« The Story of Webster by P.G. Wodehouse P・G・ウッドハウス 「ウェブスター物語」「ウェブスターの物語」「猫ウェブスター氏」 | Main | Churchill's Black Dog by Anthony Storr アンソニー・ストー 「チャーチルの黒犬」 »

Saturday, 14 July 2007

Jeeves and the Impending Doom by P.G. Wodehouse P・G・ウッドハウス「ジーヴスと迫りくる運命」「ジーヴズと白鳥の湖」

4316 4317 Pg116

           ↑ Click to enlarge ↑  

Left Very Good, Jeeves! Hardcover: Collector's Wodehouse, Overlook Press (2006)
Centre Very Good, Jeeves! First US edition by Doubleday, Doran, New York (1930). Image source: The Russian Wodehouse Society
Right P.G. Wodehouse (1881-1975) Image source: Biblia Wodehousiana
 
 
■日本語訳 Translations into Japanese

(1) 森村 2006
「ふん、お前、俺の手紙は受け取ったか?」
「何の手紙だ?」
「俺の手紙さ」
「手紙なんかもらっちゃいない」
「じゃあ投函し忘れたんだな。俺がここにいてお前の従兄弟(いとこ)のトーマスの家庭教師をやってるって話だ。それで俺たちが会ったら、お前が俺をまったく見知らぬ他人として扱うってことが肝心だってことだったんだ」
「だけど、どうしてさ?」
「なぜって、もし俺がお前の友達だなんてお前の伯母さんに思われたら、当然彼女は俺をその場でクビにするだろう?」
「どうして?」
 ビンゴは眉を上げた。
「どうしてだって? 理屈を考えろ、バーティー。もしお前がお前の伯母さんで、お前がどういう種類の男かってお前が知ってたら、お前の親友だってお前が承知してる男にお前の息子の家庭教師をさせたりなんかするか?」
 こいつは僕のオツムをちょいとばかりくらくらさせる問題だったが、しばらくして僕は奴の言わんとするところを理解した。また奴の言うことにはしっかりした分別がずいぶんあると、僕は認めねばならなかっものだ。

   P・G・ウッドハウス=著 森村たまき=訳「1. ジーヴスと迫りくる運命」
   『でかした、ジーヴス!』ウッドハウス・コレクション
   国書刊行会 2006/07 所収

   原書:
   Very Good, Jeeves! (1930) by P.G. Wodehouse
 
  
(2) 岩永+小山 2005
「へえ、でも手紙は届いたよな?」
「何の手紙?」
「ぼくの手紙」
「手紙なんてもらってないぞ」
「じゃあ、ポストに入れ忘れたんだ。こう言うつもりだったんだよ——ここできみの従弟のトーマスの家庭教師をやっているが、もし会ったときには、ぼくを赤の他人として扱うことが肝心だとね」
「でも、なぜ?」
「だって、きみの友達だと分かったら、きみの叔母さんは即刻ぼくをクビにする」
「どうして?」
 ビンゴは眉をつり上げてみせた。
「どうして? ものの道理を考えろ。もしきみがきみの叔母さんで、きみがどういう男かをきみが知ったとしたら、きみの一番の友達だときみが知っている男にきみの子供の家庭教師をきみは任せるかい?」
 ちょっと頭がくらくらしたが、ややあって意味が分かった。まあ、もっともといえばもっともだ。

   P・G・ウッドハウス=著
   岩永正勝+小山太一=編訳「ジーヴズと白鳥の湖」
   『ジーヴズの事件簿』P・G・ウッドハウス選集1
   文藝春秋 2005/05 所収
 
   原書:
   Very Good, Jeeves! by P.G. Wodehouse
   Herbert Jenkins, 1930
 
 
■英語原文 The original text in English

'Well, you got my letter.'

'What letter?'

'My letter?

'I didn't get any letter.'

'Then I must have forgotten to post it. It was to tell you that I was down here tutoring your Cousin Thomas, and that it was essential that, when we met, you should treat me as a perfect stranger.'

'But why?'

'Because, if your aunt supposed that I was a pal of yours, she would naturally sack me on the spot.'

'Why?'

Bingo raised his eyebrows.

'Why? Be reasonable, Bertie. If you were your aunt, and you knew the sort of chap you were, would you let a fellow you knew to be your best pal tutor your son?'

This made the old head swim a bit, but I got his meaning after a while, and I had to admit that there was much rugged good sense in what he said.

   Jeeves and the Impending Doom
   from Very Good, Jeeves! Chapter 1
   by P.G. Wodehouse
   This story first appeared in:
   1926/12 Strand (UK) and
   1927/01/08 Liberty (USA).

   E-text at: Tom Link's General Psychology Class at Pierce College
 
 
↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザの画面を更新すると入れ替わります。 
↓ Renew the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

 
 

|

« The Story of Webster by P.G. Wodehouse P・G・ウッドハウス 「ウェブスター物語」「ウェブスターの物語」「猫ウェブスター氏」 | Main | Churchill's Black Dog by Anthony Storr アンソニー・ストー 「チャーチルの黒犬」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Jeeves and the Impending Doom by P.G. Wodehouse P・G・ウッドハウス「ジーヴスと迫りくる運命」「ジーヴズと白鳥の湖」:

« The Story of Webster by P.G. Wodehouse P・G・ウッドハウス 「ウェブスター物語」「ウェブスターの物語」「猫ウェブスター氏」 | Main | Churchill's Black Dog by Anthony Storr アンソニー・ストー 「チャーチルの黒犬」 »