« 100年前、漱石は千駄木で (漱石から虚子への手紙 1906-03-23) | Main | 村上春樹 『ノルウェイの森』 Norwegian Wood by Haruki Murakami »

Wednesday, 12 April 2006

Lady Chatterley's Lover by D. H. Lawrence D・H・ロレンス 『チャタレー卿夫人の恋人』『チャタリー卿夫人の恋人』『チャタレー夫人の恋人』『チャタレイ夫人の恋人』

■表紙画像 Cover photo

14473large


■中国語訳(簡体字) Translations into simplified Chinese

(Zh1) 雍穆贝勒 2009
然而,不管人们怎样感情用事,性爱始终是个中最古老,最污浊的关系和主题之一。吟诵性爱的诗人们大多都是男人。女人会觉得世界上还有更美好更高尚的东西。如今,她们对此更加深不疑。美丽纯粹的自由,比任何的性爱都显得可爱。可惜男人对于这点的认识落后很多,他们像狗一样沉迷于性事之中。

   《查泰莱夫人的情人》 D.H.劳伦斯 (作者), 雍穆贝勒 (译者)
   中国华侨出版社 2009-04-01
   Excerpt at Amazon.cn


(Zh2) 饶述一 1986
无论人怎样感情用事,性爱总是各种最古老、最宿秽的结合和从属状态之一。歌颂性爱的诗人们大都是男子。女子们‘向就知道有更好更高尚的东西。现在她们知之更确了。一个人的美丽纯洁的自由,是比任何性爱都可爱的。不过男子对于这点的看法太落后了,她们象狗似的坚要性的满足。

   《查太莱夫人的情人》 作者: [英] 戴·赫·劳伦斯 译者: 饶述一
   丛书: 现代西方文学译丛 湖南文艺出版社 1986-12
   E-text at:
   * 天涯在线书库 (www.tianyabook.com)
   * 语文备课大师 (xiexingcun.com)


■中國語譯(繁體字) Translations into traditional Chinese

(Tw1)
無論人們怎樣對此動情,性這東西終歸是古已有之的骯髒的交媾和支配—服從的關系。歌頌它的詩人多是男性。女人一直明白有什麼東西比這更美好,更高尚。而現今她們比以往任何時候都更明白這個道理。一個女人最美麗純潔的自由絕對比任何性愛更美好。唯一遺憾的是在這個問題的認識上男人比女人落後許多,他們在性事上固執如犬。

   勞倫斯 《查泰來夫人的情人》
   E-text at 電子書在線閱讀網 (r.book118.com)


(Tw2) 饒述一
無論人怎樣感情用事,性愛總是各種最古老、最宿穢的結合和從屬状態之一。歌頌性愛的詩人們大都是男子。女子們‘向就知道有更好更高尚的東西。現在她們知之更确了。一個人的美麗純洁的自由,是比任何性愛都可愛的。不過男子對于這點的看法太落后了,她們象狗似的堅要性的滿足。

   《査太萊夫人的情人》 作者:D.H.勞倫斯[英]    饒述一  譯
   E-text at 小説博覧 (novelscape.net)


■日本語訳 Translations into Japanese

(J1) 木村 2014
性の行為もまた、そういう古めかしい隷属的な生き方と関係している。いくら賛美しようと変わりはない。そもそも性を称揚する詩人はたいがい男である。昔から女は性よりも気高くて優れたものがあるのを知っていた。その認識もいまは確信にまで深まっている。女の自由というものは純粋で美しく、どのような性愛にも勝る。だが残念なことに、男はこれをまったく理解していない。しつこく交接を望むばかりだ。まるで犬みたいに。

   D・H・ロレンス=著 木村政則(きむら・まさのり)=訳
   『チャタレー夫人の恋人』 光文社古典新訳文庫 2014/09/20


(J2) 増口 2005
【tomoki y. による注記】
この訳書は書名に示されているとおり、初稿の翻訳です。これに対し、(J3) 以下の各版は、いずれもいわゆる「第3稿」の翻訳です。ロレンスは初稿を書いたあと、二度にわたって大幅な改稿をしています。したがって、(J3) 以下の引用に明白に対応している箇所を、この初稿訳 (J2) のなかに見つけることはできませんでした。

   D・H・ロレンス=著 増口充(ますぐち・みつる)=訳
   『初稿 チャタレー卿夫人の恋人』 彩流社 2005/05

   解題によれば底本はニューヨークのダイアル社から出版された次の初版本:
   The First Lady Chatteley. New York : Dial Press, 1944.
   これに加えて、ハイネマン版ペンギン版ケンブリッジ大学版
   随時参照された由。


(J3) 武藤 2004
そして、どんなにきれいごとを並べても、セックスというものは最も古くて忌まわしい繋がりと従属の一つだった。その栄光を歌った詩人の大半は男たちだった。女たちはずっと、もっと優れたましなもの、もっと高尚なものがあることを知っていたが、現代では今までにまして、はっきりと知っていた。美しく混じり気のない女性の自由はどんな性愛よりもはるかにすばらしかった。ただ一つ残念なのは、この件に関しては、男の方が女よりずっと遅れていることだった。男たちは犬のようにセックスにこだわった。

   D・H・ロレンス=著 武藤浩史(むとう・ひろし)=訳
   『チャタレー夫人の恋人』 ちくま文庫 2004/12


(J4) 永峰 1999
そしてそれをいかに感傷的に考えようと、この性に関することは最も古くからの下劣な人間関係であり、従属の一つだった。これを賛美する詩人はたいてい男である。女はいつももっと良いもの、もっと高尚なものがあることを知ってはいた。そして今、女はこれまで以上に明確にそれを知っている。女の美しく純粋な自由はいかなる性愛より、測り知れないほど素晴らしいのだ。唯一、不幸なことは、男はその問題では女より遥かに遅れをとっていることだ。男は犬のようにセックスを強要する。

   D・H・ロレンス=作 永峰勝男(ながみね・かつお)=訳
   『新訳 チャタレー夫人の恋人』 彩流社 1999/11


(J5) 伊藤+伊藤 1996
どのように情緒的に考えようとも、このような恋の交渉は、太古からある下等な関係とか隷属とかいうことの一つなのだ。恋を歌いあげた詩人たちの大部分は男だったのだ。女性は常に、恋よりももっと善いなにか、もっと高貴ななにかが存在していることを知っていた。しかも現代の女性は、いっそう決定的にそのことを知っている。女性の美しい純粋な自由というものは、どんな性的な恋愛よりもさらに無限に驚嘆すべきものなのだ。唯一(ゆいいつ)の不幸な点は、男性がこの問題では女性よりはるかに遅れてぐずぐずと歩いていることである。彼らは犬のようにセックスのことばかり考えている。

   D・H・ロレンス=作
   伊藤整(いとう・せい)=訳 伊藤礼(いとう・れい)=補訳
   『完訳 チャタレイ夫人の恋人』 新潮文庫 1996/11


(J6) 羽矢 1973, 1976
どんなに感傷化しようとも、この性のいとなみというものは、いちばん古くからの、うすぎたない結合と隷属のひとつなのであった。それを美化する詩人はたいてい男なのだ。女性はいつも、もっとましなもの、もっと高いものがあることを知っていたのだ。いまでは、前よりもっとはっきりとそのことを知っている。女の美しく純粋な自由だけが、どんな性愛よりも無限にずっとすばらしいのだ。ただひとつの不幸は、男たちがこの問題で女性にくらべてはるかに遅れているということだ。男たちは犬のように、性だ性だと騒ぎたてているばかりなのだ。

   ロレンス=著 羽矢謙一(はや・けんいち)=訳
   「チャタレイ夫人の恋人」
   a.豪華版 世界文学全集25 ロレンス』 講談社 1976/10 所収
   b.チャタレイ夫人の恋人』 講談社文庫 1973
   引用は a. に拠りました。


(J7) 西村 1965, 1974
そしてこのことをどんなに感傷的に考えようとも、この性という問題こそは大昔からある、下劣な関係や従属のひとつなのだ。これを賛美した詩人たちはたいてい男だった。なにかもっとましなものが、なにかもっと高いものが存在することを女性は常に知っていたのである。そしていまや女性は前にもまして決定的にそのことを知っているのである。女性のあの美しい純粋な自由こそはどのような性的な恋愛よりも限りなくすばらしいものなのだ。ただひとつ不運なことには、この問題では男のほうが女よりもはるかに遅れてのろのろ歩いているということだ。男ときたら犬みたいにこの性というものをしつこく求めているのである。

   D・H・ロレンス=著 西村孝次(にしむら・こうじ)=訳
   「チャタリー卿夫人の恋人」
   a.世界文学全集11』 研秀出版 1974 所収
   b.チャタリー卿夫人の恋人』 八潮版イギリスの文学 八潮出版社 1965
   引用は a. に拠りました。なお、研秀出版と、この世界文学全集については
   田坂憲二氏による次の論考を参照: 研秀出版『世界文学全集』の特色


(J8) 伊藤 1964
どのように感傷化しようとも、このような恋の交渉は、太古からある下等な関係とか隷属とかいうことの一つなのだ。恋のほめ歌を作った詩人たちの大部分は男であったのだ。女性は常に、恋よりももっと善いなにか、もっと高貴ななにかが存在していることを知っていたのだ。しかも現代の女性は、いっそう決定的にそのことを知っている。女性の美しい純粋な自由というものは、どんな性的な恋愛よりもさらに無限に驚嘆すべきものなのだ。唯一の不幸な点は、男性がこの問題では女性よりはるかにあとに遅れてぐずぐずと歩いていることである。彼らは犬のようにセックスにだけ熱中していることである。

   D・H・ローレンス=著 伊藤整=訳
   『チャタレイ夫人の恋人』 新潮文庫 1964


(J9) 斉藤 1962
どれ程感傷的に考えようとも、このセックスの事は最も古めかしいいやらしい関係や服従の一つだつた。これを讃美した詩人は殆ど男だつた。女性はいつももつと立派な何かが、高尚な何かがあるのを知つていた。そして現代では彼女たちはもつと確信的にそのことを知つている。女性の美しい純粋な自由はどんな性的な恋愛よりもずつと限りなく驚くべきものなのだ。ただ一つの不幸なことは男がこの問題に関してはるかに遅れて、のろのろしているということである。男たちは犬のようにセックスにばかり固執しているのだ。

   D・H・ロレンス=著 斉藤英弥=訳
   『チャタレイ夫人の恋人』 創人社 1962/10/10
   尚の旧字は新字で 置き換えました。


(J10) 飯島 1955, 1958, etc.
しかも、それをいかに感傷化しようとも、こうした性的なことは、最も古代的な、下劣な結びつきとか服従とかいうものの一つなのである。これを讃美(さんび)した詩人は、たいがい男性であった。女性はもっとましなもの、もっと高いものがあることを、昔から知っていた。そして、現代では、前にもまして決定的にそのことを知っている。女性の美しい、純粋な自由こそは、いかなる性的な愛情よりも、かぎりなく素晴らしいものなのである。ただ一つ不幸なことには、この問題では、男性が女性よりはるかにおくれていることだ。男性は犬のように、性に関することに固執(こしつ)しているのだ。

   D・H・ロレンス=作 飯島淳秀(いいじま・よしひで)=訳
   a. 『改訳 チャタレイ夫人の恋人』 角川文庫 1980/12
   b.チャタレイ夫人の恋人』 角川文庫 1958/05
   c.チャタレイ夫人の戀人(上)』 三笠新書 三笠書房 1955


■『チャタレー夫人の恋人』 朗読:エミリア・フォックス
 Lady Chatterley's Lover' read by Emilia Fox - A CSA Word Classic


■英語原文 The original text in English

And however one might sentimentalize it, this sex business was one of the most ancient, sordid connexions and subjections. Poets who glorified it were mostly men. Women had always known there was something better, something higher. And now they knew it more definitely than ever. The beautiful pure freedom of a woman was infinitely more wonderful than any sexual love. The only unfortunate thing was that men lagged so far behind women in the matter. They insisted on the sex thing like dogs.

   Lady Chatterley's Lover (1928) by D. H. Lawrence
   E-text at:
   * Project Gutenberg
   * Bibliomania.com


■更新履歴 Change log

2011/09/12 木村政則(きむら・まさのり)=訳 2014/09/20 を追加しました。
2011/03/31 雍穆贝勒による簡体字中国語訳 2009 と、もう一種類の繁體字中國
         語譯を追加し、他の訳の書誌情報を補足しました。
2010/08/16 斉藤英弥=訳 1962/10/10 を追加しました。
2009/09/23 西村孝次=訳 1974 を追加しました。
2009/08/08 増口充=訳の底本に関する書誌情報を補足しました。また、中國語
         譯(繁體字)がリンク切れになっていたので、別のリンク先にリンクを
         張り直しました。
2009/08/07 増口充氏による初稿の訳について、 相当する引用箇所を見出せ
         なかった旨の記述を挿入しました。また、エミリア・フォックスによる
         英語朗読のYouTube録音を追加しました。
2009/07/07 検索の便を考慮し、ブログ記事のタイトルに著者名の日本語表記と
         邦題を追加しました。
2006/11/09 中国語訳(簡体字)を追加しました。
2006/11/02 永峰勝男=訳 1999/11 を追加し、書誌情報を修正・補足しました。
2006/09/10 羽矢謙一=訳 1976/10 を追加しました。
2006/08/30 中國語譯(繁體字)を追加し、Amazon.co.jp の該当ページ、および
         電子テキストの該当ページへのリンクを張りました。
2006/04/14 伊藤整=訳 1964 を追加しました。


にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ84595840v1308102456

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■和書 Books in Japanese
(1) 「チャタレー」と表記するもの

(2) 「チャタレイ」と表記するもの

(3) 「チャタリー」と表記するもの

■洋書 Books in non-Japanese languages

■DVD

  

|

« 100年前、漱石は千駄木で (漱石から虚子への手紙 1906-03-23) | Main | 村上春樹 『ノルウェイの森』 Norwegian Wood by Haruki Murakami »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Lady Chatterley's Lover by D. H. Lawrence D・H・ロレンス 『チャタレー卿夫人の恋人』『チャタリー卿夫人の恋人』『チャタレー夫人の恋人』『チャタレイ夫人の恋人』:

« 100年前、漱石は千駄木で (漱石から虚子への手紙 1906-03-23) | Main | 村上春樹 『ノルウェイの森』 Norwegian Wood by Haruki Murakami »