« …trotzdem Ja zum Leben sagen: Ein Psychologe erlebt das Konzentrationslager / Man's Search for Meaning by Viktor E. Frankl ヴィクトール・E・フランクル 『夜と霧』 | Main | 柿本人麻呂 「たまかぎる……」 萬葉集巻11-2391 Kakinomoto no Hitomaro "Tamakagiru...." from Man'yoshu 11-2391 »

Monday, 11 June 2007

Jeeves in the Springtime by P.G. Wodehouse P・G・ウッドハウス「ジーヴズの春」

a. 4336046751 b. 517jnzazjml c. 240138

d. 300pxjeevesnwooster e. Wooster_1 f. 3103


             ↑ Click to enlarge ↑

a.比類なきジーヴス』国書刊行会 (2005)
b. The Inimitable Jeeves (The Collector's Warehouse), Overlook Pr (2007)
c. The Inimitable Jeeves, BBC Radio Collection, a 3-CD set (2005)
d. Jeeves and Wooster, a TV adaptation by Granada (1990), starring Stephen Fry (as Jeeves) and Hugh Laurie (as Bertie Wooster). Image source: Answers.com
e. The World of Wooster, a TV adaptation by BBC (1965), starring Dennis Price (as Jeeves) and Ian Carmichael (as Bertie Wooster).
f. The Inimitable Jeeves, Penguin USA, Reissue ed. (2000)
 
 
■日本語訳 Translations into Japanese

(1) 岩永+小山 2005
「メイベルという名前、好きかい?」
「いや」
「好きじゃない?」
「うん」
「音楽的な響きがしないかい——そよ風が木々の上をかすめていくような?」
「ちっとも」
 ビンゴはしばらくがっかりした様子だったが、急に元気づいて言った。
「もちろん、きみにはしないさ。もともと魂のない空っぽ頭だもんな、そうだろう?」
「好きに言えよ。で、誰なんだ、その子は? ぜんぶ吐いてしまえ」
 かわいそうに、ビンゴのいつもの病気だ。知り合って以来——いっしょに学校に行ったのは前に話したとおりだ——ビンゴはのべつ誰かに恋焦がれていて、それもいかなる魔法なのか、春が一番多かった。学校時代、女優のブロマイド集めにかけては右に出るものがなかったし、オックスフォードでは「ビンゴの恋患い」といって知らぬ者はなかった。

   P・G・ウッドハウス=著
   岩永正勝+小山太一=編訳「ジーヴズの春」
   その一 ジーヴズ、知恵を絞る
   『ジーヴズの事件簿』P・G・ウッドハウス選集1
   文藝春秋 2005/05 所収
 
   原典:
   The Inimitable Jeeves
   by P.G. Wodehouse
   Herbert Jenkins, London, 1923

   The U.S. edition was published by George H. Doran, New York,
   1923, under the title "Jeeves."
 
 
(2) 森村 2005
「お前、メイベルって名前は好きか?」
「いや」
「嫌いなのか?」
「嫌いだ」
「この名前には一種の音楽が感じられないか? 木々の梢を風がそよぐような」
「いや」
 奴は落胆した様子だったがすぐに気を取り直した。
「お前にゃあわからなくて当然だ。お前はいつだって心の無いデカ頭のイモ虫だったよな」
「何とでも言え。で、どんな女の子なんだ? 全部話せよ」
 また始まった、と僕は了解した。知り合って以来——奴とは子供の頃からいっしょに学校に通った仲だが——春になると奴は永久不変に誰かしらと恋に落ちてきた。学校時代、奴は誰もかなわないほど、当時人気の女優の写真のコレクションを所有していた。オックスフォード大学時代、奴のロマンティックな性癖は物笑いの種だった。

   P・G・ウッドハウス=著 森村たまき=訳
   「1. ジーヴス、小脳を稼動させる」
   『比類なきジーヴス』ウッドハウス・コレクション
   国書刊行会 2005/02 所収
 
   原典:
   The Inimitable Jeeves (1923)
   by P.G. Wodehouse
   Penguin Books
 
 
(3) 乾 1985
「君、メイベルって名前好きかい?」
「いや」
「きらいかい?」
「うん」
「この語にはだ、梢をやさしくなでて行く風のような、音楽のひびきみたいなところがあると思わないのかい?」
「思わんね」
 ちょっと彼は失望の態であったが、やがて元気を取り戻した。
「いや君にはわかるわけがないやね。前々から君って男は、心もなんにも持ってないまぬけ野郎だったからな、そうだろ?」
「いいたいことをいうがいいさ。その女って何者だい? 一部始終を白状しろよ」
 今やぼくにも見当がついたのだ、あわれなビンゴめ、またまた例のをやっているんだ。彼と知りあって以来……学校も一緒だったが……永久運動的に誰かに恋をしている、特に春がひどい。春はどうやら彼に魔術みたいに作用するらしいのだ。学校時代彼は当代女優の写真を一人残らず収集していたし、オックスフォードでの、彼のあだ名はそのロマンチックな性癖に由来したものだった。

   P・G・ウッドハウス=著 乾信一郎(いぬい・しんいちろう)=訳
   「ジーブスと春の訪れ」
   ハヤカワ・ミステリマガジン 1985/04 No.348 収載
 
 
■英語原文 The original text in English

"Do you like the name Mabel?"

"No."

"No?"

"No."

"You don't think there's a kind of music in the word, like the wind rustling gently through the tree-tops?"

"No."

He seemed disappointed for a moment; then cheered up.

"Of course, you wouldn't. You always were a fatheaded worm without any soul, weren't you?"

"Just as you say. Who is she? Tell me all."

For I realised now that poor old Bingo was going through it once again. Ever since I have known him--and we were at school together--he has been perpetually falling in love with someone, generally in the spring, which seems to act on him like magic. At school he had the finest collection of actresses' photographs of anyone of his time; and at Oxford his romantic nature was a byword.

   Jeeves in the Springtime (1921)
   1. Jeeves Exerts the Old Cerebellum
   by P.G. Wodehouse
   Excerpt at Amazon.co.jp

   E-text at:
   * Project Gutenberg
   * Another site by the Project Gutenberg
   * Web Book Publications
   * The Literature Network
   * ClassicReader.com
 
 
■List of books by P. G. Wodehouse

   * A complete list of books by P. G. Wodehouse can be viewed
    at Wikipedia.
  
■List of e-texts

   * E-Texts of PG Wodehouse
  
■ウッドハウス邦訳のリスト

   * 真田啓介=編「ウッドハウス邦訳書誌
   * ミステリー・推理小説データベース Aga-Search
    P・G・ウッドハウス および 執事ジーヴス のページ

ただし、真田氏の書誌は2003年7月現在のものです。したがって、つぎの各シリーズのタイトルは含まれておりません。

   * 国書刊行会『ウッドハウス・コレクション』(2005/02〜続刊中)
   * 国書刊行会『ウッドハウス・スペシャル』(2007/09 第1回配本予定)
   * 文藝春秋『P・G・ウッドハウス選集』(2005/05〜続刊中)
  
■参考 
   * 文藝春秋|本の話より|PICK UP
    岩永正勝×小山太一
    「天国のような喜劇の世界—笑いの天才P・G・ウッドハウス」
    文藝春秋『P・G・ウッドハウス選集』の編訳者2人による対談。
  
■Links
   * The P G Wodehouse Society (UK)
   * The Wodehouse Society (USA)
   * The P.G. Wodehouse Society (Netherlands)
   * The Drones Club of Belgium
   * The Russian Wodehouse Society(英語ページあり。画像多数)
   * Amici di Wodehouse
   * P. G. Wodehouse Appreciation Page by Tom Kreitzberg
   * P.G.Wodehouse page by Shamim Mohamed
   * 執事たちの足音 by countsheep99
 
 
■更新履歴 Change log

2007/07/01
乾信一郎=訳 1985/04 を追加しました。
 
 
↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザの画面を更新すると入れ替わります。 
↓ Renew the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages
(1) The Inimitable Jeeves

(2) Jeeves + P.G. Wodehouse

■和書 Books in Japanese

■DVD

■CD

 
 

|

« …trotzdem Ja zum Leben sagen: Ein Psychologe erlebt das Konzentrationslager / Man's Search for Meaning by Viktor E. Frankl ヴィクトール・E・フランクル 『夜と霧』 | Main | 柿本人麻呂 「たまかぎる……」 萬葉集巻11-2391 Kakinomoto no Hitomaro "Tamakagiru...." from Man'yoshu 11-2391 »

Comments

It's in reality a great and useful piece of info. I am happy that you just shared this helpful info with us. Please keep us up to date like this. Thanks for sharing.

Posted by: fifa 14 Coin generator | Tuesday, 31 December 2013 01:32 pm

Hi, I think your website might be having browser compatibility issues. When I look at your blog in Firefox, it looks fine but when opening in Internet Explorer, it has some overlapping. I just wanted to give you a quick heads up! Other then that, amazing blog!

Posted by: Tammy | Thursday, 02 January 2014 05:15 am

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Jeeves in the Springtime by P.G. Wodehouse P・G・ウッドハウス「ジーヴズの春」:

« …trotzdem Ja zum Leben sagen: Ein Psychologe erlebt das Konzentrationslager / Man's Search for Meaning by Viktor E. Frankl ヴィクトール・E・フランクル 『夜と霧』 | Main | 柿本人麻呂 「たまかぎる……」 萬葉集巻11-2391 Kakinomoto no Hitomaro "Tamakagiru...." from Man'yoshu 11-2391 »