« Unbeaten Tracks in Japan by Isabella L. Bird (1) イザベラ・バード/イサベラ・バード 『日本奥地紀行』『イザベラ・バードの日本紀行』 (1) | Main | 肉饅頭の肉 - 水滸伝 Water Margin »

Saturday, 25 November 2006

「首飛ばし族」「首の飛ぶ女」「ろくろ首」「落頭民」(干宝『捜神記』より) The Tribe with Flying Heads (from In Search of the Supernatural: The Written Record) by Bao Gan

 Gallery 1 
中国語原書、英訳版、フランス語訳版 Books in Chinese, English, and French

a. Zh_9787538247916 b. En_9780804725064 c. Fr_9782070727674

↑ クリックして拡大 Click to enlarge ↑

■英訳 Translation into English

In Ch'in times, in the south, there lived the Headfall people whose heads were capable of flying about. This particular tribe conducted sacrifices which they named "Insect Fall," and from that ceremony they took their name.

In Wu times, General Chu Huan took a captive maid from there, and each night when he had fallen asleep, her head would suddenly begin to fly about. It would fly in and out of the dog door or the skylight using its ears as wings; toward dawn it would return to its proper place— and this happened many, many times.

Those around General Chu Huan found this very strange, and late one night they came with torches to observe. They found only the body of the girl, the head being missing. Her body was slightly chilled, and her breathing was labored. They covered the body completely with a counterpane, and near dawn the head returned, only to be balked by the bedcovers. Two or three times it attempted to get under the covers with no success; it finally fell to the floor. The sounds it made were piteous indeed, and the body's breathing became agitated. It appeared to be on the brink of death when the men pulled back the covers, and the head rose again to attach itself to the neck. A short while later, her respiration became tranquil.


■フランス語訳 Translation into French

Sous les Qin, existait dans le sud un peuple appelé les Têtes dispersées. Leur tête pouvait, en effet, s'envoler. Ces gens pratiquaient un type de sacrifices appelés « bêtes dispersées », d'où leur nom. 

A l'époque de Wu, le général d'armée Zhu Huan captura une esclave. Chaque nuit, après s'être couchée, sa tête la quittait en s'en volant; passant parfois dans le trou réservé aux chiens, parfois sortant ou rentrant par une lucarne; ses oreilles faisaient office d'ailes. Quand l'aube était sur le point de blanchir, elle revenait à sa place.

Cela dura un certain temps, mais son compagnon soupçonna quelque étrangeté. Au beau milieu de la nuit, il scruta sa couche et n'y vit qu'un corps sans tête. Ce corps était presque froid et le souffle de la respiration en était absent en permanence. Il le recouvrit d'une couverture. Mais quand l'aube parut, la tête revint. Empêchée par ce couvre-lit, elle ne trouva pas le repos : à deux ou trois reprises, elle tomba à terre en criant de douleur et de colère, gagnée par l'inquiétude. Ses souffles corporels furent pris d'une agitation extrême, donnant l'impression d'être sur le point de trépasser. La couverture ôtée, la tête se releva et vint se rattacher au cou. En peu de temps, elle retrouva son calme.


 Gallery 2 
日本語訳各種 Various translations in Japanese

a. 200611_sano_soushinki_meijishoin  b. 200608_chugoku_kaiki_shousetsushu_n  c. Okamoto_frontier_nisen

d. 2004_soushinki_hakuteisha  e. 2000_soushinki_heibonsha_library  f. 1964_soushinki_toyobunko
↑ クリックして拡大 Click to enlarge ↑

■日本語訳 Translations into Japanese

(J1) 佐野 2006
秦の時代のこと。南方に落頭民(らくとうみん)という種族がいた。落頭民の首は空を飛ぶことができた。その人達には「虫落」という祭りがあったため、そこから、この名前がつけられた。

呉の時代のこと。将軍の朱桓(しゅかん)は一人の婢を雇った。毎晩、夜寝た後、婢
の首が飛んで行ってしまう。あるときはイヌくぐりから、またあるときは、天窓から出入りし、耳が翼の代わりをしていた。夜が明けようとする頃になると首が戻ってくるのだった。このようなことがたびたびあり、周りの人は不審に思った。夜中に婢を照らしてみると、ただ首から下の胴体だけがあり、頭部がなかった。体はすこし冷たくなっていて、呼吸もかすかだった。そこで、体に布団をかぶせておいた。明け方に、首が帰ってきたところ、布団に遮られ、合体できなかった。首は二三度近づいては離れ、床に落ちて、悲しげにうめいた。呼吸も荒くなり、今にも死にそうなようすだった。そこで、布団をはがすと、首は再び起きあがり、首の付け根と繋がった。しばらくたつと落ち着いた。(『捜神記』巻12-306、『博物誌』巻3-101)


(J2) 前野 1959, 竹田 1964
秦のころ、南方に「落頭民」という部族があった。その人々は首だけが飛ぶのである。部族には祭りの儀式があって、それを虫落と呼ぶために、この名前がつけられた。

三国の呉の時代に、将軍の朱桓(かん)がひとりの女中をやとったが、毎晩寝たあとで、その首が飛んで行ってしまう。時には犬くぐり(注)、時には天窓から出入りするのであって、耳を翼にして飛ぶ。夜明けが近づくと帰って来るのである。こんなことが何度もあったので、わきに寝ている者が不審を抱き、夜中にあかりをつけて見たら、胴体だけで首がなかった。からだはいくらか冷たくなっており、息はどうやら通っている程度である。そこで蒲団をかぶせておくと、明け方になって首が帰って来た。しかし蒲団に邪魔されて胴体につくことができず、二、三度近づいては離れたのち、地上に落ちしまった。そして、悲しそうに溜息をつき、息づかいもたいそう荒くなり、今にも死にそうな様子に見える。そこで蒲団をどけてやると、首はまた飛びあがって、頸(くび)のつけ根についた。そしてまもなく、すやすやと寝息を立て始めた。

(注) 犬くぐり 壁や垣根の下部に穴をあけ、夜間でも犬が出入りできるようにしてあるもの。

  • 前野氏は下の b. 全集版の訳を、弟子である竹田氏に譲渡した。そのため、竹田氏はこれを a. 東洋文庫版に竹田訳として再録した。

(J3) 岡本 1935, 1978, etc.
秦(しん)の時代に、南方に落頭民(らくとうみん)という人種があった。その頭(かしら)がよく飛ぶのである。その人種の集落に祭りがあって、それを虫落(ちゅうらく)という。その虫落にちなんで、落頭民と呼ばれるようになったのである。

呉(ご)の将、朱桓(しゅかん)という将軍がひとりの下婢(かひ)を置いたが、その女は夜中に睡(ねむ)ると首がぬけ出して、あるいは狗竇(いぬくぐり)から、あるいは窓から出てゆく。その飛ぶときは耳をもって翼(つばさ)とするらしい。そばに寝ている者が怪しんで、夜中にその寝床を照らして視(み)ると、ただその胴体があるばかりで首が無い。からだも常よりは少しく冷たい。そこで、その胴体に衾(よぎ)をきせて置くと、夜あけに首が舞い戻って来ても、衾にささえられて胴に戻ることが出来ないので、首は幾たびか地に堕(お)ちて、その息づかいも苦しく忙(せわ)しく、今にも死んでしまいそうに見えるので、あわてて衾を取りのけてやると、首はとどこおりなく元に戻った。 


■中国語原文(簡体字)The original text in simplified Chinese

秦时,南方有“落头民”,其头能飞。其种人部有祭祀,号曰“虫落”,故因取名焉,吴时,将军朱桓,得一婢,每夜卧后,头辄飞去。或从狗窦,或从天窗中出入,以耳为翼,将晓,复还。数数如此,傍人怪之,夜中照视,唯有身无头,其体微冷,气息裁属。乃蒙之以被。至晓,头还,碍被不得安,两三度,堕地。噫咤甚愁,体气甚急,状若将死。乃去被,头复起,傅颈。有顷,和平。

  • 干宝 《搜神记》 第十二卷
  • E-text at 维基文库 (Wikisource)

■中國語原文(繁體字)The original text in traditional Chinese

秦時,南方有「落頭民,」其頭能飛。其種人部有祭祀,號曰「蟲落,」 故因取名焉,吳時,將軍朱桓,得一婢,每夜臥後,頭輒飛去。或從狗竇 ,或從天窗中出入,以耳為翼,將曉,復還。數數如此,傍人怪之,夜中照視,唯有身無頭,其體微冷,氣息裁屬。乃蒙之以被。至曉,頭還,礙被不得安,兩三度,墮地。噫吒甚愁,體氣甚急,狀若將死。乃去被,頭復起,傅頸。有頃,和平。


■外部リンク External links


■更新履歴 Change log

  • 2014/05/01 英訳、フランス語訳、簡体字中国語原文、および表紙画像を追加しました。また、「参考」の項を「外部リンク」と改め、リンクを追加しました。
  • 2013/11/15 岡本綺堂=訳の書誌情報を修正・補足しました。
  • 2007/12/09 佐野誠子=著 2006/11 を追加しました。また、この記事のタイトルを「首の飛ぶ女 - 干宝『捜神記』」から「「首飛ばし族」「首の飛ぶ女」「ろくろ首」「落頭民」(干宝『捜神記』より)」に変更しました。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ翻訳ブログ人気ランキング参加中

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■和書 Books in Japanese

  

|

« Unbeaten Tracks in Japan by Isabella L. Bird (1) イザベラ・バード/イサベラ・バード 『日本奥地紀行』『イザベラ・バードの日本紀行』 (1) | Main | 肉饅頭の肉 - 水滸伝 Water Margin »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「首飛ばし族」「首の飛ぶ女」「ろくろ首」「落頭民」(干宝『捜神記』より) The Tribe with Flying Heads (from In Search of the Supernatural: The Written Record) by Bao Gan:

« Unbeaten Tracks in Japan by Isabella L. Bird (1) イザベラ・バード/イサベラ・バード 『日本奥地紀行』『イザベラ・バードの日本紀行』 (1) | Main | 肉饅頭の肉 - 水滸伝 Water Margin »