« March 2006 | Main | May 2006 »

April 2006

Sunday, 30 April 2006

The Mysterious Affair at Styles by Agatha Christie アガサ・クリスティー 『スタイルズ荘の怪事件』『スタイルズの怪事件』

           目次 Table of Contents

   ■はじめに Introduction
   ■中国語訳(簡体字) Translation into simplified Chinese
   ■中國語譯(繁體字) Translation into traditional Chinese
   ■日本語訳 Translations into Japanese
     (1) 矢沢 2003
     (2) 真野 1995
     (3) 久間 1987
     (4) 田村 1982
     (5) 田中 1976
   ■ベトナム語訳 Translation into Vietnamese
   ■ロシア語訳 Translation into Russian
   ■ポーランド語訳 Translation into Polish
   ■チェコ語訳 Translation into Czech
   ■スウェーデン語訳 Translation into Swedish
   ■イタリア語訳(部分) Translation into Italian (partial)
   ■ポルトガル語訳 Translation into Portuguese
   ■スペイン語訳 Translation into Spanish
    Audio 1  フランス語版朗読 Audiobook in French
   ■フランス語訳 Translation into French
    Audio 2  英語原文朗読: ヒュー・フレイザー Audiobook read by Hugh Fraser
   ■英語原文 The original text in English
   ■「ポアロ」vs「ポワロ」:Poirotの日本語表記について
   ■邦題の異同 Variations of the title in Japanese
   ■更新履歴 Change log


■はじめに Introduction
Poirot2
名探偵ポアロ登場。


■中国語訳(簡体字) Translation into simplified Chinese

波洛是个外表特别的小个子男人,身高只有五英尺四英寸,可是举止显得非常庄重。他的脑袋模样儿完全象只鸡蛋,而他总爱把它微微侧向一边。他的那一抹翘胡子又硬又挺,象个军人。他的衣着整洁得简直不可思议。我相信,在他身上落上一粒灰尘会使他感到比一颗子弹打伤他还要痛苦。这位漂亮的、打扮得象花花公子的小个子(看到他现在的精神这样沮丧,我感到很难过)原来一直是比利时警方最著名的工作人员之一,作为一个侦探,他有着非凡的天才,他曾经成功地侦破过当时的一些最最棘手的案件。

   第 2 章 七月十六—十七日
   克里斯蒂作品集 · 斯泰尔斯庄园奇案
   E-text at ZhuYin Library


■中國語譯(繁體字) Translation into traditional Chinese

波洛是個外表特別的小個子男人,身高只有五英尺四英寸,可是舉止顯得非常庄重。他的腦袋模樣儿完全象只雞蛋,而他總愛把它微微側向一邊。他的那一抹翹胡子又硬又挺,象個軍人。他的衣著整洁得簡直不可思議。我相信,在他身上落上一粒灰塵會使他感到比一顆子彈打傷他還要痛苦。這位漂亮的、打扮得象花花公子的小個子(看到他現在的精神這樣沮喪,我感到很難過)原來一直是比利時警方最著名的工作人員之一,作為一個偵探,他有著非凡的天才,他曾經成功地偵破過當時的一些最最棘手的案件。

   第二章 七月十六—十七日
   阿加莎·克里斯蒂(阿嘉莎.克莉絲蒂)
   斯泰爾斯庄園奇案(斯泰爾斯的神秘案件)
   E-text at 龍騰世紀書庫


■日本語訳 Translations into Japanese

(1) 矢沢 2003
ポアロは風変わりな小男だった。背丈は五フィート四インチそこそこだが、物腰は実に堂々としている。頭の形はまるで卵のようで、いつも小首をかしげている。口髭は軍人風にぴんとはねあがっていた。身だしなみに驚くほど潔癖で、埃ひとつついただけでも、銃弾を受けた以上に大騒ぎをしそうだった。いまは痛ましく足をひきずっているが、この風変わりでダンディーな小男は、かつてはベルギー警察でもっとも有名な人物だったのだ。刑事時代には抜群の勘のよさを発揮して、当時の難事件を次々と解決して名をあげたものだった。

   矢沢聖子(やざわ・せいこ)=訳 『スタイルズ荘の怪事件
   クリスティー文庫1 ハヤカワ文庫 2003


(2) 真野 1995
ポワロは人並外れた風采(ふうさい)の小男だった。背丈はせいぜい五フィート四インチかそこらだが、居措動作はすこぶる堂々としていた。頭は卵そっくりの形をしていて、それをいつも心もち一方にかしげている。口髭(くちひげ)たるや、ぴんと突っ張った軍人風だった。服装のきちんとしていることといったら、ほとんど信じがたいほどだ。埃(ほこり)一つついても彼には銃創にもまさる苦痛をもたらしたろうと思う。そのくせこのめかしこんだ珍妙な小男は、今は見るも気の毒に、片足をひどく引きずっているものの、かつてはベルギー警察屈指の名声赫々(かくかく)たる一員だったのだ。刑事として、持ち前の勘(#「勘」に傍点)は並外れていたし、当代有数の難事件をいくつか解決して大手柄を立てたものだった。

   真野明裕(まの・あきひろ)=訳 『スタイルズ荘の怪事件
   新潮文庫 1995


(3) 久間 1987
ポアロは特に目に立つ小男であった。五フィート四インチ以上はないが、実に堂々とした態度だった。頭は玉子なりで、いくらか一方へ傾いていた。口髭はピンとしていて軍人式、服装の清潔さは信じがたいぐらいで、ほこりの一片でも、ポアロにとっては、弾丸の瑕(きず)より堪えられないだろうと思われた。この不思議な伊達者は、今、気の毒にもびっこを引いていた。が、彼はベルギー警察の最も有名な一員であったのだ。探偵として、その嗅覚はすばらしいもので、当時の迷宮入りの事件のいくつかを解決して、大成功をとげたのだった。

   久間嘉寿恵(くま・かずえ)=訳 「スタイルズの怪事件」
   『エルキュル・ポアロ』 スーパー文庫 講談社 1987/07/20 所収


(4) 田村 1982
ポアロは、人並はずれた小男なのだ。五フィート四インチあるかないかだったが、たいそう、もったいぶった威厳をそなえていた。頭のかっこうは、ちょうど卵みたいで、いつも、どっちか一方に傾げていた。口髭はピンとこわばっていて、軍隊式だった。服装のきちんとしていることは、ほとんど信じ難いくらいのものがあった。ちょっとした塵の方が、弾丸傷よりも、彼を苦しめたにちがいない。にもかかわらず、いまは見るも気の毒なほどびっこをひいている。奇妙で伊達なこの小男は、かつてはベルギー警察の、もっとも権威ある一員だったのだ。探偵としての彼の第六感は、異常にするどく、現代における最大の迷宮入り事件といわれたものの、いくつかをみごとに解決して、勝利をおさめているのだった。

   田村隆一=訳 『スタイルズ荘の怪事件』 ハヤカワ文庫 1982


(5) 田中 1976
ポワロは異様な風体の小男である。身長は五フィート四インチを超えないが、態度、振舞(ふるまい)ははなはだ尊大だ。彼の頭は卵そっくりの形をしていて、その頭を彼は絶えず一方へ傾けている。口髭は軍人ふうにピンと跳ねている。服装の清潔できちんとしていることはとても信じられぬほどで、一つでも汚点(しみ)がついたら弾丸に当たった以上の苦痛を感じることだろう。とはいえこの変わり者でお洒落な小男は、いまでこそ気の毒にひどくびっこをひいているが、かつてはベルギー警察の最も有名な警察官の一人であった。探偵として、彼の第六感はきわめて非凡であり、当時の最もむずかしい事件の幾つかを解決して名声を高めたのだった。

   田中西二郎(たなか・せいじろう)=訳 『スタイルズの怪事件
   創元推理文庫 1976


■ベトナム語訳 Translation into Vietnamese

Tôi đã bảo rằng Poirot là một con người kỳ lạ. Mặc dù dáng người nhỏ nhắn, ông có phong thái thật đáng kính. Đầu ông to, hình quả trứng, gần như luôn luôn hơi nghiêng về một bên. Bộ râu chải chuốt, rất thẳng, tạo cho ông vẻ nhà binh. Ăn mặc rất cầu kỳ, luôn luôn bảnh bao từ đầu đến chân, tỉ mỉ một cách quá đáng, tôi cho rằng một hạt bụi thôi cũng có thể làm ông đau lòng như vết thương do một viên đạn gây nên vậy. Tuy vậy, người đàn ông nhỏ nhắn và lạ lùng ấy, với dáng điệu của một người bảnh bao, xưa kia lại là một trong những nhân vật nổi tiếng của cảnh sát Bỉ. Với tư cách là một nhà thám tử, giác quan của ông thật đáng kinh ngạc, và ông đã thực hiện được những kỳ công khi đã đem được ra trước ánh sáng những vụ việc rắc rối nhất của thế kỷ.

   Thảm Kịch Ở Styles by Agatha Christie
   E-text at phuong.net


■ロシア語訳 Translation into Russian

Пуаро выглядел экстраординарно. Он был невысок – чуть больше пяти футов четырех дюймов, с головой, напоминающей по форме яйцо, которую всегда склонял немного набок, и носил сильно напомаженные, имеющие воинственный вид усы. Аккуратность его в одежде была поистине феноменальной. Я думаю, пылинка на рукаве причинила бы ему больше боли, чем пулевое ранение. Тем не менее этот эксцентричного вида денди небольшого роста, который, к моему огорчению, теперь сильно хромал, в свое время был одним из самых знаменитых работников бельгийской полиции. Его способности детектива были уникальными, он всегда добивался триумфа, раскрывая самые сложные и запутанные преступления.

   Агата Кристи - Загадочное происшествие в Стайлзе
   E-text at Агата Кристи (agatha-christie.ru)


■ポーランド語訳 Translation into Polish

Poirot był drobny, niski i miał bardzo dziwaczną powierzchowność. Niewiele wyższy niż pięć stóp i cztery cale, nosił się z niepospolitą godnością. Jajowatą głowę przechylał na bok i nosił długie, sztywno sterczące wąsy w iście wojskowym stylu. Schludność jego ubioru graniczyła z niepodobieństwem; sądzę, że pyłek na rękawie sprawiłby małemu Belgowi więcej bólu niż rana zadana pociskiem karabinowym. Ale ten niepokaźny, cudaczny elegant, który (stwierdziłem to z przykrością) utykał teraz wyraźnie na prawą nogę, był w swoim czasie asem policji belgijskiej. Jako detektyw uchodził za gwiazdę pierwszej wielkości i niejednokrotnie wykrywał zbrodnie sensacyjne i na pozór nie do wykrycia.

   Tajemnicza historia w Styles by Agatha Christie
   E-text at Chomikuj.pl


■チェコ語訳 Translation into Czech

Poirot byl výjimečně vyhlížející malý muž. Měřil stěží sto šedesát centimetrů, ale pohyboval se s velkou důstojností. Tvar jeho hlavy opisoval přesně tvar vejce a vždy ji měl nakloněnou trochu na stranu. Jeho knír byl. velmi navoskovaný, vojenského zástřihu. Upravenost I jeho šatu byla téměř neuvěřitelná; věřím tomu, že smítko prachu by mu způsobilo více bolesti než zranění střelou. Přesto tento bizarní malý muž hejskovského vzezření, kterého jsem ke své lítosti nyní viděl znatelně ochablého, patřil svého času k nejoslavovanějším příslušníkům belgické policie. Jeho detektivní nadání bylo mimořádné a dosáhl velkolepých triumfů, když přišel na kloub některým z největších záhad těch dní.

   Záhadě na zámku Styles by Agatha Christie
   Excerpt at Knihomol


■スウェーデン語訳 Translation into Swedish

Poirot var en liten man med ett märkligt utseende. Han var knappt mer än en och sextio lång, men förde sig med stor värdighet. Hans huvud hade precis formen av ett ägg, och han lutade det alltid åt ena sidan. Hans mustascher var mycket styva och militäriska. Prydligheten i hans klädsel var i det närmaste otrolig; jag inbillar mig att ett dammkorn skulle ha vållat honom mer smärta än en skottskada. Ändå hade denna lilla nätta snobb till man, som nu tyvärr haltade svårt, på sin tid varit en av de mest berömda medlemmarna av den belgiska polisen.

   En dos stryknin by Agatha Christie
   Excerpt at DAST Magazine


■イタリア語訳(部分) Translation into Italian (partial)

Egli è stato quasi più di cinque piedi quattro pollici, ma lui stesso condotto con grande dignità. La sua testa è stata esattamente la forma di un uovo, e ha sempre un po ‘arroccato su uno Lato. Baffi La sua era molto rigido e militare. La pulizia del suo abbigliamento era quasi incredibile; Credo che un granello di polvere che ha suscitato in lui il dolore più di un punto ferita.

   Poirot a Styles Court by Agatha Christie
   Excerpt at Kirussa World


■ポルトガル語訳 Translation into Portuguese

Era mal mais de cinco pés quatro polegadas mas carregado himself com dignidade grande. Sua cabeça era exatamente a forma de um ovo, e perched sempre o um pouco em um lado. Seu moustache era muito duro e militar. Mesmo se tudo em sua cara fosse coberto, as pontas do moustache e do nariz cor-de-rosa-derrubado seriam visíveis. O neatness de seu attire era quase incredible; Eu acredito que um speck da poeira lhe causaria mais dor do que uma ferida da bala. Contudo este homem pequeno dandified quaint que, eu era pesaroso ver, limped agora mal, tinha estado em sua época uma dos membros os mais comemorados das polícias belgas.

   O caso misterioso em estilos by Agatha Christie
   Excerpt at Hercule Poirot - WorldLingo


■スペイン語訳 Translation into Spanish

Él medía apenas más de cinco pies y cuatro pulgadas, pero se desenvolvía con una gran dignidad. Su cabeza tenía exactamente la forma de un huevo y siempre la ladeaba un poco hacia un lado. Su bigote era muy tieso y militar. Incluso si toda su cara estuviera cubierta, las puntas del bigote y la nariz rosada serían visibles. La pulcritud de su vestimenta era casi increíble; creo que una mota de polvo le habría causado más dolor que una herida de bala. Sin embargo este hombrecito de vestimenta pintoresca había sido en su tiempo uno de los miembros más famosos de la policía belga.

   El misterioso caso de Styles by Agatha Christie
   Excerpt at Detectives privados de ficción: Hercules Poirot


 Audio 1 
フランス語版朗読 Audiobook in French

訳文は異なりますが、下の引用箇所に相当する部分の朗読は 4:20 から始まります。 Uploaded to YouTube by Khaled hamza on 15 Mar 2014. Reading of the section corresponding to the excerpt below starts at 4:20, although the translation is different.


■フランス語訳 Translation into French

Poirot était un homme au physique extraordinaire. Malgré son petit mètre soixante-deux, il était l’image même de la dignité. Son crâne affectait une forme ovoïde, et il tenait toujours la tête légèrement penchée de côté. Sa moustache, cirée, lui conférait un air martial. Le soin qu’il apportait à sa tenue était presque incroyable, et je suis enclin à penser qu’il aurait souffert d’avantage d’un grain de poussière sur ses vêtements que d’une blessure par balle. Pourtant ce petit homme original, ce parfait dandy – qui, je le voyais avec une peine infinie, traînait maintenant la patte – avait été en son temps l’un des plus fameux inspecteurs de la police belge. Doué d’un flair prodigieux, il s’était en effet illustré en élucidant les cas les plus mystérieux de son époque.

   La Mystérieuse Affaire de Styles by Agatha Christie
   Excerpt at:
   * la morohosyntaxe - منتديات ستار تايمز
   * Thé, lectures et macarons
   * Le juge Jarriquez [DOC]


 Audio 2 
英語原文のオーディオブック 朗読: ヒュー・フレイザー
Audiobook in English, read by Hugh Fraser

下の引用箇所の朗読は 31:30 から始まります。 Uploaded to YouTube by Detectives on 15 May 2014. Reading of the excerpt below starts at 31:30.


■英語原文 The original text in English

Poirot was an extraordinary looking little man. He was hardly more than five feet, four inches, but carried himself with great dignity. His head was exactly the shape of an egg, and he always perched it a little on one side. His moustache was very stiff and military. The neatness of his attire was almost incredible. I believe a speck of dust would have caused him more pain than a bullet wound. Yet this quaint dandyfied little man who, I was sorry to see, now limped badly, had been in his time one of the most celebrated members of the Belgian police. As a detective, his flair had been extraordinary, and he had achieved triumphs by unravelling some of the most baffling cases of the day.

   Chapter II. The 16th and 17th of July
   The Mysterious Affair at Styles by Agatha Christie (1920)
   E-text at:
   * Bookstacks Free Online Books
   * World Wide School Library
   * Public Domain Content
   * Page by Page Books
   * Globusz Publishing
   * Bartleby.com
   * Read Print


■「ポアロ」vs「ポワロ」:Poirotの日本語表記について

日本ではPoirotについて「ポアロ」と「ポワロ」の二つの表記が存在するが、フランス語でoiは「ォワ」という感じに発音するため、後者のほうが実際の発音に近い。昔はポワロ表記が常であったが、翻訳独占契約を結んだ早川書房がポアロ表記で出版し始めてから、ポアロ表記が広まった。そのため昔ながらのファンは、早川書房版をはじめとするポアロ表記に違和感を感じ、東京創元社版やTVドラマのポワロ表記に親近感を覚えていたりもする。

   エルキュール・ポアロ - Wikipedia より引用


■邦題の異同 Variations of the title in Japanese

  『スタイルズ荘の怪事件』 矢沢 2003
  『スタイルズ荘の怪事件』 真野 1995
  『スタイルズ荘の怪事件』 田村 1982
  『スタイルズの怪事件』  久間 1987
  『スタイルズの怪事件』  田中 1976


■更新履歴 Change log

2014/07/26 フランス語版オーディオブックと英語原文オーディオブックの YouTube
         画面を追加しました。
2013/11/18 目次を新設し、ベトナム語訳を追加しました。
2012/09/28 繁體字中國語譯、ポーランド語訳、チェコ語訳、およびイタリア語訳
         (部分)を追加しました。
2012/07/16 スウェーデン語訳を追加しました。
2011/07/28 簡体字中国語訳、ロシア語訳、ポルトガル語訳、スペイン語訳、
         およびフランス語訳を追加しました。また、「はじめに」と「邦題の
         異同」の項を新設しました。さらに、ブログ記事のタイトルに邦題を
         挿入し、見出しを追加するなど細部を修正しました。
2006/06/01 久間嘉寿恵=訳 1987/07/20 を追加しました。また、
         「「ポアロ」vs「ポワロ」:Poirotの日本語表記に
         ついて」の項を新設しました。さらに、電子テキストを
         収載するサイトなどについて、リンクを張りました。


にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ翻訳ブログ人気ランキング参加中

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■DVD

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

  

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Saturday, 29 April 2006

Evelyn Waugh "Decline and Fall" 006

031692607801_aa240_sclzz

 ポール・ペニーフェザーは聖職を志す学生であった。二年目を迎えたスコーンでの生活は実に平穏なものであった。出身校はイングランド南部の丘陵地帯にある宗教系の小さなパブリック・スクールで、校誌を編集し、弁論部の部長をつとめ、かつ(内申書によるならば)寮の代表として「見習うべき手本となった」模範的な学生であった。帰省先はオンズロー・スクウェアの後見人のところだが、この繁盛している事務弁護士は彼の向上ぶりを誇りにする反面、彼の相手をするのには底無しに退屈していた。両親は、彼が予備校で作文の賞をとったとき、インドで死んでしまった。この二年間、彼は月々の小遣いと二つのありがたい奨学金の範囲内の生活を守ってきた。つまり、週の煙草は三オンス(愛用はジョン・コットンのミーディアム)、ビールは日に一・五パイント(〇・五パイントは昼食時、一パイントは夕食時)、食事は必ず大学の食堂で。友人は四人、そのうちの三人はパブリック・スクールの同窓生であった。ボリンジャー・クラブの面々がこのポール・ペニーフェザーのことを知っているはずはなかったし、奇妙なことに、彼のほうもこのクラブの話を聞いたことがなかった。 
   富山太佳夫=訳『大転落』岩波文庫 1991年6月

 ポール・ペニフェザーは国教会牧師になる勉強をしていた。スクーンでの波瀾のない生活も二年目だった。ここに入る前は南海岸(サウス・ダウンズ)の宗教的気風をもつある小さなパブリック・スクールで立派な成績をあげた。学校発行の雑誌を編集し、弁論部の会長をつとめ、彼が代表委員を務めた寄宿寮で、通信簿に書いてあったところでは「善き方向へ健全な感化を及ぼした」。自宅はオンスロー・スクエアの保護者のところになっていた。この男は羽振りのいい弁護士で、ポールの学力向上を自慢にし、また彼と一緒にいることに真底からうんざりしてもいた。ポールの両親は彼が小学校で作文の賞をもらった時にすでにインドで亡くなっていた。この二年間彼はかなりの額の奨学金を二種類もらい、それと仕送りとで暮していた。週に三オンスのパイプ煙草——ジョン・コットンのマイルド——を喫い、日にビールを一パイント半、つまり昼食に半パイント、夕食に一パイント飲み、食事は必ずカレッジの食堂でとった。四人友人がいて、うち三人は彼と同じ学校の出身だった。ボリンジャー・クラブのものはだれもポール・ペニフェザーのことをきいたことがなかったし、彼の方も、妙なことに、連中のことをきいたことがなかった。
   柴田稔彦=訳『ポール・ペニフェザーの冒険』福武文庫 1991年4月

   Paul Pennyfeather was reading for the Church. It was his third year of uneventful residence at Scone. He had come there after a creditable career at a small public school of ecclesiastical temper on the South Downs, where he had edited the magazine, been President of the Debating Society, and had, as his report said, 'exercised a wholesome influence for good,' in the House in which he was head boy. At home he lived in Onslow Square with his guardian, a prosperous solicitor who was proud of his progress and abysmally bored by his company. Both his parents died in India at the time when he won the essay prize at his preparatory school. For two years he had lived within his allowance, aided by two valuable scholarships. He smoked three ounces of tobacco a week -- John Cotton, Medium -- and drank a pint and a half of beer a day, the half at luncheon and the pint at dinner, a meal he invariably ate in Hall. He had four friends, three of whom had been at school with him. None of the Bollinger Club had ever heard of Paul Pennyfeather, and he, oddly enough, had not heard of them.
   Evelyn Waugh "Decline and Fall" 1928

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Friday, 28 April 2006

"Who Moved My Cheese?" by Spencer Johnson

Cheese2

 同じ日、ヘムとホーはのんびりとチーズ・ステーションCにやってきた。二人は、毎日小さな変化が起きていることに注意を払わなかったから、いつもどおりチーズがあるものと思っていた。
 二人には青天の霹靂(へきれき)だった。
「なんてことだ! チーズがないじゃないか」ヘムは叫んだ。「チーズがないじゃないか。チーズがないぞ」そう言えばチーズが戻ってくるとでも思っているのか、大声でわめいた。「チーズはどこへ消えた?」彼は声をあげた。
 やがて、腰に手をあてると、顔を紅潮させ、声を張り上げて叫んだ。「こんなことがあっていいわけはない!」
    スペンサー・ジョンソン=著 門田美鈴=訳
    『チーズはどこへ消えた?』扶桑社 2000

  Later that same day, Hem and Haw arrived at Cheese Station C. They had not been paying attention to the small changes that had been taking place each day, so they took it for granted their Cheese would be there.
  They were unprepared for what they found.
  "What! No Cheese?" Hem yelled. He continued yelling, "No Cheese? No Cheese?" as though if he shouted loud enough someone would put it back.
  "Who moved my Cheese?" he hollered.
  Finally, he put his hands on his hips, his face turned red, and he screamed at the top of his voice, "It's not fair!"
    "Who Moved My Cheese?" by Dr Spencer Johnson, 1998

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Thursday, 27 April 2006

Evelyn Waugh "Decline and Fall" 005

Declineandfall

 魅惑の夜であった。彼らはオースティン君のグランドピアノを叩き壊し、レンディング卿の葉巻をカーペットに踏みつけ、陶器を割り、パートリッジ君のシーツを引き裂き、マチスを便器に放りこんだ。サンダーズ君の部屋には窓ガラス以外に壊すものがなかったが、ニューディゲイト賞に応募するために推敲中の詩が見つかって、これが大笑いの標的となった。サー・アラステア・ディグビー=ヴェイン=トランピントンは騒ぎすぎて気分が悪くなり、ストラスドラモンドのラムズデンに支えられて、ベッドにたどりついた。時計は十一時半を回っていた。まもなく今宵の集まりも終るはずである——いや、いや、もうひとつお楽しみが……。 
   富山太佳夫=訳『大転落』岩波文庫 1991年6月

 愉快な晩となった。連中はオースティンのグランド・ピアノをこわし、レンディング卿の葉巻をじゅうたんにふみつけ、陶器をこわし、パートリッジのシーツを裂いて、マチスを便所にほうりこんだ。サンダースにはこわされるものは窓しかなかったが、連中は彼がニューディゲイト賞に応募するために書いていた詩の原稿をみつけ、いたずらをした。サー・アラステア・ディグビー=ヴェイン=トランピントンは興奮のあまり気分がわるくなり、ラムズデン・オブ・ストラスドラモンドに助けられて床についた。十一時半だった。やがて宴も果てるだろう。がまだおもしろいことが残っていた。
   柴田稔彦=訳『ポール・ペニフェザーの冒険』福武文庫 1991年4月

   It was a lovely evening. They broke up Mr Austen's grand piano, and stamped Lord Rending's cigars into his carpet, and smashed his china, and tore up Mr Partridge's sheets, and threw the Matisse into his water-jug; Mr Sanders had nothing to break except his windows, but they found the manuscript at which he had been working for the Newdigate Prize Poem, and had great fun with that. Sir Alastair Digby-Vane-Trumpington felt quite ill with excitement, and was supported to bed by Lumsden of Strathdrummond. It was half-past eleven. Soon the evening would come to an end. But there was still a treat to come.
   Evelyn Waugh "Decline and Fall" 1928

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Robinson Crusoe by Daniel Defoe ダニエル・デフォー 『ロビンソン・クルーソー』『ロビンソン漂流記』『魯敏遜漂行紀略』

        目次 Table of Contents

 Video 1  映画 ロビンソン・クルーソー (1997) Robinson Crusoe (1997)
 Video 2  アニメ ロビンソン・クルーソーの大冒険 (1974) Robinson Crusoe (1974)
■はじめに Introduction
■中国語訳(簡体字) Translation into simplified Chinese
■中國語譯(繁體字) Translation into traditional Chinese
  Image   N・C・ワイエスによる挿し絵 Illustration by N. C. Wyeth
■日本語訳 Translations into Japanese
  (J1) 武田 2011
  (J2) 入邊+佐藤+島田ほか 2009
  (J3) 増田 2007, 2010
  (J4) 海保 2004
  (J5) 伊集院 1999, 2002
  (J6) 鈴木 1979, 1995
  (J7) 山本 1978
  (J8) 坂井 1975, 2003
  (J9) 平野 1971, 1994
  (J10) 能島 1967
  (J11) 佐山 1967, etc.
  (J12) 平井 1967
  (J13) 小山 1957
  (J14) 阿部 1952
  (J15) 吉田 1951
  (J16) 野上 1946
  (J17) 井上 1908
  (J18) 高橋 1897
  (J19) 横山 1857, 1959, etc.
 Video 3  映画 ロビンソン漂流記 (1954) Robinson Crusoe (1954)
 Video 4  映画 Les aventures de Robinson Crusoé (1903)
■ロシア語訳 Translation into Russian
 Audio 1  ポーランド語訳の朗読 Audiobook in Polish
■ポーランド語訳 Translation into Polish
 Audio 2  ドイツ語訳の朗読 Audiobook in German
 Audio 3  ドイツ語訳の朗読 Audiobook in German
■ドイツ語訳 Translation into German
■オランダ語訳 Translation into Dutch
■イタリア語訳 Translation into Italian
■ポルトガル語訳 Translation into Portuguese
 Audio 4  スペイン語訳の朗読 Audiobook in Spanish
■スペイン語訳 Translations into Spanish
  (Es1)
  (Es2)
 Audio 5  フランス語訳の朗読 Audiobook in French
■フランス語訳 Translation into French
 Audio 6  トニー・ブリトンによる朗読(短縮版) Tony Britton reads Crusoe (abridged)
 Audio 7  マーク・F・スミスによる朗読 Mark F. Smith reads Crusoe, Chapter 1
■英語原文 The original text in English
■外部リンク External links
■更新履歴 Change log


 Video 1 
映画 ロビンソン・クルーソー (1997) 予告篇 Robinson Crusoe (1997) Trailer

アメリカ映画 監督: ロッド・ハーディ、ジョージ・ミラー 主演: ピアース・ブロスナン
Directed by Rod Hardy & George Miller. Starring Pierce Brosnan.


 Video 2 
アニメ ロビンソン・クルーソーの大冒険 (1974) Robinson Crusoe (1974)

イタリア、ルーマニア合作 Directed by Francesco Maurizio Guido.


■はじめに Introduction

冒険心に駆られて、家を飛びだそうとするロビンソン・クルーソーを、父がいさめる。中産階級の人間として、ほどほどに暮らすことの幸せ・気楽さ・安逸を説く父は、いわば分別の鑑(かがみ)のような存在だ。息子はもちろん親の言うことを聞かない。おかげで、わたしたちはロビンソンの漂流記を読んで楽しむ機会を得ることになる。若気の至り、バンザイ!


■中国語訳(簡体字) Translation into simplified Chinese

他问我,除了为满足我自己漫游四海的癖好外,究竟有什么理由要离弃父母,背井离乡呢?在家乡,我可以经人引荐,在社会上立身。如果我自己勤奋努力,将来完全可以发家致富,过上安逸快活的日子。他对我说,一般出洋冒险的人,不是穷得身无分文,就是妄想暴富;他们野心勃勃,想以非凡的事业扬名于世。但对我来说,这样做既不值得,也无必要。就我的社会地位而言,正好介于两者之间,即一般所说的中间地位。从他长期的经验判断,这是世界上最好的阶层,这种中间地位也最能使人幸福。他们既不必像下层大众从事艰苦的体力劳动而生活依旧无着;也不会像那些上层人物因骄奢淫逸、野心勃勃和相互倾轧而弄得心力交瘁。

   《鲁滨孙漂流记》 作者: 丹尼尔·笛福
   Excerpt at:
   * 爱问知识人
   * 天涯问答


■中國語譯(繁體字) Translation into traditional Chinese

他問我,除了為滿足我自己漫遊四海的癖好外,究竟有什麼理由要離棄父母,背井離鄉呢?在家鄉,我可以經人引薦,在社會上立身。如果我自己勤奮努力,將來完全可以發家致富,過上安逸快活的日子。他對我說,一般出洋冒險的人,不是窮得身無分文,就是妄想暴富;他們野心勃勃,想以非凡的事業揚名於世。但對我來說,這樣做既不值得,也無必要。就我的社會地位而言,正好介於兩者之間,即一般所說的中間地位。從他長期的經驗判斷,這是世界上最好的階層,這種中間地位也最能使人幸福。他們既不必像下層大眾從事艱苦的體力勞動而生活依舊無著;也不會像那些上層人物因驕奢淫逸、野心勃勃和相互傾軋而弄得心力交瘁。

   《魯賓遜漂流記》 作者﹕丹尼爾.笛福
   E-text at 大纪元新闻网 (EpochTimes.com)
   Excerpt at:
   * 精彩香港書城 (www.exvv.hk)
   * Findbook


 Image 
N・C・ワイエスによる挿し絵 Illustration by N. C. Wyeth
Crusoe_1
Image source: N. C. Wyeth Art Collections


■日本語訳 Translations into Japanese

(J1) 武田 2011
家族を捨てて生まれた土地を飛び出そうなんて、ただの気まぐれでなければなんの理由があるのだろう。ここなら十分にコネもあるわけだし、懸命に努力すれば一財産つくって安らかで楽しい人生を送るみこみだってあるのだから。海外に冒険の旅に出て、大胆な計画で支持を集め、平凡な道から外れたおこないで名を馳(は)せるのは、追い詰められた不運な人間か、野心と金のある幸運な人間のいずれかなのだ。そんなことは、きみには手に負えないか、手を染めるべきでないかのどちらかだ。きみの境遇は社会の中くらい、上流ではないけれど、上の方だといえる。これは父さんの長い経験に照らせばこの世でもっとも望ましい、人としての幸福にいちばん近い境遇だ。肉体労働をおこなう人たちの惨めさとつらさ、汗と苦痛から護られ、上流の人たちの驕(おご)り、贅沢(ぜいたく)、野心や嫉妬(しっと)に悩まされることもない。

   デフォー=著 武田将明(たけだ・まさあき)=訳
   『ロビンソン・クルーソー』 河出文庫 2011/09/20


(J2) 入邊+佐藤+島田ほか 2009
一体どんな理由があって、この家を出て、故郷を捨てようとしているのだ。単にあてどなくさまようのが関の山ではないのか。故郷にいれば順調に世の中に出られるのだから、専念して懸命に働けば富を築くこともできるし、安楽で幸せな人生を送れるだろう。危険をかえりみず異国へ渡ってひと旗挙げようなどというのは、よっぽどどん底の生活をしている人間か、かなりのお金や運に恵まれた野心家のどちらかで、おまえなどには手の届かないことであり、また、それほどの危険を冒す必要もない。おまえは中流階級、または下流階級の上のほうにいて、この地位を築きあげてきたわたしの長い経験から言えば、この程度がこの世で一番居心地が良いのだ。人間の幸せの条件にぴったりと当てはまる。悲しみや苦しみに悩まされることもないし、労働階級の人々のようにあくせく働いて苦労することもない。そうかと言って上流階級の人間のように自尊心やおごりや野心やねたみに惑わされることもない。

   著者:Daniel Defoe 監訳:森真理
   翻訳:入邊真美、佐藤真紀、島田真理子、末吉優香里、一ツ木武雄
   『ロビンソン・クルーソー』 デジタルブック 古典新訳シリーズ
   バベルユニバーシティ プレス(株式会社バベル) 2009/11/15


(J3) 増田 2007, 2010
じぶんの家や故郷を離れようというのは、たんなるむら気以外になんの理由があるのだ、と父はわたしにたずねた。ここにいれば世間に紹介もしてもらって、努力してやれば、財産もたくわえ、安楽にたのしく暮らせる見こみはある。外国に行って、危険をおかし、事業で一旗あげ、常道をはずれた仕事で名をなそうなどとは、よほど食い詰めた人間か、幸運にめぐまれた野心家がすることだ。そんなことは、おまえにとってはたいへんな高望みか、低すぎる望みかどっちかだ。おまえは、その中間、または低い生活の上層にいるのであり、これが人間としての幸福にかなった最上の身分であることは、わしの長年の経験でよくわかっている。その日暮しの労働者につきものの不幸や労苦にさらされることもなく、また上層階級のおごり、ぜいたく、野心、嫉妬に悩まされることもない。

   ダニエル・デフォー=著 増田義郎(ますだ・よしお)=訳・解説
   a.完訳 ロビンソン・クルーソー』 中央公論新社 中公文庫 2010/10/25
   b.完訳 ロビンソン・クルーソー』 中央公論新社 2007/06
   引用は a. に拠りました。


(J4) 海保 2004
どうしておまえは親の家を飛び出さなければならないのか。自分の生まれ故郷にいて勤勉に努力さえすれば、安楽な生活が約束されているではないか。海外での冒険に人生を賭けるなどというのは、そうでもする以外に道のない捨て鉢な人間か、あるいは逆に野心的な財産家のする行為である。さいわいおまえはその中間におかれている。自分の長い人生経験からみて、これは人間の幸福にいちばん適した身分なのだ。われわれは低い身分の人間に起こりがちの苦難や辛さにさらされることもないし、高い身分の者につきまとう高慢、贅沢、野心、妬みに悩まされることもない。

   ダニエル・デフォー=著 ウォルター・パジェット=イラスト
   海保眞夫(かいほ・まさお)=訳
   『ロビンソン・クルーソー』 岩波少年文庫 2004/03/16
   原文にはルビが多数ふられていますが、すべて省略しました。


(J5) 伊集院 1999, 2002
「むすこよ、おまえはいまの生活になんの不満があるというのだ。きちんとした生活を送っていけば、安らかで楽しい日々が約束されているではないか。おまえは若いから、つまらない放浪癖にとりつかれているだけなのだよ。」
 父は、これまで放浪した人々の話をした。
「勤勉な生活をきらって外国で一旗あげようとした連中のなかには、たしかに運にめぐまれ金もうけした人もいる。だがほとんどの人はどん底の生活をしているのだ。そんな生活はおまえににあわない。いまのわたしたちの生活は中流というところだが、人間が幸福に暮らすにはぴったりの階層なのだよ。身分の低い人たちが味わう、みじめさや生活の苦労を知ることもない。身分の高すぎる人たちのように、おごりや野心やねたみのなかで身をすりへらすこともない。」

   a. D.デフォー=原作 伊集院静(いじゅういん・しずか)=文(再話)
     『伊集院静のロビンソン・クルーソー』 講談社 2002/06
   b. ダニエル・デフォー=原作 伊集院静=文(再話)
     長友啓典(ながとも・けいすけ)=絵
     『ロビンソン・クルーソー』 痛快 世界の冒険文学19 講談社 1999/04
   a.b. をもとに再編集したもの。引用は b. に拠りました。
   原文のルビは省略しました。


(J6) 鈴木 1979, 1995
彼は、おまえのただただおちつかない性癖は別として、ほかに父の家や故郷を出てゆく理由はまったくないではないかといった。故郷にいれば立派に社会に送りこんでやる、勤勉に努力すれば、財産を殖(ふ)やせるはずだし、安楽な生活ができる見込みがあるではないかと。彼はよほど窮迫した人間か、それとも野心的で、すばらしい運の人間だけが、外国に冒険に出かけ、一旗あげて、並みの人間のやることとはちがった仕事で有名になるのだというのだった。こうしたことは、おまえにはとうてい及びもつかないことか、あるいはわざわざそこまで落ちるまでもないようなことだ。おまえの身分は中流か、まあ下層の上とでもいうべきところだが、彼の長年の経験から考えて、この暮らしがこの世の中で最上のもので、人間の幸せにもっともふさわしいものだ。肉体労働をやる人間の悲惨、辛苦、苦労とか苦悩とかにさらされることもないし、また上流の人間の傲慢(ごうまん)、ぜいたく、野心、嫉妬(しっと)といったものに悩まされることもない、というのだった。

   ダニエル・デフォー=作 鈴木建三(すずき・けんぞう)=訳
   「ロビンソン・クルーソー」
   a.ロビンソン・クルーソー』 集英社文庫 1995/03
   b.世界文学全集8 スウィフト/デフォー』 学習研究社(学研) 1979/05/01
   引用は a. に拠りました。


(J7) 山本 1978
どんな理由があって家を離れ、生れ故郷を捨てようというのか。ただお前の落ち着きのない性癖のせいではないのか。故郷にとどまっていれば、立派に社会に送り込んでもやろうし、まじめにやれば財産も殖え、安楽快適な生活も望めるではないかと。また父の言うに、運を賭して外国に出かけて一旗あげたり、並はずれた仕事をやって有名になろうというのは、将来に期待のもてない無一文の連中か、また衆にぬきんでた莫大な財産をもつ連中かのいずれかだ。こうしたことは到底お前の手には届かぬことか、あるいはお前がわざわざ手をだすまでもないことだ。お前の身分は中くらいの身分、いわば下層の上というところだ。自分の長年の経験から考えて、この暮し向きこそ最上だし、人間の幸福にもっとも適(かな)っている。手仕事で暮す部類の人間の悲惨と辛苦、労働と苦悩にさらされることもないし、また上流の人間の驕慢や贅沢(ぜいたく)、野心や嫉妬に悩まされることもない。

   デフォー=作 山本和平(やまもと・かずひら)=訳
   「ロビンソン・クルーソーの冒険」
   『世界文学全集13 ロビンソン・クルーソー』 講談社 1978/06/24


(J8) 坂井 1975, 2003
わたしが父の家と生まれ故郷(こきょう)を捨てようとする理由は何なのか。ただなんとなく放浪(ほうろう)したいという気持にかりたてられているだけではないのか。このままこの家にいれば、りっぱに世の中へも出られるし、やがては、いっしょうけんめいはたらいて、財産(ざいさん)をきずきあげ、安楽(あんらく)なくらしもできるだろう。だいたい、危険(きけん)をおかして外国に出かけ、いちかばちかの、とっぴょうしもない大仕事をやって名をあげようなどというのは、食うにこまってやけになっている人間か、それとも、金がたんまりあって、思いきったことをやってみようという人間か、そのどちらかが考えることだ。そんなことは、わたしよりはるか上か、はるか下のくらしをしている人のすることだが、わたしの身分はその中間、つまり、世間でいう、下(げ)の上というところで、父の長年の経験(けいけん)からみると、これが世の中でいちばん良い、なによりも人間の幸福(こうふく)にふさわしい身分だ。まずしい人たちのように、つらい目にあいながら骨身(ほねみ)をけずって生きなくてもすむし、身分の高い人たちのように、うぬぼれやぜいたくや、出世欲(しゅっせよく)やねたみに心をまどわされることもないからだ、と父はいった。

   D・デフォー=作 坂井晴彦=訳 ベルナール・ピカール=画
   a.ロビンソン・クルーソー』 福音館文庫
     福音館書店 2003/06/01
   b.ロビンソン・クルーソー』 福音館古典童話シリーズ14
     福音館書店 1975
   引用は b. に拠りました。


(J9) 平野 1971, 1994
この国にとどまっておれば、りっぱな人たちと知り合いになり、熱心さと勤勉次第で財をなし、安楽な生活を送れる見込みもあるというのに、生まれた国をあとにする理由がどこにあるのか、ただ放浪してみたいというだけではないか、と私にいうのでした。父にいわせると、やけくそになった人か、それとも勢いにのった特別に恵まれた人だけが、やる気を出して人を抜き、世間並みを外れた分野で名をなそうとして、海外へ一か八かの仕事に出かけたものだ、というのです。また、こういった類の仕事は、すべて私にひはとても手が届かないほど高級か低級かのいずれかであり、私にふさわしいのは、その中間、つまり庶民の上層とでもいうべき境遇である、ということ。そしてこの境遇がこの世でいちばんふさわしいものであって、肉体労働に従事する下層の人たちのように悲惨と困難や労働と苦労にさらされないし、また上層の人たちのように高慢、ぜいたく、野心、ねたみなどにわずらわされることもないということを、父は長年の経験で知ったというのです。

   デフォー=作 平野敬一=訳 「ロビンソン・クルーソー」
   a.新装 世界の文学セレクション36 5. デフォー
     中央公論社 1994/11/20
   b.新集 世界の文学 デフォー』 中央公論社 1971
   引用は a. に拠りました。


(J10) 能島 1967
父の家や自分の生まれた国にいれば、立派に人々の手引きも受けられるし、勤勉につとめれば幸運をきりひらいて、安楽に満足な生活を送れるという将来の見通しがあるのに、家郷を離れようというのには、単なる気紛(きまぐ)れのほかにどういう理由があるのかと、わたしにたずねた。父は、さらに言葉を続けて、外国へ行って、さまざまな冒険をして、世間の普通の人の行くのとはちがった道をとって名をあげようというのは、どうにもならない運命に沈んでいる人間か、でなければ、大きな望みを抱いている、人よりもずっとすぐれた人間のすることだ。が、そういうことはすべて、わたしには手の届かない遙か上か、ずっと劣ったもののすることだ。自分の身分はその中間か、あるいは、下級の階級の上とでもいえるかもしれないもので、そういうことを知ったのは、人生の長い経験から、それが世の中で一番いい身分で、人間が幸福に暮らすのにもっとも適したものであり、労苦をいとわず労働をしている職人たちにつきものの悲惨な不幸や苦境にさらされることもなく、上流階級の間につきものの虚栄心や、奢侈(しゃし)や、野心や嫉妬(しっと)羨望(せんぼう)にも悩まされることがないのだと、父は話して聞かせた。

   ダニエル・デフォー=著 能島武文(のじま・たけふみ)=訳
   『完訳 ロビンソン・クルーソー』 角川文庫 1967/05/10


(J11) 佐山 1967, etc.
お前は親の家を出、生まれ故郷を捨てるというが、いったいどんな理由があるのか、ただお前のもっている放浪癖(ほうろうへき)にすぎないではないか。ここにいれば、りっぱに世間に出してもらえるし、勤勉と努力しだいでは身代(しんだい)を作る見込みもじゅうぶんあり、安楽なたのしい生活が送れるだろうに。冒険を求めて海外に乗り出し、思い切ったことでひと旗あげ、尋常一様(じんじょういちよう)でない仕事をやって名をあげようなんて連中は、やぶれかぶれになった人間か、幸運に恵まれた野心家か、そのどちらかなのだ。こういうことはお前などのとうてい企(くわだ)て及ぶところではない。あるいは、そこまで身をおとすべきことではない。お前の身分は中位のところだ。下層社会の上の部といってもよかろう。自分の長い経験によるとこれがいちばんいい身分で、人間の幸福にもいちばんぴったり合ってもいる。身分のいやしい連中の、みじめさや苦しさ、その労苦や苦悩をなめる必要もないし、身分の高い人たちの虚栄や贅沢(ぜいたく)や野心や嫉妬になやまされることもない。

   ダニエル・デフォー=著 佐山栄太郎=訳
   a.ロビンソン・クルーソー』 グーテンベルク21 電子テキスト 刊行年未確認
   b.ロビンソン・クルーソー:生涯と冒険』 旺文社文庫 1967
   引用は b. に拠りました。


(J12) 平井 1967
どんな理由で親の家を飛びだし、生まれ故郷を捨てなければならないのか。要するにくだらない放浪癖にとりつかれているにすぎないではないか、という調子であった。このままでも、立派に世間にもでられるし、勤勉と努力しだいでは財産をきずくもの思いのままだし、だいいち安らかで楽しい生活もおくられるではないか。父はまたこうもいった。運を賭して外国にいって一と旗あげ、尋常いちようでない仕事をやって名をあげようなんていう連中は、どん底生活にあえいでいるような連中か、さもなければ、ひどく野心的な、金と運に恵まれた連中かそのどちらかなのだ。こういうことはお前などの手のとどくことでもないし、またそこまで身をおとしてやるまでもないことなのだ。つまり、お前の身分は中くらいの身分で、いわば下層社会の上の部にいるというわけなのだ。自分の長年の経験によるとこのくらいいい身分はないし、人間の幸福にも一番ぴったりあってもいる。身分のいやしい連中のみじめさや苦しさ、血のにじむような辛酸(しんさん)をなめる必要もない。身分の高い連中につきものの驕(おご)りや贅沢(ぜいたく)や野心や妬(ねた)みになやまされる必要もない。

   デフォー=作 平井正穂(ひらい・まさお)=訳
   『ロビンソン・クルーソー(上)』 岩波文庫 1967/10


(J13) 小山 1957
父は、お前は、ただ放浪したいという以外に、家を出たり、生れ故郷を立ち去ったりしようというのにはどんな理由があるのだ、ここにいれば立派に世に出してもらえるし、努力次第では財産をつくることもできて、安楽な生活が送れるではないか、と訊ねた。父の言うには、危険を冒して外国へ行って危い事業で身を立てたり、普通でない仕事で名前を揚げようというのは、運のつきたどうにもならない人間か、さもなければ大きな抱負をもった運のいい人間のすることだ、そんなことはみなお前にとっては、およびもつかぬことか、ずっと賤しいことだ。お前にむいているのは中位の暮しだ。言いかえると生活は低いが暮しは上とでもいえるものだ。この暮しはお父さんの長いあいだの経験からわかっているのだが世の中で一番よい暮しで、人間の幸福にもっともかなっている。労働階級のようにみじめだったり、困窮したり、骨折りや苦しみにさらされるというわけではない。また上流社会のように、誇りやぜいたくや野心や、他人を羨むことやで苦労することもない。

   ダニエル・デフォー=作 小山東一(こやま・とういち)=訳
   「ロビンソン・クルーソー」
   『世界文学全集(第三期)4』 河出書房新社 1957/06/30


(J14) 阿部 1952
おまえは家を飛び出して冒険(ぼうけん)をしようとしているのだね。どうしてそんなことを考えるのか。家にいて、努力をすれば、りっぱな人物になって、いい生活を送ることができるではないか。もちろんわたしは、おまえに上流社会の人になれというのではない。それは浮(う)き沈(しず)みもはげしく、また、ぜいたくでわがままなものになって、かえって不幸なことにもなる。そうかといって、貧しい暮(く)らしに落ちて苦しむのでもいけない。その中(ちゅう)くらいのところで、いちばん正しく、幸福に、平和に、まじめに生活するのがいいのだ。わたしはおまえにそのことを望む。

   デフォー=作 阿部知二(あべ・ともじ)=訳
   『ロビンソン・クルーソー』 岩波少年文庫 1952/06/15


(J15) 吉田 1951
父は私に、単なる気紛(きまぐ)れ以外に、父の家や自分の国を離れようとするのにどういう理由があるのか尋ねた。ここにいれば、私は然(しか)るべき後援の下に、努力によって出世し、安楽な生活を送ることができるのだった。外国に行って、各種の冒険をして普通の人間とは違った具合に名をなすのは、窮迫してどうにもならない人間か、あるいは非常に大きな野心を抱いた、優れた人間か、いずれかがすることだった。そういうことは、私には望めないことか、あるいは私には卑(いや)し過ぎることだった。私のはその中間の身分、あるいは下級の階級の上層ともいうべきもので、父は長い経験によってそれが一番いい身分であることを知っていた。それは人間が幸福に暮すのに最も適していて、その日その日の労働をして生活している人間に付きものの不幸や悲惨や労苦に脅(おびや)かされることなく、また上流階級の弊風たる虚栄心や、奢侈(しゃし)や、野心や、嫉妬(しっと)にも悩まされることがなかった。

   ダニエル・デフォー=著 吉田健一=訳
   『ロビンソン漂流記』 新潮文庫 1951/05


(J16) 野上 1946
父は私が家を見棄て郷里を見棄てるには、單なる放浪癖といふよりはもつと理由のあることだらうが、それはどんな理由かと聞いた。郷里にさへゐれば、私は立派に紹介されることもできるだらうし、勉强次第では產を作つて、安易な樂しい生活を送ることもできる筈であるのに。父は言つた、外國に冒險に出かけて、事業で身を起したり、竝外(なみはづ)れた性質の仕事で名を成したりする者は、一方に於いては絕望的な運命を持つてる人間か、他方に於いては大望を抱いた卓越した運命を持つてる人間かのすることであると。また、さういつたことは、皆私よりもずつと上であるか、ずつと下であるか、どつちかである、と言つた。また、私の場合は中庸の狀態で、ち、下流生活の上層ともいふべきもので、父は長い經驗によつてそれこそ世間で最上の狀態であり、人間の幸福に最も適したものであり、社會の機械的方面の辛勞災害にも、悲慘艱苦にもさらされることなく、また社會の上層方面の高慢、贅澤、野心、嫉妬などで惱まされることのないのを知つてゐると言つた。

   デフォー=作 野上豐一郎(のがみ・とよいちろう)=譯
   『ロビンソン・クルーソー 1』(全4冊) 岩波文庫 1946-04-30
   郷・送・起・望・適・害の旧字はそれぞれ新字で置き換えました。
   電子複写本 国立国会図書館 近代デジタルライブラリー


(J17) 井上 1908
汝ハ父母ノ許ニ在リテ學術ニマレ商業ニマレ好メル道ニ從事セバ相應ノ富ヲ得安穩ニ一生ヲ送リ得ヘキニ此頃ハ由ナキ企ヲ思ヒ立チ住ミ馴レシ郷里ノ地ヲ離レ惠ミ深キ父母ヲ辭シマタ蹈シモ見ヌ憂(ウ)キ旅ニ千金ノ身ヲ賭スルヲ以テ此上(コヨ)ナキ事トシモ思ヒ定ムルハ什麼(ソモ)如何ナル白癡(タハケ)心ニヤ凡ソ世ニハ斯(カヽ)行險者モナキニアラ子ドモ(#原文はドモが合字)或ハ薄命(#原文は簿命)無怙(アハセ)ノ徒窮困落魄(オチブレ)テ家産ノ守ルヘキモナク食ヲ求メテ萬里ノ外ニ覊客(タビゞト)トナルモノアリ或ハ英雄豪傑ノ士卓越非凡(タクエツヒボン)ノ見ヲ抱キ人間未曾到ノ土ヲ蹈ミ天下未曾有ノ業ヲ成シテ雷名ヲ一世ニ轟(トゞロ)カサント望ムモノアリ然(サ)レハ世間ノ漂泊者或ハ流浪人ト謂ハルヽ輩ハ或ハ遭遇ニ因リ何レモ然ルヘキ原由アリテノ事ナルゾカシ今汝カ地位ヲ見ルニ薄命無怙ノ身ニ陥リタルニモアラス又英雄豪傑ノ資(モチマヒ)ヲ具フルニモアラスサレバ汝ハ中等ノ人物ニテ中等ノ生活ニ適應シタル者ナルベシ又汝ガ生レタル此家モ陶朱(タウシユ)、猗頓(イトン)ノ富ヲバ積マ子ドモ又旦タ夕ヘヲ計リ得サルノ貧窮ニモアラズ吾レ多年ノ經驗ニ由リテ深ク考フルニ中等社會ノ生活ハ人間最モ適度ノ位置ニシテ彼ノ下等ノ如ク風雨寒暑ニ暴露(サラ)シ勞動工作スルノ苦楚(クルシミ)ヲ嘗(ナ)ムルコト(#原文のコトは鉤状の字)ナク又彼ノ上等社會ノ如ク其生計資産ノ豊カナルニ任セテ足ルカ上ニモ足レカシト數驕奢淫逸ノ心ヲ發シ浪(ミダ)リニ大圖巨計ノ志ヲ懷(イダ)クコト(#原文のコトは鉤状の字)モナシ

   英國 ヅーフヲー=著 井上勤=譯 坂部訓正=校訂
   『絶島奇談 ロビンソン漂流記』   
   岡村書店+福岡書店=發行 定價金四十錢 1908/03(明治41)

   本文1ページおよび410ページ(=最終ページ)の表記は、
   『絶世奇談 魯敏孫漂流記』。背の表題の下に(再版)とあります。
   また、裏表紙には「東京 岡村書店 發行」とだけあって、
   奥付に併記されている福岡書店の名前が見あたりません。


(J18) 高橋 1897
徐(をもむ)ろに問(と)ふ樣(やう)正國(せいこく)に在(あ)ればこそ相當(そうとう)の位置(いち)も得(え)らるべく、事業任務(じぎようにんむ)を執(と)りて財產(ざいさん)を作(つく)り、以て安樂愉快(あんらくゆくわい)なる生活(せいくわつ)をも遂(と)げ得(う)べけれ、今(いま)父母(ふほ)の家(いへ)、生(うま)れ故鄕(こきやう)の國(くに)を見捨(みす)てゝ外國(ぐわいこく)に行(ゆ)くとは、何(なん)たる理由(りゆう)ぞや。と更(さら)に懇々(こんこん)余を諭(さと)して云(い)ふ、險(けん)を冒(をか)して外國(ぐわいこく)に行(ゆ)き大膽(だいたん)事業(じぎよう)を起(をこ)して、常規(じようき)に外(はづ)れたる幸運(こううん)に際會(さいくわい)し、以て一身(いつしん)の名利(めいり)を握(にぎ)りたるものゝ如きは、此世(このよ)に失望(しつぼう)したる必死(ひつし)の破戸者(あぶれもの)か、若(もし)くは天の冥助(めいじよ)を受(う)けたる非常(ひじよう)幸運(こううん)の人のみ。斯(かく)の如(ごと)きは余の現在(げんざい)の位置(いち)に比(ひ)すれば、遙(はる)かに上(かみ)なるものか又は遙(はる)かに下(しも)なるものなり、而して余が地位(ちい)は中等(ちうとう)の家(いへ)に生(うま)れ所謂(いわゆる)下等生活(かとうせいくわつ)の上流(じようりう)に位(くらい)するものにして、此(この)階級(かいきう)は下等社會(かとうしやくわい)の貧苦艱難勞働苦惱(ひんくかんなんろうどうくのう)を冒(をか)すの必要(ひつよう)なきと共(とも)に、上等社會(じようとうしやくわい)の驕慢奢侈非望嫉妬(きようまんしやしひぼうしつと)の爲(た)めに心(こゝろ)を攪(みだ)さるゝことなく、世(よ)に最(もつと)も好良(こうりよう)の地位(ちい)にして、亦(また)人間(にんげん)の幸福(こうふく)に最(もつと)も適當(てきとう)なる地位(ちい)なるとは、彼(かれ)が長(なが)き經驗(けいけん)によりて發明(はつめい)したる所、誤(あや)りあるべからず。

   ダニエル・デフアー=著 高橋雄峯(たかはし・ゆうほう)=譯述
   『ロビンソンクルーソー絕島漂流記』 博文 正價金四拾 1897/10/24(明30)
   述・遂・起・運・良・適の旧字はそれぞれ新字で置き換えました。
   ルビの判読がむずかしかったので、誤りがあるかもしれません。
   国立国会図書館 近代デジタルライブラリー


(J19) 横山 1857, 1959, etc.
父、その事をしりて、側近くよびて、汝(イマシ)此国を離れて、遠く旅行せんと思ふさまミゆ、旅(タビ)ハ憂(ウ)きものぞかし、さる辛苦(クルシミ)に、身をうちまかせてありかんこと、いと痛(イタ)まし、汝(イマシ)の才能わが家にとゞまり居(ヲル)とも、心あるべきさまに、身ハたてつべき物ぞなど、いさめこしらへけり(……)

   デフォー=著 横山保三(/横山由清)=譯
   a.魯敏遜漂行紀略』 丸井工文社 1975
   b. 「魯敏遜漂行紀略」
     柳田泉=編 『明治文化資料叢書 9. 翻訳文学編』全12巻(13冊)
     風間書房 1959/10 所収
   c.魯敏遜漂行紀略』 瓊華書屋 1857(安政4)
     この本は、そのタイトルが示すとおりダイジェスト版。
     底本は次のオランダ語訳書。つまり重訳です。
     Beknopte levensgeschiedenis van Robinson Crusoe


 Video 3 
映画 ロビンソン漂流記 (1954) Robinson Crusoe (1954)

メキシコ映画 監督: ルイス・ブニュエル 主演: ダン・オハーリヒー
Directed by Luis Buñuel. Starring Dan O'Herlihy.


 Video 4 
映画 Les aventures de Robinson Crusoé (1903)

フランス映画 監督: ジョルジュ・メリエス Directed by Georges Méliès.


■ロシア語訳 Translation into Russian

Он спросил, какие другие причины, кроме бродяжнических наклонностей, могут быть у меня для того, чтобы покинуть отчий дом и родную страну, где мне легко выйти в люди, где я могу прилежанием и трудом увеличить свое состояние и жить в довольстве и с приятностью. Покидают отчизну в погоне за приключениями, сказал он. или те, кому нечего терять, или честолюбцы, жаждущие создать себе высшее положение; пускаясь в предприятия, выходящие из рамок обыденной жизни, они стремятся поправить дела и покрыть славой свое имя; но подобные вещи или мне не по силам или унизительны для меня; мое место — середина, то есть то, что можно назвать высшею ступенью скромного существования, которое, как он убедился на многолетнем опыте, является для нас лучшим в мире, наиболее подходящим для человеческого счастья, избавленным как от нужды и лишений, физического труда и страданий, выпадающих на долю низших классов, так и от роскоши, честолюбия, чванства и зависти высших классов.

   Даниэль Дефо
   Жизнь и удивительные приключения Робинзона Крузо
   Translated by M. A. Shishmareva (M.А.Шишмаревой)
   E-text at:
   * OK's Nest (magister.msk.ru)
   * Litru.ru


 Audio 1 
ポーランド語訳のオーディオブック(朗読) Robinson Crusoe - Audiobook in Polish

下に引用する箇所の朗読は 00:02:30 あたりから始まります。 Uploaded to YouTube by ThePietruchowski on 5 Dec 2012. Reading of the excerpt below starts around 00:02:30.


■ポーランド語訳 Translation into Polish

„Drogi synu, skądże ci się biorą te myśli i dążenia awanturnicze? Czyż mam i ciebie utracić, jak utraciłem braci twoich? Zostań w domu, gdzie ja i matka troszczymy się o ciebie, gdzie masz przyjaciół i znajomych, gotowych do wszelkiej pomocy, którzy cię poprą niezawodnie, gdy raz już obierzesz jakiś zawód, ku własnej korzyści i zaszczytowi oraz ku pożytkowi społeczeństwa i pociesze rodziny. Szczęścia na obczyźnie szukają ci tylko, którzy niczego nie spodziewają się w ojczyźnie albo stracili dobrą opinię u ludzi. Przyznaję, że czasem przedsiębiorczość ducha wygania w szeroki świat młodzieńca, któremu na zagonie rodzinnym za ciasno, i młodzieniec taki ziszcza nieraz ambitne plany swoje. Ale to rzeczy nie dla ciebie, mój synu. Przeznaczeniem twym jest pozostać na szerokim gościńcu życia, który najpewniej wiedzie do szczęścia. Pozostań tedy w kraju i odżywiaj się należycie. Jeśli już nie zostaniesz uczonym, to masz dosyć zdolności, aby być dobrym kupcem, bo chyba nie uznajesz stanu ojca, stanu kupieckiego, za zbyt niski dla siebie”.

   Robinson Crusoe: Jego życia losy, doświadczenia i przypadki by Daniel Defoe
   Translated by Franciszek Mirandola
   E-text at Wolne Lektury


 Audio 2 
ドイツ語訳のオーディオブック(朗読) Robinson Crusoe - Audiobook in German

下に引用する箇所の朗読は 2:46 から始まります。 Uploaded to YouTube by Edgar Allan Poe on 14 Nov 2013. Reading of the excerpt below starts at 2:46.


 Audio 3 
ドイツ語訳のオーディオブック(朗読) Robinson Crusoe - Audiobook in German

Uploaded to YouTube by doccheck81 on 11 Dec 2011.


■ドイツ語訳 Translation into German

»Was für andere Gründe«, sagte er, »als die bloße Vorliebe für ein unstetes Leben, können dich bewegen, Vaterhaus und Heimat verlassen zu wollen, wo du dein gutes Unterkommen hast und bei Fleiß und Ausdauer in ruhigem und behaglichem Leben dein Glück machen kannst. Nur Leute in verzweifelter Lage, oder solche, die nach großen Dingen streben, gehen außer Landes auf Abenteuer aus, um sich durch Unternehmungen empor zu bringen und berühmt zu machen, die außerhalb der gewöhnlichen Bahn liegen. Solche Unternehmungen aber sind für dich entweder zu hoch oder zu gering. Du gehörst in den Mittelstand, in die Sphäre, welche man die höhere Region des gemeinen Lebens nennen könnte. Die aber ist, wie mich lange Erfahrung gelehrt hat, die beste in der Welt; in ihr gelangt man am sichersten zu irdischem Glück. Sie ist weder dem Elend und der Mühsal der nur von Händearbeit lebenden Menschenklasse ausgesetzt, noch wird sie von dem Hochmuth, der Ueppigkeit, dem Ehrgeiz und dem Neid, die in den höheren Sphären der Menschenwelt zu Hause sind, heimgesucht.«

   Robinson Crusoe by Daniel Defoe
   Translated by Carl Altmüller
   E-text at literaturnetz.org


■オランダ語訳 Translation into Dutch

Hij meende, dat mijn verlangen naar den vreemde, een oppervlakkige begeerte, een luim was, en vertelde mij, dat zij, die op avontuur uitgingen, doorgaans menschen waren, die in hun vaderland geen vooruitzicht hadden, of die hoopten in andere landen groote rijkdommen te vergaderen, of wel zulken, die door buitengewone ondernemingen zich beroemd wilden maken ; ; dat zoowel 't een als 't ander te laag of te hoog voor mij was. Ik behoorde tot den gegoeden burgerstand en een veeljarige ondervinding had hem geleerd, dat daarin het meeste geluk gevonden werd; dat het een stand was, niet blootgesteld aan de ellende en moeilijkheden, den arbeid en het lijden van de mindere klasse, noch bezwaard met den trots, de weelde, de eerzucht en den nijd van den hoogeren stand.

   Robinson Crusoe by Daniel Defoe
   Translated by A. Van Schouwenburg
   W. Versluys, 1887
   Preview at Google Books


■イタリア語訳 Translation into Italian

( . . . ) mi chiese che ragione avessi, a parte la mia inclinazione avventurosa, per abbandonare la casa paterna e la terra natale, dove avevo buone conoscenze, prospettive di fare fortuna con l'Applicazione e l'Industria in una vita agiata e piacevole. Mi disse poi che solo gli uomini più disperati, oppure gli ambiziosi mai sazi di fortuna, vanno in cerca di avventure lontano, per salire più in alto operando, per diventare famosi sfidando la natura con atti poco comuni; che però queste cose erano troppo al di sopra di me, o al di sotto di me; che appartenevo alla Classe Media, ovvero a ciò che si può chiamare la condizione superiore della vita inferiore, da lui giudicata per lunga esperienza come la classe migliore del mondo, la piu conveniente alla felicita umana, per nulla esposta alle miserie e alle pene, alle fatiche e alle sofferenze che affliggono i braccianti dell'umanità: al tempo stesso, sottratta ai tormenti dell'orgoglio, del lusso, dell'ambizione, dell'invidia, che affliggono le classi alte dell'umanità.

   Robinson Crusoe by Daniel Defoe
   Edited and translated by Alberto Cavallari
   Feltrinelli Editore, 1993
   Preview at Google Books


■ポルトガル語訳 Translation into Portuguese

Disse-me que sair à cata de aventuras era para homens de condição desesperada, de um lado, ou de pretensões superiores, de outro; eles ascenderiam por meio da exploração e se tornariam famosos em empresas de natureza extraordinária; que essas coisas estavam todas ou muito acima ou muito abaixo de mim; que a minha condição, a mediana, poderia ser chamada de a posição superior de um estado inferior e que ele descobrira, depois de longa experiência, ser essa a melhor posição do mundo, a mais adequada à felicidade humana. Não estava exposta às misérias e agruras, aos esforços e padecimentos da parte braçal da humanidade, nem prejudicada pelo orgulho, o luxo, a ambição ea inveja da parte superior da humanidade.

   Robinson Crusoe by Daniel Defoe
   Translated by Celso M. Paciornik
   Editora Iluminuras Ltda, 2004
   Preview at Google Books


 Audio 4 
スペイン語訳のオーディオブック(朗読) Robinson Crusoe - Audiobook in Spanish

下の引用箇所に相当する部分の朗読は 02:33 あたりから始まります。 Uploaded to YouTube by mediateksa on 28 Dec 2010. Reading of the section corresponding to the excerpt below starts around 02:33.


■スペイン語訳 Translations into Spanish

(Es1)
Me preguntó qué razones podía tener, aparte de una mera vocación de vagabundo, para abandonar la casa paterna y mi país natal, donde sería bien acogido y podría, con dedicación e industria, hacerme con una buena fortuna y vivir una vida cómoda y placentera. Me dijo que sólo los hombres desesperados, por un lado, o extremadamente ambiciosos, por otro, se iban al extranjero en busca de aventuras, para mejorar su estado mediante empresas elevadas o hacerse famosos realizando obras que se salían del cami no habitual; que yo estaba muy por encima o por debajo de esas cosas; que mi estado era el estado medio, o lo que se podría llamar el nivel más alto de los niveles bajos, que, según su propia experiencia, era el mejor estado del mundo y el más apto para la felicidad, porque no estaba expuesto a las miserias, privaciones, trabajos ni sufrimientos del sector más vulgar de la humanidad; ni a la vergüenza, el orgullo, el lujo, la ambición ni la envidia de los que pertenecían al sector más alto.

   Las Aventuras de Robinson Crusoe by Daniel Defoe
   E-text at Daniel Defoe - Robinson Crusoe.doc


(Es2)
¿Por qué estraña anomalía, hijo mio, me dijo, tratas de abandonar la casa paterna y el suelo natal en donde todo te promete la felicidad, no te falta ninguna clase de apoyo, y te se presenta la doble perspectiva de tener una fortuna adquirida por la industia y el trabajo, y las dulzuras de una vida cómoda y tranquila? Hay dos especies de gentes en la sociedad, á las cuales conviene tu modo de pensar: las unas desprovistas enteramente de recursos, las otras colocadas en un rango superior, á quienes es dado formar grandes empresas y recorrer el mundo en busca de aventuras, porque este es uno de los medios para elevarse y crearse renombre por medio de un camino poco frecuentado; pero no es de ninguna manera conveniente á la clase á la cual tienes la dicha de pertenecer. Por una larga esperiencia he conocido que esta es la mejor de todas, la mas rica en felicidades humanas, al abrigo por un lado de la miseria, de los trabajos y de los sufrimientos de las clases menesterosas, y por  el otro exento del orgullo y del lujo, de la ambicion y de la envidia de los grandes de la tierra.

   Aventuras de Robinsón Crusoe by Daniel Defoe
   Jean Labouderie
   Translated from French
   Illustrated with notes by José Alegret de Mesa (1849-50),
   Preview at Google Books


 Audio 5 
フランス語訳のオーディオブック(朗読) Robinson Crusoe - Audiobook in French

下に引用する箇所の朗読は 02:00 あたりから始まります。 Uploaded to YouTube by lecteurdomicile on 23 Apr 2012. Reading of the excerpt below starts around 02:00.


■フランス語訳 Translation into French

« Quelle autre raison as-tu, me dit-il, qu'un penchant aventureux, pour abandonner la maison paternelle et ta patrie, où tu pourrais être poussé, et où tu as l'assurance de faire ta fortune avec de l’application et de l’industrie, et l’assurance d’une vie d’aisance et de plaisir ? Il n’y a que les hommes dans l’adversité ou les ambitieux qui s’en vont chercher aventure dans les pays étrangers, pour s’élever par entreprise et se rendre fameux par des actes en dehors de la voie commune. Ces choses sont de beaucoup trop au-dessus ou trop au-dessous de toi ; ton état est le médiocre, ou ce qui peut être appelé la première condition du bas étage ; une longue expérience me l’a fait reconnaître comme le meilleur dans le monde et le plus convenable au bonheur. Il n’est en proie ni aux misères, ni aux peines, ni aux travaux, ni aux souffrances des artisans : il n’est point troublé par l’orgueil, le luxe, l’ambition et l’envie des hautes classes.

   Robinson Crusoé by Daniel Defoe
   E-text at Ebooks Libres et Gratuits


 Audio 6 
トニー・ブリトンによる英語原文の朗読(短縮版)
Tony Britton reads Robinson Crusoe (abridged)

下に引用する箇所は録音では省かれています。 Published on Jul 16, 2012 by TheAudiobookChannel. The excerpt below is not included in the recording.


 Audio 7 
マーク・F・スミスによる英語原文の朗読
Mark F. Smith reads Robinson Crusoe, Chapter 1

下に引用する箇所は 02:10 あたりから始まります。 Published on Jun 29, 2011 by CCProse. The excerpt below starts around 02:10.


■英語原文 The original text in English

He asked me what reasons, more than a mere wandering inclination, I had for leaving father's house and my native country, where I might be well introduced, and had a prospect of raising my fortune by application and industry, with a life of ease and pleasure.  He told me it was men of desperate fortunes on one hand, or of aspiring, superior fortunes on the other, who went abroad upon adventures, to rise by enterprise, and make themselves famous in undertakings of a nature out of the common road; that these things were all either too far above me or too far below me; that mine was the middle state, or what might be called the upper station of low life, which he had found, by long experience, was the best state in the world, the most suited to human happiness, not exposed to the miseries and hardships, the labour and sufferings of the mechanic part of mankind, and not embarrassed with the pride, luxury, ambition, and envy of the upper part of mankind.

   The Life and Adventures of Robinson Crusoe (1719) by Daniel Defoe
   E-text at:


■外部リンク External links

  1. 対訳「ロビンソン・クルーソー」 : "Robinson Crusoe" English and Japanese
       なかでも、「ロビンソン・クルーソー」の翻訳本比較のページ。
       すみ 春魚(Sumi Haruo)氏によるサイト。図解・挿絵つき。
  2. ロビンソン・クルーソーと偉人伝
       京都大学大学院人間・環境学研究科 洋学史・松田清研究室
       研究ノート 洋学史・文化交渉史
       4. 神原文庫洋学資料展 啓蒙の源流(解説)
  3. 明治期の翻訳「ロビンソン」 by Sumi Haruo

■更新履歴 Change log

  • 2013/11/16 もう1種類のドイツ語版朗読の YouTube 画面を追加しました。
  • 2013/11/07 高橋雄峯=譯述 1897/10/24 を追加しました。
  • 2013/06/12 ポーランド語訳および次の4本の YouTube 画面を追加しました。ポーランド語版朗読、ドイツ語版朗読、スペイン語版朗読、フランス語版朗読。
  • 2012/08/16 もう1種類の英語版朗読の YouTube 画面を追加しました。
  • 2012/08/11 もう1種類のスペイン語訳を追加しました。
  • 2011/11/20 小山東一=訳 1957/06/30 を追加しました。
  • 2011/11/15 武田将明=訳 2011/09/20、山本和平=訳 1978/06/24、阿部知二=訳 1952/06/15 を追加しました。また、つぎの3本のYouTube 動画を追加しました。

    1. アニメ 『ロビンソン・クルーソーの大冒険』 (1974)
    2. 映画 『ロビンソン漂流記』 (1954)
    3. Les aventures de Robinson Crusoé (1903)
  • 2011/11/09 CCProse による英語原文朗読の YouTube 動画を追加しました。
  • 2011/11/06 野上豐一郎=譯 1946-04-30 を追加しました。
  • 2011/11/03 外部リンクの項にすみ 春魚(Sumi Haruo)氏によるサイトへのリンクを追加しました。
  • 2011/01/18 佐山栄太郎=訳の電子テキスト版に関する情報を追加しました。
  • 2011/01/13 中國語譯(繁體字)、ロシア語、オランダ語訳、イタリア語訳、ポルトガル語訳、およびスペイン語訳を追加しました。
  • 2010/11/29 増田義郎=訳 2010/10/25 の訳文を挿入しました。
  • 2010/08/16 平野敬一=訳 1994/11/20 の訳文を挿入しました。
  • 2010/08/07 海保眞夫=訳 2004/03/16 の訳文を挿入しました。
  • 2010/06/10 能島武文=訳 1967/05/10 の本文を挿入しました。
  • 2010/05/24 映画『ロビンソン・クルーソー』 (1997) 予告篇の YouTube 動画、入邊+佐藤+島田ほか訳、およびドイツ語訳を追加しました。また、「はじめに」の項を新設し、書誌情報を補足しました。
  • 2009/08/31 鈴木建三=訳の書誌情報を補足しました。
  • 2009/04/27 横山保三(/横山由清)=譯 を追加しました。
  • 2007/09/29 井上勤=譯 1908/03 を追加しました。
  • 2006/11/23 中国語訳(簡体字)およびフランス語訳を追加しました。
  • 2006/11/13 伊集院静=文(再話)1999/04 を追加し、Amazon.co.jp および電子テキストへのリンクを補足しました。
  • 2006/04/28 鈴木建三=訳 1995/03 を追加しました。
  • 2006/04/30 平井正穂=訳 1967/10 を追加しました。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ84595840v1308102456

Flag Counter

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

■DVD

  

| | Comments (3) | TrackBack (0)

Monday, 24 April 2006

A Farewell to Arms by Ernest Hemingway ヘミングウェイ / ヘミングウエイ 『武器よさらば』『武器よ・さらば』

76501

        目次 Table of Contents

■はじめに Introduction
■中国語訳(簡体字) Translation into simplified Chinese
■日本語訳 Translations into Japanese
  (J1) 金原 2007
  (J2) 高見 2006
  (J3) 刈田 1978
  (J4) 山本 1975
  (J5) 高村 1974
  (J6) 石 1971
  (J7) 田中 1966
  (J8) 竹内 1965
  (J9) 大橋 1964
  (J10) 瀬沼 1960
  (J11) 谷口 1957
  (J12) 大久保 1955
  (J13) 大久保 1954
  (J14) 小田 1930
■ベトナム語訳 Translation into Vietnamese
■ロシア語訳 Translation into Russian
■ウクライナ語訳 Translation into Ukrainian
■ブルガリア語訳 Translation into Bulgarian
■ドイツ語訳(部分) Translation into German (fragment)
■イタリア語訳 Translation into Italian
■ポルトガル語訳 Translation into Portuguese
■カタルーニャ語訳(カタロニア語訳) Translation into Catalan
■スペイン語訳 Translations into Spanish
  (Es1)
  (Es2)
■フランス語訳 Translation into French
 Audio  英語原文のオーディオブック(朗読) Audiobook in English
■英語原文 The original text in English
■tomoki y. の疑問  tomoki y. has a question.
  A. いいえ/いえ/いや
  B. ええ/そう/そうです/そうですとも
■訳語の異同 A variety of Japanese equivalents
  A. Japanese equivalents of "Outside the room, in the hall"
  B. Japanese equivalents of "I spoke to the doctor"
  C. Japanese equivalents of "anything I can do to-night"
  D. Japanese equivalents of "Is there (....)?"
■外部リンク External links
 Video  A Farewell to Arms burial for Ernest Hemingway - Michael Palin
■更新履歴 Change log


■はじめに Introduction

     ヘミングウェイは『武器よさらば』の結末部分を39回書き直した。
     完全に納得のいくものにするために。

これは、世界文学史上の伝説のひとつでしょう。伝説ですから——それに、この作家の在世中の言動の傾向からみても——どこまで真にうけるべきかは分かりません。とはいえ、この伝説には、ちゃんと典拠があります。George Plimpton による Ernest Hemingway のインタビュー記事。The Paris Review 誌の1958年春号に掲載されました。

     Interview: Ernest Hemingway, The Art of Fiction No. 21,
     The Paris Review No. 18, Spring 1958
     Online version is here.

その、39回書き直されたとされる結末部分が日本語や世界のさまざまな言語に翻訳された例と英語の原文とを、以下に引用します。日本語訳は、たくさんある中から、容易に入手/閲覧することのできた10数点を挙げ、刊行年の新→旧の順に並べました。


■中国語訳(簡体字) Translation into simplified Chinese

  在房外走廊上,我对医生说,“今天夜里,有什么事要我做吗?”“没 什么。没什么可做的。我能送你回旅馆吧?”
   “没什么。没什么可做的。我能送你回旅馆吧?”
   “不,谢谢你。我想在这里再呆一会儿。”
   “我知道没有什么话可以说。我没办法对你说——”
   “不必说了,”我说。“没有什么可说的。”
   “晚安,”他说。“我不能送你回旅馆吗?”
   “不,谢谢你。”
   “手术是唯一的办法,”他说。“手术证明——”
   “我不想谈这件事,”我说。
   “我很想送你回旅馆去。”
  他顺着走廊走去。我走到房门口。
   “你现在不可以进来,”护士中的一个说。
   “不,我可以的,”我说。
   “目前你还不可以进来。”
   “你出去,”我说。“那位也出去。”
  但是我赶了她们出去,关了门,灭了灯,也没有什么好处。那简直像是在跟石像告别。过了一会儿,我走出去,离开医院,在雨中走回旅馆。

   《永别了,武器》 [美] 海明威 著 林疑今 译
   E-text at 永别了,武器.(美)海明威 [PDF]


■日本語訳 Translations into Japanese

(J1) 金原 2007
 おれは部屋から出て、廊下で、医師に話しかけた。「今晩、何か自分にできることはありませんか?」
「いえ。ありません。ホテルまで送りましょうか?」
「いいえ、ありがとうございます。しばらくここにいます」
「言葉もありません。なんというか——」
「いえ、何もいわないでください」
「失礼します」医師がいった。「ホテルへは送らなくていいんですか?」
「ええ、ありがとうございます」
「ほかに方法がなくて。手術してみて——」
「やめましょう」
「ホテルまで送ります」
「いえ、ありがとうございます」
 医師は廊下を歩いていった。おれは部屋のドアに向かった。
「いまは、だめです」看護婦のひとりがいった。
「いや、入らせてくれ」
「まだ、だめです」
「そっちが出ていってくれ」おれはいった。「もうひとりも」
 しかし、ふたりを追いだしてドアを閉めて電気を消したものの、何が変わるわけでもなかった。銅像にさようならをいうようなものだ。しばらくして、部屋を出た。病院を後にすると、ホテルまで歩いてもどった。雨が降っていた。

   金原瑞人=訳 『武器よさらば(下)』 光文社古典新訳文庫 2007/08


(J2) 高見 2006
 外の廊下で、ぼくは医師に話しかけた。「今夜、何かできることがあるでしょうか?」
「いいえ。何もありません。ホテルまでお送りしましょうか?」
「いや、けっこうです。もうすこしここにいますから」
「申しあげる言葉もありません。なんとも、その——」
「ええ」ぼくは言った。「何も言うことはありません」
「おやすみなさい」医師は言った。「ホテルまで、お送りさせていただけませんか?」
「いえ、けっこうです」
「ああするしかなかったのです」と、彼は言った。「手術の結果わかったのですが——」
「もうおっしゃらないでください」
「ホテルまで、お送りしたいのだが」
「いえ、けっこうですから」
 彼は廊下を遠ざかっていった。ぼくは病室の戸口にいった。
「いまはお入りにならないで」看護師の一人が言う。
「いや、入らせてもらうよ」
「まだ、いけません」
「あんたのほうこそ出ていってくれ」ぼくは言った。「もう一人も」
 しかし、彼女たちを追いだし、ドアを閉めて、ライトを消しても、何の役にも立たなかった。彫像に向かって別れを告げるようなものだった。しばらくして廊下に出ると、ぼくは病院を後にし、雨の中を歩いてホテルにもどった。

   高見浩=訳 『武器よさらば』 新潮文庫 2006/05


(J3) 刈田 1978
 部屋の外の廊下で、ぼくは医者に声をかけた。「今夜、何かぼくにできることがありますか?」
「いいえ。何もありません。ホテルまでお送りしましょうか?」
「いや、結構です。しばらくここにいます」
「何とも申しあげる言葉のないことはわかっているんですが。全く申しあげようが——」
「そうです」とぼくは言った。「何にも言うことはありません」
「お休みなさい」と彼が言った。「ホテルまで送らせていただけませんか?」
「いや、結構です」
「あれしか取る方法がなかったのです」と彼が言った。「手術をしてわかったことは——」
「その話はもうしたくないんです」とぼくは言った。
「ホテルまでお送りしたいのですが」
「いや、結構です」
 彼は廊下を歩いて行った。ぼくは部屋のドアへ行った。
「今お入りになってはいけません」看護婦の一人が言った。
「いや、入る」とぼくは言った。
「まだお入りになってはいけません」
「君は出なさい」とぼくは言った。「君もだ」
 しかし、みんなを出して、部屋をしめ、明かりを消しても、何の役にも立たなかった。まるで彫像にさよならを言っているようなものだった。しばらくして、ぼくは部屋を出て、病院をあとにし、雨の中を歩いてホテルへ帰った。

   刈田元司(かりた・もとし)=訳 『武器よさらば』 旺文社文庫 1978/03


(J4) 山本 1975
 病室の外の廊下で、ぼくは医師に話しかけた。「こん夜、なにかぼくにできることはありませんか?」
「いえ、なにもありません。ホテルまでお送りしましょうか?」
「いや、けっこうです。もうしばらく、ここにいます」
「なんとも申しあげることばがありません。わたしとしては、なんとも——」
「いや」と、ぼくはいった。「なにもいうことはないです」
「おやすみなさい」と、かれはいった。かれは廊下を去って行った。ぼくは病室のドアのところへ行った。
「いまは、おはいりになれません」と、看護婦の一人がいった。
「いや、はいります」と、ぼくはいった。
「まだおはいりになってはいけません」
「きみが出て行ってくれたまえ。もうひとりの人も」と、ぼくはいった。
 しかし、かの女たちを追い出したあと、ドアをしめて電灯を消してみたが、なんの役にも立たなかった。彫像(ちょうぞう)にさよならをいうようなものだった。しばらくして、ぼくは外に出て、病院をあとに、雨の中を歩いてホテルへもどった。

   山本和夫=訳 『武器よさらば』 世界の名作文学 27
   岩崎書店 1975(児童向け抄訳)


(J5) 高村 1974
 部屋の外の廊下でぼくは医者に話しかけた。「何か、今晩、ぼくのすることありますか?」
「いや、なにもありません。ホテルまでお送りしましょうか?」
「いや、けっこうです。しばらくここにいますから」
「なんとも申しようもありませんが。なんとも申しようも——」
「いや」とぼくが言った。「なにも言うことはありません」
「おやすみなさい」と彼は言った。「ホテルまで送らせていただけませんか?」
「いや、けっこうです」
「ああするよりほか、手のつくしようがなかったもので」と彼は言った。「手術をしてわかったのですが——」
「そのことは話したくないんです」とぼくは言った。
「ホテルへお送りしたいのですが」
「いや、けっこうです」
 彼は廊下を歩いて行った。ぼくは部屋のドアのところまで行った。
「まだおはいりになってはいけません」と看護婦の一人が言った。
「いや、はいる」とぼくが言った。
「でも、まだだめです」
「きみ、出てくれ」とぼくが言った。「それから、きみも」
 だが、彼女たちを出して、ドアをしめ、電燈を消したが、なんの役にもたたなかった。まるで彫像に別れを告げるようなものだった。しばらくして、ぼくは病室を出、病院をあとに、雨のなかをホテルへ歩いて帰った。

   高村勝治=訳 「武器よさらば」 『世界文学全集90 ヘミングウェイ
   講談社 1974 所収


(J6) 石 1971
 部屋の外の廊下で、私は医者に話しかけた。「今晩、何か私のすることでもありましょうか」
「いや、何もすることはありません。ホテルまでお送りしましょうか」
「いえ、ありがとう。しばらくここにいることにします」
「何とも申し上げようがありません。ありませんが——」
「いや」と、私はいった。「何もおっしゃることはありませんよ」
「おやすみなさい」と、彼はいった。「ホテルまでお送りできませんかね」
「いや、ありがとう」
「ああするよりしかたありませんでした」と、彼はいった、「手術をしてわかったんですが——」
「そのことお話するのはやめましょう」と、私はいった。
「ホテルまでお送り申し上げたいですが」
「いや、ありがとう」
 彼は廊下を歩いていった。私は部屋の入口へいった。
「いま、おはいりになってはいけません」と、看護婦の一人がいった。
「いや、はいるよ」と、私はいった。
「まだおはいりになれません」
「君は出たまえ」と、私はいった。「もう一人のほうも」
 が、看護婦たちを外へ出して、戸をしめ、明りを消しても、なんの役にも立たなかった。彫像にさよならをいっているようなものだった。しばらくして、私は外へ出、病院をあとにし、雨の中をホテルへ歩いて戻った。

   石一郎=訳 「武器よさらば」 『筑摩世界文學大系74 ヘミングウェイ
   筑摩書房 1971/05 所収


(J7) 田中 1966
 部屋の外へ出て、廊下で、ぼくは医師に話しかけた、「今夜、何かぼくにできることはありますか?」
「ありません。何もすることはありません。ホテルまでお送りさせていただきましょうか?」
「いえ結構です。ありがとう。ぼくはしばらく、ここにいたいと思います」
「なんとも申しあげる言葉がありません。わたしとしてまことに——」
「そうです」ぼくはいった。「何もいうことはありません」
「さようなら」彼はいった。「あなたをホテルまでお送りするわけにはゆかんのでしょうかな?」
「結構です、ありがとう」
「ああするほかにしかたがありませんでした」彼はいった。「手術してみてわかったことは——」
「その話はしたくありません」ぼくはいった。
「あなたをホテルまでお送りしたいのですが」
「いいえ、ありがとう」
 彼は廊下を去っていった。ぼくは病室のドアのところへ行った。
「いまはお入りになれません」看護婦の一人がいった。
「いや、入れる」ぼくはいった。
「まだお入りになってはいけません」
「きみが出てゆけ」ぼくはいった。「もう一人の人も」
 しかし看護婦たちを追いだしてドアを閉め、電灯をつけても、なんの役にも立たなかった。彫像に別れを告げるようなものだった。しばらくして、ぼくは病室を出て、病院をあとに、雨のなかを歩いてホテルへ帰った。

   田中西二郎=訳 「武器よさらば」 『世界文学全集5 ヘミングウェイ
   集英社 1966 所収


(J8) 竹内 1965
 病室の外の廊下で、ぼくは醫師に話しかけた。「今夜、何かぼくのすることがありますか?」
 「いえ。何にもありません。ホテルまでお送りしましようか?」
 「いや、結構です。もうしばらく、ここにいます」
 「なんとも申上げようがありません。あなたには、なんとも——」
 「いや」ぼくはいつた。「何もいうことはないです」
 「おやすみなさい」彼はいつた。「ホテルまでお送りさせていただけませんか?」
 「いや、ありがとう」
 「ああよりほかに方法がなかつたのです」彼はいつた。「手術をしてみて、わかつたのですが——」
 「お話したくないんです、そのことは」ぼくはいつた。
 「ホテルまでお送りしたいんですが」
 「いや、ありがとう」
 彼は廊下を去つて行つた。ぼくは病室のドアのところへ行つた。
 「いまは、おはいりになれません」と、看護婦の一人がいつた。
 「いや、入ります」ぼくはいつた。
 「まだおはいりになつてはいけません」
 「君は出てつてくれたまえ」ぼくはいつた。「もう一人の人も」
 しかし、彼女たちを追出したあと、ドアをしめて電燈を消してはみたが、何の役にも立たなかつた。まるで彫像にさよならをいうようなものだつた。しばらくして、ぼくは外に出て、病院をあとに雨の中を歩いてホテルへ引返した。

   竹内道之助=譯 「武器よさらば」
   『ヘミングウェイ全集3 武器よさらば 春の奔流 第五列
   三笠書房 1965 所収


(J9) 大橋 1964
 病室の外の廊下で、ぼくは医者に話しかけた。「なにか今夜ぼくのすることはありますか?」
「いいえ。なさることはなにもありません。ホテルまでお送りしましょうか?」
「いや、けっこうです。しばらくここにいるつもりですから」
「いまさらあなたになにを申しあげてもいたしかたのないことです。あなたにいくら申しあげても——」
「そうですとも」ぼくはいった。「なにもいうことはありません」
「おやすみなさい」彼はいった。「ホテルまでお送りするわけにはいきませんか?」
「いいえ、けっこうです」
「ああするほかに方法がなかったんです」彼はいう。「手術の結果わかったことは——」
「その話はしたくありません」ぼくはいった。
「あなたをホテルまでお送りしたいんだが」
「いいえ、けっこうです」
 彼は廊下を歩みさっていった。ぼくは病室のドアのそばによった。
「いまはいってらしてはいけません」看護婦の一人がいった。
「いや、はいるんだ」ぼくはいった。
「まだはいってらしてはいけません」
「きみは出ていってくれ」ぼくはいった。「そっちのほうの人もだ」
 だが、二人を追い出して、ドアをしめ、灯りを消してみても、なんの役にもたちはしなかった。まるで彫像に別れを告げているようなものだった。しばらくすると、ぼくは病室を出て病院をあとにし、雨のなかを歩いてホテルへ帰っていった。

   大橋健三郎=訳 「武器よさらば」 『世界の文学44 ヘミングウェイ
   中央公論社 1964 所収


(J10) 瀬沼 1960
 部屋の外の廊下で、ぼくは医者に話しかけた。「今晩なにかぼくのすることがありましょうか」
「いや、なにもなさることはありません。ホテルまでお送りしましょうか」
「いいえ、ありがとうございます。しばらくここにいたいのです」
「なんとも申しあげようもありません。ですが——」
「いいえ」と、ぼくはいった。「なにもいうことはありません」
「おやすみ」と、彼はいった。「ホテルまでお送りできませんかね」
「いいえ、ありがとう」
「ただ一つの方法でした」と、彼はいった。「手術でわかったのですが、——」
「その話はしたくありません」と、ぼくはいった。
「ホテルにお送りしたいのですが」
「いいえ、ありがとう」
 彼は廊下を歩いていった。ぼくは部屋のドアまでいった。
「今お入りになってはいけません」と、看護婦の一人がいった。
「いや、入るよ」と、ぼくはいった。
「まだ、入ってはいけないのです」
「君は出ていたまえ」と、ぼくはいった。「もう一人の方も」
 しかし、看護婦を追い出し、ドアをしめ、灯を消してみても、なんのたしにもならなかった。彫像にさよならをいっているのとかわらなかった。しばらくして、部屋を出て、病院を後に、雨の中を歩いて、ホテルにむかった。

   瀬沼茂樹=訳 「武器よさらば」
   『世界文学全集29 武器よさらば/荒野の呼び声
   平凡社 1960/06 所収


(J11) 谷口 1957
 部屋を出たところの廊下で、ぼくは医者に言葉をかけた、「なにか、今夜ぼくのすること、ありますか?」
 「いえ。なにもありません。ホテルへお送りいたしましょうか?」
 「いや、結構です。しばらくここにいるつもりですから」
 「なんとも申しあげようがありませんです。まったくあなたにはなんとも——」
 「そう」ぼくは言った。「何も申すことはありません」
 「おやすみなさいまし」彼が言う。「ホテルまで送らせていただけませんか」
 「いえ、結構です」
 「ああするほかに方法がなかったのです」医者が言う。「手術してわかったことは——」
 「そのことはお話したくありません」ぼくは言った。
 「ホテルまでお送り申しあげたいのですが」
 「いえ、結構です」
 彼は廊下を遠ざかって行った。ぼくは部屋の入口へ近づいた。
 「いま、おはいりになってはいけません」看護婦の一人が言う。
 「いや、はいるんだ」ぼくは言った。
 「まだ、いらっしてはいけません」
 「君は出てってくれ」ぼくは言った。「そっちにいるのもだ」
 しかし、二人を追い出して、ドアをとざし、あかりを消してみたところで、なんの役にもたちはしない。まるで彫像に、お別れを言っているようなものだった。やがて、ぼくは部屋を出て、病院をあとに残し、雨の中を歩いてホテルへ帰って行った。

   谷口陸男=訳 『武器よさらば(下)』 岩波文庫 1957


(J12) 大久保 1955
 病室の外の廊下で、ぼくは医者に話しかけた。「今夜、何かぼくにできることがありますか?」
「いえ、何もありません。ホテルまでお送りしましょうか?」
「いや、結構です。ありがとう。しばらくここにいます」
「なんとも申しあげる言葉がありません。何も申しあげられませんが——」
「いや」ぼくは言った。「何もおっしゃらないでください」
「おやすみなさい」と彼は言った。「ホテルまで送らせていただけませんか?」
「いや、結構です」
「あれ以外に取る手だてはなかったのです」と彼は言った。「手術をしてわかったのですが——」
「そのお話はもうやめてください」ぼくは言った。
「ホテルまでお送りしたいのですが」
「いや、結構です」
 彼は廊下を歩いていった。ぼくは病室のドアのところへ行った。
「いまおはいりになってはいけません」と一人の看護婦が言った。
「いや、はいる」ぼくは言った。
「でも、まだはいってはいけません」
「きみが出ろ」ぼくは言った。「それから、きみもだ」
 看護婦たちを追い出して、ドアをしめ、電燈を消したが、何の役にも立たなかった。塑像(そぞう)に別れを告げるようなものだった。しばらくして、ぼくは病室を出て、病院をあとに雨のなかを歩いてホテルへ戻った。

   大久保康雄=訳 『武器よさらば』 新潮文庫 1955


(J13) 大久保 1954
 病室の外の廊下で、私は醫師に話しかけた。「今夜、何か私のすることはありませんか?」
「いえ、何もすることはありません。ホテルまでお送りしましようか?」
「いえ、結構です。私は、しばらくここにいるつもりです」
「何とも申しあげようがありません。私は、あなたに、何も——」
「いや」私は言つた。「何にも申すことはありません」
「おやすみなさい」と彼は言つた。「ホテルまでお送りすることはできませんかな?」
「いや、結構です」
「あれ以外に手だてはなかつたのです」と彼は言つた。「手術でわかつたのですが——」
「そのことはお話したくありません」と私は言つた。
「ホテルまでお送りしたいのですが」
「いや、結構です」
 彼は廊下を去つて行つた。私は部屋の扉(ドア)のところへ行つた。
「いまお入りになつてはいけません」と看護婦の一人が言つた。
「いや、かまわない」と私は言つた。
「まだお入りになつてはいけません」
「君は出てくれ」私は言つた。「それから、もうひとりの看護婦さんも」
 しかし、彼らを追い出したあと、扉(ドア)をしめて、電燈を消したが、なんの役にも立たなかつた。それは塑像にさよならを言うようなものだつた。しばらくして私は外へ出て、病院をあとに、雨の中をまたホテルへと戻つて行つた。

   大久保康雄=譯 「武器よさらば」
   『現代世界文學全集18 武器よさらば・サンクチュアリ
   新潮社 1954 所収


(J14) 小田 1930
 病室の外(そと)の廊下で、私は醫師に言葉をかけた。『今晩、何か、私のすることはありませんか?』
『いや。何もなさることはありません。ホテルまで送つてつて差上げませうか?』
『いや、ありがたう。僕は少時(しばらく)、此處にをるつもりです』
『何もお話することはないと存じます。私は、あなたに——』
『いや、何も言ふことはありません』と、私が言つた。
『お休みなさい』彼が言つた。『ホテルまで、お送りすることは、できませんかな?』
『いや、ありがたう』
『あれが唯一の手段でありました』彼が言つた。『手術の結果——』
『僕は、そのことを話したくありません』と、私が言つた。
『ホテルまで、お送りしたいですが』
『いゝえ。ありがたう』
 彼は廊下を步いて行つた。私は病室の扉(ドア)へ行つた。
『今お入(はい)りになつては可けません』と、看護婦の一人が言つた。
『いや、僕は入(はい)るんだ』と、私が言つた。
『まだ、お入(はい)りになつては可けません』
『君は出てくれ』私が言つた。『もう一人の女(ひと)も』
 しかし、彼等を追ひ出して、扉(ドア)を閉め切つて、そして電燈を消してしまつた後(あと)で、それは何にもならなかつた。それは塑像(そぞう)にさよならを言ふやうなものだつた。少時(しばらく)してから、私は出て、そして病院を辭して、雨の中を歩いてホテルへ歸つた。

  • ヘミングウエイ=著 小田律(おだ・りつ)=譯 『武器よ・さらば
    天人社(てんじんしゃ) 定價一圓八十錢 1930/09/12(昭和5)
  • 傍点を下線で置き換えました。また、送・扉・婦・追・消の旧字はそれぞれ新字で置き換えました。
  • 上掲 (J10) 瀬沼茂樹訳 1960 の瀬沼氏自身による解説にしたがえば、この小田氏訳 1930 が、A Farewell to Arms の本邦初訳だそうです。邦題について、巻頭の「譯者から」と題された文章の最終行に次のような記述があります。「序でながら、「武器よ・さらば」といふ譯名は、畏友野尻抱影氏が撰んでくれたものです。」
  • まえから現物を見たいと思っていましたが、ようやくY県立Y図書館の蔵書を、京都府立図書館を通じて、お借りすることができました。傷んでいる状態であるにもかかわらず貸し出してくださったY図書館のご厚意に感謝します。また、府立図書館には毎度ながらお世話になりました。

■ベトナム語訳 Translation into Vietnamese

Trong hành lang, tôi hỏi bác sĩ:
- Tôi phải làm gì trong đêm nay?
- Không, không có gì cả. Để tôi đưa ông về khách sạn nhé?
- Thôi cám ơn bác sĩ. Tôi muốn nán lại đây giây lát.
- Tôi không biết nói gì hơn. Tôi không thể nói với ông rằng…
- Không – tôi nói – Không có gì để nói cả…
- Tạm biệt – ông ta nói – ông thật không muốn tôi đưa ông về khách sạn à?
- Thôi, cám ơn bác sĩ.
- Chỉ có cách đó thôi. Cuộc giải phẫu chứng minh rằng…
- Tôi không còn muốn nhắc tới chuyện ấy nữa.
- Tôi muốn được đưa ông về khách sạn.
- Thôi, cám ơn bác sĩ.
Ông khuất dần trong hành lang. Tôi đến gần cửa phòng. Một cô y tá nói:
- Ông không vào được bây giờ.
- Xin lỗi cô – tôi nói.
- Ông chưa vào được bây giờ.
- Cô đi ra đi, cả cô kia nữa – tôi nói.
Nhưng sau khi bảo họ đi ra và đóng cửa, tắt đèn, tôi hiểu rằng tất cả đều vô ích. Cũng không khác nào lời nói từ biệt trước một pho tượng. Một lát sau tôi bước ra khỏi phòng, rời bệnh viện, và tôi trở về khách sạn dưới trời mưa.

   Ernest Hemingway - Giã từ vũ khí
   E-text at 4phuong.net


■ロシア語訳 Translation into Russian

  В коридоре я обратился к доктору:
  - Что-нибудь нужно еще сегодня сделать?
  - Нет. Ничего делать не надо. Может быть, проводить вас в отель?
  - Нет, благодарю вас. Я еще побуду здесь.
  - Я знаю, что тут ничего не скажешь. Не могу выразить...
  - Да, - сказал я, - тут ничего не скажешь.
  - Спокойной ночи, - сказал он. - Может быть, мне вас все-таки проводить?
  - Нет, спасибо.
  - Больше ничего нельзя было сделать, - сказал он. - Операция показала...
  - Я не хочу говорить об этом, - сказал я.
  - Мне бы хотелось проводить вас в отель.
  - Нет, благодарю вас.
  Он пошел по коридору. Я вернулся к двери палаты.
  - Сейчас нельзя, - сказала одна из сестер.
  - Можно, - сказал я.
  - Нет, еще нельзя.
  - Уходите отсюда, - сказал я. - И та тоже.
  Но когда я заставил их уйти и закрыл дверь и выключил свет, я понял, что это ни к чему. Это было словно прощание со статуей. Немного погодя я вышел и спустился по лестнице и пошел к себе в отель под дождем.

   Эрнест Хемингуэй. Прощай, оружие!
   E-text at www.kvg.ru


■ウクライナ語訳 Translation into Ukrainian

За дверима в коридорі я заговорив до лікаря:
- Чи я можу сьогодні ще щось зробити?
- Ні. Нічого не треба. Ви дозволите мені провести вас до готелю?
- Ні, дякую. Я ще трохи побуду тут.
- Я знаю, нічого не скажеш. Не можу навіть добрати слів...
- Так,- мовив я. - Нічого не скажеш.
- На добраніч, - мовив він. - Може б, я все-таки провів вас до готелю?
- Ні, дякую.
- То було єдине, що ми могли зробити,- мовив він.- Операція показала...
- Я не хочу про це розмовляти,- сказав я.
- Усе-таки я хотів би провести вас до готелю.
- Ні, дякую.
Він пішов коридором. Я підійшов до дверей палати.
- Зараз сюди не можна,- сказала одна з сестер.
- Можна,- сказав я.
- Ще не можна.
- Ви йдіть собі,- сказав я.- I друга нехай іде.
Та коли я вирядив їх, і зачинив за собою двері, і погасив світло, виявилося, що все воно ні до чого. То було однаково, що прощатись із статуєю. Трохи згодом я вийшов з палати, а тоді й з лікарні і рушив під дощем о готелю.

   Прощавай, зброє - Ернест Хемінгуей
   E-text at Бібліотека української літератури (ukrlib.com.ua)


■ブルガリア語訳 Translation into Bulgarian

В коридора аз се обърнах към доктора:
— Нужно ли е да се направи нещо тази вечер?
— Не, няма какво да се прави. Искате ли да ви закарам във вашия хотел?
— Не, благодаря. Ще остана тук още малко.
— Знам, че няма какво да се каже… Не мога да ви изразя…
— Не — казах аз, — няма какво да се каже.
— Довиждане — каза той. — Наистина ли не искате да ви заведа в хотела ви?
— Не, благодаря.
— Нищо повече не можеше да се направи — каза той. — Операцията доказа, че…
— Не искам да говоря повече за това — казах аз.
— Бих желал да ви заведа до хотела ви.
— Не, благодаря.
Той се отдалечи по коридора. Приближих се до вратата на стаята.
— Сега не можете да влезете — каза едната от сестрите.
— Ще вляза — казах аз.
— Не можете още да влезете.
— Излезте навън — казах аз, — и другата също.
Но след като ги изкарах от стаята, след като затворих вратата и угасих светлината, разбрах, че всичко е безполезно. Все едно, че се сбогувах с някаква статуя. След малко излязох и напуснах болницата. Прибрах се в хотела под дъжда.

   Ърнест Хемингуей. Сбогом на оръжията
   Translated by Живка Драгнева, 1947
   E-text at Моята библиотека (chitanka.info)


■ドイツ語訳(部分) Translation into German (fragment)

Es war, als würde man sich von einer Statue verabschieden. Nach einer Weile ging ich raus und verließ das Krankenhaus und ging im Regen zurück zum Hotel.

   In einem andern Land by Ernest Hemingway
   Excerpt at Literarische Welt


■イタリア語訳 Translation into Italian

In anticamera, incontrai il dottore.
- Devo fare qualche cosa stanotte? - gli domandai.
- No - rispose. - Posso accompagnarla all'albergo? -
- No, grazie. Resterò un poco qui. -
- So che non si può dire niente. Io non riesco a dirle... -
- No, lasci - risposi. - Non c'è niente da dire -
- Cerchi di riposare. Proprio non posso accompagnarla all'albergo? -
- No, grazie. -
- Era la sola cosa da tentare - disse. - Ed è stato provato dall'operazione...
- Non posso parlare di questo. Mi scusi. -
- Mi farebbe bene d'accompagnarla all'albergo. -
- No, grazie. -
Si allontanò. Mi affacciai alla stanza.
- Adesso non si può entrare - disse una delle infermiere.
- Sì, io posso entrare, - risposi.
- Per il momento non può. -
- Esca lei, per piacere. Ed anche la sua compagna. -
Ma dopo che le ebbi accompagnate fuori, ed ebbi chiusa la porta e spenta la luce, non provai sollievo, era vano di salutare una statua; uscii e lasciai l'ospedale tornando all'albergo sotto la pioggia.

   Ernest Hemingway - Addio alle armi
   Translated by Giansiro Ferrata, Dante Isella, Puccio Russo
   E-text at Altrestorie.net [PDF]


■ポルトガル語訳 Translation into Portuguese

Cá fora, no corredor, falei com o médico:
-Posso ser útil nalguma coisa?
-Não, não há nada que possa fazer. Não quer que o acompanhe ao hotel?
-Não, muito obrigado. Fico aqui ainda um bocado.
-Bem sei que não há palavras... Mas posso garantir-lhe...
-Não-disse eu-, não há palavras.
-Boas noites-disse ele.-Não quer que o leve ao hotel?
-Não,obrigado.
-Não havia outra coisa a fazer -provou que...
-Não quero falar nisso-disse eu.
-Gostava de o acompanhar ao hotel.
-Não, obrigado.
Ele seguiu pelo corredor fora. Dirigi-me à porta do quarto.
-Agora não pode entrar-disse uma das enfermeiras.
-Posso sim-disse eu.
-Ainda não pode entrar.
-Saiam daí!-disse eu.-A outra também!
Mas depois de as ter posto fora do quarto, de ter fechado a porta e apagado a luz, vi que era inútil. Era como dizer adeus a uma estátua. Passado um momento saí, deixei o hospital e voltei ao hotel debaixo de chuva.

   O Adeus às armas by Ernest Hemingway
   E-text at Scribd


■カタルーニャ語訳(カタロニア語訳) Translation into Catalan

Fora de la cambra, en el vestíbul, vaig dir al doctor:
-Puc fer alguna cosa, aquesta nit?
-No. No hi ha res a fer. Em permeteu que us acompanyi a l’hotel?
-No, gràcies. Em quedaré aquí una estona.
-Ja sé que serà inútil tot el que us digui. No sé com dir-vos...
-No -vaig dir-. No hi ha res a dir.
-Bona nit -va dir-. No voleu que us porti a l’hotel?
-No, gràcies.
-Era lúnic que podíem fer -digué-. L’operació resultà...
-No vull parlar-ne -vaig dir.
-M’agradaria acompanyar-vos a l’hotel.
-No, gràcies.
S’allunyà pel vestíbul. Jo vaig atansar-me a la porta de la cambra.
-No podeu entrar, ara -digué una de les infermeres.
-Sí que puc entrar -vaig dir.
-No podeu entrar, encara.
-Sortiu vós -vaig dir-. I l’altra també.
Però quan les vaig haver fetes fora i, després de tancar la porta, vaig apagar el llum, vaig comprendre que era inútil. Era com dir adéu a una estàtua. Al cap d’un moment vaig sortir, i me’n vaig anar de l’hospital, i vaig tornar a peu cap a l’hotel, sota la pluja.

   Ernest Hemingway. Un adéu a les armes.
   Enciclopèdia Catalana, SA. Col·lecció
   Clàssics de la Literatura Universal, 21-22
   Barcelona, 1992. Traducció de Ramon Folch i Camarasa.
   Excerpt at Fragments i propostes de treball - Xtec [PDF]


■スペイン語訳 Translations into Spanish

(Es1)
Fuera de la habitación, en el pasillo me dirigí al médico.
– ¿Puedo hacer algo esta noche?
— No. No hay nada que hacer. ¿Quiere que le lleve a su hotel?
— No, gracias. Me quedaré un rato aquí.
— Ya sé que no hay nada que decir. No puedo decirle...
— No — dije — . No hay nada que decir.
— Buenas noches — dijo — . ¿De veras no quiere que le lleve a su hotel?
— No, gracias.
— Era lo único que se podía hacer — dijo — . La operación ha demostrado... — Ahora no quiero hablar de eso — dije.
— Me gustaría acompañarle a su hotel.
— No, gracias.
Se alejó por el pasillo. Fui hacia la puerta de la habitación.
— Ahora no puede entrar — dijo una de las enfermeras.
— Sí que puedo — dije.
— Todavía no puede entrar.
— Váyase — dije — . La otra también.
Pero después de haberlas echado, después de cerrar la puerta y apagar la luz, comprendí que todo era inútil. Era como decir adiós a una estatua. Al cabo de un rato me fui, salí del hospital y volví al hotel bajo la lluvia.

   Adiós a las armas by Ernest Hemingway
   Quoted in:
   Hemingway contra Fitzgerald: Auge y decadencia de una amistad literaria
   by Scott Donaldson
   Siglo XXI de España Editores, 2002
   Preview at Google Books


(Es2)
En el corredor hablé con el doctor.
– ¿Puedo hacer algo esta noche?
– No, no hay nada que a hacer. ¿Quiere que le acompañe al hotel?
– No, gracias, quiero quedarme aquí un rato.
– Ya sé que no puedo decirle nada… No puedo decirle…
– No -dije-, no hay nada que decir.
– Adiós -dijo-. ¿De verdad no quiere que le lleve al hotel?
– No, gracias.
– Era lo único que podía hacerse. La operación ha comprobado que…
– No quiero que me hablen más -dije.
– Quisiera llevarle al hotel.
– No, gracias.
Se alejó por el corredor. Me acerqué a la puerta de la habitación.
– No puede entrar ahora dijo una de las enfermeras.
– Permítame… -dije.
– Aún no puede entrar.
– Salga -dije-, usted y la otra también.
Pero después que las hice salir, después de cerrar la puerta y apagar la luz, comprendí que todo era inútil. Era como si me despidiera de una estatua. Transcurrió un momento, salí y abandoné el hospital. Y volví al hotel bajo la lluvia.

   Adiós a las armas by Ernest Hemingway
   E-text at Lector Online


■フランス語訳 Translation into French

 Dans le couloir, je parlai au docteur :
 — Puis-je faire quelque chose ce soir ?
 — Non, il n’y a rien à faire. Voulez-vous que je vous ramène à votre hôtel ?
 — Non, merci. Je veux rester ici un moment.
 — Je sais qu’il n’y a rien à dire... Je ne puis vous dire...
 — Non, dis-je, il n’y a rien à dire.
 — Au revoir, dit-il. Vraiment vous ne voulez pas que je vous ramène à votre hôtel ?
 — Non, merci.
 — C’était la seule chose à faire, dit-il. L’opération a prouvé que...
 — Je ne veux plus qu’on m’en parle, dis-je.
 — J’aimerais vous ramener à votre hôtel.
 — Non, merci.
Il s’éloigna dans le corridor. Je m’approchai de la porte de la chambre.
 — Vous ne pouvez pas entrer maintenant, dit une des infirmières.
 — Je vous demande bien pardon, dis-je.
 — Vous ne pouvez pas encore entrer.
 — Sortez, dis-je, vous et l’autre aussi.
Mais, après les avoir fait sortir, après avoir refermé la porte et avoir éteint la lumière, je compris que tout était inutile. C’était comme si je disais adieu à une statue. Au bout d’un instant, je sortis et je quittai l’hôpital. Et je rentrai à l’hôtel, sous la pluie.

   L'Adieu aux armes by Ernest Hemingway
   Translated by Maurice-E. Coindreau
   E-text at Fichier PDF [PDF]


 Audio 
英語原文のオーディオブック(全文) 朗読: アレグザンダー・アダムズ
Unabridged audiobook in English read by Alexander Adams

下の引用箇所の朗読は 8:31:42 から始まります。 Uploaded to YouTube by Free audiobooks Am on 21 Aug 2014. Audio CD available from Amazon.com. Reading of the excerpt below starts at 8:31:42.


■英語原文 The original text in English

Outside the room, in the hall, I spoke to the doctor, "Is there anything I can do to-night?"
    "No. There is nothing to do. Can I take you to your hotel?"
    "No, thank you. I am going to stay here a while."
    "I know there is nothing to say. I cannot tell you--"
    "No," I said. "There's nothing to say."
    "Good-night," he said. "I cannot take you to your hotel?"
    "No, thank you."
    "It was the only thing to do," he said. "The operation proved--"
    "I do not want to talk about it," I said.
    "I would like to take you to your hotel."
    "No, thank you."
    He went down the hall. I went to the door of the room.
    "You can't come in now," one of the nurses said.
    "Yes I can," I said.
    "You can't come in yet."
    "You get out," I said. "The other one too."
    But after I had got them out and shut the door and turned off the light it wasn't any good. It was like saying good-by to a statue. After a while I went out and left the hospital and walked back to the hotel in the rain.

   Ernest Hemingway "A Farewell to Arms" 1929
   E-text at Angelfire


■tomoki y. の疑問  tomoki y. has a question.

   "I know there is nothing to say. I cannot tell you--"
   "No," I said. "There's nothing to say."

Is the above "No" supposed to be translated into Japanese as "Hai," "Ee," etc." instead of "Iie," "Iya," etc.?

A. いいえ/いえ/いや
 「いいえ」と、ぼくはいった。「なにもいうことはありません」…瀬沼 1960
 「いえ、何もいわないでください」……………………………………金原 2007
 「いや」と、ぼくはいった。「なにもいうことはないです」………山本 1975
 「いや」と、私はいった。「何もおっしゃることはありませんよ」…石 1971
 「いや」とぼくが言った。「なにも言うことはありません」………高村 1974
 「いや」ぼくはいつた。「何もいうことはないです」………………竹内 1965
 「いや」ぼくは言った。「何もおっしゃらないでください」……大久保 1955
 「いや」私は言つた。「何にも申すことはありません」…………大久保 1954
 『いや、何も言ふことはありません』と、私が言つた。……………小田 1930

B. ええ/そう/そうです/そうですとも
 「ええ」ぼくは言った。「何も言うことはありません」……………高見 2006
 「そう」ぼくは言った。「何も申すことはありません」……………谷口 1957
 「そうです」とぼくは言った。「何にも言うことはありません」…刈田 1978
 「そうです」ぼくはいった。「何もいうことはありません」………田中 1966
 「そうですとも」ぼくはいった。「なにもいうことはありません」大橋 1964

否定文に応じて発せられた "No" ですから、日本の中学・高校英語の「公式」によれば、いわゆる「否定の否定」に該当する。だから「いや/いいえ」ではなく、「はい/ええ」などと訳すのが正しい。つまり上の B. の訳し方のほうが適切である——はずでは、ないでしょうか?

でも、A. の訳し方をしたのも、もちろん一流の翻訳家の皆さんです。なにか学校で習わなかった理解の仕方があるのでしょうか?


■訳語の異同 A variety of Japanese equivalents

A. Japanese equivalents of "Outside the room, in the hall"

          外の廊下で  高見 2006
       病室の外の廊下で  山本 1975  竹内 1965
       病室の外の廊下で  大橋 1964  瀬沼 1960
       病室の外の廊下で  大久保 1955 大久保 1954
       病室の外の廊下で  小田 1930
     部屋から出て、廊下で  金原 2007
       部屋の外の廊下で  刈田 1978  高村 1974
       部屋の外の廊下で  石  1971
    部屋の外へ出て、廊下で  田中 1966
   部屋を出たところの廊下で  谷口 1957


B. Japanese equivalents of "I spoke to the doctor"

 * I (the first person): おれ/ぼく/私
 * the doctor:      医師/医者/醫師
 * spoke to:       話しかけた/言葉をかけた/声をかけた
 
   おれ  おれは(……)医師に話しかけた  金原  2007
   ぼく      ぼくは医師に話しかけた  高見  2006
   ぼく      ぼくは医師に話しかけた  山本  1975
   ぼく      ぼくは医師に話しかけた  田中  1966
   ぼく     ぼくは医者に言葉をかけた  谷口  1957
   ぼく      ぼくは医者に声をかけた  刈田  1978
   ぼく      ぼくは医者に話しかけた  高村  1974
   ぼく      ぼくは医者に話しかけた  大橋  1964
   ぼく      ぼくは医者に話しかけた  大橋  1960
   ぼく      ぼくは医者に話しかけた  大久保 1955
   ぼく      ぼくは醫師に話しかけた  竹内  1965
   私        私は医者に話しかけた  石   1971
   私        私は醫師に話しかけた  大久保 1954
   私       私は醫師に言葉をかけた  小田  1930


C. Japanese equivalents of "anything I can do to-night"

 * anything: なにか/何か
 * I: ぼくに/ぼくの/私の/自分に/(訳出なし)
 * can do: できること/すること
 * to-night: こん夜/今夜/今晩

   こん夜、なにかぼくにできること 山本  1975
     なにか、今夜ぼくのすること 谷口  1957
      なにか今夜ぼくのすること 大橋  1964
     何か、今晩、ぼくのすること 高村  1974
       今晩、何か私のすること 石   1971
      今晩、何か、私のすること 小田  1930
     今晩、何か自分にできること 金原  2007
        今夜、何かできること 高見  2006
     今夜、何かぼくにできること 刈田  1978
     今夜、何かぼくにできること 田中  1966
     今夜、何かぼくにできること 大久保 1955
      今夜、何かぼくのすること 竹内  1965
       今夜、何か私のすること 大久保 1954


D. Japanese equivalents of "Is there (....)?"

   ありましょうか  石   1971
     ありますか? 刈田  1978
     ありますか? 高村  1974
     ありますか? 大久保 1955
     ありますか? 大橋  1964
     ありますか? 谷口  1957
     ありますか? 竹内  1965
     ありますか? 田中  1966
    ありませんか? 金原  2007
    ありませんか? 山本  1975
    ありませんか? 大久保 1954
    ありませんか? 小田  1930
   あるでしょうか? 高見  2006


■外部リンク External links


 Video 
A Farewell to Arms burial for Ernest Hemingway
BBC Programme - Michael Palin's Hemingway Adventure

Uploaded to YouTube by BBCWorldwide on 19 Sep 2007. More details on the episode are here.


■更新履歴 Change log

  • 2014/10/01 英語原文のオーディオブックの YouTube 画面を追加しました。
  • 2013/11/18 ベトナム語訳を追加しました。
  • 2013/10/09 小田律=譯 1930/09/12 の訳文をようやく挿入しました。また、この訳の書誌情報を補足・修正しました。また、外部リンクを補足しました。
  • 2013/09/10 簡体字中国語訳とマイケル・ペイリンによるBBCのテレビ番組の YouTube 動画を追加しました。
  • 2013/02/10 ウクライナ語訳、ブルガリア語訳、カタルーニャ語訳、およびイタリア語訳を追加しました。
  • 2012/12/21 外部リンクの項を追加しました。
  • 2012/10/17 ドイツ語訳(部分)を追加しました。
  • 2012/08/11 ポルトガル語訳と2種類のスペイン語訳を追加しました。
  • 2012/07/16 ロシア語訳とフランス語訳を追加しました。
  • 2007/11/29 瀬沼茂樹=訳 1960/06 を追加しました。また、「訳語の異同」の項を、訳者別&年代順の配列から、訳語に着目した配列に改めました。さらに、本邦初訳とされる小田律=訳 1930/09 に関する書誌情報を挿入しました。
  • 2007/08/25 (1) 金原瑞人=訳 2007/08 を追加しました。(2) 「はじめに Introduction」の項を大幅に書きあらためました。(3) これまで「tomoki y. によるコメント A comment by tomoki y.」と題していた項のタイトルを「tomoki y. の疑問 tomoki y. has a question.」に変更し、内容を大幅に補足・修正しました。(4)「訳語の異同」の項を新設しました。(5) Amazon.co.jp へのリンクを追加しました。
  • 2007/04/30 小見出しを追加しました。また、訳例の通し番号を振りなおしました。さらに、上記 (2) の番号振りなおしにともない、2006/04/24 の文中に現われた番号を、さかのぼって修正しました。
  • 2006/06/15 高見浩=訳 2006 を追加しました。
  • 2006/05/24 大久保康雄=訳 1954 を追加しました。
  • 2006/05/09 竹内道之助=訳 1965 を追加しました。
  • 2006/05/07 山本和夫=訳 1975 を追加しました。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ翻訳ブログ人気ランキング参加中

 

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザの画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■DVD

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

  

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Saturday, 22 April 2006

村上春樹 『ノルウェイの森』 Norwegian Wood by Haruki Murakami

        目次 Table of Contents

 Video 1  [en] Norwegian Wood (2010) 英語字幕
 Video 2  [fr] La Ballade de l'impossible (2010) フランス語字幕
 Video 3  [de] Naokos Lächeln (2010) ドイツ語字幕
 Video 4  [cz] Norské dřevo (2010) チェコ語字幕
 Video 5  [ru] Норвежский лес (2010) ロシア語字幕
 Video 6  [zh] 挪威的森林 (2010) 廣東語ナレーション+廣東語字幕
 Video 7  [zh] 挪威的森林 (2010) 繁體字中國語字幕
 Video 8  [ja] ノルウェイの森 (2010) 日本語
■英訳 Translations into English
  (E1) Rubin, 2000
  (E2) Birnbaum, 1990
■フランス語訳 Translation into French
■スペイン語訳 Translation into Spanish
■カタルーニャ語訳(カタロニア語訳) Translation into Catalan
■イタリア語訳 Translation into Italian
■ドイツ語訳 Translation into German
■チェコ語訳 Translation into Czech
■クロアチア語訳 Translation into Croatian
■ポーランド語訳 Translation into Polish
■ロシア語訳 Translation into Russian
■ギリシャ語訳 Translation into Greek
■フィンランド語訳 Translation into Finnish
■ハンガリー語訳 Translation into Hungarian
■トルコ語訳(部分) Translation into Turkish (fragment)
■インドネシア語訳 Translation into Indonesian
■ベトナム語訳 Translation into Vietnamese
■中国語訳(簡体字) Translation into simplified Chinese
■中國語譯(繁體字) Translation into traditional Chinese
■韓国語訳 Translation into Korean
■日本語原文 The original text in Japanese
■更新履歴 Change log


 Video 1  [en] Norwegian Wood (2010) 英語字幕


 Video 2  [de] La Ballade de l'impossible (2010) フランス語字幕


 Video 3  [de] Naokos Lächeln (2010) ドイツ語字幕


 Video 4  [cz] Norské dřevo (2010) チェコ語字幕


 Video 5  [ru] Норвежский лес (2010) ロシア語字幕


 Video 6  [zh] 挪威的森林 (2010) 廣東語ナレーション+廣東語字幕


 Video 7  [zh] 挪威的森林 (2010) 繁體字中國語字幕


 Video 8  [ja] ノルウェイの森 (2010) 日本語


■英訳 Translations into English

(E1) Rubin, 2000
I was thirty-seven then, strapped in my seat as the huge 747 plunged through dense cloud cover on approach to the Hamburg airport. Cold November rains drenched the earth and lent everything the gloomy air of a Flemish landscape: the ground crew in rain gear, a flag atop a squat airport building, a BMW billboard. So-Germany again.

   Norwegian Wood by Haruki Murakami
   Translated by Jay Rubin
   Vintage Books, 2000


(E2) Birnbaum, 1990
Here I am, thirty-seven years old, seated in a Boeing 747. The giant plane is diving into a thick cover of clouds, about to land at Hamburg Airport. A chill November rain darkens the land, turning the scene into a gloomy Flemish painting. The airport workers in their rain gear, the flags atop the faceless airport buildings, the BMW billboards, everything. Just great, I'm thinking, Germany again.

   Norwegian Wood by Haruki Murakami
   Translated by Alfred Birnbaum
   Farrar Straus & Giroux, 1990


■フランス語訳 Translation into French

J’avais trente-sept ans, et je me trouvais à bord d’un Boeing 747. L’énorme appareil descendait à travers de gros nuages chargés de pluie, et s’apprêtait à atterrir à l’aéroport de Hambourg. La pluie froide de novembre obscurcissait la terre, et, tout, absolument tout, du personnel technique revêtu de cirés aux drapeaux qui flottaient mollement sur le bâtiment de l’aéroport, en passant par les panneaux publicitaires pour BMW, baignait dans la mélancolie caractéristique des peintures flamandes. Une fois encore, j’étais de retour en Allemagne.

   La ballade de l’impossible by Haruki Murakami
   Edition du Seuil, Collection Points, 2009-04
   Excerpt at Les Lectures de Clarinette


■スペイン語訳 Translation into Spanish

Yo entonces tenía treinta y siete años y me encontraba a bordo de un Boeing 747. El gigantesco avión había iniciado el descenso atravesando unos espesos nubarrones y ahora se disponía a aterrizar en el aeropuerto de Hamburgo. La fría lluvia de noviembre teñía la tierra de gris y hacía que los mecánicos cubiertos con recios impermeables, las banderas que se erguían sobre los bajos edificios del aeropuerto, las vallas que anunciaban los BMW, todo, se asemejara al fondo de una melancólica pintura de la escuela flamenca. «¡Vaya! ¡Otra vez en Alemania!», pensé.

   Tokio Blues (Norwegian Wood) by Haruki Murakami
   Translated by Lourdes Porta
   Tusquets Editor, 2007-05
   E-text at Scribd
   Excerpt at maria martí aguilera - haruki murakami definitiu corregit


■カタルーニャ語訳(カタロニア語訳) Translation into Catalan

Tenia trenta-set anys i estava assegut en un Boeing 747. Aquell enorme avió baixava travessant els núvols espessos i es preparava per aterrar a l'aeroport d'Hamburg. La pluja fina de novembre mullava el terra i feia que tot tingués l'aspecte llòbrec d'un paisatge flamenc: el personal de terra amb impermeables, la bandera que coronava l'impersonal edifici de l'aeroport, el cartell amb l'anunci de BMW... Vaja, altre cop Alemanya, vaig pensar.

   Tòquio blues by Haruki Murakami
   Translated by Albert Nolla Cabellos
   Editorial Empúries, 2013
   Preview at Google Books


■イタリア語訳 Translation into Italian

Avevo trentasette anni, ed ero seduto a bordo di un Boeing 747. Il gigantesco velivolo aveva cominciato la discesa attraverso densi strati di nubi piovose, e dopo poco sarebbe atterrato all'aeroporto di Amburgo. La fredda pioggia di novembre tingeva di scuro la terra trasformando tutta la scena, con i meccanici negli impermeabili, le bandiere issate sugli anonimi edifici dell'aeroporto e l'insegna pubblicitaria della Bmw, in un tetro paesaggio di scuola fiamminga. È proprio vero: sono di nuovo in Germania, pensai.

   Norwegian Wood by Haruki Murakami
   Translated by Giorgio Amitrano, Giulio Einaudi Editore, 2006
   Excerpt at Wikiquote


■ドイツ語訳 Translation into German

Ich war siebenunddreißig Jahre alt und saß in einer Boeing 747. In ihrem Anflug auf Hamburg tauchte die riesige Maschine in eine dichte Wolkenschicht ein. Trüber, kalter Novemberregen hing über dem Land und ließ die Szenerie wie ein düsteres flämisches Landschaftsbild erscheinen: die Arbeiter in ihren Regenmänteln, die Fahnen auf dem flachen Flughafengebäude, die BMW-Reklametafeln. Ich war also wieder einmal in Deutschland.

   Naokos Lächeln: Nur eine Liebesgeschichte - Roman by Haruki Murakami
   btb Verlag, 2003-02-01
   Excerpt at Amazon.de


■チェコ語訳 Translation into Czech

Je mi sedmatřicet let a sedím na sedadle v Boeingu 747. Obří letadlo klesá vysokou vrstvou mraků níž a níž, brzy už přistaneme na hamburském letišti. Země pod námi je prosáklá studeným listopadovým deštěm. Technický personál v pláštěnkách, fádní letištní budova s vlajkami i reklamní billboardy BMW, všechno je tmavé jako krajina ze starého vlámského obrazu. Takže jsem zase v Německu, napadá mě.

   Norské dřevo by Haruki Murakami
   Translated by Tomáš Jurkovič
   Odeon, 2009
   Excerpt at iLiteratura


■クロアチア語訳 Translation into Croatian

Imao sam 37 godina i bio sam pojasom svezan za sjedalo dok je golemi 747 ponirao kroz gust oblačni pokrov približavajući se hamburškoj zračnoj luci. Hladne kiše, svojstvene mjesecu studenome, natapale su zemlju i sve obavijale sumornom atmosferom flamanskog ulja na platnu: službenike zračne luke u kabanicama, zastavu navrh niske aerodromske zgrade, reklamni plakat BMW-a. Dakle - evo opet Njemačke.

   Norveška šuma by Haruki Murakami
   Translated by Maja Tančik
   Zagreb : Vuković & Runjić, 2009
   Excerpt at Forum.hr - Pogledaj jedan post


■ポーランド語訳 Translation into Polish

Miałem trzydzieści siedem lat. Boeing 747 przebił się przez gęstą pokrywę chmur i podchodził do lądowania na lotnisku w Hamburgu. Zimne listopadowe deszcze zabarwiły ziemię czernią i nadały wszystkiemu - załodze naziemnej w pelerynach przeciwdeszczowych, fladze na przysadzistym budynku lotniska, wielkiej reklamie bmw - melancholijny ton flamandzkiego krajobrazu. O rany, znowu Niemcy.

   Norwegian Wood by Murakami Haruki
   Translated by Dorota Marczewska and Anna Zielińska-Elliott
   Warszawskie wydawnictwo Literackie, MUZA SA
   E-text at:
   * Chomikuj.pl [doc]
   * Chomikuj.pl [rtf]
   * Scribd


■ロシア語訳 Translation into Russian

Было  мне тогда  37 лет,  сидел  я в  пассажирском  кресле  Боинга 747. Огромный самолет  снизил высоту, пронзив толстенные дождевые тучи, и пытался зайти на посадку. Холодный ноябрьский  дождь намочил землю, окрасив  ее в темные тона,  и техперсонал в дождевых накидках,  трепыхающиеся  флаги на  здании аэропорта, возвышающемся, точно  голая скала, рекламные плакаты  БМВ и  прочие предметы выглядели, как композиция в стиле фландрийской живописи. "О, опять Германия, что ли?" - подумал я.

   Харуки Мураками. Норвежский Лес
   © Харуки Мураками, июнь 1987 года
   © Перевел с японского Лян
   Origin: "Библиотека япониста
   E-text at Lib.Ru


■ギリシャ語訳 Translation into Greek

Ήμουν τριάντα εφτά χρονών τότε, δεμένος στη θέση μου μέσα στο πελώριο Μπόινγκ 747 που ετοιμαζόταν να βουτήξει μέσα από τα πυκνά σύννεφα για να προσγειωθεί στο αεροδρόμιο του Αμβούργου, Η παγωμένη βροχή του Νοεμβρίου μούσκευε τη γη, δίνοντας στα πάντα όψη μελαγχολικού φλαμανδικού τοπίου: στους τεχνικούς κάτίο στον αεροδιάδρομο που φορούσαν αδιάβροχα, στη ση[ΐαία πάνω από το χαμηλό κτίριο του αεροδρομίου, στη γιγαντοαφίσα με τη διαφήμιση της BMW. Μάλιστα... ξανά στη Γερμανία λοιπόν.

   Χαρούκι Μουρακάμι - Νορβηγικό δάσος
   Translated by Μαρια Αγγελιδου
   E-text at Scribd


■フィンランド語訳 Translation into Finnish

Olin silloin kolmekymmentäseitsemän ja istuin valtavassa Boeing 747:ssä, joka sukelsi paksun pilvipeitteen läpi lähestyessään Hampurin lentokenttää. Marraskuun kylmä sade oli kastellut maan ja kaikki näytti synkän harmaalta niin kuin jossain flaamilaisessa maalauksessa: kenttähenkilökunnan sadevaatteet, matalan asemarakennuksen katolla liehuva lippu, BMW:n tienvarsimainos. Niin, taas oltiin Saksassa.

   Norwegian Wood by Haruki Murakami
   Translated by Aleksi Milonoff. Helsinki : Tammi, 2012
   Preview at Google Books


■ハンガリー語訳 Translation into Hungarian

Harminchét éves voltam, ültem egy Boeing747-esen. Az óriás gép keresztülfúrta magát akövér felhőkön, leszállni készült a hamburgirepülőtéren. A hideg novemberi eső sötétreszínezte a földet, az esőkabátos földi személyzetet,a jellegtelen reptéri épület tetején a zászlót, aBMW-reklámtáblát. Minden a flamand festők komorképeit idézte. Hát újra Németország, gondoltam.

   Norvég erdő by Haruki Murakami
   Translated by Nagy Mónika
   Geopen Könyvkiadó Kft., 2008
   E-text at Scribd


■トルコ語訳(部分) Translation into Turkish (fragment)

Otuz yedi yaşındaydım ve bir Boeing 707'deydim. Kocaman uçak, yağmur yüklü bulutların arasından alçalmaya başlamış, Hamburg Havaalanı'na inmeye hazırlanıyordu.

   İmkânsızın Şarkısı by Haruki Murakami
   Translated by Nihal Önol. İstanbul : Doğan Kitap, 2004
   Excerpt at incipit enstitüsü


■インドネシア語訳 Translation into Indonesian

Aku, 37 tahun, waktu itu sedang duduk di dalam pesawat Boeing 747. Pesawat raksasa itu merendah menyusup ke awan pekat hendak mendarat di bandara Hamburg. Hujan dingin di bulan November menghitamkan tanah, para teknisi berjas hujan, bendera menjulang di puncat gedung bandara yang tinggi, papan iklan BMW, semuanya seakan memperlihatkan lukisan aliran Vlaam yang suram. Aduh, Jerman lagi, batinku.

   Norwegian Wood by Haruki Murakami
   Translated by Jonjon Johana
   Kepustakaan Populer Gramedia (KPG), 2005-12-27


■ベトナム語訳 Translation into Vietnamese

Lúc ấy tôi đã ba mươi bảy tuổi, đang ngồi thắt chặt dây an toàn khi chiếc 747 kềnh càng nhào xuống qua tầng mây dày đặc về phía sân bay Hamburg. Những trận mưa tháng Mười một lạnh lẽo thấm đẫm mặt đất, khiến mọi vật ảm đạm như trong một bức tranh phong cảnh Hà Lan ngày xưa: đám nhân viên mặt đất trùm áo mưa, mảnh cờ ủ rũ trên nóc một toà nhà vuông vức trong sân bay, một tấm biển quảng cáo xe BMW. Chao ôi, lại nước Đức đây rồi.

   Rừng Nauy - Haruki Murakami
   E-text at:
   * 4phuong.net
   * Rừng Nauy


■中国語訳(簡体字) Translation into simplified Chinese

三十七岁的我坐在波音747客机上。庞大的机体穿过厚重的雨云,俯身向汉堡机场降落。十一月砭人肌肤的冷雨,将大地涂得一片阴沉,使得身披雨衣的地勤工、候机楼上呆然垂向地面的旗,以及BMW广告板等一切的一切,看上去竟同佛兰德派抑郁画的背景一般。罢了罢了,又是德国,我想。

   《挪威的森林》 作者: (日)村上春树 著  林少华 译
   上海译文出版社 2007-07-01


■中國語譯(繁體字) Translation into traditional Chinese

我今年三十七歲。現在,我正坐在波音七四七的機艙裡。這架碩大無比的飛機正穿過厚厚的烏雲層往下俯衝,準備降落在漢堡機場。十一月冷冽的雨湮得大地一片霧濛濛的。穿著雨衣的整修工、整齊劃一的機場大廈上豎著的旗、BMW的大型廣告牌,這一切的一切看來都像是法蘭德斯派畫裡陰鬱的背景。唉!又來到德國了。

   《挪威的森林》 作者: (日)村上春樹 著  賴明珠 譯
   時報出版 2010-12-10
   E-text at 雲台書屋


■韓国語訳 Translation into Korean

서른 일곱 살이던 그때, 나는 보잉 747기 좌석에 앉아 있었다. 그 거대한 비행기는 두터운 비구름을 뚫고 내려와, 함부르크 공항에 착륙을 시도하고 있었다. 11월의 차가운 비가 대지를 어둡게 물들이고 있었고, 비옷을 걸친 정비공들, 민둥민둥한 공항 빌딩 위에 나부끼는 깃발, BMW의 광고판 등 이런저런 것들이 플랑드르파의 음울한 그림의 배경처럼 보였다. 아, 또 독일인가 하고 나는 생각 했다.

   《상실의 시대》 무라카미 하루키 (지은이), 유유정 (옮긴이)
   문학사상사, 2000-10-02
   Excerpt at:
   * 알스터에서 부는 바람
   * 노르웨이의 숲.........
   * 英语杂谈 天涯社区
   * 日夜读


■日本語原文 The original text in Japanese

僕は三十七歳で、そのときボーイング747のシートに座っていた。その巨大な飛行機はぶ厚い雨雲をくぐり抜けて降下し、ハンブルク空港に着陸しようとしているところだった。十一月の冷ややかな雨が大地を暗く染め、雨合羽を着た整備工たちや、のっぺりとした空港ビルの上に立った旗や、BMWの広告板やそんな何もかもをフランドル派の陰うつな絵の背景のように見せていた。やれやれ、またドイツか、と僕は思った。

   村上春樹 『ノルウェイの森(上)』 講談社 1987


Norwegian_wood_2


■更新履歴 Change log

2014-11-05 ギリシャ語訳を追加し、フィンランド語訳の訳文を挿入しました。
2013-11-19 ベトナム語訳の訳文を修正し、出典のサイトを差し替えました。
2013-05-27 カタルーニャ語訳とトルコ語訳(部分) を追加しました。また、フィンランド
         語訳の書誌情報も追加しました。訳文は追って挿入するつもりです。
         またフランス語字幕付きの予告編も追加しました。
2012-07-13 ポーランド語訳、クロアチア語訳、ハンガリー語訳、インドネシア語訳、
         ベトナム語訳、および韓国語訳を追加しました。
2011-03-29 映画 『ノルウェイの森 (2010)』 の各種動画を追加しました。
2011-01-26 ロシア語訳、チェコ語訳、ドイツ語訳、スペイン語訳、フランス語訳、
         中国語訳(簡体字)、および中國語譯(繁體字)を追加しました。
         また、ブログ記事のタイトルをつぎのとおり変更しました。

         旧題 Norwegian Wood by Haruki Murakami
         新題 村上春樹 『ノルウェイの森』
             Norwegian Wood by Haruki Murakami


にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ84595840v1308102456

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■DVD





■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

  

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, 12 April 2006

Lady Chatterley's Lover by D. H. Lawrence D・H・ロレンス 『チャタレー卿夫人の恋人』『チャタリー卿夫人の恋人』『チャタレー夫人の恋人』『チャタレイ夫人の恋人』

■表紙画像 Cover photo

14473large


■中国語訳(簡体字) Translations into simplified Chinese

(Zh1) 雍穆贝勒 2009
然而,不管人们怎样感情用事,性爱始终是个中最古老,最污浊的关系和主题之一。吟诵性爱的诗人们大多都是男人。女人会觉得世界上还有更美好更高尚的东西。如今,她们对此更加深不疑。美丽纯粹的自由,比任何的性爱都显得可爱。可惜男人对于这点的认识落后很多,他们像狗一样沉迷于性事之中。

   《查泰莱夫人的情人》 D.H.劳伦斯 (作者), 雍穆贝勒 (译者)
   中国华侨出版社 2009-04-01
   Excerpt at Amazon.cn


(Zh2) 饶述一 1986
无论人怎样感情用事,性爱总是各种最古老、最宿秽的结合和从属状态之一。歌颂性爱的诗人们大都是男子。女子们‘向就知道有更好更高尚的东西。现在她们知之更确了。一个人的美丽纯洁的自由,是比任何性爱都可爱的。不过男子对于这点的看法太落后了,她们象狗似的坚要性的满足。

   《查太莱夫人的情人》 作者: [英] 戴·赫·劳伦斯 译者: 饶述一
   丛书: 现代西方文学译丛 湖南文艺出版社 1986-12
   E-text at:
   * 天涯在线书库 (www.tianyabook.com)
   * 语文备课大师 (xiexingcun.com)


■中國語譯(繁體字) Translations into traditional Chinese

(Tw1)
無論人們怎樣對此動情,性這東西終歸是古已有之的骯髒的交媾和支配—服從的關系。歌頌它的詩人多是男性。女人一直明白有什麼東西比這更美好,更高尚。而現今她們比以往任何時候都更明白這個道理。一個女人最美麗純潔的自由絕對比任何性愛更美好。唯一遺憾的是在這個問題的認識上男人比女人落後許多,他們在性事上固執如犬。

   勞倫斯 《查泰來夫人的情人》
   E-text at 電子書在線閱讀網 (r.book118.com)


(Tw2) 饒述一
無論人怎樣感情用事,性愛總是各種最古老、最宿穢的結合和從屬状態之一。歌頌性愛的詩人們大都是男子。女子們‘向就知道有更好更高尚的東西。現在她們知之更确了。一個人的美麗純洁的自由,是比任何性愛都可愛的。不過男子對于這點的看法太落后了,她們象狗似的堅要性的滿足。

   《査太萊夫人的情人》 作者:D.H.勞倫斯[英]    饒述一  譯
   E-text at 小説博覧 (novelscape.net)


■日本語訳 Translations into Japanese

(J1) 木村 2014
性の行為もまた、そういう古めかしい隷属的な生き方と関係している。いくら賛美しようと変わりはない。そもそも性を称揚する詩人はたいがい男である。昔から女は性よりも気高くて優れたものがあるのを知っていた。その認識もいまは確信にまで深まっている。女の自由というものは純粋で美しく、どのような性愛にも勝る。だが残念なことに、男はこれをまったく理解していない。しつこく交接を望むばかりだ。まるで犬みたいに。

   D・H・ロレンス=著 木村政則(きむら・まさのり)=訳
   『チャタレー夫人の恋人』 光文社古典新訳文庫 2014/09/20


(J2) 増口 2005
【tomoki y. による注記】
この訳書は書名に示されているとおり、初稿の翻訳です。これに対し、(J3) 以下の各版は、いずれもいわゆる「第3稿」の翻訳です。ロレンスは初稿を書いたあと、二度にわたって大幅な改稿をしています。したがって、(J3) 以下の引用に明白に対応している箇所を、この初稿訳 (J2) のなかに見つけることはできませんでした。

   D・H・ロレンス=著 増口充(ますぐち・みつる)=訳
   『初稿 チャタレー卿夫人の恋人』 彩流社 2005/05

   解題によれば底本はニューヨークのダイアル社から出版された次の初版本:
   The First Lady Chatteley. New York : Dial Press, 1944.
   これに加えて、ハイネマン版ペンギン版ケンブリッジ大学版
   随時参照された由。


(J3) 武藤 2004
そして、どんなにきれいごとを並べても、セックスというものは最も古くて忌まわしい繋がりと従属の一つだった。その栄光を歌った詩人の大半は男たちだった。女たちはずっと、もっと優れたましなもの、もっと高尚なものがあることを知っていたが、現代では今までにまして、はっきりと知っていた。美しく混じり気のない女性の自由はどんな性愛よりもはるかにすばらしかった。ただ一つ残念なのは、この件に関しては、男の方が女よりずっと遅れていることだった。男たちは犬のようにセックスにこだわった。

   D・H・ロレンス=著 武藤浩史(むとう・ひろし)=訳
   『チャタレー夫人の恋人』 ちくま文庫 2004/12


(J4) 永峰 1999
そしてそれをいかに感傷的に考えようと、この性に関することは最も古くからの下劣な人間関係であり、従属の一つだった。これを賛美する詩人はたいてい男である。女はいつももっと良いもの、もっと高尚なものがあることを知ってはいた。そして今、女はこれまで以上に明確にそれを知っている。女の美しく純粋な自由はいかなる性愛より、測り知れないほど素晴らしいのだ。唯一、不幸なことは、男はその問題では女より遥かに遅れをとっていることだ。男は犬のようにセックスを強要する。

   D・H・ロレンス=作 永峰勝男(ながみね・かつお)=訳
   『新訳 チャタレー夫人の恋人』 彩流社 1999/11


(J5) 伊藤+伊藤 1996
どのように情緒的に考えようとも、このような恋の交渉は、太古からある下等な関係とか隷属とかいうことの一つなのだ。恋を歌いあげた詩人たちの大部分は男だったのだ。女性は常に、恋よりももっと善いなにか、もっと高貴ななにかが存在していることを知っていた。しかも現代の女性は、いっそう決定的にそのことを知っている。女性の美しい純粋な自由というものは、どんな性的な恋愛よりもさらに無限に驚嘆すべきものなのだ。唯一(ゆいいつ)の不幸な点は、男性がこの問題では女性よりはるかに遅れてぐずぐずと歩いていることである。彼らは犬のようにセックスのことばかり考えている。

   D・H・ロレンス=作
   伊藤整(いとう・せい)=訳 伊藤礼(いとう・れい)=補訳
   『完訳 チャタレイ夫人の恋人』 新潮文庫 1996/11


(J6) 羽矢 1973, 1976
どんなに感傷化しようとも、この性のいとなみというものは、いちばん古くからの、うすぎたない結合と隷属のひとつなのであった。それを美化する詩人はたいてい男なのだ。女性はいつも、もっとましなもの、もっと高いものがあることを知っていたのだ。いまでは、前よりもっとはっきりとそのことを知っている。女の美しく純粋な自由だけが、どんな性愛よりも無限にずっとすばらしいのだ。ただひとつの不幸は、男たちがこの問題で女性にくらべてはるかに遅れているということだ。男たちは犬のように、性だ性だと騒ぎたてているばかりなのだ。

   ロレンス=著 羽矢謙一(はや・けんいち)=訳
   「チャタレイ夫人の恋人」
   a.豪華版 世界文学全集25 ロレンス』 講談社 1976/10 所収
   b.チャタレイ夫人の恋人』 講談社文庫 1973
   引用は a. に拠りました。


(J7) 西村 1965, 1974
そしてこのことをどんなに感傷的に考えようとも、この性という問題こそは大昔からある、下劣な関係や従属のひとつなのだ。これを賛美した詩人たちはたいてい男だった。なにかもっとましなものが、なにかもっと高いものが存在することを女性は常に知っていたのである。そしていまや女性は前にもまして決定的にそのことを知っているのである。女性のあの美しい純粋な自由こそはどのような性的な恋愛よりも限りなくすばらしいものなのだ。ただひとつ不運なことには、この問題では男のほうが女よりもはるかに遅れてのろのろ歩いているということだ。男ときたら犬みたいにこの性というものをしつこく求めているのである。

   D・H・ロレンス=著 西村孝次(にしむら・こうじ)=訳
   「チャタリー卿夫人の恋人」
   a.世界文学全集11』 研秀出版 1974 所収
   b.チャタリー卿夫人の恋人』 八潮版イギリスの文学 八潮出版社 1965
   引用は a. に拠りました。なお、研秀出版と、この世界文学全集については
   田坂憲二氏による次の論考を参照: 研秀出版『世界文学全集』の特色


(J8) 伊藤 1964
どのように感傷化しようとも、このような恋の交渉は、太古からある下等な関係とか隷属とかいうことの一つなのだ。恋のほめ歌を作った詩人たちの大部分は男であったのだ。女性は常に、恋よりももっと善いなにか、もっと高貴ななにかが存在していることを知っていたのだ。しかも現代の女性は、いっそう決定的にそのことを知っている。女性の美しい純粋な自由というものは、どんな性的な恋愛よりもさらに無限に驚嘆すべきものなのだ。唯一の不幸な点は、男性がこの問題では女性よりはるかにあとに遅れてぐずぐずと歩いていることである。彼らは犬のようにセックスにだけ熱中していることである。

   D・H・ローレンス=著 伊藤整=訳
   『チャタレイ夫人の恋人』 新潮文庫 1964


(J9) 斉藤 1962
どれ程感傷的に考えようとも、このセックスの事は最も古めかしいいやらしい関係や服従の一つだつた。これを讃美した詩人は殆ど男だつた。女性はいつももつと立派な何かが、高尚な何かがあるのを知つていた。そして現代では彼女たちはもつと確信的にそのことを知つている。女性の美しい純粋な自由はどんな性的な恋愛よりもずつと限りなく驚くべきものなのだ。ただ一つの不幸なことは男がこの問題に関してはるかに遅れて、のろのろしているということである。男たちは犬のようにセックスにばかり固執しているのだ。

   D・H・ロレンス=著 斉藤英弥=訳
   『チャタレイ夫人の恋人』 創人社 1962/10/10
   尚の旧字は新字で 置き換えました。


(J10) 飯島 1955, 1958, etc.
しかも、それをいかに感傷化しようとも、こうした性的なことは、最も古代的な、下劣な結びつきとか服従とかいうものの一つなのである。これを讃美(さんび)した詩人は、たいがい男性であった。女性はもっとましなもの、もっと高いものがあることを、昔から知っていた。そして、現代では、前にもまして決定的にそのことを知っている。女性の美しい、純粋な自由こそは、いかなる性的な愛情よりも、かぎりなく素晴らしいものなのである。ただ一つ不幸なことには、この問題では、男性が女性よりはるかにおくれていることだ。男性は犬のように、性に関することに固執(こしつ)しているのだ。

   D・H・ロレンス=作 飯島淳秀(いいじま・よしひで)=訳
   a. 『改訳 チャタレイ夫人の恋人』 角川文庫 1980/12
   b.チャタレイ夫人の恋人』 角川文庫 1958/05
   c.チャタレイ夫人の戀人(上)』 三笠新書 三笠書房 1955


■『チャタレー夫人の恋人』 朗読:エミリア・フォックス
 Lady Chatterley's Lover' read by Emilia Fox - A CSA Word Classic


■英語原文 The original text in English

And however one might sentimentalize it, this sex business was one of the most ancient, sordid connexions and subjections. Poets who glorified it were mostly men. Women had always known there was something better, something higher. And now they knew it more definitely than ever. The beautiful pure freedom of a woman was infinitely more wonderful than any sexual love. The only unfortunate thing was that men lagged so far behind women in the matter. They insisted on the sex thing like dogs.

   Lady Chatterley's Lover (1928) by D. H. Lawrence
   E-text at:
   * Project Gutenberg
   * Bibliomania.com


■更新履歴 Change log

2011/09/12 木村政則(きむら・まさのり)=訳 2014/09/20 を追加しました。
2011/03/31 雍穆贝勒による簡体字中国語訳 2009 と、もう一種類の繁體字中國
         語譯を追加し、他の訳の書誌情報を補足しました。
2010/08/16 斉藤英弥=訳 1962/10/10 を追加しました。
2009/09/23 西村孝次=訳 1974 を追加しました。
2009/08/08 増口充=訳の底本に関する書誌情報を補足しました。また、中國語
         譯(繁體字)がリンク切れになっていたので、別のリンク先にリンクを
         張り直しました。
2009/08/07 増口充氏による初稿の訳について、 相当する引用箇所を見出せ
         なかった旨の記述を挿入しました。また、エミリア・フォックスによる
         英語朗読のYouTube録音を追加しました。
2009/07/07 検索の便を考慮し、ブログ記事のタイトルに著者名の日本語表記と
         邦題を追加しました。
2006/11/09 中国語訳(簡体字)を追加しました。
2006/11/02 永峰勝男=訳 1999/11 を追加し、書誌情報を修正・補足しました。
2006/09/10 羽矢謙一=訳 1976/10 を追加しました。
2006/08/30 中國語譯(繁體字)を追加し、Amazon.co.jp の該当ページ、および
         電子テキストの該当ページへのリンクを張りました。
2006/04/14 伊藤整=訳 1964 を追加しました。


にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ84595840v1308102456

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■和書 Books in Japanese
(1) 「チャタレー」と表記するもの

(2) 「チャタレイ」と表記するもの

(3) 「チャタリー」と表記するもの

■洋書 Books in non-Japanese languages

■DVD

  

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, 10 April 2006

100年前、漱石は千駄木で (漱石から虚子への手紙 1906-03-23)

■夏目漱石の自筆原稿 Natsume Soseki's manuscript

Dogo_genko


■夏目漱石から高浜虚子への手紙
 Letter from Natsume Soseki to Takahama Kyoshi

  三月二十三日(金) 高浜虚子 消印午後4-5時
    麹町区富士見町四丁目八番地 高浜清宛
    本郷区駒込千駄木町五十七番地より

 拝啓新作小説存外長いものになり、事件が段々発展只今百◯九枚の所です。もう山を二つ三つかけば千秋楽になります。趣味の遺伝で時間がなくて急ぎすぎたから今度はゆる/\やる積です。もしうまく自然に大尾に至れば名作然らずんば失敗こゝが肝心の急所ですからしばらく待つて頂戴出来次第電話をかけます。松山だか何だか分らない言葉が多いので閉口、どうぞ一読の上御修正を願たいものですが御ひまはないでせうか 草々
                           金
   虚子先生


   出典:
   夏目金之助=著
   『漱石全集 第二十二巻 書簡(上)』 第2刷
   岩波書店 2004-01-07


■tomoki y. によるコメント Comments by tomoki y.

 100年前すなわち1906年のちょうど今ごろ、夏目漱石は東京千駄木で新しい小説を書き終えたところだった。
 春の京都で、しきりに寒がりながら、ぜんざいと亡き友・正岡子規のことを思い、「への字」や「くの字」に鳴くカラスの声を聞き、「夜中に時計がチーーーーーーーーンと鳴る」のを聞く、ちょうど1年前のこと。
 小説の題は『坊っちゃん』。漱石は、それが名作となる確信はないにしても、そうなる可能性は充分に自覚していた。高浜虚子が、ちゃんと松山弁などの添削をしてくれたのも幸いした。『坊っちゃん』は文字どおり名作となり、愛されて今日まで残った。
 朝日新聞に、下記の関連記事が出ていた。それによると、新潮文庫の累計発行部数ベスト10のなかで『坊っちゃん』は第6位。123刷 382万部だそうだ。比較のために、ほかの作品につき Wikipedia による数字を挙げる。村上春樹『ノルウェイの森』講談社 1987 の単行本の発行部数は、上巻が238万部、下巻が211万部の計449万部。上巻は、片山恭一のセカチューこと『世界の中心で、愛をさけぶ』小学館 2001 に、2004年5月の時点で抜かれるまで、国内小説単行本の発行部数歴代一位だった。セカチューは、その後2004年12月2日時点で321万部以上。

   「坊っちゃん」100年の遺産
   町おこしや日本語の可能性
   2006年4月8日 朝日新聞 be on Saturday Link expired(?) as of 2009/06/24


■更新履歴 Change log
 


にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ翻訳ブログ人気ランキング参加中

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザの画面を更新すると入れ替わります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■CD

■DVD

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

  

| | Comments (0)

沖縄のぜんざい - 吉永小百合

B00005fbsc

 子供の頃からかき氷が好きだったが、冷房の効いた室内では食べる気にならない。
 今年の2月、旅の途中に久米島で“ぜんざい”を味わった。沖縄のぜんざいは、黒砂糖で煮た金時豆の上に、かき氷が乗っている。素朴で懐かしい味がした。やみ付きになりそう。
         2006/04/09 毎日新聞 書評面「好きなもの」欄

吉永小百合さんが、きのうの新聞に、好きなものとして次の3つを挙げていた。
 (1) 高村光太郎詩集(岩波文庫)
 (2) 沖縄のぜんざい
 (3) ラグビー
このうち、(2) について述べたのが上の文章。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Friday, 07 April 2006

夏目漱石:ぜんざいは京都で、京都はぜんざいである

Soseki


■ぜんざいの大提灯 A big red lantern of a zenzai parlor

始めて京都に来たのは十五六年の昔である。その時は正岡子規と一所であつた。麩屋町(ふやちよう)の柊屋(ひいらぎや)とか云ふ家へ着いて、子規と共に京都の夜を見物に出たとき、始めて余の目に映つたのは、此赤いぜんざいの大提灯である。この大提灯を見て、余は何故か是が京都だなと感じたぎり、明治四十年の今日に至る迄決して動かない。ぜんざいは京都で、京都はぜんざいであるとは余が当時に受けた第一印象で又最後の印象である。子規は死んだ。余はいまだに、ぜんざいを食つた事がない。実はぜんざいの何物たるかをさへ弁(わきま)へぬ。汁粉であるか煮小豆(ゆであづき)であるか眼前に髣髴する材料もないのに、あの赤い下品な肉太な字を見ると、京都を稲妻の迅(すみや)かなる閃きのうちに思ひ出す。同時に——あゝ子規は死んで仕舞つた。糸瓜のごとく干枯(ひから)びて死んで仕舞つた。——提灯は未だに暗い軒下にぶら/\して居る。余は寒い首を縮めて京都を南から北へ抜ける。

   夏目漱石「京に着ける夕」より抜粋
   『漱石全集12 小品』
   岩波書店(第1刷 1994/12|第2刷 2003/03)所収
   E-text at 青空文庫(用字、仮名遣いなどは、上記全集版と異なる)


■tomoki y. のコメント Comments by tomoki y.

先日の記事「99年前、漱石は京都で」 の続編。前回とおなじく、漱石の1907(明治40)年の京都旅行の思い出から。

「麩屋町の柊屋」は、いまもある。ふつうは柊家と書く。俵屋、炭屋とならぶ、京都の有名高級旅館御三家の一つ。文人とゆかりが深い。志賀直哉の家族は、ここをベースにして京見物をした。林芙美子も泊まった。川端康成は、ここを定宿にして、宣伝コピーのようなもの(川端康成氏寄稿文 | 柊家)さえ残した。三島由紀夫は死の数日前ここで家族と過ごした。三島のお気に入りは1階の33号室だった。

文人以外では、たとえば、チャップリンやアラン・ドロンもお客だった。イアン・ソープも泊まった——らしい。私は未見だが、田口八重『おこしやす—京都の老舗旅館「柊家」で仲居六十年』という本が出ている。

ぜんざいの大ちょうちんのことは、一切知らない。「ぜんざいは京都で、京都はぜんざいである」とは、いったい何を根拠にして述べているのだろうか? その断定ぶりが異様だ。『言葉は京でつづられた。』という本では、つぎのように説明している。

   子規という、巨大で真っ赤な心の灯が消えた。消えた哀惜と空虚のシンボ
   ルとして漱石は、ぜんざいの提灯の存在を子規と来た京都そのものと強引
   に結びつけたのだろうか。「何故?」という疑問を挟む余地のないほどに、
   乱暴で理を超えている。


■参考文献 Reference

   * 京都モザイク編集室 『言葉は京でつづられた。』 青幻舎 2003
   * 蔵田敏明 『文学散歩 作家が歩いた京の道』 淡交社 2003
   * 水川隆夫 『漱石の京都』 平凡社 2001


■更新履歴 Change log

2012/10/02 まえにリンク切れになっていた川端康成氏寄稿文へのリンクが
         柊家さんサイトに復活しているようなので、リンクを再び張りました。
2007/12/01 いくつかのデッド・リンクをアクティブにしました。
2006/04/08 柊家さんについての解説を、訂正・補足しました。また、参考文献を
         追加しました。


↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザの画面を更新すると入れ替ります。
↓ Renew the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese
(1) 夏目漱石

 
(2) 京都+ことば

(3) 京都+文学散歩

(4) 漱石+京都

(5) 柊家

  

| | Comments (0) | TrackBack (0)

His Bright Light by Danielle Steel

_1

……私は医者に、これから先、どのようにしてニックと付き合っていくか、長期の展望について訊いたが、まだ早すぎると彼は答えた。確かめなければならぬことがたくさんあったし、ニックはまだ非常に若かった。先生はこう言った。
「十五歳で躁うつ病と断定された例は、ほとんどありません。異例中の異例ですね。だから多くの医者が、病名をつけるのを嫌ったのですよ。誤診が起こるもとですが、躁うつ病的だと結論づけるぐらいが、ま、関の山と言ったところでしょうね。それから、あなたの話から推定すると、症状はずっとあったわけですから、十二歳もしくは十三歳で発病していると考えられます。これは、ちょっと、強烈なことですね」
 ニックの場合は、発病が非常に早く、普通だったら、二十代の前半に症状が現れると聞いた時、私は、それでは彼が二十歳になった際には一体どうなってしまうのだろうと考えざるを得なかった。通常より十年も早く発症したとすると、十年後にはもっと悪化しているのだろうか。または、病気が治っているのだろうか、または投薬によって、病気と折り合いをつけているのだろうか。
 すっかり好きになった先生は、それは誰にも分からないと言ったが、彼が楽観的でないことを知り、私は漠然と不安になった。……
   ダニエル・スティール=著 畑正憲=訳
   『輝ける日々』朝日出版社 2003

. . . I tried to talk about the long-range implications of Nick's disease, but the doctor felt it was too soon to do that. There were a lot of things to ascertain first, and Nick was still very young. He said that it was very unusual to be clearly diagnosed manic-depressive at fifteen, which was why all the doctors we had seen had loath to do that. Incorrect diagnoses can be made that way, and determining him as bipolar would be a major pronouncement. It was even more impressive when you thought that he had probably been that way fairly overtly since he was roughly twelve or thirteen. As it turned out, it was a very early onset of the illness, and as it usually manifested itself in an individual's early twenties, I couldn't help wondering what it would be like for Nick when he reached that age. With a ten year head start on most people who manifest mental illness, would he be that much worse, or were we likely to have brought the disease to heel by then, or at least taught him to live with it with the proper medications? The doctor I was already so fond of told me that there was no way of knowing, but I had a vaguely uncomfortable feeling that he was not overly optimistic. . . .
   Danielle Steele "His Bright Light: The Story of My Son, Nick Traina"
   Bantam Press, 1998

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Thursday, 06 April 2006

99年前、漱石は京都で

4000918192

99年まえのちょうど今頃、夏目漱石は京都へ来ていた。京大(当時は、京都帝国大学文科大学)の先生たちに会ったり、大阪へ足を運んで朝日新聞の社主に会ったりしている。その合い間には、あちこち観光もしている。1907(明治40)年の日記に、こうある。

 三月二十八日〔木〕 八時東京発。
(中略)
◯夜七条ニツク車デ下加茂ニ行ク。京都ノ first impression 寒イ
◯湯ニ飛ビ込ム
◯糺ノ森ノ中ニ宿ス。
  春寒く社頭に鶴ヲ夢ミケリ
◯暁ニ烏ガ鳴く。への字ニ鳴きくの字ニ鳴く
◯夜中に時計がチーーーーーーーーンと鳴る。

当時のダイヤによると、新橋・神戸間の最急行(いまでいう特急)の所要時間は13時間40分。これに先立つこと15年、漱石が、まだ元気だった正岡子規といっしょに初めて京都を訪れたとき、新橋・七条(京都)間の所要時間は、17時間40分だった。だから、かなりのスピードアップではあった。当時、東海道線の京都駅があったのは烏丸七条あたり。いまの京都駅よりも北寄りだった。「車」というのは、人力車のことだろう。「下加茂」は、今はふつう「下鴨」と書く。七条から下鴨までは、約6キロメートル。人力車で行くには、かなりの距離だ。

「京都ノ first impression 寒イ」というのが、おもしろい。いまもむかしも、この時季に東京から来る人は、みんなそう思うらしい。むかし名古屋から来て京都暮しを始めたばかりだった私も、そう思った。京都というのは、えらく寒いところだなあって。上に述べたように、漱石にとっては、これが京都への初旅行だったわけではない。第一印象といっているのは、「東京から着いてすぐの」といった意味なのだろう。

糺ノ森ノ中ニ宿ス」というのは、下鴨神社の境内で野宿したという意味では、もちろんない。森の近くに狩野亨吉という京大の先生の家があって、そこに漱石は泊めてもらったのだそうだ。カラスが「への字ニ鳴きくの字ニ鳴く」って、どんな鳴き方だろうか。

漱石が、この1907年の旅で、いつまで京都に滞在したのかは、知らない。調べればわかるだろうけれど。ちなみに、4月10日の日記を見ると、まだ「平八茶屋」や「都踊」などの字句がある。この日の日記は「一力亭。芸者が無暗に来る。舞子が舞ふ。」で終っている。漱石先生、けっこう暢気に遊んでいたのかな。

参考文献:
夏目金之助 『漱石全集 第十二巻 小品』 「京に着ける夕」 岩波書店 1994
夏目金之助 『漱石全集 第十九巻 日記・断片 上』 岩波書店 1995


■外部リンク External links

 [en] English
   * Natsume Sōseki - Wikipedia (1867-1916)

 [ja] 日本語
   * 京に着ける夕 - 夏目漱石.com
   * 夏目漱石 - Wikipedia (1867-1916)


■更新履歴 Change log

2013-01-18 「外部リンク」と「更新履歴」の項を新設しました。


にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ翻訳ブログ人気ランキング参加中

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■DVD

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

  

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, 05 April 2006

The Body by Stephen King スティーヴン・キング 『スタンド・バイ・ミー』

 Image gallery 
DVDのジャケット DVD covers

↓ クリックして拡大 Click to enlarge ↓

ja Ja_stand_by_me hu Hu_allj_mellem___stand_by_me fi Fi_stand_by_me_viimeinen_kesa

uk Uk___stand_by_me bg Bg___stand_by_me pl Pl_stan_przy_mnie_stand_by_me

da Da_sammenhold de De_stand_by_me_das_geheimnis_eines_ it It_stand_by_me_ricordo_di_unestate

pt Pt_conta_comigo_stand_by_me es Es_cuenta_conmigo_stand_by_me fr Fr_compte_sur_moi_quebec

en En_stand_by_me_043396055179

[ja] スタンド・バイ・ミー 日本語
[hu] Állj mellém! ハンガリー語
[fi] Stand By Me - Viimeinen kesä フィンランド語
[uk] Залишся зі мною ウクライナ語
[bg] Бъди до мен ブルガリア語
[pl] Stań przy mnie ポーランド語
[da] Sammenhold デンマーク語
[de] Stand by Me – Das Geheimnis eines Sommers ドイツ語
[it] Stand by me - Ricordo di un'estate イタリア語
[pt] Conta Comigo ポルトガル語
[es] Cuenta Conmigo スペイン語
[fr] Compte sur moi フランス語(ケベック)
[en] Stand by Me 英語原題 The original title in English


 Video 
スタンド・バイ・ミー (1986) 予告篇 Stand By Me (1986) Trailer

監督: ロブ・ライナー ウィル・ウィートン (ゴーディ)、リヴァー・フェニックス(クリス) Rob Reiner (director). Wil Wheaton (Gordie Lachance), River Phoenix (Chris Chambers).


■日本語訳 Translation into Japanese

わたしが初めて人間の死体を見たのは、やがて十三歳になるという十二歳のときだった。一九六◯年代の出来事だ。はるか昔のことだ……わたしにとっては、それほど長い年月がたったとは思えないときもあるが。特に、死体の開いた目に雹(ひょう)が降っている夢を見て、目ざめてしまう夜中などには。

   スティーヴン・キング=著 山田順子=訳
   『スタンド・バイ・ミー 恐怖の四季 秋冬編』 新潮文庫 1987


■ロシア語訳 Translation into Russian

Мне только что исполнилось двенадцать, когда впервые в жизни я увидал покойника. Это было давно, а 1960 году, хоть иногда мне кажется, что с тех пор прошло совсем немного времени, особенно когда я  вижу  по  ночам,  как крупный град бьет прямо по его открытым, безжизненным глазам.

   Стивен Кинг. Труп
   E-text at Lib.Ru


■ドイツ語訳 Translation into German

Ich war fast dreizehn, als ich zum ersten Mal einen Toten sah. Es war 1960. Das ist schon lange her... aber manchmal kommt es mir gar nicht so lange vor. Besonders dann nicht, wenn ich nachts aus einem Traum erwache, in dem der Hagel in seine offenen Augen fällt.

   Jahreszeiten. Herbst und Winter by Stephen King
   Translated by Harro Christensen
   Bastei Lübbe, 1987
   E-text at:
   * Stephen Kings Horrorpage 2
   * Belgeler.com
   * Scribd


■イタリア語訳 Translation into Italian

Avevo dodici anni — quasi tredici — la prima volta che vidi un essere umano morto. Successe nel 1960, tanto tempo fa... anche se a volte non mi pare così lontano. Soprattutto la notte quando mi sveglio da quei sogni in cui la grandine cade nei suoi occhi aperti.

   Il corpo by Stephen King
   L'autunno dell'innocenza
   Translated by Bruno Amato
   E-text at L'autunno dell'innocenza - graficogadda - home [DOC]


■ポルトガル語訳 Translation into Portuguese

Eu tinha doze anos, quase treze, quando vi pela primeira vez um ser humano morto. Foi em 1960, há muito tempo atrás... embora às vezes não me pareça tanto tempo. Principalmente nas noites que acordo sonhando. com a chuva de granizo caindo em seus olhos abertos.

   O Corpo by Stephen King
   E-text at 4shared


■スペイン語訳 Translation into Spanish

Tenía yo casi trece años cuando vi por primera vez a una persona muerta. Ocurrió en mil novecientos sesenta, hace ya mucho tiempo… aunque, a veces, no me parece tanto. Sobre todo, cuando despierto de noche tras haber visto en sueños el granizo que caía en sus ojos abiertos.

   Las Cuatro Estaciones, "El cuerpo", by Stephen King
   Excerpt at Café recién molido: Cuenta conmigo 2007-08-16


■フランス語訳 Translation into French

J'allais sur mes treize ans quand j'ai vu un mort pour la première fois. C'est arrivé en 1960, il y a longtemps... mais parfois il me semble que ce n'est pas si lointain. Surtout les nuits où je me réveille de ce rêve où la grêle tombe dans ses yeux ouverts.

   Stephen King - Différentes Saisons.
   L'automne de l'innocence / Le corps.
   Excerpt at:
   * { Paroxisme } - Neuras[T]heniA
   * Le corps | Scribulations


 Audio 
『スタンド・バイ・ミー』——オーディオブック(朗読: フランク・ミューラー) Part 1
The Body (AudioBook) read by by Frank Muller. Unabridged. Part 1

下に引用した箇所は 1:05 あたりから。 The excerpt below starts around 1:05.


■英語原文 The original text in English

I was twelve going on thirteen when I first saw a dead human being.  It happened in 1960, a long time ago . . . although sometimes it doesn't seem that long to me.  Especially on the nights I wake up from dreams where the hail falls into his open eyes.

   Stephen King "Different Seasons"
   The Body, 1982


■外部リンク External links

下のようなサイトを運営なさっている方がいます。ご参考まで。私はスティーヴン・キングのことは、まったく無知なので、突っ込まないでくださいね。

   * "The Body" (「スタンド・バイ・ミー」)の翻訳について


045116753801_sclzzzzzzz_


■更新履歴 Change log

2014-01-01 ブルガリア語版とデンマーク語版の画像を追加しました。
2013-01-22 DVDジャケットのイメージギャラリーを新設しました。
2013-01-16 ドイツ語訳を追加しました。
2013-01-15 イタリア語訳を追加しました。
2012-08-01 ロシア語訳とポルトガル語訳を追加しました。
2011-11-14 スタンド・バイミー (1986) 予告篇とオーディオブックの YouTube
         画面、およびフランス語訳を追加しました。
2011-11-13 スペイン語訳を追加しました。


にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ翻訳ブログ人気ランキング参加中

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■DVD

■和書 Books in Japanese

  

| | Comments (5) | TrackBack (0)

Лев Толстой - Анна Каренина (1) Anna Karenina by Leo Tosltoy (1) トルストイ 『アンナ・カレーニナ』 (1)

« Anna Karenina 2 3 »
« アンナ・カレーニナ 2 3 »

Annakarenina9718


         目次 Table of Contents

■はじめに Introduction
■中国語訳(簡体字)Translation into simplified Chinese
■中國語譯(繁體字)Translation into traditional Chinese
■韓国語訳 Translation into Korean
■日本語訳 Translations into Japanese
  (J1) 柴田 2013
  (J2) 沼野 2010
  (J3) 望月 2008
  (J4) tomoki y. 2006
  (J5) 中村(融) 1989
  (J6) 工藤 1977, 1990
  (J7) 藤沼 1976
  (J8) 木村 1972
  (J9) 原(卓) 1964
  (J10) 中村(白) 1949
  (J11) 原(久) 1935, 1952
  (J12) 中村(白) 1926
  (J13) 相馬 1913
  (J14) 瀬沼+尾崎 1902, 2000
■ベトナム語訳 Translation into Vietnamese
■タイ語訳 Translation into Thai
■インドネシア語訳 Translation into Indonesian
■アラビア語訳 Translation into Aabic
■ヘブライ語訳 Translation into Hebrew
■トルコ語訳 Translation into Turkish
■ギリシア語訳 Translation into Greek
■グルジア語訳 Translation into Georgian
■アゼルバイジャン語訳 Translation into Azerbaijani
■アルバニア語訳 Translation into Albanian
■ハンガリー語訳 Translation into Hungarian
■ルーマニア語訳 Translation into Romanian
■ポルトガル語訳 Translation into Portuguese
■カタルーニャ語訳(カタロニア語訳) Translation into Catalan
■スペイン語訳 Translations into Spanish
  (Es1)
  (Es2)
■イタリア語訳 Translation into Italian
■フランス語訳 Translations into French
  (F1) Translator unknown, 1885
  (F2)
  (F3)
 Audio 1  英訳朗読 Audiobook of Nathan Haskell Dole's translation
 Audio 2  英訳朗読 Audiobook of Louise & Aylmer Maude's translation
 Audio 3  英訳朗読 Audiobook of Constance Garnett's translation
■英訳 Translations into English
  (E1) Pevear & Volokhonsky, 2004, 2006
  (E2) Thorlby, 1987
  (E3) Edmonds, 1975, 2009
  (E4) Dole, 1923
  (E5) Maude & Maude, 1918
  (E6) Garnett, 1901
■アイスランド語訳 Translation into Icelandic
■ノルウェー語訳 Translation into Norwegian
■スウェーデン語訳 Translations into Swedish
  (Sv1)
  (Sv2)
  (Sv3)
■デンマーク語訳 Translation into Danish
■フィンランド語訳 Translation into Finnish
■エストニア語訳 Translation into Estonian
 Audio 4  オランダ語訳朗読 Audiobook of translation into Dutch
■オランダ語訳 Translations into Dutch
■ドイツ語訳 Translation into German
■チェコ語訳 Translation into Czech
 Audio 5  ポーランド語訳朗読 Audiobook of translation into Polish
■ポーランド語訳 Translation into Polish
■クロアチア語訳 Translation into Croatian
■ブルガリア語訳 Translation into Bulgarian
■ベラルーシ語訳 Translation into Belarusian
■ウクライナ語訳 Translation into Ukrainian
 Audio 6  ロシア語原書朗読 Audiobook of the original text in Russian
■ロシア語原文 The original text in Russian
■外部リンク External links
■更新履歴 Change log


■はじめに Introduction

世界文学史上に有名な長編小説。その冒頭の有名な一文。世界のさまざまな言語には、どう訳されているのか? ロシア語の原文では、なんと書かれているのか?


■中国語訳(簡体字)Translation into simplified Chinese

幸福的家庭都是相似的,不幸的家庭各有各的不幸。

   作者:列夫·托尔斯泰 周扬 谢素台 译
   《安娜·卡列宁娜(上)》(上下二册) 人民文学出版社 1956-12
   Preview at Amazon.cn
   E-text at:
   * 天涯在线书库 (www.tianyabook.com)
   * 百万书库 (millionbook.com)


■中國語譯(繁體字)Translation into traditional Chinese

幸福的家庭都是相似的,不幸的家庭各有各的不幸。

   作者:托爾斯泰 周揚,謝素台 譯
   《安娜·卡列尼娜(上)》(上下二册) 出版社:桂冠 2004-10-10
   More info at 博客來網路書店


■韓国語訳 Translation into Korean

행복한 가정은 서로 닮았지만 불행한 가정은 모두 저마다의 이유로 불행하다.

   레프 톨스토이 《안나 카레니나》
   Quoted in 서울경제


■日本語訳 Translations into Japanese

(J1) 柴田 2013
幸福な家族はみな似たようなものだが、不幸な家族はそれぞれ独自に不幸である。
   レフ・トルストイ=著 柴田元幸(しばた・もとゆき)=部分訳
   「アンナ・カレーニナ」
   柴田元幸=編・訳 『書き出し「世界文学全集」』 河出書房新社 2013/08/30
   Louise & Aylmer Maude による英訳 (1917) からの重訳


(J2) 沼野 2010
すべての幸福な家庭は互いに似ている、不幸な家庭はそれぞれに不幸である。
   沼野充義(ぬまの・みつよし)=抜粋訳
   毎日新聞 2010-11-21 トルストイ没後100年特集記事のうち、
   沼野氏による稿「巨編に宿る生命のみずみずしい手触り」の文中から。


(J3) 望月 2008
幸せな家族はどれもみな同じようにみえるが、不幸な家族にはそれぞれの不幸の形がある。
   望月哲男(もちづき・てつお)=訳 『アンナ・カレーニナ1
   光文社古典新訳文庫 2008-07


(J4) tomoki y. 2006
幸せな家庭は大同小異。でも、不幸せな家庭は、その不幸せぐあいが千差万別。
   tomoki y.=試訳
   tomokilog - うただひかるまだがすかる, 2006-04-06


(J5) 中村(融) 1989
幸福な家庭はどれも似たものだが、不幸な家庭はいずれもそれぞれに不幸なものである。
   中村融=訳 『アンナ・カレーニナ(上)』 岩波文庫 1989-11


(J6) 工藤 1977, 1990
幸福な家庭はみな似通っているが、不幸な家庭は不幸の相もさまざまである。
   レフ・H・トルストイ=作 工藤精一郎=訳 「アンナ・カレーニナ」
   a.集英社ギャラリー[世界の文学]14 ロシアII』 1990-05 所収
   b.世界文学全集50 アンナ・カレーニナ I』 集英社 1977-12


(J7) 藤沼 1976
幸福な家庭はみなおたがいに似かよっており、不幸な家庭はそれぞれその家なりに不幸である。
   藤沼貴=訳 「アンナ・カレーニナ1」
   『世界文学全集47 トルストイ1』 講談社 1976 所収


(J8) 木村 1972
幸福な家庭はすべて互いに似かよったものであり、不幸な家庭はどこもその不幸のおもむきが異なっているものである。
   木村浩=訳 『アンナ・カレーニナ(上)』 新潮文庫 1972


(J9) 原(卓) 1964
幸福な家庭はみな同じように似ているが、不幸な家庭は不幸なさまもそれぞれ違うものだ。
   トルストイ=作 原卓也=訳
   『世界の文学19 トルストイ アンナ・カレーニナ I
   中央公論社 1964 所収


(J10) 中村(白) 1949
幸福な家庭は一たいによく似よったものであるが、不幸な家庭はみなそれぞれに不幸である。
   中村白葉=訳 『世界文學全集 トルストイ アンナ・カレーニナ(上)』
   岩波書店 1949


(J11) 原(久) 1935, 1952
幸福な家庭はみな一樣に似通つてゐるが、不幸な家庭はいづれもとりどりに不幸である。
   a. トルストイ=著 原久一郎(はら・ひさいちろう)=訳
     『アンナ・カレーニナ 第1卷』 新潮文庫 1952
   b. トルストーイ=著 原久一郎=譯
     『アンナ・カレーニナ(上)』 世界名作文庫
     新潮社 1935-11-25(昭和10)
   引用は a. に拠りました。b. では「とりどりに」が「とり/″\に」
   と表記されています。


(J12) 中村(白) 1926
幸福な家庭はすべてよく似たものであるが、不幸な家庭は皆それ/″\に不幸である。
   中村白葉=訳『アンナ・カレーニナ 上卷』 岩波書店 1926(大正15)


(J13) 相馬 1913
幸福(かうふく)な家庭は凡(すべ)て其の幸福(かうふく)を同(おな)じうして居(ゐ)るが、不幸(ふかう)な家庭(かてい)はそれ/″\その不幸(ふかう)を異(こと)にして居(ゐ)る。
   相馬御風=訳 『近世文學 第一編 アンナ・カレニナ(上)
   早稲田大學出版部 1913(大正2)


(J14) 瀬沼+尾崎 1902, 2000
和合した家庭の状(さま)は、いづれも似通うた者であるが、然(さ)あらぬ家庭に於ては、其の不幸(ふかう)の躰(てい)が皆各差(ちが)ふ。
   瀬沼夏葉・尾崎紅葉=訳 「アンナ カレーニナ」
   『復刻版 明治の女流文学 翻訳編 第2巻 瀬沼夏葉集』 五月書房 2000 所収
   初出は「文藝」誌上1902〜03(明治35〜37)連載


■ベトナム語訳 Translation into Vietnamese
Mọi gia đình sung sướng đều giống nhau, nhưng mỗi gia đình bất hạnh lại khổ sở theo cách riêng.
   Anna Karenina by Leo Tolstoy
   Phần 1-Chương 1 - Anna Karenina - Truyện online trên mobile


■タイ語訳 Translation into Thai
ครอบครัวที่มีความสุข ล้วนสุขเหมือน ๆ กัน แต่ครอบครัวที่มีทุกข์ ย่อมทุกข์ตามวิถีของตน
   Anna Karenina by Leo Tolstoy
   BlogGang.com : normalization


■インドネシア語訳 Translation into Indonesian
Semua keluarga bahagia mirip satu sama lain, setiap keluarga yang tidak bahagia, tidak bahagia dengan caranya sendiri-sendiri.
   Anna Karenina by Leo Tolstoy
   Quoted in Meramu Kisah Dramatis Menuju Klimaks dalams Cerita
   Published by PT Mizan Publika


■アラビア語訳 Translation into Aabic
جميع العائلات السعيدة تشبه بعضها البعض، لكن كل عائلة حزينة تكون حزينة بطريقتها الخاصة المختلفة عن غيرها.
   أنا كارنينا by ليو تولستوي
   Quoted at Baytallaah.com


■ヘブライ語訳 Translation into Hebrew
כל המשפחות המאושרות דומות זו לזו. כל משפחה אומללה, אומללה בדרכה שלה.
   לב טולסטוי - אנה קארנינה
   Quoted at Ynet.co.il


■トルコ語訳 Translation into Turkish
Bütün mutlu aileler birbirine benzer; ama her mutsuz aile kendine özgü bir tarzda mutsuzdur.
   Anna Karenina by Tolstoy
   Translated by Saniye Güven. İstanbul : Bordo Siyah, 2007
   E-text at:
   * Belgeler.com
   * Scribd


■ギリシア語訳 Translation into Greek
Όλες οι ευτυχισμένες οικογένειες μοιάζουν μεταξύ τους. Κάθε δυστυχισμένη οικογένεια, όμως, είναι δυστυχισμένη με το δικό της τρόπο.
   Λέων Τολστόι - Άννα Καρένινα
   Quoted at Γνωμικολογικόν (gnomikologikon.gr)


■グルジア語訳 Translation into Georgian
ყველა ბედნიერი ოჯახი ჰგავს ერთმანეთს, თითოეული უბედური ოჯახი უბედური საკუთარი გზა.
   ლევ ტოლსტოი - ანა კარენინა
   Quoted at 4love.ge


■アゼルバイジャン語訳 Translation into Azerbaijani
Bütün xoşbəxt ailələr bir-birinə bənzəyir, hər bədbəxt ailə isə özünə görə bədbəxtdir.
   Anna Karenina by Lev Tolstoy
   Quoted at Kayzen.az


■アルバニア語訳 Translation into Albanian
Të gjitha familjet e lumtura ngjajnë, çdo familje e palumtur është e palumtur në mënyrën e saj.
   Ana Karenina by Leon Tolstoi
   Quoted at SYRI 3


■ハンガリー語訳 Translation into Hungarian
A boldog családok mind hasonlók egymáshoz, minden boldogtalan család a maga módján az.
   Anna Karenina by Lev Tolsztoj
   Quoted at Wikiquote


■ルーマニア語訳 Translation into Romanian
Toate familiile fericite se aseamănă între ele Fiecare familie nefericită însă este nefericită în felul ei.
   Anna Karenina by Lev Tolstoi
   Quoted at Pandora's | Blog la feminin


■ポルトガル語訳 Translation into Portuguese
Todas as famílias felizes se parecem umas às outras; cada família infeliz é infeliz à sua própria maneira.
   Anna Karenina by Liev Tolstói
   Quoted in E a história começa by Amos Oz. Translated by Adriana Lisboa
   Preview at Google Books


■カタルーニャ語訳(カタロニア語訳) Translation into Catalan
Totes les famílies felices s'assemblen. Cada família dissortada ho és a la seva manera.
   Anna Karenina by Liev Tolstói
   Quoted at:
   * trobades en la llibreria
   * Viquipèdia


■スペイン語訳 Translations into Spanish

(Es1)
Todas las familias felices se parecen entre sí; pero cada familia desgraciada tiene un motivo especial para sentirse así.
   Ana Karénina, Primera Parte, Capítulo 1, by León Tolstói
   E-text at Lector Online


(Es2)
Las familias dichosas se parecen; las desgraciadas lo son cada una a su manera.
   Ana Karenina, Primera Parte, Capitulo 1, by Leon Tolstoi
   Andres Bello, 1996
   Preview at Google Books


■イタリア語訳 Translation into Italian
Tutte le famiglie felici si assomigliano fra loro, ogni famiglia infelice è infelice a suo modo.
   Anna Karenina by Lev Tolstoj
   Quoted at Wikiquote


■フランス語訳 Translations into French

(F1) Translator unknown, 1885
Tous les bonheurs se ressemblent, mais chaque infortune a sa physionomie particulière.
   Anna Karénine, Tome Premier, Première Partie, by Léon Tolstoï
   Paris : Librairie Hachette et Cie., 1885
   Full preview at Google Books
   E-text at Wikisource


(F2)
Toutes les familles heureuses se ressemblent; chaque famille malheureuse est malheureuse à sa manière.
   Anna Karénine by Léon Tolstoï
   E-text at:
   * Léon Tolstoï - Anna Karénine - Lektire
   * Citations et Proverbes
   * Wikiquote (2011-06-25 現在リンク切れ)


(F3)
Toutes les familles heureuses se ressemblent. Chaque famille malheureuse, au contraire, l'est à sa façon.
   Anna Karénine by Léon Tolstoï
   E-text at:
   * Raison-et-sentiments - Cowblog
   * Citations : Sentiments
   * GrobeTrotter (2011-06-25 現在リンク切れ)


 Audio 1 
英訳の朗読(ネイサン・ハスケル・ドール訳)
Audiobook of Nathan Haskell Dole's translation into English

朗読: マリー・アン・スピーゲル Uploaded to YouTube by GreatestAudioBooks on 17 Feb 2013. Recording courtesy of LibriVox. Read by MaryAnnSpiegel.


 Audio 2 
英訳の朗読(ルイーズ&エルマー・モード訳)
Audiobook of Louise & Aylmer Maude's translation

朗読: ダイアナ・クイック Uploaded to YouTube by TheAudiobookChannel on 21 Jul 2012. Read by Dianna Quick.


 Audio 3 
英訳の朗読(コンスタンス・ガーネット訳)
Audiobook of Constance Garnett's translation into English

朗読: カーステン・フェレリ Uploaded to YouTube by audiobooksfree on 10 Mar 2012. Recording courtesy of LibriVox. Read by Kirsten Ferreri.


■英訳 Translations into English

(E1) Pevear & Volokhonsky, 2004, 2006
All happy families are alike; each unhappy family is unhappy in its own way.
   Anna Karenina by L.N. Tolstoy
   Translated by Richard Pevear and Larissa Volokhonsky
   Penguin Classics 60th Anniversary edition, 2006-08-03
   Penguin Classics Deluxe Edition, 2004-05
   Preview at Amazon.co.jp


(E2) Thorlby, 1987
Every happy family is alike, but every unhappy family is unhappy in their own way.
   Anna Karenina by Leo Tolstoy (Landmarks of World Literature)
   Translated by Anthony Thorlby
   Cambridge University Press
   (Hardcover 1987-11 | Paperback 1987-11)


(E3) Edmonds, 1975, 2009
All happy families are alike but an unhappy family is unhappy after its own fashion.
   Anna Karenina, Part 1, I, by Leo Tolstoy
   Translated by Rosemary Edmonds
   a. Penguin Popular Classics, 2009
   b. Illustrated by Dodie Masterman. London, Folio Society, 1975
   Preview at Google Books


(E4) Dole, 1923
All happy families resemble one another; every unhappy family is unhappy in its own way.
   Anna Karenina by Leo Tolstoy
   Translated by Nathan Haskell Dole
   in The Novels and Other Works of Lyof N. Tolstoï Vol. 7
   Charles Scribner's sons, 1923
   Snippet view at Google Books


(E5) Maude & Maude, 1918
All happy families resemble one another, each unhappy family is unhappy in its own way.
   Anna Karenina by Leo Tolstoy
   Translated by Louise and Aylmer Maude
   Oxford University Press, 1918
   E-text at Skip Reske's ESL BITS


(E6) Garnett, 1901
Happy families are all alike; every unhappy family is unhappy in its own way.
   Anna Karenina by Leo Tolstoy
   Translated by Constance Garnett
   Preview at Google Books
   The Project Gutenberg EBook of Anna Karenina
   E-text prepared by David Brannan (E-text released 2005)


■アイスランド語訳 Translation into Icelandic
Allar hamingjusamar fjölskyldur eru eins en hver einasta óhamingjusama fjölskylda er óhamingjusöm á sinn einstaka hátt.
   Anna Karenína by Lev Tolstoj
   Quoted by Ingibjorg Elsa Bjornsdottir


■ノルウェー語訳 Translation into Norwegian
Alle lykkelige familier ligner hverandre, hver ulykkelig familie er ulykkelig på sin egen måte.
   Anna Karenina by Lev Tolstoj
   Quoted at Bokkilden.no


■スウェーデン語訳 Translations into Swedish

(Sv1)
Alla lyckliga familjer liknar varandra, men den olyckliga familjen är alltid olycklig på sitt särskilda sätt.
   Anna Karenina by Lev Tolstoj
   Quoted in Wikipedia


(Sv2)
Alla lyckliga familjer är varandra lika, men den olyckliga familjen är alltid olycklig på sitt speciella sätt.
   Anna Karenina by Lev Tolstoj
   Quoted in:
   * Boksidan.net
   * Njutafilms


(Sv3)
Alla lyckliga familjer liknar varandra, varje olycklig familj är olycklig på sitt eget vis.
   Anna Karenina by Lev Tolstoj
   Quoted at:
   * Sveriges Radio
   * SvD


■デンマーク語訳 Translation into Danish
Alle lykkelige familier ligner hinanden; men den ulykkelige familie er altid på sin egen måde ulykkelig.
   Anna Karenina by Leo Tolstoj
   Quoted at Wikiquote


■フィンランド語訳 Translation into Finnish
Jokainen onnellinen perhe on onnellinen samalla tavalla. Jokainen onneton perhe on onneton omalla tavallaan.
   Anna Karenina by Leo Tolstoi
   Quoted at Viistolla pinnalla


■エストニア語訳 Translation into Estonian
Kõik õnnelikud perekonnad sarnanevad üksteisega, iga õnnetu perekond on aga õnnetu omamoodi.
   Anna Karenina by Leo Tolstoj
   Quoted at Suur Õrritaja


 Audio 4 
オランダ語訳の朗読 Audiobook of translation into Dutch
Librivox
Recording courtesy of LibriVox. Translator unknown. Read by Marcel Coenders.
録音を聞くには  ここをクリック  To listen to the recording  CLICK HERE 


■オランダ語訳 Translations into Dutch

(Nl1) Reedijk 2011
Alle gelukkige gezinnen lijken op elkaar, elk ongelukkig gezin is ongelukkig op zijn eigen wijze.
   Anna Karenina by Lev Tolstoj
   Translated by Lourens Reedijk
   Pandora, 2011-03


(Nl2) Translator unknown
Gelukkige huisgezinnen zijn elkander gelijk; ieder ongelukkig gezin is daarentegen op bizondere wijze ongelukkig.
   Anna Karenina by Lev Nikolaevica Tolstoi
   E-text at Project Gutenberg


■ドイツ語訳 Translation into German
Alle glücklichen Familien sind einander ähnlich; aber jede unglückliche Familie ist auf ihre besondere Art unglücklich.
   Anna Karenina, Erster Teil, 1, by Lev Nikolaevič Tolstoj
   E-text at Zeno.org


■チェコ語訳 Translation into Czech
Všechny šťastné rodiny se navzájem podobají, každá nešťastná rodina, je nešťastná svým vlastním způsobem.
   Anna Kareninová by Lev Nikolajevič Tolstoj
   E-text at Citáty o rodinì


 Audio 5  ポーランド語訳朗読 Audiobook of translation into Polish

Uploaded to YouTube by OTOkiosk on 3 Nov 2012.


■ポーランド語訳 Translation into Polish
Wszystkie szczęśliwe rodziny są do siebie podobne, każda nieszczęśliwa rodzina jest nieszczęśliwa na swój sposób.
   Anna Karenina by Lwa Tołstoja
   E-text at:
   * Wikipedia
   * Wikiquote


■クロアチア語訳 Translation into Croatian
Sve sretne porodice lice jedna na drugu,svaka nesretna porodica nesretna je na svoj nacin.
   Ana Karenjina by Lav Nikolajevič Tolstoj
   Quoted at Maturski.com


■ブルガリア語訳 Translation into Bulgarian
Всички щастливи семейства си приличат, всяко нещастно семейство е нещастно по свой собствен начин.
   Лев Толстой - Ана Каренина
   Quoted at Dnevnik.bg


■ベラルーシ語訳 Translation into Belarusian
Усе шчаслівыя сем'і падобныя адзін на аднаго, кожная нешчаслівая сям'я нешчаслівая па-свойму.
   Леў Талстой - Ганна Карэніна
   Quoted at Kstatie.com


■ウクライナ語訳 Translation into Ukrainian
Всі щасливі родини схожі один на одного, кожна нещаслива сім'я нещаслива по-своєму.
   Лев Миколайович Толстой - Анна Кареніна
   Quoted at Анна Кареніна


 Audio 6 
ロシア語原書の朗読 Audiobook of the original text in Russian

Uploaded to YouTube by KnigaVideo on 27 Dec 2012.


■ロシア語原文 The original text in Russian
Все счастливые семьи похожи друг на друга, каждая несчастливая семья несчастлива по-своему.

   Лев Толстой - Анна Каренина
   E-text at:
   * public-library.narod.ru
   * Lib.ru
   Russian-English bilingual text at Learning Russian .Net


■外部リンク External links


■更新履歴 Change log

  • 2014-05-19 2種類のスウェーデン語訳を追加しました。
  • 2013-10-25 柴田元幸=重訳 2013/08/30 を追加しました。
  • 2013-10-04 ベトナム語訳とタイ語訳を追加しました。
  • 2013-05-20 Louise and Aylmer Maude による英訳 1918 を追加しました。
  • 2013-03-24 もう1種類のオランダ語訳を追加しました。また、つぎの5本の録音へのリンクを追加しました。
    1. Nathan Haskell Dole による英訳の朗読
    2. Constance Garnett による英訳の朗読
    3. オランダ語訳の朗読
    4. ポーランド語訳朗読
    5. ロシア語原書の朗読
  • 2013-03-23 韓国語訳を追加しました。また、目次を新設しました。
  • 2012-08-30 インドネシア語訳、アラビア語訳、ヘブライ語訳、ギリシア語訳、グルジア語訳、アゼルバイジャン語訳、アルバニア語訳、ハンガリー語訳、ルーマニア語訳、カタルーニャ語訳、イタリア語訳、アイスランド語訳、スウェーデン語訳、デンマーク語訳、エストニア語訳、クロアチア語訳、ブルガリア語訳、ベラルーシ語訳、およびウクライナ語訳を追加しました。
  • 2012-08-11 もう1種類のスペイン語訳を追加しました。
  • 2012-07-09 ポーランド語訳とチェコ語訳を追加しました。
  • 2012-02-16 沼野充義=抜粋訳 2010-11-21 を追加しました。
  • 2011-11-21 Saniye Güven によるトルコ語訳 2007 と Lourens Reedijk によるオランダ語訳 2011-03 を追加しました。
  • 2011-06-25 Richard Pevear と Larissa Volokhonsky による英訳 2004-05 を追加しました。
  • 2011-06-25 ポルトガル語訳、スペイン語訳、フィンランド語訳、ノルウェー語訳、およびドイツ語訳を追加しました。また、英訳の書誌情報を修正し、フランス語訳のリンクの一部を補足修正しました。
  • 2010-09-16 訳者不詳のフランス語訳 1886 を追加しました。
  • 2010-04-04 ロシア語原文を追加しました。
  • 2010-01-15 周扬と谢素台による簡体字中国語訳を追加しました。また、おなじく周揚と謝素台による繁體字中國語譯のリンクを修正し、書誌情報を補足しました。さらに、原久一郎=訳の書誌情報を補足し、訳例の配列を修正しました。
  • 2009-06-10 外部リンクの項を新設しました。
  • 2008-12-21 望月哲男(もちづき・てつお)=訳 2008-07 を追加しました。
  • 2006-09-08 藤沼貴=訳 1976 を追加しました。
  • 2006-08-31 中國語譯(繁體字)を追加しました。また、関連ページへのリンクを補足しました。
  • 2006-07-28 Amazon.co.jp の該当ページ、および電子テキストの該当ページへのリンクを張りました。
  • 2006-05-01 中村白葉=訳 1926 と相馬御風=訳 1913 に抜けていた濁点を補いました。

 

« Anna Karenina 2 3 »
« アンナ・カレーニナ 2 3 »

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ84595840v1308102456

Flag Counter

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザの画面を更新すると入れ替わります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■DVD

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

  

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Tuesday, 04 April 2006

Michael Palin's Hemingway Adventure

B00004d009

事故が起きたのは1928年の3月。それまでの9カ月間ヘミングウェイは、足を切った傷口が化膿する、インフルエンザ、歯痛、痔、スキーでの転倒、右目の瞳孔を遊んでいた息子の指先で傷つけられるといった災難に立続けに見舞われていた。3月4日の夜、ヘミングウェイは当時フェルー街に借りていたアパルトマンのトイレに入って、水洗装置の鎖のつもりで頭上の天窓のひもを引っ張ってしまう。天窓は外れて落下し、額に突き刺さった。2週間後、ヘミングウェイは編集者のマックスウェル・パーキンズに手紙でこう書いている。「トイレットペーパーを何重にも巻いて出血を止めた(同じ目的でトイレットペーパーを使ったのはこれで2回目だが、実に優れた吸収材だ)」
   マイケル・ペイリン=著 月谷真紀=訳
   『マイケル・ペイリンのヘミングウェイ・アドベンチャー』
   産業編集センター 2001

It happened in March 1928. In the previous nine months Hemingway had sustained an anthrax infection in a cut foot, grippe, toothache, haemor-rhoids, several ski falls as well as having the pupil of his right eye cut open by the playful finger of his son. On the night of 4 March he had gone to the bathroom at his flat in the rue Ferou and pulled what he thought was the lavatory chain only to find it was the cord attached to the skylight above him. The skylight came crashing down, slicing into his head. Two weeks later he wrote to his editor, Maxwell Perkins: "We stopped the hemmorage [Hemingway's spelling] with thirty thicknesses of toilet paper (a magnificent absorbent which I've now used twice for that purpose)."
   Michael Palin's Hemingway Adventure
   Paris, France (fifth day)
   http://www.palinstravels.co.uk/book-2255

| | Comments (0) | TrackBack (5)

A Lamp in a Window by Truman Capote トルーマン・カポーティ「窓辺の灯」「窓辺のランプ」

■表紙画像 Cover photos

Left カポーティ短篇集 (ちくま文庫) 筑摩書房 1997-02
Centre カメレオンのための音楽 (ハヤカワepi文庫) 早川書房 2002-11
Right Music for Chameleons: New Writing (Penguin Modern Classics) 2001-01 Cover photo shows Capote with Marilyn Monroe

↓ Click to enlarge ↓

Capote_tampenshu  Kamereon_no_tame_no_ongaku  Music_for_chameleons


■日本語訳 Translations into Japanese

(1) 河野 1997
「……猫はお好きかしら?」
「ええ、前にトーマって名のシャム猫を飼っていました。十二歳まで長生きして、どこへ旅行するのもいっしょでした。世界じゅうどこへでも。死なれたときにはつらくて、もう二度と飼う気がしなくなりました」
「それじゃ、きっとこれも分かってくださるわね」と言って、夫人はわたしを冷凍庫へ案内し、ふたをあけて見せた。中はネコ、ネコ、ネコばかり。冷凍になり、完全に保存された猫が何重にもつみ重なっている——何十匹といただろう。わたしは何とも言えない気分になった。「みんなわたしのお友だち。永遠の眠りについてますの。どうしても別れられなくて。すっかりはね」夫人は笑ってつけ加えた——「わたしのこと、ちょっと気が変だとお思いでしょ?」

   トルーマン・カポーティ=著 河野一郎=訳「窓辺の灯」
   河野一郎=編訳『カポーティ短篇集』ちくま文庫 1997/02 所収
 
 
(2) 野坂 1983, 2002
「……猫はお好き?」
「ええ、以前トマという名のシャム猫を飼ってたことがあります。めす猫で十二歳まで生きていましたが、どこへ行くのも一緒でした。ええ、どんなところへも連れてったものです。それが死んでからは、他のを飼う気がしなくなったんです」
「まあまあそれなら、きっとこれもわかっていただけますわね」と、冷凍庫のところへ私を連れていって、扉を開けながら言った。
 中はなんと猫だらけ——冷凍され、完全に保存された猫が数十匹も積み重なっているではないか。私は少々気分が悪くなった。
「みんなみんな、私の昔のお友達。安らかに眠ってますわ。私、いなくなってしまうのが耐えられなくて、とっても耐えられないんですの」彼女はほほえみつつ、「少し、おかしいってお思いになってるんじゃありません?」

   トルーマン・カポーティ=著 野坂昭如=訳「窓辺のランプ」
   * 単行本:『カメレオンのための音楽』早川書房 1983/01 所収
   * 文庫:『カメレオンのための音楽』ハヤカワepi文庫 2002/11 所収

 
■英語原文 The original text in English

"...Do you care for cats?"
"Yes, I once had a Siamese named Toma. She lived to be twelve, and we travelled everywhere together. All over the world. And when she died I never had the heart to get another."
"Then maybe you will understand this," she said, leading me over to the deep-freeze, and opening it. Inside was nothing but cats: stacks of frozen, perfectly preserved cats -- dozens of them. It gave me an odd sensation. "All my old friends. Gone to rest. It's just that I couldn't bear to lose them. Completely." She laughed, and said: "I guess you think I'm a bit dotty."

   A Lamp in a Window
   from "Music for Chameleons" by Truman Capote (1980)
 
 
■更新履歴 Change log

2009/06/26 表紙画像を追加しました。

2007/01/18
(1) 書誌情報を修正・補足しました。
(2) Amazon.co.jp の関連ページへのリンクを張りました。
 
 
にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ翻訳ブログ人気ランキング参加中

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザの画面を更新すると入れ替わります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■DVD

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

  
 

| | Comments (2) | TrackBack (1)

Monday, 03 April 2006

The Cask of Amontillado by Edgar Allan Poe エドガー・アラン・ポー 「アモンティリャードの樽」「アモンティラードの樽」

        目次 Table of Contents

 Video 1  The Cask of Amontillado (2011)
 Video 2  The Cask of Amontillado, The Ultimate Tale of Revenge (Taletube)
 Video 3  Nightmares from the Mind of Poe (2006)
 Video 4  Edgar Allan Poe: Terror of the Soul (1995)
 Video 5  Cask of Amontillado, an animation by Ace Gallagher
■中国語訳(簡体字)Translations into simplified Chinese
  (C1) 曹明伦
  (C2)
■中國語譯(繁體字)Translation into traditional Chinese
  Image   挿絵 Illustration
■日本語訳 Translations into Japanese
  (J1) 柴田 2010
  (J2) 小川 2006
  (J3) 八木 2006
  (J4) 李 2002
  (J5) 金原 2002
  (J6) 大岡 1998
  (J7) 中島+清水+多賀谷 1989
  (J8) 佐伯 1974
  (J9) 田中 1974
  (J10) 吉田 1970, 1971
  (J11) 松村 1965, 1968, etc.
  (J12) 谷崎 1962, 1969, etc.
  (J13) 谷崎 1929
  (J14) 佐藤 1919, 1924, etc.
  (J15) 平塚 1912, 1996
■日本語表記のゆれ Transliteration variations in Japanese
 Audio 1  ロシア語版オーディオブック(朗読) Audiobook in Russian
■ロシア語訳 Translation into Russian
■ブルガリア語訳 Translation into Bulgarian
 Audio 2  ポーランド語版オーディオブック(朗読) Audiobook in Polish
■ポーランド語訳 Translation into Polish
■スウェーデン語訳 Translation into Swedish
■チェコ語訳 Translation into Czech
 Audio 3  ドイツ語版オーディオブック(朗読) Audiobook in German
■ドイツ語訳 Translation into German
 Audio 4  イタリア語版オーディオブック(朗読) Audiobook in Italian
■イタリア語訳 Translation into Italian
■ポルトガル語訳 Translation into Portuguese
■カタルーニャ語訳(カタロニア語訳) Translation into Catalan
 Audio 5  スペイン語版オーディオブック(朗読) Audiobook in Spanish
■スペイン語訳 Translation into Spanish
 Audio 6  フランス語版オーディオブック(朗読) Audiobook in French
■フランス語訳 Translation into French
 Audio 7  英語原文朗読: ロイ・マクレディ Audiobook read by Roy Macready
■英語原文 The original text in English
■更新履歴 Change log


 Video 1 
The Cask of Amontillado (2011) trailer

Edgar Allan Poe's The Cask of Amontillado from PoeMovies on Vimeo.
Directed by Thad Ciechanowski. Starring  David Bielewicz, Ron Gielarowski, Frank Tirio Jr.


 Video 2 
The Cask of Amontillado, The Ultimate Tale of Revenge (Taletube)

Uploaded to YouTube by Taletube1 on 16 Nov 2008. Directed by Stephen J. Conley and John Dur. Illustrations by Joel Rives. Music by Felix Pando. Edited by Allan Wright.


 Video 3 
Nightmares from the Mind of Poe (2006) trailer

Uploaded to YouTube by willinghearts on 13 Jun 2008. Directed by Ric White. Starring  James R. Anderson, David Ballasso, David Bayer.


 Video 4 
"American Masters" Edgar Allan Poe: Terror of the Soul (1995)

Uploaded to YouTube by GottfriedGeist on 9 Mar 2007. Directed by Joyce Chopra. Starring John Heard, Rene Auberjonois.


 Video 5 
Cask of Amontillado, an animation by Ace Gallagher

An Ace Gallagher Production. The tune Cask of Amontillado by The Alan Parsons Project (APP). Lyrics at APP's Official Website


■中国語訳(簡体字)Translations into simplified Chinese

(C1) 曹明伦
对福尔图纳托加于我的无数次伤害,我过去一直都尽可能地一忍了之;可当那次他斗胆侮辱了我,我就立下了以牙还牙的誓言。你对我的脾性了如指掌,无论如何也 不会认为我的威胁是虚张声势。我总有一天会报仇雪恨;这是一个明确设立的目标——正是设立这目标之明确性消除了我对危险的顾虑。我不仅非要惩罚他不可,而 且必须做到惩罚他之后我自己不受惩罚。若是复仇者自己受到了惩罚,那就不能算已报仇雪恨。若是复仇者没让那作恶者知道是谁在报复,那同样也不能算是报仇雪恨。

   《一桶蒙特亚白葡萄酒》 爱伦·坡 曹明伦 译
   E-text at 网易读书


(C2)
福吐纳托对我百般迫害,我都尽量忍在心头,可是一旦他胆敢侮辱我,我就发誓要报仇了,您早就摸熟我生 性脾气,总不见得当我说说吓唬人。总有一天我要报仇雪恨;这个注意坚定不移,既然拿定主意不改,就没想到会出危险。我不仅要给他吃吃苦头,还要干得绝了后患。报仇的自己得到报应,这笔仇就没了清。复仇的不让冤家知道是谁害他,这笔仇也没了清。

   《一桶白葡萄酒》 作者:爱伦·坡
   E-text at:
   * 小説閲読網 (readnovel.com)
   * 推理书库
   * 艾伦坡


■中國語譯(繁體字)Translation into traditional Chinese

福吐納托對我百般迫害,我都盡量忍在心頭,可是一旦他膽敢侮辱我,我就發誓要報仇了,您早就摸熟我生性脾气,總不見得當我說說嚇唬人。總有一天我要報仇雪恨;這個注意堅定不移,既然拿定主意不改,就沒想到會出危險。我不僅要給他吃吃苦頭,還要干得絕了后患。報仇的自己得到報應,這筆仇就沒了清。复仇的不讓冤家知道是誰害他,這筆仇也沒了清。

   《一桶白葡萄酒》 愛倫·坡
   E-text at 龍騰世紀 (millionbook.net)


 Image  挿絵 Illustration
Image4


■日本語訳 Translations into Japanese

(J1) 柴田 2010
フォルトゥナートから受けた数多(あまた)の無礼に精一杯耐えてきたものの、面と向かって侮辱されるに至り、私は復讐を誓った。とはいえ、我が気質をよく御存知の諸君なら、私がよもや脅しの文句を口にしたなどとは思わぬであろう。最後は必ず復讐を遂げる——これは断固決まっている。そして断固そう決めたからこそ、危うさを伴う要素ははじめから排除していた。単に罰するというだけでなく、こちらはいっさい害を被らず罰せねばならない。処罰する者に懲罰が及んでしまっては、悪を是正したことにはならない。そしてまた復讐者が、己が復讐者であることを悪を為した者に伝えねば、やはり悪を是正したことにはならないのだ。

   エドガー・アラン・ポー=作 柴田元幸(しばた・もとゆき)=訳
   「アモンティリャードの樽」
   『モンキービジネス 2010 Winter vol.8 音号
   ヴィレッジブックス 2010/01/20 この雑誌の内容紹介


(J2) 小川 2006
フォルトゥナートという男にはさんざん苦しい目に遭わされて、ひたすら我慢を重ねたのです。しかし、ついに侮辱という形をとられては、もはや復讐あるのみと思いました。とはいえ、私の精神をご存じである以上、よもや脅し文句を口にする人間だったとは思われますまい……。
——いまに見ろ。と、そこまでは断固として決めたわけだが、断固としていればこそ、万に一つの手抜かりもあってはならなかった。処罰してやるのはよいが、逆襲が跳ね返ってくるのはいけない。報復であるからには、じわじわと思い知ってもらいたいし、誰の恨みで誅(ちゅう)されるのかわからせないと、それもまた悪を正したことにはならない。

   エドガー・アラン・ポー=作 小川高義(おがわ・たかよし)=訳
   「アモンティリャードの樽」
   『黒猫/モルグ街の殺人』 光文社古典新訳文庫 2006/10


(J3) 八木 2006
フォルトゥナートの数々の無礼は大目に見てきたが、侮辱となれば話は別で、私は復讐を誓った。しかし、わが性分よくご存知の方ならお見通しだろうが、私は脅迫めいたことは口にしなかった。だが、たっぷり(# たっぷりに傍点)お礼はさせていただく所存だった。その点は決定ずみだった——が、こうはっきりと心に決めた以上、絶対に危ない橋は渡ってはならない。報復はしても、処罰されてはならない。報復する者の身に懲罰が及ぶようでは、悪が正されたことにはならない。同様に、報復者が、かつてあだをなした相手に、いまこそわれは復讐されてあり、と痛感させるのでなければ、やはり本当に復讐したことにはならない。

   エドガー・アラン・ポオ=作 八木敏雄=訳 「アモンティラードの酒樽」
   『黄金虫・アッシャー家の崩壊 他九篇』 岩波文庫 2006/04


(J4) 李 2002
数え上げたらきりがないほどフォーチュネートから侮辱され、それでも私はじっとこらえて耐えてきた。だが、そこまでして私を傷つけるのかいう言動に出たとき、復讐を誓ったのだ。私が言葉で人を脅すような性分でないことを君はよく知っているはずだ。いずれ必ずこの恨みは晴らしてやる。この決心だけは揺らぐことはない。だが、私の心は決まったとはいえ、フォーチュネートに感づかれるような馬鹿な真似はしなかった。この男に制裁を加えるだけではなくこちらが罰を受けないように事を運ばなければならない。復讐者がその報いをうけるようでは復讐したことにはならない。また復讐を果たしても相手がその事に全く気づいていないときも復讐をなし遂げたとは言えないのだ。

   エドガー・アラン・ポー=作 李三宝(Lee Sanpoe)=訳
   「アモンティリャードの酒樽」 プロジェクト杉田玄白正式参加作品
   E-text at ダークライブラリー 2002


(J5) 金原 2002
あのフォルチュナートにはさんざん嫌な目に合わされてきたが、なんとかいままでがまんしてきた。しかしあそこまで侮辱されては、復讐を誓わざるをえない。わたしの性格をよく知っている人には、わたしが口先だけでそんなことをいうような男でないことはよくわかっているはず。徹底的に復讐してやる。わたしはそう決意した。しかしその決意を実行に移すにしても、決して危険をおかすようなことはしないという決意も、そこにはふくまれていた。ただあいつを罰するだけでなく、罪に問われないように罰しなくてはならない。また、相手に思い切り復讐をしてやったという喜びを全身で感じることができなければ、そんなものは復讐にならない。

   E・A・ポー=作 金原瑞人=訳 「アモンティリァードの樽」
   『モルグ街の殺人事件』 岩波少年文庫 2002


(J6) 大岡 1998
フォルトゥナートから受けた数知れない危害にも、私はできるかぎり耐えてきた。しかし、侮辱(ぶじょく)されたとあっては、復讐(ふくしゅう)せずにはいられない。とはいえ、私の性格をよくご存じの君ならおわかりのはずだが、おどかしめいたセリフなどひとことも口にしなかった。かならず思い知らせてやる。この点ははっきりきまっていた——だが、こうはっきり決心した以上、あぶない橋は絶対渡ってはいけない。罰をあたえて、しかもこちらは無傷でいなければだめだ。復讐しても、自分が罰せられてしまっては、復讐にはならない。また、かつてひどい目に遭わせた相手に、今の今復讐せられているのだ、と思い知らせてやるのでなければ、やはり真の復讐とはいえないのだ。

   エドガー・アラン・ポー=作 大岡玲(おおおか・あきら)=訳
   「アモンティラードの樽」 『アモンティラードの樽 その他
   地球人ライブラリー 小学館 1998/03


(J7) 中島+清水+多賀谷 1989
フォルチュナートの数知れぬ無礼には、我慢の限り耐えてきたが、彼奴がいよいよ侮辱の段にまで及んだ時、私は心に復讐を誓った。だが、この私が如何なる性質(たち)の人間だか、よく御存知の諸君なら、私が威(おどし)の文句で応えたなどとは思うまい。今に見ておれ、必ずこの恨みは晴らしてくれようぞ——私が胆に命じたのは、この一点であった。しかし、この折角の決意も、捨て身の暴挙に出たのでは話にならぬ。ただ罰するだけでは是非もないのだ。相手から仕返しを受けずに罰責しなければならぬ。不正は、正す側に報復が及んだのでは、匡(ただ)されたことにならぬ。しかも、不埒なその相手に復讐に参上仕ったと感得させた上でのことでなければ、これまた匡されたことには相ならぬ。

   エドガー・アラン・ポー=作
   中島剛(なかじま・たけし)+清水武雄(しみず・たけお)
   +多賀谷弘孝(たがや・ひろたか)=訳 「樽詰めのアモンティリャード」
   ナサニエル・ホーソン〔ほか〕=著 清水武雄=監訳 『失楽の群像
   ニューカレントインターナショナル 1989/11


(J8) 佐伯 1974
フォルトゥナートの加えた数知れぬ危害には、できるだけ耐え忍んできたぼくだったが、侮辱されたとあっては、復讐を誓った。とはいえ、ぼくの気性をよくご存知の君ならお判りのはずだが、おどしめいた文句は、ただ一言も口にはしなかった。必ず復讐はしてやる。この点ははっきりきまっている——が、こうはっきりと決心した以上、危ない瀬戸は絶対に渡ってはならぬ。罰を加えてやって、しかもこちらは無傷でいなければならない。復讐をしても、処罰されるのでは、復讐ということにはならない。また、かつて危害を加えた相手にいま復讐されていると思い知らせてやるのでなくては、やはり本当の復讐とはいえない。

   佐伯彰一=訳 「アモンティラードの樽」
   『世界文学全集32 ポオ/ホーソン』 講談社 1974


(J9) 田中 1974
フォルチュナアトから蒙った数限りもない不快を、忍べるだけは忍んで来たものの、彼奴(きゃつ)が不敵にも侮辱を加えて来たとき、わたしは復讐を心に誓った。とはいえわたしの性情をよく御存知の諸君のことゆえ、わたしが威嚇(おどかし)がましいことを口に出したろうなどとは思うまい。とどのつまりは、きっと思い知らせてやるぞ、きっぱりと腹に据えたのはこの一念であった——だがこう腹を据えたことは、とりもなおさず危ない橋を決して渡らぬということでもあった。誅罰(ちゅうばつ)を与えるだけではなく、罪を蒙らぬようにして誅罰せねばならぬのだ。悪を矯(ただ)した者の身に報復が及ぶとすれば、その悪は矯されたことにはならぬ。また、報復者が、その悪を行うた者に対して、われ復讐せりと感ずることができぬとすれば、同じく矯されたことにはならぬ。

   エドガー・アラン・ポー=作 田中西二郎=訳 「アモンティリャアドの酒樽」
   『ポオ小説全集4』 創元推理文庫 1974/09


(J10) 吉田 1970, 1971
フォルテュナトが私にたいして犯した数々の不都合は、何とか我慢してきたが、彼があえて私を侮辱するに及んで私は復讐を誓ったのだった。しかし私の性格を知っているものは私がそのような意向を洩(も)らさなかったことを理解するにちがいない。私はいつかは(#「いつかは」に傍点)復讐するのだった。これは確定的なことであって、——それだけに失敗の余地が残っていてはならなかった。すなわち私は彼を罰するのみならず、安全に彼を罰することが必要だった。なぜなら復讐したものがその結果報復されるようなことがあれば復讐は失敗したことになるからである。また同様に、もし復讐した場合に自分がそれを行なったことを相手に知らすことができなければ、その復讐はやはり失敗に帰するのである。

   ポー=作 吉田健一=訳 「アモンティラドの樽」
   10a.世界文学全集18 アシャー館の崩壊/黒猫 他』 集英社 1970/07
   10b.新集 世界の文学7 ホーソン/ポー』 中央公論社 1971
   引用は 10a. に拠りました。


(J11) 松村 1965, 1968, etc.
フォルテュナートの数々のひどい仕打ちはできるだけ我慢してきたが、あえて侮辱を加えるに至って、ぼくは復讐を誓ったのである。しかし、ぼくの性格をよく知りぬいているきみなら、口に出して相手をおどしつけたりしなかったことは想像がつくだろう。ついにはきっと恨みを晴らしてやる、これだけははっきり決めた――だが、断然そう決心したればこそ、ゆめ危険はおかすまいというつもりだった。罰は加えてやる、だが、こちらは無傷でそうしなくちゃいけない。復讐が復讐者にはね返ってくるようなら、仕返しをしたことにはならない。復讐者が、不正を働いた相手にこちらの報復をそれと気づかせられなかったら、これまた仕返しをしたことにはならない。

   エドガー・アラン・ポー=作 松村達雄=訳 「アモンティリャードの酒樽」
   11a.アモンティリャードの酒樽」 グーテンベルク21 電子書籍
   11b.カラー版 世界文学全集 13』 河出書房新社 1968
   11c.世界文学全集 8』 河出書房新社 1965
   引用は 11a. に拠りました。


(J12) 谷崎 1962, 1969, etc.
フォルチュナトにさんざんいじめられてできるだけ我慢していた私も、彼が私に侮辱を加えようとしたので、復讐を心に誓わずにいられなかった。もっとも私の性質をよく知っている人は、私が口へ出して彼を威嚇したとは思うまい。つまりは、復讐してやる——これが私の決心した要点だった。だがこうした決心には、やがて危険を予防する気持もあった。ただ彼を懲らすだけでなく、私に罪がふりかからないようにして懲らさなければならなかった。悪を懲らした人が返報を受けては、本当に悪が懲らされたことにならないのだ。そしてまた、悪事を行なった人に「返報されたのだな」と感じさせることができなかったら、やはりそれは懲らすことにならない。

   エドガア・アラン・ポオ=作 谷崎精二=訳 「アモンティラアドの樽」
   12a.ポオ小説全集1 推理小説』(全4巻)新装版 春秋社 1998/09
   12b.エドガア・アラン・ポオ全集1』(全6巻)新装版
      春秋社 1969/10
   12c.エドガア・アラン・ポオ小説全集1 推理小説』(全4巻・別巻1)
      春秋社 1962/05
   これらの訳は、下記 (J13) 谷崎 1929/01 の用字・仮名遣いなどを改めたもの。


(J13) 谷崎 1929
フォルチュナトにさん/゛\苛(いぢ)められて、出來るだけ我慢してゐた私も、彼が更に私に侮辱を加へようとしたので、復讐を心に誓はずにゐられなかつた。尤も私の性質をよく知つてゐる人は、私が口へ出して彼を威嚇(ゐかく)したとは思ふまい。つまりは、復讐してやる——これが私の決心した要點だつた。だがかうした決心にはやがて危險を豫防する氣持もあつた。たゞ彼を懲(こら)すだけでなく、私に罪がふりかゝらないやうにして懲さなければならなかつた。惡を懲した人が返報を受けては、本當に惡が懲された事にならないのだ。そして又、惡事を行つた人に『返報されたのだな』と感じさせる事が出來なかつたら、やはりそれは懲す事にならない。

   ポオ=作 谷崎精二=譯 「アモンティラアドの樽」
   『世界文學全集11 ポオ傑作集 緋文字・其他
   新潮社(非賣品)1929/01(昭和4)


(J14) 佐藤 1919, 1924, etc.
幾度か知れないフォチュナトオの暴害を私は出来るだけは忍んだ。けれども、彼が侮辱を敢てした時、私は復讐を誓つた。君は、私の心の性質を非常によく知つてゐる君は、しかし、私が威嚇を口に洩したとは想像しないであらう。結局(#原文は太字でなく傍点)私は復讐をする。これは私が確実に決定してゐる点である——しかしこの決心の確実こそは、私に軽はずみを戒めたものであつた。私は単に返報するだけではない、然も刑罰をのがれて返報するのだ。若し復讐者が罰せられる程ならば、その復讐は遂げられたことにはならない。同じくまた復讐者が相手の奴に復讐者としての自分を見せつけてやれないやうではその復讐は遂げられたことにはならない。

   14a. E.A. Poe=原作 佐藤春夫=訳 「復讐」
      『定本 佐藤春夫全集28 翻訳・翻案1』(全36巻)
      臨川書店 1998/11
   14b. E.A. Poe=原作 佐藤春夫=訳 「復讐」
      『佐藤春夫全集9』 講談社 1968
   14c. E.A. Poe=原作 佐藤春夫=訳 「復讐」
      『美人』 新潮社 1924/01(大正13)
   14d. 佐藤春夫=訳 「アモンチリャドウの樽(エドガア・アラン・ポオ)」
      『解放』 第6号 1919/11/01(大正8)
   初出は 14d.14a. の底本は 14c.。引用は 14a. に拠りました。


(J15) 平塚 1912, 1996
ホルチュネートから加へられた無數の損害を出來るだけ堪へた私も侮辱された時は誓つて復讐した。だが私の性質をよく知つてゐる人は私が威嚇するやうな言葉を口にしたとは御考へになるまい。己れいつかは復讐せずに置くものかといふこと丈は、實に動かすことの出來ぬ迄、決定した一點で、この覺悟の中には危險な思想を宿してゐた。と言ふのは私自身は罰せられるどころか全く無罪でなければならぬ。報が來るやうな復讐ぢや恨は晴されない。又敵の心に復讐されたといふことを深く感じさせることが出來ないやうでは矢張りいけない。

   ポー=作 平塚らいてう=訳 「アモンティレードの樽」
   15a. 川戸道昭+榊原貴教=編 ナダ出版センター=制作
      『明治翻訳文学全集《新聞雑誌編》19 ポー集』(全50巻・別巻2)
      大空社 1996/06
   15b. 『青踏』 1912/06(明治45)
   初出は 15b.15a.15b. を複製したもの。引用は 15a. に拠りました。


■日本語表記のゆれ Transliteration variations in Japanese

 "Amontillado" のカタカナ表記

  アモンチリャドウ………佐藤 1919, 1924
  アモンティラド…………吉田 1970, 1971
  アモンティラアド………谷崎 1929, 1962, 1969, 1998
  アモンティラード………八木 2006
  アモンティラード………大岡 1998
  アモンティラード………佐伯 1974
  アモンティリァード……金原 2002
  アモンティリャード……柴田 2010
  アモンティリャード……小川 2006
  アモンティリャード……李 2002
  アモンティリャード……中島+清水+多賀谷 1989
  アモンティリャード……松村 1965, 1968, etc.
  アモンティリャアド……田中 1974
  アモンティレード………平塚 1912, 1996

 "Fortunato" のカタカナ表記

  フォチュナトウ…………佐藤 1919, 1924
  フォルチュナアト………田中 1974
  フォルチュナト…………谷崎 1929, 1962, 1969, 1998
  フォルチュナート………金原 2002
  フォルチュナート………中島+清水+多賀谷 1989
  フォルテュナート………松村 1965, 1968, etc.
  フォルテュナト…………吉田 1970, 1971
  フォルトゥナート………柴田 2010
  フォルトゥナート………八木 2006
  フォルトゥナート………小川 2006
  フォルトゥナート………大岡 1998
  フォルトゥナート………佐伯 1974
  フォーチュネート………李  2002
  ホルチュネート…………平塚 1912, 1996


 Audio 1 
「アモンティリャードの樽」 ロシア語版オーディオブック(朗読)
Бочонок Амонтильядо : Audiobook in Russian

Uploaded to YouTube by Книгочей Наш on 12 Jan 2016.


■ロシア語訳 Translation into Russian

Тысячу обид я безропотно вытерпел от Фортунато, но, когда он нанес мне оскорбление, я поклялся отомстить. Вы, так хорошо знающий природу моей души, не думаете, конечно, что я вслух произнес угрозу. В конце концов я буду отомщен: это было твердо решено, -- но самая твердость решения обязывала меня избегать риска. Я должен был не только покарать, но покарать безнаказанно. Обида не отомщена, если мстителя настигает расплата. Она не отомщена и в том случае, если обидчик не узнает, чья рука обрушила на него кару.

  • Эдгар Аллан По. Бочонок амонтильядо. Translated by О.Холмской. Источник: "Эдгар По. Стихотворени. Проза", Изд-во "Худ.лит.", Москва, 1976, Библиотека Всемирной литературы, Серия вторая - литература XIX в.
  • OCR: Alexander Jurinsson
  • E-text at Lib.Ru

■ブルガリア語訳 Translation into Bulgarian

Хилядите несправедливости на Фортунато понесох, доколкото съумях, но когато той дръзна да ме обиди, аз се зарекох да отмъстя. Вие, които така добре познавате естеството на моята душа, едва ли бихте допуснали, че съм изрекъл някаква заплаха. Най-после мъст — този въпрос беше решен категорично, но самата категоричност на решението ми изключваше идеята за риск. Трябва не просто да накажа, а да накажа безнаказно. Една злина не е поправена, щом възмездието засегне поправящия. И еднакво непоправена е тя, ако отмъстителят не принуди сторилия злината да осъзнае отмъщението.

   Едгар Алън По. Бъчвата с Амонтилядо
   Translated by Огнян Ковачев, 1999
   E-text at Моята библиотека (chitanka.info)


 Audio 2 
「アモンティリャードの樽」 ポーランド語版オーディオブック(朗読)
Beczka Amontillada : Audiobook in Polish

Uploaded to YouTube by ThePietruchowski on 15 Dec 2012.


■ポーランド語訳 Translation into Polish

Zemsta, Kara Tysiące krzywd, zadanych mi przez Fortunata, zniosłem cierpliwej, niźli to było w mej mocy, lecz gdy doszło do zniewagi, poprzysiągłem sobie zemstę. Wy wszakże, którzy dobrze znacie mój charakter, nie pomyślicie chyba, że się zdradziłem choćby jedną pogróżką. Prędzej, później pomsta nadejść musiała — było to postanowienie, które zapadło ostatecznie. Sama jednak doskonałość powziętego pomysłu wykluczała wszelką myśl o narażeniu go na niebezpieczeństwo. Winienem był nie tylko ukarać, lecz ukarać bezkarnie. Nie wytępi obelgi ta kara, która tępiciela dosięga. Nie wytępi i wówczas, gdy pomstujący zaniedba odsłonięcia swej osoby przed tym, kto go zelżył.

   Beczka Amontillada by Edgar Allan Poe
   Translated by Bolesław Leśmian
   E-text at Wolne Lektury


■スウェーデン語訳 Translation into Swedish

T han tusen skador av Fortunato jag hade burit som jag bäst kunde, men när han vågade sig på förolämpa jag svor att hämnas. Du, som så väl vet vilken typ av min själ, kommer inte att tro, men det gav uttryck åt ett hot. Till sist skulle jag hämnas, vilket var en punkt definitivt, fast - men själva definitiveness som det beslutades förhindrad tanken på risken. Jag ska inte bara straffa utan straffa ostraffat. Ett fel är unredressed när vedergällning förbi sin redresser. Det är lika unredressed när hämnare underlåter att göra sig känt som sådant till honom som har gjort fel.

   Fat av Amontillado by Edgar Allan Poe
   Excerpt at sevenCrystal.com


■チェコ語訳 Translation into Czech

Bezpočet příkoří, jimiž mne Fortunato sužoval, jsem snášel trpělivě; jakmile se však opovážil urážet mě, zapřisáhl jsem se, že se mu pomstím. Vy, kteří tak dobře znáte mou pravou povahu, zajisté nepředpokládáte, že jsem svou hrozbu vyslovil nahlas. Jednou, až nastane čas, pomsta přijde - to jsem si nezvratně umínil; a právě nezvratnost tohoto rozhodnutí mi zapovídala riskovat nezdar. Musím nejen trestat, musím trestat beztrestně. Křivda zůstává neodčiněna, jestliže se odplata vymstí tomu, kdo odplácí. A právě tak zůstává neodčiněna, jestliže se mstitel neodhalí jako mstitel tomu, kdo se křivdy dopustil.

   Sud vína by Edgar Allan Poe
   E-text at V noci jsem snil, že jsem motýlem


 Audio 3 
「アモンティリャードの樽」 ドイツ語版オーディオブック(朗読)
Das Faß Amontillado : Audiobook in German

Uploaded to YouTube by Edgar Allan Poe on 8 Jul 2012.


■ドイツ語訳 Translation into German

Alle die tausend kränkenden Reden Fortunatos ertrug ich, so gut ich konnte, als er aber Beleidigungen und Beschimpfungen wagte, schwor ich ihm Rache. Ihr werdet doch nicht annehmen – ihr, die ihr so gut das Wesen meiner Seele kennt –, daß ich eine Drohung laut werden ließ. Einmal würde ich gerächt sein! Aber die Bestimmtheit, mit der ich meinen Entschluß faßte, verbot mir alles, was mein Vorhaben gefährden konnte. Ein Unrecht ist nicht bestraft, wenn den Rächer Vergeltung trifft für seine Rachetat; es ist auch nicht bestraft, wenn es dem Rächer nicht gelingt, sich als solcher seinem Opfer zu zeigen.

   Das Faß Amontillado by Edgar Allan Poe
   E-text at Zeno.org


 Audio 4 
イタリア語版オーディオブック(朗読) Audiobook in Italian

Uploaded to YouTube by Ménéstrandise Audiolibria on 6 Aug 2013.


■イタリア語訳 Translation into Italian

Avevo sopportato come meglio avevo potuto le mille offese di Fortunato. Ma quando egli si spinse sino ad insultarmi giurai vendetta. Voi pero' che ben conoscete la natura del mio animo non immaginerete certo che io possa avere espresso alcuna minaccia. Mi sarei vendicato COL TEMPO; questo lo avevo ben stabilito, ma la determinazione stessa con la quale avevo deciso di agire precludeva ogni idea di rischio. Non soltanto dovevo punire, ma dovevo farlo senza riportarne danno. Un torto non e' riparato, se la punizione ricade sul vendicatore; e rimane ugualmente inespiato, se il vendicatore non riesce a farsi riconoscere da colui che gli ha recato offesa.

   Il Barilozzo di Amontillado by Edgar Allan Poe
   E-text at Readme.it


■ポルトガル語訳 Translation into Portuguese

Suportei o melhor que pude as mil e uma injúrias de Fortunato; mas quando começou a entrar pelo insulto, jurei vingança. Vós, que tão bem conheceis a natureza da minha índole, não ireis supor que me limitei a ameaçar. Acabaria por vingar-me; isto era ponto definitivamente assente, e a própria determinação com que o decidi afastava toda e qualquer idéia de risco. Devia não só castigar, mas castigar ficando impune. Um agravo não é vingado quando a vingança surpreende o vingador. E fica igualmente por vingar quando o vingador não consegue fazer-se reconhecer como tal àquele que o ofendeu.

   O Barril de "Amontillado" by Edgar Allan Poe
   E-text at Cultura Brasileira


■カタルーニャ語訳(カタロニア語訳) Translation into Catalan

Havia suportat el millor que podia les mil injúries de Fortunato. Però quan arribà l’insult, jurí venjar-me. Vosaltres, que coneixeu tan bé la naturalesa del meu caràcter, no arribareu a suposar, no obstant això, que pronunciara la menor paraula respecte al meu propòsit. A la llarga, jo em venjaria: això era definitiu. Però la mateixa decisió amb què ho havia resolt excloïa tota idea de perill per la meua part. No sols havia de castigar, sinó castigar impunement. Una injúria queda sense reparar quan el seu just càstig perjudica el venjador. Igualment queda sense reparació quan aquesta deixa de donar a entendre a qui li ha agreujat que és ell qui es venja.

   La bóta d'amontillado by Edgar Allan Poe
   E-text at 1 - Castellnou Editora Valenciana [PDF]


 Audio 5 
「アモンティリャードの樽」 スペイン語版オーディオブック(朗読)
El barril de amontillado : Audiobook in Spanish

Uploaded to YouTube by COHENAMANTEDEHASHEM on 13 Oct 2012.


■スペイン語訳 Translation into Spanish

Lo mejor que pude había soportado las mil injurias de Fortunato. Pero cuando llegó el insulto, juré vengarme. Ustedes, que conocen tan bien la naturaleza de mi carácter, no llegarán a suponer, no obstante, que pronunciara la menor palabra con respecto a mi propósito. A la larga, yo sería vengado. Este era ya un punto establecido definitivamente. Pero la misma decisión con que lo había resuelto excluía toda idea de peligro por mi parte. No solamente tenía que castigar, sino castigar impunemente. Una injuria queda sin reparar cuando su justo castigo perjudica al vengador. Igualmente queda sin reparación cuando ésta deja de dar a entender a quien le ha agraviado que es él quien se venga.

   El barril de amontillado by Edgar Allan Poe
   E-text at Ciudad Seva


 Audio 6 
「アモンティリャードの樽」 フランス語版オーディオブック(朗読)
La barrique d'Amontillado : Audiobook in French

Uploaded to YouTube by Cécile Gatina on 6 Mar 2013.


■フランス語訳 Translation into French

J'avais supporte du mieux que j'avais pu les mille injustices de Fortunato; mais, quand il en vint a l'insulte, je jurai de me venger. Vous cependant, qui connaissez bien la nature de mon ame, vous ne supposerez pas que j'aie articule une seule menace. A la longue, je devais etre venge; c'etait un point definitivement arrete; -- mais la perfection meme de ma resolution excluait toute idee de peril. Je devais non seulement punir, mais punir impunement. Une injure n'est pas redressee quand le chatiment atteint le redresseur; elle n'est pas non plus redressee quand le vengeur n'a soin de se faire connaitre a celui qui a commis l'injure.

  • La Barrique d'amontillado, publiee dans l'ouvrage d'Edgar Poe, Nouvelles histoires extraordinaires (traduction de Charles Baudelaire, 1857)
  • E-text at Wikisource

 Audio 7 
「アモンティリャードの樽」 朗読: ロイ・マクレディ
The Cask of Amontillado read by Roy Macready

Produced by SpidersHouseAudio


■英語原文 The original text in English

The thousand injuries of Fortunato I had borne as I best could; but when he ventured upon insult, I vowed revenge.  You, who so well know the nature of my soul, will not suppose, however, that I gave utterance to a threat.  _At length_ I would be avenged; this was a point definitively settled - but the very definitiveness with which it was resolved, precluded the idea of risk.  I must not only punish, but punish with impunity.  A wrong is unredressed when retribution overtakes its redresser.  It is equally unredressed when the avenger fails to make himself felt as such to him who has done the wrong.


■更新履歴 Change log

  • 2016/02/26 ロシア語版オーディオブックとイタリア語版オーディオブックのYouTube 画面を追加しました。
  • 2016/02/25 Thad Ciechanowski 監督による映画 (2011) の予告編映像を追加しました。
  • 2013/09/09 ポーランド語版オーディオブックとドイツ語版オーディオブックの2本の YouTube 画面を追加しました。
  • 2013/08/08 松村達雄=訳を追加しました。
  • 2013/05/20 目次を新設しました。
  • 2013/04/07 カタルーニャ語訳、スペイン語版とフランス語版オーディオブック、およびEdgar Allan Poe: Terror of the Soul (1995) の YouTube 動画を追加しました。
  • 2013/03/05 Nightmares from the Mind of Poe (2006) の動画リンクを張りました。
  • 2013/02/11 ブルガリア語訳を追加しました。
  • 2012/07/07 ポーランド語訳を追加しました。
  • 2011/11/16 柴田元幸=訳 2010/01/20 の訳文を挿入しました。また、李三宝=訳2002 を追加しました。
  • 2011/02/01 柴田元幸=訳の書誌情報を追加しました。訳文は追って挿入するつもりです。また、ロシア語訳とスウェーデン語訳を追加しました。さらに、ブログ記事のタイトルをつぎのように変更しました。
    • 旧題: The Cask of Amontillado by Edgar Allan Poe エドガー・アラン・ポー「アモンティラードの樽」
    • 新題: The Cask of Amontillado by Edgar Allan Poe エドガー・アラン・ポー 「アモンティリャードの樽」「アモンティラードの樽」
  • 2011/01/28 ドイツ語訳、イタリア語訳、およびポルトガル語訳を追加しました。
  • 2010/09/08 Cask of Amontillado, an animation by Ace Gallagher の YouTube 動画を追加しました。
  • 2010/05/26 Stephen J. Conley と John Dur の両監督によるアニメとロイ・マクレディによる朗読の計2本のYouTube 動画を追加しました。
  • 2010/04/20 曹明伦による中国語訳(簡体字)を追加しました。
  • 2009/11/08 チェコ語訳を追加しました。
  • 2009/08/25 中國語譯(繁體字)を追加しました。
  • 2007/11/18 佐藤春夫=訳 1998/11, 1924/01, 1919/11 を追加しました。
  • 2007/07/16 平塚らいてう=訳 1996/06, 1912/06 を追加しました。
  • 2007/06/17 谷崎精二=譯 1929/01 を追加しました。
  • 2007/06/07 中島剛+清水武雄+多賀谷弘孝=訳 1989/11 を追加しました。
  • 2007/04/13 スペイン語訳を追加しました。
  • 2007/03/13 谷崎精二=訳に関する書誌情報を補足しました。
  • 2007/02/21 大岡玲=訳 1998/03 を追加し、"Amontillado" と "Fortunato" の日本語表記に関する注釈を補足しました。
  • 2006/11/24 中国語訳(簡体字)を追加しました。
  • 2006/11/23 小川高義=訳 2006/10 を追加しました。
  • 2006/09/28 Amazon.co.jp や電子テキストの該当ページへのリンクを張りました。
  • 2006/05/16 佐伯彰一=訳 1974 を追加しました。"Amontillado" と "Fortunato" の日本語表記に関する注釈をつけました。
  • 2006/04/25 八木敏雄=訳 2006 を追加し、書誌情報を修正・補足しました。
  • 2006/04/18 吉田健一=訳 1971 を追加しました。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ84595840v1308102456

Flag Counter

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages

| | Comments (1) | TrackBack (0)

The Masque of the Red Death by Edgar Allan Poe エドガー・アラン・ポー 「赤き死の仮面」「赤死病の仮面」

        目次 Table of Contents

  Video   クロアチア(旧ユーゴスラビア)のアニメ映画 『赤き死の仮面』 (1969)
■中国語訳(簡体字) Translation into simplified Chinese
■中國語譯(繁體字) Translation into traditional Chinese
■日本語訳 Translations into Japanese
  (J1) 金原 2014
  (J2) 巽 2009
  (J3) 西崎 2007
  (J4) 八木 2006
  (J5) 金原 2002
  (J6) 富士川 1992
  (J7) 岡上 1984
  (J8) 各務 1979
  (J9) 永川 1978
  (J10) 八木 1974
  (J11) 小川 1973
  (J12) 吉田 1970, 1971
  (J13) 大橋 1966
  (J14) 刈田 1966
  (J15) 田桐 1964
  (J16) 松村 1962, 1974
  (J17) 谷崎 1962, 1969, etc.
  (J18) ダイジエスト・シリーズ刊行會 1950
  (J19) 深澤 1933
  (J20) 江戸川 1929
  (J21) 谷崎 1929
  (J22) 西村 1907, 1996
  (J23) 廚川 1903, 1996
  Image   オーディオカセットのジャケット Audio cassette cover
 Audio 1  ロシア語版オーディオブック(朗読) Audiobook in Russian
■ロシア語訳 Translation into Russian
■ウクライナ語訳 Translation into Ukrainian
■ポーランド語訳 Translation into Polish
■チェコ語訳 Translation into Czech
 Audio 2  ドイツ語版オーディオブック(朗読) Audiobook in German
■ドイツ語訳 Translation into German
■イタリア語訳 Translations into Italian
  (It1) Bluewillow, 2009
  (It2) Sartini, 1911
  (It3)
■ポルトガル語訳 Translation into Portuguese
 Audio 3  スペイン語版のドラマ風朗読 Dramatic reading in Spanish
■スペイン語訳 Translation into Spanish
 Audio 4  フランス語版オーディオブック(朗読) Audiobook in French
■フランス語訳 Translation into French
 Audio 5  朗読: ウィリアム・デュフリス Audiobook read by William Dufris
 Audio 6  朗読: ニック・ギズバーン Audiobook read by Nick Gisburne
 Audio 7  朗読: グラント・レイモンド・バレット Narrated by Grant Raymond Barrett
 Audio 8  ドラマ風朗読 Directed by Scott Strosahl. Read by Michael Helgens
■英語原文 The original text in English
■邦題の異同 Variations of the title translated into Japanese
■tomokilog 関連記事 Related articles from tomokilog:
■更新履歴 Change log


  Video  
クロアチア(旧ユーゴスラビア)のアニメ映画 『赤き死の仮面』 (1969)
Maska crvene smrti (1969) / The Masque of the Red Death (1969),
a Croatian (former Yugoslavian) animation

制作: ザグレブ・フィルム 監督: ブランコ・ラニトヴィチ、パヴィオ・シュタルテル 詳細はつぎの各サイト: ザグレブ・フィルム作品集ニュー・アニメーション・アニメーション シリーズ その後…武蔵野美術大学 美術館・図書館 イメージライブラリー。9分42秒。 Published by DeadGirlDontSayNo on Sep 26, 2012. Production: Zagreb Film. Directors: Branko Ranitović, Pavao Štalter. Duration: 09'42.''


■中国語訳(簡体字) Translation into simplified Chinese

话说“红死”在国内肆虐已久,象这般致命,这般可怕的瘟疫委实未曾有过。这病的具体表现和特征就是出血——一片殷红,令人发指。患者初时感到剧痛,突然一阵头昏眼花,于是全身毛孔大量出血丧命。

   《红死魔的面具》 作者:爱伦·坡
   E-text at 天涯在线书库 (www.tianyabook.com)


■中國語譯(繁體字) Translation into traditional Chinese

話説“紅死”在國内肆虐已久,象這般致命,這般可怕的瘟疫委實未曾有過。這病的具体表現和特征就是出血——一片殷紅,令人發指。患者初時感到劇痛,突然一陣頭昏眼花,于是全身毛孔大量出血喪命。

   《紅死魔的面具》 作者:愛倫·坡
   E-text at 龍騰世紀 (millionbook.net)


■日本語訳 Translations into Japanese

(J1) 金原 2014
「赤死病」が国で猛威をふるい始めてからもうずいぶんになる。この疫病ほど致命的で無残なものはない。病名の「は血、血の色、血の恐怖を表している。全身の痛み、突然のめまい、毛穴からの出血、そして死。

   E・A・ポー=著 ダビッド・ガルシア・フォレス=イラストレーション
   金原瑞人(かねはら・みずひと)=訳 「赤死病の仮面」
   『ポー怪奇幻想集 1 赤の怪奇』 ヴィジュアル・ストーリー
   原書房 2014/09/30 所収


(J2) 巽 2009
「赤き死」なる疫病(えきびょう)が国中を蝕(むしば)むようになってから、もうずいぶん長い時が経(た)つ。これまでいかなる疫病も、これほどの殺戮(さつりく)、これほどの災厄をもたらしたことはない。鮮血はその化身にして紋章だった——それは真紅にして恐怖の象徴だった。まずきりきりと身体(からだ)が痛み始め、いきなり目眩(めまい)に襲われ、やがて毛穴という毛穴からおびただしい血があふれだし、ついには息絶える。

   エドガー・アラン・ポー=作 巽孝之(たつみ・たかゆき)=訳
   「赤き死の仮面」
   『黒猫・アッシャー家の崩壊—ポー短編集1 ゴシック編
   新潮文庫 2009/04/01 所収


(J3) 西崎 2007
永きにわたって赤き死が国を荒廃させていた。いかなる悪疫もそれほど致命的ではなかったし、それほど忌まわしくもなかった。血がその化身(アヴァタール)であり、証印(しるし)であった——血の紅の鮮やかさが。魅入られた者が際会すべきは、激越な苦痛と不意の眩暈(めまい)、それから毛穴からの夥(おびただ)しい出血、そして死だった。

   エドガー・アラン・ポー=著 西崎憲(にしざき・けん)=訳
   「赤き死の仮面」
   『エドガー・アラン・ポー短篇集』 ちくま文庫 2007/05 所収


(J4) 八木 2006
「赤死病」が国土を荒廃させてからすでに久しかった。かほど致命的、かほど忌まわしい疫病(えきびょう)はためしがなかった。血がその権化、その紋章だった——血の赤さと血の恐怖が。激烈な苦痛、突然の眩暈(めまい)、毛穴からの大量出血、そして死。

   ポオ=作 八木敏雄=訳 「赤死病の仮面」
   『黄金虫・アッシャー家の崩壊 他九篇』 岩波文庫 2006/04 所収


(J5) 金原 2002
「赤死病」がその国を食い荒らし始めて、もうずいぶんになる。これほど望みがなく怖ろしい疫病もないだろう。「赤死病」というのは、まさに血の病で、深紅のおぞましい血がすべてを物語っている。全身に鋭い痛みが走り、いきなりめまいがしたかと思うと、毛穴という毛穴から血がふきだし、やがて死んでいく。

   E・A・ポー=作 金原瑞人=訳 「赤死病の仮面」
   『モルグ街の殺人事件』 岩波少年文庫 2002/08 所収


(J6) 富士川 1992
「赤死病」はすでに久しいあいだその国を荒らしまわっていた。これほど確実に死をもたらす、あるいはこれほど恐ろしい疫病はいまだかつてなかった。血がその〈化身〉であり、その印(しるし)だった——血の赤さと血の恐怖が。激しい痛みに襲われ、不意にめまいがして、やがて毛穴から多量の出血があり、ついには死にいたるのだ。

   エドガー・アラン・ポー=著 富士川義之=訳 「赤死病の仮面」
   『黒猫』 集英社文庫 1992/05 所収


(J7) 岡上 1984
『赤死病(あかしびょう)』というのは、まったくおそろしい疫病で、これにかかったものはだれひとりたすかるものはなかった。
 ある日、とつぜん目まいがして、体じゅうが痛みだしたかと思うと、まもなく、毛穴からぞっとするような濃い血がにじみでてきて、やがて苦しみもがきながら息たえるという、まことにこわい病気である。

   エドガー・アラン・ポー=作 岡上鈴江(おかのうえ・すずえ)=訳
   「赤死病(あかしびょう)の仮面」
   柴田武彦=編 『モルグ街の殺人』 世界こわい話ふしぎな話傑作集5
   金の星社 1984/03 所収


(J8) 各務 1979
〈赤死病〉が国を荒らしはじめてから、もう長い時が過ぎた。これほどおそろしい病気が、ほかにあっただろうか。血——身の毛もよだつような赤い血が、この病気のしるしだった。この病気に犯された者は、はげしい痛みとめまいに襲われ、やがて毛穴という毛穴から血をふき出して息絶える。

   エドガー・ポー=作 各務三郎=訳 「赤死病の仮面」
   柴田武彦=編 『海外版 怪奇ファンタジー傑作選
   集英社文庫 コバルトシリーズ 1979/08 所収


(J9) 永川 1978
《赤死病》はすでにずいぶん長いあいだ国じゅうで荒れ狂っていた。疫病のうちでもこれほどまでに致命的な、無残な病気はかつて前例すらなかった。血の赤さ——血の恐怖こそがそこでは死神のまがうかたなき烙印(らくいん)であった。まず鋭い痛みがあり、とつぜん目まいがして、やがて全身の毛穴からおびただしい出血、そして息が絶える。

   ポー=作 永川玲二=訳 「赤死病の仮面」
   五木寛之〔ほか〕=編 『世界文学全集1 ポー/ホーソーン
   学習研究社 1978/09 所収


(J10) 八木 1974
「赤死病」が国土を荒廃させてからすでに久しかった。かほど致命的、かほど忌まわしき疫病は類がなかった。血がその権化(ごんげ)、その紋章であった——血の赤さ、血の恐怖が。犠牲者のからだの、ことに顔面の緋色の斑点こそが疫病の烙印で、……

   ポオ=作 八木敏雄=訳 「赤死病の仮面」
   『世界文学全集32 ポオ/ホーソン』 講談社 1974 所収


(J11) 小川 1973
「赤死病」がこの国を荒廃させはじめてから久しい時がたっていた。このように致命的なこのように忌わしい疫病はいまだかつてなかった。血がその顕現であり、その表示であった——血の赤さ、血の恐怖が。鋭い苦痛を感じ、やにわに目まいがする、それから毛穴からおびただしい血が流れ出す、それで死ぬのである。

   ポオ=著 小川和夫=訳「赤死病の仮面」
   『筑摩世界文學大系37 ポオ/ボオドレール』筑摩書房 1973/11 所収


(J12) 吉田 1970, 1971
「赤い死」はすでに長い間前から国を荒らしていた。このように猛烈で悲惨な疫病は未だかつてなく、それは血に具現され、紅斑(こうはん)と血が——その極印だった。この病気にかかると烈しい痛みをおぼえ、にわかに眩(めま)いがして次に毛孔からおびただしく出血して死ぬのだった。

   ポー=著 吉田健一=訳 「赤い死の舞踏会」
   a.新集 世界の文学7 ホーソン/ポー』 中央公論社 1971 所収
   b.世界文学全集18 アシャー館の崩壊/黒猫 他
     綜合社=編集 集英社=発行 1970/07 所収


(J13) 大橋 1966
赤死病が長いあいだこの国をあらしていた。これほどまちがいなく死に到るおそろしい疫病はなかった。血が——赤い、おそろしい血が——その化身であり、刻印であった。まず激痛がおそい、突然、目まいがして、次には毛穴からおびただしく出血し、死ぬのだ。

   E・A・ポー=作 大橋吉之輔(おおはし・きちのすけ)=訳 「赤死病の仮面」
   『黒猫・黄金虫』 角川文庫 1966/12/15 所収


(J14) 刈田 1966
「赤死病」が長年この国に猛威をふるっていた。これほど危険でいまわしい疫病は前の世にもなかった。血が——血の赤さと血の恐怖が、この死神の顕現(けんげん)であり烙印(らくいん)であった。はげしい痛みをおぼえ、不意に目がくらみ、毛穴からとめどなく出血し、そしてこときれるのである。

   ポー=作 刈田元司(かりた・もとし)=訳 「赤死病の仮面」
   『黒猫・黄金虫 他四編』 旺文社文庫 1966/05 所収


(J15) 田桐 1964
赤死病は、この国をもう長いこと席捲(せっけん)していた。この疫病ぐらいすさまじいものはかつてなかった。なにしろとりつかれたら最後なのだ。血、血のもつあの鮮紅色と恐怖こそ、この病気の姿そのものであり、その極印(ごくいん)であった。まず激痛、次いで突然の目まい。やがて身体じゅうの毛穴という毛穴からどくどくと血が流れ出し、最後にもたらされるのは死、これであった。

   エドガー・アラン・ポオ=作 田桐大澄(たぎり・ひさずみ)=訳 「赤死の仮面」
   『ポオ短篇集』 八潮版・アメリカの文学 八潮出版社 1964/08 所収


(J16) 松村 1962, 1974
「赤死病」が国じゅうを荒らすのも、すでに久しいこととなった。これほど助かるすべもない、おそろしい疫病もこれまでにはないことだった。血——真紅の、ぞっとするような血こそは、この「赤死病」のなによりまごう方ない象徴(しるし)であった。鋭い苦痛がおこり、とつぜん目まいがして、やがて毛孔(けあな)からおびただしい血がにじみ出て、ついに息がたえる。

   a. E・A・ポオ=著 松村達雄=訳 「赤死病の仮面」
     『ポオ小説全集3』 創元推理文庫 1974/06 所収
   b. ポー=作 松村達雄=訳 「赤死病の仮面」
     『世界文学全集11 ポー/ホーソーン』 河出書房新社 1962/08 所収


(J17) 谷崎 1962, 1969, etc.
「赤き死」が長いあいだ国内を荒らした。これほど人を殺す、恐ろしい悪疫は今まで決してなかった。血が、赤い、おそろしい血が、その権化(ごんげ)であり、証券であった。まず激しい苦痛を感じて急にめまいがしだし、それから毛孔からおびただしく出血をして死んでしまう。

   E・A・ポオ=著 谷崎精二=訳 「赤き死の仮面」
   a. ポオ小説全集2 幻怪小説』(全4巻)新装版 春秋社 1998/09 所収       
   b.エドガア・アラン・ポオ全集2』(全6巻) 春秋社 1969 所収 
   c.エドガア・アラン・ポオ小説全集2 幻怪小説』(全4巻・別巻1)
     春秋社 1962 所収


(J18) ダイジエスト・シリーズ刊行會 1950
長い間「赤死病」がある地方に流行した。その症状は、まずはげしい痛みが、全身をおそい、目まいがし、毛孔から多量の出血があって、死んでしまう。

   エドガー・アラン・ポオ=作
   編著者:ダイジエスト・シリーズ刊行會 代表:磯部秀見 「赤死病の假面」
   『怪奇と詩情―ポーの人と作品』 ダイジエスト・シリーズ3
   ジープ社 定價八○圓 1950/06/15 所収


(J19) 深澤 1933
「赤死病」が永い間我邦を荒した。流行病の中で、これ程致命的な、これほどいやな病氣は未だ曾て無かつた。血——血の紅(あか)さ、血の恐ろしさはその權化であり、極印であるのだ。この病氣に罹ると烈しい苦痛が起り、急に眩暈がして、全身の血孔からは血が止め度なく流れ出て、そして死ぬのだ。

   ポオ=作 深澤由次郎(ふかざわ・よしじろう)=訳註 「赤死病の假面」
   『訳註ポオ全集 第4 (黒猫)』 外語研究社 1933/12/20(昭和8)
   国立国会図書館デジタル化資料
   起・急・次・社の旧字はそれぞれ新字で置き換えました。


(J20) 江戸川 1929
[ルビを省いたテキスト]
かの「赤き死」は永い事、國中を貪り食つた。これほど決定的に死ぬ、これほど忌はしい流行病がまたとあつたらうか。血の赤さと恐怖——血こそこの疫の化身でありその印鑑であつた。先づ鋭い苦痛がして、引續いて急激な眩暈を感じ、やがて毛孔から夥しい血を噴き出して死んで仕舞ふのである。

[原文はつぎのとおり総ルビ]
かの「赤(あか)き死(し)」は永(なが)い事(こと)、國中(くにぢう)を貪(むさぼ)り食(く)つた。これほど決定的(けつていてき)に死(し)ぬ、これほど忌(いま)はしい流行病(りうかうびゃう)がまたとあつたらうか。血(ち)の赤(あか)さと恐怖(きようふ)——血(ち)こそこの疫(えやみ)の化身(けしん)でありその印鑑(いんかん)であつた。先(ま)づ鋭(するど)い苦痛(くつう)がして、引續(ひきつゞ)いて急激(きふげき)な眩暈(めまひ)を感(かん)じ、やがて毛孔(けあな)から夥(おびたゞ)しい血(ち)を噴(ふ)き出(だ)して死(し)んで仕舞(しま)ふのである。

   ポ−=作 江戸川亂歩=譯 「赤き死の假面」
   『世界大衆文學全集30 ポー、ホフマン集』 改造社 1929/04(昭和4)所収


(J21) 谷崎 1929
『赤き死』が長い間國内を荒した。これ程人を殺す、恐ろしい惡疫は今まで決してなかつた。血が、赤い、怖ろしい血が、その權化(ごんげ)であり、證券であつた。先づ烈しい苦痛を感じて急に眩暈(めまひ)がし出し、それから毛孔から夥しく出血をして死んでしまふ。

   ポオ=作 谷崎精二=譯 「赤き死の假面」
   『世界文學全集11 ポオ傑作集 緋文字・其他
   新潮社(非賣品)1929/01 所収


(J22) 西村 1907, 1996
[ルビを省いたテキスト]
『紅死病は』長らくの間、國内を騒擾がしてゐた。恁んな不吉な、忌はしい病氣は、又と世の中に有るものでない。血はその化身であり、その印章である——紅色と壊血も亦た此の病氣に罹ると、烈しい苦痛、唐突な眩暈、續いて毛孔から夥だしい出血がして(……)

[原文はつぎのとおり、総ルビ]
『紅死病(こうしびやう)は』長(なが)らくの間(あひだ)、國内(こくない)を騒擾(さわ)がしてゐた。恁(こ)んな不吉(ふきつ)な、忌(いま)はしい病氣(びやうき)は、又(また)と世(よ)の中(なか)に有(あ)るものでない。血(ち)はその化身(けしん)であり、その印章(しるし)である——紅色(こうしよく)と壊血(くわいけつ)も亦(ま)た此(こ)の病氣(びやうき)に罹(かゝ)ると、烈(はげ)しい苦痛(くつう)、唐突(だしぬけ)な眩暈(めまひ)、續(つゞ)いて毛孔(けあな)から夥(おびた)だしい出血(しゆつけつ)がして(……)

   エドガア、ポウ=作 西村醉夢=譯 「紅死病」
   a. 川戸道昭+榊原貴教=編 ナダ出版センター=制作
     『明治翻訳文学全集《新聞雑誌編》19 ポー集』 (全50巻・別巻2)
     大空社 1996/06 所収
   b. 『太陽』 1907/06(明治40)収載
   初出誌は b.a.b. を複製したもの。


(J23) 廚川 1903, 1996
「赤死」の病に國中ながくうらさびれたり。疫病の數は多かれど、かくも猛けく恐ろしきはあらじ、おぞましきくれなゐの血痕はこの病のしるしにしてはじめ鋭き痛みを覺へて俄にまなこくらみ、やがて夥しき血汐皮孔を流れ出でゝ遂に息絶ゆるなり

   廚川白村(くりやがわ・はくそん)=譯 「寂滅」
   a. 川戸道昭+榊原貴教=編 ナダ出版センター=制作
     『明治翻訳文学全集《新聞雑誌編》19 ポー集』(全50巻・別巻2)
     大空社 1996/06 所収
   b. 『帝國文學』 1903/02(明治36)収載
   初出誌は b.a.b. を複製したもの。


  Image  
オーディオカセットのジャケット Audio cassette cover
0886468949
The Masque of the Red Death - Generations Radio Theater Presents (NPR) [Audio Cassette]


 Audio 1 
ロシア語版オーディオブック(朗読) Audiobook in Russian

下の引用箇所の朗読は 1:26 から始まります。 Uploaded to YouTube by Зарубежная литература on 6 Jun 2014. Reading of the excerpt below starts at 1:26.


■ロシア語訳 Translation into Russian

Уже давно опустошала страну Красная смерть. Ни одна эпидемия еще не была столь ужасной и губительной. Кровь была ее гербом и печатью - жуткий багрянец крови! Неожиданное головокружение, мучительная судорога, потом из всех пор начинала сочиться кровь - и приходила смерть.

   Эдгар Аллан По. Маска красной смерти
   Translated by Р. Померанцевой (R. Pomerantseva)
   E-text at Lib.Ru


■ウクライナ語訳 Translation into Ukrainian

Давно вже спустошувала країну Червона Смерть. Жодна пошесть не бувала досі така огидна й не сіяла стільки згуби. Кров була її знаком і тавром - жаска багряниця крові. Колючі болі, раптове запаморочення, а далі кров пирсне з усіх пор - і прощавай білий світе.

   Едгар Аллан По. Маска Червоної смерті
   © МАЄВСЬКА Л. Н., переклад з англійської, 1992.
   E-text at Український Центр (ukrcenter.com)


■ポーランド語訳 Translation into Polish

Śmierć, Choroba, Krew Śmierć Szkarłatna od dawna pustoszyła ową krainę. Nigdy dżuma nie bywała tak nieodparta, tak straszliwa. Jej oznaką widomą była — krew — czerwień i szkarada krwi. Towarzyszyły jej bóle ostre, nagły zawrót głowy, a potem — obfity przez wszystkie pory wyciek potów i rozłąka z życiem.

   Edgar Allan Poe Maska śmierci szkarłatnej
   Translated by Bolesław Leśmian
   E-text at Wolne Lektury


■チェコ語訳 Translation into Czech

„Červená smrt“ již dlouho pustošila zemi. Dosud žádná morová rána nebyla tak vražedná a tak obludná. Krev byla jejím zhmotněným znakem a pečetí - červeň a úděsnost krve. Přicházely pronikavé bolesti, pak náhlé mrákoty, pak prudké krvácení z pórů a konec.

   Maska Červené smrti by Edgar Allan Poe
   E-text at V noci jsem snil, že jsem motýlem


 Audio 2 
ドイツ語版オーディオブック(朗読) Audiobook in German

Uploaded by EAPoeProductions on Sep 25, 2010


■ドイツ語訳 Translation into German

Lange schon wütete der Rote Tod im Lande; nie war eine Pest verheerender, nie eine Krankheit grässlicher gewesen. Blut war der Anfang, Blut das Ende - überall das Rot und der Schrecken des Blutes. Mit stechenden Schmerzen und Schwindelanfällen setzte es ein, dann quoll Blut aus allen Poren, und das war der Beginn der Auflösung.

   Die Maske des Roten Todes by Edgar Allan Poe
   Translated by Gisela Etzel
   E-text at Sterneck.net


■イタリア語訳 Translations into Italian

(It1) Bluewillow, 2009
La Morte Rossa aveva devastato a lungo il paese. Nessuna pestilenza era mai stata così fatale o terrificante. Il sangue era il suo emblema e il suo sigillo, il rosso colore e la repulsione per il sangue. C'erano pene atroci, vertigini improvvise, e poi un profuso sanguinamento dai pori, fino alla dissoluzione.

   La maschera della Morte Rossa by Edgar Allan Poe
   Traduzione libera di Bluewillow
   E-text at L'angolo di Jane 2009-02-01


(It2) Sartini, 1911
La Morte rossa aveva per parecchio tempo devastato la regione. Non si vide mai peste così fatale e orribile. Il suo emblema era il sangue — il rossore e l'orridezza del sangue. Cominciava coi dolori acuti, una vertigine improvvisa e poi uno stillazione abbondante attraverso ai pori, la dissoluzione dell'organismo.

   La Maschera della Morte Rossa by Edgar Allan Poe
   Traduzione di G. A. Sartini
   Racconti straordinari R. Bemporad & Figlio, 1911
   E-text at Edgarallanpoe.it


(It3)
La -Morte Rossa- aveva a lungo infierito sul paese. Mai pestilenza era stata più fatale e orribile. Il sangue era il suo avatara e il suo sigillo: il rossore e l'orrore del sangue. Erano acuti dolori, e improvvisi capogiri, e poi un abbondante sudore sanguigno fino alla dissoluzione.

   La Maschera della Morte Rossa by Edgar Allan Poe
   E-text at:
   * La peste in Poe - Istituto Tecnico Economico
   * Visibilmente.com


■ポルトガル語訳 Translation into Portuguese

Durante muito tempo a peste devastara aquele país. O sangue era a sua horrível marca. Dores agudas, vertigens, hemorragia pelos poros. Manchas vermelhas pelo corpo, a morte.

   A máscara da morte rubra by Edgar Allan Poe
   Preview at Google Books


 Audio 3 
スペイン語版のドラマ仕立ての朗読 Dramatization in Spanish translation

Uploaded by DreamWarrior6 on Nov 27, 2011


■スペイン語訳 Translation into Spanish

La "Muerte Roja" había devastado el país durante largo tiempo. Jamás una peste había sido tan fatal y tan espantosa. La sangre era encarnación y su sello: el rojo y el horror de la sangre. Comenzaba con agudos dolores, un vértigo repentino, y luego los poros sangraban y sobrevenía la muerte.

   La máscara de la muerte roja by Edgar Allan Poe
   E-text at Ciudad Seva


 Audio 4 
フランス語版オーディオブック(朗読) Audiobook in French

Uploaded by Audiolude on Aug 30, 2012


■フランス語訳 Translation into French

La Mort Rouge avait pendant longtemps dépeuplé la contrée. Jamais peste ne fut si fatale, si horrible. Son avatar, c’était le sang, la rougeur et la hideur du sang. C’étaient des douleurs aiguës, un vertige soudain, et puis un suintement abondant par les pores, et la dissolution de l’être.

   Le Masque de la mort rouge by Edgar Allan Poe
   Nouvelles histoires extraordinaires, 1857
   Traduction de Charles Baudelaire
   E-text at:
   * Wikisource   
   * Poemi.org


 Audio 5 
英語原文のオーディオブック 朗読: ウィリアム・デュフリス
Audiobook in English read by William Dufris

Uploaded by AudiobooksMP3 on Jan 30, 2013


 Audio 6 
英語原文のオーディオブック 朗読: ニック・ギズバーン
Audiobook in English read by Nick Gisburne

Uploaded by Gisburne2000 on Jul 24, 2012


 Audio 7 
英語原文のオーディオブック 朗読: グラント・レイモンド・バレット
Audiobook in English read by Grant Raymond Barrett

Uploaded by GrantBarrett on Mar 1, 2011


 Audio 8 
英語原文のドラマ仕立ての朗読
Dramatic reading in English. Directed by Scott Strosahl. Read by Michael Helgens

Uploaded by StrobieStudios on Oct 8, 2010


■英語原文 The original text in English

The "Red Death" had long devastated the country. No pestilence had ever been so fatal, or so hideous. Blood was its Avatar and its seal -- the redness and the horror of blood. There were sharp pains, and sudden dizziness, and then profuse bleeding at the pores, with dissolution.

   Edgar Allan Poe "The Masque of the Red Death" 1842
   E-text at:
   * Project Gutenberg
   * E. A. Poe.org


■邦題の異同 Variations of the title translated into Japanese

   「紅死病」………………西村 1907, 1996
   「赤い死の舞踏会」……吉田 1970, 1971
   「赤き死の仮面」………巽 2009
   「赤き死の仮面」………西崎 2007
   「赤き死の仮面」………谷崎 1962, 1969, 1998
   「赤き死の假面」………江戸川 1929
   「赤き死の假面」………谷崎 1929
   「赤死の仮面」…………田桐 1964
   「赤死病の仮面」………八木 2006
   「赤死病の仮面」………金原 2002, 2014
   「赤死病の仮面」………富士川 1992
   「赤死病の仮面」………岡上 1984
   「赤死病の仮面」………各務 1979
   「赤死病の仮面」………永川 1978
   「赤死病の仮面」………八木 1974
   「赤死病の仮面」………小川 1973
   「赤死病の仮面」………大橋 1966
   「赤死病の仮面」………刈田 1966
   「赤死病の仮面」………松村 1962, 1974
   「赤死病の假面」………ダイジエスト・シリーズ刊行會 1950
   「赤死病の假面」………深澤 1933


■tomokilog 関連記事
 Related articles from tomokilog:


■更新履歴 Change log

  • 2014/12/24 ロシア語訳の朗読の YouTube 画面を追加しました。
  • 2014/09/29 金原瑞人=訳 2014/09/30 を追加しました。
  • 2013/10/29 ウクライナ語訳を追加しました。
  • 2013/08/15 目次を新設し、深澤由次郎=訳註 1933/12/20 を追加しました。
  • 2013/02/02 つぎの3本の YouTube 画面を追加しました。
       1) ドイツ語訳の朗読
       2) スペイン語版のドラマ仕立ての朗読
       3) フランス語訳の朗読
       4) William Dufris による英語原文の朗読
  • 2012/12/20 Maska crvene smrti の YouTube 動画を追加しました。
  • 2012/07/07 ポーランド語訳を追加しました。また、いくつかの YouTube 画面を追加しました。
  • 2011/01/24 ロシア語訳を追加しました。
  • 2010/12/20 3種類のイタリア語訳を追加しました。
  • 2010/12/11 Gisela Etzel によるドイツ語訳を追加しました。
  • 2010/12/10 巽孝之=訳 2009/04/01 とポルトガル語訳を追加しました。
  • 2010/11/06 大橋吉之輔=訳 1966/12/15 を追加しました。また、中国語(簡体字)訳の訳文とリンクを修正しました。
  • 2010/04/26 スペイン語訳と、Grant R. Barrett による朗読の YouTube 画面(音声のみ)を追加しました。
  • 2009/11/08 チェコ語訳を追加しました。
  • 2009/09/15 ダイジエスト・シリーズ刊行會=編著 1950/06/15 を追加しました。
  • 2009/04/26 田桐大澄=訳 1964/08 を追加し、「邦題の異同」の項を新設しました。
  • 2007/07/17 廚川白村=譯 1996/06、1903/02 を追加しました。
  • 2007/07/16 西村醉夢=譯 1996/06、1907/06 を追加しました。
  • 2007/06/16 谷崎精二=譯 1929/01 を追加しました。
  • 2007/06/05 西崎憲=訳 2007/05、および岡上鈴江=訳 1984/03 を追加しました。また、松村達雄=訳の引用中に誤りがありました。「深紅」とあったのは、正しくは「真紅」です。訂正いたします。
  • 2007/02/06 各務三郎=訳 1979/08、および永川玲二=訳 1978/09 を追加しました。また、読みやすさを考慮して、江戸川亂歩=譯 1929 のルビなしのバージョンを追加しました。
  • 2006/12/21 tomokilog 関連記事の項を新設しました。
  • 2006/11/23 中国語訳(簡体字)を追加し、Amazon.co.jp の関連ページなどへのリンクを張りました。
  • 2006/05/14 八木敏雄=訳 1974 および江戸川亂歩=譯 1929 を追加しました。また、Charles Baudelaire によるフランス語訳 1857 についての書誌情報を修正・補足しました。
  • 2006/04/28 刈田元司=訳 1966 を追加しました。
  • 2006/04/18 吉田健一=訳 1971 と八木敏雄=訳 2006 を追加しました。また、書誌情報を修正・補足しました。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村英語ブログへにほんブログ村外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ84595840v1308102456

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書
(1) Books in English

(2) Books in French

■DVD

■CD

  

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sunday, 02 April 2006

Le Papa de Simon by Guy de Maupassant モーパッサン / モウパッサン 「シモンのパパ」「シモンのとうさん」「シモンのとうちゃん」「シモンの父さん」「シモンの父」

Papasimonpetit


        目次 Table of Contents

■中国語訳(簡体字) Translation into simplified Chinese
■日本語訳 Translations into Japanese
  (J1) 佐藤 2011
  (J2) 高山 2002
  (J3) 太田 1998
  (J4) 山崎 1975
  (J5) 辻 1971
  (J6) 青柳 1971
  (J7) 宮治 1969
  (J8) 望月 1963
  (J9) 久保 1958, 1983
  (J10) 新庄 1955
  (J11) 杉 1948, 1954, etc.
  (J12) 前田 1911, 1920, etc.
■ロシア語訳 Translation into Russian
■ウクライナ語訳 Translation into Ukrainian
■ブルガリア語訳 Translation into Bulgarian
■ドイツ語訳 Translation into German
■英訳 Translations into English
  (E1)
  (E2) McMaster & Henderson
■イタリア語訳 Translations into Italian
■スペイン語訳 Translations into Spanish
■フランス語原文 The original text in French
■邦題の異同 Variations of the title translated into Japanese
■更新履歴 Change log


■中国語訳(簡体字) Translations into simplified Chinese

    “不管怎么说,布朗肖大姐是个善良规矩的好姑娘,虽然遭到过不幸,可是她勤劳、稳重。一个正直人娶了她,准是个挺不错的媳妇。”
  “这倒是实在话,”另外三个人说。
  那个工人继续说:
  “如果说这位姑娘失足过,难道这是她的过错吗?别人原答应娶她的;我就知道有好些如今非常受人敬重的女人,从前也有过跟她一样的遭遇。”
    “这倒是实在话,”三个人齐声回答。
    他又接着说下去:“这个可怜的女人一个人把孩子拉扯大,吃了多少苦,她自从除了上教堂,再也不出大门以后,又流了多少眼泪,那只有天主知道了。”
    “这也是实在话,”其余的人说。

   《西蒙的爸爸》    莫泊桑
   E-text at 百度知道
   Excerpt at 《西蒙的爸爸》 - 互动百科

   

■日本語訳 Translations into Japanese

(J1) 佐藤 2011
 「なんだかんだ言って、よくできた真面目な女だよ、あのブランショットは。不幸にもめげず、気丈でしっかり者だ。まっとうな男にふさわしい女房になるだろうよ。」
 「そりゃ、そのとおりだ」とほかの3人が口をそろえた。
 男は続けた。
「過ちを犯したって言うが、あの女が全部悪いわけじゃあるまいに。結婚の約束をしてたんだからな。同じようなことをしても、今ではちゃんと尊敬されている女だって世の中にはたくさんいるだろうが。」
 「そうだ、そのとおり」と3人が異口同音に答えた。
 男はさらに続けた。「女手一つで子どもを育てるなんざ、苦労が絶えなかったろうに。教会に行くよりほか、ろくに外出しなくなってからというもの、どんなに泣き暮らしていたことやら。神様だけがご存じよ。」
 「まったくもってそのとおり。」3人が言った。

   「シモンのパパ」
   モーパッサン=原著 佐藤若菜(さとう・わかな)=著
   『フランス語で読むモーパッサン 対訳 ジュールおじさん・首飾り・シモンのパパ
   NHK出版 2011/12/15 所収


(J2) 高山 2002
「なんのかんのと言ったって、ブランショットは、立派な女だよ。不幸な目にあったが、しっかり者で、真面目な女だ。ちゃんとした男の、立派な女房になれる女だと思うね」
「そりゃそうだ」と、三人の男たちが言った。
 さっきの職人が言葉を続けた。
「誘惑に負けたからって、あの女が悪いんじゃない。結婚の約束があったんだからね。同じようなあやまちをおかしても、今じゃちゃんと人に尊敬されている女が、何人もいるよ」
「そりゃそうだ」と、三人の男たちが、異口同音に言った。
 男はまた言った。
「一人で子供を育てるについちゃあ、ずいぶんと苦労したろうな。教会に行くほかは外出しなくなってから、どれほど泣いたか、神様だけがご存じだ」
「そりゃその通りだ」と、ほかの男たちがまた言った。

   モーパッサン=作 高山鉄男=訳 「シモンのパパ」
   高山鉄男=編訳 『モーパッサン短篇選』 岩波文庫 2002/08 所収


(J3) 太田 1998
「なんだかんだ言っても、あのブランショットという女はりっぱなもんじゃないか。なかなか律儀な娘だよ。あんな目にあっても、じつにしっかりしていて、見あげたもんだ。まっとうな暮らしをしている男がもらったって、りっぱな女房になるさ」
「そうとも、そのとおりだ」と、ほかの三人もあいづちをうった。
 その職人はつづけた。
「あやまちを犯しはしたが、あの娘ばかりを責めるわけにはいかんだろう。夫婦になる約束だったんだからな。それに、おなじように身をあやまっても、いまじゃ人から尊敬されている女だって、世間にはざらにいるからな」
「そうとも、そのとおりだ」と、三人は口をそろえて言った。
 職人はなおもつづけた。「かわいそうに、女手ひとつで息子を育てるのに、どれだけ苦労をしたことか。教会へ行くときしか外にでなくなってから、家ではずいぶん泣いたことだろう。神さまだけがご存じだよ」
「まったくだ」と、三人が言った。

   ギィ・ド・モーパッサン=作 太田浩一=訳 「シモンのパパ」
   『モーパッサン傑作選』 ハルキ文庫 1998/12 所収


(J4) 山崎 1975
「なんていったって、ブランショットはちゃんとしたりっぱな女だし、不幸(ふしあわ)せなめにあったのに、けなげで身持ちもいい。それなりの男がいたらいいかみさんになるぜ。」
「そのとおりだ。」
 と、あとの三人の男がいった。
 その職人(しょくにん)はつづけた。
「あやまちをしでかしたからって、あの女ばかりが悪いんだろうか? 結婚(けっこん)の約束(やくそく)はちゃんとされていたんしな。まえにおなじようなことがありながら、いまじゃりっぱな女でとおっているひとだってひとりやふたりじゃないんだ。」
「そのとおりだ。」
 と、あとの三人は口をそろえて答えた。
 その職人(しょくにん)はさらにつづけた。
「かわいそうに、女手ひとりで子どもを育てるのにどんなに苦労(くろう)したか、でかけるのは教会(きょうかい)にいくときだけということになってから、どんなに涙(なみだ)を流したか、それをご存(ぞん)じなのは神さまだけってわけさ。」
「それもそのとおりだ。」
 と、ほかの仲間(なかま)はいった。

   モーパッサン=作 山崎庸一郎(やまざき・よういちろう)=訳
   「シモンのとうさん」
   『ジュニア版世界の文学 23』 集英社 1975-08 所収


(J5) 辻 1971
「あのブランショットは、やっぱり感心(かんしん)な女だよ。あんな不幸(ふこう)なめにあったけど、へこたれないで、まじめにやっているからなあ。ちゃんとした男をもらったら、きっと、りっぱな女房(にょうぼう)になるだろうぜ。」
「まったくだ。」と、ほかの三人がいった。
 あの鍛冶屋(かじや)がまたいった。
「あやまちをおかしたからといって、あの女の罪(つみ)だろうか? 相手(あいて)の男は結婚(けっこん)するって約束(やくそく)したんだぜ。それに、おんなじようなあやまちをやったけど、いまじゃみんなから尊敬(そんけい)されている女を、おれは何人も知ってるぜ。」
「まったくだ。」
と、三人は声(こえ)をあわせて答(こた)えた。
 男はまたいった。
「かわいそうに、女手(おんなで)ひとつで子供(こども)を育(そだ)てるのに、あの女はどんなに苦労(くろう)したことだろう。うちの外(そと)へ出ないようになってから、どれほど涙(なみだ)を流(なが)したことだろう。なにしろ出かけるところといや、教会(きょうかい)だけだからな。あの女の苦労(くろう)をご存(ぞん)じなのは神(かみ)さまだけなんだ。」
「まったくなあ。」
と、三人がいった。

   モーパッサン=作 辻昶(つじ・とおる)=訳 「シモンのとうちゃん」 
   『ジュールおじさん・首かざり』 少年少女名作選 22 偕成社 1971
   底本:
   コナール版の〈モーパッサン全集〉 (1907-1910)
   アルバン=ミシェル版の〈モーパッサン短編集〉 (1967-1970)


(J6) 青柳 1971
「あのブランショットという女、あれでなかなか感心なもんだよ。あんな不幸な目にあっても、ちゃんと、しっかりしているからな。堅気な男がもらったって、りっぱな女房になるだろうぜ」
「そのとおり」と、三人は相槌(あいづち)をうった。
 その男はなおもつづけた。
「身をあやまったからといって、あの女ばかりの罪だろうか? 夫婦になる約束だったんだからな。それに、おなじようなあやまちをしたって、いまじゃ人さまから尊敬されている女だって、世間にはたくさんあるからな」
「そのとおり」と、三人は異口同音に答えた。
 彼はなおもつづける。——《女手ひとつで息子を育てるにはずいぶん苦労したろうが。なにせ、教会へ行くよりほかにはろくろく外にも出ないくらいだから、きっと泣いてばかりいたことだろうが。これは神様しかご存じないことだった》
「そうだ、そのとおりだ」と、三人が言った。

   ギ・ド・モーパッサン=作 青柳瑞穂=訳 「シモンのとうちゃん」
   『モーパッサン短編集2』 新潮文庫 1971/01 所収


(J7) 宮治 1969
「なんだかんだ言うけれど、やっぱりしっかりした、立派な女だよ。あのブランショットという女はね。あんな不幸にもめげないで、健気(けなげ)に、きちんとやってるし、正直者がもらえば、それにふさわしい立派な女房になることは請けあうね」
「そりゃほんとうだ」とほかの三人が言った。
 その職人はまたつづけた。
「間違いをしでかしたとはいっても、それがあの女だけの過失だろうか? 相手が夫婦の約束までかわしたんだから。それに、いまじゃ世間さまから立派だと思われていても、以前おなじような間違いをしでかした女を、何人でもおれは知ってるよ」
「そりゃほんとうだ」と三人が声をそろえて答えた。
 例の職人はまた言葉をつづけた。「どれだけ苦労したことだろうね、かわいそうに。女手一つでこの男の子を育てるにはね。教会へ行くときのほかは表へ出ない暮らしがつづいてからは、どれだけ涙を流したか、わかりゃしないよ。それを知っていらっしゃるのは神さまだけだよ」
「それもほんとうだ」とほかの連中が言った。
 
   モーパッサン=作 宮治弘之=訳 「シモンの父さん」
   中村光夫+宮治弘之=訳 『デュエット版・世界文学全集40 ベラミ/首飾り 他
   集英社 1969/10 所収


(J8) 望月 1963
「なんていったってあのブランショットという娘は善良で気のいゝ娘じゃねえか。不幸にあっても身の始末がよく、きちんとしていて、まじめな男にはちょうどいゝ相手だぜ」
「そうだ、そうだ」と、ほかの三人が云った。
 その労働者がまた話しつゞけた。
「犯ちをしたからといって、あの娘に責任があるかよう? 結婚の約束までしてもらったんだ。おれは、同じような犯ちをした娘でも、人から尊敬されている娘を何人も知っているぜ」
「ほんとうだ」と、三人が口をそろえて答えた。
 男はまた口をひらいた。「かわいそうに、あの娘がたったひとりで子供を育てなければならなかった苦労や、教会へ行くとき以外は家から出ないで悲しんでいたことは、神様だけしか知っちゃくれねえんだ」
「ほんとにそうだ」と、みんなが云った。

   モーパッサン=作 望月芳郎=訳 「シモンのパパ」
   鈴木信太郎+渡辺一夫=編 『世界短篇文学全集6 フランス文学/19世紀
   集英社 1963/01 所収


(J9) 久保 1958, 1983
[訳文は追って挿入するつもりです - tomoki y.]

   モーパッサン=作 久保伊平治(くぼ・いへいじ)=訳 「シモンのパパ」
   7a.モーパッサン短篇集2』 フランス名作対訳双書 第7
      第三書房 1983/07 所収
   7b.宝石・月光・狂女・シモンのパパ』 フランス名作訳註双書 第7
      第三書房 1958 所収


(J10) 新庄 1955
[訳文は追って挿入するつもりです - tomoki y.]

   モーパッサン=著 新庄嘉章(しんじょう・よしあきら)=訳 「シモンの父」
   『モーパッサン全集2』 春陽堂書店 1955 所収


(J11) 杉 1948, 1954, etc.
 「何とかいろいろ言うけれど、感心な立派な女だよ、あのブランショットという女は。あんな目にあつてはいるが、きちんとしたけなげな女さ。まつとうな男にとつて不足のない立派な女房になるさ」
 「そうだ、そりゃほんとだ」と、ほかの三人も言った。
 その職人はなおもつづけてこう言つた。
 「あやまちをしたことはしたが、それがあの女の落度だろうかな? 夫婦になると男が約束したんだ。同じようなことをして、しかもいま世間に立派な女として通用しているものをおれは何人も知っているよ」
 「そうだ、そりゃほんとだ」と、三人の職人が聲をそろえてそれに答えた。
 職人はまた言葉をつづけた。——「どれだけ苦勞したかしれないんだ、氣の毒に、女手一つでこの男の子をそだてるのにさ。外へ出るのは教會へ行く時だけというふうになってから、どれほどあの女が人知れぬ涙をしぼつたか、知つてござるのは神樣だけさ」
 「それもほんとだ」と、ほかの連中が言つた。

   モーパッサン=作 杉捷夫(すぎ・としお)=訳 「シモンのパパ」
   a.シモンのパパ・ひも』 新編 雨の日文庫 第3集 18 むぎ書房 1984/09 所収
   b. 阿部知二〔ほか〕編 『河出世界文学大系35
     河出書房新社 1980/11 所収
   c. 頸飾り 他十三篇』 角川文庫 1954/06 所収
   d.モーパッサン短篇傑作選集 第1』 文芸選書
      酣灯社(かんとうしゃ)1948 所収
   引用は c. に拠りました。


(J12) 前田 1911, 1920, etc.
[ルビを除いたテキスト]
『何といつたつて、ラ ブランショットは正直な好い女さ。不仕合せな目に遭つてもしッかりとこたへてゐてよ、立派に、正直な男の女房になつて行ける女さ。』
『それやァ全くだ。』と他の三人が言つた。
先きの鍛冶屋は言葉を續いだ。
『よしんばあの女に間違ひがあつた所で、それがあの女の咎なものか? ちやんと婚禮の約束までして置いたんぢやねぇか。けふ日立派な顏をしてゐながら、あの位のことをやつた奴は幾らあるか知れやしねぇ。』
『それやァ全くだ。』と三人は異口同音に答へた。
 鍛冶屋はまた續けた。
『可哀相に、自分の腕一つでわが子を敎育しようと云ふンで、どんなに骨を折つて働いたか、敎會へ行く外は、外に出ねぇやうになつてから、どんなに獨りで泣いたことか、知つてるなァ樣ばかりだ。』
『それやァへえ全くだ。』と三人は言つた。

   モウパッサン=著 前田晁(まえだ・あきら)=訳 「シモンの父」
   a.モウパッサン集 短編十種』 博文館 1911/02(明治44)所収
     国立国会図書館 近代文学ライブラリー
   b.モウパッサン全集2 生の誘惑』 天佑社 1920(大正9)所収
   c.モウパッサン集 短編十種』 博文館 1911/02(明治44)所収
   a.c. をスキャンしたもの。c. に収録された10篇は、すべて英訳からの
   重訳。底本は、Complete Works, Guy de Maupassant published by St. Dunstan
   Society. 引用は a. に拠りました。ンの小さい字は大きい字で置き換えました。
   原文は総ルビですが、ここではルビをすべて省略しました。


■ロシア語訳 Translation into Russian

— А все-таки Бланшотта хорошая, порядочная девушка. Живет она степенно и хозяйственно, хоть и случилось с ней несчастье. Она будет хорошей женой честному человеку.
— Это правда, — сказали остальные.
Рабочий продолжал:
— Она ли виновата, что оступилась! Он обещал на ней жениться, а мало ли мы знаем почтенных женщин, с которыми случилось то же.
— Это правда! — хором подтвердили остальные.
— А как ей было трудно одной растить ребенка, сколько слез она пролила с тех пор, один только бог это знает, и никуда она не ходит, кроме церкви.
— И это правда, — опять сказали кузнецы.

   Ги де Мопассан. Папа Симона
   Французская новелла XIX века / [Сост. Б.П.Мицкевич.]
   — Мн.: Изд-во «Университетское», 1984
   Перевод А.В.Ясной
   E-text at:
   * Библиотека OCR Longsoft
   * ModernLib.Ru


■ウクライナ語訳 Translation into Ukrainian

- А все-таки Бланшотта славна й чесна дівчина; живе вона статечно й хазяйновито, хоч і трапилось з нею нещастя. Вона буде хорошою жінкою чесному чоловікові.
- Це правда, - озвалося троє інших. Коваль вів далі:
- Хіба вона винна, що схибила? Він обіцяв одружитися з нею, а хіба мало ми знаємо жінок, яких поважають тепер, хоч з ними трапилось те ж саме?
- Це правда, - хором повторили троє.
Коваль провадив далі:
- А як їй важко було, бідолашній, самій виховувати дитину, скільки сліз вона пролила, виходячи тільки до церкви, про те один тільки бог відає.
- І це правда, - знову сказали ковалі.

   Гі де Мопаcсан. Сімонів батько
   E-text at Український Центр (ukrcenter.com)


■ブルガリア語訳 Translation into Bulgarian

— Тя все пак е добра и честна девойка, тая Бланшот, работлива е и прибрана въпреки нещастието си, достойна жена ще бъде за свестен мъж.
— То си е така — рекоха останалите трима.
Работникът продължи:
— Какво е виновно момичето, че е сбъркало? Обещал й беше да се оженят. Колко ги има — същото са правили, а днес са на почит.
— То си е така — отвърнаха в глас тримата мъже. Оня поде:
— А колко се е мъчила, горката, за да отгледа сама момчето си, колко сълзи е изплакала, откакто излиза само колкото да иде до църква, един бог знае!
— И това е вярно — казаха останалите.

   Ги дьо Мопасан. Таткото на Симон
   E-text at Моята библиотека (chitanka.info)


■ドイツ語訳 Translation into German

– Die Blanchotte ist doch ein mutiges, tapferes Mädel, ein ordentliches Ding trotz ihres Pechs. Das wär 'ne Frau für 'nen ehrlichen Mann.
– Das ist wahr, – meinten die drei andern.
Der Arbeiter fuhr fort:
– Darf man's dem Mädel weiter so groß anrechnen, wenn sie Geschichten gemacht hat? Der damals hatte ihr die Heirat versprochen, und ich weiß mehr als eine, über die kein Mensch 'n Wort verliert und die genau dasselbe gethan hat.
– Das stimmt! – antwortete der Chor der drei Männer.
Er hub wieder an:
– Was das arme Ding gelitten hat, sich geschunden hat, um ganz allein den Jungen groß zu ziehen, und was die geheult hat! Nun kommt sie gar nicht mehr heraus, bloß noch in die Kirche: nur der liebe Gott weiß es.
– Das ist auch wahr – sagten die andern.

   Simons Vater by Guy de Maupassant
   Translated by Georg Freiherr von Ompteda
   in Das Haus. Gesammelte Werke, Vol 4. Deutsche Verlags-Anstalt, 1921
   E-text at Projekt Gutenberg-DE


■英訳 Translations into English

(E1)
"La Blanchotte is all the same a good and honest girl, and stalwart and steady in spite of her misfortune, and one who would make a worthy wife for a honest man."
"That is true," remarked the three others.
The smith continued:
"Is it this girl's fault if she has fallen? She had been promised marriage and I know more than one who is much respected to-day, and who sinned every bit as much."
"That is true," responded the three men in chorus.
He resumed:
"How hard she has toiled, poor thing, to educate her lad all alone, and how much she has wept since she no longer goes out, save to go to church, God only knows."
"This also is true," said the others.

   The Works of Guy de Maupassant, Volume IV (of 8),
   by Guy de Maupassant
   Simon's Papa
   National Library Company, New York
   Copyright, 1909, by Bigelow, Smith & Co
   E-text prepared by Juliet Sutherland, Mary Meehan,
   and the Project Gutenberg Online Distributed Proofreading Team


(E2) McMaster & Henderson
"La Blanchotte is a good, honest girl, and upright and steady in spite of her misfortune, and would make a worthy wife for an honest man."
"That is true," remarked the three others.
The smith continued:
"Is it the girl's fault if she went wrong? She had been promised marriage; and I know more than one who is much respected to-day, and who sinned every bit as much."
"That is true," responded the three men in chorus.
He resumed:
"How hard she has toiled, poor thing, to bring up her child all alone, and how she has wept all these years she has never gone out except to church, God only knows."
"This is also true," said the others.

   Original Short Stories of Maupassant, Volume 11,
   by Guy de Maupassant
   Simon's Papa
   Translated by Albert M. C. McMaster, A. E. Henderson,
   Mme. Quesada and Others
   E-text released in 2004


■イタリア語訳 Translations into Italian

«Però la Blanchotte è una buona e brava figliola, coraggiosa e piena di giudizio nonostante la sua disgrazia, e sarebbe una degna moglie per un onest'uomo.»
«È vero», dissero gli altri.
L'operaio seguitò:
«È colpa della ragazza, se ha sbagliato? Ha creduto nella promessa del matrimonio, e ne conosco più d'una, oggi rispettatissima, che ha fatto altrettanto.»
«È vero» risposero in coro i tre uomini.
Il primo riprese: «E quanto ha penato, poveretta, per tirar su da sola questo figliolino, e quanto ha pianto da quando esce unicamente per andare in chiesa, Dio solo lo sa».
«Anche questo è vero», dissero gli altri.

   Il papà di Simon by Guy de Maupassant
   E-text at Logos Library


■スペイン語訳 Translations into Spanish

-Después de todo, la Blancota es una chica buena y cabal, seria y valerosa, a pesar de su desgracia. Ningún hombre honrado tendría por qué avergonzarse de ser su marido.
-Esa es la pura verdad -dijeron los otros tres. El primero siguió diciendo:
-¿Se le puede echar en cara a la chica su caída? Se comprometió a casarse con ella. Más de una conozco yo que hizo otro tanto y que hoy vive respetada por todos.
-Esa es la pura verdad -contestaron a coro los tres.
Y el otro prosiguió:
-Sólo Dios sabe las fatigas que ha pasado la pobre para sacar adelante a su chico sin ayuda alguna y lo que ha llorado desde que no sale de casa si no es para ir a la iglesia.
-Eso también es la pura verdad.

   El padre de Simón by Guy de Maupassant
   E-text at Ciudad Seva


■フランス語原文 The original text in French

--C'est tout de meme une bonne et brave fille que la Blanchotte, et vaillante et rangee malgre son malheur, et qui serait une digne femme pour un honnete homme.
--Ca, c'est vrai, dirent les trois autres. L'ouvrier continua:
--Est-ce sa faute, a cette fille, si elle a failli? On lui avait promis mariage, et j'en connais plus d'une qu'on respecte bien aujourd'hui et qui en a fait tout autant.
--Ca, c'est vrai, repondirent en choeur les trois hommes.
Il reprit:--《Ce qu'elle a peine, la pauvre, pour elever son gars toute seule, et ce qu'elle a pleure depuis qu'elle ne sort plus que pour aller a l'eglise, il n'y a que le bon Dieu qui le sait.》
--C'est encore vrai, dirent les autres.

   Guy de Maupassant "La Maison Tellier" 1891
   Le Papa de Simon
   E-text at Progect Gutenberg


■邦題の異同 Variations of the title translated into Japanese

  「シモンのとうさん」……山崎 1975
  「シモンのとうちゃん」…辻 1971
  「シモンのとうちゃん」…青柳 1971
  「シモンのパパ」…………佐藤 2011
  「シモンのパパ」…………高山 2002
  「シモンのパパ」…………太田 1998
  「シモンのパパ」…………望月 1963
  「シモンのパパ」…………久保 1958, 1983
  「シモンのパパ」…………杉 1948, 1954, 1980, 1984
  「シモンの父」……………新庄 1955
  「シモンの父」……………前田 1920, 1911
  「シモンの父さん」………宮治 1969


■更新履歴 Change log

  • 2013/09/02 目次を新設し、ロシア語訳、ウクライナ語訳、ブルガリア語訳、およびドイツ語訳を追加しました。
  • 2012/06/09 山崎庸一郎=訳 1975-08 を追加しました。
  • 2012/03/28 辻昶=訳 1971 を追加しました。
  • 2012/01/26 中国語訳(簡体字)、佐藤若菜=著 2011/12/15、スペイン語訳、およびイタリア語訳を追加しました。また、前田晁=訳 1911/02 の訳文を挿入しました。
  • 2009/07/11 「邦題の異同」の項を新設し、書誌情報とリンクを修正補足しました。
  • 2007/07/01 杉捷夫=訳 1954/06 を追加しました。
  • 2007/04/12 望月芳郎=訳 1963/01 を追加しました。
  • 2006/12/08 宮治弘之=訳 1969/10 を追加し、書誌情報を修正・補足しました。
  • 2006/12/02 書誌情報を修正・補足し、Amazon.co.jp その他の関連サイトへのリンクを張りました。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ翻訳ブログ人気ランキング参加中

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

  

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Saturday, 01 April 2006

Evelyn Waugh "Decline and Fall" 004

Photo_2

 「明かりを消すほうがかしこくないかね?」と、スニッグズ先生。
 暗闇の中、二人の先生は窓際に這(は)い寄った。下の中庭は、見分けのつけにくいぼんやりとした顔、顔、顔の万華鏡。
 「最低でも五十人はいますよ」と、ポスルスウェイト先生。「全員がこのカレッジの学生であってくれたらねえ! 五十人掛ける一人十ポンド。うひィー!」
 「チャペルを襲ってくれたら、もっとになるでしょう。おお、神よ、彼らをしてチャペルを襲わしたまえ、アーメン」とスニッグズ先生。
 「債務調査団の一員としてブダペストにいたときの、共産主義者の蜂起を思い出しますよ」
 「分かってますよ」と、ポスルスウェイト先生。スニッグズのハンガリー回顧談というのは、スコーン・カレッジでは知らない者がなかった。
 「今学期の不人気学生は誰と誰ですかね。必ずその学生の部屋を襲いますからね。ちゃんとそれを察して、今夜は外に出てくれているといいんですが」
 「一人はパートリッジじゃないかしら。マチスだか誰だかの絵を持っているでしょう」
 「それに、ベッドのシーツが黒だとかいう話で」
 「サンダーズもラムゼイ・マクドナルドと一回食事をしたし」
 「レンディングは狩りをする余裕があるくせに、陶器を集めてる」
 「おまけに、朝食のあとに庭で葉巻をやる」
 「オースティンなんてグランドピアノ」
 「壊すのは楽しいでしょうなあ」
 「今夜は罰金がうんとたまりそうだ。まあ、見ててごらんなさい! しかしね、正直なところ、学生監か学寮長もいるほうが気は楽ですね。わたしらの姿、見られちゃおらんでしょうな」
   富山太佳夫=訳『大転落』岩波文庫 1991年6月

「あかりを消したほうがよくはないか?」とスニッグズが言った。
 暗くして、二人の教員は窓にしのびよった。下の庭ははっきり見分けのつかない顔また顔の万華鏡だった。
「少なくとも五十人はいる」とポスルスェイトは言った、「全部このカレッジの連中ならいいが。一人十ポンドで五十人。すごいぞ!」
「礼拝堂を連中がおそえば、もっとになるぞ」とスニッグズが言った、「神よ、連中が礼拝堂をおそいますように」
「今学期評判の悪い学生はだれだろう。クラブの連中はそういう学生の部屋をいつも襲うんだ。今晩は外出していてくれればいいが」
「パートリッジはその一人だろうな。マチスとかなんとかいう奴のかいた絵をもっているからな」
「それにベッドには黒いシーツを敷いてるって話だ」
「それからサンダースは一度ラムゼイ・マクドナルド(当時の英国労働党党首)のところに晩餐に呼ばれたそうだ」
「それからレンディングは狩りをする金はあるくせに、陶器を集めている」
「それに朝食の後で庭で葉巻をふかすってね」
「オースティンはグランド・ピアノをもっている」
「きっと連中喜んでそいつをぶっこわすだろうな」
「今晩の被害は相当なものになるぞ、まあみてろよ。でも正直いって学生監か学寮長がいてくれれば安心なんだがな。まさかここにいるわれわれは連中にみつかりはすまいね?」
   柴田稔彦=訳『ポール・ペニフェザーの冒険』福武文庫 1991年4月

"Don't you think it would be wiser if we turned out the light?" said Mr Sniggs.
In the darkness the two dons crept to the window. The quad below was a kaleidoscope of dimly discernible faces.
"There must be fifty of them at least," said Mr Postlethwaite. "If only they were all members of the College! Fifty of them at ten pounds each. Oh my!"
"It'll be more if they attack the Chapel," said Mr Sniggs. "Oh, please God, make them attack the Chapel."
"I wonder who the unpopular undergraduates are this term. They always attack their rooms. I hope they have been wise enough to go out for the evening."
"I think Partridge will be one; he possesses a painting by Matisse or some such name."
"And I'm told he has black sheets on his bed."
"And Sanders went to dinner with Ramsay MacDonald once."
"And Rending can afford to hunt, but collects china instead."
"And smokes cigars in the garden after breakfast."
"Austen has a grand piano."
"They'll enjoy smashing that."
"There'll be a heavy bill for to-night; just you see! But I confess I should feel easier if the Dean or the Master were in. They can't see us from here, can they?"
   Evelyn Waugh "Decline and Fall" 1928

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2006 | Main | May 2006 »