« December 2006 | Main | February 2007 »

January 2007

Monday, 29 January 2007

The Collector Collector by Tibor Fischer ティボール・フィッシャー『コレクター蒐集』

a. 4488016367_1  b. 9782715812062fs


c. Usa_edition_1  d. Uk_edition_3

a.『コレクター蒐集』2003
b. Le vase communicant, 1999
c. The Collector Collector Owl Books (USA); Reprint edition, 1998
d. The Collector Collector Vintage (UK); New edition, 1998
 
 
■日本語訳 Translation into Japanese

 わたしは、この星に余るほど蒐集してきた。
 お次の所有者…ご老体、勿体(もったい)ぶることはなはだしい。床屋が世話を焼く髪の毛は、残すところ百一本。二重顎。老化で溶けた肉が顔から垂れ下がっている。風船。脂肪が詰まった風船だ。ベルトは身長よりも長い。俗物大王(ルーガル)(シュメール語の語義では「偉大な人」)だ。俗物大王ナンバー一万四百六十ううう二。
「スメドリーに連絡させる」彼が言う。
 目下の保管者…競売人。彼女は世界を相手に売っている。赤いインド綿のブラウス、打ち寄せる波のように青いツイードのスーツ。十デニールのストッキング。トマトのように真っ赤な口紅。一児の母であるエキスパート。大の男が子犬のようにクンクンとまとわりついてもびくともしない腿の持ち主だが、やはり彼女は寂しい。
「彼にご用があるのは、家族を訴えるときだけかと思っていましたわ」彼女は答える。

   ティボール・フィッシャー=作 野口百合子=訳
   『コレクター蒐集』東京創元社 2003/04
 
 
■フランス語訳 Translation into French

Information on a translation in French is available at the following page:

   Le vase communicant par Tibor Fischer
   decitre.fr
 
 
■英語原文 The original text in English
 
I've had a planetful.

Impending owner: old, obese, oooooorotund. Only one hundred and one hairs for his barber to worry about. Jowly. Flesh dripping off his face, melted by age. Balloon. A fat-filled balloon. His belt is nearly longer than he is. Lugal. Lugal number ten thousand, four hundred and sixty twoooooo.

'Smedley will be in touch with you,' he says.

Present holder: auctioneeress. She sells the world the world. Red cotton from India under ruffled blue tweed. Ten-denier stockings. Tomato-red lipstick. An expert with one child. She has rigid thighs where big men have whimpered like small dogs, but she is still lonely.

'I thought you only used him to sue members of your own family,' she replies.

   The Collector Collector by Tibor Fischer
   Paperback: Vintage (05/03/1998)
   Excerpt at:
   * The New York Times
   * Random House
 
  
↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザの画面を更新すると入れ替わります。 
↓ Renew the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Sunday, 28 January 2007

Oranges Are Not the Only Fruit by Jeanette Winterson ジャネット・ウィンターソン 『オレンジだけが果物じゃない』

■DVDのジャケット、本の表紙、肖像写真 DVD cover, book cover and a portrait
Bbc_dvd Novel Author
[Left] Oranges Are Not the Only Fruit, a BBC TV adaptation
[Centre]
Oranges Are Not the Only Fruit, Vintage 1991
[Right] Jeanette Winterson (1959-  )  Image source: news.bbc.co.uk


■日本語訳 Translation into Japanese

たいていの人がそうであるように、わたしもまた長い年月を父と母とともに過ごした。父は格闘技を観るのが好きで、母は格闘するのが好きだった。誰と戦うかは、問題ではなかった。とにもかくにも、自分がリングの白コーナーに立っている。それが大事なのだった。

   ジャネット・ウィンターソン=著 岸本佐知子=訳
   『オレンジだけが果物じゃない』 国書刊行会 2002/06


■ポーランド語訳 Translation into Polish

Podobnie jak większość ludzi, przez długi czas mieszkałam z matką i ojcem. Mój ojciec lubił oglądać zapasy, moja matka lubiła brać w nich udział; nie miało znaczenia, z kim się potyka. Stała w białym narożniku i tylko to się liczyło.

   Nie tylko pomarańcze by Jeanette Winterson
   E-text at Chomikuj.pl


■スウェーデン語訳 Translation into Swedish

Liksom folk i allmänhet bodde jag länge hos min mor och far. Far gillade att titta på brottning och mor gillade att brottas, sak samma med vad. Hon satt i vit ringhörna, och så var det med den saken.

   Det finns annan frukt än apelsiner by Jeanette Winterson
   Excerpt at Bokhora


■イタリア語訳 Translation into Italian

Come quasi tutti ho vissuto a lungo con mio padre e mia madre. A mio padre piaceva guardare la lotta, a mia madre piaceva farla; non importava quale. Lei era nel giusto, e poche storie.

   Non ci sono solo le arance by Jeanette Winterson
   Wikiquote


■スペイン語訳 Translation into Spanish

Como mucha gente, viví durante mucho tiempo con mi madre y mi padre. A mi padre le gustaba ver la lucha. A mi madre le gustaba luchar; no importaba contra que. Ella estaba en el rincón blanco y eso era todo.

   Fruta prohibida by Jeanette Winterson
   Excerpt at Strange Library


■フランス語訳 Translation into French

Comme la plupart des gens, j’ai longtemps vécu avec ma mère et mon père. Mon père aimait regarder les combats de catch, ma mère, elle, aimait catcher : peu importe contre qui ou quoi. Elle était toujours prête à monter sur le ring.

   Les Oranges ne sont pas les seuls fruits
   by Jeanette Winterson
   Quoted in Les mots à la bouche


 Video 
Oranges Are Not the Only Fruit (1989) Part 1 - 1
Uploaded by kokikokia on Jan 10, 2008. Directed by Beeban Kidron. Starring Charlotte Coleman.


■英語原文 The original text in English

Like most people I lived for a long time with my mother and father. My father liked to watch the wrestling, my mother liked to wrestle; it didn't matter what. She was in the white corner and that was that.

   Oranges Are Not the Only Fruit (1985)
   Written by Jeanette Winterson
   Paperback: Vintage Books, July 27, 1992
   Excerpt at:
   * JeanetteWinterson.com (the author's offcial website)
   * RandomHouse.ca


■更新履歴 Change log

2012/08/12 テレビ化作品の YouTube 動画を追加しました。また、ポーランド語訳、
         スウェーデン語訳、およびスペイン語訳を追加しました。


↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザの画面を更新すると入れ替ります。
↓ Renew the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■DVD

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

  

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Friday, 26 January 2007

The God of Small Things by Arundhati Roy アルンダティ・ロイ 『小さきものたちの神』

■表紙画像と肖像写真 Cover photos and a portrait

↓ Click to enlarge ↓

a. Zh_simp_arundhati_roi_120628 b. Zh_trad_9789576214837 c. 4887241240_2

d. Da_roy_arundhati_smaatingsgud e. 3896670204_1 f. Godofsmallthingscover_1

g. Arundhati_roy_portrait

a. 微物之神 2006 (simplified Chinese)
b. 微物之神 2006 (traditional Chinese)
c. 小さきものたちの神 1998 (Japanese)
d. De sma tings gud, 1998 (Danish)
e. Der Gott der kleinen Dinge 1999 (German)
f. The God of Small Things, Reprint 1998
g. Arundhati Roy (1959-  )  Image source: Newcastle-Emlyn.com
 
 
■中国語訳(簡体字)Translation into simplified Chinese

阿耶门连的五月是一个炎热、阴沉沉的月份。白日长而潮湿,河流缩小。黑乌鸦贪婪地吃着静止的、布满灰尘的绿色芒果树上的那些鲜艳的果实。红白蕉成熟了,菠萝蜜胀裂开来。放浪形骸的青蝇在溢满果香的空气中,空茫茫地嗡嗡鸣叫着,然后撞在明亮的窗玻璃上,一命呜呼,肥胖的身体在阳光下显得不知所措。

   作者: (印度)阿兰达蒂·洛伊(Arundhati Roy) 译者: 吴美真
   《微物之神》 (新世纪外国畅销小说书架)
   人民文学出版社 2006-04-01
   Excerpt at:
   * 百度百科
   * 天涯博客
 
 
■中國語譯(繁體字)Translation into traditional Chinese

阿耶門連的五月是一個炎熱、陰沉沉的月份。白日長而潮濕,河流縮小。黑烏鴉貪婪地吃著靜止的、佈滿灰塵的綠色芒果樹上那些鮮艷的果實。紅白蕉成熟了,鳳梨蜜脹裂開來。放浪形骸的青蠅在溢滿果香的空氣中,空茫茫地嗡嗡鳴叫著,然後撞在明亮的窗玻璃上,一命嗚呼,肥胖的身體在陽光下顯得不知所措。

   《微物之神
   作者: 阿蘭達蒂.洛伊  譯者: 吳美真
   天下遠見出版股份有限公司 2006
   Excerpt at BooksSearching.com


■日本語訳 Translation into Japanese

アエメナムの五月は暑く重苦しい。日はなかなか落ちず、むしむしする。川の水が減り、ひっそりした緑褐色の木になっている明るい色のマンゴーを、黒いカラスがむさぼる。赤バナナが熟れ、ジャックフルーツの実がはじける。クロバエが果実のあまい香りのする空気の中を、あたりかまわず、あてもなくブンブンととびまわっている。そのうちに透きとおったガラス窓につきあたって落ち、熱い日ざしに焼かれ、ぶざまにもがきながら死んでいく。

   アルンダティ・ロイ=著 工藤惺文(くどう・せいぶん)=訳
   『小さきものたちの神』DHC 1998/06
 
 
■デンマーク語訳 Translation into Danish

Information on an edition translated into Danish is available at:

   * www.herningbib.dk
   * www.litteratursiden.dk
   * www.saxo.com
 
 
■ドイツ語訳 Translation into German

Der Mai in Ayemenem ist ein heißer, brütender Monat. Die Tage sind lang und feucht. Der Fluß schrumpft, und schwarze Krähen laben sich an leuchtenden Mangos in reglosen, staubgrünen Bäumen. Rote Bananen reifen. Jackfrüchte platzen auf. Schmeißfliegen brummen stumpfsinnig in der nach Früchten duftenden Luft. Dann prallen sie gegen Fensterscheiben und sterben verdutzt in der Sonne.

   Arundhati Roy - Der Gott der kleinen Dinge
   Excerpt at RandomHouse.de [PDF]
 
 
■ポルトガル語訳 Translation into Portuguese

Maio em Ayemenem é um mês quente e abafado. Os dias são longos e húmidos. O rio estreita e corvos pretos devoram mangas reluzentes nas árvores imóveis no seu verde-pó. Bananas vermelhas amadurecem. Jacas reben- tam. Vespas dissolutas zumbem indolentemente no ar suculento. Depois chocam contra a limpidez das vidraças e morrem, inchadas e aturdidas pelo sol.

   Deus das Pequenas Coisas de Arundhati Roy
   Excerpt at O Deus das Pequenas Coisas [PDF]
 
 
■スペイン語訳 Translation into Spanish

Mayo, en Ayemenem, es un mes caluroso y de ansiosa espera. Los días son largos y húmedos. El río mengua y negros cuervos se dan atracones de lustrosos mangos sobre árboles inmóviles, de un verde polvoriento. Las bananas rojas maduran. Los frutos de las nanjeas estallan. Los despistados moscones zumban sin rumbo fijo en el aire afrutado y acaban estrellándose contra los cristales para morir, gordos y desconcertados, al sol.

   El dios de las pequeñas cosas by Arundhati Roy
   Excerpt at Cinepatas.com
 
 
■イタリア語訳 Translation into Italian

Maggio ad Ayemenem è un mese caldo, meditabondo. Le giornate sono lunghe e umide. Il fiume si ritira e corvi neri si rimpinzano di manghi lucidi sugli alberi verdepolvere, immobili. Maturano le banane rosse. Si spaccano i frutti dell'albero del pane. Mosconi viziosi ronzano vacui nell'aria fruttata. Poi si schiantano contro i vetri delle finestre e muoiono, goffamente inermi sotto il sole.

   Il dio delle piccole cose by Arundhati Roy
   Excerpt at www.wuz.it
   Excerpt at Marforio.org
 
 
■フランス語訳 Translation into French

Ayemenem en mai est chaud et maussade. Les journées y sont longues et humides. Le fleuve s’étrécit, les corneilles se gorgent de mangues lustrées dans l’immobilité des arbres vert olive. Les bananes rouges mûrissent. Les jaques éclatent Les grosses mouches bleues sont ivres et bourdonnent sans but dans l’air lourd et  fruité. Pour finir par aller s’assommer contre les vitres transparentes  et mourir, pansues et effarées dans le soleil.

   Le Dieu des petits riens, Arundhati Roy,
   Edition Gallimard, Collection Folio, 439p
   Excerpt at Les lectures de Clarinette


■英語原文 The original text in English

May in Ayemenem is a hot, brooding month. The days are long and humid. The river shrinks and black crows gorge on bright mangoes in still, dustgreen trees. Red bananas ripen. Jackfruits burst. Dissolute bluebottles hum vacuously in the fruity air. Then they stun themselves against clear windowpanes and die, fatly baffled in the sun.

   The God of Small Things by Arundhati Roy (1997)
   ISBN: 0060977493
   ISBN-13: 9780060977498
   Paperback, HarperCollins (05/06/1998)
   Excerpt at:
   * bookbrowse.com
   * www.chitram.org
   * HarperAcademic.com
   * Barnesandnoble.com
 
 
■著者による朗読 Readings by the author

The US Library of Congress, New Delhi Office
The South Asian Literary Recordings Project
The God of Small Things
Arundhati Roy, 1959-

   * RealMedia excerpt: pp. 215-224
   * MP3 excerpt: pp. 215-224
 
 
↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザの画面を更新すると入れ替わります。 
↓ Renew the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

| | Comments (3) | TrackBack (0)

Sunday, 21 January 2007

Le lit 29 by Guy de Maupassant モーパッサン / モウパッサン / モオパッサン 「二十九号の寝台」「寝台二十九号」「寢臺二十九號」「二十九号寝室」「廿九號寢臺」

           目次 Table of Contents

    Images  作家と彼の墓 The author and his tomb
   ■日本語訳 Translations into Japanese
     (J1) 青柳 1956, 1971, etc.
     (J2) 木村 1954
     (J3) 田辺 1951, 1955, etc.
     (J4) 安成 1921
   ■ロシア語訳 Translation into Russian
   ■英訳 Translation into English
   ■スペイン語訳 Translation into Spanish
    Audio  フランス語原文のオーディオブック Audiobook in French
   ■フランス語原文 The original text in French
   ■tomokilog 関連記事 Related articles from tomokilog:
   ■更新履歴 Change log


 Images 
作家と彼の墓 The author and his tomb
a. Gdmaupassant b. Tomb_2


■日本語訳 Translations into Japanese

(J1) 青柳 1956, 1971, etc.
女たちは彼に出会うと、ちょっと頭を振るような、じつに妙な格好をする。どうやらこれは、羞恥(しゅうち)からくる、一種の身ぶるいらしい。自分の魅力を感じたような、この男の前で着物を脱がされでもしたような、そんな気持だろう。彼女たちは、顔をいくぶんふせて、口もとにあるかないかの微笑を浮べる。自分が美しいと思われ、一目なり相手から見られたいと思うからだ。この男が同僚といっしょに散歩しているときなど、その同僚は、例によって女たちのこの手管(てくだ)を見るごとに、うらやましくもねたましくもあって、つい、つぶやかずにはいられないのである。
「エピヴァンのやつ、まったく運がいいよ!」


(J2) 木村 1954
女たちは、彼に出會うと、とたんに自分の無力を感じ、さらにいえば、相手に裸を見られたように感じ、羞恥の戰慄とでもいおうか、思わず知らず、そわそわして、奇妙な動作をする。つまり、うなずくように、ちょっと頭をさげながら、あいまいな微笑を浮かべるのだが、それは自分を魅力的に見せ、ちらりとでも彼の視線をひきたいという欲望にほかならない。もし彼が同僚と一緒に散歩している時には、その同僚は、女たちの、そういう思わせぶりな素振りを見るたびに、湧きあがる嫉妬を抑えかね、かならず、こう、つぶやかずにはいられない。
「おい、エピヴァン、貴樣、運のいい奴だな!」

  • モーパッサン=作 木村庄三郎=譯 「寝臺二十九號」 『口髭・寶石 他五篇』 岩波文庫 1954/11

(J3) 田辺 1951, 1955, etc.
女たちは、彼に出会うと、まるで鷹に見込まれた小鳩のよう。あるいは彼の前で着物がずりおちたみたい。羞恥心の戦慄とでも言おうか、ちょっと奇妙に首を動かす。つまり、唇に微笑をただよわせながら、少し頭をさげるのだ。可愛らしく思われたい、一目でも見てもらいたいという下心だ。同僚が一緒だと、こうした素振りを見るたびに、激しい嫉妬を感じて、思わずつぶやいてしまう。
「エピヴァンの奴、何て運のいい野郎だろう!」


(J4) 安成 1921
女が彼と出會ふと、彼女が彼よりも遙に貧弱でそして其の前で裸にされた樣に感じて、恥かしさに身を縮める樣に、頭を妙な風に動かした。唇に浮󠄁んで來た微笑の影で少し頭を下げ、彼に美しく見られ、成るべく彼の視線を引かうとして居た。彼の仲間が彼と一緒に散步して居る時、そう言ふ樣なしなを見る度每に、羨やましい樣なねたましい樣な口振りで呟ひた。
「エピヴアンの奴、又せしめたな!」

  • モウパッサン=作 安成四郎=譯 「二十九號寢臺」 『モウパツサン全集 10』 天佑社 1921-11-16 (大正10)
  • 表題の表記は、目次では「二十九號寢臺」、章扉では「廿九號寢臺」。また、訳者名表示は、目次では「安本四郎」、章扉では「安成四郎」とあるが、これは「安成」のほうが正しいようだ。
  • 国立国会図書館所蔵

■ロシア語訳 Translation into Russian

Женщины при встрече с ним как-то странно вертели головой и стыдливо вздрагивали, словно слабея перед ним или чувствуя себя раздетыми. Они слегка склоняли шею, и на губах у них появлялась тень улыбки; им хотелось, чтобы капитан Эпиван нашел их прелестными, хотелось привлечь его взгляд. Когда он прогуливался с товарищем, тот всякий раз завистливо и ревниво думал, видя неизменное повторение этих ужимок:

"И везет же, черт побери, этому Эпивану!"

  • Ги де Мопассан. Койка № 29. Ги де Мопассан. Собрание сочинений в 10 тт. Том 5. МП "Аурика", 1994.  Перевод Е. Гунст
  • E-text at Библиотека OCR Longsoft
  • (ocr.krossw.ru)


■英訳 Translation into English

The women on meeting him had a very queer little movement of the head, a kind of shiver of modesty, as if they felt themselves grow weak or unclothed before him. They would lower their heads a little, with a smile upon their lips, as if they had a desire to be found charming and have a look from him. When he walked with a comrade the comrade never failed to murmur with jealous envy, each time that he saw the sport : "This rascal of an Epivent has the chances!"

  • Bed No. 29 by Guy de Maupassant The Short Stories of Guy de Maupassant Wildside Press LLC, 2007
  • Preview at Google Books

■スペイン語訳 Translation into Spanish

Las mujeres, al verlo, hacían un pequeño movimiento de cabeza, que era una especie de estremecimiento de pudor, como si se sintieran débiles o desnudas ante él. Agachaban un poco la cabeza con una sombra de sonrisa en los labios y un deseo de que las encontrara encantadoras y les concediera una mirada. Cuando se paseaba con un compañero, éste no dejaba nunca de murmurar con envidia, cada vez que se daba cuenta de este manejo:

-¡Tiene suerte, este maldito Epivent!


 Audio 
フランス語原文のオーディオブック Audiobook in French

下の引用箇所の朗読は 6:21 から始まります。 Uploaded to YouTube by GreatAudioBooks In Public Domain on 25 Aug 2014. Reading of the excerpt below starts at 6:21.


■フランス語原文 The original text in French

Les femmes, à sa rencontre, avaient un petit mouvement de tête tout à fait drôle, une sorte de frisson de pudeur comme si elles s'étaient senties faibles ou dévêtues devant lui. Elles baissaient un peu la tête avec une ombre de sourire sur les lèvres, un désir d'être trouvées charmantes et d'avoir un regard de lui. Quand il se promenait avec un camarade, le camarade ne manquait jamais de murmurer avec une jalousie envieuse, chaque fois qu'il revoyait le même manège :

- Ce bougre d'Epivent, a-t-il de la chance.


■tomokilog 関連記事
 Related articles from tomokilog:


■更新履歴 Change log

  • 2016/11/14 安成四郎=譯 1921-11-16 の訳文を挿入しました。また、目次を新設し、フランス語原文のオーディオブックの YouTube 画面を追加しました。
  • 2016/11/04 ロシア語訳と英訳を追加し、田辺貞之助訳の書誌情報を補足しました。
  • 2009/01/15 安成四郎=訳 1921 (or 1922?) の書誌情報を追加しました。訳文は追って挿入するつもりです。
  • 2007/04/13 スペイン語訳を追加しました。
  • 2007/03/04 田辺貞之助=訳 1955, 1956 を追加しました。
  • 2007/02/12 書誌情報を補足しました。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ84595840v1308102456

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■CD

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese
(1) モーパッサン「短篇」

(2) モーパッサン「短編」

  

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Thursday, 18 January 2007

Miriam by Truman Capote トルーマン・カポーティ 「ミリアム」

Truman_capote
Image source: polysemy.org


        目次 Table of Contents

■はじめに Introduction
■日本語訳 Translations into Japanese
  (J1) 陰陽師 2007
  (J2) 大津 1999
  (J3) 川本 1994, 1995, etc.
  (J4) 都筑 1976, 1993
  (J5) 矢野 1972
  (J6) 龍口 1970, 1979
  (J7) 宮本 1965
  (J8) 河野 1961, 1973, etc.
  (J9) 河野 1957
■ロシア語訳 Translation into Russian
■イタリア語訳 Translation into Italian
■ポルトガル語訳 Translation into Portuguese
■スペイン語訳 Translations into Spanish
  (Es1) Villoro, 2004
  (Es2) Peypoch, 1974
■英語原文 The original text in English
■日本語訳についての疑問点 Some questions on Japanese translations
■Capoteの日本語表記の異同
 Transliteration variations of the author's name in Japanese
■tomokilog 関連記事 Related articles from tomokilog:
■更新履歴 Change log


■はじめに Introduction

トルーマン・カポーティの初期の短編の代表作「ミリアム」。その冒頭部分のさまざまな翻訳と原文を引用します。


■日本語訳 Translations into Japanese

(J1) 陰陽師 2007
ミセス・H・T・ミラーがイースト・リヴァーにほど近い、ブラウンストーン造りの屋敷を改装した快適なアパートメント(二間に小さな台所)で一人暮らしをするようになってから、数年になる。ミセス・ミラーは寡婦だったが、H・T・ミラー氏がそれ相応の保険金を残してくれていた。なにごとにもさほど興味を示さず、話に興ずる友人もない、角の食料品店よりさきへ出かけることもまれだった。同じ建物の住人も、ミセス・ミラーのことなど気がついていなかったかもしれない。ありふれた服装、鉄灰色の髪を切り詰めて無造作にパーマを当てている。化粧もせず、平凡で、人目を引くところのない顔立ちのミセス・ミラーは、誕生日が来て六十一歳になった。気の向くままに何ごとかするようなことも絶えてなく、二間の部屋を塵一つない状態に保ち、ときたま煙草を吹かし、自分のために食事の用意をして、カナリアを一羽、飼っていた。

  • トルーマン・カポーティ=著 陰陽師=訳 「ミリアム」 Ghostbuster's Book Web. 初出 2007/01/16 - 2007/01/20 改訂 2007/01/24

(J2) 大津 1999
ミセス・H・T・ミラーは、イースト・リヴァー〔ニューヨーク州のマンハッタン島とロング・アイランド島の間の海峡〕に近い、リフォームされた褐色砂岩造りの気持ちのいいアパート(二部屋にキチネット)に、もう数年ひとりで暮している。彼女は寡婦だった。だが夫がかなりの保険金を遺してくれた。彼女の興味は狭く、とりたてて友だちもなく、角の食料品店より遠くまで出かけることはめったになかった。アパートのほかの住人たちは彼女の存在に気づいていないようだった。着ているものはごくありきたりで、髪は灰色がかった鋼色(はがねいろ)で、短く切って、わずかにウェーブがかかっている。化粧品は使わなかった。顔立ちは平凡で、目立たず、先の誕生日で六十一歳になっていた。自分からしたいことをなにかしたことはなかった。ふたつの部屋を清潔に保ち、ときどきタバコを喫(す)い、自分の食事を作り、カナリアを一羽世話していた。


(J3) 川本 1994, 1995, etc.
ミセス・H・T・ミラーは、もう何年も、イースト・リヴァーに近い、改築されたブラウンストーンの快適なマンション(キチネット付きの二部屋)にひとりで暮らしていた。彼女は夫を亡くしていたが、夫のH・T・ミラーは彼女がひとりで生活していくのに困らない程度の保険金を残していた。彼女の生活はつましい。友だちというような人間はいないし、角の食料品店より先に行くこともめったにない。マンションの住人たちは彼女がいることに気づいてもいないようだ。服は地味。髪は鉄のような艶のある灰色で、短く切って、軽くウェーブをかけている。化粧品は使わない。容貌は十人並みで目立たない。この前の誕生日で六十一歳になった。彼女の一日は決まりきっている。二つの部屋をきれいにする。ときどき煙草を吸う。食事の支度をする。カナリアの世話をする。
[ルビは省略しました - tomoki y.]


(J4) 都筑 1976, 1993
H・T・ミラー夫人は、イースト・リヴァーにほど近い、代赭岩で改築された快適なアパートの、小さな調理場のついた二タ部屋のフラットに、ここ数年間、ひとりつきりで住んでいる。彼女は未亡人だつた。H・T・ミラー氏が、身分相応な額の保険金を残していつてくれたのだつた。彼女の関心の範囲は、いたつて狭い。話しあう友だちもない。街角の食料品屋より先へ、出かけることも、まれだつた。アパートのほかの住人たちの注意も、ぜんぜん惹かない。身につけるものは、実用一点ばりだ。白髪になつた金髪を切りそろえて、さりげなく波うたしている。化粧品は使つたことがない。平凡で、これという特長もない顔立ちなのだ。このまえの誕生日で、彼女は六十一になつた。くらしぶりは、自堕落なものではなかつた。ふたつの部屋をいつもきれいに掃除して、ときたまはタバコを吸い、自分の食事は自分でこしらえ、あれこれカナリヤの面倒をみる。

  • 都筑道夫=訳 「ミリアム」 
    • T・カポーティー=作 「ミリアム」 文藝春秋=編 『奇妙なはなし』 アンソロジー 人間の情景 6 文春文庫 1993/02
    • トルーマン・カポウティー=作 「ミリアム」 早川書房編集部=編 『幻想と怪奇 英米怪談集2』 Hayakawa Pocket Mystery Books No.268 早川書房 1976/10
  • 上にご覧のとおり a. と b. では著者名表記が異なります。また、a. では、代赭岩→代赭岩(たいしゃがん) 惹かない→惹(ひ)かないとルビが加えられ、拗音の「つ」が「っ」に改められています。引用は b. 早川書房版 1976 に拠りました。

(J5) 矢野 1972
H・T・ミラー夫人はこの数年来、イースト・リヴァーにほどちかい、改造された褐色砂岩の、小さな台所のついた快適な二間のアパートに、ひとりきりで住んでいた。彼女は未亡人だった。H・T・ミラー氏はそれ相応の額の保険金を遺していってくれた。彼女の関心の範囲は狭く、話し相手になる友だちもなく、めったなことでは角の食料品店より遠くへ出かけることもなかった。アパートの他の住人たちも、彼女のことを気にとめているようすはまるでなく、身に着けているのはおよそありふれたものばかり、アイアングレイの髪は短く切って、自然なままに波打たせていた。化粧品は使わなかったし、容貌は平凡でこれといった特徴もなく、歳はこの前の誕生日で六十一になっていた。日常の挙措にも、ほとんど気儘なところはなかった。二間の部屋をいつもきれいに掃除して、たまには煙草を吸い、食事はじぶんでこしらえ、カナリヤの面倒をみる。

  • トルーマン・カポーティ=著 矢野浩三郎=訳 「ミリアム」 常盤新平=編 『マドモアゼル短篇集1』 新書館 1972/06

(J6) 龍口 1970, 1979
数年前から、H・T・ミラー夫人は(*)イースト・リヴァーに近い、改築された褐色砂岩づくりの快適なアパート(キチネット付きの二部屋)にひとり暮しをしていた。彼女は未亡人であったが、亡夫のH・T・ミラー氏が、ほどほどな額の保険金を遺(のこ)してくれたのだった。夫人は趣味といっても範囲が狭く、語るに足るほどの友だちもいないので、角(かど)の食料品店より遠くへはめったに足を伸ばすこともなかった。アパートのほかの住人たちは、彼女の存在にまったく気づいていないみたいだった。着ている服は平凡そのものだし、髪の毛は鉄灰色で、短く切りつめ、無造作にウェーブをかけていた。化粧品は使わないし、顔立ちは十人なみで人目をひくこともなかった。それに、この前の誕生日で満六十一歳になっていたのだ。もう自分から進んで何かをするなどという元気はほとんどなくなっていた。二つの部屋をいつも清潔にし、ときたま巻タバコをふかし、自分の食事を料理し、一羽のカナリヤの世話をするだけだった。(訳注 *ニュー・ヨーク市マンハタン島の東側を流れている川)

  • トルーマン・カポーティ=著 龍口直太郎(たつのくち・なおたろう)=訳 「ミリアム」
  • 引用は b. 新潮社版 1970 に拠りました。

(J7) 宮本 1965
H・T・ミラー夫人は、ここ数年というもの、イースト・リヴァーに近い、改築された褐色砂岩造りのアパートに居心地のいい部屋(二部屋台所つき)を借りて独り暮しをしていた。夫とは死別したが、H・T・ミラーは、生活に困らないだけの保険金を残してくれた。興味の範囲もせまく、これといった友人もなく、角にある食料品屋よりも遠くへ行くことはまれだった。同じアパートの住人たちも彼女に注意を向けることはまれだった。着物はごくありふれたものだった。鉄灰色の髪は短く切って、ぞんざいに波打たせてある。化粧品は使わなかったし、顔立ちも平凡で目だたず、もう六十一歳の誕生日を終えていた。二部屋をいつも清潔にして、気が向くと煙草をすい、自分だけのための食事をつくり、カナリヤの面倒を見る——それ以上に何かを自分からするのはまれだった。


(J8) 河野 1961, 1973, etc.
ここ何年か、H・T・ミラー夫人は部屋二つに台所のついた、居心地のいいアパートに独(ひと)り住まいをしていた。イースト川にほど近い、改築された褐色砂岩造り建物である。未亡人の彼女は、夫のH・T・ミラー氏から手ごろな額の保険金を残されていた。趣味の範囲もいたって狭く、友だちというほどの友だちもなく、角の食料品店より遠くへ足を延ばすことはまれだった。アパートの他の住人たちも、いっこう彼女には気をとめる様子もない。着ている服は無趣味そのもの、鉄灰色の髪も短く切ってぞんざいに波打たせてある。化粧品は使わないし、もともと平凡な、人目につかない目鼻立ちなのだ。それに、もうこの前の誕生日で六十一になっていた。自分から進んで何か事をはじめようとするでもなく、ただ二つの部屋を塵(ちり)一つないように整え、時たまタバコの一本もふかし、自分ひとりの食事をこしらえ、カナリヤの面倒をみるのが精一杯だった。


(J9) 河野 1957
ここ何年か、H・T・ミラー夫人は部屋二つに台所のついた、居心地のいいアパートに独り住いをしているイースト・リヴァーに程近い、改築された褐色砂岩造り建物である。未亡人の彼女は天[ママ]のH・T・ミラー氏からかなりな額の保険金を残されていた。趣味の範囲もいたって狭く、友だちというほどの友だちもなく、角の食料品店より遠くへ足を伸ばすことは稀だった。アパートの他の住人たちも、一向彼女には気をとめる様子もない。着ている服は無趣味そのもの、鉄灰色の髪も短かく切ってぞんざいに波打たせてある。化粧品は使わないし、もともと平凡な、人目につかない目鼻立ちなのだ。それに、もうこの前の誕生日で六十一になっていた。自分から進んで何か事を始めようとするでもなく、ただ二つの部屋を埃一つないように整え、時たま煙草の一本もふかし、自分ひとりの食事をこしらえ、カナリヤの面倒をみるのが精一杯なのだ。

  • トルーマン・カポート=著 河野一郎=訳 「ミリアム」

■ロシア語訳 Translation into Russian

Вот уже несколько лет миссис Г.Т. Миллер жила одна в уютной квартире (две комнаты и кухонька) в перестроенном доходном доме близ Ист-Ривер.  Она  была вдова; после Г. Т. Миллера осталась довольно  изрядная  страховка.  Круг  ее интересов был узок, друзей она, в сущности, не  имела  и  вылазки  совершала обычно не дальше продуктового магазина на  ближайшем  углу.  Другие  жильцы, видимо, ее попросту не замечали: одежда  у  нее  была  будничная,  волосы  - короткие,  серовато-седые,  уложены  кое-как;   лицо   простое,   ничем   не примечательное; косметики она не употребляла; в последний день  рождения  ей минул шестьдесят один  год.  Занималась  она,  как  правило,  делами  самыми повседневными: содержала в безупречной чистоте свои две  комнаты,  время  от времени выкуривала сигарету, готовила себе еду и ухаживала за канарейкой.

  • Трумен Капоте. Мириэм. Translated by С. Митиной
  • E-text at Lib.Ru

■イタリア語訳 Translation into Italian

Da diversi anni la signora H.T. Miller viveva sola nel grazioso appartamentino (due stanze e una cucina) di un nuovo caseggiato accanto a East River. Era vedova: il signor H.T. Miller le aveva lasciato una discreta assicurazione. Si interessava di pochissime cose, non aveva amici con cui parlare e raramente si spingeva oltre la drogheria all’angolo. Gli altri inquilini della casa sembravano non accorgersi di lei; i suoi vestiti erano di un taglio che non dava nell’occhio, i capelli grigio ferro, fissati da forcine, erano qua e là ondulati; non usava cosmetici, i suoi lineamenti erano regolari e comuni, e il suo ultimo compleanno era stato il sessantunesimo. La sua attività era del tutto autonoma: teneva le due stanze nell’ordine più perfetto, fumava qualche volta una sigaretta, si preparava da sola i pasti e accudiva a un canarino.


■ポルトガル語訳 Translation into Portuguese

Durante muitos anos, a sra. H. T. Miller havia morado sozinha num apartamento confortável (dois quartos com quitinete) num prédio de arenito pardo, já reformado, perto do East River. Era viúva: a sra. H. T. Miller tinha uma pensão de valor bastante razoável. Sua renda era reduzida, não tinha amigas para conversar e raras vezes ia além da mercearia da esquina. Os demais moradores do prédio nunca pareciam perceber a presença dela: suas roupas eram comuns, o cabelo era cinza escuro, preso e com ondulações naturais; ela não usava cosméticos, suas feições eram simples e discretas, e no último aniversário fizera sessenta e um anos. Suas atividades raramente eram espontâneas: conservara os dois quartos imaculados, fumava um cigarro de vez em quando, fazia a própria comida e cuidava do canário.


■スペイン語訳 Translations into Spanish

(Es1) Villoro, 2004
Desde hacía varios años Mrs. H. T. Miller vivía sola en un agradable apartamento (dos habitaciones y una cocina pequeña) de un viejo edificio de piedra recién rehabilitado, cerca del río Este. Era viuda: el seguro de Mr. H. T. Miller le garantizaba una cantidad razonable. Le interesaban pocas cosas, no tenía amigos dignos de mención y rara vez se aventuraba más allá del colmado de la esquina. Los otros habitantes del edificio parecían no reparar en ella: sus ropas eran anodinas; sus facciones, simples, discretas; no usaba maquillaje; llevaba el pelo gris acerado corto y ondulado sin mayor esmero, y en su último cumpleaños había cumplido sesenta y uno. Sus actividades rara vez eran espontáneas: mantenía inmaculados los dos cuartos, fumaba algún cigarrillo de vez en cuando, cocinaba ella misma y cuidaba del canario.


(Es2) Peypoch, 1974
Durante varios años, la señora H. T. Miller había vivido sola en un bonito apartamento (dos habitaciones y una pequeña cocina), en una antigua casa reformada, cerca del East River. Era viuda y el señor H. T. Miller le había dejado un seguro razonable. Hacía pocos gastos, no tenía amigos con quien hablar y generalmente no viajaba más allá del supermercado de la esquina. Los demás inquilinos de la casa no parecían advertir su presencia: sus vestidos eran sencillos, su cabello grisáceo, muy cómodo y ondulado natural; no usaba cosméticos y sus facciones eran comunes y poco notables. En su último aniversario había cumplido los sesenta y un años. Sus actividades eran pocas veces espontáneas: conservaba las dos habitaciones inmaculadas, fumaba un ocasional cigarrillo, se preparaba sus propias comidas, y tenía un canario.


■英語原文 The original text in English

For several years, Mrs. H. T. Miller had lived alone in a pleasant apartment (two rooms with kitchenette) in a remodeled brownstone near the East River. She was a widow: Mr. H. T. Miller had left a reasonable amount of insurance. Her interests were narrow, she had no friends to speak of, and she rarely journeyed farther than the corner grocery. The other people in the house never seemed to notice her: her clothes were matter-of-fact, her hair iron-gray, clipped and casually waved; she did not use cosmetics, her features were plain and inconspicuous, and on her last birthday she was sixty-one. Her activities were seldom spontaneous: she kept the two rooms immaculate, smoked an occasional cigarette, prepared her own meals, and tended a canary.

  • Miriam (1945) by Truman Capote
  • E-text at Socratic Seminars, Middle School Short Stories

■日本語訳についての疑問点 Some questions on Japanese translations

  1. 訳例 (J2) の「彼女の生活はつましい」について、友人の1人から、なぜこういう訳し方になるのか不思議、というご指摘を受けました。たしかに。
  2. 私自身がひっかかったのは、訳例 (J3) の「くらしぶりは自堕落なものではなかった」という箇所。そういう訳し方ってありですか?
  3. 彼女のウェーブは、美容院のパーマ(ウェーブを「かける」)か? それとも天然パーマなのか(ウェーブが「かかっている」)?
  4. "her features were plain" を、みなさんいずれも顔立ちが「平凡」と訳してらっしゃるけど、この文脈での"plain"は「平凡」よりもうちょっと下。はっきりいって「不器量」「ブス」という語感じゃないかと思うのですが。
  5. "prepared her own meals"は、たしかに「食事を用意した」という意味で間違いありません。けど、日本語の表現としてはふつう(外食しないで)「自炊していた」と言うんじゃないかな?

みなさんは、どうお考えになりますか? ご教示くださると嬉しいです。


■Capoteの日本語表記の異同
 Transliteration variations of the author's name in Japanese

   カポーティ ……… 陰陽師 2007
   カポーティ ……… 大津 1999
   カポーティ ……… 川本 1994, 1995, 2006
   カポーティ ……… 矢野 1972
   カポーティ ……… 龍口 1970
   カポーティ ……… 河野 1961, 1973, 1985
   カポーティー …… 都筑 1993
   カポウティー …… 都筑 1976
   カポート ………… 宮本 1965
   カポート ………… 河野 1957

なお、表記の変更について、早川書房の「編集部M」氏は、巻末の解説(1956/08)
で、つぎのように述べています。

   この作家はこれまで日本では、トルーマン・カポーテあるいはカポート
   として、紹介されてきたが、二十世紀著述家辞典のファースト・サプリメント
   によると、カポウティーと発音するように指定してあるので、それに従つた。

どうやら、主流の表記法は、下のように推移してきたようです。

   カポーテ/カポート
     ↓
   カポウティー/カポーティー
     ↓
   カポーティ


■tomokilog 関連記事 Related articles from tomokilog:


■更新履歴 Change log

  • 2015/12/26 目次と「はじめに」の項を追加しました。
  • 2012/08/07 ロシア語訳、イタリア語訳、ポルトガル語訳、および2種類のスペイン語訳を追加しました。
  • 2012/04/22 龍口直太郎=訳の書誌情報を補足しました。
  • 2007/07/13 陰陽師=訳 2007/01 を追加しました。
  • 2007/05/23 宮本陽吉=訳 1965/04 を追加しました。
  • 2007/05/15 河野一郎=訳 1957/11 を追加しました。また、「Capoteの日本語表記の異同」の項を修正しました。
  • 2007/03/23 矢野浩三郎=訳 1972/06 を追加しました。
  • 2007/02/22 都筑道夫=訳 1976/10 を追加しました。また、「Capoteの日本語表記の異同」の項目を新設しました。
  • 2007/01/19 龍口直太郎=訳 1970 を追加しました。
  • 2007/01/18 「日本語訳についての疑問点」の項を新設しました。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ84595840v1308102456

Flag Counter

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■DVD

■CD

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

  

| | Comments (3) | TrackBack (0)

Many Moons by James Thurber ジェームズ・サーバー『たくさんのお月さま』

■表紙画像 Cover photos
Louis_slobodkin Photo_18

  Photo_19  Marc_simont
Clockwise from the top left:
* Many Moons by James Thurber, Illustrated by Louis Slobodkin (1981)
* 『たくさんのお月さま』 中川千尋=訳 ルイス・スロボキン=絵 (1994)
* Many Moons by James Thurber, Illustrated by Marc Simont (1990)
* 『たくさんのお月さま』 今江祥智=訳 宇野亜喜良=絵 (1989)


■日本語訳 Translations into Japanese

(1) 中川 1994
「月、でございますか?」大臣は、おどろいて声をあげ、目をまるくしました。そのせいで、じっさいよりも四倍かしこくみえました。
「そう、月だ。つ、き。お月さまだよ。今夜、とってまいれ。おそくとも、あしたじゅうにたのむぞ」
 大臣は、ハンカチで、おでこのあせをふき、そのあと、音もたかく鼻をかみました。
「わたくしは、王さまにおつかえしてから、これまで、じつにたくさんのものを、さがしだしてまいりました。(……)「よろしゅうございますか」大臣は、表をちらりとみて、しかめっつらをしました。「えー、象牙、しっぽのないサルに、クジャク。ルビー、オパールに、エメラルド。黒いランの花、ピンク色の象に、青いプードル。金色のテントウムシ、おまもりのフンコロガシに、琥珀にとじこめられて化石になったハエ。ハチドリの舌、天使の羽に一角獣の角。巨人、こびとに、人魚。乳香(にゅうこう)、竜涎香(りゅうぜんこう)に、没薬(もつやく)。旅まわりの詩人、楽人に、おどり子。バター一ポンド、たまご二ダ−スに、さとう一ふくろ……しつれいいたしました。おしまいのほうは、家内が書きこみましたものです」
「青いプードルなんて、わしはおぼえておらんぞ」

[ルビを一部省略しました - tomoki y.]

   ジェームズ・サーバー=文 中川千尋(なかがわ・ちひろ)=訳
   ルイス・スロボキン=絵
   『たくさんのお月さま』 徳間書店 1994/05


(2) 今江 1989
 —月、でございますって!
 思(おも)わずさけんでしまって、侍従長は目をまんまるにしました。そうすると、4ばいも、りこうそうにみえました。
 —ああ、月じゃ。つ、き。お月さまじゃよ。こんばんか、おそくとも、あしたのうちには手に入れてくれい。
 侍従長はハンカチでおでこをふき、大きな音をたてて、はなをかみました。
 —わたくし、これまで、ずいぶんいろいろと、ご用をつとめてまいりました。
(……)
 —ええと、ごようだていたしましたるものは、ぞうげにサルに、クジャクにルビー。それからオパール、エメラルド。黒いランの花に桃色のゾウ。それから青いムクイヌ、こがね虫、甲虫石(こうちゅうせき)、琥珀のハエに、ハチドリの舌。それに、天使の羽と一角獣の角。大男と、小人(こびと)に人魚、乳香(にゅうこう)、竜涎香(りゅうぜんこう)、没薬(もつやく)。それに、詩人に歌うたいに、踊子……と。
 さらには、バター1ポンド、たまご2ダ−スに、さとうひとふくろ……と。おや、これはしつれいいたしました。いまのは家内が書きこみましたぶんで……。
 —青いムクイヌなんぞ、おぼえがないぞ。
 と、王さま。

[ルビを一部省略しました - tomoki y.]

   ジェームズ・サーバー=作 今江祥智=訳 宇野亜喜良=絵
   『たくさんのお月さま
   ブックロ−ン出版(BL出版)1989/10


(3) 光吉 1949
『お月さまで ございますって?』
 と、大臣は 目をまるくして さけびました。そのため大臣は、四ばいも りこうに みえました。
『そうじゃ、お月さまだ。お・つ・き・さ・ま! こんやすぐにか、おそくも あすまでに、手にいれて おくれ』
 大臣は ハンカチで ひたいをふいて、それから チーンと はなをかみました。
『王さま。わたくしは これまで 王さまのために ずいぶん いろいろのものを 手にいれて さしあげました。
(……)
『ええと』大臣は ひたいに 八の字をよせて、ちらりと かきつけを みながら、
『ぞうげに、サルに、クジャクに、ルビーに、オパールに、エメラルドに、くろいランの花に、ももいろのゾウに、水いろのムクイヌに、こがね虫に、おまもり石に、コハクにはまったハエに、ハチスズメのしたに、天使(てんし)のはねに、一角(いっかく)じゅうのツノに、大男に、小人(こびと)に、にんぎょに、いろいろの においぐすりに、うたうたいに、おどり子に、それから、バターを一ポンドと、たまごを二ダ−ス、おさとうを一ふくろ……
 ……おっと しつれい。これはかないが かいたものでございます』
『水いろのムクイヌなんて わしは おぼえが ないがのう』

   ジェイムズ・サーバー=作 光吉夏彌=譯
   ルイス・スロボドキン=画
   『たくさんのお月さま』 日米出版社 1949/12


■英語原文 The original text in English

"The moon?" exclaimed the Lord High Chamberlain, his eyes widening. This made him look four times as wise as he really was.

"Yes, the moon," said the king. "M-o-o-n, moon. Get it tonight, tomorrow at the latest."

The Lord High Chamberlain wiped his forehead with a handkerchief and then blew his nose loudly. "I have got a great many things for you in my time, your majesty," he said. (......) "I have got ivory, apes, and peacocks, rubies, opals, and emeralds, black orchids, pink elephants, and blue poodles, gold bugs, scarabs, and flies in amber, hummingbirds' tongues, angels' feathers, and unicorns' horns, giants, midgets, and mermaids, frankincense, ambergris, and myrrh, troubadors, minstrels, and dancing women, a pound of butter, two dozen eggs, and a sack of sugar - sorry, my wife wrote that in there."

"I don't remember any blue poodles," said the king.

   Many Moons by James Thurber (1943)
   E-text at:
   * talewins.com
   * sujith_v.tripod.com
   Excerpt at:
   * freshwater-spaceman.blogspot.com
   * medinger.wordpress.com


■tomokilog 関連記事
 Related articles from tomokilog:

* The Secret Life of Walter Mitty by James Thurber ジェームズ・サーバー「ウォルター・ミティの秘められた生活」, 2006/12/25
* The Great Quillow by James Thurber ジェームズ・サーバー『おもちゃ屋のクィロー』, 2006/12/23


■更新履歴 Change log

2007/02/11 光吉夏彌=譯 1949/12 を追加しました。


にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ翻訳ブログ人気ランキング参加中

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

  

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Saturday, 13 January 2007

The Day I Sat With Jesus ...... by Gloria Sawai グロリア・サワイ「私がイエス様と……」

Gsawai_1  0261420
[Left] Gloria Sawai. Image Source: Alberta Library Conference,
 Author Talks 2003
[Right]『世界文学のフロンティア2 愛のかたち』岩波書店 1996
 
 
■日本語訳 Translation into Japanese

(……)
 私はイエス様の方を見ました。イエス様も私を見ていらっしゃいます。そして私の乳房をも。両の乳房をまっ正面から御覧になっています。イエス様はポーチに座って私の乳房を御覧になっているのでした。
 どうすればいいのでしょう? 失礼しました、とでも言ってキモノの中に乳房を押し戻せばいいのか? 軽い冗談でも言えばいいのか? 風がこんなものを残していきましたよ、とか何とか……。それともそっと元の場所に戻すとか? いきなり風が吹いてキモノがすっかりはだけて、両方の乳房がまるまる見えてしまった時には何て言えばいいのでしょう?
 乳房の見せ方というのにも、もちろん幾通りかあります。私だって少しは知っているんです。本だって読みますし。それからイトコのミリーにもいろいろ教わりました。(……)

   グロリア・サワイ=作 栩木玲子(とちぎ・れいこ)=訳
   「私がイエス様とポーチに座っていると
    風が吹いてキモノの胸元が開き、
    イエス様が私の乳房を御覧になった日のこと」
   今福龍太〔ほか〕=編『世界文学のフロンティア2 愛のかたち
   岩波書店 1996/11 所収
 
 
■英語原文 The original text in English

(......)
I looked at Jesus. He was looking at me. And at my breasts. Looking right at them. Jesus was sitting there on the sundeck, looking at my breasts.

What should I do? Say excuse me and push them back into the kimono? Make a little joke of it? Look what the wind blew in, or something? Or should I say nothing? Just tuck them in as inconspicuously as possible? What do you say when a wind comes up and blows your kimono open and he sees your breasts?

Now, there are ways and there are ways of exposing your breasts. I know a few things. I read books. And I've learned a lot from my cousin Millie. (......)

   "The Day I Sat With Jesus on the Sun Deck and a Wind Came Up
   and Blew My Kimono Open and He Saw My Breasts"
   by Gloria Sawai (1993)
   E-text at the website of the Department of English and American
   Studies, Faculty of Arts, Masaryk University, Czech Republic
 
 
↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザの画面を更新すると入れ替わります。 
↓ Renew the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■和書 Books in Japanese

■洋書 Books in non-Japanese languages

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, 11 January 2007

tomokilog 総目録 2004

 日付            タイトル             カテゴリー

2004.12.27 アートグループ道@JARFO 事後録 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき
2004.12.27 産前・産後のSEX 日記・コラム・つぶやき
2004.12.26 順不同016 ひっきたいこてきたい Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき, 順不同
2004.12.26 順不同015 みみずしみずはなみず 順不同
2004.12.15 順不同014 らいぷちひまんとひひ 順不同
2004.12.14 順不同013 りすとらえとせとら 順不同
2004.12.14 順不同012 おたくきむたく 順不同
2004.12.14 順不同011 おだぶつわいせつぶつ 順不同
2004.12.14 順不同010 あびーろーど 順不同
2004.12.14 順不同009 のむこのむげのむ 順不同
2004.12.14 順不同008 むせんおんせん 順不同
2004.12.14 順不同007 あいもーどきーぼーど 順不同
2004.12.14 順不同006 だいしぜんしんふぜん 順不同
2004.12.6 順不同005 ひがんせんがん 順不同
2004.12.6 順不同004 べびーかーすとーかー 順不同
2004.10.25 順不同003 こだくさんおいせさん 順不同
2004.10.20 順不同002 あるかいだないかいだ 順不同
2004.10.15 順不同001 ぱそこんかいこんごうこん 順不同
2004.10.14 アートグループ道@JARFO 文化・芸術
2004.10.14 blogを始めました。 日記・コラム・つぶやき
 
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

tomokilog 総目録 2005

 日付            タイトル             カテゴリー

2005.12.23 Memoirs of a Geisha / さゆり Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき
2005.12.19 Sherlock Holmes - The Speckled Band by Arthur Conan Doyle Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき
2005.12.18 村上春樹《神的孩子全跳舞》 Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき
2005.12.18 Akutagawa "In a Grove" Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき
2005.12.18 Haruki Murakami "After the Quake" Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき
2005.12.18 The Bottle Imp by Robert Louis Stevenson Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき
2005.12.15 道12月例会+アートなお茶会(仮称)+忘年会 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき
2005.12.13 The Suicide Club by Robert Louis Stevenson 文化・芸術
2005.12.9 The Black Cat by Edgar Allan Poe 文化・芸術
2005.12.7 A Christmas Carol by Charles Dickens Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき
2005.12.7 Helen Keller "The Story of My Life" Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき
2005.12.6 Einstein's Dreams Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき
2005.12.6 Paddington Bear Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき
2005.12.5 The Little Match Girl by Hans Christian Andersen 文化・芸術
2005.12.5 Quote 008 A bad move Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき
2005.12.5 Le Tour du monde en 80 jours par Jules Verne Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき
2005.12.4 The Murders in the Rue Morgue by Edgar Allan Poe Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき
2005.12.4 William Wilson by Edgar Allan Poe (1) Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき
2005.12.3 Long John Silver - Treasure Island by Robert Louis Stevenson 文化・芸術
2005.12.3 Wherefore art thou Romeo? Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき
2005.12.2 Beauty - The Devil's Dictionary Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき
2005.12.1 Begin at the beginning... - Alice's Adventures in Wonderland by Lewis Carroll 文化・芸術
2005.11.23 Patagonia by Bruce Chatwin  
2005.11.19 順不同074 東京都と京都 Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき, 順不同
2005.11.15 道11月例会+アートなお茶会(仮称) 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき
2005.11.4 秋天 Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき, 順不同
2005.10.31 萬聖節快樂! 生日快樂! 日記・コラム・つぶやき
2005.10.31 Charlie and the Chocolate Factory Quotes, 文化・芸術
2005.10.31 辞書とバカ(プロの極意) Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき
2005.10.30 Outside of a dog, a book is ... Quotes, 文化・芸術
2005.10.30 H2G2 Marvin the Paranoid Android Quotes, 文化・芸術
2005.10.29 魯迅 Lu Xun『阿Q正伝 The True Story of Ah Q』 Quotes, 文化・芸術
2005.10.29 Dr Jekyll and Mr Hyde by Robert Louis Stevenson 文化・芸術
2005.10.29 The Adventures of Tom Sawyer by Mark Twain 文化・芸術
2005.10.29 細雪 The Makioka Sisters Quotes, 文化・芸術
2005.10.29 Joyce - The Dead (Dubliners) Quotes, 文化・芸術
2005.10.29 The Poop Thesaurus うんち辞典 Quotes, 文化・芸術
2005.10.28 Analects of Confucius 論語 Quotes, 文化・芸術
2005.10.28 Curiouser and curiouser! - Alice's Adventures in Wonderland by Lewis Carroll 文化・芸術
2005.10.28 Alas, poor Yorick! - Hamlet by William Shakespeare 文化・芸術
2005.10.28 Goodbye Tsugumi Quotes, 文化・芸術
2005.10.28 TUGUMI(つぐみ) Quotes, 文化・芸術
2005.10.28 I Am a Cat by Soseki Natsume Quotes, 文化・芸術
2005.10.28 吾輩は猫である Quotes, 文化・芸術
2005.10.27 Lizard Quotes, 文化・芸術
2005.10.27 とかげ Quotes, 文化・芸術
2005.10.27 はらぺこあおむし Quotes, 文化・芸術
2005.10.27 The Very Hungry Caterpillar Quotes, 文化・芸術
2005.10.27 ちびくろ・さんぼ Quotes, 文化・芸術
2005.10.27 Little Black Sambo Quotes, 文化・芸術
2005.10.27 ちいさなうさこちゃん Quotes, 文化・芸術
2005.10.27 Miffy Quotes, 文化・芸術
2005.10.27 悲しい本 Quotes, 文化・芸術
2005.10.27 Michael Rosen's Sad Book Quotes, 文化・芸術
2005.10.27 たいせつなこと Quotes, 文化・芸術
2005.10.27 The Important Book Quotes, 文化・芸術
2005.10.27 いたずらきかんしゃちゅうちゅう Quotes, 文化・芸術
2005.10.27 Choo Choo Quotes, 文化・芸術
2005.10.27 どろんこハリー Quotes, 文化・芸術
2005.10.27 Harry the Dirty Dog Quotes, 文化・芸術
2005.10.18 かいじゅうおどり Quotes, 文化・芸術
2005.10.18 The wild rumpus Quotes, 文化・芸術
2005.10.6 人生というのは、大写しにして見ると…… Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき
2005.10.6 Life is a tragedy when seen ... Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき
2005.10.6 秋の音、秋の香り Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき, 順不同
2005.10.3 日記を書く人、書かない人 Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき
2005.9.28 かんじんなことは、目に見えない - Le Petit Prince Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき
2005.9.18 Eyeglasses メガネ Quotes, 日記・コラム・つぶやき, 順不同
2005.9.17 なぜトモキは "tomoki y." なのか? Quotes, 日記・コラム・つぶやき
2005.9.11 Election, Crown Prince and Prime Minister Koizumi 日記・コラム・つぶやき
2005.9.8 雲は天才である Quotes, 文化・芸術
2005.8.31 順不同073 おばきゅーきほんきゅう 順不同
2005.8.31 かくていしんこくなひがいもうそう Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき, 順不同
2005.8.28 Quote 007 If I Can Stop One Heart From Breaking 順不同
2005.7.14 アテチヨコ Quotes, 文化・芸術
2005.7.9 Untitled 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき
2005.6.29 Quote 006 Life is a sexually transmitted disease . . . Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき
2005.6.24 Quote 005 Gravitation cannot be held responsible . . . Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき
2005.6.24 Quote 004 It's just a job. Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき
2005.6.19 Quote 003 A black cat crossing your path . . . Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき
2005.6.19 Shut Up Your Mouth and Just Stick by Me Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき, 順不同
2005.6.19 Robert Louis Stevensonを日本語読みにすると… Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき
2005.6.19 There Is No Cure for a Fool Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき, 順不同
2005.6.10 タビビトですか? 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき
2005.6.8 活字中毒048 Sushi/寿司/鮨/スシ/すし Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき, 順不同
2005.6.6 活字中毒047 リンゴミックス Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき, 順不同
2005.6.6 活字中毒046 産経新聞テレビ欄 Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき, 順不同
2005.6.4 活字中毒045 さあアラビア語を学びましょう Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき, 順不同
2005.6.2 活字中毒044 大吉 Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき
2005.5.31 杜甫/Du Fu/Tu Fu/とほ 「江亭」 文化・芸術, 順不同
2005.5.28 活字中毒043 京都市域バス共通回数券 Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき, 順不同
2005.5.28 活字中毒042 Belga Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき, 順不同
2005.5.28 活字中毒041 ごろ寝マット Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき, 順不同
2005.5.27 Quote 002 A Cat, Radio and Einstein Quotes, 文化・芸術
2005.5.24 Quote 001 Schweitzer on Success vs Happiness Quotes, 文化・芸術
2005.5.22 bk1「今週のオススメ書評」に選ばれました Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき
2005.5.17 活字中毒040 J.S. Bach Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき, 順不同
2005.5.15 活字中毒039 出町ふたばの豆餅 Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき, 順不同
2005.5.14 活字中毒038 Pipe Tobacco  
2005.5.11 道展が京都新聞に紹介されました 文化・芸術
2005.5.10 グループ道展「二度視る」 文化・芸術
2005.5.9 活字中毒037 ハツタ消火器 Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき, 順不同
2005.5.8 活字中毒036 CD-ROM 噺家紳士録 Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき, 順不同
2005.5.7 活字中毒035 日本聖書協会 Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき, 順不同
2005.5.7 活字中毒034 Papa Jon's Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき, 順不同
2005.5.6 活字中毒033 文藝春秋 Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき, 順不同
2005.5.5 活字中毒032 雪印牛乳 Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき, 順不同
2005.5.4 活字中毒031 Whittard of Chelsea Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき, 順不同
2005.5.3 活字中毒030 炭酸リチウム Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき, 順不同
2005.5.2 活字中毒029 BY AIR Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき, 順不同
2005.5.1 活字中毒028 ご利用は計画的に。 Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき, 順不同
2005.4.30 活字中毒027 15足入 Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき, 順不同
2005.4.30 活字中毒026 Mozart K.239, K.251 & K.270 Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき, 順不同
2005.4.28 活字中毒025 1月例会は「プロレス」 Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき, 順不同
2005.4.27 活字中毒024 ドンブリ ドン Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき, 順不同
2005.4.26 活字中毒023 桂三枝の創作落語 Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき, 順不同
2005.4.25 活字中毒022 聖書と人生! Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき, 順不同
2005.4.25 活字中毒021 Natural American Spirit Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき, 順不同
2005.4.24 活字中毒020 Mister Donut Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき, 順不同
2005.4.19 活字中毒019 ユニクロ八勝通店 Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき, 順不同
2005.4.16 活字中毒018 出雲路橋 Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき, 順不同
2005.4.13 活字中毒017 よりまろやか! Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき, 順不同
2005.4.12 活字中毒016 銘菓あやごろも Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき, 順不同
2005.4.11 活字中毒015 いつものミルクココア Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき, 順不同
2005.4.10 活字中毒014 山銘水 Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき, 順不同
2005.4.9 活字中毒013 烏龍茶 Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき, 順不同
2005.4.9 活字中毒012 ELENCO Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき, 順不同
2005.4.8 活字中毒011 入浴剤 Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき, 順不同
2005.4.7 活字中毒010 ご利用明細書 Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき, 順不同
2005.4.7 活字中毒009 抽選補助券 Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき, 順不同
2005.4.6 活字中毒008 のみぐすり Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき, 順不同
2005.4.5 活字中毒007 悲情城市/M Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき, 順不同
2005.4.4 活字中毒006 ビデオ1下鴨店 Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき, 順不同
2005.4.4 活字中毒005 Royal Host Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき, 順不同
2005.4.3 活字中毒004 ホップス北山店 Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき, 順不同
2005.4.2 活字中毒003 ふじや Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき, 順不同
2005.4.2 活字中毒002 セブン−イレブン Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき, 順不同
2005.4.1 活字中毒001 えびす屋 Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき, 順不同
2005.3.31 A Cat Named Lunch: A Novella 4 of 4 文化・芸術
2005.3.30 A Cat Named Lunch: A Novella 3 of 4 文化・芸術
2005.3.29 二等兵と青年とことばとせんべい 順不同
2005.3.29 A Cat Named Lunch: A Novella 2 of 4 文化・芸術
2005.3.29 Kanjoosen: A Poem 順不同
2005.3.28 A Cat Named Lunch: A Novella 1 of 4 文化・芸術
2005.3.26 Hey, what's your name?: A Poem 文化・芸術, 順不同
2005.3.23 順不同072 すいすすいすいこうすい 順不同
2005.3.19 順不同071 らっぷじんでゔぃふじん 順不同
2005.3.17 順不同070 おっかさんかっかざん 順不同
2005.3.16 順不同069 まちこがくる 順不同
2005.3.15 順不同068 はらぐあいぱらぐあい  
2005.3.15 Manzai "Hamlet" Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき, 順不同
2005.3.15 tomokilog と『順不同』シリーズについて Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき, 順不同
2005.3.14 順不同067 そんなはなしききたく Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき, 順不同
2005.3.14 順不同066 かんたーたがんだーら Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき, 順不同
2005.3.13 順不同065 あすこねすこゆねすこ Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき, 順不同
2005.3.12 餅屋は餅 Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき, 順不同
2005.3.11 順不同064 もりおうがいめしつかい Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき, 順不同
2005.3.11 順不同063 ふるくさいおとこくさい Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき, 順不同
2005.3.10 English Tea and Japanese Sweets Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき, 順不同
2005.3.8 順不同062 きくちかんくちきかん Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき, 順不同
2005.3.7 順不同061 めんたいこげんだいご Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき, 順不同
2005.3.7 A Puss in Boots: A Very Short Story Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき, 順不同
2005.3.6 順不同060 あせみどろあおみどろ Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき, 順不同
2005.3.5 順不同059 はわいあんだるめしあん Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき, 順不同
2005.3.4 tomokilogが「粋人観察+α」で紹介されました  
2005.3.4 超短篇:長靴をはいた山猫 Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき, 順不同
2005.3.3 順不同058 てんはにぶつをあたえず Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき, 順不同
2005.3.2 順不同057 こうぼうふでをえらばず Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき, 順不同
2005.3.1 順不同056 にっちもさっちもいかぬ Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき, 順不同
2005.3.1 順不同055 すりらんかかさぶらんか Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき, 順不同
2005.3.1 順不同054 ごだーるしゃがーる Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき, 順不同
2005.2.28 順不同053 きそいがくすいそうがく Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき, 順不同
2005.2.28 順不同052 のーさいどじぇのさいど Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき, 順不同
2005.2.28 順不同051 えべれすとほろこーすと Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき, 順不同
2005.2.28 順不同050 でぶしょうたんにしょう Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき, 順不同
2005.2.27 順不同049 おさまびんらでぃんし Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき, 順不同
2005.2.27 順不同048 なつかしいどびゅっしー Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき, 順不同
2005.2.26 順不同047 にほんとうじもんじとう Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき, 順不同
2005.2.25 順不同046 みずのぜいりしじむしょ Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき, 順不同
2005.2.24 順不同045 とちぎけんげんたいけん Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき, 順不同
2005.2.24 順不同044 あすあーすしりあす Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき, 順不同
2005.2.23 順不同043 ふくらますからふとます Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき, 順不同
2005.2.22 順不同042 ちょうこうそうけんちく Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき, 順不同
2005.2.21 順不同041 かばみせばさつたば Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき, 順不同
2005.2.20 tomokilogは、癒し系BLOG? 日記・コラム・つぶやき
2005.2.20 順不同040 かくさんださんごさん Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき, 順不同
2005.2.19 順不同039 きむちなべちからくらべ Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき, 順不同
2005.2.18 順不同038 きぬごしほどこしすこし Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき, 順不同
2005.2.16 順不同037 すかしぼりちちしぼり Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき, 順不同
2005.2.16 順不同036 さくらもちしょたいもち Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき, 順不同
2005.2.15 順不同035 べんつのぼんねっと Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき, 順不同
2005.2.12 順不同034 ところてんつんつるてん Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき, 順不同
2005.2.10 順不同033 さいくさいはくさい Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき, 順不同
2005.2.8 順不同032 あじいじうじおじかじ Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき, 順不同
2005.2.7 順不同031 つがるじょんからぶし Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき, 順不同
2005.2.7 順不同030 うばいとるぺっとぼとる Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき, 順不同
2005.2.7 順不同029 にしわきじゅんざぶろう Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき, 順不同
2005.2.6 順不同028 しぜんしつぎょうりつ Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき, 順不同
2005.2.6 順不同027 らふまにのふたえしのぶ Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき, 順不同
2005.2.6 順不同026 かしきんこのどちんこ Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき, 順不同
2005.2.6 順不同025 みやぎけんむじょうけん(うそ。あいうえお順) Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき, 順不同
2005.2.1 順不同024 しんきろうとりつくろう Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき, 順不同
2005.2.1 順不同023 ぱるてのんじょんれのん Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき, 順不同
2005.1.29 順不同022 きょうとしんきょうごく Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき, 順不同
2005.1.25 順不同021 いのちがけあいろんがけ Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき, 順不同
2005.1.25 順不同020 ぐろてすくはばろふすく Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき, 順不同
2005.1.25 順不同019 るいゔぃとんしきぶとん Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき, 順不同
2005.1.25 順不同018 たんぽんすっぽんぽん Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき, 順不同
2005.1.25 順不同017 おおざっぱへのかっぱ Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき, 順不同
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

tomokilog 総目録 2006

 日付            タイトル             カテゴリー
 
2006.12.31 莫言 Mo Yan「愛情」(原題「愛情故事」) 文化・芸術
2006.12.30 Yesterday by John Lennon & Paul McCartney レノン&マッカートニー「イエスタデイ」 文化・芸術
2006.12.30 鴨長明『方丈記』Hojoki by Kamo no Chomei 文化・芸術
2006.12.29 Mr. Big by Woody Allen ウディ・アレン「ミスター・ビッグ」 文化・芸術
2006.12.27 The Buddha of Suburbia by Hanif Kureishi ハニフ・クレイシ『郊外のブッダ』 文化・芸術
2006.12.25 Half a Life by V. S. Naipaul V・S・ナイポール『ある放浪者の半生』 文化・芸術
2006.12.25 The Secret Life of Walter Mitty by James Thurber ジェームズ・サーバー「ウォルター・ミティの秘められた生活」 文化・芸術
2006.12.24 Mr Kofi Annan's final speech as UN Secretary General アナン国連事務総長の最後の演説 政治・経済
2006.12.24 Thrawn Janet by Robert Louis Stevenson スティーヴンソン「ねじけジャネット」 文化・芸術
2006.12.23 The Great Quillow by James Thurber ジェームズ・サーバー『おもちゃ屋のクィロー』 文化・芸術
2006.12.23 Lempriere's Dictionary by Lawrence Norfolk ローレンス・ノーフォーク『ジョン・ランプリエールの辞書』 文化・芸術
2006.12.23 How Proust Can Change Your Life by Alain de Botton (2) 文化・芸術
2006.12.21 莫言 / モオ・イエン / Mo Yan『豐乳肥臀』Big Breasts & Wide Hips 文化・芸術
2006.12.17 Ijime いじめ in Kyoto, circa 11th century 文化・芸術
2006.12.15 The Happy Man by W. Somerset Maugham 文化・芸術
2006.12.13 Captain Corelli's Mandolin by Louis De Bernieres ルイ・ド・ベルニエール『コレリ大尉のマンドリン』 文化・芸術
2006.12.13 The Enormous Radio by John Cheever ジョン・チーヴァー「巨大なラジオ」「非常識なラジオ」「とんでもないラジオ」 文化・芸術
2006.12.11 Franz Kafka - Kleine Fabel / A Little Fable カフカ「小さな寓話」 文化・芸術
2006.12.10 Reunion by John Cheever ジョン・チーヴァー「再会」 文化・芸術
2006.12.10 The North London Book of the Dead by Will Self ウィル・セルフ「北ロンドン死者の書」 文化・芸術
2006.12.8 Churchill on Gandhi 文化・芸術
2006.12.8 Evelyn Waugh "Decline and Fall" 017 Evelyn Waugh
2006.12.3 易子而食 - 春秋左氏伝 宣公十五年 Zuo Zhuan 504 B.C. 文化・芸術
2006.12.2 酒見賢一『語り手の事情』The circumstance of a reciter by Kenichi Sakemi 文化・芸術
2006.11.30 Faust, Part 1, by Johann Wolfgang von Goethe ゲーテ『ファウスト 第1部』 文化・芸術
2006.11.29 The Rich Boy by F. Scott Fitzgerald 文化・芸術
2006.11.28 Churchill at War 1940-45 by Lord Moran 文化・芸術
2006.11.28 Cannibalism in the Cars 人喰い列車 by Mark Twain 文化・芸術
2006.11.26 魯迅『狂人日記』Lu Xun "A Madman's Diary" 文化・芸術
2006.11.26 肉饅頭の肉 - 水滸伝 Water Margin 文化・芸術
2006.11.25 首の飛ぶ女 - 干宝『捜神記』 文化・芸術
2006.11.22 Unbeaten Tracks in Japan 日本奥地紀行 by Isabella L. Bird 文化・芸術
2006.11.20 A Modest Proposal by Jonathan Swift 文化・芸術
2006.11.20 Today is a very good day to die 今日は死ぬのにもってこいの日 by Nancy Wood 文化・芸術
2006.11.15 人肉を食う - 陶宗儀《輟耕録》 文化・芸術
2006.11.11 The Great Gatsby グレート・ギャツビー by F. Scott Fitzgerald 文化・芸術
2006.11.7 リンダ リンダ リンダ Linda Linda Linda 文化・芸術
2006.11.5 宮里藍と早見優の会話。I am You and You are I. 文化・芸術
2006.11.5 強姦未遂 - 織田作之助「六白金星」 文化・芸術
2006.10.29 Histoire d'O / Story of O / O嬢の物語 by Pauline Reage 文化・芸術
2006.10.28 Fanny Hill ファニー・ヒル by John Cleland 文化・芸術
2006.10.27 宮藤官九郎『ドラッグストア・ガール』 文化・芸術
2006.10.23 Roman Holiday ローマの休日, Original story by Dalton Trumbo 文化・芸術
2006.10.21 The Lake Isle of Innisfree by W. B. Yeats 文化・芸術
2006.10.20 The Meaning of Everything: The Story of the Oxford English Dictionary by Simon Winchester 文化・芸術
2006.10.10 国連憲章第7章 Chapter 7 of the UN Charter 文化・芸術
2006.10.7 Chasing the Sun: Dictionary Makers and the Dictionaries They Made by Jonathon Green 文化・芸術
2006.10.6 The Professor and the Madman by Simon Winchester 文化・芸術
2006.10.5 Caught in the Web of Words by K.M. Elisabeth Murray 文化・芸術
2006.10.3 The Tyger by William Blake 文化・芸術
2006.10.2 Who Killed Cock Robin? - Mother Goose 文化・芸術
2006.10.2 衛慧『上海寶貝』『上海ベイビー』Zhou Weihui "Shanghai Baby" 文化・芸術
2006.9.30 村上春樹『風の歌を聴け』Haruki Murakami "Hear the Wind Sing" 文化・芸術
2006.9.25 The Happy Prince by Oscar Wilde 文化・芸術
2006.9.25 I felt a Funeral, in my Brain by Emily Dickinson 文化・芸術
2006.9.24 I heard a Fly buzz -- when I died by Emily Dickinson 文化・芸術
2006.9.18 The Love Song of J. Alfred Prufrock by T.S. Eliot 文化・芸術
2006.9.17 Annie Hall written by Woody Allen and Marshall Brickman 文化・芸術
2006.9.15 Sonnet 18 by William Shakespeare 文化・芸術
2006.9.13 Evelyn Waugh "Decline and Fall" 016 Evelyn Waugh
2006.9.6 「おっぱい」は好きなだけ吸うがいい Tao Te Ching 20 文化・芸術
2006.9.3 How Proust Can Change Your Life by Alain de Botton (1) 文化・芸術
2006.9.1 The World According to Garp by John Irving 文化・芸術
2006.8.29 Il pleure dans mon coeur par Paul Verlaine 文化・芸術
2006.8.28 Chanson d'automne de Paul Verlaine 文化・芸術
2006.8.28 Le Grand Cahier de Agota Kristof 文化・芸術
2006.8.27 The Talented Mr Ripley by Patricia Highsmith 文化・芸術
2006.8.26 Autobiography of Heinrich Schliemann シュリーマン『古代への情熱』 文化・芸術
2006.8.25 村上春樹『海辺のカフカ』Kafka on the Shore by Haruki Murakami 文化・芸術
2006.8.24 The Catcher in the Rye by J. D. Salinger 文化・芸術
2006.8.23 Annabel Lee by Edgar Allan Poe 文化・芸術
2006.8.21 The Hollow Men by T. S. Eliot 文化・芸術
2006.8.21 A Year in Provence by Peter Mayle 文化・芸術
2006.8.20 The Raven by Edgar Allan Poe 文化・芸術
2006.8.20 The Waste Land by T.S. Eliot 文化・芸術
2006.8.19 Les Fleurs du Mal / The Flowers of Evil / 悪の華 by Charles Baudelaire ボードレール 文化・芸術
2006.8.18 『ハチミツとクローバー』と「クローバーと蜜蜂」 文化・芸術
2006.8.17 オナニーとセックスと中絶 文化・芸術
2006.8.15 Picture Book Without Pictures by Hans Christian Andersen 文化・芸術
2006.8.10 Evelyn Waugh "Decline and Fall" 015 Evelyn Waugh
2006.8.1 Tu Tze-chun / Toshishun / 杜子春 文化・芸術
2006.7.26 The Girls in Their Summer Dresses by Irwin Shaw 文化・芸術
2006.7.25 A Streetcar Named Desire by Tennessee Williams 文化・芸術
2006.7.23 Crime and Punishment by Fyodor Dostoevsky 文化・芸術
2006.7.23 The Maltese Falcon by Dashiell Hammett 文化・芸術
2006.7.22 Speak, Memory by Vladimir Nabokov 文化・芸術
2006.7.22 L'Ecume des jours by Boris Vian 文化・芸術
2006.7.21 Back in the U.S.S.R. by The Beatles 文化・芸術
2006.7.19 First Love by Ivan Sergeevich Turgenev 文化・芸術
2006.7.18 The Seagull by Anton Pavlovich Chekhov 文化・芸術
2006.7.16 Deux ans de vacances par Jules Verne 文化・芸術
2006.7.9 Flowers for Algernon by Daniel Keyes 文化・芸術
2006.7.6 A Study in Scarlet by Arthur Conan Doyle 文化・芸術
2006.7.4 A Look at Organized Crime by Woody Allen 文化・芸術
2006.7.2 The Remains of the Day by Kazuo Ishiguro 文化・芸術
2006.6.30 Evelyn Waugh "Decline and Fall" 014 Evelyn Waugh
2006.6.25 i like my body when it is with your by E. E. Cummings 文化・芸術
2006.6.25 The Diary of a Young Girl by Anne Frank 文化・芸術
2006.6.23 Gift from the Sea by Anne Morrow Lindbergh 文化・芸術
2006.6.20 Evelyn Waugh "Decline and Fall" 013 Evelyn Waugh
2006.6.19 れんあい (0)【恋愛】 文化・芸術
2006.6.11 Evelyn Waugh "Decline and Fall" 012 Evelyn Waugh
2006.6.8 Murder on the Orient Express by Agatha Christie 文化・芸術
2006.6.6 Bridget Jones's Diary by Helen Fielding 文化・芸術
2006.6.3 A Short Guide to a Happy Life by Anna Quindlen 文化・芸術
2006.6.1 The Murder of Roger Ackroyd by Agatha Christie 文化・芸術
2006.5.31 Evelyn Waugh "Decline and Fall" 011 Evelyn Waugh
2006.5.30 The Purloined Letter by Edgar Allan Poe 文化・芸術
2006.5.29 Evelyn Waugh "Decline and Fall" 010 Evelyn Waugh
2006.5.25 My Autobiography by Charles Chaplin 文化・芸術
2006.5.19 黒髪に白髪交じり - 万葉集 文化・芸術
2006.5.19 In Patagonia by Bruce Chatwin 文化・芸術
2006.5.10 La planete des singes / Planet of the Apes / 猿の惑星 文化・芸術
2006.5.9 道展@京都市美術館 5/9〜14 文化・芸術
2006.5.9 Evelyn Waugh "Decline and Fall" 009 Evelyn Waugh
2006.5.8 The Scarlet Letter 緋文字 by Nathaniel Hawthorne 文化・芸術
2006.5.8 The Travels of Marco Polo 東方見聞録 文化・芸術
2006.5.6 Jumping Frog by Mark Twain 文化・芸術
2006.5.5 Sea and Sunset by Yukio Mishima 文化・芸術
2006.5.4 Michael Palin "Around the World in 80 Days" 文化・芸術
2006.5.3 Evelyn Waugh "Decline and Fall" 008 Evelyn Waugh
2006.5.2 Evelyn Waugh "Decline and Fall" 007 Evelyn Waugh
2006.5.1 A lost generation - Gertrude Stein 文化・芸術
2006.5.1 樋口一葉『たけくらべ』 文化・芸術
2006.4.30 The Mysterious Affair at Styles by Agatha Christie 文化・芸術
2006.4.29 Evelyn Waugh "Decline and Fall" 006 Evelyn Waugh
2006.4.28 Who Moved My Cheese? by Spencer Johnson 文化・芸術
2006.4.27 Evelyn Waugh "Decline and Fall" 005 Evelyn Waugh
2006.4.27 Robinson Crusoe by Daniel Defoe 文化・芸術
2006.4.24 A Farewell to Arms by Ernest Hemingway 文化・芸術
2006.4.22 Norwegian Wood by Haruki Murakami 文化・芸術
2006.4.12 Lady Chatterley's Lover by D. H. Lawrence 文化・芸術
2006.4.10 100年前、漱石は千駄木で 文化・芸術
2006.4.10 沖縄のぜんざい - 吉永小百合 文化・芸術
2006.4.7 ぜんざいは京都で、京都はぜんざいである 文化・芸術
2006.4.7 His Bright Light by Danielle Steel 文化・芸術
2006.4.6 99年前、漱石は京都で 文化・芸術
2006.4.5 The Body スタンド・バイ・ミー by Stephen King 文化・芸術
2006.4.5 Anna Karenina by Leo Tolstoy 文化・芸術
2006.4.4 Michael Palin's Hemingway Adventure 文化・芸術
2006.4.4 A Lamp in a Window by Truman Capote 文化・芸術
2006.4.3 The Cask of Amontillado by Edgar Allan Poe 文化・芸術
2006.4.3 The Masque of the Red Death by Edgar Allan Poe 文化・芸術
2006.4.2 Le Papa de Simon by Guy de Maupassant 文化・芸術
2006.4.1 Evelyn Waugh "Decline and Fall" 004 Evelyn Waugh
2006.3.31 Evelyn Waugh "Decline and Fall" 003 Evelyn Waugh
2006.3.31 Evelyn Waugh "Decline and Fall" 002 Evelyn Waugh
2006.3.30 Evelyn Waugh "Decline and Fall" 001 Evelyn Waugh
2006.3.29 Boule de Suif by Guy de Maupassant 文化・芸術
2006.3.29 The Moon and Sixpence by W. Somerset Maugham 文化・芸術
2006.3.29 Die Verwandlung / Metamorphosis / 変身 by Franz Kafka カフカ 文化・芸術
2006.3.28 Anne of Green Gables 赤毛のアン 文化・芸術
2006.3.24 The Ants and the Grasshopper / 蝉と蟻 / アリとキリギリス 文化・芸術
2006.3.23 翻訳家に向かない辞書マニア - 金原瑞人 文化・芸術
2006.3.20 翻訳は「間に合わせ」- 金原瑞人 文化・芸術
2006.3.15 Salome by Oscar Wilde 文化・芸術
2006.2.25 The Killers by Ernest Hemingway 文化・芸術
2006.2.25 The Last Leaf by O. Henry 文化・芸術
2006.2.24 The Third Man 第三の男 - Orson Welles 文化・芸術
2006.2.24 Graham Greene "The End of the Affair" 文化・芸術
2006.2.24 Harry Potter ハリー・ポッター 文化・芸術
2006.2.22 The Heart Sutra 般若心経 文化・芸術
2006.2.20 Macbeth by William Shakespeare 文化・芸術
2006.2.19 William Wilson by Edgar Allan Poe (2) 文化・芸術
2006.2.19 The Fall of the House of Usher by Edgar Allan Poe 文化・芸術
2006.2.19 A Descent into the Maelstrom by Edgar Allan Poe 文化・芸術
2006.2.19 Dead and stark! - Wuthering Heights by Emily Bronte 文化・芸術
2006.2.14 Bushido by Inazo Nitobe 文化・芸術
2006.2.14 Pride and Prejudice / 高慢と偏見 / 自負と偏見 by Jane Austen 文化・芸術
2006.2.12 Quote 012 反省しないことだ Quotes
2006.2.12 益者三友、損者三友(論語) Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき
2006.2.7 Quote 011 俺は努力ということをしない Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき
2006.2.7 道2月例会 Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき
2006.2.3 Quote 010 インテリの落とし穴 Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき
2006.2.1 Quote 009 やる気のある者は去れ Quotes, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき
2006.2.1 道1月例会+アートなお茶会(仮称) 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき
2006.1.22 凸と凹:古事記 / The Kojiki 文化・芸術
 
 

| | Comments (1) | TrackBack (0)

tomokilog 総目録 2007

 日付            タイトル             カテゴリー

2007.1.7 Mark Twain on Insanity マーク・トウェイン:狂気について Quotes
2007.1.6 The Riddle by Walter de la Mare ウォルター・デ・ラ・メア「謎/なぞ/なぞなぞ」 文化・芸術
2007.1.1 莫言 Mo Yan「奇人と女郎」「女郎遊び」(原題「神嫖」) 文化・芸術
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

tomokilog 総目録 Introduction

このブログは、無秩序・未整理状態で、作成者の私にさえ記事の検索がしにくいという有様です。これではいけないと、前々から思っていました。とりあえずきょう、

 (1) 日付、
 (2) タイトル、
 (3)(まったく未整理ながら)カテゴリー、

の3項目を表示した目録だけでも、掲載しておくことにします。

記事の総数は、2004年10月14日のブログ開設以来、きょう2007年1月11日までで、全409件。各記事のタイトルからもお察しいただけるとおり、tomokilog が関心をよせている内容は、そのときどきに推移してきています。これらは、大きく分けて次のような複数のシリーズごとにとらえることができます。

(a)「順不同」001-074
ことば遊びのシリーズ。「作品」と呼んでいいか分かりませんが、全篇とも私のオリジナルです。韻を踏んだ単語・フレーズなどを並べて、文字の配列の面でも視覚的に遊んでいます。2004年10月15日の第1作に始まって、2005年11月19日の第74作で中断しています。シリーズとしては、いちばん古いもの。当初から tomokilog を愛読してくださっている方にとっては、これが最も tomokilog らしいシリーズかもしれません。

(b)「活字中毒」001-048
なんと形容したらいいのか、自分でも分かりません。ちょっとシュールな文字アートのシリーズです。2005年4月1日の第1作に始まって、2005年6月8日の第48作で中断しています。

(c)「Quote」001-012
短い引用句を集めたシリーズ。2005年5月24日の第1篇に始まって、2006年2月12日の第12篇で中断しています。

(d) Evelyn Waugh "Decline and Fall" 001-017
私の好きな英国の作家イーヴリン・ウォーの小説『大転落』の2つの邦訳と原文とを、すこしずつ紹介するシリーズ。2006年3月30日の第1回に始まって、2006年12月8日の第17回まで掲載。今後も継続する予定です。

(e) 対訳のシリーズ(シリーズ名は、とくに付けていません)
ちかごろ載せているのは、もっぱらこのシリーズ。「文化・芸術」のカテゴリーで、いっしょくたになっています。上の (c)「Quote」シリーズを拡大・発展させたものともいえます。多くの場合、複数の邦訳が出版されている外国の文芸作品(英語圏や中国のものなど)について、その抜粋を刊行年順に列挙しています。ときには、日本の作品の外国語訳を並べたりもしています。作品の選択の基準・理由などは、雑多です。翻訳業を営む私自身の目から見て、個々の訳文がおもしろい、訳文どうしの比較がおもしろい、時代による訳文の推移がおもしろい、などなど。これまでに、どんな作家のどんな作品がとりあげられているかは、以下の各目録記事をご覧ください。

* tomokilog 総目録 2007
* tomokilog 総目録 2006
* tomokilog 総目録 2005
* tomokilog 総目録 2004
 
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sunday, 07 January 2007

Mark Twain on Insanity マーク・トウェイン:狂気について

 Video 
マーク・トウェインの無声動画(1909年) 撮影者はエジソン
Mark Twain at Stormfield, 1909 (Edison film)

トーマス・エジソンがマーク・トウェインを撮影した無声フィルム。1909年、コネティカット州レディングのマーク・トウェイン邸「ストームフィールド」にて。 Silent film footage taken in 1909 by Thomas Edison at Stormfield, Mark Twain's estate in Redding, Connecticut. Twain is shown walking around his home and playing cards with his daughters Clara and Jean. This is the only known footage of the great author.


■日本語訳 Translations into Japanese

(J1) ディスカヴァー21編集部 1999
人類は危険なまでに異常な人々と、
それほどではないが異常な人々とから
構成されている。

   ジョン・P・ホームズ+カリン・バジ=編
   ディスカヴァー21編集部=訳
   『世界一の毒舌家 マーク・トゥエイン150の言葉
   ディスカヴァー21 1999/11


(J2) 大久保博 1988
人類を構成しているもの
それは
危険なほどに狂った
人間と
それほどではない
狂人だ

   マーク・トウェイン=著 大久保博=編訳
   『ちょっと面白い話』 必読名作シリーズ
   旺文社文庫 1988/03


■フランス語訳 Translation into French

L'espèce humaine se divise entre les fous dangereux et les autres

   Mark Twain
   E-text at:
   * La republique des livres, le blog de Pierre Assouline
   * Alexandrie Online


■英語原文 The original text in English

The human race consists of the dangerously insane and such as are not.

   Mark Twain's Notebook, 1902-1903
   E-text at:
   * TwainQuotes.com
   * Cheap Thoughts by Mr. Kevin A. Boudreaux, Angelo State University


■マーク・トウェインのノートブック Mark Twain's notebook
Mt20
     Click the image to enlarge

Image source: Mark Twain at Large: His Travels Here and Abroad, An Exhibition from The Mark Twain Papers of The Bancroft Library, University of California, Berkeley


■Twain の日本語表記のゆれ
 Transliteration variations of "Twain" in Japanese

"Twain" の日本語表記としては、おもに次の4種類が行なわれているようです。
トウェイン……約 542,000 件(Google 検索のヒット数。2012-09-26 現在)
トゥエイン……約 189,000 件(〃)
トウェーン ……約 37,700 件(〃)
トゥエーン………約 3,620 件(〃)


■tomokilog 関連記事
 Related articles from tomokilog:

* Cannibalism in the Cars 人喰い列車 by Mark Twain, 2006/11/28
* Jumping Frog by Mark Twain, 2006/05/06
* The Adventures of Tom Sawyer by Mark Twain, 2005/10/29


■更新履歴 Change log

2010-04-15 トーマス・エジソンがマーク・トウェインを撮影した無声
         フィルムの YouTube 動画を追加しました。


にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ翻訳ブログ人気ランキング参加中

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■DVD

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

  

| | Comments (4) | TrackBack (1)

Saturday, 06 January 2007

The Riddle by Walter de la Mare (1) ウォルター・デ・ラ・メア 「不思議な話」「謎」「なぞ」「なぞなぞ」(1)

« The Riddle 2 »
« なぞ 2 »

           目次 Table of Contents

    Image  肖像写真 Portrait
   ■日本語訳 Translations into Japanese
     (J1) 金原 2012
     (J2) 柴田 2009
     (J3) 柿崎 2008
     (J4) マクワガ 1997
     (J5) 紀田 1979, 2002, etc.
     (J6) 井村 1977
     (J7) 河野 1977
     (J8) 脇 1976
     (J9) 鈴木 1975, 1980
     (J10) 野上 1956
     (J11) 柳田 1925
   ■英語原文 The original text in English
   ■更新履歴 Change log


 Image  肖像写真 Portrait
Walter_de_la__mare
Walter de la Mare (1873-1956). Image source: Middlebrow (Scriptorium Daily)


■日本語訳 Translations into Japanese

(J1) 金原 2012
ある日の夕方、ヘンリーはこっそりと子ども部屋から抜(ぬ)けだして階段(かいだん)を上がり、オークのチェストをみにいった。表に彫(ほ)られた果物や花にさわったり、すみに彫(ほ)られている陰気(いんき)な笑顔(えがお)に話しかけたりした。そして肩(かた)ごしに後ろをみてから、チェストのふたを開けてのぞいてみた。しかし中には宝(たから)も、黄金も、おもちゃも、目を引く物は何もなかった。
[中略]
ヘンリーは不思議なことに母親のことを思い出した。まぶしい白いドレスを着て、夕明かりの中で本を読んでくれている。ヘンリーは大きなチェストの中に入った。ふたがそっと閉(し)まった。

   ウォルター・デ・ラ・メア=作 金原瑞人(かねはら・みずひと)=訳
   「不思議な話」 金原瑞人=編訳 『南から来た男 ホラー短編集 2
   岩波少年文庫 2012/07/18 所収


(J2) 柴田 2009
ある日の黄昏どき、ヘンリーは一人で子供部屋を出て、階段をのぼり、古いナラの木の収納箱を見に行った。果物や花々の彫刻にヘンリーは指を押し当て、四隅で暗い笑みを浮かべている顔たちに呼びかけた。それから、ちらっとうしろをちらっと見てから、蓋を開けて、中を見てみた。だが箱には何の宝物も隠されていなかった。黄金も、おもちゃもなければ、見た目にぞっとするようなものもない。
[中略]
そんなこんなで、なぜかヘンリーの胸に、母親の記憶がよみがえった。ほのかに光る白いドレスを着た母は、夕暮れどき、ヘンリーに本を読んでくれたものだった。そしてヘンリーは箱のなかによじのぼって入った。蓋がそっと上から閉じた。

   ウォルター・デ・ラ・メア=作 柴田元幸(しばた・もとゆき)=訳 「謎」
   『昨日のように遠い日―少女少年小説選』 文藝春秋 2009/03/25 所収


(J3) 柿崎 2008
ヘンリーが樫の長持を見ようと一人で子供部屋から二階に上っていったのは、ある日のたそがれ時のことでした。箱に彫られている果実や花の模様を指先でなぞったり、箱のかどの暗い笑い顔の飾り物に話しかけたりしていましたが、そのうち肩越しにうしろをちらっと見返してから箱の蓋を開けて、なかを覗き込みました。けれども箱のなかには宝物もなければ、黄金も安ぴかのおもちゃもないし、見て驚くようなものは何ひとつありませんでした。
[中略]
これらのことは不思議にも、かすかに光る白い服を着た母が、たそがれ時に本を読んでくれたことを思い起こさせました。ヘンリーは箱のなかへよじのぼるようにして入り、その上から蓋はやさしくとじました。

   ウォルター・デ・ラ・メア=作 柿崎亮(かきさき・りょう)=訳 「謎」
   『デ・ラ・メア幻想短篇集』 国書刊行会 2008/05 所収


(J4) マクワガ 1997
ヘンリーが、カシの木のひつを見るために、子ども部屋からひとりで上の部屋にあがっていったのは、夕暮(ゆうぐ)れ時でした。果物や花の彫刻(ちょうこく)を指でなぞりながら、ヘンリーはひつの四すみにある黒っぽい、わらいをうかべる顔にはなしかけていました。それから、肩(かた)ごしにうしろをちらっと見てから、ふたをあけ、中をのぞきこみました。でもひつの中には、なんの宝物(たからもの)も入っていませんでした。黄金があるでもなし、ニセモノの宝石(ほうせき)があるでもなく、びっくりするような物が入っているわけでもありません。
[中略]
これらすべてがまざりあって、ヘンリーがふしぎと思い出したのは、かがやくような白いドレスを着て、たそがれの光の中で本を読んでくれたお母さまの姿(すがた)でした。そしてヘンリーはひつの中に、よじのぼって入りました。するとその上に、ふたが静かにしまっていきました。

   ウォルター・デ・ラ・メア=作 マクワガ葉子 (Yoko Macuga) =訳
   津田真帆(つだ・まほ)=絵 「なぞなぞ」
   『デ・ラ・メア物語集2』 大日本図書 1997/04 所収


(J5) 紀田 1979, 2002, etc.
ある日の夕方、ヘンリイは、一人で子ども部屋から抜け出すと、二階へのぼっていき、あの樫の長持を見にまいりました。そして、長持の表面に彫ってある果物や花の飾りをなでたり、その片隅に刻んである陰気な笑いのお面にむかって話しかけたりしていましたが、やがてそっとうしろをふりかえってようすをうかがうと、やおら蓋(ふた)をあけて中をのぞきこんだのです。でも、長持のなかには宝物などかくされているわけもなく、金だとか飾りもののような目ぼしいものは、なにひとつなかったのです。
[中略]
夕暮れ、ふんわりした白いドレスを着て、いつも彼に本を読んでくれたお母さん……。
——で、彼は長持の中に入りこんでしまったのです。そのうえを、蓋がそうっと閉じていました。

   W・デ・ラ・メア=作 紀田順一郎(きだ・じゅんいちろう)=訳 「なぞ」
   4a. 宮部みゆき=編 『贈る物語 Terror みんな怖い話が大好き
      光文社文庫 2006/12 所収
   4b. 宮部みゆき=編 『贈る物語 Terror』 光文社 2002/11 所収
   4c. 紀田順一郎+荒俣宏=編 『怪奇幻想の文学4 恐怖の探究
      新人物往来社 1979/07 所収
   引用は 4b. に拠りました。


(J6) 井村 1977
ある黄昏どき、ヘンリイはたった一人で、子供部屋から樫の木の衣裳箱を見に、二階へあがっていった。箱に彫ってある果物や花々を指先で触ってから、箱の四隅に付いている奇妙な笑いを浮べた顔の彫像に話しかけ、それから肩越しにちらりとふり返ると、箱の蓋を開けて中を覗き込んだ。だが、箱には何も宝物は入っていなかった。黄金も、人の目を驚かすような、すばらしいものも何も入っていなかった。
[中略]
こうしたものが不思議に、ヘンリイに母のことを思い出させた。ちょうどこうした薄暗がりの部屋の中で、ぼんやりひかる真白なドレスを着て、母はヘンリイによく本を読んでくれたものだった。ふと、ヘンリイは箱によじ登ると、その中に入った……すると、箱の蓋は、ヘンリイの上から、しずかに閉じてしまった……

   ウォルター・デ・ラ・メア=作 井村君江(いむら・きみえ)=訳 「謎」
   『幽霊奇譚』 牧神社 1977/12 所収
   この本は、主要オンライン書店の目録や国立国会図書館 NDL-OPAC には
   掲載されていないようです。書誌情報の詳細を知るには、つぎの各サイトが
   たいへん参考になります:


(J7) 河野 1977
ある夕ぐれのことでした。ヘンリーは子ども部屋からひとりで出て、樫(かし)の大箱を見に上へあがってゆきました。箱に彫(ほ)ってあるくだものや花の模様を指先でさわったり、箱の四隅(よすみ)についている黒ずんだ笑い顔の飾(かざ)りに話しかけたりしていましたが、そのうち、ちらと肩ごしにうしろを見てから、蓋(ふた)をあけ、大箱のなかをのぞいてみました。ところが大箱のなかには、金貨もなければガラクタもなく、宝ものはおろか、見てびっくりするようなものはなにもはいっていません。
[中略]
ヘンリーはふしぎに、キラキラする白い服を着たお母さんが、夕方になると本を読んでくれたことを思いだしました。ヘンリーはよじのぼるようにして箱の中へはいりました。はいると、その上から蓋(ふた)がしずかにしまりました。

   デ・ラ・メア=作 河野一郎(こうの・いちろう)=訳 「なぞ」
   『魔法のジャケット』 旺文社ジュニア図書館 1977/07 所収


(J8) 脇 1976
あるたそがれどき、ヘンリーは子供部屋をでて、樫の木の箱をみようとひとりで二階へあがってゆきました。ヘンリーは箱に彫ってある果物や花に指を押しあて、角のところの陰気な笑いをうかべた顔に話しかけ、やがて肩ごしにちょっとふりかえってから蓋(ふた)をあけてなかをのぞきこみました。ところが箱のなかには金(きん)にせよ、子供だましの安ぴかものにせよ、宝物などなにもはいっておらず、眼をおどろかすようなものもなにひとつみあたりませんでした。
[中略]
ふしぎなことに、こうしたいろいろなことは、ヘンリーに、いつも白くかすかに光る服を着て夕闇のなかで本を読んでくれていたお母さんのことを思いださせました。ヘンリーは箱によじのぼり、そのあとから蓋(ふた)が静かに閉じました。

   ウォルター・デ・ラ・メア=著 脇明子(わき・あきこ)=訳 橋本治=絵 「謎」
   『アリスの教母さま』 ウォルター・デ・ラ・メア作品集1
   牧神社 1976/08/25 所収


(J9) 鈴木 1975, 1980
ヘンリーがひとりだけ、こども部屋をぬけだして、あの樫の櫃をのぞきに階段をのぼっていったのは、ある日の夕方のことだった。ヘンリーはしばらく櫃に彫られた果物や花々を指でなぞったり、すみのほうに刻まれた陰気に笑いかける顔に話しかけたりしていた。それから、ふっと肩ごしにうしろをふりかえり、あたりをみまわすと、櫃のふたをあけ、なかをのぞきこんだ。しかし、どうしたことか、櫃のなかには、宝ものはおろか金貨や首飾りも、人の目をおどろかすようなものはなにひとつはいっていなかった。
[中略]
ふしぎにもこうした情景は、たそがれどきあえかな白いドレスをまとってよく本を読んでくれたおかあさんの姿を思いださせたのだった。かれは櫃によじのぼると、なかにはいりこんだ。そのうえから、櫃のふたがしずかにしまっていった。

   ウォルター・デ・ラ・メア=作 鈴木説子=訳 「謎」
   8a. 中田耕治=編 『恐怖の1ダース』 講談社文庫 1980/08 所収
   8b. レイモンド・チャンドラー[ほか]=著 中田耕治=編
      『恐怖の1ダース』 発行:出帆社 発売:路書房 1975/09 所収
   引用は 8b. に拠りました。


(J10) 野上 1956
ある日の夕がた、ヘンリーは、あのかしの木づくりの箱を見に、たったひとり子ども部屋(べや)から二階(かい)へ出かけて行った。箱に彫刻(ちょうこく)されたくだものと花を指(ゆび)でさわってみた。すみのほうに彫(ほ)ってある不気味(ぶきみ)な笑(わら)いをたたえた顔に話しかけた。それから、頭(あたま)をねじって、ちらっとうしろをふり向いて、箱のふたをあけ、中をのぞきこんだ。だが、宝(たから)ものなんかなんにもはいっていなかった。黄金(おうごん)があるわけでもないし、そうかといって子どもだましのぴかぴか光るものもはいっていなかった。人目をひくようなものはなにひとつはいってはいなかったのだ。
[中略]
このようないろいろなものを見たり聞いたりしていると、妙(みょう)なことに、なくなったおかあさんの思い出が浮(う)かんできた。たそがれの部屋の中で、ほの白いきものを着(き)たおかあさんは、本を読んでくれたものだ。ヘンリーは箱(はこ)によじのぼり、その中へはいった。するとふたが静(しず)かにとじてしまった。

   デ・ラ・メア=作 野上彰(のがみ・あきら)=訳 「なぞ」
   『世界少年少女文学全集34 イギリス編6』 創元社 1956/08 所収


(J11) 柳田 1925
ある夕方の黄昏時に、ヘンリは子供部屋から一人でこつそり二階に上つて、あの樫の長持を見た。彼は、彫り刻んである果實と花を指で押してみた、そして四隅についてゐる薄黑く笑つてゐる首に物をいひかけてみた、それから肩越しにうしろを瞥然(ちら)と見て、蓋をあけて中を覗いてみた。だが長持の中には何の寶物も入つてゐなかつた、黄金も飾物も入つてゐなかつた、いや全く目を驚かすやうなものは何一つなかつた。
[中略]
いつも夕暮に、白いぴかぴかした衣物を着て彼に何か讀んで聞かせるのがつねだつた母親を不思議にも彼の記憶によび起させた或るものを、太陽がだんだん暗くしてゆくのが見えた、彼は長持の中に攀ぢ入つた、蓋はしづかに彼の上に閉(しま)つた。

   ウオールタア・デ・ラ・メエア=作 柳田泉(やなぎだ・いずみ)=譯 「謎」
   『英吉利近代傑作集 世界短篇小説大系 英吉利篇(下)
   近代社 1925/07(大正14)所収
   この本の内容詳細は ここ
   「飾」は原文では旧字、つまり左側の偏が「飮」の偏とおなじ。


■英語原文 The original text in English

It was evening twilight when Henry went upstairs from the nursery by himself to look at the oak chest. He pressed his fingers into the carved fruit and flowers and spoke to the dark-smiling heads at the corners; and then, with a glance over his shoulder, he opened the lid and looked in. But the chest concealed no treasure, neither gold nor baubles, nor was there anything to alarm the eye.
[Omission]
These things brought strangely to his memory his mother who in her glimmering white dress used to read to him in the dusk; and he climbed into the chest; and the lid closed gently down over him.

   The Riddle by Walter de la Mare
   E-text at:


■更新履歴 Change log

  • 2013/06/08 金原瑞人=訳 2012/07/18 を追加しました。
  • 2009/08/16 脇明子=訳 1976/08 の訳文を追加しました。
  • 2009/08/07 柴田元幸=訳 2009/03 を追加しました。
  • 2009/03/22 柳田泉=訳 1925/07 を追加しました。
  • 2009/01/30 脇明子=訳 1976/08 の書誌情報を追加しました。訳文は追って挿入するつもりです。
  • 2009/01/11 井村君江=訳 1977/12 を追加しました。
  • 2008/12/13 書誌情報を加筆修正しました。
  • 2008/12/11 柿崎亮=訳 2008/05 を追加しました。また、英語原文に "neither gold" の2語が脱落しておりましたので、補充しました。
  • 2007/01/12 紀田順一郎=訳 1979/07 を追加しました。

 

« The Riddle 2 »
« なぞ 2 »

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ翻訳ブログ人気ランキング参加中

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

■CD

  

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Monday, 01 January 2007

莫言 Mo Yan 「奇人と女郎」「女郎遊び」(原題「神嫖」)

 Video   事前の憶測
中国人作家莫言、ノーベル文学賞を受賞? 中国作家莫言获诺贝尔文学奖?

Published on Oct 11, 2012 by WeiboVideo


■前ふり Introduction

(……)正月元旦そうそう、季笵/季範先生は女郎を買うと言い出した。みんなは天が破れたほど/天地がひっくり返ったように、驚いた。執事が、二、三日してから/日を改めて、なさってはと袖を引いてみたが、今日に限る/日にちが経ってからではいやじゃ、と季笵/季範先生は言った。そんなお手伝い/こんなことの差配は、いたしかねます、と執事は言った。すると季笵/季範先生は呼んだ。
「漢三(ハンサン)、おるか!」
「ここにおります」
「奴等は俗人じゃ。二人で遊ぶほかはあるまい」と、季笵/季範先生が言った。
「旦那さまは女郎屋/妓楼へ行かれますか。それとも女子衆を呼んでまいりますか」
「むろん、呼んでくる/連れてくるのじゃ」
「〝羊ちゃん/小白羊(シアオパイヤン)〟を呼びますか、それとも〝一目惚れ/一見酥(イーチエンスー)〟を?」
「高密県城の女郎をぜんぶ/高密中の女郎衆全員を、呼んでくる/連れてくるのじゃ」と、季笵/季範先生は言った。(……)


■日本語訳 Translations into Japanese

(1) 吉田 2003
二十八人の女郎が着物をすっかり脱いで絨毯の上に並んで横になると、かの名流紳士方は口をあんぐり開けて、季笵先生の方を見つめた。曾祖父さまによれば、季笵先生は靴下を脱ぐと、裸足で二十八人の女郎の腹を踏んで往復なさった。それからこう言われた。
「漢三。みんなに一人宛銀貨を百両やり、馬車を呼んで送ってやりなさい」

   莫言(モォイェン/ばくげん)=著 吉田富夫=訳 「奇人と女郎」
   『白い犬とブランコ—莫言自選短編集
   日本放送出版協会(NHK出版)2003-10 所収
 
 
(2) 藤井 1996
二十八名の女郎衆が素っ裸になって絨毯の上に仰向けになって並ぶと、その場の名流紳士は皆呆然として季範先生を見つめていた。我らが曾祖父さまの話では、季範先生は靴と靴下を脱ぐと、裸足で二十八名の女郎のお腹の上を歩いて一往復したのだ。そして季範先生はこう命じた。
 「漢三、女郎衆に一人銀貨百枚ずつを取らせ、車で家までお送りするのじゃ」

   莫言=著 藤井省三=訳 「女郎遊び」
   今福竜太[ほか]=編 『世界文学のフロンティア4 ノスタルジア
   岩波書店 1996-11 所収


■中國語原文(繁體字)The original text in traditional Chinese

二十八個婊子脫光衣服並排躺在毯子上,那些士紳名流都傻了,怔怔地看著季范先生。我的老爺爺說季范先生脫掉鞋襪,赤腳踩著二十八個婊子的肚皮走了一個來回。然後季范先生說:“漢三,給她們每人一百塊大洋;叫車子,送她們回去。”

   《初戀.神嫖》 莫言
   出版社: 麥田 書系: 麥田文學
   出版日期: 2005-08-31


■中国語原文(簡体字)The original text in simplified Chinese

二十八个婊子脱光衣服并排躺在毯子上,那些士绅名流都傻了,怔怔地看着季范先生。我们的老爷爷说季范先生脱掉鞋袜,赤脚踩着二十八个婊子的肚皮走了一个来回。然后季范先生说:“汉三,给她们每人一百块大洋;叫车子,送她们回去。”

   初恋:神嫖 莫言 (作者)
   上海文艺出版社 2000-09-01
   Excerpt at 北京语言大学 性别研究网


■莫言と彼のサイン Mo Yan and his autograph
Mo20yan
莫言 Mo Yan (1955-  ), Image source: 易文网 (www.ewen.cc)
 
 
■tomokilog 関連記事
 Related articles from tomokilog:

   * 莫言 Mo Yan「愛情」(原題「愛情故事」), 2006-12-31
   * 莫言 / モオ・イエン / Mo Yan『豐乳肥臀』Big Breasts & Wide Hips,
     2006-12-21


■外部リンク External links

 [zh] 中文
   * 中国作家莫言获得2012年诺贝尔文学奖 新华网 2012-10-11
   * 莫言 名人堂 读书频道 新浪网
   * 莫言 - Wikipedia (1955- )

 [ja] 日本語
   * ノーベル文学賞:中国の作家、莫言氏に決まる 毎日新聞 2012-10-11
   * ノーベル文学賞に中国の莫言氏 時事ドットコム 2012-10-11
   * 莫言 - Wikipedia (1955- )

 [en] English
   * Chinese writer Mo Yan wins Nobel literature prize USA Today 2012-10-11
   * Chinese author Mo Yan wins Nobel Prize for Literature BBC News 2012-10-11
   * Mo Yan - Wikipedia (1955-  )


■更新履歴 Change log

2012-10-11 ノーベル賞受賞関連のニュース映像と外部リンクの項を新設しました。
2007-01-05 前ふり/Introduction の部分を修正しました。また、
         藤井省三=訳 1996-11 を追加しました。


にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ翻訳ブログ人気ランキング参加中

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザの画面を更新すると入れ替ります。
↓ Renew the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■DVD

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

  

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« December 2006 | Main | February 2007 »