« Evelyn Waugh "Decline and Fall" 002 | Main | Evelyn Waugh "Decline and Fall" 004 »

Friday, 31 March 2006

Evelyn Waugh "Decline and Fall" 003

Photo

 「うふっ、罰金ね!」パイプで鼻の脇をそろりとなでながら、スニッグズ先生がそう言った。
「たまりませんねえ! 今夜も罰金がたまりますよ!」
 上級研究員の談話室の地下貯蔵室には、カレッジの罰金合計が五十ポンドに達したときにだけお目みえする特別ワインがある。
 「悪くても一週間はやれますな、創立者のポートワインを」と、ポスルスウェイト先生。
 サー・アラステアの部屋から一段と高い悲鳴があがった。それを一度耳にした者は、思い出しただけで身がすくむだろう。イングランドの田舎の名家の人間が、ガラスを壊したときにあげるあの悲鳴だ。もうじき、暗緑色のイヴニング・コート姿の赤ら顔の連中がドドドッと中庭に転び出てきて、蛮声を張り上げながら、今宵の悪戯(いたずら)の本番に及ぶだろう。
   富山太佳夫=訳『大転落』岩波文庫 1991年6月

「罰金だ!」とスニッグズが鼻のわきをパイプで軽くこすりながら言った、「こいつはいい、今晩はきっと罰金ものになるぞ」
 教員集会室の酒倉には特別のポルト酒があって、カレッジの罰金が五十ポンドたまった時にだけふるまわれる。
「少なくとも一週間は飲めるぞ」ポスルスェイトが言った、「創立者のポルト酒が一週間ね」
 サー・アラステアの部屋からは先刻よりはもっと甲高い声がきこえてきた。その音をきいた者はだれでもそれを思い出すたびに身がすくむ思いをするだろう。それはイギリスの地方の名門出の連中がガラス類をこわそうとわめいている物音である。やがて彼らはみな、今晩のとっておきのわるふざけをしようと、顔を紅くし咆哮しながら、濃緑の夜会服に身を包んでひょろひょろ出てくるだろう。
   柴田稔彦=訳『ポール・ペニフェザーの冒険』福武文庫 1991年4月

"The fines!" said Mr Sniggs, gently rubbing his pipe along the side of his nose. "Oh my! the fines there'll be after this evening!"
There is some highly prized port in the senior common-room cellars that is only brought up when the College fines have reached £50.
"We shall have a week of it at least," said Mr Postlethwaite, "a week of Founder's port."
A shriller note could now be heard rising from Sir Alastair's rooms; any who have heard that sound will shrink at the recollection of it; it is the sound of English county families baying for broken glass. Soon they would all be tumbling out into the quad, crimson and roaring in their bottle-green evening coats, for the real romp of the evening.
   Evelyn Waugh "Decline and Fall" 1928

|

« Evelyn Waugh "Decline and Fall" 002 | Main | Evelyn Waugh "Decline and Fall" 004 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Evelyn Waugh "Decline and Fall" 003:

« Evelyn Waugh "Decline and Fall" 002 | Main | Evelyn Waugh "Decline and Fall" 004 »