« Le Grand Cahier by Agota Kristof アゴタ・クリストフ 『悪童日記』 | Main | Il pleure dans mon coeur par Paul Verlaine ヴェルレーヌ / ヴェルレエヌ / ヹルレエヌ / ヴエルレエン / ベルレーン 「忘れられた小歌」「忘れた小曲」「都に雨の降るごとく」「われの心に淚ふる」「街上零雨」 »

Monday, 28 August 2006

Chanson d'automne by Paul Verlaine ヴェルレーヌ / ヴェルレエヌ / ヹルレエヌ 「秋のうた」「秋のシャンソン」「秋の唄」「秋の歌」「落葉」

        目次 Table of Contents

 Video 1  セルジュ・マルタンが朗読する「秋のうた」 Serge Martin recites Verlaine
 Video 2  ストアが演奏する「秋のうた」  sTtoa performs Verlaine
■中国語訳(簡体字) Translation into simplified Chinese
■中國語譯(繁體字) Translation into traditional Chinese
■日本語訳 Translations into Japanese
  (J1) 長坂 2015
  (J2) 井上 2006
  (J3) 三澤 2004
  (J4) 渋沢 1998
  (J5) 金子 1995
  (J6) 窪田 1995
  (J7) 橋本 1969
  (J8) 竹友 1951, 1982
  (J9) 堀口 1950, etc.
  (J10) 上田 1905, 1971
 Video 3  レオ・フェレが歌う「秋のうた」 Léo Ferré sings Verlaine
  Image   詩人の肖像 Portrait of the poet
■ロシア語訳 Translation into Russian
■ブルガリア語訳 Translation into Bulgarian
 Video 4  エスペラント語訳「秋のうた」の朗読 Verlaine in Esperanto
■エスペラント語訳 Translation into Esperanto
■ドイツ語訳 Translation into German
 Video 5  シャルル・トレネが歌う「秋のうた」 Charles Trenet sings Verlaine
■英訳 Translations into English
  (E1) Kellock 2005
  (E2) Low 2000
  (E3) Solomons
  (E4) Lomas
  (E5) Dale
  (E6) Kirkup
  (E7) Hall
 Video 6  M・ディートリッヒが朗読する「秋のうた」  Marlene Dietrich recites Verlaine
■イタリア語訳 Translation into Italian
■ポルトガル語訳 Translations into Portuguese
  (Pt1) Barbosa
  (Pt2) Santana Pereira
■スペイン語訳 Translation into Spanish
 Video 7  アントニオ・フラゴソ作曲「秋のうた」  António Fragoso composes Verlaine
■フランス語原文 The original text in French
■邦題の異同 Variations of the title translated into Japanese
■更新履歴 Change log


 Video 1 
セルジュ・マルタンが朗読する「秋のうた」 Serge Martin recites Chanson d'Automne


 Video 2 
ストアが演奏する「秋のうた」——スペイン語とフランス語の字幕つき
sTtoa performs Verlaine (subtitles in Spanish and French)

sToa は Olaf Parusel を中心として1991年に結成された音楽者集団。Chanson d'automn は2002年に発表された3枚目のアルバム Zal の6曲目に収録されている。この曲が1999年のWGTで演奏された際のライブ映像を観るには ここをクリック  なお、WGTはドイツのライプツィヒで毎年行われる芸術祭。 From sToa's third album Zal released in 2002. To view their live performance at Wave-Gotik-Treffen (WGT) 1999 in Leipzig,  CLICK HERE 


■中国語訳(簡体字) Translation into simplified Chinese

秋天的小提琴
长长的哭泣

摇晃着我那颗
倦怠而颓丧的心。

一切都令人窒息苍白无力,
当钟声响起,
我忆起往昔岁月不禁潸然泪下

我在这凄风中离去
任它把我吹东吹西犹如飘零的落叶。

   《秋之歌 /  秋天的小提琴》 保罗·魏尔伦
   E-text at:
   * 远播教育 - 法语美文诵读
   * 网易摄影
   * 开心网


■中國語譯(繁體字) Translation into traditional Chinese

秋天的
小提琴
那長長的嗚咽
用單調的
憂郁
刺傷我心。

窒息難忍,
臉色蒼白,
當鍾聲敲響,
我回想起
舊日的時光
不禁悲泣;

我走向
這惡風
風吹得我
或東或西
就象是
一片枯葉。

   《秋天頌》 魏爾倫
   E-text at 王朝網路 (wangchao.net.cn)


■日本語訳 Translations into Japanese

(J1) 長坂 2015
秋に聴く
ヴァイオリンの
長い嗚咽に
私の心は痛くなる
私の心、無彩色の、けだるい心

教会の鐘が時刻を告げるとき
過ぎ去った日々を思って
泣いてしまう
そのときの私は
息苦しくて、青白い顔をしている

じゃあね、さよなら
意地悪な風に吹かれ
ここに散り、あそこに散る
枯れ葉と
そっくりな私

   ポール・ヴェルレーヌ=作 長坂道子(ながさか・みちこ)=訳 「秋の歌」
   秋の日のヴィオロン : 長坂道子「ときどき日記」 2015/09/17


(J2) 井上 2006
秋の日、ながく
すすり泣く
ヴァイオリン
ぼくのこころは、
とりとめもなく
物憂くて。

時の鐘にも
胸せまり、
あおざめて、
むかしの日々を
思いうかべて、
ぼくは、泣く。

そして、出て行く、
こがらしに
運ばれて。
あちらこちらと
枯葉が道に
舞うように。

   ポール・ヴェルレーヌ=作 井上究一郎=訳
   「秋のシャンソン」 (「悲しい風景」五)
   『フランス名詩集』 ちくま文庫 2006/06 所収


(J3) 三澤 2004
秋の
ヴァイオリンの
長いすすり泣きは
モノトーンにけだるい
僕の心を
傷つける。

鐘が時を告げると
僕は息詰まり
青白くなりながら
思い出す
過ぎた日を
そして泣く。

そして僕は旅立つ
僕を連れて行く
性悪な風に吹かれて
こっち、またあっちと
さながら
死んだ葉。

   ヴェルレーヌ=作 三澤洋史(みさわ・ひろふみ)=訳 「秋のうた
   三澤洋史氏の公式ホームページ「Café MDR」 2004/11/28 に収載。
   原詩をより深く読解し、翻訳の妙を味わうために、フランス語原文および
   上田敏による日本語訳と併置して掲載された、三澤氏による「直訳」。


(J4) 渋沢 1998
秋の日の
ヴァイオリンの
  ながいすすり泣きに
こころ痛み
単調な
  もの悲しさを誘われる。

時の鐘
鳴りわたるとき
  息つまり、青ざめて
むかしの日々を
思い出し
  涙ぐむ。

まことわたしは
吹きあれる
  風のまにまに
ここ かしこ
飛び散らう
  落葉の身の上。

   ポール・ヴェルレーヌ=作 渋沢孝輔(しぶさわ・たかすけ)=訳 「秋の歌」
   『フランス名詩選』 岩波文庫 1998/04 所収


(J5) 金子 1995
秋のヴィオロンが
いつまでも
 すすりあげてる
身のおきどころのない
さびしい僕には、
 ひしひしこたえるよ。

鐘が鳴っている
息も止まる程はっとして、
顔蒼ざめて、
 僕は、おもいだす
むかしの日のこと。
 すると、止途(とめど)もない涙だ。

つらい風が
僕をさらって、
 落葉を追っかけるように、
あっちへ、
こっちへ、
 翻弄するがままなのだ。

   ポール・ヴェルレーヌ=作 金子光晴=訳 「秋の唄」
   野村喜和夫(のむら・きわお)=訳編
   『ヴェルレーヌ詩集』 海外詩文庫6 思潮社 1995/07 所収


(J6) 窪田 1995
秋風の
ヴァイオリンの
  ながいすすり泣き
単調な
もの悲しさで、
  わたしの心を傷つける。

時の鐘鳴りひびけば
息つまり
  青ざめながら
すぎた日々を
思い出す
  そして、眼には涙。

いじわるな
風に吹かれて
  わたしは飛び舞う
あちらこちらに
枯れはてた
  落葉のように。

   ポール・ヴェルレーヌ=作 窪田般彌(くぼた・はんや)=訳 「秋の歌」
   野村喜和夫(のむら・きわお)=訳編
   『ヴェルレーヌ詩集』 海外詩文庫6 思潮社 1995/07 所収


(J7) 橋本 1969
忍び泣き
ながくひく
秋の ヴィオロン
ものうくも
単調に
ぼくの心を いたませる

時つげる
鐘の音に
胸つまり あおざめて
過ぎた日を
思い出し
ぼくは泣く

性悪(しょうわる)の
風に吹かれて
ぼくは行く
ここ かしこ
吹き散らう
落葉さながら

   P・ヴェルレーヌ=作 橋本一明(はしもと・いちめい)=訳 「秋の歌」
   『カラー版 世界文学全集 別巻1 世界名詩集
   河出書房新社 1969/05 所収


(J8) 竹友 1951, 1982
秋の日の
ヴィオロンの
 長きためいき、
ひといろの
なやみにて
 こころを傷(やぶ)る。

鐘鳴れば、
息づまり、
 色もあをざめ、
すぎし日を
おもひいで、
 われは泣くなり。

さて、われは
まがつびの
 風に逐はれて、
ここかしこ
舞い散らふ
 落葉のごとし。

   ポール・ヴェルレーヌ=作 竹友藻風=訳 「秋のうた」
   a. 藤井治彦=編 『竹友藻風選集2』(全2巻) 南雲堂 1982/10 所収
   b. 『法苑林—訳詩集』 潮人社 1951 所収
   引用は a. に拠りました。


(J9) 堀口 1950, 1973, etc.
秋風の
ヴィオロンの
 節ながき啜(すす)り泣き
もの憂きかなしみに
わがこころ
 傷つくる。

時の鐘
鳴りも出(い)づれば、
 せつなくも胸せまり、
思いぞ出づる
来(こ)し方(かた)に
 涙は涌(わ)く。

落葉ならね
身をばやる
 われも、
かなたこなた
吹きまくれ
 逆風(さかかぜ)よ。

   ポール・ヴェルレーヌ=作 堀口大學=訳 「秋の歌」
   a. 『堀口大學全集3』 小澤書店 1982/04 所収
   b. 『ヴェルレーヌ詩集』 新潮文庫(改版) 1973/11 所収
   c. 『ヴェルレエヌ詩集』 新潮文庫(初版) 1950/11 所収


(J10) 上田 1905, 1971
秋の日の
ヸオロンの
ためいきの
身にしみて
ひたぶるに
うら悲(かな)し。

鐘のおとに
胸ふたぎ
色かへて
涙ぐむ
過ぎし日の
おもひでや。

げにわれは
うらぶれて
こゝかしこ
さだめなく
とび散らふ
落葉(おちば)かな。

   ヹルレエヌ=作 上田敏=訳 「落葉(らくえふ)」
   a. 『日本近代文学大系52 明治大正譯詩集』(全60巻)
     角川書店 1971/08 所収
   b. 上田敏=著 『海潮音』 本郷書院 1905/10(明治38) 所収
   c. 「明星」 1905/06(明治38) 「象徴詩」と題された7篇のうちの1篇
   初出誌は c.。初出単行本はb.。引用は a. に拠りました。
   ルビの一部を略しました。


 Video 3 
レオ・フェレ (1916-1993) が歌う「秋のうた」 Léo Ferré (1916-1993) sings Verlaine

From the DVD Léo Ferré chante les poètes (Théâtre libertaire de Paris, 1986)


 Image 
詩人の肖像 Portrait of the poet
Paul_verlaine
ポール・ヴェルレーヌ全集第1巻(1902)の口絵に描かれたポール・ヴェルレーヌの肖像。 Paul Verlaine illustrated in the frontispiece of Oeuvres completes de Paul Verlaine, Vol. 1, 1902. Image source: Paul Verlaine - Wikipedia


■ロシア語訳 Translation into Russian

Долгие рыдания
осенних
скрипок
ранят моё сердце
печальной
монотонностью.

Всё сжимается
и бледнеет, когда
пробивает его час,
я вспоминаю
прежние дни
и плачу.

И я ухожу
с осенним ветром,
который меня
носит туда-сюда,
подобно мёртвому
листу.

   Поль Верлен - Осенняя песня
   Подстрочный перевод
   E-text at Верлен, Поль — Википедия


■ブルガリア語訳 Translation into Bulgarian

Виола със стон
под гол небосклон
  през октомври ридае
и вяла печал
невидим кинжал
  в гръдта е.

И блед, като в сън
чул тежкия звън
  на часовника в здрача,
за всичко сега
си спомням с тъга
  и плача.

Къде съм дошъл...
А вятърът зъл
   като лист по земята
не ме ли и мен
унил и сломен
  подмята.

   Пол Верлен. Есенната песен
   Translated by Кирил Кадийски
   E-text at Кирил Кадийски (Kiril Kadiiski)


 Video 4 
エスペラント語訳「秋のうた」の朗読
Blandine Lhote recites Verlaine translated into Esperanto by Gaston Waringhien


■エスペラント語訳 Translation into Esperanto

Pro l' plora son'
De l' violon'
  Aŭtuntona,
Min en la kor'
Lezas langvor'
  Monotona.

Sufoksentum'
Kaj palo, dum
  Hor' sonoras,
Memoras mi
Tagojn kun ŝi,
  Kaj mi ploras;

Kaj vagas plu
Laŭ ventosku'
  Sen alia
Malbona cel'
Ol tiu de l'
  Mort' folia.

   Aŭtuna Kanto
   Translated by Gaston Waringhien
   E-text at La Ondo de Esperanto (LOdE-80)


■ドイツ語訳 Translation into German

Die langen Seufzer
der Violinen
des Herbstes
versehren mein Herz
mit ihrer monotonen
Schläfrigkeit.

Ganz atemlos
und fahl, beim
Stundenschlag,
kommen mir
alte Zeiten in den Sinn
und ich weine ...

Und ich mache mich auf den Weg
im stürmischen Wind,
der mich
hin und her treibt
wie ein
totes Blatt.

   Herbstlied
   Translation copyright © 2006 by Bertram Kottmann
   E-text at The REC Music Foundation website


 Video 5 
シャルル・トレネ (1913-2001) が歌う「秋のうた」
Charles Trenet (1913-2001) sings Verlaine


■英訳 Translations into English

(E1) Kellock 2005
The sobs
of autumn
violins
Wound my heart
with a languid
monotony.

Wholly breathless
and pale, When
the clock chimes,
I am reminded
of the old days,
And I weep.

And am taken
where ill winds
Carry me
here and there,
Like
a dead leaf.

   Song of autumn
   Translation copyright 2005 by Judith Kellock
   E-text at The REC Music Foundation website


(E2) Low 2000
The long sobs
of autumn's
violins
wound my heart
with a monotonous
languor.

Suffocating
and pallid, when
the clock strikes,
I remember
the days long past
and I weep.

And I set off
in the rough wind
that carries me
hither and thither
like a dead
leaf.

   The long sobs
   Translation copyright 2000 by Peter Low
   E-text at The REC Music Foundation website


(E3) Solomons
The sobbing strings
of violins
of Autumn,
languorous,
monotonous,
pierce my heart.

Fighting to breathe,
paler as each
hour creeps,
I still recall
the days of old,
and weep.

Borne by the whim
of the mischief wind
tossed there and here,
with no relief,
crumpled and sere,
like a dead leaf.

   Autumn Song by Paul Verlaine
   Translated by Stan Solomons
   E-text at Brindin Press Online


(E4) Lomas
The long moan
Of the violins
Of autumn
Rends my heart
With a languorous
Monotone.

Suffocating, pale,
As the hour
Grows near
And strikes, I recall
Former days,
With a tear;

And I'm borne off
On the bad wind
Of grief
That tosses me
Here, there, like any
Dead leaf.

   Song of Autumn by Paul Verlaine
   Translated by Herbert Lomas
   E-text at Brindin Press Online


(E5) Dale
The violins of autumn,
Their long sobs brought on,
In their plangor
Wound my heart
As they impart
A humdrum languor

Stifling and wan
When the hour comes on
And strikes deep,
Memories raise
The old days
And I weep.

And I go away,
On an ill wind stray
Carried adrift,
Hither and thither;
Comparing with the
Dead leaf shift.

   Autumn Song by Paul Verlaine
   Translated by Peter Dale
   E-text at Brindin Press Online


(E6) Kirkup
Long moans on
autumn's saxophones - wound my
heart with
languor's monotones

Wan suffocations -
as hours creep -
remembering
days gone by - I weep -

Borne on weary winds,
my grief - hither and
thither -
a withering leaf

   Song of Autumn by Paul Verlaine   
   Translation by James Kirkup
   E-text at Brindin Press Online


(E7) Hall
Leaf-strewing gales
Utter low wails
     Like violins,--
Till on my soul
Their creeping dole
     Stealthily wins....

Days long gone by!
In such hour, I,
     Choking and pale,
Call you to mind,--
Then like the wind
     Weep I and wail.

And, as by wind
Harsh and unkind,
     Driven by grief,
Go I, here, there,
Recking not where,
     Like the dead leaf.

   Chanson d'automne
   Translated by Gertrude Hall
   The Project Gutenberg EBook of Poems of Paul Verlaine


 Video 6 
マレーネ・ディートリッヒ (1901-1992) が朗読するフランス語原詩「秋のうた」
Marlene Dietrich (1901-1992) recites Verlaine in original French

Sur un fond musical Marlène Dietrich dit le poème "Chanson d'automne" de Paul Verlaine. ina.fr 01/01/1954 - 01min42s


■イタリア語訳 Translation into Italian

I lunghi singhiozzi
dei violini
d'autunno
feriscono il mio cuore
con monotono
languore.

Pallido
e ansimante, quando
suona l'ora,
mi ricordo
dei giorni passati
e piango;

e me ne vado
nel vento ostile
che mi trascina
di qua e di là
come
foglia morta.

   Canzone d'autunno by Paul Verlaine
   Translated by Giovanni Soriano
   E-text at Aforismario


■ポルトガル語訳 Translations into Portuguese

(Pt1) Barbosa
As longas vibrações
Das cordas dos violões
De outono
Deixam em langor
Meu coração com dor
A vagar pelo sono.

Todo sufocando
E pálido, quando
Chega a hora,
Eu me lembro triste
Do passado que insiste
E minh’alma chora.

Então me deixo levar
Pelo vento a pairar
Que me transporta
Para todos os cantos,
Como uma folha sem pranto
Sem peso e morta.

   Canção de outono by Paul Verlaine
   Translated by Jefferson Marques Barbosa
   E-text at Tradução da semana


(Pt2) Santana Pereira
Os gemidos compridos
dos violinos
do outono
ferem meu peito
com languidez
enfadonha

Já sufocando
e lívido, quando
soa a hora,
eu me atino
dos dias idos
e eu choro

Então vou assim
co’o vento ruim
que me roja
por lá e cá
tal qual
folha morta

   Canção do outono by Paul Verlaine
   Translated by Paulo Santana Pereira
   E-text at Tradução da semana



■スペイン語訳 Translation into Spanish

Los largos sollozos
de los violines
del otoño
hieren mi corazón
con languidez
monótona

Sofocado
y pálido cuando
suena la hora
Me acuerdo 
de los días pasados
y lloro;

y me voy
al mal viento
Que me lleva
De un lado para otro
Semejante a la
Hoja muerta.

   Canción de otoño by Paul Verlaine
   Quoted in El Simbolismo: el nacimiento de la poesía moderna
   Editorial Montesinos, 1987
   Preview at Google Books


 Video 7 
アントニオ・フラゴソ (1897-1918) が作曲した「秋のうた」
António Fragoso (1897-1918) composes Chanson d'Automne

Tenor: Carlos Guilherme. Piano: Armando Vidal.


■フランス語原文 The original text in French

Les sanglots longs
Des violons
  De l'automne
Blessent mon coeur
D'une langueur
  Monotone.

Tout suffocant
Et blême, quand
  Sonne l'heure,
Je me souviens
Des jours anciens
  Et je pleure;

Et je m'en vais
Au vent mauvais
  Qui m'emporte
Deçà, delà,
Pareil à la
  Feuille morte.

   Chanson d'automne de Paul Verlaine
   The Project Gutenberg EBook of
   Oeuvres completes de Paul Verlaine, Vol. 1


■邦題の異同 Variations of the title translated into Japanese

  「秋のうた」……………三澤 2004
  「秋のうた」……………竹友 1951, 1982
  「秋の唄」………………金子 1995

  「秋の歌」………………長坂 2015

  「秋の歌」………………渋沢 1998
  「秋の歌」………………窪田 1995
  「秋の歌」………………橋本 1969
  「秋の歌」………………堀口 1950, 1973, etc.
  「秋のシャンソン」……井上 2006
  「落葉」…………………上田 1905, 1971


■更新履歴 Change log

  • 2015/10/22 長坂道子=訳 2015/09/17 を追加しました。
  • 2013/11/21 簡体字中国語訳、繁體字中國語譯、およびイタリア語訳を追加しました。
  • 2013/02/16 エスペラント語訳と、もう一種類のポルトガル語訳を追加しました。また、つぎの4本の YouTube 動画も追加しました。
    • ストアが演奏する「秋のうた」
    • レオ・フェレが歌う「秋のうた」
    • エスペラント語訳の朗読
    • マレーネ・ディートリッヒによる朗読
  • 2013/02/07 ブルガリア語訳、ポルトガル語訳、およびスペイン語訳を追加しました。
  • 2011/09/09 ロシア語訳を追加しました。また、リンク先の YouTube サイトで失効していた動画を削除し、べつの動画を追加しました。
  • 2010/04/03 フランス語による朗読の YouTube 動画を追加しました。
  • 2008/08/20 三澤洋史=訳 2004/11、および竹友藻風=訳 1982/10 を追加しました。
  • 2006/09/02 渋沢孝輔=訳 1998/04 を追加しました。
  • 2006/08/30 井上究一郎=訳 2006/06 を追加しました。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ84595840v1308102456

Flag Counter

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■CD

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese
(1)「ヴェルレーヌ」という表記のもの

(2)「ヴェルレエヌ」という表記のもの

|

« Le Grand Cahier by Agota Kristof アゴタ・クリストフ 『悪童日記』 | Main | Il pleure dans mon coeur par Paul Verlaine ヴェルレーヌ / ヴェルレエヌ / ヹルレエヌ / ヴエルレエン / ベルレーン 「忘れられた小歌」「忘れた小曲」「都に雨の降るごとく」「われの心に淚ふる」「街上零雨」 »

Comments

秋のヴィオロン長く泣く
墨絵の気落ち心裂く

時の鐘の音鳴り響く
過ぎし日想い我は泣く

悪しき風浴び外へ行く
枯葉一枚あてどなく

Posted by: 伊藤 龍樹 | Friday, 30 April 2010 at 11:41 AM

長く泣く 秋のヴィオロン
心裂く 墨絵の気落ち

鳴り響く 時の鐘の音
我は泣く 過ぎし想いに

外へ行く 悪しき風浴び
あてどなく 枯葉の舞うを


五七調のほうがいいみたいですね。

Posted by: 伊藤 龍樹 | Friday, 30 April 2010 at 11:48 AM

伊藤 龍樹さん

日本語訳を二種類も示してくださってありがとうございます。

わたしは伊藤 龍樹さんの七五調も五七調も、どちらも良いと思います。ただ、七五調はリズミカル過ぎて、つい速いスピードで読んでしまって、個々の言葉をちょっと味わいにくいかもしれません。

クラシカルな響きの日本語の語彙を自由に操ることができないわたしには、到底まねのできない訳です。かさねて感謝。

Posted by: tomoki y. | Monday, 03 May 2010 at 05:32 PM

この詩には五言絶句のような感覚がわたしにはあります。ただ、6行×3連という形式は日本にも漢詩にもありません。上田さんはかなり苦心されたと思います。

Posted by: 伊藤 龍樹 | Monday, 03 May 2010 at 06:26 PM

Hi there everyone, it's my first pay a quick visit at this web page, and article is in fact fruitful for me, keep up posting such content.

Posted by: PBX Call Accounting System | Monday, 12 November 2012 at 06:45 AM

We're a gaggle of volunteers and opening a new scheme in our community. Your website offered us with valuable information to work on. You've dine a formidable process and our entire group might be grateful to you.

Posted by: smartphone pas cher sans forfait | Wednesday, 20 November 2013 at 01:56 PM

Hey very nice blog!

Posted by: amazon gift card code | Thursday, 05 December 2013 at 07:55 AM

Your mode of describing everything in this piece of writing is in fact good, every one be able to without difficulty understand it, Thanks a lot.

Posted by: venus factor trial offer | Saturday, 28 December 2013 at 08:48 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58807/11642139

Listed below are links to weblogs that reference Chanson d'automne by Paul Verlaine ヴェルレーヌ / ヴェルレエヌ / ヹルレエヌ 「秋のうた」「秋のシャンソン」「秋の唄」「秋の歌」「落葉」:

« Le Grand Cahier by Agota Kristof アゴタ・クリストフ 『悪童日記』 | Main | Il pleure dans mon coeur par Paul Verlaine ヴェルレーヌ / ヴェルレエヌ / ヹルレエヌ / ヴエルレエン / ベルレーン 「忘れられた小歌」「忘れた小曲」「都に雨の降るごとく」「われの心に淚ふる」「街上零雨」 »