« La Disparition d'Honore Subrac by Guillaume Apollinaire アポリネール「オノレ・シュブラックの失踪」 | Main | L'oiseau du tour du monde by Jules Supervielle シュペルヴィエル 「牛小屋に寝ていた……」 »

Sunday, 13 May 2007

Elegy Written in a Country Churchyard by Thomas Gray トマス・グレイ 「田舎の教会墓地にて書かれた挽歌」「田舎の墓地にて詠める悲歌」「野寺の庭」「墓畔の哀歌」「グレー氏墳上感懐の詩」

            目次 Table of Contents

    Audio 1  朗読: アントン・レッサー Read by Anton Lesser
    Audio 2  朗読: ブラムウェル・フレッチャー Read by Bramwell Fletcher
    Audio 3  朗読: トム・オベドラム Read by Tom O'Bedlam
   ■現代中国語訳 Translations into contemporary Chinese
     (Zh1) 丰(豐) 1997
     (Zh2) 郭
     (Zh3) 卞
   ■古典中国語訳(漢詩訳) Translations into classical Chinese verse
     (K1) 夏目 1924, 2003
     (K2) 末松 1881, 2014
   ■日本語訳 Translations into Japanese
     (J1) 柳沢 2003
     (J2) 海老澤 1996
     (J3) 簡野 1985

     (J4) 増田 1961

     (J5) 戸田 1959

     (J6) 福原 1958

     (J7) 帆足 1935

     (J8) 大和田 1894

     (J9) 矢田部 1882, 1971, etc.

   ■ハンガリー語訳 Translation into Hungarian
   ■ロシア語訳 Translations into Russian
     (R1) Черфас
     (R2) Жуковский, 1839
     (R3) Жуковский, 1802
   ■ポーランド語訳 Translation into Polish
   ■チェコ語訳 Translation into Czech
   ■ドイツ語訳 Translation into German
   ■イタリア語訳 Translation into Italian
   ■スペイン語訳 Translations into Spanish
     (Es1)

     (Es2)

   ■フランス語訳 Translation into French
    Audio 4  朗読: サミュエル・ゴッドフリー・ジョージ
           Read by Samuel Godfrey George
    Audio 5  朗読: ナイジェル・ダヴェンポート Read by Nigel Davenport

   ■英語原文 The original text in English
   ■邦題の異同 Variations of the title in Japanese
   ■日本語訳の書誌情報詳細
 Detailed bibliography on Japanese translations
   ■外部リンク External links
   ■更新履歴 Change log


 Audio 1 
アントン・レッサーによる朗読 Anton Lesser reads the Elegy

Thomas Gray - Elegy Written In A Country... 投稿者 poetictouch


 Audio 2 
ブラムウェル・フレッチャーによる朗読 Bramwell Fletcher reads the Elegy

Elegy Written In A Country Churchyard - Thomas... 投稿者 poetictouch


 Audio 3 
トム・オベドラムによる朗読 Tom O'Bedlam reads the Elegy

Uploaded by SpokenVerse on Aug 18, 2008


■教会と墓地、詩集、詩人 The church and graveyard, the poem and the poet

a. Churchyard b. Wm8p21d c. Gray0004
↑ Click to enlarge ↑
  • Detail from photograph of the parish church and graveyard at Stoke Poges in Buckinghamshire, taken by Sir John Benjamin Stone (1838-1914), in August 1909. This is the parish church which inspired Gray's 'Elegy.' Image source: Speakwell.com
  • Elegy Written in a Country Churchyard. Image source: Historical Narratives of Early Canada
  • Thomas Gray (1716 - 1771) Image source: Wikipedia

■現代中国語訳 Translations into contemporary Chinese

(Zh1) 丰(豐) 1997
    [简体]             [繁體]
1 晚钟殷殷响,夕阳已西沉。     晚鐘殷殷響,夕陽已西沉。
2 群牛呼叫归,迂回走草径。     群牛呼叫歸,迂回走草徑。
3 农夫荷锄犁,倦倦回家门。     農夫荷鋤犁,倦倦回家門。
4 惟我立旷野,独自对黄昏。     唯我立曠野,獨自對黃昏。


(Zh2) 郭
    [简体]             [繁體]
1 墓钟鸣,昼已瞑,          暮鐘鳴,晝已暝。
2 牛羊相呼,纡回草径,        牛羊相呼,紆於草經,
3 农人荷锄归,蹒跚而行,       農人荷鋤歸,蹣跚而行,
4 把全盘的世界剩给我与黄昏。     把全盤的世界剩給我與黃昏。


(Zh3) 卞
    [简体]             [繁體]
1 晚钟响起来一阵阵给白昼报丧,    晚鐘響起來一陣陣給白晝報喪,
2 牛群在草原上迂回,吼声起落,    牛群在草原上迂回,吼聲起落,
3 耕地人累了,回家走,脚步踉跄,   耕地人累了,回家走,腳步踉蹌,
4 把整个世界留给了黄昏与我。     把整個世界給了黃昏與我。

     [略]              [略]

73 远离了纷纭人世的勾心斗角,    遠離了紛紜人世的勾心鬥角,
74 他们有清醒愿望,从不学糊涂,   他們有清醒願望,從不學糊塗,
75 顺着生活的清凉僻静的山坳,    順着生活的清涼僻靜的山坳,
76 他们坚持了不声不响的正路。    他們堅持了不聲不響的正路。

     [略]              [略]

117 这里边,高枕地膝,是一位青年,  這裏邊,高枕地膝,是一位青年,
118 生平从不曾受知于“富贵”和    生平從不曾受知于“富貴”和
            “名声”;           “名聲”;
119 “知识”可没轻视他出身的微贱, “知識”可沒輕視他出身的微賤,
120 “清愁”把他标出来认作宠幸。  “清愁”把他標出來認作寵幸。

     [略]              [略]


■古典中国語訳(漢詩訳) Translations into classical Chinese verse

(K1) 夏目 1924, 2003
1 暮鐘伝韻弔逝日    暮鐘は韻を伝えて逝日を弔い、
2 群羊歩遅啼曠野    群羊の歩み遅くして曠野に啼く

   夏目漱石による英語原詩から漢詩への訳(冒頭2行のみの抜粋訳)
   a. 夏目金之助=著 「英文学形式論」
     『漱石全集 第13巻 英文学研究』 注 682ページ
     岩波書店 第2刷 2003/04/04 所収
   b. 夏目漱石=述 皆川正禧=編 『英文学形式論
     岩波書店 1924/09/15(大正13)
   引用は a. に拠りました。


(K2) 末松 1881, 2014
1 疎鐘送残日
2 帰牛下平野
3 鋤夫追倦路
4 彷徨独留我

   末松謙澄(すえまつ・けんちょう) 「訳希伶古塋詩」
   a. 亀井秀雄=著 『日本人の「翻訳」』 岩波書店 2014/03/25
   b.同人社文学雑誌』 66号 1881/12(明治14)
   a.b. から冒頭4行のみを引用したもの。引用は a. からの孫引きです。


■日本語訳 Translations into Japanese

(J1) 柳沢 2003(抜粋訳)
1 教会の塔の鐘は夕刻を告げ
2 草地で牛は鳴きつつ巡る
3 鋤き返しに疲れた農夫は家路を辿る
4 あとに残るのは闇とこの私だけ

   トマス・グレイ=作 柳沢正臣=訳 「エレジー」 2003
   柳絮舎の書斎 » 目次 » 訳詩の試み » エレジー
   最初の2連(スタンザ)のみの部分訳。


(J2) 海老澤 1996
1 晩鐘が暮れゆく日の弔いの音を響かせ、
2 啼きつつ牛の群れは、ゆっくりと草地をうねり、
3 農夫が疲れ果てて、とぼとぼと家路を辿れば、
4 この世界には夕闇と私だけが残される。

     [略]

73 狂乱する群れの恥ずべき争いから遠く離れて、
74 彼らの謹直な願いは決してさまようことを知らず、
75 冷ややかな引き籠もった人生の谷間に沿って、
76 彼らは自らの静かなる行路を辿ったのだ。

     [略]

117 此処に大地の膝を枕にして眠るのは、
118 「幸運」も「名声」も知らざりし若者、
119 公平な「学問」は彼の卑しい生まれに眉を顰(ひそ)めず、
120 「憂欝」は自らの虜として彼に印を押した。

     [略]

   トマス・グレイ=作 海老澤豊=訳
   「田舎の教会墓地にて書かれた挽歌」
   『たのしく読める英米詩—作品ガイド120』 ミネルヴァ書房 1996


(J3) 簡野 1985
1 入相の鐘日暮れを告げ
2 啼く牛はゆるく牧場をめぐる
3 脚重く家路たどる農夫、
4 あたりは暗闇(やみ)と我のみ残す

     [略]

   グレー=作 簡野正明=訳 「悲歌」
   『英詩珠玉集』 あぽろん社 1985


(J4) 増田 1961
1 夕鐘陰々日の暮れ去るを告ぐ
2 歸牛は吼えつゝ遲々として野邊をたどり
3 耕夫家路を指して疲れたる歩を運ぶ
4 天地冥黯吾れ獨り遺る

     [略]

73 名奔利走(めいほんりそう)の塵界を離れて
74 渠等は甞て清淨の志を亂さず
75 淳朴幽閑の道を循行して
76 人知れず静かに一生を送りにき

     [略]

117 巧名富貴兩つながら知らざりし一青年
118 此(ここ)に大塊の膝に其の頭べを安んず
119 「學藝」の神は彼れが微賤を嫌はざりき
120 「沈鬱」の神は彼れを其の所屬と標しぬ

     [略]

   トマス・グレー=作 =訳 増田藤之助=譯註
   「田舎の墓地にて詠める悲歌」
   『グレー「悲歌」』 研究社出版 1961


(J5) 戸田 1959
1 夕べの鐘が暮れてゆく日の訃(ふ)を報らせ
2 啼く牛の群は、緩やかに野をうねる。
3 耕す人は疲れ果てて、とぼとぼと家路を辿り
4 地上には宵闇と自分だけが取り残される。

     [略]

73 狂乱する群の恥ずべき闘争から遠く離れて、
74 その慎しい願望(のぞみ)は片時も道に悖(もと)らず、
75 人生の冷やかな引き籠った谷間に沿い、
76 平穏単調に日々を過したのだ。

     [略]

117 此処、大地の膝に頭を凭(よ)せて眠るものは
118 「幸運」も「名声」も知らざりし若者。
119 賤しい生れにも美(うる)わしい「学芸」は眉をひそめず、
120 「憂鬱」も自己のものと刻印(しるし)た男。

     [略]

   グレイ=作 戸田基=訳 「墓畔の哀歌」
   『世界名詩集大成 9 イギリス篇 1』 平凡社 1959


(J6) 福原 1958
1 夕暮の鐘の音が落ちてゆく日を弔(とむら)い
2 鳴きつれて牛の群(むれ)は、ゆるやかに野を渡る
3 野の人は疲れはてて、とぼとぼと家路(いえじ)につけば
4 この世界には、夕暮と自分とのみが残っている。

     [略]

73 あさましく争い狂う群(むれ)を離れて、
74 彼らの願いはただ一筋(ひとすじ)につつましく、
75 冷たい、奥まった人生の谷に沿(そ)うて
76 静かな自らの道を歩くにあったのだ。

     [略]

117 このところ地の膝に枕(まくら)して憩(いこ)えるは
118 「幸運」も「名声」も知らざりし若者ぞ。
119 その生れ卑(いや)しきも「学芸」は眉寄(まゆよ)せず
120 「憂欝」はしるしして、わがものとなしにけり。

     [略]

   トマス・グレイ=作 福原麟太郎=訳
   「田舎の墓地で詠んだ挽歌」
   『墓畔の哀歌』 岩波文庫 1958


(J7) 帆足 1935
1 暮鐘は別れ行く日の挽歌を奏してゐる。
2 牛はうなりつゝたど/\と草原を辿り、
3 耕夫は疲れた足を家路に運ぶ、
4 そして暗と我とに世界を殘しゆく。

     [略]

73 狂奔せる群衆の下劣な闘爭から離れた
74 彼等の地味な願望は、少しも迷はされることはなかつた。
75 冷靜な僻陬の生命(いのち)の谿に沿ふて、
76 彼等は徐(しづ)々としめやかな進路を續けた。

     [略]

117 茲に大地の裾に彼の頭を横へて、
118 富にも名譽にも知られない一靑年は眠る。
119 美はしい學問は彼の卑しい家柄に
120 顰蹙はしなかつたが、憂欝は寂しく彼を領した。

     [略]

   帆足理一郎=譯 グレイの「哀歌」
   『人生詩集』 新生堂 1935


(J8) 大和田 1894
   其一

夕べを送る鐘の聲
      ひゞく方より暮れそめて
牧場の牛は我小屋に
      小田の農夫は我いへに
身を休めんとかへりゆく
    地上に立ちて殘りしは
        暗と我との唯ふたり
 
   其十九

塵の浮世の波風も
      よそに隔てゝ住む身には
成らぬ望みを夢に見て
      心なやます夜半もなし(#「なし」の「な」は変体仮名)
細谷川をゆく水は
    濁らぬ月の影のせて
        静けき歩み運ぶらん
 
   其三十

春の光に逢はざりし
        身は此土の下にあり
花の譽れを受けざりし
      身は此苔の底にあり
木深(こぶが)き谷に潜みつゝ
    涙の内に生涯を
        送りし人は唯こゝに
     [略]

   グレー=作 大和田建樹=輯譯 「野寺の庭」
   『歐米名家詩集(上)』 博文舘 1894


(J9) 矢田部 1882, 1971, etc.
山々かすみいりあひの      鐘はなりつゝ野の牛は
徐(しづか)に歩み歸り行く   耕へす人もうちつかれ
やうやく去りて余(われ)ひとり たそがれ時に殘りけり

   [略]

此處に生れて此處に死に     都の春を知らざれば
其身は淨き蓮(はす)の花    思ひは清(す)める秋の月
實(げ)に厭ふべき世の塵の   心に染みしことぞなき

   [略]

土に枕しこの下に        身をかくしたる若人(わかうど)は
富貴名利もまだ知らず      學びの道も暗けれど
あはれ此世を打捨てゝ      あの世の人となりにけり

   [略]

   グレー=作 尚今居士識(矢田部良吉)
   「グレー氏墳上感懐の詩」
   『新體詩抄 初編』 丸屋善七=発行 1882


■ハンガリー語訳 Translation into Hungarian

1 Harang búcsúztat elköszönt napot,
2 bégetve tér meg a rétről a nyáj,
3 a fáradt pór is hazaballagott,
4 s az éjre és reám maradt a táj.

     [Omission]

73 Őrült tömeg zajától messzire,
74 józan vágyuk túlságba nem csapott,
75 az élet hűs patakja mentibe'
76 pályájuk zajtalan volt és nyugodt.

     [Omission]

117 Egy ifjú szállt itt sírjába korán,
118 kit hír s szerencse nem pártolt soha,
119 de kegyes volt hozzá a tudomány,
120 s mátkája volt a melancholia.

     [Omission]

   Elégia egy falusi temetőben by Thomas Gray
   E-text at Magyarul Bábelben (The Hungarians in Babel)


■ロシア語訳 Translations into Russian

(R1) Черфас
1 День отпевая, колокол гудит,
2 В село плетутся овцы по стерне,
3 Усталый пахарь к очагу спешит,
4 Мир оставляя тишине и мне.

     [Omission]

73 Вдали от шумных и позорных сцен
74 Тропа их тихой жизни пролегла,
75 Без войн и буйств, обетов и измен
76 Они вершили скромные дела.

     [Omission]

117 Здесь юноша в объятьях у земли,
118 Кого ни Счастье, ни Почёт не знали,
119 Но знания под скудный кров пришли,
120 И был весь век он осенён печалью.

     [Omission]

   Томас Грей. Элегия на сельском кладбище
   Translated by Черфас Самуил
   E-text at zhurnal.lib.ru


(R2) Жуковский, 1839
1 Колокол поздний кончину отшедшего дня возвещает;
2 С тихим блеяньем бредет через поле усталое стадо;
3 Медленным шагом домой возвращается пахарь, уснувший
4 Мир уступая молчанью и мне.

     [Omission]

73 Здесь разливает предчувствие вечного мира. Чтоб праха
74 Мертвых никто не обидел, надгробные камни с простою
75 Надписью, с грубой резьбою прохожего молят почтить их
76 Вздохом минутным; на камнях рука неграмотной музы

     [Omission]

116 Небо: несчастным давал, что имел он, — слезу; и в награду
117 Он получил от неба самое лучшее — друга.
118 Путник, не трогай покоя могилы: здесь все, что в нем было
119 Некогда доброго, все его слабости робкой надеждой
120 Преданы в лоно благого отца, правосудного бога».

     [Omission]

   Сельское кладбище. Элегия.
   Translated by Василий Андреевич Жуковский, 1839
   E-text at Викитека (Wikisource)


(R3) Жуковский, 1802
1 Уже бледнеет день, скрываясь за горою;
2 Шумящие стада толпятся над рекой;
3 Усталый селянин медлительной стопою
4 Идет, задумавшись, в шалаш спокойный свой.

     [Omission]

73 Скрываясь от мирских погибельных смятений,
74 Без страха и надежд, в долине жизни сей,
75 Не зная горести, не зная наслаждений,
76 Они беспечно шли тропинкою своей.

     [Omission]

117 Здесь пепел юноши безвременно сокрыли;
118 Что слава, счастие не знал он в мире сём;
119 Но Музы от него лица не отвратили,
120 И меланхолии печать была на нём.

     [Omission]

  • Томас Грей. Сельское кладбище. Translated by Василий Андреевич Жуковский, 1802
  • E-text at:

■ポーランド語訳 Translation into Polish

1 Dzwon wieczorny żałobnie nad zgonem dnia płacze,
2 Porykując, z łąk schodzą ociężałe stada,
3 Ku zagrodom zmierzają znużeni oracze;
4 Światem już tylko ciemność – i myśl moja włada.

     [Omission]

73 Z dala od ciżb, którymi waśń obłędna miota,
74 Ustrzegli się manowców nieoględnych marzeń
75 I szli chłodną, zaciszną doliną żywota,
76 Szlakiem bezgłośnych dążeń i codziennych zdarzeń.

     [Omission]

117 Tutaj śni swój spokojny sen na Ziemi łonie
118 Młodzieniec, który nie znał, co Splendor lub Sława;
119 Cień skrzydeł Melancholii omraczal mu skronie;
120 Choć ród miał skromny, Wiedza była dlań łaskawa.

     [Omission]

   Elegia napisana na wiejskim cmentarzu by Thomas Gray
   E-text at Chomikuj.pl


■チェコ語訳 Translation into Czech

1 Zvon večerní uspává mroucí den,
2 a stádo bučíc v chlív se cestou dává,
3 ku vísce rolník potácí se zmdlen
4 a temnotám a mně svět přenechává.

     [Omission]

73 Měst vřavě, davu zpitých vzdálená
74 jich z cesty prostá nezbloudila přání,
75 jen stezkou, která stínem halena
76 šli zatím neuznáni v odříkání.

     [Omission]

117 Zde v lůnu země leží mladá skráň,
jež slávy ani štěstí nepoznala,
v kolébce Musa usmála se naň,
však těžkomyslnost jej svojím zvala.

     [Omission]

   Elegie psána na hřbitově vesnickém by Thomas Gray
   Translated by Jaroslav Vrchlický
   Moderní básníci angličtí (1700—1800). Praha : Jos. R. Vilímek, vyd. okolo 1900.
   E-text at Wikizdroje (Wikisource)


■ドイツ語訳 Translation into German

1 Die Abendglocke schlägt das Geläut des scheidenden Tages,
2 Die muhende Herde schlängelt langsam über der Aue,
3 Heimwärts stapft der Pflüger seinen beschwerlichen Weg
4 Und läßt die Welt zur Dunkelheit und mir.

     [Omission]

73 Fern vom unedlen Streit der bunten Menge
74 Lernten ihre nüchternen Wünsche nie abzukommen;
75 Entlang dem kuhlen versteckten Tal des Lebens
76 Hielten sie den lautlosen Verlauf ihrem Wege.

     [Omission]

117 Hier rastet sein Kopf auf dem Erdenschoß
118 Ein Geselle, der zum Glück und Ruhm unbekannt war.
119 Das holde Wissen runzelte nicht auf seinem bescheidenen Geburt
120 Und Schwermut zeichnete ihn zu Eigen.

     [Omission]


■イタリア語訳 Translation into Italian

1 La campana della sua annunzia tristemente il rintocco del giorno che muore.
2 Il gregge muggente si snoda lentamente sui prati,
3 l'oratore volge verso casa il suo stanco cammino
4 e lascia il mondo all'oscurità e a me.

     [Omission]

73 Lontano dall’ignobile lotta della pazza folla,
74 non impararono mai a deviare i loro pii desideri,
75 lungo la fredda e appartata valle della vita.
76 Mantennero il corso silenzioso della loro esistenza.

     [Omission]

117 Qui posa la sua testa sul grembo della terra
118 un giovane alla fortuna e alla fama ignota.
119 La bella scienza non arrise mai alla sua umile nascita,
120 e la malinconia lo segnò per sempre come suo

     [Omission]


■スペイン語訳(第1連) The first stanza translated into Spanish

(Es1)
1 El toque de queda el toque de los peajes del día de despedida,
2 El rebaño siguientes viento lentamente que sobre el LEA,
3 el labrador a casa plods su fatigoso camino,
4 y deja el mundo a la oscuridad y para mí.

     [Omission]

   Elegía sobre un cementerio de aldea by Thomas Gray
   Excerpt at Poder y la responsabilidad - how to sing my country tis of thee


(Es2)
1 El peajes toque de queda el toque del día de despedida,
2 el mugido del viento rebaño lentamente que sobre el LEA,
3 el agricultor en su camino de regreso Plod cansado
4 y abandonó el mundo de las tinieblas y para mí.

     [Omission]

   Elegía sobre un cementerio de aldea by Thomas Gray
   Excerpt at Power y Responsabilidad - Tech News - Part 847


■フランス語訳の抜粋 Excerpts of translation into French

[Lines 1-4 of the original]
 L'airain grave a du jour teinté l'heure dernière,
 Le troupeau qu'en rêvant le pâtre suit des yeux,
 Mugissant, à pas lents, regagne la barrière,
 Le laboureur lassé retourne à sa chaumière,
 Et seuls, la nuit et moi, nous veillons sous les cieux.

[Lines 13-16 of the original]
 A l'ombre de ces ifs déchirés par l'orage,
 Où le gazon pâlit sous les larmes du deuil,
 Vénérables témoins des vertus d'un autre âge,
 Les ancêtres vaillants de cet humble village
 Dorment, chacun couché dans son étroit cercueil.

   Elégie écrite dans un cimetière de campagne by Thomas Gray
   Excerpts in Revue du Monde Catholique: Volume 93 - Page 613
   Preview at Google Books


 Audio 4 
サミュエル・ゴッドフリー・ジョージによる朗読(第1-76行)
Samuel Godfrey George reads the Elegy (Lines 1-76)

Uploaded by samuelgodfreygeorge on Jun 14, 2008


 Audio 5 
ナイジェル・ダヴェンポートによる朗読(全文)
Nigel Davenport reads the Elegy (complete)

朗読:  Uploaded by JustAudio2008 on May 22, 2008. Produced by Ipodity


■英語原文 The original text in English

1 The Curfew tolls the knell of the parting day,
2 The lowering herd wind slowly o'er the lea,
3 The plowman homeward plods his weary way,
4 And leaves the world to darkness and to me.

     [Omission]

73 Far from the madding crowd's ignoble strife,
74 Their sober wishes never learn'd to stray;
75 Along the cool sequester'd vale of life
76 They kept the noiseless tenor of their way.

     [Omission]

117 Here rests his head upon the lap of Earth
118 A Youth to Fortune and to Fame unknown,
119 Fair Science frown'd not on his humble birth,
120 And Melancholy mark'd him for her own.

     [Omission]


■邦題の異同 Variations of the title in Japanese

  「エレジー」…………………………………柳沢 2003
  「グレー氏墳上感懐の詩」…………………矢田部 1882, 1971, etc.
  「悲歌」………………………………………簡野 1985
  『悲歌』………………………………………増田 1961(本の題)
  「田舎の墓地で詠んだ挽歌」………………福原 1958(詩の題)
  「田舎の墓地にて詠める悲歌」……………増田 1961(詩の題)
  「田舎の教会墓地にて書かれた挽歌」……海老澤 1996
  「野寺の庭」…………………………………大和田 1894
  「墓畔の哀歌」………………………………戸田 1959
  『墓畔の哀歌』………………………………福原 1958(本の題)


■日本語訳の書誌情報の詳細
 Detailed bibliography on translations into Japanese

(J1) 柳沢 2003
   トマス・グレイ=作 柳沢正臣(やなぎさわ・まさおみ)=抜粋訳
   「エレジー」 2003/10 掲載
   ウェブサイト 柳絮舎の書斎 > 目次 > 訳詩の試み > エレジー
   最初の2連(スタンザ)、第1行〜第8行のみの部分訳


(J2) 海老澤 1996
   トマス・グレイ=作 海老澤豊=訳
   「田舎の教会墓地にて書かれた挽歌」
   木下卓(きのした・たかし)+野田研一+太田雅孝=編著
   『たのしく読める英米詩—作品ガイド120
   シリーズ・文学ガイド3 ミネルヴァ書房 1996/03 所収


(J3) 簡野 1985
   グレー=作 =訳 簡野正明(かんの・まさあき)=訳 「悲歌」
   『英詩珠玉集』 あぽろん社 1985/02 所収
   全訳ではなく、部分訳。


(J4) 増田 1961
   トマス・グレー=作 =訳 増田藤之助(ますだ・とうのすけ)=譯註
   「田舎の墓地にて詠める悲歌」
   『グレー「悲歌」』 研究社出版 1961/05 所収


(J5) 戸田 1959
   グレイ=作 戸田基(とだ・もとい)=訳 「墓畔の哀歌」
   『世界名詩集大成 9 イギリス篇 1』 平凡社 1959/10/20 所収


(J6) 福原 1958
   トマス・グレイ=作 福原麟太郎=訳
   「田舎の墓地で詠んだ挽歌」
   『墓畔の哀歌』 岩波文庫 1958/11 所収


(J7) 帆足 1935
   グレイ=作 帆足理一郎(ほあし・りいちろう)=譯
   グレイの「哀歌」(田舍の敎會墓地にて)
   帆足理一郎=編 『人生詩集
   新生堂 1935/10/14(昭和10) 定價二圓 所収
   辿・運・望・迷・進・横の旧字は新字で置き換えました。


(J8) 大和田 1894
   グレー=作 大和田建樹=輯譯 「野寺の庭」
   『歐米名家詩集(上)』 國民文庫
   大橋新太郎=編輯兼發行
   博文舘=發兌 1894/01(明治27)所収


(J9) 矢田部 1882, 1971, etc.
   グレー=作 尚今居士識(「尚今居士」は矢田部良吉の号)
   「グレー氏墳上感懐の詩」 『新體詩抄』


■外部リンク External links


■更新履歴 Change log

  • 2014/06/14 末松謙澄=訳 1881/12  を追加しました。
  • 2013/12/31 戸田基=訳 1959/10/20 を追加しました。
  • 2013/09/03 矢田部良吉=譯の書誌情報を修正・補足しました。
  • 2013/04/06 帆足理一郎=譯 1935/10/14 を追加しました。
  • 2013/03/27 チェコ語訳と В. А. Жуковский によるもう1種類のロシア語訳を追加しました。
  • 2013/03/20 3種類の現代中国語訳と夏目漱石による漢詩訳を追加しました。
  • 2013/02/19 ハンガリー語訳を追加しました。
  • 2012/10/18 柳沢正臣=抜粋訳 2003/10 と次の3本の YouTube 画面を追加しました。
    1. アントン・レッサーによる朗読
    2. ブラムウェル・フレッチャーによる朗読
    3. トム・オベドラムによる朗読
  • 2012/06/28 2種類のロシア語訳、ポーランド語訳、ドイツ語訳、イタリア語訳、2種類のスペイン語訳(第1連)、およびフランス語訳の抜粋を追加しました。また、目次と外部リンクの項を新設しました。
  • 2010/05/10 【訂正】 お恥ずかしいことに、詩のタイトルに(したがって、ブログ記事のタイトルにも)ミススペリングがありました。この記事をアップロードして以来きょうまでの3年間、気がつかなかったのが、われながら不思議ですが。失礼しました。つぎのとおり、訂正します。
      × Elergy → ○ Elegy
    また、検索の便を考慮し、ブログ記事のタイトルに、いくつかの邦題を追加しました。さらに、書誌情報を一部修正し、英語原文に行番号を振りました。さらに、英語原詩の朗読の YouTube 動画を追加し、「邦題の異同」の項を新設しました。
  • 2008/08/04 簡野正明=訳 1985/02 を追加しました。
  • 2007/05/23 増田藤之助=譯 1961/05 を追加しました。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ翻訳ブログ人気ランキング参加中

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese
  
  

|

« La Disparition d'Honore Subrac by Guillaume Apollinaire アポリネール「オノレ・シュブラックの失踪」 | Main | L'oiseau du tour du monde by Jules Supervielle シュペルヴィエル 「牛小屋に寝ていた……」 »

Comments

Attractive part of content. I just stuimbled upon your site and in accession capital to ssay thuat I acquire actuwlly enjoyed account your blog posts. Anyway I'll be subscribing for your augment or even I fulfillment you get right of entry to persistently rapidly.

Posted by: microwaveovensadvisor.com | Tuesday, 10 December 2013 04:35 am

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Elegy Written in a Country Churchyard by Thomas Gray トマス・グレイ 「田舎の教会墓地にて書かれた挽歌」「田舎の墓地にて詠める悲歌」「野寺の庭」「墓畔の哀歌」「グレー氏墳上感懐の詩」:

« La Disparition d'Honore Subrac by Guillaume Apollinaire アポリネール「オノレ・シュブラックの失踪」 | Main | L'oiseau du tour du monde by Jules Supervielle シュペルヴィエル 「牛小屋に寝ていた……」 »