« "A half-naked fakir" - Churchill on Gandhi 「半裸のこじき坊主」——チャーチル、ガンディーをこきおろす | Main | Reunion by John Cheever ジョン・チーヴァー 「再会」「父との再会」 »

Sunday, 10 December 2006

The North London Book of the Dead by Will Self ウィル・セルフ 「北ロンドン死者の書」

 Image gallery 
表紙画像 Cover photos

↓ クリックして拡大 Click to enlarge ↓

ja Ja_9784022642721 pl Pl_self_ilosciowateoriaszalenstwa_9 de De_will_self_9783499224140

it It_cordiali_saluti_da_un_mondo_insa fr Fr_9782020497503 en En__will_self_9780679750949

[ja] ISBN 9784022642721 夜の姉妹団 2001 日本語 「北ロンドン死者の書」を収録
[pl] ISBN 9788371504952 Ilościowa teoria szaleństwa 1999 ポーランド語
[de] ISBN 9783499224140 Die Quantitätstheorie des Irrsinns 2001 ドイツ語
[it] ISBN 9788807700682 Cordiali saluti da un mondo insano 1995 イタリア語
[fr] ISBN 9782020497503 La théorie quantitative de la démence 2001 フランス語
[en] ISBN 9780679750949 The Quantity Theory of Insanity 1996 英語


■日本語訳 Translation into Japanese

「でも母さん、クラウチ・エンドなんかで何してるの? 母さん、死んだんでしょ」

 母はキッとなって言った。「知ってるわよ自分が死んだことくらい、あたしがこの十か月何してたと思ってるのよ? カリブ海のクルーズに行ってたとでも?」

「そんなこと僕にわかるわけないだろ。僕らとしてはさ、ゴールダーズ・グリーンの火葬場が母さんの見おさめだったわけでさ、まさか火曜の午後にクラウチ・エンドでばったり会うなんて思いやしなかったよ」。母の態度に、こっちがだんだん不安になってきた。自分が復活したという事実を私が理解できないことに、母は心底驚いているらしいのだ。

「お前こそ、クラウチ・エンドなんかで何してるんだい? 仕事はどうしたんだい?」

「半日休みを取ったんだよ。いまはあんまり忙しくないんだ。どうせ会社にいたって、必要もないのに書類を出し入れして仕事をでっち上げるだけなんだ」

「お前ね、そういう態度が問題なんだよ。まっとうな職に就いてる人間の言うことじゃないよ。いったいどういうつもりだい? お前ときたら、いつだっててっぺんからはじめたがるんだからね。人生こつこつ下から上がっていくもんだってことを学ばなくちゃいけないよ」

「人生? 『人生』なんて母さん関係ないじゃない。それよりさ、死ぬってどういうことか教えてよ! どうして誰にも連絡してくれなかったのさ、クラウチ・エンドで死後の生を生きてるんだって? 電話くらいしてくれたって……」


■英語原文 The original text in English

"But Mother, what are you doing in Crouch End? You're dead."

Mother was indignant, "Of course I'm dead, dummy, whaddya think I've been doing for the last ten months? Cruising the Caribbean?"

"How the hell should I know? I thought we saw the last of you at Golders Green Crematorium, I never expected to see you in Crouch End on a Tuesday afternoon." Mother had me rattled, she seemed to be genuinely astonished by my failure to comprehend her resurrection.

"More to the point, what are you doing in Crouch End? Why aren't you at work?"

"I thought I'd take the afternoon off. There's not a lot on at the office. If I stayed there I'd just be shuffling paper back and forth trying to create some work."

"That's an attitude problem talking, young man. You've got a good job there. What's the matter with you? You always want to start at the top, you've got to learn to work your way up in life."

"Life, Mother? I hardly think "Life" is the issue here! Tell me about what it's like to be dead! Why didn't you tell any of us you were having life after death in Crouch End? You could have called ..."

   The North London Book of the Dead
   in The Quantity Theory of Insanity by Will Self
   Bloomsbury, 1991
   E-text at F2.org


  Map  
Crouch End, North London
Map_of_crouch_end_2
Image source: Streetmap.co.uk Click here for a navigatable map.


■クラウチ・エンドとゴールダーズ・グリーン Crouch End and Golders Green

クラウチ・エンドとゴールダーズ・グリーンは、ともにロンドン北部にある地名。

ゴールダーズ・グリーンのほうは、ユダヤ系の人が多く集まる場所として、地元ではよく知られています。日本人の姿も結構よく見かけます。お隣のハムステッドのような高級イメージはありませんが、住宅地としても悪くないと思います。

クラウチ・エンドのほうは……そうですね、観光客の人気スポットだという噂は、すくなくとも聞いたことがありませんね。じつは、よく知りません。この短篇「北ロンドン死者の書」について、訳者の柴田元幸さんは、やや遠慮気味に、こう書いておられます。

   ロマンの深遠には、あまり縁がなさそうである。東京でいうなら「足立区死者
   の書」「板橋区死者の書」といったところか(足立区・板橋区にお住まいの方
   ごめんなさい、僕自身の住む大田区でもいいのですが、大田区のなかでも田園
   調布あたりを連想されてしまうとうまくないので)。

要するに、言いにくいことをはっきり言うと、クラウチ・エンドは、あまり「イケてない」地名である。そう、ご理解なさったらいいと思います。


■更新履歴 Change log

  • 2013/09/03 表紙画像を差し替えました。
  • 2006/12/12 Map of Crouch End, North London を、より見やすい画像に入れ替えました。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ翻訳ブログ人気ランキング参加中

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

  

|

« "A half-naked fakir" - Churchill on Gandhi 「半裸のこじき坊主」——チャーチル、ガンディーをこきおろす | Main | Reunion by John Cheever ジョン・チーヴァー 「再会」「父との再会」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58807/13006250

Listed below are links to weblogs that reference The North London Book of the Dead by Will Self ウィル・セルフ 「北ロンドン死者の書」:

« "A half-naked fakir" - Churchill on Gandhi 「半裸のこじき坊主」——チャーチル、ガンディーをこきおろす | Main | Reunion by John Cheever ジョン・チーヴァー 「再会」「父との再会」 »