« The Empty House by Algernon Blackwood ブラックウッド 「空家」「空き家」 | Main | The System of Doctor Tarr and Professor Fether by Edgar Allan Poe エドガー・アラン・ポー「タール博士とフェザー教授の療法」 »

Wednesday, 28 February 2007

The Judge's House by Bram Stoker ブラム・ストーカー 「鬼判事の肖像」「判事の家」

        目次 Contents

 Images  本の表紙、CDのジャケット、肖像写真 Book & CD covers, Portrait
■日本語訳 Translations into Japanese
  (J1) 小山 2006
  (J2) 坂崎 1992
  (J3) 由良 1990
  (J4) 小島 1985
  (J5) 桂(島内) 1970, 1977, etc.
■ポルトガル語訳 Translations into Portuguese
  (Pt1)
  (Pt2)
■スペイン語訳 Translations into Spanish
  (Es1) 2001
  (Es2)
■フランス語訳 Translation into French
 Audio 1  米ラジオドラマ Radio drama: Hall of Fantasy - The Judge's House
 Audio 2  原文朗読: ケイト・マッケンジー Audiobook read by Cate Mackenzie
 Audio 3  原文朗読: ウィリアム・クーン Audiobook read by William Coon
 Audio 4  原文朗読: M・T・バーンズ Audiobook read by Michael Tudor Barnes
 Audio 5  原文朗読: マイケル・スコット Audiobook read by Michael Scott
■英語原文 The original text in English
■更新履歴 Change log


 Images 
本の表紙、CDのジャケット、肖像写真 Book & CD covers, Portrait

a. C8271_1 b. 1840225289_1

c. 0008judgehouse_2 d. Bram_stoker_bio_photo_1

     ↑ クリックして拡大 Click to enlarge ↑


■日本語訳 Translations into Japanese

(J1) 小山 2006
「間違いありません——間違いなしにその邸ですよ! 『判事の家』だわ、間違いない」あれはどういう邸なのか、どうしてそんな名前なのか、あの邸には何かまずいことでもあるのかとマルコムソンは尋ねた。おかみが答えるには、名前の由来は大昔に——自分はよその人間なので正確には言えないが、とにかく百年以上前に——判事が住んでいたことで、その判事というのが、巡回裁判で悪意剥き出しの厳しい判決を被告に言い渡すことから大いに怖れられていたという。(……)

   B・ストーカー=著 小山太一=訳 「判事の家」
   エドワード・ゴーリー=編 A・ブラックウッド〔ほか〕=著
   柴田元幸+小山太一+宮本朋子=訳
   『憑かれた鏡——エドワード・ゴーリーが愛する12の怪談
   河出書房新社 2006/08 所収


(J2) 坂崎 1992
「まあ、そうですよ。そこなんです。たしかに判事さんの家ですよ。」
 マルコムソンは、その家のことを話してほしい、といった。なぜ、〈判事の家〉といのか、なぜ、やめろというのかきいた。
 おかみさんは、このあたりではそうよばれているのだといった。
「——何年もまえに判事さんが住んでいたからだそうですよ。どのくらいまえなのか、わたしもここで生まれたわけじゃないですから、はっきりとはしりませんけど、百年か、それ以上まえのことじゃないですか。その判事さんというのは、巡回裁判で、囚人をめのかたきにして、なさけようしゃのない罰をあたえたので、それはそれはおそれられた人間だったそうです——(……)」
[原文にあるルビは省略しました]

   ブラム・ストーカー=作 坂崎麻子(さかざき・あさこ)=訳 「判事の家」
   坂崎麻子=編訳 『七つの恐怖物語—英米クラシックホラー
   偕成社文庫 1992/07 所収


(J3) 由良 1990
「はい、はい、もう、紛れもありゃしない——まさしくあの屋敷ですよ! そりゃ《判事の家》ですよ」マーカムソンは女亭主にあの屋敷について話してくれるように頼んだ、何でそんな名で呼ばれているのか、なにかマズイ噂でもあるのか、と。何年もまえからそう呼ばれている屋敷なんだそうだ。彼女の話によると、自分はよその土地から来たものだから、よく知らないが、なんでも百年かそれより以上も昔のことらしいが、あの屋敷はある判事の住み処(か)だった、巡回裁判所で下す判決が過酷なのと、囚人にたいする敵意のすさまじさから、ひどくひとびとに恐怖を与えた判事だった。(……)

   ブラム・ストーカー=作 由良君美(ゆら・きみよし)=訳 「判事の家」
   由良君美=編 『イギリス怪談集』 河出文庫 1990/03 所収


(J4) 小島 1985
「そうよ、間違いないわ——ぜったいにその屋敷よ! 《判事の屋敷》に間違いないわ」マルコムソンは屋敷について話してくれと彼女に頼んだ。なぜ《判事の屋敷》と呼ばれているのか、そして悪い噂とは何なのかと。彼女はあの屋敷がそう呼ばれている理由を説明した。その理由とは、遠い昔——彼女も他の地方からこの土地に移り住んだので、どのくらい昔のことかはわからないが、百年かあるいはそれよりももっと昔のことに違いないと思っていた——あの屋敷には、巡回裁判における無慈悲な判決と、囚人たちに対して異常なまでの憎悪を燃やすことで人々から大いに恐れられていた判事が住んでいた、ということだった。(……)

   ブラム・ストーカー=作 小島恭子(こじま・きょうこ)=訳 「鬼判事の肖像」
   デニス・ホイートリー=選 ジョン・ラッセルほか 『神の遺書 恐怖の一世紀 4
   ソノラマ文庫 海外シリーズ 朝日ソノラマ 1985/10 所収


(J5) 桂(島内) 1970, 1977, etc.
「はい。ほんとうに——ほんとうにその場所こそそうでございますよ! ほんとに 〝判事の家〟ですわ」あの邸をなぜそう呼ぶのか? あそこでなにが起こったのかとたずねた。ある判事の住居だったために、このあたりでは、いく年も前からずっと、そう呼ばれてきた——「自分はほかの土地の出身なので、何年前から教えられないが、何百年か、それ以上むかしからにちがいない——」と、女主人は言った。その判事は、巡回裁判所での苛酷な判決と、囚人にたいする敵意ゆえに、たいへん恐れられたひとだそうである。(……)

   ブラム・ストーカー=著 桂千穂(かつら・ちほ)=訳 「判事の家」
   a. 『ドラキュラの客』 新装版 国書刊行会 1997/03 所収
   b. 紀田順一郎+荒俣宏=編集 『怪奇幻想の文学3 戦慄の創造
     新人物往来社 新装版 1979/07 所収
   c. 紀田順一郎+荒俣宏=編集 『怪奇幻想の文学3 戦慄の創造
     新人物往来社 旧版 1977/09 所収

   d. ブラム・ストーカー=著 島内三秀(しまうち・みつひで)=訳 「判事の家」
     平井呈一=訳者代表 『怪奇幻想の文学3  戦慄の創造
     新人物往来社 1970/03 所収

   桂千穂は男性。島内三秀は桂氏の本名。a.〜d. の訳はまったく同文ですが、
   このうち a.〜c. は桂千穂名義で、d. は島内三秀名義で発表されました。


■ポルトガル語訳 Translations into Portuguese

(Pt1)
"Sim, é ela com certeza — com certeza é aquela! E sem dúvida a Casa do Juiz."

Ele lhe pediu que falasse sobre a casa, por que era assim chamada e o que havia contra ela. A velha lhe contou que era assim chamada na localidade porque fora, muitos anos antes — quanto tempo não sabia, uma vez que viera de outra parte do país, mas julgava ter sido há dois séculos ou mais — , a residência de um juiz que inspirava grande terror por causa de suas sentenças severas e sua hostilidade a prisioneiros em sessões de tribunais superiores. [Omission]

   A casa do juiz by Bram Stoker
   Clássicos do Sobrenatural Iluminuras, 2009-06-06
   Preview at Google Books


(Pt2)
-  Sim, não há dúvida... não há qualquer dúvida! É mesmo a Casa do Juiz.

Malcolmson pediu-lhe então que lhe falasse da casa, que lhe explicasse a razão por que a chamavam assim, e o que é que havia contra ela. A mulher disse-lhe que a conheciam localmente por esse nome devido ao facto de ter sido, muitos anos antes - há quantos ao certo não o poderia dizer, uma vez que ela era de uma outra parte da região, mas teriam sido cem ou mais - a residência de um certo juiz que inspirava um enorme terror em virtude do rigor das suas sentenças e da hostilidade que manifestava no seu tribunal em relação aos acusados. [Omission]

   A Casa do Juiz by Bram Stoker
   Translated by Jorge Telles de Menezes
   E-text at Manancialvox


■スペイン語訳 Translations into Spanish

(Es1) 2001
-Sí, seguro..., seguro que es la misma. Seguro que es la Casa del Juez.

Malcolm le preguntó gentilmente qué pasaba con semejante lugar, porqué le llamaban de aquel modo y qué tenían en contra del mismo. La mujer respondió que así llamaban a la casa porque muchos años antes (ignoraba cuánto tiempo, puesto que ella era de otra parte del país, aunque pensaba que se trataba de más de cien años) había sido la morada de un juez a quien todos temían a causa de sus terribles sentencias y su hostilidad a los presos. [Omission]

   La Casa del Juez by Bram Stoker
   Cuentos Con Espectros, Sombras y Vampiros: Antologia
   Ediciones Colihue SRL, 2001/02/01
   Preview at Google Books


(Es2)
—¡Sí, no cabe duda..., no cabe duda que es el mismo sitio! Es la Casa del Juez.

Entonces él le pidió que le hablase de la casa, por qué se llamaba así y qué tenía ella en contra. La mujer le contó que en el pueblo la llamaban así porque hacía muchos años (no podía decir exactamente cuántos, puesto que ella era de otra parte de la región, pero debían ser al menos unos cien o quizá más) había sido el domicilio de cierto juez que en su tiempo inspiró gran espanto a causa del rigor de sus sentencias y de la hostilidad con la que siempre se enfrentó a los acusados en su tribunal. [Omission]

   La casa del Juez by Bram Stoker
   E-text at Letras Perdidas


■フランス語訳 Translation into French

- Ah ! je m'en doutais ! je m'en doutais ! C'est bien l'endroit. C'est la Maison du Juge. Je m'en doutais!

Il la pria de lui dire tout ce qu'elle savait de cette maison, et pourquoi on la nommait ainsi, et ce que les gens avaient à lui reprocher. Elle lui répondit qu'on l'appelait comme cela dans le pays parce qu'il y avait des années et des années - elle n'aurait su dire exactement combien, car elle n'était pas de la région, mais elle pensait que cela remontait certainement à plus de cent ans - c'était la maison d'un juge. D'un juge qui terrorisait tout le monde par ses sentences impitoyables et par l'implacable hostilité dont il faisait montre, aux assises, à l'égard des accusés. [Omission]

   La maison du juge by Bram Stoker
   Excerpt at Jiheraim Cyberland


 Audio 1 
往年のアメリカのラジオドラマ Radio drama: Hall of Fantasy - The Judge's House

Uploaded to YouTube by Scruffy Redwood on 25 May 2014. More info at Old Time Radio Downloads


 Audio 2 
「判事の家」 オーディオブック 朗読: ケイト・マッケンジー
The Judge's House - Audiobook read by Cate Mackenzie

下に引用する箇所の朗読は 4:03 から始まります。 Uploaded to YouTube by freeaudiobooks84 on 9 Oct 2012.  Audio courtesy of LibriVox. The excerpt below starts at 4:03.


 Audio 3 
「判事の家」 オーディオブック 朗読: ウィリアム・クーン
The Judge's House - Audiobook read by William Coon

下に引用する箇所の朗読は 4:26 から始まります。 Uploaded to YouTube by rt20bg on 29 Sep 2012.  Audio courtesy of LibriVox. The excerpt below starts at 4:26.


 Audio 4 
「判事の家」 オーディオブックのサンプル 朗読: マイケル・チューダー・バーンズ
The Judge's House - Audiobook sample read by Michael Tudor Barnes

録音は小説の冒頭部分のみ。下に引用する箇所は含みません。 Uploaded to YouTube by Ordflyt on 30 Jul 2012. The recording is for the beginning part of the story only; it does not include the excerpt below.


 Audio 5 
「判事の家」 オーディオブック 朗読: マイケル・スコット
The Judge's House - Audiobook read by Michael Scott
Thoughtaudiocom
録音を聞くには  ここをクリック 
Presented by ThoughtAudio.com To listen to the recording  CLICK HERE 


■英語原文 The original text in English

'Aye, sure enough--sure enough the very place! It is the Judge's House sure enough.' He asked her to tell him about the place, why so called, and what there was against it. She told him that it was so called locally because it had been many years before--how long she could not say, as she was herself from another part of the country, but she thought it must have been a hundred years or more--the abode of a judge who was held in great terror on account of his harsh sentences and his hostility to prisoners at Assizes. [Omission]

   The Judge's House
   from Dracula's Guest and Other Weird Stories (1914) by Bram Stoker
   E-text at:


■更新履歴 Change log

  • 2014/08/01 目次を新設し、小島恭子=訳 1985/10、ラジオドラマの YouTube 画面、およびケイト・マッケンジーによる朗読の YouTube 画面を追加しました。
  • 2013/06/01 マイケル・チューダー・バーンズによる朗読サンプルの YouTube 画面を追加しました。
  • 2013/05/27 2種類のポルトガル語訳と2種類のスペイン語訳を追加しました。また、桂千穂名義の訳と島内三秀名義の訳がまったく同文であることについて、かねてから不思議に思い、その旨注記していましたが、島内三秀が桂千穂の本名であることを知ったので、これに合せて書誌情報の記述を修正しました。
  • 2012/11/07 オーディオブックの YouTube 画面を追加しました。
  • 2007/03/23 島内三秀=訳 1970/03 を追加しました。
  • 2007/03/02 桂千穂=訳 1997/03, 1979/07, 1977/09 を追加しました。
  • 2007/03/01 坂崎麻子=訳 1992/07 を追加しました。

にほんブログ村 
本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ84595840v1308102456

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザの画面を更新すると入れ替ります。
↓ Renew the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■DVD

■和書 Books in Japanese

■洋書 Books in non-Japanese languages

■CD

  

|

« The Empty House by Algernon Blackwood ブラックウッド 「空家」「空き家」 | Main | The System of Doctor Tarr and Professor Fether by Edgar Allan Poe エドガー・アラン・ポー「タール博士とフェザー教授の療法」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« The Empty House by Algernon Blackwood ブラックウッド 「空家」「空き家」 | Main | The System of Doctor Tarr and Professor Fether by Edgar Allan Poe エドガー・アラン・ポー「タール博士とフェザー教授の療法」 »