« Evelyn Waugh "Decline and Fall" 012 | Main | Evelyn Waugh "Decline and Fall" 013 »

Monday, 19 June 2006

れんあい (0)【恋愛】

Photo_3
 
 
第3版が、とくによい。
 
 
れんあい (0)【恋愛】-する 特定の異性に対して他の全てを犠牲にしても悔い無いと思い込むような愛情をいだき、常に相手のことを思っては、二人だけでいたい、二人だけの世界を分かち合いたいと願い、それがかなえられたと言っては喜び、ちょっとでも疑念が生じれば不安になるといった状態に身を置くこと。「熱烈な —の末に結ばれた二人/—結婚 (5)・—小説 (5)・—至上主義 (8)」
      『新明解国語辞典 第6版』三省堂 2005年1月
 
 
れんあい (0)【恋愛】-する 特定の異性に特別の愛情をいだいて、二人だけで一緒に居たい、出来るなら合体したいという気持を持ちながら、それが、常にはかなえられないで、ひどく心を苦しめる・(まれにかなえられて歓喜する)状態。「—結婚 (5)・—関係 (5)」
      『新明解国語辞典 第3版』三省堂 1981年2月
 
 
れんあい (0)【恋愛】-する 一組の男女が相互に相手にひかれ、ほかの異性をさしおいて最高の存在としてとらえ、毎日会わないではいられなくなること。「—結婚 (5)・—関係 (5)」
      『新明解国語辞典 初版』三省堂 1972年1月
 
 
その異様に個性的な解説ぶりのせいで、辞書マニアたちのあいだでは、つとに名高い、三省堂の新明解国語辞典。赤瀬川原平さんの抱腹絶倒の快著(怪著?)『新解さんの謎』(単行本 1996/07|文庫 1999/04)のおかげで、このユニークな辞書の愛読者層は、さらに広がった。

『新解さんの謎』の冒頭で取り上げられていたのも、この「恋愛」の項。赤瀬川さんが引用したのは、執筆当時の最新版だったと思われる、第3版/第4版。なお、(  ) 内の数字は、アクセントの型を示したもの。

比較のために、広辞苑の説明をお見せしましょうか。

れん‐あい【恋愛】
 (love の訳語) 男女が互いに相手をこいしたうこと。また、その感情。こい。
「—小説」
 —‐けっこん【恋愛結婚】
 —‐しじょう‐しゅぎ【恋愛至上主義】
      『広辞苑 第五版 CD-ROM版』岩波書店 1998年11月

そっけないでしょう。新解さんの記述のねちっこさとは大ちがいですね。

ところで、新解さんの恋愛観においては、異性愛 (heterosexual love) のみが存在して、同性愛 (homosexual love) は想定外なのだろうか?
 
 

|

« Evelyn Waugh "Decline and Fall" 012 | Main | Evelyn Waugh "Decline and Fall" 013 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference れんあい (0)【恋愛】:

« Evelyn Waugh "Decline and Fall" 012 | Main | Evelyn Waugh "Decline and Fall" 013 »