« November 2006 | Main | January 2007 »

December 2006

Sunday, 31 December 2006

莫言 Mo Yan 「愛情」(原題「愛情故事」)

 Video 
[ja] ニュース: 中国人作家莫言、ノーベル文学賞を受賞
[zh] 新闻联播:中国作家莫言获诺贝尔文学奖
[en] Mo Yan, 2012 Nobel Prize in Literature

Published on Oct 11, 2012 by HappySports1


■表紙画像 Cover photos
a. Mo_yan_japanese b. Bkbkd70053 c. 986725273
a. 『白い犬とブランコ—莫言自選短編集』 NHK出版 (2003)
b. 《初恋・神嫖——莫言小説精短系列》 中国・上海文芸出版社 (2000)
c. 《初戀・神嫖》 台灣・麥田出版 (2005)


■日本語訳 Translation into Japanese

その日、彼女は洗い晒した紺ギャバジンの人民服を着ていたが、前ははだけて、白い首筋と肌着のレースがのぞいていた。その下へと目がいって、小弟は慌てて横を向き、白菜の上を飛び回っている二羽の蝶に目をやった。が、蝶の姿は見えず、彼の頭には、何麗萍の両の乳房が人民服の二つの胸ポケットを高々と突き上げている光景がしっかりと刻みつけられた。

   莫言(モォイェン/ばくげん)=著 吉田富夫=訳 「愛情」
   『白い犬とブランコ—莫言自選短編集
   日本放送出版協会(NHK出版)2003/10 所収


■中国語原文(簡体字)The original text in simplified Chinese

那天她穿着一件洗得发白了的蓝华达呢军便装,没扣领扣,露出一节雪白的脖颈和一件内衣的花边,再往下一看,小弟慌忙转头去看在白菜地上飞舞着的两只蝴蝶。他看不见蝴蝶,他脑子里牢牢地记住了何丽萍的两只乳房把军便装的两只口袋高高挺起的情景。

   莫言 爱情故事
   初恋:神嫖—莫言小说精短系列
   上海文艺出版社; 第1版 2000-09-01
   Excerpt at Amazon.cn


■tomokilog 関連記事
 Related articles from tomokilog:

   * 莫言 / モオ・イエン / Mo Yan『豐乳肥臀』Big Breasts & Wide Hips,
    2006/12/21


■外部リンク External links

 [zh] 中文
   * 中国作家莫言获得2012年诺贝尔文学奖 新华网 2012-10-11
   * 莫言 名人堂 读书频道 新浪网
   * 莫言 - Wikipedia (1955- )

 [ja] 日本語
   * ノーベル文学賞:中国の作家、莫言氏に決まる 毎日新聞 2012-10-11
   * ノーベル文学賞に中国の莫言氏 時事ドットコム 2012-10-11
   * 莫言 - Wikipedia (1955- )

 [en] English
   * Chinese writer Mo Yan wins Nobel literature prize USA Today 2012-10-11
   * Chinese author Mo Yan wins Nobel Prize for Literature BBC News 2012-10-11
   * Mo Yan - Wikipedia (1955-  )


■更新履歴 Change log

2012/10/11 ノーベル賞受賞のニュース映像と外部リンクの項を新設しました。


にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ翻訳ブログ人気ランキング参加中

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese     ■DVD
 

  

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Saturday, 30 December 2006

Yesterday by John Lennon & Paul McCartney レノン&マッカートニー 「イエスタデイ」

           目次 Table of Contents

    Images  シングルとアルバムのジャケット Single and album covers
   ■中国語訳(簡体字)Translations into simplified Chinese
     (C1)
     (C2) 萧饮寒 2006
     (C3)
   ■韓国語訳 Translation into Korean
   ■日本語訳 Translations into Japanese
     (J1) 内田 2000
     (J2) 林 2000
     (J3) 川越 1993
     (J4) 岩谷 1985
     (J5) 片岡 1973
   ■アラビア語訳 Translation into Arabic
   ■ヘブライ語訳 Translation into Hebrew
   ■トルコ語訳 Translation into Turkish
   ■ロシア語訳 Translation into Russian
   ■セルビア語訳 Translation into Serbian
   ■ポーランド語訳 Translation into Polish
   ■チェコ語訳 Translations into Czech
   ■スウェーデン語訳 Translation into Swedish
   ■デンマーク語訳 Translation into Danish
   ■ドイツ語訳 Translations into German
     (D1)
     (D2)
   ■オランダ語訳 Translation into Dutch
   ■イタリア語訳 Translation into Italian
   ■ポルトガル語訳 Translation into Portuguese
   ■カタルーニャ語訳(カタロニア語訳) Translation into Catalan
   ■スペイン語訳 Translation into Spanish
   ■フランス語訳 Translations into French
     (F1)
     (F2)
    Video  イエスタデイ Yesterday
   ■英語原文 The original text in English
   ■おことわり Disclaimer
   ■更新履歴 Change log


 Images 
シングルとアルバムのジャケット Single and album covers
a. Beatlessinglesyesterday b. Yesterday_and_today_1

  • The U.S. single cover for Yesterday
  • The album cover for Yesterday . . . and Today, which replaced the notorious "Butcher" cover

■中国語訳(簡体字)Translations into simplified Chinese

(C1)
在昨日,我所有的烦恼似乎已远去
而现在,烦恼好像依然环我周围
oh,我只相信昨天
[以下略]

   * 《Yesterday》 (The Beatles)的中文歌词 - 搜搜问问
   * Beatles-Yesterday_庸人的世界_百度空间


(C2) 萧饮寒 2006
昨天 我所有的烦恼似乎已远去
现在 这烦恼仿佛又回到我身边
哦 我还是相信昨天
[以下略]

   《昨天》 萧饮寒译 2006/07/15
   Beatles·Yesterday - 末代行吟者之歌 - 歪酷博客 Ycool Blog


(C3)
昨日 我所有的烦恼似乎已远去
而现在 烦恼好像又围绕在我周围
哦 我怀念昨日往事
[以下略]

   《Yesterday》- 来自1965的经典老歌 - 水神殿深处的回廊


■韓国語訳 Translation into Korean

어제, 내 모든 문제는 너무 멀리 보였다
지금은 그들이 숙박 여기 것처럼 보인다
아, 나는 어제 믿습니다.
[以下略]

   The Beatles - Yesterday (1965) - Korean-lyrics.com


■日本語訳 Translations into Japanese

(J1) 内田 2000
昨日ははるかな彼方にあった苦悩が
今は僕のもとに居すわろうとしている
ああ すべてが輝いていた——昨日
[以下略]

   ジョン・レノン+ポール・マッカートニ−=作
   内田久美子=訳 「イエスタデイ」
   『ビートルズ全詩集(改訂版)』 2000/12 所収
   発行:ソニー・ミュージック・パブリッシング
   発売:シンコー・ミュージック


(J2) 林 2000
ついきのうまで、なにごともなかったのに
いまぼくのこころには、くるしみばかり
だから きのうまでの日々だけを信じていたい
[以下略]

   林望=著 「ついきのうまで…」
   『林望私譯 新海潮音——心に温めておいた四十三の英詩
   駿台曜曜社 2000/01 所収


(J3) 川越 1993
昨日まで
悩みなど遠いものだと思っていた
でも今ではここから離れない
僕は昨日までの日々を信じている
[以下略]

   作詞・作曲: ポール・マッカートニー、ジョン・レノン
   川越由佳(かわごえ・ゆか)=対訳 「イエスタデイ」
   神保尚武(じんぼう・ひさたけ)=監修 湯川れい子(ゆかわ・れいこ)=解説
   『やさしく歌える英語のうた 1』 日本放送出版協会 1993/01 所収


(J4) 岩谷 1985
昨日までは、悩みなど影も形も無く
今日からは、居続けるかの如くに
こんなのは幻だ
昨日までが本当
[以下略]

   ジョン・レノン+ポール・マッカートニ−=作
   岩谷宏=訳 「イエスタデイ」
   『ビートルズ詩集』 シンコー・ミュージック 1985/04 所収


(J5) 片岡 1973
YESTERDAY
面倒な問題はすべて
遠いことのように思えた
しかしいまその問題が
ここに居ついてしまいそうだ
OH
私は信じる
YESTERDAY
[以下略]

   ジョン・レノン+ポール・マッカートニ−=作
   片岡義男(かたおか・よしお)=訳 「YESTERDAY」
   『ビートルズ詩集2』(全2冊) 角川文庫 1973/06 所収


■アラビア語訳 Translation into Arabic

 

يوم أمس ، وبدا كل ما عندي من المتاعب حتى الآن بعيدا ،    
الآن يبدو أن أنا هنا للبقاء ،    
يا أنا أؤمن أمس.    
    [Omission]   

   البيتلز. أمس
   E-text at Ciro Miceli (ciro)


■ヘブライ語訳 Translation into Hebrew

 

אתמול, כל צרותי נראו כל-כך רחוקות   
עכשיו נראה שבכל זאת הם מתכוונות להשאר   
אוה, אני מאמין באתמול   
    [Omission]   

   אתמול / הביטלס
   E-text at אשכול תרגומי שירים - ישראלי גיטר


■トルコ語訳 Translation into Turkish

Dün, sorunlarim çok uzak görünüyordu 
Simdi kalmak için buradalarmis gibi görünüyor
Oh, düne inaniyorum
[Omission]

   The Beatles - Yesterday
   E-text at Sarkicevirileri.com


■ロシア語訳 Translation into Russian

Вчера все мои беды казались такими далекими
Сейчас это выглядит как будто они'снова здесь, чтобы остаться
О, я верю во вчера.

[Omission]

   The Beatles - Yesterday
   E-text at Текст Песни Тут.ru


■セルビア語訳 Translation into Serbian

Јуче, све моје невоље су изгледале тако далеко,
а сада тражим место где да се сакријем!
Ох, ја верујем у Јуче!

[Omission]

   The Beatles - Yesterday
   E-text at Музика и Хомеопатија - Homeopatija-sld [PDF]


■ポーランド語訳 Translation into Polish

Wczoraj... Wszystkie moje zmartwienia wydawały się być takie odległe
Teraz wygląda na to, że rozgościły się tu na dobre.
Och, wierzę we wczorajszy dzień.
[Omission]

   The Beatles - Yesterday
   E-text at Tekstowo.pl


■チェコ語訳 Translations into Czech

Včera, všechny mé starosti se zdály být tak daleko.
Teď to vypadá, jako by se tu rozhodli zůstat.
Oh, já věřím ve včerejšek.
[Omission]

   The Beatles - Yesterday
   E-text at Rádio Online


■スウェーデン語訳 Translation into Swedish

Igår verkade alla problem vara långt borta.
Nu verkar de vara här för att stanna.
Oh, jag tror på igår.
[Omission]

   Paul McCartney - I går
   E-text at Kemimannen 2.0


■デンマーク語訳 Translation into Danish

I går, Alle mine bekymringer virkede så langt væk
Nu ser det ud som om de er kommet for at blive
Åh, jeg tror i går
[Omission]

   The Beatles - I går
   Sprog på nettet - Staff.hum.ku.dk - Københavns Universitet [PDF]


■ドイツ語訳 Translations into German

(D1)
Gestern schienen alle meine Probleme so weit weg
Jetzt sieht es aus, als ob sie hier zu bleiben sind
Oh, ich glaube an gestern
[Omission]

   The Beatles - Yesterday
   E-text at Songtexte.com


(D2)
Gestern schienen all meine Probleme so weit weg zu sein.
Jetzt sieht es aus als ob sie doch bleiben
Oh ich glaube an Gestern.
[Omission]

   The Beatles - Yesterday
   E-text at Yahoo! Clever


■オランダ語訳 Translation into Dutch

Gisteren Al mijn problemen leek zo ver weg
Nu lijkt het alsof ze hier om te blijven
Oh, ik geloof
Gisteren
[Omission]

   The Beatles - Yesterday
   E-text at SongtekstVertalen.net


■イタリア語訳 Translation into Italian

Ieri, tutti i miei problemi sembravano così lontani.
Ma ora sembra che siano tornati per restare...
Oh, io credo in ieri
[Omission]

   The Beatles - Yesterday
   E-text at:
   * Wikiquote
   * Wikipedia


■ポルトガル語訳 Translation into Portuguese

Ontem, todos os meus problemas pareciam tão distantes
Agora parece que eles vieram para ficar
Oh, eu acredito no ontem
[Omission]

   The Beatles - Ontem
   E-text at:
   * Letras.azmusica.com.br
   * Vagalume


■カタルーニャ語訳(カタロニア語訳) Translation into Catalan

Ahir, tots els meus problemes semblaven tan lluny,
ara és com si haguessin vingut per quedarse.
Oh, crec en l'ahir.
[Omission]

   Paul McCartney - Yesterday
   Llocs que no surten als mapes by Berta Noy.
   Col-Leccio Classica, Nº 940, Columna, 2012
   Preview at Google Books


■スペイン語訳 Translation into Spanish

Ayer, todos mis problemas parecían tan lejanos
Ahora parece como si estuvieran aquí para siempre
Oh, creo en el ayer
[Omission]

   The Beatles - Yesterday
   E-text at:
   * Yahoo! Argentina Respuestas
   * Musica.com


■フランス語訳 Translations into French

(F1)
Hier, tous mes problèmes me paraissaient si loin
Aujourd'hui, on dirait qu'ils sont là dans le but de perdurer
Oh, je crois en hier
[Omission]

   The Beatles - Yesterday
   E-text at GreatSong.net


(F2)
Hier, tous mes ennuis ont semblé si lointain,
Maintenant il regarde comme s'ils sont ici pour rester,
Ah, je crois à l'hier.
[Omission]

   Paroles de chanson - Forum Fr


 Video 1 
イエスタデイ Yesterday


■英語原文 The original text in English

Yesterday, all my troubles seemed so far away
Now it looks as though they're here to stay
Oh, I believe in yesterday
[Omission]


■おことわり Disclaimer

今回にかぎったことではなく、私のブログの記事については、いつもあてはまることですが、引用した翻訳の質の良否は、一切保証いたしません。なかには自動翻訳ソフトで訳したものを、そのまま掲載しているのではないかと思われる訳文も見受けられますが、いちいち指摘いたしませんでした。


■更新履歴 Change log

  • 2014/01/13 川越由佳=対訳 1993/01 を追加しました。
  • 2013/09/20 韓国語訳とオランダ語訳を追加しました。
  • 2013/01/16 アラビア語訳、ヘブライ語訳、トルコ語訳、ロシア語訳、セルビア語訳、ポーランド語訳、チェコ語訳、スウェーデン語訳、およびカタルーニャ語訳を追加しました。また、デンマーク語訳、ドイツ語訳、イタリア語訳、ポルトガル語訳、スペイン語訳、およびフランス語訳の訳文を、より信頼できそうなテキストと差し替えました。
  • 2010/04/25 YouTube 動画を追加しました。また、フランス語訳 (F3) の訳文を、これに似た別の版に差し替え、訳文の細部を修正しました。
  • 2009/07/08 片岡義男=訳 1973/06 を追加しました。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ翻訳ブログ人気ランキング参加中

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■DVD

■CD

■クラシック音楽 Classical music

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

■おもちゃ&ホビー Toys & Hobbies

■ソフトウェア Software

  

| | Comments (1) | TrackBack (1)

鴨長明 『方丈記』 Hojoki / The Ten Foot Square Hut by Kamo no Chomei

          目次 Table of Contents

   はじめに Introduction / Commentary 
   ■紀田順一郎 - 私の古典 (13) 『方丈記』
    Hojoki: An introductory article by Jun'ichiro Kida
   ■NHK Eテレ番組、新聞書評、その他の外部リンク
    NHK ETV series, newspaper reviews and other external links

   Video & Photo 
   ■左大臣光永(光永隆)による朗読 方丈記冒頭部分
    Hojoki Introduction read by Sadaijin Mitsunaga
   ■渡辺知明の表現よみ=方丈記「序」
    Hojoki Introduction read by Watanabe Tomoaki
   ■鴨長明の「方丈の庵」のレプリカ
    Replica of Kamo no Chomei's "Ten Foot Square Hut"
   ■『方丈記』写本の一例(典拠不詳)
    Sample manuscript of Hojoki (Source unknown)

   外国語への翻訳 Translations into non-Japanese languages 
   ■ロシア語訳 Translation into Russian
   ■チェコ語訳 Translation into Czech
   ■ドイツ語訳 Translations into German
     (D1) Liscutin, 2011
     (D2) Naumann & Naumann, 1973
   ■ラテン語訳 Translation into Latin
   ■イタリア語訳 Translations into Italian
     (It1) Moretti, 2008-09
     (It2) Fraccaro
   ■スペイン語訳 Translation into Spanish
   ■フランス語訳 Translations into French
     (F1) Wikipédia, 2012
     (F2) Sieffert, 1995
     (F3) Candau, 1968
   ■方丈記の英訳——表紙画像 English translations of Hojoki: Cover photos
   ■英訳 Translations into English
     (E1) Lawson, 2012
     (E2) Chambers, 2007
     (E3) Moriguchi (森口靖彦) & Jenkins, 1996
     (E4) Watson, 1994, 2002
     (E5) McCullough, 1991
     (E6) Sadler, 1971
     (E7) Keene, 1960
     (E8) Minakata (南方熊楠) & Dickins, 1905, 1973
     (E9) Aston, 1899
     (E10) Natsume (夏目漱石), c.1891, 1925, etc.
   ■英題の異同 Variations of the title translated into English
   ■南方・ディキンズ訳を掲載した英国 『アジア協会誌』 (1905)
    Journal of the Royal Asiatic Society of Great Britain and Ireland (1905)
   ■中国語訳(簡体字) Translation into simplified Chinese
   ■韓国語訳 Translations into Korean
     (Ko1)
     (Ko2)

   現代日本語への翻訳 Translations into contemporary Japanese 
   ■現代日本語訳/大意/再話/校注
    Translations, retelling or annotations in contemporary Japanese
     (J1) 高橋 2016
     (J2) 小林(一) 2012
     (J3) 濱田 2012
     (J4) 小林(保) 2012
     (J5) 松島 2012
     (J6) 玄侑 2011
     (J7) 浅見 2011
     (J8) 荒木 2011
     (J9) あやまり堂 2010, 2013
     (J10) 青山+甲斐+邑上 2009
     (J11) 手崎 2009
     (J12) 加藤(監修) 弦川(文) 2008
     (J13) 大伴 2007
     (J14) 武田 2007
     (J15) 長尾 2006
     (J16) 三木(紀) 2006
     (J17) 長尾 2006
     (J18) 中野 2003
     (J19) 浜野 2001
     (J20) 武田 1995
     (J21) 三木(卓) 1992
     (J22) 永井 1987
     (J23) 今成 1981
     (J24) 山崎 1980, 2001
     (J25) 安良岡 1980
     (J26) 堀田 1976, 2006
     (J27) 神田 1971, 1999, etc.
     (J28) 川瀬 1971
     (J29) 簗瀬 1967, 1971
     (J30) 唐木 1962
     (J31) 佐藤 1937a, 1999
     (J32) 佐藤 1937b, 1956, etc.

   原文 The original text 
   ■日本語原文(現代表記)
    The original text in Japanese (modified according to modern
    orthography)
   ■日本語原文(大福光寺本:現存する最古かつ最も正統の写本といわれる)
    The Daifukukoji text, presumably the oldest and most authentic
    manuscript in original Japanese

   書誌情報 Bibliography 
   ■出典: ロシア語訳 Source: Translation into Russian
   ■出典: チェコ語訳 Source: Translation into Czech
   ■出典: ラテン語訳 Source: Translation into Latin
   ■出典: 英訳 Sources: Translations into English
     (E1) Lawson, 2012
     (E2) Chambers, 2007
     (E3) Moriguchi (森口靖彦) & Jenkins, 1996
     (E4) Watson, 1994, 2002
     (E5) McCullough, 1991
     (E6) Sadler, 1971
     (E7) Keene, 1960
     (E8) Minakata (南方熊楠) & Dickins, 1905, 1973
     (E9) Aston, 1899
     (E10) Natsume (夏目漱石), c.1891, 1925, etc.
   ■『方丈記』の英訳および他の言語への翻訳のリスト
    List of Hojoki translated into English and other languages
   ■出典: 現代日本語訳/再話/校注
    Sources: Translations, retelling or annotations in contemporary Japanese
     (J1) 高橋 2016
     (J2) 小林(一) 2012
     (J3) 濱田 2012
     (J4) 小林(保) 2012
     (J5) 松島 2012
     (J6) 玄侑 2011
     (J7) 浅見 2011
     (J8) 荒木 2011
     (J9) あやまり堂 2010, 2013
     (J10) 青山+甲斐+邑上 2009
     (J11) 手崎 2009
     (J12) 加藤(監修) 弦川(文) 2008
     (J13) 大伴 2007
     (J14) 武田 2007
     (J15) 長尾 2006
     (J16) 三木(紀) 2006
     (J17) 長尾 2006
     (J18) 中野 2003
     (J19) 浜野 2001
     (J20) 武田 1995
     (J21) 三木(卓) 1992
     (J22) 永井 1987
     (J23) 今成 1981
     (J24) 山崎 1980, 2001
     (J25) 安良岡 1980
     (J26) 堀田 1976, 2006
     (J27) 神田 1971, 1999, etc.
     (J28) 川瀬 1971
     (J29) 簗瀬 1967, 1971
     (J30) 唐木 1962
     (J31) 佐藤 1937a, 1999
     (J32) 佐藤 1937b, 1956, etc.
   ■出典:インターネット上で入手できる日本語原文の電子テキスト
    Sources: The original text in Japanese available online
    in digital format (e-text)
   ■出典:日本語原文(大福光寺本)
    The Daifukukoji text, presumably the oldest and most authentic
    manuscript in original Japanese

   更新履歴 Change log 


 はじめに Introduction / Commentary 
■紀田順一郎 - 私の古典 (13) 『方丈記』
 Hojoki: An introductory article by Jun'ichiro Kida

下のリンク先にある紀田氏の記事は、『方丈記』執筆の背景や、作者・鴨長明の人物像や、複数ある英訳版についての、簡潔明瞭でバランスのとれた解説となっている。

   紀田順一郎のホームページ » 寄稿再録 » 私の古典 (13) 『方丈記』


■NHK Eテレ番組、新聞書評、その他の外部リンク
 NHK ETV series, newspaper reviews and other external links
Nhk_etv_100pun_de_meicho

   * 鴨長明『方丈記』:100分 de 名著 NHK Eテレ 2012年10月 全4回放送
   * 〈本の舞台裏〉方丈記を自在に訳す - 白石明彦 朝日新聞 2012-06-10
   * 方丈記、800年後の今も斬新に - 待田晋哉 読売新聞 2012-05-07
   * 『方丈記』 鴨長明 - 松岡正剛の千夜千冊 2000-04-28
   * 方丈記 - Wikipedia


 Video & Photo 
■左大臣光永(光永隆)による朗読 方丈記冒頭部分
 Hojoki Introduction read by Sadaijin Mitsunaga

Uploaded by sirdaizine on Nov 11, 2011


■渡辺知明の表現よみ=方丈記「序」
 Hojoki Introduction read by Watanabe Tomoaki

Uploaded by watanabeTomoaki on Mar 10, 2010. ことば・言葉・コトバ WATANABE_tomo on Twitter


■京都・河合神社の境内に復元展示されている鴨長明の「方丈の庵」のレプリカ
 Replica of Kamo no Chomei's "Ten Foot Square Hut" at Kawai Shrine, Kyoto

YouTube footage uploaded by asayama35, 2007-04-08.
河合神社はユネスコ世界遺産・下鴨神社の摂社(せっしゃ)にあたる。なお、つぎのウェブページも参考になります:
* 『京古本や往来85号』 1999-07-31 巻頭言 鴨長明と「方丈記」
  筆者: 新木直人 賀茂御祖神社(下鴨神社)權宮司
* 世界遺産 下鴨神社サイト内の特別拝観案内ページ


■『方丈記』写本の一例(典拠不詳)
 Sample manuscript of Hojoki (Source unknown)
Hojoki
クリックして拡大 Click to enlarge


 外国語への翻訳 Translations into non-Japanese languages 
■ロシア語訳 Translation into Russian

Струи уходящей реки... они непрерывны; но они -- все не те же,  прежние воды.  По  заводям плавающие пузырьки пены... они  то исчезнут, то  свяжутся вновь;  но долго  пробыть  --  не  дано им. В  этом мире живущие  люди и  их жилища... и они -- им подобны.

   Камо-но Темэй. Записки из кельи
   Перевод со старояпонского Н. Конрада
   E-text at:
   * Библиотека РусЛит
   * Lib.Ru


■チェコ語訳 Translation into Czech

[訳文は未見 - tomoki y.]

   Kamo no Čómeiho - Záznamy z poustevny
   Zápisky z volných chvil : starojaponské literární zápisníky paní
   Sei Šónagon, Kamo no Čómeiho, Jošidy Kenkóa


■ドイツ語訳 Translations into German

(D1) Liscutin, 2011
Unaufhörlich strömt der Fluß dahin, gleichwohl ist sein Wasser nie dasselbe. Schaumblasen tanzen an seichten Stellen, vergehen und bilden sich wieder – von großer Dauer sind sie allemal nicht. Gleichermaßen verhält es sich mit den Menschen und ihren Behausungen.

   Aufzeichnungen aus meiner Hütte by Kamo no Chömei
   Translated by Nicola Liscutin
   Insel Verlag Gmbh, 2011/06


(D2) Naumann & Naumann, 1973
Der Strom des dahinziehenden Flusses nimmt kein Ende, und doch ist es nicht das ursprüngliche Wasser. Die Schaum blasen, die auf dem seichten Wasser schwimmen, vergehen und bilden sich neu, und es gibt kein Beispiel, dass sie für längere Zeit blieben. Gerade so verhält es sich mit den Menschen und ihren Behausungen auf dieser Welt.

   Aufzeichnungen aus meiner Hütte by Kamo no Chōmei
   Translated by Nelly & Wolfram Naumann
   Die Zauberschale: Erzählungen vom Leben japanischer Damen,
   Mönche, Herren und Knechte, München 1973
   Quoted in Unaufhörlich strömt der Fluss dahin, gleichwohl ist sein ... [PDF]


■ラテン語訳 Translation into Latin

Defluentes amnes cursu non cessant, quorum aqua vero pristina non exstat. In stagnante quae fluctuat spuma modo solvitur, modo creatur, nec diu remanet umquam. Hujus mundi homines habitationesque non aliter esse constat.

   Eremitorium (Hojoki) translated from Japanese by Alexander Ricius
   E-text at Home Page Jerome Ducor - Alexander Ricius (PDF)


■イタリア語訳 Translations into Italian

(It1) Moretti, 2008-09
La corrente dell’acqua che scorre mai si interrompe, eppure l’acqua non è mai la stessa. La schiuma che galleggianei punti in cui l’acqua ristagna, ora svanisce, ora si forma ma non c’è prova che persista a lungo. Così sono gliuomini e le abitazioni che popolano questo mondo.

   Hōjōki by Kamo no Chōmei
   Translated by Laura Moretti
   Appunti per una storia della letteratura giapponese classica
   in unità didattiche


(It2) Fraccaro
[訳文は未見 - tomoki y.]

   Ricordi di un eremo by Kamo no Chomei
   Edited by F. Fraccaro


■スペイン語訳 Translation into Spanish

La corriente del río jamás se detiene, el agua fluye y nunca permanece la misma. Las burbujas que flotan en el remanso son ilusorias, se desvanecen, se rehacen, y no duran largo rato. Así son los hombres y sus moradas en este mundo.

   Hojoki by Kamo no Chomei
   Selección comentada de Hojoki by Masateru Ito
   Excerpt at Selección comentada de Hojoki - Saber ULA [PDF]


■フランス語訳 Translations into French

(F1) Wikipédia, 2012
Le courant de la rivière qui s'écoule ne s'interrompt pas et pourtant l'eau n'est pas la même eau qu'auparavant. La mousse qui flotte sur les eaux stagnantes, qui disparaît, qui réapparaît, ne reste jamais la même très longtemps. De même en va-t-il avec les gens et les abris de ce monde.

   Hōjōki by Kamo no Chōmei
   Excerpt at Wikipédia
   Last modified 2012-10-03


(F2) Sieffert, 1995
Le cours de la rivière qui va jamais ne tarit, et pourtant ce n'est jamais plus la même eau. L'écume qui flotte sur les eaux dormantes tantôt se dissipe tantôt se reforme, et il n'est d'exemple quelle ait duré. Pareillement advient-il des hommes et des demeures qui sont en ce monde.

   Les notes de l'ermitage ; suivi de Histoires de conversion by Kamo no Chômei
   Translated by René Sieffert
   Paris: Publications Orientalistes de France, 1995


(F3) Candau, 1968
La même rivière coule sans arrêt, mais ce n'est jamais la même eau. De-ci, de-là, sur les surfaces tranquilles, des taches d'écume apparaissent, disparaissent, sans jamais s'attarder longtemps. Il en est de même des hommes ici-bas et de leurs habitations.

   Hôjôki : Notes de ma cabane de moine
   Translated by R. P. Sauveur Candau
   in Les Heures oisives ; suivi de Notes de ma cabane de moine
   Collection Connaissance de l'Orient, Gallimard, 1968 


■方丈記の英訳——表紙画像
 English translations of Hojoki: Cover photos

a. 1880656221 b. 0804808791_2 c. 0802150586_2
↑ クリックして拡大 Click to enlarge 

■英訳 Translations into English

(E1) Lawson, 2012
Though the river's current never fails, the water passing, moment by moment, is never the same.  Where the current pools, bubbles form on the surface, bursting and disappearing as others rise to replace them, none lasting long.  In this world, people and their dwelling places are like that, always changing.


(E2) Chambers, 2007
The current of the flowing river does not cease, and yet the water is not the same water as before. The foam that floats on stagnant pools, now vanishing, now forming, never stays the same for long. So, too, it is with the people and dwellings of the world.


(E3) Moriguchi (森口靖彦) & Jenkins, 1996
The flowing river never stops and yet the water never stays the same. Foam floats upon the pools, scattering, re-forming, never lingering long. So it is with man and all his dwelling-places here on earth.


(E4) Watson, 1994, 2002
The river flows on unceasingly, but the water is never the same water as  before. Bubbles that bob on the surface of the still places disappear one moment, to reappear again the next, but they seldom endure for long. And so it is with the people of this world and with the houses they live in.


(E5) McCullough, 1991
The waters of a flowing stream are ever present but never the same; the bubbles in a quiet pool disappear and form but never endure for long. So it is with men and their dwellings in the world.


(E6) Sadler, 1971
Ceaselessly the river flows, and yet the water is never the same, while in the still pools the shifting foam gathers and is gone, never staying for a moment. Even so is man and his habitation.


(E7) Keene, 1960
The flow of the river is ceaseless and its water is never the same. The bubbles that float in the pools, now vanishing, now forming, are not of long duration: so in the world are man and his dwellings.


(E8) Minakata (南方熊楠) & Dickins, 1905, 1973
Of the flowing river the flood ever changeth, on the still pool the foam gathering, vanishing, stayeth not. Such too is the lot of men and of the dwellings of men in this world of ours.


(E9) Aston, 1899
The current of a running stream flows on unceasingly, but the water is not the same: the foam floating on the pool where it lingers, now vanishes and now forms again; but is never lasting. Such are mankind and their habitations.


(E10) Natsume (夏目漱石), c.1891, 1925, etc.
Incessant is the change of water where the stream glides on calmly: the spray appears over a cataract, yet vanishes without a moment's delay. Such is the fate of men in the world and of the houses in which they live.


■英題の異同 Variations of the title translated into English

An Account of a Ten-Foot-Square Hut  ……Chambers, 2007
An Account of My Hermitage…………………McCullough, 1991
Hojio-ki  ………………………………………Natsume (夏目漱石), c.1891
Hojoki a.k.a. The Ten Foot Square Hut………Sadler, 1971
Hojoki, a.k.a. An Account of My Hut …………Keene, 1960
Hojoki: Visions of a Torn World ………………Moriguchi (森口靖彦) & Jenkins, 1996
Hojoki  …………………………………………Aston, 1899
Notes from a Jō-Square Hut…………………Minakata (南方熊楠) & Dickins, 1905
Record of the Ten-Foot-Square Hut   ………Watson, 1994, 2002
The Hojoki (My Ten-Foot Hut)  ………………Lawson, 2012


■南方・ディキンズ訳を掲載した英国 『アジア協会誌』 (1905)
 Journal of the Royal Asiatic Society of Great Britain and Ireland (1905)

Notes from a Jō-Square Hut と題された方丈記の英訳は、この学術誌の237ページから掲載されている「十二世紀日本のソロー」と題された南方熊楠とF・ヴィクター・ディキンズの連名による論文のなかに収められている。

Notes from a Jō-Square Hut, an English translation of Hojoki, appears at page 237 in an artitle by Kumagusu Minakata and F. Victor Dickins, entitled A Japanese Thoreau of the Twelfth Century by Kamo no Chomei.


関連する外部サイト: 『方丈記』英訳;履歴書(口語訳11):南方熊楠の手紙


■中国語訳(簡体字) Translation into simplified Chinese

逝川流水不绝,而水非原模样。淤水处浮起水泡,忽灭忽生,那曾有久存之例。世上的人和居也如此。

   方丈记徒然草 作者: 吉田兼好 鸭长明 编译: 李均洋
   法律出版社 2012
   Excerpt at:
   * 凤凰传媒 (Phoenix Media)
   * 国美在线


■韓国語訳 Translations into Korean

(Ko1)
흘러가는 강의 흐름은 끊이지 않는 것이지만
그러나 본래의 물은 아니다.

시냇물이 흐르다가 고인 곳에 떠 있는 물거품은,
한편에서는 사라졌는가 하면 다른 한편에서는 생겨나서
오랫동안 머물러 있는 예가 없다.

이 세상에 살고 있는 인간과 그들의 주거도 역시 이와 같은 것이다.

   『호조키(方丈記)』 가모노 초메이(鴨長明)
   Excerpt at 당신이 영웅 중의 영웅


(Ko2)
강물은 계속 흐르며 , 그 물은 예전에 것이 아니다 . 이는 웅덩이에서 떠오르는 거품이며 한편으론 사라져 버린다고 생각하지만 다른 한편으론 또 다시 떠올라 언제까지나 같은 형태로 있는 것은 아니다 . 세상에 사는 사람도 , 그 거처도 마찬 가지다 .

   호조키 가모노 조메이
   Excerpt at <도연초> 호조키(方丈記) : 네이버 블로그


 現代日本語への翻訳 Translations into contemporary Japanese 
■現代日本語訳/大意/再話/校注
 Translations, retelling or annotations in contemporary Japanese

(J1) 高橋 2016
 あっ。
 歩いていたのに、なんだか急に立ち止まって、川を見たくなった。
 川が流れている。
 そこでは、いつも変らず、水が流れているように見える。けれども、同じ水が流れているわけではないのだ。あたりまえだけれど。
 よく見ると、川にはいろんなところがある。ぐんぐん流れているところ。それほどでもないところ。中には、動かず、じっとしているところもある。
 でも、そこだって、結局は同じだ。しばらく見ていると、泡が生まれ、あっという間に消えてゆく。そう、たえず変わっているのだ。
 人間だって同じだ。彼らの住む家だって。

   高橋源一郎=訳 方丈記(モバイル・ハウス・ダイアリーズ)
    『日本文学全集 07 枕草子 / 方丈記 / 徒然草


(J2) 小林(一) 2012
流れる川の流れは絶え間ないが、しかし、その水はもとの水ではない。よどみの水面に浮かぶ泡は消えては生じて、そのままの姿で長くとどまっているというためしはない。世の中の人間と住まいも、これと同じなのだ——。

   小林一彦=著 『鴨長明 『方丈記』 2012年10月 (NHK 100分 de 名著)


(J3) 濱田 2012
 河をじっくり眺めてみよう。
 するとどうだろう。
 あら不思議。ふだん何気なくボーっと見ていた時には思いもしなかったことを発見したよ。
 水はコンコンと流れ、絶える気配はないけれど、流れゆく水すべて同じ水ではなく、常に新しい水が流れていくじゃないか。
 水が流れず、たまっているところに浮かぶ泡。
 しかし、この泡だってできては消え、消えてはでき、実に頼りない。
 同じ泡が浮かんでいるためしはない。
 よく考えれば、世の中に存在する人間や家も、この河の水や泡と同じじゃないか!

   濱田浩一郎=著 【超口語訳】方丈記


(J4) 小林(保) 2012
 川の流れは変わらないものの、流れる水は入れ替わり、また入れ替わる。川の淀みに浮かぶ水泡(うたかた)は、消えては出来て、出来ては消えての繰り返し。世の中の人間(ひと)は川、住む家は水泡(うたかた)のようなもの。川も水泡(うたかた)も、人間(ひと)も住む家も、いつまでもそのまま在り続けることはなく、絶えず移ろい変わっているのだ。

   小林保治=編著 『超訳 方丈記を読む


(J5) 松島 2012
 ゆく河の流れは絶え間なく、しかももとの水ではない。よどみに浮かぶ水泡は、消えたり、結んだりし、久しく留まった例がない。世の中における、人と棲家は、またこのようである。

   松島令=著 『平成「方丈記」 *自由訳プラス 3・11後を生きる仏教思想


(J6) 玄侑 2011
 人も、人の住む家も、絶え間なく移ろい変わっていく。これは、川の流れのようなものだ。川の水は滔々と流れきて、しかも一瞬たりとも留まることはなく、たちまち流れさっていく。岸辺に水が澱んで泡ができるにしても、今できたかと思えば、すぐに消えて、また生まれてはまた弾けて、実にあっけなく、はかない。およそ人の世も、人の家も、そのようなものではないか。

   玄侑宗久=監訳 「方丈記」現代語版
   『無常という力—方丈記に学ぶ心の在り方


(J7) 浅見 2011
流れゆく河のながれは、絶えることはなくて、しかも、もとの水では決してない。河のよどみに浮かぶ水の泡(あわ)は、片方で消えたかと思うと、片方で生まれ、永くとどまるということはない。世の中にある人間も住まいも、またこれと同じようなものだ。

   浅見和彦(あさみ・かずひこ)=校訂・訳 『方丈記


(J8) 荒木 2011
 流れ行く河の水は、滔々(とうとう)と湛(たた)えて絶(た)えないが、見る間に遷(うつ)り行き、もとの水ではない。流れ滞(とどこお)るよどみの水面(みなも)に浮かぶ泡沫(うたかた)は、あちらでは消えたかと思うと、こちらでは浮き出て、長くとどまっていたためしがない。この世の中の人と住まいも、またこうしたものである。

   荒木浩(あらき・ひろし)=「大意」 「方丈記を味わう」 京都新聞


(J9) あやまり堂 2010, 2013
 川の水は絶えないけれど、といって、同じ水があるわけじゃない。のんびり漂う泡ぶくも、割れたり他とくっついたりして、現状維持を続けない。人間といい、その人間の住み処といい、世の中だいたいそんな感じだろう。

   あやまり堂=訳 『わたくし版「方丈記」現代語訳
   あやまり堂 2013/04/18


(J10) 青山+甲斐+邑上 2009
 流れてゆく川はとちゅうで切れることがなく、それでいて水はもとからそこにあった水ではない。流れがほとんどないところにうかぶ水のあわは、一方で消えたり、またこちらでできたりして、いつまでもそのままの状態でいたことがない。この世にある人間と家も、同じくこのような変化をし続けるものである。
[原文は総ルビですが、ここでは省略しました - tomoki y.]

   青山由紀+甲斐利恵子+邑上裕子=編
   『土佐日記・枕草子・更級日記・方丈記・徒然草・おくのほそ道


(J11) 手崎 2009
 流れ行く河は、不変に流れ続けており、それでいて、(その河の水そのものは)古い元の水ではなく常に新しい。(同様に、)河の淀みにできる泡(あぶく)は、常にぶくぶくし続けながら、(それでいて、)一つも元の古いままの泡でいた例(ためし)はない。(思えば、)この世における、人とその住まいとの関係もこれと同様である。

   手崎政男=著 『通読 方丈記


(J12) 加藤(監修) 弦川(文) 2008
 目の前を流れゆく川の水は、なくなることはないが、いつも同じ水というわけではない。よどみに浮(う)かぶ水の泡(あわ)は、現れたと思えば消え、消えたと思えば現れる。世の中の人と家もまた、川の水、水の泡(あわ)のようなものである。

   加藤康子=監修 弦川琢司=文 『超訳日本の古典6 徒然草・方丈記


(J13) 大伴 2007
 進み行く河の流れは絶えることなく、しかも、もとの水が流れているのではない。淀んでいる所に浮かぶ水の泡は、一方では消え、一方では新たに生じて、同じ泡が長くとどまっている例はない。世の中に存する、人と住居も、またこのようなものである。

   大伴茫人=編 『徒然草・方丈記 日本古典は面白い


(J14) 武田 2007
 河の流れは一瞬も休まない。それどころか、河の水は後ろの水に押されて、つねに前へ進み、元の位置に留まることはない。休むことなく位置を変えている。
 流れていないように見える淀みもそうだ。無数の水の泡が、留まることなく浮かんでは消えて、元の形を保つという話はいまだ聞かない。やはり、休むことなく形を変えている。
 このような変化の継続する中に「無常」という真理が宿っている。この真理は、そのまま人間の世界にもあてはめることができる。人と住まいもまた、ちょうど河の水や水の泡と同じなのだ。
[原文にあるルビは省略しました - tomoki y.]

   武田友宏=編 『方丈記(全)


(J15) 長尾 2006
 河というのは、ふしぎなものですね。

 河の岸辺に立ってその流れを見つめる自分を、思いうかべてみてください。どこの河でもよろしいのです。あなたが知る河ならば。
 私の場合はですね、……私は京の都の人間ですから、あの美しい加茂川(かもがわ)が思いうかびます。サラサラと流れる水の軽(かろ)やかな調べが、耳に聞こえてくるようです。
 ふっと川上に目をむけてみる。
 水は、生(お)いしげった森の木々のあいだ、どこかわからぬはるか遠くから、延々と流れてくる。
 次には、川下に目を移す。
 水は延々と流れていきます。その終着点は遠く遠く、とても見わたせやしない。
 水は、遠くから遠くへ。とぎれることは決してない。水面(みなも)に陽の光をたゆたわせ、いつまでもいつまでも、水は流れていきます。

 どうです。
 あなたの心にも、そんな「いつも変わらぬ河の風景」が、映し出されていますか。

 だけど、です。
 あなたに問いたい。本当にそれは「変わらぬ風景」なんですか——と。
 足元を流れる水は、一瞬たりとも同じ水ではないでしょう。だって、川上から川下へ水は絶えず流れ、とどまることはないのですから。
 いや、水がとどまっている所も、あるにはある。岩だの木ぎれだので、流れがさえぎられて、水が淀んでいる所です。
 でも、そこだって、いつも小さな泡たちが生まれては消え、消えては生まれている。
 決して同じすがたを見せてやしない。
 変わらぬように見えて、一時(いっとき)だって変わらぬことはない。
 永遠に同じすがたをとどめているようで、じつは、いつもなにかが移り変わり、なにかが生まれ、そしてなにかがほろんでいる。
 それが、河の流れの本当のすがたなのです。
 この世のすべても同じです。人も、そして人が日々の暮らしをいとなむ家も。
[原文にあるルビを、一部省略しました - tomoki y.]

   長尾剛=著 『方丈記


(J16) 三木(紀) 2006
行く河の流れは絶えることがなく、しかも、その河には常に別の水が流れている。流れがよどむ所に浮かぶ泡(あわ)は、あわただしく生滅し、長くその姿をとどめることはない。世の中の人と住居(すまい)とは、そのはかなさにおいてこれと同じである。

   三木紀人=訳 『方丈記・発心集・歎異抄 現代語訳 本文対照


(J17) 長尾 2006
河の水は変わらぬように見えて、一時だって変わらぬことはない。悠久の姿のように思われて、でも絶えずそこに在る何かが移り変わり、何かが生まれ、そして何かが滅んでいる。それが、河の流れの”本当の姿”なのです。この世の全ても同じです。人も、そして人が日々の暮らしを営む住処(すみか)も。

   長尾剛=著 『話し言葉で読める「方丈記」


(J18) 中野 2003
河を見ていると、水は流れ流れて絶え間がないが、それはむろん同じ水ではなく、つねに新しい水が流れているのだ。河のよどみに浮ぶ泡もまた、出来ては消え、消えては新しく生れ、同じ泡が久しくとどまっているためしはない。この世に在る人間とその住居も、思えばこれと似たようなものか。

   中野孝次=著 『すらすら読める方丈記


(J19) 浜野 2001
 流れてゆく河(かわ)の水は絶(た)えることはないが、しかしその水は同じ水ではない。ときに水は泡立(あわだ)つが、すぐ消え、またちがう水泡(すいほう)ができたりをくりかえす。
 これは人の世も同じことで、いつの時代でも、美しい京(きょう)の都(みやこ)には、りっぱな大きな家がたちならんでいるが、聞いてみると、昔からの同じ家があるのではなく、焼(や)けおちて、新しい家主(いえぬし)がたてたものであったりして、もとの家そのままではない。

   浜野卓也=著 『方丈記・徒然草


(J20) 武田 1995
流れ続けて行く川の流れは、常に絶えることがないように見えていて、しかも、(今目の前にそのように見える水は、刻々と変わって、実は、以前にそこを流れていた、)もとのままの水ではない。(また、)川の水の流れが静かに停滞している所に浮かぶ泡は、一方で消えるものがあるかと思うと、一方では新しく形を作って生まれるものがあって、(同じ形が同じ状態のままを)長い間保っているような、例はない。この世の中の、人間と、その人間の住む家とについても、(消えたり生じたりして変化してやまないという点で、)また、この泡と川との譬えの場合と、同じようなものである。

   武田孝=著 『方丈記 全釈


(J21) 三木(卓) 1992
 川は、いつもおなじ姿(すがた)で流れている。しかし、その流れをかたちづくっているのはおなじものではない。新しい水がたえず上流(じょうりゅう)から流れてきては、そのまま下流にむかって流れさっていく。これがありのままの姿である。
 流れのよどみには、水のあわが浮(う)かんでいる。あわは、いまここで消(き)えていくかと思うと、またあちらに生まれる。あわの浮くよどみというおなじ情景(じょうけい)ではあっても、じつは消えては生まれる、はかないくりかえしをわたしたちは見ているのだ。いつまでもこわれないあわが、浮いているわけではない。
 この流れの水や、あわのあり方とおなじことが、人間のじっさいの姿や、住(す)む家についてもいえる。

   三木卓=著 『徒然草・方丈記


(J22) 永井 1987
絶えることない、河の流れ。行きて還(かえ)らぬ流れの水は、昨日のそれではない。また流れもせずにいるかに見える淀(よど)みに浮かぶ水の泡は、消えては浮かび、浮かんでは消え、その命はたちまち尽き、瞬時もこの世にとどまることのないはかなさだ。世の中の人々の命も、すみかもまたこれにひとしい。

   永井路子=著 『永井路子の方丈記・徒然草


(J23) 今成 1981
川は絶えることなく流れているのに、しかも、そこにある水はもとの水ではない。よどみに浮かんでいるあわは、一方で消え、一方ではあらわれて長くそのままの姿でとどまっているという例はない。世の中に存在している人間とその住まいも、やはりこのようなものである。

   今成元昭=訳注 『現代語訳対照 方丈記 付発心集(抄)


(J24) 山崎 1980, 2001
往(ゆ)く河(かわ)の流れには絶えまもないが、それでいて、水はつねにもとの水ではない。淀(よど)みに浮かぶ水の泡(あわ)も、消えたかと思うとまた結んで、長く姿をとどめるためしはない。この世の中の人間と、その住みかもまた、所詮(しょせん)はこれと同じような存在にすぎない。

   山崎正和=訳 『現代語訳日本の古典12 徒然草・方丈記


(J25) 安良岡 1980
遠く行く河の流れは、とぎれることなく続いていて、なおそのうえに、その河の水は、もとの同じ水ではない。その河の水が流れずにとどまっている所に浮ぶ水の泡は、一方では消え、一方では形をなして現われるというありさまで、長い間、同じ状態を続けているという例(れい)はない。世の中に存在する人と住居(すまい)とは、やはり同じく、このようなものである。

   安良岡康作=訳注 『方丈記 全訳注


(J26) 堀田 1976, 2006
川の流れは絶えることなく、いつも流れつづけている。そして、その水はといえば、すでにもと流れていた水ではない。よどみに浮んでいる水の泡(あわ)も、こちらで消えたかと思えばあちらで浮いていて、決してもとのままではない。世の中の人や、その住居にしてもまったくこれと同じことだ。

   堀田善衞=著 『グラフィック版 日本の古典8 徒然草・方丈記


(J27) 神田 1971, 1999, etc.
川は涸(か)れることなく、いつも流れている。そのくせ、水はもとの水ではない。よどんだ所に浮ぶ水の泡も、あちらで消えたかと思うと、こちらにできていたりして、けっしていつまでもそのままではいない。世間の人を見、その住居を見ても、やはりこの調子だ。

   神田秀夫=校訂・訳 『方丈記・徒然草・正法眼蔵随聞記・歎異抄


(J28) 川瀬 1971
流れ行く川の水はとだえないが、もとのままではなく、よどみに浮ぶ水のあわは、消えたり結んだりして、久しくとどまっていることはない。この世の中にある人と住居(すまい)も、やはりそうである。

   川瀬一馬=校注・現代語訳 『方丈記


(J20) 簗瀬 1967, 1971
流れて行く川の流れは絶えないのであるが、しかし、その川の流れをなしている水は刻刻に移って、もとの水ではないのだ。流れが停滞しているところの水面に浮かぶあわは、一方においては消えるかと思うと、一方においては浮かんで、一つのあわが、そのままの姿で長くとどまっているという例はないものだ。世の中に住んでいる人間と、その人の住居とは、やはりこのように、一時も停止しないものなのである。

   簗瀬一雄=訳注 『方丈記—付現代語訳


(J30) 唐木 1962
岸に立って河の流れをみる。たえまなく流れきて、流れ去ってゆく。流れはたえないが、流れている水はつねに変っている。流れが淀んで渦をまいているところに、泡が浮いている。泡は消え、またできる。つかのまの命だ。世の中の人の命、住家(すみか)の命も、流れてゆく水のさま、そこにできる泡の命と同じようなものだ。

   唐木順三=訳 『古典日本文学全集11 枕草子・方丈記・徒然草


(J31) 佐藤 1937a, 1999
河の流れは常に絶える事がなく、しかも流れ行く河の水は移り変つて絶間がない。奔流に現はれる飛沫は一瞬も止る事がなく、現れるや直(すぐ)に消えてしまつて又新しく現れるのである。世の中の人々の運命や、人々の住家の移り変りの激しい事等は丁度河の流れにも譬へられ、又奔流に現はれては消えさる飛沫の様に極めてはかないものである。

   佐藤春夫「通俗方丈記」 『定本 佐藤春夫全集31


(J32) 佐藤 1937b, 1956, etc.
河水の流れは絶え間はないが、しかしいつも同一の水ではない、停滞した個所に浮いてゐる泡沫は消えたり湧いたりして、永い間同じ形でゐるものではない。世上の人間とその住宅とても亦同様の趣である。

   佐藤春夫=訳 『徒然草・方丈記


 原文 The original text 
■日本語原文(現代表記)
 The original text in Japanese (modified according to modern
 orthography)

行く川のながれは絶えずして、しかも本の水にあらず。よどみに浮ぶうたかたは、
かつ消えかつ結びて久しくとゞまることなし。世の中にある人とすみかと、また
かくの如し。
   鴨長明 『方丈記』


■日本語原文(大福光寺本:現存する最古かつ最も正統の写本といわれる)
 The Daifukukoji text, presumably the oldest and most authentic
 manuscript in original Japanese

ユク河ノナカレハタエスシテシカモヽトノ水ニアラス
ヨトミニウカフウタカタハカツキエカツムスヒテヒサシク
トヽマリタルタメシナシ世中ニアル人ト栖(スミカ)ト又カクノ
コトシ
   市古貞次=校注 『新訂 方丈記』 岩波文庫 1989/05


 書誌情報 Bibliography 
■出典: ロシア語訳 Source: Translation into Russian

   Камо-но Темэй. Записки из кельи
   Перевод со старояпонского Н. Конрада
   "Классическая японская проза XI-XIV вв."
   - М.: Худож.лит., 1988
   E-text at Lib.Ru


■出典: チェコ語訳 Source: Translation into Czech

   Kamo no Čómeiho - Záznamy z poustevny
   Zápisky z volných chvil : starojaponské literární zápisníky paní
   Sei Šónagon, Kamo no Čómeiho, Jošidy Kenkóa
   Praha : Odeon, 1984


■出典: ドイツ語訳 Source: Translation into German

   Aufzeichnungen aus meiner Hütte by Kamo no Chömei
   Translated by Nicola Liscutin
   Insel Verlag Gmbh, 2011/06
   Scanned book at Scribd
   Excerpt at Lore Heuermann


■出典: ラテン語訳 Source: Translation into Latin

   Eremitorium (Hojoki) translated from Japanese by Alexander Ricius
   E-text at Home Page Jerome Ducor - Alexander Ricius (PDF)


■出典: イタリア語訳 Sources: Translations into Italian

(It1) Moretti, 2008-2009
   Hōjōki by Kamo no Chōmei
   Translated by Laura Moretti
   Appunti per una storia della letteratura giapponese
   classica in unità didattiche

(It2) Fraccaro
   Ricordi di un eremo by Kamo no Chomei
   Edited by F. Fraccaro
   Letteratura universale. Collana di classici giapponesi
   Marsilio, 1991


■出典: スペイン語訳 Source: Translation into Spanish

   Hojoki by Kamo no Chomei
   Humania del Sur. Año 4, Nº 6. Enero-junio, 2009. Masateru Ito.
   Selección comentada de Hojoki. pp. 170-182.
   Excerpt at Selección comentada de Hojoki - Saber ULA [PDF]


■出典: フランス語訳 Sources: Translations into French

(F1) Wikipédia, 2012
   Hōjōki by Kamo no Chōmei
   Excerpt at Wikipédia
   Last modified 2012-10-03

(F2) Sieffert, 1995
   Les notes de l'ermitage ; suivi de Histoires de conversion by Kamo no Chômei
   Translated by René Sieffert
   Paris: Publications Orientalistes de France, 1995
   Excerpt at Hokutosei no natsukashisa
   Quoted in:
   Les jardins japonais : principes d'aménagement et évolution historique
   by François Berthier

(F3) Candau, 1968
   Hôjôki : Notes de ma cabane de moine by Kamo no Chômei
   Translated by R. P. Sauveur Candau
   in Les Heures oisives ; suivi de Notes de ma cabane de moine
   Collection Connaissance de l'Orient, Gallimard, 1968
   Excerpt at Hokutosei no natsukashisa


■出典: 英訳 Sources: Translations into English

(E1) Lawson, 2007

  • The Hojoki (My Ten-Foot Hut) written by Kamo no Chomei, translated by Robert N. Lawson, Washburn University, Topeka, Kansas. E-text at The Bridge of Dreams

(E2) Chambers, 2007

(E3) Moriguchi (森口靖彦) & Jenkins, 1996

  • Hojoki: Visions of a Torn World, written by Kamo no Chomei (Chomei Kamo), translated by Yasuhiko Moriguchi (森口靖彦) and David Jenkins. Stone Bridge Press (1996)

(E4) Watson, 1994, 2002

(E5) McCullough, 1991

(E6) Sadler, 1971

(E7) Keene, 1960

(E8) Minakata (南方熊楠) & Dickins, 1905, 1973

(E9) Aston, 1899

(E10) Natsume (夏目漱石), c.1891, 1925, etc.

  • Hojio-ki, translated by K. Natsume 夏目金之助=著 『漱石全集26』 岩波書店 (第1刷 1996/12|第2刷 2004/05)所収 漱石の学生時代の翻訳。1891(明治24)年になされたと推測される。
  • 方丈記英訳 夏目漱石=著 『漱石全集 別冊』 漱石全集刊行会 1925/07/05(大正14)所収 スキャン画像が近代デジタルライブラリーにある。
  • James Maine Dixon の名で、The Transaction of the Asiatic Society of Japan (1892) に収載
  • Natsume Soseki's English Translation of Hojoki [Kindle Edition], Amazon Digital Services,  Inc. 2011/10/28

■『方丈記』の英訳および他の言語への翻訳のリスト
 List of Hojoki translated into English and other languages

Each of the links below contains a detailed list of Hojoki translated into English and other languages. These lists are basically the same, derived from the List of Classical Japanese Works in Translation from Master List Compiled by Prof. Michael Watson at Meiji Gakuin University, Tokyo, Japan, as part of PMJS: Pre-Modern Japanese Studies website.


■出典: 現代日本語訳/再話/校注
 Sources: Translations, retelling or annotations in contemporary Japanese

(J1) 高橋 2016
   カモノ・ナガアキラ=著 高橋源一郎(たかはし・げんいちろう)=訳
   方丈記(モバイル・ハウス・ダイアリーズ)
   池澤夏樹=個人編集 『日本文学全集 07 枕草子 / 方丈記 / 徒然草
   河出書房新社 2016-11-30

(J2) 小林(一) 2012
   小林一彦(こばやし・かずひこ)=著
   『鴨長明 『方丈記』 2012年10月 (NHK 100分 de 名著)』 NHK出版 2012/10/01
   NHKテレビ番組サイト 100分 de 名著

(J3) 濱田 2012
   濱田浩一郎(はまだ・こういちろう)=著 『【超口語訳】方丈記
   東京書籍 2012/05/01

(J4) 小林(保) 2012
   小林保治(こばやし・やすはる)=編著 『超訳 方丈記を読む
   新人物往来社 2012/03/24

(J5) 松島 2012
   松島令(まつしま・りょう)=著
   『平成「方丈記」 *自由訳プラス 3・11後を生きる仏教思想』 言視舎 2012/03/01

(J6) 玄侑 2011
   玄侑宗久(げんゆう・そうきゅう)=監訳 「方丈記」現代語版
   玄侑宗久=著 『無常という力—方丈記に学ぶ心の在り方』 新潮社 2011/11/25
   この現代語訳は、編集部が下訳したものに著者が加筆修正を施したもの。

(J7) 浅見 2011
   浅見和彦(あさみ・かずひこ)=校訂・訳 『方丈記』 ちくま学芸文庫 2011/11/10

(J8) 荒木 2011
   荒木浩(あらき・ひろし)=「大意」 「方丈記を味わう 1」 古典に親しむ
   京都新聞日曜版 ジュニア16面 2011/10/02

(J9) あやまり堂 2010, 2013
   a. あやまり堂=訳 『わたくし版「方丈記」現代語訳』 [Kindle版]
     あやまり堂 2013/04/18 Preview at Amazon.com
   b. あやまり堂=「適当訳」 方丈記 現代語訳ブログ 2010/05/11
   a.b. ではテキストが少し異なります。引用は a. に拠りました。

(J10) 青山+甲斐+邑上 2009
   河添房江(かわぞえ・ふさえ)+髙木まさき(たかぎ・まさき)=監修
   青山由紀(あおやま・ゆき)+甲斐利恵子(かい・りえこ)
   +邑上裕子(むらかみ・ゆうこ)=編
   『土佐日記・枕草子・更級日記・方丈記・徒然草・おくのほそ道
   光村の国語 はじめて出会う古典作品集1 光村教育図書 2009/12/22

(J11) 手崎 2009
   手崎政男(てさき・まさお)=著 『通読 方丈記』 笠間書院 2009/10/30

(J12) 加藤(監修)弦川(文) 2008
   加藤康子(かとう・やすこ)=監修 弦川琢司(つるかわ・たくじ)=文
   『超訳日本の古典6 徒然草・方丈記』 学習研究社 2008/02/17

(J14) 大伴 2007
   大伴茫人(おおとものぼうじん)=編
   『徒然草・方丈記 日本古典は面白い』 ちくま文庫 2007/07

(J14) 武田 2007
   武田友宏(たけだ・ともひろ)=編 『方丈記(全)
   角川ソフィア文庫 ビギナーズ・クラシックス 2007/06

(J15) 長尾 2006
   長尾剛(ながお・たけし)=著 若菜等(わかな・ひとし)+Ki=絵
   『方丈記』 大型版 これなら読める やさしい古典
   汐文社(ちょうぶんしゃ)2006/12

(J16) 三木紀人 2006
   鴨長明=原著 親鸞=原著 三木紀人(みき・すみと)=訳
   『方丈記・発心集・歎異抄 現代語訳 本文対照
   (文庫改訂版)學燈社 2006/01

(J17) 長尾 2005
   長尾剛=著 『話し言葉で読める「方丈記」』 PHP文庫 
   PHP研究所 2005/06

(J18) 中野 2003
   中野孝次=著 『すらすら読める方丈記』 講談社 2003/02

(J19) 浜野 2001
   浜野卓也(はまの・たくや)=著 赤坂三好(あかさか・みよし)=絵
   『方丈記・徒然草』 21世紀によむ日本の古典9 ポプラ社 2001/04

(J20) 武田 1995
   武田孝(たけだ・こう)=著 『方丈記 全釈』 笠間注釈叢刊17
   笠間書院 1995/09

(J21) 三木卓 1992
   三木卓(みき・たく)=著 「方丈記」 少年少女古典文学館10(全22巻)
   嵐山光三郎・三木卓=著 『徒然草・方丈記』 講談社 1992/04 所収

(J22) 永井 1987
   永井路子=著 『永井路子の方丈記・徒然草』 わたしの古典13(全22巻)
   創美社=編 集英社=発行 1987/09

(J23) 今成 1981
   今成元昭(いまなり・げんしょう)=訳注
   『現代語訳対照 方丈記 付発心集(抄)』 旺文社文庫 1981/02

(J24) 山崎 1980, 2001
   山崎正和=訳「方丈記」
   a.徒然草・方丈記』 学研M文庫 2001/11
   b.現代語訳日本の古典12 徒然草・方丈記』 学習研究社 1980/05
   引用は b. に拠りました。

(J25) 安良岡 1980
   安良岡康作(やすらおか・こうさく)=訳注 『方丈記 全訳注
   講談社学術文庫 1980/02

(J26) 堀田 1976, 2006
   堀田善衞(ほった・よしえ)=著 「方丈記」
   a. 島尾敏雄+堀田善衛=著
     『徒然草・方丈記 (ビジュアル版 日本の古典に親しむ9)
     世界文化社 2006/07/01
   b.グラフィック版 日本の古典8 徒然草・方丈記』 世界文化社 1976

(J27) 神田 1971, 1999, etc.
   神田秀夫(かんだ・ひでお)=校注/校訂・訳 「方丈記」
   a. 神田秀夫+永積安明+安良岡康作=校訂・訳
     『方丈記・徒然草・歎異抄』 日本の古典をよむ14 小学館 2007/10/30
   b. 神田秀夫+永積安明+安良岡康作=校注・訳
     『方丈記・徒然草・正法眼蔵随聞記・歎異抄』 新編 日本古典文学全集44
     小学館 1999/03
   c. 神田秀夫+永積安明(ながずみ・やすあき)+安良岡康作=校注・訳
     『方丈記・徒然草・正法眼蔵随聞記・歎異抄』 日本古典文学全集27
     小学館 1971/08 所収
   a. b. c. は送りがな、句読点、ルビなど細部が異なります。
   引用は a. に拠りました。

(J28) 川瀬 1971
   鴨長明=著 川瀬一馬(かわせ・かずま)=校注・現代語訳
   『方丈記』 講談社文庫 1971/07

(J29) 簗瀬 1967, 1971
   a. 簗瀬一雄(やなせ・かずお)=著 『方丈記全注釈 全一冊
     日本古典評釈・全注釈叢書 角川書店 1971/08
   b. 鴨長明=著 簗瀬一雄=訳注 『方丈記—付現代語訳
     角川文庫 1967/06
   a.b. では字句がやや異なります。引用は b. に拠りました。

(J30) 唐木 1962
   鴨長明=著 唐木順三=訳 「方丈記」
   『古典日本文学全集11 枕草子・方丈記・徒然草
   筑摩書房 1962/01

(J31) 佐藤 1937a, 1999
   佐藤春夫 「通俗方丈記」
   a.定本 佐藤春夫全集31』 (全36巻)臨川書店 1999/09 所収
   b.浄土』 第3巻第4号, 同第5号, 同第6号, 同第7号, 同第9号。
     1937年4月, 5月, 6月, 7月, 9月 掲載。総ルビ。
   a. 全集版の底本は b. の雑誌。引用は a. に拠りました。

(J32) 佐藤 1937b, 1956, etc.
   佐藤春夫=訳 「方丈記」
   a.定本 佐藤春夫全集31』 (全36巻)臨川書店 1999/09 所収
   b.日本国民文学全集7 王朝日記随筆集』 河出書房 1956/02 所収
   c.徒然草・方丈記』 現代語訳国文学全集19
     非凡閣 1937/04(昭和12)所収
   a. 全集版の底本は c. 非凡閣版。引用は a. に拠りました。


■出典:インターネット上で入手できる日本語原文の電子テキストまたは複写画像
 Sources: The original text in Japanese: Online e-texts and scanned images

   鴨長明=著 『方丈記』


■出典:日本語原文(大福光寺本)
 The Daifukukoji text, presumably the oldest and most authentic
 manuscript in original Japanese

  • 大曽根章介(おおそね・しょうすけ)+久保田淳=編 財団法人日本古典文学会=編集協力 『鴨長明全集』 有限会社貴重本刊行会 2000/05
  • 市古貞次(いちこ・ていじ)=校注 『新訂 方丈記』 岩波文庫 1989/05 付 大福光寺本影印・飜字(62ページ〜)
  • 鴨長明=著 小内一明(こうち・かずあき)=校注 『大福光寺本方丈記』 影印校注古典叢書11 新典社 1985
  • 鴨長明=著 小内一明=校注 『方丈記—大福光寺本』 影印校注古典叢書11 新典社 1976
  • 大福光寺本方丈記 松阪大学FTP。大福光寺本の翻刻と校訂本文。

 更新履歴 Change log 

  • 2017/09/07 高橋源一郎=訳 2016-11-30 を追加しました。
  • 2015/02/24 あやまり堂=訳の書誌情報を補足しました。
  • 2014/06/18 Nelly Naumann と Wolfram Naumann による、もう1種類のドイツ語訳を追加しました。
  • 2013/08/24 もう1種類の韓国語訳を追加しました。
  • 2013/08/22 簡体字中国語訳と韓国語訳を追加しました。
  • 2013/03/02 スペイン語訳を追加しました。
  • 2013/02/25 玄侑宗久=監訳 2011/11/25 を追加しました。
  • 2012/10/23 Laura Moretti によるイタリア語訳、René Sieffert によるフランス語訳、R. P. Sauveur Candau によるフランス語訳、Burton Watson による英訳、および Helen McCullough による英訳を追加しました。また、「英題の異同」の項を新設しました。
  • 2012/10/18 松島令=著 2012/03/01 を追加しました。また、イタリア語訳の書誌情報も追加しました。
  • 2012/10/04 ドイツ語訳、小林一彦=著 2012/10/01、濱田浩一郎=著 2012/05/01、および小林保治=編著 2012/03/24 を追加しました。また、左大臣光永(光永隆)による朗読の YouTube 画面も追加しました。
  • 2012/08/07 フランス語訳を追加しました。
  • 2012/06/16 Robert N. Lawson による英訳を追加しました。
  • 2011/12/06 浅見和彦=校訂・訳 2011/11/10 を追加しました。
  • 2011/11/06 ロシア語訳とラテン語訳を追加しました。また、「その他の外部リンク」の項を新設しました。さらに、見出しを追加し、記事の配列を一部変更しました。
  • 2011/11/05 荒木浩=大意 2011/10/02 を追加しました。
  • 2011/06/16 紀田順一郎 - 私の古典 (13) 『方丈記』へのリンクと、あやまり堂=「適当訳」2010 を追加しました。
  • 2011/05/13 渡辺知明の表現よみ=方丈記「序」の YouTube 動画を追加しました。
  • 2011/03/11 「目次」を新設しました。
  • 2010/12/17 堀田善衞=著 1976 を追加しました。
  • 2010/09/10 asayama35 氏が YouTube にアップロードなさった京都・河合神社の「方丈」レプリカの YouTube 動画、および加藤康子=監修、弦川琢司=文 2008/02/17 の現代語訳を追加しました。
  • 2010/08/30 神田秀夫=校注/校訂・訳の引用文の底本を、1971年版『日本古典文学全集』から2007年版『日本の古典をよむ』に改めました。また、書誌情報を補足・修正しました。
  • 2010/08/28 手崎政男=著 2009/10/30 を追加しました。また、日本語原文の電子テキストの項と、出典:日本語原文(大福光寺本)の項を補足・修正しました。
  • 2010/08/13 青山由紀+甲斐利恵子+邑上裕子=編 2009/12/22 を追加しました。また、ブログ記事のタイトルをつぎのとおり変更しました。
    • 旧題: 鴨長明 『方丈記』 Hojoki by Kamo no Chomei
    • 新題: 鴨長明 『方丈記』 Hojoki / The Ten Foot Square Hut by Kamo no Chomei
  • 2010/07/19 長尾剛=著 2006 の書誌情報に誤りがあったので訂正しました。
  • 2010/05/27 Anthony H. Chambers による英訳 2007 を追加しました。また、The Journal of the Royal Asiatic Society of Great Britain and Ireland (1905) の電子複写本を新たに掲載しました。
  • 2008/08/21 今成元昭=訳 1981/02 を追加しました。
  • 2007/10/27 大伴茫人=訳 2007/07 を追加しました。
  • 2007/08/01 武田友宏=訳 2007/06 を追加しました。
  • 2007/05/21 浜野卓也=著 2001/04 を追加しました。
  • 2007/05/15 長尾剛=訳 2006/12 と三木紀人=訳 2006/01 を追加しました。また、唐木順三=訳 1962/01 の細部に誤りがありましたので、訂正しました。さらに、Natsume(夏目漱石)=訳の書誌情報を補足しました。
  • 2007/05/11 長尾 剛=訳 2005/06、三木 卓=訳 1992/04、永井路子=訳 1987/09、山崎正和=訳 2001/11、1980/05、唐木順三=訳 1962/01、佐藤春夫=訳 1937/04-07, 09、および佐藤春夫=訳 1937/04、1999/09 を追加しました。
  • 2007/05/09 W. G. Aston による英訳 1899 を追加しました。
  • 2007/04/05 角川文庫版 1967/06 の訳注者名の表記が間違っておりました。正しくは「梁瀬」ではなく「簗瀬」でした(竹かんむりがあります)。おわびと訂正をいたします。また、簗瀬氏による著訳書に関する書誌情報を補足しました。
  • 2007/03/05 安良岡康作=訳 1980/02、神田秀夫=訳 1971/08、川瀬一馬=訳 1971/07 および梁瀬一雄=訳 1967/06 を追加しました。また、日本語原文に関する書誌情報を大幅に補足しました。
  • 2007/03/02 中野孝次=訳 2003/02 を追加しました。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ84595840v1308102456

Flag Counter

■和書 Books in Japanese

■洋書 Books in non-Japanese languages

  

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

| | Comments (3) | TrackBack (0)

Friday, 29 December 2006

Mr. Big by Woody Allen ウディ・アレン 「ミスター・ビッグ」

 Images 
本の表紙とCDのジャケット Book & CD covers

a. Getting_even_1 b. B00000imsb


■日本語訳 Translations into Japanese

(J1) 佐伯 1991
 おれはオフィスの椅子にすわって愛用の三十八口径を手入れしながら、次の事件はいったいどこのどいつが持ち込んでくるのか、とぼんやり考えていた。私立探偵稼業も悪くない。車のジャッキで歯茎をマッサージされることもないわけじゃないが、札束の甘い匂いを嗅げば苦労を忘れる。女はいわずもがなだ。もっともおれは女にはたいして興味がなくて、せいぜいのところ、呼吸することよりはもうちょい興味がある程度だが。だから、オフィスのドアがバタンとあいて、ヘザー・バトキスと名乗るブロンドの長い髪をした女が大またで入ってきて、あたしヌード・モデルだけど助けてほしいの、と切り出してきたときには、唾液腺のギアシフトがサードになった。ミニスカートにタイトなセーターという服装だったから、この女の豊満な肉体が描く放物線ときたらもう! 用件を聞いているうちにおれの心拍が停止しかねなかった。
「かわいこちゃん(#「かわいこちゃん」に「シュガー」とルビ)、用件は?」


(J2) 伊藤 1981, 1992, etc.
 おれは事務所に腰をすえ、三八口径の垢(あか)をかきだしながら、つぎの事件はどこから舞いこんでくるだろうと、しようことなく考えていた。おれは探偵稼業が好きだ。たまには自動車のジャッキで歯ぐきをマッサージされるような目にもあうけれど、グリーンの札束のあまい香りがそんな苦労を吹きとばしてくれる。女はいうまでもない。おれにすれば、ごくあたりまえの生理現象で、呼吸よりもちょっと大事かなという程度。そんなわけでバタンとあいた事務所のドアから、ロングヘアのブロンド娘がかけこんできて、名前はヘザー・バトキス、職業はポルノ女優、実はお願いしたいことが、と話しだしたとたん、おれの唾液腺ギアはたちまちサードにあがった。ショート・スカートをはき、ぴっちしりたスウェターを着ている。彼女のからだは、ヤクさえも心臓麻痺を起こして卒倒しかねない放物線の集合体だった。
「どういうことですか、お嬢さん?」


■ロシア語訳 Translation into Russian

Я сидел у себя в офисе, выковыривая заусенцы из дула моего "тридцать вось мого" и гадая, когда и откуда на меня свалится новое дело. Подвизаться в частных детективах - дельце в аккурат для меня, и хоть время от времени мне массируют десны автомобильным домкратом, сладкий запах зелененьких искупает даже эту неп риятность. Не говоря уж о дамочках, составляющих одну из потребностей моего неп ритязательного организма, малость опережающего у него потребность в дыхании. Вот почему, когда дверь моего офиса отворилась и в нее, широко ступая, вошла длинно волосая блондинка, назвавшаяся Хезой Баткисс и объявившая, что она зарабатывает на хлеб с маслом, позируя художником голышом, и что ей нужна моя помощь, слюнные железы мои разом переключились на третью скорость. На ней была юбочка короче некуда, свитер в обтяжку, а фигуру ее образовывали параболы, способные обратить в гималайского лося самого затрюханного сердечника.
  - Чем могу быть полезен, бэби?


■チェコ語訳 Translation into Czech

Seděl jsem v kanceláři, čistil hlaveň osmatřicítky a přemýšlel, odkud se vynoří příští případ. Být soukromým detektivem se mi líbí, a i když mi občas někdo zmasíruje dásně automobilovým heverem, sladká vůně prachů to všechno vynahrazuje. Nemluvě o holkách, mém menším koníčku, který stavím těsně před dýchání. Proto, když se dveře mé kanceláře rozletěly a dovnitř vstoupila dlouhovlasá blonděna jménem Heather Butkissová a sdělila mi, že je pornomodelka a potřebuje mou pomoc, moje slinné žlázy přeřadily na trojku. Měla na sobě minisukni a přiléhavý svetr a její postava opisovala množinu parabolických křivek, schopných způsobit srdeční zástavu u tura chrochtavého.
"Co pro tebe můžu udělat, zlato?"

  • Velký šéf, from Vedlejší příznaky, by Woody Allen
  • E-text at Eldar.cz

■スペイン語訳 Translation into Spanish

Estaba sentado en mi despacho limpiando el cañón de mi 38 y preguntándome cuál sería mi próximo caso. Me gusta ser detective privado. Cierto, tiene sus inconvenientes, me han dejado más de una vez las encías hechas papilla, pero el dulce aroma de los billetes de banco tiene también sus ventajas. No hablo siquiera de las mujeres que son una preocupación menor para mí y que coloco, en mi escala de valores, justo antes del acto de respirar. Por eso, cuando se abrió la puerta de mi oficina y entró una rubia de pelo largo llamada Heather Butkiss y me dijo que era modelo y que necesitaba mi ayuda, mis glándulas salivares se pusieron a segregar como locas. Tenía puestos una minifalda y un jersey ajustado, y su cuerpo describió una serie de parábolas que podrían provocar un ataque cardíaco a un buey.
—¿Qué puedo hacer por ti, muñeca?


■英語原文 The original text in English

I was sitting in my office, cleaning the debris out of my thirty-eight and wondering where my next case was coming from. I like being a private eye, and even though once in a while I've had my gums massaged with an automobile jack, the sweet smell of greenbacks makes it all worth it. Not to mention the dames, which are a minor preoccupation of mine that I rank just ahead of breathing. That's why, when the door to my office swung open and a longhaired blonde named Heather Butkiss came striding in and told me she was a nudie model and needed my help, my salivary glands shifted into third. She wore a short skirt and a tight sweater and her figure described a set of parabolas that could cause cardiac arrest in a yak.
"What can I do for you, sugar?"


■tomokilog 関連記事 Related articles from tomokilog:


■更新履歴 Change log

  • 2014/12/02 チェコ語訳を追加しました。
  • 2013/09/07 ロシア語訳を追加しました。
  • 2012/01/18 伊藤典夫=訳の書誌情報を修正・補足しました。また、スペイン語訳を追加しました。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ84595840v1308102456

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■DVD

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

■CD

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, 27 December 2006

The Buddha of Suburbia by Hanif Kureishi ハニフ・クレイシ 『郊外のブッダ』

083829 630445795201 Kureishi2
[Left] The Buddha of Suburbia, 9 CD Audiobook (2007)
[Centre] The Buddha of Suburbia, a 1993 BBC TV mini-series starring
 Roshan Seth and Naveen Andrews, directed by Roger Michell, soundtrack
 by David Bowie. (VHS 1997)
[Right] Hanif Kureishi, Image source: hanifkureishi.com
 
 
■日本語訳 Translation into Japanese

僕の名前はカリム・アミール。生まれも育ちもイギリス人だ——ほとんどね。イギリス人にしては変なやつだと、よく思われる。まあ言ってみれば、二つの古い歴史から生まれた新人類ってところかな。でも、そんなことはどうでもいい。現に僕はイギリス人だし(ただし、それを誇りにしてるわけじゃないけど)、サウス・ロンドンの郊外の出身で、これからどこかへ出ていこうとしている人間だ。二つの大陸と二つの民族、こことあちら、帰属意識とよそ者意識が奇妙にまじりあっているせいか、僕はどうも腰のすわらない、あきっぽい性格なんだ。それとも郊外に育ったせいだろうか。とにかく、うじうじ考えている必要なんかないじゃないか。どこかに厄介ごとや何かの変化、騒動やセックスの興味をそそられるような出来事がないか探していたんだから。自分の家族といると、僕はどういうわけだかすべてがひどくうっとうしくて、まどろっこしくて重苦しかった。正直なところ、それでまいってしまいそうだった。だから何でもやってみようという覚悟ができていた。

   ハニフ・クレイシ=作 古賀林幸(こがばやし・さち)=訳
   『郊外のブッダ』 中央公論社 1996/08
 
 
■イタリア語訳 Translation into Italian

Mi chiamo Karim Amir e sono un vero inglese, più o meno. La gente mi considera uno strano tipo di inglese, come se appartenessi a una nuova razza, dal momento che sono nato all'incrocio di due culture. A me però non importa, sono inglese (non che la circostanza mi riempia di orgoglio), vengo dalla periferia a sud di Londra e sto andando da qualche parte. Forse è stato lo strano miscuglio di continenti e sangue, un pezzo qui e uno là, l'avere un senso di appartenenza e il non averlo, a rendermi una persona irrequieta, che tende ad annoiarsi facilmente. O forse è stato il fatto di essere cresciuto in periferia. Comunque sia, perché risalire a delle cause quando è evidente che ero in cerca di guai: volevo movimento, cercavo occasioni di azione, opportunità di esprimere la mia curiosità sessuale e questo perché l'atmosfera in casa mia era opprimente, tetra e noiosa, e il tutto senza un vero motivo. A essere franco, era una situazione che mi deprimeva così tanto che ero pronto a qualsiasi cosa.

   Il Budda delle periferie by Hanif Kureishi
   Excerpt at:
   * Rivista Prometheus.it
   * libri.kelkoo.it
   * RaiLibro 
 
 
■ドイツ語訳 Translation into German

Ich heiße Karim Amir und bin ein waschechter Engländer –jedenfalls beinahe. Man hält mich oft für eine komische Sorte Engländer, als gehörte ich zu einer neuen Rasse, die aus zwei alten Kulturen hervorgegangen ist. Aber mir ist das egal: Ich bin Engländer (wenn auch nicht unbedingt stolz darauf), ich komme aus den südlichen Randbezirken Londons und gehe wer weiß wohin. Vielleicht ist es diese verrückte Mischung aus Völkern und Kontinenten, aus hier und da, aus dazugehören und nicht dazugehören, die mich so unruhig macht, die schuld daran ist, daß ich mich so schnell langweile. Vielleicht liegt es auch an der Vorstadt, der Suburbia, in der ich aufgewachsen bin. Aber warum im Innenleben herumsuchen, wenn die Erklärung doch völlig ausreicht, daß ich auf Ärger aus war, daß ich keinem Abenteuer, keiner Aufregung oder Affäre aus dem Weg ging, weil es in unserer Familie so trübselig, schlaff und stumpfsinnig zuging; woran das lag, weiß ich nicht. Ganz ehrlich, mich zog einfach alles runter, und ich war zu allem bereit.

   Der Buddha aus der Vorstadt by Hanif Kureishi
   Rowohlt Taschenbuch Verla, 2005/11
   PDF of an excerpt at Lesen en vogue
 
 
■英語原文 The original text in English

My name is Karim Amir, and I am an Englishman born and bred, almost. I am often considered to be a funny kind of Englishman, a new breed as it were, having emerged from two old histories. But I don't care - Englishman I am (though not proud of it), from the South London suburbs and going somewhere. Perhaps it is the odd mixture of continents and blood, of here and there, of belonging and not, that makes me restless and easily bored. Or perhaps it was being brought up in the suburbs that did it. Anyway, why search the inner room when it's enough to say that I was looking for trouble, any kind of movement, action and sexual interest I could find, because things were so gloomy, so slow and heavy, in our family, I don't know why. Quite frankly, it was all getting me down and I was ready for anything.

   The Buddha of Suburbia by Hanif Kureishi
   Faber and Faber, London 1990
   Excerpt at:
   * Jouvert: journal of postcolonial studies
   * Quid Rides? (Janeiro 2005)
   * EduScol
    
 
■映画/テレビ関連情報 Filmographies

   Hanif Kureishi - IMDb
 
 
↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザの画面を更新すると入れ替わります。 
↓ Renew the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

■DVD

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Monday, 25 December 2006

Half a Life by V. S. Naipaul V・S・ナイポール『ある放浪者の半生』

180pxvs_naipaul
Image source: V. S. Naipaul - Wikipedia
 
 
■日本語訳 Translation into Japanese

ときどき、口から出任せで何か言ってしまったときなど、それを修正したいと思わないことがあるだろう。そして、まるでそれを本気で言ったかのような芝居をするのだ。すると面白いもので、出任せのなかにも真実があることが見えてくる。たとえば、人の評判を割り引いて話すことは、それをおとしめることでもあるということが見えてくる。あの偉大なイギリス作家と出会って以来ずっと強いられてきた奇妙な生活を思い返してみるに、何かそのような形で、じつはこれこそが自分が夢見ていた生活なのだと思うようになった。めちゃくちゃにしてしまったそれまでの生活から何とか離れたい、隠れたい、逃げ出したいと願っていたのだとな。

   V・S・ナイポール=著 斎藤兆史(さいとう・よしふみ)=訳
   『ある放浪者の半生』岩波書店 2002/09
 
 
■英語原文 The original text in English

It sometimes happens that when you make a slip of the tongue you don't want to correct it. You try to pretend that what you said was what you meant. And then it often happens that you begin to see that there is some truth in your error. You begin to see, for instance, that to subtract from someone's good name can also be said to detract from that name. In some such way, contemplating the strange life that had been forced on me by that meeting with the great English writer, I began to see that it was a way of life that for some years I had been dreaming of: the wish to renounce, hide, run away from the mess I had made of my life.

   Half a Life by V. S. Naipaul
   Copyright 2001 by V. S. Naipaul.
   Excerpt at Random House
 
 
↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザの画面を更新すると入れ替わります。 
↓ Renew the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

| | Comments (4) | TrackBack (0)

The Secret Life of Walter Mitty by James Thurber ジェームズ・サーバー 「ウォルター・ミティの誰も知らない別の人生」「ウォールタァ・ミティの秘密の生活」「ウォルター・ミティの秘められた生活」「虹をつかむ男」

■はじめに Introduction

The Secret Life of Walter Mitty はアメリカの作家ジェームズ・サーバーが書いた短篇小説。初出はニューヨーカー誌 1939年3月18日号。この作品を最初に収録した本は1942年に出版された My World and Welcome to It

これまでに2度映画化されている。1回目は『虹を掴む男』 (1947) という邦題で、ノーマン・Z・マクロード監督、ダニー・ケイ主演。2回目は『LIFE!』 (2013) という邦題で、ベン・スティラー監督・主演。日本では2014年3月19日、全国の映画館で公開された。


 Video 1 
[ja] LIFE! (2013) - 日本版公式予告編
[en] The Secret Life of Walter Mitty (2013) - Official Japanese trailer

LIFE! 公式サイト Uploaded to YouTube by 20thFOXjp on 26 Dec 2013.


 Video 2 
[ja] LIFE! (2013) - 英語版公式予告編
[en] The Secret Life of Walter Mitty (2013) - Official English trailer

2013年クリスマスに欧米各国で公開された。邦題と日本公開時期が決定したというニュースは Billboard JAPAN 2013-09-24 などで報じられた。 Uploaded to YouTube by MOVIECLIPS Trailers on 30 Jul 2013.


 Video 3 
[ja] 2012年6月時点で公表されていた、ちら見の予告編。当時は邦題未定だった。
[en] The Secret Life of Walter Mitty (2013) - Movie First Look (as of June 2012)

Uploaded to YouTube by MOVIECLIPSdotcom on 15 Jun 2012.


 Video 4 
[ja] 映画 虹を掴む男 (1947) の一シーン
[en] A scene from The Secret Life of Walter Mitty (1947)

監督: ノーマン・Z・マクロード 出演: ダニー・ケイ、ヴァージニア・メイヨ
Directed by Norman Z. McLeod. Starring Danny Kaye, Virginia Mayo


■日本語訳 Translations into Japanese

(J1) 芹澤 2012
「いや、目隠しのハンカチは無用だ」ウォルター・ミティは言下に言い放つと、最後の一服を深々と吸い込み、煙草を投げ捨てた。そして、口元をふっとゆるめ、あの淡い笑みを浮かべたのち、銃殺刑を執行するために居並んだ射撃小隊と真正面から向かいあった。直立不動の姿勢で、誇り高く、何ものをも恐れず、敗北ということを知らぬ男、ウォルター・ミティは、こうして謎を秘めたまま、その最期を……

  • ジェイムズ・サーバー=著 芹澤恵(せりざわ・めぐみ)=訳 暴走妄想族 「虹をつかむ男——ウォルター・ミティの誰も知らない別の人生」 『傍迷惑な人々 サーバー短篇集』 光文社古典新訳文庫 2012/08/20

(J2) 鈴木 1974, 1978
「ハンカチなんかくそくらえだ」ウォールタァ・ミティは嘲るようにそう言った。そして、最後の一服を深く吸いこむと、紙巻きをポイと捨てた。それからあの微かなほほえみをつかのま唇のまわりに浮かべたあと、銃殺小隊とまともに相対した、直立の姿で身じろぎもせずに、誇らしげに、また尊大に——不敗の男、ウォールタァ・ミティは、とことんまで謎めいて。

  • ジェイムズ・サーバー=著 鈴木武樹(すずき・たけじゅ)=訳
  • 引用は a. 創土社版 1978 に拠りました。

(J3) 鳴海 1962, 1969, etc.
  西田+鳴海 1974, 2006
「ハンカチなんているもんか」とウォルター・ミティはせせら笑った。そして最後の一服を吸い込むと、パッとタバコを投げ捨てた。それから、口もとに、例のはかない微笑をチラと浮かべ、銃殺刑を執行する射撃分隊にあい対した。直立不動、意気軒高(けんこう)、大胆不敵、だんじて弱音を吐かぬ男、ウォルター・ミティは、こうしてその最後まで、謎をひめて……


 Images 
表紙・DVD画像 Book and DVD covers

a. 9784152087591 b. 9780141182919 c. Thesecretlifeofwaltermittydannykaye


■スペイン語訳 Translation into Spanish

¡Al diablo con el pañuelo!”, dijo Walter Mitty con tono desdeñoso. Dio una última fumada y arrojó lejos el cigarrillo. Entonces, con esa sonrisa leve y fugaz jugueteando en sus labios, se enfrentó al pelotón de fusilamiento; erguido e inmóvil, altivo y desdeñoso, Walter Mitty, el Invencible, inescrutable hasta el fin.

   La Vida Secreta de Walter Mitty by James Thurber
   E-text at La Maquina de Tiempo


■フランス語訳 Translation into French

« Au diable votre bandeau ! » cria Mitty avec dédain. Il aspira une dernière bouffée de tabac et jeta sa cigarette. Puis, droit et immobile, fier et méprisant, un sourire fugitif aux lèvres, Walter Mitty l'Indomptable, emportant son secret dans la tombe, fit face au peloton d'exécution.

   La Vie Secrète de Walter Mitty by James Thurber
   E-text at James Thurber [doc]


 Audio 
英語原文のオーディオブック(朗読) The Secret Life of Walter Mitty - Audiobook

下に引用する箇所の朗読は 13:05 あたりから始まります。 Uploaded to YouTube by Gloria Piovesan on 7 Mar 2011. Reading of the excerpt below starts around 13:05.


■英語原文 The original text in English

"To hell with the handkerchief," said Walter Mitty scornfully. He took one last drag on his cigarette and snapped it away. Then, with that faint, fleeting smile playing about his lips, he faced the firing squad; erect and motionless, proud and disdainful, Walter Mitty the Undefeated, inscrutable to the last.

   The Secret Life of Walter Mitty
   by James Thurber
   E-text at:
   * in a world of your own
   * Zoetrope: All-Story
   * Jim Carrey Online


■映画化作品 Film adaptations

(1) The Secret Life of Walter Mitty (1947) 邦題『虹を掴む男』

   原作:James Thurber
   脚本:Ken Englund, Everett Freeman; Philip Rapp (uncredited)
   監督:Norman Z. McLeod 主演:Danny Kaye
   More info at IMDb

(2) The Secret Life of Walter Mitty (2013) 邦題: LIFE!

   2014年3月現在の情報:
       欧米各国では2013年クリスマスに公開された。
       日本では2014年3月19日に公開された。
   2013年10月現在の情報:
       欧米各国では2013年クリスマスに公開予定。
       日本では2014年3月に公開の予定。
   2012年9月現在でポストプロダクション段階。2013年公開予定。
       Director: Ben Stiller
       Starring Ben Stiller, Kristen Wiig and Sean Penn.
       More info at IMDb
   2010年7月現在で製作進行状況未確認。2012年公開予定。
       Director: Gore Verbinski
       Starring Mike Myers, Sacha Baron Cohen.
       More info at MovieWeb
   2009年4月現在で製作進行状況不明。2010年米国公開予定。
   2006年6月現在で製作発表段階。2007年公開予定。
       原作:James Thurber
       脚本:Richard LaGravenese が降板。代わって次の3人(アルファベット順)。
       Jay Kogen (writer)
       Mike Myers (screenplay)
       David Reynolds (screenplay)
       More info at IMDb


■tomokilog 関連記事 Related articles from tomokilog


■更新履歴 Change log

  • 2014/03/22 LIFE! (2013) - 日本版公式予告編の YouTube 画面を追加しました。また、国内外の劇場での公開日の記述を更新しました。
  • 2013/10/18 2013年リメイク公式予告編の YouTube 画面を追加しました。
  • 2013/04/29 2013年リメイクの Movie First Look と、英語原文オーディオブックの YouTube 画面を追加しました。
  • 2012/09/19 芹澤恵=訳 2012/08/20 を追加しました。また、映画版リメイクの製作進行状況を更新しました。
  • 2010/07/03 スペイン語訳を追加しました。また、映画 『虹を掴む男』 (1947) の YouTube 動画を追加しました。さらに、映画版リメイクの製作進行状況を更新しました。
  • 2009/04/29 フランス語訳の電子テキストがリンク切れになっていたのでリンクを張り直しました。また、映画化作品の製作進行状況の記載を更新しました。
  • 2006/12/27 鈴木武樹=訳 1978/07 を追加しました。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ翻訳ブログ人気ランキング参加中

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■DVD

■和書 Books in Japanese


■洋書 Books in non-Japanese languages

  

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sunday, 24 December 2006

Mr Kofi Annan's final speech as UN Secretary General アナン国連事務総長の最後の演説

2006121119443818
The Associated Press, 11 December 2006
 
 
■日本語訳 Translation into Japanese

不可能な責務に挑んだ男

国連とは、いかに不完全であろうとも、世界に「公平な統治」という希望を与えうる最良の存在だと。だからこそ、国連は「弱く、貧しい国が、強く、裕福な国の行動にいくらかの影響力を持てるような」公平で民主的な方法で運営されることが重要だと主張した。それがアナン氏の夢だった。残念ながら、しばらくは夢のままだろう。

   朝日新聞 2006年12月17日 オピニオン面「世界の論調」欄
   インディペンデント(英国)社説=12日付
 
 
■英語原文 The original text in English

Leading article: A decent man who took on an impossible job

For all its imperfections, the UN offers the world the best hope of equitable governance, as a place where states can hold each other to account. It was especially important therefore, to organise it "in a fair and democratic way, giving the poor and the weak some influence over the actions of the rich and the strong". That is Mr Annan's dream. A dream, sadly, it is likely to remain.

   The Independent, 12 December 2006
 
 
↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザの画面を更新すると入れ替わります。 
↓ Renew the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

| | Comments (1)

Thrawn Janet by Robert Louis Stevenson スティーヴンソン 「ねじれ首のジャネット」「ねじけジャネット」「異形のジャネット」

Mm_1
    ↑ Click to enlarge ↑

The Merry Men and Other Tales and Fables
London, Chatto & Windus, 1887.
Image source: University of South Carolina Libraries


■日本語訳 Translations into Japanese

(1) 高松+高松 1989, 2011
その夜は、たくさんの真面目な村人たちがいつまでも神様に祈りをあげた。だが、夜が明けると、バルウェアリーの村じゅうがぞっとした。子供らは隠れてしまう。男どもさえ戸口からこわごわ覗(のぞ)くしまつだ。それというのも、ジャネットが村の通りを歩いて来るのだが——本物なのか、彼女の恰好(かっこう)をしたものなのか見当がつかない——まるで吊るし首になった死骸みたいに首をねじまげ、頭を片方にかしげておる。埋葬されない死体みたいに、にやりと笑顔を浮かべてな。

   ロバート・ルイス・スティーヴンソン=作
   高松雄一+高松禎子(たかまつ・ていこ)=訳 「ねじれ首のジャネット」
   a.マーカイム・壜の小鬼 他五篇』 岩波文庫 2011/12/16 所収
   b. ホルヘ・ルイス・ボルヘス=編纂・序文 『声たちの島
     バベルの図書館17 国書刊行会 1989/10 所収
   引用は a. に拠りました。訳者名のうち禎の旧字は新字で置き換えました。


(2) 河田 1988
その夜、村では、多くのきまじめな人たちが神に長い祈りをささげた。朝になると、バルウィアリー一帯の人たちは恐怖に襲われた。子供たちは家の中にかくれ、大の男たちでさえ家にとじこもって、戸のすきまから外をうかがうありさまだった。というのは、ジャネット——それがジャネット自身なのか、それとも、彼女に似た者なのかは誰にもわからなかった——が村の道をやって来たのである。その首はねじけ、頭はまるで首をくくられた人間のように片方にかしぎ、顔は埋葬される前の死体のようにゆがんでいた。

   ロバート・ルイス・スティーヴンソン=作 河田智雄(かわだ・ともお)=訳
   「ねじけジャネット」
   『スティーヴンソン怪奇短篇集』 福武文庫 1988/07 所収


(3) 小野寺 1985
その晩は、たくさんのまじめな村人たちがいつまでも祈りを捧げていた。だが一夜あけると、バルウェアリでは村中がすっかり怖がって、子供たちは隠れて外へ出ようとせず、大の男たちさえ、戸口にたたずんで外をのぞいているばかりだった。というのもジャネットが——ほんとうに彼女なのかその幽霊なのかは誰にもわからなかったが——村の中をやってきたのだ。しかもその首は絞首刑にかけられたようにねじれ、頭が一方に曲がっていて、歪んだ顔つきは、まるで死体が笑っているようだった。

   ロバート・ルウイス・スティーヴンソン=作 小野寺健=訳
   「異形のジャネット」
   由良君美(ゆら・きみよし)=編 『イギリス幻想小説傑作集
   白水Uブックス 1985/10 所収


 Image gallery  表紙画像

↓ クリックして拡大 Click to enlarge ↓

ko Ko___9788955615708 ja Ja__9784336025722 tr Tr_sesler_adacg_9757501670003

de De_dieinselderstimmen_9783940111241 it It_lisola_delle_voci_9788821602153 pt Pt_a_ilha_das_vozes_9789722342742

es Es_la_isla_de_las_voces_97884858762

韓 [ko] ISBN : 9788955615708 목소리 섬 (바벨의 도서관)
日 [ja] ISBN : 9784336025722 声たちの島 (バベルの図書館)
土 [tr] ISBN : 9757501670003 Sesler Adacığı - Babil Kitaplığı
独 [de] ISBN : 9783940111241 Die Insel der Stimmen: Die Bibliothek von Babel
伊 [it] ISBN : 9788821602153 L'Isola delle Voci: La Biblioteca di Babele
葡 [pt] ISBN : 9789722342742 A Ilha das Vozes: A Biblioteca de Babel
西 [es] ISBN : 9788485876266 La isla de las voces: La Biblioteca de Babel


■フランス語訳 Translation into French

Ce soir-là, beaucoup de gens sérieux restèrent tard à dire leurs prières ; mais le lendemain, une telle panique se répandit dans Balweary que les enfants se cachaient et que même les hommes ne passaient pas le seuil de leurs portes. Car Janet (Janet, ou son fantôme) descendit la rue d’un bout à l’autre – et elle avait son cou tordu et sa tête toute d’un côté, comme celle d’un pendu, et sur son visage une grimace de déterré.

   Janet la revenante by Robert Louis Stevenson
   Translated by Théo Varlet
   E-text at Biblisem


■英語(スコットランド語?)原文
 The original text in English (or rather Scottish?)

There were mony grave folk lang ower their prayers that nicht; but when the morn cam' there was sic a fear fell upon a' Ba'weary that the bairns hid theirsel's, and even the men folk stood and keekit frae their doors. For there was Janet comin' doun the clachan -- her or her likeness, nane could tell -- wi' her neck thrawn, and her heid on ae side, like a body that has been hangit, and a girn on her face like an unstreakit corp.

   Thrawn Janet
   from "The Merry Men" by Robert Louis Stevenson
   E-text at:
   * Project Gutenberg
   * World eBook Library
   PDF at President William McKinley High School


■更新履歴 Change log

2013/06/14 表紙画像ギャラリーを新設しました。
2011/12/27 高松雄一+高松禎子=訳の書誌情報を修正・補足しました。


にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ翻訳ブログ人気ランキング参加中

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■CD

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

  

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Saturday, 23 December 2006

The Great Quillow by James Thurber ジェームズ・サーバー『おもちゃ屋のクィロー』

The20great20quillow C987
[Left] 『おもちゃ屋のクィロー』(1996)
[Right] The Great Quillow (1994)
 
 
■日本語訳 Translation into Japanese

まい朝(あさ)、大男(おおおとこ)は、ひつじを三(さん)びき、千個(せんこ)のリンゴをいれたパイをひとつ、つむぎ車(ぐるま)のように大(おお)きな丸(まる)いチョコレートをひとつ、むさぼって食(た)べました。

   ジェームズ・サーバー=作
   上條由美子(かみじょう・ゆみこ)=訳 飯野一義(いいの・かずよし)=画
   『おもちゃ屋のクィロー』福音館書店 1996/11
 
 
■英語原文 The original text in English

Every morning he ate three sheep, a pie made of a thousand apples, and a chocolate as high and as wide as a spinning wheel.

   The Great Quillow by James Thurber (1944)
   * Hardcover: Harcourt Childrens Books (1994/10), illustrated by
    Steven Kellogg
   * Hardcover: Peter Smith Pub Inc (1983/06), illustrated by Doris Lee
   * Paperback: Harcourt (1975/09), illustrated by Doris Lee

 
 
↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザの画面を更新すると入れ替わります。 
↓ Renew the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Lemprière's Dictionary by Lawrence Norfolk ローレンス・ノーフォーク 『ジョン・ランプリエールの辞書』

■表紙画像コレクション Cover photo collection

jp Ja_9784488016289 he He_lemprieres_dictionary_61605 ru Ru_9785699181629

bg Bg_9789545281167 cz Cz_9788085812138 sv Sv_9789137106816_2

da Da_9788716160942 de De_9783442425969 nl Nl_norfolkhetwoordenboekvanlemprier

ro Ro_dictionarulluilempriere6065790_2 it It_9788876844133 es Es_el_diccionario_de_lemprires

fr Fr_9782246476818 en En_9780345384232


■さまざまな言語に訳された表題 The title translated into various languages

日 [jp] ISBN : 9784488016289 ジョン・ランプリエールの辞書 (2000)
ヘ [he] ISBN :            (מילון למפרייר (2000
露 [ru] ISBN : 9785699181629 Словарь Ламприера (2006)
勃 [bg] ISBN : 9789545281167 Речникът на Ламприер (1999)
捷 [cz] ISBN : 9788085812138 Lempriérův Slovník (1994)
瑞 [sv] ISBN : 9789137106816 Lemprières lexikon (1995)
典 [da] ISBN : 9788716160942 Lemprières ordbog (1997)
独 [de] ISBN : 9783442425969 Lemprière's Wörterbuch (1994)
蘭 [nl] ISBN : 9789025405113 Het woordenboek van Lemprière (2010)
ル [ro] ISBN : 6065790360    Dictionarul lui Lempriere (2010)
伊 [it] ISBN : 9788876844133 La mirabolante avventura di John Lemprière, erudito nel secolo dei lumi (1996)
西 [es] ISBN : 9788422653943 El diccionario de Lemprière (1994)
仏 [fr] ISBN : 9782246476818 Le dictionnaire de Lemprière (1994)
英 [en] ISBN : 9780345384232 Lemprière's Dictionary (1993)


■日本語訳 Translations into Japanese

(1) 青木 2000, 2006
上空の風が天空を掃き浄め、星々の煌(きら)めきがジャージー島に届いた。波静かな浜辺や屹立(きつりつ)する断崖は、かろうじて暗い海面との境界線を浮かび上がらせる。月は何時間も前に沈み、姿はない。月明かりで文字が読み取れる夜もあるが、今夜はそれがかなわない。オイルランプが、彼の向かう黄色の柔和な光を投げかけていた。目の前には一冊の本が広げてあり、それを熱心に読み耽っている。文字に顔をすりつけんばかりだ。頭部が文字を追って左か右へわずかに揺れ、また左へ戻り、徐々に行を追ってページの下へと下りていく。その耳元を、ブーリー湾の岸に寄せては砕ける波音が洗う。

   ローレンス・ノーフォーク=作 青木純子(あおき・じゅんこ)=訳
   『ジョン・ランプリエールの辞書』 東京創元社
   (単行本 海外文学セレクション 2000/03|文庫(上) 全2冊 2006/05)


(2) 柴田 1995
風はジャージーの上空高くに吹き、星々が地上の島をほのかな光で照らせるよう空から雲を追い払った。穏やかな浜辺と、きわ立った崖は、黒々とした水とほとんど区別がつかない。月はもう何時間も前に姿を消している。夜によっては、字が読めるくらい月が明るく照ることもあったが、今夜はそうではなかった。彼の向かっている机に置かれたオイルランプが、柔らかな黄色い光を投げていた。目の前には本が一冊開いてあり、彼は顔を文字にくっつけんばかりにして読みふけっていた。行にそって、頭が左か右へとわずかに動いてはまた元に戻り、ゆっくりとページを下っていった。外からは、寄せる波がブーリー湾の崖を打つささやきが、かすかに彼の耳にも届いてきた。

   ローレンス・ノーフォーク=作 柴田元幸=訳
   「『ランプリエールの辞書』の書き出し」
   柴田元幸=訳 『イギリス新鋭作家短篇選』 新潮社 1995/07
   の「解説」に収録。

   なお、この『短篇選』はイギリスの季刊文芸誌 Granta の1993年春号の特集
   Best of British Young Novelists (2) に収載されている20本のうち、
   長篇からの抜粋を除外して、5本を選んで訳したもの。うち3本は『新潮』
   1994年3月号に初出。


■イタリア語訳 Translation into Italian

I venti soffiavano alti su Jersey, sgombrando il cielo perch le stelle scintillassero sull'isola sottostante. La dolce curva delle spiagge e le alte scogliere si distinguevano appena dall'acqua nera. La luna era tramontata da molte ore. A volte il suo splendore era sufficiente per leggere, ma non quella notte. La lampada a petrolio posata sulla scrivania gettava una luce gialla e tenue. Il giovane era seduto davanti a un libro aperto e lo studiava assorto, la faccia a pochi centimetri dai caratteri. La sua testa seguiva l'andamento delle righe, muovendosi appena da sinistra a destra e da destra a sinistra, scendendo lentamente lungo la pagina. Da fuori gli giungeva smorzato il mormorio delle onde che irrompevano in Bouley Bay schiaffeggiando gli scogli.

   La mirabolante avventura di John Lemprière,
   erudito nel secolo dei lumi
   Traduzione: Gaspare Bona
   Excerpt at incipitario.com


■英語原文 The original text in English

The winds blew high over Jersey, clearing the sky for the stars to glimmer down on the island below. Its gentle beaches and high cliffs were barely distinguishable from the dark water. The moon had sunk from view hours before. Some nights it shone bright enough to read by, but not tonight. The oil lamp which stood on the desk at which he sat threw a soft, yellow light. A book lay open before him and he studied it intently, his face only inches from the characters. His head followed the movement of the lines, turning slightly from left to right and back, moving slowly down the page. Outside, the murmur of the waves just reached his ears as they washed in and slapped against the cliffs of Bouley Bay.

   Lemprière's Dictionary by Lawrence Norfolk
   Excerpt at:
   * Amazon.com
   * incipitario.com


■参考記事 Reference

   The British Novel is dead - so long live British novels
   The Best of Young British Novelists: Class of 1993
   Nicci Gerrard, Sunday May 2, 1993, The Observer


■更新履歴 Change log

2011-11-19 表紙画像を追加しました。また、抜けていたアクセント記号を
         補いました。


にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ翻訳ブログ人気ランキング参加中

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

  

| | Comments (2) | TrackBack (1)

How Proust Can Change Your Life by Alain de Botton (2)

<< How Proust Can Change Your Life by Alain de Botton (1)
 
 
4560046646 De_botton

Como_cambiar_tu_vida_con_pr 2264033568
Clockwise from the top left:
* JP『プルーストによる人生改善法』(1999)
* EN How Proust Can Change Your Life (1997)
* FR Comment Proust peut changer votre vie (2002)
* ES Como Cambiar Tu Vida Con Proust (1998)
 
 
■日本語訳 Translation into Japanese

第一章 今日、人生を愛するには

 「不幸」ほど、人間が熱意を注いでいるものも少ない。もし私たちが、悪意をもった創造主によって、もっぱら苦しむために地上に置かれたのだとしても、その課題に熱心に応えていると自負してしかるべきだろう。私たちが生を嘆く理由はいくらでもある。肉体のはかなさ、愛のうつろいやすさ、偽善的な社交生活、妥協に満ちた友情、習慣がもたらす無感覚化。こうした執拗なる諸悪を思えば、私たちがこのうえなく待ち望んでいるものが、おのれの絶滅の瞬間だとしても驚くにはあたるまい。

   アラン・ド・ボトン=著 畔柳和代(くろやなぎ・かずよ)=訳
   『プルーストによる人生改善法』白水社 1999/01
 
 
■英語原文 The original text in English

How to Love Life Today

There are few things humans are more dedicated to than unhappiness. Had we been placed on earth by a malign creator for the exclusive purpose of suffering, we would have good reason to congratulate ourselves on our enthusiastic response to the task. Reasons to be inconsolable abound: the frailty of our bodies, the fickleness of love, the insincerities of social life, the compromises of friendship, the deadening effects of habit. In the face of such persistent ills, we might naturally expect that no event would be awaited with greater anticipation than the moment of our own extinction.

   How Proust Can Change Your Life by Alain de Botton (1997)
   * Hardcover: Pantheon Books, 1st edition (1997/05)
   * Paperback: Vintage Books (1998/05)
   * Excerpt at Salon | How Proust Can Change Your Life: Not ...
 
 
■tomokilog 関連記事
 Related articles from tomokilog:

   How Proust Can Change Your Life by Alain de Botton (1),
   2006 /09/03
 
 
↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザの画面を更新すると入れ替わります。 
↓ Renew the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, 21 December 2006

莫言 《丰乳肥臀》 《豐乳肥臀》 モオ・イエン 『豊乳肥臀』 Big Breasts and Wide Hips by Mo Yan

 Video 1  授賞発表後の報道
作家莫言の略歴、ノーベル賞受賞理由、作品の簡単な紹介など
中国诺奖历史性突破:作家莫言简历 获奖理由 作品简介 颁奖典礼

Published on Oct 11, 2012 by ChinaNews360


 Video 2  授賞発表前の憶測
中国人作家莫言、ノーベル文学賞受賞? 中国作家莫言获诺贝尔文学奖?

Published on Oct 11, 2012 by WeiboVideo


■表紙画像ギャラリー Cover photo gallery

↓ Click to enlarge ↓

pl Pl_obfitepiersipelnebiodrab2663182 no No__9788205407060_storebrysterogbre nl Nl_9789035125742_grote_borsten_bred

it It_mo_yan_grande_seno_fianchi_largh pt Pt_9789725685709peitograndeancaslar es Es_grandes_pechos_amplias_caderas

fr Fr_yan_mo_beaux_seins_belles_fesses en En_mo_yan_big_breasts_and_wide_hips vi Vi_bu_vt_ca_i_2

ja Ja_hounyuu_hiden_jou ko Ko_big_breasts_wide_hips zh Zh_trad_9789576740978_mo_yan

zh Zh_mo_yan_feng_ru_fei_tun_3


■さまざまな言語に訳されたタイトル The title translated into various languages

[pl] Obfite piersi, pełne biodra ポーランド語
[no] Store bryster og brede hofter ノルウェー語
[nl] Grote borsten, brede heupen オランダ語
[it] Grande seno, fianchi larghi イタリア語
[pt] Peito Grande, Ancas Largas ポルトガル語
[es] Grandes Pechos, Amplias Caderas スペイン語
[fr] Beaux seins, belles fesses : Les Enfants de la famille Shangguan フランス語
[en] Big Breasts and Wide Hips 英語
[vi] Báu Vật Của Đời ベトナム語
[ja] 豊乳肥臀 (上) 日本語
[ko] 풍유비둔 1 韓国語
[zh] 豐乳肥臀(上冊) 中國語(繁體字)
[zh] 丰乳肥臀 中国語(簡体字)


■予備知識 Background information

   第一章 日本鬼子(リーベングエイズ)がやって来た

   一九三七年七月七日、北京郊外の廬溝橋(ルーゴウチヤオ)での軍事衝突に
   よって、中国は日本と全面戦争に突入した。ここ山東省は、日本が、かねて
   から野心を剥き出しにしていた土地であった。
      (莫言 『豊乳肥臀(上)』 第一章 9ページ)

原書の各章は、たんに「第一章」「第二章」と番号が付されているだけで、表題はつけられていません。しかし、現代中国の歴史に必ずしも通じていない日本の読者の便を考えて、訳者・吉田富夫氏は原作者・莫言氏と相談の上で、小説の背景を踏まえた小題をつけ、その下に簡略な注釈をくわえたのだそうです(下巻「訳者あとがき」による)。中国人と日本人のあいだに双方向に存在した敵意については、上のような具体的・歴史的状況を念頭において理解する必要があるでしょう。


■ロシア語訳 Translation into Russian

У Шангуань Люй даже сердце забилось от восторга. Считалось, что она всего лишь кузнецова жена, но в кузнечном деле она была гораздо искусней мужа, и от одного вида железа и огня у нее начинала бурлить и быстрее бежать по жилам кровь. На руках вздуваются мускулы, словно узлы на пастушеском биче, черное железо бьет в красное, искры летят во все стороны, одежда пропитана потом, он течет струйками меж грудей, и все пространство между небом и землей исполнено бьющего в нос запаха железа и крови. Вверху, на помосте Сыма Тина чуть отбросило отдачей назад. Влажный утренний воздух стал наполняться дымом и запахом пороха. Сыма Тин раз за разом обходил платформу, набирал полную грудь воздуха, и его громкий крик разносился предупреждением по всему северо-восточному Гаоми: «Земляки! Японские дьяволы идут!»

   Глава 1
   Мо Янь «Большая грудь, широкий зад»
   Translated by Игоря Егорова (Igor Yegorov)
   This novel is yet unpublished in Russian.
   Excerpt at Русский клуб в Шанхае (russianshanghai.com)


■英訳 Translation into English

Shangguan Lii's heart raced from excitement. Though only a blacksmith's wife, she was much better with a hammer and anvil than her husband could ever hope to be. The mere sight of steel and fire sent blood running hot through her veins. The muscles of her arms rippled like knotted horsewhips. Black steel striking against red, sparks flying, a sweat-soaked shirt, rivulets of salty water flowing down the valley between pendulous breasts, the biting smell of steel and blood filling the space between heaven and earth. She watched Sima Ting jerk backward on his perch, the damp morning air around him soaked with the smell of gunpowder. As he circled the tiny platform, he broadcast a warning to all of Northeast Gaomi Township: "All you elders, fellow townsmen, the Japs are coming!"

   Chapter 1
   Big Breasts & Wide Hips: A Novel by Mo Yan
   Translated by Howard Goldblatt
   Revised edition, Arcade Publishing, 2004/11/17
   Preview at Google Books


■日本語訳 Translation into Japanese

 上官呂氏の心は激しく波立った。鍛冶屋の女房だが、じつのところ鉄を鍛える腕は亭主をはるかにしのぎ、鉄と火を目にしただけで血が騒ぐのだ。熱い血が血管を駆けめぐる。盛り上がった筋肉のひと筋ひと筋が、あたかも鞘から出た牛の陰茎のようだ。黒い鉄が焼けた赤い鉄を砕くと、火花があたりに飛び散る。汗が背中を濡らし、乳房の谷を川となって流れる。鉄と血の匂いが天地の間に満ちる。
 彼女は、司馬亭が高い塔の上で躍り上がるのを見た。朝の澄んだ空気の中に、硝煙と硝煙の匂いが満ちてくる。司馬亭は、高い声に節をつけて長く引っ張りながら、高密(ガオミー)県東北郷(ドンベイシアン)に向けて警報を発した。
「村のみなの衆、日本鬼子(リーベングエイズ)が来るぞォ!」

   第一章 日本鬼子(リーベングエイズ)がやって来た 
   莫言(モオ イエン/ばくげん)=著 吉田富夫(よしだ・とみお)=訳
   『豊乳肥臀(ほうにゅうひでん)(上)』 平凡社 1999/09
   この訳書の底本は、『丰乳肥臀』(作家出版社 北京第1版 1996)


■中國語原文(繁體字)The original text in traditional Chinese

上官呂氏心情激動。她是鐵匠的妻子,但實際上她打鐵的技術比丈夫強許多,只要是看到鐵與火,就血熱。熱血沸騰,沖刷血管子。肌肉暴凸,一根根,宛如出鞘的牛鞭,黑鐵砸紅鐵,花朵四射,汗透浹背,在奶溝裏流成溪,鐵血腥味瀰漫在天地之間。她看到司馬亭在高高的塔臺上蹦了一下。清晨的潮濕空氣裏,瀰漫著硝煙和硝煙的味道。司馬亭拖著長腔揚著高調轉著圈兒對整個高密東北鄉發出警告:
  “父老鄉親們,日本鬼子就要來了!”

   莫言 《豐乳肥臀》 第一章
   E-text at:
   * 文理書院(香港)中國文學網頁
   * 好讀網站 (megaton.com.tw)


■中国語原文(簡体字)The original text in simplified Chinese

上官吕氏心情激动。她是铁匠的妻子,但实际上她打铁的技术比丈夫强许多,只要是看到铁与火,就血热。热血沸腾,冲刷血管子。肌肉暴凸,一根根,宛如出鞘的牛鞭,黑铁砸红铁,花朵四射,汗透浃背,在奶沟里流成溪,铁血腥味弥漫在天地之间。她看到司马亭在高高的塔台上蹦了一下。清晨的潮湿空气里,弥漫着硝烟和硝烟的味道。司马亭拖着长腔扬着高调转着圈儿对整个高密东北乡发出警告:
  “父老乡亲们,日本鬼子就要来了!”

   莫言 著 《丰乳肥臀》 増補修訂版 中国工人出版社 2003/09
   第一章
   E-text at:
   * 新浪读书 (book.sina.com.cn)
   * 来看书网 (www.laikanshu.com)


■外部リンク External links

 [zh] 中文
   * 中国作家莫言获得2012年诺贝尔文学奖 新华网 2012-10-11
   * 莫言 名人堂 读书频道 新浪网
   * 莫言 - Wikipedia (1955- )

 [ja] 日本語
   * 莫言さんノーベル賞に寄せて 吉田富夫・佛教大名誉教授 
    朝日新聞 2012-10-16
   * ノーベル文学賞:中国の作家、莫言氏に決まる 毎日新聞 2012-10-11
   * ノーベル文学賞に中国の莫言氏 時事ドットコム 2012-10-11
   * 莫言 - Wikipedia (1955- )

 [en] English
   * Chinese writer Mo Yan wins Nobel literature prize USA Today 2012-10-11
   * Chinese author Mo Yan wins Nobel Prize for Literature BBC News 2012-10-11
   * Mo Yan - Wikipedia (1955-  )


■更新履歴 Change log

2012/10/19 ロシア語訳と英訳、ならびに外部リンクを追加しました。また、繁體字
         中國語版の表紙画像も追加しました。
2012/10/13 ノルウェー語版、オランダ語版、およびポルトガル語版の表紙画像を
         を追加しました。また、ノーベル賞関連の動画をもう1本追加しました。
2012/10/11 ノーベル賞関連のニュース映像と外部リンクの項を新設しました。
2011/04/15 表紙画像を追加しました。また、ブログ記事のタイトルを
         つぎのとおり変更しました。

         旧題: 莫言 / モオ・イエン / Mo Yan『豐乳肥臀』
              Big Breasts & Wide Hips
         新題: 莫言 《丰乳肥臀》 《豐乳肥臀》 モオ・イエン 『豊乳肥臀』
              Big Breasts and Wide Hips by Mo Yan

2006/12/22 予備知識の項を追加しました。


にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ84595840v1308102456

Flag Counter

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

■DVD

  

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sunday, 17 December 2006

Ijime in Kyoto, circa 11th century - Tale of Genji 11世紀ごろの京都における「いじめ」 - 『源氏物語』

■源氏物語千年紀 Genji Millennium

   * 源氏物語千年紀委員会公式サイト
   * Genji Millennium Committee

     Ctype
 
   Image source: 源氏物語千年紀委員会


■表紙画像:『源氏物語』英訳各種
 Cover photos: English translations of The Tale of Genji

a. Tuttle Classics (2006) by Kencho Suematsu
b. Dover Thrift Edition (2000) by Arthur Waley
c. Penguin Books (1980) by Edward G. Seidensticker
d. Everyman's Library (1992) by Edward G. Seidensticker
e. Penguin Classics USA [Unabridged] (2002) by Royall Tyler
f. Penguin Classics [Abridged] (2006) by Royall Tyler

a. A_genji_suematsu_2 b. B_genji_waley_dover_2 c. C_genji_seidensticker_pengu_2
d. D_genji_seidensticker_every_2 e. E_genji_tyler_unabridged_2 f. F_genji_tyler_abridged_2


■英訳 Translations into English

(E1) Tyler, 2001, 2002, etc.
On the far too frequent occasions when she went to him, there might be a nasty surprise awaiting her along the crossbridges and bridgeways, one that horribly fouled the skirts of the gentlewomen who accompanied her or who came forward to receive her ( . . . ).

   The Tale of Genji by Murasaki Shikibu
   Edited and translated by Royall Tyler
   First published by Viking Penguin, 2001
   Penguin Books, 2002
   Penguin Classics abridged edition, 2006


(E2) Seidensticker, 1976, 2007, etc.
Her visits to the royal chambers were equally frequent. The robes of her women were in a scandalous state from trash strewn along bridges and galleries.

   The Tale of Genji, Volume 1 by Murasaki Shikibu
   Translated with an Introduction by
   Edward G. Seidensticker
   Tuttle Publishing, 2007/06, ISBN: 4805309199
   New York : Knopf, 1976, ISBN: 0394483286


(E3) Arthur Waley, 1926-1933, etc.
( . . . ) and sometimes when these comings and goings became frequent beyond measure, it would happen that on bridges and in corridors, here or there along the way that she must go, strange tricks were played to frighten her or unpleasant things were lying about which spoiled the dresses of the ladies who accompanied her.

   The Tale of Genji by Murasaki Shikibu
   First published 1926-1933
   London: George Allen & Unwin
   Recent editions include:

   * The Tale of Genji, by Lady Murasaki
    Translated by Arthur Waley
    Modern Library, 1993


(E4) Suematsu, 1882, 2000, etc.
And again, when it was her turn to attend upon the Emperor, it often happened that they played off mischievous pranks upon her, at different points in the corridor, which leads to the Imperial quarters. Sometimes they would soil the skirts of her attendants, (....)

   The Tale of Genj by Kencho Suematsu
   First published by London: Trubner, 1882.
   Recent editions include:

   * The Tale of Genji, by Lady Murasaki Shikibu
    Translated by Kencho Suematsu
    Tuttle Publishing, 2006

   * The Tale of Genji, by Murasaki Shikibu
    Translated by Kencho Suematsu
    Tuttle Publishing, 2000 


■英訳についての詳しい書誌情報
 Detailed bibliography on English translations

   * Genji links by Michael Watson, Meiji Gakuin University
   * The Tale of Genji | English translations - Wikipedia


■中国語訳(簡体字)Translations into simplified Chinese

(Zh1) 林 2011
有时候,更衣承恩召见的次数太多,也会遭受大家的恶作剧。时常有人故意在挂桥啦,长廊上啦,到处撒些秽物,想弄脏迎送更衣的宫女们的裙摆。(……)

   第一帖 桐壶
   紫式部 (作者), 林文月 (译者) 《源氏物语》 (套装共4册)
   凤凰出版传媒集团,译林出版社; 第1版 2011-06-01
   Preview at Amazon.cn


(Zh2)
有时来往得太过频繁,这些妃嫔就恶意作弄她,在板桥上或过廊里放些龌龊污秽的东西,使得迎送桐壶更衣的宫女们经过时,衣裙被弄得龌龊不堪(……)

   紫式部 《源氏物语》 第一章 桐壶
   E-text at 酷网 (kuwang.com)


■中國語譯(繁體字)Translation into traditional Chinese

有時來往得太過頻繁,這些妃嬪就惡意作弄她,在板橋上或過廊裡放些齷齪污穢的東西,使得迎送桐壺更衣的宮女們經過時,衣裙被弄得齷齪不堪(……)

   紫式部 《源氏物語》 第一章 桐壺
   E-text at 寫心網 (writesprite.com)
   Excerpt at 新华书店.COM (xinhuabookstore.com)


■アニメ映画『源氏物語』 (1987) 監督: 杉井ギサブロー 声の出演: 風間杜夫
 Genji Monogatari (1987) Directed by Gisaburo Sugii, Voice: Morio Kazama


■現代日本語訳/翻案
 Adaptations and translations in contemporary Japanese

(J1) 林 2010
また反対に、帝のお召しに応じて桐壺の更衣のほうから参上する、それもあまりにも度重なるという折々には、架け渡した板の橋のところやら、あるいはそこを通らずには行かれない渡殿(わたどの)(渡り廊下)のところやら、ともかくそこかしこに、とんでもない汚物がまき散らしてあったりして、更衣を送り迎えする女房たちの裾(すそ)が、堪(た)え難い悪臭にまみれるというようなことすらあった。(……)

   紫式部=著 林望(はやし・のぞむ)=訳
   『謹訳 源氏物語1』(全10巻刊行予定) 祥伝社 2010/03/25


(J2) 大塚 2008
桐壺更衣のほうからミカドのもとに参上する際も、あまりたび重なる折々は、殿舎(でんしゃ)と殿舎を結ぶ打橋(うちはし)や渡殿(わたどの)のあちこちに、何度も〝あやしきわざ〟…とんでもなく異常なこと…をされ、送り迎えの女房の着物の裾(すそ)が我慢し難い有様になるという理不尽な目に遭うこともあります。(……)

   紫式部=著 大塚ひかり=訳
   『源氏物語1 桐壺〜賢木』 (全6巻) ちくま文庫 2008/11


(J3) 上野 2008
また一方、桐壺更衣のお召しが度重なると、中庭へ出入りする廊下や、殿舎から殿舎への渡り廊下のあちこちの通路に、女御や更衣たちが、不都合にも糞や尿のような汚物をまきちらして、お送り迎えをする女房たちの着物の裾が一度で台無しに汚れてしまうような、人聞き悪くみっともないいたずらがなされているのである。

   上野榮子=訳
   『源氏物語1』(全8巻)  日本経済新聞出版社 2008/10


(J4) 佐復 2008——ウェイリー英訳(上掲E3)からの重訳
そして時どき、こうした行き来が度をこしてかさなるようになると、建物のあいだに渡した板橋だの廊下だので、通らなければならない道筋のあちこちにぎょっとするような異様ないたずらが仕掛けられていたり、不快なものがまき散らされていたりして、従う者たちの衣服をだいなしにしてしまうようなことが起こった。(注)

   紫式部=著 アーサー・ウェイリー=英語訳
   佐復秀樹(さまた・ひでき)=日本語訳
   『ウェイリー版 源氏物語1』(全4巻) 平凡社ライブラリー 2008/09
   注:彼女自身はもちろん輿で運ばれたのである。


(J5) 渋谷 2003
参上なさるにつけても、あまり度重なる時々には、打橋や、渡殿のあちこちの通路に、けしからぬことをたびたびして、送り迎えの女房の着物の裾が、がまんできないような、とんでもないことがある。

   紫式部=著 渋谷栄一=訳(C)
   『源氏物語』(ver.1-4-1)Last updated 2003/06/25


(J6) 吉屋 2001
更衣が御寝所に召されて上り下りする度に、いつもほかの女御や更衣達の住む部屋の前を通るわけで、それをいつも見ていなければならぬほかの人達の怨みが重なるのも無理はないわけなのです。つい女らしい意地悪を考え出して桐壺の通る廊下の戸に鍵がかかって開かなくなったり、廊下に汚物をまき散らして、送り迎えの女房達の裾をよごさせたりする。

   吉屋信子(よしや・のぶこ)=著
   『源氏物語(上) 』(全3巻)国書刊行会 2001/12
   ルビは省略しました。


(J7) 週刊光源氏 1998, 1999
追悼・桐壺の更衣(23)
“いじめ”の末の凄絶死!
愛されすぎたがための嫉妬を一身に受けて……

〔鬼畜汚物いじめも!〕
「それはもう、端から見ておりましても恐ろしいようないじめでしたのよ」と語るのは、ある女御のお付き女房(21)。「例えば、桐壺の更衣様が帝のところへお上がりになるとわかったら、廊下に汚物など巻き散らかせて、どうにも通れないようにしてしまいますの。そうすると、更衣のお付きの女房たちの着物の裾に汚れがついて、もう、臭いやら汚いやら……。それを見て、女君方はこっそり笑っていらっしゃいました」。何ともすさまじい話だ。

図:
いじめ現場ルートマップ
これが陰湿な「汚物」いじめ街道だ!
(注:桐壺から清涼殿までの通路が平面図で示してある - tomoki y.)

   紫式部=原作 週刊光源氏編集部=編
   * 『週刊光源氏総集編―源氏物語を女性週刊誌風に読む』新装版
    なあぷる 1999/09
   * 『週刊光源氏総集編―源氏物語を女性週刊誌風に読む
    なあぷる 1998/11


(J8) 尾崎 1997
桐壺更衣が帝からお召しをうけて清涼殿へ通うのには、どうしてもいくつもの局の前を通らなければならないのです。目の前の打橋(うちはし)や渡殿(わたどの)を通っていく桐壺更衣を見るだけでも心おだやかでなく、遂には、お通り路(みち)の渡殿に汚物をなすりつけて裾(すそ)を汚させたり(……)

   紫式部=著 尾崎左永子(おざき・さえこ)=訳
   『新訳 源氏物語1』 (全4巻) 小学館 1997/10


(J9) 瀬戸内 1996, 2001, etc.
また、更衣が召されて清涼殿へ上がる時も、あまりそれが度重なる折々には、打橋(うちはし)や渡り廊下の通り道のあちこちに、汚いものなどを撒き散らし怪(け)しからぬしかけをして、送り迎えのお供の女房たちの衣装の裾が我慢できないほど汚され、予想も出来ないような、あくどい妨害をしかけたりします。

   紫式部=著 瀬戸内寂聴=訳
   * 『源氏物語 巻1』(全10巻)講談社文庫 2007/01
   * 『源氏物語 巻1』新装版(全10巻)講談社 2001/09
   * 『源氏物語 巻1』(全10巻)講談社 1996/12


(J10) 瀬戸内 1992, 2009
桐壷の更衣ばかりが毎夜帝のお部屋によばれて愛されるので、ほかのお妃たちはくやしくてたまりません。みんなで意地悪して、あるときは更衣の通る長い廊下に、おまるの中のうんちやおしっこをまきちらし、更衣やお供の女房たちのきれいな衣装がよごれてくさくなり、帝のところへいけないようにしました。更衣たちが、すごすご引きかえすのをのぞいて、手を打っていい気味と笑ったりします。

   瀬戸内寂聴(せとうち・じゃくちょう)=著 天野喜孝(よしたか)=さし絵
   * 『源氏物語(上)』 21世紀版少年少女古典文学館5 講談社 2009/11/18
   * 『源氏物語(上)』 少年少女古典文学館5 講談社 1992/12/19
   ルビは省略しました。


(J11) 橋本 1992, 1995
桐壺から清涼殿の御前までへの更衣の参上にしても、あまりにも繁多(はんた)となりぬるその折は、殿舎殿舎の間にかけ渡す仮設の打橋(うちはし)、あるいは通り抜けの殿舎の渡殿(わたどの)のここかしこに不浄(ふじょう)の物を置き仕掛け、送り迎えの者達の衣(ころも)の裾(すそ)に、あまりといえばあまりの耐えがたき事態を出来(しゅったい)せしむることもあったと。

   橋本治=著
   * 『窯変 源氏物語1』(全14巻)中公文庫 1995/11
   * 『窯変 源氏物語1』(全14巻)中央公論社 1991/05


(J12) 中井 1991, 2005
御前にお上りやす時も、あんまりしきりな折には、打橋(うちはし)や渡殿(わたどの)のここやあそこの道に、汚いことがしかけておして、御送り迎えの女房の着物の裾が台なしになる、そんなひどいこともあるのどす。

   紫式部=著 中井和子(なかい・かずこ)=訳
   * 『現代京ことば訳 源氏物語1 桐壺-明石』新装版(全5巻)
    大修館書店 2005/06
   * 『現代京ことば訳 源氏物語1 桐壷-乙女』(全3巻) 大修館書店 1991/06


(J13) 秋山 1982, 2005
また桐壺から清涼殿(せいりょうでん)の帝のもとに参上なさる場合も、あまりに度重なる時は、打橋(うちはし)や渡殿(わたどの)のあちこちの通り路にしばしばけしからぬことをしかけるので、御送り迎えのお供の女房たちの衣装の裾が台なしになって、どうにもがまんならぬ不都合なこともある。

   紫式部=著 秋山虔(あきやま・けん)=訳
   * 『源氏物語―現代語訳』文庫改装版 學燈社 2005/09
   * 『源氏物語―現代語訳』現代語訳学燈文庫 學燈社 1982/08


(J14) 今泉 1978, 2000
更衣が御座所(おましどころ)に参上なさるにも、あまりにも度重なる時々には、打橋(うちはし)とか渡り廊下(ろうか)とか、その外ここやあすこの通り路(みち)に、けしからんことをしいしいして、お見送りやお出迎えの女房連中(れんじゅう)の着物の裾(すそ)が、どうにも我慢(がまん)のできにくいくらい、とんでもないことをすることがあるかと思うと(……)

   紫式部=著 今泉忠義(いまいずみ・ただよし)=訳
   * 『新装版 源氏物語1 全現代語訳』(全7巻)講談社学術文庫 2000/11
   * 『源氏物語1 現代語訳―桐壺・帚木・空蝉』(全20巻)
    講談社学術文庫 1978/01


(J15) 円地 1972, 1980 ほか
桐壺から御息所が清涼殿へ上る折にも、お召しがあまり頻(しき)る時には、打橋(うちはし)や渡殿(わたどの)など、通り道のあちらこちらに不浄なものを撒(ま)き散らして置いたりして、お供の女房たちの袴(はかま)や袿(うちぎ)の裾(すそ)を台なしにしてしまうような怪(け)しからぬ悪戯(わるさ)をしかけたりもする。

   紫式部=著 円地文子(えんち・ふみこ)=訳
   * 『源氏物語 巻1』(全10巻)新潮社 1972/09
   * 『源氏物語 巻1』(全5巻)新潮文庫 1980/02
   など。


(J16) 谷崎(新々訳)1973, 1987, 1991, 1992 ほか
また更衣がお上(あが)りになりますにも、あまり度重なる折々には、打橋(うちはし)(ホ)だの、渡殿(わたどの)(ヘ)など、ここかしこの通り道に、けしからぬものが仕掛けてあって(ト)、送り迎えをする人々の着物の裾(すそ)が台なしになって、始末に悪いことなどもあります。

   ホ、渡り廊下の切れ目にかける板。随時取りはずしができるようになっている
   ヘ、殿舎から殿舎へ渡る廊下。細殿(ほそどの)ともいう
   ト、汚物などを散らしておく

   紫式部=著 谷崎潤一郎=訳
   * 『谷崎潤一郎訳 源氏物語 全』中央公論社 1987/01
   いわゆる「新々訳」の一冊本。ほかに、
   * 『源氏物語』中央公論社(普及版)1992/11
   * 『潤一郎訳 源氏物語 巻1』(全5巻)中公文庫(改版)1991/07
   * 『潤一郎訳 源氏物語 巻1』(全5巻)中公文庫 1973/06
   など。


(J17) 窪田 1947, 1967
更衣のお上(のぼ)りになるにつけても、あまりに打ち続くおりおりには、打橋(うちはし)や、渡殿(わたどの)のここかしこの道に、汚物(おぶつ)をまき散らして、送り迎えをする女房の衣(きぬ)の裾(すそ)を、我慢のできないものにするなどの不法なことなどもある。

   窪田空穂(くぼた・うつぼ)=著
   * 『窪田空穂全集27 現代語譯源氏物語1』角川書店 1967/10
   * 『現代語譯源氏物語1』改造社 1947/05


(J18) 与謝野 1965, 1971 ほか
召されることがあまり続くころは、打橋(うちはし)とか通い廊下のある戸口とかに意地の悪い仕掛けがされて、送り迎えをする女房たちの着物の裾(すそ)が一度で痛んでしまうようなことがあったりする。

   与謝野晶子(よさの・あきこ)=訳
   * 『全訳 源氏物語 上巻』角川文庫 1971/08
   * 『日本文学全集1 源氏物語(上)』河出書房 1965/06
   * E-text at 上田英代「古典総合研究所ホームページ」
   など。


(J19) 村山 1960
更衣が清涼殿へ上る廊下に、きたないものをまきちらして正装の裾がひどいことになるようないたずらをされたり……

   村山リウ=著 『源氏物語(上)』(全3巻)創元社 1960/10


(J20) 与謝野 1929, 2001 ほか
これらの女性に付いている侍女らは、桐壺の更衣にあらゆる意地の悪いことをした。

   与謝野晶子=訳
   『与謝野晶子の新訳源氏物語―ひかる源氏編』角川書店 2001/11
   本書の底本は、河野成光館 1929 刊の再版二冊本(所在未確認)。原文を
   新字・新かなづかいに改めたほか、漢字の一部をひらがなに改めてある。
   「ひかる源氏編」の編名は、本書刊行に際して新たに設けたもの(―編集部)

   なお、多数ある与謝野晶子訳の版の異同については、次のサイトを
   参照なさるのが便利です。
   与謝野晶子 - 源氏物語加工文化データベース


(J21) 鈴木 1926, 1927
[訳文は追って挿入するつもりです - tomoki y.]

   紫式部=作 鈴木正彦(すずき・まさひこ)=訳
   * 『全訳 源氏物語』内外出版協会 1927 (昭和2)
   * 『全訳 源氏物語(上)』第百書房 1926 (大正15)


■日本語(古語)原文 The original text in 11th-century Japanese

参う上りたまふにも、あまりうちしきる折々は、打橋、渡殿のここかしこの道に、あやしきわざをしつつ、御送り迎への人の衣の裾、堪へがたく、まさなきこともあり。

   渋谷栄一=校訂 (c)『源氏物語』(明融臨模本)ver.1-4-2, 2006/10/18
   「桐壺」[第二段 御子誕生(一歳)]


■源氏物語|派生作品リスト

上に引用したものも含め、源氏物語を現代日本語に翻訳もしくは意訳した作品のうち、おもなものについて、それぞれの初版本を挙げておきます。

(1) 現代語訳(新→旧の順)

『新訳 源氏物語』(1997-98、全4巻、尾崎左永子)
『源氏物語』(1996-98、全10巻、瀬戸内寂聴)
『現代京ことば訳 源氏物語』(1991、全3巻、中井和子)
『源氏物語』(1972-73、全10巻、円地文子)
『潤一郎新々訳 源氏物語』(1964-65、全11巻、谷崎潤一郎)
『潤一郎新訳 源氏物語』(1951-53、全12巻、谷崎潤一郎)
『潤一郎訳 源氏物語』(1939-41、全26巻、谷崎潤一郎)
『全訳 源氏物語』(1926、全1巻、鈴木正彦)
『新訳 源氏物語』(1912-13、全4巻、与謝野晶子)

    参考:源氏物語|現代語訳 - Wikipedia


(2) 意訳小説(新→旧の順)

『窯変 源氏物語』(1991-93、全14巻、橋本治)-光源氏、薫の視点から
『女人源氏物語』(1988-89、全5巻、瀬戸内寂聴)-光源氏の女君たちの視点から
『私本・源氏物語』(1980、全1巻、田辺聖子)-光源氏の従者・惟光の視点から
『新源氏物語』(1978-79、全5巻、田辺聖子)
 
    参考:源氏物語|意訳小説 - Wikipedia


■更新履歴 Change log

2012/01/15 林文月による簡体字中国語訳 2011-06-01 を追加しました。
2010/12/30 瀬戸内寂聴=著 1992/12/19 を追加しました。
2010/04/27 林望=訳 2010/03/25 と杉井ギサブロー監督によるアニメ
         映画『源氏物語』 (1987) の YouTube 動画を追加しました。
2010/01/08 中國語譯(繁體字)を追加しました。
2009/05/01 上野榮子=訳 2008/10 を追加しました。
2009/02/07 大塚ひかり=訳 2008/11 を追加しました。
2008/11/27 尾崎左永子=訳 1997/10 を追加しました。
2008/11/15 佐復秀樹による、アーサー・ウェイリー=英語訳からの
         日本語訳 2008/09 を追加しました。
2008/11/14 渋谷栄一=訳 2003/06/25、および吉屋信子=著 2001/12 を
         追加しました。
2008/07/12 Arthur Waley=訳 1926-1933 を追加しました。
2008/06/26 英訳 Royall Tyler, 2001, 2003, etc. を追加しました。また、
         英訳の配列を、参照した版の刊行年「新→旧」の順から、
         初版の刊行年「新→旧」の順に変更しました。さらに、
         「源氏物語千年紀 Genji Millennium」の項、および「英訳に
         ついての詳しい書誌情報」の項を新設しました。
2008/01/10 窪田空穂=著 1967/10 を追加しました。
2007/09/01 英訳 Kencho Suematsu, 2000, 2006 を追加しました。
         また、エドワード・G・サイデンステッカー
         (Edward Seidensticker, 1921年2月11日 - 2007年8月26日)の
         ご冥福をお祈りします。
2007/08/22 英訳 Edward G. Seidensticker, 2007/06 を追加しました。
2007/06/28 中国語訳(簡体字)を追加しました。
2007/05/29 村山リウ=著 1960/10 を追加しました。
2007/02/09 今泉忠義=訳 2000/11 を追加しました。
2006/12/18 橋本治 1991/05 を追加しました。また、書誌情報を
         修正しました。


にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ翻訳ブログ人気ランキング参加中

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■CD

■DVD

■和書 Books in Japanese

■洋書 Books in non-Japanese languages

■おもちゃ&ホビー Toys & Hobby

■PCソフト Software

  

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Friday, 15 December 2006

The Happy Man by W. Somerset Maugham サマセット・モーム 「幸せな男」「仕合せな男」「幸福者」

 Image 
Maugham02
Photograph of Maugham, taken by Carl Van Vechten, May 26, 1934.
Image source: Bostonia, Winter 2002 (The Alumni Quarterly of Boston University)


■中国語訳(簡体字)Translation into simplified Chinese

命令别人过什么样的生活是危险的事。我经常奇怪那些政治家、改革家,诸如此类人等的自信。他们想把法令强加在他们同代人的身上,一定要改变他们的生活方式、日常习惯与对世界的观点。当给别人建议的时候,我往往是踌躇的。你对别人的了解有你对自己那么了解吗?既然不,那你凭什么给别人建议?就算是对自己,我也要说,至少我就几乎不了解自己;至于别人,我更是什么都不了解。

  • 《快乐的人》 作者: 威廉·索默赛特·毛姆
  • E-text at 当代文化研究网 (www.cul-studies.com)

■日本語訳 Translations into Japanese

(J1) 陰陽師 2008
 他人の人生にあれこれ口出しすることは、本来、危険を伴うはずなのだが、わたしはこれまで何度となく、政治家や社会改革者、あるいはそれに類する連中が、人びとの礼儀作法や習慣、ものの見方に至るまで、なんとか変えてやろうと虎視眈々、待ちかまえているのを目にしてきて、彼らの自信のほどに舌を巻く思いでいた。
 わたしときたら、他人に助言を求められるたび、逡巡せずにはいられない。そもそも自分と同じぐらいには相手のことを知らないで、いったいどうして助言などができようか。しかも、これだけは確かなことだが、わたしは自分のことさえろくにわかってはいない。まして、他人のいったい何を知っていよう。

  • サマセット・モーム=作 陰陽師=訳 「幸せな男」 ghostbuster's book web. 初出: 2008/12/26 - 2008/12/28 改訂: 2008/12/30

(J2) 平戸 2003
他人の生き方をああしろこうしろと指図するのは危険な事だが、それを政治家や変革を目指す者、それに類する人々が自信たっぷりにやっているのを見るにつけ、私はしばしば不思議に思ったものである。この連中ときたら、自己流の基準を無理やり押しつけようと身構えていて、同輩たちの態度・習慣・ものの見方まで変えさせる。私は常々人に助言するのを逡巡してきた。というのは自分自身のことと同じくらい、他人のことを知りつくしているのでなければ、どうして他人のふるまい方を忠告することなど出来ようか。ところが私は自分のことがよく分からない。他人のことなど、何ひとつ知らない。

  • サマセット・モーム=作 平戸喜文(ひらど・よしふみ)=訳 「仕合せな男」 トマス・ハーディ(他)=著 『イギリス名作短編集』 近代文芸社 2003/02

(J3) 龍口 1955, 1962, etc.
他人の生き方について、かれこれと指図するのは危険なことだ。政治家や社会改良家やそういった手合いの自信のほどには、私も毎度ながら恐れ入っている。かれらはいつなんどきでも、世間の人たちに、その行儀作法や生活様式やものの見方を一変しないではおかぬような措置を押しつけてくるからだ。私自身は他人に忠告などするのをいつもためらってきたのである。というのは、自分で自分のことがわかっていると同じ程度に相手のことがわかっていないかぎり、なんで他人に指図がましい忠告などできるものか、そう思っているからだ。正直のところ、私には自分の気持さえろくすっぽわかっていない。ましてや他人のことなど、てんでわかるはずがないのだ。


■ロシア語訳 Translation into Russian

Опасно распоряжаться чужими жизнями, и я часто удивлялся самоуверенности политиков, реформаторов и тому подобных, кто готов навязать своему народу ценности, которые должны изменить их манеры, привычки и точку зрения. Я всегда неохотно давал советы, потому что как можно советовать другому, как себя вести, если ты не знаешь другого так же хорошо, как себя? Небеса свидетели, я не слишком-то много знаю о себе и я не знаю ничего о других.

  • Сомерсет Моэм. Счастливый человек. © Copyright: Анна Поршнева, 2011
  • E-text at Проза.ру (Proza.ru)

■ドイツ語訳 Translation into German

Es ist gefährlich, anderer Leute Leben bestimmen zu wollen, und ich habe mich oft über die Selbstsicherheit von Politikern, Reformatoren und Konsorten gewundert, die sich nicht scheuen, ihren Mitmenschen Maßstäbe aufzuzwingen, welche ihre Sitten, Gewohnheiten und Ansichten verändern. Ich habe immer gezögert, Rat zu erteilen, denn wie kann man einem anderen raten, wie er handeln soll, wenn man ihn nicht so kennt wie sich selbst? Ich weiß wahrhaftig herzlich wenig über mich selbst, doch über andere weiß ich so gut wie gar nichts.


 Video 
1958年のインタビュー映像 CBC RetroBites: W. Somerset Maugham (1958)

自分の書いた本のうち、どれが後世まで残ると思うか? どの作品がいちばんのお気に入りか? などの質問に答えるモーム。


 Audio 
英語原文のオーディオブック Audiobook in English

From Ten by Maugham, a collection of short stories by W. Somerste Maugham. The Happy Man read by James Warwic. Uploaded to YouTube by augustine 01ChanNel27 on 27 Jan 2015.


■英語原文 The original text in English

It is a dangerous thing to order the lives of others and I have often wondered at the self-confidence of politicians, reformers and suchlike who are prepared to force, upon their fellows measures that must alter their manners, habits, and points of view. I have always hesitated to give advice, for how can one advise another how to act unless one knows that other as well as one knows oneself? Heaven knows, I know little enough of myself: I know nothing of others.


■tomokilog 関連記事 Related articles from tomokilog


■更新履歴 Change log

  • 2015/02/21 ロシア語訳とドイツ語訳を追加しました。
  • 2014/12/01 リンク先のオーディオブックが削除されていたので、他の録音と差し替えました。
  • 2014/09/15 英語原文オーディオブックの YouTube 画面を追加しました。
  • 2010/02/09 CBC RetroBites: Somerset Maugham (1958) の YouTube 動画を追加しました。
  • 2009/10/17 陰陽師=訳 2008/12 を追加しました。また、検索の便を考慮してブログ記事のタイトルに日本語表記を追加し、つぎのように変更しました。

    • 旧題: The Happy Man by W. Somerset Maugham
    • 新題: The Happy Man by W. Somerset Maugham サマセット・モーム 「幸せな男」「仕合せな男」「幸福者」

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ84595840v1308102456

Flag Counter

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

  

| | Comments (6) | TrackBack (0)

Wednesday, 13 December 2006

Captain Corelli's Mandolin by Louis De Bernières ルイ・ド・ベルニエール 『コレリ大尉のマンドリン』

Japanese_1 English_1 Dvd_1
[Left] 『コレリ大尉のマンドリン』(単行本)
[Centre] Corelli's Mandolin (Paperback)
[Right] Captain Corelli's Mandolin (2001) コレリ大尉のマンドリン (DVD)
 映画詳細情報: IMDb (English), allcinema ONLINE (日本語)
 
 
■日本語訳 Translation into Japanese

1. ドクター・イアンニス、歴史書執筆に着手、たちまち行き詰まる

ドクター・イアンニスにとって、今日は嬉しい一日だった。死んだ患者も、容体が悪化した患者もいなかったからだ。子牛はあっという間に生まれたし、切開した腫れ物が一つ、抜いた奥歯が一本、尻の軽い女の患者にはサルバルサンを処方し、あまり愉快とは言えないが一見の価値ある浣腸はみごと大成功をおさめ、そのうえ、手術というよりも手品というべきあの離れ業は、奇跡に等しいものだった。

   ルイ・ド・ベルニエール=作 太田良子(おおた・りょうこ)=訳
   『コレリ大尉のマンドリン』海外文学セレクション
   東京創元社 2001/09
 
 
■フランス語訳 Translation into French

Chapitre 1: Le Docteur Iannis commence son histoire et devient frustré

Le Docteur Iannis avait passé une journée agréable pendant laquelle aucun patient n’avait mort ou empiré. Il avait assisté au vêlage d’un veau qui était étonnamment facile, il avait percé un abcès, arraché une molaire, administré une femme de petite vertu avec du Salvarsan, exécuté un lavement désagréable mais incroyablement fécond, et il avait fait un miracle par une prouesse de la prestidigitation médicale.

   La Mandoline du capitaine Corelli by Louis de Bernières
   * Gallimard (France) 2001/06
   * Denoel (Canada) 1996/04
   * PDF of excerpt at the Faculty of Modern & Medieval Languages,
    University of Cambridge
 
 
■英語原文 The original text in English

1. Dr. Iannis Commences his History and is Frustrated

Dr. Iannis had enjoyed a satisfactory day in which none of his patients had died or got any worse. He had attended a surprisingly easy calving, lanced one abscess, extracted a molar, dosed one lady of easy virtue with Salvarsan, performed an unpleasant but spectacularly fruitful enema, and had produced a miracle by a feat of medical prestidigitation.

   Corelli's Mandolin
   Written by Louis de Bernières,
   Edited by Robin Desser
   * Hardcover: Pantheon Books (1994/09)
   * Paperback: Vintage Books (1995/09)

   Excerpt at:
   * Amazon.com
   * Random House
   * Aeclectic Tarot Forum
 
 
↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザの画面を更新すると入れ替わります。 
↓ Renew the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese    ■DVD
 

| | Comments (1) | TrackBack (0)

The Enormous Radio by John Cheever ジョン・チーヴァー 「巨大なラジオ」「非常識なラジオ」「とんでもないラジオ」

■表紙画像コレクション Cover photo collection

↓ Click to enlarge ↓

ja Ja_1965_ishoku_sakka_tampenshu de De_1996_im_schatten_der_ginflasch_3 ca Ca_contescheever

it It_2008_il_nuotatore_cheever fr Fr_2000_insomnies_cheever en En_2000_the_stories_of_john_cheever


■言語と書誌情報 Linguistic and bibliographic information

[ja] 日本語
タイトル: 壜づめの女房 異色作家短篇集18
著者: ダールほか著 早川書房編集部編 
出版社: 早川書房
出版年: 1965
ISBN-10 :
ISBN-13 :
Image source: 享楽堂


[de] ドイツ語
タイトル: Im Schatten der Ginflasche (Stories) (Taschenbuch)
著者: John Cheever 
出版社: Rowohlt,; Auflage: 50 Jahre Rowohlt Rotations Romane 22013
出版年: 1996-01-01
ISBN-10 : 349922013X
ISBN-13 : 978349922013


[ca] カタルーニャ語(カタロニア語)
タイトル: Contes
著者: John Cheever  Traducció: Jordi Martín Lloret
出版社: Labutxaca
出版年: 2009
ISBN-10 : 8499300189
ISBN-13 : 9788499300184


[it] イタリア語
タイトル: Il nuotatore
著者: John Cheever  Traduttore: Marco Papi 
出版社: Fandango Libri
出版年: 2008
ISBN-10 : 8860440890
ISBN-13 : 9788860440891


[fr] フランス語
タイトル: Insomnies
著者: John Cheever 
Paperback
出版社: Serpent à plumes
出版年: 2000-03-14
ISBN-10 : 2842611829
ISBN-13 : 9782842611828


[en] 英語
タイトル: The Stories of John Cheever (Vintage International)
著者: John Cheever 
ペーパーバック
出版社: Vintage
出版年: 2000-05-09
ISBN-10 : 0375724427
ISBN-13 : 9780375724428


■日本語訳 Translations into Japanese

(J1) 陰陽師 2006
ジムとアイリーンのウェストコット夫妻は、収入といい、その地位を得るための奮闘具合といい、社会的評価といい、大学の同窓会報に載っている統計表のまずは平均値にあたるような夫婦である。

   ジョン・チーヴァー=作 陰陽師=訳「とんでもないラジオ
   初出 2006/03/18 - 2006/03/24
   改訂 2006/03/26
   (参考:訳者 陰陽師さんのブログ「陰陽師的日常」)


(J2) 鳴海 1969, 1978
大学の同窓会報には、卒業生の収入や奮闘ぶりや社会的地位についての統計表がよくのるものだが、ジム・ウェストコット夫妻の場合は、じゅうぶんその平均値に達しているとみてよい。

   ジョン・チーヴァー=作 鳴海四郎=訳「非常識なラジオ」
   『ニューヨ−カー短篇集2』(内容詳細
   早川書房(初版 1969|第?版 1978)所収


■カタルーニャ語訳(カタロニア語訳) Translation into Catalan

En Jim i la Irene Westcott eren la mena de persones que sembla que han arribat a la satisfactòria mitjana d'ingressos, esforç i respectabilitat que indiquen les estadístiques dels butlletins anuals d'exalumnes universitaris.

   La ràdio enorme
   in Contes by John Cheever
   Labutxaca, 2009
   Preview at Google Books


■イタリア語訳 Translation into Italian

Jim e Irene Westcott facevano parte di quel genere di gente che ha raggiunto una media di reddito, posizione e rispettabilit soddisfacente secondo le statistiche riguardanti chi ha compiuto gli studi universitari.

   John Cheever "Una Radio Straordinaria"
   Tratto dalla collana "Il nuotatore,"
   traduzione di Marco Papi,
   Fandango Libri, Roma, 2000


■フランス語訳 Translation into French

Jim et Irene Westcott étaient de ces gens qui semblent s'inscrire précisément dans la moyenne satisfaisante de revenus, d'ambitions et de respectabilité apparaissant dans les statistiques des bulletins d'anciens élèves du lycée.

   Insomnies by John Cheever
   Traduit de l'americain par Dominique Mainard
   Livre de Poche, 2000
   Quotation at Charles Chopin [PDF]


■メリル・ストリープによる「巨大なラジオ」の朗読
 The Enormous Radio read by Meryl Streep

音源 Source of the recording:
Essential Cheever CD: The Enormous Radio and The Swimmer
Caedmon Essentials, 2006-08-01
Written by John Cheever, Read by Meryl Streep.


■英語原文 The original text in English

Jim and Irene Westcott were the kind of people who seem to strike that satisfactory average of income, endeavor, and respectability that is reached by the statistical reports in college alumni bulletins.

   "The Enormous Radio"
   from The Stories of John Cheever by John Cheever
   Alfred A. Knopf (1978/10)
   Excerpt at:
   * Barnes & Noble.com
   * Random House
   * Borzoi Reader


■tomokilog 関連記事
 Related articles from tomokilog:

* Reunion by John Cheever ジョン・チーヴァー「再会」, 2006/12/10


■更新履歴 Change log

2012-07-05 カタルーニャ語訳を追加しました。
2010-12-13 メリル・ストリープによる「巨大なラジオ」の朗読が YouTube の
         サイトから削除されていたので、ほかの音源と入れ替え
         ました。
2010-04-20 メリル・ストリープによる「巨大なラジオ」の朗読 (2003)の
         YouTube 画面を追加しました。また、表紙画像を入れ替え
         ました。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ翻訳ブログ人気ランキング参加中

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

  

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, 11 December 2006

Franz Kafka - Kleine Fabel / A Little Fable カフカ「「ああ」、と鼠が言った」「小さな寓話」

        目次 Table of Contents

■はじめに Introduction
 Image 1  プラハのウィンドウ・ディスプレイ Window Display in Prague
■中国語訳(簡体字) Translation into simplified Chinese
■中國語譯(繁體字) Translation into traditional Chinese
■日本語訳 Translations into Japanese
  (J1) 山尾 2015
  (J2) 浅井 2008
  (J3) 池内 1998, 2002
  (J4) 前田 1992
  (J5) 江野 1953
■ベトナム語訳(英訳版からの重訳) Translation into Vietnamese
■ロシア語訳 Translation into Russian
 Audio 1  スペイン語版朗読 Audiobook in Spanish
■スペイン語訳 Translation into Spanish
 Audio 2  音楽とフランス語版の朗読 Music and reading in French
■フランス語訳 Translations into French
  (F1) Carrive, 1975
  (F2)
 Audio 3  英語版朗読 Audiobook in English read by The Wordman
 Audio 4  英語版朗読 Audiobook in English presented by Pearls of Wisdom
 Image 2  マンガ版「小さな寓話」 A comic book adaptation of A Little Fable
■英訳 Translation into English
■チェコ語訳 Translation into Czech
 Audio 5  Marlene55M によるドイツ語原文朗読 Audiobook in German by Marlene55M
 Audio 6  Pericik52 によるドイツ語原文朗読 Audiobook in German by Pericik52
■ドイツ語原文 The original text in German
■tomokilog 関連記事 Related articles from tomokilog
■更新履歴 Change log


■はじめに Introduction

下に引用するのは、カフカが1920年ごろに書いた短い物語。カフカ自身は、この文章に題名を付けていない。だが、彼の死後、カフカ全集を編んだ友人ブロートは、これを「小さな寓話」と名付けた。本当に短い物語だ。下に引用するのはその全文である。


 Image 1 
プラハの書店のウィンドウ・ディスプレイ Window Display in a Kafka Bookshop in Prague
Corbisby001619
Window Display in a Kafka Bookshop in Prague's Lesser Quarter
Date: 1995/09/27  Photographer: Barry Lewis  © Barry Lewis/CORBIS


■中国語訳(簡体字) Translation into simplified Chinese

“哎,”老鼠说,“这世界变得一天窄似一天。当初它是那样辽阔,辽阔得我都害怕了,我跑呀跑呀,我真高兴,我终于看到远处左左右右出现了一道道墙,可这些长长的墙以极快的速度靠拢过来,我已到达最后一间房子,角落里有个陷阱,我跑了进去。”--“你得改变奔跑的方向。”猫说,伸出爪子抓住了它。


■中國語譯(繁體字)Translation into traditional Chinese

“哎,”老鼠説,“這世界變得一天窄似一天。當初它是那樣遼闊,遼闊得我都害怕了,我跑呀跑呀,我真高興,我終于看到遠處左左右右出現了一道道牆,可這些長長的牆以极快的速度靠攏過來,我已到達最后一間房子,角落里有個陷阱,我跑了進去。”——“你得改變奔跑的方向。”貓説,伸出爪子抓住了它。

  • 《小寓言》 作者:卡夫卡 譯者:周新建
  • E-text at:

■日本語訳 Translations into Japanese

(J1) 山尾 2015
「ああ、」とネズミは言った。「世界は日が経つにつれて、狭くなっていく。はじめのうちはそれは、不安を感じるほどに広かった。先へと進んで、ついに遠くの右左に壁が見えたのは幸せだった。しかしこの長い壁は、余りにも早く互いに狭まっていき、自分はもう最後の部屋にいる。そしてその角には、わたしが落ちようとしている罠がある。」——「走る方向を変えるだけでいい」と猫は言い、ネズミを食べた。


(J2) 浅井 2008
「ああ」、と鼠が言った、「世界は日毎に狭くなってゆく。はじめはだだっ広くて不安だった。俺は先へ先へと駆け続け、そしてようやく彼方の右と左に壁が見えて嬉しかった。ところが、この長い壁は見るみる合わさってきて、俺はもうどん詰まりの部屋にいて、しかもあそこの隅には罠が仕掛けてあり、そこに俺が駆け込んでゆくというわけだ」。「お前はただ走る方向を変えさえすればいいんだよ」、と猫は言い、鼠を食べてしまった。

  • フランツ・カフカ=著 浅井健二郎(あさい・けんじろう)=訳 「「ああ」、と鼠が言った」 平野嘉彦(ひらの・よしひこ)=編 『カフカ・セレクション3 異形/寓意』 ちくま文庫 2008/11

(J3) 池内 1998, 2002
「やれやれ」
 と鼠がいった。
「この世は日ごとにちぢんでいく。はじめは途方もなく広くて恐いほどだった。一目散に走りつづけていると、そのうち、かなたの右と左に壁が見えてきてホッとした。ところがこの長い壁がみるまに合わさってきて、いまはもう最後の仕切りで、どんづまりの隅に罠が待ちかまえている。走りこむしかないざまだ」
「方向を変えな」
 と猫はいって、パクリと鼠に食いついた。

  • カフカ=作 池内紀(いけうち・おさむ)=訳 「小さな寓話」
  • a. は b. から再録したもの。引用は a. ちくま文庫版に拠りました。

(J4) 前田 1992
「ああ」と、鼠は言った。「世界は、日ましに狭くなっていく。最初は、ずいぶん広くて、不安でたまらなかったものだ。おれは、走りつづけた。そして、ついにはるか遠くに左右の壁が見 えはじめたとき、すっかりうれしくなった。ところが、この長い壁のやつらは、あっというまにおたがいの間隔をちぢめて、いまはもう最後の部屋まで来てしまった。そして、あそこには、おれがとびこむ罠が待ちかまえている」――「走る方向を変えさえすればいいんだよ」と、猫は、そう言うなり、鼠を食べてしまった。


(J5) 江野 1953
「やれやれ」と鼠がいつた。「世の中は日ましにせせこましくなるばかりだ。はじめは氣味の惡いほど廣かつたものだ。ところが、どんどん走つて行くと、とうとうおしまいに、遥か向うの右と左に壁が見えたときの嬉しさといつたらなかつた。だがその長い壁も急に間が狭まつて、もうおれはどんづまりの部屋へはいつてしまつた。そして、あそこの隅つこには、おれを入れようとして罠が仕掛けてありやがる」――「お前は走る方角を變えなけりやだめさ」 猫がいつて、鼠を食べてしまつた。


■ベトナム語訳(英訳版からの重訳) Translation into Vietnamese

“Chao ôi!” Con chuột than, “mỗi ngày cái thế giới này lại trở nên bé nhỏ hơn. Ban đầu nó rộng lớn đến nỗi tôi cảm thấy e sợ, tôi cứ chạy mãi, chạy mãi và mừng làm sao khi cuối cùng tôi cũng đã thấy những bức tường hiện ra xa xa phía bên phải và bên trái, thế nhưng những bức tường dài này lại co hẹp nhanh đến độ rốt cuộc tôi đã ở trong căn phòng cuối cùng mất rồi, và ở góc phòng có một cái bẫy chuột mà tôi phải đâm đầu vào đó”. “Mày chỉ cần đổi hướng là được thôi mà”, con mèo nói rồi xơi tái con chuột.

  • Một ngụ ngôn nho nhỏ by Franz Kafka, retranslated from the English edition (by Willa and Edwin Muir)
  • E-text at 4phuong.net

■ロシア語訳 Translation into Russian

- Ах, - сказала мышь, - мир становится все теснее  и  теснее  с  каждым днем. Сначала он был таким широким,  что  мне  делалось  страшно,  я  бежала дальше и была счастлива, что наконец видела вдали справа и слева  стены,  но эти длинные стены с такой быстротой надвигаются друг на друга, что вот я уже добежала до последней комнаты, а там в углу стоит  мышеловка,  в  которую  я могу заскочить.
- Тебе надо только изменить направление бега, - сказала кошка и сожрала мышь.

  • Франц Кафка. Маленькая басня Translated by А. Тарасова
  • E-text at Lib.Ru

 Audio 1 
スペイン語版朗読 Audiobook in Spanish

Uploaded to YouTube by Un Perrito Dijo on 1 Jan 2015.


■スペイン語訳 Translation into Spanish

¡Ay! -dijo el ratón-. El mundo se hace cada día más pequeño. Al principio era tan grande que le tenía miedo. Corría y corría y por cierto que me alegraba ver esos muros, a diestra y siniestra, en la distancia. Pero esas paredes se estrechan tan rápido que me encuentro en el último cuarto y ahí en el rincón está la trampa sobre la cual debo pasar.
-Todo lo que debes hacer es cambiar de rumbo -dijo el gato... y se lo comió.

  • Una pequeña fábula by Franz Kafka.
  • E-text at Ciudad Seva

 Audio 2 
音楽とフランス語版の朗読 Music and reading in French by Clair Obscur

Clair Obscur was a group, at the time of this recording, consisted of 3 members: Christophe Demarthe, Nicolas Demarthe and Thierry Damerval. Uploaded to YouTube by modernmechanix on 6 Sep 2011.


■フランス語訳 Translations into French

(F1) Carrive, 1975
« Hélas ! dit la souris, le monde devient plus étroit chaque jour. Il était si grand autrefois que j'ai pris peur, alors j'ai couru, j'ai couru, et j'ai été contente de voir enfin, de chaque côté, des murs surgir à l'horizon ; mais ces longs murs courent si vite à la rencontre l'un de l'autre que me voici déjà dans la dernière pièce, et j'aperçois là-bas le piège dans lequel je vais tomber.
- Tu n'as qu'à changer de direction », lui dit le chat. Et il la dévora.


(F2)
"Ah ! dit la souris, le monde devient plus étroit chaque jour. D'abord il était si large que j'en avais de l'angoisse, et je fus heureuse de voir des murailles dans le lointain, mais ces murs se hâtent si vite l'un vers l'autre que déjà je me trouve dans le dernière chambre, et là dans ce coin se trouve la trappe vers laquelle je cours".


 Audio 3 
英語版オーディオブック(朗読) Audiobook in English read by The Wordman

Uploaded to YouTube by poemrecital on 7 Jan 2013


 Audio 4 
英語版オーディオブック(朗読) Audiobook in English by Pearls of Wisdom

Uploaded to YouTube by PearlsofWisdom on 12 Jun 2012


 Image 2 
ヴィンセント・ストール作 マンガ版「小さな寓話」
A comic book adaptation of A Little Fable by Vincent Stall
Kafka_a_little_fable_vicent_stall_3
Image source: kafkaesque-world.tumblr.com


■英訳 Translation into English

"Alas," said the mouse, "the whole world is growing smaller every day. At the beginning it was so big that I was afraid, I kept running and running, and I was glad when at last I saw walls far away to the right and left, but these long walls have narrowed so quickly that I am in the last chamber already, and there in the corner stands the trap that I must run into." "You only need to change your direction," said the cat, and ate it up.


■チェコ語訳 Translation into Czech

“ACH,” ŘEKLA myš, “svět je den ode dne těsnější. Nejdříve byl tak široký, až jsem měla strach, utíkala jsem dál a byla jsem šťastná, že konečně vidím vpravo i vlevo v dálce zdi, jenže tyto zdi se tak rychle sbíhají, že jsem už v posledním pokoji, a tamhle v koutě stojí past, do níž běžím.” – “Stačí jen, když změníš směr,” řekla kočka a sežrala ji.


 Audio 5 
Marlene55M によるドイツ語原文朗読 Audiobook in German by Marlene55M

Uploaded to YouTube by Sprachgewalten on 27 Sep 2011. Read by Marlene55M


 Audio 6 
Pericik52 によるドイツ語原文朗読 Audiobook in German by Pericik52

Uploaded to YouTube by Pericik52 on 5 May 2011


■ドイツ語原文 The original text in German

"Ach", sagte die Maus, "die Welt wird enger mit jedem Tag. Zuerst war sie so breit, dass ich Angst hatte, ich lief weiter und war glücklich, dass ich endlich rechts und links in der Ferne Mauern sah, aber diese langen Mauern eilen so schnell aufeinander zu, dass ich schon im letzten Zimmer bin, und dort im Winkel steht die Falle, in die ich laufe." - "Du musst nur die Laufrichtung ändern", sagte die Katze und fraß sie.


■tomokilog 関連記事
 Related articles from tomokilog:


■更新履歴 Change log

  • 2015/10/10 山尾涼=著 2015/03/31、スペイン語訳、およびマンガ版画像を追加しました。また、音楽とフランス語版の朗読、およびスペイン語版朗読の YouTube 画面も追加しました。さらに、フランス語訳の書誌情報を加筆しました。
  • 2013/11/19 ベトナム語訳(英訳版からの重訳)を追加しました。
  • 2013/04/15 もう1種類の英語版朗読と2種類のドイツ語原文朗読の計3本の YouTube 画面を追加しました。
  • 2012/08/08 ロシア語訳を追加しました。
  • 2012/06/19 英語版の朗読をふくむ YouTube 動画を追加しました。
  • 2011/04/01 中国語訳(簡体字)を追加しました。
  • 2009/11/10 江野専次郎=譯 1953/07/31 とチェコ語訳を追加しました。
  • 2009/09/25 前田敬作=訳 1992/10/10 を追加しました。
  • 2008/12/23 浅井健二郎=訳 2008/11 を追加しました。

にほんブログ村 
本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ84595840v1308102456

Flag Counter

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

■DVD
 

  

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Sunday, 10 December 2006

Reunion by John Cheever ジョン・チーヴァー 「再会」「父との再会」

        目次 Table of Contents

 Video 1  NYC、グランド・セントラル駅 Grand Central Station, NYC
 Video 2  アディロンダックスは こんな所 Guide to the Adirondacks
 Video 3  ケープは こんな所 Guide to the Cape
■中国語訳(簡体字) Translation into simplified Chinese
■日本語訳 Translations into Japanese
  (J1) 村上 1994
  (J2) 川本 1992
■トルコ語訳 Translation into Turkish
 Audiobook Cover  オーディオブック(朗読)CDのジャケット
■ブルガリア語訳 Translation into Bulgarian
■スウェーデン語訳(部分) Translation into Swedish (fragment)
■イタリア語訳 Translation into Italian
■ポルトガル語訳 Translation into Portuguese
■カタルーニャ語訳(カタロニア語訳) Translation into Catalan
■スペイン語訳 Translation into Spanish
 Video 4  「再会」 朗読 Reunion read by Richard Ford
  Audio    「再会」 朗読とコメント Richard Ford's reading and comments
■英語原文 The original text in English
■外部リンク External links
■tomokilog 関連記事 Related article from tomokilog
■更新履歴 Change log


 Video 1 
ニューヨーク、グランド・セントラル駅 Grand Central Station - New York City

Uploaded to YouTube by JonneyeTV on 17 Nov 2010

 Video 2  アディロンダックスは こんな所 Guide to the Adirondacks
 Video 3  ケープ(=ケープ・コッド)は こんな所 Guide to the Cape (= Cape Cod)


■中国語訳(簡体字) Translation into simplified Chinese

我最后一次见到我的父亲是在中央火车站。当时我正从阿迪龙达克斯我奶奶的住处去我妈在科德角租的一个乡间别墅。我给我老爸写了封信,说我要在纽约换车,中间有一个半小时的时间,问他愿不愿出来和我吃个午饭。他的秘书回信说他可以和我当天中午在车站问讯处碰头,于是那天十二点整我看到我老爸从人群中向我走来。对我来说我老爸是一个陌生人,我妈三年前和他离了婚,从此我就再没见过他。可是那天一见面,我就立刻感觉他就是我的亲生父亲——有那种亲生骨肉、命运相连的感觉。[略]

   「再会」 作者: 约翰•契弗 译者: 比目鱼
   约翰•契弗的小说《重逢》(翻译练习) 2008-02-28
   これは英文翻訳の「練習」であると訳者本人(=上掲リンクのブログ筆者)
   はことわっておられる。


■日本語訳 Translations into Japanese

(J1) 村上 1994
最後に父と会ったのはグランド・セントラル駅だった。私はアディロンダックスにある祖母の家から、母が借りていたケープのコテージに行く途中だった。私は父に手紙を書いた。ニューヨークで一時間半列車の乗り継ぎの時間があるのだが、お昼御飯でも一緒に食べられないだろうかと。彼の秘書が返事を書いてきた。父はインフォメーションのブースで、正午に待っていると。そして十二時きっかりに、私は父が人込みを抜けてこっちにやってくるのを目にした。私は父をあまりよく知らなかった。三年前に母と父は離婚していて、それ以来私は一度も会っていなかったのだ。でもそれが私の父であることはひと目でわかった。我が肉であり血、我が未来であり宿命。自分も大きくなったらこういう人になるんだなと思った。[略]

   ジョン・チーヴァー=作 村上春樹=訳 「再会」
   R・シャパード+J・トーマス=編
   村上春樹+小川高義=訳 『Sudden Fiction 超短編小説70
   文春文庫 1994-01 所収


(J2) 川本 1992
最後に父に会ったのはグランド・セントラル・ステーションでだった。そのとき僕は、アディロンダックスの祖母の家から、母がケープに借りていたコテージに遊びに行く途中だった。僕は父に、列車の乗り換えの時間が一時間半くらいあるから昼食を一緒に出来たらいいんだけどと手紙を書いた。父の秘書が返事をくれた。父が正午に、グランド・セントラル・ステーションの旅行案内室で僕を待っている、と書いてあった。十二時ちょうどに、父が人ごみをかきわけながらこちらにやってくるのが見えた。父は僕には他人同然だった——母は父と三年前に離婚し、それ以来、僕は父に会っていなかった。しかし姿を見るとすぐに僕は、この人が父であること、僕の肉体と血を作った人であり、僕の未来にも運命にも関わりを持っている人であることがわかった。大人になったら僕も彼のような人間になるのだろうと思った。[略]

   ジョン・チーヴァー=作 川本三郎=訳 「父との再会」
   『橋の上の天使』 河出書房新社 1992-06 所収


■トルコ語訳 Translation into Turkish

Babamı son gördüğümde Grand Central İstasyonu’ndaydı. Büyükannemin Adirondacks’taki evinden annemin Cape’de kiraladığı küçük eve gidiyordum. Babama, bineceğim trenin kalkış saatinden önce bir buçuk saatlik vaktim olduğunu ve New York’ta olacağımı yazmış ve beraber bir öğlen yemeği yiyip yiyemeyeceğimizi sormuştum. Sekreteri bana benimle öğle vakti danışmada buluşacağını yazdı ve saat tam 12’yi gösterdiğinde babamı kalabalığın içinde gördüm. Babam bana yabancıydı. Üç yıl önce annem babamdan boşanmıştı ve o zamandan beri babamı hiç görmemiştim, fakat onu görür görmez babam olduğunu hissettim. Benim babam, benim etim, benim kanım, benim geleceğim ve benim ka derim. [Omission]

   Buluşma by John Cheever
   E-text at Sayı - Çankaya Üniversitesi [PDF]


 Audiobook Cover 
オーディオブック(朗読)CDのジャケット
John_cheever_1
ジョン・チーヴァー オーディオ・コレクション 朗読は著者自身のほかに、息子ベンジャミン・チーヴァー、メリル・ストリープなど。無料のサンプルを聴くには  ここをクリック 
The John Cheever Audio Collection (Unabridged) Harper Collins, 2003. Read by the author himself, his son Benjamin Cheever, Meryl Streep among others. To listen to a free audio excerpt  CLICK HERE 


■ブルガリア語訳 Translation into Bulgarian

За последен път видях баща си на централната гара. Бях гостувал на баба си в Адирондакските планини и отивах на една вила в Кейп, наета от мама. Писах на баща си, че ще имам в Ню Йорк час и половина престой между влаковете, и го молех да обядваме заедно. Секретарката му отговори, че той ще ме чака на обед пред информацията и точно в дванайсет часа го видях да си пробива път през навалицата. Бях го позабравил — майка ми се разведе преди три години и оттогава не бях го виждал, — но щом го зърнах, почувствах, че това е баща ми, моя плът и кръв, мое бъдеще и съдба. [Omission]

   Джон Чийвър. Среща
   Translated by Николай Попов, 1981
   E-text at Моята библиотека (chitanka.info)


■スウェーデン語訳(部分) Translation into Swedish (fragment)

Sista gången jag såg min far var på Grand Central Station. Jag var hos mormor, som bodde i Adirondacks, och skulle till Cape Cod, där mor hade hyrt ett hus, och jag skrev till far att jag skulle vara i New York en och en halv timme mellan ett par tåg och frågade om vi kunde äta lunch tillsammans.

   Återföreningen by John Cheever
   Excerpt at Boksampo.fi


■イタリア語訳 Translation into Italian

La última vez que vi a mi padre fue en la estación Grand Central. Yo venía de estar con mi abuela en los montes Adirondacks, y me dirigía a una casita de campo que mi madre había alquilado en el cabo; escribí a mi padre diciéndole que pasaría hora y media en Nueva York debido al cambio de trenes, y preguntándole si podíamos comer juntos. Su secretaria me contestó que se reuniría conmigo en el mostrador de información a mediodía, y, cuando aún estaban dando las doce, lo vi venir a través de la multitud. Era un extraño para mí —mi madre se había divorciado tres años antes y yo no lo había visto desde entonces—, pero tan pronto como lo tuve delante sentí que era mi padre, mi carne y mi sangre, mi futuro y mi fatalidad. [Omission]

   Reunión by John Cheever
   E-text at Taringa!


■ポルトガル語訳 Translation into Portuguese

A última vez que vi meu pai foi na Grand Central Station. Estava indo da casa de minha avó nas montanhas Adirondacks para uma casinha no Cabo que minha mãe tinha alugado, e escrevi para meu pai contando que estaria em Nova Iorque por uma hora e meia no intervalo entre um trem e outro, e perguntei se nós podíamos almoçar juntos. A secretária dele me escreveu para dizer que ele iria me encontrar no balcão de informações ao meio-dia, e às doze em ponto o vi saindo do meio da multidão. Ele era um estranho para mim – minha mãe se divorciara dele há três anos, e eu não tinha me encontrado com ele desde então – porém, tão logo o vi, senti que era meu pai, minha carne e meu sangue, meu futuro e minha condenação. [Omission]

   Reunião by John Cheever
   E-text at A Vida de Tiago A. 2007-03-03


■カタルーニャ語訳(カタロニア語訳) Translation into Catalan

L'últim cop que vaig veure el pare va ser a l'estació Grand Central. Joanava de casa de l'àvia, als Adirondacks, a una casa a cap Cod que havia llogat la mare, i vaig escriure una carta al pare per dir-li que seria a Nova York durant una hora i mitja i demanar-li si podíem dinar plegats. La seva secretària em va escriure per dir-me que al migdia ell vindria a trobar-me al punt d'informació, ia les dotze vaig veure com s'obria pas a través de la gentada. Em resultava desconegut –feia tres anys que la mare se n'havia divorciat i des d'aleshores jo no l'havia vist–, però així que el vaig veure vaig sentir que era el meu pare, la meva sang, el meu futur i el meu destí. [Omission]

   Retrobament
   Contes by John Cheever. Labutxaca, 2009
   Preview at Google Books


■スペイン語訳 Translation into Spanish

La última vez que vi a mi padre fue en la estación Grand Central. Yo venía de estar con mi abuela en los montes Adirondacks, y me dirigía a una casita de campo que mi madre había alquilado en el cabo; escribí a mi padre diciéndole que pasaría hora y media en Nueva York debido al cambio de trenes, y preguntándole si podíamos comer juntos. Su secretaria me contestó que se reuniría conmigo en el mostrador de información a mediodía, y, cuando aún estaban dando las doce, lo vi venir a través de la multitud. Era un extraño para mí —mi madre se había divorciado tres años antes y yo no lo había visto desde entonces—, pero tan pronto como lo tuve delante sentí que era mi padre, mi carne y mi sangre, mi futuro y mi fatalidad. [Omission]

   Reunión by John Cheever
   E-text at El ladrón de Shady Hill 2010-02-23


 Video 4 
「再会」 リチャード・フォードによる朗読 Reunion read by Richard Ford

Uploaded by Laura Wavra on Mar 21, 2008. Illustrated podcast of short story, with pictures from Google, reading by Richard Ford, found on NPR...


 Audio 
「再会」 リチャード・フォードによる朗読とコメント (MP3)
Reunion read by Richard Ford followed by his comments (MP3)
The_new_yorker
上の  Video 2  とおなじ録音だが、朗読のあとに朗読者リチャード・フォードとニューヨーカー誌の編集者デボラ・トリースマンによる対談が続いている。音源はナショナル・パブリック・ラジオ (NPR) の番組。朗読を聴くには  ここをクリック 

The same recording as  Video 2  above, but followed by the discussion by Richard Ford and the The New Yorker fiction editor Deborah Treisman. From a National Public Radio (NPR) program. To listen  CLICK HERE 


■英語原文 The original text in English

The last time I saw my father was in Grand Central Station. I was going from my grandmother's in the Adirondacks to a cottage on the Cape that my mother had rented, and I wrote my father that I would be in New York between trains for an hour and a half and asked if we could have lunch together. His secretary wrote to say that he would meet me at the information booth at noon, and at twelve o'clock sharp I saw him coming through the crowd. He was a stranger to me - my mother divorced him three years ago, and I hadn't been with him since - but as soon as I saw him I felt that he was my father, my flesh and blood, my future and my doom. [Omission]

   Reunion by John Cheever
   from "The Stories of John Cheever," published by Alfred A. Knopf
   (1978-10)
   Reprinted in "Sudden Fiction," edited by Robert Shapard
   published by Gibbs M. Smith (1987-02)
   E-text at:
   * 4 Hour Hard On
   * Google Books


■外部リンク External links

 [en] English
   * John Cheever - Wikipedia (1912-1982)

 [ja] 日本語
   * ジョン・チーヴァー - 翻訳アンソロジー/雑誌リスト
   * ジョン・チーヴァー - 翻訳作品集成


■tomokilog 関連記事 Related article from tomokilog

   The Enormous Radio by John Cheever
   ジョン・チーヴァー「巨大なラジオ」「非常識なラジオ」「とんでもないラジオ」
   2006-12-13


■更新履歴 Change log

2014-09-24 トルコ語訳、スウェーデン語訳(部分)およびイタリア語訳を追加しました。
2013-05-14 アディロンダックスとケープ・コッドの YouTube 動画を追加しました。
2013-04-28 グランド・セントラル駅の YouTube 動画を追加しました。
2013-01-25 ブルガリア語訳を追加しました。
2012-02-21 リチャード・フォードによる朗読の YouTube 動画を追加しました。
2012-02-02 英語原文の朗読へのリンクを追加しました。
2011-11-16 カタルーニャ語訳(カタロニア語訳)を追加しました。
2011-04-20 簡体字中国語訳(訳者本人によれば「翻訳の練習」)を追加しました。
2011-01-19 ポルトガル語訳とスペイン語訳を追加しました。
2010-12-13 外部リンクの項を新設しました。


にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ翻訳ブログ人気ランキング参加中

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages

 
■和書 Books in Japanese
  

  

| | Comments (1) | TrackBack (0)

The North London Book of the Dead by Will Self ウィル・セルフ 「北ロンドン死者の書」

 Image gallery 
表紙画像 Cover photos

↓ クリックして拡大 Click to enlarge ↓

ja Ja_9784022642721 pl Pl_self_ilosciowateoriaszalenstwa_9 de De_will_self_9783499224140

it It_cordiali_saluti_da_un_mondo_insa fr Fr_9782020497503 en En__will_self_9780679750949

[ja] ISBN 9784022642721 夜の姉妹団 2001 日本語 「北ロンドン死者の書」を収録
[pl] ISBN 9788371504952 Ilościowa teoria szaleństwa 1999 ポーランド語
[de] ISBN 9783499224140 Die Quantitätstheorie des Irrsinns 2001 ドイツ語
[it] ISBN 9788807700682 Cordiali saluti da un mondo insano 1995 イタリア語
[fr] ISBN 9782020497503 La théorie quantitative de la démence 2001 フランス語
[en] ISBN 9780679750949 The Quantity Theory of Insanity 1996 英語


■日本語訳 Translation into Japanese

「でも母さん、クラウチ・エンドなんかで何してるの? 母さん、死んだんでしょ」

 母はキッとなって言った。「知ってるわよ自分が死んだことくらい、あたしがこの十か月何してたと思ってるのよ? カリブ海のクルーズに行ってたとでも?」

「そんなこと僕にわかるわけないだろ。僕らとしてはさ、ゴールダーズ・グリーンの火葬場が母さんの見おさめだったわけでさ、まさか火曜の午後にクラウチ・エンドでばったり会うなんて思いやしなかったよ」。母の態度に、こっちがだんだん不安になってきた。自分が復活したという事実を私が理解できないことに、母は心底驚いているらしいのだ。

「お前こそ、クラウチ・エンドなんかで何してるんだい? 仕事はどうしたんだい?」

「半日休みを取ったんだよ。いまはあんまり忙しくないんだ。どうせ会社にいたって、必要もないのに書類を出し入れして仕事をでっち上げるだけなんだ」

「お前ね、そういう態度が問題なんだよ。まっとうな職に就いてる人間の言うことじゃないよ。いったいどういうつもりだい? お前ときたら、いつだっててっぺんからはじめたがるんだからね。人生こつこつ下から上がっていくもんだってことを学ばなくちゃいけないよ」

「人生? 『人生』なんて母さん関係ないじゃない。それよりさ、死ぬってどういうことか教えてよ! どうして誰にも連絡してくれなかったのさ、クラウチ・エンドで死後の生を生きてるんだって? 電話くらいしてくれたって……」


■英語原文 The original text in English

"But Mother, what are you doing in Crouch End? You're dead."

Mother was indignant, "Of course I'm dead, dummy, whaddya think I've been doing for the last ten months? Cruising the Caribbean?"

"How the hell should I know? I thought we saw the last of you at Golders Green Crematorium, I never expected to see you in Crouch End on a Tuesday afternoon." Mother had me rattled, she seemed to be genuinely astonished by my failure to comprehend her resurrection.

"More to the point, what are you doing in Crouch End? Why aren't you at work?"

"I thought I'd take the afternoon off. There's not a lot on at the office. If I stayed there I'd just be shuffling paper back and forth trying to create some work."

"That's an attitude problem talking, young man. You've got a good job there. What's the matter with you? You always want to start at the top, you've got to learn to work your way up in life."

"Life, Mother? I hardly think "Life" is the issue here! Tell me about what it's like to be dead! Why didn't you tell any of us you were having life after death in Crouch End? You could have called ..."

   The North London Book of the Dead
   in The Quantity Theory of Insanity by Will Self
   Bloomsbury, 1991
   E-text at F2.org


  Map  
Crouch End, North London
Map_of_crouch_end_2
Image source: Streetmap.co.uk Click here for a navigatable map.


■クラウチ・エンドとゴールダーズ・グリーン Crouch End and Golders Green

クラウチ・エンドとゴールダーズ・グリーンは、ともにロンドン北部にある地名。

ゴールダーズ・グリーンのほうは、ユダヤ系の人が多く集まる場所として、地元ではよく知られています。日本人の姿も結構よく見かけます。お隣のハムステッドのような高級イメージはありませんが、住宅地としても悪くないと思います。

クラウチ・エンドのほうは……そうですね、観光客の人気スポットだという噂は、すくなくとも聞いたことがありませんね。じつは、よく知りません。この短篇「北ロンドン死者の書」について、訳者の柴田元幸さんは、やや遠慮気味に、こう書いておられます。

   ロマンの深遠には、あまり縁がなさそうである。東京でいうなら「足立区死者
   の書」「板橋区死者の書」といったところか(足立区・板橋区にお住まいの方
   ごめんなさい、僕自身の住む大田区でもいいのですが、大田区のなかでも田園
   調布あたりを連想されてしまうとうまくないので)。

要するに、言いにくいことをはっきり言うと、クラウチ・エンドは、あまり「イケてない」地名である。そう、ご理解なさったらいいと思います。


■更新履歴 Change log

  • 2013/09/03 表紙画像を差し替えました。
  • 2006/12/12 Map of Crouch End, North London を、より見やすい画像に入れ替えました。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ翻訳ブログ人気ランキング参加中

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

  

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Friday, 08 December 2006

"A half-naked fakir" - Churchill on Gandhi 「半裸のこじき坊主」——チャーチル、ガンディーをこきおろす

■はじめに Introduction

「イギリスのブルドッグ」というあだ名を付けられていたチャーチルは、のちに「インド独立の父」と呼ばれるガンディーを、どのように見ていたか?


 Images 
ガンディーとチャーチル Gandhi and Churchill
a. Gandhi b. Churchill

  • Mahatma Gandhi on Boat Travelling to England, 1931.  Image source: Corbis
  • Winston Churchill.  Image source: The Hindu Photo Library (reproduced from the Hindu.com)

■日本語訳 Translations into Japanese

(J1) 椋田 2010
「一度はインナーテンプル法学院出身の弁護士だった男が煽動的行者に変じ、半裸で副王公邸の石段を上っていき……国王・皇帝陛下の代理人と対等な立場で交渉し、会談するというおぞましくも屈辱的な光景」に胸がむかむかする[略]

  • ジャン・モリス=著 椋田直子(むくだ・なおこ)=訳 『帝国の落日(上)』 講談社 2010/09/06
    • 抜粋訳であり、下に引用する英語原文と完全には一致しません。
  • 原書: Farewell the Trumpets by Jan Morris. Faber and Faber, 1978/05/30.

(J2) 小林 2007
(……)チャーチルは語気を荒げて「一度はインナーテンプル法学院の法廷弁護士だった人物が、今度は治安を乱す托鉢(たくはつ)僧になり、半裸の姿で総督の宮殿の階段を登り、イギリス国王兼インド皇帝陛下の名代と対等な立場で交渉し協議するという、きわめて不愉快で屈辱的な光景」だと不満げに言っている。

  • マーク・カーランスキー=著 小林朋則(こばやし・とものり)=訳 『非暴力—武器を持たない闘士たち』 ランダムハウス講談社(2010年4月以後の社名は武田ランダムハウスジャパン) クロノス選書 2007/08/08
  • 原書: Nonviolence by Mark Kurlansky. Jonathan Cape Ltd, 2006

(J3) 植村 2004
(……)ウィンストン・チャーチルが「インナー・テンプル出身の弁護士であった人物が今や煽動を事とする行者となり、半裸で総督府に出入りして英国王兼インド皇帝の名代と対等に談判している」と苦々しげに言い放った。


(J4) 坂崎 1992
「この、ひとさわがせなファーキル(こじき坊主)は、総督の官邸の階段を、半身はだかでのぼっていって、そこで、国王陛下の代理人と、対等に話しあい、交渉した」


(J5) 足沢 1981, 1998
「今ではアジアでよく知られている、たくはつ僧気取りのガンジー氏。彼は、イギリス法学院の出身で、扇動的(せんどうてき)な弁護士であります! そのガンジー氏が、一方で市民的不服従の挑戦的(ちょうせんてき)な運動を組織し指導しながら、もう一方では、イギリス国王の代表者と対等の立場で交渉するために、インド総督府の階段を半(なか)ば裸の姿でゆう然とのぼっていくのを見るのは、驚きであり吐き気をもよおす光景です。」


(J6) 森本 1972
「かつては英国弁護士協会の一員であり、現在は煽動者行者(ファキール)であるこの男が、イギリス皇帝の代理人と対等で談合するために、副王宮殿の階段を半裸の姿で登って行く、なんという嘔吐すべき侮辱的な光景!」

  • 三 独立への歩み II 完全独立(プールナ・スワラージ)をめざして 森本達雄(もりもと・たつお)=著 『インド独立史』 中公新書 中央公論社 1972/09/25
    • 抜粋訳であり、下に引用する英語原文と完全には一致しません。

■英語原文 The original text in English

'It is alarming and also nauseating to see Mr. Gandhi, a seditious Middle Temple lawyer, now posing as a fakir of a type well known in the East, striding half-naked up the steps of the viceregal palace, while he is still organising and conducting a defiant campaign of civil disobedience, to parley on equal terms with the representative of the King-Emperor'.


 Video 1 
ロンドンのパーラメント広場にガンディー像を設置する案について
England Parliament to install Mahatma Gandhi statue at London Square

イギリス国会議事堂まえの広場には現在、チャーチル、エイブラハム・リンカーン、ネルソン・マンデラなど、英国内外の10人の偉大な政治指導者たちの像が設置されている。ここに新たにもう1人、ガンディーの像も据えようという計画を、政府は2014年7月8日に発表した。「偉大な人物を記念するのにふさわしい」とウィリアム・ヘイグ外相は述べた。 Uploaded to YouTube by V6 News Telugu on 9 Jul 2014. More info on BBC News 8 July 2014


 Video 2 
チャーチル、インド問題は重大な危機だと述べる(1931年 ニュース映画)
Winston Churchill Sees Grave Crisis in India - 1931

Uploaded to YouTube by GreatBritishArchive on 23 Mar 2014


■更新履歴 Change log

  • 2014/12/13 2本の YouTube 動画を追加しました。
  • 2011/03/09 「はじめに」の項を新設しました。また、小林朋則=訳 2007/08/08 を追加しました。
  • 2011/01/12 植村昌夫=訳 2004/12/25 と森本達雄=著 1972/09/25 を追加しました。
  • 2011/01/09 椋田直子=訳 2010/09/06 を追加しました。
  • 2010/12/26 坂崎麻子=訳 1992/02 を追加しました。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ84595840v1308102456

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■DVD

■CD

■洋書 Books in non-Japanese languages



■和書 Books in Japanese


  

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Evelyn Waugh "Decline and Fall" 017

Waugh1945
Evelyn Waugh, 1945.
Image source: The New York Times on the Web
Copyright 1999 The New York Times Company
 
  
■日本語訳 Translations into Japanese

(J1) 
そこで、フェイガン博士は長嘆息した。「先生方についても同じことが言えるといいんだがね。ペニーフェザー君、これはここだけの話だがね、グライムズ君にはかなり早い機会に辞めてもらわなきゃいかん。彼は毛並がよくない(#「よくない」に傍点)、生徒たちはそういうことに目ざといんだね。まあ、いずれにしても、きみの前任者は非の打ちどころのない好青年だった。彼を失ったのは残念至極です。もっとも彼には、夜中の何時でもオートバイで帰ってきて、うちの娘たちを起こす癖があった。おまけに、生徒から金を借りる癖があってね、大金をですよ。とうとう父兄から文句がでて、首を切るしかなくなった。それにしても、非常に残念だった……彼にも(#「彼にも」に傍点)らしさがあったからね」
 フェイガン博士は立ちあがり、シルクハットを少し斜にかぶって、手袋をつけた。
 「じゃあ失敬する、ペニーフェザー君。仲良くやっていけると思うがね、いやあ、そう確信しとるよ。勘で分るんです」
 「失礼します」とポールは言ったものの……
 「九十ポンドの五パーセントで、四ポンド十シリングになりますです」と、レヴィ氏はにこにこ顔で請求した。「お支払いは今でも、最初の学期の給料が出たあとでもけっこうですが。今のお支払いですと、十五パーセント勉強させていただきまして、三ポンド十六シリング六ペンスとなりますです、ハイ」
 「もらってから払います」
 「ハイ、ハイ、それでけっこうでございます。お役に立ててたいへんうれしく存じます、ハイ」

   イーヴリン・ウォ−=作 富山太佳夫=訳
   『大転落』岩波文庫 1991年6月
 
 
(J2)
フェイガン校長はため息をついた、「うちの教員諸君についてもそう言えればいいのだが。ここだけの話だがね、ペニフェザー、わたしはグライムズを近々やめさせねばなるまいと思っている。あの男は毛並が悪い。それに生徒はそういうことに敏感だ。君の前にいた男は全く気持のよい青年だった。あれは失いたくなかった。しかしその男は夜中の何時だろうとバイクで帰ってきては、うちの娘達の目を覚まさせたもんだ。それに生徒達からよく借金をした、それも額が大きいので、父兄が文句をつけたのだ。やめさせざるを得なかった……でも残念だったよ。その男には気品があったからな」
 フェイガン校長は立ちあがり、帽子をいきな角度にかぶり手袋の片方をはめた。
「さよならペニフェザー。われわれは一緒にうまくやっていけそうだね。いや、はっきりそう言えるよ。わたしはこういうことはいつもよくわかるんだ」
「失礼します」とポールは言った。
「九十ポンドの五パーセントは四ポンド十シリングです」とレヴィはにこにこして言った、「今お支払いになっても、最初の学期の俸給を受け取ってからでも結構です。今お支払いになれば、十五パーセント割引きいたします。それだと三ポンド十六シリング六ペンスになります」
「もらってから払うよ」ポールは言った。
「お好きなように。お役に立ててとてもうれしいです」とレヴィは言った。

   イーヴリン・ウォ−=作 柴田稔彦=訳
   『ポール・ペニフェザーの冒険』福武文庫 1991年4月
 
 
■英語原文 The original text in English

Dr Fagan gave a long sigh. 'I wish I could say the same for my staf. Between ourselves, Pennyfeather, I think I shall have to get rid of Grimes fairly soon. He is not out of the top drawer, and boys notice these things. Now, your predecessor was a thoroughly agreeable young man. I was sorry to lose him. But he used to wake up my daughters coming back on his motor bicycle at all hours of the night. He used to borrow money from the boys, too, quite large sums, and the parents objected. I had to get rid of him....Still, I was very sorry. He had tone.'
  Dr Fagan rose, put on his hat at a jaunty angle, and drew on a glove.
  'Good-bye, my dear Pennyfeather. I think, in fact I know, that we are going to work well together. I can always tell these things.'
  'Good-bye, sir,' said Paul....
  'Five per cent of ninety pounds is four pounds ten shillings,' said Mr Levy cheerfully. 'You can pay now or on receipt of your first term's salary. If you pay now there is a reduction of 15 per cent. That would be three pounds six shillings and sixpence.'
  'I'll pay you when I get my wages,' said Paul.
  'Just as you please,' said Mr Levy. 'Only too glad to have been of use to you.'

   Decline and Fall by Evelyn Waugh
   First published by Chapman & Hall 1928
   Published in Penguin Books 1937
   Excerpt based on Penguin's Evelyn Waugh Centenary Edition 2003
 
 
■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sunday, 03 December 2006

易子而食 - 春秋左氏伝 宣公十五年 Zuo Zhuan 504 B.C.

■表紙画像 Cover photos
A B


■日本語訳 Translations into Japanese

以下の引用は、いずれも宣公十五年(紀元前504年)の記録。

(J1) 小倉 1988
「寡君(わがきみ)は、宋の窮状をこう申せと元(わたし)に命じられた。敝邑(わがくに)は、子供を交換して食べ、死人の骨を割いて炊事をする程になっている。だが、城下の盟だけは、たとえ国が亡びても、受け入れられぬ。もし〔一舎〕三十里だけ兵を引かれれば、仰せには何なりと従おう、と」

   小倉芳彦(おぐら・よしひこ)=訳 『春秋左氏伝(上)』(全3冊)
   岩波文庫 1988/11/16


(J2) 貝塚 1970
「主人の命令をうけ、宋の窮状を訴えにまいりました。主人は、『わが宋では、今では互に子供を取りかえて食(た)べ、死人の骨をうち砕いてたきものにするといった有様です。しかし、城下の盟だけはたとえ国が亡んでも結ぶことはできません。いま楚の方で三十里だけ後退してくださるなら、どんな仰せでも従います』と申しています」

   貝塚茂樹=編 『春秋左氏伝 世界古典文学全集13』(全50巻)
   筑摩書房 1970/11


(J3) 鎌田 1968, 1974
「わが君にはこの私を使者として宋の苦しい状態を訴えさせるのです。宋はいまや兵糧がなくなり、子供を交換して食べあい、燃料もなくなったので、死者の骨を折りくだいて炊事をしているという状態です。とは申すものの、城下に攻めこまれて降服の盟いをすることは、たとい国が滅亡しようとも、できない相談です。どうか宋を三十里退却してください。そうすればどんなご命令にも従います。」

  • 鎌田正=著 『春秋左氏伝』 中国古典新書(全100巻) 明徳出版社 1968/09/15
  • 鎌田正=著 『新釈漢文大系31 春秋左氏伝2』 明治書院 1974/09 も、用字・仮名づかいなど細部の違いを除けば、ほぼ同文。

(J4) 竹内 1968
「宋公がわたくしを使者に、宋の苦しさを訴えるのだ。今や宋は子どもを取り換えて食い、屍(かばね)を薪に用いねばならぬ。しかも城下の盟いだけは、国が亡んでも、結びたくないのだ。楚が三十里だけ退却してくれたら、どんないいぶんでも聞くつもりでいる」

   竹内照夫=訳 『春秋左氏伝 中国古典文学大系』(全60巻)
   平凡社 1968/09/05


■中国語原文(簡体字) The original text in simplified Chinese

宣公十五年 (504 B.C.)
寡君使元以病告.曰.敝邑易子而食.析骸以爨.虽然.城下之盟.有以国毙.不能从也.去我三十里.唯命是听.

   春秋左氏传
   E-text at Wikisource


■中國語原文(繁體字) The original text in traditional Chinese

宣公十五年 (504 B.C.)
寡君使元以病告.曰.敝邑易子而食.析骸以爨.雖然.城下之盟.有以國斃.不能從也.去我三十里.唯命是聽.

   春秋左氏傳
   E-text at Wikisource


■「易子而食 析骸以爨」の意味

  • 原 文   易子而食 析骸以爨
  • 読み下し文 子を易えて食ひ、骸を析きて爨ぐ
  • 読みかた  こをかえてくらい、がいをさきてかしぐ
  • 意 味   子どもを交換して食べ、死人の骨をくだいて炊事する

「子どもを交換して食べる」とは——いくら戦乱の世で飢餓に苦しんでいるとはいえ、自分の子どもを食べるのは、さすがに忍びない。そこで、近所の人の子どもと取りかえて、近所の人の子どもを食べて飢えをしのぐ——という意味だそうです。
 
「春秋左氏伝」の哀公八年(紀元前487年)の記述にも、おなじ表現が見られます。また、魯迅の短篇小説「狂人日記」(1918年。中国語原文は ここ)にも、前半部分「易子而食」の字句が登場します。中国では、ひろく知られた表現だそうです。といっても、こんにち正確にどのていど認知されているかは存じませんが。


■tomokilog の関連記事
 Related articles from tomokilog


■更新履歴 Change log

  • 2010/03/26 中国語原文(簡体字)を追加しました。
  • 2006/12/08 書誌情報を修正・補足しました。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ翻訳ブログ人気ランキング参加中

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

  

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Saturday, 02 December 2006

酒見賢一『語り手の事情』The circumstance of a reciter by Kenichi Sakemi

_015583640000  _4167656108
   単行本         文庫 
 
 
■日本語原文 The original text in Japanese
 
「(……)とにかく僕は父に言われてここに来たんだ。童貞を失わずにおめおめと帰るわけにはいかないんだよ。ここはそういう場所なんだろう。だから君に頼んでいるんじゃないか」
 と人なつっこく言います。
 私はしばらく考えて、言いました。
「事情によっては、私が相手をしないこともありませんが、何分にもまずは屋敷の主人に聞いてみませんと」
「なんで? 知らせちゃだめだよ。メイドは主人の目を盗んで若い男を誘惑するんだから」
 アーサーは無邪気ともいえる、好奇心丸出しの表情をいたしております。
「私はメイドではありません。語り手です。事情があってメイドの姿をしているだけです」
「なんだい、それ。語り手とか、事情とかってのは」
「いまのあなたに申し上げてもお分かりにならないでしょう」
「語り手でもなんでもいいよ。君でいいんだ。可愛いメイドさん」
 アーサーは外套を脱ぎ、他のメイドに預けます。そして、またも錯乱の言を耳に囁きました。
「あのね、ついでに鞭打ちと乱交とソドミーとかも一緒に教えてもらえると、僕の興味はいっぺんに満足するんだけどな。ねぇ、サド侯爵とかバイロン卿とか、あるじゃないか」
「語り手としては、困りますね。そういうのは」
 というのも語り手はサド侯爵の遺した著作をまだきちんと読んでいなかったからでございます。バイロン卿もしかり。何しろ今はヴィクトリア朝ですから、そんな悪書以前の異常な記述をどこの書肆(しょし)も刊行するはずがありません。好事家が裏本として流通させているという噂は耳にしてはおりますが、そういう輩(やから)は何時の世にもいるものです。アーサー坊やの青っちい好奇心を満足させてやる程度ならともかく、好んで痛くて不潔な目に遭いたいとは思いません。そもそもわが口からは語りたくないのです。

   酒見賢一(さけみ・けんいち)=著『語り手の事情』
   文藝春秋(単行本 1998/03|文庫 2001/07)
   初出誌は「文學界」1997年12月号
 
 
■tomokilog 関連記事
 Related articles from tomokilog:

西洋における性愛文学/官能小説/ポルノ小説の系譜
Some of the notable works of erotic fiction in the West

* Histoire d'O / Story of O / O嬢の物語 by Pauline Reage, 2006/10/29
* Fanny Hill ファニー・ヒル by John Cleland, 2006/10/28
* Lady Chatterley's Lover by D.H. Lawrence, 2006/04/12
 
 
■洋書 Books in non-Japanese languages
Sex + Japan で検索

■和書

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2006 | Main | January 2007 »