« Back in the U.S.S.R. by The Beatles ビートルズ 「バック・イン・ザ・U.S.S.R.」 | Main | Speak, Memory by Vladimir Nabokov ウラジーミル・ナボコフ『ナボコフ自伝—記憶よ、語れ』 »

Saturday, 22 July 2006

L'Écume des jours / Mood Indigo by Boris Vian ボリス・ヴィアン 『うたかたの日々』『日々の泡』

■はじめに Introduction

大切なことは二つだけ。どんな流儀であれ、きれいな女の子相手の恋愛。そしてニューオーリンズの音楽、つまりデューク・エリントンの音楽。ほかのものは消えていい。なぜなら醜いから。

   ボリス・ヴィアン 『うたかたの日々』 「まえがき」から
   (野崎歓訳による)


■ボリス・ヴィアン Boris Vian (1920-1959)
Boris_vian
Image source: Peoples.ru


■映画化作品 Film adaptations

 Cinema 1A  
[ja] ムード・インディゴ うたかたの日々 (2013) 日本語字幕付き予告編
[fr] L'Écume des jours (2013) bande-annonce

フランス映画、監督: ミシェル・ゴンドリー、出演: ロマン・デュリス、オドレイ・トトゥ。フランスでは2013年4月24日に、日本では2013年10月5日に公開されました。


 Cinema 1B 
[en] Mood Indigo (2013) Official trailer
[fr] L'Écume des jours (2013) bande-annonce

Directed by Michel Gondry. Starring Romain Duris, Audrey Tautou. Scheduled release date in France is 24 April 2013. L'écume des jours Official Website [fr]


 Cinema 2 
[ja] クロエ (2001) 予告篇
[en] Kuroe (2001) trailer
[fr] Kuroe (2001) bande-annonce

日本映画 監督: 利重剛、出演: 永瀬正敏、ともさかりえ、塚本晋也、松田美由紀。 Directed by Gô Rijû. Starring Masatoshi Nagase, Rie Tomosaka, Shinya Tsukamoto, Miyuki Matsuda.

   詳細: キネマ旬報映画データベース
   DVD: Amazon.co.jp


 Cinema 3 
[ja] うたかたの日々 (1968)
[en] Spray of the Days (1968)
[fr] L'Écume des jours (1968)

フランス映画 監督: シャルル・ベルモン 出演: ジャック・ペラン、マリー=フランス・ピジェ、 サミー・フレイ、アニー・ビュロン Directed by Charles Belmont. Starring Jacques Perrin, Marie-France Pisier, Sami Frey, Alexandra Stewart, Annie Buron, and Bernard Fresson.


■マンガ化作品 Manga adaptation

この小説を原作にしたコミック作品に、岡崎京子『うたかたの日々』があります。1994年から95年にかけて、雑誌「CUTiE」に連載された後に、プロローグとラストが描き加えられ、全体に加筆修正が施されて、2003年に単行本として発行されました。

Ja_9784796632751_4
岡崎京子 『うたかたの日々』 宝島社 2003/05


 Music 1 
ムード・インディゴ - デューク・エリントン・オーケストラ
Mood Indigo performed by Duke Ellington and his Orchestra
Mood_indigo_duke_ellington
ビデオの埋め込みは禁じられています。音楽を視聴するには  ここをクリック  してください。 Uploaded to YouTube by wilo65 on 30 Oct 2006. Embedding disabled by request. To watch the video  CLICK HERE 


 Music 2 
デューク・エリントン・オーケストラ——黒と茶の幻想 (1929)
The Duke Ellington Orchestra - Black And Tan Fantasy (1929)

Arthur Whetsol plays the jungle style trumpet solos!


 Video 1 
L'écume des jours : la complainte du progrès de Boris Vian

Le film illustre en montage alterné deux oeuvres, d'esprit très voisin, du célèbre romancier chansonnier essayiste Boris VIAN : - La chanson "La complainte des arts ménagers" (ou l'art de la déclaration d'amour au siècle du frigidaire et de la machine à laver). Cette chanson est illustrées de nombreuses archives, photographies publicitaires et gravures d'époque.- La recette de "L'andouillon des îles" (extraite du roman "L'Ecume des jours") traitée en pastiche des émissions de Raymond OLIVER (par lui-même).


原作小説

 Image gallery 
表紙画像 Cover photos

↓ クリックして拡大 Click to enlarge ↓

ja Ja_9784334752200 ja Ja_9784151200144 ja Ja_9784102148112_2

en En_9780966234633 en En_b0006bw4wu en En_froth_on_the_daydream

fr Fr_9782253140870 fr Fr_9783125997509 fr Fr_1963_b003l9iiw4

[ja] うたかたの日々 野崎歓訳 光文社古典新訳文庫 2011
[ja] うたかたの日々 伊東守男訳 ハヤカワepi文庫 2002
[ja] 日々の泡 曾根元吉訳 新潮文庫 1998
[en] Foam of the Daze Translated by Brian Harper. TamTam Books, 2003
[en] Mood Indigo Translated by John Sturrock. Grove Press, 1968
[en] Froth on the Daydream Translated by Stanley Chapman. Rapp & Carroll, 1967
[fr] L'écume des jours Hachette, 1999
[fr] L'écume des jours Klett Ernst /Schulbuch
[fr] L'écume des jours 10/18, 1963


■日本語訳 Translations into Japanese

(J1) 野崎 2011
「アペリチフを飲むかい?」コランが尋ねた。「ぼくのカクテルピアノが完成したんだ。試してみないか」
「うまくいったのか?」シックが尋ねた。
「完璧さ。完成までは大変だったけれど、結果は予想以上だよ。『黒と茶の幻想(注)』をもとにして、本当にびっくりするようなカクテルができたんだ」
「どんな原理になっているんだっけ」
「それぞれの音符に」とコランは説明した。「お酒やリキュール、あるいは香料をひとつ対応させてある。強音ペダルを踏むと泡だてた卵が、弱音ペダルを踏むと氷が出てくる。ソーダ水を出すには、高音域でトリルを弾かなければならない[略]」

注: デューク・エリントン (1899-1974) とバッバー・マイリーの共作による曲。1927年に初めて吹き込まれ、エリントンの定番のひとつとなった。黒人霊歌やブルースの要素が盛り込まれ、27年版では最後は葬送行進曲のメロディーになって終わる。

   ヴィアン=著 野崎歓(のざき・かん)=訳
   『うたかたの日々』 光文社古典新訳文庫 2011/09/20


(J2) 伊東 1979, 2002
「一杯、アペリチフをどうだね。僕のピアノカクテルが出来上がったよ。試してみてもいいぜ」
「うまく動くかい」とシック。
「ああ、うまくいくとも。完成には手こずったが結果は予想をはるかに上回ってるよ。〈ブラック・アンド・タン・ファンタジー〉をかけると、実に驚くべきカクテルが出来上がるんだ」
「一体、どういうふうになってるんだい」とシック。
「おのおのの音符に、それぞれ一つの酒とか、リキュールとか、香料入りの酒を対応させてあるんだ。強いペダルを踏むと、泡立たせた卵が出てくる。弱いペダルを踏むと氷が出てくる。ソーダ水のためには高い音域のトリルが対応するというわけだ。[略]」

   ボリス・ヴィアン=作 伊東守男(いとう・もりお)=訳
   2a.うたかたの日々』 ハヤカワepi文庫 早川書房 2002/01
   2b.ボリス・ヴィアン全集3 うたかたの日々』 早川書房 1979/06
   引用は 2a. に拠りました。


(J3) 曾根 1970, 1998
「食前酒(アペリチフ)を飲むかい」とコランはきいた。「ぼくのカクテルピアノは完成したよ。きみが試してみてもいいよ」
「動くのか」
「みごとにね。調節するのがむずかしかった。けれど、結果は期待以上さ。ぼくは『黒と焦茶(こげちゃ)の幻想曲』から、じつにたまげるようなカクテルを作ったよ」
「原理というのはどうなの」
「音符一つ一つに、アルコール、リキュール、香料などを対応させてある。ペダルの強音(フォルテ)は掻(か)き立て卵に、弱音(ピアノ)ペダルは氷に通じている。炭酸水は、高音域での顫音(トリル)だ。[略]」

   ボリス・ヴィアン=作 曾根元吉(そね・もときち)=訳
   3a. 日々の泡』 新潮文庫 1998/02
   3b. 日々の泡』 新潮社 1970/10
   引用は 3a. に拠りました。


■英訳 Translations into English

(E1) Harper, 2003
  — Would you like a drink? asked Colin. My pianocktail is finished, you could try it out.
  — It works? asked Chick.
  — Perfectly. I had trouble getting all the bugs out but the results go beyond my expectations. I got a truly atounding mix out of Black and Tan Fantasy.
  — How did you make it work? asked Chick.
  — With every note, said Colin, I've matched a spirit, liqueur or flavoring. The loud pedal corresponds to whipped egg and the soft pedal to ice. For seltzer water, you need to do a trill in the upper register.

   Foam of the Daze by Boris Vian
   Translated by Brian Harper
   Los Angeles; TamTam Books, 2003
   Preview at Google Books


(E2) Sturrock, 1968
[訳文は追って挿入するつもりです - tomoki y.]

   Mood Indigo by Boris Vian
   Translated by John Sturrock
   New York: Grove Press, 1968


(E3) Chapman, 1967
  'Would you like a drink first?' asked Colin. 'I've finished my pianocktail and we could try it out.'
  'Does it really work?' asked Chick.
  'Of course it does. I had a hard job perfecting it, but the finished result is beyond my wildest dreams. When I played the Black and Tan Fantasy I got a really fantastic concoction.'
  'How does it work?' asked Chick.
  'For each note,' said Colin, 'there's a corresponding drink - either a wine, spirit, liqueur or fruit juice. The loud pedal puts in egg flip and the soft pedal adds ice. For soda you play a cadenza in F sharp.

   Froth on the Daydream by Boris Vian
   Translated by Stanley Chapman
   London, Rapp & Carroll, 1967
   E-text at Rob's web pages (rob.toadshow.com.au) by Robert Whyte


■英語版の訳題の異同について
 On variations of the title translated into English

英訳は、上にご覧のとおり、これまでに少なくとも3種類が出ています。邦題が複数あるのと同様に、英訳でも訳題がバラバラです。これは、ひとつには、"l'écume" という言葉が多義的なためらしいです。

   (E1) Foam of the Daze (2003), a translation by Brian Harper
   (E2) Mood Indigo (1968), a translation by John Sturrock
   (E3) Froth on the Daydream (1967), a translation by Stanley Chapman


■フランス語原文 The original text in French

- Prendras-tu un apéritif ? demanda Colin. Mon pianocktail est achevé, tu pourrais l’essayer.
- Il marche? demanda Chick.
- Parfaitement. J'ai eu du mal à le mettre au point, mais le résultat dépasse mes espérances. J'ai obtenu à partir de la Black and Tan Fantasy un mélange vraiment ahurissant.
- Quel est ton principe ? demanda Chick.
- A chaque note, dit Colin, je fais correspondre un alcool, une liqueur ou un aromate. La pédale forte correspond à l'œuf battu et la pédale faible à la glace. Pour l'eau de Seltz, il faut un trille dans le registre aigu.

   Excerpt from L'Écume des jours (1947) by Boris Vian


■更新履歴 Change log

  • 2013/11/22 ミシェル・ゴンドリー監督映画の公開日と邦題について補足・修正しました。
  • 2013/04/17 デューク・エリントン・オーケストラの演奏するムード・インディゴのビデオ、および L'Écume des jours (2013) の2種類の予告編の計3本の YouTube 動画を追加しました。
  • 2011/11/21 野崎歓=訳 2011/09/20 を追加しました。また、新たに表紙画像とデューク・エリントン——黒と茶の幻想 (1929) の YouTube 動画を載せました。
  • 2011/08/20 これまで、Brian Harper の訳文として掲載していた英訳テキストが、じつは Stanley Chapman による翻訳であることに気がつきました。二種類の訳文をこんどは正しく表示したつもりです。また、2本の YouTube 動画を追加しました。さらに、フランス語原題にアクセント記号を追加して、L'Ecume des jours を L'écume des jours に改めました。
  • 2008/01/24 記事のタイトルに邦題を追加しました。また、見出しに英訳を追加したり、リンクを補足するなど、細部を修正しました。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ84595840v1308102456

Flag Counter

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

■CD

■DVD

  

|

« Back in the U.S.S.R. by The Beatles ビートルズ 「バック・イン・ザ・U.S.S.R.」 | Main | Speak, Memory by Vladimir Nabokov ウラジーミル・ナボコフ『ナボコフ自伝—記憶よ、語れ』 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference L'Écume des jours / Mood Indigo by Boris Vian ボリス・ヴィアン 『うたかたの日々』『日々の泡』:

« Back in the U.S.S.R. by The Beatles ビートルズ 「バック・イン・ザ・U.S.S.R.」 | Main | Speak, Memory by Vladimir Nabokov ウラジーミル・ナボコフ『ナボコフ自伝—記憶よ、語れ』 »