« A Rose for Emily by William Faulkner フォークナー 「エミリーにバラを一輪」「エミリーにバラを」「エミリーに薔薇を」「エミリーへのバラ」「エミリーへの薔薇」「エミリーへのばら」「薔薇をエミリーに」「エミリーの薔薇」 | Main | Fat Girls in Des Moines by Bill Bryson ビル・ブライソン「デモインの太った娘たち」(2) »

Saturday, 10 March 2007

A letter from Heloise to Abelard エロイーズからアベラ−ルへの手紙

 Video 
[ja] 映画 『天国を盗んで』 (1988) 英語音声 ポルトガル語字幕 1/12
[pt] Em nome de deus (1988) Som: Inglês. Legendas: Português 1/12
[en] Stealing Heaven (1988) Sound: English. Subtitles: Portuguese. 1/12

クライヴ・ドナー(監督)、デレク・デ・リント(アベラール)、キム・トムソン(エロイーズ)  Clive Donner (director), Derek de Lint (Abelard), Kim Thomson (Heloise)


 Image gallery 1 
ふたりの絵、ふたりの墓 A painting, the tomb

Les_amours_d27hc383c2_1 Abelardheloisetomb_1
↑ クリックして拡大 Click to enlarge ↑

Left Abelard and Heloise.  Image source: Wilson's Almanac ezine
Right The tomb of Abelard and Heloise in Père Lachaise Cemetery, Paris.  Image source: Wikipedia


■日本語訳 Translations into Japanese

(J1) 中条 2011
「わたしはあなたのうちにあなた以外のものを求めたことは一度もありません。わたしが愛したのはあなただけ、あなたに付属する何ものでもありません。結婚の絆(きずな)を考えたこともありません[……] 妻という名の方がより神聖で、より力強く見えるかもしれませんが、私にとっては愛人という名のほうがもっとずっと甘美に思われたのです。いいえ、はっきりいうなら、情婦、あるいはあなたの娼婦という名のほうがもっとよかったでしょう」

   中条省平(ちゅうじょう・しょうへい)=部分訳 エロイーズ「第二の手紙」
   アベラールとエロイーズ——去勢されて目覚めた修道士と愛欲に殉じた修道女
   中条省平=著 『恋愛書簡術 - 古今東西の文豪に学ぶテクニック講座
   中央公論新社 2011-12-10
   この本に掲載されているアベラールとエロイーズの間の往復書簡は、
   各手紙の全文ではなく、上掲引用箇所などを含む複数の抜粋訳のみです。


(J2) 横山 2009
神はご存知です。これまで私は、あなたのうちに、あなた以外のものを求めたことはけっしてありませんでした。純粋にあなただけであって、あなたの財貨などではありませんでした。結婚の絆も、結納金の類も望みませんでした。私自身の逸楽や意志すら顧みず、ただあなたの逸楽やご意思を満たすべく、努めてまいりました。それはよくご存知ですよね。妻という呼称の方がより尊く、面目が立つように思われるかもしれませんが、私にとっては愛人という名の方がいつだってずっと甘美に響いたものでした。お気を悪くされないなら、妾あるいは娼婦と呼ばれてもよかったのです。

   横山安由美(よこやま・あゆみ)=訳 第二書簡 エロイーズからアベラールへ
   沓掛良彦(くつかけ・よしひこ)+横山安由美=訳
   『アベラールとエロイーズ 愛の往復書簡』 岩波文庫 2009/09/16


(J3) 川成 1995
神もご照覧下さいますとおり、私は、あなたご自身を求めました。ただあなただけを。私は、結婚の誓約も、結婚によって得る財産も要求はいたしませんでした。あなたもご存じのとおり、我が快楽と願望を満足させようとしたのではなく、ひたすらあなたの満足、あなたの願望を満たそうとしたのです。妻という名はより神聖で、より健全に聞こえるかもしれません。けれども私には愛人という名——もっと思い切って申せば、妾(めかけ)や娼婦という名のほうが、常に甘美に響くように思われます。

   「エロイーズからアベラールへ」
   ロナルド・タンプリン=編 川成洋(かわなり・よう)=監訳
   『歴史を彩る恋人たち—フェイマス・ラブレター
   同朋社出版 1995/04 所収

   原書: 
   Famous Love Letters: Messages of Intimacy and Passion,
   edited by Ronald Tamplin (1995)
   * Hardcover: Reader's Digest (1995/01)
   * Hardcover: Todtri Productions (2005/12)


(J4) 中村 1987
神がご承知のとおり、あなたのうちにあなた以外のものを求めたことはけっしてありませんでした(アナタガ欲シイノデアッテ、アナタノモノガ欲シイノデハナイノデス」)。わたくしが望んだのは結婚の絆でもどんな利益でもなく、またわたくしの意志でもわたくしの快楽でもなく、あなたご自身よくご存じのように、あなたの意志と快楽をこそ満足させようと切望したのです。妻の名はたしかに神聖で力強いものかもしれませんが、わたくしはつねに愛人の名のほうが好きでした。こういってもあなたが許してくださるなら、妾や娼婦の名のほうがわたくしには好ましかったのです。

   第四章 純愛のモラル
   エチエンヌ・ジルソン=著 中村弓子(なかむら・ゆみこ)=訳
   『アベラールとエロイーズ』 みすず書房 1987/03/10

   おそらくフランス語訳からの重訳か。「訳者あとがき」に次の記述があります。
   「訳者はラテン語ができないためラテン語部分は全面的にフランス中世文学
   専門の畏友、細川哲士立教大学助教授にご教示頂き、その際に早稲田大学
   博士課程の瀬戸直彦氏にも助けて頂いた」

   原書:
   Héloïse et Abélard by Étienne Gilson
   Librairie Philosophique J. Vrin, 1964, troisième édition revue


(J5) 澁澤 1972, 1984, etc.
「あなたにとって、《妻》という名がより神聖な、より名誉ある名に思われたとしても、わたくしにはいつも、あなたの《情婦》と名のることのほうが、ずっと嬉しく思われたのでございます。いえ、もしあなたさえお気を悪くなさらなければ、いっそあなたの《娼婦》と名のりたいのです」

   澁澤龍彦=著『女のエピソード』所収の全24篇のうちの1篇
   「エロイーズ——二十年間、火のような恋文を書きつづけた」
   の文中に現れる抜粋訳
   a.澁澤龍彦全集11』(全22巻・別巻1) 河出書房新社 1994-04-12
   b.女のエピソード』 河出文庫 1990-02-05
   c.女のエピソード』 ダイワアート 1989-03-25
   d.女のエピソード』 大和文庫 ダイワアート 1984-07-25
   e.女のエピソード』 桃源社 1972-05-10
   f. 「女のエピソード12 エロイーズ」
      『花椿』 資生堂 1970/01〜1971/12 連載のうちの1回。
   上掲引用箇所のみの部分訳。初出は f.c.d. を単行本化したもの。
   引用は a. に拠りました。


(J6) 佐藤 1947, 1949, etc.
神さま、何卒、御證(みあか)しにお立ち下さいませ! それ以來、わたくしはあなたの中に、あなた以外の何物も、つひぞ求めたことはございません。わたくしの愛してきたものは、あなた御自身ばつかりで、あなたの物なぞではございません。結婚の條件だの、何等かの支度だの、わたくしの身に纏はる樂しみごとや意志なぞは、考へたこともございません。常に思つてゐたことは、あなたの樂しみごとと意志との、果されることのみでした。かうしたことは、よつく御存知のことと思ひます。「妻」といふ稱び名のはうが、より神聖に、より健全に思はれませうが、あの時分のわたくしにとりましては、寧ろ「愛人」と稱ばれるはうが、いえ、いつそ洗ひ浚ひ言はせていたゞきませうなら、「妾」とか「娼婦」とか稱ばれるはうが、わたくしにはもつと好もしかつたのです。

   a. アベラール+エロイーズ=著 佐藤輝夫=訳
     『愛の往復書簡—アベラールとエロイーズ』 角川文庫 1966
   b. アベラール+エロイーズ=著 佐藤輝夫=譯
     『アベラールとエロイーズ』 ロマンチツク叢書19 青磁社 1949/12
   c. アベラール=著 佐藤輝夫=譯
     『愛の書—アベラールとエロイーズの書翰』 白桃書房 1947/09
   a. は未見。b.c. の訳文は一見したところ、おなじのようです。


(J7) 畠中 1939, 1964, etc.
私があなたに関していまだかつてあなた以外の何物をも求めなかったことは神様が知っていらっしゃいます。純粋にあなたをのみ求め、あなたの物質的なものを求めはしなかったのです。結婚の誓約も、何の贈り物も、私は期待しませんでした。私の満足と意志とを満たそうとはせずに、ひたすら、(あなた自身も御存知のように)あなたの御満足と御意志とをのみ満たそうと努めました。そして妻という名称はより神聖に、より健全に聞えるかもしれませんが、私にとっては、常に愛人という名前の方がもっと甘美だったのです。いいえ、思い切って申しますが、私は妾あるいは娼婦という名でもよかったのです。

   第二書簡 エロィーズからアベラールへ
   アベラール+エロィーズ=著 畠中尚志=訳
   a.アベラールとエロイーズ—愛と修道の手紙』 岩波文庫 改版 1964
   b.アベラールとエロィーズ—愛と修道の手紙』 岩波文庫 1939/10

   つぎの各書にも再録されています。
   c. 「喫茶室|西欧の愛の原型」
     度會好一(わたらい・よしいち)=著
     『ラヴ・レター—性愛と結婚の文化を読む』 南雲堂 1994/08
   d. 「エロイーズよりアベラールへの願い」
     鶴見俊輔+森毅+池内紀+安野光雅+井上ひさし=編
     『恋の歌 ちくま哲学の森1』 筑摩書房 1989/11


 Image gallery 2 
表紙画像 Book covers

↓ クリックして拡大 Click to enlarge ↓

a. En_levitan_abelard__heloise_2 b. En_abelard_and_heloise_penguin_clas c. Fr_lettres_et_vies_2

■ドイツ語訳 Translation into German

Gott ist mein Zeuge, ich habe je und je in Dir nur Dich gesucht, Dich schlechthin, nicht das Deine, nicht Hab und Gut. Ein festes Eheband, eine Morgengabe - habe ich je danach gefragt? Du bist mein Zeuge, nicht meine Lust, nicht mein Wille war je mein Ziel, nein, nur Deine volle Befriedigung. In dem Namen 'Gattin' hören andere vielleicht das Hehre, das Dauernde; mir war es immer der Inbegriff aller Süße, Deine Geliebte zu heißen, ja - bitte zürne nicht! - Deine Schlafbuhle, Deine Dirne. ( . . . )

   Zweiter Brief: Heloise an Abälard
   Abaelard: Die Leidensgeschichte und der Briefwechsel mit Heloisa.
   Translated by Ebehard Brost
   Verlag Lambert Schneider Heidelberg 1979
   E-text at Liebeskummer Abelard und Heloise


■英訳 Translations into English

(E1) Levitan, 2007
I never wanted anything in you
but you alone,
nothing of what you have
but you yourself,
never a marriage, never a dowry,
never any pleasure, any purpose of my own ---
as you well know ---
but only yours.
The name of wife may have the advantage
of sanctity and safety, but to me
the sweeter name will always be lover
or, it your dignity can bear it,
concubine or whore.

   Abelard & Heloise: The Letters and Other Writings
   by Peter Abelard and Heloise
   translated by William Levitan
   * Hardcover: Hackett Pub Co Inc (2007/03)
   * Paperback: Hackett Pub Co Inc (2007/03)

   この新しい英訳については、下のコメント欄にご覧のとおり、
   永嶋哲也さんに教えていただきました。お礼かたがた、
   この美しい韻文体の英訳を引用させていただきます。


(E2) Mayo
God knows, did I seek anything in you except yourself; I wanted only you, nothing of yours. I looked for no marriage-bond, no marriage portion, and it was not my own pleasures and wishes I sought to gratify, as you well know, but yours. The name of wife may seem more sacred or more worthy but sweeter to me will always be the word lover, or, if you will permit me, that of concubine or whore.

   The Letters of Peter Abelard and Heloise
   Readings for PHI 325H L'Idee et la Cite
   translated by Stephan T. Mayo, Molloy College
   E-text at Dr. Mayo's website


(E3) Radice, 1974
God knows I never sought anything in you except yourself; I wanted simply you, nothing of yours. I looked for no marriage-bond, no marriage portion, and it was not my own pleasures and wishes I sought to gratify, as you well know, but yours. The name of wife may seem more sacred or more binding, but sweeter for me will always be the word mistress, or, if you will permit me, that of concubine or whore.

   The letters of Abelard and Heloise,
   translated with an introduction and notes by Betty Radice
   revised by M.T. Clanchy
   (Penguin Classics: First ed. 1974, Revised ed. 2003)
   E-text at the website of Jeff Anderson,
   Department of History, Syracuse University


(E4) Moncrieff, 1925
Nothing have I ever (God wot) required of thee save myself, desiring thee purely, not what was thine. Not for the pledge of matrimony, nor for any dowry did I look, not my own passions or wishes but thine (as thou thyself knowest) was I zealous to gratify. And if the name of wife appears more sacred and more valid, sweeter to me is ever the word friend, or, if thou be not ashamed, concubine or whore.

   The Letters of Abelard and Heloise,
   translated from the Latin by C.K. Scott Moncrieff (New York: 1925)
   E-text at The Internet Medieval Source Book


(E5) Anonymous, 1901
If, formerly, my affection for you was not so pure, if in those days both mind and body loved you, I often told you even then that I was more pleased with possessing your heart than with any other happiness, and the man was the thing I least valued in you. You cannot but be entirely persuaded of this by the extreme unwillingness I showed to marry you, though I knew that the name of wife was honourable in the world and holy in religion; yet the name of your mistress had greater charms because it was more free.

   Heloise to Abelard
   The Love Letters of Abelard and Heloise
   translated by Anonymous,
   edited by Israel Gollancz and Honnor Morten (1901)
   E-text at The Internet Sacred Text Archive (sacred-texts.com)


(E6) Richardson, 1884
Heaven knows! in all my love it was you, and you only I sought for. I looked for no dowry, no alliances of mar riage. I was even insensible to my own pleasures; nor had I a will to gratify. All was absorbed in you. I call Abelard to witness. In the name of wife there may be something more holy, more imposing; but the name of mistress was ever to me a more charming sound.

   First Letter by Heloise,
   translated by A.S. Richardson (James R. Osgood & Co., 1884)
   E-text at Medieval Women - Scriptorium


■スペイン語訳 Translation into Spanish

Jamás —Dios lo sabe— busqué otra cosa que a ti en ti mismo; te quería solo a ti, no tus bienes. Nunca pensé en mis placeres ni en mis deseos, solo en los tuyos. Bien lo sabes. El título de esposa ha sido juzgado el más sagrado y fuerte; sin embargo, es el de amante el que siempre me ha sido más dulce, y, si no te choca, el de concubina. ( . . . )

   Abelardo y Eloísa [PDF] Sarah Fidelzait
   Biblioteca Digital Infantil Juvenil


■フランス語訳 Translation into French

Dieu le sait, jamais je n'ai cherché en toi que toi‑même. C'est toi seul que je désirais, non ce qui t'appartenait ou ce que tu représentes. Je n'attendais ni mariage, ni avantages matériels, ne songeais ni à mon plaisir ni à mes volontés, mais je n'ai cherché, tu le sais bien, qu'à satisfaire les tiennes. Le nom d'épouse paraît plus sacré et plus fort; pourtant celui d'amie m'a toujours été plus doux. J'aurais aimé, permets-moi de le dire, celui de concubine et de fille de joie, ( . . . )

   Première Lettre d'Héloïse à Abélard
   E-text at:
   * Association culturelle Pierre Abelard
   * Lycee Le Verger (in RTF format)


■イタリア語訳 Translation into Italian

Non ho mai cercato nulla in te, Dio lo sa, se non te; desideravo semplicemente te, nulla di tuo. Non volevo il vincolo del matrimonio,né una dote. Mi sforzavo di soddisfare non la mia voluttà o la miavolontà, ma le tue, come sai. E se il nome di moglie sembra più santoe più importante, per me è sempre stato più dolce quello di amica o,se non ti scandalizzi, concubina e persino prostituta. ( . . . )

   Lettera Seconda
   Lettere di Abelardo e Eloisa Milano : BUR, 1996
   Translated by Cecilia Scerbanenco
   E-text at:
   * Letteratura al femminile
   * Scribd


■ラテン語原文 The original text in Latin

Nichil umquam (Deus scit) in te nisi te requisivi: te pure, non tua concupiscens.  Non matrimonii federa, non dotes aliquas expectavi, non denique meas voluptates aut voluntates, sed tuas, sicut ipse nosti, adimplere studui.  Et si uxoris nomen sanctius ac validius videretur, dulcius mihi semper extitit amice vocabulum aut, si non indigneris, concubine vel scorti (......) 
 
   Epistolae Abaelardi et Heloysae
   E-text at the website of Professor Martin Irvine,
   Georgetown University


■外部リンク External links

  • Heloise (d.1163/4)
    Other Women's Voices: Translations of women's writing before 1700
    On this page you will find useful bibliographic information as well as links to websites and excerpts from translations in print.
  • 好事家の物置
    中世哲学がご専門の永嶋哲也氏によるサイトの一部。アベラールとエロイーズに関連して、写本関係、史跡、音楽、ノンフィクション、フィクションの各ページが設けられており、門外漢の私もたいへん興味深く拝見しました。

■更新履歴 Change log

  • 2012/06/12 中条省平=部分訳 2011-12-10、ドイツ語訳、スペイン語訳、およびイタリア語訳を追加しました。
  • 2010/09/28 映画 Stealing Heaven (1988) の YouTube 動画がユーザーによって削除されていたので、類似の別の動画と差し替えました。また、澁澤龍彦=著 1972, 1984, etc. を追加しました。
  • 2010/07/26 映画 Stealing Heaven (1988) の YouTube 動画を追加しました。
  • 2009/12/04 中村弓子=訳 1987/03/10 を追加しました。
  • 2009/09/29 2009年岩波文庫版の訳者名表示を次のとおり修正しました。
       修正前: 沓掛+横山 2009
       修正後: 横山 2009
    この本ではアベラールからの手紙を沓掛氏が訳し、エロイーズからの手紙は横山氏が訳すと分担が明記されているので、より正確な訳者名表示を行なうために修正したものです。
  • 2009/09/23 沓掛良彦+横山安由美=訳 2009/09/16 を追加しました。また、表紙画像も追加しました。
  • 2009/01/30 畠中尚志=訳の文中に私が写しまちがえた字がありましたので訂正しました。これまで「何も贈り物も」と表示していたのは、正しくは「何の贈り物も」でした。
  • 2007/07/15 佐藤輝夫氏の、より古い訳書『愛の書—アベラールとエロイーズの書翰』白桃書房 1947/09 の現物を目にする機会を得ました。そして、その訳文が、ロマンチツク叢書19 青磁社版 1949/12 とおなじであるらしいことを確認しました。これにともない、書誌情報を補足しました。
  • 2007/04/18 永嶋哲也さんにご紹介いただいた、新しい英訳 William Levitan 2007/03 を追加しました。また、佐藤輝夫=譯 1949/12 を追加しました。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ翻訳ブログ人気ランキング参加中

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■DVD

■CD

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

  

|

« A Rose for Emily by William Faulkner フォークナー 「エミリーにバラを一輪」「エミリーにバラを」「エミリーに薔薇を」「エミリーへのバラ」「エミリーへの薔薇」「エミリーへのばら」「薔薇をエミリーに」「エミリーの薔薇」 | Main | Fat Girls in Des Moines by Bill Bryson ビル・ブライソン「デモインの太った娘たち」(2) »

Comments

ググっていてたまたま辿り着きました。
この記事は、わたしの知らなかった情報もたくさん載っていて、自分の不勉強を恥じつつも興味深く拝見させてもらいました。
リンクをいただいたページは長らく改訂しておらず、更新の必要性を感じていたのですが、さらにその思いが強くなりました。

Posted by: 永嶋哲也 | Monday, 26 March 2007 at 12:05 PM

永嶋哲也さま

ご返事が遅くなりました。

コメントありがとうございました。まさかご当人から書き込みを頂けるとは、思いも寄らなかったものですから、光栄に思う気持ちが半分、自分の拙いブログ記事を恥ずかしく思う気持ちが半分といったところです。

キリスト教、神学、西洋史など、いずれをとってみても、まったくの門外漢である私が、もっぱら引用を並べただけの、このような記事が、ご専門の方にとって、はたして、どれだけの意味を持つのか、想像もつきません。

私がこのブログで取りあげる文章は、だいたいいつも、そこに表されているコトバそのものの持つ力強さ(表現力、インパクトなど)、もしくは純粋な面白さ(機知、ユーモアなど)に着目して選んでいます。エロイーズの手紙については、いうまでもなく、その感動的な内容に惹かれて、翻訳を読みくらべてみたわけです。

なにかまたお気づきの点がございましたら、お知らせください。ご教示いただければ幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。

Posted by: tomoki y. | Wednesday, 28 March 2007 at 01:21 AM

C. Mewsという屈指のアベラール学者が、amor(愛)に関してアベラールとエローズとでは理解の仕方が違っていたと指摘しています。
つまり、アベラールはオウィディウス風にpassioとして捉えていたのに対して、エロイーズはキケロー倫理学風のamicitiaとして捉えていた、と。passioは説明不要だとして、amicitiaというのは「友情」とも訳されることもあるように、精神的な高みにある者同士の意志的・理性的な結びつきです。
「愛人」と日本語で訳されている「amica」はもちろんこのamicitiaに対応する語です。
英訳では「lover」「mistress」「friend」、仏語訳では「aime」。
「friend」という訳語をあてたMoncrieffの慧眼には、違和感を感じつつも、やはり敬服してしまいます。

Posted by: 永嶋哲也 | Sunday, 15 April 2007 at 11:28 PM

連続投稿、失礼します。(^^;
P. Dronkeという中世学者が、件のエローズの書簡は(脚韻を踏んだ)韻文として書かれていると主張しました。
それをうけて、今年出版されたWilliam Levitanの英訳は、韻文として訳文を作成しています。
これがなかなかよいので、件の箇所を引用してみます。

I never wanted anything in you
but you alone,
nothing of what you have
but you yourself,
never a marriage, never a dowry,
never any pleasure, any purpose of my own ---
as you well know ---
but only yours.
The name of wife may have the advantage
of sanctity and safety, but to me
the sweeter name will always be lover
or, it your dignity can bear it,
concubine or whore.

Posted by: 永嶋哲也 | Sunday, 15 April 2007 at 11:40 PM

永嶋哲也さま

またしてもご返事が遅くなってしまい、すみません。コメントありがとうございました。

amorに関するアベラールとエロイーズによる理解の仕方の違い、興味深く拝読しました。しかし、じつは私、オウィディウスもキケロー倫理学も、よく存じません。それぞれ、なにから読みはじめれば、よろしいでしょう? オウィディウスの『変身物語』は有名だと聞きますが未読です。キケローのほうは、たくさん本が出ているのでしょうね。いきなり原典の邦訳を読むべきか? それとも、なにか手ごろな入門書があるでしょうか?

Posted by: tomoki y. | Wednesday, 18 April 2007 at 08:18 PM

永嶋哲也さま

Levitanの新訳のご紹介も、ありがとうございました。検索の便を考慮して、上にご覧のとおり、ブログ本文に転載させていただきました。かさねてお礼申しあげます。

なお、佐藤輝夫氏の訳文も追加しました。私が知らないだけかもしれませんが、この青磁社刊 ロマンチツク叢書『アベラールとエロイーズ』(1949) という本は、あまり見かけないようです。京都府内の公共図書館で所蔵しているのは、府立総合資料館という所だけでした。

Posted by: tomoki y. | Wednesday, 18 April 2007 at 08:21 PM

永嶋哲也さま

上の書き込みをしたあとで気づいたのですが、佐藤氏の訳書については、永嶋さんのサイトで写真入りで紹介しておられましたね。わたしが京都府立総合資料館で閲覧させてもらった本は、その写真にうつっているほど綺麗ではありませんでした(苦笑)。

おや、よく見ると発行月がちがいますね。永嶋さんのは「1949年6月」、わたしが見たのは「1949年12月」。国会図書館 NDL-OPAC を見ると、1949年刊が2タイトル記載されている。ああ、わかりました。永嶋さんが紹介なさっているのは「ロマンチツク叢書」ではないほうの版なのですね。そういえば、サイズもちがうような気がしますし、そもそも「愛より祈りへ」という別題は、わたしが見た版には付いていませんでした。

Posted by: tomoki y. | Friday, 20 April 2007 at 10:31 AM

青磁社からの二つの佐藤訳、一応、手持ちの非「ロマンチツク叢書」を参照しましたが、該当箇所に関してはまったく同じでした。
 で、まずオウィディウスの方ですが、古代の恋愛観というのは言ってみれば悲劇さえ引き起こしかねない「狂気」だったとされてます。つまり恋に落ちたものから理性を奪うという意味で。そのような危険な恋愛感情を茶化したのがオウィディウスの『愛の技法』(平凡社ライブラリーで入手可能です)なのですが、ミューズさんはおそらくアベラールが恋愛を茶化そうとしたと言うつもりはなくて、古代的恋愛観の代表としてオウィディウスをあげているだけだと思います。ローマ文学はあまり入門書が充実してなくて(わたしが無知なだけかもしれませんが)適切な概説書が思い浮かびません。
 次にキケローは、ずばり『友情について』という著作があり、岩波文庫にも岩波の選集にも収録されています。アリストテレス『ニコマコス倫理学』のピリアに由来する重要な概念なのですが、手軽(?)な概説としてはC.S.ルイスが『四つの愛』の中で友情について一つの章を充てています。あるいは、意表をついて半澤孝麿『ヨーロッパ思想史のなかの自由』のなかで一節をさいてカリタスと友情(アリストテレスやキケローの言う友情)について論じていて、非常にわかりやすい説明になっています。わたしはこの本で思想史上「友情」が重要な概念なのだとやっと理解できました。

Posted by: 永嶋 | Saturday, 21 April 2007 at 12:35 AM

永嶋さま

翻訳を照合してくださったり、参考書をご紹介くださったり、本当にありがとうございます。

ゆうべ府立図書館へ行ったついでに、開架の棚の「キリスト教」と「中世史」のセクションを、それぞれざっと眺めていたのですが、意外と層が薄いといいますか、地域の中央図書館にしては、それほど書籍が揃っているようにも見えないなあと感じました。京都という土地柄もあるのか、仏教書が圧倒的な存在感を誇っているので、よけい貧弱に見えたのかもしれません。キリスト教系の大学図書館のほうが、きっと充実しているのでしょうね。

——などと、えらそうなことを言えたものではありません。文庫本で簡単に手に入るものさえ、未読なのですから。教えてくださったタイトルを、これから遅まきながら少しずつ読んでみることに致します。ありがとうございました。

Posted by: tomoki y. | Saturday, 21 April 2007 at 08:21 AM

tomokiさま
沓掛&横山訳が出ましたので久しぶりに訪問してみましたらとっくに更新されていました。脱帽です。
新訳は、ぜんぜん味読する時間がなくてほとんどまだ読んでません。解説とかをパラパラと眺めるとずいぶん詳しく調べられていて、労作であるという印象を得ましたが。

Posted by: 永嶋哲也 | Friday, 25 September 2009 at 06:55 PM

永嶋哲也さま

お久しぶりです。また当ブログにいらしてくださって光栄です。

新訳が出たことは、先日書店に貼ってあった岩波文庫のポスターを見て偶然知りました。その日はちょうど入荷する前日だったので、翌日また店へ出向いて嬉々として買い求めた次第です。

まだ通読していませんが、私は新訳が出ることについては基本的にいつも歓迎する姿勢です。また新情報やコメントなどがございましたら、お寄せください。今後ともよろしくお願い致します。

Posted by: tomoki y. | Friday, 25 September 2009 at 08:40 PM

高尚なお話の中、失礼いたします。極私的な見解で訳文について申し上げますと、やはり逸脱してはならないことは、この話のシチュエーションとして、また原文がラテン語であることからして、あくまで書き言葉であるという視点だと思います。それから、concupiscens と amice をどう訳すか。

わたくしは何一つ(神はご存じです)あなたに求めませんでした。純粋にあなたであってあなたの肉欲ではございせん。結婚の誓いでも、期待できる分け前でも、わたくしの悦楽でも志でもなく、あなたのそれら、そのことはあなたが心得ていらっしゃいます。そして、妻の称号は聖であり健全でありましょうが、わたくしにとりましては、常に恋人の方が甘美でしたし、さらに申し上げるなら妾や娼婦こそ相応しかったのです。

Posted by: 伊藤 龍樹 | Monday, 28 September 2009 at 10:14 AM

伊藤 龍樹さん

いつもコメントありがとうございます。今回の件につきましては、わたしにラテン語の素養がまったくないために、せっかく書き込んでいただいた事柄の値打ちがわかりません。猫に小判というやつです。しかし、なるべくなら原文が韻文であることを多少なりとも意識した訳であってほしいとは、わたしも思います。

Posted by: tomoki y. | Tuesday, 29 September 2009 at 01:26 AM

韻文をどう訳すか。「海潮音」のように、5,7のリズムによって詩を詩に訳す方法、ラップのように日本語でも韻を踏ませる方法などがあります。この書簡の韻文は(もっと長い範囲をネットで入手したのですが)、韻を踏んでいる一文が長く「目で感じる韻文」ではないかと思いました。つまり、エロイーズの知性の高さと格式高い文体が韻を伴って形成され、内容にある感情の高まりと対比を作っているように思われるのです。この類のものは原文が韻を踏んでいるから訳でも韻を踏ませるとか、リズムを付けるとかではない手法が日本語訳には求められるのではないかと思います。一方、この一節に「音で感じる韻文」の面を評価するならば、"i"で切れるこの韻は、歯切れがよく、相手(アベラール)を唾棄するような強い語調を感じます。そう言うわけで、格調高く、かつ鋭い切れ味の訳がいいなあ、と思いつつ、自分ではそのようなものが作れません。(T T)

Posted by: 伊藤 龍樹 | Monday, 26 October 2009 at 07:30 AM

伊藤 龍樹さん

いつもコメントありがとうございます。「目で感じる韻文」という発想は初めて聞きましたので、おお、そういう手法もあるかと新鮮な驚きを感じました。

> 原文が韻を踏んでいるから訳でも韻を踏ませるとか、リズムを付けるとか
> ではない手法が日本語訳には求められるのではないかと思います。

なるほど、かりに今まで実践されたことがないにせよ、可能性はいろいろあるはずだというわけですね。

Posted by: tomoki y. | Monday, 26 October 2009 at 10:43 AM

tomokiさま、伊藤さま
ふと立ち戻ってみたら議論が続いてました。
面白いのでわたしも参加させてください。

ラテン語原文の前半を、韻文調に記述すればこうなるでしょう

> Nichil vmquam (Deus scit) in te nisi te requisiui,
> te pure, non tua concupiscens.
> Non matrimonij foedera, non dotes aliquas expectaui,
> non denique meas voluptates
> aut voluntates, sed tuas,
> (sicut ipse nosti) adimplere studui.

一目見て分かるのは、頭韻と脚韻です。

> n... ...ui
> ...s.
> non ...ui
> non ...es
> ...as
> ...ui.

さらに、見てみると

> in te nisi te... te pure
「あなたのうちにあなただけを... ただあなたを」

と畳み掛けてます。
また

>meas voluptates
>voluntates... tuas,

これはいわゆるキアスム(×の字対応)ですね。
もちろん呼応表現“non... sed...”がありますから意味的には
「わたしの満足や意思ではなく、あなたの」
ですが、音的には
「私の満足
 意志...あなたの」
って感じでしょう。

(後半に続きます)

Posted by: 永嶋 | Wednesday, 02 December 2009 at 11:12 PM

さて次はラテン語原文の後半です。

> Et si vxoris nomen sanctius ac validius videretur,
> dulcius mihi semper extitit amicae vocabulum;
> aut, si non indigneris, concubinae vel scorti.

前半のような脚韻はないと思います。でも、

> Et si...
> aut si...

という対応が見られます。また

> vxoris nomen sanctius ac validius...
> dulcius... amicae vocabulum;

比較級を三つ並べて畳み掛けつつ、またキアスムです。
「妻という名称... 神聖でより健全
 より甘美... 友という語」
って感じですね。

エロイーズの書簡は一見、情熱のほとばしる、まさに正気を失ったかのような内容に思えます。
しかし原文の表現を見てみると修辞をこらしていて美しく、でもどこか軽妙あるいは雄弁な表現が用いられています。


ヨーロッパ語の韻文をどのように日本語に訳すかというのは確かに難しい問題があります。
というか、韻文の本来の魅力は翻訳したらほとんど失われてしまいます。
つまり難しいというより不可能です。
だから、エロイーズの文章を韻文として訳すのはあまり意味がない事かもしれませんが、でももとは韻文で表現されていたエロイーズの息づかいをできるだけ再現しようと意識して訳すことは絶対に必要なことだと思います。
呼応表現を多用し、また類似表現の畳み掛けるような効果を多用したエロイーズの息づかいがもっともよく反映されているのはどの日本語訳か?
などということを気にしながら複数の訳文を読み比べると、面白みが増しますね。

Posted by: 永嶋 | Wednesday, 02 December 2009 at 11:15 PM

永嶋です。
言うまでもないことなんですけど、一応、訂正させてください。

誤「妻という名称... 神聖でより健全
         ↓
正「妻という名称... より神聖でより健全

Posted by: 永嶋 | Wednesday, 02 December 2009 at 11:21 PM

永嶋さま

拙ブログをご再訪くださり、また詳しいコメントを頂けて光栄です。

ただし、今回いただいたようなコメントは、伊藤 龍樹さんのような方にはうってつけかもしれませんが、私にはレベルが高すぎて「豚に真珠」「猫に小判」です(苦笑)。伊藤さんが読んでくださっていて、またお返事を寄せてくださるとよいのですが。

「キアスム」という言葉はちらっと聞いたことがあるような気がしますが(私の知識はその程度です)、具体的な例に即してどなたかから直接解説していただいたのは初めてです。ラテン語の原文を味わえたら、もっと楽しみが広がるだろうなあという気持ちが沸いてきました。

私からお返事できるコメントは、とりあえずはこんなところですが、また今後ともどうぞよろしくお願い致します。

Posted by: tomoki y. | Thursday, 03 December 2009 at 12:13 AM

tomokiさま
韻文を意識した訳文にするとどうなるだろうか?ということはやはりわたしも気になって、ついつい私訳を試みてしまいました。
リンク先に掲載してますので、よろしければ参照ください。
訳してみて思ったのは、やはりこの箇所は魅力的だということです。
それから「エロイーズの息づかい」を訳文に「反映」させるなんて無理だということも。いやはや。

Posted by: 永嶋 | Saturday, 05 December 2009 at 12:05 AM

永嶋さま

いつもコメントをありがとうございます。また、永嶋さまのサイトで、たびたび拙ブログのことをご紹介くださって光栄です。

訳文、拝読しました。やはりラテン語が理解できたらよかったのになあ、と思いながら。

ひとつ気づいた点がございます。既存の訳ではみな「愛人」となっているところを、永嶋さまは「友人(とも)」と訳しておられます。それはそのように訳したほうが原語に忠実だからでしょうか? それとも、音や調子や文体に配慮した結果の選択なのでしょうか?

英訳を見ましても、mistress, lover, friend など、それぞれの版によってちがうので、どうなのかなあ、とふと思いました。

Posted by: tomoki y. | Sunday, 06 December 2009 at 12:25 AM

永嶋さまへ 追伸

上の更新履歴にご覧のように、中村弓子氏によるエチエンヌ・ジルソン著の邦訳から抜粋した訳文を、先日、新たに追加しました。永嶋さまからご覧になって、この中村氏訳はラテン語原文に近いものでしょうか? それともフランス語訳からの重訳ということで、すこし意味や文体的効果にズレが生じているでしょうか? たんなる好奇心からお尋ねします。

Posted by: tomoki y. | Sunday, 06 December 2009 at 06:52 PM

tomokiさま

まず「友人」から。
ラテン語“amica”というのは文字通りには「(女)友人」です。
当時から「友だち」という語が現代フランス語のように「恋人」という意味も持っていたかどうかは(知りたいと思いつつ)わたしは知りません。ただ、その可能性(「恋人」という意味も持っていた可能性)は少ないとも思います。
ですから、直訳では「友人」です。「恋人」もたぶん正しい訳語でしょう。ただ「愛人」はミスリーディングだと思います。現代の日本語で「愛人」は、amicaが意味する以上のいろいろな事柄を、連想させるからです。
おそらく「妻」という語との対比が「愛人」という訳語を訳者に選ばせるのでしょうが、非常にうまい訳語である可能性も否定できませんが、わたしは誤解を招きやすい危険な訳語だと思います。

次に中村訳。
訳文自体はラテン語と対応しています。「ラテン語から直接訳した」と言われても疑う理由はそんなにないと思います。ジルソンの原著の方を持ってないので、該当箇所がどうなっていたか調べられないのですが、ジルソンのフランス語訳が直訳に近かった可能性もあります。

Posted by: 永嶋 | Monday, 07 December 2009 at 10:54 AM

・・・と書いたのですが
中村訳でちょっとした点に気付きまして。

中村訳 pp.73-74
>わたくしの意志でもわたくしの快楽でもなく...
>あなたの意志と快楽をこそ満足させようと切望したのです。
>non... meas voluptates aut voluntates,
>sed tuas... dimplere studui.

voluptates (sg. voluptas) は辞書には“satisfaction”“pleasure”の訳語が並んでおり、まあ「快楽」と訳せなくもないですが。
voluntates (sg. voluntas) は“will”“wish”“choice”が並んでおり、通例「意志」とか「意思」と訳します(わたしは「望み」とか訳してますが ^^; )

中村訳ではなぜか順番が逆ですね。
ジルソンの原文を確かめてないので単なる憶測ですが、もしかしたらフランス語訳の影響かもしれません。

Posted by: 永嶋 | Monday, 07 December 2009 at 11:12 AM

連続投稿、失礼します。

>アナタガ欲シイノデアッテ、アナタノモノガ欲シイノデハナイノデス
>te pure, non tua concupiscens.

なぜかカタカナです。もしかしたらジルソンがここだけラテン語原文のままにしていたのかもしれませんが(そうするとジルソンの意図も意味不明です)。
“concupiscens”は動詞“concupisco”(to long for, be very desirous of...)の現在分詞です。
単数主格なので主語(私つまりエロイーズ)にかかる、いわゆる分詞構文です。
(ちなみに上掲の伊藤氏の訳文は、残念ながらここを誤訳されてます。)
もしかしたら、ジルソンがここを、ちょっと変ったふうに訳していて、中村氏がとまどった、その痕跡のかもしれません。

Posted by: 永嶋 | Monday, 07 December 2009 at 11:25 AM

永嶋さま

詳しいお返事、ありがとうございました。「愛人」という訳語につきましては、以前 15 April 2007 に頂いたコメントのなかですでに、C. Mews の見解や Moncrieff の訳し方に言及してご説明いただいていたのを忘れておりました。これまで、たくさんの参考文献を教えていただいているのに、まだほとんど目を通していないことに、あらためて気づきました(苦笑)。

ここで、ちょっと脱線します。むかし中国語を少し勉強したので思い出したことです。「愛人」という言葉は、現代中国語(北京語)では通常、現代日本語とはちがった意味で使われるのです。

airen【愛人】
1. 夫または妻. 配偶者. ¶我〜 / 家内. 主人. ¶你〜/(あなたの)奥さん. ご主人.
2. 恋人.

[日 : 中]
“愛人”には日本語の「愛人」の意味はなく, 愛人は中国語では“情夫 qinfu” “第三者 disanzhe”などを用いる。ただし, “愛人”は新中国成立後に定着した言い方なので, 台湾・香港や在外中国人社会では“太太 taitai” (奥さん), “内人 neiren” (家内), "先生 xiansheng" (主人)などが使われる。
   以上、『中日辞典』(小学館 1992) から抜粋。

というわけで、「愛人」という言葉は日本語だけでなく、漢字のご本家・中国においても、ちょっと曲者なのでした(笑)。

Posted by: tomoki y. | Tuesday, 08 December 2009 at 05:19 AM

tomokiさま

さきのコメントを読みふと思いついて『日本国語大辞典』で「愛人」を引いてみました。
そこでの説明を要約しますと...

① 人を愛すること
② 愛しているいとしい異性
 (1) 恋人
 (2) 夫や妻以外の愛している異性

もともと①の意味だったのが、江戸時代末頃からhoney, lover, sweet-heartなどの翻訳語として②も使われるようになった。
さらに、第二次大戦後、新聞などで「情婦」「情夫」の婉曲表現として(2)の意味が一般化した。

という感じになります。
つまり、39年初版の畠中訳において(そしておそらくは47年初版の佐藤訳においても)「愛人」という訳語が使われているけれども訳者が意図したところは今日風の「愛人」という意味(婚姻外の男女関係の相手)ではなかった、と推定されます。
もっとはやく思いついて『ニッコク』を引くべきでありました。どうして畠中先生は「愛人」と訳したんだろうとずっと不思議に思っていましたので。

Posted by: 永嶋 | Tuesday, 08 December 2009 at 02:33 PM

永嶋さま

ご返事が遅くなりました。灯台もと暗し(?)。わたしも、ラテン語やフランス語や中国語のことに考えをめぐらすまえに、まず日本語のほうを確かめるべきでした。

手元に『ニッコク』第二版 (2001) があります。永嶋さまが要約してくださった解説につづいて、こうありますね。

   現代では、配偶者以外の、社会的に容認されにくい関係にある
   相手についていうことが多く、「恋人」とは区別して用いる。

たしかに私たちの理解と一致します。しかし、こういう用法が比較的あたらしいものであるということには、これまで迂闊にも気がつきませんでした。

Posted by: tomoki y. | Thursday, 10 December 2009 at 05:35 PM

Your Personal Message In Our Ezine. Reaching Over 900,000 Ezine Member Contact Emails. And It's Rapidly Growing Every Day. All Ezine Members Joined By A Double Optin Process. In Exchange They Agreed To Receive Contact Emails With New Services Or Products. Proven Successful, Its Clear That Our Ezine Member Contact Emailing Will Multiply Your Chances To Succeed. And, Priced At Just *$14.95 This Also Includes Access To Our Silver Submitter.

Posted by: ezine solo | Wednesday, 09 January 2013 at 09:47 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58807/14210013

Listed below are links to weblogs that reference A letter from Heloise to Abelard エロイーズからアベラ−ルへの手紙:

» アベラールとエロィーズ―愛と修道の手紙 [忍者大好きいななさむ書房]
アベラールとエロィーズ―愛と修道の手紙 [Read More]

Tracked on Sunday, 30 August 2009 at 09:33 AM

« A Rose for Emily by William Faulkner フォークナー 「エミリーにバラを一輪」「エミリーにバラを」「エミリーに薔薇を」「エミリーへのバラ」「エミリーへの薔薇」「エミリーへのばら」「薔薇をエミリーに」「エミリーの薔薇」 | Main | Fat Girls in Des Moines by Bill Bryson ビル・ブライソン「デモインの太った娘たち」(2) »