« Autobiography of Heinrich Schliemann シュリーマン 『古代への情熱』『シュリーマン自伝』 | Main | Le Grand Cahier by Agota Kristof アゴタ・クリストフ 『悪童日記』 »

Sunday, 27 August 2006

The Talented Mr Ripley by Patricia Highsmith パトリシア・ハイスミス 『リプリー』『太陽がいっぱい』

Ripley1Ripley2Ripley3


■中国語訳(簡体字) Translation into simplified Chinese

  “对了,狄奇现在多大岁数?”汤姆问。
  “二十五。”
  我也是,汤姆想,狄奇八成在那里享受人生。有一份收入、一栋房子、一艘船,他为什么要回来呢?狄奇的面容愈来愈清晰了:嘴巴总是笑得很开、一头卷曲的金发,一张四处逢源的脸庞。狄奇是个幸运儿。反观自己,二十五岁这把年纪在做些什么呢?一周一周地混日子,没有银行户头,生平头一遭在躲警察。他颇有数学天分,为什么就没随随便便什么人花钱请他发挥这项长才?汤姆发觉他全身肌肉紧绷,手中的火柴盒让他压扁了大半边,几近全平。真烦,真他妈的烦死了,烦!烦!烦!他想回到吧台那儿,一个人。

   聪明的瑞普利先生
   作者:派翠西亚·海史密斯
   E-text at 新時代書城 (mypcera.com)


■日本語訳 Translations into Japanese

(1) 佐宗 1993, 2000
「ところで、ディッキーはいまいくつですか?」と、彼は聞いた。
「二十五ですよ」
 ぼくと同じだ、とトムは思った。ディッキーはたぶん、むこうでおおいに楽しんでいるのだろう。金も入ってくるし、家も、ヨットもあるのだ。帰る気が起こるわけがなかった。ディッキーの顔が鮮明に思い出されてきた。屈託のない笑顔、ひどくちぢれているブロンドの髪、のんきな顔をしていた。ディッキーはめぐまれた男だった。だが、二十五歳にもなって、自分は一体なにをしているのか? その日その日をどうにか暮らしていた。貯金もないのだ。生まれてはじめて、警察の目を逃れて生きていた。彼には数学の才能があった。それで金を稼げる場所が、どうしてどこにもないのだろう? トムは全身の筋肉が緊張しているのに気づいた。手にしているマッチ箱がぐしゃりと押しつぶされ、ほとんどぺちゃんこになった。彼はうんざりしていた。ほんとうにもうたくさんだった。たくさんだ、もう! カウンターにもどり、ひとりきりになりたかった。

   パトリシア・ハイスミス=作 佐宗鈴夫(さそう・すずお)=訳
   1a.リプリー』 河出文庫(新装新版) 2000/05
   1b.太陽がいっぱい』 河出文庫(初版) 1993/08
   1a. は映画化作品公開にあわせて 1b. を改版・改題したもの。


(2) 青田 1971, 2000
「ところで、ディッキーは、いまいくつですか?」ときいた。
「二十五歳です」
 おれと同い年だとトムは思った。たぶんディッキーは、イタリアで思う存分勝手な暮らしをしているんだろう。定収入があり、家があり、船まで持ってる。帰国したいなんて思うはずがないではないか。ディッキーの顔が、目の前にまざまざと浮かんできた。屈託のない笑顔、ややちぢれた金髪、いたって楽天的な顔だ。ディッキーって、しあわせなやつだ。それにひきかえて、このおれは、二十五歳にもなってなにをしてるんだ? 毎週毎週、その日暮らしだ。銀行預金もない。いまは生まれてはじめて、警官の目を避けて暮らしている。彼は数学が得意だった。どこかに彼の才能を生かして給料をくれるところがないものかな? トムは身体中の筋肉がきゅっと引きしまって、持っていたマッチ箱が手の中で平ったく握りつぶされるのを感じた。彼はうんざりしてきた。やりきれない。しゃくにさわるほど、やりきれない。やりきれない! 彼はたった一人でバーのカウンターへもどっていきたくなった。

   パトリシア・ハイスミス=作 青田勝(あおた・まさる)=訳
   2a.リプリー』 角川文庫(改版) 2000/06
   2b.太陽がいっぱい』 角川文庫(初版) 1971/03
   2a. は映画化作品公開にあわせて 2b. を改版・改題したもの。


■スペイン語訳 Translations into Spanish

  –Por cierto, ¿qué edad tiene Dickie ahora? –preguntó.
  –Veinticinco.
  «Igual que yo», pensó Tom, «y probablemente se estará dando la gran vida en Italia. Con dinero, una casa y una embarcación, ¡cualquiera no se la daría! ¿Por qué demonios iba a regresar a casa?»
  El rostro de Dickie iba cobrando precisión en su memoria: sonrisa ancha, pelo ondulado, tirando a rubio; en suma, un rostro despreocupado.
  Tom se dijo que Dickie era un tipo afortunado, preguntándose, al mismo tiempo, qué había hecho él hasta entonces, cuando contaba la misma edad que Dickie. La respuesta era que había estado viviendo a salto de mata, sin ahorrar un céntimo y ahora, por primera vez en su vida, se veía obligado a esquivar a la policía. Poseía una especial aptitud para las matemáticas, pero no había logrado hallar ningún sitio donde le pagasen por ella. Tom advirtió que todos sus músculos estaban en tensión, y que con los dedos había arrugado la cajita de cerillas que había sobre la mesa. Se aburría mortalmente y empezó a maldecir para sus adentros, deseando estar solo en la barra.

   El talento de Mr. Ripley
   by Highsmith, Patricia
   E-text at Tom Ripley 1 (El talento de Mr. Ripley) [PDF]


■オランダ語訳 Translation into Dutch

  ‘Hoe oud is Dickie nu eigenlijk?’ vroeg hij ten slotte.
  ‘Hij is vijfentwintig.’
  Ik ook, dacht Tom. Dickie leefde daar waarschijnlijk als God in Frankrijk. Een vast inkomen, een huis, een boot. Waarom zou hij thuis willen komen? Dickies gezicht begon wat duidelijker te worden in zijn herinnering: hij had een brede glimlach, blondachtig haar met kroezige golven, een onbezorgd gezicht. Dickie was een knaap zonder zorgen. Wat deed hijzelf op zijn vijfentwintigste? Hij leefde van de ene week in de andere. Geen bankrekening. Voor het eerst in zijn leven moest hij smerissen uit de weg gaan. Hij had talent voor wiskunde. Waarom verdomme betaalden ze hem daar dan niet voor, ergens? Het drong tot Tom door dat al zijn spieren zich gespannen hadden, dat het allemaal aan het rollen gegaan, want hij had de Schrievers niet meer dan drie of vier keer in zijn leven gezien.

   Ripley, een man van talent by Patricia Highsmith
   E-text at Ripley, een man van talent [PDF]


■英語原文 The original text in English

  'How old is Dickie now, by the way?' he asked.
  'He's twenty-five.'
  So am I, Tom thought, Dickie was probably having the time of his life over there. An income, a house, a boat. Why should he want to come home? Dickie's face was becoming clearer in his memory: he had a big smile, blondish hair with crisp waves in it, a happy-go-lucky face. Dickie was lucky. What was he himself doing at twenty-five? Living from week to week. No bank account. Dodging cops now for the first time in his life. He had a talent for mathematics. Why in hell didn't they pay him for it, somewhere? Tom realized that all his muscles had tensed, that the matchcover in his fingers was mashed sideways, nearly flat. He was bored, God-damned bloody bored, bored, bored! He wanted to be back at the bar, by himself.

   The Talented Mr Ripley (1955) by Patricia Highsmith
   Excerpt at:
   * Vintage Screening Room
   * Barnes & Noble.com


 Image gallery 
ポスターとDVDのジャケット Posters and DVD covers

ja Ja_ripurii_ripley hu Hu_a_tehetseges_mr_ripley el El___talentedmrripley

pl Pl_utalentowany_pan_ripley_3 cs Cs_talentovany_pan_ripley de De_dertalentiertemrripleyposter_art

it It_il_talento_di_mr_ripley pt Pt_br_otalentosoripleydvd es Es_el_talentoso_sr_ripley

es It_o_talentoso_ripley fr Fr_mr_ripley en En_thetalentedmrripley1999moviepost

[ja] リプリー 日本語
[hu] A tehetséges Mr. Ripley ハンガリー語
[ru] Ο Ταλαντούχος Κύριος Ρίπλεϊ ギリシャ語
[pl] Utalentowany pan Ripley ポーランド語
[cs] Talentovaný pan Ripley チェコ語
[de] Der talentierte Mr. Ripley ドイツ語
[it] Il talento di Mr. Ripley イタリア語
[pt] O Talentoso Ripley ポルトガル語(ブラジル)
[es] El talentoso Sr. Ripley スペイン語(ラテンアメリカ)
[es] El Talento de Mr. Ripley スペイン語(スペイン)
[fr] Le talentueux M. Ripley フランス語
[en] The Talented Mr. Ripley  英語


■外部リンク External links

 [en] 英語
   * The Talented Mr. Ripley - Wikipedia
   * The Talented Mr. Ripley (film) - Wikipedia
   * The Talented Mr. Ripley (1999) - IMDb
   * Plein Soleil - Wikipedia
   * Plein soleil (1960) - IMDb
 [ja] 日本語
   * パトリシア・ハイスミス - Wikipedia
   * 太陽がいっぱい(映画)- Wikipedia


■更新履歴 Change log

2013/01/23 イメージギャラリーを新設しました。
2011/11/26 スペイン語訳とオランダ語訳を追加しました。
2008/02/15 書誌情報を加筆修正しました。また、外部リンクの項を新設しました。


■DVD
(1) The Talented Mr Ripley リプリー

(2) Plein Soleil 太陽がいっぱい

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese                  ■CD
 
  

|

« Autobiography of Heinrich Schliemann シュリーマン 『古代への情熱』『シュリーマン自伝』 | Main | Le Grand Cahier by Agota Kristof アゴタ・クリストフ 『悪童日記』 »

Comments

I was able to find good info from your articles.

Posted by: pamojanetwork.com | Monday, 01 April 2013 07:49 pm

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference The Talented Mr Ripley by Patricia Highsmith パトリシア・ハイスミス 『リプリー』『太陽がいっぱい』:

« Autobiography of Heinrich Schliemann シュリーマン 『古代への情熱』『シュリーマン自伝』 | Main | Le Grand Cahier by Agota Kristof アゴタ・クリストフ 『悪童日記』 »