« 三遊亭円朝〔ほか〕 『怪談牡丹燈籠』『牡丹灯籠』 Botan Doro / The Peony Lantern | Main | 瞿佑(く・ゆう)瞿宗吉(く・そうきつ) 「牡丹燈記」「牡丹灯記」(『剪燈新話(せんとうしんわ)』より) »

Thursday, 09 August 2007

Jeeves and the Unbidden Guest by P.G. Wodehouse P・G・ウッドハウス 「ジーヴスと招かれざる客」「君子豹変談」

 Images 
オーディオブック、初版本、ウッドハウス父娘
Audiobook, first edition, and Wodehouse with his daughter

↓ クリックして拡大 Click to enlarge ↓

a. My_man_jeeves_cd b. My20man20jeeves202 c. Pg061

■日本語訳 Translations into Japanese

(J1) 富山 2006
レディ・マルヴァーンは元気で、明るく、健康な、迫力満点の女性で、背丈はそれほどないものの、体の上手(かみて)から下手(しもて)まで六フィートあり、その不足を補ってあまりあった。彼女が私のところの最大の肘掛け椅子にズドンと坐ると、それが何とまあピッタリで、その社交シーズンには腰から尻にピッタリ着用の肘掛け椅子がはやると読んでいた誰かが彼女の特注に答えたかのような感じがした。しかも、明るい二つのドングリ眼に、やたらと豊かな黄色い髪、喋るとおよそ五十七本の前歯がむき出しになる。ひとの能力を機能停止に追い込んでしまうタイプの女性であった。

  • 第3章 御主人様はアホですから—執事の伝統 富山太佳夫(とみやま・たかお)=著 『笑う大英帝国—文化としてのユーモア』 岩波新書 2006/05
  • 上掲書はウッドハウス作品の訳書ではありません。けれども、このブログ記事で私がとりあげたのと、ちょうど同じ箇所を、著者・富山氏が自著のなかで翻訳し、引用しておられることに気がついたので、ここに挙げることにしました。最後の2センテンスは、残念ながら訳出されていません。

(J2) 森村 2005
レディー・マルヴァーンは、はしゃいで上機嫌で健康的で、人を圧倒する力をもったいまいましい種類の女性だった。背はそれほど高くないが、向かって左手から右手までさし渡しが一八三センチくらいあり、それでもって背の分の埋め合わせはつけている。うちで一番大きな肘掛け椅子に、今シーズンはきつめの肘掛け椅子を腰バキするのが流行、と承知してる誰かがあつらえて拵えてくれたみたいに、ぴっちり収まっている。明るく光る、とび出した目をして、毛髪は黄色くて豊富だ。彼女がしゃべると、口から前歯が五十七本くらいのぞいて見えた。彼女は男性の身体精神機能を麻痺させる類いの女性だ。僕がまるで十歳の子供で、日曜日の礼服に着替えさせられて居間にごきげんようを言わされに連れてこられたところだ、みたいな気分にさせてくれた。全面的全体的絶対的に、朝食前に我が家の居間に見出したいと思うようなシロモノではない。

  • P・G・ウッドハウス=著 森村たまき=訳 「3. ジーヴスと招かれざる客」 『それゆけ、ジーヴス』 ウッドハウス・コレクション 国書刊行会 2005/10

(J3) 井上 1966
メルヴァーン夫人は明るく幸福そうで、健康で力のあふれているようなすごい女性。背はそう高くはないが、それを上手(かみて)から下手までぐるりとまわって計れば六フィートはあろうという太さで補っている。うちのいちばん大きな肘掛け椅子に、このシーズンはからだにぴったりの肘掛け椅子を腰にはめるのが流行だと知っているだれかが彼女に合わせて設計でもしたみたいに、ぴったりとおさまっていた。よく光るとびだした目にふさふさした黄色い髪、口を開いたら五十七本ぐらいありそうな前歯を見せる。男性の機能を麻痺させてしまうようなタイプの女性だった。なんだかわたしは十歳ぐらいの少年になり、よそ行きを着せられて客間にご機嫌ようとご挨拶につれだされているような気分だった。もちろんこれは、朝飯前に自分の居間でお目にかかりたいような相手ではない。

  • ウッドハウス=著 井上一夫=訳 「招かれざる客」 ジーヴズ物語 『世界文学全集37 20世紀の文学』 ウッドハウス/マルセル・エイメ/ジャック・ペレー/イリフ、ペトロフ/ケストナー 集英社 1966/12

(J4) 村上 1960
マルヴァーン夫人は、見るからに元気で、丈夫そうな——背はあまり高くないけれど、その代りに胴廻りの方が六フィート近くもありそうに見える——大柄な女丈夫だった。幸い彼女はわたしの一番大きなアームチェアにぴったりと合った。それはまるで、こんどのシーズンには腰のまわりにぴたっとくっつくアームチェアが流行するのを見越して、誰かがわざわざ彼女のために作っておいてでもくれたようだった。彼女はキラキラ光る出眼とふさふさして黄色い髪の持ち主で、しゃべるとズラッと前歯があらわれた。世の中には相手の能力を麻痺させてしまう女がいるものだが、彼女もまさしくその一人だった。

  • P・G・ウッドハウス=著 村上啓夫=訳 金森馨=画 「ジーヴズと招かれざる客」 従僕ジーヴズ・シリーズ第二話 宝石 8月号 第15巻第10号 宝石社 1960-08-01

(J5) 乾 1956
マルバーン夫人は、健康第一、精力絶倫(せいりょくぜつりん)、身長六フィートといったものすごい女だ。客間でいちばん大きな肘掛(ひじか)け椅子(いす)に腰かけているんだが、腰かけているというより、お尻をはめているとしか見えない。ぎろりと飛び出しそうな目つきをしているうえに、黄色い髪の毛ときている。笑う段になると、四十七本の歯をみんなむき出しにして笑うんだからけだし見物(みもの)だ。
 このばあさんの前に出ると、なんだか自分が十歳ぐらいの子供になっちまったようなひけ目を感じてならない。なにしろ、朝飯前にはあまり会いたくない人物である。

  • P・G・ウッドハウス=著 乾信一郎(いぬい・しんいちろう)=訳 「君子豹変談(ひょうへんだん)」 ジョンストン・マッカレー〔ほか〕=著 『世界大ロマン全集6 地下鉄サム』 東京創元社 1956/11

 Video 
Jeeves & Wooster Season 3, Episode 1 "Bertie Sets Sail" a.k.a. "Safety in New York"

Uploaded to YouTube by The Wode Less Traveled: Bringing back Jeeves and Wooster. on 14 Jun 2009.


 Audio 
英語原文のオーディオブック(朗読) Audiobook - The original text in English

下に引用する箇所の朗読は 05:21 から始まります。 Uploaded to YouTube by CCProse Audiobooks on 21 Sep 2011. Audio courtesy of LibriVox. Read by Mark Nelson. Reading of the excerpt below starts at 05:21.


■英語原文 The original text in English

Lady Malvern was a hearty, happy, healthy, overpowering sort of dashed
female, not so very tall but making up for it by measuring about six feet
from the O.P. to the Prompt Side. She fitted into my biggest arm-chair as if it had been built round her by someone who knew they were wearing arm-chairs tight about the hips that season. She had bright, bulging eyes and a lot of yellow hair, and when she spoke she showed about fifty-seven front teeth. She was one of those women who kind of numb a fellow's faculties. She made me feel as if I were ten years old and had been brought into the drawing-room in my Sunday clothes to say how-d'you-do. Altogether by no means the sort of thing a chappie would wish to find in his sitting-room before breakfast.

  • Jeeves and the Unbidden Guest, from My Man Jeeves (1919) and Carry On, Jeeves (1925), by P.G. Wodehouse
  • The story first appeared in:
    • US: Saturday Evening Post, December 9, 1916
    • UK: Strand, March 1917
  • E-text at:

■ウッドハウス邦訳のリスト
 List of P.G. Wodehouse's works translated into Japanese

真田氏の書誌は2003年7月現在のもの。したがって、つぎの国書刊行会と文藝春秋のシリーズは記載されていません。


■更新履歴 Change log

  • 2016/05/03 村上啓夫=訳 1960-08-01 を追加しました。
  • 2016/02/18 Jeeves & Wooster の動画を追加しました。
  • 2011/09/30 英語原文のオーディオブック(朗読)の YouTube 画面を追加しました。また、「ウッドハウス邦訳のリスト」の項を更新しました。
  • 2007/09/30 富山太佳夫=訳 2006/05 を追加しました。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ84595840v1308102456

Flag Counter

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages

■DVD

■和書 Books in Japanese
  
  

|

« 三遊亭円朝〔ほか〕 『怪談牡丹燈籠』『牡丹灯籠』 Botan Doro / The Peony Lantern | Main | 瞿佑(く・ゆう)瞿宗吉(く・そうきつ) 「牡丹燈記」「牡丹灯記」(『剪燈新話(せんとうしんわ)』より) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Jeeves and the Unbidden Guest by P.G. Wodehouse P・G・ウッドハウス 「ジーヴスと招かれざる客」「君子豹変談」:

« 三遊亭円朝〔ほか〕 『怪談牡丹燈籠』『牡丹灯籠』 Botan Doro / The Peony Lantern | Main | 瞿佑(く・ゆう)瞿宗吉(く・そうきつ) 「牡丹燈記」「牡丹灯記」(『剪燈新話(せんとうしんわ)』より) »