« 易子而食 - 春秋左氏伝 宣公十五年 Zuo Zhuan 504 B.C. | Main | "A half-naked fakir" - Churchill on Gandhi 「半裸のこじき坊主」——チャーチル、ガンディーをこきおろす »

Friday, 08 December 2006

Evelyn Waugh "Decline and Fall" 017

Waugh1945
Evelyn Waugh, 1945.
Image source: The New York Times on the Web
Copyright 1999 The New York Times Company
 
  
■日本語訳 Translations into Japanese

(J1) 
そこで、フェイガン博士は長嘆息した。「先生方についても同じことが言えるといいんだがね。ペニーフェザー君、これはここだけの話だがね、グライムズ君にはかなり早い機会に辞めてもらわなきゃいかん。彼は毛並がよくない(#「よくない」に傍点)、生徒たちはそういうことに目ざといんだね。まあ、いずれにしても、きみの前任者は非の打ちどころのない好青年だった。彼を失ったのは残念至極です。もっとも彼には、夜中の何時でもオートバイで帰ってきて、うちの娘たちを起こす癖があった。おまけに、生徒から金を借りる癖があってね、大金をですよ。とうとう父兄から文句がでて、首を切るしかなくなった。それにしても、非常に残念だった……彼にも(#「彼にも」に傍点)らしさがあったからね」
 フェイガン博士は立ちあがり、シルクハットを少し斜にかぶって、手袋をつけた。
 「じゃあ失敬する、ペニーフェザー君。仲良くやっていけると思うがね、いやあ、そう確信しとるよ。勘で分るんです」
 「失礼します」とポールは言ったものの……
 「九十ポンドの五パーセントで、四ポンド十シリングになりますです」と、レヴィ氏はにこにこ顔で請求した。「お支払いは今でも、最初の学期の給料が出たあとでもけっこうですが。今のお支払いですと、十五パーセント勉強させていただきまして、三ポンド十六シリング六ペンスとなりますです、ハイ」
 「もらってから払います」
 「ハイ、ハイ、それでけっこうでございます。お役に立ててたいへんうれしく存じます、ハイ」

   イーヴリン・ウォ−=作 富山太佳夫=訳
   『大転落』岩波文庫 1991年6月
 
 
(J2)
フェイガン校長はため息をついた、「うちの教員諸君についてもそう言えればいいのだが。ここだけの話だがね、ペニフェザー、わたしはグライムズを近々やめさせねばなるまいと思っている。あの男は毛並が悪い。それに生徒はそういうことに敏感だ。君の前にいた男は全く気持のよい青年だった。あれは失いたくなかった。しかしその男は夜中の何時だろうとバイクで帰ってきては、うちの娘達の目を覚まさせたもんだ。それに生徒達からよく借金をした、それも額が大きいので、父兄が文句をつけたのだ。やめさせざるを得なかった……でも残念だったよ。その男には気品があったからな」
 フェイガン校長は立ちあがり、帽子をいきな角度にかぶり手袋の片方をはめた。
「さよならペニフェザー。われわれは一緒にうまくやっていけそうだね。いや、はっきりそう言えるよ。わたしはこういうことはいつもよくわかるんだ」
「失礼します」とポールは言った。
「九十ポンドの五パーセントは四ポンド十シリングです」とレヴィはにこにこして言った、「今お支払いになっても、最初の学期の俸給を受け取ってからでも結構です。今お支払いになれば、十五パーセント割引きいたします。それだと三ポンド十六シリング六ペンスになります」
「もらってから払うよ」ポールは言った。
「お好きなように。お役に立ててとてもうれしいです」とレヴィは言った。

   イーヴリン・ウォ−=作 柴田稔彦=訳
   『ポール・ペニフェザーの冒険』福武文庫 1991年4月
 
 
■英語原文 The original text in English

Dr Fagan gave a long sigh. 'I wish I could say the same for my staf. Between ourselves, Pennyfeather, I think I shall have to get rid of Grimes fairly soon. He is not out of the top drawer, and boys notice these things. Now, your predecessor was a thoroughly agreeable young man. I was sorry to lose him. But he used to wake up my daughters coming back on his motor bicycle at all hours of the night. He used to borrow money from the boys, too, quite large sums, and the parents objected. I had to get rid of him....Still, I was very sorry. He had tone.'
  Dr Fagan rose, put on his hat at a jaunty angle, and drew on a glove.
  'Good-bye, my dear Pennyfeather. I think, in fact I know, that we are going to work well together. I can always tell these things.'
  'Good-bye, sir,' said Paul....
  'Five per cent of ninety pounds is four pounds ten shillings,' said Mr Levy cheerfully. 'You can pay now or on receipt of your first term's salary. If you pay now there is a reduction of 15 per cent. That would be three pounds six shillings and sixpence.'
  'I'll pay you when I get my wages,' said Paul.
  'Just as you please,' said Mr Levy. 'Only too glad to have been of use to you.'

   Decline and Fall by Evelyn Waugh
   First published by Chapman & Hall 1928
   Published in Penguin Books 1937
   Excerpt based on Penguin's Evelyn Waugh Centenary Edition 2003
 
 
■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

|

« 易子而食 - 春秋左氏伝 宣公十五年 Zuo Zhuan 504 B.C. | Main | "A half-naked fakir" - Churchill on Gandhi 「半裸のこじき坊主」——チャーチル、ガンディーをこきおろす »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58807/12977153

Listed below are links to weblogs that reference Evelyn Waugh "Decline and Fall" 017:

« 易子而食 - 春秋左氏伝 宣公十五年 Zuo Zhuan 504 B.C. | Main | "A half-naked fakir" - Churchill on Gandhi 「半裸のこじき坊主」——チャーチル、ガンディーをこきおろす »