« Notes from a Small Island by Bill Bryson ビル・ブライソン 『ビル・ブライソンのイギリス見て歩き』 | Main | Scoring Off Jeeves by P.G. Wodehouse P・G・ウッドハウス 「ウースター一族の誇り傷つく」「心配係の休暇」「ジーブスがゐなくては」 »

Friday, 31 August 2007

蒲松齢 「陸判」(『聊斎志異』より) Judge Lu - Strange Stories from a Chinese Studio by Pu Songling (3)

           目次 Table of Contents

     Video   『聊斎志異』 「陸判」 《聊斋志异》 陆判
          Judge Lu - Strange Stories from a Chinese Studio
    Audio 1  Flag_of_the_united_kingdomsvg 英訳のオーディオブック Audiobook in English
   ■Flag_of_the_united_kingdomsvg 英訳 Translations into English
     (E1) 王娟 1998
     (E2) Mair & Mair, 1989
     (E3) Lu, Chen, Yang & Yang, 1988 (fragment)
     (E4) Giles, 1880
   ■Flag_of_japan 現代日本語訳 Translations into contemporary Japanese
     (J1) 黒田 2011
     (J2) 志村 2004
     (J3) 立間 1997/07
     (J4) 立間 1997/01
     (J5) 上野山 1994
     (J6) 中野 1988
     (J7) 丸山 1977
     (J8) 増田+松枝+常石 1971
     (J9) 田中 1970, 1987, etc.
     (J10) 柴田 1956, 1987, etc.
   ■Flag_of_the_peoples_republic_of_c_2 現代中国語による再話 A retelling in contemporary Chinese
    Audio 2  Flag_of_the_peoples_republic_of_c_2 中国語原文のオーディオブック Audiobook in Chinese
   ■Flag_of_the_peoples_republic_of_c_2 中国語原文(簡体字)The original text in simplified Chinese
   ■Flag_of_the_peoples_republic_of_c_2 中國語原文(繁體字)The original text in traditional Chinese
    Images   表紙画像 Cover photos
   ■外部リンク External links
   ■更新履歴 Change log


  Video  
『聊斎志異』 「陸判」 音声: 中国語 字幕: 簡体字中国語 09 of 30
《聊斋志异》 陆判 语言: 中文 字幕: 简体中文 09 of 30


 Audio 1 
英語版オーディオブック 翻訳: H・A・ジャイルズ 朗読: スコット・カーペンター
Audiobook in English, translated by H. A. Giles, read by Scott Carpenter
Librivoxlistmk_2
「陸判」の録音を聴くには 15. 14 - Judge Lu をクリック。下に引用する箇所の朗読は 4:58 あたりから。 Audio courtesy of LibriVox. To listen to Judge Lu, click 15. 14 - Judge Lu. Reading of the excerpt below starts around 4:58.


■英訳 Translations into English

(E1) 王娟 1998
  Suddenly, he in his sleep felt a pain in his stomach. He woke up and saw that Lu, who was sitting on the bed beside him, had opened up his belly and was arranging his entrails. Zhu was shocked and said,
  "We have never been enemies. Why would you kill me?"
  Lu laughed and said, "Don't worry, I am now exchanging your heart for a more intelligent one.
  Lu put his entrails back in a leisurely manner, closed his belly, and then bandaged his waist. [Omission] Seeing Lu placed a lump of flesh on the table, Zhu asked what it was. Lu said, "This is your heart, the reason why you could not write good essays was that the apertures of your heart were blocked. A moment ago, I found and exchanged for you a better heart from thousands of hearts in the nether world, and I will put your heart back in its place."

   42 Judge Lu (3)
   聊齋誌異一百段 王娟 商務印書館(香港), 1998
   Line breaks and indentation were added by tomoki y.


(E2) Mair & Mair, 1989
  Suddenly, in his drunken dream, Zhu was aware of a slight pain in his viscera. He woke up and looked: Lu was sitting upright by the bed drawing entrails out of Zhu's rent abdomen and putting the coils in order.
  "There has 'never been malice between us," said Zhu, shocked. "Why are you killing me?"
  "Never fear. I'm only putting in a brilliant heart in place of yours," said Lu laughingly.
  He calmly stuffed the intestines back in, pushed the incision together and finally wound strips of footbinding cloth around Zhu's loins. [Omission] He asked about the lump of flesh which he noticed the judge putting on the table. "This is your own heart. From your slowness at writing I knew your heart's apertures were blocked. Just now in the nether regions I picked out one excellent heart among tens of thousands. Now I have exchanged it for yours, which I'll keep to make up for the missing one."

   10. Judge Lu
   Strange Tales from Make-do Studio
   Translated by Denis C. Mair and Victor H. Mair
   Foreign Languages Press, 1989
   Snippet view at Google Books
   Line breaks and indentation were added by tomoki y.


(E3) Lu, Chen, Yang & Yang, 1988 (fragment)
[Omission] took note of a pain in his abdomen. He then took out Zhu's inside, rearranging it with great care.
  "You have no rancour against me," cried Zhu, flabbergasted, "Why should you seek to kill me?"
  "Don't be  afraid," said the Judge smiling, "I am just giving you a new and more intelligent heart."
  Placing Zhu's viscera back unhurriedly, he then closed up the opening and tied a puttee round his waist. [Omission] When he saw the Judge place a lump of flesh on the table, he asked what it was. "This was your heart," answered the Judge. "You weren't good at composition because its orifices were stuffed up. From tens of thousands of hearts in store in the nether world, I procured a fine one which I have just put into you. This I'll take back to put in its place."

   Judge Lu
   Strange Tales of Liaozhai by Pu Songling
   Translated by Lu Yunzhong, Chen Tifang, Yang Liyi, and Yang Zhihong
   Commercial Press, 1988


(E4) Giles, 1880
  In his drunken sleep he seemed to feel a pain in his stomach, and waking up he saw that the Judge, who was standing by the side of the bed, had opened him, and was carefully arranging his inside.
  "What harm have I done you?" cried Chu, "that you should thus seek to destroy me?"
  "Don't be afraid," replied the Judge, laughing, "I am only providing you with a more intelligent heart."
  He then quietly put back Chu's viscera, and closed up the opening, securing it with a bandage tied tightly round his waist. [Omission] Here he observed the Judge place a piece of flesh upon the table, and asked him what it was. "Your heart," said the latter," which wasn't at all good at composition, the proper orifice being stuffed up. I have now provided you with a better one, which I procured from Hades, and I am keeping yours to put in its place."

  XIV. Judge Lu. 
  Strange stories from a Chinese studio
  translated and annotated by H. A. Giles (Herbert Allen Giles)
  London: T. De La Rue, 1880
  E-book at Google Books
  Line breaks and indentation were added by tomoki y.


■現代日本語訳 Translations into contemporary Japanese

(J1) 黒田 2011
 朱は夢うつつの中、ふとはらわたに微かな痛みを感じた。ハッとして目を覚ましてよく見ると、陸がベッドの前で正座し、朱の腹を裂いて腸と胃を取り出し、一本一本きちんと仕分けている。ギョッとして、
 「何の怨があって、殺されるんだい。」
と叫ぶと、陸は笑いながら言った。
 「心配することはない、わしは君のために、聰明な心臓と取り換えているだけだよ。」
 陸は落ち着きすまして腸を朱の腹に納め入れると、再び合わせて閉じてから、最後に足を包む布で朱の腰を縛った。(……)陸が肉の塊(かたまり)を卓上に置いたのが目に入ったので、尋ねると、「これは君の心臓なんだ。作文の出来が悪いのは、君の毛穴がつまっているからだとわかったんだ。たまたま冥界の何千何万という心臓の中でいいのを一つ選べたから、君のために取り換えたんだ。これを持って行って数の埋め合わせをするぞ。」

   蒲松齢(ほ・しょうれい) 『聊斎志異』
   「陸判(りくはん)」(美容移植の夢をかなえる話)
   楊逸(ヤン・イー)=著 黒田真美子(くろだ・まみこ)=現代語訳
   『楊逸が読む聊斎志異』 明治書院 2011/09/30 所収。
   原文の傍点を下線で置き換えました。


(J2) 志村 2004
 (……)朱は夢の中で臓腑(ぞうふ)に痛みを感じて目を覚ます。すると、陸が寝台の前に座って、朱の腹を破り、腸と胃を取り出し、一本一本そろえていた。驚いた朱が、
「仇(あだ)も恨みもないはずなのに、どうしてわたしを殺すのだ」
 と尋ねると、判官は笑って、
「恐れなくてもよい。わたしは君のために利口な心と取り替えているのだ」
 と言い、悠然と腸を腹の中に入れて皮を合わせ、足を包む布で朱の腹をしばり、仕事を終えてしまう。(……)判官が肉塊を卓の上に置いたのを見て、
「何ですか」
 と訊くと、
「これはきみの心だ。きみの作文が下手なのは、きみの心の毛穴がふさがっていたためだから、いま冥途にある千万の心の中からよいものを一つ選び出して、きみの心と取り替えたのだ。きみの心は取っておいて、不足した冥途の分を補充するのだ」

   蒲松齢(ほ・しょうれい)=著 志村有弘(しむら・くにひろ)=訳
   「首のすげかえ(陸判)」
   『聊斎志異の怪』 角川ソフィア文庫 2004/08 所収


(J3) 立間 1997/07
 (……)夢うつつに腹がちくちく痛むのを覚えて目をさました。見れば陸判官(りくはんがん)が寝台に座り、朱(しゅ)の破れた腹から腸を引き出してきれいにのばしているではないか。朱は驚いて抗議した。
 「わたしはあなたに恨まれるようなことをした覚えはありません。それなのに殺すとはひどいではありませんか」
 「ははは、ご心配にはおよばぬ。貴公(きこう)の心をできのよい心と取り替えているところでござる」
 陸判官は落ち着きはらって腸を腹に納めると、腹の皮を合わせ、最後に布でぐるぐる巻きにした。(……)陸判官が肉の塊(かたまり)を机のうえにおいたので、
 「それはなんですか」
と聞くと、
 「これは貴公の心でござる。貴公が小論文をうまく書けないのは、心の穴が詰まっているからでござったが、さきほど冥土(めいど)で何千何万という心のなかから、一ついいものを見つけたので、取り替えて差し上げたのでござる。こちらの心はこれから持って行って、向こうの腹の穴に埋めてまいる」
[ルビを一部省略しました - tomoki y.]

   蒲松齢(ほ・しょうれい)=作 立間祥介(たつま・よしすけ)=編訳
   「首のすげかえ」 (原題・陸判)
   『聊斎志異』 岩波少年文庫 1997/07 所収


(J4) 立間 1997/01
 (……)夢うつつに腹がちくちく痛むのを覚えて目をさました。見れば陸が寝台に坐り、破った腹から臓物を引き出して揃えているではないか。驚いて、
「あなたに恨まれる筋合いもないのに、殺すとはひどいではありませんか」
 と言うと、陸は、
「ご心配には及ばぬ。貴公のためにできのよい心と取り替えているところでござる」
 と笑い、落ち着きはらって臓物を腹に納めると、腹の皮を合わせ、最後に足に巻く布(纏足の足を巻く包帯状の長い布)を巻きつけた。(……)陸が肉の塊りを机のうえに置いたので、「それは何」ときくと、
「これは貴公の心でござる。貴公が文章をうまく書けないのは、心の穴が詰まっているからでござったが、さきほど冥土で何千何万という心のなかから、一ついいの[ママ]ものを見つけたので、取り替えて差し上げたのでござる。こちらの心はこれから持って行って員数を合わせてまいる」

   蒲松齢(ほ・しょうれい)=作 立間祥介(たつま・よしすけ)=編訳
   「美女の首—陸判(りくはん)」
   『聊斎志異(上)』 全2冊 岩波文庫 1997/01 所収


(J5) 上野山 1994
朱(ズー)は夢心地(ゆめごこち)のうちに、おなかの痛(いた)みを感(かん)じて目をさました。陸裁判官が寝台(しんだい)のまえにすわって、朱(ズー)のおなかをきりひらき、からだのなかから内臓(ないぞう)をすべてとりだし、一つ一つ整理(せいり)していた。朱はおどろいた。
「なんの恨(うら)みがあって、こんなことをするんです!」
 陸裁判官(ルウさいばんかん)はわらっていった。
「心配するな。わしは、きみのことを思って、りこうな心臓(しんぞう)ととりかえているんだ。」
 陸裁判官(ルウさいばんかん)は、腸(ちょう)をそっとおなかにおさめると、おなかの皮(かわ)を革(かわ)ひもでしばった。
(……)陸裁判官(ルウさいばんかん)がテーブルの上においた肉(にく)のかたまりをみて、朱(ズー)がたずねた。
「なんです?」
「きみの心臓(しんぞう)さ。きみの作文(さくぶん)がよくないのは、きみの心臓の穴(あな)がふさがっているからなんだ。あの世(よ)にあるたくさんの心臓(しんぞう)のなかから、いいのを一つえらんで、きみのととりかえておいたから、たりなくなったあの世(よ)のぶんを、きみのでおぎなっておかねばならないんだ。」

   蒲松齢(プー・ソンリン)=作 上野山賀子(うえのやま・よしこ)=編訳
   「首をすげかえる話」
   『中国の不思議な物語』 偕成社文庫 1994/04 所収


(J6) 中野 1988
 朱は突然、酔いの夢のなかで腹がチクチク痛むのを感じた。はっと目が覚める。陸が寝台(ねだい)の前にきちんと坐している。朱の腹を裂き、胃や腸をひっぱり出して、一本ずつそろえているではないか。これにはたまげて、
「これまで、何の仇(かたき)や怨みもなかったはずだ。それなのに、殺すつもりか。なぜだ?」
 陸は笑って、
「心配するなって。君のために、聡明な心を入れ替えてやってるだけなんだから」
 とて、悠々と腸を腹中に収めた。次いで、腹の傷口をくっつけ、纏足(てんそく)用の布を朱の腰にぐるぐる巻きつけた。(……)
 陸がなにやら肉塊を机の上に置いたので、何かとたずねた。
「これは、君の心臓さ。君の作文がへたくそなものだから、ははーん、心臓の毛穴がふさがっているなと察したわけだ。冥土にある何万もの心臓から、うまいぐあいに、ひとつ上等のをえらび取っておいたのだ。そいつを、君のと取り替えた、という次第さ。これはとっておいて、不足分の穴埋めにしよう」

   蒲松齢=作 中野美代子=訳 「生首交換」
   J・L・ボルヘス=編纂・序文 『聊斎志異』 バベルの図書館10
   国書刊行会 1988/12 所収


(J7) 丸山 1977
 ふと、朱爾旦(しゅじたん)はゆめのなかで、腹にかすかな痛みを感じた。はっと目をさまして見ると、陸判官(りくはんがん)がわきにすわって、朱爾旦の腹をさき、腸をとり出しているではないか。これにはおどろいた。
「せっかく友だちになったのに、なんのうらみがあってわたしを殺すのですか?」
 朱爾旦のことばに、陸判官はわらいながら、
「心配するな。きみのために、賢い心と取りかえているだけだよ。」
といって、ゆうゆうと腸を中におさめ、きず口をぴったりと合わせたあと、布をぐるぐる巻きつけた。(……)
 見ると、テーブルの上に肉のかたまりがひとつ置いてある。
「これは?」
「ああ、これがきみの心さ。きみの文章がまずいのは、この心の細いあながふさがっているせいなんだ。それで、あの世から優秀なのを一つえらんで、きみのととりかえたのさ。きみのは持って帰って、うめあわせておかなくてはな。」
[ルビを一部省略しました - tomoki y.]

   蒲松齢=作 丸山松幸(まるやま・まつゆき)=訳 「変身(陸判)」
   『清代の怪異小説—聊斎志異』 中国の古典文学13
   さ・え・ら書房 1977/03 所収


(J8) 増田+松枝+常石 1971
 突然、朱は夢の中で、臓腑(ぞうふ)がかすかに痛むのを覚え、はっと目を醒ましてみると、陸判官が寝床の前にきちんと腰掛けて、彼の腹を破って腸胃を取り出し、一本一本そろえていた。これにはさすがにびっくりして、
「これまで仇(あだ)も怨(うら)みもなかったはずだ。なぜ僕を殺すんです?」
 というと、判官は笑って、
「怖(こわ)がらなくてもいい。僕は君のために聡明(そうめい)な心と取り替えてやってるのさ」
 といいつつ、悠々(ゆうゆう)と腸を腹の中におしこみ、それがすむとまた皮を合わせ、最後に足を包む布(きれ)で朱の腰を巻きつけた。(……)朱は、判官が肉塊を机の上に置いているのを見て、何ですときくと、
「これは君の心なのさ。君の作文のまずいのは、つまり君の心の毛孔が細い塞(ふさ)がっているんだと思ったから、さっき冥界で何万何千もの心の中から優秀なのを一つ選び取ってきて、君のために取り替えて上げたのさ。」

   蒲松齢=作 増田渉+松枝茂夫+常石茂=訳 「首のすげかえ(陸判)」
   『聊斎志異(上)』 中国古典文学大系40(全60巻)
   平凡社 1970/04 所収


(J9) 田中 1970, 1987, etc.
 (……)朱はその時夢心地に臓腑に微かな痛みを覚えたので、眼を醒ました。陸が榻(ねだい)の前へ坐って、自分の胸を斬り裂いて腸胃を引き出し、それを一筋一筋整理しているところであった。朱は愕いて言った。
「何の怨みもないのに、なぜ僕を殺すのだ」
 陸は笑って言った。
「懼(おそ)れることはない、僕は君のために、聡明な心を入れかえているのだ」
 陸はしずかに腸(はらわた)を中へ納めて創口を合わせ、その後で足を包む布で朱の腹から腰のあたりを繃帯して手術を終ったが(……)。ふと見ると陸の置いた肉塊が案の上にあった。朱は怪しんで、
「それはなんだろう」
 と言って聞いた。陸は、
「それは君の心だよ、君の文章の拙いのは、君の心の毛穴が塞っているためだから、冥途に在る幾千万の心の中から、佳いのを一つ選びだして、君のために易(か)えたからね」

   田中貢太郎=著 「陸判(りくはん)」
   9a. 青空文庫(電子テキスト)2004/09/03 アップロード/公開
      入力:Hiroshi_O 校正:noriko saito
   9b.中国の怪談2』 河出文庫 1987/08 所収
   9c.支那怪談全集』 桃源社 1970/11 所収

   9a. の底本は 9b.9b. の親本は 9c.。引用は 9a. に拠りました。


(J10) 柴田 1956, 1987, etc.
 (……)ふと醉夢の中で臟腑に微痛を覺えたので眼を醒ましてみると、陸が牀(ねだい)の前に危坐(すわ)つて、朱の腔(はら)を破(や)ぶり、腸胃を取り出して一條(ひとすぢ)一條整理して居た。朱は愕(おどろ)いて、
 「何の仇も怨も無いのに、何故僕を殺すんだ」
 と尋ねると、陸は笑つて、
 「懼(おそ)れるな! 僕は君の爲に慧(りかう)な心と取易へて居るのだ」
 といつて、從容(しづか)に腸を入れて皮を合はせ、足を裹(つゝ)む布で朱の腰を束(しば)つて作用(しごと)を畢(をは)つたのである。(……)陸が几(つくゑ)の上に一片の肉塊を置いたのを見て、
 「何です」
 と問(き)くと、
 「これは君の心である。君の作文が不作(まづ)いのは君の心の毛竅(あな)が塞つてゐるためだから、いま冥間(めいど)にある千萬(たくさん)の心の中から、佳者(いゝの)を一枚揀(えら)びだして、君の心と取替へたのだ。そして闕數(たりなく)なつた冥(めいど)の分を補充するために、君の心が留(のこ)してあるのさ」

   蒲松齢=作 柴田天馬=訳 「陸判(りくはん)」
   10a. ザ・聊斎志異—聊斎志異全訳全一冊(大活字版)』 第三書館 2007/01 所収
   10b.ザ・聊斎志異—聊斎志異全訳全一冊(愛蔵版)』 第三書館 2004/07 所収
   10c.ザ・聊斎志異—聊斎志異全訳全一冊』 第三書館 1987/06 所収
   10d.完譯聊齋志異5』(全8巻) 角川文庫 1956/03 所収
 
   引用は 10d. に拠りました。


■現代中国語による再話 A retelling in contemporary Chinese

一天夜里,朱尔旦在梦中感到五脏微痛,睁眼一看,陆判正在整理他的肠胃,大惊失色,陆判笑道:"你的文章写不好,是你的心脏毛窍被塞。我在阴间挑了一枚给你换了。

   《聊斋志异》 陆判
   華夏經緯網 (www.huaxia.com)


 Audio 2 
聊斎志異 - 中国語原文オーディオブック
Liaozhai Zhiyi - Audiobook in Chinese read by davidfan
Librivoxlistmk
「陸判」を聞くには 14 - Lu Pan をクリック。下に引用する箇所の朗読は 3:18 あたりから。 Audio courtesy of LibriVox. To listen to Judge Lu, click 14 - Lu Pan. Reading of the excerpt below starts around 3:18.


■中国語原文(簡体字)The original text in simplified Chinese

[略]忽醉梦中,脏腹微痛。醒而视之,则陆危坐床前,破腔出肠胃,条条整理。愕曰:“夙无仇怨,何以见杀?”陆笑云:“勿惧!我与君易慧心耳。”从容纳肠已,复合之,末以裹足布束朱腰。作用毕,[略]见陆置肉块几上,问之。曰:“此君心也。作文不快,知君之毛窍塞耳。适在冥间,于千万心中,拣得佳者一枚,为君易之,留此以补缺数。”

   《聊斋志异》 蒲松龄 著 〈陆判〉
   E-text at 時代書城 (mypcera.com)


■中國語原文(繁體字)The original text in traditional Chinese

[略]忽醉夢中,覺臟腑微痛;醒而視之,則陸危坐床前,破腔出腸胃,條條整理。愕曰:「夙無仇怨,何以見殺?」陸笑云:「勿懼,我為君易慧心耳。」從容納腸已,復合之,末以裹足布束朱腰。作用畢,[略]見陸置肉塊几上,問之。曰:「此君心也。作文不快,知君之毛竅塞耳。適在冥間,於千萬心中,揀得佳者一枚,為君易之,留此以補闕數。」

   『聊齋誌異』 蒲松齡 著  第二卷 「陸判」
   E-text at 開放文學 (open-lit.com)


 Images 
表紙画像ギャラリー Cover photo gallery

a. Cuentosdeliaozhaii0n343 b. Bookstore_l_81 c. 12016199

d. 51t45cdqhtl_ss40 e. 200301000437 f. 094

↑ クリックして拡大 Click to enlarge ↑

■外部リンク External links


■更新履歴 Change log

  • 2013/10/27 上野山賀子=編訳 1994/04 を追加しました。
  • 2013/09/26 英語版と中国語原文のオーディオブックをプレイリスト形式に改めました。 
  • 2013/08/04 目次と外部リンクの項を新設し、1) 王娟訳、2) Mair & Mair 訳、3) Lu, Chen, Yang & Yang 訳、4) H. A. Giles 訳の4種類の英訳を追加しました。また、英語版オーディオブックと中国語原文オーディオブックへのリンクも追加しました。
  • 2011/11/19 黒田真美子=現代語訳 2011/09/30 を追加しました。
  • 2010/09/29 聊斋志异 - 陸判の YouTube 動画を追加しました。
  • 2007/09/17 志村有弘=訳 2004/08、および中野美代子=訳 1988/12 を追加しました。
  • 2007/09/10 立間祥介=編訳 1997/07 を追加しました。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ翻訳ブログ人気ランキング参加中

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages
(1) Strange Stories from a Chinese Studio

(2) Strange Tales from the Liaozhai Studio

(3) Strange Tales from Make-Do Studio

■和書 Books in Japanese

  

|

« Notes from a Small Island by Bill Bryson ビル・ブライソン 『ビル・ブライソンのイギリス見て歩き』 | Main | Scoring Off Jeeves by P.G. Wodehouse P・G・ウッドハウス 「ウースター一族の誇り傷つく」「心配係の休暇」「ジーブスがゐなくては」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58807/16289221

Listed below are links to weblogs that reference 蒲松齢 「陸判」(『聊斎志異』より) Judge Lu - Strange Stories from a Chinese Studio by Pu Songling (3):

« Notes from a Small Island by Bill Bryson ビル・ブライソン 『ビル・ブライソンのイギリス見て歩き』 | Main | Scoring Off Jeeves by P.G. Wodehouse P・G・ウッドハウス 「ウースター一族の誇り傷つく」「心配係の休暇」「ジーブスがゐなくては」 »