« 道展@京都市美術館 5/9〜14 | Main | In Patagonia by Bruce Chatwin ブルース・チャトウィン 『パタゴニア』 »

Wednesday, 10 May 2006

La planète des singes / Planet of the Apes by Pierre Boule ピエール・ブール 『猿の惑星』

La_planete_des_singes


■日本語訳 Translations into Japanese

(1) 高橋 2000
 ジンとフィリスは、居住惑星からできるだけ遠く離れた宇宙空間で、すばらしいヴァカンスを過ごしていた。
 すでに惑星間の旅はごくあたりまえになっており、恒星間の移動もとくに珍しくはない時代になっていた。宇宙船はシリウスの壮麗な観光名所へと旅行客を運んだり、牛飼座のアルクトゥルスや牡牛座のアルデバランにある有名な株式取引所へと投資家を運んだりしていた。しかし、裕福で暇を持て余しているジンとフィリスは、その独創性とちょっとした詩心によって、宇宙空間のなかでひときわ目立(めだ)つ旅をしていた。たんなる気晴らしのために、帆船で宇宙をめぐっているのである。

   ピエール・ブール=作 高橋啓(たかはし・けい)=訳
   『猿の惑星』 ハヤカワ文庫 2000/02


(2) 大久保 1968, 1995
 ジンとフィリスは生物の住む星々からなるべく遠くはなれた宇宙空間で、すばらしい休暇をすごしていた。
 そのころ、遊星間の旅行などはありふれたことだったし、恒星間を移動することも珍しくはなかった。ロケットが旅行者を狼星(シリウス)の絶景へ連れていったり、金融業者を大角星(アークチュラス)や雄牛座(アルデバラン)にある有名な株式取引所へ運んだりしていた。だが、金と暇をもてあましているジンとフィリスの夫婦はその気まぐれと詩人気質(かたぎ)で、宇宙のなかでも異彩をはなっていた。ふたりは気晴らしに宇宙を走りまわっていた——帆をあげて走りまわったのだ。

   ピエール・ブール=作 大久保輝臣(おおくぼ・てるおみ)=訳
   2a.猿の惑星』 創元SF文庫 1995/10
   2b.猿の惑星』 創元推理文庫 1968/07
   引用は 2b. に拠りました。


(3) 小倉 1968
 ジンとフィリスは生物の住む星からできるだけ遠く離れた宇宙空間で、すばらしい休日をたのしんでいた。そのころ太陽系内では惑星間の航海など日常茶飯のことだったし、恒星間旅行も珍しくはなかった。ロケットが旅行者たちをすばらしいシリウスへ連れていったり、財界人たちをアークテュラスやアルデバラン(雄牛座中の一等星)の有名な株式取引所へ運んだりしていた。が、暇と金に不自由のないジンとフィリスの夫婦は、彼らの宇宙ではその奇行と詩人気質(かたぎ)で名を知られていた。二人は気ばらしに宇宙を気ままに遊んであるいた——帆走したのだ。

   ピエール・ブール=作 小倉多加志(おぐら・たかし)=訳
   『猿の惑星』 ハヤカワ・ノヴェルズ 1968/05


■英訳 Translation into English

Jinn and Phyllis were spending a wonderful holiday, in space, as far away as possible from the inhabited stars.
  In those days interplanetary voyages were an everyday occurrence, and interstellar travel not uncommon. Rockets took tourists to the wondrous sites of Sirius, or financiers to the famous stock exchanges of Arcturus and Aldebaran. But Jinn and Phyllis, a wealthy leisured couple, were distinguished in the cosmos for their originality and a few grains of poetry. They wandered over the universe for their pleasure -- by sail.

   "Planet of the Apes" (originally "Monkey Planet")
   written by Pierre Boule
   translated by Xan Fielding, 1963
   An excerpt from Planet of the Apes at BookSense.com


■フランス語原文 The original text in French

Jinn et Phyllis passaient des vacances merveilleuses, dans l'espace, le plus loin possible des astres habités.
  En ce temps là , les voyages interplanétaires étaient communs; les déplacements intersidéraux, non exceptionnels. Les fusées emportaient des touristes vers les Bourses fameuses d'Arcturus et d'Aldebaran. Mais Jinn et Phyllis, un couple de riches oisifs, se signalaient dans le cosmos par leur originalité et par quelques grains de poésie. ils parcouraient l'univers pour leur plaisir - à la voile...

   La Planète des Singes par Pierre Boule, 1963
   An excerpt from la Planète des Singes at SciFi-Universe.Com


■tomoki y. による追記(2006/05/11)
 Comments by tomoki y., posted 2006/05/11

下の MMM さんのコメントに対するお答えを、ここに書きます。コメント欄に日本語入力をしようとすると、なぜか文字化けしてしまいますので。

そう、原作はフランス語。作者ピエール・ブールには、もう一作、映画化された有名な作品があります:"Le pont de la riviere Kwai"(アクセント記号は省略)。英訳本タイトルは "The Bridge over the River Kwai." 映画のタイトルは、"The Bridge on the River Kwai."  映画化に際して、なぜか前置詞が "over" から "on" に変わっています。原作と映画を区別するために、わざとそうしたのかな? ともあれ、邦題はごぞんじ『戦場にかける橋』。

猿の登場するSF映画と、第二次大戦を舞台にした戦争大作は、一見むすびつかなそうです。なので、両作品の原作者が同一人物だということは、意外と知られていません。私自身も、わりと最近まで知りませんでした。でも、じつは両作品とも、作者ブールの戦争捕虜体験が基になっています。両作品をむすびつけるキーワードは、日本兵。つまり、『猿の惑星』で人間を支配する猿たちのモデルになったのは、『戦場にかける橋』にも登場する、あの第二次大戦中に連合軍の兵士や将校たちを捕虜にした、日本軍の軍人たちだったというわけです。多くの日本人にとっては、屈辱的な事実かもしれませんね。

「遊星」、星座名、恒星にある(?)株式取引所などについてのご指摘、ごもっとも。翻訳の現場にかかわる人たちならば、いずれも当然気づくべき事柄でしょう。40年前の日本語って、けっこう古びて見えるものですね。また、商品として現在の時点で買って読んでもらうための訳文となると、別個の配慮も必要になってくるかもしれません。とはいえ、MMMさんのしてくださったようなご指摘は、大いに歓迎します。ありがとうございました。


 Image gallery 
ポスターやDVDのジャケット Posters and DVD covers

ja Ja_saru_no_wakusei hu Hu_a_majmok_bolygoja_poster fi Fi_apinoiden_planeetta

el El__jpg ru Ru___planet_of_the_apes uk Uk___planetoftheapes1968

pl Pl_planeta_map cs Cs_planeta_opic no No_apeplaneten

sv Se_apornas_planet_1968_2 da Da_abernes_planet de De_der_planet_der_affen

it It_il_pianeta_delle_scimmie pt Pt_oplanetadosmacacos pt Pt_pt_o_homem_que_veio_do_futuro

es Es_el_planeta_de_los_simios fr Fr_la_planete_des_singes en En_planetoftheapes


■更新履歴 Change log

  • 2013/10/06 ギリシャ語の画像を追加しました。
  • 2013/02/23 ポルトガル語(ポルトガル)の画像を追加しました。
  • 2013/01/22 イメージギャラリーを新設しました。
  • 2010/01/03 フランス語原文に抜けていたアクセント記号を補いました。
  • 2007/04/12 見出しの追加、リンクの追加など、細部の修正を行ないました。また、つぎのとおり、記事のタイトルに著者名を挿入しました。
    • 旧タイトル: La planete des singes / Planet of the Apes / 猿の惑星
    • 新タイトル: La planete des singes / Planet of the Apes by Pierre Boule ピエール・ブール『猿の惑星』
  • 2006/07/07 Amazon.co.jpや無料電子テキスト・サイトへのリンクを張りました。

にほんブログ村 
本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ84595840v1308102456

Flag Counter

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Renew the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■DVD

■洋書 Books in non-Japanese languages
 

■和書 Books in Japanese

|

« 道展@京都市美術館 5/9〜14 | Main | In Patagonia by Bruce Chatwin ブルース・チャトウィン 『パタゴニア』 »

Comments

 「猿の惑星」って原作はフランス語の作品だったんですか! 
 「遊星」なんていう言葉が古めかしさを感じさせます。原作も古いんだからこれでよいのかな。
 どの訳者も恒星の名前の扱いに悩んでるな。大角星って何かと思ったら、こういう名前があるんですね。(でも読者にはわかんない。アルデバランは「雄牛座」でごまかしてるしー。だいたい星座名なら「牡牛座」なのでは…。)
 訳者のせいではないと思いますが、恒星そのものに株式取引所があるみたいに読めるのは引っかかります。オタクのゴタク? 古い作品なんだからおおらかな気持ちで読まなくちゃいけませんね。

Posted by: MMM | Thursday, 11 May 2006 01:05 am

MMM-san, thank you for your comment. Please refer to my reply above.

Posted by: tomoki y. | Thursday, 11 May 2006 04:56 pm

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference La planète des singes / Planet of the Apes by Pierre Boule ピエール・ブール 『猿の惑星』:

« 道展@京都市美術館 5/9〜14 | Main | In Patagonia by Bruce Chatwin ブルース・チャトウィン 『パタゴニア』 »