« Evelyn Waugh "Decline and Fall" 001 | Main | Evelyn Waugh "Decline and Fall" 003 »

Friday, 31 March 2006

Evelyn Waugh "Decline and Fall" 002

Evelynwaugh200x300

 もっともこれを年次の催しと呼ぶのは、一度開けばそのあと数年休眠ということが多いので、正確を欠く。ボリンジャー・クラブは連綿たる伝統を誇っていて、過去の会員の中には何人かの現役の国王も含まれている。三年前の前回の夕食会のときには、キツネを檻(おり)に入れたのを持ち込んで、シャンペン・ボトルをぶつけて殺してしまった。まったく、もう、あの夜は! 今宵はあのとき以来最初の集まりで、ヨーロッパ各地から旧会員が馳せ参じていた。過去二日間というもの、彼らのオックスフォード流入が続いていた。流謫(るたく)の別荘より駆けつけた癲癇(てんかん)王族、崩れた田舎屋敷からはい出した百姓貴族、大使館や公使館から抜け出してきた、怪しげな趣味の、つるんとした青年、ハイランドの湿っぽい御影石(みかげいし)の小屋から登場の無学の地主、顔見せしたての令嬢方の露骨な接近を楽しめるロンドンの社交界からひき剥がされてきた野心家の青年弁護士や保守党の議員志願者——ともかく赫々(かくかく)たる家名と称号をひきずった連中が、祝宴めざして集まってくるのだ。
   富山太佳夫=訳『大転落』岩波文庫 1991年6月

 これを例年の行事というのは正確ではない。というのもクラブでは会を開くごとにその後数年は禁止されることがよくあるからである。ボリンジャーは由緒があり、過去の会員の中には現に王位についている国王などもいる。この前の晩餐会は三年前だったが、狐が一匹檻にいれてもちこまれ、シャンペンの壜を投げつけられて死んでしまった。全くひどい晩だった。今度のはそれ以来はじめての集まりで、ヨーロッパ中から卒業生の会員たちがやってきた。二日にわたって彼らはオックスフォードに流れこんできた。てんかんもちの王族は亡命先の別荘から、むくつけき貴族は朽ちかけた田舎の邸から、まだ個性といえるほどのものもないがそつのない青年達が大使館や公使館から、無学なスコットランドの地主連中がハイランドのしめった花崗岩の棲家から、野望をもった若い法律家や保守党の議員候補者達はロンドンの社交シーズンや初めて社交界に出た娘達の不器用なくどきから未練がましく離れて。名前といい称号といい堂々たる連中がここにドンチャン騒ぎにやってきた。
   柴田稔彦=訳『ポール・ペニフェザーの冒険』福武文庫 1991年4月

   It is not accurate to call this an annual event, because quite often the Club is suspended for some years after each meeting. There is tradition behind the Bollinger; it numbers reigning kings among its past members. At the last dinner, three years ago, a fox had been brought in in a cage and stoned to death with champagne bottles. What an evening that had been! This was the first meeting since then, and from all over Europe old members had rallied for the occasion. For two days they had been pouring into Oxford: epileptic royalty from their villas of exile; uncouth peers from crumbling country seats; smooth young men of uncertain tastes from embassies and legations; illiterate lairds from wet granite hovels in the Highlands; ambitious young barristers and Conservative candidates torn from the London season and the indelicate advances of debutantes; all that was most sonorous of name and title was there for the beano.
   Evelyn Waugh "Decline and Fall" 1928

|

« Evelyn Waugh "Decline and Fall" 001 | Main | Evelyn Waugh "Decline and Fall" 003 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Evelyn Waugh "Decline and Fall" 002:

« Evelyn Waugh "Decline and Fall" 001 | Main | Evelyn Waugh "Decline and Fall" 003 »