« I heard a Fly buzz -- when I died (J465, F591) by Emily Dickinson エミリー・ディキンソン / エミリ・ディキンスン 「蠅がうなるのが聞こえた——わたしが死ぬ時」 (J465, F591) | Main | The Happy Prince by Oscar Wilde オスカー・ワイルド 『しあわせな王子』『幸福の王子』『幸福な王子』『幸福な皇子』『幸せの王子』『幸福王子』『幸福皇子』『皇子と燕』 »

Monday, 25 September 2006

I felt a Funeral, in my Brain (J280, F340) by Emily Dickinson エミリー・ディキンソン 「わたしは葬式を感じた、頭の中に、」 (J280, F340)

        目次 Contents

     Image   表紙画像 Cover photo
   ■中国語訳(簡体字) Translations into simplified Chinese
     (Zh1) 灵石
     (Zh2) [訳者未確認]
   ■韓国語訳 Translation into Korean
   ■日本語訳 Translations into Japanese
     (J1) 古賀 2000 葬儀が行われている感じがした、頭の中で、
     (J2) 亀井 1998 わたしは葬式を感じた、頭の中に、
     (J3) 渡辺 1997 わたしは 頭の中で 葬儀を感じた
     (J4) 野田 1996 頭の中で葬式が行われていた
     (J5) 酒本 1992 わたしはわたしの頭の中に弔いを感じた、
     (J6) 谷岡 1987 私は頭の中に葬式を感じた
     (J7) 中林 1986 わたしはに、葬儀を感じた、
     (J8) 広岡 1985 わたしは頭のなかに葬儀を感じた
     (J9) 稲田 1985 私は頭の中で葬式を感じた
     (J10) 岩田 1982 わたしは頭のなかに 葬式を感じた
     (J11) 中内 1981 わたしは頭脳の中で葬式を感じた
     (J12) 佐藤 1980 とむらいを思いうかべる
     (J13) 加藤 1976 私は頭脳の中に葬式を感じた。
     (J14) 中島 1973, 1999 私の頭の中ではお葬式があるらしかった
     (J15) 新倉 1972, 1976 わたしは頭の中で葬儀を感じた
     (J16) 安藤 1959, 1991 わたしは頭の中に、葬式があるのを感じていた、
    Video 1  TEDxMet アンドリュー・ソロモン TEDxMet by Andrew Solomon
   ■トルコ語訳 Translations into Turkish
     (Tr1)
     (Tr2)
   ■ハンガリー語訳 Translation into Hungarian
   ■ロシア語訳 Translation into Russian by Л. Ситника
   ■ブルガリア語訳 Translation into Bulgarian by Цветан Стоянов
   ■ポーランド語訳 Translations into Polish
     (P1) Marjańska
     (P2) Barańczak
   ■チェコ語訳 Translation into Czech
   ■ノルウェー語訳 Translation into Norwegian
   ■ドイツ語訳 Translation into German
   ■イタリア語訳 Translation into Italian
   ■ポルトガル語訳 Translation into Portuguese
    Video 2  スペイン語訳詩の朗読 Audiobook in Spanish
   ■スペイン語訳 Translation into Spanish
   ■フランス語訳 Translation into French
    Video 3  英語原詩の朗読 Audiobook presented by Macdui Audio Books
    Video 4  英語原詩の朗読 The complete poem read by paparotzie
    Video 5  英語原詩の朗読 Audiobook presented by sdcliffordpoetry
   ■英語原詩(全文) The complete original text in English
   ■更新履歴 Change log


  Image  
表紙画像 Cover photo
Emilydickinson
Emily Dickinson: A Biography, by Connie Ann Kirk. Greenwood Press, 2004.
Image source: ConnieAnnKirk.com


■中国語訳(簡体字) Translations into simplified Chinese

(Zh1) 灵石
我觉得脑子里有一场葬礼,
往来的悼念者脚步杂沓,
踩啊——踩啊——到了后来
所有感觉仿佛慢慢坍塌——

(……)

然后,意识里的木板突然断裂,
我不由自主地往下掉,往下掉——
掉一层就撞上一个新的世界,
然后,我就不再知晓——然后——


(Zh2) [訳者未確認]
我感觉葬礼,在我脑中举行
哀悼者来来往往
不停踱步——踱步——直至
我的感官如开裂一般

(……)

旋即理智的木板,断裂
我往下跌落,往下——
每次跌落,撞击一个世界
继而——失去知觉——


■韓国語訳 Translation into Korean

나는 한 장례식(종말, 최후, 죽음, 무덤)을 느꼈다, 내 뇌 속에서,
그리고 장례식에 모인 사람들은 왔다갔다
계속 걷고 -- 걸었다 --
감각이 뚫고 지나고 있는 듯할 때까지 --

(……)

그리고 그때 이성의 널빤지(토대)가, 부서졌다,
그래서 나는 떨어지고 떨어졌다 --
그리고 한 세계를 쳤다, 모든 뛰어들기에서,
그리고 알기(지식)를 끝마쳤다 -- 그때 --


■日本語訳 Translations into Japanese

(J1) 古賀 2000
葬儀が行われている感じがした、頭の中で、
そして会葬者があちらこちらと
踏みしだき、ついには
感覚がなくなっていくように思えた。

(……)

それから理性の板が折れて、
下へ、下へと落下した。
そして落ちるたび、世界にぶつかって、
その後は何も分からなくなった。

   古賀美穂子=著「ディキンスン詩における狂気」の文中から
   早瀬博範=編 『アメリカ文学と狂気
   英宝社 2000/12 所収


(J2) 亀井 1998
わたしは葬式を感じた、頭の中に、
そして会葬者があちこちと
踏み歩き——踏み歩き——とうとう
感覚が破れていくように思えた——

(……)

それから理性の板が、割れてしまい、
わたしは落ちた、下へ、下へと——
そして落ちるごとに、別の世界にぶつかり、
そして——それから——知ることを止めた——

   亀井俊介=訳 「わたしは葬式を感じた、頭の中に」
   亀井俊介=編 『対訳 ディキンソン詩集』 アメリカ詩人選(3)
   岩波文庫 1998/11 所収


(J3) 渡辺 1997
わたしは 頭の中で 葬儀を感じた
弔問客が行ったり来たりして
歩きに - 歩き回る - ので
感覚がすっかりダメになっていった -

(……)

それから 理性の底板が 外れ
わたしが落ちた 下へ下へと -
ひと沈みごとに ひとつの世界にぶちあたり
知ることを終わらせた - そこで -

   エミリー・ディキンソン=作 渡辺信二=訳
   『アメリカ名詩選—アメリカ先住民からホイットマンへ
   本の友社 1997/09 所収


(J4) 野田 1996
頭の中で葬式が行われていた
会葬者が行ったり来たり
ひどく足を踏みつけるので
感覚が破れ出そうに思われた

(……)

それから 理性の羽目板が破れ
私は下へ 下へ 落ちていった
そして 落下と共に「世界」にぶつかり
そして 理解が終わった

   存在と意識 59
   Emily Dickinson=著 野田壽(のだ・ひさし)=訳
   野田壽=編訳 『色のない虹—対訳エミリー・ディキンスン詩集
   ふみくら書房 1996/09/01


(J5) 酒本 1992
わたしはわたしの頭の中に弔いを感じた、
弔い客たちがあちらこちらと
歩きまわり——歩きつづけ——やがてどうやら
感覚が抜け落ちていくようだった——

(……)

それから理性の底板がぬけて、
わたしは落ちて、また落ちて——
落ちゆくたびに、何かの世界にぶつかって、
それから何もかも——分らなくなって——

   エミリー・ディキンソン=作 酒本雅之(さかもと・まさゆき)=訳
   P280.1-12, 17-20
   酒本雅之=著 『ことばと永遠——エミリー・ディキンソンの世界創造
   研究社出版 1992/05/15 所収


(J6) 谷岡 1987
私は頭の中に葬式を感じた
会葬者があちらこちら
歩きまわり、歩きまわり
感覚が壊れそうな気がした

(……)

次に理性の板がやぶれ
私は、どんどん下へ落ちていった
そして落ち込むたびに一つの世界にぶつかり
それから何も分からなくなった

   エミリ・ディキンソン=作 谷岡清男(たにおか・せいお)=訳
   『愛と孤独と—エミリ・ディキンソン 詩集1
   ニューカレントインターナショナル 1987/09 所収


(J7) 中林 1986
わたしはに、葬儀を感じた、
会葬者は右往左往して
どしんどしん——踏みつづけ——ついに感覚
バラバラになったみたいだった——

(……)

それから理性が、破れ、
私は下へ、下へ落ちて行った——
落ち込むたびに、世界に突き当り、
それから——知ることを止めた——

   エミリ・ディキンスン=作 中林孝雄(なかばやし・たかお)=訳
   「わたしはに、葬儀を感じた、」
   『エミリ・ディキンスン詩集』 松柏社 1986/05 所収
   傍点を下線で置き換えました。


(J8) 広岡 1985
わたしは頭のなかに葬儀を感じた
そして送葬者があちこち
踏みつけては踏みつけ ついに
感覚がこわれてゆくように思えた

(……)

そしてそれから理性の厚板がこわれ
そしてわたしは下へ下へと落ちていった
そして落ち込むたびにひとつの世界にぶっかった
そしてそれからなにもわからなくなってしまった

   ディキンスン=作 広岡實(ひろおか・みのる)=訳
   「わたしは頭のなかに葬儀を感じた」
   モーデカイ・マーカス=著 広岡實=編訳
   『ディキンスン 詩と評釈―解説 原詩と訳 評釈
   大阪教育図書 1985/07 所収
   原書:
   Cliffs Notes Emily Dickinson: Selected Poems (1982) by Mordecai Marcus


(J9) 稲田 1985
私は頭の中で葬式を感じた
会葬者がずしんずしんと
歩きまわって
感覚がちぎれそうに思われた

(……)

すると理性の板が折れ
私はどんどん落下して
反転するたびに世界にぶち当たり
それから何もかもわからなくなった

   エミリ・ディキンスン=作 稲田勝彦(いなだ・かつひこ)=訳 [邦題なし]
   第二章 天国とその喪失
   稲田勝彦=著 『エミリ・ディキンスン—天国獲得のストラテジー
   金星堂 1985/03/01 所収


(J10) 岩田 1982
わたしは頭のなかに 葬式を感じた
会葬者があちこち
踏みつづけ
感覚がなくなるかと思った

(……)

理性の背もたれも壊れ
わたしは下へ下へ落ち
つきあたっては 新しい世界へ入った
するともうなにもわからなくなってしまった——

   エミリ・ディキンスン=作 岩田典子(いわた・みちこ)=訳 P280
   『エミリ・ディキンスン—愛と詩の殉教者』 創元社 1982/11/20 所収


(J11) 中内 1981
わたしは頭脳の中で葬式を感じた
弔問者たちはあちこちと
足を踏み続け とうとう
感覚が崩れかけてしまうように思えた

(……)

それから理性の板が割れ
わたしは下へ下へと落ちていった
落ちるごとに別の世界にぶつかり
そして知ることを終えてしまった

   エミリ・ディキンスン=作 中内正夫(なかうち・まさお)=訳 (280)
   『エミリ・ディキンスン—露の放蕩者』 南雲堂 1981/09/15 所収


(J12) 佐藤 1980
とむらいを思いうかべる
すると会葬者があつまり
歩きまわりうろつくので
気を失ってしまいそうだ

(……)

やがて正気の底板が割れ
私は下へしたへとおちる
いろんな世界にぶち当り
終には何も分らなくなる

   エミリ・ディキンソン=作 佐藤健一(さとう・けんいち)=訳 「とむらい」 (280)
   『エミリ・ディキンソンの詩』 栗林書房 1980/09/01 所収
   原文では再終行の「終」に「つい」というルビが振ってあります。各行の
   字数をそろえるように苦心した訳者の審美的な意図を尊重して、上の
   引用ではルビをあえて省略しました。


(J13) 加藤 1976
私は頭脳の中に葬式を感じた。
弔問者があちらこちらに
足を踏み、足を踏みつづけ、とうとう
感覚がすっかり破れかかった。

(……)

やがて理性の板が割れ、
私は下へ下へと落ちていった。
そして落ち込む毎に世界にぶっつかり
それから知ることが終ってしまったのだ。

   エミリィ・ディキンスン=作 加藤菊雄(かとう・きくお)=訳 (280)
   『完訳エミリィ・ディキンスン詩集』 研友社 1976/09/27 所収


(J14) 中島 1973, 1999
私の頭の中ではお葬式があるらしかった
会葬者のあちこち往来(ゆきき)する足音が
ずしりずしりと重く続いて
私の「感覚」はこわれてしまいそうになった

(……)

しばらくして「理性」にさし渡した踏板が割れ
私はどんどん下へと落ちた
すべてを突き破りとある一つの世界にぶつかった
そしてもう私は「知ること」を終えたのだ

   中島完(なかじま・たもつ)=訳
   a. 『エミリ・ディキンスン詩集 続自然と愛と孤独と
      国文社 改訂版 1999/02 所収
   b. 『エミリ・ディキンスン詩集 続自然と愛と孤独と
      国文社 1973/01 所収
   引用は a. 国文社 改訂版 1999/02 に拠りました。


(J15) 新倉 1972, 1976
わたしは頭の中で葬儀を感じた
会葬者たちがあちこちと
歩きまわって 歩きまわって とうとう
意識が破れるかと思われた

(……)

それから理性の板がこわれ
下へ下へとわたしは落ちていった
つぎつぎに別の世界につき当り
とうとう なにもわからなくなった——

   ディキンソン=作 新倉俊一=訳
   a. 『豪華版 世界文学全集38 世界詩集』 アメリカ編
     講談社 1976/10/20 所収
   b. 『世界文学全集48 世界詩集』 アメリカ編
     講談社 1972/01/06 所収
   引用は a. 講談社 1976/10/20 に拠りました。


(J16) 安藤 1959, 1991
わたしは頭の中に、葬式があるのを感じていた、
会葬者が行ったり来たり
足音が続いて——ひきもきらず——遂には
意識が破れるようにおもわれた——

(……)

それから「理性」の中の板(いた)が破れて、
わたしは墜落した、ぐんぐん下へと——
落ちこみながら、世界にぶつかり
何もわからなくなった——もう——

   E・ディキンソン=作 安藤一郎=訳 「ディキンソン詩集」
   a. 篠田一士(しのだ・はじめ)=編
     『筑摩世界文學大系88 名詩集』 筑摩書房 1991/09 所収
   b. 福田陸太郎(ふくだ・りくたろう)=訳者代表
     『世界名詩集大成11 アメリカ篇』 平凡社 1959/05 所収
   a. は b. を再録したもの。引用は b. 平凡社 1959/05 に拠りました。


 Video 1 
TEDxMet アンドリュー・ソロモン: 鬱、私たちが共有する秘密
TEDxMet Andrew Solomon: Depression, the secret we share

鬱をテーマにした、この講演の冒頭で作家アンドリュー・ソロモンはディキンソンの詩「私は頭脳の中に葬式を感じた」を暗唱します。講演字幕の表示言語を28言語のなかから選べます。画面下部のメニューのところで切り替えてください。  Writer Andrew Solomon starts his talk with the recitation of Dickinson's poem "I felt a Funeral in my Brain." You can choose a language for displaying subtitles among 28 languages. Switch the language at the menu below the screen.


■トルコ語訳 Translations into Turkish

(Tr1) Tuğlu
Bir cenaze duyumsadım beynimde,
Ve yas tutanlar, orada burada,
Israrla yürüdüler, yürüdüler,
Ta ki algı genişledi adeta.

(......)

Ve biri kırıldı aklın döşeme tahtasından-
Ve aşağı, aşağı düştüm
Ve o zaman bitirdim bilmeyi
Her düşüşte bir dünyaya ulaştım.

  • Bir cenaze hissettim beynimde by Emily Dickinson. Translated by Osman Tuğlu
  • E-text at Antoloji.Com

(Tr2)
Bir Cenaze hissettim Beynimde,
Ve Mekanı durmadan--durmadan
Arşınlayan Yaslı insanlar—Anlam birdenbire
Yolunu bulup ortaya çıkana kadar

(......)

Ve sonra Mantık’ın tahtalarından biri yarıldı,
Ve ben düştüm, düştüm, düştüm-
Ve her dalışımda, bir Dünya’ya tosladım,
Ve bilmeyi Bitirdim-sonra-

  • Bir cenaze hissettim beynimde by Emily Dickinson
  • E-text at Yusuf Eradam

■ハンガリー語訳 Translation into Hungarian

Agyamban van a temetés,
Éreztem: gyászmenet
Lépked, lépked, míg úgy tünik,
A tudat átreped.

(......)

Elmémben deszkaszál törik
S fokonként zuhanok,
Egy-egy világhoz ütközöm
S az eszmélet halott.


■ロシア語訳 Translation into Russian

Звук похорон в моем мозгу,
И люди в черном там
Все ходят -- ходят -- за моим
Рассудку попятам.

(......)

Тогда рассудок сломленный,
И я лечу все вниз -- и вниз --
И бьюсь о мир, и, каждый раз,
В сознании, оставляю жизнь

  • Эмили Дикинсон  280. Translated by Л. Ситника
  • E-text at Lib.Ru

■ブルガリア語訳 Translation into Bulgarian

Почувствах в своя мозък погребение -
вървяха оплаквачите на групи -
и крачеха, и крачеха - додето
усещането ми на две се счупи.

(......)

[The final four lines missing in the translation]


■ポーランド語訳 Translations into Polish

(P1) Marjańska
Czułam - szedł pogrzeb w moim mózgu -
Żałobnicy - tu i tam krocząc -
Stąpali ciężko - coraz ciężej -
Aż rozum wyrywać się począł -

(......)

Potem pękła jakaś deska w mózgu -
I upadłam - i spadałam w próżni -
Raz po raz uderzając jakiś świat -
By na koniec nie móc nic rozróżnić -

  • Emily Dickinson - Czułam – przez Mózg przechodził Pogrzeb. Translated by Ludmiła Marjańska
  • E-text at:

(P2) Barańczak
Czułam - przez Mózg przechodził Pogrzeb -
Minuta po minucie
Kondukt szedł - szedł - i deptał we mnie
Butami zdolność czucia

(......)

A wtedy - Deska w dnie Rozumu
Trzasnęła - zaczęłam spadać -
Tłukąc się o krawędzie Światów -
Aż je przestałam poznawać -

  • Emily Dickinson - Czułam – przez Mózg przechodził Pogrzeb. Translated by Stanisław Barańczak
  • E-text at

■チェコ語訳 Translation into Czech

Prožila jsem ten pohřeb ve svém mozku,
ty návštěvy, jichž kroky temně
po domě dupaly a dupaly,
až se to začlo prolamovat ve mně.

(......)

A pak to prkno v mozku prasklo
a hloub a hloub jsem letěla,
co náraz, to byl jeden svět,
až jsem prošla vším – a už jsem věděla.

  • Prožila jsem ten pohřeb ve svém mozku by Emily Dickinson
  • E-text at alarmo

■ノルウェー語訳 Translation into Norwegian

Jeg følte i min hjerne
en gravferd som fant sted,
og folk gikk rundt
og tråkket tråkket mine sanser ned.

(......)

Så løsnet innerst i meg
en planke. Jeg falt ned
og traff en verden ved hvert stup.
Så vet jeg ikke mer.

  • Jeg følte i min hjerne en gravferd by Emily Dickinson in Vinduet, Volume 28 by Nicolay Stang. Gyldendal norsk forlag, 1974
  • Preview at Google Books

■ドイツ語訳 Translation into German

Ich fühlt' Begräbnis im Gehirn
Und Trauergäste - her
Und hin - die trampelten und trampelten
In meinem Kopfe schwer.

(......)

Zuletzt des Denkens Boden brach
Und, Sturz um Sturz entlang,
Fiel ich von Welt zu Welt, bis ich
Des Wissens Ende fand.

  • Ich fühlt' Begräbnis im Gehirn by Emily Dickinson. Translated by Walter A. Aue
  • E-text at Dalhousie University

■イタリア語訳 Translation into Italian

Sentivo un Funerale, nel Cervello,
E i Dolenti avanti e indietro
Continuavano a camminare - a camminare - finch sembr
Che il Senso si fosse rivelato -

(......)

E poi un'Asse nella Ragione, si spezz,
E caddi gi, e gi -
E urtai contro un Mondo, ad ogni tuffo,
E Terminai di conoscere - allora -


■ポルトガル語訳 Translation into Portuguese

Senti um Funeral, em meu Cérebro,
E Carpideiras indo e vindo
Indo e vindo — em procissão — até que
O sentido foi explodindo —

(......)

E então uma Viga da Razão se quebrou
E eu caí, caí, caí —
E alcancei um Mundo, em cada mergulho,
E Parei de conhecer — aí —


 Video 2 
スペイン語訳詩の朗読 Audiobook in Spanish

Uploaded to YouTube by Arelys Navarro on 17 Jan 2010.


■スペイン語訳 Translation into Spanish

Sentí un funeral en mi cerebro,
los deudos iban y venían
arrastrándose -arrastrándose -hasta que pareció
que el sentido se quebraba totalmente -

(......)

y luego un vacío en la razón, se quebró,
caí, y caí -
y di con un mundo, en cada zambullida,
y terminé sabiendo -entonces -

  • Sentí un funeral en mi cerebro by Emily Dickinson. Translated by Silvina Ocampo
  • E-text at La Maquina de Tiempo

■フランス語訳 Translation into French

Je perçus des Funérailles, dans mon Cerveau,
Un Convoi allait et venait,
Il marchait – marchait sans fin – je crus
Que le Sens faisait irruption –

(......)

Puis une Planche dans la Raison, céda,
Et je tombai, tombai encore –
Je heurtais un Monde, à chaque plongée,
Et Cessai de connaître – alors –


 Video 3 
英語原詩(全文)の朗読 Audiobook presented by Macdui Audio Books

Uploaded by Macdui Audio Books on 3 Sep 2014


 Video 4 
英語原詩(全文)の朗読 The complete original poem read by paparotzie

Uploaded by paparotzie on 7 Sep 2009


 Video 5 
英語原詩(全文)の朗読 Audio recording presented by sdcliffordpoetry

Uploaded by sdcliffordpoetry on 23 Sep 2008


■英語原詩(全文) The complete original poem in English

I felt a Funeral, in my Brain,
And Mourners to and fro
Kept treading – treading – till it seemed
That Sense was breaking through – 

And when they all were seated,
A Service, like a Drum – 
Kept beating – beating – till I thought
My Mind was going numb – 

And then I heard them lift a Box
And creak across my Soul
With those same Boots of Lead, again,
Then Space – began to toll,

As all the Heavens were a Bell,
And Being, but an Ear,
And I, and Silence, some strange Race
Wrecked, solitary, here –

And then a Plank in Reason, broke,
And I dropped down, and down – 
And hit a World, at every plunge,
And Finished knowing – then –


■更新履歴 Change log

  • 2014/10/26 アンドリュー・ソロモンによる TEDxMet の YouTube 動画を追加しました。
  • 2013/09/22 2種類のトルコ語訳を追加しました。
  • 2013/04/01 スペイン語訳詩朗読の YouTube 画面を追加しました。
  • 2013/02/19 ハンガリー語訳を追加しました。
  • 2012/01/29 ブルガリア語訳を追加しました。
  • 2012/01/28 韓国語訳を追加しました。
  • 2012/10/31 朗読の YouTube 画面を追加しました。
  • 2012/08/28 野田壽=訳 1996/09/01 を追加しました。
  • 2012/07/09 稲田勝彦=著 1985/03/01 を追加しました。
  • 2012/06/29 paparotzie による英語原詩(全文)の朗読の YouTube 動画を追加しました。また、中内正夫=訳 1981/09/15 も追加しました。
  • 2012/06/20 チェコ語訳を追加しました。
  • 2012/06/19 2種類のポーランド語訳、ノルウェー語訳、およびドイツ語訳を追加しました。
  • 2012/06/07 加藤菊雄=訳 1976/09/27、ロシア語訳、およびポルトガル語訳を追加しました。また、新倉俊一=訳の書誌情報を補足しました。
  • 2012/05/26 酒本雅之=訳 1992/05/15 とフランス語訳を追加しました。
  • 2012/04/29 2種類の簡体字中国語訳、スペイン語訳、および佐藤健一=訳 1980/09/01 を追加しました。
  • 2012/04/20 岩田典子=訳 1982/11/20 を追加しました。
  • 2010/09/15 sdcliffordpoetry による英語原詩(全文)朗読の YouTube 画面を追加しました。また、これまで英語原詩を一部だけ掲載していたのを改めて、全文を掲載するようにしました。
  • 2010/08/29 目次を新設しました。
  • 2009/01/30 広岡實=訳 1985/07 を追加しました。
  • 2007/12/19 中林孝雄=訳 1986/05 を追加しました。また、参照の便を考慮して、記事のタイトルに T.H. Johnson 編の全詩集による作品番号「280」を追加しました。
  • 2007/11/08 古賀美穂子=訳 2000/12 を追加しました。
  • 2007/04/25 安藤一郎=訳 に関する書誌情報を補足しました。
  • 2007/04/19 安藤一郎=訳 1959/05 を追加しました。
  • 2006/11/27 谷岡清男=訳 1987/09 を追加しました。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ84595840v1308102456

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

  

|

« I heard a Fly buzz -- when I died (J465, F591) by Emily Dickinson エミリー・ディキンソン / エミリ・ディキンスン 「蠅がうなるのが聞こえた——わたしが死ぬ時」 (J465, F591) | Main | The Happy Prince by Oscar Wilde オスカー・ワイルド 『しあわせな王子』『幸福の王子』『幸福な王子』『幸福な皇子』『幸せの王子』『幸福王子』『幸福皇子』『皇子と燕』 »

Comments

Thanks for your marvelous posting! I genuinely enjoyed reading it, you happen to be a great author. I will always bookmark your blog and may come back later in life. I want to encourage you to continue your great job, have a nice evening!

Posted by: ND Casino Bonus Codes | Monday, 01 April 2013 at 01:19 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58807/12029253

Listed below are links to weblogs that reference I felt a Funeral, in my Brain (J280, F340) by Emily Dickinson エミリー・ディキンソン 「わたしは葬式を感じた、頭の中に、」 (J280, F340):

« I heard a Fly buzz -- when I died (J465, F591) by Emily Dickinson エミリー・ディキンソン / エミリ・ディキンスン 「蠅がうなるのが聞こえた——わたしが死ぬ時」 (J465, F591) | Main | The Happy Prince by Oscar Wilde オスカー・ワイルド 『しあわせな王子』『幸福の王子』『幸福な王子』『幸福な皇子』『幸せの王子』『幸福王子』『幸福皇子』『皇子と燕』 »