« The Purloined Letter by Edgar Allan Poe エドガー・アラン・ポー 「盗まれた手紙」「盗難書類」 | Main | The Murder of Roger Ackroyd by Agatha Christie アガサ・クリスティ 『アクロイド殺し』『アクロイド殺害事件』『アクロイド殺人事件』『アクロイドを殺したのは誰か?』 »

Wednesday, 31 May 2006

Evelyn Waugh "Decline and Fall" 011

20030220waugh
Source of the image: Hertford College | Alumni Web Site | Famous Alumni


   第一部 母校よ永遠に
   第一章 天与の職
 「素行不良で退学処分……というわけかね? まあ、きみのお父さんがこういう不面目を知らずにすんだのがせめてもの救いだ。まったく言葉もでない」
 オンズロー・スクウェアはしんと静まりかえっていた。その静けさを破るのは、ポール・ペニーフェザーの身元保証人の娘の蓄音器が、階段の上にあるピンクの小部屋から流しだすギルバート=サリヴァンの軽快な曲くらいのものであった。
 「娘には知らせるわけにいかん」と、保証人氏は続けた。
 そこでもう一度、間。
 「いずれにしても、お父さんの遺言にどう書いてあったか、きみも承知のはずだ。お父さんの残されたのは五千ポンド、その利子をきみの教育費にあてて、あとは二十一の誕生日にそっくりきみのものになるはずだった。そのときまであと十一ヶ月、そうだね? きみのお父さんはたいへんに慎重なひとで、それ以前に教育が終って、しかもきみの生き方がかんばしくないと思えるときには、月々のお金を渡さぬようにという委任があった。今度のような事態になったのにお金を渡しつづけたんでは、わたしとしては、お父さんの信頼に応えることにはならん気がする。それにだね、きみが娘とひとつ屋根の下に住むのをこちらから認めるわけにいかんことくらい、言わなくても分ってくれるだろう」
   富山太佳夫=訳『大転落』岩波文庫 1991年6月


   第一部
   第一章 天職
「品行不良で退学になったって?」とポールの保護者は言った、「まあ君のお父さんをこの恥辱にあわせないですんだことはせめてものことだ。わたしの言うことはそれだけだね」
 オンスロー・スクエアはしんとしていて、ただ保護者の娘の蓄音機が二階のピンクっぽい彼女の部屋でギルバート=サリヴァンの喜歌劇を鳴らしている音だけがした。
「うちの娘にはこのことを話してはいかん」と保護者は続けた。
 また間があいた。
「ところで」彼はまた話しだした、「君もお父さんの遺言の条件を知っているだろう。全部で五千ポンドお父さんはのこされたが、その利子を君の教育にあて、君が二十一歳の誕生日を迎えた時に全額が君のものになるはずだった。わたしの計算にまちがいなければ、それは今から十一カ月後にあたる。それ以前に君の教育が終った場合で、もし君の生活ぶりが満足いくものでなければ、この仕送りをさしとめてもよい権利をわたしは与えられている。もし今の状態で仕送りを続けるなら、君のお父さんが与えられた信頼にわたしは十分にこたえたことになるまいと思う。その上だれよりも君がわかってくれようが、わたしは今後君に娘と同じ屋根の下で住むようにすすめるわけにはいかないのだよ」
   柴田稔彦=訳『ポール・ペニフェザーの冒険』福武文庫 1991年4月


   Part One
   Chapter I Vocation
'Sent down for indecent behaviour, eh?' said Paul Pennyfeather's guardian. 'Well, thank God your poor father has been spared this disgrace. That's all I can say.'
   There was a hush in Onslow Square, unbroken except by Paul's guardian's daughter's gramophone playing Gilbert and Sullivan in her little pink boudoir at the top of the stairs.
   'My daughter must know nothing of this,' continued Paul's guardian.
   There was another pause.
   'Well,' he resumed, 'you know the terms of your father's will. He left the sum of five thousand pounds, the interest of which was to be devoted to your education and the sum to be absolutely yours on your twenty-first birthday. That, if I am right, falls in eleven months' time. In the event of your education being finished before that time, he left me with complete discretion to withhold this allowance should I not consider your course of life satisfactory. I do not think that I should be fulfilling the trust which your poor father placed in me if, in the present circumstances, I continued any allowance. Moreover, you will be the first to realize how impossible it would be for me to ask you to share the same home with my daughter.'
   Evelyn Waugh "Decline and Fall" 1928


|

« The Purloined Letter by Edgar Allan Poe エドガー・アラン・ポー 「盗まれた手紙」「盗難書類」 | Main | The Murder of Roger Ackroyd by Agatha Christie アガサ・クリスティ 『アクロイド殺し』『アクロイド殺害事件』『アクロイド殺人事件』『アクロイドを殺したのは誰か?』 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Evelyn Waugh "Decline and Fall" 011:

« The Purloined Letter by Edgar Allan Poe エドガー・アラン・ポー 「盗まれた手紙」「盗難書類」 | Main | The Murder of Roger Ackroyd by Agatha Christie アガサ・クリスティ 『アクロイド殺し』『アクロイド殺害事件』『アクロイド殺人事件』『アクロイドを殺したのは誰か?』 »