« 浅井了意 「牡丹の灯籠」「牡丹灯籠」(『伽婢子(おとぎぼうこ)』より) The Peony Lantern (from Hand Puppets) by Asai Ryōi | Main | 蒲松齢 「黄英」(『聊斎志異』より) Strange Stories from a Chinese Studio by Pu Songling (1) »

Sunday, 12 August 2007

A Passional Karma by Lafcadio Hearn ラフカディオ・ハーン / 小泉八雲 「牡丹燈籠」

 Cover photos  表紙画像

a. Youkai_yousei_tan b. Hearn_cosimo c. Hearn_tuttle

↑ クリックして拡大 Click to enlarge ↑

■日本語訳 Translations into Japanese

(1) 池田 1996, 2004
 その夜、二人は新三郎の家に泊まり、夜明け少し前に帰っていきました。
 それからというもの七日間、月夜も雨夜も、きっかり同じ時刻に二人は通ってきました。新三郎はますますお露に夢中になっていきました。(……)

 新三郎の屋敷の軒先には小屋があり、伴蔵という男が住み込んでいましたが(……)。
 ある晩遅く、母屋から女の声が聞こえてきました。伴蔵は、何やら胸騒ぎを覚えました。——旦那は人がよくて情けが深いから、もしや悪い女に騙(だま)されているのではあるまいか。そこで伴蔵は、自分の目で確かめることにしました。(……)そして、やっと見えた——と思った瞬間、伴蔵の身体はその場に凍りつき、髪の毛が逆立ちました。
 女の顔は、死人の顔でした。そして主人の身体をまさぐる女の指も、肉がおちて骨だけになっており、腰から下は何もありませんでした。その姿がぼんやりと尾を引く影のごとく、消えてなくなっているのです。恋に目のくらんだ男には、その姿が若くたおやかに映っていたのでしょう。しかし伴蔵には、どうみても気味の悪い骸(むくろ)にしか見えませんでした。(……)
 
   1a. 小泉八雲=著 池田雅之=訳 「牡丹燈籠」
      池田雅之=編訳 『妖怪・妖精譚』 小泉八雲コレクション
      ちくま文庫 2004/08 所収
   1b. ラフカディオ・ハーン=著 池田雅之=訳 「牡丹灯籠」
      池田雅之=編訳 『おとぎの国の妖怪たち—小泉八雲怪談集2
      現代教養文庫 社会思想社 1996/06 所収

   引用は 1a. に拠りました。


(2) 平井 1966, 1977
[訳文は追って挿入するつもりです - tomoki y.

   小泉八雲=著  平井呈一=訳 「ぼたん灯篭」
   2a.松江の七ふしぎ』 新・日本児童文学選21
      偕成社 1966/04 所収
   2b. 松江の七ふしぎ』 新・日本児童文学選21
      偕成社 1977 所収


(3) 山本 1931
[訳文は追って挿入するつもりです - tomoki y.

   Lafcadio Hearn=著 山本供平(やまもと・きょうへい)=譯註 「牡丹灯籠」
   『牡丹灯籠・夏の日の夢 其他』 英米近代文學叢書 第1輯 第8卷
   春陽堂教育図書出版部 1931/10(昭和6)所収

   上の書名は奥付に拠ります。表紙などの書名は、
   A Passional Karma, The Dream of a Summer Day, etc.


■英語原文 The original text in English

The two women remained that night in the house of the young samurai, and returned to their own home a little before daybreak. And after that night they came every night for seven nights,-- whether the weather were foul or fair,--always at the same hour. And Shinzaburo became more and more attached to the girl (....).

Now there was a man called Tomozo, who lived in a small cottage adjoining Shinzaburo's residence (....). One night, at a very late hour, Tomozo heard the voice of a woman in his master's apartment; and this made him uneasy. He feared that Shinzaburo, being very gentle and affectionate, might be made the dupe of some cunning wanton (....). He therefore resolved to watch; (....) And at last he was able to see;--but therewith an icy trembling seized him; and the hair of his head stood up.

For the face was the face of a woman long dead,--and the fingers caressing were fingers of naked bone,--and of the body below the waist there was not anything: it melted off into thinnest trailing shadow. Where the eyes of the lover deluded saw youth and grace and beauty, there appeared to the eyes of the watcher horror only, and the emptiness of death. (....)

   A Passional Karma
   from In Ghostly Japan, by Lafcadio Hearn
   E-text at:


 Video 
怪談・小泉八雲の誕生|河野龍也 前編

Uploaded to YouTube by jissenjoshigakuen on 12 Jan 2011.
講師:河野龍也(実践女子短期大学 国文学科 講師)
<講義内容>
  小泉八雲と三遊亭円朝
  牡丹灯篭のあらすじ
  三遊亭円朝の技法
  牡丹灯篭の翻訳
  八雲が施した工夫
  小泉八雲の作品
  宿夜の恋
  小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)の生涯
レジュメ付き講義ページ
実践女子学園ホームページ


■書誌情報 Bibliography


■参考 Links

先に tomokilog でとりあげた、下の各バージョンと比較なさってみてください。


■更新履歴 Change log

2013/04/26 「怪談・小泉八雲の誕生|河野龍也」の YouTube 動画を追加しました。


↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザの画面を更新すると入れ替ります。
↓ Renew the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

  

|

« 浅井了意 「牡丹の灯籠」「牡丹灯籠」(『伽婢子(おとぎぼうこ)』より) The Peony Lantern (from Hand Puppets) by Asai Ryōi | Main | 蒲松齢 「黄英」(『聊斎志異』より) Strange Stories from a Chinese Studio by Pu Songling (1) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58807/16085625

Listed below are links to weblogs that reference A Passional Karma by Lafcadio Hearn ラフカディオ・ハーン / 小泉八雲 「牡丹燈籠」:

« 浅井了意 「牡丹の灯籠」「牡丹灯籠」(『伽婢子(おとぎぼうこ)』より) The Peony Lantern (from Hand Puppets) by Asai Ryōi | Main | 蒲松齢 「黄英」(『聊斎志異』より) Strange Stories from a Chinese Studio by Pu Songling (1) »