« The Open Window by Saki サキ 「開けっぱなしの窓」「開け放たれた窓」「開いた窓」「開かれた窓」「開けたままの窓」 | Main | The Signalman (The Signal-Man) by Charles Dickens ディケンズ 「信号手」「信号係」「トンネルの赤い灯」「魔のトンネル」 »

Friday, 16 February 2007

The Shadow of a Shade by Tom Hood トム・フッド「亡霊の影」

■表紙画像 Cover photos
Left憑かれた鏡——エドワード・ゴーリーが愛する12の怪談』(2006)
Centre The Haunted Looking Glass, Edited by Edward Gorey (2001)
Right Tales of the Supernatural, Published by Pan Books (1947)
 Image source: Two Classic Pan Mysteries

↓ Click to enlarge ↓

430920465101_1  Product  Tales


■日本語訳 Translations into Japanese

(1) 小山 2006
「どうも子供のようなことを言うようですが」と、どもりがちに言った。「あの絵の正面には座りたくないんです」
「芸術品としては不出来ですから、通にはお眼ざわりかもしれませんね」と私は言った。
「いや、わたしも芸術はからきしです。でも、睨まれているような気がして落ち着かない絵ってあるでしょう。わたしにはあの絵がそうなんです。どうも遺伝らしいですね。母は自分の父親の反対を振り切って結婚したんですが、わたしを産むときに命を落しかけまして。うわごとを言わない程度までやっと回復すると、部屋にかかっていた祖父の肖像を下ろしてくれと周りに頼んだそうですよ。恐ろしい顔で睨みつけるからと言ってきかないんです。理性的ではないですが、こればかりは身体に染みついたもので——ああいう絵はだめなんです!」

   T・フッド=作 小山太一=訳「亡霊の影」
   エドワード・ゴーリー=編 A・ブラックウッド〔ほか〕=著
   柴田元幸+小山太一+宮本朋子=訳 
   『憑かれた鏡——エドワード・ゴーリーが愛する12の怪談
   河出書房新社 2006/08 所収

   原書:
   The Haunted Looking Glass
   Edited by Edward Gorey
   New York Review of Books (2001/02)
 
 
(2) 佐藤 1996
「誠におとなげないようですがね」口ごもりながら言った。「あの絵と向かい合うことは勘弁してください」
「高級な芸術品じゃありませんからね」わたしはそう応じた。「見る目のあるお方には、お気に障るでしょうな」
「芸術のことはさっぱり分かりませんがね、あの目につけ回されているようで、不愉快でたまらないのです。あんな絵が大嫌いなのは、遺伝でしょうね。実は母は、祖父の意に叛(そむ)いて結婚したのですが、ぼくを生んだとき、産後の肥立ちが悪くて、命が危ぶまれるほどでした。それでもどうにか持ち直して譫言(うわごと)を言わなくなると、部屋にかけてあった祖父の肖像画を外させたそうです。絵の中の祖父が、恐ろしい顔をして睨みつけると言いましてね。迷信と笑われるかもしれませんが、体質的なものなのですよ——あんな絵が大嫌いなのは」

   トム・フッド=作 佐藤嗣二(さとう・つぐじ)=訳「亡霊の影」
   佐藤嗣二=編訳『英米ゴーストストーリー傑作選
   新風書房 1996/12 所収
 
 
■英語原文 The original text in English

'It's very childish and that sort of thing,' he stammered, 'but I cannot sit opposite that picture.'

'It is not high art,' I said, 'and may irritate a critical eye.'

'I know nothing about art,' he answered, 'but it is one of those unpleasant pictures whose eyes follow you about the room. I have an inherited horror of such pictures. My mother married against her father's will, and when I was born she was so ill she was hardly expected to live. When she was sufficiently recovered to speak without delirious rambling she implored them to remove a picture of my grandfather that hung in the room, and which she vowed made threatening faces at her. It's superstitious, but constitutional--I have a horror of such paintings!'

   The Shadow of a Shade by Tom Hood (1869)
   E-text at Project Gutenberg of Australia


にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ翻訳ブログ人気ランキング参加中

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザの画面を更新すると入れ替わります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese
 

|

« The Open Window by Saki サキ 「開けっぱなしの窓」「開け放たれた窓」「開いた窓」「開かれた窓」「開けたままの窓」 | Main | The Signalman (The Signal-Man) by Charles Dickens ディケンズ 「信号手」「信号係」「トンネルの赤い灯」「魔のトンネル」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference The Shadow of a Shade by Tom Hood トム・フッド「亡霊の影」:

« The Open Window by Saki サキ 「開けっぱなしの窓」「開け放たれた窓」「開いた窓」「開かれた窓」「開けたままの窓」 | Main | The Signalman (The Signal-Man) by Charles Dickens ディケンズ 「信号手」「信号係」「トンネルの赤い灯」「魔のトンネル」 »