« Bertie Changes His Mind by P.G. Wodehouse P・G・ウッドハウス「バーティー考えを改める」「バーティ君の変心」 | Main | ラーメン屋にないもの »

Saturday, 28 July 2007

The Spot of Art by P.G. Wodehouse P・G・ウッドハウス「ちょっぴりの芸術」

■P・G・ウッドハウス――彼の家、彼の本、彼自身
 P.G. Wodehouse: His house, his book and himself
a. 59 Epsom Road, Guildford, Surrey.  P.G. Wodehouse was born here.  There is a blue plaque over the door.  He lived there for a year before returning to Hong Kong.  Image source: The Alliance of Literary Societies
b. Very Good, Jeeves, Penguin Audiobooks; Abridged Edition (2000).  Read by Simon Callow.
c. P.G. Wodehouse (1881-1975) Image source: Mr. Mulliner

↓ Click to enlarge ↓

a. Wodehse b. Very_good_jeeves c. Ph133

■59 Epsom Road, Guildford by Google Maps
Other navigatable maps include: MapQuest and Streetmap.co.uk.

View Larger Map

 

■日本語訳 Translations into Japanese

(1) 森村 2006
「そうなんだよ、ダリア叔母さん」僕は言った。「僕の秘密を当ててくれたね。そうさ、僕は恋をしているんだ」
「なんていう娘さん?」
「ペンドルベリー嬢だ。クリスチャンネームはグラディス。綴りの中にwが入るんだ」
「gって意味でしょう」
「wとg、両方入るんだ」
「G-w-l-a-d-y-s じゃないわよね?」
「そうなんだ」
 この肉親は悲痛な声を発した。
「あんた、自分にはグラディスなんていう名の娘を身辺に寄せつけないだけの正気がないだなんて、そこに座ってあたしに言ってきかせるつもり? ねえよくお聞きなさいな、バーティー」ダリア叔母さんは真剣に言った。「あたしはあんたより齢(よわい)を重ねてるわけだから——うーん、あたしの言いたいことはわかるわね——あんたにひとつやふたつはものを言ってあげられる身の上なの。それでそのうちのひとつがwの入るグラディスとかYで始まるイゾベルとかエセルじゃなくてエスィルとかフランス風に綴(つづ)るメイベルとか仰々しくキャスリィンとかってラベルのついてる生き物と接触したところで何ら得るところはないってことなのよ。なかでも特にグラディスがだめね。(……)」

   P・G・ウッドハウス=著 森村たまき=訳「6. ちょっぴりの芸術」
   『でかした、ジーヴス!』ウッドハウス・コレクション
   国書刊行会 2006/07 所収
 
  
(2) 高儀 1990
 「そうなんですよ、ダーリア叔母さん」と私は言った。「ぼくの秘密を当てましたね。ぼくは実際、恋をしてるんです」
 「相手は誰?」
 「ペンドルベリー嬢って女(ひと)です。クリスチャン・ネームは Gwladys(グラディス)なんです。wを使って綴るんです」
 「gって意味でしょ?」
 「gおよび(#原文は太字でなく傍点)wなんです」
 「Gwladys じゃなかろうね?」
 「そうなんですよ」
 叔母は唸り声を出した。
 「あんたは、グラディスなんて名乗る娘を避けて通るだけの正気を持ち合わせていないって、そこに坐って平気であたしに言うの? お聞き、バーティー」とダーリア叔母は真剣な面持ちで言った。「あたしはあんたより年上の女よ——そう、あんたは男だけど。ともかく、あたしの言う意味、分かるでしょ——だから、あんたに一つ二つ、物を教えてあげられるのよ。その一つはねえ、グラディスとかイゾベルとかメイベルとかキャスリンとかいうレッテルの付いた代物と付き合ったらろく(#原文は太字でなく傍点)なことはないってこと。(……)」

   P・G・ウッドハウス=著 高儀進(たかぎ・すすむ)=訳・解説
   「ちょっとした芸術」
   澤村灌(さわむら・かん)+高儀進=編
   『笑いの遊歩道—イギリス・ユーモア文学傑作選
   白水Uブックス 1990/03 所収
 
 
■英語原文 The original text in English

"Yes, Aunt Dahlia," I said, "you have guessed my secret. I do indeed love."

"Who is she?"

"A Miss Pendlebury. Christian Name, Gwladys. She spells it with a "w"."

"With a "g", you mean."

"With a "w" and a "g"."

"Not Gwladys?"

"That's it."

The relative uttered a yowl.

"You sit there and tell me you haven't enough sense to steer clear of a girl who calls herself Gwladys? Listen, Bertie," said Aunt Dahlia earnestly, "I'm an older woman than you are - well, you know what I mean - and I can tell you a thing or two. And one of them is that no good can come of association with anything labelled Gwladys or Ysobel or Ethyl or Mabelle or Kathryn. But particularly Gwladys."

   The Spot of Art
   from Very Good, Jeeves! (1930) by P.G. Wodehouse

   Excerpt at:
   * SamWise blog
   * IndieMom Blog
 
 
■更新履歴 Change log

2008/11/08 Google Maps の画像を、より見やすい大きいものに入れ替えました。

2007/07/28
(1) P・G・ウッドハウスの生家 "59 Epsom Road, Guildford" が載っている地図のリストに、Google Maps を追加しました。
(2) 上に掲載する地図の画像を、MapQuest のものから Google Maps のものに入れ替えました。
 
 
↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザの画面を更新すると入れ替わります。 
↓ Renew the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

 
 

|

« Bertie Changes His Mind by P.G. Wodehouse P・G・ウッドハウス「バーティー考えを改める」「バーティ君の変心」 | Main | ラーメン屋にないもの »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference The Spot of Art by P.G. Wodehouse P・G・ウッドハウス「ちょっぴりの芸術」:

» Word to the Ys [Samwise rides again]
Yes, Aunt Dahlia, I said, you have guessed my secret. I do indeed love. Who is she? A Miss Pendlebury. Christian Name, Gwladys. She spells it with a w. With a g... [Read More]

Tracked on Wednesday, 08 August 2007 01:29 pm

« Bertie Changes His Mind by P.G. Wodehouse P・G・ウッドハウス「バーティー考えを改める」「バーティ君の変心」 | Main | ラーメン屋にないもの »