« The Celebrated Jumping Frog of Calaveras County by Mark Twain マーク・トウェイン 「その名も高きキャラヴェラス郡の跳び蛙」 | Main | The Scarlet Letter by Nathaniel Hawthorne ホーソーン / ホーソン 『緋文字』『緋の文字』『スカーレット・レター』『スカレツトレター』 »

Monday, 08 May 2006

The Travels of Marco Polo マルコ・ポーロ 東方見聞録

        目次 Table of Contents

■はじめに Introduction
 Video  TV 『シルクロード 1C マルコ・ポーロ』 Treasure Seekers: The Silk Road (2001)
  Map   マルコ・ポーロの旅行の推定ルート Estimated routes of Marco Polo's travels
■日本語訳 Translations into Japanese
  (J1) 月村+久保田 2002
  (J2) 谷 1991
  (J3) 愛宕 1971, 1984, etc.
  (J4) 青木(一)1960
  (J5) 青木(富)1954, 1969, etc.
  (J6) 佐伯 1945
  (J7) 生方 1914
■ロシア語訳 Translation into Russian
■英訳 Translation into English
■スペイン語訳 Translation into Spanish
■イタリア語訳 Translation into Italian
■現代フランス語訳 Translation into modern French
 Gallery  マルコ・ポーロ 東方見聞録 『驚異の書』 Le Livre des Merveilles
■古フランス語原文 The original text in Old French
■更新履歴 Change log


■はじめに Introduction

英語の Japan やフランス語の Japon の語源になったとされる「ジパング」。マルコ・ポーロのいわゆる『東方見聞録』に現れるこの地名は、日本という東洋の島国をヨーロッパ世界に初めて紹介したものとして、日本では特に有名だ。

では、マルコ・ポーロは、ジパングについて具体的にどのように述べたのか? その該当部分を、幾通りかの日本語訳で下に引用する。そのあと、英訳・スペイン語訳・イタリア語訳・現代フランス語訳・古フランス語原文を示す。


 Video 
テレビ 『シルクロード 1C マルコ・ポーロ』 音声: 英語 字幕: 繁體中文
TV Treasure Seekers: The Silk Road (2001) Episode 1 Part C, Marco Polo
Sound: English, Subtitles: traditional Chinese

マルコ・ポーロは、本当に中国へ行ったのか? 彼の旅行記は、そのすべてが彼自身の実体験なのか? それとも、伝聞や空想が入り混じっているのか? 肯定・否定双方の論者が、それぞれの立場を述べる。 National Geographic Television. JJames Barrat (director), Gavin MacFadyen (narrator)


  Map  
マルコ・ポーロの旅行の推定ルート
Estimated routes of Marco Polo's travels
Marco_polos_travels
Image source: The Great Explorers | Marco Polo
Saint Joseph's Convent of Mercy Primary School's Home Page


■日本語訳 Translations into Japanese

(J1) 月村+久保田 2002
 サパング(日本国)は東方の島で、大洋の中にある。大陸から1500マイル離れた大きな島で、住民は肌の色が白く礼儀正しい。また、偶像崇拝者である。島では金が見つかるので、彼らは限りなく金を所有している。しかし大陸からあまりに離れているので、この島に向かう商人はほとんどおらず、そのため法外の量の金で溢れている。


(J2) 谷 1991
 サパングは東の方、中国の大陸からおよそ千五百マイルの大洋のなかにある。この島は、とても大きな島である。住民は色白で、ほど良い背の高さである。彼らは自身の国王を持っており、他国の王に従属(じゅうぞく)していない。そこには莫大(ばくだい)な黄金があるが、国王はやすやす黄金を国外に持ち出すことをゆるさない。それゆえ、そこへはほとんど商人が行かないし、同じように他国の船もまれにしか行かない。

  • 1. 日本史に登場(とうじょう)してきたヨーロッパ人 黄金の国(ジパング)(日本)は、人喰(く)い人種の国? 谷真介(たに・しんすけ)=著 『外国人の見た信長・秀吉・家康〜日本にはいってきた南蛮文化〜』 ポプラ社教養文庫 15 ポプラ社 1991/04
  • この本は児童書。底本は不明。上の引用は原典からの直訳ではなさそうです。巻末の「参考文献」ページには、下掲・愛宕松男氏の東洋文庫版が挙げられています。

(J3) 愛宕 1971, 1984, etc.
 チパング〔日本国〕は、東のかた、大陸から千五百マイルの大洋中にある、とても大きな島である。住民は皮膚の色が白く礼節の正しい優雅な偶像教徒であって、独立国をなし、自己の国王をいただいている。この国ではいたる所に黄金が見つかるものだから、国人は誰でも莫大な黄金を所有している。この国へは大陸から誰も行った者がない。商人でさえ訪れないから、豊富なこの黄金はかつて一度も国外に持ち出されなかった。右のような莫大な黄金がその国に現存するのは、全くかかってこの理由による。


(J4) 青木(一)1960
 チパング(訳註 「日本」の中国音ジーペン・グオの訛り)は東の方、大陸から千五百マイルの公海中にある島である。しかも、まことに大きな島である。住民は色白で、慇懃、優雅な偶像教徒である。ここは独立国で、彼ら自身の君主をいただいて、どこの国の君主からも掣肘を受けていない。
 莫大な量の黄金があるが、この島では非常に豊かに産するのである。それに大陸からは、商人さえもこの島へこないので、黄金を国外に持ち出す者もいない。いま話したように、大量の黄金のあるのもそのためである。


(J5) 青木(富)1954, 1969, etc.
 チパングは東海にある大きな島で、大陸から二、四◯◯キロの距離にある。
 住民は色が白く、文化的で、物資にめぐまれている。偶像を崇拝し〔この場合は明らかに仏教である〕、どこにも属せず、独立している。黄金は無尽蔵にあるが、国王は輸出を禁じている。しかも大陸からは非常に遠いので、商人もこの国をあまりおとずれず、そのため黄金が想像できぬほど豊富なのだ。


(J6) 佐伯 1945
 日本國(ジパング)(日本國(ニツポンコク)の訛)は支那大陸の東一千五百哩の大海に在る頗る大なる島國である。その住民は白皙で人智大いに開け天惠を蒙ること多大である。住民は佛教に歸依して居れども全く自主自立にして他國に服從するところがない。この國に無限無量の黄金がある。その理由はこの島國には黄金を産出すれども國王、君主は之を國外に輸出することを許さないのみならず、大陸より遠く距たれたるを以つて外國の商人もこの島國に到るものが無いから、黄金は無限に蓄積せらるるのみであるからである。

  • 佐伯好郎(さえき・よしろう)=著 『マルコ・ポウロの『東方見聞録』』 清明文庫 春秋社 1945
  • 同書から、著者・佐伯氏による抄譯と思われる箇所を引用しました。

(J7) 生方 1914
 ジパングは大陸即ちマンジの海岸から凡そ千五百哩の距離に在る、東の大洋の中の一つの島である。それは非常に形が大きく、其住民は容貌美しく生活状態は開化してゐる。彼等の宗教は偶像崇拝である。彼等は總ての外國の勢力より獨立し、彼等自身の王達にのみ支配されてゐる。彼等は黄金を非常に多量に持つ。其源泉は不盡藏である。けれども、王はそれを輸出することを許さないから、商人の其國を訪れる者なく、他の地方から多くの船が來ることもない。此事情の爲めに、皇室の非常なる富は出來たのであるといふことを、其處へ行つたことのある人々から我々は聞いてゐる。


■ロシア語訳 Translation into Russian

  Остров Чипунгу на востоке, в открытом море;  до него от материка тысяча пятьсот миль.
  Остров очень велик: жители белы, красивы и учтивы; они идолопоклонники, независимы,  никому не подчиняются. Золота, скажу вам, у них великое обилие: чрезвычайно много его тут, и не  вывозят его отсюда: с материка ни купцы, да и  никто не  приходит сюда, оттого-то золота у них, как я вам говорил, очень много.

  • Глава CLIX. Марко Поло. Книга о разнообразии мира. Перевод И. П. Минаева
  • E-text at Lib.Ru

■英訳 Translation into English

  Chipangu is an Island towards the east in the high seas, 1500 miles distant from the Continent; and a very great Island it is.
  The people are white, civilized, and well-favoured. They are Idolaters, and are dependent on nobody. And I can tell you the quantity of gold they have is endless; for they find it in their own Islands, [and the King does not allow it to be exported. Moreover] few merchants visit the country because it is so far from the main land, and thus it comes to pass that their gold is abundant beyond all measure.


■スペイン語訳 Translation into Spanish

Cipango es una isla a Levante que está a 1500 millas de tierra, en alta mar. Es una isla muy grande. Los indígenas son blancos, de buenas maneras y hermosos. Son idólatras y libres, y no están bajo el poder de nadie.

Tienen oro en abundancia, pero nadie lo explota, porque no hay mercader ni extranjero que haya llegado al interior de la isla. El señor de la isla posee un maravilloso palacio recubierto de oro por el interior y el exterior. Tienen perlas en abundancia de un oriente rosa. Es una isla muy rica, cuya riqueza es incalculable.


■イタリア語訳 Translation into Italian

Zipangu è una isola in levante, ch’è ne l’alto mare 1.500 miglia. L’isola è molto grande. Le gente sono bianche, di bella maniera e elli. La gent’è idola, e no ricevono signoria da niuno se no da lor medesimi.

Qui si truova l’oro, però n’ànno assai; neuno uomo no vi va, però neuno mercatante non ne leva: però n’ànno cotanto. Lo palagio del signore de l’isola è molto grande, ed è coperto d’oro come si cuoprono di quae di piombo le chiese. E tutto lo spazzo de le camere è coperto d’oro grosso ben due dita, e tutte le finestre e mura e ogne cosa e anche le sale: no si potrebbe dire la sua valuta.


■現代フランス語訳 Translation into modern French

L’île de Zipangu, qui est située dans la haute mer, est éloignée du rivage de Mangi de quinze cents milles ; elle est fort grande ; ses habitants sont blancs et bien faits ; ils sont idolâtres et ont un roi qui est indépendant de tout autre. Il y a dans cette île de l’or en très grande abondance ; mais le roi ne permet que fort difficilement qu’on en transporte hors de l’île. C’est pourquoi aussi il n’y a guère de marchands qui aillent négocier dans cette île. Le roi a un palais magnifique, dont la couverture est de lames d’or pur, de même que chez nous les grandes maisons le sont de plomb ou de cuivre. Les cours et les chambres sont aussi couvertes de ce précieux métal. On trouve en ce pays-là des perles en abondance, rondes, grosses, et de couleur rouge, qui sont bien plus estimées que les blanches. Il y a aussi d’autres pierres précieuses, lesquelles, jointes à la grande quantité d’or qu’il y a dans cette île, la rendent très riche.


 Gallery 
フランス国立図書館所蔵 マルコ・ポーロ 東方見聞録 『驚異の書』
Le Devisement du Monde ou Le Livre des Merveilles

↓ クリックして拡大 Click to enlarge ↓

Bnf_marco_polo_le_livre_des_merve_2

上の右ページの詳細 Details of the right page above
Bnf_marco_polo_le_livre_des_merve_3
第72葉 モンゴル軍がジパング(日本)制服に失敗する。
Fol. 72 : Les Mongols echouent a conquerir Sapangu [Japon]
Image source: Bibliothèque nationale de France (BnF) - Livres à feuilleter


■古フランス語原文 The original text in Old French

L’Isle de Zipangri est fort spacieuse, & de grande estendue, située en la haulte mer, a distance des havres de la province de Mangi de cinq cens lieues ou environ. Les habitans d’icelle sont blancz & d’assez belle stature, addonnez au service des idoles : ilz recongnoissent un Roy seul & particulier en leur pays, & ne sont a aucun autre tributaires. En ceste isle y à de l’or en grande abondance, toutesfois le Roy ne le permet facilement transporter hors du pays : ce qui est cause que bien peu de marchandz frequentent & traffiquent en ceste province. Le Roy à un palays sumptueux & magnifique duquel la couverture est entierement de lames d’or, tout ainsi que pardeça les grandes maisons seigneurialles sont couvertes de plomb ou de cuyvre. Semblablement les planchers des salles & chambres de ce palays sont lambrissez & couvertz de lames d’or (comme lon dict.) On trouve en ceste isle grande quantité de perles fort excellentes & singulieres, tant en grosseur que rotondité, & sont de couleur rouge, qui sont en plus grand pris, estime & valeur sans comparaison, que ne sont les blanches. Et oultre y à plusieurs pierres precieuses, lesquelles avec l’abondance de l’or rendent l’isle sur tout riche & opulente.

  • Troisiesme livre de Marc Paule Venetien, des regions de l’Inde Orientale. De l’isle de Zipangri. Chapitre II. Marco Polo - Le Devisement du monde Edition de E. Groulleau, 1556
  • E-text at Wikisource

■更新履歴 Change log

  • 2013/11/19 目次を新設しました。
  • 2012/12/02 谷真介=著 1991/04 とロシア語訳を追加しました。
  • 2012/10/28 スペイン語訳を追加しました。
  • 2012/10/27 イタリア語訳を追加しました。
  • 2012/06/11 古フランス語原文の文中に不必要なリンク表示が紛れ込んでいたのを削除しました。
  • 2011/08/22 現代フランス語訳と古フランス語原文を追加しました。また、書誌情報を補足・修正しました。さらに、フランス国立図書館所蔵マルコ・ポーロ 東方見聞録『驚異の書』の画像も追加しました。
  • 2011/03/11 「はじめに」の項とシルクロードの YouTube 動画を追加しました。
  • 2006/08/10 青木富太郎=訳 の現代教養文庫版、および電子書籍版についての情報を追加しました。
  • 2006/06/07 月村辰雄+久保田勝一=訳 2002、青木一夫=訳 1960、青木富太郎=訳 1954、佐伯好郎=譯(推定)1945、および生方敏郎=譯 1914 を追加しました。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ84595840v1308102456

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■DVD

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

  

保存

保存

保存

|

« The Celebrated Jumping Frog of Calaveras County by Mark Twain マーク・トウェイン 「その名も高きキャラヴェラス郡の跳び蛙」 | Main | The Scarlet Letter by Nathaniel Hawthorne ホーソーン / ホーソン 『緋文字』『緋の文字』『スカーレット・レター』『スカレツトレター』 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference The Travels of Marco Polo マルコ・ポーロ 東方見聞録:

« The Celebrated Jumping Frog of Calaveras County by Mark Twain マーク・トウェイン 「その名も高きキャラヴェラス郡の跳び蛙」 | Main | The Scarlet Letter by Nathaniel Hawthorne ホーソーン / ホーソン 『緋文字』『緋の文字』『スカーレット・レター』『スカレツトレター』 »