« Jeeves and the Impending Doom by P.G. Wodehouse P・G・ウッドハウス「ジーヴスと迫りくる運命」「ジーヴズと白鳥の湖」 | Main | 八兵衛の一生 »

Sunday, 15 July 2007

Churchill's Black Dog by Anthony Storr アンソニー・ストー 「チャーチルの黒犬」

a. Churchills_black_dog b. 4763007106 c. B05d224b9da02d40ad6fb010

d. Young_churchill e. 417rh428d0l_ss500_ f. 36033

             ↑ クリックして拡大 Click to enlarge ↑  


■日本語訳 Translation into Japanese

ウィンストン・チャーチルは、彼の先祖にあたるマールボロー公爵と同じように、長い間、繰り返し発症するうつ病の発作に苦しんできた。彼の性格を理解するうえで、この重要な事実を見過ごしてはならない。チャーチルは自分のうつ病のことを「黒犬」と呼んだ。自分の病気にあだ名をつけていたのは、病気に対して友人のように慣れ親しんでいたからだ。

  • アンソニー・ストー=著 今井幹晴(いまい・みきはる)=訳 「第一章 チャーチルの黒犬 うつ病の理解にむけて」 『天才はいかにうつをてなずけたか』 求龍堂 2007/03

■英語原文 The original text in English

Winston Churchill, like his ancestor the first Duke of Marlborough, suffered from prolonged and recurrent fits of depression; and no understanding of his character is possible unless this central fact is taken into account. His own name for depression was 'Black Dog': and the fact that he had a nickname for it argues that it was all too familiar a companion.


にほんブログ村 
本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ84595840v1308102456

Flag Counter

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザの画面を更新すると入れ替ります。
↓ Renew the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■和書 Books in Japanese

■洋書 Books in non-Japanese languages

|

« Jeeves and the Impending Doom by P.G. Wodehouse P・G・ウッドハウス「ジーヴスと迫りくる運命」「ジーヴズと白鳥の湖」 | Main | 八兵衛の一生 »

Comments

If some one needs expert view concerning blogging and site-building afterward i propose him/her to pay a visit this blog, Keep up the pleasant job.

Posted by: Barney | Thursday, 24 October 2013 04:03 pm

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Churchill's Black Dog by Anthony Storr アンソニー・ストー 「チャーチルの黒犬」:

« Jeeves and the Impending Doom by P.G. Wodehouse P・G・ウッドハウス「ジーヴスと迫りくる運命」「ジーヴズと白鳥の湖」 | Main | 八兵衛の一生 »