« 「おっぱい」は好きなだけ吸うがいい 『老子 道徳経』 第20章 Chapter 20, Tao Te Ching by Lao Tzu / Dao De Jing by Laozi | Main | Sonnet 18 by William Shakespeare シェイクスピア 「ソネット18」 »

Wednesday, 13 September 2006

Evelyn Waugh "Decline and Fall" 016

Waugh_2
                      Little, Brown, 1949.
Evelyn Waugh and his family. Standing in the rear between his parents is Auberon Alexander, 8; kneeling beside Mrs. Waugh is Maria Teresa, 11; Mrs. Waugh is holding James in her lap, 2; Harriet Mary, 4, stands between her parents, and, standing beside Mr. Waugh is Margaret, 6.
Copyright 1999 The New York Times Company
Image source: The New York Times on the Web  
 
 
■日本語訳 Translations into Japanese

(1) 
 「まだ教えた経験がないそうですな」
 「はあ、残念ながら」
 「まあ、そのほうがなにかと強いわけでね。すぐに教師癖(ぐせ)をつけて、理想を失う人間が多いんだ。いや、実務的な話をしなくてはならん。給料は百二十ポンドを用意しとるんだが、それは教歴有りのひとの話でね。ここに森林学の学位を持っとる青年から手紙が来ておってだね、その学位があるんだから年に十ポンド上乗せしてくれ、と。しかしですよ、ペニーフェザー君、わしの求めておるのは理想であって、学位じゃない。聞いたところでは、きみはなんだか急に大学をおやめになったそうだね。何ですかね——そのわけは?」
 これこそポールの恐れていた質問であったが、彼は自分の受けた教育を裏切ることなく、正直にゆく決心をしていた。
 「退学処分をうけました。素行不良で」
 「うむ、本当かね? まあ、よろしい、うるさいことは訊かんことにしよう。わしだって教育という仕事を長いことやっておるからね、なにか隠しときたい理由でもないかぎり誰もこの道に入らんことくらいは心得とりますですよ。それでだね、ペニ−フェザ−君、まだ実務の話に戻るんだがね、素行不良で退学になったひとに百二十ポンドは払いかねるんですよ。まず手始めに年給九十ポンドあたりからというのは、どうだろう? わしは今夜中にラナバに戻らなきゃいかん。ほれ、学期がまだ六週間も残っとるのに、急に先生をひとりなくしてしまったもんですからな。明日の晩、来てくれますな。ユーストンを十時頃に発つぴったりの汽車がある。仕事は気にいると信じとります」と言ったあと、彼は夢みるような表情で続けた。「奉仕と友愛——わが校はそういう理想を掲げております。生徒の多くはとびきりの名門揃いでしてな。今学期はタンジェントの若様もみえた、ほれ、サーカムフェランス伯爵の御子息ですよ。とてもいいお子さんだ——まあ、気まぐれなところはあの家の血筋でね。とにかくあの子にはらしさ(#「らしさ」に傍点)がある」

   富山太佳夫=訳『大転落』岩波文庫 1991年6月
 
 
(2)
「君は今まで経験がないのだったね」
「ええ、あいにくありません」
「まあもちろんその方が多くの点でいい。ひとはすぐに教師くさくなって、夢を失いがちだからな。だがむろんわれわれは現実的に話し合わねばならん。わたしが百二十ポンドの俸給を出そうというのは、経験者にだけなのだ。ここに林学の学士号をもっている青年からの手紙がある。この人はそれを理由にして一年に十ポンドよけいにくれと言っておる。だがわたしに必要なのは夢なんだ、ペニフェザー君、免状なんかじゃない。それに君は大学を急にやめたんだったね。それはどういうわけだったのかね?」
 これはポールがおそれていた質問だったが、彼はしつけを守って、正直に言おうと決心していた。
「品行不良で退学になったのです」
「それはそれは。では細かい点は訊くまい。わたしも教職をながくやっているから、だれもなにかかくしたいもっともな理由がなければこの職業についたりはしないってことはわかっておる。だがもう一度現実的に話せば、ペニフェザ−君、わたしは品行不良で退学になった人に百二十ポンド払うわけにはいかない。手始めに君の俸給を年九十ポンドってことにしたらどうだろう? わたしは今夜ラナバにもどらねばならん。まだ今学期が六週残っているのだが教員が一人急に足りなくなった。明晩君をお待ちするよ。ユーストン駅を十時頃に発ついい汽車がある」彼は夢みるような調子でつづけた。「君は仕事が気に入ることと思う。わたしの学校が理想——奉仕と友情の理想の上に築かれていることがわかるだろう。生徒の多くはとびきりの名家の子弟だ。今学期タンジェントが入学した。ほらサーカムフェランス伯爵の令息だ。なかなかいい子だ、もちろんあの家の人達みんなと同様、変っている、でもあの子には気品があるよ」

   柴田稔彦=訳『ポール・ペニフェザーの冒険』福武文庫 1991年4月
 
 
■英語原文 The original text in English

  'I understand you have had no previous experience?'
  'No, sir, I am afraid not.'
  'Well, of course, that is in many ways an advantage. One too easily acquires the professional tone and loses vision. But of course we must be practival. I am offering a salary of one hundred and twenty pounds, but only to a man with experience. I have a letter here from a young man who holds a diploma in forestry. He wants an extra ten pounds a year on the strength of it, but it is vision I need, Mr Pennyfeather, not diplomas. I understand, too, that you left your University rather suddenly. Now -- why was that?'
  This was the question that Paul had been dreaming, and, true to his training, he had resolved upon honesty.
  'I was sent down, sir, for indecent behaviour.'
  'Indeed, indeed? Well, I shall not ask for details. I have been in the scholastic profession long enough to know that nobody enters it unless he has some very good reason which he is anxious to conceal. But, again to be practical, Mr Pennyfeather, I can hardly pay one hundred and twenty pounds to anyone who has been sent down for indecent behaviour. Suppose that we fix your salary at ninety pounds a year to begin with? I have to return to Llhanabba to-night. There are six more weeks of term, you see, and I have lost a master rather suddenly. I shall expect you to-morrow evening. There is an excellent train from Euston that leaves at about ten. I think you will like your work,' he continued dreamily,'you will find that my school is built upon an ideal -- an ideal of service and fellowship. Many of the boys come from the very best families. Little Lord Tangent has come to us this term, the Earl of Circumference's son, you know. Such as nice little chap, erratic, of course, like all his family, but he has tone.'

   Evelyn Waugh "Decline and Fall" 1928
 
 
■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

|

« 「おっぱい」は好きなだけ吸うがいい 『老子 道徳経』 第20章 Chapter 20, Tao Te Ching by Lao Tzu / Dao De Jing by Laozi | Main | Sonnet 18 by William Shakespeare シェイクスピア 「ソネット18」 »

Comments

Hey very interesting blog!

Posted by: http://www.barredeson.com | Friday, 08 November 2013 09:24 pm

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Evelyn Waugh "Decline and Fall" 016:

« 「おっぱい」は好きなだけ吸うがいい 『老子 道徳経』 第20章 Chapter 20, Tao Te Ching by Lao Tzu / Dao De Jing by Laozi | Main | Sonnet 18 by William Shakespeare シェイクスピア 「ソネット18」 »