« Bliss by Katherine Mansfield キャサリン・マンスフィールド 「幸福」「至福」「彼女の幸福」 | Main | Holidays in Hell by P.J. O'Rourke P・J・オローク『楽しい地獄旅行—世界紛争地帯過激レポート』 »

Sunday, 16 September 2007

ペットボトルと球

 
凸ウチの近所では、空き缶・空きビン・ペットボトルの回収日は毎週木曜だ。

●中田の蹴った球はゴールポストの上を大きく逸れて、サポーターの期待を裏切った。

凸ペットボトルに水を入れて外に置くと、猫が来ておしっこをするのを防ぐことができる——というのは、ガセ。

●電気グルーヴというバンドの2人組のうちの1人は、石野卓球という。相棒の名前はピエール瀧。「卓球」という名前は、むかしいた(いまもいる?)サンプラザ中野の「サンプラザ」という名前に負けないぐらい珍しい。

凸木曜日の回収日に出し忘れたペットボトルを、アパートメント・ハウスの6軒となりのセブンイレブンの分別ゴミ箱に捨てに行くことがある。良い子はけっしてマネをしてはいけない。

●私は、ピンポン球や赤血球や白血球より大きいが、地球より小さい。

凸ペットボトルのペットはPET。でも愛玩動物のペットではない。

●卓球女子世界ベスト8入りを果たした福原愛ちゃんは、卓球以外の球技は苦手だそうだ。テレビ「徹子の部屋」で見た。

凸ペットボトルの再生率はだいぶ上がったが、ビンや缶の再生率には遠く及ばない。だから、チョイスがあるならば、ペットボトル入りではなく、ビン入りや缶入りの飲み物を買ったほうが環境にやさしいのだそうだ。新聞でどこかのお笑いタレントが言っているのを読んだ。
 
 
 
Tomoki Yamabayashi
 
 
■更新履歴 Change log

2007/09/16 一部修正して、tomokilog にアップロード。

2003/09/18 もとの文章を書く。
 
 

|

« Bliss by Katherine Mansfield キャサリン・マンスフィールド 「幸福」「至福」「彼女の幸福」 | Main | Holidays in Hell by P.J. O'Rourke P・J・オローク『楽しい地獄旅行—世界紛争地帯過激レポート』 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ペットボトルと球:

« Bliss by Katherine Mansfield キャサリン・マンスフィールド 「幸福」「至福」「彼女の幸福」 | Main | Holidays in Hell by P.J. O'Rourke P・J・オローク『楽しい地獄旅行—世界紛争地帯過激レポート』 »