを考えた。画材屋(がざいや)が絵の具や紙やキャンバスの代金を取り立てにやってきても、このあたりなら迷ったあげく、一セントももらわないうちに、もときたところにもどってしまうんじゃないか。

  • 金原瑞人(かねはら・みずひと)=訳 『最後のひと葉』 岩波少年文庫 2001/06

(J6) 結城 1999, 2005
ワシントン・スクエア西にある小地区は、 道路が狂ったように入り組んでおり、 「プレース」と呼ばれる区域に小さく分かれておりました。 この「プレース」は不可思議な角度と曲線を描いており、 一、二回自分自身と交差している通りがあるほどでした。 かつて、ある画家は、この通りが貴重な可能性を持っていることを発見しました。 例えば絵や紙やキャンバスの請求書を手にした取り立て屋を考えてみてください。 取り立て屋は、この道を歩き回ったあげく、 ぐるりと元のところまで戻ってくるに違いありません。 一セントも取り立てることができずにね。

  • O・ヘンリー=作 結城浩(ゆうき・ひろし)=訳
  • 引用は b. 翻訳の部屋版に拠りました。

(J7) 有吉 1992
ワシントン・スクエア西の界隈(かいわい)の、通りの複雑さといったらありません。通りはプレイスとよばれる細い道にわかれ、このプレイスがまた、妙な角度で折れたりまがったりしているしまつです。ひとつの道を歩いていって、もとの道を横断することも、一度や二度はめずらしくありません。そういうことなら、こんないいことありそうだと、ある絵描(えか)きなどは考えつきました。絵の具や紙やカンバス代の集金人がこの小路(こうじ)にまよいこみ、つけの一セントももらわぬうちに、帰ってくる自分とばったりっていうおかしな話。

  • オー=ヘンリー=作 有吉玉青(ありよし・たまお)=訳 米倉斉加年(よねくら・まさかね)=画 『最後のひと葉』 偕成社 1992/11

(J8) 飯島 1990
 ニューヨーク市のワシントン=スクエアの西がわにあたるせまい地域は、道がめちゃくちゃにいりみだれるように走っていて、おまけに、それがとつぜん、みじかい路地になっているのだ。
 この路地がまた、おかしな角とか、カーブをつくっている。一本の通りが、ぐるっとまわっていて、一度か二度は自分自身をよこぎっているというありさまだ。
 これでは、よそものだったら、まるで迷路を歩いているような気持ちになり、だれかをたずねるにも、よういなことではみつかりそうもない。
 というわけで、まずしい画家のたまごたちは、うまいことを思いついた。絵の具とかカンバスなどの代金を集めるやつが、請求書を持ってこの地域にやってきても、分割払いの金の一セントももらわずに、あきらめて、ひきあげていってしまうのではないだろうかと。


(J9) 西田 1990
ワシントン公園の西の狭い区域では、通りがごちゃごちゃに錯綜していて「プレイス」と呼ばれる小路にわかれている。これらの「プレイス」は奇妙な角度や曲線をなしている。一つの通りがそれ自身と一、二度交叉している。ある画家が、この通りに都合のいいところがあることを発見したことがある。絵具や紙やカンヴァスの代金を集める人が、この通りにはいりこんで、内金を一セントももらわないで、ひょっくりまた元のところにもどって来ているとしたらどうだろう!

  • オー・ヘンリー=著 西田義和(にしだ・よしかず)=訳 「最後の一葉」 『オー・ヘンリー名作集』 文化書房博文社 1990/04

 
  
(J10) 飯島 1989
ワシントンスクエアの西の界隈にくると、通りが滅茶苦茶に錯綜して「小路」と称する短い帯のような形にちょん切れている。この「小路」というのがまた奇妙な角とカーヴをなしているのである。一本の通りが、一度や二度は、自分自身と交叉しているという始末なのだ。ある画家が、かつて、こういう通りに貴重な可能性を発見した。まあ考えてもみたまえ、集金人が絵具や紙やカンヴァスのつけを持って、この道を通ってやってくる、ところが分割払いの一セントだってもらわずに、帰ってくるもとの自分自身にばったり出会ってしまうというわけだ。


(J11) 大津 1979
ワシントン・スクェア(ニューヨークのマンハッタン区、五番街の南端にある公園)の西側の狭い区域では、街路が気が狂ったように錯綜していて、いくつもの「プレイス」という名のついた短い通りに寸断されている。しかも、この「プレイス」が妙な角度で曲ったり、彎曲したりしているので、街路は結局ふり出しに戻って、一度や二度はもと来た道をまた横断することになる。昔ある絵描きがこの通りに一つの貴重な可能性を発見した。絵具や紙やカンヴァスの代金の集金人も、この通りに入りこんだら、結局あきらめて帰るんではなかろうか——借金を一セントも取り立てられないで!


(J12) 小沼 1979, 2005
ワシントン・スクウェアの西の一劃では、道路が矢鱈に入り組んでいて、おまけに幾つにも切れていて、この帯状の短い道は「プレイス」と呼ばれる。これらの「プレイス」は妙な具合に曲りくねっていて、同じ道自体、一、二度交叉するなんていうこともある。いつだったか、或る画家がこの通りならこんな結構なことも起り得ると気が附いた。例えば、絵具や紙やカンヴァスの勘定書を持った集金人が、この通りへ這入って来たとすると、分割払いの代金の一セントも貰わない裡に、ひょっこり、帰途に就いた自分の姿に出くわしてしまう。


(J13) 下嶋 1975
ワシントン公園の西の狭い一地域では、通りが滅茶苦茶に入り乱れ、たがいに短い「路地」となっている。この「路地」というのがまた妙な角度や曲り方をしていて、一本の道が一・二度は自分で自分に交叉する、そんな所である。ある画家が、かつて、この通りに、なかなかつごうのいい点があることを発見した。まあ考えても見給え——集金人が、絵具、紙、画布代などの請求書を持ってこの通りをやって来て、まだ1セントも貰えないのに、向うからはもう自分が帰って来てばったり顔を出合わす——なんてことを?


(J14) 大久保(博)1974, 1985
ワシントン・スクウェアの西側にある、ある小さな区域に入ると、とたんに道筋が乱れて、いくつもの細い通りに分かれてしまう。「小路(プレイス)」というやつだ。こういう「小路」は奇妙な折れ方をしたり、曲がり方をしたりしている。一本の路がぐるっと回って、また自分自身を横切ってゆくようなことが、一度や二度はあるのだ。そこで昔ある画家が、こういう路でならきっとすばらしいことが起こるかもしれないぞと考えたことがあった。つまり、勘定取りが絵の具や紙やカンヴァスの請求書(つけ)をもってやって来る。そしてこの路を歩いているうちにふと気がつくと、自分がいつの間にか内金ももらわずに手ぶらで帰り路を歩いていた、なんてことになるかもしれんぞ! というのである。

  • O・ヘンリー=著 大久保博=訳 「最後の一葉」
    • 『O・ヘンリー短編集』 旺文社文庫(特装版) 1985/04
    • O・ヘンリー短編集』 旺文社文庫 1974/09
  • 引用は a. 旺文社文庫特装版 1985 に拠りました。

(J15) 大久保(康)1971
ワシントン広場の西の狭い区域では、いくつもの通りが乱雑に延びており、プレースと称する小部分に寸断されている。これらのプレースは奇妙な角をつくったり曲線をなしたりしている。一本の道が、一、二度、それ自身と交差したりする。かつて、ある絵描(か)きが、この通りに一つの貴重な可能性を発見した。絵の具や紙やカンヴァスの代金を取りにきた男が、この道へ踏みこんで、ひょいと気がつくと、内金の一銭ももらわぬうちに、もときたところへ戻っているとしたら、どんなものだろう!

  • О・ヘンリー=著 大久保康雄=訳 「最後の一葉」 『世界文学全集43』 新潮社 1971/06

(J16) 大久保(康)1969
ワシントン・スクエアの西の小さな区域では、いくつもの通りが乱雑に錯綜して、「プレース」と呼ばれる小路に寸断されている。これらの「プレース」は奇妙な角度と曲線をもっていて、一本の通りが、一度や二度はそれ自身と交叉したりしているのである。かつて、ある絵描きが、この通りに、一つの貴重な可能性を発見した。絵具や紙やカンヴァスの代金をあつめにきた集金人が、この通りへはいりこんで、分割払いの一セントももらわないうちに、帰ってくる自分自身とばったり出っくわしたとしたら、どうだろう?


(J17) 清野 1938
ワシントン廣場の西の狭い區域では、通りがごちや/\に亂れ崩れて細道[#「細道」に傍点]と呼ばれる小切れになつてゐる。この細道[#「細道」に傍点]は奇妙な稜をなしたり曲線をなしたりしてゐる。同じ道が一二度ぶつちがつてゐる。さういふ通りに、或る畫家が一つの貴重な方便を發見したことがある。繪具や紙やカンワスの代金を集める男が、この通りを通つて、氣がついて見ると元の道へ戻つてゐる、しかも内金を一錢も貰はないでである、としたらどんなものだらう!

  • 清野暢一郎(せいの・ちょういちろう)=訳 「最後の一葉」 『オー・ヘンリー短篇集』 岩波文庫 1938/12(昭和13)

(J18) 浅野 1929, 1991
ワシントン広場の西手に、往来が竪横(たてよこ)十文字に気の狂ったように入乱れた街区(まち)がある。ここからは通りが変な方角にそれて行ったり、妙な具合に曲線を描いたりしていて、ある町筋のごときはずんずん行くうちに元のところと一度ならず二度三度と打違(ぶつちが)いになったりする。この町通りについてさる画家がうまいことを発見した。こう言うのだ。絵具屋の勘定取りが道なりにこの通りをずんずん行くうち「おやっ」とばかり——まだ一文も取りもせぬ自分が澄ました顔をして元のところへ戻って来たのに、ばったり出遇ったとしたら!

  • 浅野玄府(あさの・げんふ)=訳「最後の一葉(さいごのひとは)」
    • 松本清張+水谷準+横溝正史=監修 中島河太郎(なかじま・かわたろう)=編 横溝正史=訳者代表 『新青年傑作選4 翻訳編』(新装版) 立風(りっぷう)書房 1991/09
    • 雑誌 「新青年」 1929/02(昭和4)
  • 初出は b.。引用は a. に拠りました。

(J19) 大橋 1928
ワシントン・スクェヤの西手の小區域にゆくと、町は氣が狂つて、「何々プレース」と云つたちつぽけな斷片に毀れていゐる。その「プレース」が、また妙な角度や曲線をなしてゐて、同じ一筋の通りが自分と自分で一二度は交叉してゐる始末。曾て畫家の一人が此町の可能性を見出した。假に、集金人が繪具や紙や畫布の勘定書を持つて、やゝこしい此道筋をやつて來たとする。その時、一文の内拂も受けないで戻つて來る自分にひよくり出遇つたと想像し給へ、奴ッ子さんすたこら歸つて終ふだらう。

  • オウ・ヘンリ=著 大橋榮三(おおはし・えいぞう)=譯註 「最後の一と葉」 『英文世界名著全集33 英米短篇集』 英文世界名著全集刊行所 1928/03(昭和3)
  • 表紙の表題は Short Stories (A Selection)。英文併記。
       

■ベトナム語訳 Translation into Vietnamese

Trong một quận nhỏ phia đông Washington, các con đường chạy ngoằn nghoèo một cách điên dại, cắt quãng thành những dải nhỏ gọi là "vùng". Những "vùng" này lọt thỏm trong những góc và đường cong lạ kì. Một con đương cắt ngang với chính nó một, hai lần. Một hoạ sĩ đã có lần khám phá là con đường có thể có giá. Ví dụ như khi một nhân viên thu ngân cầm hoá đơn của mầu vẽ, giấy và vải, sau khi đi dọc theo đường này bỗng thấy mình đã đi vòng lại chỗ cũ mà không hề thu được một xu nào cả!

  • Chiếc Lá Cuối Cùng - O. Henry
  • E-text at VietFun

■トルコ語訳 Translation into Turkish

Washington Meydanı'nın batısındaki küçük mıntıkada, caddeler acayip şekilde' sokak' denilen kollara ayrılıp, tuhaf köşeler ve üçgenler oluştururlar. Bir cadde diğeriyle iki, üç yerde kesişir. Vaktiyle hiç tablo satamamış ressamın biri burada iyi bir fırsat yakaladı. Galiba caddeyi geçerken aniden yağlı boya tablolara para harcamaya hevesli bir  kolleksiyoncuyla karşılaşmıştı.


■ハンガリー語訳 Translation into Hungarian

A Washington tértől nyugatra van egy kis városrész, ahol az utcák bolondul összegabalyodnak s apró darabkákra töredeznek. Ezeket az utcadarabokat elnevezték "tereknek". A "térek" furcsa szegleteket s kanyarokat alkotnak. Az egyik utca például kétszer is visszatér önmagába. Egyszer egy festőművész rájött, hogy ebben az utcában roppant értékes lehetőségek rejlenek. Képzeljük el, hogy jön a festékes inkasszánsa, s hozza a festékről, a rajzpapírról meg a vászonról a számlát, végigmegy az utcán, és visszafordul anélkül, hogy akár csak egy cent a contót kapott volna a számlára.


  Image  
O・ヘンリーの肖像写真 Portrait of O. Henry
Ohenry
Image source: The B.S. Report


■ロシア語訳 Translation into Russian

В небольшом квартале к западу от Вашингтон-сквера улицы перепутались и переломались в короткие полоски, именуемые проездами. Эти проезды образуют странные углы и кривые линии. Одна улица там даже пересекает самое себя раза два. Некоему художнику удалось открыть весьма ценное свойство этой улицы. Предположим, сборщик из магазина со счетом за краски, бумагу и холст повстречает там самого себя, идущего восвояси, не получив ни единого цента по счету!

  • О.Генри - Последний лист
  • E-text at LiveInternet

■ウクライナ語訳 Translation into Ukrainian

В невеличкому районі на захід від площі Вашінгтона вулиці показилися й розбились на вузькі смужки, що називаються проїздами. Ці проїзди утворюють химерні кути й повороти. Там одна вулиця перетинає навіть сама себе разів зо два. Якомусь художникові пощастило відкрити надзвичайно цінні властивості цієї вулиці. Уявімо собі, що збирач боргів з рахунком за фарби, папір та полотно, йдучи цим маршрутом, раптом стрічає самого себе, коли він уже повертається назад, не діставши в оплату жодного цента!


■ブルガリア語訳 Translation into Bulgarian

В един малък квартал западно от Уошингтън скуеър улиците изведнъж щурват и се преплитат и пречупват в малки отрязъци, наречени „площадки“. Тези „площадки“ образуват чудновати ъгли и криви. Една улица се пресича сама със себе си дори два пъти. Някакъв художник открил веднъж съвсем неподозирана възможност в тази улица. Ами ако инкасаторът от магазина, тръгнал по нея със сметката за бои, хартия и платно, неочаквано срещне сам себе си да се връща, без да е получил нито цент от сметката!

  • О. Хенри - Последният лист. Translated by Тодор Вълчев, 1977 ( Пълни авторски права )
  • E-text at Моята библиотека (chitanka.info)

■ドイツ語訳 Translation into German

In einem kleinen Stadtteil westlich des Washington Square sind die Straßen verrückt geworden und haben sich selbst in schmale Streifen aufgespalten, die man „Plätze" nennt. Diese „Plätze" bilden merkwürdige Winkel und Kurven. Eine Straße überkreuzt sich selber ein- bis zweimal. Ein Künstler entdeckte einmal eine wertvolle Möglichkeit in dieser Straße. Angenommen, ein Kassierer mit einer Rechnung für Farben, Papier und Leinwand würde, während er durch diese Straße geht, sich selbst auf dem Rückweg begegnen, ohne auch nur einen Cent für die Rechnung bekommen zu haben!


■イタリア語訳 Translation into Italian

In un piccolo quartiere ad ovest della piazza Washington, le strade impazzirono e si ruppero  nelle piccole strisce chiamate  “località”. Queste “località” formano strani angoli e curve. Una Strada attraversa l’altra una o due volte. Una volta un’artista scoprì il lato estremamente utile di questa strada.  Immaginiamo che un collezionista con il conto da pagare per colori, carta e tela, possa, compiendo il suo percorso, ad un tratto incontrare se stesso di ritorno senza che nessun centesimo sia pagato in credito!


■ポルトガル語訳 Translation into Portuguese

Num pequeno setor a oeste da Praça de Washington, as ruas enlouqueceram e fragmentaram-se em pequenas tiras denominadas "travessas", as quais fazem ângulos e curvas bizarros. Uma mesma artéria cruza-se a si própria em um ou dois pontos. Certa vez, um artista descobriu uma valiosa possibilidade nessa rua. Imagine-se um cobrador, com uma fatura de tintas, papéis e telas, encontrando-se, ao atravessar a mencionada rua, consigo mesmo de volta, sem que um único cêntimo lhe tivesse sido pago!


■スペイン語訳 Translation into Spanish

En un pequeño barrio al oeste de Washington Square las calles, como locas, se han quebrado en pequeñas franjas llamadas “lugares”. Esos “lugares” forman extraños ángulos y curvas. Una calle se cruza a sí misma una o dos veces. Un pintor descubrió en esa calle una valiosa posibildad. ¡Supongamos que un cobrador, con una cuenta por pinturas, papel y tela, al cruzar esa ruta se encuentre de pronto consigo mismo de regreso, sin que se le haya pagado a cuenta un solo centavo!


■フランス語訳 Translation into French

Dans un petit quartier situé à l’ouest de Washington Square, les rues se disloquent drôlement par endroits et forment de petites places. Ces places irrégulières ont un aspect étrange et fourmillent d’angles et de courbes baroques. Les rues s’y croisent elles-mêmes deux ou trois fois. Un peintre découvrit un jour dans cette configuration des possibilités pleines de ressources. Supposez qu’un encaisseur chargé de récupérer chez des artistes l’argent correspondant aux factures de papier, de toile et de peinture, supposez, imaginez, dit l’artiste, que cet encaisseur en traversant l’une de ces places se trouve soudain nez à nez avec lui-même, sans avoir encaissé un centime !


 Audio 1 
英語原文のオーディオブック 朗読: テッド・マッケルロイ
Audiobook in English read by Ted McElroy

Uploaded to YouTube by The 16th Cavern on 16 Jan 2013. Audio courtesy of LibriVox.


 Audio 2 
英語原文のオーディオブック 朗読: マリアン・ブラウン
Audiobook in English read by Marian Brown

Uploaded to YouTube by FULL audio books for everyone on 11 Dec 2012. Audio courtesy of LibriVox.


■英語原文 The original text in English

In a little district west of Washington Square the streets have run crazy and broken themselves into small strips called "places." These "places" make strange angles and curves. One street crosses itself a time or two. An artist once discovered a valuable possibility in this street. Suppose a collector with a bill for paints, paper and canvas should, in traversing this route, suddenly meet himself coming back, without a cent having been paid on account!

  • The Last Leaf by O. Henry. "The Trimmed Lamp and Other Stories of the Four Million" 1907 
  • E-text at Project Gutenberg

■Washington Square を日本語で書くと……
 How to write 'Washington Square' in Japanese?

   ワシントン=スクエア……飯島 1990
   ワシントン・スクウェア…小沼 1979, 2005  
   ワシントン・スクウェア…千葉 2007
   ワシントン・スクウェア…大久保(博) 1985
   ワシントン・スクェア……金原 2001
   ワシントン・スクェア……大津 1979
   ワシントン・スクェヤ……大橋 1928
   ワシントン・スクエア……横山 2016
   ワシントン・スクエア……芹澤 2007
   ワシントン・スクエア……結城 1999
   ワシントン・スクエア……大久保(康) 1969
   ワシントン・スクエア……有吉 1992
   ワシントンスクエア ……飯島 1989
   ワシントン公園…………下嶋 1975
   ワシントン公園…………西田 1990
   ワシントン広場…………小川 2015
   ワシントン広場…………浅野 1991
   ワシントン広場…………大久保(康) 1971
   ワシントン廣場…………清野 1938
   ワシントン廣場…………浅野 1929


■更新履歴 Change log

  • 2016/04/28 横山千晶=訳 2015/08/05 を追加しました。
  • 2016/04/24 「tomoki y. のコメント」の項を削除し、代わりに「気になる和訳」という項を新設して、「はじめに」の後に挿入しました。
  • 2016/02/04 「はじめに」の項を新設し、小川高義=訳 2015/11/01 を追加しました。
  • 2014/12/11 ハンガリー語訳を追加しました。
  • 2014/11/08 ベトナム語訳、トルコ語訳、およびブルガリア語訳を追加しました。
  • 2014/01/12 ポルトガル語訳を追加しました。
  • 2013/12/14 キャスリン・ワイアー監督『ザラストリーフ』の YouTube 動画を追加しました。
  • 2013/12/12 目次を新設し、1種類のビデオと2種類の英語原文オーディオブックの YouTube 画面を追加しました。 
  • 2013/01/31 ウクライナ語訳を追加しました。
  • 2011/02/07 イタリア語訳、ロシア語訳、ドイツ語訳、スペイン語訳、およびフランス語訳を追加しました。
  • 2011/01/05 もう一種類の中国語訳(簡体字)を追加しました。
  • 2010/04/04 映画 The Last Leaf (1983) の YouTube 動画を追加しました。
  • 2009/04/09 大久保康雄=訳 1971/06 を追加しました。
  • 2008/12/10 大橋榮三=譯註 1928/03 を追加しました。
  • 2008/08/28 大久保博=訳の書誌情報を補足修正し、訳例の配列を変更しました。
  • 2008/01/19 西田義和=訳 1990/04 を追加しました。「tomoki y. のコメント」
  • 2007/11/25 千葉茂樹=訳 2007/09 と小沼丹=訳 2005/07 を追加しました。また、「Washington Square を日本語で書くと……」の項を新設しました。さらに、「tomoki y. のコメント」の項に「再考」を追記しました。
  • 2007/11/19 飯島淳秀=訳 1990/11 を追加しました。
  • 2007/10/30 有吉玉青=訳 1992/11 を追加しました。
  • 2007/10/14 芹澤恵=訳 2007/10 を追加しました。
  • 2007/07/23 中国語訳(簡体字)と中國語譯(繁體字)を追加しました。
  • 2007/02/09 浅野玄府=訳 1929/02 を追加しました。
  • 2006/09/22 大久保博=訳 を追加しました。また、Amazon.co.jp へのリンクと電子テキストの該当ページへのリンクを張りました。さらに、書誌情報を補足修正しました。
  • 2006/03/28 清野暢一郎=訳 1938 を追加しました。
  • 2006/03/28 結城浩=訳(1999)を追加しました。また、訳の配列を旧→新から新→旧の順にあらためました。さらに、書誌情報を補足しました。
  • 2006/05/07 金原瑞人=訳 2001 を追加しました。
  • 2006/05/24 下嶋統一=訳注 1975 を追加しました。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ84595840v1308102456

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

  

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Friday, 24 February 2006

Orson Welles' cuckoo clock speech from The Third Man オーソン・ウェルズの鳩時計についての台詞—『第三の男』

third_man


■日本語訳 Translation into Japanese
イタリアでは、ボルジア家30年の圧制の下で、陰謀、テロ、暗殺が横行したが、ミケランジェロ、レオナルド・ダ・ヴィンチ、ルネサンスを生んだ。ところがスイスはどうだ? 500年の同胞愛と平和、そして民主主義。鳩時計だけじゃないか。

   映画『第三の男』で、オーソン・ウェルズ扮するハリー・ライムが言う。
   グレアム・グリーンのもともとの脚本には、なかったセリフと伝えられる。


■中国語訳(簡体字) Translation into simplified Chinese
“在意大利, 保尔基亚斯统治的30年, 他们有战乱,恐怖,谋杀,流血——这产生了米开朗基罗,达芬奇和文艺复兴。在瑞士,他们有兄弟般的博爱,500年的民主与和平——那产生了什么?杜鹃时钟。”


■トルコ語訳 Translation into Turkish
"İtalya'da 30 yıl boyunca Borjiyalar vardı. Yani savaş, kıyım, cinayet... Ama Mikelanjelo, Leonardo ve Rönesans da aynı dönemde var oldular. İsviçre, 500 yıl boyunca demokrasi ve barışı yaşadı. Ne yaratabildiler? Sadece guguklu saat!"


■ポーランド語訳 Translation into Polish
"We Włoszech przez trzydzieści lat rządów Borgiów mieli wojnę, terror, mord i rozlew krwi. Zrodzili Michała Anioła, Leonarda da Vinci i renesans. W Szwajcarii mieli braterską miłość, pięćset lat demokracji i pokoju i co zrodzili? Zegar z kukułką."


■ノルウェー語訳 Translation into Norwegian
«Italia, under 30 år under Borgia-styret, opplevde krig, terror, mord og blodsutgytelse, men skapte Michelangelo, Leonardo da Vinci og renessansen. Sveits hadde brødrekjærlighet, 500 år med demokrati og fred, og hva skapte de? Gjøkuret,»


■スウェーデン語訳 Translation into Swedish
”I Italien för 30 år under Borgiasen hade de krig, skräck, mord och blodsutgjutelse, men de producerade den Michelangelo, Leonardo daen Vinci och renässansen. I Schweitz hade de broderlig förälskelse - hade de 500 år av demokrati och fred, och vad den jordbruksprodukter? Gökuren. ”


■ドイツ語訳 Translation into German
"In Italien unter den Borgias, da hatten sie dreissig Jahre lang Krieg, Terror, Mord und Blutvergiessen, aber sie brachten Michelangelo hervor, Leonardo da Vinci und die Renaissance. In der Schweiz, da hatten sie die Bruderliebe, hatten fünfhundert Jahre lang Demokratie und Frieden. Und was hat das hervorgebracht? Die Kuckucksuhr."


■オランダ語訳 Translation into Dutch
"In Italië 30 jaar onder Borgias hadden zij oorlogvoering, verschrikking, moord, en bloedvergieten, maar zij veroorzaakten Michelangelo, Leonardo da Vinci, en de Renaissance. In Zwitserland hadden zij broederlijke liefde - hadden zij 500 jaar van democratie en vrede, en wat dat opbrengst? De koekoeksklok."


■イタリア語訳 Translation into Italian
'In Italia per 30 anni sotto i Borgia ci sono stati guerra, terrore, criminalita', spargimenti di sangue. Ma hanno prodotto Michelangelo, Leonardo, il Rinascimento. In Svizzera vivevano in amore fraterno, avevano 500 anni di pace e di democrazia. E cosa hanno prodotto? L'orologio a cucu'.


■ブラジル・ポルトガル語訳 Translation into Brazilian Portuguese
"Na Itália, durante os 30 anos sob o domínio dos Borgias, eles tiveram guerra, terror, assassinato e derramamento de sangue, mas produziram Michelangelo, Leonardo da Vinci e o Renascimento. Na Suíça, eles tiveram amor fraterno, 500 anos de democracia e paz e o que eles produziram? O relógio-cuco."


■カタルーニャ語訳(カタロニア語) Translation into Catalan
"A Itàlia durant 30 anys, sota els Borja, van patir guerres, terror, assassinats i matances però van produir en Miquel Àngel, en Leonardo de Vinci i el Renaixement. A Suïssa van tenir amor fraternal; van tenir 500 anys de democràcia i pau, i què va produir això? El rellotge de cucut."


■スペイン語訳 Translation into Spanish
"En Italia, durante treinta años bajo el poder de los Borgias, tuvieron guerra, terror, asesinato, derramamiento de sangre, pero produjeron a Miguel Ángel, Leonardo da Vinci y el Renacimiento. En Suiza tuvieron amor fraternal, quinientos años de democracia y paz. ¿Y qué produjeron? El reloj de cuco."


■フランス語訳 Translation into French
« En Italie, pendant les trente ans de règne des Borgia, il y a eu la guerre, la terreur, des crimes, du sang versé, mais cela a donné Michel-Ange, Léonard de Vinci et la Renaissance. En Suisse, il y a eu l’amour fraternel et cinq cents ans de démocratie et de paix… Et qu’est-ce que ça a donné ? La pendule à coucou… »


■英語原文 The original text in English
"In Italy for 30 years under the Borgias, they had warfare, terror, murder, bloodshed -- they produced Michelangelo, Leonardo da Vinci and the Renaissance.  In Switzerland they had brotherly love, they had 500 years of democracy and peace, and what did that produce? The cuckoo clock."

   Harry Lime (the character played by Orson Welles),
   from the film The Third Man


■第三の男―オーソン・ウェルズの鳩時計についての台詞
 The Third Man - Orson Welles' Cuckoo Clock Speech


■脚本/シナリオ Movie Script/Screenplay

   Free downloadable script/screenplay of The Third Man is
   available at The Daily Script.


■その他の外部リンク Other external links

   The Third Man (1949)
    * Wikipedia
    * IMDb

   『第三の男』(1949)
    * ウィキペディア
    * allcinema ONLINE
    * キネマ旬報DB/ Walkerplus.com
    * CinemaScape - 映画批評空間


■更新履歴 Change log

2010/12/30 中国語訳(簡体字)、トルコ語訳、ポーランド語訳、ノルウェー語訳、
         スウェーデン語訳、ドイツ語訳、オランダ語訳、イタリア語訳、
         ブラジル・ポルトガル語訳、カタルーニャ語訳(カタロニア語訳) 、
         スペイン語訳、フランス語訳を追加しました。
2010/04/19 映画『第三の男』の YouTube 動画を英語字幕つきの
         ものと差し替えました。また、ブログ記事のタイトルを
         つぎのとおり変更しました。

         旧題: The Third Man  第三の男 - Orson Welles

         新題: Orson Welles' cuckoo clock speech from The
              Third Man オーソン・ウェルズの鳩時計に
              ついての台詞—『第三の男』

2009/08/17 映画『第三の男』の YouTube 動画を追加しました。
2007/09/11 参考サイトへのリンクを補足しました。


にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ翻訳ブログ人気ランキング参加中

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

■DVD

■CD

  

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Graham Greene "The End of the Affair"

greene

およそ小説には始まりも終りもない。作者が随意にえらびだした或る瞬間の経験から彼は書きだす——そこからうしろをふりかえったり、そこからさきへと眼をやったりする、そうした瞬間を、わたしは「えらびだす」ものだと敢(あえ)て言うのだが、それには実は職業作家として——かりそめにもまじめな意味でとりあげられる場合ですら——話術の技巧ばかり褒(ほ)められてきた男の、あまり自慢にもならぬ自慢がひそんでいるのだ。だが、ところで わたしはいま、あの1946年の、暗い、雨に濡(ぬ)れた公園の一月の夜を、あのどしゃぶりの雨の広場を筋違(すじか)いに横切ってくるヘンリ・マイルズの姿を、ほんとうにわたしの自由意志でえらびだす(「えらびだす」に傍点)と言えるのか、それともあのとき既にそれらの心象(イメイジ)のほうで逆にわたしをえらんでしまったのではなかったか? たしかに、ちょうどあそこから書き始めるのが好都合でもあり、わたしの手馴(てな)れた小説技法にもかなっているのだが、それにしても、もし当時のわたしが神を信ずる人間であったら、あのとき一本の手がわたしの肱(ひじ)をとらえて、「声をかけろ、向うはまだおまえに気がついていないぞ」とわたしをそそのかしたことをも、信じたかも知れないのである。
          田中西二郎訳『情事の終り』(1959)第一部 1

A story has no beginning or end: arbitrarily one chooses that moment of experience from which to look back or from which to look ahead. I say 'one chooses' with the inaccurate pride of a professional writer -- when he has been seriously noted at all -- has been praised for his technical ability, but do I in fact of my own will choose that black wet January night on the Common, in 1946, the sight of Henry Miles slanting across the wide river of rain, or did these images choose me? It is convenient, it is correct according to the rules of my craft to begin just there, but if I had believed then in a God, I could also have believed in a hand, plucking at my elbow, a suggestion, 'Speak to him: he hasn't seen you yet.'
      Graham Greene "The End of the Affair" (1951), Book One, 1

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Harry Potter and the Philosopher's Stone by J. K. Rowling J・K・ローリング 『ハリー・ポッターと賢者の石』

■表紙画像 Cover photos
harry_potter


■中国語訳(簡体字)Translation into simplified Chinese

住在四号普里怀特街的杜斯利先生及夫人,非常骄傲地宣称自己是十分正常的人。但是他们最不希望见到的就是任何奇怪或神秘故事中的人物,因为他们对此总是嗤之以鼻。

   第一章 幸存的男孩
   J.K.罗琳 《哈利·波特与魔法石》
   E-text at:
   * 悲伤天使的部落格
   * 寓言家电子书 (fabler.cn)
   * 哈利波特 (eywedu.com)


■日本語訳 Translation into Japanese

プリベット通り四番地の住人ダーズリー夫妻は、「おかげさまで、私どもはどこからみてもまともな人間です」と言うのが自慢だった。不思議とか神秘とかそんな非常識はまるっきり認めない人種で、まか不思議な出来事が彼らの周辺で起こるなんて、とうてい考えられなかった。

   第1章 生き残った男の子
   J・K・ローリング=著 松岡佑子=訳 『ハリー・ポッターと賢者の石
   静山社 1999-12


■ベトナム語訳 Translation into Vietnamese

Ông bà Dursley, nhà số 4 đường Privet Drive, tự hào mà nói họ hoàn toàn bình thường, cám ơn bà con quan tâm. Bà con đừng trông mong gì họ tin vào những chuyện kỳ lạ hay bí ẩn, đơn giản là vì họ chẳng hơi đâu bận tâm đến mấy trò vớ vẩn đó.

   Chương 01: Đứa Bé Vẫn Sống
   Harry Potter Và Hòn Đá Phù Thủy by J. K. Rowling
   E-text at 4phuong.net


■トルコ語訳 Translation into Turkish

Privet Drive dört numarada oturan Mr ve Mrs Dursley, son derece normal olduklarını söylemekten gurur duyarlardı, sağolun efendim. Garip ya da gizemli işlere bulaşacak son kişilerdi, böyle saçmalıklara kafa yormazlardı çünkü.

   BĐRĐNCĐ BÖLÜM  Sağ Kalan Çocuk
   Harry Potter ve Felsefe Taşı by J. K. Rowling
   Excerpt at:
   * matematik kurdu
   * Wattpad


■ハンガリー語訳 Translation into Hungarian

A Privet Drive 4. szám alatt lakó Dursley úr és neje büszkén állíthatták, hogy köszönik szépen, ők tökéletesen normálisak. Senki sem feltételezte róluk, hogy közük lehet bármilyen rejtélyes vagy szokatlan dologhoz, ugyanis a leghatározottabban elzárkóztak minden sületlenségtől.

   Első fejezet  A kis túlélő
   Harry Potter és a bölcsek köve by J. K. Rowling
   E-text at people.inf.elte.hu


■ドイツ語訳 Translation into German

Mr. und Mrs. Dursley im Ligusterweg Nummer 4 waren stolz darauf, ganz und gar normal zu sein, sehr stolz sogar. Niemand wäre auf die Idee gekommen, sie könnten sich in eine merkwürdige und geheimnisvolle Geschichte verstricken, denn mit solchem Unsinn wollten sie nichts zu tun haben.

   1. Ein Junge überlebt
   Harry Harry Potter und der Sein der Weisen by J. K. Rowling
   Translated by Jean-François Ménard
   Carlsen Verlag, 1999-12
   Excerpt at Amazon.com


■イタリア語訳 Translation into Italian

Il signore e la signora Dursley, di Privet Drive numero 4, erano orgogliosi di poter affermare che erano perfettamente normali, e grazie tante. Erano le ultime persone al mondo da cui aspettarsi che avessero a che fare con cose strane o misteriose, perché sciocchezze del genere proprio non le approvavano.

   Capitolo 1. Il bambino sopravvissuto
   Harry Potter e la pietra filosofale by J. K. Rowling
   Translated by Marina Astrologo
   Distribooks, 2002-01
   E-text at TecaLibri


■ポルトガル語訳 Translation into Portuguese

O Sr. E a Sra. Dursley; da rua dos Alfeneiros, n.o. 4, se orgulhavam de dizer que eram perfeitamente normais, muito bem,. obrigado. Eram as últimas pessoas no mundo que se esperaria que se metessem em alguma coisa estranha ou misteriosa, porque simplesmente não compactuavam com esse tipo de bobagem.

   Capítulo Um - O menino que sobreviveu
   Harry Potter e a Pedra Filosofal by J. K. Rowling
   Excerpt at Disciplina - Lingua Portuguesa [PDF]


■スペイン語訳 Translation into Spanish

El señor y la señora Dursley, que vivían en el número 4 de Pri­vet Drive, estaban orgullosos de decir que eran muy nor­males, afortunadamente. Eran las últimas personas que se esperaría encontrar relacionadas con algo extraño o miste­rioso, porque no estaban para tales tonterías.

   1. El niño que vivió
   Harry Potter y la piedra filosofal by J. K. Rowling
   Emece, 1999-01-01
   E-text at Libretos para teatro y algo mas...


■フランス語訳 Translation into French

Mr et Mrs Dursley, qui habitaient au 4, Privet Drive, avaient toujours affirmé avec la plus grande fierté qu'ils étaient parfaitement normaux, merci pour eux. Jamais quiconque n'aurait imaginé qu'ils puissent se trouver impliqués dans quoi que ce soit d'étrange ou de mystérieux. Ils n'avaient pas de temps à perdre avec des sornettes.

   Chapitre 1 Le survivant
   Harry Potter à l'école des sorciers by J. K. Rowling
   Translated by Jean-François Ménard
   Gallimard, 1998-11-16
   E-text at Francité


■英語原文 The original text in English

Mr and Mrs Dursley, of number four, Privet Drive, were proud to say that they were perfectly normal, thank you very much.  They were the last people you'd expect to be involved in anything strange or mysterious, because they just didn't hold with such nonsense.

   Chapter One: The Boy Who Lived
   a. UK edition: Harry Potter and the Philosopher's Stone by J. K. Rowling
     Bloomsbury, 1997-06-30
   b. US edition: Harry Potter and the Sorcerer's Stone by J. K. Rowling
     Scholastic, 1998-09-01


■外部リンク External link

   * J. K. Rowling Official Site


■更新履歴 Change log

2013-11-20 ベトナム語訳、トルコ語訳、ハンガリー語訳、およびポルトガル
         語訳を追加しました。
2010-03-28 ドイツ語訳、イタリア語訳、スペイン語訳を追加しました。また、
         書誌情報を補足し、リンク切れとなっていたリンクを修正し、
         見出しを追加し、外部リンクの項を新設しました。さらに、ブログ
         記事のタイトルに著者名と書名のフル・タイトルを含めるようにし、
         次のとおり変更しました。
         旧題: Harry Potter ハリー・ポッター
         新題: Harry Potter and the Philosopher's Stone by J. K. Rowling
             J・K・ローリング 『ハリー・ポッターと賢者の石』
2006-11-09 中国語訳(簡体字)とフランス語訳を追加しました。


にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ翻訳ブログ人気ランキング参加中

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages

  

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, 22 February 2006

The Heart Sutra (The Essence of Wisdom Sutra / The Heart of the Perfection of Transcendent Wisdom) 般若心経(摩訶般若波羅蜜多心経)

        目次 Table of Contents

■はじめに Introduction
 Video 1  DCが歌う「般若心経ロック英語ver」 Heart Sutra Rock featuring DC
■ロシア語訳 Translation into Russian
■チェコ語訳 Translation into Czech
■ノルウェー語訳 Translation into Norwegian
 Video 2  ドイツ語による解説 Das Herz Sutra
■ドイツ語訳 Translation into German
 Video 3  イタリア語による読経 Il Sutra del Cuore della Perfetta Comprensione
■イタリア語訳 Translation into Italian
 Video 4  スペイン語による読経 El Sutra del Corazon
■スペイン語訳 Translation into Spanish
 Video 5  仏教の英知——般若心経 Le Sutra du Coeur 
■フランス語訳 Translation into French
 Video 6  英語による読経 Heart Sutra in English
■英訳 Translations into English
  (E1) Levy, 1998, 2004, etc.
  (E2) Conze, 1958
■トルコ語訳 Translation into Turkish
 Video 7  般若心経ポップ - 初音ミク Pop Heart Sutra - Hatsune Miku
 Video 8  日本語による読経 Chanted in Japanese
■現代日本語訳/解説 Translations or interpretations in contemporary Japanese
  (J1) 佐々木 2013
  (J2) 笑い飯哲夫 2009
  (J3) 伊藤 2009, 2010
  (J4) 玄侑 2006
  (J5) 田上 2006
  (J6) 新井 2005
  (J7) 諸橋 2005
  (J8) 松原 2005
  (J9) 柳澤 2004
  (J10) ひろ 2003
  (J11) 久次米 2000
  (J12) 菊村 1990
  (J13) 平川 1965
  (J14) 中村+紀野 1960, 2001, etc.
  (J15) 高神 1952
 Video 9  韓国人僧侶による読経 Korean monk sings
■韓国語訳 Translation into Korean
 Video 10  北京語の歌謡曲ふう般若心経 In Mandarin Chinese
 Video 11  中国語版般若心経 Read by a Chinese monk
■中国語訳 Translation into Chinese
 Video 12  イミー・ウーイが歌うサンスクリット版 In Sanskrit by Imee Ooi
 Video 13  ローマ字表記のサンスクリットつき With Romanized Sanskrit text
 Video 14  ウィドゥヤ・ラオによるサンスクリット版 In Sanskrit sung by Vidhya Rao
■サンスクリット原文 The original text in Sanskrit
■外部リンク External links
■更新履歴 Change log


■はじめに Introduction

般若心経のなかで、もっとも有名な一節「色即是空、空即是色」。この表現について、さまざまな言語の翻訳・再話・解説と、サンスクリットの原文を示します。

また、読経や歌のビデオも掲載します。


 Video 1 
DCが歌う「般若心経ロック英語ver」 Heart Sutra Rock featuring DC

原曲: 初音ミクアレンジ「般若心経ロック」 Track: クワガタP, Lyric Mix Vocal: DC, Illustration: Noco, Animation: 歩く性教育 この曲はクワガタP氏自身のレーベル Kuwagatower Records から発売されたアルバムCD『カナヒステリシス』にボーナストラックとして収録されている。 Published on 9 Jun 2012 by Suzumura Remi. Reproduced from Niconico


■ロシア語訳 Translation into Russian

форма — это пустота,
а пустота — это форма

   Сутра сердца
   E-text at Википедия (Wikipedia)


■チェコ語訳 Translation into Czech

Tvar není nic jiného než prázdnota,
prázdnota není nic než tvar.

   Sútra srdce
   Excerpt at Wikipedie (Wikipedia)


■ノルウェー語訳 Translation into Norwegian

Form er nettopp Tomhet.
Tomhet er nettopp Form.

   Hjertesutraen
   E-text at Wikipedia


 Video 2 
ドイツ語で解説される般若心経 Das Herz Sutra | Buddhismus

Published on 9 Aug 2012 by DharmaGermany


■ドイツ語訳 Translation into German

Erscheinung ist nicht getrennt von der Leere,
die Leere ist nicht gesondert von der Erscheinung

   Herz-Sutra (Das Herzstück der Lehrverse über die Vollkommene Weisheit)
   E-text at Wikisource


 Video 3 
イタリア語で唱えられる般若心経
Il Sutra del Cuore della Perfetta Comprensione chanted in Italian

Uploaded on 19 Feb 2011 by TheDharmaTv


■イタリア語訳 Translation into Italian

la forma è proprio tale vuoto,
il vuoto è proprio tale forma

   Sutra del Cuore
   Excerpt at Wikipedia


 Video 4 
スペイン語で唱えられる般若心経 El Sutra del Corazon chanted in Spanish

Uploaded on 9 Jul 2011 by Jyampa Dolma


■スペイン語訳 Translation into Spanish

todo lo que es forma, es vacío
todo lo que es vacío, es forma

   Sutra del corazón
   E-text at Wikisource


 Video 5 
仏教の英知——般若心経 Sagesses Bouddhistes - Le Sutra du Coeur 

フランス語のドキュメンタリー番組。 Uploaded on 18 Apr 2011 by zenantwerpen


■フランス語訳 Translation into French

tout ce qui est forme est vacuité,
tout ce qui est vacuité est forme

   Le Hridaya Sûtra ou Sûtra du Cœur
   'Wisdom Beyond Words' Sangharakshita, Windhorse Publications 1993
   Translated by Christian Richard
   E-text at Le Centre bouddhiste Triratna de Paris


 Video 6 
英語で唱えられる般若心経 Heart Sutra in English

Uploaded on 5 Nov 2009 by emptygatezen. Performed by previous abbot Jason Quinn. English text is here.


■英訳 Translations into English

(E1) Levy, 1998, 2004, etc.
Form -- it is, in fact, emptiness.
Emptiness -- it is, in fact, form.

   The Core Sutra of Perfect Wisdom by which to reach
   the other Shore -- English Translation of the Core Sutra
   of Perfect Wisdom

   Translation by Ian Hideo Levy
   a. Ikite Shinu Chie, Shogakukan, 2004/10
     by Keiko Yanagisawa
     (The same book as J5 above)
   b. The Core Sutra of Perfect Wisdom
     Supervisors: Matsubara Taido, Kanaoka Shuyu
     Translator: Ian Levy Hideo (Hideo Levy)
     Pubilsher: Seilinji
     First published 1998/06, Revised 2005/10

   The Japanese equivalent of the data is as follows:
   b.英語訳 般若心経
     松原泰道+金岡秀友=監修 リービ英雄=訳
     清林寺=発行 初版 1998/06 改訂版 2005/10


(E2) Conze, 1958
whatever is form, that is emptiness,
whatever is emptiness, that is form

   The Heart Sutra
   in Buddhist Wisdom Books.
   Containing "The Diamond Sutra" and "The Heart Sutra."
   Translated and explained by Edward Conze
   George Allen & Unwin: London, 1958
   Paperback: Vintage Books (2001/04)


■トルコ語訳 Translation into Turkish

Biçim boşluktan farklı değildir
Ve boşluk da biçimden farklı değildir

   Kalp Sutra
   E-text at Vikipedi (Wikipedia)


 Video 7 
般若心経ポップ - 初音ミク Pop Heart Sutra - Hatsune Miku

Uploaded on 27 Jan 2011 by Mardongblog


 Video 8 
日本語で唱えられる般若心経 The Heart Sutra chanted in Japanese

Uploaded on 27 Apr 2007 by chinkame


■現代日本語訳/解説
 Translations or interpretations in contemporary Japanese

(J1) 佐々木 2013
「物質要素」(色)が「実体がないという状態」(空性)なのであり、
「実体がないという状態」が「物質要素」なのである。

   日本放送協会・NHK出版=編 佐々木閑(ささき・しずか)=著
   『般若心経』 2013年1月 (100分 de 名著) 2013/01/01


(J2) 笑い飯哲夫 2009
物質的現象は、それがそのまま実体のないものであり、
実体のないものは、それがそのまま物質的現象であるのだ

   笑い飯哲夫(わらいめし・てつお)=著
   『えてこでもわかる 笑い飯哲夫訳 般若心経』 2009/02/23


(J3) 伊藤 2009, 2010
「ある」と 思っているものは じつは 「ない」のである。
「ない」と 思えば それは 「ある」に つながるのである。

   伊藤比呂美(いとう・ひろみ)=訳 新訳「般若心経」
   a.読み解き「般若心経」』 朝日新聞出版 2010/01/30 所収
   b.ユリイカ』 2009年11月号 収載
   引用は a. に拠りました。


(J4) 玄侑 2006
およそ物質的現象というのは、すべて自性をもたないのであり、
逆に自性がなく縁起するからこそ物質的現象が成り立つ。
(人間の眼に観察できる物質的現象であるというのは、そういうことなのである。)

   玄侑宗久(げんゆう・そうきゅう)=著
   『現代語訳 般若心経』 ちくま新書 2006/09/10


(J5) 田上 2006
実体がないといっても、それは形ある物を離れたのではありません。
また、形ある物は実体がないことを離れて形ある物はありません。

   田上太秀(たがみ・たいしゅう)=訳
   現代語訳 『般若心経』
   特集‖『般若心経』に生き方・死に方を学ぶ
   月刊誌「大法輪」第73巻第2号 2006/02 所収


(J6) 新井 2005
……この世に存在する形あるものすべてに、
永遠不変などということはありえないのだ。
すべては固定的ではなく、流動的なのだ。
自立的ではなく、相互依存的なのだ。
絶対的ではなく、相対的なのだ。(中略)
この世に存在する形あるものすべてがつかのまであるからこそ、
ついさっきまで存在していたものが滅び去った次の瞬間、
またぞろ様々なものが、この世に生じてくるのだよ。

   新井満(あらい・まん)=著
   『自由訳 般若心経』 朝日新聞社 2005/12


(J7) 諸橋 2005
このわたしというものも、この物質的な世界も
たえずうつろいゆく波のようなものなのです。
しかし、それらはただむなしいだけのものではありません。
波が海そのものと別のものではないように、
それらはハンニャハラミツという大いなる実在と
別のものではないのです。
その大いなるハンニャハラミツのあらわれが
わたしたちという存在、わたしたちの世界。
わたしたちのこの小さな身体は、
そのまま宇宙全体に広がるハンニャハラミツであり、
さとりそのものだったのです。

   諸橋精光(もろはし・せいこう)=作
   『般若心経絵本』 小学館 2005/10


(J8) 松原 2005
存在(色)は即、本来清浄心なり
清浄なる山、清浄なる河、清浄なる花、清浄なる私
空寂そのものが、色である。

   松原哲明(まつばら・てつみょう)=著
   NHKこころの時代〜宗教・人生〜
   『般若心経を語る(上)』 日本放送出版協会 2005/04


(J9) 柳澤 2004
形のあるもの
いいかえれば物質的存在を
私たちは現象としてとらえているのですが
現象というものは
時々刻々変化するものであって
変化しない実体というものはありません
実体がなくて 変化するからこそ
物質であることができるのです

   柳澤桂子(やなぎさわ・けいこ)=文
   堀文子(ほり・ふみこ)=画 リービ英雄=英訳
   『生きて死ぬ智慧』 小学館 2004/10


(J10) ひろ 2003
美しい薔薇には棘があります
棘があるから 薔薇は美しいのです

   ひろ さちや=著
   『ポケット般若心経 大本山読経CD付き
   講談社 2003/03


(J11) 久次米 2000
生きている! ということは、すなわちこれ、変化しているのであり、
変化している! ということは、つまり生きている事を言う。

   久次米廣文(くじめ・ひろふみ)=訳
   『般若心経 現代語訳—釈迦の怒りと二千四百年目の真実
   MBC21=発行 東京経済=発売 2000/04


(J12) 菊村 1990
空の青も
海の青も
やがて色褪(いろあ)せる。

透(す)きとおった空も
明(す)きとおった海も
やがては消える。

夏陽(なつび)さんさん
白帆を染めて
空と海
ひとつに溶(と)けて
青光る。

その青もまた
暗闇のなかにかえってゆきます。

花びらは孤独(ひとり)
散り散る
暮れ残る空に。

散る憂いを秘めて咲くのが
花の運命(さだめ)。

花の道(みち)は
花の路(みち)。

薔薇の道は
薔薇の路。

豪奢(ゴージャス)な花の粧(よそお)いを見せるために咲くのか
それとも
散るために咲くのか
そんなこだわりもなく
薔薇は
枯れた香りを残して散って逝(ゆ)きます。

天空(てんくう)の
淡い星がひとつ
涙のように鳴る。

天の道は
天の路

星の道は
星の路

星は足音消して去って逝(ゆ)きます

それは悠久(ゆうきゅう)な自然の道
そのことが判(わか)らないと苦悩に襲われ
そのことが解(わか)れば爽(さわ)やかな風が吹き抜けます。

こだわって何の人生八十年。

   菊村紀彦(きくむら・のりひこ)=著 「詩訳・般若心経」
   『般若心経 詩訳—濁りの世界を生き抜く人生の知恵
   読売新聞社 1990/06 所収


(J13) 平川 1965
実体のないことは、物質現象を離れてあるのではない。物質現象も実体のないことと別にあるのではない。およそ物質現象であるものが、そのまま実体のないものなのである。実体のないことが、そのまま物質現象なのである。

   平川彰(ひらかわ・あきら)=訳 「般若波羅蜜多心経」
   中村元(なかむら・はじめ)=訳者代表
   『世界古典文学全集7 仏典2』 筑摩書房 1965/07 所収


(J14) 中村+紀野 1960, 2001, etc.
およそ物質的現象というものは、すべて、実体がないことである。
およそ実体がないということは、物質的現象なのである。

   中村元(なかむら・はじめ)+紀野一義(きの・かずよし)=訳
   a. 般若経典』 現代語訳 大乗仏典1 東京書籍 2003/02
   b.般若心経・金剛般若経』 ワイド版岩波文庫 2001/01
   中村元=著
   c.般若心経・金剛般若経』 岩波文庫 1960/01


(J15) 高神 1952
雪ふりしきる厳冬(まふゆ)のさ中に、花を尋ねても、花はどこにもありませぬ。これがとりも直さず「色即(すなわ)ち是れ空」です。しかし、霞たなびく春が訪れると、いつとはなしに、枯れたとみえる桜の梢には、花がニッコリ微笑(ほほえ)んでおります。これがすなわち「空即ち是れ色」です。

   高神覚昇(たかがみ・かくしょう)=著
   『般若心経講義』 角川文庫 1952/09


qlxj3


 Video 9 
반야심경 독송 - 세민 스님
韓国人僧侶が唱える般若心経 Korean monk sings Heart Sutra

Uploaded on 6 Jan 2011 by amitaba3.


■韓国語訳 Translation into Korean

색즉시공
공즉시색

   반야바라밀다심경 (반야심경)
   E-text at 위키문헌 (Wikisource)


 Video 10 
台湾の女性歌手孟庭葦が歌う北京語の歌謡曲ふう般若心経(中国語字幕と日本語訳詞つき)
Heart Sutra sung by Taiwanese singer Meng Tingwei (w/ Chinese subtitles & Japanese translation)

Uploaded on 21 Jan 2011 by TheCafesparowflyers. "यद्रूपं सा शून्यता, या शून्यता तद्रूपम्।" "yad rupam sa sunyata, ya sunyata tad rupam" 「色即是空、空即是色」が唱えられるのは 0:38 あたりから。


 Video 11 
悟胜法师が唱える中国語版般若心経
Heart Sutra sung by a Chinese monk

Uploaded on 12 Sep 2009 by 西方淨土.


■中国語訳 Translation into Chinese

色即是空  しきそくぜくう  色はすなわちこれ空、
空即是色  くうそくぜしき  空はすなわちこれ色なり。

   『般若波羅蜜多心経』(般若心経)
   玄奘=訳 649 A.D.


 Video 12 
中国系マレーシア人音楽家・黃慧音(イミー・ウーイ)が歌うサンスクリット版般若心経
Heart sutra in Sanskrit by Chinese Malaysian musician Imee Ooi

Uploaded on 9 Jan 2010 by SJisBack. "यद्रूपं सा शून्यता, या शून्यता तद्रूपम्।" "yad rupam sa sunyata, ya sunyata tad rupam" 「色即是空、空即是色」が唱えられるのは 1:29 あたりから。


 Video 13 
般若心経——ローマ字表記のサンスクリット文つき
Heart sutra with Romanized Sanskrit text

Uploaded on 21 Feb 2011 by ReikiTelevision. "यद्रूपं सा शून्यता, या शून्यता तद्रूपम्।" "yad rupam sa sunyata, ya sunyata tad rupam" 「色即是空、空即是色」が唱えられるのは 1:16 あたりから。


 Video 14 
インド人歌手ウィドゥヤ・ラオが唱えるサンスクリット版般若心経
Heart Sūtra in Sanskrit sung by Indian singer Vidhya Rao

Uploaded on  5 Jun 2012 by Tenzin Wangyal. "यद्रूपं सा शून्यता, या शून्यता तद्रूपम्।" "yad rupam sa sunyata, ya sunyata tad rupam" 「色即是空、空即是色」が唱えられるのは 2:00 あたりから。


■サンスクリット原文 The original text in Sanskrit

यद्रूपं सा शून्यता                    या शून्यता तद्रूपम्।
yad rupam sa sunyata,               ya sunyata tad rupam.
ヤード ルーパム サー シューニヤター、  ヤー シューニヤター タド ルーパム。

  "Namas Sarvajnaya" 『ナマス サルヴァジュニャーヤ』


■外部リンク External links


■更新履歴 Change log

  • 2014/08/02 中国語版般若心経のビデオがリンク切れになっていたので、他のビデオと差し替えました。
  • 2013/02/20 佐々木閑=著 2013/01/01 を追加しました。また、外部リンクの項を新設し、「般若心経ロック」の YouTube ビデオを追加しました。
  • 2013/02/09 ロシア語訳、チェコ語訳、ノルウェー語訳、ドイツ語訳、イタリア語訳、スペイン語訳、トルコ語訳、玄侑宗久=著 2006/09/10、韓国語訳、および複数の YouTube ビデオを追加しました。
  • 2012/11/29 笑い飯哲夫=著 2009/02/23 を追加しました。
  • 2011/01/07 伊藤比呂美=訳 2010/01/30 とフランス語訳を追加しました。
  • 2011/01/06 YouTube 画面を追加しました。
  • 2007/07/21 リービ英雄=英訳に関する書誌情報を補足しました。
  • 2007/06/20 菊村紀彦「詩訳」1990/06 を追加しました。
  • 2007/05/06 Ian Hideo Levy による英訳 2004/10、および高神覚昇による解説 1952/09 を追加しました。また、書誌情報を一部修正し、大幅に補足しました。さらに、関連サイトへのリンクを張りました。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ84595840v1308102456

Flag Counter

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

■DVD

■CD
(1) 般若心経

(2) Heart Sutra

  

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Monday, 20 February 2006

Double Trouble (from Macbeth, Act 4 Scene 1) by William Shakespeare シェイクスピア (『マクベス』 第4幕第1場より)「ダブル・トラブル」

        目次 Table of Contents

 Video 1  ダブル・トラブル - テレビ 『マクベス』 (2010) TV Macbeth (2010)
 Video 2  ダブル・トラブル - 映画 『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』 (2004)
        Double Trouble - Film Harry Potter and the Prisoner of Azkaban (2004)
 Video 3  ダブル・トラブル - アニメ 『マクベス』 (1994) TV Macbeth (1994)
■中国語訳(簡体字) Translation into simplified Chinese
■中國語譯(繁體字) Translation into traditional Chinese
  Image   Ninagawa's Macbeth
■日本語訳 Translations into Japanese
  (J1) 川野 2011
  (J2) 河合 2009
  (J3) 安西 2008
  (J4) 木下 1997
  (J5) 松岡 1996
  (J6) 永川 1991
  (J7) 吉田 1990
  (J8) 小田島 1983
  (J9) 大山 1968
  (J10) 小津 1964
  (J11) 三神 1960
  (J12) 野上 1938
  (J13) 横山 1938
  (J14) 坪内 1932, 2004
  (J15) 森 1913
■ギリシャ語訳 Translation into Greek
■ロシア語訳 Translation into Russian
■ポーランド語訳 Translation into Polish
■スウェーデン語訳 Translation into Swedish
■ドイツ語訳 Translation into German
■ポルトガル語訳 Translation into Portuguese
■カタルーニャ語訳(カタロニア語訳) Translation into Catalan
■スペイン語訳 Translation into Spanish
■フランス語訳 Translation into French
 Video 4  映画 『マクベス』 (1997) Film Macbeth (1997)
 Video 5  TV BBC Shakespeare Animated Tales - Macbeth (1992)
 Video 6  テレビ 『マクベス』 (1983) TV Macbeth (1983)
 Video 7  ビデオ 『マクベス』 (1981) Video Macbeth (1981)
 Video 8  映画 『マクベス』 (1971) The Tragedy of Macbeth (1971)
  Audio    マクベス第4幕朗読 英語字幕付き Macbeth Act 4 - Audiobook
■英語原文 The original text in English
■更新履歴 Change log


 Video 1 
ダブル・トラブル - テレビ 『マクベス』 (2010) から
TV Macbeth (2010) PBS Great Performances: Season 39, Episode 3

監督: ルパート・グールド 出演: パトリック・スチュワート、ケイト・フリートウッド Uploaded to YouTube by indianink on 18 Oct 2010. Directed by Rupert Goold. Starring Patrick Stewart, Kate Fleetwood


 Video 2 
ダブル・トラブル - 映画 『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』 (2004) から
Double Trouble from the film Harry Potter and the Prisoner of Azkaban (2004)

この「ハリー・ポッター」シリーズ映画化第三作の劇中挿入歌では、シェイクスピアの戯曲から採ったことばがそのまま使われている。
Harry Potter and the Prisoner of Azkaban: Original Motion Picture Soundtrack. Film score by John Williams. Sung by the London Oratory School Schola. More info at AllMusic and Wikipedia.


 Video 3 
ダブル・トラブル - アニメ 『マクベス』 (1994) から
Scare Happy Slappy/Witch One/Macbeth (1994) Animaniacs: Season 1, Episode 62.

Uploaded to YouTube by wakkofrankie on 28 May 2010. Directed by Michael Gerard, Jon McClenahan.


■中国語訳(簡体字) Translation into simplified Chinese

不惮辛劳不惮烦,
釜中沸沫已成澜。
沼地蟒蛇取其肉,
脔以为片煮至熟;
蝾螈之目青蛙趾,
蝙幅之毛犬之齿,
蝮舌如叉蚯蚓刺,
蜥蜴之足枭之翅,
炼为毒蛊鬼神惊,
扰乱人世无安宁。
不惮辛劳不惮烦,
釜中沸沫已成澜。

    莎士比亚 《麦克白》 第四幕 第一场 朱生豪译
    E-text at barry_新浪博客


■中國語譯(繁體字) Translation into traditional Chinese

不憚辛勞不憚煩,
釜中沸沫已成瀾。
沼地蟒蛇取其肉,
臠以為片煮至熟;
蠑螈之目青蛙趾,
蝙幅之毛犬之齒,
蝮舌如叉蚯蚓刺,
蜥蜴之足梟之翅,
煉為毒蠱鬼神惊,
扰亂人世無安宁。
不憚辛勞不憚煩,
釜中沸沫已成瀾。

    莎士比亞 《麥克白》 第四幕 第一場
    E-text at 龍騰世紀 (millionbook.net)


  Image   Ninagawa's Macbeth
ninagawa
Image source: hightext a blog maintained by Pernille Rudlin


■日本語訳 Translations into Japanese

(J1) 川野 2011
辛苦も労苦も倍の倍。
釜の火燃えろ、ぐつぐつ煮えろ。
沼地の蛇の大切肉、
釜の中で、煮えろ、焼けろ。
イモリの目に、カエルの指。
コウモリの毛に、犬の舌。
マムシの毒牙に、盲蛇の毒針。
トカゲの脚に、フクロウの羽。
災い起こすまじないとなれ、
地獄の煮汁よろしく、ぐつぐつ煮えろ。
辛苦も労苦も倍の倍。
釜の火燃えろ、ぐつぐつ煮えろ。

   第5章 物のリスト
   ウンベルト・エーコ=編著 川野美也子(かわの・みやこ)=訳
   『芸術の蒐集』 東洋書林 2011/06/30


(J2) 河合 2009
増やせ、不幸を、ぶつぶつぶつ。
燃やせ、猛毒、ぐつぐつぐつ。
蛇の切り身を 釜に入れ、
煮たり焼いたり ぐつぶつぐつ
蛙の指先 イモリの目
蝙蝠(こうもり)の羽 犬のベロ
蝮(まむし)の舌に 蛇の牙
梟(ふくろう)の羽 蜥蜴(とかげ)の手
強い不幸のまじないに
地獄のスープだ、ぐつぶつぐつ。
増やせ、不幸を、ぶつぶつぶつ。
燃やせ、猛毒、ぐつぐつぐつ。

   河合祥一郎(かわい・しょういちろう)=訳 『新訳 マクベス
   角川文庫 2009/01/25


(J3) 安西 2008
憂(う)さも辛さも 積もれ 重なれ
焰(ほのお)は燃えろ 釜は煮え立て ドォー ドォー
沼地のヘビの ブツ切り肉も
煮えろよ 焼けろ 大釜の中
イモリの目玉に カエルの足指
コウモリの産毛(うぶげ)に 犬の べろ
毒ヘビの裂けた舌先に
目なしのヘビの毒の牙(きば)
トカゲの足に フクロウの羽根
みな禍事(まがごと)の 呪(まじな)いの種子(たね)
すべて合わせて 地獄の毒粥(どくがゆ)
憂さも辛さも 積もれ 重なれ
焰は燃えろ 釜は煮え立て ドォー ドォー

   安西徹雄(あんざい・てつお)=訳 『マクベス
   光文社古典新訳文庫 2008/09/20
   太字箇所「べろ」は原文では太字でなく傍点。


(J4) 木下 1997
倍のまた倍、苦しめもがけ、
燃えたて、大釜、煮えたぎれ。
沼地の蛇の肉の切れ、
大釜の中で煮えたて、焼けれ。
いもりの眼玉、蛙の爪先、
こうもりの毛に犬のべろに、
まむしの舌や、とかげの針よ、
やもりの脚よ、ふくろうの翼よ、
地獄の雑炊、煮えたぎれ。
恐ろしいまじない、沸きあがれ。
倍のまた倍、苦しめもがけ、
燃えたて、大釜、煮えたぎれ。

   木下順二=訳 『マクベス』 岩波文庫 1997


(J5) 松岡 1996
二倍だ二倍、苦労と苦悩、
ごうごう燃えろ、ぐつぐつ煮えろ。
お次は蛇の切り身だよ、
煮えろよ焼けろ、釜の中、
イモリの目玉、カエルの指、
コウモリの毛に犬のベロ、
マムシの舌、ヘビトカゲの牙、
トカゲの脚にフクロウの羽、
苦労と苦悩の呪いを込めて
地獄の雑炊煮えたぎれ。
二倍だ二倍、苦労と苦悩、
ごうごう燃えろ、ぐつぐつ煮えろ。

   松岡 和子=訳 『シェイクスピア全集3 マクベス
   ちくま文庫 1996/12


(J6) 永川 1991
倍の倍まで苦しめ、もがけ、
火は燃え、釜は煮えたぎれ。
切り身にされた沼地の蛇、
釜で煮えたて、焼け焦げろ。
いもりの目玉、蛙の指、
こうもりの毛、犬のベロ、
まむしの舌、さそりの針、
とかげの足、ふくろうの羽、
天災地変の呪いをこめた
地獄の雑炊、煮えたぎれ。
倍の倍まで苦しめ、もがけ、
火は燃え、釜は煮えたぎれ。

   永川玲二=訳 「マクベス」 『集英社ギャラリー 世界の文学2 イギリス1
   集英社 1991 所収


(J7) 吉田 1990
沼地のへびの 細切り肉
にえよやけろよ かまの中
いもりの目玉だ かえるの足だ
こうもりの胸毛に いぬの舌だ
まむしの二枚舌も へびとかげの毒牙もだ
とかげのももだ(ほれ)ふくろうの羽根だ
大難招く魔法だぞ
かまよ 地獄のスープのように
にえたて わきたて わきたて にえたて
苦労も難儀も 二倍の倍
かまよにえたて 火よもえさかれ

   吉田映子(よしだ・あきこ)=訳詩 「マクベス」
   内藤里永子(ないとう・りえこ)=著 『イギリス童謡の星座
   大日本図書 1990/07 所収


(J8) 小田島 1983
苦労も苦悩も火にくべろ、
燃えろよ燃えろ、煮えたぎれ。
お次は蛇のブツ切りだ、
ぐらぐら煮えろ、釜のなか、
カエルの指先、イモリの目、
コウモリの羽根、犬のべろ、
マムシの舌先、蛇の牙、
フクロウの羽根、トカゲの手、
苦労と苦悩のまじないに、
地獄の雑炊煮えたぎれ。
苦労も苦悩も火にくべろ、
燃えろよ燃えろ、煮えたぎれ。

   小田島雄志=訳 『マクベス』 白水社Uブックス29
   シェイクスピア全集 1983


(J9) 大山 1968
骨折り苦労は倍の倍。
釜の火燃えろ、釜は煮え立て。
沼地の蛇の肉一切れ、
煮えろ、焼けろ、釜の中。
いもり の目に かえる の指。
まむし の毒牙に へびとかげ の針。
こうもり の毛に犬の舌。
とかげ の脚に ずく の羽。
苦労を起こす強いまじないとなれ、
地獄の吸い物よろしく煮えろ、煮え立て。
骨折り苦労は倍の倍。
火よ燃えろ、釜よたぎれ。
釜(かま)の火燃えろ、釜は煮え立て。

   シェイクスピア=著 大山俊一=訳 『マクベス
   特製版 旺文社文庫 1968 所収
   文中の太字箇所は、原文では太字でなく傍点。


(J10) 小津 1964
憂きも辛さも二倍の倍よ。
火よ燃えろ、釜よたぎれ。
蛇のブツ切り、
煮えろよ、焼けろ。
いもりの眼玉に、蛙の指、
蝙蝠(こうもり)ならば羽がよい、犬の舌先、
蝮(まむし)のベロ、盲(めくら)の蛇は牙にする、
とかげの脚に、梟(ふくろう)の羽、
曲事(まがごと)しかける呪文には、
地獄の雑炊(ぞうすい)、煮えろ、たぎれ。
憂きも辛さも二倍の倍よ。
火よ燃えろ、釜よたぎれ。

   小津次郎=訳 「マクベス」 『世界古典文学全集41
   筑摩書房 1964 所収


(J11) 三神 1960
ふえろ、ふくれろ、苦労苦しみ。
燃えろ穴の火、煮えろ大釜。
沼地の蛇のぶった切り、
煮えろ、こげつけ、大釜で。
いもりの目の玉、かえるのかかと、
こうもりの羽、むく犬の舌、
まむしの舌とかな蛇の針と、
とかげの足とふくろうの翼、
災難ふらすまじないとなれ、
煮えろ、吹き出せ、地獄の雑炊(ぞうすい)。
ふえろ、ふくれろ、苦労苦しみ、
燃えろ穴の火、煮えろ大釜。

   三神勲=訳 「マクベス」 『世界文学全集1 シェイクスピア
   河出書房新社 1960 所収


(J12) 野上 1938
骨折苦勞を倍にして、
釜も沸(わ)き立て、火も燃えろ。
田沼(たぬま)の蛇のヒレ肉も、
煮えたり、焼けたり、釜の中。
蛙(かへる)の指に、蠑螈(ゐもり)の目、
蝙蝠(かうもり)の毛に、犬の舌、
蝮蛇(まむし)の叉舌(またじた)、盲蛇(むし)の針、
蜥蜴(とかげ)の足に、角鴟(づく)の羽(はね)、
ひどい難儀のまじなひに、
地獄の吸物みたいに煮えろ。
骨折苦勞を倍にして、
釜も沸き立て、火も燃えろ。

   野上豐一郎=譯 『マクベス』 岩波文庫 1938/05/15


(J13) 横山 1938
倍になれ、倍になれ、苦勞も難儀も、
薪は燃えたて、お釜はたぎれ。
沼地の蛇の厚い肉、
こいつを釜で煮て固めろよ。
蠑螈(ゐもり)の眼球(めだま)、蛙の足指、
蝙蝠の毛に犬の舌、
毒蛇の二叉舌(ふたまた)、足無蟲(あしなし)の刺(はり)、
蜥蜴(とかげ)の脚(あし)に木兎(づく)の翼(はね)、
大きい難儀の咒符(まじなひ)に、
地獄の粥(かゆ)ほど煮たてよ、たぎらせ。
倍になれ、倍になれ、苦勞も難儀も、
薪は燃えたて、お釜はたぎれ。

   横山有策=譯 『マクベス』 新潮文庫 1938/05/03


(J14) 坪内 1932, 2004
苦勞も苦痛も、倍になれ、倍になれ。
くわツくわと燃えろ、ぶつ/\煮えろ。
沼蛇の大切肉(おほきりみ)、
釜の中で、煮えろ/\。
蠑螈(ゐもり)の目の玉、蟇の指、
蝙蝠の羽の毛、犬の舌、
蝮の刺(はり)と盲蛇(めしゐへび)の刺(はり)と、
蜥蜴の脚と梟の翼(はね)と、
大(おほ)わづらひの呪(まじな)ひに、
煮えろ/\、ぶつ/\煮えろ、
地獄の雑炊煮るやうに。
苦勞も苦痛も、倍になれ、倍になれ。
くわツくわと燃えろ、ぶつ/\煮えろ。

   坪内逍遥=訳 『世界名作文庫1 マクベス』 春陽堂 1932
   (坪内逍遥=訳 『昭和初期 世界名作翻訳全集24 マクベス
   ゆまに書房 2004 に復刻)


(J15) 森 1913
倍(ばい)お働。倍おかせぎ。
眞木は燃え立て。釜は湧き立て。
沼で育つた蛇の切(きれ)、
釜の中で煮えろ。煮詰まれ。
蠑螈(ゐもり)の目、蛙の足、
蝙蝠の毛に犬の口、
日ばかりの舌、蝮(まむし)の刺(はり)、
蜥蜴の脛に木兎(づく)の羽(は)、煮えろ。
大事な魔法ぢや。骨折丈に利かせたい。
煮えろ。湧き立て。地獄で煮える汁の樣(よ)に。
倍お働。倍おかせぎ。
眞木は燃え立て。釜は湧き立て。

   森林太郎=訳 『マクベス』 警醒社書店 1913


■ギリシャ語訳 Translation into Greek

Γύριζε, βάζε, βράζε, ανακάτονε.
Καίε φωτιά και τρίζε, κόχλαζε νερό!
Κοιλιά φειδιού του βάλτου, βράσε, φούσκωσε!
Να 'μάτι γουστερίτσας, πόδι βαθρακού,
πούπουλο νυχτερίδας, σαύρας δακτύλο,
πτερό της κουκουβάγιας, στόμα σκουληκιού,
και γλώσσα μανδροσκύλου, και οχειάς κεντρί!
Όλ' ανακατωθήτε και αφρίζετε,
να γείνη στοιχειωμένος διαβολοχυλός!
Γύριζε, βάζε, βράζε, ανακάτονε.
καίε φωτιά και τρίζε, κόχλαζε νερό!

   Ουίλλιαμ Σαίξπηρ. Μάκβεθ
   Translated by Δημήτριος Βικέλας
   Τρίτη Έκδοση του Μάκβεθ, Βιβλιοπωλείο της Εστίας, 1896.
   E-text at Βικιθήκη (Wikisource)


■ロシア語訳 Translation into Russian

Жарко, жарко, пламя ярко!
Хороша в котле заварка!
Мясо трех болотных змей,
Разварись и разопрей;
Пясть лягушки, глаз червяги,
Шерсть ушана, зуб дворняги,
Жало гада, клюв совенка,
Хвост и лапки ящеренка -
Для могущественных чар
Нам дадут густой навар.
Жарко, жарко, пламя ярко!
Хороша в котле заварка!

   Уильям Шекспир. Макбет
   Translated by М.Лозинский
   E-text at Lib.Ru


■ポーランド語訳 Translation into Polish

Dalej! żwawo! hasa! hej!
Buchaj, ogniu! kotle, wrzej!
Bagnistego węża szczęka
Niech w ukropie tym rozmięka:
Żabie oko, łapki jeża,
Psi pysk i puch nietoperza,
Żądło żmii, łeb jaszczurzy,
Sowi lot i ogon szczurzy,
Niech to wszystko się na kupie
Warzy w tej piekielnej zupie.
Dalej żwawo! hasa! hej!
Buchaj, ogniu! kotle, wrzej!

   Makbet by William Shakespeare
   Translated by Józef Paszkowski
   E-text at Wikisource


■スウェーデン語訳 Translation into Swedish

Fördubbla mödan, mödan fördubbla;
Heta kittel, sjud och bubbla!
Orm, som smög i kärrets gräs,
Uti kitteln stek och fräs;
Sjökräks-öga, grode-hand,
Läderlapps-öga och hunde-tand,
Huggorms-tunga, gadd af slå,
Ugglevingar, ödletå,
Koka, – trolldom i hvar droppa
Till en god helvetisk soppa!
Fördubbla mödan, mödan fördubbla;
Heta kittel, sjud och bubbla!

   Macbeth by William Shakespeare
   Translated by Carl August Hagberg
   Shakspeare's dramatiska arbeten / Nionde bandet
   E-text at Project Runeberg


■ドイツ語訳 Translation into German

Doppelt plagt euch, mengt und mischt!
Kessel brodelt, Feuer zischt.
Wolfeszahn und Kamm des Drachen,
Hexenmumie, Gaum und Rachen
Aus des Haifischs scharfem Schlund;
Schierlingswurz aus finsterm Grund;
Auch des Lästerjuden Lunge,
Türkennase, Tatarzunge;
Eibenreis, vom Stamm gerissen
In des Mondes Finsternissen;
Hand des gleich erwürgten Knaben,
Den die Metz gebar im Graben,
Dich soll nun der Kessel haben.
Tigereingeweid hinein,
Und der Brei wird fertig sein.
Doppelt plagt euch, mengt und mischt!
Kessel brodelt, Feuer zischt.

   Macbeth by William Shakespeare
   Translated by Dorothea Tieck
   E-text at Projekt Gutenberg-DE


■ポルトガル語訳 Translation into Portuguese

Dobrem, dobrem, problema e confusão;
O fogo queima e borbulha o caldeirão.
Filé de cobra das fendas,
No caldeirão ferva e asse:
Olho de lagartixa e dedo de rã,
Lanugem de morcego e língua de cão,
Bicúspide de víbora e ferrão de escorpião,
Perna de lagarto e asa de coruja,
Para um feitiço de grande confusão,
Caldo do inferno ferva no caldeirão.
Dobrem, dobrem, problema e confusão;
O fogo queima e borbulha o caldeirão.

   Macbeth by William Shakespeare
   Translated by Rafael Raffaelli
   Registro 390.021/Biblioteca Nacional (2006)
   E-text at Macbeth - PUC Rio [PDF]


■カタルーニャ語訳(カタロニア語訳) Translation into Catalan

Afany i neguit redobla;
cremi l foc, borbolli l'olla.
Filet d'una serp d'estany
bull i cou en la caldera;
pèl de rat penat, dit de rana,
llengua de ca i ull de salamandra,
dart de cecilia i forca d'escorçó,
peu de lluert i ala de mussol,
pera un encís de malicia capdal
bulli i borbolli com brou infernal.
Afany i neguit redobla;
cremi l foc, borbolli l'olla.

   Macbeth by William Shakespeare
   Translated by Cebrià de Montoliu
   Barcelona: Biblioteca Popular de «L'Avenç», 1907
   E-text at Wikisource


■スペイン語訳 Translation into Spanish

Doble, doble, trabajo duro y sin problemas;
El fuego quema, y la burbuja de caldero.
Filete de una serpiente Fenny,
En la olla hervir y cocer al horno;
Ojo de tritón y dedo de rana,
Lana de murciélago y lengua de perro,
tenedor de Adder y pican ciego gusano,
Lagarto de la pierna y el ala de búho,
Para un encanto de problemas de gran alcance,
Al igual que hervir el caldo y el infierno-burbuja.
Doble, doble, trabajo duro y sin problemas;
Fuego quema y la burbuja caldero.

   Macbeth by William Shakespeare
   E-text at Traducidas.net


■フランス語訳 Translation into French

Double, double, peine et trouble!
Feu, brûle, et, chaudron, bouillonne!
Filet de couleuvre de marais,
Dans le chaudron bous et cuis.
0Eil de salamandre, orteil de grenouille,
Poil de chauve-souris et langue de chien,
Langue fourchue de vipère, dard de reptile aveugle,
Patte de lézard, aile de hibou,
Pour faire un charme puissant en trouble,
Bouillez et écumez comme une soupe d’enfer.
Double, double, peine et trouble!
Feu, brûle, et, chaudron, bouillonne!

   Macbeth
   Theatre complet / William Shakespeare, 1961 1964
   Translated by François-Victor Hugo
   E-text at Wikisource


 Video 4 
映画 『マクベス』 (1997)  Macbeth (1997)

監督: ジェレミー・フリーストン 出演: ジェイソン・コネリー、ヘレン・バクセンデール 下に引用した詩(歌)は 1:14:44 から。 Directed by Jeremy Freeston. Starring Jason Connery, Helen Baxendale. The song quoted below starts at 1:14:44.


 Video 5 
TV BBC Shakespeare Animated Tales - Macbeth (1992) Part 2

下に引用した歌は 6:59 あたりから。 Uploaded to Vimeo by Johnny Rocket. Directed by Nikolai Serebryakov. Voice: Brian Cox. The song quoted below starts around 6:59.


 Video 6 
BBCテレビ 『マクベス』 (1983) BBC TV Macbeth (1983)

監督: ジャック・ゴールド 出演: ニコル・ウィリアムソン 下に引用した歌は 7:02 から。 BBC Television Shakespeare. Directed by Jack Gold. Starring Nicol Williamson. The song quoted below starts at 7:02.


 Video 7 
ビデオ 『マクベス』 (1981) Video Macbeth (1981)

監督: アーサー・アレン・サイデルマン 出演: ジェレミー・ブレット、パイパー・ローリー 下に引用した歌は 1:26:57 から。 Directed by Arthur Allan Seidelman. Starring Jeremy Brett, Piper Laurie. The song quoted below starts at 1:26:57.


 Video 8 
映画 『マクベス』 (1971) The Tragedy of Macbeth (1971)

監督: ロマン・ポランスキー 出演: ジョン・フィンチ 下に引用した歌は 0:33 から。 Directed by Roman Polanski. Starring John Finch. The song quoted below starts at 0:33.


 Audio 
マクベス 第4幕 - オーディオブック(朗読)英語字幕付き
Macbeth Act 4 - Audiobook presented by ThinkAgainAudiobooks

下に引用した歌は 1:05 から。 Uploaded to YouTube by The16thCavern on 5 May 2012. Audio courtesy of LibriVox. The song quoted below starts at 1:05.


■英語原文 The original text in English

Double, double toil and trouble;
Fire burn, and cauldron bubble.
Fillet of a fenny snake,
In the cauldron boil and bake;
Eye of newt and toe of frog,
Wool of bat and tongue of dog,
Adder's fork and blind-worm's sting,
Lizard's leg and owlet's wing,
For a charm of powerful trouble,
Like a hell-broth boil and bubble.
Double, double toil and trouble;
Fire burn and cauldron bubble.

   Macbeth (1606), Act 4, Scene 1 by William Shakespeare
   The Complete Works of William Shakespeare
   Created by Jeremy Hylton, Operated by The Tech


■更新履歴 Change log

  • 2013/05/27 ギリシャ語訳、ポーランド語訳、スウェーデン語訳、ポルトガル語訳、およびカタルーニャ語訳を追加しました。
  • 2013/05/26 つぎの4本の YouTube 画面を追加しました。
    1. テレビ 『マクベス』 (2010)
    2. 映画 『マクベス』 (1997)
    3. アニメ 『マクベス』 (1994)
    4. ビデオ 『マクベス』 (1981)
    5. ThinkAgainAudiobooks によるオーディオブック
  • 2012/08/02 ロシア語訳とスペイン語訳を追加しました。
  • 2011/10/21 川野美也子=訳 2011/06/30 を追加しました。
  • 2010/11/06 中国語訳(簡体字)と、つぎの4本の YouTube 動画を追加しました。
    1. ダブル・トラブル 『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』 (2004)
    2. TV BBC Shakespeare Animated Tales - Macbeth (1992)
    3. テレビ 『マクベス』 (1983)
    4. 映画 『マクベス』 (1971)
  • 2010/03/18 松岡和子=訳 1996/12 の訳文とドイツ語訳を追加しました。
  • 2009/12/10 河合祥一郎=訳 2009/01 と安西徹雄=訳 2008/09 を追加しました。
  • 2008/10/26 吉田映子=訳詩 1990/07 と大山俊一=訳 1968 を追加しました。
  • 2006/08/29 中國語譯(繁體字)を追加しました。
  • 2006/04/28 横山有策=譯 1938 を追加し、書誌情報を修正・補足しました。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ84595840v1308102456

Flag Counter

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■DVD

■CD/DVD

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

■ソフトウェア Software

 

| | Comments (20) | TrackBack (0)

Sunday, 19 February 2006

William Wilson by Edgar Allan Poe (2) エドガー・アラン・ポー 「ウィリアム・ウィルソン」 (2)

« 1 William Wilson »
« 1 ウィリアム・ウィルソン »

01982189


■中国語訳(簡体字)Translation into simplified Chinese

我姑且自称做威廉。威尔逊。拿我的真名实姓糟蹋面前的这张白纸,那又何必呢?
   《威廉·威尔逊》
   经典爱伦坡悬疑集 作者: [美]爱伦·坡
   E-text at 百度文库


■日本語訳 Translations into Japanese

(1) 巽 2009
わたしの名前は、さしあたりウィリアム・ウィルソンとしておこう。目の前の白い原稿用紙に、わが本名という汚点を書き付けなくてすむ。
   エドガー・アラン・ポー=作 巽孝之(たつみ・たかゆき)=訳
   「ウィリアム・ウィルソン」
   『黒猫・アッシャー家の崩壊—ポー短編集1 ゴシック編
   新潮文庫 2009/04/01 所収


(2) 西崎 2007
さしあたって、名前はウイリアム・ウイルソンとでもしておこう。目の前の白いページを本当の名前で汚すのは忍びない。
   エドガー・アラン・ポー=著 西崎憲(にしざき・けん)=訳
   「ウイリアム・ウイルソン」
   『エドガー・アラン・ポー短篇集』 ちくま文庫 2007/05 所収


(3) 小川(高)2006
ここで私はウィリアム・ウィルソンと名乗る。わざわざ本名を書きつけても、用紙の染みにしかなるまい。
   エドガー・アラン・ポー=作 小川高義(おがわ・たかよし)=訳
   「ウィリアム・ウィルソン」
   『黒猫/モルグ街の殺人』 光文社古典新訳文庫 2006/10 所収


(4) 金原 2002
さて、名前は、ウィリアム・ウィルスンとしておこう。これから書きこもうとしているこの白い紙を、本当の名前で汚(けが)してしまうことはない。
   E・A・ポー=作 金原瑞人(かねはら・みずひと)=訳 「ウィリアム・ウィルスン」
   『モルグ街の殺人事件』 岩波少年文庫 2002/08 所収


(5) 大岡 1998
私の名は、ウィリアム・ウィルソン。ここではかりに、そう名のっておこう。目の前にあるきれいな紙を、私の本名を出して汚す必要はないだろうから。
   エドガー・アラン・ポー=作 大岡玲(おおおか・あきら)=訳
   「ウィリアム・ウィルソン」
   『アモンティラードの樽 その他
   地球人ライブラリー 小学館 1998/03 所収


(6) 富士川 1992
さしあたって、ウィリアム・ウィルソンと名乗っておこう。いま眼(め)の前にあるこの真っ白い紙面を、ぼくの本名を挙げてわざわざ汚すほどのこともないからだ。
   ポー=作 富士川義之=訳「ウィリアム・ウィルソン」
   『黒猫』 集英社文庫 1992/05 所収


(7) 谷崎 1985
まずわたしの名を、ウィリアム = ウィルスンとしておこう。清潔(せいけつ)なこのページを、わたしのほんとうの名でよごすことはないのだから。
   エドガー=アラン=ポー=著 谷崎精二=訳 「ウィリアム = ウィルスン」
   『エドガー=アラン=ポー怪奇・探偵小説集1』 偕成社文庫 1985/03 所収
   下記 (13) 谷崎の用字・仮名遣い・ルビなどを改めた児童書。


(8) 永川 1978
ぼくの名前は、とりあえず、ウィリアム・ウイルソンだということにしておこう。こんなにきれいな原稿用紙をわざわざいま、ぼくの本名などで汚す必要はないからだ。
   ポー=作 永川玲二=訳 「ウィリアム・ウィルソン」
   五木寛之〔ほか〕=編 『世界文学全集1 ポー/ホーソーン
   学習研究社 1978/09 所収


(9) 佐伯 1974
とりあえず、ウィリアム・ウイルソンと名乗っておこう。この真っ白いページを、私の本名によって汚すにも当たるまい。
   ポオ=作 佐伯彰一=訳 「ウィリアム・ウイルソン」
   『世界文学全集32 ポー/ホーソン』 講談社 1974 所収


(10) 中野 1974, 1978
かりにしばらくウィリアム・ウィルソンとしておこう。なにもわざわざ僕の本名をあげて、僕の前のこの美しい紙面を汚すことはないからだ。
   エドガー・アラン・ポオ=作 中野好夫=訳 「ウィリアム・ウィルソン」
   10a.黒猫・モルグ街の殺人事件 他五篇』 岩波文庫 1978/12 所収
   10b.ポオ小説全集1』 創元推理文庫 1974/06 所収


(11) 小川(和)1973
さしあたり、ぼくの名はウィリアム・ウィルソンとしておこう。本名をあげて、いま眼の前にある浄(きよ)いページを汚す必要もあるまい。
   ポオ=作 小川和夫=訳 「ウィリアム・ウィルソン」
   『筑摩世界文學大系 37 ポオ/ボオドレール』 筑摩書房 1973/11 所収


(12) 刈田 1966
かりにしばらくウィリアム・ウィルソンと名のっておこう。目の前のきれいな紙面を、僕の本名を出して、わざわざよごす必要もない。
   ポー=作 刈田元司(かりた・もとし)=訳 「ウィリアム・ウィルソン」
   『黒猫・黄金虫 他四編』 旺文社文庫 1966/05 所収


(13) 松村 1962
わたしの名は、かりにしばらくは、ウィリアム・ウィルソンとしておこう。いま目の前におかれたこの真っ白な紙を、なにもわたしの本名で汚すにもあたるまい。
   ポー=作 松村達雄=訳 「ウィリアム・ウィルソン」
   『世界文学全集11 ポー/ホーソーン』 河出書房新社 1962/08 所収


(14) 谷崎 1962, 1969, etc.
私の名をまずウィリアム・ウィルスンとしておこう。せっかく清浄なこのページを、私のほんとうの名で汚すにはおよばぬことだから。
   E・A・ポオ=作 谷崎精二=訳 「ウィリアム・ウィルスン」
   14a. ポオ小説全集2 幻怪小説』(全4巻) 新装版 春秋社 1998/09 所収
   14b.エドガア・アラン・ポオ全集2』(全6巻)
       新装版 春秋社 1969/11 所収
   14c.エドガア・アラン・ポオ小説全集2 幻怪小説』(全4巻・別巻1)
       春秋社 1962/07 所収
   これらの訳は、下記 谷崎 1929/01 の用字・仮名遣いなどを改めたもの。


(15) 荒 1961
私のことをしばらく、「ウィリアム・ウィルソン」と、呼ばせていただきたい。私の本名をあげて、この眼の前の美しい紙面を汚さなくてもよかろう。
   ポー=作 荒正人=訳 「ウィリアム・ウィルソン」
   大橋健三郎=編 『アメリカ短篇名作集』 学生社 1961/09 所収


 Audio 1 
「ウィリアム・ウィルスン」 オーディオブックのサンプル——佐々木直次郎訳
William Wilson: An audiobook sample of a Japanese translation by N. Sasaki

詳細は ここ。 Uploaded by panrolling on Aug 20, 2009.


(16) 佐々木 1951
さしあたり、私は自分をウィリアム・ウィルスンという名にしておくことにしよう。わざわざ本名をしるして、いま自分の前にあるきれいなページをよごすほどのことはない。
   エドガー・ポー=作 佐々木直次郎=訳 「ウィリアム・ウィルスン」
   『黒猫・黄金虫』 新潮文庫 1951/08 所収


(17) 葉河 1946
さしあたり、私は自分の名をウィリアム・ウィルスンという名にしておかう。何も私の本名を記して今自分の前にある此の淸淨な頁を汚すには及ばない。
   エドガ・アラン・ポウ=作 葉河憲吉(はがわ・けんきち)=譯
   「ウィリアム・ウィルスン」
   『あひびき』 出水書園 1946/12/25 所収


(18) 江戸川 1929
今のところ、假りに私の名をヰリアム・ヰルスンと呼ばしておいて貰ひたい。敢へて私の本名を明かして、この清淨な紙面を汚すのはあまりにも本意ない。

[原文はつぎのとおり総ルビです - tomoki y.]

今(いま)のところ、假(か)りに私(わたし)の名(な)をヰリアム・ヰルスンと呼(よ)ばしておいて貰(もら)ひたい。敢(あ)へて私(わたし)の本名(ほんみやう)を明(あ)かして、この清淨(しやうじやう)な紙面(しめん)を汚(けが)すのはあまりにも本意(ほんい)ない。
   江戸川亂歩=譯 「ヰリアム・ヰルスン」
   『世界大衆文學全集30 ポー、ホフマン集』 改造社 1929/04(昭和4)所収


(19) 谷崎 1929
私の名を先づウィリアム・ウィルスンとして置かう。折角清淨なこのページを私の本當の名で汚(けが)すには及ばぬ事だから。
   ポオ=作 谷崎精二=譯 「ウィリアム・ウィルスン」
   『世界文學全集11 ポオ傑作集 緋文字・其他
   新潮社(非賣品)1929/01(昭和4)所収


(20) その他
以上のほかに、たとえば白木茂氏による、つぎの2つの翻訳があります。ただし、これらの版は児童向けの抄訳で、上の引用部分に相当する箇所が訳出されていません。
 
   20a. ポー=作 白木茂=訳 『影を殺した男』 青い鳥文庫Kシリーズ
      講談社 1996/11
   20b. ポー=作 白木茂=訳 「影を殺した男」
      『世界の怪談2 英米編2 怪奇! 105号室
      講談社 1973/11 所収


■ギリシャ語訳 Translation into Greek

Ας ονομάσω, προς το παρόν, τον εαυτό μου Γουίλλιαμ Ουίλσον. Το καθαρό χαρτί που γράφω δε θα 'πρεπε να λερωθεί με τ' αληθινό μου όνομα.
   Έντγκαρ 'Aλλαν Πόε. Γουίλλιαμ Ουίλσον
   E-text at Scribd


■ロシア語訳 Translation into Russian

Позвольте мне на сей раз  назваться  Вильямом Вильсоном. Нет  нужды пятнать своим настоящим именем чистый лист бумаги, что лежит сейчас передо мною.
   Эдгар Аллан По. Вильям Вильсон
   E-text at Lib.Ru


■ウクライナ語訳 Translation into Ukrainian

Нехай мене звати Вільям Вілсон. Не варто чорнити цей непорочний аркуш моїм справжнім іменням.
   Едгар Аллан По. Вільям Вілсон
   Translated by Р.Облонской
   © ГАБЛЕВИЧ М. Б., переклад з англійської, 1992.
   E-text at Український Центр (ukrcenter.com)


■チェコ語訳 Translation into Czech

Dovolte mi, abych si pro tuto chvíli říkal William Wilson. Čistý list, který mám před sebou, netřeba poskvrňovat mým pravým jménem.
   William Wilson by Edgar Allan Poe
   E-text at V noci jsem snil, že jsem motýlem


 Audio 2 
「ウィリアム・ウィルスン」 ドイツ語版オーディオブック
William Wilson: Audiobook of German translation

Uploaded by pentagrammpublishing on May 3, 2010. Translated by Gisela Etzel, Read by Maximilian Weigl.


■ドイツ語訳 Translation into German

Erlaubt, dass ich mich William Wilson nenne. Das reine schöne Blatt hier vor mir soll nicht mit meinem wahren Namen befleckt werden ( . . . )
   William Wilson by Edgar Allan Poe
   Translated by Gisela Etzel
   E-text at Projekt Gutenberg-DE


■イタリア語訳 Translation into Italian

Lasciate che mi chiami per il momento William Wilson. la pagina candida che ho dinnanzi non deve essere insozzata dal mio vero nome, [Omission]
   William Wilson by Edgar Allan Poe
   Translated by Maria Gallone, in "Racconti del terrore", Morano Editore, 1990
   Excerpt at Wikisource


■ポルトガル語訳 Translation into Portuguese

É melhor que, por enquanto, eu me chame William Wilson. Não quero envergonhar mais a minha família com os horrores que cometi com o meu verdadeiro nome, que já foi objeto de desprezo e de abominação.
   William Wilson
   Histórias extraordinárias by Edgar Allan Poe
   Tradução e Adaptação Clarice Lispector
   Rio de Janeiro : Ediouro Publicações, 2005
   Preview at Google Books


■カタルーニャ語訳(カタロニア語訳) Translation into Catalan

Vaig a trucar a mi mateix , de moment , William Wilson . La pàgina just ara que jeu davant meu , no em cal ser tacat amb el meu veritable nom.
   William Wilson by Edgar Allan Poe
   E-text at edgar allan poe. relats 2


■スペイン語訳 Translation into Spanish

Permitidme que, por el momento, me llame a mí mismo William Wilson. Esta blanca página no debe ser manchada con mi verdadero nombre.

   William Wilson by Edgar Allan Poe
   Translated by Julio Cortázar
   E-text at Scribd


■フランス語訳 Translation into French

Qu’il me soit permis, pour le moment, de m’appeler William Wilson. La page vierge étalée devant moi ne doit pas être souillée par mon véritable nom.
   William Wilson by Edgar Allan Poe
   Translated by Charles Baudelaire
   E-text at Wikisource


 Audio 3 
「ウィリアム・ウィルスン」 英語原文のオーディオブック(朗読: レディ・マリア)
William Wilson: An audiobook of the English original

Uploaded by audiobooksfree on Dec 22, 2011. Produced by Librivox. Read by Lady Maria.


 Audio 4 
「ウィリアム・ウィルスン」 英語原文のオーディオブック(朗読: マーティン・ドネガン)
William Wilson: An audiobook of the English original

Uploaded by doctordel on Feb 21, 2012. Read By Martin Donegan, 1973.


■英語原文 The original text in English

Let me call myself, for the present, William Wilson. The fair page now lying before me need not be sullied with my real appellation.
   William Wilson (1839) by Edgar Allan Poe
   E-text at:
   * Project Gutenberg
   * E. A. Poe.org


■"William Wilson" の日本語表記
 Variations of transliteration in Japanese

上にご覧のとおり、"William Wilson" の日本語表記は、これまでに少なくとも5通りがありました。原音の "wi" や "so" を、どのように転写するかについての違いです。下に赤い太字で示した箇所です。

   「ウリアム・ウン」……金原 2002 谷崎 1985 谷崎 1962, 1969, etc.
                      佐々木 1951 葉河 1946 谷崎 1929
   「ウリアム・ウン」……巽 2009 小川(高)2006 大岡 1998 
                      富士川 1992永川 1978 中野 1974, 1978 
                      小川(和)1973 刈田 1966 松村1962 荒 1961
   「ウリアム・ウン」……佐伯 1974
   「ウリアム・ウン」……西崎 2007
   「リアム・ン」 ………江戸川 1929


■tomokilog 関連記事 Related articles from tomokilog


■更新履歴 Change log

  • 2014/11/20 イタリア語訳を追加しました。
  • 2014/11/02 ギリシャ語訳とカタルーニャ語訳を追加しました。
  • 2013/03/18 葉河憲吉=譯 1946/12/25 とウクライナ語訳を追加しました。
  • 2012/08/16 日本語版、ドイツ語版、および英語版オーディオブックのYouTube 画面を追加しました。
  • 2012/08/11 スペイン語訳を追加しました。
  • 2011/01/24 ロシア語訳を追加しました。
  • 2010/12/10 巽孝之=訳 2009/04/01 とポルトガル語訳を追加しました。
  • 2009/11/08 チェコ語訳を追加しました。
  • 2009/09/08 "William Wilson" の日本語表記の項を修正しました。
  • 2008/02/16 ドイツ語訳を追加し、フランス語訳のテキストを、アクセント記号のついた、より正確なものに差し換えました。
  • 2007/11/04 白木茂=訳に関する書誌情報を補足しました。
  • 2007/07/01 谷崎精二=訳 1985/03 を追加しました。
  • 2007/06/16 谷崎精二=訳 1998/09 と谷崎精二=譯 1929/01 を追加しました。
  • 2007/06/14 白木茂=訳 1996/11 を追加しました。
  • 2007/06/13 西崎憲=訳 2007/05 を追加しました。
  • 2007/02/01 荒正人=訳 1961/09 を追加しました。
  • 2007/01/22 永川玲二=訳 1978/09 を追加しました。
  • 2006/12/18 大岡玲=訳 1998/03 を追加しました。
  • 2006/11/23 中国語訳(簡体字)と小川高義=訳 2006/10 を追加しました。また、書誌情報を補足し、Amazon.co.jp その他の関連サイトへのリンクを張りました。
  • 2006/02/27 小川和夫=訳 1973 を追加しました。
  • 2006/05/15 佐伯彰一=訳 1974 と江戸川亂歩=譯 1929 を追加し、"William Wilson" の日本語表記の項を新設しました。
  • 2006/04/28 富士川義之=訳 1992 と刈田元司=訳 1966 を追加し、書誌情報を修正・補足しました。
  • 2006/04/03 Charles Baudelaire フランス語訳と書誌情報を追加しました。

 

« 1 William Wilson »
« 1 ウィリアム・ウィルソン »

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ翻訳ブログ人気ランキング参加中

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■DVD

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

  

| | Comments (2) | TrackBack (0)

The Fall of the House of Usher by Edgar Allan Poe エドガー・アラン・ポー 「アッシャー家の崩壊」

       目次 Table of Contents

 Video 1  アニメ アッシャー家の崩壊 (2012) The Fall of the House of Usher (2012)
 Video 2  チェコ映画 アッシャー家の崩壊 (1981) Zánik domu Usherů (1981)
■中国語訳(簡体字)Translation into simplified Chinese
■日本語訳 Translations into Japanese
  (J1) 小川(高) 2016
  (J2) 巽 2009
  (J3) 西崎 2007
  (J4) 八木 2006
  (J5) 金原 2002
  (J6) 大岡 1998
  (J7) 富士川 1992
  (J8) 谷崎 1985
  (J9) 永川 1978
  (J10) 日夏 1977, 2004
  (J11) 久米 1975
  (J12) 小泉 1974
  (J13) 河野 1974
  (J14) 小川(和) 1973
  (J15) 八木 1971, 1982
  (J16) 丸谷 1970
  (J17) 刈田 1966
  (J18) 田桐 1964
  (J19) 松村 1962
  (J20) 谷崎 1962, 1969, etc.
  (J21) 佐々木 1951, 1999
  (J22) ダイジエスト・シリーズ刊行會 1950
  (J23) 龍膽寺 1949, 2012
  (J24) 葉河 1946
  (J25) 山本 1934
  (J26) 森村+澤田 1934
  (J27) 江戸川 1929
  (J28) 谷崎 1929
  (J29) 岡田 1926
  (J30) 幡谷 1926
 Video 3  米映画 アッシャー家の惨劇 (1960) House of Usher (1960)
  Image   オーディオブック CD のジャケット Audiobook CD cover
■ロシア語訳 Translations into Russian
  (R1)
  (R2)
■ウクライナ語訳 Translations into Ukrainian
 Audio 1  ポーランド語版オーディオブック Audiobook in Polish
■ポーランド語訳 Translation into Polish
■チェコ語訳 Translation into Czech
■デンマーク語訳 Translation into Danish
 Audio 2  ドイツ語版オーディオブック Audiobook in German
■ドイツ語訳 Translation into German
■イタリア語訳 Translation into Italian
■ポルトガル語訳 Translations into Portuguese
  (Pt1) Pinto
  (Pt2) Lispector, 2003
■カタルーニャ語訳(カタロニア語訳) Translations into Catalan
  (Ca1)
  (Ca2)
 Video 4  スペイン映画 アッシャー家の崩壊 (2004) La caída de la casa Usher (2004)
 Audio 3  スペイン語版オーディオブック Audiobook in Spanish
■スペイン語訳 Translations into Spanish
  (Es1) 2014
  (Es2) Club, 2005
  (Es3) 2004
 Video 5  仏映画 アッシャー家の末裔 (1928) La chute de la maison Usher (1928)
 Audio 4  フランス語版オーディオブック Audiobook in French
■フランス語訳 Translation into French
 Video 6  米映画 アッシャー家の崩壊 (1928) The Fall of the House of Usher (1928)
 Audio 5  英語原文のオーディオブック Audiobook in English
 Audio 6  英語原文のドラマ仕立ての朗読 A dramatic reading
■英語原文 The original text in English
■邦題の異同 Variations of the title in Japanese
■ポー vs ポオ vs ポウ vs ポゥ "Poe": Transliteration variations in Japanese
■外部リンク External links
■tomokilog 関連記事 Related articles from tomokilog
■更新履歴 Change log


 Video 1 
アニメ 『アッシャー家の崩壊 (2012)』 予告編
The Fall of the House of Usher (2012) Trailer

監督: ラウル・ガルシア ナレーション: クリストファー・リー Uploaded to YouTube by AnimationsfilmeCH on 11 Dec 2012. Directed by Raúl García. Narrated by Christopher Lee.


 Video 2 
チェコスロバキア映画 『アッシャー家の崩壊 (1981)
Zánik domu Usherů (1981)

監督: ヤン・シュヴァンクマイエル Directed by Jan Svankmajer


■中国語訳(簡体字)Translation into simplified Chinese

他说,这是种先天性的疾病,是家族遗传,他已经绝望了,不想再治疗了。他马上又补充一句,这只是神经上的毛病,一准不久就过去了。

   厄舍府的倒塌 —— 爱伦坡
   E-text at 百度空间


■日本語訳 Translations into Japanese

(J1) 小川(高) 2016
すなわち身体と家系に悪いものが染みついていて、もはや療法があるとも思っていない。ただし——と、すぐに付言していたが——これは神経の病であるので、まもなく症状は消えるであろう。


(J2) 巽 2009
彼によれば、この病は生まれつきで、アッシャー一族特有の悪疫(あくえき)であり治療の施しようがないという。そして、すぐにも付言するところでは、それはひとつの精神疾患であって、発作が起きてもじきになりをひそめるのは疑いない、とも。


(J3) 西崎 2007
アッシャーが言うには、それは生まれつきで、遺伝であるということだった。そして治療法を見つけることを断念していると――しかし、かれはすぐに前言を翻して、単なる神経の不調だと説明し、すぐに良くなるだろうと語った。


(J4) 八木 2006
彼によると、それは体質的な遺伝病で、根治療法を見つけることはまず絶望的ということであった――が、そう言っておいて、すぐさま前言を翻(ひるがえ)して、それは単なる神経症で、きっとすぐよくなるはずだ、と付け加えた。


(J5) 金原 2002
アッシャーがいうには、病気は一家に伝わる遺伝性(いでんせい)のもので、治療(ちりょう)のみこみはないらしい。しかし、ただ神経がまいっているだけだから、すぐになおるさ、とつけ加えた。

  • エドガー・アラン・ポー=作 金原瑞人=訳 「アッシャー家の崩壊」 『モルグ街の殺人事件』 岩波少年文庫 2002

(J6) 大岡 1998
これはもって生まれた体質的な病気であり、治療法を見つけることはあきらめていると断定しながら、一方で、単なる神経症なんだから、じきに治ってしまうのは疑いない、とつけくわえたりする目まぐるしさだ。

  • エドガー・アラン・ポー=作 大岡玲(おおおか・あきら)=訳 「アシャー家の崩壊」 『アモンティラードの樽 その他』 地球人ライブラリー 小学館 1998/03

(J7) 富士川 1992
その病気は体質的なもの、先祖代々受け継いで来た悪疫であり、治療法を見つけることに絶望しているのだとも言う――だが、単なる神経病なのだから、きっといずれは治るだろうと、すぐに言い添えるのだった。

  • ポー=作 富士川義之=訳 「アッシャー館の崩壊」 『黒猫』 集英社文庫 1992/05

(J8) 谷崎 1985
彼がいうには、病気は体質(たいしつ)にもとづく遺伝的(いでんてき)なもので、どうしても治療法(ちりょうほう)が見つからなかった。もっともただの神経(しんけい)の病気なので、むろんじきになおってしまうのだと、彼はすぐつけくわえた。


(J9) 永川 1978
それは体質的、遺伝的な業病だから、治療はもともと絶望的だと彼は言う。かと思うと、たちまちその口の下から、たかが神経障害だよ、どうせまもなく治るさ――という調子である。


(J10) 日夏 1977, 2004
[文語文による翻訳の断片]


(J11) 久米 1975
「ぼくの病気は遺伝(いでん)からきたものだ。だからどんな薬をのんでもなおらないのだ」というかと思うと、たちまちてのひらをかえしたように、「なあに、神経がちょっと弱っているだけだから、そのうちにきっとよくなるさ」と、けろりとしていうのだった。

  • ポー=著 久米元一(くめ・げんいち)=訳 『アッシャー家の没落』 世界の名作文学26 岩崎書店 1975(児童向け抄訳)

(J12) 小泉 1974
彼の語るところによれば、その病気は体質的なもの、彼の一族に巣喰(すく)う病(やまい)であって、その治療法を見いだすことはとてもおぼつかないのだという――もっとも彼はすぐそのあとで言ったのだが、これはただの神経病なのだから、たぶん、すぐなおるだろうということだった。


(J13) 河野 1974
彼の言うところによれば、それは体質的な遺伝的なもので、治療法の発見は絶望的だという――だが、と彼はすぐにつけ加えて言った、そのうちきっと消えてしまうに違いないちょっとした神経障害だというのだ。

  • エドガー・アラン・ポオ=著 河野一郎=訳 「アッシャー家の崩壊」 『ポオ小説全集1』 創元推理文庫 1974/06

(J14) 小川(和) 1973
彼の言うところによれば、これは体質的な病気、遺伝的な病気なので、自分としては治療法はあるまいとあきらめている、というのだが――すぐに附け加えて、単なる神経疾患にすぎず、遠からず直ってしまうに違いないとも言った。


(J15) 八木 1971, 1982
彼によると、それは体質的な遺伝病で、根治法を見つけることはまず絶望ということであったが――彼はすぐ言葉をつなぎ、それは単なる神経症で、きっとすぐよくなるはずであるとも言った。


(J16) 丸谷 1970
それは体質的なもの、代々につたわる病気だから、治療法をみつけることは絶望している――が、単なる神経障害にすぎないから、もちろんやがて消え去るだろうと言い添えるのだった。


(J17) 刈田 1966
それは体質的な遺伝性の病気で、治療法を見つけることはもうあきらめている――と言いかけて、アッシャーは、実はただの神経症ですぐになおってしまうことは疑いない、といそいでつけ加えた。


(J18) 田桐 1964
これは、一種の体質病、一種の遺伝病で、もう治療法はないものと思っていると言ったが、そう言ったあとですぐ、これはほんの軽い神経病で、間もなくよくなることはまちがいない、と言い足した。

  • エドガー・アラン・ポオ=作 田桐大澄(たぎり・ひさずみ)=訳 「アシャー家の崩壊」 『ポオ短篇集』 八潮版・アメリカの文学 八潮出版社 1964/08

(J19) 松村 1962
その言うところでは、この病気は一種体質的な遺伝的なもので、その根治法を見いだすことは彼自身あきらめている――しかしそう言ったあとからすぐ、ただ一種の神経異常にすぎないのだから、そのうちにやがて消え去ってしまうことだろう、そうつけ加えるのだった。


(J20) 谷崎 1962, 1969, etc.
彼のいうところに従うと、それは体質にもとづく遺伝的な病気で、どうしても治療法が見つからなかった。もっともただ神経の病的作用で、むろんじきに癒ってしまうのだと、彼はすぐつけ加えた。


(J21) 佐々木 1951, 1999
彼のいうところによると、それは生れつきの遺伝的な病であり、治療法を見出(みいだ)すことは絶望だというのであった。――もっともただの神経の病気で、いまにきっと癒(なお)ってしまうだろう、と彼はすぐつけ加えたが。

  • エドガー・アラン・ポー=著 佐々木直次郎=訳 「アッシャー家の崩壊」
    1. E-text at 青空文庫 入力:大野晋 校正:福地博文 1999年4月3日公開 2005年12月25日修正
    2. 黒猫・黄金虫』 新潮文庫 1951
  • 1. の底本は 2.。

(J22) ダイジエスト・シリーズ刊行會 1950
「これは一家に共通した病的氣質であつて、ほんの神經病にすぎないものであり、必ず治つてしまう性格のものなのだ。」
 と説明した。

  • エドガー・アラン・ポオ=作 編著者:ダイジエスト・シリーズ刊行會 代表:磯部秀見 「アツシヤー家の崩壌」 『怪奇と詩情―ポーの人と作品』 ダイジエスト・
    シリーズ3 ジープ社 定價八○圓 1950/06/15

(J23) 龍膽寺 1949, 2012
友の曰ふところによれば、それは體質的で、その一家に傳る不仕合であつて、治療の道がなかつた。もつとも、それは單なる神經過敏症であるから、直に快くなつてしまふだらうと、友はすぐに附け加へて曰つた。


(J24) 葉河 1946
彼は言ふのであった、これは血統による體質病で、その治療法の發見については自分は諦めてゐる——單なる神經障害で、と彼は直ぐに附加へて言つた、屹度間も無く治つてしまふだらう、と。

  • エドガ・アラン・ポウ=作 葉河憲吉(はがわ・けんきち)=譯 「アッシャ館の崩壞」 『あひびき』 出水書園 1946/12/25
  • 害の旧字は新字で置き換えました。

(J25) 山本 1934
彼の言ふところによると、その病氣は生來の遺傅病で、如何とも治療の道がないのだ。けれども彼は直ぐ附言して、ほんの神經病に過ぎないから、無論直きに全快するに違ひないと云つた。

  • Edgar Allan Poe=作 山本供平=譯註 「アッシャー家の沒落」 『Prose Tales』 英學生文庫 春陽堂 定價金六拾五錢 1934/09(昭和9)
  • 奥付に表示された書名は「プローズ・テールズ」

(J26) 森村+澤田 1934
彼は言つた、それは生得の、而かも家重代の災害で、治療の方法は絕無と斷念してゐるやうな病氣ださうな——尤も、と彼はその口の下から附け加へて言つた、單なる神經の故障に過ぎないのだから、屹度そのうちに平癒するだらうとのことであつた。

  • エドガー・アラン・ポゥ=作 森村豐(もりむら・ゆたか)+澤田卓爾(さわだ・たくじ)=譯 「アッシャ家の崩壊」 『黑猫 他六篇』 岩波文庫 定價四十錢 1934/02/10(昭和9)
  • 過・平の旧字は新字で置き換えました。

(J27) 江戸川 1929
それは生まれながらの、しかも血統的な病であつて、治療法なぞを見出すことは、絶望であると言つた。併し――單なる神經的の病に過ぎないのだから、いくばくもなくして必ず過ぎ去つてしまふに違ひない、とつけ加へた。

[原文はつぎのとおり総ルビです tomoki y.]

それは生(う)まれながらの、しかも血統的(けつとうてき)な病(やまひ)であつて、治療法(ちれうはふ)なぞを見出(みいだ)すことは、絶望(ぜつばう)であると言(い)つた。併(しか)し――單(たん)なる神經的(しんけいてき)の病(やまひ)に過(す)ぎないのだから、いくばくもなくして必(かなら)ず過(す)ぎ去(さ)つてしまふに違(ちが)ひない、とつけ加(くは)へた。


(J28) 谷崎 1929
彼の言ふところに從ふとそれは體質に基く遺傳的な病で、どうしても治療法が見つからなかつた。尤もたゞ神經の病的作用で、無論直きに癒(なほ)つてしまふのだと彼は直ぐ附け加へた。


(J29) 岡田 1926
生れつきの、つまり遺傳病で、治療法を見つけることは兎ても絶望だと――云つて直ぐ又、なにホンの神經病だから屹度直に癒つて了ふだらうと、附け加へたりする。

  • エドガア・アラン・ポウ=作 岡田實麿=譯 「アッシヤー館の沒落」
    1. 国立国会図書館マイクロフィッシュ YD5-H-520-45
    2. 世界短篇小説大系 亞米利加篇』 近代社(非賣品) 1926/05(大正15) この本の内容詳細は ここ
  • 引用は 2. に拠りました。かなり傷んだ状態であるにもかかわらず、寛大にも、この本を貸し出してくださった、K県立図書館の皆さん、ならびに、いつもながら、取り寄せの労をとってくださった府立図書館の皆さんにお礼申し上げます。

(J30) 幡谷 1926
彼の話によると、その病氣は生來の遺傳病で、どうしても治療法のないものであつた——だが直ぐに彼は、ほんの神經病に過ぎぬもので、屹度直ぐに癒るだらうと附け加へた。

  • アラン・ポウ=作 幡谷正雄(はたや・まさお)=譯註 『アッシャ家の沒落』 英文學名著選 第8 健文社 1926(大正15) 定價金五拾錢 スキャン本 国立国会図書館 近代デジタルライブラリー
  • 遺・過の旧字は新字で置き換えました。

 Video 3 
アメリカ映画 『アッシャー家の惨劇 (1960)』 予告篇
House of Usher (1960) Trailer

監督: ロジャー・コーマン 出演: ヴィンセント・プライス Directed by Roger Corman. Starring Vincent Price.


  Image  
オーディオブック CD のジャケット Audiobook CD cover
Poe-Usher
The Fall of the House of Usher, The Pit and the Pendulum and Other Tales of Mystery and Imagination Naxos Audio Books; Unabridged (2005/10/31)


■ロシア語訳 Translations into Russian

(R1)
Это - проклятие их семьи, сказал он, наследственная болезнь всех Ашеров, он уже отчаялся найти от нее лекарство, - и тотчас прибавил, что все это от нервов и, вне всякого сомнения, скоро пройдет.

  • Эдгар Аллан По. Падение дома Ашеров.
    © Copyright Нора Галь, наследники перевод
    Сверено по беловой корректуре с исправлениями переводчика (архив Н.Галь)
  • OCR: Alexander D.Jurinsson
  • E-text at Lib.Ru

(R2)
Это, говорил он, зло фамильное  и зависящее от телосложения, он отчаялся найти какое-нибудь средство излечения - это просто нервное возбуждение, прибавил он тотчас  же,  и,  конечно,  оно скоро пройдет.

  • Эдгар Алан По. Падение дома Эшер.
    По Э. А. Лирика.  Мн.: Харвест, 1999  ISBN 985-433-680-8
  • OCR Бычков М.Н. mailto:bmn@lib.ru
  • E-text at Lib.Ru

■ウクライナ語訳 Translations into Ukrainian

Це, - сказав він, - певна органічна недуга, притаманна всій родині, і він утратив надію знайти ліки проти неї; але, власне, - тут же додав мій друг, - це не що інше, як “просто нерви”, і, без сумніву, все те скоро має минути.

  • Едгар Аллан По. Падіння дому Ашерів
    © ВИШНЕВИЙ В. В., переклад з англійської, 1992
  • E-text at Український Центр (ukrcenter.com)

 Audio 1 
ポーランド語版オーディオブック Audiobook in Polish

下の引用箇所の朗読は 14:42 から始まります。 Uploaded to YouTube by AudioBook PL on 20 Aug 2014. Reading of the excerpt below starts at 14:42.


■ポーランド語訳 Translation into Polish

Jest to, mówił, choroba dziedziczna, choroba organiczna, choroba, dla której nie mam nadziei znalezienia lekarstwa, zwykły roztrój nerwowy — dorzucił niezwłocznie — którego bez wątpienia wkrótce się pozbędę.

  • Zagłada domu Usherów by Edgar Allan Poe
  • E-text at Wolne Lektury

■チェコ語訳 Translation into Czech

Byla to podle jeho názoru vada vrozená a rodová, na kterou marně hledá lék - pouhá nervová předrážděnost, dodal zase vzápětí, která bezpochyby co nevidět přejde.


■デンマーク語訳 Translation into Danish

Han sagde, at der var tale om et konstitutionelt familieonde, som han havde opgivet af finde nogen kur imod - men han skyndte sig at tilføje, at det ikke var andet end en nervøs lidelse, der utvivlsomt hurtigt ville fortage sig.

  • Huset Ushers fald by Edgar Allan Poe. Translated by Arne Herløv Petersen.
    Copyright © 1995 Arne Herløv Petersen for oversættelsen
  • E-text at herlov.dk

 Audio 1 
ドイツ語版オーディオブック Audiobook in German

下の引用箇所の朗読は 15:25 から始まります。 Uploaded to YouTube by vorleser.net on 17 Mar 2014. Reading of the excerpt below starts at 15:25.


■ドイツ語訳 Translation into German

Es war, sagte er, ein ererbtes Familienübel, ein Übel, für das ein Heilmittel zu finden er verzweifle – nichts weiter als nervöse Angegriffenheit, fügte er sofort hinzu, die zweifellos bald vorübergehen werde.


■イタリア語訳 Translation into Italian

Si trattava, mi spiego', di un male costituzionale ed ereditario, e al quale disperava di trovare un rimedio; una semplice affezione nervosa, si affretto' a soggiungere, che senza dubbio si sarebbe ben presto dileguata.


■ポルトガル語訳 Translations into Portuguese

(Pt1) Pinto
Era, disse ele, um mal natural e de família, e para o qual ele já desesperava de encontrar remédio — uma mera afecção nervosa, acrescentou logo, que sem dúvida em breve acabaria.


(Pt2) Lispector, 2003
Falou da doença. Era um mal de família. Incurável. Talvez mais uma doença nervosa. Manifestava-se numa multidão de sensações anormais.


■カタロニア語訳 Translations into Catalan

(Ca1)
Era, va dir, un mal constitucional i familiar, i desesperava per trobar-li remei; una simple afecció nerviosa, afegí immediatament, que indubtablement passaria aviat.


(Ca2)
Era, digué, un mal constitucional, un mal de familia, pel qual desesperava trobar remei —una simple afecció nerviosa, va afegir totseguit, que sense dubte passaría aviat.


 Video 4 
スペイン映画 アッシャー家の崩壊 (2004) La caída de la casa Usher (2004)

Uploaded to YouTube by scudmonstery on 13 Apr 2010



 Audio 2 
スペイン語版オーディオブック(Joseph Club 訳に拠る)
Audiobook in Spanish, based on translation by Joseph Club

下の引用箇所の朗読は 13:08 から始まります。 Uploaded to YouTube by FOR THE WIN on 22 Dec 2013. Reading of the excerpt below starts at 13:08.


■スペイン語訳 Translations into Spanish

(Es1) 2014
Era, dijo, un mal constitucional, de familia, para el cual desesperaba de encontrar un remedio; una simple afección nerviosa, añadió acto seguido, que, sin duda, desaparecía pronto.


(Es2) Club, 2005
Era, dijo, un mal constitucional y familiar, para el cual desesperaba de encontrar remedio; una simple afección nerviosa, añadió inmediatamente, que sin duda pasaría pronto.


(Es3) 2004
Era, dijo, un congénito y familiar mal, uno por el que desesperaba en encontrar remedio... una mera afección nerviosa, agregó de inmediato, que sin duda pasaría pronto.


 Video 5 
フランス映画 『アッシャー家の末裔 (1928)
La chute de la maison Usher (1928)

監督: ジャン・エプスタイン 脚色: ルイス・ブニュエル 出演: ジャン・ドビュクール、シャルル・ラミ Directed by Jean Epstein. Adapted by Luis Buñuel. Starring Jean Debucourt, Charles Lamy.


 Audio 3 
フランス語版オーディオブック Audiobook in French

下の引用箇所の朗読は 17:29 から始まります。 Uploaded to YouTube by Poesis fr on 3 Jun 2014. Reading of the excerpt below starts at 17:29.


■フランス語訳 Translation into French

C'était, disait-il, un mal de famille, un mal constitutionnel, un mal pour lequel il désespérait de trouver un remède, une simple affection nerveuse, ajouta-t-il immédiatement, dont, sans doute, il serait bientôt délivré.


 Video 6 
アメリカ映画 『アッシャー家の崩壊 (1928)
The Fall of the House of Usher (1928)

監督: ジェームズ・シブリー・ワトソン、メルヴィル・ウェバー 出演: ハーバート・スターン、他 Directed by James Sibley Watson, Melville Webber. Staring Herbert Stern, Hildegarde Watson and Melville Webber.


 Audio 4 
「アッシャー家の崩壊」 英語原文のオーディオブック(朗読)
The Fall of the House of Usher: An audiobook of the English original

下に抜粋した箇所は 15:41 あたりから始まります。 Uploaded by audiobooksfree on Dec 22, 2011. The audio recording produced by Librivox. Read by Mike Vendetti. The excerpt below starts around 15:41.


 Audio 5 
「アッシャー家の崩壊」 英語原文のドラマ仕立ての朗読
The Fall of the House of Usher: A dramatic reading of the English original

下に引用した箇所は 06:49 あたりにあるべきですが、録音では省かれています。 Uploaded by StrobieStudios on Oct 31, 2010. Directed by Scott Strosahl. Featuring the voices of Michael Helgens, Greg Kilberger, and Steve Rimpici, The excerpt below is supposed to appear around 06:49, but has been deleted from the recording.


■英語原文 The original text in English

It was, he said, a constitutional and a family evil, and one for which he despaired to find a remedy -- a mere nervous affection, he immediately added, which would undoubtedly soon pass off.


■邦題の異同 Variations of the title in Japanese

  • 「アシャー家の崩壊」………大岡 1998 田桐 1964
  • 「アシャー館の崩壊」………丸谷 1970
  • 「アッシャー家の崩壊」……小川(高)2016 巽 2009 西崎 2007 
                 八木 2006, 1982, 1971 金原 2002
                 谷崎 1985 永川 1978 河野 1974
                 小泉 1974 小川(和)1973 刈田 1966
                 松村 1962 佐々木 1951
  • 「アッシャー家の没落」……久米 1975
  • 「アッシャー家の沒落」……山本 1934
  • 「アッシャー館の崩壊」……富士川 1992
  • 「アッシャア家の崩没」……龍膽寺 1949, 2012
  • 「アッシャア家の没落」……谷崎 1962, 1969, 1998
  • 「アッシャ家の崩壊」………森村+澤田 1934
  • 「アッシャ家の沒落」………幡谷 1926
  • 「アッシャ館の崩壊」………葉河 1946
  • 「アッシヤー館の沒落」……岡田 1926
  • 「アッシヤァ家の沒落」……谷崎 1929
  • 「アツシヤー家の崩壌」……ダイジエスト・シリーズ刊行會 1950
  • 「アツシヤア館の崩壊」……江戸川 1929

  今日では「アッシャー家の崩壊」が定訳といってよさそうです。


■ポー vs ポオ vs ポウ vs ポゥ
 Transliteration variations of "Poe" in Japanese

  • ポー……小川(高)2016 巽 2009 西崎 2007 金原 2002
        大岡 1998 富士川 1992 谷崎 1985 永川 1978
        久米 1975 丸谷 1970  刈田 1966 田桐 1964
        松村 1962 佐々木 1951 
        ダイジエスト・シリーズ刊行會 1950(扉)
        江戸川 1929
  • ポオ……日夏 1977, 2004 小泉 1974 河野 1974
        小川(和) 1973 八木 1971, 1982, 2006
        ダイジエスト・シリーズ刊行會 1950(解説)
        龍膽寺 1949, 2012 谷崎 1929, 1962, 1969, 1998
  • ポウ……葉河 1946 岡田 1926 幡谷 1926
  • ポゥ……森村+澤田 1934

  近年は「ポー」という表記が、やや優勢のようです。


■外部リンク External links


■tomokilog 関連記事
 Related articles from tomokilog:


■更新履歴 Change log

  • 2016/05/14 小川高義=訳 2016/05/20 を追加しました。
  • 2014/12/23 Joseph Club によるスペイン語訳を追加しました。また、ポーランド語版、ドイツ語版、およびスペイン語版オーディオブックの YouTube 画面を追加しました。さらに、外部リンクの項を新設しました。
  • 2014/11/21 フランス語版オーディオブックの YouTube 画面を追加しました。
  • 2013/03/18 スペイン映画 La caída de la casa Usher (2004) の YouTube 動画を追加しました。
  • 2013/03/16 Luís Varela Pinto による、もう1種類のポルトガル語訳、新たに2種類のカタルーニャ語訳、そしてアニメ 『アッシャー家の崩壊 (2012)』 の動画を追加しました。
  • 2013/02/27 デンマーク語訳を追加しました。
  • 2013/02/26 目次を新設し、龍膽寺旻=訳 1949/11/01 を追加しました。
  • 2013/02/11 ウクライナ語訳を追加しました。
  • 2012/10/03 森村豐+澤田卓爾=譯 1934/02/10 を追加しました。
  • 2012/08/25 葉河憲吉=譯 1946/12/25 を追加しました。
  • 2012/08/16 英語原文のオーディオブックの YouTube 画面を追加しました。
  • 2012/07/26 幡谷正雄=譯註 1926(大正15)を追加しました。
  • 2012/07/07 ポーランド語訳を追加しました。
  • 2011/01/24 2種類のロシア語訳を追加しました。
  • 2010/12/12 巽孝之=訳 2009/04/01、ドイツ語訳、ポルトガル語訳、もう一つのスペイン語訳、ならびに次の3本の YouTube 動画を追加しました。
    1. 映画 『アッシャー家の崩壊 (1981)』
    2. 映画 『アッシャー家の惨劇 (1960)』 予告篇
    3. 映画 『アッシャー家の末裔 (1928)』
  • 2009/11/08 チェコ語訳を追加しました。
  • 2009/09/15 ダイジエスト・シリーズ刊行會=編著 1950/06/15 を追加しました。
  • 2009/04/26 田桐大澄=訳 1964/08 を追加しました。
  • 2008/07/29 岡田實麿=譯 1926/05 とイタリア語訳を追加し、フランス語訳のテキストをアクセント記号付きの、より正確なものと差し換えました。
  • 2007/09/17 山本供平=譯 1934/09 を追加しました。
  • 2007/06/17 谷崎精二=訳 1969/11 を追加しました。
  • 2007/06/16 谷崎精二=譯 1929/01 を追加しました。
  • 2007/06/13 西崎憲=訳 2007/05 を追加し「ポー vs ポオ」の項を新設しました。
  • 2007/02/10 大岡玲=訳 1998/03 追加しました。
  • 2007/02/10 スペイン語訳を追加しました。
  • 2007/01/29 八木敏雄=訳(b) 1982/12 を追加しました。
  • 2007/01/22 永川玲二=訳 1978/09 を追加し「邦題の異同」の項を新設しました。
  • 2006/12/21 tomokilog 関連記事の項を新設しました。
  • 2006/11/24 中国語訳(簡体字)を追加しました。
  • 2006/11/10 丸谷才一=訳 1970/07 を追加し、関係リンクを追加しました。
  • 2006/05/15 小泉一郎=訳 1974 と江戸川亂歩=譯 1929 を追加しました。
  • 2006/05/07 久米元一=訳 1975 を追加しました。
  • 2006/04/28 刈田元司=訳 1966 を追加しました。
  • 2006/04/25 八木敏雄=訳(a) 2006 を追加し、書誌情報を修正・補足しました。
  • 2006/03/18 富士川義之=訳 1992 を追加しました。
  • 2006/02/27 小川和夫=訳 1973 を追加しました。また、この記事のタイトルを「A constitutional and a family evil」から「The Fall of the House of Usher by Edgar Allan Poe」に変更しました。


にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ84595840v1308102456

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

■DVD

  

| | Comments (0) | TrackBack (0)

A Descent into the Maelstrom by Edgar Allan Poe エドガー・アラン・ポー 「大渦巻への落下」「メールシュトレームの大渦」「大渦にのまれて」「メエルシュトレエムの底へ」「メエルストルムの渦」

        目次 Table of Contents

■中国語訳(簡体字) Translation into simplified Chinese
 Audio 1  日本語版オーディオドラマ Dramatic reading in Japanese
■日本語訳 Translations into Japanese
  (J1) 巽 2015
  (J2) 西崎 2007
  (J3) 金原 2002
  (J4) 富士川 1992
  (J5) 高橋 1989
  (J6) 谷崎 1985
  (J7) 永川 1978
  (J8) 福島 1977
  (J9) 久米 1975
  (J10) 小泉 1974
  (J11) 小川 1973, 1974
  (J12) 大橋 1966, 1973
  (J13) 田桐 1964
  (J14) 松村 1962
  (J15) 佐々木 1951
  (J16) 谷崎 1929
  (J17) 江戸川 1929
  (J18) 岡田 1926
  (J19) 森 1910, 1915, etc.
■トルコ語訳 Translation into Turkish
■ハンガリー語訳 Translation into Hungarian
 Audio 2  ロシア語版オーディオブック Audiobook in Russian
■ロシア語訳 Translation into Russian
■ブルガリア語訳 Translation into Bulgarian
■チェコ語訳 Translation into Czech
 Audio 3  ドイツ語版オーディオブック Audiobook in German
■ドイツ語訳 Translation into German
■イタリア語訳 Translation into Italian
■ポルトガル語訳 Translations into Portuguese
  (Pt1) Leite, 2013
  (Pt2) de Souza, 2000, 2003
■カタルーニャ語訳(カタロニア語訳) Translation into Catalan
 Audio 4  スペイン語版オーディオブック Audiobook in Spanish
■スペイン語訳 Translations into Spanish
  (Es1) Wikisource
  (Es2) Ciudad Seva
 Audio 5  フランス語版オーディオブック Audiobook in French
■フランス語訳 Tanslation into French
 Audio 6  英語原文 ドラマ仕立ての朗読 Dramatic reading
 Audio 7  英語原文朗読 Audiobook by Paul's Reading
 Audio 8  英語原文朗読 Audiobook read by Lady Maria
■英語原文 The original text in English
■邦題の異同 Variations of the title in Japanese
■Maelström の日本語表記の異同
  Transliteration variations of the word "Maelström" in Japanese
■更新履歴 Change log


■中国語訳(簡体字) Translation into simplified Chinese

这听起来也许像在吹牛——但我告诉你的全是实话——我开始想到以这样的方式去死是多么的壮丽,想到面对上帝的力量如此叹为观止的展现,我竟然去考虑自己微不足道的生命,这是多么可鄙,多么愚蠢。我确信,当时这种想法一闪过我脑子,我的脸顿时羞得通红。过了一会儿,我终于被一种想探究那个大旋涡的强烈的好奇心所迷住。

   爱伦·坡:莫斯肯旋涡沉浮记
   E-text at 网易云阅读


 Audio 1 
日本語版オーディオドラマ Dramatic reading in Japanese

Uploaded to YouTube by matgomao on 7 Dec 2010.


■日本語訳 Translations into Japanese

(J1) 巽 2015
ここでこんなことを言うと自慢に聞こえるかもしれないが——しかし本当の話だから仕方がない——おれはこのとき、驚くべき神の御業を目(ま)のあたりにしながら、こんなふうに死ねるなんて何と壮麗であることか、自分個人の人生などというつまらないことに拘泥(こうでい)するとは何と愚かだったことかと、考えるようになった。この考えが浮かんだとき、おれは羞恥心(しゅうちしん)で顔を火照(ほて)らせていたにちがいない。それからしばらく経ってからのことだ、大渦巻そのものに対してふつふつと好奇心が湧(わ)いてきたのは。


(J2) 西崎 2007
嘯(うそぶ)いているように聞こえるかもしれない——けれど、おれが話しているのは本当のことだ——こんなふうに死ぬというのは何とも豪勢なもんだなと、おれは思った。そして、自分ひとりの命というような、取るに足らないことについて考えるのは、ばかなことだと思った。これほど素晴らしい神の力の顕(あらわ)れを前にしているというのに。そんなふうに考えていた時、おれは恥ずかしさに顔を赤くしていたに違いない。それからおれの心は大渦にたいする深い好奇心で一杯になった。


(J3) 金原 2002
自慢(じまん)しやがってと思うかもしれないが、本当だ。そのときおれはこう考えていた。こんなふうに死ねるなんて、すげえじゃねえか。神様がお作りになったこのすばらしい光景を前にして、自分の命がどうのこうのとみみっちいことを考えるなんて、ばかばかしくて話にならねえ。そう考えたとき、思わず顔が赤くなったくらいだ。それから少しばかりすると、この渦(うず)はいったいどうなってるんだろうとそれが気になってきた。

  • ポー=作 金原瑞人=訳 「大渦(おおうず)にのまれて」 『モルグ街の殺人事件』 岩波少年文庫 2002/08

(J4) 富士川 1992
自慢めいて聞こえるかもしれませんが——しかし、本当のことをお話ししているのです——こんなふうな死に方をするなんて何と素晴らしいことなんだろう、神様の力のこんなにも霊妙な顕現をまのあたりに見て、自分一個の生命などといったおよそ下らないことを考えるなんて、何と愚かなことだろうと、わしはつくづく思いはじめていました。こんな考えが頭に浮かんだとき、きっと恥ずかしさで顔が赤らんでいたことと思います。しばらくすると、わしは渦巻きそのものに対するこの上もなく激しい好奇心にとらえられました。

  • ポー=作 富士川義之=訳 「メエルシュトレエムの底へ」 『黒猫』 集英社文庫 1992/05

(J5) 高橋 1989
いやいや、けっして自分に度胸(どきょう)があると自慢(じまん)してるんじゃないですよ。そのとき思ったことをありのままにお話ししてるんで。あっしはほんとにこう思ったんです。こんなふうに死ねるなんてすばらしいことじゃないか、自分のちっぽけなこの命なんてどうでもいいじゃないか、神さまの偉大(いだい)な力が今目のまえにあらわれているんだぞ、とね。あんまりとほうもないことを考えたもんだから、はずかしくて顔が赤くなっていたにちがいないです。でもしばらくすると、この大うずのなかがどんなふうになっているのか、むしょうに知りたくなってきたんです。

  • エドガー・アラン・ポー=作 高橋啓(たかはし・けい)=訳 「大うずメエルシュトレエム」 江河徹(えがわ・とおる)=編 おぼまこと=画 『悪夢のような異常な話』 幻想文学館4 くもん出版 1989/08

(J6) 谷崎 1985
えらそうに聞こえますが、ほんとうの話、こうして死ぬのはなんとすばらしいことだろう、神様の力のおどろくべきあらわれ方から見れば、わたしひとりのつまらないいのちのことを考えるなんて、なんというばかげたことだろうと思いはじめました。こうした考えが心にうかんだとき、わたしははずかしくなって顔を赤くしたと思います。しばらくすると、わたしはうずにたいし、するどい好奇心(こうきしん)をおこしました。


(J7) 永川 1978
自慢話のように聞こえるかもしれませんが——まったくほんとのことでしてね——そのときわたしはこんなことを考えはじめていました。こういうふうに死ねるなんてなんとすばらしいことだろう、神の力のおどろくべきこの発現をまえにして、自分一個の命などというけちくさいことを考えたりするのはなんと馬鹿げたことだろう、と。これが頭にうかんだときには、気はずかしさで顔が赤くなっただろうと思います。そのうちにわたしは、渦そのものにたいする鋭い好奇心にとりつかれた。


(J8) 福島 1977
自慢しているように聞こえるかもしれないが、でもほんとうなんです。わしは、こんなふうにして死ねるなんて、すばらしいことだ、とさえ思いました。神さまの力のすばらしさ、偉大さを、目のまえで見たことで、自分のいのちが、とてもちっぽけなものに見えてきたんです。そんなもののために、じたばたするなんて、恥ずかしいことだ、と思ったんです。さて、そうして気が落ちついてくると、渦をもっとよく見てやりたい、渦についてもっとよく知りたいという、好奇心が一層強くなってきました。


(J9) 久米 1975
お客さんはわたしが、強がりをいっているのだ、と思われるかもしれませんが、その時わたしは胸の中で、こんなことを考えていたのです。『メェルストロームは、世界に有名な大渦巻だ。その大渦巻にまきこまれて死ぬのは、漁師(りょうし)として、まことに名誉(めいよ)なことだ。よし、大渦巻の内部が、どんなふうになっているか、この目で、しっかりと見とどけてやろう』こんな、誇らしい気持ちになっていたのです。


(J10) 小泉 1974
こういうと自慢めきますが——正直のところ——こんな死に方をするなんて何と素晴らしいことか、神様の力のかくも不思議なあらわれを目の前にして、自分一個の命などけちくさいものを考えるなんて何と愚かなことだろうとわしは考えはじめました。この考えが頭に浮かんだとき、たしかに、わしは恥ずかしくて顔が赤くなりました。間もなくわしは、渦巻きそのものに対するはげしい好奇心にとらえられました。


(J11) 小川 1973, 1974
自慢のようにきこえるかもしれませんが——まったくほんとうのことなんで。——わしは、こういうふうに死ねるなんてなんというすばらしいことだろう、神様のお力のこんなおどろくべき現われを前にして自分一個の命などというけちくさいことを考えるなんてなんという馬鹿なことだろうと、そんなふうに考えはじめました。この考えが頭に浮んだときははずかしさのあまり頭が赤くなっていたろうと思います。しばらくしますと渦そのものについて鋭い好奇の念が強く心中におこってきました。


(J12) 大橋 1966, 1973
自慢のように聞こえるかもしれませんが、ほんとうのことを申しあげているのです。私はこんなふうにして死ぬとは、なんと壮大なことだろうと思いました。そして、神の力のすばらしいあらわれを眼のあたりにしてみれば、私ひとりのいのちなどという取るに足りないもののことを考えるなんて、じつにつまらないことではないかと反省しはじめたのです。この考えが心をかすめたとき、私は恥ずかしくて赤面したと思います。やがて、私は渦巻そのものについての深い好奇心に取りつかれました。


(J13) 田桐 1964
自慢話のようにお思いかも知れませんが、でもこれは事実なのでございます。私は、こうやって死ねるなんて何とすばらしいことだろう、神様のお力がこんなにもすばらしい形で現われたのを目の前にして、自分一人の生命(いのち)なんていうけちなことを考えるのは愚の骨頂だ、とそう考え始めました。この考えが胸に浮かんだとき、私はきっと顔を赤くしていたに違いない、と思っております。間もなく私は渦巻そのものについての、おさえようもない強い好奇心にとりつかれてしまったのです。

  • エドガー・アラン・ポオ=作 田桐大澄(たぎり・ひさずみ)=訳 「大渦巻」 『ポオ短篇集』 八潮版・アメリカの文学 八潮出版社 1964/08

(J14) 松村 1962
これじゃまるでほら吹いてるみたいかもしれないが——今わしの話していることはなにもうそいつわりじゃないんで——こんなぐあいに死ねるなんて、またなんと大(たい)したことだろう、こういう神様のお力のすばらしいお示しを目のあたりにして、たかがわしの命一つぐらいけちけち考えるなんて、なんてばかげたことだろう、とまあ、そんなぐあいにわしは思いはじめたんだよ。そんな気持ちがふと心をかすめると、いやたしかに、わしは恥ずかしさでさっと顔が赤くなったね。それからほんのちょっとして、こんどはこの大渦そのものが、わしにはむしょうに物珍しく思えてきたんだ。


(J15) 佐々木 1951
空威張(からいば)りするように見えるかもしれません——が、まったくほんとうの話なんです、——私は、こうして死ぬのはなんというすばらしいことだろう、そして、神さまの御力(みちから)のこんな驚くべき示顕(じげん)のことを思うと、自分一個の生命(いのち)などという取るにも足らぬことを考えるのはなんというばかげたことだろう、と考えはじめました。この考えが心に浮んだとき、たしか恥ずかしさで顔を赧(あか)らめたと思います。しばらくたつと、渦巻そのものについての鋭い好奇心が強く心のなかに起ってきました。

  • 佐々木直次郎=訳 「メールストロムの旋渦(せんか)」
  • a. の底本は b.。

(J16) 谷崎 1929, 1962, etc.
豪(えら)がるやうですが、本當の話、私はかうして死ぬのは何といふすばらしいことだらう、神樣の御力の斯くも驚くべき現はれから見れば、私一人のつまらない命の事を考へるなんて、何といふ馬鹿げた事だらう、と思ひ直し始めました。かうした考へが心に浮んだ時、私は恥かしくなつて顏を赤くしたと思ひます。暫くすると私は渦に對し鋭(するど)い好奇心を起して來ました。

  • ポオ=作 谷崎精二=訳
  • 引用は b. に拠りました。
  • a. では、旧字・旧かなを新字・新かなに置き換え、若干の漢字をかな書きに改め、若干の字句を修正し、さらにタイトルを変更しています。

(J17) 江戸川 1929
妙に大膽に想はれますが、實際私は嘘を申すのではありません。こんな風にして死ぬと言ふ事がとても莊嚴な事ぢやないか。かくも靈妙な神の御力の啓示に際して、自分一個のケチな生命などを問題にするのはなんと愚しくも小さな事だと言ふふうに思ひ直して來たのです。かう言ふ考へが心に浮んで來ると今までの自分と言ふものが恥しくなりました。やがて私は渦卷そのものに對して、なんとも言へない強い好奇心が湧くのを覺えました。

[原文は、つぎのように総ルビです]

妙(めう)に大膽(だいたん)に想(おも)はれますが、實際(じつさい)私(わたし)は嘘(うそ)を申(まう)すのではありません。こんな風(ふう)にして死(し)ぬと言(い)ふ事(こと)がとても莊嚴(さうごん)な事(こと)ぢやないか。かくも靈妙(れいめう)な神(かみ)の御力(みちから)の啓示(けいじ)に際(さい)して、自分(じぶん)一個(こ)のケチな生命(いのち)などを問題(もんだい)にするのはなんと愚(おろか)しくも小(ちひ)さな事(こと)だと言(い)ふふうに思(おも)ひ直(なほ)して來(き)たのです。かう言(い)ふ考(かんが)へが心(こゝろ)に浮(うか)んで來(く)ると今(いま)までの自分(じぶん)と言(い)ふものが恥(はづか)しくなりました。やがて私(わたし)は渦卷(うづまき)そのものに對(たい)して、なんとも言(い)へない強(つよ)い好奇心(かうきしん)が湧(わ)くのを覺(おぼ)えました。


(J18) 岡田 1926
法螺のやうにお聞きなさるかも知れませんが——併し事實(まつたく)の話なんです——私はその時、こんなにして死ぬのは如何にも立派な事だと思ひ初めたのです。そして、たゞ自分の一命と云つたやうな、微(ちつ)ぽけな事を考へるのは、この魂消(たま)げるほどの光景(ありさま)をお現しなすつた神樣の御力に比べて、如何にも馬鹿げたことだと考へだしたのです。さういふ考が頭腦(あたま)に浮ぶと、私は恥かしくなつて、實際(まつたく)顏を赧くしましたぢや。それに少時(しばらく)經つと、私は渦卷がひどく變つた面白い物に思はれましてな。

  • エドガア・アラン・ポウ=作 岡田實麿=譯 「渦卷」
  • 引用は b. に拠りました。かなり傷んだ状態であるにもかかわらず、寛大にも、この本を貸し出してくださった、K県立図書館の皆さん、ならびに、いつもながら、取り寄せの労をとってくださった府立図書館の皆さんにお礼申し上げます。

(J19) 森 1910, 1915, etc.
かう申すと、法螺を吹くやうでございますが、全く本當の事でございます。わたくしはこんなことを考へました。かうして死ぬるのは實に豪氣な死にやうだと存じました。神のお定め下すつた、こんな運命に出逢つてゐて、自分一人の身の上の小利害なんぞを考へるのは、餘り馬鹿らしいことだと存じました。わたくしはなんでもさう思つたとき恥かしくなつて、顏を赧くしたかと存じます。暫く致してわたくしは、一體この渦卷がどんなものだか知りたいと思ふ好奇心を起したのでございます。

[原文は、つぎのように総ルビです]

かう申(まを)すと、法螺(ほら)を吹(ふ)くやうでございますが、全(まつた)く本當(ほんたう)の事(こと)でございます。わたくしはこんなことを考(かんが)へました。かうして死(し)ぬるのは實(じつ)に豪氣(ごうぎ)な死(し)にやうだと存(ぞん)じました。神(かみ)のお定(さだ)め下(くだ)すつた、こんな運命(うんめい)に出逢(であ)つてゐて、自分一人(じぶんひとり)の身(み)の上(うへ)の小利害(せうりがい)なんぞを考(かんが)へるのは、餘(あま)り馬鹿(ばか)らしいことだと存(ぞん)じました。わたくしはなんでもさう思(おも)つたとき恥(はづ)かしくなつて、顏(かほ)を赧(あか)くしたかと存(ぞん)じます。暫(しばら)く致(いた)してわたくしは、一體(たい)この渦卷(うづまき)がどんなものだか知(し)りたいと思(おも)ふ好奇心(かうきしん)を起(おこ)したのでございます。

  • エドガア・アルラン・ポオ=作 森鴎外=譯 「うづしほ」/「うずしお」
  • 初出誌は f.。
  • 引用は a. に拠りました。a. は f. を複製したもの。
  • b. の用字は、先行の d. などとは異なります。異同の詳細は未確認。
  • c. は d. もしくは e. の再録。ただし、用字はそれら先行訳とは、若干異なります。また、ルビは d. では、一部の字に振られているだけ(=パラルビ)だったのに対して、 c. では総ルビです。

■トルコ語訳 Translation into Turkish

Övünmek gibi olmasın ama -- gerçeği söylüyorum -- bu şekilde ölmenin ne kadar görkemli olduğunu, Tanrı'nın gücünün böylesine muhteşem bir ifşası karşısında kendi varlığım gibi önemsiz bir şeyi düşünmenin ne kadar aptalca olduğunu düşünmeye başladım. Bu düşünce aklımdan geçerken utançtan kızardığımı anımsıyorum. Kısa süre sonra girdaba karşı büyük bir merak beslemeye başlamıştım.


■ハンガリー語訳 Translation into Hungarian

Talán hencegésnek hiszi, de minden szó igaz, amit mondok - az járt az eszemben, hogy milyen nagyszerű halál ez, és hogy milyen ostoba voltam, amikor az én semmi kis életemre gondoltam Isten hatalmának ilyen csodálatos megnyilatkozása mellett. Azt hiszem, szégyenemben el is pirultam, mikor ez eszembe jutott. Kisvártatva elfogott a kíváncsiság, hogy tulajdonképpen milyen is a híres örvény.

  • A Maelström poklában by Edgar Allan Poe. Translated by Pásztor Árpád.
  • E-text at MEK

 Audio 2 
ロシア語版オーディオブック Audiobook in Russian

Uploaded to YouTube by ironminer on 9 Feb 2013


■ロシア語訳 Translation into Russian

Можно   подумать,  что  я  хвастаюсь,  но  я  вам  говорю  правду:  мне представлялось, как это должно быть величественно -- погибнуть такой смертью и как безрассудно перед столь  чудесным  проявлением  всемогущества  божьего думать  о  таком  пустяке,  как  моя  собственная жизнь. Мне кажется, я даже вспыхнул от стыда, когда  эта  мысль  мелькнула  у  меня  в  голове.  Спустя некоторое  время  мысли мои обратились к водовороту, и мной овладело чувство жгучего любопытства.

  • Эдгар Аллан По. Низвержение в Мальстрем "Эдгар По. Стихотворения. Проза", Изд-во "Худ.лит.", Москва, 1976. Translated by М.Богословской. Библиотека Всемирной литературы, Серия вторая - литература XIX в.
  • E-text at Lib.Ru

■ブルガリア語訳 Translation into Bulgarian

Може би звучи като самохвалство, но ви казвам самата истина: помислих си за величието на смъртта в подобно място и за незначителността на моите дребнички мисли по отношение на собствения ми живот пред лицето на такава грандиозна проява на божието могъщество. Вярвам, че съм се изчервил от срам, когато тази мисъл се мярна в главата ми. Не след много време ме обхвана непреодолимо любопитство към самия водовъртеж.

  • Едгар Алън По. Спускане в Маелстрьом. Translated by Александър Бояджиев, 1979  ( Пълни авторски права )
  • E-text at Моята библиотека (chitanka.info)

■チェコ語訳 Translation into Czech

Možná že to vypadá, jako bych se vychloubal - ale všecko, co vám povídám, je pravda: začal jsem uvažovat, jak je to ná dherné a velkolepé, umírat takovým způsobem, a jak hloupé bylo ode mne myslet na něco tak nicotného, jako je vlastní osobní život, před tváří tak úchvatného projevu boží moci. A dokonce věřím, že jsem se při tom pomyšlení zarděl studem. Za chvilku jsem hořel nedočkavou zvědavostí na propast samu.


 Audio 3 
ドイツ語版オーディオブック Audiobook in German

下に抜粋する箇所は 30:00 あたりから始まります。 Uploaded by EAPoeProductions on Mar 4, 2011. The excerpt below starts around 30:00.


■ドイツ語訳 Translation into German

Wie prahlerisch es auch klingt, es ist dennoch wahr: ich begann zu empfinden, welch herrliche Sache es sei, auf diese Weise zu sterben, und wie töricht es von mir war, beim Anblick solch großartigen Beweises von Gottes Herrlichkeit an mein eigenes erbärmliches Leben zu denken. Ich glaube, ich errötete vor Scham, als dieser Gedanke mir in den Sinn kam. Nach einiger Zeit erfaßte mich eine wilde Neugier bezüglich des Strudels selbst. Ich fühlte tatsächlich den Wunsch, seine Tiefen zu ergründen, [. . .]


■イタリア語訳 Translation into Italian

Vi parrà forse una millanteria, ma in fede mia vi dico il vero: cominciai a riflettere che cosa stupenda fosse morire in quel modo, e quanto fossi sciocco a preoccuparmi di una cosa così piccola come la mia vita, di fronte a una manifestazione così magniloquente della potenza divina. Credo, in verità, di essere arrossito dalla vergogna quando questa idea mi attraversò la mente. E poco dopo fui preso dalla più ardente curiosità riguardo al vortice medesimo.

  • Una discesa nel Maelstrom by Edgar Allan Poe. Translated by Delfino Cinelli.
  • E-text at Liber Liber [PDF]

■ポルトガル語訳 Translations into Portuguese

(Pt1) Leite, 2013
Pode parecer bravata — mas o que lhe digo é verdade — comecei a refletir sobre a coisa magnífica que era morrer daquela maneira, e que. tolice de minha parte pensar numa consideração tão mesquinha como minha própria vida individual em vista de uma manifestação tão maravilhosa do poder de Deus. Até creio que me ruborizei quando essa ideia me passou pela cabeça. Pouco depois fiquei possuído pela curiosidade mais ardente sobre o redemoinho em si.

  • Uma descida no Maelström. Contos de Imaginação e Mistério by Edgar Allan Poe. Translated by Cássio de Arantes Leite. Illustrations by Harry Clarke. Preface by Charles Baudelaire. Tordesilhas, 2013. Tordesilhas é um selo da Alaúde Editorial Ltda.
  • E-text at Scribd

(Pt2) de Souza, 2000, 2003
Pode ser tomado por bravata – mas o que digo ao senhor é verdadeiro – comecei a refletir sobre a coisa grandiosa que seria morrer em tais circunstâncias, e quanta tolice existira da minha parte em atribuir tamanha consideração a algo insignificante como minha existência individual, diante daquela maravilhosa manifestação do poder de Deus. Devo admitir haver corado de vergonha quando tal idéia atravessou o meu espírito. Após alguns momentos apossou-se de mim a mais aguda curiosidade relacionada com o próprio vórtice.

  • Uma descida no Maelström by Edgar Allan Poe. Translated by Silveira de Souza. Copyright© 2000/2003 Special edition for free distribution through the Internet by Virtualbooks.
  • E-text at Uma descida no Maelstrom [PDF]

■カタルーニャ語訳(カタロニア語訳) Translation into Catalan

Pot semblar fanfarroneria, però el que us dic és veritat: vaig començar a fantasiar quina magnífica cosa devia ésser de morir d'una tal manera, i quina bajanada feia jo de pensar en un interès tan esquifit com era la meva conservació individual, davant d'una tan meravellosa manifestació del poder de Déu. Crec que em vaig enrojolar de vergonya quan aquesta idea travessà la meva ment. Al cap d'una mica vaig esdevenir posseït de la curiositat més pruïjosa quant al remolí mateix.

  • Descens a Maelstrom by Edgar Allan Poe. Narracions extraordinàries. Translated by Carles Riba, 1918.
  • E-text at Scribd

 Audio 4 
スペイン語版オーディオブック Audiobook in Spanish

下の引用箇所の朗読は 26:44 から始まります。 Uploaded to YouTube by Juan Pablo Martínez on . Reading of the excerpt below starts at 26:44.


■スペイン語訳 Translations into Spanish

(Es1) Wikisource
Quizá creeréis que soy jactancioso, pero lo que digo es la pura verdad. Comencé a meditar cuan magnifico era morir de esta manera, y qué gran locura era la mía en detenerme en mezquinas consideraciones sobre mi propia vida en presencia de esta maravillosa manifestación del poder de Dios. Creo que enrojecí de vergüenza cuando esta idea atravesó mi espiritu. Pasado algún tiempo, me senti poseido de la más viva curiosidad acerca del interior del remolino.

  • Descenso al Maelstrón by Edgar Allan Poe
  • E-text at Wikisource

(Es2) Ciudad Seva
Tal vez piense usted que me jacto, pero lo que le digo es la verdad: Empecé a reflexionar sobre lo magnífico que era morir de esa manera y lo insensato de preocuparme por algo tan insignificante como mi propia vida frente a una manifestación tan maravillosa del poder de Dios. Creo que enrojecí de vergüenza cuando la idea cruzó por mi mente. Y al cabo de un momento se apoderó de mí la más viva curiosidad acerca del remolino.

  • Descenso al Maelstrón by Edgar Allan Poe
  • E-text at Ciudad Seva

 Audio 5 
フランス語版オーディオブック Audiobook in French
Literature_audiocom
Une_descente_dans_le_maelstrom
録音を聴くには  ここをクリック  して Literature Audio.com へ行ってください。下の引用箇所の朗読は 27:56 から始まります。 To listen to the recording  CLICK HERE  and go to Literature Audio.com. The excerpt below starts at 27:56.


■フランス語訳 Tanslation into French

Vous prendrez peut-être cela pour une fanfaronnade, mais ce que je vous dis est la vérité : je commençai à songer quelle magnifique chose c’était de mourir d’une pareille manière, et combien il était sot à moi de m’occuper d’un aussi vulgaire intérêt que ma conservation individuelle, en face d’une si prodigieuse manifestation de la puissance de Dieu. Je crois que je rougis de honte quand cette idée traversa mon esprit. Peu d’instants après, je fus possédé de la plus ardente curiosité relativement au tourbillon lui-même....

  • Une Descente dans le Maelstrom by Edgar Allan Poe. Histoires extraordinaires, 1856. Translated by Charles Baudelaire.
  • E-text at Wikisource

 Audio 6 
英語原文 ドラマ仕立ての朗読 Dramatic reading

下に引用した英語原文は 4:00 あたりから。 Uploaded by StrobieStudios on Oct 17, 2010. A dramatic reading of Edgar Allan Poe's "A Descent into the Maelström." Directed by Scott Strosahl. Featuring Steve Rimpici, Greg Kilberger. Music by Kevin MacLeod. The excerpt below starts around 4:00.


 Audio 7 
Descent into the Maelstrom by Paul's Reading Part 4

下に引用した英語原文は 7:44 から。 Uploaded to YouTube by PieDragonPS on 23 Mar 2010. Reading of the excerpt below starts at 7:44.


 Audio 8 
A Descent into the Maelström read by Lady Maria
The Works of Edgar Allan Poe, Raven Edition, Volume 2

下に引用した英語原文は 4:54 から。 Uploaded to YouTube by audiobooksfree on 22 Dec 2011. Audio courtesy of LibriVox. Read by Lady Maria. Reading of the excerpt below starts at 4:54.


■英語原文 The original text in English

It may look like boasting--but what I tell you is truth--I began to reflect how magnificent a thing it was to die in such a manner, and how foolish it was in me to think of so paltry a consideration as my own individual life, in view of so wonderful a manifestation of God's power.  I do believe that I blushed with shame when this idea crossed my mind.  After a little while I became possessed with the keenest curiosity about the whirl itself....


■邦題の異同 Variations of the title in Japanese

下にご覧のとおり、邦題は見事なまでにバラバラです。金原訳と松村訳が同じであるのを除けば、まるで同じタイトルをつけてはいけないと信じ込まされているかのように、どこかしらなにかしら違います。これだけ有名な作品でありながら、なおかつ邦題が、これだけ不統一なケースも珍しいかもしれません。

  「うずしお」……………………………………………森 1991
  「うづしほ」………………………………………森 1910, 1915, 1925, 1939
  「メエルシュトレエムに呑まれて」…………………小川 1968, 1973, 1974
  「メエルシュトレエムの底へ」………………………富士川 1992
  「メエルストルムの渦」………………………………谷崎(b)  1962, 1998
  「メルシュトレームの大渦」…………………………福島 1977
  「メヱルストロウム」…………………………………江戸川 1929
  「メールシュトレームの大渦」………………………西崎 2007
  「メールストロムの旋渦」……………………………佐々木 1951
  「大うずまき」…………………………………………谷崎(a)  1985
  「大うずメエルシュトレエム」………………………高橋 1989
  「大渦にのまれて」……………………………………松村 1962
  「大渦にのまれて」……………………………………金原 2002
  「大渦の底」……………………………………………谷崎(c)  1929
  「大渦の底へ」…………………………………………小泉 1974
  「大渦巻」………………………………………………田桐 1964
  「大渦巻き(メールシュトレーム)に呑まれて」…永川 1978
  「大渦巻にのまれて」…………………………………久米 1975
  「大渦巻きへの下降」…………………………………大橋 1973
  「大渦巻への下降」……………………………………大橋 1966
  「大渦巻への落下」……………………………………巽 2015
  「渦卷」…………………………………………………岡田 1926


■Maelström の日本語表記の異同
  Transliteration variations of the word "Maelström" in Japanese

さらによく見ると、"Maelström" のカナ表記には、これまでに少なくとも10種類が行なわれたのがわかります。

   1. メール・スツルム……………谷崎 1929
   2. メールシュトレーム…………巽 2015 西崎 2007 永川 1978
   3. メールストレーム……………田桐 1964
   4. メールストローム……………大橋 1966 岡田 1926
   5. メールストロム………………佐々木 1951
   6. メェルストローム……………久米 1975
   7. メエルシュトレエム…………富士川 1992 高橋 1989
                  小川 1968, 1973, 1974
   8. メエルストルム………………谷崎 1962, 1998
   9. メルシュトレーム……………福島 1977
  10. メヱルストロウム……………江戸川 1929


maelstrom


■更新履歴 Change log

  • 2015/03/01 巽孝之=訳 2015/03/01 を追加しました。
  • 2014/11/29 スペイン語版オーディオブックとフランス語版オーディオブックへのリンクを追加しました。
  • 2014/11/20 簡体字中国語訳、トルコ語訳、イタリア語訳、2種類のポルトガル語訳、およびカタルーニャ語訳を追加しました。
  • 2014/11/08 ハンガリー語訳を追加しました。
  • 2014/11/07 ブルガリア語訳を追加しました。
  • 2013/09/28 日本語版オーディオドラマの YouTube 動画を追加しました。また、リブリヴォックスのオーディオブックがリンク切れになっているのに気づいたので、おなじ音源への別のリンクと差し替えました。
  • 2013/07/06 目次を新設しました。
  • 2013/04/08 ロシア語訳とロシア語版オーディオブックの画面を追加しました。
  • 2012/11/06 ドイツ語訳とドイツ語版オーディオブックの画面を追加しました。また、リンク切れになっていた一部の YouTube 画面を他の録音と差し替えました。
  • 2010/11/05 Scott Strosahl 演出による朗読と、Paul's Reading の朗読の2本の YouTube 画面、および大橋吉之輔=訳 1966/12/15 を追加しました。
  • 2010/07/26 LibriVox による朗読のサイトへのリンクを張りました。
  • 2009/11/08 チェコ語訳を追加しました。
  • 2009/04/26 田桐大澄=訳 1964/08 を追加しました。
  • 2008/07/29 岡田實麿=譯 1926/05 を追加しました。
  • 2007/08/06 福島正実=訳 1977/02 を追加しました。
  • 2007/06/06 西崎憲=訳 2007/05 を追加しました。
  • 2007/04/13 スペイン語訳を追加しました。
  • 2007/03/19 高橋啓=訳 1989/08 を追加しました。また、谷崎精二=訳 1929/01 について、書誌情報を修正・補足しました。
  • 2007/02/08 森林太郎=譯 1925/02 を追加しました。
  • 2007/02/07 永川玲二=訳 1978/09 を追加しました。また、書誌情報を補足しました。さらに、「邦題の異同」の項を新設しました。
  • 2006/05/30 富士川義之=訳 1992 を追加しました。
  • 2006/05/24 Amazon.co.jpなどを通じて入手可能な本や、電子図書館/電子テキスト・アーカイブで閲覧・ダウンロードが可能な電子テキストについて、リンクを張りました。
  • 2006/05/19 久米元一=訳 1975 を追加しました。また、邦題の不統一に関するコメントも追加しました。
  • 2006/05/15 小泉一郎=訳 1974、江戸川亂歩=譯 1929、および Charles Baudelaire によるフランス語訳 1856 を追加しました。また、書誌情報を補足・修正しました。さらに、Maelstrom のカナ表記に関する注釈をつけました。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ84595840v1308102456

Flag Counter

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■フランス語で書かれた本 Books in French

■DVD

■洋書 Books in non-Japanese language

  

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Dead and stark! - Wuthering Heights by Emily Brontë (1) E・ブロンテ 『嵐が丘』 (1)

«  Wuthering Heights 2 »
« 嵐が丘 2 »

        目次 Table of Contents

 Video 1  映画 嵐が丘 (1992) Film Wuthering Heights (1992)
■中国語訳(簡体字)Translation into simplified Chinese
■中國語譯(繁體字)Translation into traditional Chinese
■日本語訳 Translations into Japanese
  (1) 小野寺 2010
  (2) 河島 2004
  (3) 鴻巣 2003
  (4) 田中(晏)2002
  (5) 中岡+芦澤 1996
  (6) 荒+植松 1979
  (7) 河野(多)1978
  (8) 上田 1970
  (9) 岡田 1970
  (10) 永川 1969
  (11) 中村 1967
  (12) 大和 1963
  (13) 河野(一)1963
  (14) 阿部 1961
  (15) 三宅 1960
  (16) 田中(西)1953
■ベトナム語訳 Translation into Vietnamese
  Image   エミリ・ブロンテの肖像画 Portrait of Emily Brontë
■ロシア語訳 Translation into Russian
■ドイツ語訳 Translation into German
■ポルトガル語訳 Translation into Portuguese
■スペイン語訳 Translation into Spanish
■フランス語訳 Translation into French
 Video 2  ドラマ仕立ての朗読 Dramatic reading
 Video 3  朗読: ラリサ・ジャウォースキー Audiobook read by Larysa Jaworski
 Video 4  朗読: ルース・ゴールディング Audiobook read by Ruth Golding
■英語原文 The original text in English
■更新履歴 Change log


 Video 
映画『嵐が丘』 (1992) Wuthering Heights (1992)

監督: ピーター・コズミンスキー 出演: ジュリエット・ビノシュ、レイフ・ファインズ
Directed by Peter Kosminsky. Starring Juliette Binoche, Ralph Fiennes


■中国語訳(簡体字)Translation into simplified Chinese

我不能认为他是死了:可他的脸和喉咙都被雨水冲洗着;床单也在滴水,而他动也不动。窗子来回地撞,擦着放在窗台上的一只手;破皮的地方没有血流出来,我用我的手指一摸,我不能再怀疑了;他死了而且僵了!

   艾米莉·勃朗特 《呼啸山庄》
   E-text at 酷网 (kuwang.com)


■中國語譯(繁體字)Translation into traditional Chinese

我不能認為他是死了:可他的臉和喉嚨都被雨水沖洗著;床單也在滴水,而他動也不動。窗子來回地撞,擦著放在窗台上的一只手;破皮的地方沒有血流出來,我用我的手指一摸,我不能再怀疑了;他死了而且僵了!

   艾米莉·勃朗特 《呼嘯山庄》
   E-text at 龍騰世紀 (millionbook.net)


■日本語訳 Translations into Japanese

(1) 小野寺 2010
死んでいるとは信じられませんでした——しかし、顔から喉へかけては雨でぐっしょり濡れていますし、ベッドの上掛けからも雨水がしたたっていて、ヒースクリフはぴくりとも動きません。窓の敷居にのせた片手はばたばたしている格子窓にこすられて、傷だらけでした——皮膚の破れたところからも血こそ流れてはいませんでしたが。そこに指をあててみたとたん、もう疑う余地はありませんでした——彼は死んで、硬直していたのです!

   E・ブロンテ=著 小野寺健(おのでら・たけし)=訳
   『嵐が丘(下)』(全2冊) 光文社古典新訳文庫 2010/03/20
   版元による この本の紹介


(2) 河島 2004
死んでいるとは思えませんでした。でも、顔ものども雨に洗われ、寝具はしずくが滴(したた)るほどぐっしょり濡れているのに、身動きひとつしないのです。ばたばたと開いたり閉まったりしている窓格子で、敷居に置いた片手にかすり傷ができていましたが、傷口から血も出ていませんでした。その手に指でふれたとき、もう間違いはない、と悟ったのです。ヒースクリフは息絶えて、硬直していました。

   河島弘美=訳 『嵐が丘(下)』 岩波文庫 2004/03


(3) 鴻巣 2003
死んでいるとは思えません——けど、顔から喉(のど)のあたりまで雨でびしょ濡れになり、寝具からも滴(しずく)がたれておりますし、なにしろぴくりとも動かないのです。格子窓(こうしまど)がぱたぱたして、下窓に置かれた手をこすっています——裂けた皮膚からは血の一滴も出ておりませんが、そこに手をあてたとたん、疑いの余地はなくなりました——あの人は死んで硬くなっていたんです!

   E・ブロンテ=著 鴻巣友季子(こうのす・ゆきこ)=訳
   『嵐が丘』 新潮文庫 2003/07


(4) 田中(晏)2002
わたしは彼が死んでいるようには思えませんでした——でも彼の顔と喉(のど)は雨水で洗われていました。夜具は雨水がしたたるほどに濡れておりました、身体はまったく動きませんでした。格子窓は交互にはためき、敷居に載せた片方の手を擦(す)りむいておりました——擦り切れた皮膚からは血は少しも流れていませんでした。わたしは指で触って見ましたとき、最早疑うことはできませんでした。彼は死んで硬直していたのでした!

   田中晏男=訳 『嵐が丘(下巻)』 ブロンテ姉妹集3 京都修学社 2002/03


(5) 中岡+芦澤 1996
死んでいるとは思えませんでした——ただ顔と喉は雨で洗われていました。ベッドクロスも滴が垂れていました。それでもまったくじっとしていたのです。格子窓はぱったんぱったん開いたり閉まったりしていて、敷居のうえに載せた一方の手を擦りむいていました——擦り切れた皮膚から血は滴り落ちてはいませんでした。そして指でそれにふれたとき、もう疑うことはできませんでした——彼は死んで硬直していたのです!

   エミリ・ブロンテ=著 中岡洋+芦澤久江=訳
   『ブロンテ全集7 エミリ・ブロンテ 嵐が丘』 みすず書房 1996/04


(6) 荒+植松 1979
私はヒースクリフが死んでいるとはとても思えませんでした。けれども、その顔と首は雨で洗われて、寝具からは水がぽたぽたぬれしたたり、身じろぎひとつしません。格子窓は前後にふらふら揺れ、窓台においている手をこすっていました。その傷ついた皮膚から血は一滴もこぼれていません。手で触ってみると、もう間違いなく、死んで硬直していました。

   エミリ・ブロンテ=作
   荒正人(あら・まさひと)+植松みどり=訳 「嵐が丘」
   五木寛之〔ほか〕編 『世界文学全集10 エミリ・ブロンテ
   学習研究社 1979/10 所収


(7) 河野(多)1978
[訳文は追って挿入するつもりです - tomoki y.]

   E・ブロンテ=著 河野多恵子(こうの・たえこ)=訳
   『グラフィック版 世界の文学13 嵐が丘/ジェーン・エア
   世界文化社 1978


(8) 上田 1970
まさか死んでいるとは思いませんでした。けれども、顔も咽喉も雨に洗われて、ふとんもしずくを垂らしているのに、彼はピクリともしないのです。窓格子がバタンバタンと開いたりしまったりしていて、窓のかまちにかけた手がすりむけています。その傷口からはすこしも血が流れていませんでした。わたしは指で触ってみて、もう疑う余地はありませんでした。彼は死んで硬くなっていました!

   E・ブロンテ=著 上田和夫=訳 「嵐が丘」
   『世界文学全集19 E・ブロンテ集』 筑摩書房 1970/11 所収


(9) 岡田 1970
[訳文は追って挿入するつもりです - tomoki y.]

   エミリー・ブロンテ=著 岡田忠軒(おかだ・ちゅうけん)=訳
   『嵐が丘』 潮文庫(2冊) 豪華特装限定版 潮出版社 1970 所収


(10) 永川 1969
死んでいるとはとても思えませんでした——けれども、顔も喉(のど)も雨に洗われ、寝具はびしょ濡れ、しかも身動きひとつしません。窓格子がぱたぱたあいたりしまったり、敷居の上の片手をすりむいているのに——傷口からは血も流れていません。その手に指でふれてみて、わたしははっきり悟りました——彼は死んで硬直している!

   E・ブロンテ=著 永川玲二=訳 『嵐が丘
   デュエット版・世界文学全集23 集英社 1969/02


(11) 中村 1967
わたしはまさか死んでいるとは思えなかったのですが、その顔も喉(のど)も雨にぬれ、夜具はびっしょりなのに、彼は身動きひとつしないのです。それに、窓わくにかけた片手が、前後にはためく格子窓(こうしまど)でこすられているのに、傷ついた皮膚(ひふ)から血が出てはいないのです。そこで、指でさわってみると、もう疑う余地もありませんでした。彼はすでには死んで、硬直(こうちょく)しておりました!

   E・ブロンテ=著 中村佐喜子(なかむら・さきこ)=訳
   『嵐が丘』 旺文社文庫 1967/09


(12) 大和 1963
私はまさか死んでいるとは思えませんでしたが、顔とのどとは雨に洗われ、夜具は濡れ、からだは全く動きませんでした。窓格子はばたばた煽って、窓敷居の上に載せた片手は擦れていましたけれど、傷ついた皮膚からは血がちっとも流れ出ていません。私は指で触って見ましたとき、もはや疑うことができませんでした。あの人は死んで硬くなっていたのです!

   E・ブロンテ=著 大和資雄(やまと・やすお)=訳
   『改訳 嵐が丘』 角川文庫 1963/12


(13) 河野(一)1963
とても死んでいるとは思えませんでした。ですが顔も喉(のど)も雨に洗われ、寝具はびしょぬれになっているのに、まるで身動きしません。パタパタあいたりしまったりしている窓格子(まどごうし)が、窓敷居に置かれた片手をすりむいていましたが、傷口からは血も流れていません。その手にふれてみると、もう疑う余地はありませんでした——ヒースクリフはすでに息も絶え、硬直していたのです!

   E・ブロンテ=著 河野一郎(こうの・いちろう)=訳
   『世界の文学12 E・ブロンテ』 嵐が丘 中央公論社 1963/09


(14) 阿部 1961
死んでいるのだとは思えませんでした。しかし、その顔から咽喉にかけては雨に洗われ、夜具から水がしたたっているのに、すこしの身動きもしません。ぱたぱたと開いたりしまったりしている格子戸が、窓わくにかけた彼の片手をすりむいていましたが、その破れた皮膚から血がこぼれるのでもありません。わたしが指でさわってみたとき、もう疑う余地はありませんでした。死んで硬直していました!

   阿部知二=訳 『嵐が丘(下)』 岩波文庫 1961


(15) 三宅 1960
死んでいるとも思えません。しかし、顔ものども雨に洗われ、寝具はびしょぬれなのに、ぴくりとも動きません。ばたんばたんとゆれる窓の格子扉で、窓じきいにかけた片方の手をすりむいていましたが、その傷からはちっとも血が出ていません。指でそこをさわってみて、もはや疑う余地もなく、あのひとが硬(かた)くなって死んでしまっていることを知りました!

   エミリ・ブロンテ=著 三宅幾三郎=訳 『嵐が丘
   世界文学全集8 河出書房新社 1960/04


(16) 田中(西)1953
死んでいるとは、どうしても思えませんでしたが、顔も、のども、雨で洗われて、蒲団(ふとん)はしずくをたらしているのに、そのひとはびくとも動かないのです。窓格子(まどごうし)は前後にばたばた揺れ、窓かまちにおいた片手をすりむいていますのに、皮膚の破れたところから、血は一滴も流れておりません。そしてその手の上に自分の指をおいてみて、私はもはや疑うことができませんでした。ヒースクリフ氏は死んで硬くなっていたのです!

   E・ブロンテ=著 田中西二郎(たなか・せいじろう)=訳
   『嵐が丘』 新潮文庫 1953


■ベトナム語訳 Translation into Vietnamese

Tôi không thể nghĩ là ông ta đã chết... mặc dù mưa hắt ướt mặt và cổ ông, mặc dù chăn nệm ướt nước nhỏ giọt và thân hình ông hoàn toàn bất động. Cánh cửa sổ đập ra đập vào làm trầy da bàn tay ông vẫn còn níu trên thành cửa - vết thương không có máu - và khi tôi rờ vào bàn tay đó thì tôi không còn nghi ngờ gì nữa: ông Hy đã chết cứng!

   Đỉnh Gió Hú by Emily Bronte
   E-text at 4phuong.net


  Image  
エミリ・ブロンテの肖像画 Portrait of Emily Brontë
lesson5


■ロシア語訳 Translation into Russian

Я не допускала мысли, что он мертв, но его лицо и шея были омыты дождем; с постели текло, и он был совершенно недвижим.  Створка  окна,  болтаясь  на петлях, содрала кожу на руке, простертой по  подоконнику.  Из  ссадины  не сочилась кровь, и, когда я приложила к  ней  пальцы,  я  больше  не  могла сомневаться: он был мертв и окоченел!

   Эмилия Бронте. Грозовой перевал
   Пер. - Н.Вольпин. М., "Правда", 1988.
   E-text at Lib.Ru


■ドイツ語訳 Translation into German

Ich konnte nicht glauben, dass er tot war, aber sein Gesicht und Hals waren vom Regen ganz durchnässt, das Bettzeug tropfte, und er lag bewegungslos da. Der hin und her schwingende Fensterflügel hatte eine seiner Hände, die auf dem Fensterbrett ruhte, aufgeschürft, aber es tropfte kein Blut aus der Wunde; und als ich meine Finger auf die Hand legte, konnte ich nicht mehr daran zweifeln: er war tot und starr.

   Sturmhöhe by Emily Brontë
   Numitor Comun Publishing
   Preview at Google Books


■ポルトガル語訳 Translation into Portuguese

Nem queria acreditar que estivesse morto, mas tinha a carae o pescoço lavados de chuva; os lençóis e cobertores jápingavam para o chão e ele estava perfeitamente imóvel. Asportas de tabuinhas batiam com força e tinham-lhe trilhado amão, que repousava no peitoril; mas do golpe não escorriasangue e, quando lhe toquei, todas as dúvidas se dissiparam-- estava morto e já rígido!

   A colina dos vendavais by Emily Brontë
   E-text at A colina-dos-vendavais-emily-bronte - Slideshare


■スペイン語訳 Translation into Spanish

El corazón se me heló; no podía creer que Heathcliff estuviese muerto. Mas su cabeza y su cuerpo, así como las sábanas, estaban chorreando y él no se movía. Los postigos de la ventana, movidos por el viento, se agitaban de un lado a otro y le habían lastimado una mano que tenía apoyada en el alféizar. Sin embargo, no sangraba. Cuando le toqué no dudé más. Estaba muerto, rígido...

   Cumbre borrascosas  by Emily Brontë
   E-text at Biblioteca Virtual Montoya


■フランス語訳 Translation into French

Je ne pouvais le croire mort. Mais son visage et sa gorge étaient balayés par la pluie ; les draps dégouttaient, et il était parfaitement immobile. La fenêtre, qui battait, lui avait écorché une main qui était appuyée sur le rebord, le sang ne coulait pas de la plaie et, quand j’y portai les doigts, je n’en pus plus douter : il était mort et roide !

   Les Hauts de Hurlevent by Emily Brontë
   Translated by Frédéric Delebecque
   E-text at Wikilivres


 Video 2 
英語原書のドラマ仕立ての朗読 Dramatic reading

下に引用する箇所の朗読は 5:18:34 から始まります。 Uploaded to YouTube by GreatestAudioBooks on 17 Jun 2013. Audio courtesy of Librivox. Readers are shown here. Reading of the excerpt below starts at 5:18:34.


 Video 3 
英語原書のオーディオブック(朗読) Audiobook in English, Chapter 34

下に引用する箇所の朗読は 20:37 から始まります。 Uploaded to YouTube by BackToTheArchives on 26 Dec 2012. Audio courtesy of Librivox. Read by Larysa Jaworski. Reading of the excerpt below starts at 20:37.


 Video 4 
英語原書のオーディオブック(朗読) Audiobook in English, Chapter 34

下に引用する箇所の朗読は 26:47 から始まります。 Uploaded to YouTube by CCProse on 12 Jul 2011. Audio courtesy of Librivox. Read by Ruth Golding. Reading of the excerpt below starts at 26:47.


■英語原文 The original text in English

I could not think him dead: but his face and throat were washed with rain; the bed-clothes dripped, and he was perfectly still. The lattice, flapping to and fro, had grazed one hand that rested on the sill; no blood trickled from the broken skin, and when I put my fingers to it, I could doubt no more: he was dead and stark!

   Chapter 34
   Wuthering Heights (1847) by Emily Brontë
   The Project Gutenberg Etext of Wuthering Heights


■更新履歴 Change log

  • 2013/11/18 ベトナム語訳を追加しました。
  • 2013/09/01 岡田忠軒=訳 1970 の書誌情報、ロシア語訳、ドイツ語訳、ポルトガル語訳、スペイン語訳、および3種類の朗読の YouTube 画面を追加しました。
  • 2010/07/06 映画『嵐が丘』 (1992) の YouTube 動画を追加しました。
  • 2010/03/26 小野寺健=訳 2010/03/20 を追加しました。
  • 2008/02/08 荒正人+植松みどり=訳 1979/10 を追加しました。
  • 2008/01/20 上田和夫=訳 1970/11 を追加しました。
  • 2008/01/13 中村佐喜子=訳 1967/09 を追加しました。
  • 2007/06/28 みすず書房版『ブロンテ全集7 嵐が丘』1996 の共訳者のうち、芦澤久江さんの名前が抜けていました。おわびして訂正いたします。
  • 2007/06/28 中国語訳(簡体字)を追加しました。
  • 2006/08/29 中國語譯(繁體字)およびフランス語訳を追加しました。
  • 2006/06/28 Amazon.co.jp の該当ページへのリンクを張りました。
  • 2006/04/18 河野一郎=訳 1963 を追加しました。
  • 2006/03/30 中岡洋=訳 1996 を追加しました。

« Wuthering Heights 2 »
« 嵐が丘 2 »

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ84595840v1308102456

Flag Counter

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザの画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■DVD

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

  

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, 14 February 2006

Bushido: The Soul of Japan by Inazo Nitobe 新渡戸稲造 『武士道』

        目次 Table of Contents

■はじめに Introduction
  Video   侍と武士道 Samurai and Bushido
 Images  五千円札と本の表紙 The 5,000 Japanese yen bill and book covers
■中国語訳(簡体字) Translations into simplified Chinese
  (Zh1) 潘 2012
  (Zh2) 周 2011
  (Zh3) 时代周报 2009
■中國語譯(繁體字) Translation into traditional Chinese
■韓国語訳 Translation into Korean
■日本語訳 Translations into Japanese
  (J1) 大久保 2015
  (J2) 夏川 2012
  (J3) 実業之日本社 2012
  (J4) 山本 2010
  (J5) PHP研究所 2007
  (J6) 岬 2003
  (J7) 佐藤 2000
  (J8) 飯島 1998
  (J9) 須知 1998
  (J10) 奈良本 1993, 1997
  (J11) 矢内原 1938, 1964, etc.
  (J12) 近藤 1935
  (J13) 櫻井 1908, 1975, etc.
■日本語訳の比較 Comparison of Japanese translations
■ロシア語訳 Translation into Russian
■チェコ語訳 Translation into Czech
■ドイツ語訳 Translations into German
  (D1) Tussinger, 2009
  (D2) Keller, 2004
■イタリア語訳 Translation into Italian
■ポルトガル語訳 Translation into Portuguese
■スペイン語訳 Translations into Spanish
  (Es1)
  (Es2)
  (Es3)
  (Es4) de la Espada, 1909
■フランス語訳 Translation into French
  Audio   英語原文の朗読 第一章 Chapter 1, Audiobook by LibriVox
■英語原文 The original text in English
■更新履歴 Change log


■はじめに Introduction

新渡戸稲造が英語で書いた本、『武士道』。原書の初版は1900年発行。その第一章 冒頭部分の翻訳と原文を下に引用します。


 Video 
侍と武士道 Samurai and Bushido

NHK教育テレビの番組『トラッド ジャパン』の一部。西洋人の出演者はステュウット ヴァーナム・アットキン氏(別表記: スチュアート・ヴァーナム=アトキン氏)。氏の英文プロフィールは、 このページ のいちばん下近くにあります。

Uploaded by cae12810 on Apr 15, 2011. This footage, which I found by chance on YouTube, is apparently taken from an NHK Education TV programme. The Western man on the show is Stuart Varnam-Atkin, whose profile can be found near the bottom of this page.


 Images  
五千円札と本の表紙 The 5,000 Japanese yen bill and book covers

↓ クリックして拡大 Click to enlarge ↓
Nitobe_5000_yen_large
Inazo Nitobe on the surface of the 5,000 Japanese yen note
Image source: 伊勢ー白山 道

zh Zh_simp_9787510430206_bushido zh Zh_simp_9787544716369_bushido zh Zh_bushido_9789577105226

ko Ko_bushido_9788949704289 ja Ja_9784003311813 mn Mn_mb2013091502_bushido_mongolian

vi Vi_vo_si_ao_nitobe fa Fa_9789643252441 ar Ar_9948011422_bushido_2

he He_bushido fi Fi_9789526724911_nitobe_bushido_jap et Et_9789985952344_bushido_jaapani_hi

el El_ ru Ru_bushido_5955003967 bg Bg__nitobe

pl Pl_bushidoduszajaponiitom2b302396 sl Sl_bushido_kodeks_samuraja hr Hr_bushido_kodeks_samuraja_97895325

cs Cs_duse_japonska_spis_o_busido sv Sv_9788776910006 de De_9783940185143

de De_bushido_349224680x ro Ro_bushido_codul_samurailor it It_inazo_nitobe_bushido_lanima_del_

pt Br_8599150030_2 es Es_bushido_9685830282 es Es_bushido_nitobe_editorial_paidotr

fr Fr_bushido_2846170118 en En_bushido_1599869136

Flag_of_the_peoples_republic_of_chi [zh] 中 武士道(全译本) 译者:潘星汉 新世界出版社 2012
Flag_of_the_peoples_republic_of_chi [zh] 中 汉译经典06:武士道 译者:周燕宏 译林出版社 2011
Flag_of_the_republic_of_chinasvg_2 [zh] 中 武士道 譯者:張俊彥 台灣: 笛藤出版 2008
Flag_of_south_korea [ko] 韓 무사도 니토베 이나조,미야모토 무사시 공저/추영현 역 2007
Flag_of_japan [ja] 日 武士道 岩波文庫 1984
Flag_of_mongoliasvg [mn] 蒙 Бүшидо Ниппон Ньюс Сонины Газар, 2007
Flag_of_vietnam [vi] 越 Võ sĩ đạo - Linh hồn của Nhật Bản Thời Đại, 2011
Flag_of_iransvg [fa] ペルシア بوشیدو: طریقت سامورایی یا روح ژاپنی شرکت سهامی انتشار (1959) 1338
Flag_of_the_united_arab_emiratessvg [ar] アラビア البوشيدو: روح اليابان هيئة أبو ظبي للثقافة والتراث (UAE) 2006 
Flag_of_israelsvg [he] ヘブライ בושידו - נשמתה של יפן אינאזו ניטובה 2001 
Flag_of_finlandsvg [fi] 芬 Bushido - Japanin sielu Memfis Books, 2012
Flag_of_estonia [et] エストニア Bushidõ - Jaapani hing Penikoorem, 2006
Flag_of_greecesvg [el] 希 Μπουσίντο - Η Ψυχή των Σαμουράι Εκδόσεις Ιάμβλιχος, 1995
Flag_of_russiasvg [ru] 露 Бусидо. Душа Японии София, 2004
Flag_of_bulgariasvg [bg] ブルガリア Бушидо Изток-Запад, 2005 
Flag_of_polandsvg [pl] ポーランド Bushido Dusza Japonii Diamond Books, 2001
Flag_of_swedensvg [sv] 瑞 Bushido, Japans själ Books on Demand GmbH, 2005
Flag_of_slovenia [sl] スロベニア Bushido: Kodeks samuraja Založba Sanje, 2011
Flag_of_croatiasvg [hr] クロアチア Bushido - kodeks samuraja Planetopija, 2007
Flag_of_the_czech_republicsvg [cs] チェコ Duše Japonska - spis o Bušido Josef Pelcl Praha, 1903
Flag_of_germanysvg [de] 独 Bushido: der Weg des Kriegers RaBaKa-Publishing, 2009-05
Flag_of_germanysvg [de] 独 Bushido. Die sieben Tugenden des Samurai Piper Verlag, 2006-03
Flag_of_romaniasvg [ro] ルーマニア Bushido, codul samurailor Herald, 2008
Flag_of_italysvg [it] 伊 Bushido. L'anima del Giappone Luni Editrice, 2006
Flag_of_portugalsvg [pt] 葡 Bushido: Alma de Samurai Tahyu, 2006
Flag_of_mexicosvg [es] 西 Bushido El Alma de Japón Mexico: Saga Ediciones, 2006
Flag_of_spainsvg [es] 西 Bushido. El retrato clásico de la cultura marcial de los samuráis Editorial Paidotribo, 2010
Flag_of_francesvg [fr] 仏 Bushido, l'âme du Japon Budostore, 2000
Flag_of_the_united_kingdomsvg [en] 英 Bushido: The Soul of Japan Filiquarian Publishing LLC, 2007


■中国語訳(簡体字) Translations into simplified Chinese

(Zh1) 潘 2012
武士道就像在日本土地上固有的樱花一样。它不是已经干枯而存放在我们历史标本集里的道德标本,[略]


(Zh2) 周 2011
武士道如同日本的象征——樱花一样,也是日本土地上开出的花朵。它并不是保存在我国历史中的植物标本集里面已干枯了的古代美德的标本,[略]


(Zh3) 时代周报 2009
武士道和它的象征樱花同样,是日本土地上固有的花。不是变成古代道德干巴巴的标本,被保存在我国历史标本集里,[略]

  • 《武士道》 新渡户稻造
  • Quoted in 时代周报 (The Time Weekly) 2009-07-15

■中國語譯(繁體字) Translation into traditional Chinese

武士道之象徵乃是櫻花,兩者皆日本土地固有之精華。換言之,武士道並非只存在古代、如今已成標本的思想,也不是被像壓花那樣「乾燥保存」的歷史遺跡。


■韓国語訳 Translation into Korean

무사도는 벚꽃과 마찬가지로 일본 고유의 꽃이다. 그것은 결코 고대의 덕이 말라비틀어진 표본처럼 보존되어 있는 것은 아니다.


■日本語訳 Translations into Japanese

(J1) 大久保 2015
武士道は日本のシンボルとも言える桜の花にも劣らない国土に根ざした花である。しかも、それは歴史の標本室に保存された過去の道徳のひからびた標本などではない。

  • 新渡戸稲造(にとべ・いなぞう)=著 大久保喬樹(おおくぼ・たかき)=訳 『新訳 武士道』 ビギナーズ 日本の思想 角川ソフィア文庫 2015-05-25

(J2) 夏川 2012
武士道は、我が国の「桜の花」と同じものです。それは日本の土壌(どじょう)で生まれ、今なお我が国の特徴を象徴している、固有の花に他なりません。決して、ひからびた標本となって保存される類(たぐ)いの、〝歴史遺産〟ではないのです。

  • 新渡戸稲造=著 夏川賀央(なつかわ・がお)=訳 『武士道』 いつか読んでみたかった日本の名著シリーズ 2 致知出版社 2012-09-15
  • 原文では上の3文がすべて1文ごとに改行してありますが、ここではそれらの改行をすべて省きました。

(J3) 実業之日本社 2012
日本の武士道というものは、それを象徴する桜と同じく、我が国に固有の花である。それは干からびた道徳の標本として、歴史の押し花の中に保存されているものではない。

  • 新渡戸稲造=著 実業之日本社(じつぎょうのにほんしゃ)=編 『武士道と修養』 実業之日本社 2012-09-09
  • この本は1911年(明治44)刊『修養』(実業之日本社)と1900年(明治33)刊『Bushido, The Soul of Japan』の2冊から「克己」をテーマに項目を取捨し、配列を入れ替え、表記と表現を現代風に改め、見出しや注を追加して、編集しなおしたもの。
  • 『武士道』の底本は、櫻井鷗村訳の丁未出版社版と新渡戸稲造全集第12巻『Bushido, The Soul of Japan』(教文館)の2冊。ほかに矢内原忠雄訳の岩波文庫版、奈良本辰也訳の三笠文庫版、山本博文訳のちくま新書版などを参考にしている。

(J4) 山本 2010
武士道 chivalry は、日本の標章(しるし)である桜の花にまさるとも劣らない、わが国土に根ざした花である。それはわれわれの歴史の植物標本箱に保存される干からびた古い美徳ではない。

  • 新渡戸稲造=著 山本博文(やまもと・ひろふみ)=訳 『現代語訳 武士道』 ちくま新書 2010-08-10

(J5) PHP研究所 2007
桜は日本を象徴する花である。そして武士道も、その桜と同じように日本の地に独自に咲いた花なのである。しかも歴史という標本(ひょうほん)の中に干からびて閉じこめられた、いにしえの美徳ではない。


(J6) 岬 2003
武士道は、日本の象徴である桜花とおなじように、日本の国土に咲く固有の華である。それはわが国の歴史の標本室に保存されているような古めかしい道徳ではない。


(J7) 佐藤 2000
〈武士道〉は日本の国花である桜におとらず、日本の土に固有の花である。しかし武士道は、日本史の植物標本室に保存されている、古代の美徳の乾いた標本ではない。

  • 新渡戸稲造=著 佐藤全弘(さとう・まさひろ)=訳 『武士道』 教文館 2000-01-20

(J8) 飯島 1998
武士道は、日本の象徴である桜の花とならんで、同じく日本の土壌に固有の花であります。また武士道は、今では骨董品同然の干からびた道徳の標本として、いわば日本史という『植物標本集』の中に保存されているようなものではありません。

  • 新渡戸稲造=著 飯島正久(いいじま・まさひさ)=訳 『武士道—日本の魂』 築地書館 1998-10-01

(J9) 須知 1998
武士道は、日本を表徴する桜の花と同じように、わが国土の固有の花である。その花は、ひからびた古代道徳の標本となって、わが国の歴史の中に保存されているというわけではない。

  • 新渡戸稲造=著 須知徳平(すち・とくへい)=訳 『対訳 武士道』 講談社バイリンガル・ブックス 講談社インターナショナル 1998-06-10

(J10) 奈良本 1993, 1997
武士道は、日本の象徴である桜花にまさるとも劣らない、日本の土壌に固有の華である。わが国の歴史の本棚の中におさめられている古めかしい美徳につらなる、ひからびた標本のひとつではない。


(J11) 矢内原 1938, 1964, etc.
武士道(シヴアリー)はその表徴たる桜花と同じく、日本の土地に固有の花である。それは古代の徳が乾(ひ)からびた標本となって、我が国の歴史の腊葉集中に保存せられているのではない。

  • 新渡戸稲造=著 矢内原忠雄(やないはら・ただお)=訳
    1. 武士道』 岩波文庫 改版 2007-04
    2. キリスト教』 現代日本思想大系 6 1964-12-15
    3. 武士道』 岩波文庫 初版 1938-10-15(昭和13)

(J12) 近藤 1935
武士道は櫻の花とともに、我日本の代名詞とも云はれる、大和魂の現であると云ふことが出來ます。乾枯びた道德説や、物語ではありません。

  • 新渡戸稲造=原著 近藤晴郷(こんどう・はるさと)=譯編輯 『邦文武士道 附、武士道と北條時宗』 慶文堂書店 1935-12-20(昭和10)
  • 傍点を下線で置き換えました。また、説・郷の旧字はそれぞれ新字で置き換えました。

(J13) 櫻井 1908, 1975, etc.
日本の武士道は、之を表象する櫻花と共に、我國土に特生せるの華なり。斯花たる今や乾枯せる古代道德の標本として、僅に其形骸を、歴史の腊葉品彙に存するものに非らず。


■日本語訳の比較 Comparison of Japanese translations

(1) in the herbarium of our history の和訳
 わが国の歴史の中に……………………………………須知 1998
 わが国の歴史の本棚の中に……………………………奈良本 1993, 1997
 わが国の歴史の標本室に………………………………岬 2003
われわれの歴史の植物標本箱に…………………………山本 2010
 我が国の歴史の腊葉集中に……………………………矢内原 1938, 1964, etc.
    日本という『植物標本集』の中に…………飯島 1998
    日本の植物標本室に…………………………佐藤 2000
     歴史という標本の中に………………………PHP研究所 2007
     歴史の押し花の中に…………………………実業之日本社 2012
     歴史の腊葉品彙に……………………………櫻井 1908, 1975, etc.
     歴史の標本室に………………………………大久保 2015
     [訳出なし]…………………………………近藤 1935

(2) a dried-up specimen of an antique virtue の和訳
         過去の道徳ひからびた標本……大久保 2015
       ひからびた道徳の標本…………………実業之日本社 2012
     ひからびた古代道徳の標本…………………須知 1998
 骨董品同然の干からびた道徳の標本…………………飯島 1998
      乾枯せる古代道德の標本…………………櫻井 1908, 1975, etc.
        乾枯びた道德説や、物語……………近藤 1935
古めかしい道徳につらなる、ひからびた標本のひとつ…奈良本 1993, 1997
       古めかしい道徳…………………………岬 2003
  古代の乾からびた標本…………………………矢内原 1938, 1964, etc.
         古代の美徳の乾いた標本…………佐藤 2000
     干からびた古い美徳…………………………山本 2010
干からびた閉じこめられた、いにしえの美徳…………PHP研究所 2007

夏川訳 2012 はわかりやすさを優先して、構文が組み替えられているので、対応すべき訳語を特定するのがむずかしい。


■ロシア語訳 Translation into Russian

Рыцарство – цветок не менее исконный для японской земли, чем ее символ, цветок сакуры; и это не высушенный образец старинной добродетели, хранящийся в гербарии нашей истории.


■チェコ語訳 Translation into Czech

Rytířství jest květinou, která jest na půdě Japonska tak domácí jako její symbol: třešňový květ. Není však suchým druhem staré cnosti, který jest v herbáři našich dějin uschován.


■ドイツ語訳 Translations into German

(D1) Tussinger, 2009
Das Rittertum ist eine Blüte des Erdenreichs Japans, dort nicht weniger heimisch wie sein Wappenbild, die Kirschblüte. Es ist gleichfalls kein ausgedörrtes Musterstück antiker Tugenden in einer Sammlung getrockneter Pflanzen aus unserer Geschichte.


(D2) Keller, 2004
Die Ritterlichkeit ist eine Blume, die auf dem Boden Japans so heimisch ist wie ihr Symbol, die Kirschblüte. Sie ist keine vertrocknete alte Tugendpflanze, die in ein historisches Herbarium gehört. Vielmehr lebt sie unter uns in Kraft und in Schönheit und durchdringt unsere Moral, auch wenn sie keine greifbare Form und Gestalt annimmt.


■イタリア語訳 Translation into Italian

La cavalleria è un fiore non meno indigeno alla terra del Giappone del suo emblema, il fiore di ciliegio; né un campione dissecato di un’antica virtù preservata nell’erbario della nostra storia.


■ポルトガル語訳 Translation into Portuguese

Cavalaria é uma flor não menos inata ao solo japonês do que seu emblema, a cerejeira; também não é um espécime mirrado de uma antiga virtude preservada no herbário de nossa história.


■スペイン語訳 Translations into Spanish

(Es1)
La caballerosidad es una flor tan originaria de la tierra de Japón como su emblema, la flor del cerezo; no es un espécimen seco de una antigua virtud preservado en el herbario de nuestra historia.


(Es2)
El Bushido, la "ética de los caballeros samurai" o "caballería", es una flor tan representativa del jardín del alma de Japón, como lo es su emblema, la flor del cerezo. Esta ética no es como un ejemplar disecado de una antigua virtud, que se conserva en el herbario de nuestra propia historia, sino que persiste llena de fuerza y de belleza, entre nosotros.

  • Bushido: El codigo etico del samurai y el alma de Japon by Inazo Nitobe
  • Excerpt at Libros AULA MAGNA

(Es3)
El código de caballería es una flor no menos indígena a la tierra de Japón que su emblema, el sakura o flor del cerezo; ni está como un espécimen disecado de una antigüa virtud preservada en el herbolario de nuestra historia.

  • Bushido como un sistema ético. Bushido Alma de Japón by Inazo Nitobe
  • E-text at:

(Es4) de la Espada, 1909
La Caballería es una flor no menos indígena del suelo del Japón que su emblema, la flor del cerezo, y no es un ejemplar disecado de una antigua virtud, conservado en el herbario de nuestra historia.


■フランス語訳 Translation into French

La chevalerie est une fleur non moins native au sol du Japon que son emblème, la fleur de cerisier ; ce n’est pas non plus un spécimen desséché d’une vertu archaïque préservé dans l’herbier de notre Histoire.


 Audio 
英語原文の朗読 第一章 Chapter 1, Free audiobook by LibriVox

Published on 31 Dec 2012 by freeaudiobooks84. Read by Availle.


■英語原文 The original text in English

Chivalry is a flower no less indigenous to the soil of Japan than its emblem, the cherry blossom; nor is it a dried-up specimen of an antique virtue preserved in the herbarium of our history.


■外部リンク External links


■更新履歴 Change log

  • 2016/06/26 大久保喬樹=訳 2015-05-25 を追加しました。
  • 2015/08/10 Gonzalo Jiménez de la Espada によるスペイン語訳を追加しました。
  • 2015/03/17 モンゴル語訳の表紙画像を追加し、外部リンクの項を新設しました。
  • 2014/08/29 夏川賀央=訳 2012-09-15 を追加しました。
  • 2013/12/31 新渡戸稲造の肖像が印刷されている五千円札の画像を追加しました。
  • 2012/12/19 潘星汉による簡体字中国語訳、周燕宏による簡体字中国語訳、およびチェコ語訳を追加しました。また、アラビア語訳、フィンランド語訳、およびエストニア語訳の表紙画像も追加しました。
  • 2013/04/09 イタリア語訳と、もう2種類のスペイン語訳を追加しました。
  • 2013/02/23 実業之日本社=編 2012-09-09 を追加しました。
  • 2012/12/19 ベトナム語訳、ギリシャ語訳、ブルガリア語訳、スロベニア語訳、クロアチア語訳、チェコ語訳、ルーマニア語訳、およびイタリア語訳の表紙画像を追加しました。
  • 2012/04/22 「日本語訳の比較」の項を新設しました。
  • 2012/04/19 飯島正久=訳 1998-10-01 を追加しました。
  • 2012/04/15 櫻井鷗村=譯 1908-03-25 および 近藤晴郷=譯編輯 1935-12-20 を追加しました。また、佐藤全弘=訳 2000-01-20 の訳文を挿入しました。
  • 2012/04/04 山本博文=訳 2010-08-10 を追加しました。また、佐藤全弘=訳の書誌情報を追加しました。佐藤訳の訳文は追って挿入するつもりです。
  • 2011/12/03 YouTube 動画、ポルトガル語訳の訳文、ならびに日本語訳の表紙画像を追加しました。また、「はじめに」の項を新設し、英語原文の朗読へのリンクを張りました。
  • 2011/11/18 Antje Tussinger によるドイツ語訳 2009-05-07 を追加しました。また、ペルシア語訳、スウェーデン語訳、およびTussinger によるドイツ語訳の表紙画像を追加しました。
  • 2011/08/03 ポーランド語訳の表紙画像を追加しました。
  • 2011/08/03 韓国語訳とロシア語訳を追加しました。また、このブログ記事のタイトルをつぎのとおり変更しました:
    • 旧題: 新渡戸稲造 『武士道』 Bushido by Inazo Nitobe
    • 新題: Bushido by Inazo Nitobe 新渡戸稲造 『武士道』
    tomokilog では、なに語で書かれた本であっても、ふつう原書のタイトルを先、訳書のタイトルを後に挙げるようにしています。上の順序変更も、この原則に合わせたものです。原書は英語の達人である日本人・新渡戸稲造が英語で書いたものです。どうぞお忘れなく。
  • 2010/02/20 PHP研究所=編・訳 2007-03-05 を追加しました。
  • 2010/02/11 簡体字中国語訳、繁體字中國語譯、ドイツ語訳、スペイン語訳、およびフランス語訳を追加しました。また、ブログ記事タイトルに日本語表記を追加しました。さらに、表紙画像を入れ替えました。そのほか、見出しをつけるなど細部を修正しました。
  • 2006/06/19 書誌情報を追加し、Amazon.co.jp へのリンクを張りました。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ84595840v1308102456

Flag Counter

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

■DVD

  

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Pride and Prejudice by Jane Austen (1) ジェイン・オースティン 『高慢と偏見』『自負と偏見』『自尊と偏見』 (1)

« Pride and Prejudice 2 3 4 5 »
« 高慢と偏見 2 3 4 5 »

        目次 Table of Contents

■はじめに Introduction
 Audio 1  原文朗読 エリザベス・クレット Audiobook read by Elizabeth Klett
 Audio 2  原文朗読 カレン・サヴェッジ Audiobook read by Karen Savage
 Audio 3  原文朗読(全巻) Audiobook, Unabridged
 Audio 4  ドラマ仕立ての朗読 Dramatic reading
■中国語訳(簡体字)Translation into simplified Chinese
■中國語譯(繁體字)Translation into traditional Chinese
■日本語訳 Translations into Japanese
 (J1) 鴻巣 2014
 (J2) 片岡 2014
 (J3) 小山 2014
 (J4) 柴田 2013
 (J5) 小尾 2011
 (J6) 田中 2007
 (J7) 赤尾ほか 2004
 (J8) 中野(康) 2003
 (J9) 塩谷 1997
 (J10) 伊吹 1972, 1976, etc.
 (J11) 阿部 1963, 1996
 (J12) 中野(好) 1963
 (J13) 富田 1950, 1994
 (J14) 海老池 1940
 (J15) 野上 1926
■アゼルバイジャン語訳 Translation into Azerbaijani
■トルコ語訳 Translation into Turkish
■ハンガリー語訳 Translation into Hungarian
■フィンランド語訳 Translation into Finnish
■ロシア語訳 Translation into Russian
■ウクライナ語訳 Translation into Ukrainian
■ブルガリア語訳 Translation into Bulgarian
■ポーランド語訳 Translation into Polish
■スロバキア語訳 Translation into Slovak
■チェコ語訳 Translation into Czech
■ノルウェー語訳 Translation into Norwegian
■デンマーク語訳 Translation into Danish
■スウェーデン語訳 Translation into Swedish
■ドイツ語訳 Translation into German
■オランダ語訳 Translation into Dutch
■イタリア語訳 Translation into Italian
■ポルトガル語訳 Translation into Portuguese
■カタルーニャ語訳(カタロニア語訳) Translation into Catalan
■スペイン語訳 Translation into Spanish
■フランス語訳 Translation into French
 Video 1  映画 プライドと偏見 (2005) Film Pride and Prejudice (2005)
 Video 2  TV 高慢と偏見 (1995) TV Pride and Prejudice (1995)
■英語原文 The original text in English
■ハーレクイン版『高慢と偏見』について On the Harlequin edition
■更新履歴 Change log


■はじめに Introduction

あの有名な小説。あの有名な書き出し。


 Audio 1 
英語原文朗読 Pride and Prejudice Audiobook, Chapters 01-15

Uploaded by CCProse on 16 Nov 2011. Audio courtesy of Librivox. Read by Elizabeth Klett.


 Audio 2 
英語原文朗読 Pride and Prejudice Audiobook, Part 1

Uploaded by newpoliticalvoices on 1 Oct 2010. Audio courtesy of Librivox. Read by Karen Savage.


 Audio 3 
英語原文朗読(全巻) Pride and Prejudice Audiobook, Unabridged

Uploaded by VNMBOOKS on 3 Jul 2013. Reading of the novel starts at 2:23.


 Audio 4 
ドラマ仕立ての朗読 Dramatic reading

Uploaded by FULL audio books for everyone on 27 Jan 2013. Audio courtesy of Librivox. Reading of the novel starts at 1:47.


■中国語訳(簡体字)Translation into simplified Chinese

凡是有钱的单身汉,总想娶位太太,这已经成了一条举世公认的真理。


■中國語譯(繁體字)Translation into traditional Chinese

凡是有錢的單身漢,總想娶位太太,這已經成了一條舉世公認的眞理。

   簡·奧斯汀 《傲慢與偏見》
   E-text at 龍騰世紀 (millionbook.net)
 
 
■日本語訳 Translations into Japanese

(J1) 鴻巣 2014
世間一般にきまりきったことで、男は独り身で財産があるとなれば、さあ、あとは妻を娶らなくては、という話になる。
   ジェイン・オースティン=著 鴻巣友季子(こうのす・ゆきこ)=部分訳 
   鴻巣による小説の訳題: 『結婚狂想曲』 
   片岡義男+鴻巣友季子=著 『翻訳問答 英語と日本語行ったり来たり
   左右社 2014/08/20
   上の対談本のための試訳。


(J2) 片岡 2014
金運に恵まれた独身の男は奥さんを欲しがるはずだとは、世のなかの誰もが認めるところだ。
   ジェイン・オースティン=著 片岡義男(かたおか・よしお)=部分訳 
   片岡による小説の訳題: 『思い上がって決めつけて』 
   片岡義男+鴻巣友季子=著 『翻訳問答 英語と日本語行ったり来たり
   左右社 2014/08/20
   上の対談本のための試訳。


(J3) 小山 2014
世の中の誰もが認める真理のひとつに、このようなものがある。たっぷり財産のある独身の男性なら、結婚相手が必要に違いないというのだ。
   ジェイン・オースティン=著 小山太一(こやま・たいち)=訳 
   『自負と偏見』 新潮文庫 2014/07/01


(J4) 柴田 2013
大きな財産を有する独身男性は、妻を求めているに違いない——これは世に遍(あまね)く認められた真理である。
   ジェーン・オースティン=著 柴田元幸(しばた・もとゆき)=部分訳
   「高慢と偏見」
   柴田元幸=編・訳 『書き出し「世界文学全集」』 河出書房新社 2013/08/30


(J5) 小尾 2011
独身の青年で莫大な財産があるといえば、これはもうぜひとも妻が必要だというのが、おしなべて世間の認める真実である。
   オースティン=著 小尾芙佐(おび・ふさ)=訳
   『高慢と偏見(上)』 光文社古典新訳文庫 2011/11/20


(J6) 田中 2007
金持ちの独身男性は妻をほしがっているものだと一般的に考えられているからだろう。(……)
   ジェイン・オースティン=著 田中淳子(たなか・じゅんこ)=訳
   『高慢と偏見』 HQ Fast Fiction ハーレクイン 2007/12/15


(J7) 赤尾ほか 2004
独身で金持ちの男とくれば結婚相手が必要に違いない。これはひろく認められている社会通念だ。
   ジェーン・オースティン=著 竹野光雄=監訳
   訳者: 赤尾迪子     稲田智子     井本洋
        坂本千佳子   戸部田佳子   三原和代
   『新訳 高慢と偏見』(電子テキスト)
   バベル・ユニバーシティ・プレス 2004/02/08


(J8) 中野(康)2003
金持ちの独身男性はみんな花嫁募集中にちがいない。これは世間一般に認められた真理である。
   ジェイン・オースティン=著 中野康司(なかの・こうじ)=訳
   『高慢と偏見(上)』 ちくま文庫 2003/08


(J9) 塩谷 1997
立派な資産を持った独身男性は、きっと妻を求めているだろうというのは普遍的に認められた真理である。
   第五章 正しいプライドの持ち方: 『高慢と偏見』について
   塩谷清人(しおたに・きよと)=著 『ジェイン・オースティン入門
   北星堂書店 1997/03


(J10) 伊吹 1972, 1976, etc.
独身で相当の資産のある男性は当然細君が必要であるというのは世間一般にみとめられた真理であります。
   オースティン=著 伊吹千勢(いぶき・ちせ)=訳 「高慢と偏見」
   a.高慢と偏見』 グーテンベルク21(有料電子テキスト)
   b.豪華版 世界文学全集5 オースティン』 講談社 1976/10 所収
   c.高慢と偏見』 講談社文庫 1972/02
   引用は c. に拠りました。


(J11) 阿部 1963, 1996
独身の男性で財産にもめぐまれているというのであれば、どうしても妻がなければならぬ、というのは、世のすべてがみとめる真理である。
   ジェイン・オースティン=著 阿部知二=訳
   a.高慢と偏見』 河出文庫 1996/11
   b.高慢と偏見』 世界文学全集2-6 河出書房新社 1963
   引用は b. に拠りました。


(J12) 中野(好)1963
独りもので、金があるといえば、あとはきっと細君をほしがっているにちがいない、というのが、世間一般のいわば公認真理といってもよい。
   オースティン=著 中野好夫=訳 『自負と偏見
   新潮文庫 1963/06


(J13) 富田 1950, 1994
相當の財産を持っている獨身の男なら、きっと奥さんをほしがっているにちがいないということは、世界のどこへ行っても通る眞理である。
   ジェーン・オースティン=作 富田彬=訳
   a. 高慢と偏見(上)』(全2冊) 岩波文庫 1994/07
   b.高慢と偏見(上)』(全2冊) 岩波文庫(旧版)1950/08
   引用は b. に拠りました。


(J14) 海老池 1940
立派な財產を有する獨身の男は妻が入用に相違ないとは、一般に承認されてゐる眞理である。
   ジェイン・オーステン=著 海老池俊治(えびいけ・しゅんじ)=譯
   『自尊と偏見 上』 弘文堂書房=發行 正價金六拾錢 1940/07/15(昭和15)
   国立国会図書館デジタルコレクション
   違の旧字は新字で置き換えました。


(J15) 野上 1926
獨身で相當の財產を持つてゐる男なら妻をほしがつてゐるに相違ないといふことは、一般に承認されてゐる一箇の眞實である。
   ジェーン・オースチン=著 野上豐一郎=譯 『高慢と偏見 上卷
   國民文庫刊行會=編輯・發行 非賣品 1926/08(大正15)
   国立国会図書館デジタルコレクション
   原文は総ルビ。ここでは、そのすべてを省きました。
   違の旧字は新字で置き換えました。


pride-and-prejudice-poster-0


■アゼルバイジャン語訳 Translation into Azerbaijani

Pulu olan hər bir subay kişinin özünə bir həyat yoldaşı seçməsinin qaçılmaz olduğu hamı tərəfindən qəbul edilən bir reallıqdır.

   Eşq və qürur by Jane Austen
   Excerpt at kulis.az


■トルコ語訳 Translation into Turkish

Evrensel olarak bilinen bir gerçeğe göre, varlık sahibi her bekar erkek, uygun bir eşle evlenmek ister.

   Gurur ve Önyargı by Jane Austen
   Excerpt at Küçük Kızın Büyük Kütüphanesi


■ハンガリー語訳 Translation into Hungarian

Általánosan elismert igazság, hogy a legényembernek, ha vagyonos, okvetlenül kell feleség.

   Büszkeség és balítélet by Jane Austen
   Excerpt at Wikipédia


■フィンランド語訳 Translation into Finnish

Se on totuus yleisesti tunnustettu, että yhden miehen hallussa onni, on oltava halua ja vaimo.

   Ylpeys ja ennakkoluulo by Jane Austen
   Excerpt at rkkrgh.info


■ロシア語訳 Translation into Russian

Все знают, что молодой человек, располагающий средствами, должен подыскивать себе жену.

   Джейн Остин. Гордость и предубеждение
   Translated by И. Маршака
   E-text at:
   * Джейн Остин и Шарлотта Бронте (janeausten.ru)
   * Lib.Ru


■ウクライナ語訳 Translation into Ukrainian

Всі знають, що молодий чоловік, що розташовує коштами, повинен підшукувати собі дружину.

   Джейн Остін. Гордість і упередження
   Excerpt at Кіно онлайн


■ブルガリア語訳 Translation into Bulgarian

Общоизвестна истина е, че всеки богат млад мъж трябва да си вземе съпруга.

   Джейн Остин. Гордост и предразсъдъци
   E-text at Моята библиотека


■ポーランド語訳 Translation into Polish

Jest prawdą powszechnie znaną, że samotnemu a bogatemu mężczyźnie brak do szczęścia tylko żony.

   Stolz und Vorurteil by Jane Austen
   Translated by Anna Przedpełska-Trzeciakowska
   Excerpt at Wikiquote


■スロバキア語訳 Translation into Slovak

Vo svete panuje skalopevné presvedčenie, že slobodný muž, ktorý má slušný majetok, sa nezaobíde bez ženušky.

   Pýcha a predsudok by Jane Austenová
   Excerpt at kultura.pravda.sk


■チェコ語訳 Translation into Czech

Všeobecně panuje skálopevné přesvědčení, že svobodný muž, který má slušné jmění, se neobejde bez ženušky.

   Pýcha a předsudek by Jane Austenová
   Translated by Eva Kondrysová (Vyšehrad, 1986)
   Excerpt at Český-jazyk.cz


■ノルウェー語訳 Translation into Norwegian

Det er universelt anerkjent at en ugift, formuende mann må ha behov for en hustru.

   Stolthet og fordom by Jane Austen
   Excerpt at Wikipedia


■デンマーク語訳 Translation into Danish

Det er en sandhed almindeligt anerkendt. at en enkelt mand i besiddelse af en god formue skal være i mangel af en kone.

   Stolthed og fordom by Jane Austen
   Excerpt at Doudoune sans manche polo ralph lauren


■スウェーデン語訳 Translation into Swedish

Det är en allmänt erkänd sanning att en ogift man i besittning av en stor förmögenhet, måste vara i behov aven hustru.

   Stolthet och fördom by Jane Austen
   Excerpt at Bokmasken


■ドイツ語訳 Translation into German

Es ist eine allgemein anerkannte Wahrheit, dass ein Junggeselle im Besitz eines schönen Vermögens nichts dringender braucht, als eine Frau.


■オランダ語訳 Translation into Dutch

Het is een algemeen erkende waarheid, dat een alleenstaande man met een aardig fortuin beslist een vrouw nodig heeft.

   Trots en Vooroordeel by Jane Austen
   Excerpt at EmPower


■イタリア語訳 Translation into Italian

È una verità universalmente riconosciuta che un uomo scapolo in possesso di una vasta fortuna debba essere alla ricerca di una moglie.

   Orgoglio e pregiudizio by Jane Austen
   Excerpt at Orgoglio e pregiudizio (romanzo) - Wikipedia


■ポルトガル語訳 Translation into Portuguese

É uma verdade universalmente reconhecida que um homem solteiro na posse de uma bela fortuna necessita de uma esposa.

   Jane Austen - Orgulho e Preconceito
   Excerpt at Wikisource


■カタルーニャ語訳(カタロニア語訳) Translation into Catalan

És una veritat universalment coneguda que un home jove en possessió d'una bona fortuna ha de voler una esposa.

   Orgull i prejudici by Jane Austen
   Excerpt at Viquipèdia


■スペイン語訳 Translation into Spanish

Es una verdad mundialmente reconocida que un hombre soltero, poseedor de una gran fortuna, necesita una esposa.

   Orgullo y Prejuicio by Jane Austen
   E-text at Bibliotecas Virtuales.com


■フランス語訳 Translation into French

C’est une vérité universellement reconnue qu’un célibataire pourvu d’une belle fortune doit avoir envie de se marier ( . . . )


 Video 1 
映画 プライドと偏見 (2005) 予告編 日本語字幕つき
Film Pride and Prejudice (2005) trailer with Japanese subtitles

監督: ジョー・ライト 主演: キーラ・ナイトレイ、マシュー・マクファディン
Directed by Joe Wright, Starring Keira Knightley, Matthew Macfadyen


 Video 2 
英BBCテレビシリーズ 高慢と偏見 (1995)
BBC TV mini-series Pride and Prejudice (1995)

監督: サイモン・ラングトン 主演: コリン・ファース、ジェニファー・エール
Directed by Simon Langton, Starring Colin Firth, Jennifer Ehle


■英語原文 The original text in English

It is a truth universally acknowledged, that a single man in possession of a good fortune, must be in want of a wife.


■ハーレクイン版『高慢と偏見』について
 On the Harlequin edition of Pride and Prejudice

大家の名訳に並べてハーレクインの訳(もちろん完訳ではない)を挙げるのはいかがなものか、と思われるかたもあるかもしれない。けれども、こういう通俗的な版を一概に見くだすべきではない。読みやすさ、わかりやすさを重視したこの種の再話版では、原文の省略・圧縮のしかたや、スピード感ある筆致などの点で、それなりに工夫が見られることもある。わたくしは、完訳版をもちろん尊重するが、再話や短縮版の存在意義も、けっして否定しようとは思わない。


■更新履歴 Change log

  • 2015/05/09 海老池俊治=譯 1940/07/15 を追加しました。
  • 2015/02/09 塩谷清人=著 1997/03 を追加しました。
  • 2014/09/01 『プライドと偏見』 (2005) 予告編の YouTube 動画、鴻巣友季子=部分訳 2014/08/20、および片岡義男=部分訳 2014/08/20 を追加しました。
  • 2014/07/22 「はじめに」の項を新設し、小山太一=訳 2014/07/01 とドラマ仕立ての朗読の YouTube 画面を追加しました。
  • 2014/02/04 アゼルバイジャン語訳を追加しました。
  • 2013/10/20 柴田元幸=部分訳 2013/08/30 を追加しました。
  • 2013/01/24 トルコ語訳、ハンガリー語訳、フィンランド語訳、ウクライナ語訳、ブルガリア語訳、スロバキア語訳、ノルウェー語訳、デンマーク語訳、およびカタルーニャ語訳を追加しました。
  • 2012/10/02 newpoliticalvoices によるオーディオブックの YouTube 動画を追加しました。
  • 2012/07/11 CCProse によるオーディオブックの YouTube 画面、ロシア語訳、ポーランド語訳、チェコ語訳、およびスウェーデン語訳を追加しました。
  • 2011/11/21 小尾芙佐=訳 2011/11/20 を追加しました。
  • 2011/05/19 赤尾迪子ほか 2004/02/08 を追加しました。
  • 2010/04/06 BBCテレビ 『高慢と偏見』 (1995) の YouTube 動画を追加しました。
  • 2009/09/06 田中淳子=訳 2007/12/15 を追加しました。
  • 2008/09/10 書誌情報を修正補足しました。
  • 2008/04/28 ブログ記事タイトル中の「ジェーン」を、他の記事の表記と統一するため「ジェイン」に変更しました。また、オランダ語訳、イタリア語訳、およびポルトガル語訳を追加しました。
  • 2007/06/29 このブログ記事のタイトルを、次のとおり変更しました。
    • 旧題: Pride and Prejudice / 高慢と偏見 / 自負と偏見 by Jane Austen
    • 新題: Pride and Prejudice by Jane Austen (1) ジェーン・オースティン 『高慢と偏見』 (1)
  • 2007/04/15 ドイツ語訳、スペイン語訳、およびフランス語訳を追加しました。
  • 2006/08/31 中国語訳(簡体字)および中國語譯(繁體字)を追加しました。また、Amazon.co.jp の該当ページ、および電子テキストの該当ページへのリンクを張りました。
  • 2006/05/06 書誌情報を補足しました。また、訳例の配列を、旧→新から新→旧に変更しました。
  • 2006/04/09 伊吹千勢=訳 1972 を追加しました。 
  • 2006/02/26 野上豐一郎=訳 1926 と富田彬=訳 1950 を追加しました。また、記事のタイトルを、次のとおり変更しました。
    • 旧題: A truth universally acknowledged
    • 新題: Pride and Prejudice 高慢と偏見

 

« Pride and Prejudice 2 3 4 5 »
« 高慢と偏見 2 3 4 5 »

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ84595840v1308102456

Flag Counter

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■DVD

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

  

| | Comments (3) | TrackBack (0)

Sunday, 12 February 2006

Quote 012 反省しないことだ

obg800-4

番組を長く続けるコツは、反省しないことだ。

- タモリ(タレント 1945- )
 
 
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

益者三友、損者三友 (論語 季氏十六、4) Analects of Confucius, Book 16, Chapter 4

        目次 Table of Contents

 Audio 1  孔子成了我的新闻发言人--悦音播报 
■ロシア語訳 Translations into Russian
  (Ru1)  Васильева
  (Ru2)
■ドイツ語訳 Translation into German
■イタリア語訳 Translations into Italian
  (It1)
  (It2)
■スペイン語訳 Translations into Spanish
  (Sp1) Cheung
  (Sp2) Leys, 1998
  (Sp3)
■フランス語訳 Translation into French
 Audio 2  Audiobook of English translation by (E6) Eliot, 1910
 Audio 3  Audiobook of English translation by (E8) Jennings, 1895
■英訳 Translations into English
  (E1) Brooks & Brooks, 2001
  (E2) 孔 2001
  (E3) Lau, 1979
  (E4) Waley, 1938
  (E5) Soothill, 1910
  (E6) Eliot, 1910
  (E7) Lyall, 1909
  (E8) Jennings, 1895
  (E9) Legge, 1893
■現代日本語訳 Translations into contemporary Japanese
  (J1) 森 2011
  (J2) 齋藤 2010
  (J3) 佐久 2006
  (J4) 加地 2004
  (J5) 吉田 2002
  (J6) 宮崎 2000
  (J7) 金谷 1999
  (J8) 平岡 1980
  (J9) 吉川 1978, 1996
  (J10) 貝塚 1973, 2003
  (J11) 木村+鈴木 1970
  (J12) 倉石 1968, 1969, etc.
  (J13) 武内 1933
  (J14) 宇野 1929, 1980
■現代日本語表記による (1) 原文、(2) 書き下し文、および (3) 平易簡潔な現代日本語訳文 (1) The original text written in kanji, (2) the kakikudashi text, and (3) translation into contemporary Japanese; all of which written with standard Japanese writing system in current use
 Video  論語 季氏第十六 - 微子第十八(中国語音声)
      Confucian Analects: Chapters 16-18 (in Chinese)
■中国語原文(簡体字) The original text in simplified Chinese
■中國語原文(繁體字) The original text in traditional Chinese
■更新履歴 Change log


 Audio 1 
孔子成了我的新闻发言人--悦音播报

下に引用する「益者三友、損者三友」のくだりは、2:36 あたりから。 Uploaded to YouTube by yueyin2008 on 5 Jan 2009. Reading of the verse quoted below starts around 2:36.


■ロシア語訳 Translations into Russian

(Ru1) Васильева
Кун-цзы сказал: «(Бывает) полезных три друга, вредных три друга. Друг прямой, друг искренний, друг много наслышанный — полезны; друг пристрастный (церемонный, сдержанный), мягкий (льстивый) друг, краснобай — вредны».

   16. Младший
   Конфуций. Беседы и суждения
   Translated by П. Васильева
   E-text at lunyu.ru


(Ru2)
Кун-цзы сказал: "Три вида дружбы приносят пользу и три - вред. Когда дружишь с человеком или прямым, или честным, или обладающим большой проницательностью, - это приносит пользу; когда дружишь с человеком или неискренним, или изворотливым, или бойким на язык, - это приносит вред".

   Глава шестнадцатая "ЦЗИ-ШИ"
   Конфуций. Беседы и суждения
   E-text at Философия в России (philosophy.ru)


■ドイツ語訳 Translation into German

Konfuzius sprach: “Es gibt drei Sorten von Freunden, von denen man profitieren kann und drei Sorten von Freunden, die einem nur schaden. Von einem aufrechten Freund, von einem vertrauenswürdigen Freund und von einem Freund, der viel erlebt hat, kann man profitieren. Nur schaden können einem dagegen ein Freund, der sich anbiedert und der ständig intrigiert, ein Freund, der einem immer nur schmeichelt und ein Freund, der nur große Reden schwingt.”

   Lunyu 16.4 (Kapitel Ji Shi)
   E-text at:
   * Der Sprüche-Blog
   * donald4u


■イタリア語訳 Translations into Italian

(It1)
Ci sono tre tipi di amici con i quali si guadagna e tre tipi di amici con i quali si perde. 
Sii amico dell’onesto, del fedele e di colui che ascolta con attenzione, e guadagnerai. 
Sii amico di colui che sembra onorevole, di colui che è bravo a compiacere e di colui che appare eloquente e perderai.

   Confucio
   Quoted in mädchen mit torte


(It2)
Confucio disse: tre tipi di amici sono utili, e tre tipi sono dannosi. Quando gli amici sono onesti, sinceri o intelligenti,sono utili. Quando gli amici sono falsi, adulatori o opportunisti, sono dannosi.

   Confucio
   E-text at frasi filosofiche sulla vita: di confucio


■スペイン語訳 Translations into Spanish

(Sp1) Cheung
Confucio dijo: "Hay tres clases de amigos que reportan beneficio, y tres clases que son dañinos. Hazte amigo de los honestos, los fieles y los que oyen muchas cosas, y obtendrás beneficio. Hazte amigo de los hipócritas, los aduladores y los que hablan hábilmente, y perderás."

   The Lun Yu
   Presented by Mr. William Cheung
   Graphic text at Confucius Publishing Home Page


(Sp2) Leys, 1998
Confucio dijo: «Tres clases de amigos son beneficiosos; tres clases de amigos son dañinos. Es beneficiosa la amistad con las personas rectas, dignas de confianza y cultas. Es dañina la amistad con personas tortuosas, halagadoras y falsas.»

   Analectas Volume 38 of Arca de Sabiduría
   Confucio (Author), Simon Leys (Author)
   Edaf S.A. 1998
   Preview at Google Books


(Sp3)
Confucio dijo: "Hay tres clases de amigos que son rentables, y tres tipos que son dañinos Amistad con la vertical, con la verdad a la muerte, y con los que han oído hablar mucho es rentable. Amistad con la amistad obsequiosa, con los que son buenos para acomodar sus principios, la amistad con aquellos que son inteligentes en la charla es perjudicial. "

   Analectas
   E-text at:
   * Wichita Mom's Group
   * Bird Supplies


■フランス語訳 Translation into French

Confucius dit : « Trois sortes d’amitié sont avantageuses, et trois sortes d’amitié sont nuisibles. L’amitié avec un homme qui parle sans détours, l’amitié avec un homme sincère, l’amitié avec un homme de grand savoir, ces trois sortes d’amitié sont utiles. L’amitié avec un homme habitué à tromper par une fausse apparence d’honnêteté, l’amitié avec un homme habile à flatter, l’amitié avec un homme qui est grand parleur, ces trois sortes d’amitié sont nuisibles. »

   Lun yu, les Entretiens de Confucius, Chapitre XVI
   Translated by Séraphin Couvreur
   E-text at:
   * Liens pour découvrir la culture chinoise
   * Ici la Chine


 Audio 2 
Audiobook of English translation by (E6) Eliot, 1910

季氏十六、4の朗読は 2:30:14 から。Uploaded to YouTube by GreatestAudioBooks on 14 Feb 2013. Audio courtesy of LibriVox. Read by Paul Sze. Reading of Book 16, Chapter 4 starts at 2:30:14.


 Audio 3 
Audiobook of English translation by (E8) Jennings, 1895

季氏十六、4の朗読は 2:52:27 から。 Uploaded to YouTube by libribooks on 24 Mar 2013. Audio courtesy of LibriVox. Read by Jing Li. Reading of the verse quoted below starts at 2:52:27.


■英訳 Translations into English

(E1) Brooks & Brooks, 2001
Confucius said, What is helpful is Three Befriendings, and what is harmful is Three Befriendings. To befriend the upright, to befriend the candid, to befriend those who have heard much: there are helpful. To befriend those who prize weakness, to befriend the glib: these are harmful.

   16:4
   The Original Analects: Sayings of Confucius and His Successors
   by E. Bruce Brooks and A. Taeko Brooks
   Columbia University Press; New edition, 2001/10/03
   Preview at Amazon.co.uk


(E2) 孔 2001
The Master said, "Three types of friends are beneficial; three types of friends are harmful.  To befriend the honest, befriend the trustworthy, and befriend the erudite is beneficial; to befriend the hypocritical, befriend the obsequious, and befriend the glib-tongued is harmful."

   孔健 『生きがいの論語』 PHP研究所 2001/08


(E3) Lau, 1979
Confucius said, 'He stands to benefit who makes friends with three kinds of people.  Equally, he stands to lose who makes friends with three other kinds of people.  To make friends with the straight, the trustworthy in word and the well-informed is to benefit.  To make friends with the ingratiating in action, the pleasant in appearance and the plausible in speech is to lose.'

   16 衛靈公 Ke She 16:4
   The Analects by D. C. Lau Penguin Classics, 1979
   E-text at Scribd


(E4) Waley, 1938
Master K’ung said, There are three sorts of friend that are profitable, and three sorts that are harmful. Friendship with the upright, with the true-to-death and with those who have heard much is profitable. Friendship with the obsequious, friendship with those who are good at accommodating their principles, friendship with those who are clever at talk is harmful.

   Book XVI
   The Analects of Confucius (1938) by Arthur Waley
   London: George Allen and Unwin
   E-text at 典籍英译|诸子|《论语》英译(季氏第十六) (www.en84.com)


(E5) Soothill, 1910
Confucius said: "There are three kinds of friends that are beneficial, and three that are harmful. To make friends with the upright, with the faithful, with the well-informed, is beneficial. To make friends with the plausible, with the insinuating, with the glib, is harmful.

   XVI, iv
   The Analects of Confucius (1910) by William Edward Soothill
   Yokohama: Fukuin Printing
   Scanned image at Online Library of Liberty [PDF]


(E6) Eliot, 1910
Confucius said: “There are three friends that do good, and three friends that do harm. The friends that do good are a straight friend, a sincere friend, and a friend who has heard much. The friends that do harm are a smooth friend, a fawning friend, and a friend with a glib tongue.”

   Book XVI, [4]
   The Sayings of Confucius.
   The Harvard Classics, edited by Charles W. Eliot. Vol. 44, Part 1, of 51.
   New York: P.F. Collier & Son, 1910.
   E-text at:
   * Internet Archive
   * Bartleby.com


(E7) Lyall, 1909
Confucius said, There are three friends that help us, and three that do us harm. The friends that help us are a straight friend, an outspoken friend, and a friend that has heard much. The friends that harm us are plausible friends, friends that like to flatter, and friends with a glib tongue.

   Book XVI  4.
   The Sayings of Confucius (1909) by Leonard A. Lyall
   Longmans Green And Co. London
   E-text at:
   * Project Gutenberg
   * Internet Archive


(E8) Jennings, 1895
"There are," said he, "three kinds of friendships which are profitable, and three which are detrimental. To make friends with the upright, with the trustworthy, with the experienced, is to gain benefit; to make friends with the subtly perverse, with the artfully pliant, with the subtle in speech, is detrimental."

   Book XVI: Against Intestine Strife—Good and Bad Friendships
   The Confucian Analects (1895) by Confucius. Translated by William Jennings.
   E-text at Project Gutenberg


(E9) Legge, 1893
Confucius said, "There are three friendships which are advantageous, and three which are injurious. Friendship with the uplight; friendship with the sincere; and friendship with the man of much observation:-- these are advantageous. Friendship with the man of specious airs; friendship with the insinuatingly soft; and friendship with the glib-tongued:-- these are injurious."

   Book 16: Ke She. Chapter 4.
   James Legge "The Analects of Confucius" Clarendon Press, 1893
   The Confucian Analects, the Great Learning & the Doctrine of the Mean
   by Confucius. Translated by James Legge. Cosimo, Inc., 2009
   Preview at Google Books
   E-text at nothingistic.org


■現代日本語訳 Translations into contemporary Japanese

(J1) 森 2011
孔先生がいった
「ためになる友だちが三人あり
だめになる友だちが三人ある
まっすぐな人を友だちにし
まごころある人を友だちにし
もの知りを友だちにすると ためになる
うわべをつくろう人を友だちにし
ごきげんとりを友だちにし
口だけうまい人を友だちにすると だめになる」

   森華(もり・はな)=訳・文・絵・装丁 礪波護(となみ・まもる)=監修
   『論語絵本』 京都新聞出版センター 2011/04/19


(J2) 齋藤 2010
先生がいわれた。「有益な友が三種、有害な友が三種ある。人間のまっすぐな〈直(ちょく)〉なる者、誠実な者、知識のある〈多聞(たぶん)〉の者を友にするのは有益だ。反対に、まっすぐものを言わないで追従する者、裏表があって誠実でない者、口ばかりうまい者を友にするのは、有害だ。」

   齋藤孝=訳 『現代語訳 論語』 ちくま新書 2010


(J3) 佐久 2006
有益な友人が三種、有害な友人が三種あるよ。正直者と誠実者と物知りを友人にするのが有益な三種。見栄っ張りとゴマスリと口達者を友人にするのが有害な三種だ。

   佐久協(さく・やすし)=著 『高校生が感動した「論語」』  祥伝社新書 2006
   著者は大正時代に教科書『高等漢文 論語孟子抄』の共編者などでもあった
   漢学者・佐久節(さく・みさお)の孫にあたる。NHK 100分 de 名著02 『論語』
   ゲスト講師でもあった。


(J4) 加地 2004
孔先生の教え。自分にとって有益な三種の友がある。〔逆に〕有害となる三種の友がある。まっすぐな友、義理固い友、博識の友、これは有益である。しかし、追従する友、裏表のある友、口先の巧みな友、これは有害である。

   加地伸行 『論語』 講談社学術文庫 2004


(J5) 吉田 2002
孔子が言われる、私に益を与える友に三種類ある。私に損をかける友に三種類ある。直言して隠すことをしない者を友とすれば、自分の過ちを聞くことができる。誠実にして表裏のない者を友とすれば、自分もその影響で誠へ進む。博学多識を友とすれば、自分の知識が広まる。この三者は有益な友である。体裁を飾って率直でない者を友とすれば、自分の過ちを聞くことができない。表面だけを良くして誠実のない者を友とすれば、自分の誠を失うに至る。口先が上手で、実意のない者を友とすると、自分を進歩させるものでない。この三者を友とすれば損になるものだ。

   吉田賢抗 『新書漢文大系1 論語(新版)』 明治書院 2002


(J6) 宮崎 2000
孔子曰く、益ある友に三種類、損する友に三種類ある。正直な友人、篤実な友人、物知りの友人は益がある。責任を回避する人、反対をしない人、口先きだけが達者な人は、友人にすると損をする。

   宮崎市定 『現代語訳 論語』 岩波現代文庫 2000


(J7) 金谷 1999
孔子がいわれた、「有益な友だちが三種、有害な友だちが三種。正直な人を友だちにし、誠心の人を友だちにし、もの知りを友だちにするのは、有益だ。体裁ぶったのを友だちにし、うわべだけのへつらいものを友だちにし、口だけたっしゃなのを友だちにするのは、害だ。」

   金谷治 『論語』 岩波文庫 1999


(J8) 平岡 1980
孔子の言葉。有益な友だちが三、有害な友だちが三。正直な人を友だちにし、義理堅い友だちにし、博学の人を友だちにするのは、有益だ。幇間(たいこもち)を友だちにし、言いなりになる者を友だちにし、口さきだけの者を友だちにするのは、有害だ。

   平岡武夫 『全釈漢文大系1 論語』 集英社 1980


(J9) 吉川 1978, 1996
剛直な人物。誠実な人物。博識な人物。それらを友人とするのは利益である。逆に次の三つのものを友とするのは、損失である。むつかしいこと、いやなことを、避けたがる便宜主義者。人ざわりがよいだけの人間。口さきだけの便宜主義者。

   吉川幸次郎=訳
   a.論語(下)』 朝日選書 1996
   b.論語(下)』 中国古典選 朝日文庫 1978
   引用は a. に拠りました。


(J10) 貝塚 1973, 2003
孔先生がいわれた。「ためになる三種の友人、損になる三種の友人。正直な人を友とし、誠実な人を友とし、博学な人を友とするのはためになる。見かけがいいだけの人を友とし、はだざわりがいいだけの人を友とし、口先のうまい人を友とするのは損である」

   貝塚茂樹=訳注
   a.論語2』 中公クラシックス 2003
   b.論語』 中公文庫 1973
   引用は a. に拠りました。


(J11) 木村+鈴木 1970
孔先生のお言葉。「為になる友達が三種、為にならぬ友達が三種ある。率直な友達、誠実な友達、物識りの友達は為になる方だ。人擦(ず)れした友達、表面(うわべ)だけ〔で腹黒〕の友達、口の巧い友達は為にならない方だ」。

   木村英一+鈴木喜一 『中国古典文学大系3 論語・孟子・荀子・礼記(抄)
   平凡社 1970


(J12) 倉石 1968, 1969, etc.
孔先生「為になる友だちが三とおり、損になる友だちが三とおり。正直な人を友だちとし、(正直だと自分の過(あやまち)を聞くことができる)、誠の人を友だちとし、(誠の人だと自分も誠の道に進める)、物知りの人を友だちとすれば、(物知りだと自分もよく分かるようになる)、為になります。が、もったいぶったもの (儀式なれがして正直でないもの) を友だちとし、お追従もの (人にへつらうことが上手で誠意のないもの) を友だちとし、口だけ たっしゃなもの (しゃべることだけは上手でも実際見聞した知識がないもの) を友だちとすれば、損になります。」

   倉石武四郎=訳 「論語」
   a.筑摩世界文學大系5 論語 孟子 大学 中庸』 筑摩書房 1976
   b.世界文學大系8 論語 孟子 大学 中庸』 筑摩書房 1969
   c.世界文學大系59 論語 孟子 大学 中庸』 筑摩書房 1968
   引用は b. に拠りました。


(J13) 武内 1933
[訳文は追って挿入するつもりです - tomoki y.]

   武内義雄=訳註 『論語』 岩波文庫 1933(昭和8)


(J14) 宇野 1929, 1980
友を取るのは慎(つつし)まなければならぬ。我に益(えき)のある者に三種の友がある。我に損(そん)のある者に三種の友がある。直(ちょく)(直言(ちょくげん)して隠すことのない者)を友とすれば己(おのれ)の過(あやま)ちを聞くことができる。諒(りょう)(誠実で表裏(ひょうり)のない者)を友とすれば己(おのれ)も化して誠に進む。多聞(博(ひろ)く古今(ここん)に通じてる者)を友とすれば己の知識が広まる。この三種の友は我に益のある者である。便癖(べんへき)(礼儀作法(れいぎさほう)になれて直言(ちょくげん)しない者)を友とすれば己の過(あやま)ちを聞くことができない。善柔(ぜんじゅう)(何事にも媚(こ)び順(したが)って誠のない者)を友とすれば己の誠を失うに至る。便佞(べんねい)(口先が上手(じょうず)で実際の見聞(けんぶん)のない者)を友とすれば己(おのれ)の知識は日に低下(ていか)して行く。この三種の友は我に損のある者である。

   宇野哲人(うの・てつと)=著
   a.論語新釈』 講談社学術文庫 1980
   b.論語新釈』 大礼記念昭和漢文叢書 弘道館 1929(昭和4)
   a. の底本は b.。引用は a. に拠りました。


■現代日本語表記による 1) 原文、2) 書き下し文、3) 平易簡潔な現代日本語訳文
1) The original text written in kanji, 2) the kakikudashi text, and 3) translation into contemporary Japanese; all of which written with standard Japanese writing system in current use

  1. 孔子曰。益者三友。損者三友。友直。友諒。友多聞。益矣。友便辟。友善柔。友便佞。損矣。
  2. 孔子(こうし)曰(いわ)く、益者(えきしゃ)三友(さんゆう)、損者(そんしゃ)三友(さんゆう)。直(ちょく)を友(とも)とし、諒(りょう)を友(ともとし、多聞(たぶん)を友(とも)とするは益(えき)なり。便辟(べんぺき)を友(とも)とし、善柔(ぜんじゅうを友(とも)とし、便佞(べんねい)を友(とも)とするは損(そん)なり。
  3. 先師がいわれた。益友に三種、損友に三種ある。直言する人、信実な人、多識な人、これが益友である。形式家、盲従者、口上手、これが損友である」 下村湖人 『現代訳論語

   出典: Web漢文大系


 Video 
論語 季氏第十六 - 微子第十八 Part 1 of 2
音声: 中国語
字幕: 簡体字中国語、繁體字中國語、アラビア語、ベトナム語、ブルガリア語、チェコ語/スロバキア語、英語、フランス語、ドイツ語、ヒンディー語、ハンガリー語、インドネシア語、イタリア語、日本語、韓国語、マレー語、モンゴル語、ペルシャ語、ポーランド語、ポルトガル語、パンジャーブ語、ロシア語、スペイン語、タイ語
Sacred Confucian Analects: Books 16-18 (read in Chinese) Part 1 of 2

下に引用する季氏第十六、4の朗読は 6:25 から。 Uploaded to YouTube by SupremeMasterTV on 23 Mar 2010. Reading of Book 16, Chapter 4 quoted below starts at 6:25.


■中国語原文(簡体字) The original text in simplified Chinese

孔子曰:“益者三友,损者三友:友直,友谅,友多闻,益矣;友便辟,友善柔,友便佞,损矣。”

   《论语》 巻第八 季氏第十六
   E-text at:


■中國語原文(繁體字) The original text in traditional Chinese

孔子曰:“益者三友,損者三友。友直,友諒,友多聞,益矣。友便辟,友善柔,友便佞,損矣。”

   《論語》 巻第八 季氏第十六
   E-text at:


■更新履歴 Change log

  • 2013/07/28 2種類のロシア語訳と2種類のイタリア語訳を追加しました。
  • 2013/07/28 英語タイトルで、これまで Chapter 16, Verse 4 と表示していたのを、Book 16, Chapter 4 に改めました。どうやらこの呼び方のほうが、より一般的なようですから。また、佐久協=著 2006-07-05 を追加しました。
  • 2013/07/27 Charles W. Eliot 編の英訳と、これに基づいた朗読の YouTube 画面を追加しました。また、「現代日本語表記による 1) 原文、2) 書き下し文、および 3) 平易簡潔な現代日本語訳文」の項を新設しました。
  • 2013/07/23 目次を新設し、Jennings の英訳に基づいた朗読の YouTube 画面を追加しました。
  • 2013/07/22 つぎの5種類の英訳を追加しました。
    1. E. Bruce Brooks & A. Taeko Brooks, 2001
    2. Arthur Waley, 1938
    3. William Edward Soothill, 1910
    4. Leonard A. Lyall, 1909
    5. William Jennings, 1895
  • 2012/10/22 森華=訳・文・絵・装丁 2011/04/19 を追加しました。
  • 2012/02/07 宇野哲人=著 1980 を追加しました。
  • 2011/07/19 3種類のスペイン語訳を追加し、訳例の配列を変更しました。
  • 2011/01/08 ドイツ語訳とフランス語訳を追加しました。
  • 2011/01/06 齋藤孝=訳 2010/12/10 を追加しました。
  • 2010/07/25 吉川幸次郎=訳、貝塚茂樹=訳注、倉石武四郎=訳の書誌情報を修正・補足しました。また、武内義雄=訳註 1933 の書誌情報を追加しました。訳文は追って挿入するつもりです。
  • 2010/05/14 「孔子成了我的新闻发言人--悦音播报」と Sacred Confucian Analects: Chapters 16-18 (in Chinese) の2本の YouTube 動画を追加しました。また、これまで掲げていた繁體字中國語版に加えて簡体字中国語版のテキストも新たに掲載しました。
  • 2010/01/23 中国語原文の句読点(コロン、括弧、てん、まる)を、現代中国で一般的なスタイルに修正しました。また、中国語原文の電子テキストへのリンクを張りました。
  • 2006/04/05 木村英一+鈴木喜一『中国古典文学大系3 論語・孟子・荀子・礼記(抄)』を追加しました。
  • 2006/03/17 平岡武夫『全釈漢文大系1 論語』および 倉石武四郎『世界文學大系8 論語 孟子 大学 中庸』を追加しました。また、タイトルを「ためになる友、ならぬ友」から「益者三友、損者三友(論語)」に変更しました。
  • 2006/02/14 吉田賢抗『新書漢文大系1 論語(新版)』を追加しました。

にほんブログ村 
本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ翻訳ブログ人気ランキング参加中

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

  

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, 07 February 2006

Quote 011 俺は努力ということをしない

obg800-2

俺は努力ということをしない。

- タモリ(タレント 1945- )
 
 
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

道2月例会

◆アートグループ道 2月例会(備忘録)
と き:2006年2月4日(土)18:30-21:00
ところ:ウイングス京都 地階ビデオスタジオ
参加者:T1、T2、H、M、および tomoki y.
合 評:今回作品を発表したのは、T1さん、Hさん、tomoki y. ら。

今回は、メンバーMさん主催による「アートなお茶会」(仮称)はお休み。

◆2006年3月例会の予定
と き:2006年3月11日(土)晩
ところ:ウイングス京都

新規参加、オブザーバー歓迎します。
ご希望の方は事前にご連絡ください。
お問合せ先:tomoki-y@nifty.com
 
 
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Friday, 03 February 2006

Quote 010 インテリの落とし穴

1206

一般に知識自慢に向かう人は、有名を避け、無名の発掘という功名心にかられるあまりに、燈台もと暗しになる癖がある。

- 赤瀬川原平(芸術家、作家 1937- )
 
 
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, 01 February 2006

Quote 009 やる気のある者は去れ

obg800-1

やる気のある者は去れ。

- タモリ(タレント 1945- )
 
 
 

| | Comments (1) | TrackBack (0)

道1月例会+アートなお茶会(仮称)

◆アートグループ道 1月例会(備忘録)
と き:2006年1月15日(日)14:00-16:00
ところ:メンバーT1さん宅
参加者:T1、T2、F、H、M、および tomoki y.
合 評:今回作品を発表したのは、T2さんら。

♡アートなお茶会(仮称)♡
今回も、メンバーMさん主催による「アートなお茶会」(仮称)を合評終了後に行なった。

◆2006年2月例会の予定
と き:2006年2月4日(土)晩
ところ:ウイングス京都 地階ビデオスタジオ

新規参加、オブザーバー歓迎します。
ご希望の方は事前にご連絡ください。
お問合せ先:tomoki-y@nifty.com
 
 
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2006 | Main | March 2006 »