« Cannibalism in the Cars by Mark Twain マーク・トウェイン 「列車内の人食い事件」「人喰い列車」「車中人肉を喰ふ話」「雪に埋もれた汽車」 | Main | The Rich Boy by F. Scott Fitzgerald フィッツジェラルド / フィツジェラルド 「お坊ちゃん」「リッチ・ボーイ」「金持ち階級の青年」「金持の御曹子」「金持の青年」「富豪青年」 »

Tuesday, 28 November 2006

Churchill at War 1940-45 by Lord Moran

Churchill_at_war
 
  
■日本語訳 Translation into Japanese

一九四五年七月二十三日

 首相の部屋に入ると、彼は朝食をとっていた。ソーヤーズを引き取らせたあと、ひどくおごそかな表情になっていう。
「絶対に他言無用だぞ。われわれは原子爆弾の実験に成功したのだ……米国は世界を変える力が与えられた。ロシア人が先に原子爆弾を持ったとしたら、文明世界は抹殺されたに違いない。ロンドンに落としたら、全市が消えてなくなるだろう。この爆弾は日本の軍隊ではなく、都市に対して使われることになる。ロシア人に隠しておくのは礼儀に反するので、きょう通告が行なわれるはずだ。世界を救うために間に合ってよかったと思う」
 日本に原子爆弾を使用するという残酷な決定は、わたしに深刻なショックを与えたことを認めないわけにいかない。大戦の全期間を通じて、このときほど黯然とし、将来が絶望的に感じられたことがない。わたしは息子たちの行く末に思いをはせた。

   ロード・モーラン=著 新庄哲夫=訳
   『チャーチル—生存の戦い』河出ワールド・ブックス9
   河出書房新社 1967/03
   (1966年刊 英国コンスタブル社版の抄訳)
 
 
■英語原文 The original text in English

July 23, 1945

When I went into the P.M.'s room this morning he was breakfasting. I found Sawyers mopping the table by the bed; (......)
  'Oh, leave it, Sawyers, leave it. Come back later.'
  Immediately Sawyers had left the room the P.M. turned to me with great solemnity.
  I am going to tell you something you must not tell to any human being. We have split the atom. The report of the great experiment has just come in. A bomb was let off in some wild spot in New Mexico. (......) It gives the Americans the power to mould the world. (......) If the Russians had got it, it would have been the end of civilization. Dropped on London, it would remove the City. It is to be used in Japan, on cities, not on armies. We thought it would be indecent to use it in Japan without telling the Russians, so they are to be told today. It has just come in time to save the world.'
(......)
  I own I was deeply shocked by this ruthless decision to use the bomb in Japan. (......) There had been no moment in the whole war when things looked to me so black and desperate, and the future so hopeless. (......) I thought of my boys.

   Churchill at War 1940-45
   by Lord Moran
   This abridged and revised editioni published by Robinson,
   an imprint of Constable & Robinson Ltd, 2002

   First published in the UK as:
   Churchill: The Struggle for Survival 1940-1965
   by Constable and Company, 1966
 
 
■著者について About the author

ロード・モーラン(モーラン卿)の、もともとの名はチャールズ・マクモーラン・ウィルソン。1943年、初代モーラン男爵に叙せられた。1940年からウィンストン・チャーチルの主治医を務めた。本書はチャーチルの死から1年後に、医師本人の日記を出版したもの。患者についての守秘義務などとの関係から、公刊は物議をかもした。   

Charles McMoran Wilson was created 1st Baron Moran of Manton in 1943. He became Winston Churchill's doctor in 1940 and remained so until Churchill's death in 1965. 
 
 
■関連サイト Related websites

* Charles Wilson, 1st Baron Moran - Wikipedia

* Wellcome Library blurb on Lord Moran
 
 
■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

|

« Cannibalism in the Cars by Mark Twain マーク・トウェイン 「列車内の人食い事件」「人喰い列車」「車中人肉を喰ふ話」「雪に埋もれた汽車」 | Main | The Rich Boy by F. Scott Fitzgerald フィッツジェラルド / フィツジェラルド 「お坊ちゃん」「リッチ・ボーイ」「金持ち階級の青年」「金持の御曹子」「金持の青年」「富豪青年」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58807/12852864

Listed below are links to weblogs that reference Churchill at War 1940-45 by Lord Moran:

« Cannibalism in the Cars by Mark Twain マーク・トウェイン 「列車内の人食い事件」「人喰い列車」「車中人肉を喰ふ話」「雪に埋もれた汽車」 | Main | The Rich Boy by F. Scott Fitzgerald フィッツジェラルド / フィツジェラルド 「お坊ちゃん」「リッチ・ボーイ」「金持ち階級の青年」「金持の御曹子」「金持の青年」「富豪青年」 »