« The Hollow Men by T. S. Eliot T・S・エリオット 「うつろな人間」「うつろなる人々」「うつろな男たち」 | Main | The Catcher in the Rye by J. D. Salinger J・D・サリンジャー 『キャッチャー・イン・ザ・ライ』『ライ麦畑でつかまえて』『危險な年齡』 »

Wednesday, 23 August 2006

Annabel Lee by Edgar Allan Poe エドガー・アラン・ポー 「アナベル・リー」「アナベル・リイ」「アンナベル・リイ」

          目次 Contents

    Video 1  ポエトリー・コミック Poetry Comic performed by Renee LaTulippe
    Video 2  動画 Presented by I'm happy, hope you're happy too...
   ■中国語訳(簡体字)Translations into simplified Chinese
     (C1)
     (C2)
     (C3) 曹明伦
   ■中國語譯(繁體字)Translations into traditional Chinese 
     (Tw1)
     (Tw2)
   ■韓国語訳 Translation into Korean
    Audio 1  ベン・ウィショー朗読 Read by Matthew Ben Whishaw
    Audio 2  ロバート・ニコル・オーディオ制作 Created by Robert Nichol Audio
    Audio 3  マシュー・グレイ・ギュブラー朗読 Read by Matthew Grey Gubler
   ■日本語訳 Translations into Japanese
     (J1) 福田 2014
     (J2) ウィキペディア 2012
     (J3) 加島 2009
     (J4) 巽 2009, 2012
     (J5) 松本 2008
     (J6) サンドラ 2005
     (J7) 齊藤 2002
     (J8) 松浦 2000
     (J9) 渡辺 1997
     (J10) 加島 1997
     (J11) 亀井 1993
     (J12) 尾形 1987
     (J13) 中桐 1978
     (J14) 八木 1972, 1976
     (J15) 沢崎 1969
     (J16) 島田 1965
     (J17) 福永 1963, 1965, etc.
     (J18) 阿部 1956
     (J19) 日夏 1959, 1995
     (J20) 葉河 1946
     (J21) 成田 1936
     (J22) 水谷 1924, 1991
     (J23) 佐藤 1923
     (J24) 若目田 1922
     (J25) 片上 1909, 1936, etc.
     (J26) くれなゐ 1904, 1996
     Image   「アナベル・リー」 ポー自筆原稿 Annabel Lee: Poe's Manuscript
   ■トルコ語訳 Translations into Turkish
     (Tr1) Tuğlu, 2013
     (Tr2) Anday
   ■ハンガリー語訳 Translation into Hungarian
   ■ロシア語訳 Translation into Russian
   ■ブルガリア語訳 Translation into Bulgarian
   ■ポーランド語訳 Translations into Polish
   ■チェコ語訳 Translation into Czech
   ■ドイツ語訳 Translations into German
     (G1)
     (G2)
   ■オランダ語訳 Translation into Dutch
   ■イタリア語訳 Translation into Italian
   ■ポルトガル語訳 Translation into Portuguese
   ■カタルーニャ語訳(カタロニア語訳) Translation into Catalan
   ■スペイン語訳 Translations into Spanish
     (Sp1) Sánchez
     (Sp2) Condor & Falaquera
     (Sp3) Lasplace
   ■フランス語訳 Translations into French
     (F1) Roseau
     (F2) Beauchemin
     (F3) Wronski
     (F4) Evariste
     (F5) Isabelle
     (F6) Bouali
     (F7) Bloch
     (F8) Baudelaire
    Audio 4  ジョーン・バエズ歌 Sung by Joan Baez
    Audio 5  B・ラスボーン朗読 Read by Basil Rathbone
    Audio 6  マリアンヌ・フェイスフル朗読 Read by Marianne Faithfull
   ■英語原詩の全文 The complete original poem in English
   ■アナベル・リーかアナベル・リイか?
   ■そして、ポーか、ポオか、ポウか? エドガーかエドガアか?
   ■tomokilog 関連記事 Related articles from tomokilog
   ■更新履歴 Change log


 Video 1 
ポエトリー・コミック Poetry Comic performed by Renée M. LaTulippe

Uploaded to YouTube by NoWaterRiver on 23 May 2013. Drawings by Julian Peters. More info at julian peters comics.


 Video 2 
動画 Presented by I'm happy, hope you're happy too...

Uploaded to YouTube by I'm happy, hope you're happy too... on 26 Apr 2009


■中国語訳(簡体字)Translations into simplified Chinese

(C1)
很久很久以前,
在一个滨海的国度里,
住着一位少女你或许认得,
她的芳名叫安娜贝尔.李;
这少女活着没有别的愿望,
只为和我俩情相许。 [略]

   爱伦坡 《安娜贝尔.李》
   E-text at:
   * 百度知道
   * 心雨亭


(C2)
很久很久以前,
在大海边的一个王国里,
住着一位少女你或许认得,
她名叫安娜贝尔丽。
少女活着没有别的愿望,
只为了与我相爱。 [略]

   爱伦·坡 《安娜贝尔丽》
   E-text at 谷米1008的空间


(C3) 曹明伦 2012
那是在很多年很多年以前,

在大海边一个王国里,

 住着位你也许认识的姑娘,

她名叫安娜贝尔·李——

那姑娘她活着没别的心愿,

与我相爱是她的心思。[略]

   《安娜贝尔·李》 埃德加·爱伦·坡 译者: 曹明伦 《爱伦·坡诗集
   湖南文艺出版社 2012
   E-text at 豆瓣读书


■中國語譯(繁體字)Translations into traditional Chinese 

(Tw1)
那是在許多年、許多年以前,
  在海邊的一個王國里
住著位姑娘,你可能也知道
  她名叫安娜蓓爾·李:
這姑娘的心里沒別的思念,
  就除了她同我的情意。 [略]

   愛倫·坡 《安娜蓓爾·李》
   E-text at 龍騰世紀 (millionbook.net)


(Tw2)
很久很久以前,
在大海邊一個王國里,
住著一位少女你或許認得,
她名叫安娜貝李;
這少女活著沒有別的願望;
只為了與我相愛。 [略]

   愛倫・坡 《安娜貝李》
   E-text at anopos


■韓国語訳 Translation into Korean

아주 여러 해 전
바닷가 어느 왕국에
당신이 아는지도 모를 한 소녀가 살았지.
그녀의 이름은 애너벨 리─
날 사랑하고 내 사랑을 받는 일밖엔
소녀는 아무 생각도 없이 살았네. [Omission]

   에드거 앨런 포 - 애너벨 리
   E-text at:
   * 세계의 명시 :: 애너벨 리 - 에드거 앨런 포우
   * 애너벨 리 : 네이버캐스트


 Audio 1 
「アナベル・リー」 朗読: ベン・ウィショー
Annabel Lee read by Ben Whishaw

Uploaded to YouTube by Hayley the Elf on 18 Jul 2014


 Audio 2 
「アナベル・リー」 音声制作: ロバート・ニコル・オーディオ・プロダクションズ 2000
Annabel Lee - Audio created by Robert Nichol Audio Productions London 2000

Uploaded to YouTube by Audio Productions on 12 Dec 2012


 Audio 3 
「アナベル・リー」 朗読: マシュー・グレイ・ギュブラー
Annabel Lee read by Matthew Grey Gubler

Uploaded to YouTube by faitherica on 28 Dec 2008


■日本語訳 Translations into Japanese

(J1) 福田 2014
むかしむかしのことでした
 海のほとりの王国に
住んでいました女の子
 名はひと呼んでアナベル・リー、
思いはひとつこのぼくと
 愛し愛され暮らすこと。 [以下略]

  • エドガー・アラン・ポー=作 福田昇八(ふくだ・しょうはち)=訳 「アナベル・リー」 福田昇八=著 『英詩のこころ』 岩波ジュニア新書 2014/01/21

(J2) ウィキペディア 2012
昔々のお話です
海のほとりの王国に
一人の娘が住んでいた
その子の名前はアナベル・リー
いつも心に思うのは
僕への愛と僕の愛 [以下略]


(J3) 加島 2009
幾年(いくとし)も幾年も前のこと
海の浜辺の王国に
乙女がひとり暮していた。その名は
アナベル・リー
その乙女、思いはただ
ひたすら、ぼくを愛し、ぼくに愛されることだった [以下略]


(J4) 巽 2009, 2012
むかしむかし
海辺の王国に (In a kingdom by a sea)
ひとりの少女が住んでいて、
アナベル・リーの名で知られていた
そしてこの少女が人生をかけて思い貫いたのは
ただひとつ、このわたしを愛し
このわたしに愛されること [以下略]


(J5) 松本 2008
とおいとおいむかしのこと
  うみのほとりの王国に
ひとりの少女がすんでいて
  なまえをアナベル・リーといいました
少女の心はぼくを愛しぼくに愛される
  そのことだけでいっぱいだった [以下略]


(J6) サンドラ 2005
昔むかしのこと
 海のほとりの王国に
乙女がひとり暮らしていた。そのひとの名は
 アナベル・リー──
乙女の思いはたた一つ
 ただひたすら、ぼくを愛し、ぼくに愛されることだけだった。[以下略]


(J7) 齊藤 2002
それは とおい昔のことだった、
 海のそばの王国に、
アナベル・リーという名で知られた
 乙女がひとり 住んでいた。
そして乙女は ぼくを愛して 愛される
 ただそれだけを願いながら 生きていた。[以下略]

  • エドガー・アラン・ポー=作 齊藤貴子=訳 「アナベル・リー」 出口保夫+齊藤貴子=訳 『音読・暗唱 愛と夢の英詩集』 講談社+α文庫 2002/05

(J8) 松浦 2000
あれは 杳(はる)か とおい むかし
海辺の とある王国の ことだった。
その名も アナベル・リーという
乙女が 住んでいた。
乙女のおもいは ただ ひとつ
わたしを愛し 愛される ことだった。[以下略]


(J9) 渡辺 1997
それはもう ずっと ずっと 昔の話
   海のほとりの王国に
女の子がひとり住んでいた 知ってるかもしれないが
   名前を アナベル・リーっていった
この女の子は ただただ ぼくを愛して
   ぼくに愛される それだけを考え 生きていた [以下略]


(J10) 加島 1997
幾年(いくとし)も幾年も前のこと
 海の浜辺の王国に
乙女がひとり暮していた、そしてそのひとの名は
 アナベル・リー——
そしてこの乙女、その思いはほかになくて
 ただひたすら、ぼくを愛し、ぼくに愛されることだった。[以下略]


(J11) 亀井 1993
昔むかしのことでした、
 海のほとりの王国に、
ひとりの乙女が住んでいました
 アナベル・リーというなつかしい名の——
乙女の思いはただひとつ 
 ぼくと愛し愛されることでした。[以下略]

  • エドガー・アラン・ポー=作 亀井俊介(かめい・しゅんすけ)=訳 「アナベル・リー」 亀井俊介+川本皓嗣(かわもと・こうじ)=編 『アメリカ名詩選』 岩波文庫 1993/03

(J12) 尾形 1987
ああ いくとせも むかしなり
  海のほとりの ある王国に
アナベル・リーと呼ばれたる
  うるわしき乙女ぞ住みたり。
われを愛し 愛される
  ただ これのみをその胸に秘め。[以下略]


(J13) 中桐 1978
とおいとおい昔のこと、
海のほとりの王国に、
一人の乙女が住んでいて、
その名を聞けばアナベル・リイ、
生きる願いはただ一つ、 
私を愛し、愛されて。[以下略]


(J14) 八木 1972, 1976
いくとせ昔、その昔
   海のほとりの王国に
乙女がひとり住んでいて
   アナベル・リイといいました
乙女の思いはただひとつ  
   ぼくを愛し、愛されたいと、そればかり [以下略]


(J15) 沢崎 1969
遠い遠いはるかむかし
  海のほとりのある国でのこと、
アナベル・リーという名で知られる
  ひとりの娘が暮らしていた。
わたしと愛し愛されることのみ
  ひたすら思いつづけていた。[以下略]


(J16) 島田 1965
そのかみの、そのかみの昔がたりよ。
 海のほとりの王領に、
住みにけり、をとめ子ひとり。その御名(みな)の
 アナベル・リーに、君、あるは知り給ふらむ。
そのをとめ、その女人(ひと)は、われを慕いつ、われにまた
思はれむねがひをのぞみねがひつつ、ただ生きにけり。[以下略]

  • ポオ=作 島田謹二=訳 「アナベル・リー」 丸山薫=編 『世界の名作23 世界の名詩』 集英社コンパクト・ブックス 1965/05

(J17) 福永 1963, 1965, etc.
今は多くの多くの年を経た、
  海のほとりの或る王国に、
一人の少女が住んでいてその名を
  アナベル・リイと呼ばれていた。——
そしてこの少女、心の想いはただ私を愛し、  
  愛されること、この私に。[以下略]


(J18) 阿部 1956
幾年か昔のことであつた。
  海沿いの王領に、
アナベル・リイと言う名前で
  人の知る乙女の住んでいたのは、
そしてこの乙女私と愛し合つていることの外は、
  餘念もなかつた。[以下略]

  • エドガー・アラン・ポオ=作 阿部保(あべ・たもつ)=訳 「アナベル・リイ」 『ポー詩集』 (表紙とカバー折返しは「ポー」、扉と奥付は「ポオ」) 新潮文庫 1956/11

(J19) 日夏 1959, 1995
在りし昔のことなれども
わたの水阿(みさき)の里住みの
あさ瀬をとめよそのよび名を
アナベル・リイときこえしか。
をとめひたすらこのわれと
なまめきあひてよねんもなし。[以下略]


(J20) 葉河 1946
遠き昔のことなりき
海のほとりの王國に
ひとりの乙女住みにけり
君知るや アナベル・リーと呼ばれしを
この乙女 われを慕ひつ
われにまたいとほしまれんその他の
思ひもなくて暮しけり[以下略]

  • エドガ・アラン・ポウ=作 葉河憲吉(はがわ・けんきち)=譯 「アナベル・リー」 『あひびき』 出水書園 1946/12/25

(J21) 成田 1936
ずつと昔のことでした、
海沿ひの或る王國(くに)に
アンナベル・リイといふ乙女が住んで居りました。
乙女は私を愛し、
私に愛されるほかに思ひはなく
暮して居りました。[以下略]

  • ポウ・エドガア・アラン=作 成田一夫=譯 「アンナベル・リイ」 『戀愛詩讀本 譯詩集』 日本書荘 1936/09/15(昭和11)
  • 沿の旧字は新字で置き換えました。

(J22) 水谷 1924, 1991
ずっとずっと昔
海のそばの国に
アンナベル・リイという
名前で知られている
娘がありました。
この娘はわたしから愛され
わたしを愛したいと思うほか
なにひとつ考えずに
暮しておりました。[以下略]

  • エドガー・A・ポー=作 水谷まさる=訳 「アンナベル・リイ」
    • 西條八十+水谷まさる=訳 『世界童謡集』 冨山房百科文庫 1991/12
    • 西條八十+水谷まさる=訳 初山滋+武井武雄+角田次郎+岡本帰一=挿画 『新訳 世界童謡集』 冨山房 模範家庭文庫 第1輯第12巻 1924(大正13)
  • a. は b. の再刊。用字・字体・仮名づかい・ルビ・作者名の表記などは改められています。引用は a. 冨山房百科文庫版に拠りました。

(J23) 佐藤 1923
ずつとずつと昔のことに、
海のほとりの王國で、
一人の娘が住んでゐた、呼ぶ名によると、
アナベルリイ、
その娘、その娘にはなんにもなかつた
私と互ひにいとしがる外、


(J24) 若目田 1922
よほど昔のことでした、
海のほとりの王國に
その名をアナベル、リイと云ふ
乙女が住んで居りました。
乙女はわたしを可愛がり、
可愛がられるためだけに
乙女は暮して居りました。


(J25) 片上 1909, 1936, etc.
こゝらの年の昔とぞ、
海のほとりの王領に
ひとりの少女住みにけり、
アンナベル・リイと呼ばれにし、名にこそ君も知るならめ、
われを慕ひつ、われにまた、いとほしまれんそのほかの
思ひもなくて暮しけれ。[以下略]


(J26) くれなゐ 1904, 1996
いくつ歳こそ重ねしか
わだつみ近きこの國に
少女住みしは汝れ知らむ、
やさ名こそあなべる・りい。
戀ふる戀ひらるこのほかに
おもひは無くて過ぎにたり。[以下略]

  • アラン、ポー=作 くれなゐ=譯 「あなべる・りい」
  • 初出誌は b.。a. は b. を複製したもの。引用は a. 大空社版に拠りました。

  Image  
「アナベル・リー」 エドガー・アラン・ポーによる署名入り自筆原稿
"Annabel Lee" Edgar Allan Poe's Manuscript, Page 1 of 2, ca. May 1849

Annabel_lee

↑クリックして拡大 Click to enlarge↑

Image source: The Rare Book and Manuscript Library of Columbia University


■トルコ語訳 Translations into Turkish

(Tr1) Tuğlu, 2013
Yıllar, pek çok yıllar öncesiydi,
  Bir kız yaşardı tertemiz,
Denizin kıyısındaki bir krallıkta
  İsmi ANNABEL LEE belki de tanırsınız;
Beni sevmekten, bence sevilmekten gayrı bir şey
  Düşünmeden yaşardı bu kız. [Omission]

   Annabel Lee by Edgar Allan Poe
   Translated by Osman Tuğlu
   E-text at Antoloji.Com


(Tr2) Anday
Seneler,seneler evveldi;
Bir deniz ülkesinde
Yaşayan bir kız vardı,bileceksiniz
İsmi Annabel Lee;
Hiçbir şey düşünmezdi sevilmekten
Sevmekden başka beni. [Omission]

   Annabel Lee by Edgar Allan Poe
   Translated by Melih Cevdet Anday
   E-text at Şiir Ana Sayfa (siir.gen.tr)


■ハンガリー語訳 Translation into Hungarian

Sok-sok év elmúlt azóta,
A tengerpart fövenyén,
Élt egy lány kit ismerhettek,
Annabel Lee, kit így neveztek,
E lányban nem élt más remény,
Csak hogy szeressen, s szeressem én. [Omission]

   Annabel-Lee by Edgar Allan Poe
   E-text at Verhás Péter


■ロシア語訳 Translation into Russian

Это было давно, это было давно,
В королевстве приморской земли:
Там жила и цвела та, что звалась всегда,
Называлася Аннабель-Ли,
Я любил, был любим, мы любили вдвоем,
Только этим мы жить и могли.
[Omission]

   Э́дгар А́ллан По - Аннабель Ли
   Перевод К. Бальмонта (Translated by Balmont)
   E-text at:
   * Американская поэзия (США) в русских переводах (uspoetry.ru)
   * Викитека (Wikisource)


■ブルガリア語訳 Translation into Bulgarian

Отдавна, преди много, тъй много лета,
в едно царство в приморски земи,
девойка живя, нека знаете това,
тя казваше се Анабел Ли.
Живя там тази девойка с мисъл една —
с любов вечна мене да дари.
[Omission]

   Едгар Алън По. Анабел Ли
   Translated by Явор Димитров, 2000
   E-text at Моята библиотека (chitanka.info)


■ポーランド語訳 Translations into Polish

(P1)
To było wiele i wiele lat temu,
W królestwie aa nad morzem,
Ta dziewczyna żyła, których być może wiesz
W imię Annabel Lee;
I ta dziewczyna żyła bez innych myśli
Niż kochać i być kochanym przeze mnie; [Omission]

   Annabel Lee by Edgar Allan Poe
   E-text at Teksty.net


(P2)
Stało się wiele lat temu, żę była
W królestwie nadmorskiej mgły
Dziewczyna, którą, być może poznacie
Pod imieniem Annabel Lee;
Tym jedynie żyjąca, by mnie kochać i być mi
Ukochaną po kres naszych dni.

   Annabel Lee by Edgar Allan Poe
   E-text at:
   * zadane.pl
   * mhkm 


(P3) Przesmycki
Wiele, o wiele już temu lat, 
Nad brzegiem, gdzie ocean grzmi, 
Żyła dziewczyna jak wonny kwiat, 
Imię jej było Annabel Lee. 
Jam w tym dziewczęciu miał cały świat, 
A sam znów światem byłem jej. 

   Annabel Lee by Edgar Allan Poe
   Translated by Zenon Przesmycki
   E-text at Onet Dziecko


■チェコ語訳 Translation into Czech

Je to už mnoho a mnoho let,
co v přímořském království
bydlela dívka, již poznali byste hned
podle jména Annabel-Lee -
ta žila jen jediné myšlence,
že má mne ráda tak jako já ji. [Omission]

   Annabel-Lee by Edgar Allan Poe
   E-text at V noci jsem snil, že jsem motýlem


■ドイツ語訳 Translations into German

(G1)
Es ist lange her, da lebte am Meer,
Ich sag euch nicht wo und wie –
Ein Mägdelein zart, von seltener Art,
Mit Namen Annabel Lee.
Und das Mägdelein lebte für mich allein,
Und ich lebte allein für sie. [Omission]

   Annabel Lee by Edgar Allan Poe
   E-text at Projekt Gutenberg-DE


(G2)
Es ist viele, viele Jahre her,
  Dasz am Meeresufer allhie
Ein Mädchen lebt', o fragt nicht mehr,
  Mit Namen Annabel Lee;
Und das Mädchen es lebte für mich allein
  Und ich lebte allein für sie. [Omission]

   Annabel Lee by Edgar Allan Poe
   Excerpt at The Edgar Allan Poe Society of Baltimore


■オランダ語訳 Translation into Dutch

Het was eenmaal, ver in een koninkrijk
Aan de bruisende zee nabij,
Dat een meisje daar woonde, geen ander gelijk,
In vroeg bloeiend levensgetij;
Niets bestond voor haar op het wereldrond
Dan haar liefde en de liefde van mij. [Omission]

   Annabel-Lee by Edgar Allan Poe
   E-text at Forum. Jaargang 2


■イタリア語訳 Translation into Italian

Or son molti e molti anni
che in un regno in riva al mare
viveva una fanciulla che col nome
chiamerete di Annabel Lee:
e viveva questa fanciulla con non altro pensiero
che d’amarmi e d’essere amata da me.

   Annabel-Lee by Edgar Allan Poe
   E-text at edgarallanpoe.it


■ポルトガル語訳 Translation into Portuguese

Foi há muitos e muitos anos atrás, que viveu
À beira-mar, num reino que há ali,
Uma dama, que talvez conheçam, a quem alguém deu
O nome de Annabel Lee;
E esta dama não pensava em mais nada para além
De amar-me e ser amada por mim.
   In a kingdom by the sea,

   Annabel Lee by Edgar Allan Poe
   E-text at Amendual


■カタルーニャ語訳(カタロニア語訳) Translation into Catalan

Fa molts i molts anys,
En un regne a prop del mar,
Hi vivia una donzella coneguda
Amb el nom d’Annabel Lee,
I aquesta donzella no vivia amb un altre pensament
Que no fos estimar i ser estimada per mi. [Omission]

   Annabel Lee by Edgar Allan Poe
   Translated by Mònica Batet
   E-text at L’habitació grisa


■スペイン語訳 Translations into Spanish

(Sp1) Sánchez
Sucedió hace muchos, muchos años,
en un reino junto al mar.
Allí vivía una doncella conocida
por el nombre de Annabel Lee;
y esa doncella no vivía con otro pensamiento
que el de amarme y que yo la amara. [Omission]

   Annabel Lee by Edgar Allan Poe
   Translated by Arturo Sánchez
   Excerpt at demasiado que leer


(Sp2) Condor & Falaquera
Hace muchos, muchos años,
en un reino junto al mar,
vivía una doncella
cuyo nombre era Annabel Lee;
y vivía esta doncella sin otro pensamiento
que amarme y ser amada por mí. [Omission]

   Annabel Lee by Edgar Allan Poe
   Translated by María Condor y Gustavo Falaquera
   Excerpt at demasiado que leer


(Sp3) Lasplace
Hace ya bastantes años,
en un reino más allá de la mar
vivía una niña que podéis conocer
con el nombre de Annabel Lee.
Esa niña vivía sin ningún otro pensamiento
que amarme y ser amada por mí. [Omission]

   Annabel Lee by Edgar Allan Poe
   Translated by Alberto Lasplace
   Excerpt at demasiado que leer


■フランス語訳 Translations into French

(F1) Roseau
C'était il y a longtemps, très longtemps,
Dans un royaume au bord de l'océan,
y vivait une vierge que vous pourriez connaître
Du nom d'Annabel Lee;
Cette vierge vivait sans autre pensée
Que de m'aimer et d'être mon aimée. [Omission]

   Annabel Lee by Edgar Allan Poe
   Translated by Roseau
   E-text at Club des Poetes


(F2) Beauchemin
Il y a bien longtemps
Dans un royaume près de la mer
Vivait une jeune fille,qui vous le savez peut-être
Avait pour nom Annabel Lee
Et cette jeune fille ne vivait avec d'autre pensée
Que de m'aimer et d'être aimé de moi. [Omission]

   Annabel Lee by Edgar Allan Poe
   Translated by Philippe Beauchemin
   E-text at Club des Poetes


(F3) Wronski
Voici mainte et mainte année
Dans un royaume bordé de mer
Vivait une jeune fille, on la connaît peut-être ici
Son nom était Annabel Lee
Et cette jeune fille vivait sans nulle autre pensée que celle
De son amour pour moi, de mon amour pour elle. [Omission]

   Annabel Lee by Edgar Allan Poe
   Translated by J-L Wronski
   E-text at Club des Poetes


(F4) Evariste
C'était il y a longtemps et plus longtemps encore
Dans un royaume près de la mer
Une jeune fille y vivait que peut-être vous connaissez,
Elle s'appellait Annabel Lee
Et cette jeune fille vivait sans nulle autre pensée
Que de n'aimer que moi et de moi être aimée. [Omission]

   Annabel Lee by Edgar Allan Poe
   Translated by Evariste
   E-text at Club des Poetes


(F5) Isabelle
C'était il y a longtemps, longtemps déjà,
Dans un royaume près de la mer
Vivait une jeune fille, que peut-être vous connaissez
Sous le nom d'Annabel Lee
Et cette jeune fille ne vivait que
Pour m'aimer et pour que je l’aime. [Omission]

   Annabel Lee by Edgar Allan Poe
   Translated by Isabelle
   E-text at Club des Poetes


(F6) Bouali
C'était il y a bien des années,
Dans un royaume au bord la de la mer,
Qu'une jeune fille vivait, connue
Sous le nom d'Annabelle Lee; --
Et cette jeune fille vivait avec la seule idée
De m'aimer et de n'aimer que moi. [Omission]

   Annabel Lee by Edgar Allan Poe
   Translated by Boumediene Bouali
   E-text at Club des Poetes


(F7) Bloch
Il fut un an et un an davantage
Aux rives d'un royaume
Une jeune fille y vivait, connue
Sous le nom d'Annabelle Lee
Et cette amie ne vivait que par la pensée
De m'aimer et d'être aimée par moi. [Omission]

   Annabel Lee by Edgar Allan Poe
   Translated by Alain Bloch
   E-text at Club des Poetes


(F8) Baudelaire
Il y a mainte et mainte année,
dans un royaume près de la mer,
vivait une jeune fille, que vous pouvez connaître
par son nom Annabel Lee,
et cette jeune fille ne vivait avec aucune autre pensée
que d'aimer et d'être aimée de moi. [Omission]

   Annabel Lee by Edgar Allan Poe
   Translated by Charles Baudelaire
   E-text at:
   * The Department of French at the University of Victoria
   * TheHouseOfUsher.net


 Audio 4 
「アナベル・リー」 歌: ジョーン・バエズ
Annabel Lee - Sung by Joan Baez

Uploaded to YouTube by orcid1 on 30 Jan 2009


 Audio 5 
「アナベル・リー」 朗読: ベイジル・ラスボーン
Annabel Lee - Read by Basil Rathbone

Uploaded to YouTube by Avirup Ghosh on 23 Jan 2009


 Audio 6 
「アナベル・リー」 朗読: マリアンヌ・フェイスフル
Annabel Lee - Read by Marianne Faithfull

Published to YouTube by nnekra on 12 Jan 2009. From the CD set: Closed on Account of Rabies: Poems and Tales of Edgar Allan Poe (1997) Disc 2


■英語原詩の全文 The complete original poem in English

 It was many and many a year ago,
   In a kingdom by the sea,
 That a maiden there lived whom you may know
   By the name of ANNABEL LEE;
 And this maiden she lived with no other thought
   Than to love and be loved by me.

 I was a child and she was a child,
   In this kingdom by the sea:
 But we loved with a love that was more than love--
   I and my ANNABEL LEE;
 With a love that the winged seraphs of heaven
   Coveted her and me.

 And this was the reason that, long ago,
   In this kingdom by the sea,
 A wind blew out of a cloud, chilling
   My beautiful ANNABEL LEE;
 So that her highborn kinsmen came
   And bore her away from me,
 To shut her up in a sepulchre
   In this kingdom by the sea.

 The angels, not half so happy in heaven,
   Went envying her and me--
 Yes!--that was the reason (as all men know,
   In this kingdom by the sea)
 That the wind came out of the cloud by night,
   Chilling and killing my ANNABEL LEE.

 But our love it was stronger by far than the love
   Of those who were older than we--
   Of many far wiser than we--
 And neither the angels in heaven above,
   Nor the demons down under the sea,
 Can ever dissever my soul from the soul
   Of the beautiful ANNABEL LEE.

 For the moon never beams without bringing me dreams
   Of the beautiful ANNABEL LEE;
 And the stars never rise but I see the bright eyes
   Of the beautiful ANNABEL LEE;
 And so, all the night-tide, I lie down by the side
 Of my darling, my darling, my life and my bride,
   In her sepulchre there by the sea--
   In her tomb by the side of the sea.

   Annabel Lee (1849) by Edgar Allan Poe
   * The Fall of the House of Usher and Other Writings
    Penguin Classics, 2003
   * The Project Gutenberg EBook of
    Edgar Allan Poe's Complete Poetical Works


■アナベル・リーかアナベル・リイか?

   「アナベル・リー」  福田 2014 巽 2012   齊藤 2002 松浦 2000 渡辺 1997
                加島 1997 亀井 1993 尾形 1987 沢崎 1969 島田 1965

   「アナベル・リイ」  中桐 1978 八木 1972, 1976 福永 1963, 1965, etc. 
                日夏 1959, 1995, etc.  阿部 1956

   「アナベル、リイ」  若目田 1922

   「アナベルリイ」   佐藤 1923

   「あなべる・りい」  くれなゐ 1904, 1996

   「アンナベル・リイ」 片上 1909, 1936, etc. 水谷 1924, 1991

ご覧のとおり、1970年代ごろまでは「アナベル・リイ」、それ以後は「アナベル・リー」と表記する例が多いようです。

ちなみに、大江健三郎氏が最新作のタイトルを『臈たしアナベル・リイ 総毛立ちつ身まかりつ』(新潮社 2007/11)となさったのは、なぜか?

私はこの本を未読なので、正確なことは存じません。が、新潮社のPR誌『波』2007年12月号に収録された 刊行記念インタビュー で、大江氏は日夏耿之介訳に言及しておられました。ですから、きっと日夏訳の表記にしたがったということなのでしょう。

この書名のせいで、世間一般が復古的に「アナベル・リイ」表記に揺り戻すかどうか? さあ、それは私には予想がつきません。


■そして、ポーか、ポオか、ポウか? エドガーかエドガアか?

ついでながら、ポウか、ポオか、ポーか、またエドガーかエドガアか、といった疑問があります。今日では、それぞれ「ポー」「エドガー」が標準でしょう。ためしに Google 検索でヒット数をくらべると、次のとおり(2008年3月12日現在)。

        "アラン・ポー" 約105,000件
        "アラン・ポオ"  約10,900件
        "アラン・ポウ"  約1,320件

   "エドガー・アラン・ポー"  約96,500件
   "エドガー・アラン・ポオ"  約8,270件
   "エドガー・アラン・ポウ"   約825件

   "エドガア・アラン・ポー"   約276件
   "エドガア・アラン・ポオ"  約2,380件
   "エドガア・アラン・ポウ"   約380件

        "E・A・ポー"  約3,400件
        "E・A・ポオ"  約1,400件
        "E・A・ポウ"   約427件

       "エドガー・ポー"  約5,640件
       "エドガー・ポオ"  約1,210件
       "エドガー・ポウ"    約50件

       "エドガア・ポー"    約6件
       "エドガア・ポオ"   約807件
       "エドガア・ポウ"    約6件

     "エドガー・A・ポー"  約1,380件
     "エドガー・A・ポオ"    約88件
     "エドガー・A・ポウ"   約355件

     "エドガア・A・ポー"    No hit
     "エドガア・A・ポオ"    約72件
     "エドガア・A・ポウ"    No hit

      "E・アラン・ポー"   約198件
      "E・アラン・ポオ"    約74件
      "E・アラン・ポウ"    約5件


■tomokilog 関連記事
 Related articles from tomokilog


■更新履歴 Change log

  • 2015/03/08 ポエトリー・コミックの動画、I'm happy, hope you're happy too... による動画、およびベン・ウィショーによる朗読を追加しました。
  • 2015/01/08 巽孝之=訳の書誌情報を補足しました。
  • 2014/09/05 福田昇八=訳 2014/01/21、ハンガリー語訳、およびカタルーニャ語訳を追加しました。
  • 2014/02/15 片上伸=譯の書誌情報を修正・補足しました。また、これまでこの訳者名に「かたがみ・のびる」とルビを振っていたのは誤りでした。正しくは「かたがみ・のぶる」です。お詫びして訂正します。
  • 2013/09/23 Osman Tuğlu によるトルコ語訳を追加しました。
  • 2013/09/06 片上伸=譯の書誌情報を修正・補足しました。
  • 2013/08/16 佐藤一英=譯 1923/07/10 を追加しました。
  • 2013/08/03 韓国語訳を追加しました。
  • 2013/05/15 若目田武次=譯 1922/12/16 を追加しました。
  • 2013/04/05 成田一夫=譯 1936/09/15 を追加しました。
  • 2013/03/19 ウィキペディア=訳 2012/02/04 とポルトガル語訳を追加しました。
  • 2013/01/25 ブルガリア語訳を追加しました。
  • 2012/09/25 2種類のポーランド語訳とイタリア語訳を追加しました。
  • 2012/08/25 葉河憲吉=譯 1946/12/25 を追加しました。
  • 2012/07/10 ポーランド語訳と、ジョーン・バエズによる歌の YouTube 画面を追加しました。
  • 2012/05/02 マリアンヌ・フェイスフルによる朗読の YouTube 画面を追加しました。
  • 2012/04/21 巽孝之=訳 2012/04/01 を追加しました。
  • 2012/02/05 松本一裕=訳 を追加しました。
  • 2011/09/20 マシュー・グレイ・ギュブラーによる朗読の YouTube 画面を追加しました。
  • 2011/06/20 目次を新設しました。
  • 2011/02/11 トルコ語訳、ロシア語訳、オランダ語訳、および3種類のスペイン語訳を追加しました。
  • 2010/06/13 Robert Nichol  Audio Productions 制作による、もう1本の朗読ビデオの YouTube 画面を追加しました。
  • 2010/04/24 アレクサンドラ・イザベル・デ・ウィンター(ハンドル名: サンドラ)=訳 2005/01/03 を追加しました。また、これまで掲載していた Poem Animation Movie (Uploaded by poetryanimations, 2008-06-26 がユーザーによって削除されたので、代わりに Basil Rathbone による朗読の画面(音声のみ)に差し替えました。
  • 2009/12/18 中国語訳(簡体字)を2種類追加しました。また、加島祥造=訳 2009/06/15 を追加しました。この新訳のあることを教えてくださったK様、ありがとうございました。
  • 2009/11/08 チェコ語訳を追加しました。
  • 2009/08/25 もう一つの中國語譯(繁體字)を追加しました。
  • 2009/08/24 中國語譯(繁體字)、ポーのアニメーション動画、そして2つめのドイツ語訳を追加しました。
  • 2008/09/16 亀井俊介=訳 1993/03 を追加し、八木敏雄=訳 の書誌情報を補足しました。
  • 2008/08/27 片上伸=訳の書誌情報を補足修正し、訳例の配列を変更しました。
  • 2008/08/03 尾形敏彦=訳 1987/04 を追加しました。
  • 2008/07/02 水谷まさる=訳 1991/12 を追加しました。
  • 2008/04/04 島田謹二=訳 1965/05 を追加しました。
  • 2008/03/12 片上伸=訳 1972/08 を追加し、「そして、ポーか、ポオか、ポウか?」の項を加筆修正しました。
  • 2008/02/16 ドイツ語訳を挿入しました。
  • 2007/12/03 「アナベル・リーかアナベル・リイか?」の項、および「そして、ポーか、ポオか、ポウか?」の項を新設しました。
  • 2007/07/16 くれなゐ=譯 1996/06、1904/12 を追加しました。
  • 2007/06/12 福永武彦=訳の書誌情報を大幅に修正・補足しました。
  • 2007/02/06 中桐雅夫=訳 1978/09 を追加しました。
  • 2006/11/16 松浦暢=訳 2000/10 を追加しました。
  • 2006/11/08 tomokilog 関連記事の項を新設しました。
  • 2006/09/19 八木敏雄=訳 1976/10 を追加しました。
  • 2006/08/31 齊藤貴子=訳 2002/05 を追加しました。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ84595840v1308102456

Flag Counter

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■DVD

■朗読 Spoken words

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese
(1) エドガー・アラン・ポー

(2) エドガー・アラン・ポオ

(3) エドガア・アラン・ポオ

(4) アナベル・リイ

  

|

« The Hollow Men by T. S. Eliot T・S・エリオット 「うつろな人間」「うつろなる人々」「うつろな男たち」 | Main | The Catcher in the Rye by J. D. Salinger J・D・サリンジャー 『キャッチャー・イン・ザ・ライ』『ライ麦畑でつかまえて』『危險な年齡』 »

Comments

last few days our class held a similar talk on this topic and you illustrate something we haven't covered yet, appreciate that. - Kris

Posted by: autovermietung mallorca | Friday, 22 October 2010 06:25 pm

I seldom leave comments on blog, but I have been to this post which was recommend by my friend, lots of valuable details, thanks again.

Posted by: simulateur rachat de credit | Thursday, 03 February 2011 01:41 am

I guess you will want to put a twitter button to your website. Just bookmarked this blog, but I had to do this by hand. Simply my advice.

Posted by: simulation rachat de credit | Tuesday, 22 March 2011 10:32 pm

Hey there, You've done an incredible job. I'll certainly digg it and personally suggest to my friends. I am sure they will be benefited from this site.

Posted by: moved here | Wednesday, 03 April 2013 07:14 am

Superbe article, une fois de plus

Posted by: film de cul gratos avec une charmeuse nord africaine | Thursday, 24 October 2013 06:41 am

Excellent artiocle encore une fois

Posted by: web site | Saturday, 26 October 2013 10:52 pm

Je peux dire quue c'est toujours un plaisir de vous lire

Posted by: web site | Friday, 01 November 2013 06:36 am

Magnifique poste encore une fois

Posted by: Web Page | Friday, 01 November 2013 11:59 am

Est-il possible de prendre 2 ouu 3 phrases pour un site ?

Posted by: homepage | Friday, 01 November 2013 01:47 pm

Une fois de plus un post franchement instructif

Posted by: webpage | Saturday, 09 November 2013 06:15 pm

Ahaa, its good conversation on the topic of this paragraph at this place at this webpage, I have read all that, so now me also commenting here.

Posted by: Kristeen | Sunday, 17 November 2013 02:05 am

I don't create a great deal of remarks, however i did a few searching and wound up here Annabel Lee by Edgar Allan Poe エドガー・アラン・ポー 「アナベル・リー」「アナベル・リイ」「アンナベル・リイ」: tomokilog - うただひかるまだがすかる. And I do have 2 questions for you if you tend not to mind. Is it simply me or does it look as if like some of these remarks come across as if they are coming from brain dead visitors? :-P And, if you are writing at other online social sites, I would like to follow everything fresh you have to post. Could you list of every one of your social pages like your Facebook page, twitter feed, or linkedin profile?

Posted by: Alfred | Friday, 29 November 2013 04:56 am

C'est bizarre je pensais faire un petit article pareil au votre

Posted by: web site | Friday, 29 November 2013 09:16 am

Posted by: Isagenix | Sunday, 01 December 2013 07:25 am

Hi, I do think this is an excellent website. I stumbledupon it ;) I am going to return yet again since I bookmarked it. Money and freedom is the best way to change, may you be rich and continue to guide others.

Posted by: Rosario | Saturday, 07 December 2013 03:44 pm

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Annabel Lee by Edgar Allan Poe エドガー・アラン・ポー 「アナベル・リー」「アナベル・リイ」「アンナベル・リイ」:

« The Hollow Men by T. S. Eliot T・S・エリオット 「うつろな人間」「うつろなる人々」「うつろな男たち」 | Main | The Catcher in the Rye by J. D. Salinger J・D・サリンジャー 『キャッチャー・イン・ザ・ライ』『ライ麦畑でつかまえて』『危險な年齡』 »