« The Masque of the Red Death by Edgar Allan Poe エドガー・アラン・ポー 「赤き死の仮面」「赤死病の仮面」 | Main | A Lamp in a Window by Truman Capote トルーマン・カポーティ「窓辺の灯」「窓辺のランプ」 »

Monday, 03 April 2006

The Cask of Amontillado by Edgar Allan Poe エドガー・アラン・ポー 「アモンティリャードの樽」「アモンティラードの樽」

        目次 Table of Contents

 Video 1  The Cask of Amontillado (2011)
 Video 2  The Cask of Amontillado, The Ultimate Tale of Revenge (Taletube)
 Video 3  Nightmares from the Mind of Poe (2006)
 Video 4  Edgar Allan Poe: Terror of the Soul (1995)
 Video 5  Cask of Amontillado, an animation by Ace Gallagher
■中国語訳(簡体字)Translations into simplified Chinese
  (C1) 曹明伦
  (C2)
■中國語譯(繁體字)Translation into traditional Chinese
  Image   挿絵 Illustration
■日本語訳 Translations into Japanese
  (J1) 柴田 2010
  (J2) 小川 2006
  (J3) 八木 2006
  (J4) 李 2002
  (J5) 金原 2002
  (J6) 大岡 1998
  (J7) 中島+清水+多賀谷 1989
  (J8) 佐伯 1974
  (J9) 田中 1974
  (J10) 吉田 1970, 1971
  (J11) 松村 1965, 1968, etc.
  (J12) 谷崎 1962, 1969, etc.
  (J13) 谷崎 1929
  (J14) 佐藤 1919, 1924, etc.
  (J15) 平塚 1912, 1996
■日本語表記のゆれ Transliteration variations in Japanese
 Audio 1  ロシア語版オーディオブック(朗読) Audiobook in Russian
■ロシア語訳 Translation into Russian
■ブルガリア語訳 Translation into Bulgarian
 Audio 2  ポーランド語版オーディオブック(朗読) Audiobook in Polish
■ポーランド語訳 Translation into Polish
■スウェーデン語訳 Translation into Swedish
■チェコ語訳 Translation into Czech
 Audio 3  ドイツ語版オーディオブック(朗読) Audiobook in German
■ドイツ語訳 Translation into German
 Audio 4  イタリア語版オーディオブック(朗読) Audiobook in Italian
■イタリア語訳 Translation into Italian
■ポルトガル語訳 Translation into Portuguese
■カタルーニャ語訳(カタロニア語訳) Translation into Catalan
 Audio 5  スペイン語版オーディオブック(朗読) Audiobook in Spanish
■スペイン語訳 Translation into Spanish
 Audio 6  フランス語版オーディオブック(朗読) Audiobook in French
■フランス語訳 Translation into French
 Audio 7  英語原文朗読: ロイ・マクレディ Audiobook read by Roy Macready
■英語原文 The original text in English
■更新履歴 Change log


 Video 1 
The Cask of Amontillado (2011) trailer

Edgar Allan Poe's The Cask of Amontillado from PoeMovies on Vimeo.
Directed by Thad Ciechanowski. Starring  David Bielewicz, Ron Gielarowski, Frank Tirio Jr.


 Video 2 
The Cask of Amontillado, The Ultimate Tale of Revenge (Taletube)

Uploaded to YouTube by Taletube1 on 16 Nov 2008. Directed by Stephen J. Conley and John Dur. Illustrations by Joel Rives. Music by Felix Pando. Edited by Allan Wright.


 Video 3 
Nightmares from the Mind of Poe (2006) trailer

Uploaded to YouTube by willinghearts on 13 Jun 2008. Directed by Ric White. Starring  James R. Anderson, David Ballasso, David Bayer.


 Video 4 
"American Masters" Edgar Allan Poe: Terror of the Soul (1995)

Uploaded to YouTube by GottfriedGeist on 9 Mar 2007. Directed by Joyce Chopra. Starring John Heard, Rene Auberjonois.


 Video 5 
Cask of Amontillado, an animation by Ace Gallagher

An Ace Gallagher Production. The tune Cask of Amontillado by The Alan Parsons Project (APP). Lyrics at APP's Official Website


■中国語訳(簡体字)Translations into simplified Chinese

(C1) 曹明伦
对福尔图纳托加于我的无数次伤害,我过去一直都尽可能地一忍了之;可当那次他斗胆侮辱了我,我就立下了以牙还牙的誓言。你对我的脾性了如指掌,无论如何也 不会认为我的威胁是虚张声势。我总有一天会报仇雪恨;这是一个明确设立的目标——正是设立这目标之明确性消除了我对危险的顾虑。我不仅非要惩罚他不可,而 且必须做到惩罚他之后我自己不受惩罚。若是复仇者自己受到了惩罚,那就不能算已报仇雪恨。若是复仇者没让那作恶者知道是谁在报复,那同样也不能算是报仇雪恨。

   《一桶蒙特亚白葡萄酒》 爱伦·坡 曹明伦 译
   E-text at 网易读书


(C2)
福吐纳托对我百般迫害,我都尽量忍在心头,可是一旦他胆敢侮辱我,我就发誓要报仇了,您早就摸熟我生 性脾气,总不见得当我说说吓唬人。总有一天我要报仇雪恨;这个注意坚定不移,既然拿定主意不改,就没想到会出危险。我不仅要给他吃吃苦头,还要干得绝了后患。报仇的自己得到报应,这笔仇就没了清。复仇的不让冤家知道是谁害他,这笔仇也没了清。

   《一桶白葡萄酒》 作者:爱伦·坡
   E-text at:
   * 小説閲読網 (readnovel.com)
   * 推理书库
   * 艾伦坡


■中國語譯(繁體字)Translation into traditional Chinese

福吐納托對我百般迫害,我都盡量忍在心頭,可是一旦他膽敢侮辱我,我就發誓要報仇了,您早就摸熟我生性脾气,總不見得當我說說嚇唬人。總有一天我要報仇雪恨;這個注意堅定不移,既然拿定主意不改,就沒想到會出危險。我不僅要給他吃吃苦頭,還要干得絕了后患。報仇的自己得到報應,這筆仇就沒了清。复仇的不讓冤家知道是誰害他,這筆仇也沒了清。

   《一桶白葡萄酒》 愛倫·坡
   E-text at 龍騰世紀 (millionbook.net)


 Image  挿絵 Illustration
Image4


■日本語訳 Translations into Japanese

(J1) 柴田 2010
フォルトゥナートから受けた数多(あまた)の無礼に精一杯耐えてきたものの、面と向かって侮辱されるに至り、私は復讐を誓った。とはいえ、我が気質をよく御存知の諸君なら、私がよもや脅しの文句を口にしたなどとは思わぬであろう。最後は必ず復讐を遂げる——これは断固決まっている。そして断固そう決めたからこそ、危うさを伴う要素ははじめから排除していた。単に罰するというだけでなく、こちらはいっさい害を被らず罰せねばならない。処罰する者に懲罰が及んでしまっては、悪を是正したことにはならない。そしてまた復讐者が、己が復讐者であることを悪を為した者に伝えねば、やはり悪を是正したことにはならないのだ。

   エドガー・アラン・ポー=作 柴田元幸(しばた・もとゆき)=訳
   「アモンティリャードの樽」
   『モンキービジネス 2010 Winter vol.8 音号
   ヴィレッジブックス 2010/01/20 この雑誌の内容紹介


(J2) 小川 2006
フォルトゥナートという男にはさんざん苦しい目に遭わされて、ひたすら我慢を重ねたのです。しかし、ついに侮辱という形をとられては、もはや復讐あるのみと思いました。とはいえ、私の精神をご存じである以上、よもや脅し文句を口にする人間だったとは思われますまい……。
——いまに見ろ。と、そこまでは断固として決めたわけだが、断固としていればこそ、万に一つの手抜かりもあってはならなかった。処罰してやるのはよいが、逆襲が跳ね返ってくるのはいけない。報復であるからには、じわじわと思い知ってもらいたいし、誰の恨みで誅(ちゅう)されるのかわからせないと、それもまた悪を正したことにはならない。

   エドガー・アラン・ポー=作 小川高義(おがわ・たかよし)=訳
   「アモンティリャードの樽」
   『黒猫/モルグ街の殺人』 光文社古典新訳文庫 2006/10


(J3) 八木 2006
フォルトゥナートの数々の無礼は大目に見てきたが、侮辱となれば話は別で、私は復讐を誓った。しかし、わが性分よくご存知の方ならお見通しだろうが、私は脅迫めいたことは口にしなかった。だが、たっぷり(# たっぷりに傍点)お礼はさせていただく所存だった。その点は決定ずみだった——が、こうはっきりと心に決めた以上、絶対に危ない橋は渡ってはならない。報復はしても、処罰されてはならない。報復する者の身に懲罰が及ぶようでは、悪が正されたことにはならない。同様に、報復者が、かつてあだをなした相手に、いまこそわれは復讐されてあり、と痛感させるのでなければ、やはり本当に復讐したことにはならない。

   エドガー・アラン・ポオ=作 八木敏雄=訳 「アモンティラードの酒樽」
   『黄金虫・アッシャー家の崩壊 他九篇』 岩波文庫 2006/04


(J4) 李 2002
数え上げたらきりがないほどフォーチュネートから侮辱され、それでも私はじっとこらえて耐えてきた。だが、そこまでして私を傷つけるのかいう言動に出たとき、復讐を誓ったのだ。私が言葉で人を脅すような性分でないことを君はよく知っているはずだ。いずれ必ずこの恨みは晴らしてやる。この決心だけは揺らぐことはない。だが、私の心は決まったとはいえ、フォーチュネートに感づかれるような馬鹿な真似はしなかった。この男に制裁を加えるだけではなくこちらが罰を受けないように事を運ばなければならない。復讐者がその報いをうけるようでは復讐したことにはならない。また復讐を果たしても相手がその事に全く気づいていないときも復讐をなし遂げたとは言えないのだ。

   エドガー・アラン・ポー=作 李三宝(Lee Sanpoe)=訳
   「アモンティリャードの酒樽」 プロジェクト杉田玄白正式参加作品
   E-text at ダークライブラリー 2002


(J5) 金原 2002
あのフォルチュナートにはさんざん嫌な目に合わされてきたが、なんとかいままでがまんしてきた。しかしあそこまで侮辱されては、復讐を誓わざるをえない。わたしの性格をよく知っている人には、わたしが口先だけでそんなことをいうような男でないことはよくわかっているはず。徹底的に復讐してやる。わたしはそう決意した。しかしその決意を実行に移すにしても、決して危険をおかすようなことはしないという決意も、そこにはふくまれていた。ただあいつを罰するだけでなく、罪に問われないように罰しなくてはならない。また、相手に思い切り復讐をしてやったという喜びを全身で感じることができなければ、そんなものは復讐にならない。

   E・A・ポー=作 金原瑞人=訳 「アモンティリァードの樽」
   『モルグ街の殺人事件』 岩波少年文庫 2002


(J6) 大岡 1998
フォルトゥナートから受けた数知れない危害にも、私はできるかぎり耐えてきた。しかし、侮辱(ぶじょく)されたとあっては、復讐(ふくしゅう)せずにはいられない。とはいえ、私の性格をよくご存じの君ならおわかりのはずだが、おどかしめいたセリフなどひとことも口にしなかった。かならず思い知らせてやる。この点ははっきりきまっていた——だが、こうはっきり決心した以上、あぶない橋は絶対渡ってはいけない。罰をあたえて、しかもこちらは無傷でいなければだめだ。復讐しても、自分が罰せられてしまっては、復讐にはならない。また、かつてひどい目に遭わせた相手に、今の今復讐せられているのだ、と思い知らせてやるのでなければ、やはり真の復讐とはいえないのだ。

   エドガー・アラン・ポー=作 大岡玲(おおおか・あきら)=訳
   「アモンティラードの樽」 『アモンティラードの樽 その他
   地球人ライブラリー 小学館 1998/03


(J7) 中島+清水+多賀谷 1989
フォルチュナートの数知れぬ無礼には、我慢の限り耐えてきたが、彼奴がいよいよ侮辱の段にまで及んだ時、私は心に復讐を誓った。だが、この私が如何なる性質(たち)の人間だか、よく御存知の諸君なら、私が威(おどし)の文句で応えたなどとは思うまい。今に見ておれ、必ずこの恨みは晴らしてくれようぞ——私が胆に命じたのは、この一点であった。しかし、この折角の決意も、捨て身の暴挙に出たのでは話にならぬ。ただ罰するだけでは是非もないのだ。相手から仕返しを受けずに罰責しなければならぬ。不正は、正す側に報復が及んだのでは、匡(ただ)されたことにならぬ。しかも、不埒なその相手に復讐に参上仕ったと感得させた上でのことでなければ、これまた匡されたことには相ならぬ。

   エドガー・アラン・ポー=作
   中島剛(なかじま・たけし)+清水武雄(しみず・たけお)
   +多賀谷弘孝(たがや・ひろたか)=訳 「樽詰めのアモンティリャード」
   ナサニエル・ホーソン〔ほか〕=著 清水武雄=監訳 『失楽の群像
   ニューカレントインターナショナル 1989/11


(J8) 佐伯 1974
フォルトゥナートの加えた数知れぬ危害には、できるだけ耐え忍んできたぼくだったが、侮辱されたとあっては、復讐を誓った。とはいえ、ぼくの気性をよくご存知の君ならお判りのはずだが、おどしめいた文句は、ただ一言も口にはしなかった。必ず復讐はしてやる。この点ははっきりきまっている——が、こうはっきりと決心した以上、危ない瀬戸は絶対に渡ってはならぬ。罰を加えてやって、しかもこちらは無傷でいなければならない。復讐をしても、処罰されるのでは、復讐ということにはならない。また、かつて危害を加えた相手にいま復讐されていると思い知らせてやるのでなくては、やはり本当の復讐とはいえない。

   佐伯彰一=訳 「アモンティラードの樽」
   『世界文学全集32 ポオ/ホーソン』 講談社 1974


(J9) 田中 1974
フォルチュナアトから蒙った数限りもない不快を、忍べるだけは忍んで来たものの、彼奴(きゃつ)が不敵にも侮辱を加えて来たとき、わたしは復讐を心に誓った。とはいえわたしの性情をよく御存知の諸君のことゆえ、わたしが威嚇(おどかし)がましいことを口に出したろうなどとは思うまい。とどのつまりは、きっと思い知らせてやるぞ、きっぱりと腹に据えたのはこの一念であった——だがこう腹を据えたことは、とりもなおさず危ない橋を決して渡らぬということでもあった。誅罰(ちゅうばつ)を与えるだけではなく、罪を蒙らぬようにして誅罰せねばならぬのだ。悪を矯(ただ)した者の身に報復が及ぶとすれば、その悪は矯されたことにはならぬ。また、報復者が、その悪を行うた者に対して、われ復讐せりと感ずることができぬとすれば、同じく矯されたことにはならぬ。

   エドガー・アラン・ポー=作 田中西二郎=訳 「アモンティリャアドの酒樽」
   『ポオ小説全集4』 創元推理文庫 1974/09


(J10) 吉田 1970, 1971
フォルテュナトが私にたいして犯した数々の不都合は、何とか我慢してきたが、彼があえて私を侮辱するに及んで私は復讐を誓ったのだった。しかし私の性格を知っているものは私がそのような意向を洩(も)らさなかったことを理解するにちがいない。私はいつかは(#「いつかは」に傍点)復讐するのだった。これは確定的なことであって、——それだけに失敗の余地が残っていてはならなかった。すなわち私は彼を罰するのみならず、安全に彼を罰することが必要だった。なぜなら復讐したものがその結果報復されるようなことがあれば復讐は失敗したことになるからである。また同様に、もし復讐した場合に自分がそれを行なったことを相手に知らすことができなければ、その復讐はやはり失敗に帰するのである。

   ポー=作 吉田健一=訳 「アモンティラドの樽」
   10a.世界文学全集18 アシャー館の崩壊/黒猫 他』 集英社 1970/07
   10b.新集 世界の文学7 ホーソン/ポー』 中央公論社 1971
   引用は 10a. に拠りました。


(J11) 松村 1965, 1968, etc.
フォルテュナートの数々のひどい仕打ちはできるだけ我慢してきたが、あえて侮辱を加えるに至って、ぼくは復讐を誓ったのである。しかし、ぼくの性格をよく知りぬいているきみなら、口に出して相手をおどしつけたりしなかったことは想像がつくだろう。ついにはきっと恨みを晴らしてやる、これだけははっきり決めた――だが、断然そう決心したればこそ、ゆめ危険はおかすまいというつもりだった。罰は加えてやる、だが、こちらは無傷でそうしなくちゃいけない。復讐が復讐者にはね返ってくるようなら、仕返しをしたことにはならない。復讐者が、不正を働いた相手にこちらの報復をそれと気づかせられなかったら、これまた仕返しをしたことにはならない。

   エドガー・アラン・ポー=作 松村達雄=訳 「アモンティリャードの酒樽」
   11a.アモンティリャードの酒樽」 グーテンベルク21 電子書籍
   11b.カラー版 世界文学全集 13』 河出書房新社 1968
   11c.世界文学全集 8』 河出書房新社 1965
   引用は 11a. に拠りました。


(J12) 谷崎 1962, 1969, etc.
フォルチュナトにさんざんいじめられてできるだけ我慢していた私も、彼が私に侮辱を加えようとしたので、復讐を心に誓わずにいられなかった。もっとも私の性質をよく知っている人は、私が口へ出して彼を威嚇したとは思うまい。つまりは、復讐してやる——これが私の決心した要点だった。だがこうした決心には、やがて危険を予防する気持もあった。ただ彼を懲らすだけでなく、私に罪がふりかからないようにして懲らさなければならなかった。悪を懲らした人が返報を受けては、本当に悪が懲らされたことにならないのだ。そしてまた、悪事を行なった人に「返報されたのだな」と感じさせることができなかったら、やはりそれは懲らすことにならない。

   エドガア・アラン・ポオ=作 谷崎精二=訳 「アモンティラアドの樽」
   12a.ポオ小説全集1 推理小説』(全4巻)新装版 春秋社 1998/09
   12b.エドガア・アラン・ポオ全集1』(全6巻)新装版
      春秋社 1969/10
   12c.エドガア・アラン・ポオ小説全集1 推理小説』(全4巻・別巻1)
      春秋社 1962/05
   これらの訳は、下記 (J13) 谷崎 1929/01 の用字・仮名遣いなどを改めたもの。


(J13) 谷崎 1929
フォルチュナトにさん/゛\苛(いぢ)められて、出來るだけ我慢してゐた私も、彼が更に私に侮辱を加へようとしたので、復讐を心に誓はずにゐられなかつた。尤も私の性質をよく知つてゐる人は、私が口へ出して彼を威嚇(ゐかく)したとは思ふまい。つまりは、復讐してやる——これが私の決心した要點だつた。だがかうした決心にはやがて危險を豫防する氣持もあつた。たゞ彼を懲(こら)すだけでなく、私に罪がふりかゝらないやうにして懲さなければならなかつた。惡を懲した人が返報を受けては、本當に惡が懲された事にならないのだ。そして又、惡事を行つた人に『返報されたのだな』と感じさせる事が出來なかつたら、やはりそれは懲す事にならない。

   ポオ=作 谷崎精二=譯 「アモンティラアドの樽」
   『世界文學全集11 ポオ傑作集 緋文字・其他
   新潮社(非賣品)1929/01(昭和4)


(J14) 佐藤 1919, 1924, etc.
幾度か知れないフォチュナトオの暴害を私は出来るだけは忍んだ。けれども、彼が侮辱を敢てした時、私は復讐を誓つた。君は、私の心の性質を非常によく知つてゐる君は、しかし、私が威嚇を口に洩したとは想像しないであらう。結局(#原文は太字でなく傍点)私は復讐をする。これは私が確実に決定してゐる点である——しかしこの決心の確実こそは、私に軽はずみを戒めたものであつた。私は単に返報するだけではない、然も刑罰をのがれて返報するのだ。若し復讐者が罰せられる程ならば、その復讐は遂げられたことにはならない。同じくまた復讐者が相手の奴に復讐者としての自分を見せつけてやれないやうではその復讐は遂げられたことにはならない。

   14a. E.A. Poe=原作 佐藤春夫=訳 「復讐」
      『定本 佐藤春夫全集28 翻訳・翻案1』(全36巻)
      臨川書店 1998/11
   14b. E.A. Poe=原作 佐藤春夫=訳 「復讐」
      『佐藤春夫全集9』 講談社 1968
   14c. E.A. Poe=原作 佐藤春夫=訳 「復讐」
      『美人』 新潮社 1924/01(大正13)
   14d. 佐藤春夫=訳 「アモンチリャドウの樽(エドガア・アラン・ポオ)」
      『解放』 第6号 1919/11/01(大正8)
   初出は 14d.14a. の底本は 14c.。引用は 14a. に拠りました。


(J15) 平塚 1912, 1996
ホルチュネートから加へられた無數の損害を出來るだけ堪へた私も侮辱された時は誓つて復讐した。だが私の性質をよく知つてゐる人は私が威嚇するやうな言葉を口にしたとは御考へになるまい。己れいつかは復讐せずに置くものかといふこと丈は、實に動かすことの出來ぬ迄、決定した一點で、この覺悟の中には危險な思想を宿してゐた。と言ふのは私自身は罰せられるどころか全く無罪でなければならぬ。報が來るやうな復讐ぢや恨は晴されない。又敵の心に復讐されたといふことを深く感じさせることが出來ないやうでは矢張りいけない。

   ポー=作 平塚らいてう=訳 「アモンティレードの樽」
   15a. 川戸道昭+榊原貴教=編 ナダ出版センター=制作
      『明治翻訳文学全集《新聞雑誌編》19 ポー集』(全50巻・別巻2)
      大空社 1996/06
   15b. 『青踏』 1912/06(明治45)
   初出は 15b.15a.15b. を複製したもの。引用は 15a. に拠りました。


■日本語表記のゆれ Transliteration variations in Japanese

 "Amontillado" のカタカナ表記

  アモンチリャドウ………佐藤 1919, 1924
  アモンティラド…………吉田 1970, 1971
  アモンティラアド………谷崎 1929, 1962, 1969, 1998
  アモンティラード………八木 2006
  アモンティラード………大岡 1998
  アモンティラード………佐伯 1974
  アモンティリァード……金原 2002
  アモンティリャード……柴田 2010
  アモンティリャード……小川 2006
  アモンティリャード……李 2002
  アモンティリャード……中島+清水+多賀谷 1989
  アモンティリャード……松村 1965, 1968, etc.
  アモンティリャアド……田中 1974
  アモンティレード………平塚 1912, 1996

 "Fortunato" のカタカナ表記

  フォチュナトウ…………佐藤 1919, 1924
  フォルチュナアト………田中 1974
  フォルチュナト…………谷崎 1929, 1962, 1969, 1998
  フォルチュナート………金原 2002
  フォルチュナート………中島+清水+多賀谷 1989
  フォルテュナート………松村 1965, 1968, etc.
  フォルテュナト…………吉田 1970, 1971
  フォルトゥナート………柴田 2010
  フォルトゥナート………八木 2006
  フォルトゥナート………小川 2006
  フォルトゥナート………大岡 1998
  フォルトゥナート………佐伯 1974
  フォーチュネート………李  2002
  ホルチュネート…………平塚 1912, 1996


 Audio 1 
「アモンティリャードの樽」 ロシア語版オーディオブック(朗読)
Бочонок Амонтильядо : Audiobook in Russian

Uploaded to YouTube by Книгочей Наш on 12 Jan 2016.


■ロシア語訳 Translation into Russian

Тысячу обид я безропотно вытерпел от Фортунато, но, когда он нанес мне оскорбление, я поклялся отомстить. Вы, так хорошо знающий природу моей души, не думаете, конечно, что я вслух произнес угрозу. В конце концов я буду отомщен: это было твердо решено, -- но самая твердость решения обязывала меня избегать риска. Я должен был не только покарать, но покарать безнаказанно. Обида не отомщена, если мстителя настигает расплата. Она не отомщена и в том случае, если обидчик не узнает, чья рука обрушила на него кару.

  • Эдгар Аллан По. Бочонок амонтильядо. Translated by О.Холмской. Источник: "Эдгар По. Стихотворени. Проза", Изд-во "Худ.лит.", Москва, 1976, Библиотека Всемирной литературы, Серия вторая - литература XIX в.
  • OCR: Alexander Jurinsson
  • E-text at Lib.Ru

■ブルガリア語訳 Translation into Bulgarian

Хилядите несправедливости на Фортунато понесох, доколкото съумях, но когато той дръзна да ме обиди, аз се зарекох да отмъстя. Вие, които така добре познавате естеството на моята душа, едва ли бихте допуснали, че съм изрекъл някаква заплаха. Най-после мъст — този въпрос беше решен категорично, но самата категоричност на решението ми изключваше идеята за риск. Трябва не просто да накажа, а да накажа безнаказно. Една злина не е поправена, щом възмездието засегне поправящия. И еднакво непоправена е тя, ако отмъстителят не принуди сторилия злината да осъзнае отмъщението.

   Едгар Алън По. Бъчвата с Амонтилядо
   Translated by Огнян Ковачев, 1999
   E-text at Моята библиотека (chitanka.info)


 Audio 2 
「アモンティリャードの樽」 ポーランド語版オーディオブック(朗読)
Beczka Amontillada : Audiobook in Polish

Uploaded to YouTube by ThePietruchowski on 15 Dec 2012.


■ポーランド語訳 Translation into Polish

Zemsta, Kara Tysiące krzywd, zadanych mi przez Fortunata, zniosłem cierpliwej, niźli to było w mej mocy, lecz gdy doszło do zniewagi, poprzysiągłem sobie zemstę. Wy wszakże, którzy dobrze znacie mój charakter, nie pomyślicie chyba, że się zdradziłem choćby jedną pogróżką. Prędzej, później pomsta nadejść musiała — było to postanowienie, które zapadło ostatecznie. Sama jednak doskonałość powziętego pomysłu wykluczała wszelką myśl o narażeniu go na niebezpieczeństwo. Winienem był nie tylko ukarać, lecz ukarać bezkarnie. Nie wytępi obelgi ta kara, która tępiciela dosięga. Nie wytępi i wówczas, gdy pomstujący zaniedba odsłonięcia swej osoby przed tym, kto go zelżył.

   Beczka Amontillada by Edgar Allan Poe
   Translated by Bolesław Leśmian
   E-text at Wolne Lektury


■スウェーデン語訳 Translation into Swedish

T han tusen skador av Fortunato jag hade burit som jag bäst kunde, men när han vågade sig på förolämpa jag svor att hämnas. Du, som så väl vet vilken typ av min själ, kommer inte att tro, men det gav uttryck åt ett hot. Till sist skulle jag hämnas, vilket var en punkt definitivt, fast - men själva definitiveness som det beslutades förhindrad tanken på risken. Jag ska inte bara straffa utan straffa ostraffat. Ett fel är unredressed när vedergällning förbi sin redresser. Det är lika unredressed när hämnare underlåter att göra sig känt som sådant till honom som har gjort fel.

   Fat av Amontillado by Edgar Allan Poe
   Excerpt at sevenCrystal.com


■チェコ語訳 Translation into Czech

Bezpočet příkoří, jimiž mne Fortunato sužoval, jsem snášel trpělivě; jakmile se však opovážil urážet mě, zapřisáhl jsem se, že se mu pomstím. Vy, kteří tak dobře znáte mou pravou povahu, zajisté nepředpokládáte, že jsem svou hrozbu vyslovil nahlas. Jednou, až nastane čas, pomsta přijde - to jsem si nezvratně umínil; a právě nezvratnost tohoto rozhodnutí mi zapovídala riskovat nezdar. Musím nejen trestat, musím trestat beztrestně. Křivda zůstává neodčiněna, jestliže se odplata vymstí tomu, kdo odplácí. A právě tak zůstává neodčiněna, jestliže se mstitel neodhalí jako mstitel tomu, kdo se křivdy dopustil.

   Sud vína by Edgar Allan Poe
   E-text at V noci jsem snil, že jsem motýlem


 Audio 3 
「アモンティリャードの樽」 ドイツ語版オーディオブック(朗読)
Das Faß Amontillado : Audiobook in German

Uploaded to YouTube by Edgar Allan Poe on 8 Jul 2012.


■ドイツ語訳 Translation into German

Alle die tausend kränkenden Reden Fortunatos ertrug ich, so gut ich konnte, als er aber Beleidigungen und Beschimpfungen wagte, schwor ich ihm Rache. Ihr werdet doch nicht annehmen – ihr, die ihr so gut das Wesen meiner Seele kennt –, daß ich eine Drohung laut werden ließ. Einmal würde ich gerächt sein! Aber die Bestimmtheit, mit der ich meinen Entschluß faßte, verbot mir alles, was mein Vorhaben gefährden konnte. Ein Unrecht ist nicht bestraft, wenn den Rächer Vergeltung trifft für seine Rachetat; es ist auch nicht bestraft, wenn es dem Rächer nicht gelingt, sich als solcher seinem Opfer zu zeigen.

   Das Faß Amontillado by Edgar Allan Poe
   E-text at Zeno.org


 Audio 4 
イタリア語版オーディオブック(朗読) Audiobook in Italian

Uploaded to YouTube by Ménéstrandise Audiolibria on 6 Aug 2013.


■イタリア語訳 Translation into Italian

Avevo sopportato come meglio avevo potuto le mille offese di Fortunato. Ma quando egli si spinse sino ad insultarmi giurai vendetta. Voi pero' che ben conoscete la natura del mio animo non immaginerete certo che io possa avere espresso alcuna minaccia. Mi sarei vendicato COL TEMPO; questo lo avevo ben stabilito, ma la determinazione stessa con la quale avevo deciso di agire precludeva ogni idea di rischio. Non soltanto dovevo punire, ma dovevo farlo senza riportarne danno. Un torto non e' riparato, se la punizione ricade sul vendicatore; e rimane ugualmente inespiato, se il vendicatore non riesce a farsi riconoscere da colui che gli ha recato offesa.

   Il Barilozzo di Amontillado by Edgar Allan Poe
   E-text at Readme.it


■ポルトガル語訳 Translation into Portuguese

Suportei o melhor que pude as mil e uma injúrias de Fortunato; mas quando começou a entrar pelo insulto, jurei vingança. Vós, que tão bem conheceis a natureza da minha índole, não ireis supor que me limitei a ameaçar. Acabaria por vingar-me; isto era ponto definitivamente assente, e a própria determinação com que o decidi afastava toda e qualquer idéia de risco. Devia não só castigar, mas castigar ficando impune. Um agravo não é vingado quando a vingança surpreende o vingador. E fica igualmente por vingar quando o vingador não consegue fazer-se reconhecer como tal àquele que o ofendeu.

   O Barril de "Amontillado" by Edgar Allan Poe
   E-text at Cultura Brasileira


■カタルーニャ語訳(カタロニア語訳) Translation into Catalan

Havia suportat el millor que podia les mil injúries de Fortunato. Però quan arribà l’insult, jurí venjar-me. Vosaltres, que coneixeu tan bé la naturalesa del meu caràcter, no arribareu a suposar, no obstant això, que pronunciara la menor paraula respecte al meu propòsit. A la llarga, jo em venjaria: això era definitiu. Però la mateixa decisió amb què ho havia resolt excloïa tota idea de perill per la meua part. No sols havia de castigar, sinó castigar impunement. Una injúria queda sense reparar quan el seu just càstig perjudica el venjador. Igualment queda sense reparació quan aquesta deixa de donar a entendre a qui li ha agreujat que és ell qui es venja.

   La bóta d'amontillado by Edgar Allan Poe
   E-text at 1 - Castellnou Editora Valenciana [PDF]


 Audio 5 
「アモンティリャードの樽」 スペイン語版オーディオブック(朗読)
El barril de amontillado : Audiobook in Spanish

Uploaded to YouTube by COHENAMANTEDEHASHEM on 13 Oct 2012.


■スペイン語訳 Translation into Spanish

Lo mejor que pude había soportado las mil injurias de Fortunato. Pero cuando llegó el insulto, juré vengarme. Ustedes, que conocen tan bien la naturaleza de mi carácter, no llegarán a suponer, no obstante, que pronunciara la menor palabra con respecto a mi propósito. A la larga, yo sería vengado. Este era ya un punto establecido definitivamente. Pero la misma decisión con que lo había resuelto excluía toda idea de peligro por mi parte. No solamente tenía que castigar, sino castigar impunemente. Una injuria queda sin reparar cuando su justo castigo perjudica al vengador. Igualmente queda sin reparación cuando ésta deja de dar a entender a quien le ha agraviado que es él quien se venga.

   El barril de amontillado by Edgar Allan Poe
   E-text at Ciudad Seva


 Audio 6 
「アモンティリャードの樽」 フランス語版オーディオブック(朗読)
La barrique d'Amontillado : Audiobook in French

Uploaded to YouTube by Cécile Gatina on 6 Mar 2013.


■フランス語訳 Translation into French

J'avais supporte du mieux que j'avais pu les mille injustices de Fortunato; mais, quand il en vint a l'insulte, je jurai de me venger. Vous cependant, qui connaissez bien la nature de mon ame, vous ne supposerez pas que j'aie articule une seule menace. A la longue, je devais etre venge; c'etait un point definitivement arrete; -- mais la perfection meme de ma resolution excluait toute idee de peril. Je devais non seulement punir, mais punir impunement. Une injure n'est pas redressee quand le chatiment atteint le redresseur; elle n'est pas non plus redressee quand le vengeur n'a soin de se faire connaitre a celui qui a commis l'injure.

  • La Barrique d'amontillado, publiee dans l'ouvrage d'Edgar Poe, Nouvelles histoires extraordinaires (traduction de Charles Baudelaire, 1857)
  • E-text at Wikisource

 Audio 7 
「アモンティリャードの樽」 朗読: ロイ・マクレディ
The Cask of Amontillado read by Roy Macready

Produced by SpidersHouseAudio


■英語原文 The original text in English

The thousand injuries of Fortunato I had borne as I best could; but when he ventured upon insult, I vowed revenge.  You, who so well know the nature of my soul, will not suppose, however, that I gave utterance to a threat.  _At length_ I would be avenged; this was a point definitively settled - but the very definitiveness with which it was resolved, precluded the idea of risk.  I must not only punish, but punish with impunity.  A wrong is unredressed when retribution overtakes its redresser.  It is equally unredressed when the avenger fails to make himself felt as such to him who has done the wrong.


■更新履歴 Change log

  • 2016/02/26 ロシア語版オーディオブックとイタリア語版オーディオブックのYouTube 画面を追加しました。
  • 2016/02/25 Thad Ciechanowski 監督による映画 (2011) の予告編映像を追加しました。
  • 2013/09/09 ポーランド語版オーディオブックとドイツ語版オーディオブックの2本の YouTube 画面を追加しました。
  • 2013/08/08 松村達雄=訳を追加しました。
  • 2013/05/20 目次を新設しました。
  • 2013/04/07 カタルーニャ語訳、スペイン語版とフランス語版オーディオブック、およびEdgar Allan Poe: Terror of the Soul (1995) の YouTube 動画を追加しました。
  • 2013/03/05 Nightmares from the Mind of Poe (2006) の動画リンクを張りました。
  • 2013/02/11 ブルガリア語訳を追加しました。
  • 2012/07/07 ポーランド語訳を追加しました。
  • 2011/11/16 柴田元幸=訳 2010/01/20 の訳文を挿入しました。また、李三宝=訳2002 を追加しました。
  • 2011/02/01 柴田元幸=訳の書誌情報を追加しました。訳文は追って挿入するつもりです。また、ロシア語訳とスウェーデン語訳を追加しました。さらに、ブログ記事のタイトルをつぎのように変更しました。
    • 旧題: The Cask of Amontillado by Edgar Allan Poe エドガー・アラン・ポー「アモンティラードの樽」
    • 新題: The Cask of Amontillado by Edgar Allan Poe エドガー・アラン・ポー 「アモンティリャードの樽」「アモンティラードの樽」
  • 2011/01/28 ドイツ語訳、イタリア語訳、およびポルトガル語訳を追加しました。
  • 2010/09/08 Cask of Amontillado, an animation by Ace Gallagher の YouTube 動画を追加しました。
  • 2010/05/26 Stephen J. Conley と John Dur の両監督によるアニメとロイ・マクレディによる朗読の計2本のYouTube 動画を追加しました。
  • 2010/04/20 曹明伦による中国語訳(簡体字)を追加しました。
  • 2009/11/08 チェコ語訳を追加しました。
  • 2009/08/25 中國語譯(繁體字)を追加しました。
  • 2007/11/18 佐藤春夫=訳 1998/11, 1924/01, 1919/11 を追加しました。
  • 2007/07/16 平塚らいてう=訳 1996/06, 1912/06 を追加しました。
  • 2007/06/17 谷崎精二=譯 1929/01 を追加しました。
  • 2007/06/07 中島剛+清水武雄+多賀谷弘孝=訳 1989/11 を追加しました。
  • 2007/04/13 スペイン語訳を追加しました。
  • 2007/03/13 谷崎精二=訳に関する書誌情報を補足しました。
  • 2007/02/21 大岡玲=訳 1998/03 を追加し、"Amontillado" と "Fortunato" の日本語表記に関する注釈を補足しました。
  • 2006/11/24 中国語訳(簡体字)を追加しました。
  • 2006/11/23 小川高義=訳 2006/10 を追加しました。
  • 2006/09/28 Amazon.co.jp や電子テキストの該当ページへのリンクを張りました。
  • 2006/05/16 佐伯彰一=訳 1974 を追加しました。"Amontillado" と "Fortunato" の日本語表記に関する注釈をつけました。
  • 2006/04/25 八木敏雄=訳 2006 を追加し、書誌情報を修正・補足しました。
  • 2006/04/18 吉田健一=訳 1971 を追加しました。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ84595840v1308102456

Flag Counter

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages

|

« The Masque of the Red Death by Edgar Allan Poe エドガー・アラン・ポー 「赤き死の仮面」「赤死病の仮面」 | Main | A Lamp in a Window by Truman Capote トルーマン・カポーティ「窓辺の灯」「窓辺のランプ」 »

Comments

Hi, just wanted to mention, I liked this article. It was funny. Keep on posting!

Posted by: http://www.alllacedresses.com/lace-dresses | Saturday, 30 November 2013 09:02 pm

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference The Cask of Amontillado by Edgar Allan Poe エドガー・アラン・ポー 「アモンティリャードの樽」「アモンティラードの樽」:

« The Masque of the Red Death by Edgar Allan Poe エドガー・アラン・ポー 「赤き死の仮面」「赤死病の仮面」 | Main | A Lamp in a Window by Truman Capote トルーマン・カポーティ「窓辺の灯」「窓辺のランプ」 »