« Evelyn Waugh "Decline and Fall" 007 | Main | Around the World in 80 Days by Michael Palin マイケル・ペリン 『80日間世界一周』 »

Wednesday, 03 May 2006

Evelyn Waugh "Decline and Fall" 008

Waugh_evelyn


 夜の闇の中からストラスドラモンドのラムズデンが、ドゥルイド教の揺り石のようにふらふらしながら、彼の前を横切ろうとした。ポールは身をかわそうとした。
 幸か不幸か、ポールの母校のネクタイは、ボリンジャー・クラブの薄い青と白のそれと瓜二つであった。縞(しま)模様の幅が四分の一インチ違うといっても、ストラスドラモンドのラムズデンがそれに気がつこうはずがない。
 「ヒドい奴をつかまえたぞ、クラブのネクタイを締めてるくせに」と、この殿様が叫んだ。キリスト教以前の時代から、彼の一族が広大な地図なき荒れ地に族長として君臨してきたのは、こうしてみると、まったく意味のないことでもなかったらしい。
 スニッグズ先生は、いささか不安げな顔になって、ポスルスウェイト先生を見つめた。
 「誰かを捕まえたようですよ。おおごとをしでかさんでくれるといいんですがね」と彼が言うと、
 「ビリビリ、服を破いとるようですが」
 「まさかレンディング卿が餌食(えじき)では? これは助けにいかんと」
 「待った待った、スニッグズ君」と、ポスルスウェイト先生ははやる同僚の二の腕をおさえた。「待ちなさいよ。それはまずいですよ。上級研究員談話室の威信ということも考えてみないと。現状では彼らに規律をと言ってみても、馬に念仏。無法狼藉(#「無法狼藉」に傍点)は何としてでも避けなきゃいかんでしょうが」
 群徒は解散したらしい。スニッグズ先生はホッと安堵のため息をついた。
 「ともかく何事もなかった。レンディング君じゃなかった。ペニーフェザーという学生です——どういうこともない男ですよ」
 「やれやれ、それなら大いに手間がはぶける。喜ばしいね、スニッグズ君、実に喜ばしい。それにしてもその学生ね、ずいぶん派手に服をちぎられたもんだ!」
   富山太佳夫=訳『大転落』岩波文庫 1991年6月


 闇の中からラムズデン・オブ・ストラスドラモンドがドルイド教のあがめるゆるぎ岩(#「ゆるぎ岩」に傍点)のようにふらふらしながら行く手にあらわれた。ポールはわきをすりぬけようとした。
 たまたまポールのパブリック・スクールのネクタイは、ボリンジャー・クラブの水色と白の縞になったのととてもよく似ていた。縞の幅が五ミリぐらいちがっていようとラムズデンは気がつきそうにもなかった。
「ボリンジャーのタイをつけたいやな奴がいるぞ」とこのスコットランドの地主は言った。彼の先祖がキリスト教渡来前から何マイルもの不毛な荒野の無法地帯で頭目の地位を保ってきたのは無意味ではなかった。
 スニッグズはポスルスェイトを心配げに見た。
「どうやら連中誰かをつかまえたらしい。ひどいことをしなければいいが」
「そいつの服をはぎとっているようだよ」
「まさかレンディング卿じゃないだろうね? 口を出すべきかな」
「いやスニッグズ」とポスルスウェイトはせっかちな同僚の腕に手をかけて言った、「だめだよ。やめた方がいいよ。ぼくらは教員の体面を考えねばいかん。今の状態では連中は規律に従おうとしないかもしれない。こちらのいうことをきかないという事態はどうしてもさけねばね」
 人群は解散し、スニッグズはほっと安堵の溜息をついた。
「でも大丈夫だ。あれはレンディングじゃない、ペニフェザーだ。いい家柄の学生じゃない」
「じゃあ面倒がだいぶはぶける。よかった。スニッグズ、ほんとによかった。でもあの青年は服をはぎとられちまったようだな」
   柴田稔彦=訳『ポール・ペニフェザーの冒険』福武文庫 1991年4月


   Out of the night Lumsden of Strathdrummond swayed across his path like a druidical rocking-stone. Paul tried to pass.
   Now it so happened that the tie of Paul's old school bore a marked resemblance to the pale blue and white of the Bollinger Club. The difference of a quarter of an inch in the width of the stripes was not one that Lumsden of Strathdrummond was likely to appreciate.
   'Here's an awful man wearing the Boller tie,' said the Laird. It is not for nothing that since pre-Christian times his family had exercised chieftainship over unchartered miles of barren moorland.
   Mr Sniggs was looking rather apprehensively at Mr Postlethwaite.
   'They appear to have caught somebody,' he said. 'I hope they don't do him any serious harm.'
   'Dear me, can it be Lord Reading? I think I ought to intervene.'
   'No, Sniggs,' said Mr Postlethwaite, laying a hand on his impetuous colleague's arm. 'No, no, no. It would be unwise. We have the prestige of the senior commonroom to consider. In their present state they might not prove amenable to discipline. We must at all costs avoid an outrage ['outrage' in italic].'
   At length the crowd parted, and Mr Sniggs gave a sigh of relief.
   'But it's quite all right. It isn't Reading. It's Pennyfeather -- someone of no importance.'
   'Well, that saves a great deal of trouble. I am glad, Sniggs; I am, really. What a lot of clothes the young man appears to have lost!'
   Evelyn Waugh "Decline and Fall" 1928



 
 

|

« Evelyn Waugh "Decline and Fall" 007 | Main | Around the World in 80 Days by Michael Palin マイケル・ペリン 『80日間世界一周』 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Evelyn Waugh "Decline and Fall" 008:

« Evelyn Waugh "Decline and Fall" 007 | Main | Around the World in 80 Days by Michael Palin マイケル・ペリン 『80日間世界一周』 »