« My Autobiography by Charles Chaplin チャールズ・チャップリン 『チャップリン自伝』 | Main | The Purloined Letter by Edgar Allan Poe エドガー・アラン・ポー 「盗まれた手紙」「盗難書類」 »

Monday, 29 May 2006

Evelyn Waugh "Decline and Fall" 010

Waugh
Evelyn Waugh. Photo: Mark Gerson
Source of the image: The British Library | The world's knowledge
http://www.bl.uk/collections/britirish/modbriwaugh.html


 ポールは中庭を横切ろうとして、スニッグズ先生に出会った。
 「出るの?」副学生監はあくまで明るかった。
 「はい、先生」と、ポールは答えた。
 少し先で、彼は大学付きの牧師に出会った。
 「おっ、ペニーフェザー君。こんなときで何だけど、スタンリー司祭の『東方教会』ね、確かわたしのがきみのところに行っていたね」
 「はい、テーブルの上に返しておきました」
 「ありがとう。じゃ、まあ、元気で。昨夜(ゆうべ)の不埒な事件のあったあとだからね、何か他の職業を考えるしかあるまいね。しかしまあ、喜んでいいのかもしれんよ。手遅れになる前に、牧師にむかんことが分ったわけだから。牧師があんなことをしてごらんなさい、それこそ世間中に知れてしまう。なのに、多いんだね、そういうのが! で、この先、何をするつもりなの?」
 「まだはっきりしないんですが」
 「商業関係ならいつでもあるでしょ。ひょっとしたら、スコーンで学んだ理念のいくつかを実業界で生かすことができるかもしれん。まあ、簡単ではあるまいがね。勇気をもって、不名誉をそそぐことだね。不屈の精神について、ジョンソン博士も言っていたね……ええと……まったくねえ、ズボン抜きとは!(#「ズボン抜きとは」に傍点)」
 門のところでポールは番人に心付けを渡した。
 「お別れです、ブラックオールさん。しばらくは会う機会もないでしょう」
 「さようですか。とても残念な話ですがねえ。あなたも先生におなりになるんでしょうな。素行不良でここを退学になる学生さんは、大半がそうですから」
 「クソッたれが、どいつもこいつも地獄に堕ちりゃいいんだ」駅に向かう車の中で、彼は心中、おだやかな声で、そうつぶやいたものの、自分が恥しくなってしまった。罵詈雑言を口にすることはめったにない彼であったから。
   富山太佳夫=訳『大転落』岩波文庫 1991年6月


 中庭を横切っている時、ポールはスニッグズに会った。
「もう発つのかい?」と副学生監はにこやかに言った。
「そうです」とポールは言った。
 それから少し先のところで牧師に会った。
「ああ、ペニフェザー、発つ前に言っとくが、たしか君はスタンリイ司祭長の『東方教会』を僕から借りていただろう?」
「ええ。先生のテーブルの上においておきました」
「それはありがとう。じゃ、さよなら、君。昨夜あんなふらちな事件を起したのだから、なにか別の職業を君も考えねばなるまい。まあ君が聖職者として不適格だということを手おくれにならないうちに知ったってことは喜んでもいいだろう。牧師があんなことをしでかせば、世間にすっかり知られてしまうからな。そしてそういう牧師も残念ながらたくさんいる。君はこれからどんなことをするつもりかね?」
「まだよくわかりません」
「もちろん実業界にはいつだって入れるさ。君は実業の世界にスクーンで学んだ理想を幾分でももたらすことができるかもしれないな。でもそれも容易なことじゃないよ、いいかね。勇気をもって償いをしなければ。ジョンソン博士も忍耐について言ってるだろう?……やれやれズボンなしとはね」
 門のところでポールは番人にチップを与えた。
「じゃさよなら、ブラッコール」彼は言った、「当分お前にも会えないだろうよ」
「そうでございますね。あのことをうかがいましたが残念です。あなた様は学校の先生におなりでございましょうな。品行不良で退学になった方はたいていそうなさるようで」
「あの連中みんな地獄におちやがれ」ポールは駅に車を走らせながら小さな声で呟いた。そして言ってしまって恥かしくなった、彼はめったに悪態は吐かない男だったのである。
   柴田稔彦=訳『ポール・ペニフェザーの冒険』福武文庫 1991年4月


  As he crossed the quad Paul met Mr Sniggs.
  'Just off?' said the Junior Dean brightly.
  'Yes, sir,' said Paul.
  And a little farther on he met the Chaplain.
  'Oh, Pennyfeather, before you go, surely you have my copy of Dean Stanley's Eastern Church? [# "Easter Church" in italic]'
  'Yes, I left it on your table.'
  'Thank you. Well, good-bye, my dear boy. I suppose that after that reprehensible affair last night you will have to think of some other profession. Well, you may congratulate yourself that you discovered your unfitness for the priesthood before it was too late. If a parson does a thing of that sort, you know, all the world knows. And so many do, alas! What do you propose doing?'
  'I don't really know yet.'
  'There is always commerce, of course. Perhaps you may be able to bring to the great world of business some of the ideals you have learned at Scone. But it won't be easy, you know. It is a thing to be lived down with courage. What did Dr Johnson say about fortitude? . . . Dear, dear! no trousers! [# "no trousers" in italic]'
  At the gates Paul tipped the porter.
  'Well, good-bye, Blackall,' he said. 'I don't suppose I shall see you again for some time.'
  'No, sir, and very sorry I am to hear about it. I expect you'll be becoming a schoolmaster, sir. That's what most of the gentlemen does, sir, that gets sent down for indecent behavior.'
  'God damn and blast them all to hell,' said Paul meekly to himself as he drove to the station, and then he felt rather ashamed, because he rarely swore.
   Evelyn Waugh "Decline and Fall" 1928


|

« My Autobiography by Charles Chaplin チャールズ・チャップリン 『チャップリン自伝』 | Main | The Purloined Letter by Edgar Allan Poe エドガー・アラン・ポー 「盗まれた手紙」「盗難書類」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Evelyn Waugh "Decline and Fall" 010:

« My Autobiography by Charles Chaplin チャールズ・チャップリン 『チャップリン自伝』 | Main | The Purloined Letter by Edgar Allan Poe エドガー・アラン・ポー 「盗まれた手紙」「盗難書類」 »