« January 2007 | Main | March 2007 »

February 2007

Wednesday, 28 February 2007

The Judge's House by Bram Stoker ブラム・ストーカー 「鬼判事の肖像」「判事の家」

        目次 Contents

 Images  本の表紙、CDのジャケット、肖像写真 Book & CD covers, Portrait
■日本語訳 Translations into Japanese
  (J1) 小山 2006
  (J2) 坂崎 1992
  (J3) 由良 1990
  (J4) 小島 1985
  (J5) 桂(島内) 1970, 1977, etc.
■ポルトガル語訳 Translations into Portuguese
  (Pt1)
  (Pt2)
■スペイン語訳 Translations into Spanish
  (Es1) 2001
  (Es2)
■フランス語訳 Translation into French
 Audio 1  米ラジオドラマ Radio drama: Hall of Fantasy - The Judge's House
 Audio 2  原文朗読: ケイト・マッケンジー Audiobook read by Cate Mackenzie
 Audio 3  原文朗読: ウィリアム・クーン Audiobook read by William Coon
 Audio 4  原文朗読: M・T・バーンズ Audiobook read by Michael Tudor Barnes
 Audio 5  原文朗読: マイケル・スコット Audiobook read by Michael Scott
■英語原文 The original text in English
■更新履歴 Change log


 Images 
本の表紙、CDのジャケット、肖像写真 Book & CD covers, Portrait

a. C8271_1 b. 1840225289_1

c. 0008judgehouse_2 d. Bram_stoker_bio_photo_1

     ↑ クリックして拡大 Click to enlarge ↑


■日本語訳 Translations into Japanese

(J1) 小山 2006
「間違いありません——間違いなしにその邸ですよ! 『判事の家』だわ、間違いない」あれはどういう邸なのか、どうしてそんな名前なのか、あの邸には何かまずいことでもあるのかとマルコムソンは尋ねた。おかみが答えるには、名前の由来は大昔に——自分はよその人間なので正確には言えないが、とにかく百年以上前に——判事が住んでいたことで、その判事というのが、巡回裁判で悪意剥き出しの厳しい判決を被告に言い渡すことから大いに怖れられていたという。(……)

   B・ストーカー=著 小山太一=訳 「判事の家」
   エドワード・ゴーリー=編 A・ブラックウッド〔ほか〕=著
   柴田元幸+小山太一+宮本朋子=訳
   『憑かれた鏡——エドワード・ゴーリーが愛する12の怪談
   河出書房新社 2006/08 所収


(J2) 坂崎 1992
「まあ、そうですよ。そこなんです。たしかに判事さんの家ですよ。」
 マルコムソンは、その家のことを話してほしい、といった。なぜ、〈判事の家〉といのか、なぜ、やめろというのかきいた。
 おかみさんは、このあたりではそうよばれているのだといった。
「——何年もまえに判事さんが住んでいたからだそうですよ。どのくらいまえなのか、わたしもここで生まれたわけじゃないですから、はっきりとはしりませんけど、百年か、それ以上まえのことじゃないですか。その判事さんというのは、巡回裁判で、囚人をめのかたきにして、なさけようしゃのない罰をあたえたので、それはそれはおそれられた人間だったそうです——(……)」
[原文にあるルビは省略しました]

   ブラム・ストーカー=作 坂崎麻子(さかざき・あさこ)=訳 「判事の家」
   坂崎麻子=編訳 『七つの恐怖物語—英米クラシックホラー
   偕成社文庫 1992/07 所収


(J3) 由良 1990
「はい、はい、もう、紛れもありゃしない——まさしくあの屋敷ですよ! そりゃ《判事の家》ですよ」マーカムソンは女亭主にあの屋敷について話してくれるように頼んだ、何でそんな名で呼ばれているのか、なにかマズイ噂でもあるのか、と。何年もまえからそう呼ばれている屋敷なんだそうだ。彼女の話によると、自分はよその土地から来たものだから、よく知らないが、なんでも百年かそれより以上も昔のことらしいが、あの屋敷はある判事の住み処(か)だった、巡回裁判所で下す判決が過酷なのと、囚人にたいする敵意のすさまじさから、ひどくひとびとに恐怖を与えた判事だった。(……)

   ブラム・ストーカー=作 由良君美(ゆら・きみよし)=訳 「判事の家」
   由良君美=編 『イギリス怪談集』 河出文庫 1990/03 所収


(J4) 小島 1985
「そうよ、間違いないわ——ぜったいにその屋敷よ! 《判事の屋敷》に間違いないわ」マルコムソンは屋敷について話してくれと彼女に頼んだ。なぜ《判事の屋敷》と呼ばれているのか、そして悪い噂とは何なのかと。彼女はあの屋敷がそう呼ばれている理由を説明した。その理由とは、遠い昔——彼女も他の地方からこの土地に移り住んだので、どのくらい昔のことかはわからないが、百年かあるいはそれよりももっと昔のことに違いないと思っていた——あの屋敷には、巡回裁判における無慈悲な判決と、囚人たちに対して異常なまでの憎悪を燃やすことで人々から大いに恐れられていた判事が住んでいた、ということだった。(……)

   ブラム・ストーカー=作 小島恭子(こじま・きょうこ)=訳 「鬼判事の肖像」
   デニス・ホイートリー=選 ジョン・ラッセルほか 『神の遺書 恐怖の一世紀 4
   ソノラマ文庫 海外シリーズ 朝日ソノラマ 1985/10 所収


(J5) 桂(島内) 1970, 1977, etc.
「はい。ほんとうに——ほんとうにその場所こそそうでございますよ! ほんとに 〝判事の家〟ですわ」あの邸をなぜそう呼ぶのか? あそこでなにが起こったのかとたずねた。ある判事の住居だったために、このあたりでは、いく年も前からずっと、そう呼ばれてきた——「自分はほかの土地の出身なので、何年前から教えられないが、何百年か、それ以上むかしからにちがいない——」と、女主人は言った。その判事は、巡回裁判所での苛酷な判決と、囚人にたいする敵意ゆえに、たいへん恐れられたひとだそうである。(……)

   ブラム・ストーカー=著 桂千穂(かつら・ちほ)=訳 「判事の家」
   a. 『ドラキュラの客』 新装版 国書刊行会 1997/03 所収
   b. 紀田順一郎+荒俣宏=編集 『怪奇幻想の文学3 戦慄の創造
     新人物往来社 新装版 1979/07 所収
   c. 紀田順一郎+荒俣宏=編集 『怪奇幻想の文学3 戦慄の創造
     新人物往来社 旧版 1977/09 所収

   d. ブラム・ストーカー=著 島内三秀(しまうち・みつひで)=訳 「判事の家」
     平井呈一=訳者代表 『怪奇幻想の文学3  戦慄の創造
     新人物往来社 1970/03 所収

   桂千穂は男性。島内三秀は桂氏の本名。a.〜d. の訳はまったく同文ですが、
   このうち a.〜c. は桂千穂名義で、d. は島内三秀名義で発表されました。


■ポルトガル語訳 Translations into Portuguese

(Pt1)
"Sim, é ela com certeza — com certeza é aquela! E sem dúvida a Casa do Juiz."

Ele lhe pediu que falasse sobre a casa, por que era assim chamada e o que havia contra ela. A velha lhe contou que era assim chamada na localidade porque fora, muitos anos antes — quanto tempo não sabia, uma vez que viera de outra parte do país, mas julgava ter sido há dois séculos ou mais — , a residência de um juiz que inspirava grande terror por causa de suas sentenças severas e sua hostilidade a prisioneiros em sessões de tribunais superiores. [Omission]

   A casa do juiz by Bram Stoker
   Clássicos do Sobrenatural Iluminuras, 2009-06-06
   Preview at Google Books


(Pt2)
-  Sim, não há dúvida... não há qualquer dúvida! É mesmo a Casa do Juiz.

Malcolmson pediu-lhe então que lhe falasse da casa, que lhe explicasse a razão por que a chamavam assim, e o que é que havia contra ela. A mulher disse-lhe que a conheciam localmente por esse nome devido ao facto de ter sido, muitos anos antes - há quantos ao certo não o poderia dizer, uma vez que ela era de uma outra parte da região, mas teriam sido cem ou mais - a residência de um certo juiz que inspirava um enorme terror em virtude do rigor das suas sentenças e da hostilidade que manifestava no seu tribunal em relação aos acusados. [Omission]

   A Casa do Juiz by Bram Stoker
   Translated by Jorge Telles de Menezes
   E-text at Manancialvox


■スペイン語訳 Translations into Spanish

(Es1) 2001
-Sí, seguro..., seguro que es la misma. Seguro que es la Casa del Juez.

Malcolm le preguntó gentilmente qué pasaba con semejante lugar, porqué le llamaban de aquel modo y qué tenían en contra del mismo. La mujer respondió que así llamaban a la casa porque muchos años antes (ignoraba cuánto tiempo, puesto que ella era de otra parte del país, aunque pensaba que se trataba de más de cien años) había sido la morada de un juez a quien todos temían a causa de sus terribles sentencias y su hostilidad a los presos. [Omission]

   La Casa del Juez by Bram Stoker
   Cuentos Con Espectros, Sombras y Vampiros: Antologia
   Ediciones Colihue SRL, 2001/02/01
   Preview at Google Books


(Es2)
—¡Sí, no cabe duda..., no cabe duda que es el mismo sitio! Es la Casa del Juez.

Entonces él le pidió que le hablase de la casa, por qué se llamaba así y qué tenía ella en contra. La mujer le contó que en el pueblo la llamaban así porque hacía muchos años (no podía decir exactamente cuántos, puesto que ella era de otra parte de la región, pero debían ser al menos unos cien o quizá más) había sido el domicilio de cierto juez que en su tiempo inspiró gran espanto a causa del rigor de sus sentencias y de la hostilidad con la que siempre se enfrentó a los acusados en su tribunal. [Omission]

   La casa del Juez by Bram Stoker
   E-text at Letras Perdidas


■フランス語訳 Translation into French

- Ah ! je m'en doutais ! je m'en doutais ! C'est bien l'endroit. C'est la Maison du Juge. Je m'en doutais!

Il la pria de lui dire tout ce qu'elle savait de cette maison, et pourquoi on la nommait ainsi, et ce que les gens avaient à lui reprocher. Elle lui répondit qu'on l'appelait comme cela dans le pays parce qu'il y avait des années et des années - elle n'aurait su dire exactement combien, car elle n'était pas de la région, mais elle pensait que cela remontait certainement à plus de cent ans - c'était la maison d'un juge. D'un juge qui terrorisait tout le monde par ses sentences impitoyables et par l'implacable hostilité dont il faisait montre, aux assises, à l'égard des accusés. [Omission]

   La maison du juge by Bram Stoker
   Excerpt at Jiheraim Cyberland


 Audio 1 
往年のアメリカのラジオドラマ Radio drama: Hall of Fantasy - The Judge's House

Uploaded to YouTube by Scruffy Redwood on 25 May 2014. More info at Old Time Radio Downloads


 Audio 2 
「判事の家」 オーディオブック 朗読: ケイト・マッケンジー
The Judge's House - Audiobook read by Cate Mackenzie

下に引用する箇所の朗読は 4:03 から始まります。 Uploaded to YouTube by freeaudiobooks84 on 9 Oct 2012.  Audio courtesy of LibriVox. The excerpt below starts at 4:03.


 Audio 3 
「判事の家」 オーディオブック 朗読: ウィリアム・クーン
The Judge's House - Audiobook read by William Coon

下に引用する箇所の朗読は 4:26 から始まります。 Uploaded to YouTube by rt20bg on 29 Sep 2012.  Audio courtesy of LibriVox. The excerpt below starts at 4:26.


 Audio 4 
「判事の家」 オーディオブックのサンプル 朗読: マイケル・チューダー・バーンズ
The Judge's House - Audiobook sample read by Michael Tudor Barnes

録音は小説の冒頭部分のみ。下に引用する箇所は含みません。 Uploaded to YouTube by Ordflyt on 30 Jul 2012. The recording is for the beginning part of the story only; it does not include the excerpt below.


 Audio 5 
「判事の家」 オーディオブック 朗読: マイケル・スコット
The Judge's House - Audiobook read by Michael Scott
Thoughtaudiocom
録音を聞くには  ここをクリック 
Presented by ThoughtAudio.com To listen to the recording  CLICK HERE 


■英語原文 The original text in English

'Aye, sure enough--sure enough the very place! It is the Judge's House sure enough.' He asked her to tell him about the place, why so called, and what there was against it. She told him that it was so called locally because it had been many years before--how long she could not say, as she was herself from another part of the country, but she thought it must have been a hundred years or more--the abode of a judge who was held in great terror on account of his harsh sentences and his hostility to prisoners at Assizes. [Omission]

   The Judge's House
   from Dracula's Guest and Other Weird Stories (1914) by Bram Stoker
   E-text at:


■更新履歴 Change log

  • 2014/08/01 目次を新設し、小島恭子=訳 1985/10、ラジオドラマの YouTube 画面、およびケイト・マッケンジーによる朗読の YouTube 画面を追加しました。
  • 2013/06/01 マイケル・チューダー・バーンズによる朗読サンプルの YouTube 画面を追加しました。
  • 2013/05/27 2種類のポルトガル語訳と2種類のスペイン語訳を追加しました。また、桂千穂名義の訳と島内三秀名義の訳がまったく同文であることについて、かねてから不思議に思い、その旨注記していましたが、島内三秀が桂千穂の本名であることを知ったので、これに合せて書誌情報の記述を修正しました。
  • 2012/11/07 オーディオブックの YouTube 画面を追加しました。
  • 2007/03/23 島内三秀=訳 1970/03 を追加しました。
  • 2007/03/02 桂千穂=訳 1997/03, 1979/07, 1977/09 を追加しました。
  • 2007/03/01 坂崎麻子=訳 1992/07 を追加しました。

にほんブログ村 
本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ84595840v1308102456

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザの画面を更新すると入れ替ります。
↓ Renew the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■DVD

■和書 Books in Japanese

■洋書 Books in non-Japanese languages

■CD

  

| | Comments (0)

Sunday, 25 February 2007

The Empty House by Algernon Blackwood ブラックウッド 「空家」「空き家」

 Image gallery 
表紙画像と肖像写真 Cover photos and a portrait

a. Ja_9784334752323 b. Kaidan c. 7501173

d. Empty_house_german e. 5551487377 f. Blackwood2

↑ クリックして拡大 Click to enlarge ↑

■日本語訳 Translations into Japanese

(J1) 南條 2012
「あの家はすごく古いの。それで、話も——いやな話だけど——うんと昔にさかのぼるの。家の女中とねんごろな仲だった馬丁が嫉妬して、女中を殺したことが始まりでね。その男はある晩、地下室に隠れて、人が寝静まった頃に、こっそり女中の部屋へ上がって行ったのよ。そして娘をそばの踊り場まで追いつめて、助けが来ないうちに、手摺から玄関へ投げ落としたの」
「その馬丁は——?」
「つかまって、殺人罪で絞首刑になったんだと思うわ。でも、百年前の話だから(……)」

   アルジャーノン・ブラックウッド=著
   南條竹則(なんじょう・たけのり)=訳 「空家」
   『秘書綺譚: ブラックウッド幻想怪奇傑作集
   光文社古典新訳文庫 2012/01/20 所収


(J2) 小山 2006
「すごく古い家でね」叔母は続けて言った。「いわれ因縁も——無気味な因縁だけど——大昔までさかのぼるんだよ。そのころ嫉妬深い馬丁がいて、この家の女中と深い仲になったんだけど、そいつが女中を殺したんだね。ある晩、地下室に潜んで、みんなが寝静まってからそっと忍び出た。四階の召使部屋に忍び込んで、女中を一つ下の階の踊り場まで追いつめたあと、誰も助けに来られないうちに玄関のホールめがけて投げ落としたのさ」
「で、その馬丁は——?」
「捕まって縛り首になったはず。百年も前の話だから(……)」

   A・ブラックウッド=著 小山太一=訳 「空家」
   エドワード・ゴーリー=編 A・ブラックウッド〔ほか〕=著
   柴田元幸+小山太一+宮本朋子=訳
   『憑かれた鏡——エドワード・ゴーリーが愛する12の怪談
   河出書房新社 2006/08 所収


(J3) 伊藤 1990
「その家はむろん、とても古い家なの」と彼女はつづけた。「で、この話は——気色のわるい話だけど——ずいぶんとむかしにさかのぼることで、その家の女中と深い仲になった、嫉妬深い馬丁が犯した殺人と関係がある。ある夜、馬丁は地下室にまんまと身をひそめ、全員が寝静まったころ、階上の女中部屋へ忍びよって、その娘を階段の途中まで追いつめ、誰も何ともできないうちに、彼女を手すりごしに下のホールへ突き落としてしまった」
「で、馬丁のほうは——?」
「捕まって、きっと絞首刑になったと思う。けど、なにしろ一世紀も前の出来事だから(……)」

   アルジャノン・ブラックウッド=著 伊藤欣二=訳 「空き家」
   由良君美(ゆら・きみよし)=編 『イギリス怪談集
   河出文庫 1990/03 所収


 Audio 1 
LibriVox が提供する英語原文の朗読
Audiobook in English read by William Coon

Uploaded to YouTube by The16thCavern on 26 Jan 2013. Audio courtesy of LibriVox


 Audio 2 
Verkaro.org が提供するもうひとつの英語原文朗読
Another audiobook in English presented by Verkaro.org
Verkaroorg_banner
Verkaro_org_audiobook_empty_house
朗読を聴くには ここ をクリックして Literal Systems.org へ行ってください。
To listen to the recording, click here and go to Literal Systems.org


■英語原文 The original text in English

"The house is very old indeed," she went on, "and the story--an unpleasant one--dates a long way back. It has to do with a murder committed by a jealous stableman who had some affair with a servant in the house. One night he managed to secrete himself in the cellar, and when everyone was asleep, he crept upstairs to the servants' quarters, chased the girl down to the next landing, and before anyone could come to the rescue threw her bodily over the banisters into the hall below."

"And the stableman--?"

"Was caught, I believe, and hanged for murder; but it all happened a century ago, and (......)"

   The Empty House by Algernon Blackwood (1906)
   E-text at:


■参考 References


■更新履歴 Change log

  • 2012/01/27 南條竹則=訳 2012/01/20 と、もう一つの朗読のページへのリンクを追加しました。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ翻訳ブログ人気ランキング参加中

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

  

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Monday, 19 February 2007

August Heat by W. F. Harvey W・H・ハーヴィ 「八月の暑さのなかで」「八月の炎暑」「八月の熱波」「炎天」

↓ クリックして拡大 Click to enlarge ↓
Cavlier_august_may61_3
Illustration by Richard Michael Gorman Powers
Image source: The Powers Compendium

■日本語訳 Translations into Japanese

(J1) 金原 2010
「さあ、できた! どう思う?」 アトキンソンはいかにも自慢(じまん)そうにたずねた。
 わたしはそのとき初めて、彫(ほ)りこまれた文字を読んだ。

  ジェイムズ・クレアランス・ウィゼンクロフト
  思い出にささぐ
  一八六◯年一月十八日生まれ
  一九◯×年八月二十日、急死
  生のなかにも死はあり

 わたしはしばらくなにもいえずにすわっていた。それから冷たいものが背筋(せすじ)を駆(か)け下(お)りて身ぶるいした。わたしはアトキンソンに、この名前はどこでみたのかたずねてみた。  「いやあ、どこかでみたってわけじゃない。名前を書かないわけにはいかないから、頭に浮(う)かんだ最初のやつを彫(ほ)ったんだ。なんでそんなことをきく?」
 「不思議な一致(いっち)というのか、それはわたしの名前なんだ」

 アトキンソンは低く口笛を吹(ふ)いた。
 「日付けはどうだね?」
 「生まれた日のほうしかわからないが、それは合っている」
 「そいつは奇妙(きみょう)だ!」

  • W・F・ハーヴィー=作 金原瑞人(かねはら・みずひと)=訳 「八月の暑さのなかで」 金原瑞人=編訳 『八月の暑さのなかで—ホラー短編集』 岩波少年文庫 2010/07/14 所収

(J2) 宮本 2006
「さあ、一丁上がり! どうです、この出来ばえは?」自信たっぷりに尋ねたものだ。
 碑銘に初めて目をやると、そこにはこうあった。

   ジェイムズ・クレランス・ウィゼンクロフトここに眠る
   一八六◯年一月十六日に生まれ
   一九××年八月二十日に急逝
   「生のさなかにも死はつねにあり」

 しばらくの間、私は無言で座っていた。それから、悪寒が背筋を駆けぬけた。この名前をどこで見たのか、と私は尋ねた。
「なに、どこで見たってわけじゃないが、とにかく名前が入り用だから、ふっと思いついたのを刻んだだけですよ。また、なんでそんなことを?」
「奇妙な偶然だが、私の名前と同じなんです」
 男は長く低い口笛を吹いた。
「日付のほうは?」
「二つのうち一つしか分からないが、それも当たっています」
「気味の悪い話ですなあ!」


(J3) 田口 2001
「さあ、できた! どう思われるかな?」彼は見るからに誇らしげに訊いてきた。
 私はそのとき初めて碑文を見た。それは次のようなものだった——

   ジェイムズ・クラレンス・ウィゼンクロフトの
   思い出にささぐ
   一八六◯年一月十八日この世に生を享け
   一九◯—年八月二十日突如この世を去る
   〝我ら、命の半ばにも死に臨む〟

 私はしばらく何も言わず、ただ坐っていた。身震いするほどの寒気(さむけ)が背すじを駆け抜けていた。どこでその名まえを見たのか、と私は彼に尋ねた。
「いや、どこかで見かけた名前じゃない」とアトキンスン氏は答えた。「なんらかの名前が必要だったんでね。最初に頭に浮かんだものにしたんだよ。でも、どうしてそんなことを訊きなさる?」
「なんとも奇妙な偶然だけれど、それは私の名前なんですよ」
 彼は長く低い口笛を吹いた。
「じゃあ、日付けは?」
「私に答えられるのはふたつのうちのひとつだけだけれど、それも合ってる」
「不思議なこともあるもんだ」

  • W・F・ハーヴェイ=作 田口俊樹=訳 「八月の熱波」 ローレンス・ブロック=編 田口俊樹〔ほか〕=訳 『巨匠の選択』 ハヤカワ・ミステリ 2001/09 所収

(J4) 平井 1958
「どうです、これ、なんとおぼし召すね?」石屋はどうだと言わんばかりのようすをして言った。
 自分がそのときはじめて読んだ墓碑銘(ぼひめい)は、上(注)のようなものであった。

   ジェイムズ・クレアレンス・ウィゼンクロフト
   一八六◯年一月十八日生
   一九◯一年八月二◯日頓死(とんし)
   生のただなかに死はつねにあり

 自分は腰をおろしたまま、しばらく黙っていた。ゾッとする冷たい戦慄(せんりつ)が背すじを走った。自分は石屋に、あんた、この名まえをどこで見たかといってたずねた。
「なーに、どこでも見やしませんよ」と、石屋は答えた。「なにか名まえがほしいと思ってね、いちばん最初に頭に浮かんだ名まえを彫ったんでさ。どうしてまたそんなことをおたずねです?」
「ふしぎな暗合だな。ぼくの名まえがそれなんだ」
 石屋はヒューッと口の先を鳴らした。
「で、日付は?」
「日付ったって片っぽしか——つまり生まれたほうしか答えられないが、ちゃんと合ってる」
「みょうなことがあるもんだね!」

(tomoki y. 注:原文ではページの上のほうに横書きに印刷されている)


■スペイン語訳 Translation into Spanish

"¡Ahí está! ¿Qué piensa usted de eso?" dijo, con un aire de evidente orgullo.

La inscripción que leí por primera vez era esta:

CONSAGRADO A LA MEMORIA DE
JAMES CLARENCE WITHENCROFT
NACIDO ENE. 18, 1860.
PASO A LA ETERNIDAD SÚBITAMENTE
EN AGOSTO 20, 190-

"En medio de la vida estamos en la muerte."

Permanecí sentado en silencio por algún tiempo. Luego un escalofrío bajó por mi espina dorsal. Le pregunté dónde había visto el nombre.

"Oh, no lo he visto en ningún lado," respondió el Sr. Atkinson. "Necesitaba algún nombre, y puse el primero que se me vino a la mente. ¿Por qué quiere saberlo?"

"Es una extraña coincidencia, pero sucede que es el mío."

Emitió un silbido largo y bajo.

"¿Y las fechas?"

"Solo puedo responder por una de ellas, y es correcta".

"¡Es una rareza!" dijo.


 Video 1 
英語原文朗読 The original text in English presented by WellHeyProductions

下の引用箇所の朗読は 7:03 から始まります。 Uploaded to YouTube by Barnabas Deimos on 29 May 2014. Reading of the excerpt below starts at 7:03.


 Video 2 
英語原文朗読 The original text in English

下の引用箇所の朗読は 5:59 から始まります。 Uploaded to YouTube by The Fear Channel on 8 Apr 2014. Reading of the excerpt below starts at 5:59.


 Video 3 
英語原文朗読 The original text in English, read by Caden Clegg

下の引用箇所の朗読は 5:57 から始まります。 Uploaded to YouTube by Caden Clegg on 11 Jul 2013. Reading of the excerpt below starts at 5:57.


■英語原文 The original text in English

"There! what do you think of that?" he said, with an air of evident pride. The inscription which I read for the first time was this--

SACRED TO THE MEMORY
OF
JAMES CLARENCE WITHENCROFT.
BORN JAN. 18TH, 1860.
HE PASSED AWAY VERY SUDDENLY
ON AUGUST 20TH, 190--
"In the midst of life we are in death."

For some time I sat in silence. Then a cold shudder ran down my spine. I asked him where he had seen the name.

"Oh, I didn't see it anywhere," replied Mr. Atkinson. "I wanted some name, and I put down the first that came into my head. Why do you want to know?"

"It's a strange coincidence, but it happens to be mine." He gave a long, low whistle.

"And the dates?"

"I can only answer for one of them, and that's correct."

"It's a rum go!" he said.


■邦題の異同 Variations of the title in Japanese

  • 「八月の暑さのなかで」………金原 2010
  • 「八月の炎暑」…………………宮本 2006
  • 「八月の熱波」…………………田口 2001
  • 「炎天」…………………………平井 1958

■Harveyの日本語表記の異同
 Transliteration variations of the name "Harvey" in Japanese

  • ハーヴィ…………宮本 2006
  • ハーヴィー………金原 2010
  • ハーヴィー………平井 1958
  • ハーヴェイ………田口 2001

■更新履歴 Change log

  • 2014/07/30 3種類の英語原文朗読の YouTube 画面を追加しました。
  • 2010/07/20 金原瑞人=訳 2010/07/14 を追加しました。また、ブログ記事のタイトルに邦題「八月の暑さのなかで」を追加しました。
  • 2007/02/23 田口俊樹=訳 2001/09 を追加しました。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ翻訳ブログ人気ランキング参加中

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■和書 Books in Japanese

■洋書 Books in non-Japanese languages

  

| | Comments (0) | TrackBack (0)

The Signalman (The Signal-Man) by Charles Dickens ディケンズ 「信号手」「信号係」「トンネルの赤い灯」「魔のトンネル」

        目次 Table of Contents

■はじめに Introduction
 Cartoon  ディケンズの『信号手』が怖すぎて4コマにした件
 Audio 1  日本語版オーディオブック 朗読: 日根敏晶 Audiobook in Japanese
■日本語訳 Translations into Japanese
  (J1) 柴田 2006
  (J2) 三辺 2006
  (J3) 矢野 1998
  (J4) 佐藤 1996
  (J5) 高橋 1989
  (J6) 木村 1985
  (J7) 山主 1984
  (J8) 白木 1983
  (J9) 小池 1977, 1979, 1982, etc.
  (J10) 徳永 1975
  (J11) 白木 1973, 1996
  (J12) 橋本 1959, 1969, 2006
  (J13) 岡本 1929, 1987, etc.
 Television  イギリスの短篇テレビドラマ 「信号手」 (1976) The Signalman (1976)
■スペイン語訳 Translation into Spanish
■フランス語訳 Translation into French
 Audio 2  英語原文朗読: アンドリュー・ミラー Audiobook read by Andrew Miller
 Audio 3  英語原文朗読: ミーガン・アーゴ Audiobook read by Megan Argo
 Audio 4  英語原文朗読: ハワード・ドラッチ Audiobook read by Howard Dratch
 Audio 5  英語原文朗読: ロバート・ロウ Audiobook read by Robert Rowe
 Audio 6  英語原文朗読: ガラード・グリーン Audiobook read by Garard Green
 Audio 7  英語原文朗読: E・ウィリアムズ Audiobook read by Emlyn Williams
■英語原文 The original text in English
■日本語訳の書誌情報 Bibliography on translations into Japanese
  (J1) 柴田 2006
  (J2) 三辺 2006
  (J3) 矢野 1998
  (J4) 佐藤 1996
  (J5) 高橋 1989
  (J6) 木村 1985
  (J7) 山主 1984
  (J8) 白木 1983
  (J9) 小池 1977, 1979, 1982, etc.
  (J10) 徳永 1975
  (J11) 白木 1973, 1996
  (J12) 橋本 1959, 1969, 2006
  (J13) 岡本 1929, 1987, etc.
■外部リンク External links
■更新履歴 Change log


■はじめに Introduction

「信号手」は『オリバー・ツイスト』や『クリスマス・キャロル』で知られる文豪ディケンズが書いた短篇ホラー小説。さまざまな怪談アンソロジーにたびたび収録されています。下に引用するのは、その中盤の一節。ミステリアスな状況について、信号手が具体的に語り始めるあたり。各種翻訳と英語原文のほかに、朗読の YouTube 画面などを集めてみました。


 Cartoon 
ディケンズの『信号手』が怖すぎて4コマにした件
Dickens_signalman_manga_150x435_2
Image source: 谷口一刀——OL男子の4コマ書評 2011-01-30


 Audio 1 
岡本綺堂訳による日本語版のオーディオブック 朗読: 日根敏晶
Audiobook in Japanese (Translation by Okamoto Kidô)

下に引用する箇所の朗読は 20:43 から始まります。 Uploaded to YouTube by 日根敏晶 on 27 May 2016. Reading of the excerpt below starts at 20:43.


■日本語訳 Translations into Japanese

(J1) 柴田 2006
「月の出ている晩のことでした」と男は言った。「私がここに座っていると、叫び声が聞こえたのです。『おーい! そこの人!』ハッと飛び上がって扉から見てみると、その誰か別の人間がトンネル近くの警告灯の脇に立って、いまお見せしたように腕を振っていたのです。懸命に叫んだせいで嗄(か)れてしまったらしい声で、『危ない! 危ない!』と叫び、それからまた『おーい! そこの人! 危ない!』[以下略]」

   チャールズ・ディケンズ=著 柴田元幸=訳 「信号手」


(J2) 三辺 2006
「ある月夜の晩(ばん)でした。ここにすわっていたら、とつぜん『おーい、そこのきみ!』という声がしたんです。びっくりして、そこのドアから外をのぞいたら、そのお話した人物がトンネルの赤信号(あかしんごう)のそばに立って、今お見せしたように必死(ひっし)になって腕を振り回していたんです。男の声は、まるで何度(なんど)も叫(さけ)んだようにしゃがれていました。『危(あぶ)ない! 気をつけろ!』それからさらに、『おーい、そこのきみだ! 危ないぞ!』と。[以下略]」

   チャールズ・ディケンズ=著 三辺律子=訳 「信号手」


(J3) 矢野 1998
「それは、ある月夜(つきよ)の晩のことです。ここに腰(こし)をかけていたとき、『おーい! そこのひと!』と、どなる声が聞こえました。わたしはぎょっとして立ちあがり、戸口から外を見ると、だれだかわからない男が、トンネルの入口の赤信号灯(あかしんごうとう)のそばに立って、いましてみせたような動作(どうさ)をしていたんです。しゃがれたような声でしたが、『気をつけろ! 気をつけろ!』と、さけぶかと思うと、また『おーい! そこのひと! 気をつけろ!』と、どなるんです。[以下略]」

   チャールズ・ディケンズ=著 矢野浩三郎=訳 「信号手」


(J4) 佐藤 1996
「ある月夜のことでした」男は話を続けた。「ここに座っていますと、『おーい、そこの人』という叫び声が聞こえてきました。はっとして立ち上がり、そのドアから覗いて見ますと、この別人がトンネルの近くの赤信号の傍に立って、今お目にかけたように腕を振っているじゃありませんか。絶叫するせいか嗄(か)れたような声で、『危ない!気をつけろ!』と叫びました。それからまた、『おーい、そこの人。気をつけろ』と繰り返すのです。[以下略]」

   チャールズ・ディケンズ=著 佐藤嗣二=訳 「信号手」


(J5) 高橋 1989
「ある月夜の晩(ばん)のことです」
と男は説明しだしました。
「わたしはここにすわっていました。すると、だれかがさけぶ声が聞こえてきたのです。『おうい、そこの人!』とさけんでいるのです。わたしはびっくりして立ちあがり、そのドアから外を見ました。
 そのとき見たのです。あの男がトンネルの入り口にある赤いライトのそばに立って、手をふっていたのです。今わたしがやってみせたのとまったく同じようにです。男はどなりすぎたためか、しゃがれた声で『気をつけろ、気をつけろ!』とさけぶのです。そして『おうい、そこの人! 気をつけろ』とくりかえすのです。[以下略]」

   ディケンズ=作 高橋啓=訳 「信号係」


(J6) 木村 1985
「ある月夜(つきよ)のことです。わたしがこうしてすわっていると、だれかが『おーい、そこの人!』とよぶ声(こえ)が、きこえたんです。わたしはとびあがって、戸口(とぐち)からのぞいてみました。そしたらトンネルの赤色灯(せきしょくとう)のところに、さっきいったべつの人がたっていて、たった今おみせしたように、手をふってたんです。どなりつづけたせいかかすれてしまった声で、『気をつけろ! 気をつけろ!』とわめいたとおもうと、また、『おーい、そこの人。気をつけろ!』とはじめるんです。[以下略]」

   ディケンズ=作 木村由利子=文 「信号手」


(J7) 山主 1984
「月のある晩でした。わたしがここにいますと『おーい、下にいる人!』というさけび声がしました。わたしはびっくりして立ちあがり、ドアをあけて外を見ると、トンネルの入り口の赤い灯(ひ)のそばにだれかが立っていました。そしてこういう手のふり方をしていたのです。
 あまりさけんで、声もしゃがれているようでした。
『気をつけろ、気をつけろ!』というかと思うと、『おーい、下にいる人、気をつけろ!』とさけぶのです。[以下略]」

   ディケンズ=著 山主敏子=訳 「トンネルの赤い灯」
   [ルビを一部省略しました - tomoki y.]


(J8) 白木 1983
「それは、月の明(あか)るいばんのことでした。わたしがここにこしかけていると、『おうい、そこの人。』とよぶ声(こえ)がきこえたんです。わたしはすぐに立ちあがり、外(そと)を見ると、トンネルの入り口の赤いあかりのそばに立って手をふっている人がいたんです。その声(こえ)は、さけぶというより、むしろ、うなるようで、『おうい、そこの人、気をつけろ、気をつけろ。』というのです。[以下略]」

   ディケンズ=作 白木茂=訳 「魔のトンネル」


(J9) 小池 1977, 1979, 1982, etc.
「ある月夜のことでした」彼が言った。「私がここに坐っていると、『おうい、そこの下の人!』という叫び声が聞えました。私はびっくりして立ち上がり、そのドアから外を覗くと、この誰かがトンネルの近くの赤い信号燈の傍に立って、いまお見せしたように手を振っているのが見えたのです。叫び続けて声がしゃがれているようでした。『気をつけろ! 気をつけろ!』それからまた、『おうい、そこの下の人! 気をつけろ!』[以下略]」

   チャールズ・ディケンズ=著 小池滋=訳 「信号手」


(J10) 徳永 1975
「ある月夜のことでした」とその男は言った。「私がここに腰をかけていると、『おーい! 下にいるひと!』 という叫び声が聞こえました。私は驚いて立ちあがり、あのドアのところから外を眺めてみると、この別のだれかがトンネルの近くの赤信号のそばに立っていて、いま私があなたにして見せたように、手を振っているのが見えました。その声は叫んだためにかれていたようでしたが、次のように叫んでいました。『気をつけろ! 気をつけろ!』またこんどは次のように叫びました。『おーい! 下にいるひと! 気をつけろ!』[以下略]」

   C・ディッケンズ=著 徳永守儀=訳注 「信号手」

(J11) 白木 1973, 1996
「それは、月の明るい晩のことでした。わたしがここに腰かけていると、『おうい、下にいる人。』とよぶ声がきこえたんです。わたしはすぐに立ちあがり、外を見ると、トンネルの入り口の赤い明かりのそばに立って手をふっている人がいたんです。その声は、さけぶというより、むしろ、うなるようで、『おうい、下にいる人、見ろ、見ろ。』というのです。[以下略]」

   ディケンズ=作 白木茂=訳 「魔のトンネル」
   [原文にあるルビは省略しました - tomoki y.]


(J12) 橋本 1959, 1969, 2006
「ある月夜のことでした」と相手の男はいった。「ここに腰をかけていたときに、『おーい、そこのひと!』というわめき声が聞こえました。わたしはぎょっとして立ちあがり、その戸口から外を見ると、その誰かわからない男がトンネルの入口の赤色灯のそばに立っていて、いましてみせたような手のふりかたをしていたのです。わめいたせいか、声がしわがれているようでしたが、『気をつけろ! 気をつけろ!』と叫ぶかと思うと、また、『おーい、そこのひと! 気をつけろ』とわめくのです。[以下略]」

   チャールズ・ディケンズ=著 橋本福夫=訳 「信号手」


(J13) 岡本 1929, 1987, etc.
「月の明かるい、ある晩のことでした。私がここに腰をかけていると、〈おぅい、下にいる人!〉と呼ぶ声を聞いたのです。私はすぐに起(た)って、そのドアの口から見ると、トンネルの入り口の赤い灯のそばに立って、今お目にかけたように手を振っている者がある。その声は叫ぶような唸(うな)るような声で〈見ろ、見ろ〉という。つづいてまた〈おぅい、下にいる人! 見ろ、見ろ〉という。[以下略]」

   ディッケンズ=作 岡本綺堂=訳 「信号手」


 Television 
イギリスの短篇テレビドラマ The Signalman (1976)
a. Signalman b. Denholm_elliot

  • The Signalman (1976) directed by Lawrence Gordon Clark.  Archive Television strand.  DVD & VHS available from the BFI website.
  • Denholm Elliott in The Signalman.  Image source: Zeta Minor DVD Review. See the video clip below. 下の YouTube 動画を参照。

テレビ 信号手 (1976) The Signalman (1976) TV Part 2

監督: ローレンス・ゴードン・クラーク 主演: デンホルム・エリオット 下の引用箇所におおよそ相当するシーンは 6:20 あたりから始まります。 Directed by Lawrence Gordon Clark, Starring Denholm Elliott. The scene more or less corresponding to the excerpt below starts at around 6:20.


■フランス語訳 Translation into French

– Un soir, au temps de la pleine lune, me dit notre homme, j'étais assis dans ce coin, quand j'entendis une voix s'écrier : « Hé ! Vous là-bas ! » Je me levai d'un bond, je regardai dehors, et je vis cette autre personne debout sous le signal rouge qui est
près du tunnel : son bras était agité du mouvement que je viens de vous montrer. Sa voix semblait rauque à force d'avoir crié, et elle hurlait : « Attention ! Attention ! » puis de nouveau : « Hé ! Vous, là-bas ! Attention ! » [Omission]

   Le signaleur by Charles Dickens
   E-text at Ebooks libres et gratuits


 Audio 2 
「信号手」 朗読: アンドリュー・ミラー The Signalman: Audiobook read by Andrew Miller

下に引用する箇所の朗読は 16:38 あたりから始まります。 Uploaded to YouTube by The16thCavern on 24 Jan 2013. Audio courtesy of LibriVox. Directed by Beth Eyre. Reading of the excerpt below starts around 16:38.


 Audio 3 
「信号手」 朗読: ミーガン・アーゴ The Signalman: Audiobook read by Megan Argo

下に引用する箇所の朗読は 13:04 あたりから始まります。 Uploaded to YouTube by rt20bg on 10 Oct 2012. Audio courtesy of LibriVox. Reading of the excerpt below starts around 13:04.


 Audio 4 
「信号手」 朗読: ハワード・ドラッチ The Signalman: Audiobook read by Howard Dratch

下に引用する箇所の朗読は 13:35 あたりから始まります。 Uploaded to YouTube by rt20bg on 1 Oct 2012. Audio courtesy of LibriVox. Reading of the excerpt below starts around 13:35.


 Audio 5 
「信号手」 朗読: ロバート・ロウ The Signalman: Audiobook read by Robert Rowe

下に引用する箇所の朗読は 13:18 あたりから始まります。 Uploaded to YouTube by InvisibleTheatreUK on Aug 24, 2009. Directed by Beth Eyre. Reading of the excerpt below starts around 13:18.


 Audio 6 
「信号手」 朗読: ガラード・グリーン The Signalman: Audiobook read by Garard Green

Uploaded to YouTube by AudiobooksMP3 on Aug 24, 2009. Produced by Robert Nichol. Copyright Vox Audio.


 Audio 7 
「信号手」 朗読: エムリン・ウィリアムズ The Signalman read by Emlyn Williams

下に引用する箇所の朗読は 6:24 あたりから始まります。 Uploaded to YouTube by metrisch on 22 May 2010. According to metrisch, the recording year is 1959 or prior. Reading of the excerpt below starts around 6:24.


■英語原文 The original text in English

"One moonlight night," said the man, "I was sitting here, when I heard a voice cry 'Halloa! Below there!' I started up, looked from that door, and saw this Some one else standing by the red light near the tunnel, waving as I just now showed you. The voice seemed hoarse with shouting, and it cried, 'Look out! Look out!' And then again 'Halloa! Below there! Look out!' [Omission]"


■日本語訳の書誌情報 Bibliography on translations into Japanese

(J1) 柴田 2006
   チャールズ・ディケンズ=著 柴田元幸=訳 「信号手」
   エドワード・ゴーリー=編 A・ブラックウッド〔ほか〕=著
   柴田元幸+小山太一+宮本朋子=訳
   『憑かれた鏡——エドワード・ゴーリーが愛する12の怪談
   河出書房新社 2006/08 所収
  
(J2) 三辺 2006
   チャールズ・ディケンズ=著 三辺律子=訳 「信号手」
   R・スティーヴンスン、C・ディケンズ〔ほか〕=著
   金原瑞人(かねはら・みずひと)=編
   『英米ホラーの系譜』 ホラーセレクション9 ポプラ社 2006/03 所収
 
(J3) 矢野 1998
   チャールズ・ディケンズ=著 矢野浩三郎=訳 「信号手」
   W・W・ジェイコブズ〔ほか〕=著 『猿の手 恐怖と怪奇名作集4
   岩崎書店 1998/12 所収 
 
(J4) 佐藤 1996
   チャールズ・ディケンズ=著 佐藤嗣二(さとう・つぐじ)=訳 「信号手」
   佐藤嗣二=編訳 『英米ゴーストストーリー傑作選
   新風書房 1996/12 所収
 
(J5) 高橋 1989
   ディケンズ=作 高橋啓=訳 「信号係」
   江河徹(えがわ・とおる)=編 ひらい たかこ=画
   『なぞめいた不思議な話』 幻想文学館2 くもん出版 1989/08 所収
 
(J6) 木村 1985
   ディケンズ=作 木村由利子=文 「信号手」
   サキ〔ほか〕=作 『おおかみ男』 ポプラ社文庫 1985/08 所収
 
(J7) 山主 1984
   ディケンズ=著 山主敏子(やまぬし・としこ)=訳 「トンネルの赤い灯」
   アルジャノン・ブラックウッド〔ほか〕=著
   『呪いの魔法人形』 世界こわい話ふしぎな話傑作集3 第3 イギリス編
   金の星社 1984/01 所収

(J8) 白木 1983
   ディケンズ=作 白木茂(しらき・しげる)=訳 「魔のトンネル」
   小泉八雲〔ほか〕=作 保永貞夫〔ほか〕=訳
   『怪談 ほか』 青い鳥文庫 講談社 1983/08 所収

(J9) 小池 1977, 1979, 1982, etc.
   チャールズ・ディケンズ=著 小池滋=訳 「信号手」

(J10) 徳永 1975
   C・ディッケンズ=著 徳永守儀(とくなが・もりよし)=訳注 「信号手」
   『信号手・子供の星の夢』 英文世界名作シリーズ 47 C-5 
   評論社 1975/04/10 所収

(J11) 白木 1973, 1996
   ディケンズ=作 白木茂(しらき・しげる)=訳 「魔のトンネル」

(J12) 橋本 1959, 1969, 2006
   チャールズ・ディケンズ=著 橋本福夫=訳 「信号手」

  • H・P・ラヴクラフト〔ほか〕=著 橋本福夫+大西尹明=訳 『怪奇小説傑作集3 英米編3』 新版 創元推理文庫 2006/04 所収
  • H・P・ラヴクラフト〔ほか〕=著 橋本福夫+大西尹明=訳 『怪奇小説傑作集3』 創元推理文庫 1969/03 所収
  • エドワード・L・ホワイト〔ほか〕=著 『こびとの呪』 世界恐怖小説全集7 東京創元社 1959 所収

(J13) 岡本 1929, 1987, etc.
   ディッケンズ=作 岡本綺堂=訳 「信号手」


■外部リンク External links
 
小説冒頭部分についての考察

書誌情報に関しては、以下の各サイトなどが有用です。どのサイトにも、たいへんお世話になりました。お礼申し上げます。


■更新履歴 Change log

  • 2016/11/06 日本語版オーディオブックの YouTube 画面を追加しました。
  • 2016/11/05 徳永守儀=訳注 1975/04/10 を追加しました。
  • 2015/08/06 米光一成氏の記事へのリンクを追加しました。
  • 2013/04/10 エムリン・ウィリアムズによる英語版オーディオブックの YouTube 画面を追加しました。
  • 2013/03/25 もう4種類の英語版オーディオブックの YouTube 画面を追加しました。
  • 2013/03/25 スペイン語訳を追加しました。
  • 2012/08/16 英語版オーディオブックの YouTube 画面を追加しました。
  • 2012/04/24 「はじめに」と「ディケンズの『信号手』が怖すぎて4コマにした件」の項を新設しました。
  • 2010/06/05 テレビ The Signalman (1976) の YouTube 動画を追加しました。
  • 2007/11/06 白木茂=訳 1973/11 を追加しました。この訳は、まえから掲載している白木茂=訳 1996/09 と、ほぼ同文です。したがって、2つの訳をまとめて掲げることにし、配列を変更しました。また、外部リンクの項を新設しました。
  • 2007/11/05 白木茂=訳 1983/08 を追加しました。
  • 2007/06/05 山主敏子=訳 1984/01 を追加しました。
  • 2007/04/02 橋本福夫=訳 1969/03 を追加しました。
  • 2007/03/19 小池滋=訳 1977, 1979, 1982, etc. に数か所入力ミスがありましたので、訂正しました。
  • 2007/03/17 矢野浩三郎=訳 1998/12 を追加しました。
  • 2007/02/24 白木茂=訳 1996/09、および岡本綺堂=訳 1929/08 を追加しました。また、日本語出典の書誌情報を整理して、引用文本体から独立した別項目にしました。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ84595840v1308102456

Flag Counter

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■CD

■DVD

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

  

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Friday, 16 February 2007

The Shadow of a Shade by Tom Hood トム・フッド「亡霊の影」

■表紙画像 Cover photos
Left憑かれた鏡——エドワード・ゴーリーが愛する12の怪談』(2006)
Centre The Haunted Looking Glass, Edited by Edward Gorey (2001)
Right Tales of the Supernatural, Published by Pan Books (1947)
 Image source: Two Classic Pan Mysteries

↓ Click to enlarge ↓

430920465101_1  Product  Tales


■日本語訳 Translations into Japanese

(1) 小山 2006
「どうも子供のようなことを言うようですが」と、どもりがちに言った。「あの絵の正面には座りたくないんです」
「芸術品としては不出来ですから、通にはお眼ざわりかもしれませんね」と私は言った。
「いや、わたしも芸術はからきしです。でも、睨まれているような気がして落ち着かない絵ってあるでしょう。わたしにはあの絵がそうなんです。どうも遺伝らしいですね。母は自分の父親の反対を振り切って結婚したんですが、わたしを産むときに命を落しかけまして。うわごとを言わない程度までやっと回復すると、部屋にかかっていた祖父の肖像を下ろしてくれと周りに頼んだそうですよ。恐ろしい顔で睨みつけるからと言ってきかないんです。理性的ではないですが、こればかりは身体に染みついたもので——ああいう絵はだめなんです!」

   T・フッド=作 小山太一=訳「亡霊の影」
   エドワード・ゴーリー=編 A・ブラックウッド〔ほか〕=著
   柴田元幸+小山太一+宮本朋子=訳 
   『憑かれた鏡——エドワード・ゴーリーが愛する12の怪談
   河出書房新社 2006/08 所収

   原書:
   The Haunted Looking Glass
   Edited by Edward Gorey
   New York Review of Books (2001/02)
 
 
(2) 佐藤 1996
「誠におとなげないようですがね」口ごもりながら言った。「あの絵と向かい合うことは勘弁してください」
「高級な芸術品じゃありませんからね」わたしはそう応じた。「見る目のあるお方には、お気に障るでしょうな」
「芸術のことはさっぱり分かりませんがね、あの目につけ回されているようで、不愉快でたまらないのです。あんな絵が大嫌いなのは、遺伝でしょうね。実は母は、祖父の意に叛(そむ)いて結婚したのですが、ぼくを生んだとき、産後の肥立ちが悪くて、命が危ぶまれるほどでした。それでもどうにか持ち直して譫言(うわごと)を言わなくなると、部屋にかけてあった祖父の肖像画を外させたそうです。絵の中の祖父が、恐ろしい顔をして睨みつけると言いましてね。迷信と笑われるかもしれませんが、体質的なものなのですよ——あんな絵が大嫌いなのは」

   トム・フッド=作 佐藤嗣二(さとう・つぐじ)=訳「亡霊の影」
   佐藤嗣二=編訳『英米ゴーストストーリー傑作選
   新風書房 1996/12 所収
 
 
■英語原文 The original text in English

'It's very childish and that sort of thing,' he stammered, 'but I cannot sit opposite that picture.'

'It is not high art,' I said, 'and may irritate a critical eye.'

'I know nothing about art,' he answered, 'but it is one of those unpleasant pictures whose eyes follow you about the room. I have an inherited horror of such pictures. My mother married against her father's will, and when I was born she was so ill she was hardly expected to live. When she was sufficiently recovered to speak without delirious rambling she implored them to remove a picture of my grandfather that hung in the room, and which she vowed made threatening faces at her. It's superstitious, but constitutional--I have a horror of such paintings!'

   The Shadow of a Shade by Tom Hood (1869)
   E-text at Project Gutenberg of Australia


にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ翻訳ブログ人気ランキング参加中

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザの画面を更新すると入れ替わります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, 15 February 2007

The Open Window by Saki サキ 「開けっぱなしの窓」「開け放たれた窓」「開いた窓」「開かれた窓」「開けたままの窓」

a. Sakiopen_4 b. 0141180781_3

↑ クリックして拡大 Click to enlarge ↑


        目次 Table of Contents

■中国語訳(簡体字) Translations into simplified Chinese
  (Zh1)
  (Zh2) 冯涛 2006
■中國語譯(繁體字) Translation into traditional Chinese
■日本語訳 Translations into Japanese
  (J1) 和爾 2016
  (J2) 金原 2010
  (J3) 訳者未確認 2008
  (J4) 陰陽師 2005
  (J5) 大津 1999
  (J6) 佐藤 1996
  (J7) 上木 1989
  (J8) 木村 1985
  (J9) 都筑 1983
  (J10) 河田 1981
  (J11) 田内 1979
  (J12) 中西 1978, 1988
  (J13) 永井 1975
  (J14) 中村 1958, 2002, etc.
  (J15) 都筑 1956
■ハンガリー語訳 Translations into Hungarian
  (Hu1)
  (Hu2)
■ロシア語訳 Translation into Russian
■ウクライナ語訳 Translation into Ukrainian
■ブルガリア語訳 Translation into Bulgarian
■チェコ語訳 Translation into Czech
■デンマーク語訳 Translation into Danish
■ドイツ語訳 Translation into German
 Video 1  Italian film La finestra aperta (2009)
■イタリア語訳 Translation into Italian
■ポルトガル語訳 Translation into Portuguese
■カタルーニャ語訳(カタロニア語訳) Translation into Catalan
 Video 2  La ventana abierta - The Sims
■スペイン語訳 Translation into Spanish
■フランス語訳 Translation into French
 Video 3  British film The Open Doors (2004)
 Audio 1  マークによる朗読 Audiobook read by Marc
 Audio 2  ロイ・マクレディによる朗読 Audiobook read by Roy Macready
■英語原文 The original text in Englsih
■邦題の異同 Variations of the title in Japanese
■外部リンク External links
■更新履歴 Change log


■中国語訳(簡体字) Translations into simplified Chinese

(Zh1)
“她的悲剧?”弗兰姆顿问道。在某种程度上,悲剧看上去和这个宁静的乡村有些不协调。

“你可能会觉得奇怪,为什么在十月的午后,我们还把那扇窗户大开着。”那位侄女说。她指着一扇巨大的法式落地窗,窗子外面是一个草坪。

“今年这个时候还相当暖和,”弗兰姆顿说,“可是,那扇窗户和那场悲剧之间有什么关系吗?”

“到今天正好三年了。就是从那扇窗子,她的丈夫和她的两个弟弟出去了,他们去打猎。然后,他们再也没有回来。(……)”

   开着的窗(The Open Window) 作者:萨基(H.H.蒙罗)
   E-text at 黄易天地


(Zh2) 冯涛 2006

   《敞开的窗户》 作者:(英)萨基(Saki) 冯涛译
   萨基短篇小说选——名著名译(插图本)
   ISBN: 702005465
   人民文学出版社 2006/08
   More info at 中国图书网 (BooksChina.com)


■中國語譯(繁體字) Translation into traditional Chinese

“她的悲劇?”弗蘭姆頓問道。這個鄉村甯靜祥和,悲劇似乎和這裏的環境格格不入。

“妳或許正在奇怪,在十月的下午我們爲什麽要敞著窗戶。”侄女指著一扇敞開的面對草坪的法式落地窗說道。

“這個時候天氣還是比較暖和的,”弗蘭姆頓說道,“不過這窗戶難道和發生的悲劇有什麽關系嗎?”

“在三年前,就是今天這個日子,她的丈夫和兩個弟弟穿過那扇窗戶出去打獵。他們再也沒有回來。(……)”

   開著的窗戶
   E-text at 和讯博客


■日本語訳 Translations into Japanese

(J1) 和爾 2016
 「悲劇ですか?」フラムトンは聞き返した。こんなのどかな田舎で、悲劇とはなにやらちぐはぐな。
 「十月の午後になってもあの窓をあんなに開けっぱなしてどうしたんだろう、とお思いではないかしら」と、芝庭へと開け放した大きなフランス窓をさした。
 「この季節に暑いぐらいの陽気ですからね。ですが、あの窓がその悲劇とやらに何か?」
 「ちょうど三年前の今日、叔母の連れ合いと実家の弟ふたりがあの窓から猟へ出ました。そして二度と帰ってきませんでした。(……)」

   サキ=作 和爾桃子(わに・ももこ)=訳 「開けっぱなしの窓」
   『けだものと超けだもの』 白水Uブックス 白水社 2016/01/20


(J2) 金原 2010
 「とても悲しい事件?」 フラントンには、こんなに平和な村でそんな事件が起こるとはとても思えなかった。
 「そこの窓(まど)を開け放しているの、不思議だと思わない? だって、十月だし、もう夕方だし」 女の子は床(ゆか)まである大きな窓(まど)を指さしていった。そのむこうは芝生(しばふ)だ。
 「あの窓(まど)から、ちょうど三年前の今日、おじさんがおばさんのふたりの弟を連れて、いつもの狩(か)りに出かけたの。そしてそのままもどってこなかった。(……)」

   サキ=作 金原瑞人(かねはら・みずひと)=訳 「開け放たれた窓」
   金原瑞人=編訳 『八月の暑さのなかで—ホラー短編集
   岩波少年文庫 2010/07/14


(J3) 訳者未確認 2008
「悲劇?」フラムトンは、この静穏な田舎に悲劇とはまた場違いな、と思いながらそうたずねた。
「10月の夕方にしては、窓を大きく開けてると思いません?」姪は、庭に向かって開いている大きなフランス風の窓を指差した。
「この時期にしては暖かいですからね」フラムトンは答えた。「あの窓が悲劇となにか関係あるんですか?」
「ちょうど三年前の今日のことです。あの窓から、おばの主人と二人の弟たちは狩猟で出かけていったんです。ところが帰ってきませんでした。(……)」

   サキ=著 訳者未確認 「開いた窓」
   E-text at Translation Note 2008-08-21


(J4) 陰陽師 2005
「大変な悲劇ですって?」こんな平和な田舎に大変な悲劇とは、ひどく場違いのような気がした。
「どうして十月の午後だというのに、あそこの窓を開けっぱなしにしているんだろう、って、おそらく不思議に思ってらっしゃるのでしょうね」姪は、芝生に向かって開いている大きなフランス窓を示した。
「この時季にしては暖かいですからね」とフラムトンは答えた。「でも、あの窓がなにかご不幸と関係がおありなんですか」
「ちょうど三年前の今日、あの窓を通って、伯父と、伯母の弟ふたりが狩に出かけたのです。そのまま三人は戻ってきませんでした。(……)」

   サキ=著 陰陽師=訳 「開いた窓」 サキ コレクション vol.1
   Ghostbuster's Book Web.
   初出 2005/04/26 - 2005/04/28 改訂 2005/05/29


(J5) 大津 1999
「悲劇?」とフラムトンは言った。とにかくこんな静かな田舎で悲劇とは場ちがいなようだった。
「この十月の午後にあの窓をどうして開けたままにしているか不思議でしょう?」と、芝生の庭に向かって開けてある大きなフランス窓を指さして、姪は言った。
「この時季にしては、今日はとても暖かですよ」とフラムトンは言った。「でもあの窓がその悲劇となにか関係があるのですか?」
「ちょうど三年前の今日、伯父と伯母の二人の弟があの窓から猟に出かけたのです。でも帰ってきませんでした。(……)」

   サキ(本名ヘクター・ヒュー・マンロウ)=著
   大津栄一郎=訳 「開けたままの窓」
   『サキ傑作選』 ハルキ文庫 角川春樹事務所 1999/03


(J6) 佐藤 1996
「悲劇だって?」フラムトンには、悲劇などこの平穏な田舎では場違いなことのように思えた。
「どうして十月の夕方にあの窓が大きく開けてあるのか、不思議にお思いになりませんか」娘は、芝生に向かって開いている大きなフランス窓を指さした。
「今日は今時分にしてはとても暖かいからだろう。でも、あの窓が悲劇と何か関係があるのかい」
「叔母の夫と叔母の二人の弟が三年前の今日日帰りの猟に出かけたとき、通り抜けたのがあの窓なのよ。三人とも帰って来なかったわ。(……)」

   サキ=作 佐藤嗣二(さとう・つぐじ)=訳 「開け放たれた窓」
   佐藤嗣二=編訳 『英米ゴーストストーリー傑作選
   新風書房 1996/12


(J7) 上木 1989
「悲しいめですって?」
 フラムトンはびっくりして聞きかえした。この、のんびりとしたいなかに、悲劇(ひげき)など似(に)あわないような気がした。
「今は十月ですよね。それなのに夕方になっても窓(まど)をあけっぱなしにしておくなんて、変だとお思いになりません?」
 娘(むすめ)さんは、大きなフランス窓(まど)を指さした。窓(まど)は開いていて、そこから芝生(しばふ)の庭にでられるようになっている。
「さあ、今年は十月といってもまだあたたかいし、あけておいてもおかしくないと思いますが? で、窓(まど)とその悲しいできごとと、なにか関係があるのですか?」
「ええ。三年前の今日、おじは、おばの弟をふたりつれて狩(か)りに出かけました。いつものようにあの窓(まど)からでていったのよ。そして三人とも、それっきり帰ってきませんでした。(……)」

   サキ=作 上木さよ子=訳 「開いている窓」
   江河徹(えがわ・とおる)=編 ひらい たかこ=画
   『なぞめいた不思議な話』 幻想文学館2 くもん出版 1989/08


(J8) 木村 1985
「悲劇って?」
 フラムトンはたずねた。こんな、のどかないなかに悲劇なんてことばは、につかわしくない気がした。
「十月の、夕方も近い時刻に、窓をあけっぱなしにしておくなんて、おかしいとおおもいでしょうね。」
 フラムトンのうしろでは、大きなフランス窓が、しばふにむかってあけはなたれていた。それをゆびさして、少女がいった。
「この季節にしては、あたたかい日じゃありませんか。」
 フラムトンはこたえた。
「で、あの窓が、その悲劇とやらとかんけいでもあるんですか?」
 すると、少女は声をひそめ、ゆっくりとはなしだした。
「ちょうど三年前の、きょうのことでした。あの窓から、おじと、おばの二人の弟とが、猟に出かけて……二度ともどりませんでした。(……)」
[ルビは省略しました]

   サキ=作 木村由利子=文 「ひらかれた窓」
   サキ〔ほか〕=作 『おおかみ男』 ポプラ社文庫 1985/08


(J9) 都筑 1983
「かなしいできごと?」
「十月だというのに、それも、もう夕がた近(ちか)いというのに、どうしてあのまどをあけっぱなしにしておくのか、きっとへんにお思(おも)いでしょう?」
と、少女(しょうじょ)はまどをゆびさした。まどといっても、ゆかまでとどいていて、ドアみたいにひらくようになっているフランスまどだ。それは、少女(しょうじょ)のいうとおり、あけっぱなしになっていて、外(そと)は庭(にわ)のしばふだった。
「いまごろにしては、きょうはあたたかいようですが——。でも、あのまどが、かなしいできごとと、なにか関係(かんけい)があるんですか。」
「三年まえのある日、ああ、ちょうど、きょうですわ。あのまどから庭(にわ)へ出て、三人のおじが猟(りょう)に出かけたんです。くわしくいうと、おばの夫(おっと)と、あとのふたりは、おばの弟(おとうと)なんですの。猟(りょう)に出かけて、それきり帰(かえ)ってきませんでした。(……)」

   サキ=作 都筑道夫=訳 「ひらいたまど」
   小泉八雲〔ほか〕=〔著〕 保永貞夫(やすなが・さだお)〔ほか〕=訳
   『怪談 ほか』 講談社青い鳥文庫 1983/08


(J10) 河田 1981
 「悲しい出来事ですって」とフラムトンは問い返した。こんな平和な田舎に、悲しい出来事など、何となく場違いのように思われた。「十月の午後だと言うのに、なぜあの窓をあけっぱなしにしておくのか不思議にお思いでしょうね」と姪は、芝生に面した、床まで届く大きなフランス窓を指さした。
 「今時分にしちゃ、暖かいですからね。でも、あの窓がその悲しい出来事と何か関係があるんですか」
 「ちょうど三年前のことです。伯母の連れ合いと伯母の二人の弟があの窓から鉄砲を打ちに出かけたんです。三人はそれきり戻って来ませんでした。(……)」

   サキ=著 河田智雄(かわだ・ともお)=訳 「開いた窓」
   『サキ傑作集』 岩波文庫 1981/11


(J11) 田内 1979
「悲劇ですって?」とフラムトンは聞き返した。こんな平和な片田舎に、悲劇など、およそお門(かど)ちがいに思えたからである。
「十月の夕ぐれどきに窓をすっかり開けはなってるのを奇妙にお思いでしょうね」と娘は、芝生の方へと開いている大きなフレンチ・ウインドウを指した。
「今頃にしてはあたたかいですよ。だけど、あの窓がその悲劇と、何か関係でもあるんですか?」
「ちょうど三年前の今日、伯母の主人と二人の弟が、あの窓から猟に出て行ったんです。そして、二度と帰らなかったんです。(……)」

   サキ=著 田内初義(たうち・はつよし)=訳 「開かれた窓」
   『サキ短編集』 講談社文庫 1979/06


(J12) 中西 1978, 1988
「悲しい運命ですって?」とフラムトンは聞き返した。なぜかこののどかな田舎に悲しい運命は場ちがいの気がする。
「あの窓、十月の昼すぎなのにあけたままにしておくなんて変だ、とお思いでしょう?」と姪はいって、芝生(しばふ)に向かってあけ放してある大きなフランス窓を指さした。
「今の時節としては割に暖かですからね。ですがあの窓が伯母さまの悲しい運命というのに何か関係でもあるんですか?」
「ちょうど三年前の今日でした。あの窓から伯母の夫が、伯母の弟をふたりつれて狩猟(しゅりょう)に出て行きました。それきり戻(もど)らないんですの。(……)」


(J13) 永井 1975
「悲劇というと?」と、フラムトンは問いかえした。こののどかな田舎に、悲劇はそぐわないような気がした。
「十月の午後になぜあすこの窓をあけはなしておくのかと、不思議に思われたことでしょうね」娘は芝生に面した大きなフランス窓を指さしていった。
「この時季にしてはたいそう暖かいですからね」と、フラムトンは言った。「しかし、
あの窓とその悲劇とやらは何か関係があるんですか?」
「ちょうど三年前のきょう、おじと、おばの二人の弟があの窓から外に出て猟にでかけたのです。三人はそれっきり帰ってきませんでした。(……)」

  • サキ(H・H・マンロー)=著 永井淳(ながい・じゅん)=訳 「開かれた窓」
    エラリー・クイーン=編 『ミニ・ミステリ傑作選』 創元推理文庫 1975/10
  • 原典: Ellery Queen's minimysteries; 70 short-short stories of crime, mystery, and detection. Edited by Ellery Queen. New York, World Pub. Co., 1969.

(J14) 中村 1958, 2002, etc.
「不幸って?」とフラムトンはたずねた。こんな安らかな田舎では、不幸など、なんとなく場ちがいのような気がしたのだ。
「十月の午後だというのに、窓をこんなに開けはなしにしておくのを、へんだとお思いになるかもしれませんわね」と少女は、芝生のほうへ開いた大きなフランス窓を指しながら言った。
「季節にしちゃ、ちょっと暖かいですからね。でも、あの窓がその不幸となにか関係でもあるのですか」
「あの窓から、ちょうど三年前の今日、伯父と伯母の二人の弟が、猟に出て行きました。そして、そのまま帰ってきませんでした。(……)」

  • サキ=著 中村能三(なかむら・よしみ)=訳 「開いた窓」
    • ランダムハウス講談社=編 『十夜』 ランダムハウス講談社 2006/01
      • 恩田陸「洗練された教養と自虐的ユーモア」という、紹介/解説をまじえた4ページの短いエッセーが、あたまに添えられています。
    • 赤木かん子=編 『一発逆転ミステリー』 ポプラ社 2002/04
      • 若い読者のために c. の用字、仮名遣い、句読点などが改めてあります。
    • サキ短篇集』 新潮文庫 1958/02
  • a. b. は c. を再録したもの。引用は c. 新潮文庫版に拠りました。

(J15) 都筑 1956
「悲しい出来ごとですつて?」フラムトンは問いかえした。この静けさに盈ちた村里は、なんとなく悲劇なぞには、不似合いだつた。
「十月の午後だというのに、あの窓をなぜあんなにいつぱいにあけておくのか、あなたはきつと、ご不審でしょう」大きな仏蘭西(フランス)窓の、芝生にむけて開かれているのを示しながら、姪は言つた。
「今年はわりに暖いようですがね」と、フラムトンは言つた。「しかし、あの窓が悲しい出来ごとに、なにか関係を持つてるんですか?」
「三年前のちようど今日、伯父と伯母のふたりの弟が、一日がかりの獵に、あの窓から出ていつたんですの。それつきり、帰つて来なかつたんです。(……)」

   サキ=著 都筑道夫=訳 「開いた窓」
   早川書房編集部=編 『幻想と怪奇 英米怪談集2
   世界探偵小説全集 早川書房 1956


■ハンガリー語訳 Translations into Hungarian

(Hu1)
— Milyen tragédia? — kérdezte Framton; valószínűtlennek tetszett, hogy ilyen békés, falusi környezetben tragédiák történjenek.

— Gondolom, furcsának találja, hogy októberben is délutánig tárva-nyitva tartjuk az ablakot — mondta az unokahúg, és a padlóig érő franciaablakra mutatott, mely a pázsitra nyílt.

— Az évszakhoz képest nagyon szép időnk van — felel- te Framton — Arra céloz, hogy ennek valami köze van a tragédiához?

— Napra pontosan három évvel ezelőtt, ezen az ablakon át távozott a férje és a két öccse, amikor vadászni indultak. Sosem tértek vissza.

   Hector Hugh Munro (Saki) - A nyitott ablak
   E-text at Hotdog.hu


(Hu2)
– Tragédia? – kérdezte Framton. Valahogy ezen a nyugodt, vidéki helyen a tragédiák oda nem illőnek tűntek.

– Talán elgondolkozott azon, hogy vajon miért tartjuk nyitva az ajtót egy októberi délutánon – kezdte az unokahúg a kertre nyíló hatalmas erkélyajtó felé mutatva.

– Elég meleg van októberhez képest – mondta Framton, – de mi köze van annak az ajtónak a tragédiához?

– Azon az ajtón keresztül hagyta el a házat napra pontosan három évvel ezelőtt a nénikém férje és a két öccse, amikor vadászni indultak. Sosem tértek vissza.

   Saki – A nyitott ajtó
   E-text at infinitedreams


■ロシア語訳 Translation into Russian

      "Трагедия?", спросил Фремтон; в этом покойном сельском месте трагедии казались как-то не к месту.

      "Вы, наверное, удивлены, почему в октябрьский день мы держим это окно нараспашку", сказала племянница, показывая на громадное французское окно, открытое на лужайку.

      "Для этого времени года еще совсем тепло", сказал Фремтон, "разве открытое окно имеет какое-нибудь отношение к трагедии?"

      "Через это окно три года назад в этот самый день ее муж и два ее младших брата ушли утром на охоту. И никогда не вернулись.

   Саки (Г.Х.Манро). Открытое окно
   Copyright (C), Translated by Гужов Е., 1997.
   E-text at Lib.Ru


■ウクライナ語訳 Translation into Ukrainian

- Трагедія? - запитав Фремтон. У цій тихій сільській місцині трагедії здавалися чимось безглуздим.

—Ви, напевно, здивовані, чому жовтневої днини ми тримаємо це вікно нарозтіж, - промовила небога, показуючи на величезне французьке вікно, що було відчинене на галявину.

- Для цієї пори року ще зовсім тепло, - сказав Фремтон, - але ж, хіба відчинене вікно має якесь відношення до трагедії?

- Через це вікно три роки тому цього самого дня, її чоловік і два її молодших брати пішли вранці на полювання. І більше ніколи не повернулися.

   Г.Г. Манро (Сакі) Відчинене вікно
   E-text at завантажити файл з текстами [PDF]


■ブルガリア語訳 Translation into Bulgarian

— Трагедия ли? — изненада се Фрамтън, сякаш в това спокойно провинциално кътче не можеше да се случи нищо трагично.

— Сигурно ви е чудно защо държим този прозорец отворен, макар че е октомври — каза племенницата, като посочи един голям френски прозорец с изглед към моравата.

— Доста е топло за сезона — забеляза Фрамтън, — но нима прозорецът има нещо общо с трагедията?

— Преди три години точно на днешния ден съпругът й и двамата й по-малки братя излезли през него и отишли на лов. И повече не се върнали. 

   Саки — Отвореният прозорец
   E-text at Моята библиотека


■チェコ語訳 Translation into Czech

"Tragédie?" podivil se Frampton. Tragédie mu v tomhle poklidném venkovském zákoutí připadaly nějak nemístné.

"Divíte se možná, proč necháváme v říjnu tyhle dveře dokořán," řekla neteř a ukázala na široké skleněné dveře vedoucí na trávník.

"Letos je ještě dost teplo," poznamenal Frampton, "ale mají ty zasklené dveře něco společného s tou tragédií?"

"Dneska před třemi roky odešel její manžel a dva její mladší bratři právě těmihle dveřmi jako obvykle na lov. Nikdy se nevrátili.

   Otevřené dveře by Saki (Hector Hugh Munro)
   E-text at:
   * monro h.h _Lecba_neklidem [PDF]
   * Literární doupě


■デンマーク語訳 Translation into Danish

»Hendes Tragedie?" spurgte Framton. Der var noget ved dette rolige og landlige Sted, som han ikke rigtig kunde faa til at pase med Tragedier.

„Det under Dem maaske at vi lader Vinduet staa paa vid Gab en Oktoberaften," sagde Niecen og pegede paa et stort fransk Vindue, som stod aabent ud til Haven.

„Det er jo temmelig varmt i Betragtning af Aartiden," sagde Framton, „men har Vinduet noget med Tragedien at gøre?"

„Nøjagtig i Dag for tre Aar siden gik Tantes Mand og hendes to Brødre ud gennem den Dør for at tage paa Jagt. De er aldrig vendt tilbage.

   Det åbne vindue by Saki (H. H. Munro)
   Bog-Anmelderen by Orla Lundbo


■ドイツ語訳 Translation into German

»Die Tragödie?” fragte Framton. Er hatte das Gefühl, dass Tragödien eigentlich gar nicht zu diesem ländlichen Ort passten.

„Vielleicht haben Sie sich schon gewundert, dass die Terrassentür selbst an einem Oktobertag noch so weit offensteht”, sagte die Nichte und deutete auf die breite Tür, die in den Garten hinausführte.

„Ich finde, dass es für diese Jahreszeit noch recht warm ist«, sagte Framton. „Oder hat die Tür etwas mit der Tragödie zu tun?«

„Durch diese Tür verliess – heute genau vor drei Jahren – der Mann meiner Tante mit ihren beiden jüngeren Brüdern das Haus, um wie üblich auf die Jagd zu gehen. Sie kehrten nie mehr zurück.

   Die offene Tür by Saki (H. H. Munro)
   E-text at The-Short-Story


 Video 1 
Italian film La finestra aperta (2009)

Directed by Gregory J. Rossi, Starring Daniele Grassetti


■イタリア語訳 Translation into Italian

  «La tragedia?» chiese Framton; chissà perché, ma in quel tranquillo angolo di campagna le tragedie sembravano del tutto fuori posto.

  «Forse si domanderà perché teniamo quella finestra aperta in un pomeriggio d'ottobre» disse la nipote, indicando una grande porta finestra che dava su un prato.

  «E' piuttosto caldo per essere autunno», disse Framton, «ma la finestra ha qualcosa a che vedere con la tragedia?».

  «Da quella finestra, proprio tre anni fa questo stesso giorno, suo marito e i suoi due fratelli minori uscirono per andare a caccia. Non fecero più ritorno.

   La finestra aperta by Saki (Hector H. Munro)
   Translated by Ilaria Valdiserra
   Sul treno per dovevuoiandaretu Narcissus.me, 2013
   Preview at Google Books


■ポルトガル語訳 Translation into Portuguese

     - Uma tragédia? - perguntou Framton. De alguma forma, neste tranqüilo rincão as tragédias pareciam algo fora de lugar.

     - O senhor deve ter se perguntado por que motivo deixamos aquela porta escancarada em uma tarde de outubro - disse a sobrinha, apontando para uma larga esquadria que dava para um jardim.

     - Faz bastante calor nesta época do ano - disse Framton. - Mas o que a janela tem a ver com a tragédia?

     - Por essa porta, um dia, há exatos três anos, o marido dela e seus dois irmãos menores saíram, para uma caçada. Nunca mais voltaram.

   A porta aberta by Saki (Hector H. Munro)
   E-text at Bestiario


■カタルーニャ語訳(カタロニア語訳) Translation into Catalan

-¿Tragèdia? -va preguntar Framton. D’alguna manera, aquell plàcid indret rural no semblava apropiat per a les tragèdies.

-Potser us pregunteu per què tenim aquella porta oberta de bat a bat en una vesprada d’octubre -va dir la neboda indicant un finestral amb dues portelles que donava al jardí.

-No fa gaire fred per a l’època que és -va dir Framton-. Però, ¿té res a veure aquesta porta amb la tragèdia?

-Per aquesta porta, avui fa exactam ent tres anys, el marit i els dos germans menuts de ma tia van eixir a caçar, tal com feien cada dia. No van tornar mai més.

   Saki. El finestral obert dins Tobermory. Edicions Bromera. Col·lecció
   “A la lluna de València”, 33. Alzira, 1994.
   E-text at Fragments i propostes de treball - Xtec [PDF]


 Video 2 
La ventana abierta - The Sims

Uploaded to YouTube by Rickardon on 2 Mar 2011


■スペイン語訳 Translation into Spanish

-¿Su tragedia? -preguntó Framton; en esta apacible campiña las tragedias parecían algo fuera de lugar.

-Usted se preguntará por qué dejamos esa ventana abierta de par en par en una tarde de octubre -dijo la sobrina señalando una gran ventana que daba al jardín.

-Hace bastante calor para esta época del año -dijo Framton- pero ¿qué relación tiene esa ventana con la tragedia?

-Por esa ventana, hace exactamente tres años, su marido y sus dos hermanos menores salieron a cazar por el día. Nunca regresaron.

   La ventana abierta by Saki
   E-text at Ciudad Seva


■フランス語訳 Translation into French

--  Tragédie ? Quelle tragédie ? fit Framton interloqué. Il avait peine à associer la notion de tragédie avec cet environnement agreste et reposant.

- Vous vous demandez peut-être pourquoi nous laissons cette fenêtre grande ouverte par une après-midi d'octobre, dit la niècehttp://app.cocolog-nifty.com/t/app/weblog/post?__mode=edit_entry&id=16829014&blog_id=61275 en désignant une porte-fenêtre qui donnait sur une pelouse.

Il fait très doux pour la saison, dit Framton ; cette fenêtre aurait- elle quelque chose à voir avec la tragédie ?

- C'est par cette porte-fenêtre que voilà trois ans, jour pour jour, son mari et ses deux jeunes frères sont partis chasser et ne sont jamais revenus.

   La fenêtre ouverte
   Nouvelles : Edition intégrale by Hector Hugh Munro (Saki)
   Translated by Gérard Joulié
   Published by L'Age d'Homme, 2003-06-10


 Video 3 
British film The Open Doors (2004)

監督: ジェームズ・ローガン 出演: マイケル・シーン 日本未公開? Directed by James Rogan, Starring Michael Sheen


 Audio 1 
マークによる朗読 Audiobook read by Marc

下に引用する箇所の朗読は 1:47 から。 Uploaded to YouTube by libribooks on 8 Feb 2010. Audio courtesy of LibriVox. Reading of the excerpt below starts at 1:47.


 Audio 2 
ロイ・マクレディによる朗読 Audiobook read by Roy Macready

下に引用する箇所の朗読は 1:54 から。 Uploaded to YouTube by SpidersHouseAudio on 30 May 2009. Reading of the excerpt below starts at 1:54.


■英語原文 The original text in Englsih

"Her tragedy?" asked Framton; somehow in this restful country spot tragedies seemed out of place.

"You may wonder why we keep that window wide open on an October afternoon," said the niece, indicating a large French window that opened on to a lawn.

"It is quite warm for the time of the year," said Framton; "but has that window got anything to do with the tragedy?"

"Out through that window, three years ago to a day, her husband and her two young brothers went off for their day's shooting. They never came back.


■邦題の異同 Variations of the title in Japanese

  • 「あけたままの窓」 ……中西 1978, 1988
  • 「ひらいたまど」  ………都筑 1983
  • 「ひらかれた窓」 ………木村 1985
  • 「開いた窓」……………陰陽師 2005
  • 「開いた窓」……………河田 1981
  • 「開いた窓」……………中村 1958, 2002, etc.
  • 「開いた窓」……………都筑 1956
  • 「開いている窓」 ………上木 1989
  • 「開かれた窓」…………田内 1979
  • 「開かれた窓」…………永井 1975
  • 「開けたままの窓」 ……大津 1999
  • 「開けっぱなしの窓」  …和爾 2016
  • 「開け放たれた窓」 ……金原 2010
  • 「開け放たれた窓」 ……佐藤 1996

■外部リンク External links


■更新履歴 Change log

  • 2016/04/30 和爾桃子=訳 2016/01/20 を追加しました。
  • 2016/02/24 イタリア映画 La finestra aperta (2009) の YouTube 動画を追加しました。
  • 2014/09/25 ウクライナ語訳、ブルガリア語訳、デンマーク語訳、イタリア語訳、およびカタルーニャ語訳を追加しました。
  • 2013/11/12 2種類のハンガリー語訳を追加しました。
  • 2013/09/09 La ventana abierta - The Sims の YouTube 動画を追加しました。
  • 2013/09/02 目次を新設しました。
  • 2012/08/13 ロシア語訳、チェコ語訳、ドイツ語訳、およびポルトガル語訳を追加しました。
  • 2012/07/17 Librivox による朗読の YouTube 動画を追加しました。
  • 2011/09/19 外部リンクの項を新設しました。また、ロイ・マクレディによる朗読の YouTube 画面、およびスペイン語訳を追加しました。
  • 2010/07/19 金原瑞人=訳 2010/07/14 を追加しました。また、ブログ記事のタイトルに邦題「開け放たれた窓」を追加しました。
  • 2010/04/18 映画 The Open Doors (2004) の YouTube 動画を追加しました。
  • 2010/04/16 訳者未確認 2008-08-21 を追加しました。
  • 2010/02/22 中国語訳(簡体字)、中國語譯(繁體字)、そしてフランス語訳を追加しました。
  • 2007/11/06 都筑道夫=訳 1983/08 を追加しました。
  • 2007/09/14 田内初義=訳 1979/06 を追加しました。
  • 2007/07/13 陰陽師=訳(初出 2005/04/26 - 2005/04/28)を追加しました。
  • 2007/02/22 都筑道夫=訳 1956 を追加しました。
  • 2007/02/19 上木さよ子=訳 1989/08 を追加しました。
  • 2007/02/17 大津栄一郎=訳 1999/03 と永井淳=訳 1975/10 を追加しました。また、書誌情報を修正・補足しました。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ84595840v1308102456

Flag Counter

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages
(1) saki + beasts + and + super-beasts

(2) saki + open + window

■和書 Books in Japanese
  

  

  

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Wednesday, 14 February 2007

Happy Valentine's Day!

Anita_baker_1994 Barbra_streisand_1967 _jim_hall_1963 Carly_simon_1990 Chet_baker_1956 Dave_grusin_1989 Ella_fitzgerald_1956 Elvis_costello_1980 Frank_sinatra_2002 Julie_andrews_2006 Keith_jarrett_et_al_1998 Kenny_rogers_1994 Lionel_hampton_1959 Michael_bolton_2006 Michael_buble_2004 Miles_davis_1964 Nico_1985 Paul_desmond_1962 Rod_stewart_2005 Stan_getz_j_j_johnson_1957 Tonny_bennett_1990

Some of the musicians who performed the tune "My Funny Valentine."

anita_baker_1994
barbra_streisand_1967
jim_hall_1963
carly_simon_1990
chet_baker_1956
dave_grusin_1989
ella_fitzgerald_1956
elvis_costello_1980
frank_sinatra_2002
julie_andrews_2006
keith_jarrett_et_al_1998
kenny_rogers_1994
lionel_hampton_1959
michael_bolton_2006
michael_buble_2004
miles_davis_1964
nico_1985
paul_desmond_1962
rod_stewart_2005
stan_getz_j_j_johnson_1957
tonny_bennett_1990

All songs downloadable from ALLOfMP3.com
 
My_funny_valentine

My funny Valentine
words by Lorenz Hart
music by Richard Rodgers

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Tuesday, 13 February 2007

A letter from Beethoven to his "Immortal Beloved" ベートーヴェンから「不滅の愛人」への手紙 / ベートーヴェンから〈不滅の恋人〉への手紙

        目次 Table of Contents

 Gallery 1  ベートーヴェン直筆の手紙、DVDのジャケット
■中国語訳(簡体字) Translations into simplified Chinese
  (Zh1) 严宝瑜 2010
  (Zh2)
■日本語訳 Translations into Japanese
  (J1) 古山 2010
  (J2) 田内 2009
  (J3) 高見 2004
  (J4) 青木 2001, 2007
  (J5) 池内(若林) 1996
  (J6) 訳者未確認 1995
  (J7) 徳丸+勝村 1992
  (J8) 蛯原 1981
  (J9) 小松 1978, 1982
  (J10) 小松 1963
■ロシア語訳 Translation into Russian
■スペイン語訳 Translation into Spanish
■フランス語訳 Translations into French
  (F1)
  (F2)
 Video 1  TV mini-series Beethoven (2005)
 Video 2  Beethoven - To my immortal beloved (translations in English & Spanish)
■英訳 Translations into English
  (E1) Thayer, Deiters, Riemann, 2013
  (E2)
  (E3)
 Gallery 2  表紙画像 Cover photos
■ドイツ語原文 The original text in German
■更新履歴 Change log


 Gallery 1 
ベートーヴェン直筆の手紙、DVDのジャケット

↓ クリックして拡大 Click to enlarge ↓

a. Immortal_beloved_letter b. 4988102927318_gary_oldman c. Immortal_beloved_special_edition__2


■中国語訳(簡体字) Translations into simplified Chinese

(Zh1) 严宝瑜 2010
7月7日早晨,早安!
当我还在床上的时候我的思想时时快乐地向你飞去,我不朽的爱人!后来又感到悲伤,当我等待着命运,不知道它是否听到我们的祈求。 — 要么和你在一起过活,要么就看不见你;是的,我已决定,我将长久地在远方徘徊,直到我能飞到你的怀抱,在你那里方能让我感到在家里一样,在你的怀抱里我的灵魂才能飞升到精灵的国度[略]
啊,继续爱我 — 永远不要错看你爱人无上忠实的心。L.
永远是你的
永远是我的
永远是我们的。


(Zh2)
7月7日,清晨
早安,我永恒的爱人,虽然未起床,我的思想已经飞到你身边来了,忽而高兴,忽而忧伤,等待着命运的讯息,不知它是否会顺从我们的心愿。我只能完全和你生活在一起,要么根本就活不下去。是的,我决定离别你到外面去飘泊些的时候,直到我能飞到你的怀抱里来对你说:我真的回来了,把我的灵魂和你裹在一起,让它飘到神仙世界里去吧。
[略]
继续爱我吧――决不要冤枉你所爱的路德维格那颗最忠诚的心。
永远是你的
永远是我的
永远是彼此的


■日本語訳 Translations into Japanese

(J1) 古山 2010
おはよう、七月七日——床にいるうちから、思いを君に馳せている。わが不滅の恋人よ。運命が僕らの願いを叶えてくれることを期待しながら、心は喜びに満たされたり、悲しみに沈んだりしている——君と完全に一緒に生きるか、あるいは全くそうでないか。そのいずれかでしか僕は生きられない。そうです、僕は遠くあちこちへとしばらく放浪することに決めた。君の腕に身を投げ、君の傍を本当の故郷だと思い、そして、君に抱かれて、僕の魂を霊の王国へと送ることができるまで——ああ、残念だけれどそうしなければならない。[略]
おお——いつまでも僕を愛して——君を愛している忠実な心を、決して誤解しないでください。
 L.〜〜〜
 永遠に君のもの
 永遠に僕のもの
 永遠に僕らのもの

  • ベートーヴェンから〈不滅の恋人〉への手紙
    古山和男(ふるやま・かずお)=著 『秘密諜報員ベートーヴェン』 新潮新書 2010/05/20

(J2) 田内 2009
7月7日 晴れた朝に
 不滅の恋人よ、ベッドの中にいてもなお、僕の気持ちは君を求めてしまう。あちらこちらで嬉しそうに、時に悲しそうに、運命の女神(フェイト)が僕らに耳を傾けてくれるのか待っている。僕は君と生きるか、そうでなければ独りきりで生きる。僕が君とともにくつろいで、この魂を君の魂で包み込んで精霊の世界に送るその日まで[略]
どうか愛してほしい。君への忠実な愛を信じておくれ。
 君の恋人
 L
 君は永遠
 僕も永遠
 いつまでもふたりで


(J3) 高見 2004
七月七日、おはよう
 まだベッドの中にいるときから、思いは貴女のもとに飛んでいます。私の不滅の愛。そして、運命が私たちの祈りを聞き届けてくれるのを、ときには喜びと共に、そしてまた悲しみと共に待っているのです。人生と真っ向から向かい合うためには、貴女と二人きりで暮らすか、それとも、もう二度と貴女に会わないか、いずれかの道をとるしかない。そう、私は心に決めたのです、いつか貴女のもとに舞いもどり、貴女と共に暮らす真の家庭を見つけたと公言し、貴女の腕に抱かれつつわが魂を祝福された精霊の王国に遊ばせることができるその日まで、自分は外国をさまよい歩くことにしよう、と[略]
ああ、私を愛しつづけてほしい——貴女の恋人の、だれよりも誠実な心をゆめ誤解なさらぬように。
永遠に貴女のもの。
永遠に私のもの。
永遠に私たちのもの。


(J4) 青木 2001, 2007
おはよう 七月七日——
 ベッドの中からすでにあなたへの思いがつのる、わが不滅の恋人よ、運命が私たちの願いをかなえてくれるのを待ちながら、私は喜びにみたされたり、また悲しみに沈んだりしています——完全にあなたといっしょか、あるいはまったくそうでないか、いずれかでしか私は生きられない。そうです、私は遠くへあちこちとしばらく遍歴しようと決心しました。あなたの腕に身を投げ、あなたのもとで完全に故郷にいる思いを味わい、そしてあなたに寄りそわれて私の魂を霊の王国へと送ることができるまで[略]
おお、私を愛しつづけてください——あなたの恋人のこの上なく誠実な心、けっして誤解しないで。
L.
永遠にあなたの
永遠に私の
永遠に私たちの

   《謎の手紙》 (第三信)
   a. 青木やよひ=著 『決定版 ベートーヴェン〈不滅の恋人〉の探究
     平凡社ライブラリー 2007/01/11
   b. 青木やよひ=著 『ベートーヴェン〈不滅の恋人〉の謎を解く
     講談社現代新書 2001/01
   引用は a. に拠りました。


(J5) 池内(若林) 1996
おはよう! 7月7日
 ベッドのなかにいるうちから、もう心は、わが不滅の恋人よ、君に向かってすすんでいく——ときどき喜ばしげに、それからまた悲しげに運命がぼくらの願いを聞き届けてくれるかどうかと期待しつつ。完全に君と一緒であるか、さもなくばまったく別々でなければ、ぼくは生きていけない。そう、ぼくは、君の腕のなかにとびこんでいき、そして君のもとですっかり故郷にいるようなだということができ、君に取り囲まれた魂を精神の王国へ送りだすことができるまで、それまでの長い間、かなたをさまよおうと心に決めた。
[略]
ああ、ぼくを愛し続けよ。君の愛する者のこのうえなく忠実な心をみあやまることのないよう。
 ルートヴィッヒ
 永遠に君のもの、永遠にぼくのもの、永遠に二人のもの!

  • クルト・パーレン=著 池内紀(いけうち・おさむ)=訳 『音楽家の恋文』 西村書店 1996/10/25
  • 池内氏の筆になる「訳者あとがき」によれば、上の恋文を実際に翻訳したのは池内氏自身ではなく、当時氏の勤務先である大学いた女性、若林恵さんだとのこと。
  • 原書: Mein Engel, mein Alles, mein Ich by Kurt Pahlen

(J6) 川成=監訳 1995
[1812年ごろの7月7日]
おはよう
 床の中にいてもあなたへの思いはつのるばかりです。永遠なる我が恋人、楽しい気分になったかと思うと、すぐにまた悲しくなります。私たちの祈りが運命の女神に届いているのでしょうか——あなたとともに人生に立ち向かうべきなのか、それともあなたと二度と会うべきでないのか——そうなのです。私はほかをさまようことに決めたのです。あなたの腕の中に飛び込んでいけるまで、あなたといると本当に心がやすらぐと言えるまで、そして、あなたの腕にくるまれて、私の魂を精霊の世界に送ることができるまで。
[略]
ああ、どうぞ私を愛しつづけて下さい——あなたの最も誠実な恋人の心を決して誤解しないで下さい。
 永遠にあなたのもの、永遠に私のもの、永遠に私たちのもの。  L

  • ルートヴィッヒ・ファン・ベートーヴェンから「不滅の愛人」へ
    ロナルド・タンプリン=編 川成洋(かわなり・よう)=監訳 『歴史を彩る恋人たち—フェイマス・ラブレター』 同朋社出版 1995/04
  • 原書: Famous Love Letters: Messages of Intimacy and Passion, edited by Ronald Tamplin (1995)

(J7) 徳丸+勝村 1992
お早う、七月七日——
床の中にいるときから考えはあなたのことへ、私の不滅の恋人のことへと向かいます、ときどき喜んだかと思うと、また再び悲しくなります、運命が私たちの願いを聞き入れてくれるかどうかわかるのを待っています——私はあなたと完全に一緒になるか、あるいは全く別れてでなければ暮らせません、そうです、私は遠いところを長いあいださまよい歩く決心をしました、私があなたの腕の中に飛び込んでゆけるまで、そしてあなたのもとで本当にくつろいでいると言えるまで、あなたに包まれた私の魂を霊の国に送ることができるまで——そうです、残念だがそうしなければなりません。
[略]
私を愛し続けて下さい——あなたを愛する者の最も忠実な心を決して誤解しないように
 永遠にあなたのもの
 永遠に私のもの
 永遠に私たちのもの。  L.

  • 15. 不滅の恋人
    メイナード・ソロモン=著 徳丸吉彦(とくまる・よしひこ)+勝村仁子(かつむら・じんこ)=訳 『ベートーヴェン(上)』 岩波書店 1992/12/07
  • 原書: Beethoven by Maynard Solomon. New York : Schirmer Books (a division of Macmillan Publishing Co.), 1977

(J8) 蛯原 1981
七月七日、お早よう。
 まだ床にいるうちからあなたへの思いがつのります。わが不滅の恋人よ、運命が私たちの願いを聴き入れてくれるのを期待しながら、私の思いはうれしくなったり悲しくなったりします。あなたと完全にいっしょに暮すか、それともすっかり離れきってしまうか、そのどちらかでなければ私は生きてゆけません。私があなたの腕のなかへ飛んでゆき、そこですっかり故郷に帰ったように思い、あなたにかしずかれて、私の魂を精霊の国へ送れるようになるまでは、私は遠くさまよえる者になろうと決心しました。
[略]
ああ、いつまでも私を愛してください。ほんとうに忠実な心を見忘れないでください。
 あなたの愛するLの。
 永遠にあなたのもの
 永遠に私のもの
 永遠に私たちのもの

  • ロマン・ロラン=著 蛯原徳夫(えびはら・とくお)=訳 ベートーヴェンの「不滅の恋人」——マリアンネ・ツェッケへの手紙——
    ロマン・ロラン全集22 芸術研究3』 みすず書房 1981/11/10
  • 原文: Lettres de Romain Rolland à Marianne Czeke dans la Bibliothèque de l'Académie des sciences de Hongrie, Bibliothecae Academiae Scientiarum Hungaricae, Budapest, 1966

(J9) 小松 1978, 1982
お早よう 七月七日
 床にいるうちから、想いは君の許に馳せる。わが不滅の恋人よ、運命がわれわれの願いを聞き容れてくれるか、と期待しながら、時には喜ばしく、やがてはまた悲し。――君と全く一つになって生きるか、すっかり別れてしまって生きるか。僕が君の腕の中に飛び込んで行けて、君の側(そば)を本当のわが家(や)と思い、君に抱(いだ)かれて魂を精霊の国に送ることが出来るまで、僕は遠くを彷徨(さまよ)う決心をした。
[略]
おお、――いつまでも愛して――心から忠実な心を見誤らないでくれ。
 君を愛するL
 永遠に君のもの
 永遠に僕のもの
 永遠に僕たちのもの

   ルートヴィッヒ・ヴァン・ベートーヴェンから〝不滅の恋人〟へ
   ベートーヴェン=著 小松雄一郎(こまつ・ゆういちろう)=編訳
   a.新編ベートーヴェンの手紙(上)』 (全2冊) 岩波文庫 1982/01/18
   b.ベートーヴェン書簡選集(上)』 (全2冊) 音楽之友社 1978/06/30
   引用は a. に拠りました。

  • a.b. の底本:
    • エメリッヒ・カストナー=編 ユリウス・カップ=増補 『ルートヴィッヒ・ヴァン・ベートーヴェン書簡全集』 一巻本 1923年 ライプツィッヒ
    • Ludwig van Beethovens sämtliche Briefe, Herausgegeben von Emerich Kastner. Völlig umgearbeitete und wesentlich vermehrte Neuausgabe von Dr. Julius Kapp, 1923, Leipzig/Hesse & Becker Verlag.
  • これに、次の本で補正がほどこしてある:
    • エミリー・アンダーソン 『ベートーヴェンの手紙』 三巻本 1961年 ロンドン、ニューヨーク
    • The Letters of Beethoven Collected, Translated and Edited with an Introduction, Appendixes, Notes and Indexes. Emily Anderson. 3 vols., London, New York, 1961.

(J10) 小松 1963
 七月七日 よき朝に
 ベッドにいるうちから、想いはあなたのもとに馳せる。わが不滅の恋人よ、運命がわたしたちの願いをききいれてくれるかと期待しつつ、ときには喜ばしく、やがてはまた悲し。――生涯ということは、あなたとまったく一つになって生きるか、すっかり分れてしまうかです。わたしはあなたの腕のなかに飛び込んでゆけ、あなたの側(そば)をほんとうにわが家と思え、あなたに抱かれて、魂を精霊の国に送ることができるまで、わたしは遠くをさまよおうと決心をしました。
[略]
おお、――いつまでも愛して下さい――心から忠実な心を見あやまらないで下さい。
 あなたを愛する L
 永遠にあなたのもの
 永遠にわたしのもの
 永遠にわたしたちのもの


■ロシア語訳 Translation into Russian

Доброе утро, 7 июля
Даже в постели мысли мои летят к тебе, Бессмертная Любовь моя! Меня охватывает то радость, то грусть в ожидании того, что готовит нам судьба. Я могу жить либо с тобой, либо не жить вовсе. Да, я решил до тех пор блуждать вдали от тебя, пока не буду в состоянии прилететь и броситься в твои объятия, чувствовать тебя вполне своей и наслаждаться этим блаженством.
[Omission]
Люби меня по-прежнему - не сомневайся никогда в верности любимого тобою

А.
Навеки твой,
Навеки моя,
Навеки мы — наши.


■スペイン語訳 Translation into Spanish

Buenos días el 7 de Julio -
mientras estoy aun en la cama mis pensamientos se lanzan a si mismos hacia ti mi eternamente amada de a ratos alegres y entonces otra vez tristes. esperando al destino. si este nos otorgará una resolución favorable - yo puedo solo vivir ya sea totalmente contigo o no viviré Si he resuelto vagar si rumbo en la distancia, hasta que Pueda volar a tus brazos y pueda considerarme enteramente en casa contigo y pueda enviar mi alma abrazada por ti al reino del espíritu si, infortunadamente así debe ser
[Omission]
oh, continua amándome – nunca juzgues mal el mas fiel corazón de tu amado
L
siempre tuyo
siempre mía
siempre nuestro

  • Ludwig van Beethoven - La Carta a la Amada Inmortal
  • E-text at LvBeethoven.com by Dominique Prevot
  • A similar translation can be found at Wikisource

■フランス語訳 Translations into French

(F1)
Bon matin, le 7 juillet
Au lit mes pensées se pressent déjà vers toi, mon immortelle Bien-aimée, parfois joyeuses, puis de nouveau tristes, demandant au Destin s'il nous exaucera. — Vivre, je ne le peux qu'entièrement avec toi ou pas du tout, j'ai même résolu d'errer au loin jusqu'au jour où je pourrai voler dans tes bras et pourrai me dire  tout à fait dans ma patrie auprès de toi, puisque, tout entouré par toi, je pourrai plonger mon âme dans le royaume des esprits.
[Omission]
continue à m'aimer — ne méconnais jamais le cœur très fidèle de ton aimé L.
Éternellement à toi,
Éternellement à moi,
Éternellement à nous.


(F2)
Bon matin le 7 juillet -
Déjà du lit mes idées se pressent vers toi mon immortelle bien-aimée, de temps en temps joyeuses, puis de nouveau tristes, attendant du destin de savoir s'il nous écoutera - vivre je ne le puis que totalement avec toi ou pas du tout, oui, j'ai décidé d'errer au loin jusqu'à ce que je puisse voler dans tes bras et me dire chez moi auprès de toi, que je puisse envoyer mon âme tout entourée de toi dans le Royaume des esprits -
[Omission]
Oh continue de m'aimer - me méconnais jamais le cœur tant fidèle de ton bien-aimé
L.
à jamais à toi
à jamais à moi
à jamais à nous

  • Ludwig van Beethoven - Les lettres à l'Immortelle Bien-Aimée
    LvBeethoven.com by Dominique Prevot

 Video 1 
TV mini-series Beethoven (2005) The Genius of Beethoven 2/3 "Love and Loss"

下に引用する手紙の朗読は 42:48 あたりから始まります。 Uploaded to YouTube by BoschPianoMusic on 6 Dec 2011. Starring Paul Rhys (as Beethoven). Presented by Charles Hazlewood. Reading of the letter quoted below starts around 42:48.


 Video 2 
Beethoven - To my immortal beloved (translations in English and Spanish)

Uploaded to YouTube by azul7 on 18 Oct 2008


■英訳 Translations into English

(E1) Thayer, Deiters, Riemann, 2013
Good-morning, on July 7.
Though still in bed my thoughts go out to you, my Immortal Beloved, now and then joyfully, then sadly, waiting to learn whether or not fate will hear us. I can live only wholly with you or not at all—— yes, I am resolved to wander so long away from you until I can fly to your arms and say that I am really at home, send my soul enwrapped in you into the land of spirits—
[Omission]
Oh continue to love me—never misjudge the most faithful heart of your beloved L.
   ever thine
   ever mine
   ever for each other.


(E2)
Good morning, on July 7
Even though still in bed, my thoughts go out to you, my Immortal Beloved, now and then joyfully, then sadly, waiting to learn whether or not fate will hear our prayer - To face life I must live altogether with you or never see you - Yes, I am resolved to be a wanderer abroad until I can fly to your arms and say that I have found my true home, and enfolded in your arms can let my soul be wafted to the realm of blessed spirits -
[Omission]
Oh continue to love me - never misjudge the most faithful heart of your lover.
ever yours
ever mine
ever ours
L.


(E3)
good Morning on the 7th of July--
already in bed my thoughts go out to You, my Immortal Beloved, here and there joyfully, then again sadly, awaiting from fate if it will hear us--I can only live wholly with you or not at all, yes, I have resolved to wander away from you for so long until I can fly into your arms, and send my soul, enwrapped in you, into the land of spirits
[Omission]
oh go on loving me--never misjudge the faithful heart of your beloved.
forever thine
forever mine
forever us.


 Gallery 2 
表紙画像 Cover photos

ja Ja_9784582765991 en En_9780691027173 de De_9783881880459


■ドイツ語原文 The original text in German

guten Morgen am 7ten Juli —
schon im Bette drängen sich die Ideen zu dir meine Unsterbliche Geliebte, hier und da freudig, dann wieder traurig, vom Schicksaale abwartend, ob es unß erhört — leben kann ich entweder nur ganz mit dir oder gar nicht, ja ich habe beschlossen in der Ferne so lange herum zu irren, bis ich in deine Arme fliegen kann, und mich ganz heymathlich bey dir nennen kann, meine Seele von dir umgeben in's Reich der Geister schicken kann
[Omission]
o liebe mich fort – verken nie das treuste Herz deines Geliebten
L.
ewig dein
ewig mein
ewig unß


■更新履歴 Change log

  • 2014/05/22 池内紀=訳(実際には若林恵=訳) 1996/10/25 を追加しました。
  • 2013/09/22 目次を新設しました。また、これまで (E1) で引用していた英訳のテキストを、より正確なものと差し替え、書誌情報を補足しました。
  • 2013/05/03 Beethoven Documentary - The Genius of Beethoven の YouTube 動画を追加しました。
  • 2012/03/24 徳丸吉彦+勝村仁子=訳 1992/12/07 を追加しました。
  • 2012/03/18 古山和男=著 2010/05/20 を追加しました。
  • 2012/01/22 严宝瑜による簡体字中国語訳、青木やよひ=著 2007/01/11、および蛯原徳夫=訳 1981/11/10 を追加しました。また、ドイツ語原文のテキストと書誌情報を修正しました。さらに、表紙画像を追加しました。
  • 2011/11/15 小松雄一郎=訳 1963/07/15 とロシア語訳を追加しました。
  • 2010/05/02 スペイン語訳を追加しました。また、リンク切れとなっていた中国語訳(簡体字)のリンクを張り直し、訳文を一部修正しました。さらに、英訳とスペイン語訳のついたYouTube 動画を追加しました。
  • 2009/06/13 小松雄一郎=編訳 の書誌情報を補足しました。
  • 2009/06/09 小松雄一郎=編訳 1982/01/18 を追加しました。
  • 2009/06/08 田内志文=訳 2009/01/30 を追加しました。
  • 2007/02/13 【訂正】 ドイツ語原文に誤記が複数箇所見つかったので、訂正しました。エスツェット (eszett)/シャーフェス エス (scharfes s) か ss かといった正書法上の問題もありました。しかし、それだけでなく、単純なミススペリングも見つかりました。リンク先の3つのドイツ語テキストが、どの2つのペアについても完全に一致しないために、異同の箇所を確かめたところ、誤りに気がつきました(いいかえると、リンク先テキストは、いずれも完全に正しくはないということです)。もし他にもまだ誤りがありましたら、ご指摘ください。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ翻訳ブログ人気ランキング参加中

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages
(1) beethoven + immortal beloved

(2) love letters

■和書 Books in Japanese
(1) ベートーヴェン 不滅の恋人

(2) ラヴレター / ラブレター

■DVD

■CD

  

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Monday, 12 February 2007

Un Maniaque / A Madman by Maurice Level モーリス・ルヴェル「或る精神異常者」

Image1759_1 Photo_20 Les_portes_de_lenfer

        ↑ Click the images to enlarge ↑  
 
[Left]『新青年傑作選4 翻訳編』(新装版)立風書房 (1991)
[Centre]『夜鳥』創元推理文庫 (2003)
[Right] Les portes de l'enfer, Poche (2006)
 
 
■日本語訳 Translations into Japanese

 彼が真から憬(あこが)れたのは、思いもかけぬときに突然湧きおこる惨事、あるいは何か新奇な事変から生ずる溌剌たる、そして尖鋭な悩みそのものであった。実際、オペラ・コミック座が焼けた大火の晩に、彼は偶然そこへ観劇(けんぶつ)に行っていて、ある名状すべからざる大混雑の中から不思議にも怪我(けが)一つせずに遁(に)げだしたのであった。それから、有名な猛獣使いのフレッドがライオンに喰い殺されたときは、檻(おり)のすぐ傍(そば)でまざまざとその惨劇を見ていたのだ。
 ところが、それ以来彼は芝居や動物の見世物に全然興味を失ってしまった。

   J1. モーリス・ルヴェル=著 田中早苗=訳「或る精神異常者」
    『新青年傑作選4 翻訳編』(新装版)
    立風(りっぷう)書房 1991/09 所収
   J2. モーリス・ルヴェル=著 田中早苗=訳「或る精神異常者」
    日影丈吉(ひかげ・じょうきち)=編『フランス怪談集
    河出文庫 1989/11 所収
   J3. モーリス・ルヴェル=著 田中早苗=訳「或る精神異常者」
    松本清張+水谷準+横溝正史=監修 中島河太郎=編
    『新青年傑作選4 翻訳編』立風書房 新装版 1975 所収
   J4. モーリス・ルヴェル=著 田中早苗=訳「或る精神異常者」
    松本清張+水谷準+横溝正史=監修 中島河太郎=編
    『新青年傑作選4 翻訳編』立風書房 初版 1970 所収
   J5. モーリス・ルヴェル=著 田中早苗=訳「ある精神異常者」
    中島河太郎=編『ルヴェル傑作集』創土社 1970 所収
   J6. ルヴェル=著 田中早苗=訳「或る精神異常者」
    「新青年」1923/08(大正12)所載

   J6. が初出誌。
 
 
■英訳 Translation into English

(......) Meaningless suffering revolted him; he craved the thrill of sudden catastrophe.

Then, after ten years of waiting, fire indeed ravaged the Opera Comique one night when he was there. He escaped uninjured, but soon afterwards he saw the celebrated lion-tamer Frederick torn to pieces by his cats. The madman was only a few feet away from the cage when it happened. He lost interest in wild beast shows and the theatre and fell into a deep depression.

   A Madman by Maurice Level
   E-text at:
   * Project Gutenberg Consortia Center Collection
   * Harvestfields.ca
   * Project Gutenberg of Australia
   * possessionstudios.com (in PDF format)
 
 
■フランス語原文 The original text in French

Maurice_level_french

   Un Maniaque
   from Les Portes de l'Enfer by Maurice Level
   E-text at:
   * Project Gutenberg EBook
   * Project Gutenberg (mirror site in Taiwan)
   * jydupuis.apinc.org (in PDF format)
 
 
■tomoki y. による注 A note on the editions of the three texts

上に引用した日・英・仏の3言語によるテキストは、おたがいに細部がきちんと対応していないように見受けられます。その理由は、邦訳版と英訳版の依拠した原典の版が異なるからか、翻訳が完訳でなく抄訳であるせいなのか、あるいはそのほかの原因によるのか、詳細は存じません。
 
 
■更新履歴

2007/06/10
日本語訳の書誌情報を修正・補足しました。
 
 
■和書 Books in Japanese
  


 
 

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Ukridge's Accident Syndicate by P. G. Wodehouse P・G・ウッドハウス 「ユークリッジの事故シンジケート」「ユークリッジの傷害同盟」「傷害組合」「怪我をする会」

           目次 Table of Contents

   ■表紙画像その他 Cover photos, etc.
   ■日本語訳 Translations into Japanese
     (J1) 森村 2014
     (J2) 岩永+小山 2008
     (J3) 岡 1940
     (J4) 梶原 1927, 1929, etc.
   ■英語原文 The original text in English
   ■外部リンク External links
   ■更新履歴 Change log


■表紙画像その他 Cover photos, etc.

↓ クリックして拡大 Click to enlarge ↓

a. Ja_9784336057655 b. P_g_wodehouse_ukridge_no_shobaido c. Shinsenen_image1759

d. En_158567479601 e. En_014002205801 f. Pgwodehouse


■日本語訳 Translations into Japanese

(J1) 森村 2014
「(……)俺は頭を打ったに違いないんだ。おかげで俺の記憶はなんだか不確かになっちまった。(……)俺はあることは完全に憶えてる、だがあるところでは俺の記憶はまるきり空白なんだ」
「そうか、だがさ、大将」震える声でユークリッジは言った。「お前はあの保険についちゃ忘れちゃいないだろ?」
「ああ、忘れてない、憶えてるさ」
 ユークリッジは安堵(あんど)のため息を洩(も)らした。
「俺は何誌も週刊誌を定期購読してたんだ」テディ・ウィークスは続けた。「彼らは今、俺に保険金を支払ってくれている」
「そうだ、そうだ、大将」ユークリッジが叫んだ。「だが俺が言いたいのは、お前はシンジケートのことのことを憶えてるだろうってことだ。憶えてるよな?」
 テディ・ウィークスは眉を上げた。
「シンジケート? 何のシンジケートだ?」

  • P・G・ウッドハウス=著 森村たまき(もりむら・たまき)=訳 「ユークリッジの事故シンジケート」 『よりぬきウッドハウス 2』 国書刊行会 2014/03/24

(J2) 岩永+小山 2008
「(……)どうやら、頭をぶつけたらしい。その結果、記憶があやふやになってしまった。あることははっきり思い出せるが、まったく空白の領域もある」
「いや、しかし、その」ユークリッジの声が震えた。「保険のことは忘れてないよな?」
「うん、覚えている」
 ユークリッジが安堵の息を洩らした。
「ぼくは週刊誌をたくさん定期購読していた」とテディ・ウィークスが続けた。「各社がぼくに保険金を払ってくれてる」
「そう、それそれ」ユークリッジが叫んだ。「で、我輩が言ってるのは、シンジケートのこと。覚えてるだろ、どうだ?」
 テディ・ウィークスが眉を吊り上げた。
「シンジケート? 何のシンジケート?」

  • P・G・ウッドハウス=著 岩永正勝(いわなが・まさかつ)+小山太一(こやま・たいち)=訳 「ユークリッジの傷害同盟」 『ユークリッジの商売道』 P・G・ウッドハウス選集 4 文藝春秋 2008/12

(J3) 岡 1940
『(……)僕、物によつては非常に記憶が確かなんだが、物によつては全然頭にないことがあるんだ』
『然しねえ、君。君は保險のことは忘れてはゐないだらうね』
『覺えているさ』
 アクリッヂはこの一言で蘇生の思ひである。
 テッデイは言葉を續ける。
『僕は週刊新聞のいくつかに購讀を申込んでゐる。各社とも僕に今、保險金を支拂つてゐるよ』
『よし、よし。ところで、僕の尋ねるのは、組合のことなんだ。その點は覺えてゐるね』
 テッデイ・ウイークスは眼を上げて云つた。
『組合? 何の組合だ』

  • P・G・ウツドハウス=著 岡成志(おか・しげゆき)=譯 「傷害組合」 『愛犬學校』 P・G・ウツドハウスユーモア傑作集 東成社 1940/08(昭和15)

(J4) 梶原 1927, 1929, etc.
「(……)車にドシンとぶっつかった時、頭を打ったらしいんだ。どうも記憶の具合がへんなんだ。(……)憶えていることははっきり憶えてるが、ほかのこととなるとまるっきり憶えていないんだよ。」
「だけど何だろうね、」とウークリッジの声は震えた。「保険のことはまさか忘りゃアしまいね?」
「忘れるもんか。よウく憶えてるよ。」
 ウークリッジはホッと息をついた。
「あたしゃ方々の新聞を購読していたんでネ(#原文は小さい「ネ」)、保険金がどっさり貰えるんだよ。」
「そうそう、そうだよ。」とウークリッジの声はだんだん大きくなった。「だけどおれの言うのは例の会のことだよ、組合のことだよ。」
 テディ・ウイクスは目を見張って、
「会? 何の会だい?」

  • P・G・ウッドハウス=著 梶原信一郎(かじわら・しんいちろう)=訳 「怪我をする会」 著者名表記は次のようにバラバラです。
  • 初出は e 「新青年」 1927年1月号。引用は a 立風書房 新装版 1991 に拠りました。
  • また、つぎの版は異題ですが、上掲訳の改題再録かと推測されます(未確認)。
    • P・G・ウッドハウス=著 梶原信一郎=訳 「怪我をしよう会」 「新青年」 1931/08(昭和12)増刊号

■英語原文 The original text in English

  'It's the effect of the shock I got when that thing bowled me over. [Omission] I can remember some things perfectly, but in some ways my memory is a complete blank.' [Omission]
  'Oh, but I say, old horse,' quavered Ukridge. 'I suppose you haven't forgotten about that insurance, have you?'
  'Oh, no, I remember that.' Ukridge breathed a relieved sigh.
  'I was a subscriber to a number of weekly papers,' went on Teddy Weeks. 'They are paying me insurance money now.'
  'Yes, yes, old horse,' cried Ukridge. 'But what I mean is you remember the Syndicate, don't you?'
  Teddy Weeks raised his eyebrows.
  'Syndicate? What Syndicate?'


■外部リンク External links

  1. 邦訳の出版社サイト
  2. 邦訳に関する書誌情報
  3. 愛読者どうしの交流や情報交換
  4. その他:
    • Revbiro Tamas Homepage - P. G. Wodehouse ウッドハウス作品を数多くハンガリー語に翻訳した Revbiro Tamas という方のホームページ。本文は英語/ハンガリー語のバイリンガル。写真多数。見ているだけでも楽しめます。
    • The shelves in detail 上記 Tamas 氏のウッドハウス蔵書リスト。壮観。

■更新履歴 Change log

  • 2014/03/24 目次を新設し、森村たまき=訳 2014/03/24 を追加しました。
  • 2008/12/20 岩永正勝+小山太一=訳 2008/12 を追加しました。また、出版社サイトおよび書誌情報に関して修正・補足しました。
  • 2007/07/30 参考の項に挙げた「文芸誌ムセイオン - P・G・ウッドハウスを読む」のURLが変更され、しばらくリンク切れになっておりました。リンクを修正しておきました。
  • 2007/03/14 岡成志=譯 1940/08 を追加しました。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ84595840v1308102456

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザの画面を更新すると入れ替わります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

■DVD                        ■VHS
  

■CD          ■Cassette
    

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, 08 February 2007

A Clean, Well-Lighted Place by Ernest Hemingway ヘミングウェイ 「清潔な、明かりのちょうどいい場所」「清潔で明るい場所」「清潔な、明かりの心地よい場所」「清潔で、とても明るいところ」「清潔な、照明のよい場所」「清潔で明るい所」

        目次 Table of Contents

■はじめに Introduction
 Images  表紙画像 Cover photos
■中国語訳(簡体字) Translation into simplified Chinese
■中國語譯(繁體字) Translation into traditional Chinese
■日本語訳 Translations into Japanese
  (J1) 上田 2016
  (J2) 西崎 2010
  (J3) 柴田 2009, 2012
  (J4) 高見 1996
  (J5) 志村 1982
  (J6) 井上 1982
  (J7) 沼沢 1977
  (J8) 谷口 1972
  (J9) 大久保 1970
  (J10) 龍口 1969
  (J11) 谷口 1964b
  (J12) 佐伯 1961, 1970, etc.
  (J13) 高村 1957, 1966, etc.
  (J14) 龍口 1957
  (J15) 谷口 1955, 1964a
■邦題の異同 Variations of the title in Japanese
 Video 1  A Clean, Well-lighted Place (2005) by Peter Hastie
 Video 2  A Clean, Well-lighted Place, a school project
■その他の映画化作品 Other film adaptations
■ロシア語訳 Translaton into Russian
■イタリア語訳 Translaton into Italian
■ポルトガル語訳 Translaton into Portuguese
■スペイン語訳 Translaton into Spanish
 Audio 1  英語朗読: ステイシー・キーチ Audiobook read by Stacy Keach
 Audio 2  英語朗読: デアリング・バロンズ Audiobook read by Daring Barons
■英語原文 The original text in English
■外部リンク External links
■更新履歴 Change log


■はじめに Introduction

A Clean, Well-Lighted Place はヘミングウェイが書いた短編小説。スクリブナーズ・マガジン1933年3月号に掲載され、おなじ年に短編集 Winner Take Nothing に収録された。


 Images 
表紙画像 Cover photos

a. 410210011309 b. Winnertsktgkg_1
↑ クリックして拡大 Click to enlarge ↑
 

■中国語訳(簡体字) Translation into simplified Chinese

  "我是属于那种喜欢在餐馆呆得很晚的人,"那个年纪大些的侍者说。"我同情那种不想睡觉的人,同情那种夜里要有亮光的人。"
  "我要回家睡觉去了。"
  "我们是不一样的,"那个年纪大些的侍者说。(……)"(……)我每天晚上都很不愿意打烊,因为可能有人要上餐馆。"
  "老兄,开通宵的酒店有的是。"
  "你不懂。这儿是个干净愉快的餐馆。十分明亮。而且这会儿,灯光很亮,还有飘渺的树影。"

   作者:海明威 《一个干净明亮的地方》
   E-text at:
   * 我愛英語网 (52en.com)
   * 文学博客网 (readnovel.com)


■中國語譯(繁體字) Translation into traditional Chinese

  "我是屬於那種喜歡在餐館呆得很晩晚的人,"那個年紀大些的侍者説說。"我同情那種不想睡覺的人,同情那種夜裡要有亮光的人。"
  "我要回家睡覺去了。"
  "我們是不一樣的,"那個年紀大些的侍者說説。(……)"(……)我每毎天晚晩上都很不願意打烊,因為可能有人要上餐館。"
  "老兄,開通宵的酒店有的是。"
  "你不懂。這兒是個乾淨愉快的餐館。十分明亮。而且這會兒,燈光很亮,還有飄渺的樹影。"

   作者: 海明威 譯者: 曹庸 「一個乾淨明亮的地方」
   E-text at:
   * 龍騰世紀 (millionbook.net)
   * 雲臺書屋 (b111.net)


■日本語訳 Translations into Japanese

(J1) 上田 2016

 「俺だって夜遅くまでカフェにいたいほうの人間なんだ」と年上のウェイターが言った。「ベッドに入りたくないやつらと同類なんだよ。夜を照らす明かりが欲しいやつらと」

 「俺は家に帰って眠りたい」

 「俺たちは違う種類の人間なんだ」と年上のウェイターが言った。(……)「(……)毎晩、店を閉めるのが嫌なんだよ。カフェが必要な人がまだいるかもしれないから」

 「なら、一晩じゅう開いてる酒場があるだろ」

 「わかってないなあ。ここは清潔で気持ちのいいカフェだ。明かりもちょうどいい。すごくいい感じの明かりだし、それに今は葉っぱの陰もある」

   アーネスト・ヘミングウェイ=著 上田麻由子(うえだ・まゆこ)=訳

   「清潔な、明かりのちょうどいい場所」

   石塚久郎(いしづか・ひさお)=監訳 『病短編小説集』

   平凡社ライブラリー 2016/09/09 所収


(J2) 西崎 2010
 「おれは夜遅くまでカフェにいたいほうの人間なんだ」年長のウェイターが言った。
 「ベッドに入りたくない奴はみんなおれと同じ人間だ。夜に照明が欲しいと思う人間もそうだ」
 「おれは家に帰ってベッドに入りたい」
 「二種類の人間がいて、おれたちは種類が違う」年長のほうが言った。(……)「(……)おれは毎晩時間がきて店を閉めるのがいやだ。カフェを必要とする人間がいるかもしれないから」
 「なあ(オンブレ)、酒屋は一日中開いてる」
 「分かってないな。ここは清潔で感じがいいカフェだ。照明も申しぶんない。照明が素晴しい上にいまは葉陰もある」

   アーネスト・ヘミングウェイ=著 西崎憲(にしざき・けん)=訳
   「清潔で明るい場所」
   西崎憲=編訳 『ヘミングウェイ短篇集
   ちくま文庫 2010/03/10 所収


(J3) 柴田 2009, 2012
 「わたしはね、カフェに夜更けまでいたい人間の仲間なんだよ」と年上のウェイターは言った。「寝床に入りたくない人間みんなの仲間なんだ。夜の明かりが必要な人間みんなの」
 「おれは家に帰って寝たいよ」
 「君とわたしは違う人間なんだ」と年上のウェイターは言った。(……)「(……)毎晩わたしは店を閉めるのが嫌なんだ。誰かカフェが必要な人がいるかもしれないから」
 「だって、一晩じゅう空いてる[ママ]酒場とか、あるじゃないか」
 「わかってないな。ここは清潔な、気持ちのいいカフェなんだ。明かりも心地よい。明かりがすごくいいし、それにいまは木の葉陰もある」

   アーネスト・ヘミングウェイ=作 柴田元幸(しばた・もとゆき)=訳
   「清潔な、明かりの心地よい場所」
   a.こころ朗らなれ、誰もみな』 柴田元幸翻訳叢書 
     スイッチパブリッシング 2012/11/27 所収
   b.Coyote (コヨーテ) No.38 特集: 山郷の暮らし[夏、山人に聞いた]
     スイッチ・パブリッシング 2009/08/10 所収
   初出は b. の雑誌掲載稿。a.b. に加筆・修正して単行本化したもの。
   引用は a. に拠りました。引用箇所中の修正点はつぎの4点。

  1. きみとわたしは → 君とわたしは
  2. カフェを必要としてる人が → カフェが必要な人が
  3. すごいくいいし → すごくいいし
  4. 木の葉の影もある → 木の葉陰もある

(J4) 高見 1996
「おれも、どちらかといや、カフェに遅くまで粘りたがるほうでね」年上のウェイターは言った。「いつまでもベッドに近寄りたくない連中の同類なんだ。夜には明りが必要な連中の同類なんだよ」
「おれは一刻も早く家に帰って、ベッドにもぐりこみてえや」
「まったく別の種類の人間なのさ、おれたちは」年上のウェイターは言った。(……)「(……)おれが毎晩店を閉めるのをためらうのは、だれか、このカフェを必要とする人間がいるかもしれない、って気がするからなのさ」
「だって、一晩中やってる酒場がいくらでもあるんだぜ、相棒(オンブレ)」
「わかってないな。ここは清潔で、気持のいいカフェだ。照明もゆきとどいている。とても明るい上に、いまじゃ木の葉の投げる影もある」

   アーネスト・ヘミングウェイ=作 高見浩=訳
   「清潔で、とても明るいところ」
   『勝者に報酬はない・キリマンジャロの雪 —ヘミングウェイ全短篇2—
   新潮文庫 1996/07 所収


(J5) 志村 1982
「おれはカフェ・テラスに晩くまでいたい人間の仲間だ」と年上のウェイターは言った。「寝たいと思わない人間の仲間だ。夜に対して照明が必要な人間の仲間だ」
「おれは家に行って寝たい」
「おれたちは二種類の別々な人間だ」と年上のウェイターが言った。(……)「(……)毎晩おれは店をしまうのに気がすすまない。なぜならカフェを必要とする人間がいるかもしれないんだから」
「おまえ(オンブレ)、一晩中あけている居酒屋(ボデガ)があるんだぜ」
「わかっていないな。ここは清潔で気持のよいカフェだ。照明もよい。照明がとてもいいし、それに、いまは木の葉の影がある」

   アーネスト・ヘミングウェイ=作 志村正雄=訳 
   「清潔な、照明のよい場所」
   志村正雄=編 『米国ゴシック作品集』 ゴシック叢書22
   国書刊行会 1982/12 所収


(J6) 井上 1982
「おれはカフェで夜更かししていたいほうの人間なんだ」年上の給仕が言った。「寝たくない人間と一緒にな。夜は明かりが必要な人間と一緒にな」
「家へ帰って寝たいよ」
「あんたとおれとはちがった種類の人間なんだ」年上の給仕は言った。(……)「(……)毎晩おれは店を閉めるのが嫌なんだ。カフェを必要とする人間がいるかもしれないからな」
「あんた(オンブレ)、酒屋(ボデガ)は一晩中開いているよ」
「あんたはわかっていないな。ここは清潔で気持ちのいいカフェなんだ。明るいんだ。照明はとてもいいし、それに、今は、木の葉の蔭もある」

   ヘミングウェイ=作 井上謙治=訳 「清潔な照明のよいところ」
   『勝者には何もやるな ヘミングウェイ短編集3
   荒地出版社 1982/10/20 所収


(J7) 沼沢 1977
「俺もカフェで夜更ししたい人間の一人でな」年上の給仕は言う。「寝床に入りたくない連中、それに夜に明りの欲しい連中と一緒になってな」
「俺は家に帰って寝床に入りたいよ」
「あんたと俺は人種が違うのさ」年上の給仕は言った。(……)「(……)毎夜毎夜、俺は店をしまうのがどうも気が進まん。誰かこのカフェを必要としてる人がいるような気がしてね」
「夜通しやってる酒屋(ボデーガ)がいくらもあるじゃねえか」
「あんたには分ってない。ここは清潔で気持のいい店だ。電燈も明るいしな。明りが特にいいんだよ。それに、この頃だと木の葉の影がまたいい」

   ヘミングウェイ=作 沼沢洽治(ぬまさわ・こうじ)=訳
   「清潔で明るい所」
   『集英社版 世界文学全集77 ヘミングウェイ 老人と海 他
   集英社 1977/10 所収


(J8) 谷口 1972
 「俺は夜遅くまでカフェにすわっていたいほうの人間さ」年上の給仕が言う。「寝床にはいりたくないほうの仲間だ。夜にはあかりを必要とするほうに仲間入りだ」
 「俺は家に帰って、寝床にはいりたい」
 「君とおれは別の種類に属する人間さ」年上の給仕が言う。(……)「(……)おれは毎晩、店を閉めるのがいやなんだ、カフェがないと困るような男がいるかも知れんからな」
 「あんた、そりゃ、夜通しやってる酒場(ボデガ)ってものがあるよ」
 「大ちがいさ。ここは清潔で気持のいいカフェだ。照明が十分だ。この照明がとてもいいし、いま時分になると木の葉の陰もある」

   アーネスト・ミラー・ヘミングウェイ=作 谷口陸男=訳
   「清潔な照明の好いところ」
   『ヘミングウェイ短編集(下)』 岩波文庫 1972/12 所収


(J9) 大久保 1970
「おれは、夜おそくまでカフェにねばっていたい型の人間なんだ」年上の給仕は言った。「寝床にはいりたがらない人間の仲間なんだ。夜は明りが必要な人間の仲間なんだ」
「おれは家へ帰って寝たいよ」
「おまえとおれは、別の種類の人間なんだ」年上の給仕は言った。(……)「(……)おれは毎晩、店をしめるのが気が進まないんだ。カフェがないと困る人がいるんじゃないかと思うとね」
「終夜営業の酒場があるじゃないか」
「おまえにはわからないんだ。このカフェは清潔で感じがいい。電燈も明るいしな。照明がすばらしいし、それに、いまは木の葉の影もある」

   ヘミングウェイ=作 大久保康雄=訳 「清潔な明るい店」
   『ヘミングウェイ短編集(二)』 新潮文庫 1970/06 所収


(J10) 龍口 1969
「わしはおそくまでキャフェに留まっていたいほうの仲間なんだ」と年上のボーイ。「床にはいりたいと思わん連中といっしょなんだね。夜には光を必要とするような人間どもの仲間なんだ」
「おれは、うちへ帰って寝たいよ」
「わしらは二つの違った種類に属する人間なんだね」年上のボーイは言った。(……)「(……)毎晩、わしは店をしめるのにどうも気が進まんでね——誰か、キャフェを必要とする人間が来るんじゃないかと思われてさ」
「そりゃあんた、夜どおし開いてる酒場(ボデガ)ってやつもあるぜ」
「どうもきみにはよくわからんらしいね。ここは清潔で気持ちのいいキャフェなんだ。十分に明るくってね。その明るさがたいへんにいいし、それに今ごろだと、木の葉の陰もあるしさ」

   ヘミングウェイ=作 龍口直太郎=訳 「清潔な明るい場所」
   『キリマンジャロの雪』 角川文庫 1969/12 所収


(J11) 谷口 1964b
「おれは夜遅くまでカフェにすわっていたいほうの人間さ」と年上の給仕が言った。「寝床にはいりたくないほうの仲間だ。夜にはあかりを必要とするほうに仲間入りだ」
「おれは家に帰って、寝床にはいりたい」
「君とおれは別の種類に属する人間さ」年上の給仕は言った。(……)「(……)おれは毎晩、店を閉めるのがいやなんだ、カフェがないと困るような男がいるかもしれんからな」
「あんた、そりゃ、夜通しやってる酒場(ボデガ)ってものがあるよ」
「大ちがいさ。ここは清潔で気持ちのいいカフェだ。照明が十分だ、この照明がとてもいいし、いま時分になると木の葉の蔭もある」

   アーネスト・ヘミングウェイ=作 谷口陸男=訳
   「清潔な照明のよいところ」
   『世界の文学44 ヘミングウェイ』 中央公論社 1964/04 所収


(J12) 佐伯 1961, 1970, etc.
 「俺は、おそく迄カフェにいたい方のくちなのさ」年上の給仕がいった。帰る身支度はすませたばかりだ。「(……)毎晩、店をしめる度に、何か気が進まん。カフェが入用な人間がどこかにいるだろうと思うとね」
 「あんた、オールナイト酒場はいくらもあるぜ」
 「あんたにぁ判らん。清潔で気持のいいカフェなんだ。明るい灯りがあってさ。灯も大へんいいし、それに、ほら、葉の影があるよ」

   ヘミングウェイ=作 佐伯彰一=訳 「清潔な明るい場所」
   a. 鶴見俊輔=編 『新・ちくま文学の森6 いのちのかたち
     筑摩書房 1995/02 底本は下の1974年 講談社全集版
   b.世界文学全集77 ヘミングウェイ』 集英社 1977/10
   c.世界文学全集90 ヘミングウェイ』 講談社 1974
   d.世界文学全集63 ヘミングウェイ』 集英社 1970
   e. 大橋健三郎=編 『アメリカ短篇名作集』 学生社 1961/09 所収
   用字や送り仮名、ルビの有無など、細部は版によって異なります。
   引用は e. に拠りました。


(J13) 高村 1957, 1966, etc.
 「おれは遅くまでカフェにいたいほうの人間さ」と年上の給仕がいった。「ベッドに行きたがらない連中の仲間さ。夜、あかりが必要な連中の仲間さ。」
 「おれは家に帰って、ベッドにもぐりこみたいよ。」
 「おれたちはお互い違った種類の人間なんだな」と年上の給仕がいった。(……)「(……)毎晩、おれは店を閉(し)める気にならないんだ。カフェが必要な者がいるんじゃないかと思ってね」
 「ねえ、あんた(オンブレ)、終夜営業の酒場(ボディーガ)があるよ。」
 「いや、そうじゃないんだ。ここは清潔で気持ちのいいカフェなんだ。それに、明るいしね。照明がすごくいいし、それに、木の葉の影もある。」

   アーネスト・ヘミングウェイ=作 高村勝治=訳 「清潔で明るいところ」
   a. 勝者には何もやるな』 講談社文庫 1977/11 所収
   b.キリマンジャロの雪』 旺文社文庫 1966/11 所収
   c.ヘミングウェイ傑作選』 ミリオン・ブックス
     大日本雄弁会講談社 1957 所収
   a.c. の訳文の異同は未確認。引用は b. に拠りました。


(J14) 龍口 1957
「おれはカフェ・テラスに晩くまでいたい人間の仲間だ」と年上のウェイターは言った。「寝たいと思わない人間の仲間だ。夜に対して照明が必要な人間の仲間だ」
「おれは家に行って寝たい」
「おれたちは二種類の別々な人間だ」と年上のウェイターが言った。(……)「(……)毎晩おれは店をしまうのに気がすすまない。なぜならカフェを必要とする人間がいるかもしれないんだから」
「おまえ(オンブレ)、一晩中あけている居酒屋(ボデガ)があるんだぜ」
「わかっていないな。ここは清潔で気持のよいカフェだ。照明もよい。照明がとてもいいし、それに、いまは木の葉の影がある」

   ヘミングウェイ=作 龍口直太郎=訳 「清潔な明るい場所」
   刈田元司〔ほか〕=編 『現代アメリカ文学全集7 ヘミングウェイ
   武器よさらば・われらの時代に・女のいない男たち他
   荒地出版社 1957 所収


(J15) 谷口 1955, 1964a
 「俺は夜遲くまでカフェに坐つていたい方の人間さ」と年上の給仕がいつた。「寢床にはいりたくない方の仲間だ。夜にはあかりを必要とする方に仲間入りだ」
 「俺は家に歸つて、寢床にはいりたい」
 「君と俺は別の種類に屬する人間さ」年上の給仕はいつた。(……)「(……)俺は毎晩、店を閉めるのがいやなんだ、カフェがないと困るような男がいるかも知れんからな」
 「あんた、そりや夜通しやつてる酒場(ボデガ)つてものがあるよ」
 「大ちがいさ。ここは淸潔で氣持のいいカフェだ。照明が十分だ、この照明がとてもいいし、今時分になると木の葉の蔭もある」

   ヘミングウェイ=作 谷口陸男=譯 「淸潔な照明の好いところ」
   a.ヘミングウェイ全集1 短篇集』 三笠書房 1964/09/30 所収
   b.ヘミングウェイ全集1 男だけの世界・勝者には何もやるな
     三笠書房 1955/10/10 所収
   引用は b. に拠りました。要の旧字は新字で置き換えました。


■邦題の異同 Variations of the title in Japanese

  「清潔で、とても明るいところ」………高見 1996
  「清潔で明るいところ」………………
…高村 1977, 1966, 1957
  「清潔で明るい場所」………………
……西崎 2010
  「清潔で明るい所」………………
………沼沢 1977
  「清潔な、明かりのちょうどいい場所」…上田 2016
  「清潔な、明かりの心地よい場所」…
…柴田 2009, 2012
  「清潔な、照明のよい場所」…………
…志村 1982
  「清潔な明るい場所」…………………
…佐伯 1974, 1961
  「清潔な明るい場所」…………………
…龍口 1969, 1957
  「清潔な明るい店」……………………
…大久保 1970
  「清潔な照明のよいところ」…………
…井上 1982
  「清潔な照明のよいところ」…………
…谷口 1964b
  「清潔な照明の好いところ」………
……谷口 1972
  「淸潔な照明の好いところ」……
………谷口 1964a, 1955


 Video 1 
A Clean, Well-lighted Place (2005) - Part 1 of 2
A short film adaptation by Peter Hastie (Striplight Productions)

Uploaded to YouTube by Peter Hastie on 16 Nov 2009. For more information on Hastie, visit Shooting People and IMDb.


 Video 2 
A Clean, Well-lighted Place, a school project

Uploaded to YouTube by Ash Blodgett on 13 May 2008. A film adaptation for a class at Brooks Institute of Photography. Filmed in a sound stage at Brooks, starring Tara Jayn, Gene Beery, and Chris M.


■その他の映画化作品 Other film adaptations

Other film adaptations of the story include:
   * A Clean, Well-Lighted Place (2008) directed by Joe Ciaravino
   * A Clean, Well-Lighted Place (2002) directed by William Tyler Alspaugh.


■ロシア語訳 Translaton into Russian

  - Я из тех, кто не спешит в постель. Из тех, кому ночью нужен свет.
  - Я хочу домой, спать.
  -  Разные мы люди, -  сказал официант  постарше. [Omission] Каждую ночь мне не хочется закрывать кафе потому, что  кому-нибудь оно очень нужно.
  - Ну что ты, ведь кабаки всю ночь открыты.
  - Не понимаешь  ты ничего. Здесь, в кафе.  Чисто и опрятно. Свет яркий. Свет - это большое дело, а тут вот еще и тень от дерева.

   Эрнест Хемингуэй. Там, где светло и чисто
   E-text at Lib.Ru


■イタリア語訳 Translaton into Italian

"Io sono uno di quelli a cui piace restare al caffè fino a tardi." disse il cameriere più vecchio.
"Con tutti quelli che non vogliono andare a letto."
"Io voglio andare a casa ed infilarmi a letto."
"Siamo di due tipi differenti," disse il cameriere più vecchio. "[Omission] Ogni notte sono riluttante a chiudere perché potrebbe arrivare qualcuno che ha bisogno del caffè."
"Hombre, ci sono bodegas aperte tutta la notte."
"Tu non capisci. Questo è un caffè pulito e piacevole. E' illuminato bene. La luce è molto buona e poi, adesso, c'è l'ombra delle foglie."

   Un posto pulito, illuminato bene by Ernest Hemingway
   Translated by Marco Roberto Capelli
   E-text at Progetto Babele Rivista Letteraria by Marco R. Capelli


■ポルトガル語訳 Translaton into Portuguese

“Eu sou daqueles que gostam de ficar nos cafés até mais tarde”, disse o garçom mais velho. “Junto com aqueles que não querem dormir. Com todos aqueles que precisam de uma luz para a sua noite.”

“Eu só quero ir pra casa dormir.”

“Nós somos bem diferentes”, disse o garçom mais velho. [Omission] Toda noite, eu hesito em fechar porque pode haver alguém que precise do café.”

“Hombre, há bodegas abertas a noite toda.”

“Você não entende. Este é um café limpo e agradável. É bem iluminado. A iluminação é boa e, inclusive, tem até a sombra das folhas.”

   Um Lugar Limpo e Bem Iluminado - Ernest Hemingway
   Translated by Washington Hemmes
   E-text at projeto cadafalso


■スペイン語訳 Translaton into Spanish

-Soy de aquellos a quienes les gusta quedarse hasta tarde en el café -dijo el camarero de más edad-, con todos aquellos que no desean irse a la cama; con todos los que necesitan luz por la noche.

-Yo quiero irme a casa y a la cama.

-Somos muy diferentes -dijo el camarero de más edad. [Omission] -. [Omission] Todas las noches me resisto a cerrar porque puede haber alguien que necesite el café.

-¡Hombre! Hay bodegas abiertas toda la noche.

-Tú no entiendes. Este es un café limpio y agradable. Está bien iluminado. La luz es muy buena y también, ahora, las hojas hacen sombra.

   Un lugar limpio y bien iluminado
   by Ernest Hemingway
   E-text at Ciudad Seva


 Audio 1 
英語原文のオーディオブック 朗読: ステイシー・キーチ
Audiobook in English read by Stacy Keach

下に引用する箇所の朗読は 5:33 から始まります。 Uploaded to YouTube by Best Audio Books on 20 Oct 2014. Reading of the excerpt below starts at 5:33.


 Audio 2 
英語原文のオーディオブック 朗読: デアリング・バロンズ
Audiobook in English read by Daring Barons

下に引用する箇所の朗読は 6:08 から始まります。 Uploaded to YouTube by daringbarons on 20 Nov 2012. Reading of the excerpt below starts at 6:08.


■英語原文 The original text in English

"I am one of those who like to stay late at the cafe," the older waiter said. "With all those who do not want to go to bed. With all those who need a light for the night."

"I want to go home and into bed."

"We are of two different kinds," the older waiter said. [Omission] "[Omission] Each night I am reluctant to close up because there may be some one who needs the cafe."

"Hombre, there are bodegas open all night long."

"You do not understand. This is a clean and pleasant cafe. It is well lighted. The light is very good and also, now, there are shadows of the leaves."


■外部リンク External links


■更新履歴 Change log

  • 2017/02/22 上田麻由子=訳 2016/09/09 を追加しました。
  • 2014/12/23 もう1種類の英語原文オーディオブックの YouTube 画面を追加しました。
  • 2013/07/26 柴田元幸=訳を修正・補足しました。
  • 2013/05/11 目次を新設しました。また、つぎの2本の YouTube 画面を追加しました。
    1. Brooks Institute of Photography の学生のための課題映画
    2. 英語原文のオーディオブック(朗読)
  • 2013/05/02 ポルトガル語訳を追加しました。
  • 2012/07/16 ロシア語訳を追加しました。
  • 2010/06/12 谷口陸男=譯の書誌情報を修正・補足しました。
  • 2010/05/20 井上謙治=訳 1982/10/20 の訳文を追加しました。
  • 2010/05/18 西崎憲=訳 2010/03/10 を追加しました。また、書誌情報と訳例の配列とブログ記事のタイトルを、それぞれ一部修正しました。
  • 2010/03/27 短編映画 A Clean, Well-lighted Place の YouTube 動画、およびイタリア語訳を追加しました。また、外部リンクの項を新設しました。
  • 2009/10/15 柴田元幸=訳 2009/08/10 を追加しました。また、この新訳の邦題を加えて、ブログ記事のタイトルをつぎのように変更しました。 
    • 旧題:
      A Clean, Well-Lighted Place by Ernest Hemingway ヘミングウェイ「清潔で、とても明るいところ」「清潔な、照明のよい場所」「清潔で明るい所」
    • 新題:
      A Clean, Well-Lighted Place by Ernest Hemingway ヘミングウェイ 「清潔な、明かりの心地よい場所」「清潔で、とても明るいところ」「清潔な、照明のよい場所」「清潔で明るい所」 
  • 2007/05/20 谷口陸男=訳 1964/09 を追加しました。
  • 2007/03/15 佐伯彰一=訳 1961/09 を追加しました。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ84595840v1308102456

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages
(1) "Winner Take Nothing"

(2) "Hemingway" + "short stories"

■和書 Books in Japanese

  

保存

保存

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Tuesday, 06 February 2007

Super positions: Une histoire des techniques amoureuses by Anna Alter & Perrine Cherchève アンナ・アルテール+ペリーヌ・シェルシェーヴ 『体位の文化史』

 Image gallery 
表紙画像 Cover photos

ja Ja_super_positions_486182044801 it It_le_posizioni_del_piacere_9788835 fr Fr_super_positions_225310854501

fr Fr_super_positions_9782012357501 fr Fr_super_positions_9782012356528

↑ クリックして拡大 Click to enlarge ↑

[ja] 体位の文化史 作品社 (2006)
[it] Le posizioni del piacere. Una storia delle tecniche amatorie Editori Riuniti (2004)
[fr] Super positions: Une histoire des techniques amoureuses Livre de Poche (2005)
[fr] Super positions: Une histoire des techniques amoureuses Hachette (2004)
[fr] Super positions: Une histoire des techniques amoureuses Hachette (2003)


■日本語訳 Translation into Japanese

第1章 〈宣教師〉の体位 Missionnaire

 神聖不可侵の体位。
 慎み深いわれらが母なる教会が目をつぶってくれる、唯一の体位。
 一九二九年、ザイール川のほとりに棲息するピグミー・チンパンジーのボノボが発見され、さらにその後、このボノボの性行動がかなり奔放なものであることが明らかにされるまでは、正面を向きあうこの体位こそが、野蛮に背を向ける体位だと見なされていた。
〈宣教師〉の体位は、女を引っくり返して肩胛骨(けんこうこつ)を下に仰向けに寝かせることで、人類とサルとの訣別を正式に認めた。別の言い方をすれば、〈宣教師〉の体位によって向かいあわせにさせられ、尻を隠して顔をはっきり見せあうことで、人類は動物界と決定的に断絶したのである。
 中世以降、ヨーロッパで義務づけられてきた穏当な性行為のやり方を、白人の神父はブラックアフリカに対しても強制し、よき未開人に対して獣のような姦淫を禁じてからというもの、この「引っくり返し」は神さまのおかげで普遍的なものとなった。

   アンナ・アルテール+ペリーヌ・シェルシェーヴ=著
   藤田真利子+山本規雄=訳 
   『体位の文化史』 作品社 2006/06


■フランス語原文 The original text in French

原書は未見。英訳はあるかどうか、ちょっと探しましたが見あたりませんでした。

   Super positions: Une histoire des techniques amoureuses
   by Ann Alter & Perrine Cherchève
   (c) Hachette Litteratures, 2003
   * Paperback: Livre de Poche (1 juin 2005)
   * Hardcover: Hachette (6 octobre 2004)


■tomoki y. の雑感

セックスのいわゆる「正常位」のことを、英語でミッショナリー・ポジション 'missionary position' と呼びます。直訳すると「宣教師の体位」。何年もまえに、この英語表現を知ったとき、その由来について、素朴な疑問を抱きました。なぜ「ミッショナリー」なのか?

以来、何人もの英語圏の男女の友人に尋ねてみました。けれども、納得のいく説明をしてくれる人はいませんでした。つまり、彼ら自身も、よく知らなかったのです。

上に引用した『体位の文化史』(原題は直訳すると「スーパー体位——愛のテクニックの歴史」)は、それがしの疑問に、かなりの程度まで答えてくれる本でした。こういう分野は、学界ではどうしてもゲテモノ扱いされがちで、研究してもなかなか真っ当な評価を得られないので、まじめに熱心に研究する人が少ないのではないかしら。


■参考文献 Bibliography

sebastianus さんという方が作成なさった、Amazon.co.jp に載っている次のページは、手軽に入手できる、比較的あたらしい本のリストとして、参考になります。

   * リストマニア! 日本語で読めるセクソロジーの文化史書


■更新履歴 Change log

2013/05/02 表紙画像を追加しました。


にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ翻訳ブログ人気ランキング参加中

  

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Monday, 05 February 2007

The Monkey's Paw by W. W. Jacobs W・W・ジェイコブズ 「猿の手」「猿の足」

        目次 Table of Contents

■はじめに Introduction
 Video 1  The Monkey's Paw (2010) directed by Ricky Lewis Jr.
 Video 2  The Monkey's Paw (2006) directed by Michael Scott
 Video 3  The Monkey's Paw (1978) adapted by Martha Moran
 Video 4  The Monkey's Paw produced by Stillife-Gryphon Films (Preview)
 Video 5  The Monkey's Paw--A Retelling (1965) directed by Robert Stevens
■中国語訳 Translation into Chinese
■日本語訳と再話 Translations and retelling into Japanese
  (J1) 陰陽師 2008
  (J2) 柴田 2006
  (J3) 矢野 1998
  (J4) 倉阪 1997, 2000
  (J5) 佐藤 1996
  (J6) 坂崎 1992
  (J7) 椋田 1989
  (J8) 木村 1985
  (J9) 田村 1976, 1979
  (J10) 白木 1970, 1983, etc.
  (J11) 大久保 1961, 1996
  (J12) 平井 1957, 1969, etc.
  (J13) 鷲尾 1931
  (J14) 菊池 1920
  (J15) 鈴木 1920, 1929, etc.
 Images   表紙画像ギャラリー Cover photo gallery
■ロシア語訳 Translation into Russian
■ドイツ語訳 Translation into German
■ポルトガル語訳 Translation into Portuguese
■スペイン語訳 Translation into Spanish
■フランス語訳 Translation into French
 Audio 1  The Monkey's Paw. Audiobook read by David Barnes, et al.
 Audio 2  The Monkey's Paw. Audiobook read by annegram
 Audio 3  The Monkey's Paw. Audiobook read by Matthias Whitney
 Audio 4  The Monkey's Paw. Audiobook
 Audio 5  The Monkey's Paw. Audiobook read by MJ Franck
■英語原文 The original text in English
■"If you only cleared the house (......)" の意味は?
 What does the phrase "If you only cleared the house (......)" mean?
■日本語出典の書誌情報 Bibliography on sources in Japanese
  (J1) 陰陽師 2008
  (J2) 柴田 2006
  (J3) 矢野 1998
  (J4) 倉阪 1997, 2000
  (J5) 佐藤 1996
  (J6) 坂崎 1992
  (J7) 椋田 1989
  (J8) 木村 1985
  (J9) 田村 1976, 1979
  (J10) 白木 1970, 1983, etc.
  (J11) 大久保 1961, 1996
  (J12) 平井 1957, 1969, etc.
  (J13) 鷲尾 1931, 1991
  (J14) 菊池 1920, 2003
  (J15) 鈴木 1920, 1929, etc.
■外部リンク External links
■更新履歴 Change log


■はじめに Introduction

「猿の手」はイギリスの作家W・W・ジェイコブズが1902年に発表した短編。恐怖小説(ホラーストーリー)のアンソロジーにたびたび採録されている。


 Video 1 
The Monkey's Paw (2010) directed by Ricky Lewis Jr.
The_monkeys_paw_2010
画面の埋め込みは禁じられています。ビデオを観るには ここ をクリック。下に引用する箇所に相当する部分は 14:31 から。 Published on Jul 10, 2012 by slewi111. Embedding disabled by request. To view the video, CLICK HERE. The section corresponding to the excerpt below starts at 14:31.


 Video 2 
The Monkey's Paw (2006) directed by Michael Scott

下に引用する箇所に相当する部分は 3:43 あたりから。台詞は脚色されています。 Uploaded by DorkmanScott on Sep 14, 2006. The section corresponding to the excerpt below starts around 3:43. The lines are adapted.


 Video 3 
The Monkey's Paw (1978) adapted by Martha Moran

下に引用する箇所に相当する部分は 6:23 あたりから。 Uploaded by Deviousdvl on Jan 13, 2011. Produced by Martha Moran. The excerpt below starts around 6:23.


 Video 4 
The Monkey's Paw produced by Stillife-Gryphon Films (Preview)

Uploaded by phoenixfilmandvideo on Apr 8, 2008


 Video 5 
The Monkey's Paw--A Retelling (1965) directed by Robert Stevens
The Alfred Hitchcock Hour: Season 3, Episode 26

下に引用する箇所に相当する部分は 13:08 あたりから。原文と完全におなじではありません。 The excerpted section below starts around 13:08. The lines are not exactly the same as the original text. Published on Nov 4, 2011 by GR160289


■中国語訳 Translation into Chinese

  • The Chinese equivalent of 'Jacobs' is 〈賈可布斯〉, and the title "The Monkey's Paw" is translated into Chinese as either 《猴掌》 or 《猴子的手爪》.  I have not yet seen any edition of this story translated into  Chinese, either traditional or simplified.

■日本語訳と再話 Translations and retelling into Japanese

(J1) 陰陽師 2008
 ホワイト氏は猿の手をポケットから取りだし、疑わしげに眺める。「いったい何を願えばいいもんだが、いざこうなってみるとわからんもんだな」ぽつぽつと言った。「ほしいものはもう何だって揃っとるような気がするしな」
「もしこの家の残金が全額払えたら、父さんたちも助かるでしょう?」ハーバートがそう言いながら、父親の肩に手をかけた。「だから二百ポンドくださいってお願いしてみちゃどうです? ちょうどそれでまかなえる」
 父親は信じやすい自分を恥じるかのように薄笑いをうかべて、魔法の手を高く掲げた。[以下略]

  • W・W・ジェイコブズ=作 陰陽師=訳 「猿の手」

(J2) 柴田 2006
 ホワイト氏はポケットから猿の手を取り出し、疑わしげな目で眺めた。「何を願ったらいいかわからんなあ、実際」と彼はゆっくり言った。「欲しいものはもう、みんな持ってる気がする」
「これであとは家の借金が片付いたら、何の不満もないでしょう?」とハーバートは、父の肩に片手を置きながら言った。「だったら、二百ポンドを与えたまえって願いなさいよ。それで片が付きます」
 自分の信じやすさに我ながら恥じ入るように苦笑しながら、父親がまじないの品をかざすと[以下略]

  • W・W・ジェイコブズ=作 柴田元幸=訳 「猿の手」

(J3) 矢野 1998
 父親のほうは、ポケットから猿(さる)の手をとりだして、うさんくさそうにながめていたが、
「正直なところ、なにを願(ねが)ったらいいか、けんとうもつかんよ。ほしいものは、なんでもあるような気がするし」とつぶやいた。
 ハーバートがその父の肩に手をおいた。
「この家ののこっている払(はら)いが、すっかりきれいになったら、おとうさんも、いい気分(きぶん)になれるんじゃないですか。だったら、おとうさん、二百ポンドをさずけてもらうように、頼(たの)んでごらんなさいよ。それでちょうど、払いが終わるんだから」
 ホワイト氏は、それもそうだと思った。人の話を信じやすい自分が、ちょっぴり恥(は)ずかしく、照(て)れ笑(わら)いをうかべながら、猿の手を高くさしあげた。[以下略]

  • ジェイコブズ=作 矢野浩三郎=訳 「猿の足」

(J4) 倉阪 1997, 2000
 ホワイト氏は、ポケットから猿の手を取り出し、半信半疑で眺めた。「願いごとといっても、実際の話、見当がつかんな」ゆっくりと言う。「ほしいものは全部手に入れたような気がするし……」
「ここを買って持ち家にしたら、めでたしめでたし。そうじゃありませんか、父上」ハーバートは片手を自分の肩にやり、おどけて宣誓するしぐさをした。「それなら、二百ポンドをお願いしてみたらどうです? ちょうどそれで間に合うでしょうから」
 すぐその気になる自分に照れ笑いを浮かべながら、父は「呪いの手」を高くかざした。[以下略]

  • W・W・ジェイコブズ=作 倉阪鬼一郎=訳 「猿の手」

(J5) 佐藤 1996
 ホワイト氏は、ポケットから猿の足を取り出すと、半信半疑の面持ちでしばらく見据えていたが、やがておもむろに「実のところ、どんな願い事をしたらいいのか分からないんだ」と言った。「欲しいものは何でも揃っているようだからな」
「お父さんは、家の中が片づいていさえすれば、ご機嫌なんだからな」ハーバートが父親の肩に手を置いて言った。「じゃあ、二百ポンド授かるように願ってごらんよ。うまくいくかもしれないから」
 父親がまんまと乗せられたことで照れ笑いを浮かべながら魔法の足を高く掲げると[以下略]

  • ジェイコブズ=作 佐藤嗣二=訳 「猿の足」

(J6) 坂崎 1992
 老人は、ポケットから〈猿の手〉をだして、半信半疑のおももちでながめていた。「なにをねがったらいいのかね。かんじんのそれがわからん。」老人はぼそぼそといった。「ほしいものは、みな、もっているような気がするが。」
「家を買いとってしまったら、気分いいんじゃない? 父さん。」ハーバートが、父親の肩に手をおいていった。「じゃあさ、二百ポンド(イギリスの通貨の単位)ほしいいといいなよ。ちょうどそれだけかかるんだから。」
 人の話をすぐ信じこむ自分がわれながらきまりわるいのか、父親は照れ笑いしながら、高くそれをさしあげた。[以下略]

  • ジェイコブズ=作 坂崎麻子=訳 「猿の手」
  • 原文にあるルビは省略しました。

(J7) 椋田 1989
 ホワイト氏はポケットから猿(さる)の手をとりだして、半信半疑(はんしんはんぎ)でながめながら、つぶやいた。
「なにをねがったらいいか、わからんよ。まったくのところ、なにも不足はないからな」
「家の借金をはらいおわったら、すっきりするんじゃありませんか」とハーバートが、父親の肩(かた)に手をかけて言った。「二百ポンドほしいって、ねがったらどうです。それでちょうど、借金がなくなるんだから」
 父親は、子どもだましを本気にする自分にてれて苦笑(くしょう)しながら、猿(さる)の手(て)を目のまえにかざした。[以下略]

  • ジェイコブズ=著 椋田直子=訳 「猿の手」

(J8) 木村 1985
 ホワイト氏はポケットから猿の手をとりだし、うさんくさそうにながめた。
「うーん。ほんとうのところ、なにを願っていいかわからん。ほしいものも、これといってないしなあ。」
「家の借金(しゃっきん)をかたづけられたら、もんくなしじゃないの、とうさん。そうでしょう。」
 ハーバートは父親(ちちおや)の肩(かた)に手をかけた。
「そうだな。二百(ひゃく)ポンド願(ねが)ってみたら、とうさん? それでばんざいさ。」
 ホワイト氏(し)は自分(じぶん)の信(しん)じやすさ、のりやすさににが笑(わら)いしながらも、猿(さる)の手(て)を高(たか)くかかげた。[以下略]

  • ジェイコブズ=作 木村由利子=文 「猿の手」

(J9) 田村 1976, 1979
 ホワイト氏はポケットから猿の手をとりだし、訝かしそうに眺めると、ゆつくりと云つた。
「実際のところ、わしは何を願つたらよいかわからないんだよ。これ以上なんにも望むものはないようだな」
「でももし、この家の家賃をすつかり清算できたとしたら、うれしいでしよう、お父さん」ハーバートは父親の肩に手をのせてつづけた。「それなら二百ポンドのお金を授けてくれるようにお頼みなさいよ、それでちようど間に合いますからね」
 父親はすぐ信じてしまう自分を意識して、ちよつと恥ずかしそうに笑うと、『魔法の手』を高くさしのべた。[以下略]

  • ウィリアム・ウィマーク・ジェーコブズ=作 田村隆一=訳 「猿の手」

(J10) 白木 1970, 1983, etc.
 ホワイトさんは、ポケットからさるの手を取りだすと、信じていいものやら、どうしたものやらわからないといった顔つきで、
「しょうじきのところ、なにを願ったらいいか、けんとうもつかないね。ほしいものは、やたらにあるような気がするがね。」
「でも、お父さん、この家を買えたら、お父さんだって、とてもいい気持ちがするでしょうに——。」
 むすこはそういうと、ホワイトさんのかたに手をかけて、
「ねえ、だからこの家を買えるだけのお金——二百ポンドをさずけてもらえるようにねがってみたら……。」
 ホワイトさんは、なるほど、それもよい考えだと思った。そして、自分はいつも、こんなふうに、つい人の手にのりやすいなあ、といったふうににやにやしながら、さるの手を高くさしあげた。[以下略]

  • ジェイコブズ=作 白木茂=訳 「さるの手」
  • 原文にあるルビは省略しました。

(J11) 大久保 1961, 1996
 ホワイト氏はポケットから猿の手をとり出して、疑わしそうに、じろじろながめた。「何を願望したらよいのか、ほんとうのところ、わからんな」彼は、つぶやくように言った。「わしの願望したことは、すべてもうかなえられているように思えるのでね」
「家の問題を、ちゃんと解決しさえすれば、お父さんは、すっかり幸福になれるのでしょう?」ハーバートが父親の肩に手をおいて言った。「それなら、二百ポンドほしいと願望しなさいよ。それだけあれば、家の問題も解決できるでしょう」
 父親は、おのれの軽信性を恥じるように微笑しながら、神呪の品をささげもった。[以下略]

  • W・W・ジェイコブズ=作 大久保康雄=訳 「猿の手」

(J12) 平井 1957, 1969, etc.
 おやじのホワイト氏は、ポケットから猿の手をとりだして、半信半疑でながめながら、「いや正直のとこ、なにを願ったらいいか、見当がつかんよ。ほしいものは、なにもかもあるような気がするて」
「でもね、とうさん、かりにここの家の金がきれいさっぱりに払えたら、とうさんだっていい気持がするでしょう?」ハーバートはおやじの肩に手をかけて、「ねえ、それだったらとうさん、二百ポンド授けてもらうように頼んでごらんなさいよ。それでチョッキリすむんだから」
 父親はなるほどそれもそうかと、つい人の手に乗りやすい自分を恥じるように、ニヤニヤしながら、猿の手を高くさしあげた。[以下略]

  • W・W・ジェイコブズ(W・W・ジャコブズ)=作 平井呈一=訳 「猿の手」

(J13) 鷲尾 1931
 ホワイト君は件(くだん)の猿の足をポケットから取り出して、やや心もとなそうに眺めた。
「どんな願掛けをしたらいいものかな。わしは、どうも迷うよ。これって——欲しいものも今のじぶんじゃないからね。」と彼は緩(ゆるや)かに言った。「そうさ、それは本当だよ。」
「でもお父さん、この家の建築費の清算が出来たら、なおさら結構じゃないですか?」と、息子は手を頸(くび)に当てながら、父親の言葉を訂正した。「つまり二百ポンドほど願ってみることですね。それだけありゃあ充分間に合うでしょう。」
 父親はいく分羞(はずか)しそうな顔を見せて微笑した。自分自身の軽はずみな信じ方に少し気がさしたのだった。だが、呪符(おまもり)は引っこませなかった。のみならず彼はそれを掲げさえした。その時[以下略]

  • ジャコブス=作 鷲尾浩=訳 「猿の足」

(J14) 菊池 1920
 ホワイト氏は猿の手を、再びポケットから取出して居た。そして、それを半信半疑で見て居た。
「何を願つていゝか、それが判らない。本当に判らない。実際大抵欲しいと思ふものは持つて居るやうにさへ思ふ」と、静(しづか)に云つた。
「家が抵当になつて居る借金を払つてしまふのですな。さうするより外に望みはない。ねえお父さん。」と、息(むすこ)のハアバアトが、父の肩に手を置きながら云つた。「二百磅(ポンド)欲しいと云ふのですな、二百磅(ポンド)なら丁度いゝ」
 父は自分が魔の符を余りに、軽々しく信じて居るのを、少し恥づるやうに微笑しながら、それを高く差し上げた。すると[以下略]

  • ウヰリヤム ジェイコッブス=作 菊池寛=訳 「猿の手」

(J15) 鈴木 1920, 1929, etc.
「しかし、おれはのぞむと言(い)つたつて、さしあたり何(なに)をのぞめばいゝかちよつとあたりがつかないね。おれはもう、ほしいだけのものはみんなもらつてるやうな氣(き)もするしさ。」
「ほんとうだ。これから店(みせ)のそうぢさえしてしまへば、もう寢(ね)られますよ。でも、せつかくだから一つためしにお金(かね)の二千圓(ゑん)もころんで來(こ)いといのつて見(み)ちやどうです。それがいゝな、お父(とつ)さん。」
 おぢいさんは、さも、じぶんのさもしい慾(よく)を笑(わら)ふやうに、へんなほゝえみを見(み)せながら、猿(さる)の手(て)を右手(みぎて)にもつて、じり/\とさし上(あ)げました。[以下略]

  • ウヰリヤム・ジェーコッブス=作 鈴木三重吉=再話 「猿の手」

  Images  
表紙画像ギャラリー Cover photo gallery

↓ クリックして拡大 Click to enlarge ↓

a. 430920465101 b. 448850106001_1 c. 433492378x01
d. Rampo_best_horror e. Saru_no_te_kyofu_to_kaiki f. 0194229483

■ロシア語訳 Translation into Russian

Мистер Уайт вынул из кармана, лапку обезьяны и взглянул на нее с сомнением:  "Я  не знаю,  что  пожелать  и  это-правда, -- сказал он медленно. -- Мне кажется у меня есть все, что я хотел бы иметь".

-- Наверное, если бы  ты  привел  в  порядок  дом,  ты  был  бы  вполне счастлив, не правда ли? -- сказал Герберт, положив ему руку на плечо. -- Ну, -- пожелай тогда двести фунтов стерлингов и этого будет достаточно.

Его  отец,  стыдливо  посмеиваясь  над c обственной доверчивостью, взял талисман, [Omission]

   У.У.Джейкобс. Лапка обезьяны
   Translated by В. Емельянова
   E-text at Lib.Ru


■ドイツ語訳 Translation into German

Mr. White holte die Pfote aus der Tasche und beäugte sie misstrauisch. »Ich weiß wirklich nicht, was ich mir wünschen soll«, sagte er langsam. »Mir scheint, ich habe alles, was ich brauche.«

»Wenn du nur das Haus schuldenfrei hättest, wärst du wohl ganz zufrieden, was?«, sagte Herbert und legte ihm die Hand auf die Schulter. »Wünsche dir also zweihundert Pfund, das wird wohl reichen.«

Mit verschämtem Lächeln über seine Leichtgläubigkeit hielt der Vater den Talisman hoch, [Ommission]

  • Die Affenpfote by W. W. Jacobs
  • E-text at Scribd.com

■ポルトガル語訳 Translation into Portuguese

O Sr. White tirou a pata do bolso e olhou para ela dubiamente.

- Eu não sei o que pedir, é um fato - disse lentamente. - Eu acho que tenho tudo o que quero.

- Se você acabasse de pagar a casa ficaria bem feliz, não ficaria? - disse Herbert, com a mão no ombro dele. - Bem, peça 200 libras, então, isso dá.

O pai, sorrindo envergonhado pela própria ingenuidade, segurou o talismã [Omission]


■スペイン語訳 Translation into Spanish

El señor White sacó del bolsillo el talismán y lo examinó con perplejidad.

-No se me ocurre nada para pedirle -dijo con lentitud-. Me parece que tengo todo lo que deseo.

-Si pagaras la hipoteca de la casa serías feliz, ¿no es cierto? -dijo Herbert poniéndole la mano sobre el hombro-. Bastará con que pidas doscientas libras.

El padre sonrió avergonzado de su propia credulidad y levantó el talismán [Omission]


■フランス語訳 Translation into French

Mr White tira la patte de sa poche et la contempla d'un air indécis.

- "De vrai, je ne sais trop quoi souhaiter," dit-il lentement. "J'ai l'impression d'avoir tout ce que je désire.

- Si tu payais en une seule fois ce que tu dois encore pour la maison, tu serais parfaitement heureux, n'est-ce pas ? déclara [son fils] en lui posant une main sur l'épaule. "Eh ! bien, tu n'as qu'à demander deux cents livres, ça fera juste le compte."

Mr White, souriant avec confusion de sa propre crédulité, éleva le talisman dans sa main [Omission]


 Audio 1 
The Monkey's Paw. Audiobook read by David Barnes, et al.

下に引用する箇所の朗読は 8:36 から。 Uploaded to YouTube by FULL audio books for everyone on 2 Sep 2013. Audio courtesy of LibriVox. Read by David Barnes, Stuart Pyle, Cori Samuel, Jim Mowatt, Peter Yearsley. Reading of the excerpt below starts at 8:36.


 Audio 2 
The Monkey's Paw. Audiobook read by annegram

下に引用する箇所の朗読は 8:49 から。 Uploaded to YouTube by The 16th Cavern on 23 Jan 2013. Audio courtesy of LibriVox. Read by annegram. Reading of the excerpt below starts at 8:49.


 Audio 3 
The Monkey's Paw. Audiobook read by Matthias Whitney

下に引用する箇所の朗読は 7:23 から。 Uploaded to YouTube by classicaudiobooks on 4 Jan 2013. Audio courtesy of LibriVox. Read by Matthias Whitney. Reading of the excerpt below starts at 7:23.


 Audio 4 
The Monkey's Paw. Audiobook

下に引用する箇所の朗読は 7:57 から。 Uploaded to YouTube by SuccessAudioBooks on 10 Oct 2012. Reading of the excerpt below starts at 7:57.


 Audio 5 
The Monkey's Paw. Audiobook read by MJ Franck

下に引用する箇所の朗読は 9:57 から。 Uploaded by vidsharingnetwork on Jan 10, 2012. Audio courtesy of LibriVox. Read by MJ Franck. Reading of the excerpt below starts at 9:57.


■英語原文 The original text in English

Mr. White took the paw from his pocket and eyed it dubiously. "I don't know what to wish for, and that's a fact," he said, slowly. "It seems to me I've got all I want."

"If you only cleared the house, you'd be quite happy, wouldn't you?" said Herbert, with his hand on his shoulder. "Well, wish for two hundred pounds, then; that'll just do it."

His father, smiling shamefacedly at his own credulity, held up the talisman [Omission]


■"If you only cleared the house (......)" の意味は?
 What does the phrase "If you only cleared the house (......)" mean?

[原文 The original]
"If you only cleared the house, you'd be quite happy, wouldn't you?"

「ここの家の金がきれいさっぱりに払えたら」 …………………平井 1957, etc.
「ここを買って持ち家にしたら」…………………………………倉阪 1997, 2000
「この家ののこっている払いが、すっかりきれいになったら」…矢野 1998
「この家の家賃をすつかり清算できたとしたら」 ………………田村 1976, 1979
「この家の建築費の清算が出来たら」…………………………鷲尾 1931, 1991
「この家を買えたら」……………………………………………白木 1970, 1983, etc.
「これから店のそうぢさえしてしまへば」 ………………………鈴木 1920, 1929, etc.
「もしこの家の残金が全額払えたら」 …………………………陰陽師 2008
「家が抵当になつて居る借金を払つてしまふのですな」  ……菊池 1920, 2003
「家の借金が片付いたら」  ……………………………………柴田 2006
「家の借金をかたづけられたら」………………………………木村 1985
「家の借金をはらいおわったら」 ………………………………椋田 1989
「家の中が片づいていさえすれば」……………………………佐藤 1996
「家の問題を、ちゃんと解決しさえすれば」……………………大久保 1961, 1996
「家を買いとってしまったら」……………………………………坂崎 1992


■日本語出典の書誌情報 Bibliography on sources in Japanese

(J1) 陰陽師 2008
   W・W・ジェイコブズ=作 陰陽師=訳 「猿の手
   ghostbuster's book web.
   初出: 2008/02/07 - 2008/02/13 改訂: 2008/02/16

(J2) 柴田 2006
   W・W・ジェイコブズ=作 柴田元幸=訳 「猿の手」
   エドワード・ゴーリー=編 A・ブラックウッド〔ほか〕=著
   柴田元幸+小山太一+宮本朋子=訳 
   『憑かれた鏡——エドワード・ゴーリーが愛する12の怪談
   河出書房新社 2006/08

(J3) 矢野 1998
   チャールズ・ディケンズ=著 矢野浩三郎=訳 「信号手」
   W・W・ジェイコブズ〔ほか〕=著 『猿の手 恐怖と怪奇名作集4
   岩崎書店 1998/12

(J4) 倉阪 1997, 2000
   W・W・ジェイコブズ=作 倉阪鬼一郎(くらさか・きいちろう)=訳
   「猿の手」
   a. 森英俊+野村宏平=編 『乱歩の選んだベスト・ホラー
     ちくま文庫 2000/03
   b. W・W・ジェイコブズ=作 倉阪鬼一郎=訳 「猿の手」
     『小説すばる』 1997年7月号(集英社)
   a. の底本は b.。引用は a. に拠りました。

(J5) 佐藤 1996
   ジェイコブズ=作 佐藤嗣二(さとう・つぐじ)=訳 「猿の足」
   佐藤嗣二=編訳 『英米ゴーストストーリー傑作選』 新風書房 1996/12

(J6) 坂崎 1992
   坂崎麻子(さかざき・あさこ)=編訳
   『七つの恐怖物語—英米クラシックホラー』 偕成社文庫 1992/07

(J7) 椋田 1989
   ジェイコブズ=著 椋田直子(むくだ・なおこ)=訳 「猿の手」
   江河徹(えがわ・とおる)=編 『奇妙な動物の話
   幻想文学館3 くもん出版 1989/08

(J8) 木村 1985
   ジェイコブズ=作 木村由利子=文 「猿の手」
   サキ〔ほか〕=作 『おおかみ男』 ポプラ社文庫 1985/08

(J9) 田村 1976, 1979
   ウィリアム・ウィマーク・ジェーコブズ=作 田村隆一=訳 「猿の手」
   a. 柴田武彦=編 『海外版 怪奇ファンタジー傑作選
     集英社文庫 コバルトシリーズ 1979/08
   b. 早川書房編集部=編 『幻想と怪奇 英米怪談集2
     ハヤカワ・ミステリ 1976/10
   a.b. とでは、用字がやや異なります。

(J10) 白木 1970, 1983, etc.
   ジェイコブズ=作 白木茂(しらき・しげる)=訳 「さるの手」
   a. ホフマン〔ほか〕=作 『鏡にうかぶ影』 青い鳥文庫Kシリーズ
     講談社 1996/07
   b. 小泉八雲〔ほか〕=作 『怪談 ほか』 青い鳥文庫 講談社 1983/08
   c. マリヤット〔ほか〕=作 『ハルツ山の人おおかみ
     世界の名作怪奇館1 英米編1 講談社 1970/07

(J11) 大久保 1961, 1996
   W・W・ジェイコブズ=作 大久保康雄=訳 「猿の手」
   a.サマセット・モーム編 世界100物語3 巧みな語り
     河出書房新社 1996/12
   b. 阿部知二=訳者代表 『モーム=編 世界文学100選2
     河出書房新社 1961/05

(J12) 平井 1957, 1969, etc.
   a. W・W・ジェイコブズ=作 平井呈一(ひらい・ていいち)=訳 「猿の手」
     宮部みゆき=編 『贈る物語 Terror』
     光文社(文庫 2006/12|単行本 2002/11)
   b. W・W・ジェイコブズ=作 平井呈一=訳 「猿の手」
     ブラックウッド〔ほか〕=作 『怪奇小説傑作集1』
     創元推理文庫(初版 1969/02|新版 2006/01)
   c. W・W・ジャコブズ=作 平井呈一=訳 「猿の手」
     江戸川乱歩=編 平井呈一=訳 ブラックウッド〔ほか〕=作
     『世界大ロマン全集24―怪奇小説傑作集1』 東京創元社 1957/08/20

(J13) 鷲尾 1931, 1991
   ジャコブス=作 鷲尾浩=訳 「猿の足」 
   a. 松本清張〔ほか〕=監修 中島河太郎=編 横溝正史=訳者代表
     『新青年傑作選4(新装版)翻訳編』 立風(りっぷう)書房 1991/09
   b. 雑誌「新青年」 1931年8月(昭和6)増刊号
   初出は b.。引用は a. に拠りました。

(J14) 菊池 1920, 2003
   ウヰリヤム ジェイコッブス=作 菊池寛=訳 「猿の手」
   a. 菊池寛=著 『菊池寛全集 補巻 第五』 拾遺集 第三(飜訳文学集)
     武蔵野書房 2003/08
   b.文藝往來」 1920/06(大正9)
   初出は b.。引用は a. に拠りました。

(J15) 鈴木 1920, 1929, etc.
   ウヰリヤム・ジェーコッブス=作 鈴木三重吉=再話 「猿の手」
   a.鈴木三重吉童話全集 6』 泉堂書店 1975/09/10
   b.鈴木三重吉名作集』 少年少女現代日本文学全集 26 偕成社 1965
   c.新日本少年少女文学全集 9』 ポプラ社 1958
   d.世界童話集 第6集』 春陽堂 1929
   e.赤い鳥』 赤い鳥社 1920-06
   引用は a. 泉堂書店版 1975/09/10 に拠りました。


■外部リンク External links


■更新履歴 Change log

  • 2014/05/13 鈴木三重吉=再話 1975/09/10 を追加しました。
  • 2013/09/04 YouTube へのリンクの一部を差し替えました。
  • 2012/08/09 ロシア語訳を追加しました。
  • 2011/03/17 「はじめに」と「外部リンク」の項を新設しました。
  • 2011/03/16 ドイツ語訳、ポルトガル語訳、およびフランス語訳を追加しました。
  • 2010/05/10 The Monkey's Paw (2006)、The Monkey's Paw, produced by Stillife-Gryphon Films, およびクリストファー・リーによる朗読の計3本の YouTube 動画を追加しました。
  • 2009/10/17 陰陽師=訳 2008/02 を追加しました。
  • 2009/08/12 書誌情報を補足・修正し、訳文の配列を変更しました。
  • 2009/05/24 表紙画像を追加しました。
  • 2007/02/29 白木茂=訳 1970/07 を追加しました。また、白木訳の1996年版と1970年版とを一つにまとめて書誌情報を修正しました。
  • 2007/03/17 矢野浩三郎=訳 1998/12 を追加しました。
  • 2007/03/16 椋田直子=訳 1989/08 を追加しました。
  • 2007/02/24 白木茂=訳 1996/07 と坂崎麻子=訳 1992/07 を追加しました。また、田村隆一=訳の訳文を、1979年の集英社文庫 コバルトシリーズ版から、より原初的な版である、1976年ハヤカワ・ミステリ版に差し換えました。さらに、日本語出典の書誌情報を整理して、引用文本体から独立した別項目にしました。
  • 2007/02/19 倉阪鬼一郎=訳 2000/03 を追加しました。
  • 2007/02/15 木村由利子=文 1985/08 を追加しました。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ84595840v1308102456

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

  

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Saturday, 03 February 2007

A letter from Zelda Fitzgerald to F. Scott Fitzgerald ゼルダ・フィッツジェラルドからF・スコット・フィッツジェラルドへの手紙 (c 1920)

 Video 1 
The End of Extravagance: The Story of Zelda and Scott Fitzgerald

Uploaded by Lea Anderson on 31 Mar 2014


 Images 
表紙画像 Cover photos

↓ クリックして拡大 Click to enlarge ↓

a. Ja_9784422900322 b. 4334961681 c. B006z8rkfo

d. 081293277301 e. 045227594601 f. 0747566011_1


■日本語訳 Translations into Japanese

(J1) 北川 2014
ゼルダ・フィッツジェラルドから夫へ 1920年9月

小道をあなたがやって来るのが見える。霞や靄(もや)のなかからしわくちゃなズボンが急ぎ足でわたしの方に向かってくる。いとしい、いとしいあなた。あなたがいないとものを見ることも聞くことも、感じたり考えたり、生きることさえできない。心の底から愛しているわ。生きている限り、あなたと離ればなれの夜はもう二度と来させない。まるで嵐に翻弄されるような、美しさを失うような、老け込むような、あなたがいないとそんな感じになる。(……)早く来て、早くわたしの元に来て。(……)たとえほかの女と駆け落ちしてわたしにひもじい思いをさせても、わたしを叩いても、それでもやっぱりあなたが欲しい——  いとしい、いとしい、ダーリン——
                        あなたの妻より


(J2) 高見 2004
ゼルダ・フィッツジェラルドからF・スコット・フィッツジェラルドへの手紙

線路のほうを眺めると、あなたがやってくる——一面の靄や霧の中から、あなたの愛しい、皺くちゃのズボンがこちらに走り寄ってくる——愛しい、愛しいあなた、もしあなたがいなかったら、あたしの目は見えず、耳は聞こえず、感じることも、考えることもできない——生きることだってできない——愛しているわ、本当に。もうあと一晩だって、離れ離れではいたくない。あなたがいないと、嵐に向かって許しを請わなくちゃならない。どこかの美人を殺(あや)めて、あたし一人がどんどん老け込んでいくような気分だわ。(……)早くきて——早くあたしのところに帰ってきて——(……)。(……)あなたが他の女と駆け落ちして、あたしを餓えさせようと、あたしをさんざん殴りつけようと——それでも、あなたが欲しい——愛しい、愛しい、大好きなあなた——
                        あなたの妻より


(J3) 出淵ほか 1994
ゼルダ・セイヤーからF・スコット・フィッツジェラルドへ

私は小道を見下し、あなたが来るのがわかります——すると霧ともやのなかから、あなたの皺だらけの愛しいズボンが私に向かって急いでやって来るのです——最愛の、最愛のあなたがいなければ、私は見ることも、聞くことも、
感じることも、考えることもできないでしょう——あるいは生きることも——あなたが大好きなので、生涯にかけて一晩たりとも、私たち二人を離れさせるようなことは絶対にさせません。あなたがいなければ、まるで嵐に情けを乞うような、あるいは美貌を殺すか年老いていくかのようです。(……)早く来て——私のところへ早く来て下さい——(……)——たとえあなたが、だれか別の女性と駆け落ちしても、私に飢えの苦しみを与えても、私を殴っても、それでも私はあなたを欲することが私には分かって(#「分かって」に傍点)います——愛しい人、愛しい、あなた——
                        あなたの妻より


■英語原文 The original text in English

I look down the tracks and see you coming — and out of every haze and mist your darling rumpled trousers are hurrying to me — Without you, dearest dearest I couldn't see or hear or feel or think — or live — I love you so, and I'm never in all our lives going to let us be apart another night. It's like begging for mercy of a storm or killing Beauty or growing old, without you (......) Come Quick — Come Quick to me (......) if you ran away with another woman and starved me and beat me — I still would want you. I know — Lover, Lover, Darling — Your wife


■疑問点 Questions

  1. "The tracks" は線路? それとも小道?
  2. 「嵐に向かって許し/情けを請う」って、どういう意味?
  3. 「美貌を殺す」??

 Video 2 
Scott and Zelda Fitzgerald ("What'll I Do")

Uploaded by ceb2633 on May 2, 2010


■tomokilog 関連記事
 Related articles from tomokilog:


■外部リンク External links


■更新履歴 Change log

  • 2015/02/02 北川玲=訳 2014/12/10 と表紙画像を追加しました。
  • 2012/10/22 外部リンクの項を新設しました。
  • 2012/07/12 Film of Zelda and F. Scott Fitzgerald - The Doomed Golden Couple の YouTube 動画を追加しました。
  • 2010/09/08 Scott and Zelda Fitzgerald ("What'll I Do") の YouTube 動画を追加しました。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ84595840v1308102456

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages


■和書 Books in Japanese

■DVD
  

■CD
  

  

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Friday, 02 February 2007

Lolita by Vladimir Nabokov Лолита: Владимир Набоков ウラジーミル・ナボコフ 『ロリータ』

        目次 Table of Contents

■はじめに Introduction
 Video 1  ナボコフ、『ロリータ』を朗読 Nabokov reads Lolita
 Images   本、オーディオブック、DVDの画像 Book, Audiobook and DVD covers
■中国語訳(簡体字)Translations into simplified Chinese
  (C1) 主万 2005
  (C2) 于晓丹 2000
  (C3) 黄建人 1989
■日本語訳 Translations into Japanese
  (J1) 祭谷 2007
  (J2) 若島 2005, 2006
  (J3) 大久保 1959, 1984
■ベトナム語訳 Translation into Vietnamese
■ヘブライ語訳 Translation into Hebrew
■ギリシア語訳 Translation into Greek
■エストニア語訳 Translation into Estonian
■フィンランド語訳 Translation into Finnish
■ロシア語のテキスト Text in Russian
■ロシア語のラテン文字への転写 Transliteration into Latin alphabets
■ウクライナ語訳 Translation into Ukrainian
■ブルガリア語訳 Translation into Bulgarian
■ポーランド語訳 Translation into Polish
■リトアニア語訳 Translation into Lithuanian
■チェコ語訳 Translation into Czech
■スウェーデン語訳 Translation into Swedish
■ドイツ語訳 Translation into German
 Audio 1  イタリア語版オーディオブック(朗読) Audiobook in Italian
■イタリア語訳 Translation into Italian
■ポルトガル語訳 Translation into Portuguese
■カタルーニャ語訳(カタロニア語訳) Translation into Catalan
■スペイン語訳 Translation into Spanish
■フランス語訳 Translations into French
  (F1) Couturier, 1973
  (F2) Kahane
 Audio 2  朗読: ジェレミーアイアンズ Audiobook read by Jeremy Irons
■英語原文 The original text in English
 Video 2  ロリータ (1962) vs ロリータ (1997) Lolita 1962 vs Lolita 1997
 Video 3  ロリータ (1997) 予告編 Lolita (1997) Trailer
 Video 4  ロリータ (1962) 予告編 Lolita (1962) Trailer
■著者による『ロリータ』の朗読 The author reads Lolita
■tomokilog 関連記事 Related articles from tomokilog
■外部リンク External links
■更新履歴 Change log


■はじめに Introduction

ナボコフの小説『ロリータ』の冒頭部分を、さまざまな言語の翻訳と原文とで下に引用します。


 Video 1 
ナボコフ、『ロリータ』 の冒頭部分を英語とロシア語で朗読する(フランス語字幕つき)
Nabokov reads excerpts from Lolita in English and Russian (subtitles in French)

世間で「偉大な本」として、もてはやされる作品のうちのいくつかについて、ナボコフは捏造された評価だと容赦なく切り捨てる。たとえば、トーマス・マンの『ベニスに死す』やパステルナークの『ドクトル・ジバゴ』など。

いっぽう、彼が20世紀の偉大な作品として挙げるのは、上から順に、ジョイスの『ユリシーズ』、カフカの『変身』、アンドレイ・ベリ (Andrei Bely) の『ペテルブルク Petersburg』、そしてプルーストの『失われた時を求めて 第一部』だと言う。

なお、1965年9月に行なわれたテレビ・インタビューについての記録が ここ にある。


 Images  
本、オーディオブック、DVDの画像 Book, Audiobook and DVD covers

↓ クリックして拡大 Click to enlarge ↓

zh Zh_lolita_2005 zh Zh_lolita_2000 zh Zh_lolita_1989

zh Zh_trad_9789862295489 ko Ko_9788937460302_lolita ja Ja_410210502601_1

ja Ja_okubo_01129249 th Th_lolita_nabokov_000036 he He_lolita

el El_9789601604367_lolita ka Ka_lolita_nabokov bg Bg_lolita_nabokov

uk Uk_9789660341289__lolita ru Ru_9785389031432_vladimir_nabokov__ fr Fr_207041208308

en En_dvd_b00005atqh01 en En_dvd_irons_00150823 en En_audio_irons_073932206001

Flag_of_the_peoples_republic_of_chi [zh] 洛丽塔 主万=译 上海译文出版社 (2005) 中国語(簡体字)
Flag_of_the_peoples_republic_of_chi [zh] 洛丽塔 于晓丹=译 译林出版社 (2000) 中国語(簡体字)
Flag_of_the_peoples_republic_of_chi [zh] 洛丽塔:鳏夫忏悔录 黄建人=译 漓江出版社 (1989) 中国語(簡体字)
Flag_of_the_republic_of_chinasvg_2 [zh] 蘿莉塔 陳錦慧=譯 三采 (2011) 中國語(繁體字)
Flag_of_south_korea [ko] 롤리타 권택영=訳 민음사 (1999) 韓国語
Flag_of_japan [ja] ロリータ 若島正=訳 新潮文庫 (2006) 日本語
Flag_of_japan [ja] ロリータ 大久保康雄=訳 新潮文庫 (2002) 日本語
Flag_of_thailandsvg [th] โลลิตา สำนักพิมพ์ ศรีปัญญา (2012) タイ語
Flag_of_israelsvg [he] לוליטה ヘブライ語
Flag_of_greecesvg [el] Λολίτα Γιώργος-Ίκαρος Μπαμπασάκης=訳 Πατάκη (2011) ギリシア語
Flag_of_georgiasvg [ka] ლოლიტა თამარ ლომიძემ=訳 ლოგოს პრესი (2002) グルジア語
Flag_of_bulgariasvg [bg] Лолита A Bulgarian translation by Пенка Кънева (2007) ブルガリア語
Flag_of_ukrainesvg [uk] Лолита A Ukrainian translation by Петра Таращука (1955) ウクライナ語
Flag_of_russiasvg [ru] Лолита Азбука, Азбука-Аттикус (2012) ロシア語
Flag_of_francesvg [fr] Lolita A French translation by Maurice Couturier (1999) フランス語
Flag_of_the_united_kingdomsvg [en] Lolita A film directed by Stanley Kubrick (1962) アメリカ&イギリス映画
Flag_of_the_united_kingdomsvg [en] Lolita A film directed by Adrian Lyne (1997) アメリカ&フランス映画
Flag_of_the_united_kingdomsvg [en] Lolita An audiobook read by Jeremy Irons (2005) 英語原文朗読


■中国語訳(簡体字)Translations into simplified Chinese

(C1) 主万 2005
洛丽塔是我的生命之光,欲望之火,同时也是我的罪恶,我的灵魂。洛—丽—塔;舌尖得由上腭向下移动三次,到第三次再轻轻贴在牙齿上:洛—丽—塔。早晨,她是洛,平凡的洛,穿着一只短袜,挺直了四英尺十英寸长的身体。她是穿着宽松裤子的洛拉。在学校里,她是多莉。正式签名时,她是多洛蕾丝。可是在我的怀里,她永远是洛丽塔。

   《洛丽塔》 作者: 弗拉基米尔・纳博科夫 译者: 主万
   上海译文出版社 2005-12
   Excerpt at 洛丽塔-读吧


(C2) 于晓丹 2000
洛丽塔,我生命之光,我欲念之火。我的罪恶,我的灵魂。洛一丽一塔:舌尖向上,分三步,从上颚往下轻轻落在牙齿上。洛。丽。塔。在早晨,她就是洛,普普通通的洛,穿一只袜子,身高四尺十寸。穿上宽松裤时,她是洛拉。在学校里她是多丽。正式签名时她是多洛雷斯。可在我的怀里,她永远是洛丽塔。

   《洛丽塔》 作者: (美)弗拉迪米尔·纳博科夫著 译者: 于晓丹
   译林出版社 2000
   Excerpt at 洛丽塔-读吧


(C3) 黄建人 1989
[訳文は未見 - tomoki y.]

   《洛丽塔:鳏夫忏悔录》 作者: (美)纳波科夫著 译者: 黄建人
   漓江出版社 1989
   ISBN-13: 9787540704643
   ISBN-10: 7540704640


■日本語訳 Translations into Japanese

(J1) 祭谷 2007
 ロリータ、生の灯火、腰の焔。わが罪、魂。ロ・リー・タ——口蓋のもと舌先三歩、三歩目に、歯へ。ロ。リー。タ。
 朝、片くつしたで立つ4フィート余り、彼女はロー、 素っ気なくロー。スラックス履きローラ。愛称ドーリー。本名ドローレス。だが私の腕なか、彼女はいつもロリータだった。

   ナボコフ=著 祭谷一斗(Maturiya Itto)=訳
   ブログ 『一斗缶』 アップロード: 2007-03-28
   上掲冒頭部分のみの部分訳


(J2) 若島 2005, 2006
 ロリータ、我が命の光、我が腰の炎、我が罪、我が魂。ロ・リー・タ。舌の先が口蓋を三歩下がって、三歩めにそっと歯を叩く。ロ。リー。タ。
 朝、四フィート一◯インチの背丈で靴下を片方だけはくとロー、ただのロー。スラックス姿ならローラ。学校ではドリー。署名欄の点線上だとドロレス。しかし、私の腕の中ではいつもロリータだった。

   ウラジーミル・ナボコフ=著 若島正(わかしま・ただし)=訳
   a.ロリータ』 新潮社 新潮文庫 2006-10
   b.ロリータ』 新潮社 単行本 2005-11


(J3) 大久保 1959, 1984
 ロリータ、わが生命(いのち)のともしび、わが肉のほむら、わが罪、わが魂。ロ、リー、タ。舌のさきが口蓋(こうがい)を三歩すすんで、三歩目に軽く歯にあたる。ロ。リー。タ。
 朝、ソックスを片方だけはきかけて立つ四フィート十インチの彼女はロだ。ただのロだ。スラックスをはくとローラだ。学校ではドリーだ。正式にはドロレス。しかし、私の胸に抱かれるときの彼女は、いつもロリータだ。

   ウラジーミル・ナボコフ=著 大久保康雄=訳
   a.ロリータ』 新潮社 新潮文庫 1984-08
   b.ロリータ(上)』 河出書房新社 1959-02


■ベトナム語訳 Translation into Vietnamese

Lolita, ánh sáng đời tôi, lửa dục lòng tôi. Lầm lỗi của tôi, linh hồn của tôi. Lo-lee-ta: đầu lưỡi lướt ba bước xuôi vòm miệng để vỗ nhẹ, tại bước ba, lên răng. Lo. Lee. Ta.

Nàng là Lo, Lo đơn sơ, vào buổi sáng, đứng cao bốn foot mười inch, đi một chiếc tất. Nàng là Lola mặc quần dài. Nàng là Dolly ở trường học. Nàng là Dolores trên dòng điền tên. Nhưng trong vòng tay tôi, nàng lúc nào cũng là Lolita.

   Lolita by Vladimir Nabokov
   Excerpt at Wikiquote


■ヘブライ語訳 Translation into Hebrew

לוליטה, אור בחיי, אש בחלציי, חטאי, נשמתי. לו־לי־טה: קצה הלשון מתרוממת אל החך ויורדת אל השיניים: לו־לי־טה.

היא הייתה לו. פשוט לו, עומדת בבוקר לבושה גרב אחת בלבד. היא הייתה לולה במכנסיים, היא הייתה דולי בבית הספר, היא הייתה דולרס חתומה על הקו המשורטט. אבל בזרועותיי היא הייתה תמיד לוליטה.

   לוליטה - ולדימיר נבוקוב

   Excerpt at ויקיציטוט (Wikiquote)


■ギリシア語訳 Translation into Greek

Λολίτα, φως της ζωής μου, φλόγα των λαγόνων μου. Αμαρτία μου, ψυχή μου. Λο-λί-τα: της γλώσσας η άκρη τρέχει τρεις φορές στον ουρανίσκο, για να χτυπήσει με την τρίτη απαλά πάνω στα δόντια. Λο. Λι. Τα.

Ήταν Λο, απλή Λο το πρωινό, τέσσερα πόδια και δέκα ίντσες, ορ8ή με το ένα της σοσόνι. Ήταν Λόλα φορώντας παντελόνια. Ήταν Ντόλλυ στο σχολείο, Ντολόρες στο ληξιαρχείο. Όμως στη δική μου αγκαλιά ήταν πάντα, κάθε φορά, Λολίτα.

   Βλαντιμίρ Ναμπόκοφ - Λολίτα
   Excerpt at Η Κουλουβάχατα


■エストニア語訳 Translation into Estonian

Lolita, mu elu valgus, mu niuete lõõm. Mu patt, mu hing. Lo-lii-ta: keeleots laskub suulaest kolm astet allapoole, et kolmandal korral puudutada hambaid. Lo. Lii. Ta.

Ta oli Lo, lihtsalt Lo tol hommikul, neli jalga kümme tolli pikk, sokk ühes jalas. Teksapükstes oli ta Lola. Koolis – Dolly. Suvelaagri rivis – Dolores. Aga minu kaisus oli ta ikka Lolita.

   Lolita by Vladimir Nabokov
   Excerpt at et


■フィンランド語訳 Translation into Finnish

Lolita, elämäni valo, kupeitteni tuli. Minun syntini, minun sieluni. Lo-li-ta: kolme kertaa kielen kärki hypähtää kitalaella ja koskettaa kolmannella hampaita. Lo. Lii. Ta.

Hän oli Lo, vain Lo, aamulla; pituus neljä jalkaa kymmenen tuumaa toisessa jalassa nilkkasukka. Hän oli Lola housuasussa. Hän oli Dolly koulssa. Hän oli Dolores pisteviivalla. Mutta minun sylissäni hän oli aina Lolita.

   Lolita by Vladimir Nabokov
   E-text at do you remember: lukemista sateisiksi kesäpäiviksi


■ロシア語のテキスト Text in Russian

Лолита, свет моей жизни, огонь моих чресел. Грех мой, душа моя, Ло-ли-та: кончик языка совершает путь в три шажка вниз по нёбу, чтобы на третьем толкнуться о зубы. Ло. Ли. Та.

Она была Ло, просто Ло, по утрам, ростом в пять футов (без двух вершков и в одном носке). Она была Лола в длинных штанах. Она была Долли в школе. Она была Долорес на пунктире бланков. Ло в моих объятьях она была всегда: Лолита.

   Лолита - Владимир Набоков
   Excerpt at:
   * Цитатник (quotes.diary.ru)
   * languagehat.com


■上掲ロシア語テキストのラテン文字への音訳/転写(部分)
 Transliteration of the Russian text above into Latin alphabets (partial)

Lolita, svet moyéi zhizni, ogón' mo'ikh chresel. Grekh moi, dushá moyá. Lo-li-ta: konchik yazyká sovershaet put' v tri shazhká vniz po nyobu, chtoby na tret'em tolknuts'a o zuby. Lo. Li. Ta. [Omission]

   Lolita by Vladimir Nabokov
   Excerpt at MetaFilter


■ウクライナ語訳 Translation into Ukrainian

Лолiта, свiтло мого життя, вогонь моїх чересел. Грiх мiй, душа моя. Ло-лi-та: кiнчик язика долає шлях у три стiбки з пiднебiння вниз, щоб на третьому тюкнути в зуби. Ло. Лi. Та.

Вона була Ло, просто Ло, вранцi, п'ять футiв на зрiст (без двох вершкiв та в однiй шкарпетцi). Вона була Лола в довгих штанях. Вона була Доллi в школi. Вона була Долорес на пунктирах бланкiв. Але в моїх обiймах вона завжди: Лолiта.

   Владимир Набоков. Лоліта
   Translated by Кирило Васюков
   E-text at Український Центр (ukrcenter.com)


■ブルガリア語訳 Translation into Bulgarian

Лолита, светлина за живота ми, огън за слабините ми. Мой грях, моя душа. Ло-ли-та: връхчето на езика прави три стъпки по небцето, на третата се блъсва в зъбите. Ло. Ли. Та.

Сутрин тя беше Ло, просто Ло, на ръст метър и половина (без няколко пръста и по едно чорапче). Тя беше Лола по дълъг панталон. Тя беше Доли в училище. Тя беше Долорес върху пунктира на бланките. Но в моите прегръдки бе винаги: Лолита.

   Владимир Набоков. Лолита
   Translated by Пенка Кънева
   E-text at Моята библиотека


■ポーランド語訳 Translation into Polish

Lolita, światło mojego życia, płomieniu mych lędźwi. Mój grzechu, moja duszo. Lo-li-ta: czubek języka schodzący w trzech stąpnięciach wzdłuż podniebienia, aby na trzy trącić o zęby. Lo. Li. Ta.

Była Lo, po prostu Lo, rankiem, gdy stała, metr i czterdzieści osiem wzrostu, cztery stopy dziesięć, w jednej skarpetce. W rybaczkach Lola. W szkole nazywała się Dolly. Na wykropkowanej linii do wypełnienia Dolores. A w moich ramionach zawsze Lolita.

   Lolita. Władimira Nabokowa
   Excerpt at:
   * Dojrzewamy.pl
   * Zwierciadlo.pl


■リトアニア語訳 Translation into Lithuanian

Lolita, mano gyvenimo šviesa, mano strėnų ugnie. Nuodėme mano, siela mano. Lo – li – ta: liežuvio galiukas šokteli tris šuoliukus gomuriu žemyn, trečiuoju bakstelėdamas į dantis. Lo. Li. Ta.

Ji buvo Lo, tiesiog Lo, rytmečiais, penkių pėdų ūgio (be dviejų verškų ir viena kojinaite). Ji buvo Lola ilgomis kelnėmis. Ji buvo Dolė mokykloje. Ji buvo Doloresa blankų punktyruose. Tačiau mano glėbyje ji buvo visuomet: Lolita.

   Lolita by Vladimir Nabokov
   Excerpt at 299 792 458 meters per second.


■チェコ語訳 Translation into Czech

Lolita, světlo mého života, žár mých slabin. Můj hřích, má duše. El-ó-el-í-té-á: špička jazyka se vydává na třístupňovou procházku patrem a na „- tři!" ťuká o zuby. Lo. Li. Ta.

Byla Lo, prostě Lo, každé ráno, kdy vstoje a v jedné punčošce měřila metr pětapadesát. Lolou byla v kalhotách. Dolly jí říkali ve škole. Jako Dolores se podepisovala. V mém objetí však byla vždycky Lolitou.

   Lolita by Vladimir Nabokov
   Translated by Pavel Dominik
   E-text at:
   * Nabokov Vladimír - Lolita.pdf (1,5 MB)
   * Literární doupě


■スウェーデン語訳 Translation into Swedish

Lolita, ljuset i mitt liv, elden i mina händer. Min synd, min själ. Lo-li-ta: tungans tipp tar en tripp på tre steg nedåt gommen för att slå, vid tre, mot tänderna. Lo. Li. Ta.

Hon hette Lo, kort och gott Lo, om morgnarna, en och femtio stående i ena strumpan. Hon hette Lola i långbyxor. Hon hette Dolly i skolan. Hon hette Dolores på den streckade raden. Men i mina armar hette hon alltid Lolita.

   Lolita by Vladimir Nabokov
   E-text at bokmania: Lo.Li.Ta


■ドイツ語訳 Translation into German

Lolita, Licht meines Lebens, Feuer meiner Lenden. Meine Sünde, meine Seele. Lo-li-ta: die Zungenspitze macht drei Sprünge den Gaumen hinab und tippt bei Drei gegen die Zähne. Lo. Li. Ta.

Sie war Lo, einfach Lo am Morgen, wenn sie vier Fuß zehn groß in einem Söckchen dastand. Sie war Lola in Hosen. Sie war Dolly in der Schule. Sie war Dolores auf amtlichen Formularen. In meinen Armen aber war sie immer Lolita.

   Lolita by Vladimir Nabokov
   Excerpt at:
   * bonaventura.musagetes.de
   * physiologus.de
   * 3sat.de


 Audio 1 
イタリア語版オーディオブック(朗読) Audiobook in Italian

下の引用箇所の朗読は 7:02 から始まります。 Uploaded to YouTube by quarbi on 31 May 2013. Reading of the excerpt below starts at 7:02.


■イタリア語訳 Translation into Italian

Lolita, luce della mia vita, fuoco dei miei lombi. Mio peccato, anima mia. Lo-li-ta: la punta della lingua compie un breve viaggio di tre passi sul palato per andare a bussare, al terzo, contro i denti. Lo-li-ta.

Era Lo, null'altro che Lo, al mattino, diritta nella sua statura di un metro e cinquantotto, con un calzino soltanto. Era Lola in pantaloni. Era Dolly a scuola. Era Dolores sulla linea punteggiata dei documenti. Ma nelle mie braccia fu sempre Lolita.

   Lolita by Vladimir Nabokov
   Excerpt at Wikiquote


■ポルトガル語訳 Translation into Portuguese

Lolita, luz da minha vida, fogo da minha virilidade. Meu pecado, minha alma. Lo-li-ta: A ponta da língua faz uma viagem de três passos pelo céu-da-boca abaixo e, no terceiro, bate nos dentes. Lo. Li. Ta.

Pela manhã, um metro e trinta e dois a espichar dos soquetes; era Lo, apenas Lo. De calças práticas, era Lola. Na escola, era Dolly. Era Dolores na linha pontilhada onde assinava o nome. Mas nos meus braços era sempre Lolita.

   Lolita by Vladimir Nabokov
   Excerpt at:
   * thenfire-atwill.tumblr.com
   * Insustentável


■カタルーニャ語訳(カタロニア語訳) Translation into Catalan

Lolita, llum de la meva vida, foc de les meves entranyes. Pecat meu, ànima meva. Lo-li-ta: la punta de la llengua fa tres passets per anar a petar, al tercer, contra les dents. Lo.Li.Ta.

Es deia Lo, tot just Lo. Al matí, dreta, un metre cinquanta, amb mitjons, aguantant-se sobre un peu. Era la Lola amb pantalons. Era la Dolly a l’escola. El seu nom oficial era Dolores. Però als meus braços sempre va ser la Lolita.

   Lolita by Vladimir Nabokov
   Excerpt at Pujarem la tristesa dalt les golfes


■スペイン語訳 Translation into Spanish

Lolita, luz de mi vida, fuego de mis entrañas. Pecado mío, alma mía. Lo-li-ta: la punta de la lengua emprende un viaje de tres pasos desde el borde del paladar para apoyarse, en el tercero, en el borde de los dientes. Lo.Li.Ta.

Era Lo, sencillamente Lo, por la mañana, un metro cuarenta y ocho de estatura con pies descalzos. Era Lola con pantalones. Era Dolly en la escuela. Era Dolores cuando firmaba. Pero en mis brazos era siempre Lolita.

   Lolita by Vladimir Nabokov
   Excerpt at Wikiquote


■フランス語訳 Translations into French

(F1) Couturier, 1973
Lolita, lumière de ma vie, feu de mes reins. Mon péché, mon âme. Lo-lii-ta: le bout de la langue fait trois petits pas le long du palais pour taper, à trois, contre les dents. Lo. Lii. Ta.

Le matin, elle était Lo, simplement Lo, avec son mètre quarante-six et son unique chaussette. Elle était Lola en pantalon. Elle était Dolly à l'école. Elle était Dolores sur les pointillés. Mais dans mes bras, elle était toujours Lolita.

   Lolita de Vladimir Vladimirovich Nabokov,
   Maurice Couturier (Traduction)
   * Editions Flammarion (1973-05)
   * Other editions
   Excerpt at:
   * Amazon.fr
   * palf.free.fr


(F2) Kahane
Lolita, lumière de ma vie, feu de mes reins. Mon péché, mon âme. Lo-li-ta: le bout de la langue fait trois petits bonds le long du palais pour revenir, à trois, cogner contre les dents. LO. LI. TA.

Elle était Lo le matin, Lo tout court, un mètre quarante-huit en chausettes, debout sur un seul pied. Elle était Lola en pantalon. Elle était Dolly à l’école. Elle était Dolorès sur le pointillé des formulaires. Mais dans mes bras, c’était toujours Lolita.

   Lolita de Vladimir Vladimirovich Nabokov,
   traduit de l'anglais par E.H. Kahane
   Excerpt at:
   * correcteurs.blog.lemonde.fr
   * driv'it


 Audio 2 
『ロリータ』 オーディオブック 朗読: ジェレミーアイアンズ
Lolita Audiobook. Read by Jeremy Irons

Uploaded by tt2547 on Feb 27, 2010


■英語原文 The original text in English

Lolita, light of my life, fire of my loins. My sin, my soul. Lo-lee-ta: the
tip of the tongue taking a trip of three steps down the palate to tap, at three, on the teeth. Lo. Lee. Ta.

She was Lo, plain Lo, in the morning, standing four feet ten in one sock. She was Lola in slacks. She was Dolly at school. She was Dolores on the dotted line. But in my arms she was always Lolita.

   Lolita by Vladimir Nabokov (1955)
   Excerpt at:
   * Barnesandnoble.com
   * Randomhouse.com
   * Lolita - Wikiquote


 Video 2 
スライドショー:『ロリータ』 (1962) vs 『ロリータ』 (1997)
Lolita 1962 vs Lolita 1997: A Slideshow
Lolita_1962_vs_lolita_1997
スタンリー・キューブリック監督による1962年版『ロリータ』と、エイドリアン・ライン監督による1997年版『ロリータ』。これら2つの映画からの画像を交互に映し出したスライドショー。この YouTube 動画を見るには  ここをクリック  してください。
A slideshow which shows the differences between the Lolita of Kubrick and the Lolita of Lyne. To view  CLICK HERE 


 Video 3 
1997年版映画 『ロリータ』 予告編 Lolita (1997) Trailer

日本版DVD ロリータ (1997)  輸入版DVD Lolita (1997)


 Video 4 
1962年版映画 『ロリータ』 予告編 Lolita (1962) Trailer

日本版DVD ロリータ (1962) 輸入版DVD Lolita (1962)


■著者による『ロリータ』の朗読 The author reads Lolita

The recording of excerpts from Lolita read by Nabokov can be heard at the following link:


■tomokilog 関連記事 Related articles from tomokilog


■外部リンク External links


■更新履歴 Change log

  • 2014/10/27 ベトナム語訳、ヘブライ語訳、エストニア語訳、リトアニア語訳、およびカタルーニャ語訳の訳文、ならびにイタリア語版オーディオブックの YouTube 画面を追加しました。
  • 2013/01/30 ウクライナ語訳を追加しました。
  • 2013/01/25 ブルガリア語訳を追加しました。
  • 2012/10/22 リンク元で削除されていた映画ロリータ (1997) の動画を他の動画と差し替えました。
  • 2012/10/17 ギリシア語訳を追加しました。また、「はじめに」と「外部リンク」の項を新設しました。さらに、繁體字中國語版、韓国語版、タイ語版、ヘブライ語版、ギリシア語版、グルジア語版、およびロシア語版の表紙画像を追加しました。
  • 2012/08/26 ジェレミーアイアンズが朗読するロリータの YouTube 画面を追加しました。
  • 2012/07/13 ポーランド語訳、チェコ語訳、フィンランド語訳、スウェーデン語訳、イタリア語訳、およびポルトガル語訳を追加しました。また、ロシア語テキストの欠けていた箇所を補いました。
  • 2012/06/09 スペイン語訳を追加しました。
  • 2010/06/11 つぎのとおり、3種類の中国語訳(簡体字)について、修正または追加をおこないました。
    1. 主万=訳 2005 をあらたに追加しました。
    2. 于晓丹=訳 2000 の訳文を修正・補足し、そのリンク切れになっていたリンクを張り直し、書誌情報を補足しました。
    3. 黄建人=訳 1989 の書誌情報を追加しました。訳文は未見です。
    また、これら中国語訳の表紙画像を追加しました。さらに、祭谷一斗=部分訳 2007-03-28 を追加しました。
  • 2009/08/15 ナボコフが自作『ロリータ』の冒頭部分を英語とロシア版で読み上げる YouTube の動画を追加しました。また、ロシア語のテキストと、そのラテン・アルファベットへの音訳・転写も追加しました。
  • 2009/08/14 1962年版『ロリータ』 vs 1997年版『ロリータ』のスライドショーへのリンク、およびこれら2つの映画の YouTube 動画を追加しました。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ84595840v1308102456

Flag Counter

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■DVD


■和書 Books in Japanese

■洋書 Books in non-Japanese languages

  

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Thursday, 01 February 2007

A Short History of Nearly Everything by Bill Bryson ビル・ブライソン 『人類が知っていることすべての短い歴史』

 Video 
Bill Bryson: Three of the most remarkable things I know

Uploaded by GreshamCollege on Oct 8, 2010


■表紙画像と著者の肖像写真 Cover photos and the author's portrait

zh Zh_simp_9787806797549 zh Zh_trad_9789864177752 ko Ko_9788972913641_a_short_history

ja Ja_4140811013 th Th_9789740420156_ashorthistory ru Ru_5818907895_

bg Bg_9546497932_ et Et_9789949442225_koiksuse lv Lv_9984374203

pl Pl_9788372988881__krotkahistoriapra bs Bs_8674363814_kratka_istorija_bezma fi Fi_9789510309728_lyhyt_historia_lah

se Se_9789172320000_bryson_everything da Da_9788702095319_enkorthistorieomna de De_3442460719eine_kurze_geschichte_

nl Nl_9045014742 it It_9788850215492_brysbrev96 pt Pt_9789722519205_breve_historia_de_

ca Ca_9788482648798 es Es_una_breve_historia__978847871380 fr Fr_9782228902182

en En_uk_64f4024128a0544c1f992010_2l en En_usa_0767908171 BB Billbryson_2

↑ Click the images to enlarge ↑

[zh] 万物简史 中国語版(簡体字)
[zh] 萬物簡史I 沒有盡頭的宇宙 中國語版(繁體字)
[ko] 거의 모든 것의 역사 韓国語版
[ja] 人類が知っていることすべての短い歴史 NHK出版 2006 日本語版
[th] ประวัติย่อของเกือบทุกสิ่ง จากจักรวาลถึงเซลล์ タイ語版
[ru] Краткая история почти всего на свете ロシア語版
[bg] Кратка история на почти всичко ブルガリア語版
[et] Kõiksuse lühiajalugu: Teekond Suurest Paugust Inimeseni エストニア語版
[lv] Īsi stāsti gandrīz par visu ラトヴィア語版
[pl] Krótka historia prawie wszystkiego ポーランド語版
[bs] Kratka istorija bezmalo svačega ボスニア語版
[fi] Lyhyt historia lähes kaikesta フィンランド語版
[se] En kortfattad historik över nästan allting スウェーデン語版
[da] En kort historie om næsten alt デンマーク語版
[de] Eine Kurze Geschichte Von Fast Allem ドイツ語版
[nl] Een kleine geschiedenis van bijna alles オランダ語版
[it] Breve storia di (quasi) tutto イタリア語版
[pt] Uma Breve História de Quase Tudo ポルトガル語版
[ca] Una breu història de gairebé tot カタルーニャ語版(カタロニア語版)
[es] Una breve historia de casi todo スペイン語版
[fr] Une histoire de tout, ou presque... フランス語版
[en] A Short History of Nearly Everything Black Swan, 2004 英国版
[en] A Short History of Nearly Everything Broadway Books, 2003 米国版
BB Bill Bryson (1951-  ), Image source: UWA Perth International Arts Festival


■日本語訳 Translation into Japanese

太古から恵まれた進化の系統に属してきたことだけでも、あなたは十分に運がよかったが、あなた個人を終点とする長い長い系図にも、極上の——奇跡と呼ぶしかないほどの——幸運がちりばめられている。三十八億年間、山河や海洋が生まれるよりもっと昔から、あなたの母方と父方、両方のすべての先祖が、配偶者を見つけるだけの魅力を持ち、繁殖可能な程度に健康で、なおかつそれを実践できるほど長生きする運と環境に恵まれていたのだ。その中の誰ひとりとして、巨獣に踏みつぶされたり、生で食べられたり、海に溺れたり、岸に打ち上げられて鰓(えら)呼吸ができなくなったり、不慮の怪我で生殖機能を損なわれたりすることなく、しかるべき時にしかるべきパートナーと遺伝的材料のささやかな授受・結合を行ない、しかるべき形質の組み合わせを次々ととぎれることなく送り継いで、最後の最後に、ほんの束の間、あなたというゴールへ行き着くたった一本の驚異の道をたどってきた。これがどんなに稀有なことか、考えてみるといい。

   ビル・ブライソン=著 楡井浩一(にれい・こういち)=訳
   『人類が知っていることすべての短い歴史
   日本放送出版協会(NHK出版)2006/03


 Audio 
Audiobook - A Short History of Nearly Everything

下に引用する箇所の朗読は 2:06 あたりから始まります。 Published on Mar 21, 2011 by nimz1001. The excerpt below starts around 2:06.


■英語原文 The original text in English

Not only have you been lucky enough to be attached since time immemorial to a favored evolutionary line, but you have also been extremely -- make that miraculously -- fortunate in your personal ancestry. Consider the fact that for 3.8 billion years, a period of time older than the Earth's mountains and rivers and oceans, every one of your forebears on both sides has been attractive enough to find a mate, healthy enough to reproduce, and sufficiently blessed by fate and circumstances to live long enough to do so. Not one of your pertinent ancestors was squashed, devoured, drowned, starved, stranded, stuck fast, untimely wounded, or otherwise deflected from its life's quest of delivering a tiny charge of genetic material to the right partner at the right moment in order to perpetuate the only possible sequence of hereditary combinations that could result -- eventually, astoundingly, and all too briefly -- in you.

   A Short History of Nearly Everything (2003)
   by Bill Bryson
   Paperback: Reprint ed. (2004/09)
   Excerpt at eReader.com


■更新履歴 Change log

2012/10/24 フランス語版の表紙画像を追加しました。
2012/10/21 ビル・ブライソンの講演と英語原書版オーディオブックの YouTube
         画面を追加しました。
2012/10/20 簡体字中国語版、繁體字中國語版、韓国語版、タイ語版、ロシア語版、
         ブルガリア語版、エストニア語版、ラトヴィア語版、ポーランド語版、
         ボスニア語版、スウェーデン語版、デンマーク語版、ドイツ語版、
         オランダ語版、イタリア語版、カタルーニャ語版、およびスペイン語版
         の表紙画像を追加しました。


にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ翻訳ブログ人気ランキング参加中

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

  

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2007 | Main | March 2007 »