« 参院選出馬をご予定のみなさまへ | Main | Jeeves and the Impending Doom by P.G. Wodehouse P・G・ウッドハウス「ジーヴスと迫りくる運命」「ジーヴズと白鳥の湖」 »

Wednesday, 11 July 2007

The Story of Webster by P.G. Wodehouse P・G・ウッドハウス 「ウェブスター物語」「ウェブスターの物語」「猫ウェブスター氏」

■はじめに Introduction

女房の尻に敷かれる亭主のように、猫の尻に敷かれてしまった男の、おバカ話。猫の名はウェブスター。男の名はランスロット・マリナー。


■表紙画像その他 Cover photos, etc.

Mullnights Mulliner20nights20us 51fey0nvgbl
↑ Click to enlarge ↑

Left: Mulliner Nights, original UK edition by Herbert Jenkins, London 1933. Image source: PGWodehouseBooks.com
Centre: Mulliner Nights, original US edition by Doubleday, Doran, New York 1933. Image source: P.G. Wodehouse - The Copenhagen Drones, part of the "sherlockiana.net" website in Denmark.
Right: Wodehouse Playhouse: Series 1 (1975), first of the 3-box sets, Region 1, DVD release: 2003


■日本語訳 Translations into Japanese

(1) 堀内 1991
 友人たちの葉巻を見ると、ランスロットは見間違えようもない懸念を示した。
「そいつを捨ててくれるだろうね」ランスロットは訴えるようにいった。
 ロドニー・スコロップはやや尊大な態度で背筋を伸ばした。
「いったいいつから、チェルシー最高の四ペンスの葉巻が、きみにふさわしくなくなったのかね」
 ランスロットはあわてて彼をなだめようとした。
「ぼくじゃないんだ。ウェブスターなんだよ。ぼくの猫だ。彼がタバコの煙を嫌っているのがわかってるものでね。彼の見解に敬意を表して、ぼくもパイプをあきらめたんだ」
 バーナード・ウォープルは鼻を鳴らした。
「きみがいわんとしているのは、つまりなにか」ウォープルは嘲(あざけ)った。「ランスロット・マリナーがやっかいものの猫に、いいようにされてるってのか」
「静かに!」ランスロットがふるえながら声をあげた。「彼は悪口が好きじゃないんだ」

   P・G・ウッドハウス=著 堀内静子=訳「ウェブスターの物語」
   レスリー・オマーラ=編『気ままな猫の14物語
   二見書房 1991/01 所収
 
   原書:
   Best Cat Stories
   by Beryl Reid et al. Illustration by William Geldart
   Hardcover: Michael O'Mara Books (1989/09)


(2) 宮脇 1990
 友人たちが葉巻を取り出すのを見て、ランスロットは不安げな表情を浮かべた。
「すまないが、葉巻はやめてもらえないだろうか」哀願するように彼はいった。
 ロドニー・スコルプは、少しむっとして背筋を伸ばした。
「するときみは、チェルシーの四ペンス葉巻なんて馬鹿ばかしくて吸えないというのかい? いつからそうなったんだ」
 ランスロットはあわてて弁解した。
「ぼくじゃないんだ、ウェブスターだよ。猫のウェブスターだ。彼はタバコの煙が嫌いなんだ。仕方ないから、ぼくだってパイプをふかすのはやめたんだよ」
 バーナード・ウォープルは軽蔑したように鼻を鳴らした。
「じゃあ、きみは——ランスロット・マリナーは、たかが猫一匹のいいなりになっているというのか?」
「声が大きい!」と、震えながらランスロットは叫んだ。「ウェブスターは汚ない言葉に敏感なんだ」

   P・G・ウッドハウス=著 宮脇孝雄=訳「ウェブスター物語」
   * ドロシー・L・セイヤーズ〔ほか〕=著
    『ネコ好きに捧げるミステリー ベストセレクト12選
    光文社文庫 1990/11 所収
   * 初出誌:『EQ』1990年3月号


(3) 柳瀬 1980, 1990
 友人たちの葉巻を見るや、ランスロットはまぎれもない迷惑顔になった。
「それ、捨てちゃってくれないかな、できれば」彼は頼みごとをするみたいにいった。
 ロドニー・スコロップは少しばかり高飛車に出た。
「ということは、いつから」と彼は質(ただ)した。「チェルシー最高四ペニーの葉巻がきみの害になりはじめたんだい?」
 ランスロットはあわてて取りなした。
「ぼくじゃないんだ」彼はいった。「ウェブスターさ。ぼくの猫さ。たまたま煙草の煙が嫌いだってことがわかってね。彼の見解を尊重して、ぼくもパイプはやめたんだ」
 バーナード・ウォープルは鼻を鳴らした。
「すると、つまりは」彼はあざけるようにいった。「ランスロット・マリナーともあろう者が、たかが猫畜生のために身をささげるってわけかい?」
「やめてくれ!」ランスロットはふるえながらいった。「彼は荒い言葉づかいが大嫌いなんだから!」

   P・G・ウッドハウス=著 柳瀬尚紀=訳「ウェブスターの物語」
   柳瀬尚紀=編訳『猫文学大全』
   * 単行本:大和書房 1980/07 所収
   * 文庫:河出文庫 1990/02 所収
   この本は、下の原書から16篇を選んで訳出したもの。
 
   原書:
   The Book of Cats, edited by George MacBeth and Martin Booth
   * First edition published by Martin Secker & Warburg (1976)
   * Paperback: Penguin Books (1979)
   * Detailed information of this book, including a table of contents,
    can be found at the Internet Book List (IBList).


(4) 長谷川 1939
 客が葉卷を吸つてゐるのを見て、ランスロツトは紛れもなく氣にする樣子を出した。
『濟まないが、そいつは捨てて貰へるだらうね』彼は頼む樣に云つた。
 ロドニー・スコロツプは一寸威丈高に成つて尋ねた。
『おい、一本四ペニイでは極上の葉卷が、君には何時からお氣に召さなくなつたんだ』
 ランスロツトは慌てて相手の氣を取直さうとした。
『僕ぢやないんだ』彼は云つた。『ウエブスターなんだ。うちの猫なんだ。煙草の煙を厭がる事が判つてね。僕も彼の見解に從つてパイプをやめたんだよ』
 バーナード・ウオープルが鼻息を荒くした。
『ランスロツト・マナリー[ママ]ともあらうものが』彼は冷笑した。『小猫一匹の獨裁に甘んじようなどと箆棒を云うのか』
『おい、頼む』
 ランスロツトは震へながら叫んだ。『うちの猫は亂暴な言葉が嫌ひなんだ』
[箆棒は「べらぼう」と読みます - tomoki y.]

   P・G・ウッドハウス=著 長谷川修二=譯 「猫ウェブスター氏」
   『玉子を生む男』P・G・ウッドハウスユーモア傑作集
   東成社 定價壹圓參拾錢 1939/11(昭和14)所収


■イタリア語訳 Translation into Italian

  Alla vista del sigaro degli amici, Lancelot espresse inequivocabilmente il suo disappunto.
  «Non vi dispiace gettarli via, vero?» chiese con aria supplichevole.
  Rodney Scollop assunse un’aria stizzita.
  «E da quando in qua i migliori sigari da quattro penny di Chelsea non ti piacciono più?».
  Lancelot si affrettò a placarlo.
  «Non è per me», spiegò, «ma per Webster, il gatto. Il fumo lo infastidisce. Per rispetto nei suoi confronti ho addirittura rinunciato alla pipa».
  Bernard Worple sbuffò.
  «Stai tentando di farci credere», lo schernì, «che Lancelot Mulliner si fa dettar legge da un dannato gatto?»
  «Taci!» gridò Lancelot tremante, «se sapessi come disapprova le parole rudi!»

   Storia di Webster by P. G. Wodehouse
   Grandi Storie di Gatti 2
   Translated by Adria Francesca Tissoni
   Gruppo Editoriale Armenia S.p.A.
   E-text at Scribd


■ポルトガル語訳 Translation into Portuguese

  Ao ver os charutos dos amigos, Lancelot deu mostras inconfundíveis de preocupação.
  - Tenho a certeza de que vocês não se importam de apagar os charutos - disse ele em tom suplicante.
  Rodney Scollop ergueu a cabeça altivamente.
  - E desde quando - perguntou - é que os melhores charutos de Chelsea, a quatro pence cada, não são suficientemente bons para ti?
  Lancelot apressou-se a acalmá-lo.
  - Não sou eu - exclamou. - É o Webster, o meu gato. por acaso sei que ele é contra o fumo do tabaco. tive de desistir do meu cachimbo por deferência para com as opiniões dele.
  Bernard Worple resmungou:
  - Estás a querer dizer-nos - disse desdenhosamente - que Lancelot Mulliner permite que um maldito gato lhe dê ordens?
  -Chiu...! - gritou Lancelot, tremendo. - se soubessem como ele detesta que se fale mal!

   A História de Webster by P. G. Wodehouse
   As Melhores Histórias de Gatos edited by Lesley O'Mara
   Porto : Asa, 1995
   E-text at Scribd


■英語原文 The original text in English

  At the sight of his friends' cigars, Lancelot exhibited unmistakable concern.
  "You don't mind throwing those away, I'm sure," he said pleadingly.
  Rodney Scollop drew himself up a little haughtily. "And since when," he asked, "have the best fourpenny cigars in Chelsea not been good enough for you?"
  Lancelot hastened to soothe him.
  "It isn't me," he exclaimed. "It's Webster. My cat. I happen to know he objects to tobacco smoke. I had to give up my pipe in deference to his views."
  Bernard Worple snorted.
  "Are you trying to tell us," he sneered, "that Lancelot Mulliner allows himself to be dictated to by a blasted cat?"
  "Hush!" cried Lancelot, trembling. "If you knew how he disapproves of strong language!"

   The Story of Webster
   from Mulliner Nights (1933) by P.G. Wodehouse
   First published as The Bishop's Cat, in:
   * February 1932 edition of The American Magazine (USA), and
   * May 1932 edition of The Strand magazine (UK)


■更新履歴 Change log

2011/11/27 イタリア語訳とポルトガル語訳を追加しました。
2010/11/23 英語原文のテキストを挿入しました。


にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ翻訳ブログ人気ランキング参加中

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

■DVD

  

|

« 参院選出馬をご予定のみなさまへ | Main | Jeeves and the Impending Doom by P.G. Wodehouse P・G・ウッドハウス「ジーヴスと迫りくる運命」「ジーヴズと白鳥の湖」 »

Comments

きゃぁ、柳瀬先生が出てるぅ
わっしの師匠です(ちゅっ!

Posted by: さばら | Thursday, 12 July 2007 at 02:02 PM

おぉ、そうでしたか。柳瀬先生には、まえにも数回ご登場いただきました。

2007/03/23
Tobermory by Saki サキ「トバモリー/トバーモリー/トーバモリー」
http://tomoki.tea-nifty.com/tomokilog/2007/03/tobermory_by_sa_d117.html

2005/12/01
Begin at the beginning... - Alice's Adventures in Wonderland by Lewis Carroll キャロル『不思議の国のアリス』
http://tomoki.tea-nifty.com/tomokilog/2005/12/begin_at_the_be.html

2005/10/31
Charlie and the Chocolate Factory ロアルド・ダール『チョコレート工場の秘密』
http://tomoki.tea-nifty.com/tomokilog/2005/10/charlie_and_the.html

2005/10/28
Curiouser and curiouser! - Alice's Adventures in Wonderland by Lewis Carrollキャロル『不思議の国のアリス』 http://tomoki.tea-nifty.com/tomokilog/2005/10/curiouser_and_c.html

これを機会に、画面右に新カテゴリー「Yanase Naoki 柳瀬尚紀」を設けました。

Posted by: tomoki y. | Thursday, 12 July 2007 at 04:07 PM

私は文学作品など読まないので、どの翻訳が正しいのかはわかりませんが、柳瀬先生の訳だけ他の人と全然違う解釈をしていると嬉しくなります。このおじちゃん(笑)、翻訳の話になると顔がほころんで熱が入る、、、ほんと好きなのよねぇ〜

Posted by: さばら | Saturday, 14 July 2007 at 01:48 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58807/15725209

Listed below are links to weblogs that reference The Story of Webster by P.G. Wodehouse P・G・ウッドハウス 「ウェブスター物語」「ウェブスターの物語」「猫ウェブスター氏」:

« 参院選出馬をご予定のみなさまへ | Main | Jeeves and the Impending Doom by P.G. Wodehouse P・G・ウッドハウス「ジーヴスと迫りくる運命」「ジーヴズと白鳥の湖」 »