« Les Embaumeuses by Marcel Schwob マルセル・シュオッブ / マルセル・シュウォッブ 「ミイラ造りの女」「木乃伊をつくる女」「ミイラづくりの女たち」「ミイラづくり」「ミイラ造りの女たち」 | Main | Антон Чехов - Душечка Angel / The Darling by Anton Chekhov チェーホフ「かわいい」「かわいいひと」「可愛い女」「かわいい女」「いとしい人」「愛すべき女」 »

Sunday, 24 June 2007

To Please His Wife by Thomas Hardy トマス・ハーディ 「妻ゆえに」「妻ゆゑに」「妻のために」「帰らぬひと」「帰らぬ船」

        目次 Table of Contents

 Images  表紙画像と肖像写真 Cover photos and a portrait
■中国語訳 Translation into Chinese
■日本語訳 Translations into Japanese
  (1) 平戸 2003
  (2) 渡 2002
  (3) 井出 2000
  (4) 藤井 1991
  (5) 小林 1984, 1986, etc.
  (6) 秋山 1976
  (7) 下嶋 1973, 1987
  (8) 河野 1957, 1967, etc.
  (9) 田代 1950, 1951, etc.
  (10) 森村 1932
  (11) 宮嶋 1932
  (12) 平田 1915, 1925
■スペイン語訳 Translation into Spanish
■英語原文 The original text in English
■邦題の異同 Variations of the title translated into Japanese
■更新履歴 Change log


 Images 
表紙画像と肖像写真 Cover photos and a portrait

↓ クリックして拡大 Click to enlarge ↓

a. Hardy b. 1853261785_1 c. Thomashardy


■中国語訳 Translation into Chinese

下のとおり、虚白という訳者による To Please His Wife の中国語訳が、「取媚他的妻子」というタイトルで収録されている翻訳書が、戦前に出ていたようです。この旨の記述をネット上で見かけました。ただし、わたしは現物を見て確認しておりません。

   《人生小讽刺》 [英]哈代著,仲彝、虚白译。上海真美善书店 1928年9月初版
   目次に「取媚他的妻子 虚白译」という記載あり。

   以上の情報が、中国现代文学总书目 贾植芳 福建教育出版社, 1993
   という本に載っています。 Preview at Google Books.


■日本語訳 Translations into Japanese

(1) 平戸 2003
「[略]ねぇ、エミリー、長い航海のあと帰ってきた男というのは、蝙蝠みたいに盲も同然で、女の人たちの違いなんて分からないんだよ。みんな同じに美人に見えてね。そこで真先に気安く近づける人に手を出すんだよ。その人が自分を愛しているのか、すぐに自分がその人より他の女(ひと)を好きになったりしやしないかなど考えずにね。はじめから俺の気持ちは君に向かっていた。だが君はひどく逃げ腰で、恥ずかしがってたから、てっきり俺が構ったりしては迷惑だと思って、ジョアンナにしたんだ」
 
   トマス・ハーディ=著 平戸喜文(ひらど・よしふみ)=訳 「妻ゆえに」
   『イギリス名作短編集』 近代文芸社 2003/02 所収


(2) 渡 2002
 「[略]ねえ、エミリ、男というものは長い航海から戻ってきたときには、こうもりのように盲目になって、女はだれがだれだか、わからなくなるのだ。みんな同じように、きれいな人に見えてしまうのだ。そこで簡単に親しくなれた最初の人を、選んでしまう。その人が自分を愛しているかとか、時間を重ねたらもっとべつに愛せる人が現れるかもしれないとかは、考えもしない。初めからおれは、きみに一番惹かれていたのだ。だけどきみは尻込みしたり、恥ずかしがったりするので、きみを困らせているのだと思い、ジョアナのほうへいってしまったのだ」

   トマス・ハーディ=著 渡千鶴子=訳 「妻への想い」
   『トマス・ハーディ短編全集3』 大阪教育図書 2002/03 所収


(3) 井出 2000
 「[略]男ってやつは、エミリー、長い航海を了(お)えて海から帰ってくると、盲も同然——女のことになると見境いがつかなくなる。どいつもこいつも似たり寄ったりの別嬪(べっぴん)さんだ。すぐに手の届く女に手をつけて、相手がこっちを愛してるか、こっちもじきに別の女に目移りするかもしれん、なんてことは頭にありゃしない。最初っからいいなといちばん感じてたのは、きみだった。でも、きみはひどく内気ではにかみ屋さんだもの、てっきりおれにつきまとわれたくはないんだと思っちまってね。それでジョアンナの方へ走ったってわけ」
 
   トマス・ハーディ=著 井出弘之(いで・ひろゆき)=訳 「帰らぬひと」
   『ハーディ短篇集』 岩波文庫 2000/02 所収


(4) 藤井 1991
 「[略]なあ、エミリ、長い航海から帰って来ると、男というのは、盲目同然になってしまう—女性についてだれかれの区別もなくなってしまう。皆同じくきれいに見えてしまう。そして、女性がその男性のことを愛しているのか、男性のほうは、すぐまた別に、もっといい人ができるのではないか、などとも考えず、たやすく手に入る最初の女性を取ってしまうんだ。初めっから、ぼくはきみに一番気があったんだけど、きみは余りにも内気で、後ずさりしてるので、ぼくなんかにかかわっていたくないんだろうと思って、それでジョアナのほうへ行ってしまったんだ」

   トマス・ハーディ=著 藤井繁(ふじい・しげし)=訳 「妻ゆえに」
   『人生の皮肉』 千城 1991/12 所収


(5) 小林 1984, 1986, etc.
「[略]ねえ、エミリさん。長い航海を終って海から帰ってくると、男ってものはまるでコウモリみたいに目が見えないもので——女を見るとまるで区別がつかないんだよ。女はみんな同じに見えるんだ、みんな美人に見えてね。それで相手が自分を愛してくれているかとか、やがて自分がもっとよい女にほれ込むことになるかもしれぬなどということは考えもしないんで、たやすく手に入る手近なのに飛びついてしまうんだよ。僕ははじめっから君に一番惹かれていたんだが、君はあんまり内気で尻込みしてるもんだから、僕につきまとわれるのは嫌なのだと思ってね、それでジョアナのほうに行ったんだよ」

   ハーディ=著 小林清一(こばやし・せいいち)=訳 「帰らぬ船」
   5a.ハーディ傑作短編集』 千城 1991/04 所収
   5b.人生の小さな皮肉—ハーディ短篇集』 創元社 1986/05 所収
   5c. ハーディ傑作短篇集』 創元社 1984/03 所収
   上の引用は、5c. に依拠しました。各版の訳文の異同は未確認。


(6) 秋山 1976
「[略]ねえ、エミリ、長い航海のあとで海から帰ってくると、男ってものはこうもりみたいに目が見えなくてね——どの女を見たって、見分けがつかないんだ。みんな美人に見えてね、手近なのからまっ先にとびついてしまって、相手に好かれているかとか、いずれもっと良い女に惚れられるようなことがあるかもしれん、などとは考えもしないんだ。おれは最初からお前に一番惹かれてたんだけど、お前はあんまり内気で、尻込みしてるもんだから、かまわれるのはいやなのかと思ってね、それでジョアンナの方に行ったんだよ」

   トマス・ハーディ=著 秋山徹夫(あきやま・てつお)=訳
   「妻を喜ばせたく」
   『アリシアの日記・他五篇』 八潮版・イギリスの文学15
   八潮出版社 1976/06 所収


(7) 下嶋 1973, 1987
「[略]な、エミリ、男って、長い航海から帰って来ると、蝙蝠同然まるで眼が利かねえんだ——誰が誰だか、女の見分けがつかなくなるんだ。みんな同じように美人に見えるんだ。そして、手に入り易い最初の女をつかまえるってわけだ——相手がこちらを好いてるのかどうかも考えず、こっちもまた、もっと好きなのが出るかも知れんのに、そんなことも考えないでさ、最初からおれはあんたが一番好きだったんだけど、あんたがあんまり内気で、しりごみばかりしてるもんだから、うるさく言っちゃ迷惑なのかな、と考えて、それでジョアナの方へ行っちまったんだ」
 
   7a.T・ハーデー=著 下嶋統一=訳注 『妻ゆえに
     英文世界名作シリーズC-9 評論社 1987/08
   7b.T・ハーディ=著 下嶋統一=訳注 『妻ゆえに』
     評論社 1973/11
   7a. は高校上級以上向けの副読本。原文と全訳を収録。
   7b. は未見。おそらく 7a.7b. を復刊したものか(未確認)。


(8) 河野 1957, 1967, etc.
「[略]なあエミリー、長い航海をおえて海から帰ってくると、男ってものは蝙蝠(こうもり)みたいに目が見えねえもんなんだ——女を見るとまるで見さかいがつかなくなるんだな。どの女もみなおんなじに見えるんだ、どいつもこいつもうっとりするような奴にさ、そんで相手が自分を愛してくれるかどうかとか、もっといい女にほれこむかもしれんてなことは考えもしないで、たやすく手にはいる手近な奴に飛びついちまうんだ。はじめっからおれはおまえが好きだったんだ。だけどおまえがあんまり内気で尻ごみばかりしてるんで、おれにつきまとわれるのがいやなんだろうと思って、そんでジョアンナのほうへいっちまったんだ」
 
   ハーディ=著 河野一郎(こうの・いちろう)=訳 「妻ゆえに」
   8a. 文藝春秋=編 『愛の迷宮』 アンソロジー人間の情景3
      文春文庫 1992/11 所収
   8b.世界文学全集 第2集 第14巻 ハーディ』 河出書房 1968 所収
   8c.世界文学全集 カラー版 第23巻 ハーディ
      テス アリシアの日記 他 河出書房 1967/04 所収
   8d. ハーディ短編集』 新潮文庫 1957/09 所収


(9) 田代 1950, 1951, etc.
 「[略]ねえ、エミリー。男ちゅうものは、ながい航海をして海から帰ってくると、まるで蝙蝠(こうもり)みたいに眼が見えねえんだよ。——誰が誰だか、女の見分けがつかねえんだ。みんなおなじように、美人に見えるんだ。それで、先方が自分に惚れてるかどうかも考えず、こっちにも直ぐまた別に好いのができるかどうかも考えずに、たやすくやってくる最初の女を手に入れるんだ。おれは、初めっからお前にいちばん気があったんだが、お前があんまり内気で、尻ごみばかりするもんで、とてもおれなんかに構いつけてもらいたくねえんだろうと思って、それでジョアナのほうへ行っちまったような次第さ」
 
   ハーディ=著 田代三千稔(たしろ・みちとし)=訳 「妻ゆえに」
   9a.世界文学全集30 ハーディ』 筑摩書房 1967 所収
   9b.アリシアの日記 他三篇』 角川文庫 1959 所収
   9c.ハーディ傑作選1』 英宝社 1951 所収
   
   Thomas Hardy 著 田代三千稔=訳 「妻のために」
   9d. 妻のために』 英宝社 定價貮百圓 1950/07
   上の引用は、9d. に依拠しました。各版の訳文の異同は未確認。


(10) 森村 1932
 「[略]エミリィさん、男といふものはね、永の航海をして歸つてくると、蝙蝠同樣、からつきし目がきかないんですよ——女にかけちや、誰が誰やら、見境がつかず、みんな同じやうに、別嬪に見えるんですよ。だから、ちよつくらと、眞先にやつてくる女(ひと)を、おいそれと、自分のものにしてしまつて、向うがこつちを好きかどうか、また、こつちでも、やがて、もつといいのができやしないか、どうかつてなことは、いつかう考へないんですよ。儂は、初めつから、あんたにいちばん氣があつたんだが、あんたがあまりひつこみ思案で、内氣なもんだから、儂なんぞに構つて貰ひたくないのだらうと思つて、それで、ジョアナさんの方へ行つちまつた、やうなわけなんですよ」
 
   ハーディ=著 森村豊=訳 「妻ゆゑに」
   『ハーディ短篇集 幻想を追ふ女 他五篇
   岩波文庫 1932/09(昭和7)所収


(11) 宮嶋 1932
 「[略]ねえ、エミリー、あんたも知つとるだらうが、長い航海をして海から上陸(あが)つてくると、男は蝙蝠のやうに目が見えないんだ——誰が誰だか女の見分けがつかないんだよ。誰も彼もみんな同じに、綺麗な女に見えるんだ。それで先方が自分に惚れてるかどうかも考へず、此方(こつち)にも直(ぢ)きまた別に好いのが出來るかどうかも考へず、たやすく手に入る最初の女(やつ)を取つちまふものさ。はじめつから俺は一番お前に氣があつたんだが、お前はあんまり内氣ではにかんでゐるもんで、煩(うるさ)くされたくないのだと思ひ込んで、それでジョアンナの方へ行つたわけさ。」
 
   Thomas Hardy 著 宮嶋新三郎=譯註
   『妻ゆゑに其他』 英米近代文學叢書 第1輯第5巻
   春陽堂(非賣品)1932/04(昭和7)
   書名は奥付に拠ります。表紙などの書名は:
   To Please His Wife and Other Stories
   Modern English and American Literature Series


(12) 平田 1915, 1925
 『[略]ね、エミリ、長い航海(かうかい)をして海から上陸(あが)つて來ると、蝙蝠(かうもり)のやうに盲目(めくら)になつちまうもんでな——誰が誰か女(をんな)の見分けはつかないんだ。誰も彼も皆(みんな)同じに、綺麗なものに見えちまうんだ、で、先方(さき)が自分に惚れてるか何(ど)うかも考へず、此方(こつち)にも直きまた別に好(い)いのが出來るか何うかも考へず、先づ差當り、何でも無暗(むやみ)と樂に手に入(はひ)る奴を取つちまうものさ。實は最初(はじめ)つからお前には氣があつたんだが、でも、餘(あんま)りお前が内氣で、引つ込んでゐるもんで、つい煩(うるさ)く思つてるとばかり呑込(のみこ)んで、それで實は、ジヨアンナの方へ行つて仕舞つたやうな次第さ。』 
[原文は総ルビ。ここでは、その一部を省略しました - tomoki y.]

   トマス・ハアデイ=著 平田禿木(ひらた・とくぼく)=譯
   「妻ゆゑに」
   12a.英國近代傑作集
       國民文庫刊行會(非賣品)1925/11(大正14)所収
   12b.英國近代傑作集(下)』(全2巻)泰西名著文庫
       國民文庫刊行會(非賣品)1915/10(大正4)所収


■スペイン語訳 Translation into Spanish

Sabes una cosa, Emily? Cuando un hombre vuelve a tierra tras un largo viaje por mar está completamente ciego: es incapaz de aber qué mujer le interesa. Todas le parecen iguales, hermosas criaturas, y acepta con facilidad a la primera que se presenta, sin pensar si ella lo ama o si él puede amar más a otra al poco tiempo. Desde el principio me sentí más inclinado por ti, pero eras tan tímida y retraída que imaginé que no querías que te molestara, así que me decanté por Joanna.

   Para contentar a su mujer
   in Cuentos completos by Thomas Hardy
   Translated by Catalina Martínez Muñoz
   Alba Editorial, 2013/03
   Preview at Google Books


■英語原文 The original text in English

'[Omission] You know, Emily, when a man comes home from sea after a long voyage he's as blind as a bat—he can't see who's who in women. They are all alike to him, beautiful creatures, and he takes the first that comes easy, without thinking if she loves him, or if he might not soon love another better than her. From the first I inclined to you most, but you were so backward and shy that I thought you didn't want me to bother 'ee, and so I went to Joanna.'

   To Please His Wife
   from Life's Little Ironies (1894) by Thomas Hardy
   E-text at:


■邦題の異同 Variations of the title translated into Japanese

  「帰らぬひと」…………井出 2000
  「帰らぬ船」……………小林 1984, 1986, etc.
  「妻への想い」…………渡 2002
  「妻ゆえに」……………下嶋 1973, 1987
  「妻ゆえに」……………河野 1957, 1967, etc.
  「妻ゆえに」……………田代 1950, 1951, etc.
  「妻ゆえに」……………藤井 1991
  「妻ゆえに」……………平戸 2003
  「妻ゆゑに」……………宮嶋 1932
  「妻ゆゑに」……………森村 1932
  「妻ゆゑに」……………平田 1915, 1925
  「妻を喜ばせたく」……秋山 1976


■更新履歴 Change log

  • 2013/07/30 目次を新設しました。また、中国語訳に関する書誌情報を追加しました。
  • 2013/07/25 スペイン語訳を追加しました。
  • 2009/07/06 邦題の異同の項を新設しました。また、ブログ記事の題に日本語の異題を追加して、つぎのとおり変更しました。

    旧タイトル: To Please His Wife by Thomas Hardy
            トマス・ハーディ 「妻ゆえに」「帰らぬひと」「帰らぬ船」
    新タイトル: To Please His Wife by Thomas Hardy
            トマス・ハーディ 「妻ゆえに」「妻ゆゑに」「妻のために」
            「帰らぬひと」「帰らぬ船」
  • 2007/08/16 宮嶋新三郎=譯註 1932/04 を追加しました。
  • 2007/07/11 下嶋統一= 1987/08 を追加しました。
  • 2007/07/07 藤井繁=訳 1991/12 を追加しました。
  • 2007/06/25 渡千鶴子=訳 2002/03 と小林清一=訳 1984/03 を追加しました。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ翻訳ブログ人気ランキング参加中

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Renew the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

■DVD

  

|

« Les Embaumeuses by Marcel Schwob マルセル・シュオッブ / マルセル・シュウォッブ 「ミイラ造りの女」「木乃伊をつくる女」「ミイラづくりの女たち」「ミイラづくり」「ミイラ造りの女たち」 | Main | Антон Чехов - Душечка Angel / The Darling by Anton Chekhov チェーホフ「かわいい」「かわいいひと」「可愛い女」「かわいい女」「いとしい人」「愛すべき女」 »

Comments

多くの場合、彼らは提供します の大きな契約より に一意性 、実際 を見ると、あまりにも。 だからとは思わない する必要があります 裕福である のために支払う 非常に良い、高品質 レディース ハンドバッグ。 ただし、最も 引っ張りだこ 通常、ケリー および/または、バーキン。 それ本当に は 高騰を経験している 確認 で、快適 のタッチ 技術。

Posted by: グッチ | Saturday, 28 December 2013 05:55 pm

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference To Please His Wife by Thomas Hardy トマス・ハーディ 「妻ゆえに」「妻ゆゑに」「妻のために」「帰らぬひと」「帰らぬ船」:

« Les Embaumeuses by Marcel Schwob マルセル・シュオッブ / マルセル・シュウォッブ 「ミイラ造りの女」「木乃伊をつくる女」「ミイラづくりの女たち」「ミイラづくり」「ミイラ造りの女たち」 | Main | Антон Чехов - Душечка Angel / The Darling by Anton Chekhov チェーホフ「かわいい」「かわいいひと」「可愛い女」「かわいい女」「いとしい人」「愛すべき女」 »