« August 2006 | Main | October 2006 »

September 2006

Saturday, 30 September 2006

村上春樹 『風の歌を聴け』 Haruki Murakami "Hear the Wind Sing"

           目次 Table of Contents

   ■はじめに Introduction
    Video 1  Imagine - Haruki Murakami (2008) a BBC documentary
    Image gallery  表紙画像 Cover photos
   ■ロシア語訳 Translation into Russian
   ■スペイン語訳 Translation into Spanish
   ■英訳 Translation into English
   ■中国語訳(簡体字) Translation into simplified Chinese
   ■中國語譯(繁體字) Translation into traditional Chinese
   ■韓国語訳 Translation into Korean
   ■日本語原文 The original text in Japanese
    Video 2  Murakami Haruki Interview in Spain (2001)
   ■村上作品の翻訳版リスト List of Murakami's works in translation
     1) 英訳のリスト Translations into English
     2) 英訳以外を含むリスト Translations into various languages
   ■外部リンク External links
   ■更新履歴 Change log


■はじめに Introduction

村上春樹のデビュー作。その冒頭部分のさまざまな言語による翻訳と日本語の原文を下に引用します。


 Video 1 
Imagine - Haruki Murakami (2008) a BBC documentary. Part 1

Uploaded to YouTube by ProjectDystopia on 23 Nov 2011. A Wild Sheep Chase: In Search of Haruki Murakami, BBC One, 2008-06-24, 10.45pm. Executive Producers: Janet Lee, Alan Yentob.


 Image gallery 
表紙画像 Cover photos

↓ クリックして拡大 Click to enlarge ↓

ru Ru_kaze_no_uta_o_kike en En_hear_the_wind_sing id Id_dengarlah_nyanyian_angin_9789799

th Th__9743227199 zh Zh_simp_kaze_no_uta_o_kike zh Zh_kaze_no_uta_o_kike

zh Zh_trad_kaze_no_uta_o_kike ko Ko_murakami_9788970126340 ja Ja_kaze_no_uta_o_kike

ja Ja_1979_kaze_no_uta_o_kike

Flag_of_russiasvg [ru] Слушай песню ветра ISBN: 5699172076 ロシア語
Flag_of_the_united_kingdomsvg [en] Hear the Wind Sing ISBN: 477002214X 英語
Flag_of_indonesiasvg [id] Dengarlah Nyanyian Angin ISBN: 9789799101372 インドネシア語
Flag_of_thailandsvg [th] สดับลมขับขาน ISBN: 9743227199 タイ語
Flag_of_the_peoples_republic_of_chi [zh] 且听风吟 林少华 译  ISBN: 9787532742936 中国語(簡体字)
Flag_of_the_peoples_republic_of_c_2 [zh] 好风长吟 林少华 译 统一书号: 10108-150 中国語(簡体字)
Flag_of_the_republic_of_chinasvg [zh] 聽風的歌 賴明珠 譯 ISBN: 9789571350288 中國語(繁體字)台灣・香港
Flag_of_south_korea [ko] 바람의 노래를 들어라 ISBN: 9789571350288 韓国語
Flag_of_japan [ja] 風の歌を聴け 文庫本 ISBN: 4062748703 日本語
Flag_of_japan_2 [ja] 風の歌を聴け 単行本 ISBN: 4061163671 日本語


■ロシア語訳 Translation into Russian

   "Такой вещи, как идеальный текст, не существует. Как не существует идеального отчаяния".
   Это сказал мне один писатель, с которым я случайно познакомился в студенческие годы. Что это означало на самом деле, я понял значительно позже, но тогда это служило, по меньшей мере, неким утешением. Идеальных текстов не бывает  --  и все.
   Тем не менее, всякий раз, как дело доходило до того, чтобы что-нибудь написать, на меня накатывало отчаяние. Потому что сфера предметов, о которых я мог бы написать, была ограничена. Например, про слона я еще мог что-то написать, а вот про то, как со слоном обращаться   --  уже, пожалуй, ничего. Такие дела.

   Харуки Мураками. Слушай песню ветра
   E-text at:
   * Виртуальные Суси (Susi.ru)
   * Lib.ru


■スペイン語訳 Translation into Spanish

  "No hay tal cosa como la escritura perfecta. Al igual que no hay tal cosa como la perfecta desesperación. "
  Un escritor, el cual tuve la oportunidad de conocer cuando yo estaba en la universidad, me lo dijo una vez. Fué mucho tiempo despúes que me había percatado de el verdadero significado de esas palabras, pero por lo menos ahora era capaz de encontrar algún consuelo en ella. Que no hay tal cosa como la perfecta escritura.
  De todos modos, cuando se trataba de conseguir algo por escrito, siempre caía en la desesperación. El alcance de mi capacidad era demasiado limitada. Incluso si podría escribir, por ejemplo, los elefantes, yo que probablemente no podría ni siquiera haber escrito algo al respecto de los entrenadores de elefantes. Así era.

   Hear the Wind Sing by Haruki Murakami
   E-text at memo.vader´s blog


■英訳 Translation into English

  "There's no such thing as perfect writing. Just like there's no such thing as perfect despair."
  A writer I chanced to meet when I was in university told me this once. It was only much later that I caught on to the real meaning of those words, but at least I was able to find some consolation in them. That there is no such thing as perfect writing.
  All the same, when it came to getting something into writing, I was always overcome with despair. The range of my ability was just too limited. Even if I could write, say, about elephants, I probably couldn't have written a thing about elephant trainers. So it went.

   Hear the Wind Sing by Haruki Murakami
   translated by Alfred Birnbaum
   * Kodansha Publishers Ltd. 1987/02
   * Kodansha International Ltd. 1987/02
   * E-text at 刑部のページ Let's 村上春樹 ing


■中国語訳(簡体字) Translation into simplified Chinese

  “不存在十全十美的文章,如同不存在彻头彻尾的绝望。”
  这是大学时代偶然结识的一位作家对我说的活。但对其含义的真正理解——至少能用以自慰——则是在很久很久以后。的确,所谓十全十美的文章是不存在的。
  尽管如此,每当我提笔写东西的时候,还是经常陷入绝望的情绪之中。因为我所能够写的范围实在过于狭小。譬如,我或许可以就大象本身写一点什么,但对象的驯化却不知何从写起。

   《好风长吟》 作者: 村上春树 译者: 林少华
   E-text at 新时代书城


■中國語譯(繁體字) Translation into traditional Chinese

  “不存在十全十美的文章,如同不存在徹頭徹尾的絕望。”
  這是大學時代偶然結識的一位作家對我說的活。但對其含義的真正理解——至少能用以自慰——則是在很久很久以后。的确,所謂十全十美的文章是不存在的。
  盡管如此,每當我提筆寫東西的時候,還是經常陷入絕望的情緒之中。因為我所能夠寫的范圍實在過于狹小。譬如,我或許可以就大象本身寫一點什么,但對象的馴化卻不知何從寫起。

   《好風長吟》 村上春樹
   E-text at 龍騰世紀 (millionbook.net)


■韓国語訳 Translation into Korean

  - 완벽한 문장 같은 건 존재하지 않아. 완벽한 절망이 존재하지 않는 것처럼.
  내가 대학생 때 우연히 알게 된 어떤 작가는 내게 이렇게 말했다. 내가 그 참뜻을 이해하게 된 것은 그로부터 한참이 지난 뒤의 일이지만, 당시에도 최소한 그 말은 내게 일종의 위안이 되기는 했다. <완벽한 문장 따  윈 존재하지 않는다.>라고.   그러나 그래도 역시 뭔가를 쓰려고 하면 언제나 절망적인 기분에 사로잡혔다. 내가 쓸 수 있는 영역은 너무나도 한정되어 있었기 때문이다. 예를 들면, 코끼리에 대해서는 뭔가를 쓸 수 있다 해도, 코끼리 조련사에 대해서는 아무것도 쓸 수 없을지도 모른다. 말하자면 그런 뜻이다.

   무라카미 하루키 - 바람의 노래를 들어라
   Excerpt at 문장 블로그


■日本語原文 The original text in Japanese

「完璧な文章などといったものは存在しない。完璧な絶望が存在しないようにね。」
 僕が大学生のころ偶然に知り合ったある作家は僕に向ってそう言った。僕がその本当の意味を理解できたのはずっと後のことだったが、すくなくともそれをある種の慰めとしてとることも可能であった。完璧な文章なんて存在しない、と。
 しかし、それでもやはり何かを書くという段になると、いつも絶望的な気分に襲われることになった。僕に書くことのできる領域はあまりにも限られたものだったからだ。例えば象について何かが書けたとしても、象使いについては何も書けないかもしれない。そういうことだ。


 Video 2 
Murakami Haruki Interview in Spain (2001)

Uploaded by ixtab5 on Nov 15, 2011. Subtitles in Spanish. Murakami received the Catalunya International Prize 2011. His acceptance speech can be found at the website Senrinomichi 千里の道 in 日本語, Français, and English.


■村上作品の翻訳版リスト List of Murakami's works in translation

  1. 英訳のリスト
    村上春樹作品の英訳については、たとえば、つぎのようなリスト(英文)があります。
  2. 英訳以外を含むリスト
    英訳だけでなく、フランス語、ドイツ語、イタリア語、ロシア語、スペイン語の各言語への翻訳については、刑部義雄(おさかべ・よしお)さんという方が作成なさった詳細なリストが、つぎのページにあります。

■外部リンク External links


■更新履歴 Change log

  • 2013/10/11 目次を新設しました。
  • 2013/07/16 韓国語訳を追加しました。また、インドネシア語版と韓国語版の表紙画像も追加しました。
  • 2012/07/29 スペイン語訳を追加しました。また、リンク切れになっていた YouTube 動画を別のビデオと差し替えました。さらに、スペインで行われた村上春樹氏のインタビューの YouTube 動画を追加しました。
  • 2011/03/29 Imagine - Haruki Murakami の YouTube 動画を追加しました。
  • 2010/08/03 表紙画像を差し替えました。また、「はじめに」と「外部リンク」の2つの項を新設しました。
  • 2010/08/02 ロシア語訳を追加しました。また、中国語訳(簡体字)の電子テキストのリンクがすべてリンク切れとなっていたので、べつのサイトにリンクを張りなおしました。
  • 2006/10/02 「村上作品の翻訳版リスト」の項を追加しました。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ翻訳ブログ人気ランキング参加中

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

  

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Monday, 25 September 2006

The Happy Prince by Oscar Wilde オスカー・ワイルド 『しあわせな王子』『幸福の王子』『幸福な王子』『幸福な皇子』『幸せの王子』『幸福王子』『幸福皇子』『皇子と燕』

           目次 Contents

    Gallery 1  ワイルドの肖像写真 Photographs of Oscar Wilde
     Video 1   朗読 シスター・ユニティ Sister Unity recites The Happy Prince
     Video 2   アニメ映画 The Happy Prince (1983)
     Video 3   アニメ映画 The Happy Prince (1974)
   ■中國語譯(繁體字) Translation into traditional Chinese
   ■韓国語訳 Translations into Korean
     (Ko1)
     (Ko2)
   ■日本語訳 Translations into Japanese
     (J1) 小尾 2017
     (J2) 柴田 2011
     (J3) 曽野 2006
     (J4) 金原 2006
     (J5) 結城 2000
     (J6) 大橋 1999
     (J7) 富山 1999
     (J8) 今村 1993
     (J9) 井村 1989
     (J10) 西村 1988
     (J11) 矢川 1988
     (J12) 海老池 1987
     (J13) 三浦 1979
     (J14) 西村 1968
     (J15) 大石 1965
     (J16) 松村 1960
     (J17) 阿部 1954, 1961
     (J18) 西村 1950
     (J19) 守屋 1950, 1974
     (J20) 葉河 1932
     (J21) 南日 1932
     (J22) 佐藤 1927
     (J23) 本間 1926
   ■邦題の異同 Variations of the title in Japanese
   ■インドネシア語訳 Translation into Bahasa Indonesia
   ■ロシア語訳 Translations into Russian
     (R1) Сергеев & Нуждин
     (R2) Чуковского 1990
   ■イタリア語訳 Translations into Italian
     (It1)
     (It2)
   ■ポルトガル語訳 Translation into Portuguese
   ■スペイン語訳 Translation into Spanish
   ■フランス語訳 Translation into French
   ■ドイツ語訳 Translations into German
     (D1) Seiffert
     (D2) Salvani, 2000
   ■オランダ語訳 Translations into Dutch
     (NL1)
     (NL2)
     Audio 1   朗読 スティーヴン・フライ Stephen Fry reads The Happy Prince
     Audio 2   ラジオドラマ O・ウェルズほか出演 Radio drama with Orson Welles
     Audio 3   朗読 CCプローズ CCProse presents The Happy Prince
     Audio 4   朗読 ジョン・ギールグッド John Gielgud reads The Happy Prince
   ■英語原文 The original text in English
    Gallery 2  1910年版サンプル頁 Sample pages from the 1910 edition
   ■更新履歴 Change log


 Gallery 1 
ワイルドの肖像写真 Photographs of Oscar Wilde

a. 2n215 b. 2n16 c. 2n11

  • Photographer: Elliott & Fry, London.  Place: London.  Date: 19 March 1881?
  • Photographer: unknown.  Place: unknown.  Date: late 1881 (per Merlin Holland)
  • Photographer: unknown.  Place: unknown.  Date: late 1881

Image source: William Andrews Clark Memorial Library, University of California Los Angeles


  Video 1  
朗読 シスター・ユニティ Sister Unity recites The Happy Prince

物語は脚色されており、下に引用する原文と完全には一致しません。 Uploaded to YouTube by SisterUnity on 3 Apr 2009. The story has been adapted and does not correspond exactly to the original text quoted below.


  Video 2  
アニメ映画 The Happy Prince (1983)

下に引用した箇所は 5:17 あたりから始まります。 Uploaded to YouTube by whitty1074 on 26 Sep 2010. Illustrations by Peter Dennis. Read by Tim Curry. A Marshall Cavendish Production for Story Teller. Reading of the excerpt below starts around 5:17.


  Video 3  
アニメ映画 The Happy Prince (1974) Part 2

下に引用する箇所の朗読は 3:13 から始まります。 Uploaded to YouTube by 4Gingergirl4 on 4 Jul 2009. Director: Michael Mills. Voice of the Prince: Christopher Plummer. Reading of the excerpt below starts at 3:13.


■中國語譯(繁體字) Translation into traditional Chinese

(C1) 王林
  「我願意陪你再過一夜,」燕子説,他的確有顆善良的心。「我是不是再送他一塊紅寶石?」
  「唉!我現在沒有紅寶石了。」王子説,「所剩的只有我的雙眼。它們由稀有的藍寶石做成,是一干多年前從印度出産的。取出一顆給他送去。他會將它賣給珠寶商,好買回食物和木柴,完成他寫的劇本。」
  「親愛的王子,」燕子説,「我不能這樣做,」説完就哭了起來。
  「燕子,燕子,小燕子,」王子説,「就照我説的話去做吧。」

   [英] 王爾德   王林譯 《快樂王子》
   E-text at:
   * 好讀網站 (haodoo.net)
   * tw001.net


(C2) 巴金
  "我願意陪你再待一夜,"燕子説,他的確有好心腸,"你要我也給他送一塊紅寶石去嗎?"
  "唉! 我現在沒有紅寶石了,"王子説,"我就只剩下一對眼睛。它們是用珍奇的藍寶石做成的,這對藍寶石還是一千年前在印度出産的,請你取出一顆來給他送去。他會把它賣給珠寶商,換錢來買食物、買木柴,好寫完他的戲。"
  "我親愛的王子,我不能(多句)這樣做。"燕子説著哭起來了。
  "燕子,燕子,小燕子,"王子説,"你就照我吩咐你的話做罷。"

   《快樂王子》 [英] 王爾德  譯者  巴金
   E-text at wei9 的個人首頁 (wei9's homepage)


■韓国語訳 Translations into Korean

(Ko1)
"그럼 하룻밤만 더 왕자님 곁에 머물게요."
마음씨 착한 제비가 말했습니다.

"그 사람에게도 루비를 가져다 줄까요?"
"아니, 이제 루비는 없단다."
왕자는 슬픈 목소리로 말했습니다.

"남은 것은 내 두 눈뿐이야. 내 눈에는 아주 귀한 사파이어가 박혀있지. 천 년 전에 인도에서 들여온 거란다. 그 중 하나를 빼서 저 청년에게 가져다주렴. 그가 이걸 보석상에 가져가 팔면 먹을 것과 땔감을 살 수 있을 거야."

"눈을 뽑으라고요? 전 그렇게 할 수 없어요."
제비는 마음이 너무 아팠습니다.
"제비야, 제발 내 부탁을 들어줘."

   행복한 왕자/오스카 와일드
   E-text at 그런 날도 있으리니


(Ko2)
“그럼 하룻밤만 더 왕자님 곁에 머물게요. 그 사람에게도 루비를 가져다 줄까 요?”
“아니, 이제 루비는 없단다. 남은 것은 내 두 눈뿐이야. 내 눈에는 아주 귀한 사파이어가 박혀 있지. 천 년 전에 인도에서 들여온 거란다. 그 중 하나를 빼 서 저 청년에게 가져다 주렴. 그가 이걸 보석상에 가져가 팔면 먹을 것과 땔감 을 살 수 있을 거야.”
“눈을 뽑으라고요? 전 그렇게 할 수 없어요.”
제비는 마음이 너무 아팠습니다.
“제비야, 제발 내 부탁을 들어줘.”

   행복한 왕자 오스카 와일드
   E-text at 행복한 왕자 [PDF] 작은별들 주일학교


■日本語訳 Translations into Japanese

(J1) 小尾 2017

「もう一晩だけ、おそばにいましょう」燕はほんとうに温かな心の持ち主だったのである。「紅玉(ルビー)をまたひとつ届けてやりましょうか?」

「ああ、悲しいかな! もう紅玉はないのだよ」王子は申された。「残っているのはわたしの二つの目だけなのだ。目は珍しい蒼玉(サファイア)で、千年も昔にインドからもたらされたものだ。片方の目を突つきだして、それをあの青年のところに届けてやってはくれまいか。宝石商に売れば、食べ物と薪(まき)を買って芝居を書き上げることができるだろう」

「王子さま、わたしにそんなことはできません」そういうと燕は泣きだした。

「燕よ、燕よ、かわいい燕よ」王子は申された。「わたしの命じたとおりにしておくれ」

   オスカー・ワイルド=作 小尾芙佐(おび・ふさ)=訳 「幸福な王子」

   『幸福な王子/柘榴の家』 光文社古典新訳文庫 2017/01/20


(J2) 柴田 2011
「あとひと晩あなたのもとで待ちましょう」とツバメは言った。ほんとうはこころやさしいツバメだったのだ。「またルビーをもっていきましょうか?」
「ああ! もうルビーはないのだ」と王子は言った。「わたしにはもう目しかのこっていない。この目はたぐいまれな、一千年前にインドからもち出されたサファイアでできている。片方をもぎとって、若者にもっていってやりなさい。そうすれば宝石商に売って、たきぎを買って、お芝居を仕上げられるだろう」
「王子さま、それはできません」とツバメは言って、しくしく泣きだした。
「ツバメよ、ツバメよ、ちいさなツバメ」と王子は言った。「わたしの命じるとおりにしなさい」

   オスカー・ワイルド=著 柴田元幸(しばた・もとゆき)=訳 「しあわせな王子」
   柴田元幸=責任編集 『モンキービジネス 2011 Winter vol.12 人生の意味号
   ヴィレッジブックス 2011/01/20


(J3) 曽野 2006
 ほんとうは心の優しいつばめは言った。
「もう一晩、お付き合いしますよ。ルビーをもう一つ持っていきましょうか?」
 王子は言った。
「私には、もうルビーはないんだ。残っているのは私の眼だけだ。これはめずらしいサファイアで、千年も昔にインドから持ってこられたものなんだ。これを一つ、えぐり出して、あの青年に持っていってやってくれないか。彼は宝石屋に売って、食べ物と薪(まき)を買って、書きかけの芝居を完成させるだろう」
「王子さん。それはできませんよ」
 つばめはそう言って泣き始め、王子は言った。
「かわいいつばめ君、言われた通りにしなさい」

   オスカー・ワイルド=原作 曽野綾子=訳 
   建石修志(たていし・しゅうじ)=画・装幀
   『幸福の王子』 バジリコ 2006/12


(J4) 金原 2006
「もうひと晩、ここにいましょう」
つばめはほんとうに優しい心を持っていた。
「またルビーを持っていきましょうか?」
「いや、残念だけど、もうルビーはない。この目が残っているだけだ。目は珍しいサファイアで、一千年前にインドから持ってこられたものだ。ひとつ取って、持っていってくれないか。宝石商に売れば、食べ物と薪(たきぎ)が買えるし、そうすれば芝居もしあがる」
「そんなこと、できませんよ」つばめは泣きだした。
「つばめ、つばめ、小さなつばめ」王子が声をかけた。
「たのむから、そうしてくれ」

   オスカー・ワイルド=原作 金原瑞人(かねはら・みずひと)=訳 
   清川あさみ=絵 今井智己(いまい・ともき)=写真
   『幸せな王子』 リトルモア 2006/03


(J5) 結城 2000
「もう一晩、あなたのところに泊まりましょう」よい心をほんとうに持っているツバメは言いました。「もう一つルビーを持っていきましょうか」
「ああ! もうルビーはないのだよ」王子は言いました。「残っているのは私の両目だけだ。私の両目は珍しいサファイアでできている。これは一千年前にインドから運ばれてきたものだ。私の片目を抜き出して、彼のところまで持っていっておくれ。 彼はそれを宝石屋に売って、食べ物と薪を買って、芝居を完成させることができるだろう」
「王子様」とツバメは言いました。「私にはできません」そしてツバメは泣き始めました。
「ツバメさん、ツバメさん、小さなツバメさん」と王子は言いました。「私が命じたとおりにしておくれ」
 
   オスカー・ワイルド=作 結城浩=訳 「幸福の王子」
   プロジェクト杉田玄白正式参加作品 2000/11
   E-text at:
   * 青空文庫
   * 翻訳の部屋


(J6) 大橋 1999
「じゃあ、もう一晩だけ、あなたのところにいましょう」とツバメはいいました。根はやさしい心の持ち主だったのです。「その人にもルビーをもっていってあげますよ」
「いえ、もうルビーはないのです」と王子。「残っている宝石は、この両眼だけ。世にもめずらしいサファイアで、千年まえインドからわたってきたものです。そのひとつをくりぬいて、あの人のところにもっていってください。あの人が宝石商に売れば、そのお金で食べ物と薪が手に入る。芝居も完成するのです」
「王子さま」とツバメはいいました。「ぼくに、そんなことできない」と泣きはじめました。
「ツバメさん、ツバメさん、ちいさなツバメさん」と王子。「いわれたとおりにしなさい」

   オスカー・ワイルド=作 大橋洋一=訳 「幸福な王子」
   O・ワイルドほか=作 大橋洋一=監訳 『ゲイ短編小説集
   平凡社ライブラリー 1999/12


(J7) 富山 1999
「もうひと晩だけ、あなたのおそばにいることにします」と、ツバメは答えました。ほんとうに心がやさしいのです。「またルビーをとどけましょうか?」
「ああ、残念だけれど、もうルビーはないんだよ。残っているのは、わたしのこの目だけ。千年も前にインドからもち出した珍しいサファイアでできたこの目だけ。その片方をとりだして、とどけてほしい。そしたらそれを宝石商に売って、食べものと、まきが買える、劇がしあがる」。
「王子さま、やさしい王子さま。ぼくにはそんなこと、できません」。そう言って、ツバメは泣きはじめました。
「ツバメくん、ツバメくん、わたしの言うとおりにしてくれないか」。

   オスカー・ワイルド=作 富山多佳夫=訳
   富山多佳夫+富山芳子=編 『幸福な王子
   妖精文庫1 青土社 1999/08


(J8) 今村 1993
「ぼく、もうひと晩(ばん)だけ、お役にたつことにします」
 ほんとうのところは、心根(こころね)のやさしいツバメがいいました。
「べつのルビーを、ぼく、あの人にとどけましょうか?」
「ああ! もうルビーはないのだ」
 王子はいいました。
「この私のふたつの目が、私にのこされたもののすべてだ。私の目は、千年ものむかしにインドからもたらされた、めずらしいサファイアでできている。私の片目をとりだして、彼のところにもってゆけ。それを宝石商に売れば、薪(まき)を買って、芝居(しばい)をかきあげることができるだろう」
「王子さま」
 ツバメはいいました。
「そんなこと、ぼくにはできません」
 そしてツバメは、泣(な)きはじめました。
「ツバメよ、ツバメ、小さなツバメ」
 王子がいいました。
「私の命(めい)じるままにするがよい」

   オスカー・ワイルド=作 今村葦子(いまむら・あしこ)=訳
   『幸せの王子』 偕成社 1993/10


(J9) 井村 1989
「もう一晩、王子さまのところにいてあげます。」ツバメはいいました。ほんとうは、やさしい心の持(も)ち主(ぬし)だったのです。「その人にもルビーをもっていきましょうか。」
「ああ。わたしにはもうルビーはないんだ。」王子はいいました。「残(のこ)っているのはこの目だけなんだ。めずらしいサファイアで、千年も昔(むかし)にインドからもってきたものなんだ。
 わたしの目を一つぬきとって、あの男にもっていってやってくれないか。あの男は、それを宝石商(ほうせきしょう)に売って、食(た)べ物(もの)と薪(まき)を買い、あの脚本(きゃくほん)を書きあげるだろう。」
「王子さま。そんなこと、ぼくにはできません。」ツバメはこういうと、泣(な)きだしました。
 王子はいいました。
「ツバメさん、ツバメさん、小さなツバメさん。わたしの言(い)いつけどおりにしてください。」

   オスカー=ワイルド=作 井村君江=訳
   『幸福の王子—オスカ−=ワイルド童話集』 偕成社文庫 1989/03


(J10) 西村 1988
「あとひと晩だけご用をつとめましょう、」と根はやさしい心の持ち主だけに、つばめはそういいました。「その人にもルビーをもっていってあげましょうか?」
「ああ! もうルビーはないのだよ。残ってるのはただこの目だけ。千年も昔にインドから到来した、めったにないサファイアで作ってある。それをひとつ抜きとって、あの青年のところへもっていって。かれはそれを宝石商に売って、たべものと薪(まき)を買い、劇をしあげるだろう。」
「王子さま、そんなこと、できません」とつばめはいうと、泣きだしました。
「つばめちゃん、つばめちゃん、小さなつばめちゃん、いいつけどおりになさい。」

   オスカー・ワイルド=作 西村孝次=訳 「幸福の王子」
   『オスカー・ワイルド全集3』 青土社 1988/09


(J11) 矢川 1988
「ぼく、もうひと晩のこりますよ」つばめは言ってしまった。まったくお人好しもいいいところだった。「またルビイでも届けましょうか?」
「それがもう、ルビイはないんだ」王子がいう。「あとはこの両眼だけだ。千年もまえにインドからもってきた、世にもめずらしいサファイアでね、こいつを片っぽ、つつきだして、あの若者にもってっておやり。宝石商に売れば、食物や薪(まき)を買えるし、それで芝居を仕上げられるだろう」
「王子さま、そんなことできませんよう」つばめはいい、すすり泣きはじめた。
「つばめ、つばめ、小さなつばめ、わたしのいうとおりにするんだ」

   オスカー・ワイルド=作 矢川澄子=訳 「幸せの王子」
   J・L・ボルヘス=編纂・序文 『アーサー・サヴィル卿の犯罪
   バベルの図書館6 国書刊行会 1988/07


(J12) 海老池 1987
「もうひと晩ここにいることにしましょう」とつばめは言った。ほんとうにやさしい心の持ち主だったから。「もひとつのルビーを持って行ってやりましょうか」
「残念だが、もうルビーはないのだ」と王子は言った。「残っているのはこの目だけだ。珍しいサファイアでできている。千年も昔にインドから持って来たものだ。それをひとつ抜き取って、あの男のところへ持って行ってやりなさい。あの男はそれを宝石屋に売って、食物とまきを買うだろう。そして、戯曲を書き上げるだろう」
「王子さま」とつばめは言った。「そんなことはできません」そして、泣き始めた。
「つばめよ、つばめよ、小さいつばめよ」と王子は言った。「わたしの命令どおりにしなさい」

   Oscar Wilde=作 海老池俊治=訳注 「幸福な王子」
   『The Happy Prince and Other Stories 幸福な王子 他4編
   [改訂版]研究社新訳注双書 研究社出版 1987/02


(J13) 三浦 1979
「もう一晩だけ、おそばにいましょう」とツバメが言いました。根がやさしいたちなのです。「またルビーを持ってゆきましょうか」
「残念なことに、もうルビーはない」と王子が言いました。「目しか残っていないのだ。これは珍しいサファイアで、千年も前にインドからわたってきたものだ。これを一つくりぬいて、彼の所に持っていってやれ。彼はこれを宝石屋に売って、薪を買い、戯曲を仕上げるだろう」
「王子さま」とツバメが言いました。「それはできません」そしてツバメが泣きはじめました。
「ツバメよ、ツバメ、小さなツバメ」と王子が言いました。「命令した通りにするのだ」

   ワイルド=著 三浦朱門(みうら・しゅもん)=訳 「幸福王子」
   『世界中短編名作集』 世界文学全集46(全50巻)
   学習研究社(学研) 1979/08/01


(J14) 西村 1968
「もうひと晩だけご用をつとめましょう」とつばめは言いましたが、ほんとうはやさしい心の持ち主なのです。「もうひとつのルビーを持っていってやりましょうか?」
「ああ! もうルビーはないのだ。残っているのはこの目だけなのだ。珍しいサファイアでできていて、千年も昔にインドから到来した品なのだ。それをひとつ抜きとって、あの男のところへ持っていってください。あの男はそれを宝石商に売って、食べものと薪(たきぎ)を買い、戯曲を書きあげるだろう」
「王子様、そんなことはできません」とつばめは言うと、泣きだしました。
「つばめさん、つばめさん、小さなつばめさん、わたしの言いつけどおりにしなさい」

   ワイルド=作 西村孝次=訳 「幸福な王子」
   『幸福な王子—ワイルド童話全集』 新潮文庫 1968/01


(J15) 大石 1965
[略]気のいいつばめは、おもわず、こういってしまいました。
「しかたがない。じゃあ、あなたのために、もうひと晩だけ泊まってあげましょう。こんどは、なにを持っていっていくんですか。ルビーですか。」
「いや、もう、ルビーはないのだよ。残っているのは、わたしの目だけだ。この目は、千年もまえにインドから運んできたサファイアでできているのだ。
 これを引き抜いて、あの若者のところに持っていっておくれ。そうすれば、あの若者はこれを宝石商に売ってお金にかえ、まきでもパンでも買うことができるだろう。そうしたら若者も戯曲を仕上げることができるにちがいない。」
「王子さま、あなたの目を引きぬくなんて‥‥そんなひどいことは、わたしはできません。」
 そういっって、つばめは、しくしく泣きだしました。
「いや、泣かなくてもよい。かわいいつばめ、いいから、わたしのいうとおりにしなさい。」

   ワイルド=原作 大石真(おおいし・まこと)=訳・文 「幸福な王子」
   『少年少女世界の名作文学 7 イギリス編5』(全50巻) 小学館 1965/09/20
   原文は総ルビですが、上の引用ではすべて省略しました。


(J16) 松村 1960
「それじゃ、もう一(ひと)ばんだけ、あなたのおそばに、のこりましょう。そしてまた、ルビーの玉(たま)をもっていってやりましょうか」
と、やさしいつばめはいいました。
「ところが、こまったことに、もうルビーはないのだ。」
と、王子(おうじ)はいいました。
「もうのこっているのは、ぼくの目(め)だけなんだ。この、ぼくの目(め)は、インドからもってきた、 すばらしいサファイアでできているのだ。つばめさん、どうか、この目(め)を一つだけ、あのわかもののところへ、もっていっておくれ。そしたら、わかものは、それをほうせき屋(や)にうって、たべものと、まきとをかって、おしばいをかきあげられるだろうよ。」
「でも、王子(おうじ)さま、そんなことが、このぼくにどうしてできましょう。」
と、つばめはいって、なきだしました。
「つばめさん、かわいいつばめさん、どうかおねがいだから、ぼくのいうとおりに、しておくれ。」
と、王子(おうじ)はいいました。

   オスカー・ワイルド=作 松村達雄(まつむら・たつお)=訳 「しあわせな王子」
   久米元一(くめ・げんいち)+白木茂(しらき・しげる)+松村達雄=訳
   『世界童話文学全集 5 イギリス童話集』(全18巻) 講談社 1960/07/10


(J17) 阿部 1954, 1961
「ぼく、もうひと晩だけここにいましょう」根から心のやさしいこのつばめは、それをきいてこたえた。「で、紅玉をもうひとつ持って行ってやりましょうか」
「残念なことに、もう紅玉はないのだよ」と王子はいった。「のこっているのは、ただこのわたしの目だけだ。これは、千年も前にインドからはこんできたという、この上もない青玉でできている。一方をつついて取って、あの男に持っていってやりなさい。それを宝石屋に売って、食物とまきとを買って、芝居を書くことができるだろうから」
「王子さま、とてもそんなこと、ぼくにはできません」そういって、つばめは泣きだした。
「つばめ、つばめ、小さなつばめ、わたしの言いつけどおりにするのだ」と王子はいった。

   オスカー・ワイルド=作 阿部知二=訳 「幸福の王子」
   a.モーム編 世界文学100選2』 河出書房新社 1961/05
   b.世界少年少女文学全集6 イギリス編4』 創元社 1954/05
   引用は a. に拠りました。


(J18) 西村 1950
「もう一晩だけ御用をいたしましょう、」燕はいったが、ほんとうは燕は親切な心をもっていたのである。「もうひとつの紅玉をその男のところへもってまいりましょうか?」
「ああ! 紅玉はもうないのです、」王子はいった。「兩眼だけしか殘っていないのです。ぼくの兩眼は世にも珍しい青玉で出來ていて、千年も昔にインドからもってきたものです。そのひとつを抜きとってあの男のところへもっていってください。それを寶石商へ賣って、食べものと薪を買い、脚本を仕上げるでしょう。」
「王子様、」燕はいった、「そればかりはできません。」そうして燕は泣き出した。
「燕さん、燕さん、可愛い燕さん、」王子はいった、「ぼくのいうとおりになさい。」

   ワイルド=作 西村孝次=訳 「幸福の王子」
   『世界文學全集 ワイルド篇』 河出書房 1950/12


(J19) 守屋 1950, 1974
 「もうひと晩、君のとこにいたげよう」つばめはいうのでした。つばめは、ほんとうは、思いやりのある心を持っていたのです。「もう一つのルビイを持ってこうか?」
 「ああ! ぼくにはもうルビイはないんだ」王子はいいました。「ぼくの眼(め)が、手許(てもと)に残ってるすべてなんだ。それらは、珍らしいサファイアでできている。千年も前に、インドから持ってきたものなんだ。ぼくの眼をひとつ抜きとって、あの男に持ってってやってくれないか。あの男は、それを宝石商(ほうせきしょう)に売って、食物やまきを買うだろう。そうして脚本を書き上げるだろう」
 「王子さん」つばめはいいました。「ぼくにそんなことできない」そしてつばめは、泣き始めるのでした。
 「つばめ、つばめ、小さなつばめ」王子はいいました。「ぼくのいう通りになさい」

   ワイルド=作 守屋陽一(もりや・よういち)=訳 「幸福な王子」
   a.改訳 幸福な王子 他四篇』 角川文庫 改訳版20版 1974/08
   b.幸福な王子 他四篇』 角川文庫 初版 1950/11
   引用は a. に拠りました。


(J20) 葉河 1932
 「貴方のところでもう一晩だけ御用を致しませう。」と燕は云つた。燕は本當に親切な心を持つてゐたのであつた。「もう一つの紅玉をあの男のところへ持つて參りませうか。」
 「あゝ! 紅玉はもう無いのです。」と皇子は答へた。「兩眼だけが殘つてゐるのです。私の兩眼は青玉で出來てゐます。千年も前に印度から持つて來たものです。一方を拔き取つて男のところへ持つて行つてお呉れ。それを寶石商へ賣つて食物と薪を買ひ、そして脚本を仕上げるでせう。」
 「皇子さま」と燕は云つた。「私にはそんなことは出來ません。」さうして燕は泣き出した。
 「燕よ、燕よ、小燕よ。」皇子は云つた。「私のいふ通りになさい。」

   Oscar Wilde=作 葉河憲吉(はがわ・けんきち)=譯 「幸福な皇子」
   葉河憲吉=譯註 『英學生文庫7 ハツピープリンス
   春陽堂 1932/06(昭和7)
   扉の表題は "The Happy Prince and Other Tales"


(J21) 南日 1932
 「ではもう一晩延ばしませう」と燕は云ひましたが、實際中々情に篤いのでした。「又たルビー(紅玉)を持つて行つてやるのですか。」
 「情けないこッたがもうルビーは無い」と皇子が云つた、「今殘つてゐるのは兩眼ばかり。どちらも珍しいサファイア(碧玉)で、千年前に印度から來たものです。これを一つ拔き取つてやつて來ておくれ。靑年はこれを寳玉商に賣つて、食物と薪を買つて脚本を仕上げようから。」
 「皇子さま、私にそんなことは出來ません」と燕が云つて泣き出しました。
 「燕、燕、可愛い燕さん」と皇子は云ひました、「私の命令通りなさい。」

   オスカ・ワイルド=作 南日恒太郎(なんにち・つねたろう)=譯 「幸福皇子」
   南日恒太郎=著 『英詩文鑑賞』 北星堂書店 1932/05/01(昭和7)
   情・福・通の旧字はそれぞれ新字で置き換えました。


(J22) 佐藤 1927
 「ぢや、もう一晩(ひとばん)、あなたのそばに泊(とま)りませう。」
と、燕(つばめ)が答(こた)へました。心(こゝろ)だてのやさしい燕(つばめ)でありました。
 「ルビーをまた、その人(ひと)において來(き)ませう。」
 「あゝ、もうルビーは持(も)つてゐない。この目(め)だけしか殘(のこ)つてゐない。この二(ふた)つの目(め)は、たぐひまれなサフハイヤで作(つく)つたもので、千年前(せんねんぜん)にインドから持(も)つてきたもの。この二(ふた)つのどれかを拔(ぬ)き出(だ)して、あの若者(わかもの)にやつてくれ。若者(わかもの)は寶玉商(はうせきしやう)に賣(う)るだらう。そして食物(しよくもつ)と薪(たきゞ)とを買(か)つて、あの脚本(きやくほん)を書(か)きあげようから。」
 「王子(わうじ)さま。僕(ぼく)にはとても、そんなことができません。」
 燕(つばめ)は言(い)つて泣(な)きだしました。
 「燕(つばめ)よ、燕(つばめ)よ、小(ちひ)さな燕(つばめ)よ。」
と,王子(わうじ)は聲(こゑ)をかけました。
 「わたしの言(い)ふとほりにしておくれ。」

   ワイルド=原作 佐藤武(さとう・たけし)=訳
   「幸福な王子」 ワイルド物語
   佐藤武=編著 『世界名作物語讀本 3』 定價金貳圓五拾錢
   文敎書院 1927/02/27(昭和2)


(J23) 本間 1926
 『もう一晩、あなたさまとご一しよに居りませう』本當に善良な心を持つて居りますので、燕はかう申しました。『も一つの紅玉(ルビー)をあの男のところへ持つて參りませうかしら?』
 『あゝ、予(わし)にはもう紅玉(ルビー)はない』皇子は云ひました。『予(わし)に殘つてゐるのは二つの眼ばかりだ。予(わし)のこの二つの眼は、何千年か前に印度から持つて來た、類(たぐい)のない靑玉(サフアイヤー)で出來てゐる。一つの方を啄(つゝ)き出して、あの男のところへ行つてお呉れ。あの男はそれを寳(たから)玉商人のところへ賣つて、食物と薪とを買ひ、そして芝居を書き上げるだらうから。』
 『でも、そんなことはいたされません。皇子さま』燕はかう云つて、やがてしく/\泣き出しました。
 『燕よ、燕よ、小さい燕よ。かまはないから予(わし)の言ひつけた通りにしてお呉れ』皇子は云ひました。

   オスカア・ワイルド=作 本間久雄(ほんま・ひさお)=譯 「皇子と燕」
   『世界短篇小説大系 英吉利篇(上)』 非賣品 近代社 1926/01/28(大正15)
   通の旧字は新字で置き換えました。また、傍点を下線で置き換えました。


■邦題の異同 Variations of the title in Japanese

ご覧のとおり、日本語訳の題名はバラバラです。

  「しあわせな王子」 柴田 2011 松村 1960
  「幸福な王子」   小尾 2017 大橋 1999 富山 1999 海老池 1987
            守屋 1974 西村 1968 大石 1965 守屋 1950
            佐藤 1927
  「幸福の王子」   曽野 2006 結城 2000 井村 1989
            西村 1988 阿部 1954, 1961 西村 1950
  「幸せの王子」   矢川 1988 今村 1993
  「幸せな王子」   金原 2006
  「幸福な皇子」   葉河 1932
  「幸福王子」    三浦 1979
  「幸福皇子」    南日 1932
  「皇子と燕」    本間 1926


■インドネシア語訳 Translation into Bahasa Indonesia

" Aku akan menemanimu satu malam lagi," kata burung layang-layang, yang sebenarnya memiliki hati yang baik. " Haruskah aku mengambil sebuah batu rubi merah delima lain?"

" Aduh! Aku tidak memiliki batu rubi merah delima lainnya," katakan Pangeran; " Satu-satunya yang aku miliki adalah mataku. Mereka dibuat dari batu safir langka, dibawa jauh dari India beribu tahun yang lalu. Cabutlah satu dan bawa kepadanya. Ia akan menjual ke toko permata, dan menggunakan uangnya untuk membeli makanan dan kayu bakar, dan menyelesaikan naskah dramanya."

" Pangeranku sayang," katakan burung layang-layang kecil, " Aku tidak bisa melakukannya"; dan iapun mulai menangis.

" Burung layang-layang, burung layang-layang kecil," yang dikatakan Pangeran, " lakukanlah sesuai perintahkanku."

   Pangeran Yang Bahagia by Oscar Wilde
   E-text at Wikisource


■ロシア語訳 Translations into Russian

(R1) Сергеев & Нуждин
  "Я останусь с тобой еще на одну ночь", -- сказал  Скворец. У  него действительно было доброе сердце. "Мне отнести еще один рубин?"

  "Увы! У меня больше нет рубинов", --  сказал  Принц.  "Все что   осталось   --  это  мои  глаза.  Они  сделаны  из  редких драгоценных сапфиров, которые  привезли  из  Индии  тысячу  лет назад.  Выклюй  один  из  них,  и  отнеси юноше. Он продаст его ювелиру, купит себе дров, и окончит пьесу.

  "Дорогой Принц", -- сказал Скворец, -- но я не могу  этого сделать",  и горько заплакал. "Маленький, маленький скворчонок, -- промолвил Принц, -- сделай, как я велю".

   Оскар Уайлд. Счастливый Принц
   Translated by П.В.Сергеев, Г.Нуждин
   E-text at Lib.Ru


(R2) Чуковского 1990
  - Хорошо, я останусь с тобой до утра! - сказала   Ласточка Принцу. У  нее было предоброе сердце. - Где же у тебя другой рубин?
  - Нет у меня больше рубинов, увы! -  молвил  Счастливый  Принц.  -  Мои глаза - это все, что осталось. Они сделаны из редкостных сапфиров  и  тысячу лет назад были привезены  из  Индии.  Выклюй  один  из  них  и  отнеси  тому человеку. Он продаст его ювелиру и купит себе еды и  дров  и  закончит  свою пьесу.
  - Милый Принц, я не могу сделать это! - И Ласточка стала плакать.
  - Ласточка, Ласточка, маленькая Ласточка! Исполни волю мою!

   Оскар Уайльд. Счастливый принц
   Translated by К. Чуковского
   Оскар Уайльд. Избранное. М., Просвещение, 1990
   E-text at Lib.Ru


■イタリア語訳 Translations into Italian

(It1)
"Resterò con te un'altra notte", disse la Rondine, che in verità aveva buon cuore. "Devo portargli un altro rubino?"

"Ahimé! Non ho più rubini" disse il Principe. "Mi restano solo gli occhi. Sono fatti di zaffiri rari, portati dall'India mille anni fa. Spiccamene uno e portarglielo. Egli lo venderà al gioielliere, e comprerà del cibo e della legna, e finirà la sua commedia".

"Caro Principe", disse la rondine, "non posso far questo", e cominciò a piangere.

"Rondine, Rondine, piccola Rondine", disse il Principe, "fa' quello che ti ordino".

   Il Principe Felice
   in Tutte le opere by Oscar Wilde
   Newton Compton Editori, 2011/04/19
   E-text at Homolaicus.com [PDF]


(It2)
"Va bene, aspetterò presso di te un'altra notte" disse il Rondinotto, che aveva proprio un cuore d'oro. "Devo portargli un altro rubino?"

"Ahimè, non ho più rubini, ormai" disse il Principe, "tutto ciò che mi è rimasto sono i miei occhi, ma sono fatti di zaffiri rari, e furono portati dall'India più di mille anni fa. Strappane uno e portaglielo. Lo venderà al gioielliere, e si comprerà legna da ardere, e finirà la sua commedia".

"Caro Principe" disse il Rondinotto, "io non posso fare questo"

"Rondinotto, Rondinotto, piccolo Rondinotto" disse il Principe, piangendo, "ubbidiscimi, ti prego".

   Il principe felice by Oscar Wilde
   E-text at Pinu raccolta di fiabe (pinu.it)


■ポルトガル語訳 Translation into Portuguese

— Ficarei contigo mais uma noite — disse a andorinha, que tinha realmente um bom coração. Queres que lhe leve outro rubi?

— Ai! Já não tenho mais rubis — disse o Príncipe Feliz. — Só me restam os meus olhos. São duas raras safiras há mil anos trazidas da índia. Arranca-me um deles e leva-o. Ele o venderá a um joalheiro, comprará comida e lenha e acabará a sua peça.

— Querido Príncipe — disse a andorinha — não posso fazer semelhante coisa. E pôs-se a chorar.

— Andorinha, andorinha, querida andorinha — disse o Príncipe — fazes o que te mando.

   O Príncipe feliz by Oscar Wilde
   E-text at:
   * A Liberdade É Amoral
   * Dil e Lú Ateliê


■スペイン語訳 Translation into Spanish

      —Bueno, me quedaré otra noche aquí contigo —dijo la golondrina que de verdad tenía buen corazón—. ¿Hay que llevarle otro rubí?
      —¡Ay, no tengo más rubíes! —se lamentó el Príncipe—. Sin embargo aún me quedan mis ojos. Son dos rarísimos zafiros, traídos de la India hace mil años. Sácame uno de ellos y llévaselo. Lo venderá a un joyero, comprará pan y leña y podrá terminar de escribir su obra.
      —Pero mi Príncipe querido —dijo la golondrina—, eso yo no lo puedo hacer.
      Y se puso a llorar.
      —Golondrina, golondrina, pequeña golondrina —le rogó el Príncipe—, por favor, haz lo que te pido.

   El Príncipe Feliz by Oscar Wilde
   E-text at literatura.us


■フランス語訳 Translation into French

—Je demeurerai encore une nuit avec vous, dit l'Hirondelle, qui avait réellement un bon coeur. Dois-je lui porter un autre rubis?
—Hélas! je n'ai plus de rubis, dit le Prince. Mes yeux sont la seule chose qui me reste. Ce sont de rares saphirs qui furent rapportés des Indes il y a un millier d'années. Arrachez l'un d'eux et prenez-le pour lui. Il le vendra à un joaillier. Il achètera de quoi se nourrir et de quoi se chauffer et finira sa pièce.
—Cher Prince, dit l'Hirondelle, je ne puis faire cela.
Et elle se mit à pleurer.
—Hirondelle, Hirondelle, petite Hirondelle! dit le Prince. Faites ce que je vous commande.

   Le Prince Heureux de Oscar Wilde
   Traduit de l'anglais par Albert Savine
   E-text at Project Gutenberg


■ドイツ語訳 Translations into German

(D1) Seiffert
»Ich will diese eine Nacht noch bei dir bleiben«, sagte die Schwalbe, die wirklich ein gutes Herz hatte. »Soll ich ihm auch einen Rubin bringen?«

»Ach nein, ich habe keinen Rubin mehr«, sagte der Prinz, »meine Augen sind alles, was mir geblieben ist. Sie sind aus köstlichen Saphiren gemacht, die man vor tausend Jahren aus Indien hergebracht hat. Reiß eines von ihnen aus und trag es zu ihm hin. Er wird den Edelstein zum Goldschmied bringen und Nahrung und Feuerholz kaufen und sein Stück vollenden.«

»Lieber Prinz«, sagte die Schwalbe, »das kann ich nicht.« Und sie begann zu weinen.

»Schwalbe, Schwalbe, kleine Schwalbe«, sagte der Prinz, »tu, wie ich dich heiße.«

   Der glückliche Prinz by Oscar Wilde
   Translated by Alice Seiffert
   E-text at Projekt Gutenberg-DE - Kultur - Spiegel Online


(D2) Salvani, 2000
"Gut, ich werde noch eine weitere Nacht bei dir bleiben", sagte die Schwalbe, die wirklich ein gutes Herz hatte. "Soll ich auch ihm einen Rubin bringen?"

"O weh, ich habe keinen Rubin mehr", sagte der Prinz, "meine Augen sind alles, was mir geblieben ist. Sie sind aus kostbaren Saphiren gefertigt, die vor tausend Jahren aus Indien hergebracht wurden. Brich einen von ihnen heraus und bring ihn dem jungen Mann. Er wird ihn dem Juwelier verkaufen, dafür Essen und Brennholz erwerben und das Theaterstück beenden".

"Lieber Prinz", sagte die Schwalbe, "das kann ich nicht machen", und sie begann zu weinen.

"Schwalbe, Schwalbe, kleine Schwalbe, tu, wie ich es dich geheißen habe", sagte der Prinz.

   Der glückliche Prinz, Ein Kunstmärchen, by Oscar Wilde
   Translated by Jean Francesco Salvani, www.salvani.de, April 2000
   E-text at:
   * Projekt Gutenberg-DE - Kultur - Spiegel Online
   * Welt der Fantasie


■オランダ語訳 Translations into Dutch

(NL1)
'Ik zal nog één nacht bij je blijven,' zei de zwaluw, die echt een goed hart had. 'Zal ik een andere robijn naar hem toe brengen?'

'Helaas, heb ik nu geen robijn meer,' zei de prins. 'Mijn ogen zijn alles wat ik over heb. Ze zijn gemaakt van saffieren, die duizend jaar geleden uit India zijn gebracht. Pik ze eruit en breng ze naar hem. Hij zal het aan de juwelier verkopen en voedsel en brandhout kopen en zijn toneelstuk afmaken.'

'Lieve prins,' zei de zwaluw, 'dat kan ik niet doen.' En hij begon te huilen.'Zwaluw, zwaluw, kleine zwaluw,' zei de prins, 'doe wat ik je opdraag.'

   De gelukkige prins by Oscar Wilde
   E-text at absolute1.net


(NL2)
"Goed, ik blijf nog één nacht," zei de zwaluw, "moet ik hem ook een robijn brengen?"

"Een robijn heb ik niet meer," zei de prins, "maar mijn ogen zijn gemaakt van kostbare saffieren. Neem één van mijn ogen en breng die naar hem toe. Hij kan er eten en brandstof voor kopen en dan zijn stuk afmaken."

"Dat kan ik niet doen," zei de zwaluw en begon te huilen.

"Kleine zwaluw," zei de prins, "doe toch wat ik je vraag!"

   De gelukkige prins by Oscar Wilde
   E-text at beleven.org


  Audio 1  
朗読 スティーヴン・フライ Stephen Fry reads The Happy Prince 2 of 3

下に引用した箇所は 1:29 あたりから始まります。 Uploaded by macolleague on May 11, 2010. Unabridged presentation by Harper Collins Publishers Limited. The excerpt below starts around 1:29.


  Audio 2  
ドラマ録音 The Happy Prince (1946)

デッカ・レコードによるドラマ仕立ての録音。脚色・演出: オーソン・ウェルズ 出演: オーソン・ウェルズ、ビング・クロスビー。1946年製作。下に引用した箇所は 5:15 あたりから。
Orson Welles and Bing Crosby star in the storytelling adaptation recording of "The Happy Prince" (adapted and directed by Welles), made by Decca for one of its Specialty Series albums in 1946. The recording was reissued as The Masterworks of Orson Welles: The Happy Prince/The Red Room/Shredni Vashtar/The Secret Sharer/Wakefield/The Tell-Tale Heart/Letter to the Reverend Dr. Hyde [Abridged] [Audio Cassette]. More info is here. The excerpt below starts around 5:15.


  Audio 3  
The Happy Prince, presented by CCProse

下に引用した箇所は 0:12:01 あたりから始まります。 Uploaded to YouTube by CCProse on Dec 3, 2011. The excerpt below starts around 0:12:01.


  Audio 4  
朗読 ジョン・ギールグッド(物語冒頭のサンプル録音)
John Gielgud reads The Happy Prince (sample recording)
Naxos_music_library_john_gielgud_th
音源: ナクソス・ミュージック・ライブラリー (NML) 全文の朗読CDおよびダウンロード用MP3は Amazon.co.jp で購入可能。 Source: Naxos Music Library. Full audio CD available from Amazon.com


■英語原文 The original text in English

"I will wait with you one night longer," said the Swallow, who really had a good heart. "Shall I take him another ruby?"

"Alas! I have no ruby now," said the Prince; "my eyes are all that I have left. They are made of rare sapphires, which were brought out of India a thousand years ago. Pluck out one of them and take it to him. He will sell it to the jeweller, and buy food and firewood, and finish his play."

"Dear Prince," said the Swallow, "I cannot do that"; and he began to weep.

"Swallow, Swallow, little Swallow," said the Prince, "do as I command you."


 Gallery 2 
D・ナット社刊1910年版のサンプルページ
Sample pages from the 1910 edition published by D. Nutt

↓ クリックして拡大 Click to enlarge ↓

Happyprinceother00wild_0016_2 Happyprinceother00wild_0017_2
The happy prince and other tales, Seventh impression, by Oscar Wilde ; illustrated by Walter Crane and Jacomb Hood. Published 1910 by D. Nutt in London. Full bibliography at Open Library Image source: Internet Archive


■更新履歴 Change log

  • 2017/02/02 小尾芙佐=訳 2017/01/20 を追加しました。
  • 2013/12/15 アニメ映画 The Happy Prince (1983) の YouTUbe 画面を追加しました。
  • 2013/08/23 2種類の韓国語訳、ジョン・ギールグッドによる朗読のサンプル録音、およびD・ナット社刊1910年版のサンプルページを追加しました。
  • 2013/07/24 松村達雄=訳 1960/07/10 を追加しました。
  • 2013/05/24 シスター・ユニティによる朗読の YouTube 動画、南日恒太郎=譯 1932/05/01、および本間久雄=譯 1926/01/28を追加しました。
  • 2012/08/08 もう1種類のイタリア語訳を追加しました。
  • 2012/08/04 CCProse による朗読の YouTUbe 画面を追加しました。
  • 2012/06/26 大石真=訳・文 1965/09/20 を追加しました。
  • 2012/06/15 2種類のロシア語訳を追加しました。
  • 2012/04/22 三浦朱門=訳 1979/08/01 を追加しました。
  • 2011/12/04 スティーヴン・フライによる朗読の YouTUbe 画面を追加しました。
  • 2011/03/04 アニメ映画 The Happy Prince (1974) と ドラマ録音 The Happy Prince (1946) の2本の YouTube 動画、柴田元幸=訳 2011-01-20、およびインドネシア語訳を追加しました。また、ブログ記事のタイトルに邦題『しあわせな王子』を追加しました。さらに、目次を新設しました。
  • 2011/01/12 ポルトガル語訳を追加しました。また、イタリア語訳にあった訳文の誤りを修正しました。
  • 2010/12/18 Alice Seiffert によるドイツ語訳を追加しました。
  • 2008/10/23 巴金による中國語譯(繁體字)を追加しました。また、阿部知二=訳の書誌情報を補足しました。
  • 2007/10/03 葉河憲吉=譯 1932/06 の引用箇所がまちがっておりましたので訂正しました。他の版とテキストが呼応していない、原書が異なるせいか? この版が抄訳であるからか? などと、これまで記載しておりましたのは、完全に私の勘違い。葉河譯でも、他の訳に対応する箇所は、ちゃんと訳出されております。お恥ずかしい。また、この記事のタイトルに、異題『幸せの王子』を追加しました。
  • 2007/09/30 海老池俊治=訳 1987/02 を追加しました。
  • 2007/09/20 葉河憲吉=譯 1932/06 を追加しました。また、この記事のタイトルに、異題『幸福な王子』を追加しました。さらに、中國語譯(繁體字)の電子テキストへのリンクがリンク切れになっていましたので、訂正して他のサイトにリンクを張りなおしました。
  • 2007/06/05 曽野綾子=訳 2006/12 を追加しました。
  • 2007/02/08 「邦題の異同」の項を補足しました。
  • 2006/10/17 富山多佳夫=訳 1999/08 を追加しました。
  • 2006/09/27 大橋洋一=訳 1999/12、今村葦子=訳 1993/10、井村君江=訳 1989/03、西村孝次=訳 1988/09、守屋陽一=訳 1974/08、阿部知二=訳 1961/05、および西村孝次=訳 1950/12 を追加しました。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ84595840v1308102456

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■DVD

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

■CD/Cassette
  
  

保存

保存

保存

保存

保存

| | Comments (0) | TrackBack (0)

I felt a Funeral, in my Brain (J280, F340) by Emily Dickinson エミリー・ディキンソン 「わたしは葬式を感じた、頭の中に、」 (J280, F340)

        目次 Contents

     Image   表紙画像 Cover photo
   ■中国語訳(簡体字) Translations into simplified Chinese
     (Zh1) 灵石
     (Zh2) [訳者未確認]
   ■韓国語訳 Translation into Korean
   ■日本語訳 Translations into Japanese
     (J1) 古賀 2000 葬儀が行われている感じがした、頭の中で、
     (J2) 亀井 1998 わたしは葬式を感じた、頭の中に、
     (J3) 渡辺 1997 わたしは 頭の中で 葬儀を感じた
     (J4) 野田 1996 頭の中で葬式が行われていた
     (J5) 酒本 1992 わたしはわたしの頭の中に弔いを感じた、
     (J6) 谷岡 1987 私は頭の中に葬式を感じた
     (J7) 中林 1986 わたしはに、葬儀を感じた、
     (J8) 広岡 1985 わたしは頭のなかに葬儀を感じた
     (J9) 稲田 1985 私は頭の中で葬式を感じた
     (J10) 岩田 1982 わたしは頭のなかに 葬式を感じた
     (J11) 中内 1981 わたしは頭脳の中で葬式を感じた
     (J12) 佐藤 1980 とむらいを思いうかべる
     (J13) 加藤 1976 私は頭脳の中に葬式を感じた。
     (J14) 中島 1973, 1999 私の頭の中ではお葬式があるらしかった
     (J15) 新倉 1972, 1976 わたしは頭の中で葬儀を感じた
     (J16) 安藤 1959, 1991 わたしは頭の中に、葬式があるのを感じていた、
    Video 1  TEDxMet アンドリュー・ソロモン TEDxMet by Andrew Solomon
   ■トルコ語訳 Translations into Turkish
     (Tr1)
     (Tr2)
   ■ハンガリー語訳 Translation into Hungarian
   ■ロシア語訳 Translation into Russian by Л. Ситника
   ■ブルガリア語訳 Translation into Bulgarian by Цветан Стоянов
   ■ポーランド語訳 Translations into Polish
     (P1) Marjańska
     (P2) Barańczak
   ■チェコ語訳 Translation into Czech
   ■ノルウェー語訳 Translation into Norwegian
   ■ドイツ語訳 Translation into German
   ■イタリア語訳 Translation into Italian
   ■ポルトガル語訳 Translation into Portuguese
    Video 2  スペイン語訳詩の朗読 Audiobook in Spanish
   ■スペイン語訳 Translation into Spanish
   ■フランス語訳 Translation into French
    Video 3  英語原詩の朗読 Audiobook presented by Macdui Audio Books
    Video 4  英語原詩の朗読 The complete poem read by paparotzie
    Video 5  英語原詩の朗読 Audiobook presented by sdcliffordpoetry
   ■英語原詩(全文) The complete original text in English
   ■更新履歴 Change log


  Image  
表紙画像 Cover photo
Emilydickinson
Emily Dickinson: A Biography, by Connie Ann Kirk. Greenwood Press, 2004.
Image source: ConnieAnnKirk.com


■中国語訳(簡体字) Translations into simplified Chinese

(Zh1) 灵石
我觉得脑子里有一场葬礼,
往来的悼念者脚步杂沓,
踩啊——踩啊——到了后来
所有感觉仿佛慢慢坍塌——

(……)

然后,意识里的木板突然断裂,
我不由自主地往下掉,往下掉——
掉一层就撞上一个新的世界,
然后,我就不再知晓——然后——


(Zh2) [訳者未確認]
我感觉葬礼,在我脑中举行
哀悼者来来往往
不停踱步——踱步——直至
我的感官如开裂一般

(……)

旋即理智的木板,断裂
我往下跌落,往下——
每次跌落,撞击一个世界
继而——失去知觉——


■韓国語訳 Translation into Korean

나는 한 장례식(종말, 최후, 죽음, 무덤)을 느꼈다, 내 뇌 속에서,
그리고 장례식에 모인 사람들은 왔다갔다
계속 걷고 -- 걸었다 --
감각이 뚫고 지나고 있는 듯할 때까지 --

(……)

그리고 그때 이성의 널빤지(토대)가, 부서졌다,
그래서 나는 떨어지고 떨어졌다 --
그리고 한 세계를 쳤다, 모든 뛰어들기에서,
그리고 알기(지식)를 끝마쳤다 -- 그때 --


■日本語訳 Translations into Japanese

(J1) 古賀 2000
葬儀が行われている感じがした、頭の中で、
そして会葬者があちらこちらと
踏みしだき、ついには
感覚がなくなっていくように思えた。

(……)

それから理性の板が折れて、
下へ、下へと落下した。
そして落ちるたび、世界にぶつかって、
その後は何も分からなくなった。

   古賀美穂子=著「ディキンスン詩における狂気」の文中から
   早瀬博範=編 『アメリカ文学と狂気
   英宝社 2000/12 所収


(J2) 亀井 1998
わたしは葬式を感じた、頭の中に、
そして会葬者があちこちと
踏み歩き——踏み歩き——とうとう
感覚が破れていくように思えた——

(……)

それから理性の板が、割れてしまい、
わたしは落ちた、下へ、下へと——
そして落ちるごとに、別の世界にぶつかり、
そして——それから——知ることを止めた——

   亀井俊介=訳 「わたしは葬式を感じた、頭の中に」
   亀井俊介=編 『対訳 ディキンソン詩集』 アメリカ詩人選(3)
   岩波文庫 1998/11 所収


(J3) 渡辺 1997
わたしは 頭の中で 葬儀を感じた
弔問客が行ったり来たりして
歩きに - 歩き回る - ので
感覚がすっかりダメになっていった -

(……)

それから 理性の底板が 外れ
わたしが落ちた 下へ下へと -
ひと沈みごとに ひとつの世界にぶちあたり
知ることを終わらせた - そこで -

   エミリー・ディキンソン=作 渡辺信二=訳
   『アメリカ名詩選—アメリカ先住民からホイットマンへ
   本の友社 1997/09 所収


(J4) 野田 1996
頭の中で葬式が行われていた
会葬者が行ったり来たり
ひどく足を踏みつけるので
感覚が破れ出そうに思われた

(……)

それから 理性の羽目板が破れ
私は下へ 下へ 落ちていった
そして 落下と共に「世界」にぶつかり
そして 理解が終わった

   存在と意識 59
   Emily Dickinson=著 野田壽(のだ・ひさし)=訳
   野田壽=編訳 『色のない虹—対訳エミリー・ディキンスン詩集
   ふみくら書房 1996/09/01


(J5) 酒本 1992
わたしはわたしの頭の中に弔いを感じた、
弔い客たちがあちらこちらと
歩きまわり——歩きつづけ——やがてどうやら
感覚が抜け落ちていくようだった——

(……)

それから理性の底板がぬけて、
わたしは落ちて、また落ちて——
落ちゆくたびに、何かの世界にぶつかって、
それから何もかも——分らなくなって——

   エミリー・ディキンソン=作 酒本雅之(さかもと・まさゆき)=訳
   P280.1-12, 17-20
   酒本雅之=著 『ことばと永遠——エミリー・ディキンソンの世界創造
   研究社出版 1992/05/15 所収


(J6) 谷岡 1987
私は頭の中に葬式を感じた
会葬者があちらこちら
歩きまわり、歩きまわり
感覚が壊れそうな気がした

(……)

次に理性の板がやぶれ
私は、どんどん下へ落ちていった
そして落ち込むたびに一つの世界にぶつかり
それから何も分からなくなった

   エミリ・ディキンソン=作 谷岡清男(たにおか・せいお)=訳
   『愛と孤独と—エミリ・ディキンソン 詩集1
   ニューカレントインターナショナル 1987/09 所収


(J7) 中林 1986
わたしはに、葬儀を感じた、
会葬者は右往左往して
どしんどしん——踏みつづけ——ついに感覚
バラバラになったみたいだった——

(……)

それから理性が、破れ、
私は下へ、下へ落ちて行った——
落ち込むたびに、世界に突き当り、
それから——知ることを止めた——

   エミリ・ディキンスン=作 中林孝雄(なかばやし・たかお)=訳
   「わたしはに、葬儀を感じた、」
   『エミリ・ディキンスン詩集』 松柏社 1986/05 所収
   傍点を下線で置き換えました。


(J8) 広岡 1985
わたしは頭のなかに葬儀を感じた
そして送葬者があちこち
踏みつけては踏みつけ ついに
感覚がこわれてゆくように思えた

(……)

そしてそれから理性の厚板がこわれ
そしてわたしは下へ下へと落ちていった
そして落ち込むたびにひとつの世界にぶっかった
そしてそれからなにもわからなくなってしまった

   ディキンスン=作 広岡實(ひろおか・みのる)=訳
   「わたしは頭のなかに葬儀を感じた」
   モーデカイ・マーカス=著 広岡實=編訳
   『ディキンスン 詩と評釈―解説 原詩と訳 評釈
   大阪教育図書 1985/07 所収
   原書:
   Cliffs Notes Emily Dickinson: Selected Poems (1982) by Mordecai Marcus


(J9) 稲田 1985
私は頭の中で葬式を感じた
会葬者がずしんずしんと
歩きまわって
感覚がちぎれそうに思われた

(……)

すると理性の板が折れ
私はどんどん落下して
反転するたびに世界にぶち当たり
それから何もかもわからなくなった

   エミリ・ディキンスン=作 稲田勝彦(いなだ・かつひこ)=訳 [邦題なし]
   第二章 天国とその喪失
   稲田勝彦=著 『エミリ・ディキンスン—天国獲得のストラテジー
   金星堂 1985/03/01 所収


(J10) 岩田 1982
わたしは頭のなかに 葬式を感じた
会葬者があちこち
踏みつづけ
感覚がなくなるかと思った

(……)

理性の背もたれも壊れ
わたしは下へ下へ落ち
つきあたっては 新しい世界へ入った
するともうなにもわからなくなってしまった——

   エミリ・ディキンスン=作 岩田典子(いわた・みちこ)=訳 P280
   『エミリ・ディキンスン—愛と詩の殉教者』 創元社 1982/11/20 所収


(J11) 中内 1981
わたしは頭脳の中で葬式を感じた
弔問者たちはあちこちと
足を踏み続け とうとう
感覚が崩れかけてしまうように思えた

(……)

それから理性の板が割れ
わたしは下へ下へと落ちていった
落ちるごとに別の世界にぶつかり
そして知ることを終えてしまった

   エミリ・ディキンスン=作 中内正夫(なかうち・まさお)=訳 (280)
   『エミリ・ディキンスン—露の放蕩者』 南雲堂 1981/09/15 所収


(J12) 佐藤 1980
とむらいを思いうかべる
すると会葬者があつまり
歩きまわりうろつくので
気を失ってしまいそうだ

(……)

やがて正気の底板が割れ
私は下へしたへとおちる
いろんな世界にぶち当り
終には何も分らなくなる

   エミリ・ディキンソン=作 佐藤健一(さとう・けんいち)=訳 「とむらい」 (280)
   『エミリ・ディキンソンの詩』 栗林書房 1980/09/01 所収
   原文では再終行の「終」に「つい」というルビが振ってあります。各行の
   字数をそろえるように苦心した訳者の審美的な意図を尊重して、上の
   引用ではルビをあえて省略しました。


(J13) 加藤 1976
私は頭脳の中に葬式を感じた。
弔問者があちらこちらに
足を踏み、足を踏みつづけ、とうとう
感覚がすっかり破れかかった。

(……)

やがて理性の板が割れ、
私は下へ下へと落ちていった。
そして落ち込む毎に世界にぶっつかり
それから知ることが終ってしまったのだ。

   エミリィ・ディキンスン=作 加藤菊雄(かとう・きくお)=訳 (280)
   『完訳エミリィ・ディキンスン詩集』 研友社 1976/09/27 所収


(J14) 中島 1973, 1999
私の頭の中ではお葬式があるらしかった
会葬者のあちこち往来(ゆきき)する足音が
ずしりずしりと重く続いて
私の「感覚」はこわれてしまいそうになった

(……)

しばらくして「理性」にさし渡した踏板が割れ
私はどんどん下へと落ちた
すべてを突き破りとある一つの世界にぶつかった
そしてもう私は「知ること」を終えたのだ

   中島完(なかじま・たもつ)=訳
   a. 『エミリ・ディキンスン詩集 続自然と愛と孤独と
      国文社 改訂版 1999/02 所収
   b. 『エミリ・ディキンスン詩集 続自然と愛と孤独と
      国文社 1973/01 所収
   引用は a. 国文社 改訂版 1999/02 に拠りました。


(J15) 新倉 1972, 1976
わたしは頭の中で葬儀を感じた
会葬者たちがあちこちと
歩きまわって 歩きまわって とうとう
意識が破れるかと思われた

(……)

それから理性の板がこわれ
下へ下へとわたしは落ちていった
つぎつぎに別の世界につき当り
とうとう なにもわからなくなった——

   ディキンソン=作 新倉俊一=訳
   a. 『豪華版 世界文学全集38 世界詩集』 アメリカ編
     講談社 1976/10/20 所収
   b. 『世界文学全集48 世界詩集』 アメリカ編
     講談社 1972/01/06 所収
   引用は a. 講談社 1976/10/20 に拠りました。


(J16) 安藤 1959, 1991
わたしは頭の中に、葬式があるのを感じていた、
会葬者が行ったり来たり
足音が続いて——ひきもきらず——遂には
意識が破れるようにおもわれた——

(……)

それから「理性」の中の板(いた)が破れて、
わたしは墜落した、ぐんぐん下へと——
落ちこみながら、世界にぶつかり
何もわからなくなった——もう——

   E・ディキンソン=作 安藤一郎=訳 「ディキンソン詩集」
   a. 篠田一士(しのだ・はじめ)=編
     『筑摩世界文學大系88 名詩集』 筑摩書房 1991/09 所収
   b. 福田陸太郎(ふくだ・りくたろう)=訳者代表
     『世界名詩集大成11 アメリカ篇』 平凡社 1959/05 所収
   a. は b. を再録したもの。引用は b. 平凡社 1959/05 に拠りました。


 Video 1 
TEDxMet アンドリュー・ソロモン: 鬱、私たちが共有する秘密
TEDxMet Andrew Solomon: Depression, the secret we share

鬱をテーマにした、この講演の冒頭で作家アンドリュー・ソロモンはディキンソンの詩「私は頭脳の中に葬式を感じた」を暗唱します。講演字幕の表示言語を28言語のなかから選べます。画面下部のメニューのところで切り替えてください。  Writer Andrew Solomon starts his talk with the recitation of Dickinson's poem "I felt a Funeral in my Brain." You can choose a language for displaying subtitles among 28 languages. Switch the language at the menu below the screen.


■トルコ語訳 Translations into Turkish

(Tr1) Tuğlu
Bir cenaze duyumsadım beynimde,
Ve yas tutanlar, orada burada,
Israrla yürüdüler, yürüdüler,
Ta ki algı genişledi adeta.

(......)

Ve biri kırıldı aklın döşeme tahtasından-
Ve aşağı, aşağı düştüm
Ve o zaman bitirdim bilmeyi
Her düşüşte bir dünyaya ulaştım.

  • Bir cenaze hissettim beynimde by Emily Dickinson. Translated by Osman Tuğlu
  • E-text at Antoloji.Com

(Tr2)
Bir Cenaze hissettim Beynimde,
Ve Mekanı durmadan--durmadan
Arşınlayan Yaslı insanlar—Anlam birdenbire
Yolunu bulup ortaya çıkana kadar

(......)

Ve sonra Mantık’ın tahtalarından biri yarıldı,
Ve ben düştüm, düştüm, düştüm-
Ve her dalışımda, bir Dünya’ya tosladım,
Ve bilmeyi Bitirdim-sonra-

  • Bir cenaze hissettim beynimde by Emily Dickinson
  • E-text at Yusuf Eradam

■ハンガリー語訳 Translation into Hungarian

Agyamban van a temetés,
Éreztem: gyászmenet
Lépked, lépked, míg úgy tünik,
A tudat átreped.

(......)

Elmémben deszkaszál törik
S fokonként zuhanok,
Egy-egy világhoz ütközöm
S az eszmélet halott.


■ロシア語訳 Translation into Russian

Звук похорон в моем мозгу,
И люди в черном там
Все ходят -- ходят -- за моим
Рассудку попятам.

(......)

Тогда рассудок сломленный,
И я лечу все вниз -- и вниз --
И бьюсь о мир, и, каждый раз,
В сознании, оставляю жизнь

  • Эмили Дикинсон  280. Translated by Л. Ситника
  • E-text at Lib.Ru

■ブルガリア語訳 Translation into Bulgarian

Почувствах в своя мозък погребение -
вървяха оплаквачите на групи -
и крачеха, и крачеха - додето
усещането ми на две се счупи.

(......)

[The final four lines missing in the translation]


■ポーランド語訳 Translations into Polish

(P1) Marjańska
Czułam - szedł pogrzeb w moim mózgu -
Żałobnicy - tu i tam krocząc -
Stąpali ciężko - coraz ciężej -
Aż rozum wyrywać się począł -

(......)

Potem pękła jakaś deska w mózgu -
I upadłam - i spadałam w próżni -
Raz po raz uderzając jakiś świat -
By na koniec nie móc nic rozróżnić -

  • Emily Dickinson - Czułam – przez Mózg przechodził Pogrzeb. Translated by Ludmiła Marjańska
  • E-text at:

(P2) Barańczak
Czułam - przez Mózg przechodził Pogrzeb -
Minuta po minucie
Kondukt szedł - szedł - i deptał we mnie
Butami zdolność czucia

(......)

A wtedy - Deska w dnie Rozumu
Trzasnęła - zaczęłam spadać -
Tłukąc się o krawędzie Światów -
Aż je przestałam poznawać -

  • Emily Dickinson - Czułam – przez Mózg przechodził Pogrzeb. Translated by Stanisław Barańczak
  • E-text at

■チェコ語訳 Translation into Czech

Prožila jsem ten pohřeb ve svém mozku,
ty návštěvy, jichž kroky temně
po domě dupaly a dupaly,
až se to začlo prolamovat ve mně.

(......)

A pak to prkno v mozku prasklo
a hloub a hloub jsem letěla,
co náraz, to byl jeden svět,
až jsem prošla vším – a už jsem věděla.

  • Prožila jsem ten pohřeb ve svém mozku by Emily Dickinson
  • E-text at alarmo

■ノルウェー語訳 Translation into Norwegian

Jeg følte i min hjerne
en gravferd som fant sted,
og folk gikk rundt
og tråkket tråkket mine sanser ned.

(......)

Så løsnet innerst i meg
en planke. Jeg falt ned
og traff en verden ved hvert stup.
Så vet jeg ikke mer.

  • Jeg følte i min hjerne en gravferd by Emily Dickinson in Vinduet, Volume 28 by Nicolay Stang. Gyldendal norsk forlag, 1974
  • Preview at Google Books

■ドイツ語訳 Translation into German

Ich fühlt' Begräbnis im Gehirn
Und Trauergäste - her
Und hin - die trampelten und trampelten
In meinem Kopfe schwer.

(......)

Zuletzt des Denkens Boden brach
Und, Sturz um Sturz entlang,
Fiel ich von Welt zu Welt, bis ich
Des Wissens Ende fand.

  • Ich fühlt' Begräbnis im Gehirn by Emily Dickinson. Translated by Walter A. Aue
  • E-text at Dalhousie University

■イタリア語訳 Translation into Italian

Sentivo un Funerale, nel Cervello,
E i Dolenti avanti e indietro
Continuavano a camminare - a camminare - finch sembr
Che il Senso si fosse rivelato -

(......)

E poi un'Asse nella Ragione, si spezz,
E caddi gi, e gi -
E urtai contro un Mondo, ad ogni tuffo,
E Terminai di conoscere - allora -


■ポルトガル語訳 Translation into Portuguese

Senti um Funeral, em meu Cérebro,
E Carpideiras indo e vindo
Indo e vindo — em procissão — até que
O sentido foi explodindo —

(......)

E então uma Viga da Razão se quebrou
E eu caí, caí, caí —
E alcancei um Mundo, em cada mergulho,
E Parei de conhecer — aí —


 Video 2 
スペイン語訳詩の朗読 Audiobook in Spanish

Uploaded to YouTube by Arelys Navarro on 17 Jan 2010.


■スペイン語訳 Translation into Spanish

Sentí un funeral en mi cerebro,
los deudos iban y venían
arrastrándose -arrastrándose -hasta que pareció
que el sentido se quebraba totalmente -

(......)

y luego un vacío en la razón, se quebró,
caí, y caí -
y di con un mundo, en cada zambullida,
y terminé sabiendo -entonces -

  • Sentí un funeral en mi cerebro by Emily Dickinson. Translated by Silvina Ocampo
  • E-text at La Maquina de Tiempo

■フランス語訳 Translation into French

Je perçus des Funérailles, dans mon Cerveau,
Un Convoi allait et venait,
Il marchait – marchait sans fin – je crus
Que le Sens faisait irruption –

(......)

Puis une Planche dans la Raison, céda,
Et je tombai, tombai encore –
Je heurtais un Monde, à chaque plongée,
Et Cessai de connaître – alors –


 Video 3 
英語原詩(全文)の朗読 Audiobook presented by Macdui Audio Books

Uploaded by Macdui Audio Books on 3 Sep 2014


 Video 4 
英語原詩(全文)の朗読 The complete original poem read by paparotzie

Uploaded by paparotzie on 7 Sep 2009


 Video 5 
英語原詩(全文)の朗読 Audio recording presented by sdcliffordpoetry

Uploaded by sdcliffordpoetry on 23 Sep 2008


■英語原詩(全文) The complete original poem in English

I felt a Funeral, in my Brain,
And Mourners to and fro
Kept treading – treading – till it seemed
That Sense was breaking through – 

And when they all were seated,
A Service, like a Drum – 
Kept beating – beating – till I thought
My Mind was going numb – 

And then I heard them lift a Box
And creak across my Soul
With those same Boots of Lead, again,
Then Space – began to toll,

As all the Heavens were a Bell,
And Being, but an Ear,
And I, and Silence, some strange Race
Wrecked, solitary, here –

And then a Plank in Reason, broke,
And I dropped down, and down – 
And hit a World, at every plunge,
And Finished knowing – then –


■更新履歴 Change log

  • 2014/10/26 アンドリュー・ソロモンによる TEDxMet の YouTube 動画を追加しました。
  • 2013/09/22 2種類のトルコ語訳を追加しました。
  • 2013/04/01 スペイン語訳詩朗読の YouTube 画面を追加しました。
  • 2013/02/19 ハンガリー語訳を追加しました。
  • 2012/01/29 ブルガリア語訳を追加しました。
  • 2012/01/28 韓国語訳を追加しました。
  • 2012/10/31 朗読の YouTube 画面を追加しました。
  • 2012/08/28 野田壽=訳 1996/09/01 を追加しました。
  • 2012/07/09 稲田勝彦=著 1985/03/01 を追加しました。
  • 2012/06/29 paparotzie による英語原詩(全文)の朗読の YouTube 動画を追加しました。また、中内正夫=訳 1981/09/15 も追加しました。
  • 2012/06/20 チェコ語訳を追加しました。
  • 2012/06/19 2種類のポーランド語訳、ノルウェー語訳、およびドイツ語訳を追加しました。
  • 2012/06/07 加藤菊雄=訳 1976/09/27、ロシア語訳、およびポルトガル語訳を追加しました。また、新倉俊一=訳の書誌情報を補足しました。
  • 2012/05/26 酒本雅之=訳 1992/05/15 とフランス語訳を追加しました。
  • 2012/04/29 2種類の簡体字中国語訳、スペイン語訳、および佐藤健一=訳 1980/09/01 を追加しました。
  • 2012/04/20 岩田典子=訳 1982/11/20 を追加しました。
  • 2010/09/15 sdcliffordpoetry による英語原詩(全文)朗読の YouTube 画面を追加しました。また、これまで英語原詩を一部だけ掲載していたのを改めて、全文を掲載するようにしました。
  • 2010/08/29 目次を新設しました。
  • 2009/01/30 広岡實=訳 1985/07 を追加しました。
  • 2007/12/19 中林孝雄=訳 1986/05 を追加しました。また、参照の便を考慮して、記事のタイトルに T.H. Johnson 編の全詩集による作品番号「280」を追加しました。
  • 2007/11/08 古賀美穂子=訳 2000/12 を追加しました。
  • 2007/04/25 安藤一郎=訳 に関する書誌情報を補足しました。
  • 2007/04/19 安藤一郎=訳 1959/05 を追加しました。
  • 2006/11/27 谷岡清男=訳 1987/09 を追加しました。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ84595840v1308102456

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

  

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Sunday, 24 September 2006

I heard a Fly buzz -- when I died (J465, F591) by Emily Dickinson エミリー・ディキンソン / エミリ・ディキンスン 「蠅がうなるのが聞こえた——わたしが死ぬ時」 (J465, F591)

        目次 Table of Contents

 Photo  エミリー・ディキンソンの墓 Emily Dickinson's grave
  Map    アマースト西墓地 Amherst West Cemetery
■簡体字中国語訳の抜粋 Excerpts of translation into simplified Chinese
■韓国語訳の抜粋 Excerpts of translation into Korean
■日本語訳の抜粋 Excerpts of translations into Japanese
  (J1) 亀井 1998
  (J2) 岩田 1997
  (J3) 渡辺 1997
  (J4) 野田 1996
  (J5) 朝比奈 1996
  (J6) 酒本 1992
  (J7) 谷岡 1987
  (J8) 中林 1986
  (J9) 広岡 1985
  (J10) 萱嶋 1985
  (J11) 中島 1983
  (J12) 加藤 1976
  (J13) 新倉 1972, 1976
  (J14) 新倉 1962
 Video 1  ジョン・グリーンの英文学 John Green - Crash Course English Literature
■日本語訳第1行の比較 Comparison of the first line translated into Japanese
■この詩人の氏名の日本語表記のゆれ
 Video 2  リー・レミックによるディキンソンの朗読 Lee Remick reads Dickinson
■トルコ語訳の抜粋 Excerpts of translation into Turkish
■ロシア語訳の抜粋 Excerpts of translation into Russian
  (R1) Кудрявицкого, 2001
  (R2) Марковой & Лихачева
■チェコ語訳の抜粋 Excerpts of translation into Czech
■ドイツ語訳の抜粋 Excerpts of translation into German
 Video 3  I Heard A Fly Buzz - From the Channel 4 Arrows of Desire
■イタリア語訳の抜粋 Excerpts of translation into Italian
■ポルトガル語訳の抜粋 Excerpts of translation into Portuguese
■スペイン語訳の抜粋 Excerpts of translation into Spanish
■フランス語訳の抜粋 Excerpts of translation into French
 Video 4  I Heard a Fly Buzz When I Died (1989) animation by Lynn Tomlinson
 Video 5  I Heard a Fly Buzz — When I Died read by Lee Ann Howlett
■英語原詩の全文 The complete original poem in English
■更新履歴 Change log


 Photo 
エミリー・ディキンソンの墓 Emily Dickinson's grave
Emilygrave
マサチューセッツ州アマーストにあるエミリー・ディキンソンの墓
The grave of Emily Dickinson in Amherst, Massachusetts. Image source: Website of Professor George Klawitter at St. Edwards University in Austin, Texas.


   Map   
アマースト西墓地 Amherst West Cemetery
Amherst_west_cemetery_2
ズーム・移動などのできるグーグルマップを見るには  ここをクリック   To view navigable Google Maps for Amherst West Cemetery  CLICK HERE   More info on Emily Dickinson's grave found at Find A Grave.


■簡体字中国語訳の抜粋 Excerpts of translation into simplified Chinese

我听到苍蝇的嗡嗡声——当我死时
房间里,一片沉寂
就像空气突然平静下来——
在风暴的间隙
[略]
蓝色的——微妙起伏的嗡嗡声
在我——和光——之间
然后窗户关闭——然后
我眼前漆黑一片——

   我听到苍蝇的嗡嗡声——当我死时
   狄金森 灵石 译
   E-text at 《新诗林》文学增刊 - 《外国诗歌》网络版


■韓国語訳の抜粋 Excerpts of translation into Korean

내가 죽을 때 나는 파리 한마리가 윙윙대는 것을 듣습니다.
그 방안의 고요함은
대기중에 있는 고요함 같습니다.
폭풍과 폭풍사이에서
[Omission]
파란색으로 확실하지 않은 끊어지는 윙윙소리가
저쪽세상의 빛과 나사이에 끼어들었습니다.
그리고나서 창문이 보이지 않았습니다(죽음)
그리고나서 나는 볼수 있었다는 것을 알수 없었습니다.(더이상 볼수 없었다)

   내가 죽을 때 나는 파리 한마리가 윙윙대는 것을 듣습니다
   에밀리 디킨슨
   E-text at iove2255님의 블로그


■日本語訳の抜粋 Excerpts of translations into Japanese

(J1) 亀井 1998
蠅がうなるのが聞こえた——わたしが死ぬ時——
部屋の中の静けさは
空の静けさのようだった——
烈(はげ)しい嵐と嵐の間の——
[略]
憂鬱な——あやふやでにぶい羽音とともに——
光と——わたしとの間へ——入って来た
それから窓がぼやけた——それから
見ようとしても何も見えなくなった——

   亀井俊介=編 『対訳 ディキンソン詩集』 アメリカ詩人選(3)
   岩波文庫 1998/11 所収


(J2) 岩田 1997
臨終のとき 一匹の蠅が唸るのを聞いた
部屋は 台風の目のなかの
大気のように
静寂であった
[略]
青い はっきりしない 断続的な 唸り声をたてて
光とわたしの間に入りこんだ
と 窓が消えて
見ようにも見えなくなった

   エミリー・ディキンスン=作 岩田典子(いわた・みちこ)=訳
   「臨終のとき 一匹の蠅が唸るのを聞いた」 P-465, 1862年頃
   岩田典子=著 『エミリ・ディキンスンを読む』 思潮社 1997/11/20


(J3) 渡辺 1997
わたしは 蝿が唸るのを聞いた - わたしが死んだ時 -
部屋の中の静けさは
大気の中の静けさ -
嵐のうねりとうねりの間にあるようだった -
[略]
青くて - 不確かな よろめくような羽音で -
光と - わたしの - 間を
それから 窓がかすみ - それから
わたしは 見るとは何か 分からなくなった

   エミリー・ディキンソン=作 渡辺信二=訳
   『アメリカ名詩選—アメリカ先住民からホイットマンへ
   本の友社 1997/09 所収


(J4) 野田 1996
私が死んだとき 蝿の羽音がした
部屋の静けさは
台風の目の中での
大気の静まりに似ていた
[略]
あおい 不分明で どもるような羽音と共に
光と私との間に 介入してきた
すると窓がぼやけ それから
見るために 見えなくなった

   存在と意識 65
   Emily Dickinson=著 野田壽(のだ・ひさし)=訳
   野田壽=編訳 『色のない虹—対訳エミリー・ディキンスン詩集
   ふみくら書房 1996/09/01


(J5) 朝比奈 1996
私は死んだとき、一匹の蠅がうなるのを聞いた
その部屋の静けさは
うねり高まる嵐の合間の
あの大気の静けさに似ていた
[略]
蒼く不確かにどもった羽音をうならせて
光と私との間に
それから窓がかすみ、それから
見ようとしても見えなくなった

   エミリー・ディキンスン=作 朝比奈緑=訳
   木下卓(きのした・たかし)+野田研一+太田雅孝=編著
   『たのしく読める英米詩—作品ガイド120』 シリーズ・文学ガイド3
   ミネルヴァ書房 1996/03 所収


(J6) 酒本 1992
私が死んだとき——ハエが一匹飛ぶ音がした——
部屋の静けさは——
嵐の高まりがとぎれたときの
あたりの静けさに似ていた——
[略]
光とわたしのあいだに——
さだめなく、ふらふらと——青い羽音をたてながら——
そのあと窓が消えて——そのあと
わたしは見ようとしても見えなくなった——

   エミリー・ディキンソン=作 酒本雅之(さかもと・まさゆき)=訳 P465
   酒本雅之=著 『ことばと永遠——エミリー・ディキンソンの世界創造
   研究社出版 1992/05/15 所収


(J7) 谷岡 1987
死ぬ時一匹の蠅のブーンという羽音がした
部屋の中は
迫って来る嵐と嵐の間の空のように
静まりかえっている
[略]
とぎれとぎれの弱々しい陰気な羽音をたてて
窓の明かりと私との間をとんだ
すると窓はすうっとかすみ
自分の目が見えるのか見え無いのか分からなくなった

   エミリ・ディキンソン=作 谷岡清男(たにおか・せいお)=訳
   『愛と孤独と—エミリ・ディキンソン 詩集1
   ニューカレントインターナショナル 1987/09 所収


(J8) 中林 1986
私は死ぬとき——ハエがうなるのが聞こえた——
部屋の中の静けさ
烈しくなる前の——
静けさに似ていた——
[略]
陰気な
——はっきりしないどもったうなり声をたてて——
ハエが入ってきたのは——
それから窓ガラスがぼやけ——それから
私は見ようとしても見えなかった——

   エミリ・ディキンスン=作 中林孝雄(なかばやし・たかお)=訳
   『エミリ・ディキンスン詩集』 松柏社 1986/05 所収
   傍点を下線で置き換えました。


(J9) 広岡 1985
わたしが死んだとき一匹のはえがうなるのを聞いた
部屋のなかの静けさは
あらしの高まりのあいだの
大気の静けさに似ていた
[略]
それは暗うつで不確かで口ごもったようなうなる音を立て
日射しとわたしのあいだにはいってきた
そしてそのとき窓がかすみそしてそのとき
見るために見ることができなくなった

   ディキンスン=作 広岡實(ひろおか・みのる)=訳
   「わたしは頭のなかに葬儀を感じた」
   モーデカイ・マーカス=著 広岡實=編訳
   『ディキンスン 詩と評釈―解説 原詩と訳 評釈
   大阪教育図書 1985/07/10 所収
   原書:
   Cliffs Notes Emily Dickinson: Selected Poems (1982) by Mordecai Marcus


(J10) 萱嶋 1985
私が死んだ時、一匹の蠅がうなるのを聞いた。
部屋の中の静けさは、
嵐のうねりの間の
空中の静けさのようだった。
[略]
光と私の間に、気の滅入るようで 不確かな
口ごもるような、うなり声を立てて。
そしてその時、窓が消えた、それから
私は見る事を見る事が出来なくなった。

   萱嶋八郎(かやしま・はちろう)=訳 (四六五)
   萱嶋八郎=著 『エミリ・ディキンスンの世界』 南雲堂 1985/02/15 所収


(J11) 中島 1983
一匹の蠅の唸りを私は死ぬときに聞いた
部屋の静かさは
ちょうど押し寄せる嵐と嵐のあいだの
空の静かさにも似ていた——
[略]
暗い頼りなげなとぎれがちの羽音をたて
窓明りと私のあいだに——
すると 窓もかすんでしまい その後
自分が見ることが出来るのか出来ないのかも 分らなくなってしまった

   中島完(なかじま・たもつ)=訳
   『エミリ・ディキンスン詩集 続々 自然と愛と孤独と
   国文社 1983/05 所収


(J12) 加藤 1976
私の死の時一匹の蝿がぶーんと羽音を立てるのが聞えた。

 部屋の静かさは、

暴風雨のうねりの間の、

 空気の静かさに似ていた。
[略]
青い不確かなつまづくような羽音で

 光と私を遮った。

 それから窓が暗くなりやがて

 私は見ることが見えなくなった。

   エミリィ・ディキンスン=作 加藤菊雄(かとう・きくお)=訳 (288)
   『完訳エミリィ・ディキンスン詩集』 研友社 1976/09/27 所収


(J13) 新倉 1972, 1976
わたしが死ぬとき一匹のはえがうなるのを聞いた
部屋のなかの静けさは
嵐のたかまりの間の
大気の静けさのようだった
[略]
ほの暗く不確かなどもったうなり声を立て
日射しとわたしとの間に入ってきた
それから窓がかすみ——もう
見ようとしても見えなくなった

   ディキンソン=作 新倉俊一=訳
   a. 『豪華版 世界文学全集38 世界詩集』 アメリカ編
     講談社 1976/10/20 所収
   b. 『世界文学全集48 世界詩集』 アメリカ編
     講談社 1972/01/06 所収
   引用は a. 講談社 1976/10/20 に拠りました。


(J14) 新倉 1962
わたしが死んだとき一匹のはえが耳許にうなるのを聞いた
わたしの五体のまわりの静けさは
嵐の高まりの間の
大気の静けさに似ていた
[略]
それはほの暗い不確かなどもったうなり声を立て
日射しとわたしの間に入ってきた
それから窓がかすみ
さらに見るために見えなくなった*

   * 注 逆説的な表現で、死は永遠に移ることであるのでかえって
    有限な現世より広い視野を与えるから。
   エミリ・ディキンソン=作 新倉俊一=訳
   『エミリ・ディキンソン——研究と詩抄』 篠崎書林 1962/09/15 所収


 Video 1 
ジョン・グリーンの英文学一夜漬け(仮訳題)第8回: エミリー・ディキンソン
John Green - Crash Course English Literature #8: Emily Dickinson

Uploaded to YouTube by crashcourse on 24 Jan 2013.


■日本語訳第1行の比較 Comparison of the first line translated into Japanese

  わたしが死ぬとき一匹のはえがうなるのを聞いた………新倉 1972, 1976
  わたしが死んだとき一匹のはえがうなるのを聞いた…………広岡 1985
  わたしが死んだとき一匹のはえが耳許にうなるのを聞いた…新倉 1962
  わたしは 蝿が唸るのを聞いた - わたしが死んだ時 - ……渡辺 1997
  一匹の蠅の唸りを私は死ぬときに聞いた………………………中島 1983
  死ぬ時一匹の蠅のブーンという羽音がした……………………谷岡 1987
  私が死んだとき 蝿の羽音がした…………………………
…野田 1996
  私が死んだとき——ハエが一匹飛ぶ音がした——……………酒本 1992
  私が死んだ時、一匹の蠅がうなるのを聞いた。………………萱嶋 1985
  私の死の時一匹の蝿がぶーんと羽音を立てるのが聞えた。…加藤 1976
  私は死ぬとき——ハエがうなるのが聞こえた——……………中林 1986
  私は死んだとき、一匹の蠅がうなるのを聞いた………………朝比奈 1996
  臨終のとき 一匹の蠅が唸るのを聞いた………………………岩田 1997
  蠅がうなるのが聞こえた——わたしが死ぬ時——……………亀井 1998


■この詩人の氏名の日本語表記のゆれ
 Variations of the poet's name transliterated into Japanese

   エミ・ディキンン 岩田 1997
   エミ・ディキンン 中林 1986
   エミ・ディキンン 広岡 1985
   エミ・ディキンン 萱嶋 1985
   エミ・ディキンン 中島 1983
   エミ・ディキンン 谷岡 1987
   エミ・ディキンン 新倉 1962
  エミリィ・ディキンン 加藤 1976

  エミリー・ディキンン 野田 1996

  エミリー・ディキンン 朝比奈 1996
  エミリー・ディキンン 渡辺 1997
  エミリー・ディキンン 酒本 1992
        ディキンン 亀井 1998
        ディキンン 新倉 1972, 1976


 Video 2 
リー・レミックによるエミリー・ディキンソンの朗読 Lee Remick reads Emily Dickinson

「蠅がうなるのが聞こえた」の朗読は 2:43 から。 Uploaded to YouTube by AthenaLearning on 29 Apr 2010. Introduced by Sir John Gielgud. Lee Remick reads two of Emily Dickinson's poems, "This is my letter to the world" and "I heard a Fly buzz - when I died." Reading of the latter starts at 2:43.


■トルコ語訳の抜粋 Excerpts of translation into Turkish

Öldüğümde bir sinek vızıltısı duydum
Benziyordu sessizliği odanın,
Fırtına kabarmaları arasındaki
Sessizliğine havanın.
[Omission]
Belirsiz sürçen mavi vızıltısıyla
Aramıza ışıkla benim.
Ve o zaman tükendi pencereler
Ve sonra görmeyi göremedim.

   Öldüğümde bir sinek vızıltısı duydum by Emily Dickinson
   Translated by Osman Tuğlu
   E-text at Antoloji.Com


■ロシア語訳の抜粋 Excerpts of translation into Russian

(R1)  Кудрявицкого, 2001
Я слышала жужжанье Мухи,
Когда за мною Смерть пришла.
Как штиль внезапный среди бури,
Стояла в доме тишина.
[Omission]
Звук этот странный, дребезжащий
Был ясно слышен в тишине.
Вдруг свет померк... Что было дальше –
Не довелось увидеть мне.

   Эмили Дикинсон. Избранные стихотворения
   Translated by Анатолия Кудрявицкого (Anatoly Kudryavitsky)
   «Эмили Дикинсон. Лирика».
   Москва, ЭКСМО-Пресс, 2001.
   E-text at kudryavitsky.narod.ru


(R2) Марковой & Лихачева
Жужжала Муха надо мной -
Когда я умерла -
И Тишина была вокруг -
Как Штиль перед Грозой -
[Omission]
Надсадный, Синий, шалый Звук -
Между окном - и мной -
И Свет пропал - и больше я
Не помню ничего.

   Дикинсон Эмили Элизабет
   Translated by В. Марковой and И. Лихачева
   E-text at laidinen.ru


■チェコ語訳の抜粋 Excerpts of translation into Czech

Jen bzukot mouchy, když jsem umírala.
Je vprostřed ticha tělo mé.
To ticho ve vzduchu, když zuří bouře
a vprostřed náhle ustane.
[Omission]
modravý bzukot klopýtal a tápal
mezi mnou a světlem svic,
pak okna pohasla, a potom
jsem viděla – už nic.

   Jen bzukot mouchy, když jsem umírala by Emily Dickinson
   E-text at alarmo


■ドイツ語訳の抜粋 Excerpts of translation into German

Ich hörte eine Fliege summen -
Als ich starb - der Raum
War still wie wenn vor seinem Wüten
Noch Atem holt - ein Sturm -
[Omission]
Mit Blauem - trudelndem - Gebrumm
Schob sie sich mir vors Licht -
Dann fielen Fenster aus - und dann
Schwand mir zum Sehn die Sicht -

   Ich hörte eine Fliege summen
   Gedichte by Emily Dickinson
   Edited and translated by Gunhild Kübler
   Hanser Verlag, 2006
   Preview at Google Books


 Video 3 
I Heard A Fly Buzz When I Died - From the Channel 4 programme Arrows of Desire

Uploaded to YouTube by SonyFMAM on 15 Jul 2010. The interviewees are Wendy Cope, Lavinia Greenlaw, Tom Paulin, Iain Sinclair and Matthew Sweeney.


■イタリア語訳の抜粋 Excerpts of translation into Italian

Sentii una Mosca ronzare - mentre morivo -
Il Silenzio nella Stanza
Era come il Silenzio nell'Aria -
Tra Folate di Tempesta -
[Omission]
Con un Azzurro - incerto - zoppicante Ronzio -
Fra la luce - e me -
E allora le Finestre vennero meno - e allora
Non vidi di non poter vedere -

   Emily Dickinson - The Complete Poems
   Traduzione e note di Giuseppe Ierolli


■ポルトガル語訳の抜粋 Excerpts of translation into Portuguese

Uma Mosca zumbiu - quando eu morria -
Dentro do Quarto o Silêncio
Era o Silêncio de uma Tempestade
Entre um e outro Arquejar -
[Omission]
Com seu Zumbido Azul trôpego - incerto -
Entre mim ea luz - e é quando
A Janela caiu - eu desse jeito
Não pude ver - para ver -

   Oí zumbar una Mosca
   from Alguns poemas by Emily Dickinson. Translation by Jose Lira
   Editora Iluminuras Ltda, 2006
   Preview at Google Books


■スペイン語訳の抜粋 Excerpts of translation into Spanish

Oí zumbar una Mosca — cuando morí —
la quietud del cuarto
era como la Quietud del Aire —
entre las olas de la tormenta —
[Omission]
con un Azul — incierto y vacilante Zumbido —
entre la luz — y yo —
luego las ventanas cayeron — y entonces
no pude ver para ver —

   Oí zumbar una Mosca by Emily Dickinson
   E-text at Valdeperrillos.com


■フランス語訳の抜粋 Excerpts of translation into French

J'ai entendu une Mouche - quand je suis morte -
Le calme dans la Chambre
Etait comme le Calme dans l'air -
Entre les sursauts de l'orage -
[Omission]
Avec un bourdonnement Bleu - hésitant trébuchant -
Entre la lumière - et moi -
Et alors les fenêtres se sont évanouies - et alors
Je n'ai plus vu comment voir -

   J'ai entendu une Mouche - quand je suis morte
   by Emily Dickinson
   E-text at le blog de Lika Spitzer


 Video 4 
I Heard a Fly Buzz When I Died (1989)
A clay-on-glass animation made by Lynn Tomlinson

Uploaded to YouTube by summerkitchenstudio on 1 May 2006


 Video 5 
I Heard a Fly Buzz — When I Died read by Lee Ann Howlett

Uploaded to YouTube by FULL audio books for everyone on 6 Dec 2012. Audio courtesy of LibriVox.


■英語原詩の全文 The complete original poem in English

I heard a Fly buzz – when I died – 
The Stillness in the Room
Was like the Stillness in the Air – 
Between the Heaves of Storm –

The Eyes around – had wrung them dry – 
And Breaths were gathering firm
For that last Onset – when the King
Be witnessed – in the Room – 

I willed my Keepsakes – Signed away
What portions of me be
Assignable – and then it was
There interposed a Fly – 

With Blue – uncertain stumbling Buzz – 
Between the light – and me – 
And then the Windows failed – and then
I could not see to see –

   Emily Dickinson 〔J465, F591 ; c.1862〕
   E-text at many websites including the folllowings:


■外部リンク External links


■更新履歴 Change log

  • 2014/01/10 韓国語訳の抜粋を追加しました。
  • 2013/09/22 トルコ語訳と Lee Ann Howlett による朗読の YouTube 画面を追加しました。
  • 2013/07/10 アマースト西墓地の地図を追加し、外部リンクの項を新設しました。
  • 2013/05/06 目次を新設しました。また、リンク切れになっていたビデオを削除し、代わりに次の2本の YouTube 動画を載せました。
    1. John Green - Crash Course English Literature
    2. 女優リー・レミックによる朗読
  • 2012/08/28 野田壽=訳 1996/09/01 を追加しました。また、YouTube 動画を2本追加しました。
  • 2012/06/30 2種類のロシア語訳と萱嶋八郎=訳 1985/02/15 を追加しました。
  • 2012/06/20 チェコ語訳を追加しました。
  • 2012/06/04 加藤菊雄=訳 1976/09/27 を追加しました。
  • 2012/05/26 酒本雅之=訳 1992/05/15 を追加しました。
  • 2012/04/29 ドイツ語訳の抜粋と広岡實=訳 1985/07/10 を追加しました。
  • 2012/03/24 岩田典子=訳 1997/11/20 を追加しました。
  • 2012/02/15 簡体字中国語訳の抜粋と新倉俊一=訳 1962/09/15 を追加しました。
  • 2011/05/25 ポルトガル語訳の抜粋を追加しました。また、「日本語訳第1行の比較」の項を新設しました。
  • 2011/05/23 スペイン語訳の抜粋とフランス語訳の抜粋を追加しました。
  • 2010/08/30 Lynn Tomlinson によるアニメーションの YouTube 動画を追加しました。また、これまで抜粋しか載せていなかった英語原文を全文掲載に改めました。
  • 2009/07/11 この詩人の名の日本語表記にばらつきがあることを考慮してブログ記事のタイトルをつぎのとおり変更しました。
    • 旧題: I heard a Fly buzz -- when I died (465) by Emily Dickinson エミリ・ディキンソン 「蠅がうなるのが聞こえた——わたしが死ぬ時」(465)
    • 新題: I heard a Fly buzz -- when I died (465) by Emily Dickinson エミリー・ディキンソン/エミリ・ディキンスン 「蠅がうなるのが聞こえた——わたしが死ぬ時」(465)
  • 2007/12/19 中林孝雄=訳 1986/05 を追加しました。また、参照の便を考慮して、記事のタイトルに T.H. Johnson 編の全詩集による作品番号「465」を追加しました。
  • 2007/10/08 記事のタイトルに、邦訳 エミリ・ディキンスン「蠅がうなるのが聞こえた——わたしが死ぬ時」を追加しました。
  • 2007/05/11 朝比奈緑=訳 1996/03 を追加しました。また、この詩人の氏名の日本語表記のゆれ」の項を新設しました。
  • 2006/11/27 谷岡清男=訳 1987/09 を追加しました。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ翻訳ブログ人気ランキング参加中

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

  

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Monday, 18 September 2006

The Love Song of J. Alfred Prufrock by T.S. Eliot T・S・エリオット 「J・アルフレッド・プルーフロックの恋歌」

        目次 Table of Contents

■はじめに Introduction
 Gallery 1  ジュリアン・ピーターズによる漫画版 Comics by Julian Peters
  Audio 1   アンソニー・ホプキンスによる朗読 Anthony Hopkins reads
  Audio 2   トム・オベドラムによる朗読 Tom O'Bedlam reads
■中国語訳(簡体字)Translation into simplified Chinese
■日本語訳 Translations into Japanese
  (J1) 岩崎 2010
  (J2) 清水 (ars_maki) 2006
  (J3) 丹波 2002
  (J4) 上田 1973
  (J5) 深瀬 1960
  (J6) 鮎川 1959
■邦題の異同 Variations of the title translated into Japanese
   Video    BBC Two Programmes - Arena, T. S. Eliot
■トルコ語訳 Translation into Turkish
■ハンガリー語訳 Translation into Hungarian
■フィンランド語訳 Translation into Finnish 
■ギリシャ語訳 Translation into Greek
■ロシア語訳 Translation into Russian
■ウクライナ語訳(部分) Translation into Ukrainian [fragment]
■ブルガリア語訳 Translation into Bulgarian
■ポーランド語訳 Translations into Polish
  (P1) Hajduk, 2011
  (P2)
 Gallery 2  オーディオブックのジャケット Audiobook covers
■ノルウェー語訳 Translation into Norwegian
■スウェーデン語訳 Translation into Swedish
■ドイツ語訳 Translation into German
■ポルトガル語訳 Translation into Portuguese
■スペイン語訳 Translation into Spanish
■フランス語訳 Translations into French
  (F1) Lipietz, 2007
  (F2)
  Audio 3   エリオット本人による朗読 T. S. Eliot reads the poem
■英語原文 The original text in English
■更新履歴 Change log


■はじめに Introduction

「J・アルフレッド・プルーフロックの恋歌」はT・S・エリオットが1910年から1911年の間に書いた詩。はじめ1915年に雑誌に掲載され、1917年に小型本のエリオットの詩集に収録された。


 Gallery 1 
ジュリアン・ピーターズによる漫画版「J・アルフレッド・プルーフロックの恋歌」
The Love Song of J. Alfred Prufrock, illustrated by Julian Peters
Prufrock_2_page_spread
全ページを閲覧するには ここ をクリック。 © Julian Peters  A 24-page comic-book adaptation by Julian Peters. Image source: julian peters comics


 Audio 1 
アンソニー・ホプキンスによる朗読 「J・アルフレッド・プルーフロックの恋歌」
Anthony Hopkins reads The Love Song of J. Alfred Prufrock

Uploaded to YouTube by gloritarendon on 23 Sep 2011


 Audio 2 
トム・オベドラムによる朗読 「J・アルフレッド・プルーフロックの恋歌」
Tom O'Bedlam reads The Love Song of J. Alfred Prufrock

Uploaded YouTube by SpokenVerse on 4 Apr 2010


■中国語訳(簡体字)Translation into simplified Chinese

那么我们走吧,你我两个人,
正当朝天空慢慢铺展着黄昏
好似病人麻醉在手术桌上;
我们走吧,穿过一些半清冷的街,
那儿休憩的场所正人声喋喋;
有夜夜不宁的下等歇夜旅店
和满地蚌壳的铺锯末的饭馆;
街连着街,好象一场讨厌的争议
带着阴险的意图
要把你引向一个重大的问题······
唉,不要问,"那是什么?"
让我们快点去作客。
[略]

   J·阿尔弗瑞德·普鲁弗洛克的情歌
   艾略特 (T.S. Eliot) 查良铮 译
   E-text at 艾略特詩選


■日本語訳 Translations into Japanese

(J1) 岩崎 2010
じゃあ行こうか、きみとぼくと、
薄暮が空に広がって
手術台の上の麻酔患者のように見えるとき。
じゃあ、行こう、半ば人通りの絶えた通りを抜けて——
安宿で落ちつかぬ夜たちが
何かを呟(つぶや)きながらひそんでいたり
おが屑(くず)まいたレストランには牡蠣殻(かきがら)が散らばっていたり。
確たる当てもない
退屈な議論のように続く通りをたどって行くと
とてつもない大問題にぶち当たるのだ……
訊(き)かないでくれ、「なんのことだ」なんて。
さあ行こう、訪問しよう。
[以下略]

   「J・アルフレッド・プルーフロックの恋歌」
   『プルーフロックその他の観察』より
   T・S・エリオット=作 岩崎宗治(いわさき・そうじ)=訳
   『荒地』 岩波文庫 2010/08/19 所収


(J2) 清水 (ars_maki) 2006
それでは行こうか、きみとぼく、
手術台でエーテル麻酔をかけられた患者のように
夕方が空に伸び広がっている頃に、
行こうじゃないか、ほとんど人気のない街路を通り
落ちつかぬ夜毎、夜毎に
一晩泊まりの安宿、奥まったところに引っ込んでは呟く
牡蠣と大鋸屑の散らばったレストランのある街路を通って---
途方もない問いへと誘う
油断できぬ目論見を持って
退屈な議論のように続く街路
「それは何?」などと訊かないでおくれ、
さぁ一緒に訪問しよう。
[以下略]

   「アルフレッド・プルーフロックの恋歌」
   T・S・エリオット=作 清水眞理子(ars_maki)=訳
   プロジェクト杉田玄白 協賛テキスト 公開: 2006/03/29
   E-text at "List of Lewis Carroll Related and Associated Works"
   ウェブサイト Workshop Alice


(J3) 丹波 2002
さあ行こう、君と僕、
手術台の上の麻酔をかけられた患者のように
夕暮れが空に広がるとき、
さあ行こう、人通りがまばらになった通りや、
寝もやらずささやく声がもれる裏通りを通って、
そこには一晩泊まりの安宿や
おが屑とかき殻が散らばった食堂が並ぶ。
通りはずるがしこい意図をもった
だらだらした議論のように続き
君をどえらい問題にまき込もうとする……
おお、きいてくれるな「それは何だ」と。
さあ出かけて訪問しよう。
[以下略]

   「J・アルフレッド・プルーフロックの恋歌」
   T・S・エリオット=作 丹波菊井(たんば・きくい)=訳
   『T・S・エリオットの詩と文学
   近代文芸社 2002/02 所収


(J4) 上田 1973
さあ、いっしょに出かけよう、君と僕と、
手術台で麻酔(ますい)にかけられた患者のように
夕暮が空いちめんに広がるとき、
人通りのまばらな街をとおって、いっしょに出かけよう、
ひと晩どまりの安ホテルに流れこんで、
眠られぬ夜にもらすささやきや、
カキ殻のちらばったオガ屑の料理屋。
悪意にみちた
ながい議論のようにつづいて
逃げばのない疑問にひきずりこむ街……
おお、「それはなんだ」なんて、きかないでくれ。
いっしょに出かけて訪問しよう。
[以下略]

   「アルフレッド・プルーフロックの恋歌」
   T・S・エリオット=作 上田保(うえだ・たもつ)=訳
   『世界の詩集15 エリオット詩集
   角川書店 1973/02 所収


(J5) 深瀬 1960
それでは行ってみようか、君も僕も、
手術台(テーブル)のうえに乗せられて麻酔をかけられた患者のように
夕暮が空いっぱいに這いのびているころ。
行ってみようじァないか、うち捨てられたひとげのない街々をとおり
人通りのまばらな街をとおって、いっしょに出かけよう、
落ちつかぬ夜毎々々、つぶやき声の洩れてくる
ひとばん泊りの安宿の奥まった隠れ場所や、
牡蠣殻とおが屑のちらばった飲み屋のある街々、
何か途方もない難問へ捲き込もうとする
くどくどしい議論のように
(どこまで続くのか)はてしのない街々を通りぬけ……
「それは何だって?」なんて訊かないでくれたまえ、
さあ訪問としようじァないか。
[以下略]

   「アルフレッド・プルーフロックの恋歌」
   T・S・エリオット=作 深瀬基寛(ふかせ・もとひろ)=訳
   『エリオット全集1』 中央公論社 1960/07 所収


(J6) 鮎川 1959
さあ行こう、君と僕と、
夕暮が空いちめん、手術台で
エーテルを嗅がされた患者のようにのびひろがるとき、
なかばさびれた街をとおってゆこう、
眠られぬ夜々の囁きは
一泊どまりの安ホテルや
カキ殻のちらばったおが屑のレストランにしけこむ、
退屈な議論のようにつづく街は
ずるい意図をもって
耐えられぬ疑問へと君をみちびく……
おお、「そいつは何だ」なんて訊かないでくれ、
行って、僕の訪問をしよう。
[以下略]

   「J・アルフレッド・プルフロックの恋歌」
   T・S・エリオット=作 鮎川信夫=訳
   『エリオット選集4』 彌生書房 1959/10 所収


■邦題の異同 Variations of the title translated into Japanese

   「J・アルフレッド・プルーフロックの恋歌」……岩崎 2010
   「J・アルフレッド・プルーフロックの恋歌」……丹波 2002
   「J・アルフレッド・プルーフロックの恋歌」 ……清水(ars_maki ) 2006
                               (リストのページ
   「J・アルフレッド・プルフロックの恋歌」………鮎川 1959
   「アルフレッド・プルーフロックの恋歌」………清水(ars_maki ) 2006
   「アルフレッド・プルーフロックの恋歌」………上田 1973
   「アルフレッド・プルーフロックの恋歌」………深瀬 1960


  Video  
BBC Two Programmes - Arena, T. S. Eliot Part 1

Uploaded YouTube by gymnopedija on 12 Dec 2009. A biography/documentary on T.S. Eliot.


■トルコ語訳 Translation into Turskish

Gidelim öyleyse, sen ve ben,
Akşam gökyüzüne baştanbaşa yayılınca
Bir masa üstünde eterlenmiş hasta gibi;
Gidelim, belirli yarı-terkedilmiş sokaklardan
Mırıltılı yalnızlıklarına
Bir gecelik ucuz otellerdeki tedirgin akşamların
Ve bıçkı tozu serpilmiş, istiridye kabuklu lokantaların:
Sokaklar ki sinsi amaçların yarattığı
Sıkıcı bir tartışma gibi arkadan gelir
Götürmek için ezici bir soruya sizi…
Ah, sorma 'o nedir?' diye
Gidelim haydi ziyarete.
[Omission]

   J. Alfred Prufrock'un Aşk Şarkısı by T. S. Eliot
   Translated by Osman Türkay
   E-text at Şiir Ana Sayfa


■ハンガリー語訳 Translation into Hungarian

Induljunk el, te meg én,
Ha már kiterült az éj a város egén,
Mint az elkábított beteg a műtőn;
Menjünk a félüres utcákon át,
Hol olcsó szállodák
Barlangjába hív a kalandos éj,
Kocsmák fűrészporán osztrigahéj:
Az utcák: összekapcsolódó szürke érvek,
Rejtett céllal kísérnek.
S a nyomasztó kérdés felé vezetnek...
Feleletet rá ne keressél.
Menjünk, mert kezdődik az estély.
[Omission]

   J. Alfred Prufrock szerelmes éneke by T. S. Eliot
   Translated by Kálnoky László
   E-text at:
   * Babel Web Anthology
   * Azt mondja a Rapai...


■フィンランド語訳 Translation into Finnish

Siis, sinä ja minä, lähdetään,
kun ilta on taivasta vasten levällään
kuin eetterin tainnuttama potilas;
kautta tiettyjen katujen, puolityhjien,
mumisevien lymypaikkojen,
yhden levottoman yön halpojen hotelleiden
ja sahanpuruisten osterikellareiden:
katujen kuin uuvuttavan todistelun
kavalasti tarkoitetun
johdattamaan sinut musertavaan kysymykseen…
Ah, älä kysy: “Mihin?” Lähdetään
vieraskäyntimme tekemään.
[Omission]

   J. Alfred Prufrockin lemmenlaulun by T. S. Eliot
   Excerpt at Kirjasieppo


■ギリシャ語訳 Translation into Greek

Ἂς πᾶµε λοιπόν, ἐσὺ κι ἐγώ,
ὅταν τὸ ἀπόβραδο σκορπίζεται στὸν οὐρανὸ
σὰ ναρκωµένος ἀσθενὴς ἐπάνω σὲ µιὰ κλίνη·
Ἂς πᾶµε, µέσα ἀπὸ µερικὲς µισοέρηµες ὁδούς,
συµβιβασµοὺς µουρµουρητοὺς
ἀνήσυχων νυχτῶν σὲ µιᾶς βραδιᾶς φτηνὰ ξενοδοχεῖα,
σὲ ἑστιατόρια µὲ πριονίδια µὲ ὀστρακοειδὴ γιὰ συνοδεία:
∆ρόµοι ἀτελείωτοι, σὰ µιὰ συζήτηση ἀνιαρὴ
ποὺ ἔχει πρόθεση ὕπουλη
νὰ σὲ ὁδηγήσει σὲ µία πνιγερὴ ἐρώτηση…
Ἄ, µὴ ρωτᾶς «ποιά εἶναι αὐτή;»
Ἂς τελειώνουµε µὲ τὴν ἐπίσκεψη.

[Omission]

   Τὸ Ἐρωτικό Τραγούδι τοῦ Τζέι Ἄλφρεντ Προύφροκ
   E-text at το φ.


■ロシア語訳 Translation into Russian

Давайте выйдем вместе - вы и я -
Когда усталая вечерняя заря,
Как под наркозом - пациент, распята в небе.
Мы выйдем вместе (ночью улица пуста),
Заглянем в те места,
Где грязный стол, бессонная постель, -
В грошовый ресторан или в отель.
А улицы запутаны, как спор,
Который приведет в упор
К неразрешимо-трудному вопросу...

[Omission]

   Томас Стернз Элиот - Любовная песня Альфреда Пруфрока
   E-text at Век Джойса - Книги онлайн


■ウクライナ語訳(部分) Translation into Ukrainian [fragment]

Отож, ходім, удвох ходім
В час, коли вечір простягнувсь під небом цим блідим,
Як хворий на столі хірурга під наркозом

[Omission]

   Томас Стернз Еліот - Пісня кохання Альфреда Дж. Пруфрока
   Excerpt at Пісня кохання Альфреда Дж. Пруфрока [PDF]


■ブルガリア語訳 Translation into Bulgarian

Да вървим тогава ти и аз,
на небето се е проснал вечерният час
като пациент, упоен за операция;
да вървим по пусти улици, свърталища,
мърморещи сиропиталища
след безсънни нощи в еднонощните хотели-дупки,
в ресторантите, постлани със талаш и мидени черупки;
улици, които следват като уморено прение
с неопределено намерение
за да те докарат до един неудържим въпрос…
О, недей ме пита: „Кой е той?“
Да вървим със теб на посещение.

[Omission]

   Томас Стърнс Елиът - Любовната песен на Дж. Алфред Пруфрок
   E-text at Моята библиотека (chitanka.info)


■ポーランド語訳 Translations into Polish

(P1) Hajduk, 2011
Zatem pójdźmy,  ja i ty,
Gdy wieczór rozpostarty na niebie,
Jak pacjent na stole uśpiony eterem;
Pójdźmy przez niemal bezludne ulice,
Tam szepczące zacisze
Bezsennych nocy w tanich hotelach
I knajpach pełnych trocin, muszli po ostrygach:
Ulice ciągnące się jak żmudny racja
Z podstępnym zamiarem
By doprowadzić do przybijającego pytania…
O, nie pytaj, „Co to jest?”
Pójdźmy i złóżmy wizytę.
[Omission]

   Miłosna pieśń J. Alfreda Prufocka by T. S. Eliot
   Translated by Paweł Hajduk
   E-text at Liternet.pl


(P2)
Chodźmy zatem, ty i ja,
Kiedy wieczór na niebie rozpostarty trwa
Niczym pacjent odurzony na operacyjnym stole.
Chodźmy zatem,  przez wpół opuszczone ulice,
Odwarkujące odwroty
Niespokojne noce w hotelach na godziny
Strociniałe restauracje z muszlami ostrygi:
Ulice, które postępują za posępną dyskusją
W podstępnej intencji
Aż doprowadzą cię do przejmującego pytania…
Och, nie pytaj "Do jakiego?"
Chodźmy z wizytą, kolego.
[Omission]

   Pieśń miłosna Alfreda Prufrocka by T. S. Eliot
   E-text at warsztat


 Gallery 2 
オーディオブックのジャケット Audiobook covers

↓ クリックして拡大 Click to enlarge ↓
a. The_voice_of_the_poet_ts_eliot_7 b. Ts_eliot_reads_the_wasteland_2

■ノルウェー語訳 Translation into Norwegian

Så la oss gå, du og jeg,
mens kvelden ligger utstrakt over himlen
som en bedøvet pasient på legens bord.
La oss gå i mumlende, halvt øde streder,
tilfluktsteder
for hvileløse netter i et snusket hotell
og bargulv strødd med sagmugg og østersskjell:
gater, gjentatt lik et kjedsomt argument
som lumskt og konsekvent
leder deg mot et uløselig spørsmål...
Å, spør ikke: "hva gjelder det?" Vi går
og gjør visitten vår. 
[Omission]

   J. Alfred Prufrocks kjærlighetssang by T. S. Eliot
   Excerpt at Bokklubben


■スウェーデン語訳 Translation into Swedish

Så låt oss vandra, du och jag,
nu, när aftonen mot horisontens rest av dag
ligger sövd som sjuklingen på läkarbordet,
Låt oss följa nästan tomma gatustråk,
reträtter för det stilla bråk
som förs på skumma natthotell, av kunder efter tolv,
och ostronkällare med sågspånsgolv:
Gator så efterhängsna som en dum konversation,
lömsk i sin underton,
som leder till samma överväldigande fråga...
O fråga inte vad det är.
Vi gör visit hos någon jag har kär.
[Omission]

   J. Alfred Prufrocks kärlekssång by T. S. Eliot
   Translated by Gunnar Ekelöf
   Skrifter. 5, Valfrändskaper och andra översättningar
   Albert Bonniers Förlag, 1992
   Snippet view at Google Books


■ドイツ語訳 Translation into German

Laß uns nun gehen, Du und ich,
Wenn der Abend gegen den Himmel ausgebreitet ist
Wie ein Patient ätherisiert auf einem Tisch;
Laß uns gehen, durch gewisse halb-verlassene Straßen,
Die murmelnden Zufluchtsorte der
Rastlosen Nächte in billigen Absteigen
Und Sägemehlgestreuten Restaurants mit Austernschalen:
Straßen, die wie ein ermüdendes Gespräch
Mit heimtückischer Absicht verlaufen,
Um dich zu einer überwältigenden Frage zu führen...
Oh frag' nicht, "Was ist es?"
Laß uns gehen und unseren Besuch machen.
[Omission]

   Das Liebeslied des J. Alfred Prufrock by T. S. Eliot
   Translated by Andrea K. Heil 
   E-text at KCs Homepage


■ポルトガル語訳 Translation into Portuguese

Vamos, então, você e eu,
Quando a noite se esparrama contra o céu
Como um paciente anestesiado sobre a mesa;
Vamos por estas ruas quase solitárias,
Por refúgios sussurrantes
De noites de insónia no reles hotel diário
Vendo conchas dispersas nos sujos restaurantes:
Ruas que seguem como um tedioso argumento
De insidioso intento
Para levá-lo a uma questão crucial...
Oh, não pergunte, "Que é que há?"
Vamos fazer nossa visita já.
[Omission]

   A Canção de Amor de J. Alfred Prufrock by T. S. Eliot
   Translated by Lawrence Flores Pereira
   Poesia em tempo de prosa by T. S. Eliot,  Charles Baudelaire
   Editora Iluminuras Ltda, 1996
   Preview at Google Books


■スペイン語訳 Translation into Spanish

Vamos entonces, tú y yo,
cuando el atardecer se extiende contra el cielo
como un paciente anestesiado sobre una mesa;
vamos, por ciertas calles medio abandonadas,
los mascullantes retiros
de noches inquietas en baratos hoteles de una noche
y restaurantes con serrín y conchas de ostras:
calles que siguen como una aburrida discusión
con intención insidiosa
de llevarnos a una pregunta abrumadora…
Ah, no preguntes "¿Qué es eso?"
Vamos a hacer nuestra visita.
[Omission]

   La Canción de Amor de J. Alfred Prufrock by T. S. Eliot
   Translated by José María Valverde
   E-text at 1:1 Photo Magazine | 11


■フランス語訳 Translations into French

(F1) Lipietz, 2007
Alors allons-y, toi et moi,
Quand le soir est contre le ciel écartelé
Comme un patient sur une table, anesthésié ;
Allons-y, par certaines rues semi désertes,
Ces murmurantes retraites
Des nuits sans repos dans les auberges tristes,
Et des restaurants à la sciure avec des coquilles d’huîtres :
Rues poursuivant comme une oiseuse discussion
Avec l’insidieuse intention
De te conduire vers une écrasante question…
Oh, ne demande pas, « Laquelle ? »
Allons-y, à notre cocktail.
[Omission]

   La Chanson de J. Alfred Prufrock, le mal-aimé by T.S. Eliot
   Translated by Alain Lipietz
   E-text at Traduire Prufrock selon Eco  [PDF]


(F2)
Allons-nous en donc, toi et moi,
Lorsque le soir est étendu contre le ciel
Comme un patient anesthésié sur une table:
Allons par telles rues que je sais, mi-désertes
Chuchotantes retraites
Pour les nuits sans sommeil dans les hôtels de passe
Et les bistrots à coquilles d’huîtres, jonchés de sciure:
Ces rues qui poursuivent, dirait-on, quelque dispute interminable
Avec l’insidieux propos
De te mener vers une question bouleversante…
Oh! ne demande pas: « Laquelle? »
Allons plutôt faire notre visite.
[Omission]

   La Chanson d’amour de J. Alfred Prufrock by T.S. Eliot
   E-text at Beauty will save the world
   Excerpt at Lune-Soleil: Comment comment sait ?


 Audio 3 
T・S・エリオット本人による朗読 「J・アルフレッド・プルーフロックの恋歌」
T. S. Eliot reads The Love Song of J. Alfred Prufrock

Uploaded YouTube by tim24frames on 7 Dec 2011


■英語原文 The original text in English

Let us go then, you and I,
When the evening is spread out against the sky
Like a patient etherised upon a table;
Let us go, through certain half-deserted streets,
The muttering retreats
Of restless nights in one-night cheap hotels
And sawdust restaurants with oyster-shells:
Streets that follow like a tedious argument
Of insidious intent
To lead you to an overwhelming question …
Oh, do not ask, "What is it?"
Let us go and make our visit.
[Omission]

   The Love Song of J. Alfred Prufrock (1917) by T.S. Eliot
   E-text of the entire poem can be found at many websites such as:


■更新履歴 Change log

  • 2016/11/09 ジュリアン・ピーターズによる漫画版の画像を追加しました。
  • 2014/11/09 ギリシャ語訳を追加しました。
  • 2013/08/08 ウクライナ語訳(部分)とブルガリア語訳を追加しました。
  • 2013/07/27 目次を新設しました。
  • 2012/08/29 トルコ語訳、ハンガリー語訳、2種類のポーランド語訳、フィンランド語訳、ノルウェー語訳、スウェーデン語訳、ドイツ語訳、ポルトガル訳、およびアンソニー・ホプキンスによる朗読の YouTube 画面を追加しました。
  • 2011/12/30 清水眞理子(ars_maki)=訳 2006/03/29 の書誌情報を修正・補足しました。また、ロシア語訳、およびスペイン語訳を追加しました。
  • 2011/11/17 ars_maki 公開年未確認を追加しました。
  • 2010/10/08 岩崎宗治=訳 2010/08/19 と Alain Lipietz によるフランス語訳 2007 を追加しました。また、BBC Two Programmes - Arena, T. S. Eliot の YouTube 動画も追加しました。
  • 2010/05/10 朗読の YouTube 動画をもう一種類追加しました。また、オーディオブックのジャケットの画像も追加しました。
  • 2010/01/20 フランス語電子テキストサイトへのリンクがリンク切れになっていたのを修正しました。また、T・S・エリオットによる朗読の YouTube 動画を追加しました。
  • 2009/07/09 「邦題の異同」の項を新設しました。また、ブログ記事のタイトルに邦題を追加して、つぎのとおり変更しました。

    • 旧題:The Love Song of J. Alfred Prufrock by T.S. Eliot
    • 新題:The Love Song of J. Alfred Prufrock by T.S. Eliot
          T・S・エリオット「J・アルフレッド・プルーフロックの恋歌」

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ84595840v1308102456

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■DVD

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

  

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

| | Comments (5) | TrackBack (0)

Sunday, 17 September 2006

Annie Hall written by Woody Allen and Marshall Brickman 『アニー・ホール』 脚本:ウッディ・アレン+マーシャル・ブリックマン

 Video 
『アニー・ホール』 Annie Hall - Part 3

下に引用する台詞は4分14秒ごろに現われます。
The lines quoted below appear around 4:14.


■日本語字幕と英語の脚本
 Subtitles in Japanese and the original script in English

Alvy Singer played by Woody Allen, Rob played by Tony Roberts.
配役はアルヴィ役がウディ・アレン、ロブ役がトニー・ロバーツ。

  (アルヴィ)
それより国がニューヨークを
救済しないのは反ユダヤ主義だ
    ALVY
Right, right, so g-get back to what we
were discussing, the failure of the
country to get behind New York City is-is
anti-Semitism.
 
        (ロブ)
      心配してるよ
          ROB
      Max, the city is terribly worried.
  
  (アルヴィ)
割礼否定の精神が面白くない
    ALVY
But the- I'm not discussing politics or
economics.  This is foreskin.
  
        (ロブ)
      気にくわんヤツは皆
      アンチ・ユダヤにする
          ROB
      No, no, no, Max, that's a very convenient
      out.  Every time some group disagrees with
      you it's because of anti-Semitism.
  
  (アルヴィ)
国中が ここをアカとユダヤと
ゲイとポルノの町と見てる
    ALVY
Don't you see?  The rest of the country looks
upon New York like we're-we're left-wing
Communist, Jewish, homosexual, pornographers. 

僕でもそう思う時が
I think of us that way, sometimes, and I-I
live here.
  
        (ロブ)
      カリフォルニアなら
      毎日 太陽の下で遊べる
          ROB
      Max, if we lived in California, we could
      play outdoors every day, in the sun. 
 
  (アルヴィ)
ダメ 親がいいと言う物は悪い
太陽に牛乳に赤身肉に大学
    ALVY
Sun is bad for yuh.  Everything our parents
said was good is bad.  Sun, milk, red meat,
college ...


■赤身肉がニンジンに化ける?(tomoki y. によるコメント)

むかし——たぶん今から10年以上まえ——日本の民放テレビのチャンネルで、この映画の吹替版を観たとき、一つ感心したことがあって、いまも忘れません。

上の最後のセリフ "Sun, milk, red meat, college ..." について。字幕版では、すなおに直訳っぽく「太陽に牛乳に赤身肉に大学」とあります。ところが、吹替版では、たしか「太陽に牛乳にニンジンに大学」みたいな訳だったのです。細部は忘れました。しかし、原文にはない「ニンジン」が出てきたことだけは、はっきり覚えています。わかりやすい意訳に感心しました。そして笑いました。

『アニー・ホール』は、あらゆる映画のなかで、吾輩が最も好きな作品の1つです。たぶんマイ・パーソナル・ベストの5位以内に入るほどの、お気に入り。わざわざ買って所有している数少ないVHSテープのうちの1本でもあります。ずっとまえ米国で買ったものなので、いまどきの日本で売っているDVDとはちがって、字幕は英語のも日本語のもついていません。
 
上のDVD字幕の翻訳者はどなただか知りません。よく見回したわけではありませんが、表示されていないかもしれません。いっぽう原文にはない「ニンジン」を登場させた吹替版の翻訳者のお名前については、どうやって確かめたらいいのかも分かりません。翻訳って、目立たない地味な仕事だけど、おもしろそうだな、と思いました。
 
なお、"This is foreskin." というアルヴィのセリフを、吹替版がどう訳していたかは覚えていません。どうがんばって訳しても、こういうのを限られた秒数の範囲内でふつうの日本人にわかるように訳すのは、ほとんど不可能だろうな、とも思いました。じつは吾輩自身も、ユダヤ系の人々の文化を、そんなに理解しているわけではないのですが。


 Photo 
スチル写真 A still image
Annie4_408
Image source: gamesforum.it


■日本語字幕の出典 Source of the subtitles in Japanese

DVD『アニー・ホール』GXBA-16026の画面を見ながら、tomoki y. が書き写しました。カッコ( )内の役名「アルヴィ」と「ロブ」は tomoki y. が補いました。Amazon.co.jp で『アニー・ホール』のDVDを検索すると、2004/2/20 発売のもの(ASIN: B000185DB2)と、2002/2/22 発売のもの(ASIN: B00005V2ZC)の2種類が出ているようです。Amazon.co.jp の紹介によれば、2つのDVDはおなじ内容のように見えますが、異同の詳細は未確認。


■英語脚本の出典 Source of the original script in English


 Gallery 1 
映画のポスターとDVDのジャケット Film posters and DVD covers

ja Ja_anii_hooru_annie_hall he He_ el El_

cs Cs_annie_hallova de De_der_stadtneurotikerposter it It_io_e_annie

pt Pt_noivoneuroticonoivanervosa en En_annie_hall_dvd


 Gallery 2 
映画のポスターとDVDのジャケット Film posters and DVD covers

zh Zh_trad_hk_  ru Ru_annie_hall_  da Da_mig_og_annie

es Dosextraosamantesimg7080


■「アニー・ホール」について General info on Annie Hall


■更新履歴 Change log

  • 2014-12-02 ロシア語版の画像を追加しました。
  • 2012-12-28 Image Gallery を新設しました。
  • 2009-08-17 映画『アニー・ホール』の YouTube 動画を追加しました。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ84595840v1308102456

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■DVD

■洋書 Books in non-Japanese languages

■CD

■和書 Books in Japanese

  

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Friday, 15 September 2006

Sonnet 18 by William Shakespeare シェイクスピア 「ソネット18」

        目次 Table of Contents

 Video 1  Pearls of Wisdom による朗読 Pearls of Wisdom presents Sonnet 18
 Video 2  D・テナントによる朗読 David Tennant reads Shakespeare Sonnets
 Video 3  ある若い女性による朗読 A young woman reads Sonnet 18
■中国語訳(簡体字)Translations into simplified Chinese
  (C1) 魏纯明 2009
  (C2) 顾留安 2005
  (C3) 韵 2004
  (C4) 朱生豪 1999
  (C5) 梁宗岱 1981
■中國語譯(繁體字)Translations into traditional Chinese
  (TW1) 林文淇
  (TW2) 陳黎/張芬齡
  (TW3) 梁宗岱
 Images  朗読のCDやMP3ファイル Audiobooks on CD, MP3
■日本語訳 Translations into Japanese
  (J1) 福田 2014
  (J2) 岩崎 2013
  (J3) 吉田(秀) 2008
  (J4) 大塚 2006
  (J5) 戸所 2003
  (J6) 出口 2002
  (J7) 松浦 2000
  (J8) 林 2000
  (J9) 小田島 1994, 2007
  (J10) 関口 1992
  (J11) 田中 1989
  (J12) 高松 1986
  (J13) 中西 1976
  (J14) 田村+坂本+六反田+田淵 1975
  (J15) 西脇 1972, 1976, etc.
  (J16) 吉田(健) 1969
  (J17) 竹友 1951, 1982
  (J18) 坪内 1928, 1934
■インドネシア語訳 Translation into Indonesian
■トルコ語訳 Translation into Turkish
■ハンガリー語訳 Translation into Hungarian
 Video 4 ヴィーナス』 (2006) ピーター・オトゥールによる朗読
  Venus (2006), in which Peter O'Toole recites Sonnet 18
 Video 5  デヴィッド・ギルモアによる歌 David Gilmour sings Sonnet 18
■ギリシャ語訳 Translation into Greek
■ロシア語訳 Translations into Russian
  (R1) Фрадкина
  (R2) Микушевича
  (R3) Бера
  (R4) Чайковского
  (R5) Гербеля
  (R6) Турухтанова
  (R7) Бадыгова
  (R8) Ильина
  (R9) Кузнецова
  (R10) Степанов
  (R11) Финкеля
  (R12) Маршака, 1948
■ウクライナ語訳 Translation into Ukranian
■ブルガリア語訳 Translation into Bulgarian
■ポーランド語訳 Translation into Polish
■チェコ語訳 Translation into Czech
■デンマーク語訳 Translation into Danish
■ドイツ語訳 Translations into German
  (D1) 2003
  (D2) 1997
  (D3) Huch, 1921
  (D4) Gundolf, 1899
  (D5) Friesen, 1869
  (D6) Bodenstedt, 1862
  (D7) More German translations
■オランダ語訳 Translations into Dutch
■ルーマニア語訳 Translation into Romanian
■イタリア語訳 Translation into Italian
■ポルトガル語訳 Translation into Portuguese
■カタルーニャ語訳(カタロニア語訳) Translation into Catalan
■スペイン語訳 Translation into Spanish
■フランス語訳 Translation into French
 Audio 1  朗読: トム・ヒドルストン Read by Tom Hiddleston
 Audio 2  朗読: アル・パチーノ Read by Al Pacino
 Audio 3  朗読: クリス・ヒューズ Read by Chris Hughes
 Audio 4  朗読: トム・オベドラム Read by Tom O'Bedlam
 Audio 5  朗読: ジョン・グリーン Read by John Green
 Audio 6  朗読: ロイ・マクレディ Read by Roy Macready
 Audio 7  朗読: ジョン・ギールグッド Read by John Gielgud
■英語原詩(全文) The complete original text in English
■更新履歴 Change log


 Video 1  Pearls of Wisdom による朗読 Sonnet 18 presented by Pearls of Wisdom

Published on Jan 25, 2012 by PearlsofWisdom


 Video 2 
デイヴィッド・テナントによる朗読
David Tennant reads Shakespeare Sonnets

ソネット18番の朗読は 4:03 から。 Uploaded to YouTube by Tiddybeth on 22 Mar 2009. Reading of Sonnet 18 starts at 4:03.


 Video 3 
ある若い女性が朗読するソネット18番(tatze1986さんがアップロードしたもの)
Sonnet 18 read by a young woman (uploaded by tatze1986)

Uploaded to YouTube by tatze1986 on 15 Sep 2006


■中国語訳(簡体字)Translations into simplified Chinese

(C1) 魏纯明 2009
我怎么能够把你来比作夏天?
你不但比它可爱也比它温婉:
狂风把五月宠爱的嫩蕊作践,
夏天出赁的期限又未免太短。

   十四行诗第十八首
   [英]莎士比亚 魏纯明 译 2009-03-12
   E-text at 文学现场 » 诗歌 » 重译莎士比亚十四行诗三首


(C2) 顾留安 2005
我能把你比诸一个温和的夏日吗?
可是你更加可爱迷人;
狂风定会摧残美妙柔嫩的花蕾,
夏季应允的承诺总是太短的时辰。
(……)

   莎士比亚十四行诗第十八首 顾留安 (GONEWITHWIND) 译
   E-text at 紅袖添香 (www.hongxiu.com)


(C3) 韵 2004
我能否把你比作夏天?
而你更加可爱,更加温婉。
狂风将五月宠爱的嫩蕊摧残,
而夏季的时光却如此短暂。
(……)

   《你的长夏永不凋落》
   莎士比亚十四行诗第十八首(翻译:韵)
   E-text at 张信哲┊哲迷茅草屋 (jeffbbs.com)


(C4) 朱生豪 1999
我怎么能将你比作是夏天?
你不但比它可爱也比它温婉。
狂风将五月宠爱的嫩蕊糟践,
夏天出赁的租期又未免太短:
(……)

   莎士比亚 十四行诗 一八
   朱生豪 译 《莎士比亚全集(下卷)》(全三册)
   北京:大众文艺出版社 1999/05/01


(C5) 梁宗岱 1981
我怎么能够把你来比作夏天?
你不独比它可爱也比它温婉:
狂风把五月宠爱的嫩蕊作践,
夏天出赁的期限又未免太短:
(……)

   莎士比亚十四行诗 一八 梁宗岱译
   E-text at 爱の永恒 (blog.hjenglish.com)


■中國語譯(繁體字)Translations into traditional Chinese

(TW1) 林文淇
夏日怎能與妳譬喩比擬
妳的可愛溫和夏日難及
五月花蕾惡風吹襲落地
夏日租約倏忽轉瞬到期
(……)

   莎士比亞 翻譯:林文淇
   十四行詩第十八首
   E-text at 國立中央大學英文系
   The English Department, National Central University, Taiwan


(TW2) 陳黎/張芬齡
我該把你比擬做夏天嗎?
你比夏天更可愛,更温婉:
狂風會把五月的嬌蕊吹落,
夏天出租的期限又太短暫:
(……)

   陳黎/張芬齡翻譯
   英語情詩名作選 莎士比亞十四行詩第18首
   中國時報 人間珈琲館 2002-10-18
   E-text at home.kimo.com.tw


(TW3) 梁宗岱
我怎麼能夠把你來比作夏天?
你不獨比它可愛也比它温婉:
狂風把五月寵愛的嫩蕊作踐,
夏天出賃的期限又未免太短:
(……)

   莎士比亞 十四行詩 一八 梁宗岱 譯
   E-text at 龍騰世紀


 Images 
朗読のCDやMP3ファイル Audiobooks on CD, MP3

↓ クリックして拡大 Click to enlarge ↓

ru Ru_2006_ardis de De_2006_die_sonette e1 2005_highbridge_classics

e2 2005_classical_communications e3 1998_cambridge_university_press e4 1997_naxos_audio_books

[ru] ロシア語
Sonety. Sonnets (audiobook in Russian Mp3)
著者: Shakespeare William 
Audio CD
出版社:Ardis
発売日:2006
ISBN-10 : B0024216IC
ISBN-13 :
More details are here


[de] ドイツ語
Die Sonette - The Sonnets. 2 CDs
著者: William Shakespeare 
CD
出版社:Hoffmann U.Campe /Audios
発売日:2006-11
ISBN-10 : 3455304826
ISBN-13 : 9783455304824


[e1] 英語
Shakespeare's Sonnets (Highbridge Classics)
著者: William Shakespeare 
CD
出版社:Highbridge Audio
発売日:2005-10-20
ISBN-10 : 1598870076
ISBN-13 : 9781598870077


[e2] 英語
Sonnets by William Shakespeare
著者: William Shakespeare 
CD
出版社:Classical Communications Ltd
発売日:2005-02-14
ISBN-10 : 1904883109
ISBN-13 : 9781904883104


[e3] 英語
The Sonnets 3 Audio CD Set (New Cambridge Shakespeare Audio)
著者: William Shakespeare Naxos AudioBooks 
CD
出版社:Cambridge University Press
発売日:1998-02-26
ISBN-10 : 0521625386
ISBN-13 : 9780521625388
Publisher's page for this CD set


[e4] 英語
The Sonnets (Classic poetry)
著者:
CD
出版社:Naxos Audio Books
発売日:1997-11
ISBN-10 : 9626341459
ISBN-13 : 9789626341452


■日本語訳 Translations into Japanese

(J1) 福田 2014
きみをくらべようか夏の日に?
きれいでおだやかきみのほう、
強風が五月芽(さつきめ)揺すり
夏の期限はまたたく間、
(……)

   ウィリアム・シェイクスピア=作 福田昇八(ふくだ・しょうはち)=訳
   「きみをくらべようか夏の日に」
   福田昇八=著 『英詩のこころ』 岩波ジュニア新書 2014/01/21


(J2) 岩崎 2013
きみの美しさを喩(たと)えるとしたら、たとえば夏の日。
いや、きみのほうが、もっともっと美しく、麗(うら)らかだ。
五月の風はときに荒々しく花の蕾(つぼみ)を揺さぶるし、
夏の返済期限はあまりにも早く来すぎる。
(……)

   ウィリアム・シェイクスピア=作 岩崎宗治(いわさき・そうじ)=訳
   『ソネット集』より「18」
   岩崎宗治=編訳 『英国ルネサンス恋愛ソネット集
   岩波文庫 2013/09/18 所収


(J3) 吉田(秀) 2008
あなたを夏の一日に譬(たと)えようか。
あなたはより美しく、より穏やかだ。
強風が五月の愛らしい蕾(つぼみ)をふるい落とし
夏の季節はあまりにも短すぎる。
(……)

   シェイクスピア=作 吉田秀生(よしだ・ひでお)=訳 「十八」
   『シェイクスピアのソネット集
   南雲堂 2008/02/25 所収


(J4) 大塚 2006
君を夏の一日にたとえようか。
君はより美しく、より穏やかである。
荒い風が五月のいとし子の蕾を振り落とし、
夏の借用期間は、その期限があまりにも短い。
(……)

   シェイクスピア=作
   大塚定徳(おおつか・さだのり)+村里好俊(むらさと・よしとし)=訳
   「第一八番」
   『イギリス・ルネサンス恋愛詩集
   大阪教育図書 2006/05/30 所収


(J5) 戸所 2003
君を夏の日にたとえようか。
いや、君の方がずっと美しく、おだやかだ。
荒々しい風は五月のいじらしい蕾(つぼみ)をいじめるし、
なによりも夏はあまりにあっけなく去っていく。
(……)

   シェイクスピア=作 戸所宏之(とどころ・ひろゆき)=訳 「no.18」
   戸所宏之=著 『はじめてのシェイクスピア―英文学の最高峰を楽しむ
   PHPエディターズグループ=発行 PHP研究所=発売 2003/06/11 所収


(J6) 出口 2002
わたしはあなたを 夏の日にくらべようか
あなたはもっと 愛らしく 穏やかだ。
激しい風が 五月の若い蕾(つぼみ)をゆり動かし、
夏の期間は あまりにも短く過ぎ去ってしまう。
(……)

   ウィリアム・シェイクスピア=作 出口保夫=訳
   「わたしはあなたを 夏の日にくらべようか」
   出口保夫+齊藤貴子=訳 『音読・暗唱 愛と夢の英詩集
   講談社+α文庫 2002/05 所収


(J7) 松浦 2000
きみの麗(うるわ)しさを 夏の日にたとえようか
いや、きみは はるかに美しく たおやかだ。
五月の愛らしいつぼみも、嵐の風にゆれ、
夏の日の あまりにもはやく 昏(く)れることもある。
(……)

   ウィリアム・シェイクスピア=作
   松浦暢(まつうら・とおる)=訳 「きみの麗しさ」
   松浦暢=編訳 『英詩の歓び—青春、そして夢と追憶
   平凡社ライブラリー 2000/10 所収


(J8) 林 2000
そなたをものに喩ふれば夏の一日(ひとひ)といふべきや
 そのらうたさもやさしさも比ぶべきにはあらざれど
をりをり荒き風吹きて五月(さつき)の薔薇をゆすらうか
 はたその日々のあまりにも短きことを嘆かうか
(……)

   ウイリアム・シェークスピア=作 林望=訳 「そなたは夏の日か」
   『林望私譯 新海潮音——心に温めておいた四十三の英詩
   駿台曜曜社 2000/01 所収


(J9) 小田島 1994, 2007
あなたをなにかにたとえるとしたら夏の一日でしょうか?
だがあなたはもっと美しく、もっとおだやかです。
手荒な風が五月の蕾を揺さぶったりして
夏のいのちはあまりにも短くはかないのです。
(……)

   ウィリアム・シェイクスピア=作 小田島雄志=訳 「18」
   山本容子=画 和田誠=デザイン
   a. シェイクスピアのソネット』 文春文庫 2007/03 所収
   b.シェイクスピアのソネット』 文藝春秋 1994/04 所収
   引用は b. に拠りました。


(J10) 関口 1992
きみを夏の日にくらべても
きみはもっと美しくもっとおだやかだ
はげしい風は五月のいとしい蕾をふるわせ
また夏の季節はあまりにも短い命
(……)

   シェイクスピア=作 関口篤(せきぐち・あつし)=訳
   「一八番 夏の日」
   関口篤=編 『シェイクスピア詩集』 海外詩文庫1
   思潮社 1992/11/01 所収


(J11) 田中 1989
君を夏の一日にたとえようか。
君はもっと美しく、優しい。
手荒な風は五月の愛らしい蕾をゆすり、
夏の季節はあまりにも短かすぎる。
(……)
 
   シェイクスピア=作 田中晏男(たなか・やすお)=訳
   ソネット集 第18番
   『対訳 シェイクスピア全集 1』 山口書店 1989/09/20


(J12) 高松 1986
きみを夏の一日にくらべたらどうだろう。
きみはもっと美しくて、もっとおだやかだ。
五月のいとおしむ花のつぼみを荒っぽい風が揺さぶり、
夏という契約期間はあっというまに終ってしまう。
(……)
 
   シェイクスピア=作 高松雄一=訳 「18」
   『ソネット集』 岩波文庫 1986/11


(J13) 中西 1976
君を 夏の日にたとえようか
君は もっと美しく もっとおだやかだ
あらしが 五月のかわいい蕾を散らし
夏の季節は あまりにも短いではないか
(……)

   シェイクスピア=作 中西信太郎(なかにし・のぶたろう)=訳 「第一八番」
   『シェイクスピア・ソネット集〔完訳〕』 英宝社 1976/09 所収


(J14) 田村+坂本+六反田+田淵 1975
君を夏の一日(ひとひ)にたとえようか。
君はもっと美しく、もっと優しい。
手荒な風が五月のかわいい蕾をゆさぶり、
しかも夏のつづく期間(あいだ)はあまりに短い。
(……)

   田村一郎(たむら・いちろう)+坂本公延(さかもと・ただのぶ)
   +六反田収(ろくたんだ・おさむ)+田淵實貴男(たぶち・みきお)=共著
   「第一八番」
   『シェイクスピアのソネット―愛の虚構』 文理・大学事業部 1975/05 所収


(J15) 西脇 1972, 1976, etc.
君を夏の日にたとえても
君はもっと美しいもっとおだやかだ
手荒い風は五月の蕾をふるわし
また夏の季節はあまりにも短い命。
(……)

   シェイクスピア=作 西脇順三郎=訳 「ソネット詩集 一八」
   a. 篠田一士(しのだ・はじめ)=編
       『筑摩世界文學大系88 名詩集』 筑摩書房 1991/09 所収
   b.豪華版 世界文学全集38 世界詩集』 講談社 1976/10 所収
   c.世界文学全集48 世界詩集』 講談社 1972/01 所収
   引用は c. に拠りました。


(J16) 吉田(健) 1969
君を夏の一日に喩(たと)えようか。
君は更に美しくて、更に優しい。
心ない風は五月の蕾(つぼみ)を散らし、
また、夏の期限が余りにも短いのを何とすればいいのか。
(……)

   W・シェイクスピア=作 吉田健一=訳 「十四行詩 第一八番」
   『カラー版 世界文学全集 別巻1 世界名詩集
   河出書房新社 1969/05 所収


(J17) 竹友 1951, 1982
君をしもたぐへつべきか、夏の日に
うるはしさ、おだやかさ、君はまされり。
あらき風、五月(さつき)の愛(は)しき芽を落し、
夏占むる時のかぎりの短かさよ。
(……)

   ウィリアム・シェイクスピア=作 竹友藻風=譯 「君をしもたぐへつべきか…」
   a. 藤井治彦=編 『竹友藻風選集2』(全2巻) 南雲堂 1982/10 所収
   b.法苑林—訳詩集』 潮人社 1951 所収
   引用は a. に拠りました。


(J18) 坪内 1928, 1934

[ルビを取り除いたテキスト]
われ君を初夏の麗かなる日に比べん歟、
あゝ、君はそれよりもうるはしくして長閑やかなり。
五月の可憐なる蕾は(ともすれば)烈風に搖蘯せらる、
夏の賃借期限は餘りに短きに過ぐるを例とすなり。
(……)

[原文 - 総ルビ]
われ君(きみ)を初夏(はつなつ)の麗(うらゝ)かなる日(ひ)に
 比(くら)べん歟(か)、
あゝ、君(きみ)はそれよりもうるはしくして長閑(のど)やかなり。
五月(ぐわつ)の可憐(かれん)なる蕾(つぼみ)は(ともすれば)
 烈風(れつぷう)に搖蘯(えうたう)せらる、
夏(なつ)の賃借期限(ちんしやくきげん)は餘(あま)りに短(みじか)きに
 過(す)ぐるを例(れい)とすなり。
(……)

   ウィリヤム・シェークスピヤ=作 坪内逍遥(坪内雄藏)=譯 「十八」
   a.詩篇 其二』 新修シェークスピヤ全集39
       中央公論社 1934/12(昭和9)所収
   b.詩篇 其二』早稲田大學出版部 1928/08(昭和3)所収
   引用は a. に拠りました。


■インドネシア語訳 Translation into Indonesian

Haruskah saya membandingkan engkau untuk hari musim panas?
Engkau lebih indah dan lebih beriklim seni.
Angin kasar yang mengguncang tunas Sayang pada Mei,
Dan sewa musim panas Maha semua tanggal terlalu pendek.
[Omission]

   Haruskah aku Bandingkan Engkau? by William Shakespeare
   E-text at Puisi Blog Bintang


■トルコ語訳 Translation into Turkish

Seni bir yaz gününe benzetmek mi, ne gezer?
Çok daha güzelsin sen, çok daha cana yakın:
Taze tomurcukları sert rüzgârlar örseler,
Kısacıktır süresi yeryüzünde bir yazın:
[Omission]

   18. Sone by William Shakespeare
   Translated by Talât Sait Halman
   E-text at Şiir Ana Sayfa


■ハンガリー語訳 Translation into Hungarian

Mondjam: társad, másod a nyári nap?
Te nyugodtabb vagy s az nem oly üde,
Hisz a május méz-bimbaira vad
Szél csap, s túl rövid a nyár bérlete;
[Omission]

   XVIII. Shakespeare. Szonettek
   Translated by Szabó Lőrinc
   E-text at MEK (Magyar Elektronikus Könyvtár) (mek.oszk.hu)


 Video 4 
映画『ヴィーナス』 (2006) ピーター・オトゥールがソネット18番をそらんじる場面 (1:27)
Venus (2006) a film in which Peter O'Toole recites Sonnet 18 (1:27)
監督: ロジャー・ミッシェル 脚本: ハニフ・クレイシ 出演: ピーター・オトゥール
Directed by Roger Michell, Written by Hanif Kureishi, Starring Peter O'Toole.


 Video 5 
ピンク・フロイドのデヴィッド・ギルモア、ソネット18番を歌う
David Gilmour (of Pink Floyd) sings Sonnet 18


■ギリシャ語訳 Translation into Greek

Να σε συγκρίνω με μια μέρα θερινή;
εσυ υπερέχει σε απαλότητα και χάρη·
λυγίζει αέρας τα τριαντάφυλλα του Μάη
και δεν κρατάν τα καλοκαίρια μας πολύ.

[Omission]

   Ουίλλιαμ Σαίξπηρ. Σονέτο 18
   E-text at:
   * afterschool bar
   * ebooks.edu.gr


■ロシア語訳 Translations into Russian

(R1) Игоря Фрадкина
Могу ль тебя равнять я с летним днем?
Ты и желанней и милей рассвета:
Рвет почки Май, вовсю грохочет гром,
Непродолжительно, капризно Лето:

[Omission]

   Шекспир - Сонет 18
   Перевод Игоря Фрадкина
   E-text at Шекспир (shakespeare.ouc.ru)


(R2) Владимира Микушевича
Не с летним ли тебя сравнить мне днем?
Но красота милее без причуд,
А в мае мы ветров холодных ждем,
И быстро дни погожие пройдут.

[Omission]

   Шекспир - Сонет 18
   Перевод Владимира Микушевича
   E-text at Шекспир (shakespeare.ouc.ru)


(R3) Б.Бера
Сравню ли я тебя с днем светлым лета?
Милей его ты, кротче и нежнее.
Холодный ветер - злобный враг расцвета,
дни летние могли бы быть длиннее.

[Omission]

   Шекспир - Сонет 18
   Перевод Б.Бера
   E-text at Шекспир (shakespeare.ouc.ru)


(R4) М. Чайковского
Сравню ли я тебя с весенним днем?
Нет, ты милее длительной красою:
Злой вихрь играет нежным лепестком,
Весна проходит краткой полосою.

[Omission]

   Шекспир - Сонет 18
   Перевод М. Чайковского
   E-text at Шекспир (shakespeare.ouc.ru)


(R5) Н. В. Гербеля
Как я сравню тебя с роскошным летним днем,
Когда ты во сто раз прекрасней, друг прекрасный?
То нежные листки срывает вихрь ненастный
И лето за весной спешит своим путем;

[Omission]

   Шекспир - Сонет 18
   Перевод Н. В. Гербеля
   E-text at Шекспир (shakespeare.ouc.ru)


(R6) С.И. Турухтанова
Тебя б сравнить мне с днем прогретым,
Хоть ты его приятней все равно.
Там то потоп, то ветер; да и лето
Нам лишь в аренду краткую дано:

[Omission]

   Шекспир - Сонет 18
   Перевод С.И. Турухтанова
   E-text at Шекспир (shakespeare.ouc.ru)


(R7) Р. Бадыгова
Кто с яркой зеленью тебя сравнит?
Нет, ты еще прекрасней и нежней.
Лишь только жгучий ветер налетит,
Как тотчас вянет цвет весенних дней.

[Omission]

   Шекспир - Сонет 18
   Перевод Р. Бадыгова
   E-text at Шекспир (shakespeare.ouc.ru)


(R8) С. Ильина
Я с летним днем сравнить тебя готов,
Но он не столь безоблачен и кроток;
Холодный ветер не щадит цветов,
И жизни летней слишком срок короток:

[Omission]

   Шекспир - Сонет 18
   Перевод С. Ильина
   E-text at Шекспир (shakespeare.ouc.ru)


(R9) Андрея Кузнецова
Сравню ли с летним днем тебя, мой свет?
Ты привлекательнее и скромней,
Сорвут порывы ветра майский цвет,
И лето коротко в сияньи дней,

[Omission]

   Шекспир - Сонет 18
   Перевод Андрея Кузнецова
   E-text at Шекспир (shakespeare.ouc.ru)


(R10) С. Степанов
Сравню ли я тебя с весенним днем?
Спокойней ты, нежнее и милее.
Но ветром майский цвет на смерть влеком,
И лето наше мига не длиннее.

[Omission]

   Шекспир - Сонет 18
   Перевод С. Степанов
   E-text at Шекспир (shakespeare.ouc.ru)


(R11) А.М. Финкеля
Сравнит ли с летним днем тебя поэт?
Но ты милей, умереннее, кротче.
Уносит буря нежный майский цвет,
И лето долго нам служить не хочет.

[Omission]

   Шекспир - Сонет 18
   Перевод А.М. Финкеля
   E-text at Шекспир (shakespeare.ouc.ru)


(R12) Маршака, 1948
Сравню ли с летним днем твои черты?
Но ты милей, умеренней и краше.
Ломает буря майские цветы,
И так недолговечно лето наше!

[Omission]

   Шекспир - Сонет 18
   Перевод Самуила Яковлевича Маршака
   E-text at:
   * Шекспир (shakespeare.ouc.ru)
   * Wikilivres


■ウクライナ語訳 Translation into Ukranian

Чи порівняти мені тебе з літнім днем?
Але ж ти значно красивіший і більш помірний:
Різкі вітри шарпають милі бруньки Травня,
І строк, на який літо орендує природу, надто короткий;

[Omission]

   Сонети Шекспіра 18
   Translated by Артема Виженка
   E-text at ukrlife.org


■ブルガリア語訳 Translation into Bulgarian

Не зная с летен ден да те сравня ли?
По-свеж и по-красив си ти. На май
цветята късат бури развилняли
и лятото ни има своя край.

[Omission]

   Уилям Шекспир. Сонет 18
   E-text at Моята библиотека (chitanka.info)


■ポーランド語訳 Translation into Polish

Czy mam przyrównać cię do dnia letniego?
Jesteś piękniejszy i bardziej łagodny.
Wiatr strząsa płatki pąka majowego.
I zbyt jest krótki lata czas pogodny.
[Omission]

   Wiliam Szekspir  Sonet 18
   Translated by Maciej Słomczyński
   E-text at wiersze.annet.pl


■チェコ語訳 Translation into Czech

Mám tě porovnat na letní den?
Ty jsi krásnější a mírnější.
Drsné větry dělat třást Darling pupeny května,
A v létě je pronájem jest příliš krátký termín.
[Omission]

   Shakespearova Sonnet 18
   E-text at cz.writingmouse.com


■デンマーク語訳 Translation into Danish

Skal med en Sommerdag jeg ligne dig?
Du er langt mere mild og mere fager :
barsk ryster Stormen Knopperne i Maj,
og Somrens Tid for brat en Ende tager ;
[Omission]

   18.
   Shakespeares Sonetter by William Shakespeare
   Translated by Adolf Hansen. Gyldendal, 1885
   Preview at Google Books


■ドイツ語訳 Translations into German

(D1) 2003
Ist dir der Sommertag ein treues Gleichnis?
Nein, er ist nicht halb so hold und mild.
Der Hag ist nur so zarter Blüten reich bis
Sturm an ihnen reißt, zu rauh und wild.
[Omission]

   Shakespeare - Sonett 18
   E-text at Trans-Sonette


(D2) 1997
Vergleicht man dich mit einem Sommertag?
Du strahlst mehr Glanz aus, prunkst im rechten Maß!
Der Blütenmai in rauhen Windes Schlag,
Wie Sommerfrist, wird frühen Herbstes Fraß.
[Omission]

   Shakespeare - Sonett 18
   Nachdichtung von Zaunkönig (1997)
   E-text at Trans-Sonette


(D3) Huch, 1921
Soll ich dich einem Sommertag vergleichen?
Er ist so lieblich nicht, so mild wie du.
Durch Maienknospen raue Winde streichen,
Und Sommers Reich geht allzubald zur Ruh.
[Omission]

   In Übersetzungen von Friedrich Huch
   E-text at Trans-Sonette


(D4) Gundolf, 1899
Soll ich dich gleich dem Sommertag erheben
Der du doch lieblicher und milder bist
Maiknospen müssen rauhen Winden beben
Der Sommerlust bleibt allzukurze Frist
[Omission]

   In Übersetzungen von Friedrich Gundolf
   E-text at Trans-Sonette


(D5) Friesen, 1869
Darf ich mit Sommers Tagen dich vergleichen?
Du bist weit lieblicher und milder auch;
Des Maien knospe bricht des Winters Hauch,
Und Sommers Zeiten, ach, zu schnell verstreichen.
[Omission]

   In Übersetzungen von Hermann Freiherr von Friesen
   E-text at Trans-Sonette


(D6) Bodenstedt, 1862
Soll ich dich einem Sommertag vergleichen?
Er ist wie du so lieblich nicht und lind;
Nach kurzer Dauer muß sein Glanz verbleichen,
Und selbst in Maienknospen tobt der Wind.
[Omission]

   In Übersetzungen von Friedrich Bodenstedt
   E-text at Trans-Sonette


(D7)
More German translations can be found here.


■オランダ語訳 Translations into Dutch

Zal ik je met een zomerdag vergelijken?
Veel zachter en veel zonniger ben jij.
Te snel weer moet de tijd van zomer wijken;
De wind striemt soms de bloesems al in mei.
[Omission]
 
   Translated by Arie van der Krogt
   E-text at Poëzie leestafel
   More Dutch translations can be found here.


■ルーマニア語訳 Translation into Romanian

Să te compara cu o zi de vară?
Tu ești mult mai frumoasă și mai temperat:
Vanturile aspre se agita mugurii draga de mai
Și leasing de vară a lui n-are prea scurt o dată:
[Omission]

   Să-ți compara by William Shakespeare
   E-text at ro.forios.net


■イタリア語訳 Translation into Italian

Posso paragonarti a un giorno d'Estate?
Tu sei più amabile e più tranquillo.
Venti forti scuotono i teneri germogli di Maggio,
E il corso dell'estate ha fin troppo presto una fine.
[Omission]

   Sonetto 18 by William Shakespeare
   E-text at Wikipedia


■ポルトガル語訳 Translation into Portuguese

Se te comparo a um dia de verão
És por certo mais belo e mais ameno
O vento espalha as folhas pelo chão
E o tempo do verão é bem pequeno
[Omission]

   Soneto 18
   William Shakespeare. Translated by Arnaldo Poesia
   E-text at Wikisource


■カタルーニャ語訳(カタロニア語訳) Translation into Catalan

És que puc comparar-te a un jorn d'estiu,
quan tu ets més adorable i més clement?
Brots tendres bat l'oratge intempestiu
i el bon temps s'interromp sobtadament.
[Omission]

   Sonet 18 by William Shakespeare
   E-text at la serp blanca


■スペイン語訳 Translation into Spanish

¿Debo compararte a un día de verano?
Tú eres más adorable y mejor templado:
rudos vientos baten los suaves capullos de mayo
y el arriendo del verano vence en fecha demasiado corta:
[Omission]

   Soneto XVIII
   William Shakespeare, Obra completa en poesía
   Barcelona, Ediciones 29, 1975
   Quoted in Sobre la imposibilidad de la traducción
   by Dámaso López García. Univ de Castilla La Mancha, Jan 1, 1991
   Preview at Google Books


■フランス語訳 Translation into French

Irai-je te comparer au jour d'été ?
Tu es plus tendre et bien plus tempéré.
Des vents violents secouent les chers boutons de mai,
Et le bail de l'été est trop proche du terme.
[Omission]

   E-text at:
   * OnlineShakespeare.com
   * Wikipédia


 Audio 1 
トム・ヒドルストンによるソネット18番の朗読 Sonnet 18 read by Tom Hiddleston
Uploaded to YouTube by The Love Book App on 20 Sep 2013


 Audio 2 
アル・パチーノによるソネット18番の朗読 Sonnet 18 read by Al Pacino

Uploaded to YouTube by poetictouch2012 on 20 May 2012


 Audio 3 
クリス・ヒューズによるソネット18番の朗読 Sonnet 18 read by Chris Hughes

Uploaded to YouTube by CCPoems on 19 Mar 2012. Audio courtesy of LibriVox


 Audio 4 
トム・オベドラムによるソネット18番の朗読 Sonnet 18 read by Tom O'Bedlam

Uploaded to YouTube by SpokenVerse on 4 Jul 2010


 Audio 5 
ジョン・グリーンによるソネット18番の朗読
Sonnet 18. Read by John Green. Studio production Robert Nichol. Ipodity 1998

Uploaded to YouTube by JustAudio2008 on 1 Apr 2008


 Audio 6 
ロイ・マクレディの朗読によるソネット18番 スパイダーズハウスオーディオ
Sonnet 18. Read by Roy Macready. Produced by Spiders' House Audio

Uploaded to YouTube by SpidersHouseAudio on 27 May 2009


 Audio 7 
ジョン・ギールグッドの朗読によるソネット18番
Sonnet 18. Read by John Gielgud

Uploaded to YouTube by Jonathan Holmes on 17 Aug 2010


■英語原文(全文) The complete original text in English

Shall I compare thee to a summer's day?
Thou art more lovely and more temperate:
Rough winds do shake the darling buds of May,
And summer's lease hath all too short a date:
Sometime too hot the eye of heaven shines,
And often is his gold complexion dimm'd;
And every fair from fair sometime declines,
By chance or nature's changing course untrimm'd;
But thy eternal summer shall not fade
Nor lose possession of that fair thou owest;
Nor shall Death brag thou wander'st in his shade,
When in eternal lines to time thou growest:
  So long as men can breathe or eyes can see,
  So long lives this and this gives life to thee.

   Sonnet 18 by William Shakespeare
   E-text at numerous sites including the following:


■更新履歴 Change log

  • 2014/12/30 トム・ヒドルストンによる朗読の YouTube 画面を追加しました。
  • 2014/11/02 ギリシャ語訳を追加しました。
  • 2014/09/05 インドネシア語訳、トルコ語訳、ハンガリー語訳、ウクライナ語訳、ブルガリア語訳、ポーランド語訳、チェコ語訳、デンマーク語訳、ルーマニア語訳、ポルトガル語訳、カタルーニャ語訳、イタリア語訳、および福田昇八=訳 2014/01/21 を追加しました。
  • 2013/10/19 岩崎宗治=訳 2013/09/18 とスペイン語訳を追加しました。
  • 2012/07/27 つぎの4本の YouTube 画面を追加しました。
    1. Pearls of Wisdom による朗読
    2. デヴィッド・テナントによる朗読
    3. トム・オベドラムによる朗読
    4. アル・パチーノによる朗読
  • 2012/07/09 ジョン・ギールグッドによる朗読の YouTube 画面を追加しました。
  • 2011/11/05 田中晏男=訳 1989/09/20 を追加しました。
  • 2011/07/28 CCPoem によるソネット18番の朗読の YouTube 画面を追加しました。
  • 2010/12/24 さらに10種類のロシア語訳を追加しました。また、ドイツ語訳の訳文と書誌情報を補足・修正しました。
  • 2010/12/22 2種類のロシア語訳を追加しました。
  • 2010/05/26 ロイ・マクレディによる朗読の YouTube 画面を追加しました。
  • 2010/04/30 魏纯明 2009 による中国語訳(簡体字)を追加しました。また、これまで英語原文の抜粋だけを載せていたのを改めて、全文を掲載しました。さらに、オーディオブックのジャケット画像を差し替え、つぎの4本の YouTube 動画を追加しました。
    1. 若い女性による朗読
    2. ピーター・オトゥールによる暗唱(映画『ヴィーナス』 (2006)から)
    3. ジョン・グリーンによる朗読
    4. デヴィッド・ギルモアの歌
  • 2009/05/14 戸所宏之=訳 2003/06/11 を追加しました。
  • 2009/04/05 吉田秀生=訳 2008/02/25 を追加しました。
  • 2009/01/28 田村一郎+坂本公延+六反田収+田淵實貴男=共著 1975/05 を追加しました。
  • 2008/08/20 竹友藻風=譯 1982/10 を追加し、坪内逍遥=訳の書誌情報を修正補足しました。
  • 2008/08/13 西脇順三郎=訳に関する書誌情報を補足し、訳例の配列を変更しました。
  • 2007/04/25 小田島雄志=訳と西脇順三郎=訳に関する書誌情報を補足しました。
  • 2007/02/11 大塚定徳+村里好俊=訳 2006/05 と林望=訳 2000/01 を追加しました。
  • 2006/12/08 関口篤=訳 1992/11/01 を追加しました。
  • 2006/11/15 松浦暢=訳 2000/10 を追加しました。
  • 2006/10/14 中西信太郎=訳 1976/09 と坪内逍遥=訳 1928/08 を追加しました。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ84595840v1308102456

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザの画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

■CD

 

| | Comments (5) | TrackBack (0)

Wednesday, 13 September 2006

Evelyn Waugh "Decline and Fall" 016

Waugh_2
                      Little, Brown, 1949.
Evelyn Waugh and his family. Standing in the rear between his parents is Auberon Alexander, 8; kneeling beside Mrs. Waugh is Maria Teresa, 11; Mrs. Waugh is holding James in her lap, 2; Harriet Mary, 4, stands between her parents, and, standing beside Mr. Waugh is Margaret, 6.
Copyright 1999 The New York Times Company
Image source: The New York Times on the Web  
 
 
■日本語訳 Translations into Japanese

(1) 
 「まだ教えた経験がないそうですな」
 「はあ、残念ながら」
 「まあ、そのほうがなにかと強いわけでね。すぐに教師癖(ぐせ)をつけて、理想を失う人間が多いんだ。いや、実務的な話をしなくてはならん。給料は百二十ポンドを用意しとるんだが、それは教歴有りのひとの話でね。ここに森林学の学位を持っとる青年から手紙が来ておってだね、その学位があるんだから年に十ポンド上乗せしてくれ、と。しかしですよ、ペニーフェザー君、わしの求めておるのは理想であって、学位じゃない。聞いたところでは、きみはなんだか急に大学をおやめになったそうだね。何ですかね——そのわけは?」
 これこそポールの恐れていた質問であったが、彼は自分の受けた教育を裏切ることなく、正直にゆく決心をしていた。
 「退学処分をうけました。素行不良で」
 「うむ、本当かね? まあ、よろしい、うるさいことは訊かんことにしよう。わしだって教育という仕事を長いことやっておるからね、なにか隠しときたい理由でもないかぎり誰もこの道に入らんことくらいは心得とりますですよ。それでだね、ペニ−フェザ−君、まだ実務の話に戻るんだがね、素行不良で退学になったひとに百二十ポンドは払いかねるんですよ。まず手始めに年給九十ポンドあたりからというのは、どうだろう? わしは今夜中にラナバに戻らなきゃいかん。ほれ、学期がまだ六週間も残っとるのに、急に先生をひとりなくしてしまったもんですからな。明日の晩、来てくれますな。ユーストンを十時頃に発つぴったりの汽車がある。仕事は気にいると信じとります」と言ったあと、彼は夢みるような表情で続けた。「奉仕と友愛——わが校はそういう理想を掲げております。生徒の多くはとびきりの名門揃いでしてな。今学期はタンジェントの若様もみえた、ほれ、サーカムフェランス伯爵の御子息ですよ。とてもいいお子さんだ——まあ、気まぐれなところはあの家の血筋でね。とにかくあの子にはらしさ(#「らしさ」に傍点)がある」

   富山太佳夫=訳『大転落』岩波文庫 1991年6月
 
 
(2)
「君は今まで経験がないのだったね」
「ええ、あいにくありません」
「まあもちろんその方が多くの点でいい。ひとはすぐに教師くさくなって、夢を失いがちだからな。だがむろんわれわれは現実的に話し合わねばならん。わたしが百二十ポンドの俸給を出そうというのは、経験者にだけなのだ。ここに林学の学士号をもっている青年からの手紙がある。この人はそれを理由にして一年に十ポンドよけいにくれと言っておる。だがわたしに必要なのは夢なんだ、ペニフェザー君、免状なんかじゃない。それに君は大学を急にやめたんだったね。それはどういうわけだったのかね?」
 これはポールがおそれていた質問だったが、彼はしつけを守って、正直に言おうと決心していた。
「品行不良で退学になったのです」
「それはそれは。では細かい点は訊くまい。わたしも教職をながくやっているから、だれもなにかかくしたいもっともな理由がなければこの職業についたりはしないってことはわかっておる。だがもう一度現実的に話せば、ペニフェザ−君、わたしは品行不良で退学になった人に百二十ポンド払うわけにはいかない。手始めに君の俸給を年九十ポンドってことにしたらどうだろう? わたしは今夜ラナバにもどらねばならん。まだ今学期が六週残っているのだが教員が一人急に足りなくなった。明晩君をお待ちするよ。ユーストン駅を十時頃に発ついい汽車がある」彼は夢みるような調子でつづけた。「君は仕事が気に入ることと思う。わたしの学校が理想——奉仕と友情の理想の上に築かれていることがわかるだろう。生徒の多くはとびきりの名家の子弟だ。今学期タンジェントが入学した。ほらサーカムフェランス伯爵の令息だ。なかなかいい子だ、もちろんあの家の人達みんなと同様、変っている、でもあの子には気品があるよ」

   柴田稔彦=訳『ポール・ペニフェザーの冒険』福武文庫 1991年4月
 
 
■英語原文 The original text in English

  'I understand you have had no previous experience?'
  'No, sir, I am afraid not.'
  'Well, of course, that is in many ways an advantage. One too easily acquires the professional tone and loses vision. But of course we must be practival. I am offering a salary of one hundred and twenty pounds, but only to a man with experience. I have a letter here from a young man who holds a diploma in forestry. He wants an extra ten pounds a year on the strength of it, but it is vision I need, Mr Pennyfeather, not diplomas. I understand, too, that you left your University rather suddenly. Now -- why was that?'
  This was the question that Paul had been dreaming, and, true to his training, he had resolved upon honesty.
  'I was sent down, sir, for indecent behaviour.'
  'Indeed, indeed? Well, I shall not ask for details. I have been in the scholastic profession long enough to know that nobody enters it unless he has some very good reason which he is anxious to conceal. But, again to be practical, Mr Pennyfeather, I can hardly pay one hundred and twenty pounds to anyone who has been sent down for indecent behaviour. Suppose that we fix your salary at ninety pounds a year to begin with? I have to return to Llhanabba to-night. There are six more weeks of term, you see, and I have lost a master rather suddenly. I shall expect you to-morrow evening. There is an excellent train from Euston that leaves at about ten. I think you will like your work,' he continued dreamily,'you will find that my school is built upon an ideal -- an ideal of service and fellowship. Many of the boys come from the very best families. Little Lord Tangent has come to us this term, the Earl of Circumference's son, you know. Such as nice little chap, erratic, of course, like all his family, but he has tone.'

   Evelyn Waugh "Decline and Fall" 1928
 
 
■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Wednesday, 06 September 2006

「おっぱい」は好きなだけ吸うがいい 『老子 道徳経』 第20章 Chapter 20, Tao Te Ching by Lao Tzu / Dao De Jing by Laozi

Lao_zi
Laozi leaves China on his water buffalo. Image source: Laozi - Wikipedia


        目次 Table of Contents

■男の名と表題——表記のいろいろ
 The man and the title: Variations of script and transliteration
■ロシア語訳 Translation into Russian
■ブルガリア語訳 Translation into Bulgarian
■ポルトガル語訳 Translation into Portuguese
 Video 1  Tao Te Ching Capítulo 20 descodificación / Taoísmo en Español
■スペイン語訳 Translation into Spanish
■フランス語訳 Translation into French
■ドイツ語訳 Translation into German
■英訳 Translations into English
  (E1) Lau, 1963
  (E2) Waley, 1934
  (E3) Carus, 1898
  (E4) Legge, 1891
■日本語訳 Translations into Japanese
  (J1) 神塚 2009
  (J2) 岬 2009
  (J3) 蜂屋 2008
  (J4) 林田 2002
  (J5) 加島 2000
  (J6) 金谷 1988
  (J7) 吉永+杉山 1988
  (J8) 和田 1987
  (J9) 福永 1978
  (J10) 小川 1973
  (J11) 山室 1967
  (J12) 阿部+山本 1966
  (J13) 原 1964
  (J14) 木村 1959
■読み下し文
 Yomikudashi (Japanese reading of Chinese text expressed in kanji and kana)
  (1) 福永
  (2) 小川
  (3) 武内
 Video 2  第19-27章 中国語による朗読 Chapters 19-27 read in Chinese
■中国語原文 The original text in Chinese
  (1) 日本の漢字 In kanji as used in Japanese
  (2) 簡体字 In simplified Chinese
  (3) 繁体字 In traditional Chinese
■便利なサイト Useful websites
  (1) あらまし An Overview
  (2) 原典と各言語版翻訳の電子テキスト E-texts of the original and translations
  (3) 特にオススメのサイト Special recommendations are ...
  (4) 翻訳について——その他 More on translations
■「史上2番目に多く英訳された本」
 "No other book except the Bible has been translated . . ."
■引用した各翻訳版の選択について On the choice of the translations quoted above
■書誌情報詳細: 日本語以外の言語への翻訳
 Bibliography of translations into non-Japanese languages
 □フランス語訳 Translation into French
 □ドイツ語訳 Translation into German
 □英訳 Translations into English
  (E1) Lau, 1963
  (E2) Waley, 1934
  (E3) Carus, 1898
  (E4) Legge, 1891
■現代日本語訳についての書誌情報詳細
 Bibliography of the Japanese translations quoted above
  (J1) 神塚 2010
  (J2) 岬 2009
  (J3) 蜂屋 2008
  (J4) 林田 2002
  (J5) 加島 1993, 2000
  (J6) 金谷 1988, 1997
  (J7) 吉永+杉山 1988
  (J8) 和田 1987, 1994
  (J9) 福永 1978, 1997
  (J10) 小川 1973, 1997
  (J11) 山室 1967
  (J12) 阿部+山本 1966
  (J13) 原 1964
  (J14) 木村 1959
  (J15) 武内 1943
■更新履歴 Change log


■男の名と表題——表記のいろいろ
 The man and the title: Variations of script and transliteration

[The Author]
Lao Tzu (in Wade-Giles romanization ウェード式ローマ字)
Laozi (in Pinyin romanization ピンイン)
老子 (in traditional/simplified Chinese and Japanese 中国語・日本語)

[The Title]
Tao Te Ching (in Wade-Giles romanization ウェード式ローマ字)
Dao De Jing (in Pinyin romanization ピンイン)

道德經 (in traditional Chinese 繁體字中國語)
道德经 (in simplified Chinese 簡体字中国語)
道徳経 (in Japanese 日本語)


■ロシア語訳 Translation into Russian

[Omission]
О, как оно пусто! все люди полны света.
Только я один подобен тому,
кто погружен во мрак.
Все люди пытливы, только я один равнодушен.
Я подобен тому, кто несется в мирском просторе
и не знает, где ему остановиться.
Все люди проявляют свою способность,
и только я один похож на глупого и низкого.
Только я один отличаюсь от других тем,
что вижу основу в еде.

   Лао Цзы. Дао дэ Цзин - 20
   Ян Хин-шун. "Древнекитайский философ Лао-Цзы и его учение".
   Москва, 1950.
   Ян Хин-шун. "ДАО ДЭ ЦЗИН" в двухтомнике
   "Древнекитайская философия". М., "Мысль", 1972.
   E-text at Lib.Ru


■ブルガリア語訳 Translation into Bulgarian

[Omission]
Всички хора са пълни със светлина,
   само аз съм потънал в мрак.
Всички хора са изпитателни,
   само аз съм великодушен —
   необятен като морето,
   безпределен като вятъра.
Всички хора имат способност
   само аз приличам на глупавия
   само аз се отличавам от другите
   ценя майката хранителница.

   Лао Дзъ . Дао дъ дзин - 20
   Translated by Ленин Димитров, 1967
   E-text at Моята библиотека (chitanka.info)


■ポルトガル語訳 Translation into Portuguese

[Omission]
Pareço abandonado, errante, sem finalidade!
Os outros homens possuem o supérfluo, só eu sou por todos deserdado.
O homem da multidão julga-se iluminado,
enquanto eu na penumbra estou mergulhado.
O homem da multidão julga-se infalível, perspicaz,
somente eu, dobrado sobre mim mesmo, sou móvel como o oceano, sempre a flutuar.
A multidão torna-se útil, somente eu sou inapto, tal um pária abandonado.
Eu, sozinho, sou diferente de todos os homens
porque venero profundamente a mãe que a todos alimenta (o Tao).

   XX O homem diferente
   Tao te King - Lao Tse Sintonia Saint Germain


 Video 1 
Tao Te Ching Capítulo 20 descodificación / Taoísmo en Español

Uploaded by NaotoMatsumoto on Apr 15, 2010


■スペイン語訳 Translation into Spanish

[Omission]
Sólo yo estoy desamparado, como quien no tiene hogar al que volver.
Todo el mundo vive en la abundancia: Sólo yo parezco no poseer nada.
¡Qué loco soy!
¡Qué mente más confusa tengo!
Todos son brillantes, ¡tan brillantes!
Sólo yo estoy oscuro, ¡tan oscuro!
Todos son agudos, ¡tan agudos!
Sólo yo estoy callado, ¡tan callado!
Suave como el océano, sin propósitos como las ráfagas del vendaval.
Todo el mundo está encauzado en lo suyo, sólo yo permanezco obstinado y marginal.
Pero en lo que soy más diferente a los demás ¡es en saber sustentarme de mi Madre!

   El Tao Te King 20
   Instituto Cultural Quetzalcoatl


■フランス語訳 Translation into French

[Omission]
Les hommes de la multitude sont remplis de lumières ;
moi seul je suis comme plongé dans les ténèbres.
Les hommes du monde sont doués de pénétration ;
mois seul j'ai l'esprit trouble et confus.
Je suis vague comme la mer ;
je flotte comme si je ne savais où m'arrêter.
Les hommes de la multitude ont tous de la capacité ;
moi seul je suis stupide ; je ressemble à un homme rustique.
Mois seul je diffère des autres hommes
parce que je révère la mère qui nourrit (tous les êtres).

   Livre de la voie et de la vertu
   Lao Tseu, Traduction de Stanislas Julien, 1842
   Chapitre 20


■ドイツ語訳 Translation into German

[Omission]
Die Weltmenschen sind hell, ach so hell;
nur ich bin wie trübe.
Die Weltmenschen sind klug, ach so klug;
nur ich bin wie verschlossen in mir,
unruhig, ach, als wie das Meer,
wirbelnd, ach, ohne Unterlaß.
Alle Menschen haben, ihre Zwecke;
nur ich bin müßig wie ein Bettler.
Ich allein bin anders als die Menschen:
Doch ich halte es wert,
Nahrung zu suchen bei der Mutter.

   Das Tao Te King von Lao Tse
   Richard Wilhelm's translation, 1911
   Kapitel 20


■英訳 Translations into English

(E1) Lau, 1963
[Omission]
Vulgar people are clear.
I alone am drowsy.
Vulgar people are alert.
I alone am muddled.
Calm like the sea;
Like a high wind that never ceases.
The multitude all have a purpose.
I alone am foolish and uncouth.
I alone am different from others
And value being fed by the mother.

   "Lao Tzu - Tao Te Ching," translated by D. C. Lau, 1963
   Chapter 20, E-text found "here


(E2) Waley, 1934
[Omission]
The world is full of people that shine;
I alone am dark.
They look lively and self-assured;
I alone, depressed.
I seem unsettled as the ocean;
Blown adrift, never brought to a stop.
All men can be put to some use;
I alone am intractable and boorish.
But wherein I most am different from men
Is that I prize no sustenance that comes not from the Mother's breast.

   "The Way and Its Power," translated by Arthur Waley, 1934
   Chapter 20, E-text found here


(E3) Carus, 1898
[Omission]
Common people are smart, so smart,
I alone am confused, so confused.
Desolate am I, alas! like the sea.
Adrift, alas! like one who has no place where to stay.
The multitude of men all possess usefulness.
I alone am awkward and a rustic too.
I alone differ from others,
but I prize seeking sustenance from our mother

   Lao-Tze's Tao-Teh-King translated by Paul Carus
   Chapter 20
   Chicago : The Open Court Publishing Company,
   London : Kegan Paul, 1898


(E4) Legge, 1891
[Omission]
Ordinary men look bright and intelligent,
while I alone seem to be benighted.
They look full of discrimination,
while I alone am dull and confused.
I seem to be carried about as on the sea,
drifting as if I had nowhere to rest.
All men have their spheres of action,
while I alone seem dull and incapable, like a rude borderer.
(Thus) I alone am different from other men,
but I value the nursing-mother (the Tao).

   "Tao Te Ching," translated by James Legge, 1891
   Chapter 20, E-text found here and here


■日本語訳 Translations into Japanese

(J1) 神塚 2009
[略]
世俗の人々は明るく明晰であるのに、
私だけはひとり、うすぼんやりしている。
世俗の人々ははっきりと物事を割り切っていくのに、
私だけはひとり、もやもやとしている。
ゆらゆらとして海のように揺れ動き、
ヒューッと吹く風のように止(や)むことがない。
多くの人々は何かの役に立っているのに、
私だけはひとり、
頑固で野暮ったい。
私だけはひとり、世の人々と異なっていて、
養いの母〔「道」〕を大切にしている。

   神塚淑子=著『「老子」—〈道〉への回帰』2009/11/27
   第II部 作品世界を読む|老子独白(『老子』 第二十章)


(J2) 岬 2009
[略]
世間から見たら、
のろまで、間が抜けていて、
愚か者に見えるだろうね。
ホントニ、みんなよく頑張ってるね。
何事も割り切って、
目的に向かって一目散だ。
でも、わたしはどうも踏ん切りがつかなくて、ゆらゆら小舟のように漂い、
吹きすぎる風のようにあてどない。
なんだか、わたしだけが野暮くさく、
わたしだけが変わり者のようだ。
でも、平気さ。
わたしは大自然の乳母から、
たくさんの英気をもらって、
清々しく生きているのだから。

   岬龍一郎=著
   『新訳 老子—雲のように、水のように、自由に生きる』2009/10/23
   III しなやかで力強く生きるために 知識を増やしてはいけない


(J3) 蜂屋 2008
[略]
世間の人々は眩(まばゆ)いことよ、
ただわたしだけが薄ぼんやりだ。
世間の人々は目端(めはし)が利(き)くことよ、
ただわたしだけがぼーっとして大まかだ。
静かなことよ、海のようだ。
強い風が吹くように、止(とど)まることがないようだ。
誰もがみな有能であるのに、
それなのにただわたしだけが、
鈍(にぶ)くて田舎(いなか)くさい。
ただわたしだけが人々と違って、
道という乳母(うば)を大切にしたいと思っている。

   蜂屋邦夫=訳注『老子』2008/12 第20章


(J4) 林田 2002
[略]
世俗の人ははっきりしているのに、
私だけはうすぼんやりしている。
世俗の人は洞察力があるのに、
私だけはふんぎりがつかないでいる。
ゆらゆらとたゆとう海、
あてどなく吹きすさぶ風、
たとえてみれば、それが私なのだ。
人々はみな有能なのに、
私だけは愚かで野暮ったい。
私だけは人々から離れて、
母なる自然のふところにいだかれていたい。

   林田愼之助=著『「タオ=道」の思想』2002/10


(J5) 加島 2000
[略]
他の連中は素早く動いて手も早いのに
こっちはひとり、もぞもぞしている。
海みたいに静まりかえっているし
風に吹かれてあてどなくさまよう。
世間の人たちは目的を持ち、忙しがってるが、
こっちは石ころみたいに頑固で鈍い。
確かに私はひとり
他の人たちと違っているかもしれん。しかしね、
自分はいま、
あの大自然(タオ)の母親のおっぱいを
好きなだけ吸ってるんだ。
こう知ってるから
平気なんだ、実際
いま、こうして吸ってるんだからね。

   加島祥造=訳『タオ—老子』2000/03
   第二◯章 「おっぱい」は好きなだけ吸うがいい


(J6) 金谷 1988
[略]
世俗の人びとはきらきらと輝いているが、
わたしだけはひとりぼんやりと暗い。
世俗の人びとは利口ではっきりしているが、
わたしだけはひとりもやもやしている。
ゆらゆらとまるで海原(うなばら)のようにたゆたい、
ひゅうひゅうとまるで止(や)まない風のようにそよぐ。
多くの人はだれもがそれぞれ何かの役にたつのに、
わたしだけはひとり融通(ゆうずう)のきかない能(のう)なしだ。
わたしだけはひとり、他人とは違っている。
そして、母なる根本の「道」に養われることをたいせつにしているのだ。

   金谷治=編訳『老子』1988/02
   20 唯(い)と阿(あ)と相い去ること幾何(いくばく)ぞ
   (孤独の歌)


(J7) 吉永+杉山 1988
[略]
俗人たちは白日(はくじつ)の輝くように智にたけ、
私は独り黄昏(たそがれ)どきのように愚昧(ぐまい)である。
俗人たちはするどく分別にたけ、
私は独りとまどっているかのように淳樸(じゅんぼく)である。
私の心が満ち足りて静かなことはあの大いなる海のようであり、
飄飄(ひょうひょう)としてこだわりのないことはあの高く吹く風のようである。
衆(おお)くの人々はなにか有用な能力をもっている。
だが、私は独りがんこに鄙(いな)かびているような人間で何の能力もない。
このように私の生き方は独り人々と異なるが、
しかしかえって「食の母」つまり生命の本源を尊ぶこととなっているのだ。

   吉永慎二郎+杉山一也『老子』訳(抄)
   加地伸行=編『老子の世界』1988/02 所収
   第二◯章


(J8) 和田 1987
[略]
人びとが皆光り輝いているのに、
私ひとり冴(さ)えないのである。
人びとが皆賢く立ちまわっているのに
私ひとりが何もわからない様子である。
人びとが皆進んで何かをしているのに、
私ひとりはバカになっている。
しかし、私と人びととのちがいは、
私が「道」を重んじているということである。

   和田武司=訳 蔡志忠=作画 野末陳平=監修
   『マンガ 老荘の思想』1987/11


(J9) 福永 1978
[略]
世間の人間はハキハキしているのに、
わたしだけはうすぼんやりで、
世間の人間は明快に割り切ってゆくのに、
わたしだけはグズグズとふんぎりがつかない。
ゆらゆらとして海のようにたゆたい、
ヒューッと吹きすぎる風のようにあてどない。
人々はみな有能なのに、
わたしだけは頑(おろ)かで野暮(やぼ)くさい。
わたしだけが変り者で、
乳母(うば)なる“道”をじっと大切にしている。

   福永光司=訳『老子』1978/09
   第二十章 学を絶てば(異俗)


(J10) 小川 1973
[略]
人びとは活発ですばしこいのに、
私ひとりは心がもやもやしている。
大海のように動揺し、疾風(はやて)に吹きまくられて、
とどまれずにいるみたいだ。
多くの人は何かとりえがあるのに、
私ひとりは扱いにくいいなかもののようだ。
(だが)私には他人とちがっているところがある。
それは「母」(なる「道」)の乳房(ちぶさ)に養われ、
それをとうといとすることである。

   小川環樹=訳注『老子』1973/06
   第二十章


(J11) 山室 1967
[略]
俗人は、察々、眼がとどき眼先きが利き目から鼻へぬけるように明らかである。
だが自分は、心を虚無に置き、ただ自然に従うばかりでさながら
昏(くら)きがごとく、悶々として智慧が働かない。
自分はただ深い海のように、また風が高く揚って、行くところを知らないように、
何物にもとらわれていない(海は一切を容れ、心は止まらない)。
世人は一つのことに止り、一つのことに執着し、
或いはそれが才智として働き、また名利を求めて活動する。
いずれも何かためにするところがあるのに、
我独り頑愚で少しも文化的な美しさがない。
我独り、世人と異って永遠の母に食(やしな)われようとしている。

   山室三良=著『老子』1967/03
   二◯、母に食(やし)なわるを貴ぶ


(J12) 阿部+山本 1966
[略]
俗人どもは賢くて抜け目がない。
私だけが世事に昏(くら)いようだ。
俗人どもは潔白のようだ。私だけは塵にまみれている。
私はぼうっとしていて、(春の)海の如く(ひねもすのたりのたりしており)、
漂泊者の如く、あてどなく、止まる所なき生活を送っている。
衆人は皆せっせと何かやっている。
それなのに私だけは融通がきかず、田舎者のようにぽかんとしている。
このように私は世人と独りかけはなれ異なっていて、
(世人が自己の能力をたのんで何事かをなそうとしているのに対し、
私は自然の懐(ふところ)に抱かれて、天地の)の母すなわち道に
食(やしな)われることを貴いこととしている。

   阿部吉雄+山本敏夫=通釈「老子」
   『新釈漢文大系7 老子・荘子(上)』1967/11/05
   異俗第二十


(J13) 原 1964
[略]
ひとびとは、みな、(あれこれ)と何かしているのに、
わたしひとりは、へんくつで、そのうえ、やぼである。
ひとびとはみな、(なにかと)得ているのに、
わたしひとりは、母(もと)(道)を得ることを、たっとんでいる。
ひとびとは、みな、あまりがあるのに、わたしひとりは、足りないようである。
わたしの心は愚かなのかな、世間いっぱんの人は、はっきりしているが、
わたしひとりは、もやもやしている、
世間いっぱんの人は、きよらかだが、わたしひとりは、よごれていて、
海のようにゆれ、空高く吹く風のように、やまないもののようである。

   原富男=著『現代語訳 老子』1964/10/10
   二十章


(J14) 木村 1959
[略]
俗人は賢(さか)しいが、私だけは愚かもの、
俗人はぬけめがないが、私だけはなほざりに暮し
ゆらゆらとして海のやうにたゆたひ、吹く風のやうにあてどもない。
衆人は皆有能だが、私だけは一徹でやぼくさい。
私だけは人とは異つて(萬物の)乳母(うば)(である道)を
大事にするのだ。

   木村英一=國譯『老子の新研究』創文社 1959/01/30
   異俗第二十


■読み下し文
 Yomikudashi (Japanese reading of Chinese text
 expressed in kanji and kana)

(1) 福永
[略]
俗人は昭昭たるも、        ぞくじんはしょうしょうたるも、
我れ独り昏昏たり。        われひとりこんこんたり。
俗人は察察たるも、        ぞくじんはさつさつたるも、
我れ独り悶悶たり。        われひとりもんもんたり。
澹として其れ海の若く、      たんとしてそれうみのごとく、
飂として止まる無きが若し。    りゅうとしてとどまるなきがごとし。
衆人は皆な以うる有りて、     しゅうじんはみなもちうるありて、
我れ独り頑にして鄙に似る。    われひとりがんにしてひににる。
我れ独り人に異なりて食母を貴ぶ。 われひとりひとにことなりてしょくぼを
                   たっとぶ。

   福永光司=訳『老子』1997/01 に依る
   第二十章 学を絶てば(異俗)


(2) 小川
[略]
俗人は昭昭たり。         ぞくじんはしょうしょうたり。
我は独り昏なるが若し。      われはひとりこんなるがごとし。
俗人は察察たり。         ぞくじんはさつさつたり。
我は独り悶悶たり。        われはひとりもんもんたり。
澹兮として其れ海の若く、     たんけいとしてそれうみのごとく、
飂兮として止まる無きが若し。   りゅうけいとしてとどまるなきがごとし。
衆人皆な以うる有り、       しゅうじんはみなもちうるあり、
而うして我は独り頑にして     しこうしてわれはひとりがんにして
  鄙なるに似たり。         ひなるににたり。
我は独り人に異にして、      われはひとりひとにいにして、
而うして母に食わるることを貴ぶ。 しこうしてははにやしなわるることをたっとぶ。

   小川環樹=訳『老子』1973/06 に依る
   第二十章


(3) 武内
[略]
俗人昭々として          ぞくじんしょうしょうとして
我獨り昏きが如く、        われひとりくらきがごとく、
俗人察々として          ぞくじんさつさつとして
我獨り悶々たり。         われひとりもんもんたり。
忽兮として海(晦;くら)きが若く、こつとしてくらきがごとく、
漂兮として止まる所なきが若し。  ひょうとしてとどまるところなきがごとし。
衆人は皆以(為;な)すあるも   しゅうじんはみななすあるも
我は獨り頑にして鄙し。      われはひとりがんにしていやし
我獨り人に異なりて        われひとりひとにことなりて
母食(ちゝのむ)を貴ぶ。     ちちのむをたっとぶ。

   武内義雄=譯註『老子』1943/03 に依る
   第二十章


 Video 2 
老子 (第十九章——第二十七章)——中国語(北京語)による朗読
Tao Te Ching, Chapters 19-27, read in Chinese (Mandarin)


■中国語原文 The original text in Chinese

(1) 日本の漢字 In kanji as used in Japanese
[略]
衆人昭昭,我獨若昏。
衆人察察,我獨悶悶。
忽兮若海,漂兮若無所止。
衆人皆有以,而我獨頑似鄙。
我獨異於人,而貴食母。

   老子道徳経 第二十章
   E-text at 立命館大学文学部人文学科中国文学専攻 電子文献
   諸本對校道徳眞經(村田進氏による)


(2) 簡体字 In simplified Chinese
[略]
俗人昭昭,我独若昏。
俗人察察,我独闷闷。
澹兮其若海,飂兮若无止。
众人皆有以,而我独顽似鄙。
我独异于人,而贵食母。

   老子道德经 第二十章
   E-text at 道德经 (王弼本) - 维基文库


(3) 繁体字 In traditional Chinese
[略]
俗人昭昭,我獨若昏。
俗人察察,我獨悶悶。
澹兮其若海,飂兮若無止。
眾人皆有以,而我獨頑似鄙。
我獨異於人,而貴食母。

   老子道德經 第二十章
   E-text at 道德經 (王弼本) - 維基文庫


■便利なサイト Useful websites

(1) あらまし An Overview
Tao Te Ching - Wikipedia


(2) 原典と各言語版翻訳の電子テキスト E-texts of the original and translations
Tao Te Ching | Translations - Wikipedia


(3) 特にオススメのサイト Special recommendations are ...

* Translations in more than twenty-one languages: On-line Tao Te King Original Chinese text with translations, including side-by-side comparison of two or four translations. Navigation in English or in German.
よくぞここまで集めたなあ! しかも、このレイアウトの几帳面さ! いかにもドイツの人が作りそうなサイト(?) たとえ読めない言語でも、一見の価値あり。

* Translations in English (Waley, Lau), French (Julien), German (Wilhelm) and modern Chinese: Original Chinese text arrayed with translations. Top page (French | English). A site maintained by l'Association Française des Professeurs de Chinois (l'AFPC), or The French Association of Professors of Chinese: 
フランスにおける中国学のレベルの高さは、昔から定評があるけれど、その基礎のたしかさが、こういったサイトに現れるのかなあ。


(4) 翻訳について——その他 More on translations
* Taoism - Tao Te Ching Translations
* Lao-tzu translations (logoi.com)


■「史上2番目に多く英訳された本」
 "No other book except the Bible has been translated . . ."

いつも特に断っていませんが、拙者がこのブログ tomokilog で取りあげる翻訳書は、必ずしも、すぐれた翻訳であるとか、(翻訳が複数ある場合)代表的な翻訳であるとか、いうわけではありません。たんに入手しやすかったり、拙者が偏愛している訳である場合もあります。

今回わざわざこのようなことをお断りするのには、ちょっと理由があります。どうやって確かめたのか知りませんが、ハーバードで中国の宗教を講じたホルムズ・ウェルチ (1921-1981) という学者によると、「バイブルを除いて老子ほど頻繁に英訳されてきた書物は他にない」のだそうです(『道教——道の分岐』)。

   No other book except the Bible has been translated into English
   as often as Lao Tzu's.

      Holmes Welch, Taoism: The Parting of the Way
      Beacon Press, Boston, 1957

うーん知らなかった。しかし、これはドツボにはまるなあ、と思いました。聖書、シェイクスピア、あと(日本では)源氏物語、夏目漱石、みたいなものか。つまり、研究者がごまんといて、解説書だの現代語訳だのが、あとからあとから無限に現れる作品ということ。むかしどこかで聞きました。「シェイクスピアを読みたければ、シェイクスピアの解説書は読むな。なぜならば、そんなものを読んでいると、肝心のシェイクスピアを読む時間がなくなるから」。


■上に引用した各翻訳版の選択について
 On the choice of the translations quoted above

さて、「老子」が本当に「聖書」や「シェイクスピア」並みの怪物本であるならば、そんなにも沢山ある翻訳のなかから、たかだか10かそこらを挙げるためには、その取捨選択に、なにかしら理由がなければいけないのかな? いや、いけなくはないにしろ、理由があったほうが、読み手の皆さんにたいして親切かな? と珍しく殊勝な心遣い(?)が生じました。

日本人である拙者には、中国の古典といえば何よりまず「論語」が思い浮かびます。ですから、翻訳も「論語」のほうが多いのだろう、とぼんやり想像していました。けれども、そういえば、むかしアメリカで暮らし始めたとき、"Analects" よりも "Tao Te Ching" という言葉を先に覚えたような気がするな。Windows が登場するまえ、アメリカの大学生の多くが、まだ Macintosh を使っていたころ、Hypercard という Mac 用のソフトで、"Tao Te Ching" の文言が、トランプの札をめくるように、ぱらぱらと見られるようになっているのが、あったなあ。と、ふいに遠い記憶がよみがえってきました。そうか、「東洋の神秘的な思想」として欧米人に魅力的に映るのは、「論語」よりも「老子」なのだな。ふむふむ。

本題に戻ります。翻訳の選択の理由。まず英訳から。拙者は中国に住んだことは、ありますが、中国思想を専攻したことはありませんし、中国語も大してできません。選択の基準は、あくまでテキトー。Waley, Legge, Lau は、有名かつ代表的かつ(とくに Waley, Legge は)今日も影響力が大きいらしいと、どこかで聞きかじったので、選びました。当然ながら、これらはテキストの入手も容易です。あ、ちなみに、この Waley は、日本では、源氏物語を英訳したことで有名な、あのアーサー・ウェイリーのことです。

フランス語とドイツ語。上記 AFPC のサイトが挙げていたものを、そのまま引用しました。訳の良否は存じません。

最後に日本語。小川環樹と福永光司の両碩学の訳は、はずせないと思いました。加島祥造さんのは、いま、非専門家のあいだで、いちばんよく売れている「老子」という意味で、これもぜひ含めたいと。拙者は学者じゃないので、専門家と門外漢の仕事を同列に並べることを、とやかく気にしません。良いと思うもの、良いと伺ったもの、おもしろいと思ったもの、そのほか手近にあるもの、……これらをだいたい新しいものから古いものへ、そして原典から時間的・空間的に、最も遠く離れたものから、最も原典に近いものへと並べる。まあ、そんな感じです。


■日本語以外の言語への翻訳についての書誌情報詳細
 Bibliography of translations into non-Japanese languages

□フランス語訳 Translation into French
   Lao Tseu, traduction de Stanislas Julien, 1842
   * More recent reprint include:
    Tao-te-King : Le livre de la voie et de la vertu
    par Lao-Tseu, Jean Eracle, et Stanislas Julien
    (Poche - 10 Nov 2005)
   * E-text found here.


□ドイツ語訳 Translation into German
   Richard Wilhelm's translation, 1911
   * More recent reprints include:
    Das Buch des Alten vom Sinn und Leben,
    Diederichs Eugen, 1991/11
   * E-text found here


□英訳 Translations into English

(E1) Lau, 1963
   D. C. Lau "Lao Tzu - Tao Te Ching," Penguin Classics, 1963.
   * E-text at afpc.asso.fr

(E2) Waley, 1934
   Arthur Waley, The Way and Its Power:
   A Study of the Tao Te Ching and its Place in Chinese Thought
   Allen & Unwin, London, 1934.
   * More recent reprints include:
    The Way and Its Power, Grove Press, 1958/01
   * E-text at afpc.asso.fr

(E3) Carus, 1898
   Lao-Tze's Tao-Teh-King translated by Paul Carus
   Chicago : The Open Court Publishing Company,
   London : Kegan Paul, 1898

(E4) Legge, 1891
   James Legge, The Texts of Taoism I and and II
   (Sacred Books of China 39 and 40)
   Clarendon Press, Oxford, 1891/Humphrey Milford, London, 1891
   * More recent reprints include:
    The Texts of Taoism I (Sacred Books of China 39),
    Kessinger Pub Co, 2004/07 and
    The Texts of Taoism II,  (Sacred Books of China 40),
    Kessinger Pub Co, 2004/07
   * E-text found here and here


■現代日本語訳についての書誌情報詳細
 Bibliography of the Japanese translations quoted above

(J1) 神塚 2010
   神塚淑子(かみつか・よしこ)=著 『「老子」—〈道〉への回帰
   書物誕生—あたらしい古典入門 岩波書店 2010/11/27

(J2) 岬 2009
   岬龍一郎(みさき・りゅういちろう)=著
   『新訳 老子—雲のように、水のように、自由に生きる』2009/10/23

(J3) 蜂屋 2008
   蜂屋邦夫(はちや・くにお)=著 『老子』 岩波文庫 2008/12

(J4) 林田 2002
   林田愼之助(はやしだ・しんのすけ)=著 『「タオ=道」の思想
   講談社現代新書 2002/10

(J5) 加島 1993, 2000
   加島祥造(かじま・しょうぞう)=訳
   a.タオ—老子』 筑摩書房 2000/03
   b.タオ・ヒア・ナウ』 パルコ出版 1993/01
   引用は a. に拠りました。なお、a.は、b. の「改訳」ではなく「別個の
   訳業」だと、a. の「あとがき」に断り書きがあります。いずれにせよ、
   a. は、通常の翻訳というよりは、いわゆる「自由訳」とか「超訳」に
   ちかい、一種の意訳もしくは翻案というべきでしょう。版元の目録
   やオンライン書店などでは「全訳創造詩」だと紹介されています。

(J6) 金谷 1988, 1997
   金谷治(かなや・おさむ)=編訳
   a.老子—無知無欲のすすめ』 講談社学術文庫 1997/04
   b.老子—「無知無欲」のすすめ』 講談社 1988/02
   a.b. は、一見おなじタイトルのようですが、よく見るとカッコ
   「 」の有る無しが違います(笑)。引用は a. に拠りました。

(J7) 吉永+杉山 1988
   吉永慎二郎+杉山一也 第五章 『老子』訳(抄)
   加地伸行=編 『老子の世界』 新人物往来社 1988/02 所収

(J8) 和田 1987, 1994
   和田武司=訳 蔡志忠=作画 野末陳平=監修
   a.マンガ 老荘の思想』 講談社+α文庫 1994/09
   b.マンガ 老荘の思想』 講談社 1987/11
   引用は a. に拠りました。

(J9) 福永 1978, 1997
   福永光司(ふくなが・みつじ)=訳
   a.中国古典選 老子』 吉川幸次郎=監修 朝日選書 1997/01
   b.中国古典選 老子(上)』 朝日文庫 1978/09
   c.中国古典選 老子(下)』 朝日文庫 1978/10
   a.b. および c. を合册した「拡大版」。引用は a. に拠りました。

(J10) 小川 1973, 1997
   小川環樹(おがわ・たまき)=訳注
   a.老子』 中公文庫 改版 1997/03
   b.老子』 中公文庫 初版 1973/06
   引用は a. に拠りました。

(J11) 山室 1967
   山室三良(やまむろ・さぶろう)=著 『老子』 中国古典新書
   明徳出版社 1967/03

(J12) 阿部+山本 1966
   阿部吉雄+山本敏夫+市川安司+遠藤哲夫=著
   『新釈漢文大系7 老子・荘子(上)』1967/11/05

(J13) 原 1964
   原富男=著 『現代語訳 老子』 春秋社 1964/10/10

(J14) 木村 1959
   木村英一=著 『老子の新研究』 創文社 1959/01/30

(J15) 武内 1943
   武内義雄=譯註 『老子』 岩波文庫 1943/03


■更新履歴 Change log

2013/08/26 目次を新設しました。
2013/01/25 ブルガリア語訳を追加しました。
2012/07/24 ロシア語訳、ポルトガル語訳、およびスペイン語訳を追加しました。
         また、スペイン語による解説の YouTube 動画も追加しました。
2012/05/07 岬龍一郎=著 2009/10/23 を追加しました。
2010/07/05 英訳 Carus, 1898、阿部吉雄+山本敏夫=通釈 1967/11/05、
         原富男=現代語訳 1964/10/10、木村英一=國譯 1959/01/30
         を追加しました。
2010/07/04 神塚淑子=著 2010/11/27 および老子 (第十九章——第二十七章)
         の YouTube 動画を追加し、中国語原文のテキストテキストを修正
         しました。また、「史上2番目に多く英訳された本」の項にホルムズ・
         ウェルチに関する記述を加えるなど修正を施しました。さらに、
         ブログ記事のタイトルに著者名の英文表記を加えるなどして、
         つぎのように変更しました。

         旧題: 「おっぱい」は好きなだけ吸うがいい 『老子 道徳経』第20章
              Tao Te Ching 20
         新題: 「おっぱい」は好きなだけ吸うがいい 『老子 道徳経』第20章
              Chapter 20, Tao Te Ching / Dao De Jing by Lao Tzu / Laozi

2009/01/30 蜂屋邦夫=訳注 2008/12 を追加しました。
2006/09/28 武内義雄=譯註 1943/03 に依る読み下し文を追加しました。


にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ翻訳ブログ人気ランキング参加中

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages

(1) "Tao Te Ching"

(2) "Dao De Jing"

■和書 Books in Japanese

(1)「老子」

(2)「タオ」

■音楽 Music

  

| | Comments (3) | TrackBack (0)

Sunday, 03 September 2006

How Proust Can Change Your Life by Alain de Botton (1)

      How Proust Can Change Your Life by Alain de Botton (2) >>

Alaindebotton_proust
 
 
ジョイスとプルーストの邂逅について
On the meeting of James Joyce and Marcel Proust
 
 
■日本語訳 Translation into Japanese

(……)一九二二年、ホテル・リッツで開かれた、ブラック・タイ着用のディナーに二人の作家はそろって出席していた。そのディナーは、ストラヴィンスキー、ディアギレフ、ロシア・バレエの団員たちのために催された、ストラヴィンスキーの『狐』の初日を祝う宴だった。ジョイスは遅刻し、タキシードを着ていなかった。プルーストは一晩じゅう毛皮のコートを着たままだった。ジョイスはのちに、二人が互いに紹介されたあとの経緯を、ある友人に報告している。

  我々の会話を成していた言葉は「ノン」だけだった。プルーストは私に、なんと
  か侯爵を知っているかと訊ねてきた。「ノン」と答えた。女主人がプルーストに、
  『ユリシーズ』のどこそこを読んだかと質問した。プルーストは「ノン」と言っ
  た、以後も同様。

ディナーのあと、プルーストはディナーの主催者であったヴァイオレットとシドニー・シフとともにタクシーに乗り込んだ。ジョイスは許可も得ずにそれにつづいた。(……)

   アラン・ド・ボトン=著 畔柳和代(くろやなぎ・かずよ)=訳
   『プルーストによる人生改善法』白水社 1999/01
 
 
■イタリア語訳 Translation into Italian

Botton_italian
    * Guanda (2003)
    * Excerpt at noveporte.it
    * Excerpt at MarcelProust.it
 
 
■フランス語訳 Translation into French

Botton_french

    Alain de Botton "Comment Proust peut changer votre vie"
    Paperback: Editions 10/18 (2002/04)
    Excerpt at: Rencontre & rencontre
 
 
■英語原文 The original text in English

(……)In 1922, both writers were at a black-tie dinner given at the Ritz for Stravinsky, Diaghilev and members of the Russian Ballet, in order to celebrate the first night of Stravinsky's Le Renard. Joyce arrived late and without a dinner jacket, Proust kept his fur coat on throughout the evening and what happened once they were introduced was later reported by Joyce to a friend:

  'Our talk consisted solely of the word "Non". Proust asked me if I
  knew the work of so-and-so. I said, "Non." Our hostess asked Proust
  if he had read such and such a piece of Ulysses. Proust said, "Non."
  And so on.'

After dinner, Proust got into his taxi with his hosts, Violet and Sydney Schiff, and without asking, followed them in.(……)

   How Proust Can Change Your Life by Alain de Botton (1997)
   * Hardcover: Pantheon Books, 1st edition (1997/05)
   * Paperback: Vintage Books (1998/05)
   * Excerpt at Salon | How Proust Can Change Your Life: Not ...
   * Excerpt at AlainDeBotton.com
 
 
■tomokilog 関連記事
 Related articles from tomokilog:

   How Proust Can Change Your Life by Alain de Botton (2),
   2006 /12/23
 
 
↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザの画面を更新すると入れ替わります。 
↓ Renew the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Friday, 01 September 2006

The World According to Garp by John Irving ジョン・ア−ヴィング 『ガープの世界』

■本の表紙、映画のポスター、DVDのジャケットなど
 Book and DVD covers, Film posters, etc.

zh Zh_trad__2018740402099b ja Ja_the_world_according_to_garp he He_world_according_to_garp

hu Hu_garp_szerint_a_vilag ru Ru___poster pl Pl_swiat_wedlug_garpa_71506613

lt Lt_pasaulispagalgarpa sk Sk_svet_podla_garpa_33024 cs Cs_svet_podle_garpa

fi Fi_garpin_maailma sv Se_garp_och_hans_varld da Da_verden_iflge_garp_8700756245

de De_garp_und_wie_er_die_welt_sah nl Nl_52744115literatuurjohnirvingdewe it It_il_mondo_secondo_garp_copertin_3

br Br_o_mundo_segundo_garp pt Pt_o_estranho_mundo_de_garp_1332520 es Es_elmundodeacuerdoagarp

es Es_el_mundo_segun_garp_222160124_2 fr Fr_le_monde_selon_garp_732195011261 en En_the_world_according_to_garp_dvd


■さまざまな言語に訳されたタイトル The title translated into various languages

[zh] 蓋普眼中的世界 中国語
[ja] ガープの世界 日本語
[he] העולם על פי גארפ ヘブライ語
[hu] Garp szerint a világ ハンガリー語
[ru] Мир по Гарпу ロシア語
[pl] Swiat wedlug Garpa ポーランド語
[lt] Pasaulis pagal Garpą リトアニア語
[sk] Svet podľa Garpa スロバキア語
[cs] Svět podle Garpa チェコ語
[fi] Garpin maailma フィンランド語
[sv] Garp och hans värld スウェーデン語
[da] Verden ifølge Garp デンマーク語
[de] Garp und wie er die Welt sah ドイツ語
[nl] De wereld volgens Garp オランダ語
[it] Il mondo secondo Garp イタリア語
[br] O Mundo Segundo Garp ブラジル・ポルトガル語
[pt] O Estranho Mundo de Garp ポルトガル語
[es] El mundo de acuerdo a Garp スペイン語(アルゼンチンほか)
[es] El mundo según Garp スペイン語
[fr] Le Monde selon Garp フランス語
[en] The World According to Garp 英語


■中國語譯(繁體字)Translation into traditional Chinese

一九四二年,蓋普的母親珍妮‧費爾茲,在波士頓的電影院裡,因殺傷一名軍人而遭逮捕。當時日本剛轟炸過珍珠港,社會大眾對軍人特別包容,而且忽然間,所有人都變成了軍人,但珍妮仍堅持對所有男人(尤其是軍人)的劣行絕不寬假。她在電影院裡接連換了三次位子,但每換一次,那個軍人卻反而湊得更近,最後她被迫緊貼在散發陣陣霉味的牆角,正放映新聞短片的銀幕,也大半被柱子遮住,這麼一來,她打定主意,絕不再起身換位了。但那名軍人卻再一次挪過來,湊坐在她身旁。

   《蓋普眼中的世界》 著/約翰‧厄文 圓神出版
   E-text at NOWnews (今日新聞網)


■日本語訳 Translation into Japanese
 
ガープの母、ジェニー・フィールズは一九四二年、映画館での傷害罪のためボストンで逮捕された。日本軍の真珠湾攻撃からしばらくあとのことで、国じゅうがとつぜん兵士のような熱にうかされているときだったから、だれもが兵士に対しては寛大だったが、ジェニー・フィールズだけは男一般、とくに兵士の行動に対してはきわめて厳しかった。映画館で彼女は三回も席を移らねばならなかったが、その都度、兵士がそばに寄ってきて、彼女はとうとうカビ臭い壁ぎわまで追いつめられ、バカみたいな柱のためニュースがほとんど見えなくなったけれど、もう立ち上がって席を変えたりするものかと心に決めた。兵士がもういちど立って、彼女のとなりに座った。

   ジョン・ア−ヴィング=作 筒井正明=訳
   a. ガープの世界(上)』 サンリオ文庫 1985/05
   b.ガープの世界(上)』 新潮文庫 1988/10
   引用は a. に拠りました。


■ドイツ語訳 Translation into German

Garps Mutter, Jenny Fields, wurde 1942 in Boston festgenommen, weil sie einen Mann in einem Kino verletzt hatte. Es war kurz nachdem die Japaner Pearl Harbor bombardiert hatten, und die Leute ließen den Soldaten viel durchgehen, weil plötzlich jeder Soldat war, Jenny Fields aber ließ Männern im Allgemeinen und Soldaten im Besonderen nichts durchgehen. Im Kino hatte sie dreimal weiterrücken müssen, aber jedes Mal war der Soldat noch näher an sie herangerückt, bis sie an der modrigen Wand saß, wo irgendeine alberne Säule ihr fast die ganze Sicht auf die Wochenschau versperrte. Da beschloss sie, nicht noch einmal aufzustehen und weiterzurücken. Der Soldat jedoch rückte abermals weiter und setzte sich direkt neben sie.

   Garp und wie er die Welt sah by John Irving
   Excerpt at Büchergilde


■スペイン語訳 Translation into Spanish

Jenny Fields, la madre de Garp, fue arrestada en Boston en 1942, por herir a un hombre en un cine. El hecho ocurrió poco después del bombardeo japonés a Pearl Harbor. Entonces la gente se mostraba tolerante con los soldados, porque, de pronto, todos eran soldados, pero Jenny Fields seguía firme en su intolerancia respecto al comportamiento de los hombres en general y de los soldados en particular. En el cine tuvo que cambiar tres veces de asiento, pero en todas las ocasiones el soldado volvió a acercarse a ella, hasta que quedó sentada contra la mohosa pared, detrás de una columna tonta que apenas le permitía ver el noticiario, y decidió que no volvería a levantarse y cambiar de sitio. El soldado apareció a su lado una vez más.

   El mundo según Garp by John Irving
   Excerpt at Palabras Libros


■フランス語訳 Translation into French

La mère de Garp, Jenny Fields, fut arrêtée en 1942 à Boston, pour avoir blessé un homme dans un cinéma. Cela se passait peu de temps après le bombardement de Pearl Harbor par les Japonais, et les gens manifestaient une grande tolérance envers les militaires, parce que, brusquement, tout le monde était militaire, mais Jenny Fields, pour sa part, restait inébranlable dans l’intolérance que lui inspirait la conduite des hommes en général et des militaires en particulier. Dans le cinéma, elle avait dû changer trois fois de place, mais, le soldat s’étant chaque fois rapproché un peu plus, elle avait fini par se retrouver le dos contre le mur moisi, avec, entre elle et l’écran, un stupide pilier qui lui bouchait pratiquement la vue; aussi avait-elle pris la décision de ne plus bouger. Le soldat, quant à lui, se déplaça une nouvelle fois et vint s’asseoir près d’elle.

   Le monde selon Garp by John Irving
   E-text at Incipit, Extraits.


■英語原文 The original text in English

Garp's mother, Jenny Fields, was arrested in Boston in 1942 for wounding a man in a movie theater. This was shortly after the Japanese had bombed Pearl Harbor and people were being tolerant of soldiers, because suddenly everyone was a soldier, but Jenny Fields was quite firm in her intolerance of the behavior of men in general and soldiers in particular. In the movie theater she had to move three times, but each time the soldier moved closer to her until she was sitting against the musty wall, her view of the newsreel almost blocked by some silly colonnade, and she resolved she would not get up and move again. The soldier moved once more and sat beside her.

   The World According to Garp (1978) by John Irving
   Excerpt at:
   * ReadingGroupGuides.com
   * RandomHouse.com 
   * www.bookclubs.ca
   * Powell's Books


Garp_french_1Garp_englishGarp_japanese


■更新履歴 Change log

2012-11-09 「本の表紙、映画のポスター、DVDのジャケットなど」の項と
         「さまざまな言語に訳されたタイトル」の項を新設しました。
2012-09-29 ドイツ語訳とスペイン語訳を追加しました。


■DVD

■洋書 Books in non-Japanese languages
(1)

(2)

■和書 Books in Japanese

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2006 | Main | October 2006 »