« April 7, 1969, by Richard Brautigan リチャード・ブローティガン/高橋源一郎訳「1969年、4月7日」 | Main | 蒲松齢 「陸判」(『聊斎志異』より) Judge Lu - Strange Stories from a Chinese Studio by Pu Songling (3) »

Wednesday, 29 August 2007

Notes from a Small Island by Bill Bryson ビル・ブライソン 『ビル・ブライソンのイギリス見て歩き』

■本の表紙とオーディオブックのジャケット Book and Audiobook covers

a. Htbookcoverimage b. Bryson_bbc c. 9780380727506_0608400

↑ Click to enlarge ↑

a. ビル・ブライソンのイギリス見て歩き 中央公論社 (1998)
b. Notes from a Small Island (Radio Collection) BBC Audiobooks (2002)
c. Notes from a Small Island Avon Books (1997)


■日本語訳 Translation into Japanese

[略]イギリスで未知の人間とどういうふうに会話をするのか私には想像もつかない。アメリカならもちろんことは簡単である。ちょっと手を出して、「やあ、コンチワ。オレ、ブライソンっていう名前だけど、アンタ昨年はいくらもうかったかね?」というわけであとはとどまるところを知らずだ。

しかしイギリスでは(この場合はウェールズでは、と言っておこう)、少なくとも私にとってはであるが、こうはいかない。車中の会話はいつでも惨澹たる結果になる。後悔しなかったことはない。[略]いろいろ長い経験からおいおいわかってきたのは、車中で話しかけてくるのはこちらが願い下げたいタイプの人間であるということだ。というわけで私は最近ではもっぱら本と会話することにしている。それもできるだけ騒がしいタイプのジャン・モリスとかポール・セローのようなものにする。

   ビル・ブライソン=著 古川修(ふるかわ・しゅう)=訳
   『ビル・ブライソンのイギリス見て歩き』 中央公論社 1998/09 所収


■英語原文 The original text in English

[Omission] I don't know how you you strike up conversations with strangers in Britain. In America, of course, it's easy. You just offer a hand and say, "My name's Bryson. How much money did you make last year?" and the conversation never looks back from there.

But in England--or in this instance Wales--it's so hard, or at least it is for me. I've never had a train conversation that wasn't disastrous or at least regretted. [Omission] Over a long period of time it gradually dawned on me that the sort of person who will talk to you on a train is almost by definition the sort of person you don't want to talk to on a train, so these days I mostly keep my myself and rely for conversational entertainment on books by more loquacious types like Jan Morris and Paul Theroux.

   Notes from a Small Island (1995) by Bill Bryson
   * Excerpt at Durant Imboden's Europe for Visitors
   * Audiobook excerpt can be heard at the Random House website.


■テレビ版 『ビル・ブライソンのイギリス見て歩き』
 Notes from a Small Island: A television adaptation

Uploaded by BMalaya on Nov 13, 2007


■テレビ版について On the TV adaptation

『ビル・ブライソンのイギリス見て歩き』は、1990年代のなかばごろ英米でベストセラーになりました。当時わたしのいたロンドンでは、おもな書店へ行くとどこでも平積みになっていました。上の動画は、この本をベースにして制作されたテレビ番組の一部です。あいにく番組は原作ほどは人気がなかったようです。

[TV] Bill Bryson: Notes from a Small Island (1999)
   * Information on this programme at IMDb.
   * Information on DVD at Amazon.com.


■更新履歴 Change log

2011-12-01 Notes from a Small Island (1999) の YouTube 動画を追加しました。


にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ翻訳ブログ人気ランキング参加中

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■DVD, VHS

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

  

|

« April 7, 1969, by Richard Brautigan リチャード・ブローティガン/高橋源一郎訳「1969年、4月7日」 | Main | 蒲松齢 「陸判」(『聊斎志異』より) Judge Lu - Strange Stories from a Chinese Studio by Pu Songling (3) »

Comments

Hi would you mind letting me know which web host you're using? I've loaded your blog in 3 different internet browsers and I must say this blog loads a lot faster then most. Can you recommend a good internet hosting provider at a fair price? Thank you, I appreciate it!

Posted by: Glary Utilities cracked | Wednesday, 03 April 2013 at 05:53 PM

I every time used to study article in news papers but now as I am a user of web thus from now I am using net for articles, thanks to web.

Posted by: lawrence crane enterprises | Sunday, 07 April 2013 at 07:15 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58807/16279173

Listed below are links to weblogs that reference Notes from a Small Island by Bill Bryson ビル・ブライソン 『ビル・ブライソンのイギリス見て歩き』:

« April 7, 1969, by Richard Brautigan リチャード・ブローティガン/高橋源一郎訳「1969年、4月7日」 | Main | 蒲松齢 「陸判」(『聊斎志異』より) Judge Lu - Strange Stories from a Chinese Studio by Pu Songling (3) »