« Marie Antoinette by Stefan Zweig (1) シュテファン・ツヴァイク 『マリー・アントワネット』 (1) | Main | Marie Antoinette by Stefan Zweig (2) シュテファン・ツヴァイク 『マリー・アントワネット』 (2) »

Friday, 09 November 2007

Leave It to Jeeves (The Artistic Career of Corky) by P.G. Wodehouse P・G・ウッドハウス 「コーキーの芸術家稼業」「コーキーの画業」「コーキイの芸術的生涯」

           目次 Contents

    Images  表紙と著者と妻 Book covers, the author and his wife
   ■日本語訳 Translations into Japanese
     (J1) 森村 2005
     (J2) 井上 1966
     (J3) 大木 1960
    Audio 1  ウッドハウスへのインタビュー P. G. Wodehouse Interview
    Audio 2  英語原文のオーディオブック Audiobook in English
   ■英語原文 The original text in English
   ■外部リンク External links
   ■更新履歴 Change log


 Images 
表紙と著者と妻 Book covers, the author and his wife

a. 51kza8j4ghl b. 2308 c. Pe

↑ クリックして拡大 Click to enlarge ↑

■日本語訳 Translations into Japanese

(J1) 森村 2005
 ウォープル氏のキャラクター研究に関して最後にひとこと付言しておくならば、彼はきわめて機嫌の変わりやすい気分屋な人物であり、コーキーが哀れなバカで、奴が自分で判断して行うことはそれが如何(いか)なる方向性をとるとしても奴の先天的白痴性の新たな証明に過ぎないと考える全体的傾向がある。ジーヴスも僕のことをまったく同じように考えているとは僕の想像するところだ。

  • P・G・ウッドハウス=著 森村たまき=訳 「2. コーキーの芸術家稼業」 『それゆけ、ジーヴス』 ウッドハウス・コレクション 国書刊行会 2005/10

(J2) 井上 1966
 ワープル氏の性格研究を完全にするためにつけ加えると、彼は恐ろしく気まぐれで、しかもコーキーのことを、哀れな薄のろ、何をやらせてもほっておいたら生まれつきの阿呆さを証明するだけの男と考えているのだった。おそらくジーヴズも、わたしについてはそっくり同じような気持ちを抱いているのだろう。

  • ウッドハウス=著 井上一夫=訳 「コーキーの画業」 ジーヴズ物語 『世界文学全集37 20世紀の文学』 ウッドハウス/マルセル・エイメ/ジャック・ペレー/イリフ、ペトロフ/ケストナー 集英社 1966/12

(J3) 大木 1960
 ミスタ・ワープルが、ひとの性格を、裏の裏まで見抜くには、あまりにもむら気な男だったからである。そんなわけで彼は、コーキーの奴はかわいそうに頭が足りない、なにをやっても生れつきの馬鹿さかげんを証明するだけだ、と考えがちだった。おそらく、ジーヴズも私についてやはりおなじ気持を抱いていたのではないかと思う。

  • P・G・ウッドハウス=著 大木澄夫=訳 真鍋博=画 従僕ジーヴズ・シリーズ第一話 「コーキイの芸術的生涯」 『宝石』 1960年7月号(昭和35)

 Audio 1 
ウッドハウスへのインタビュー:ジーヴズとウースターについて
P. G. Wodehouse discussing Jeeves and Wooster (1960s Interview)


 Audio 2 
英語原文のオーディオブック 朗読: マーク・ネルソン
Audiobook in English read by Read by Mark Nelson

下に引用する箇所は 8:45 から始まります。 Chapter 1: Leave it to Jeeves. Classic Literature VideoBook with synchronized text, interactive transcript, and closed captions in multiple languages. Audio courtesy of Librivox. The excerpt below starts at 8:45.


■英語原文 The original text in English

To complete the character-study of Mr. Worple, he was a man of extremely uncertain temper, and his general tendency was to think that Corky was a poor chump and that whatever step he took in any direction on his own account, was just another proof of his innate idiocy. I should imagine Jeeves feels very much the same about me.


■外部リンク External links


■更新履歴 Change log

  • 2018-02-17 ウッドハウスへのインタビューの YouTube 画面を追加しました。
  • 2011-11-26 英語原文の朗読の YouTube 動画を追加しました。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ84595840v1308102456

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

■DVD

  

|

« Marie Antoinette by Stefan Zweig (1) シュテファン・ツヴァイク 『マリー・アントワネット』 (1) | Main | Marie Antoinette by Stefan Zweig (2) シュテファン・ツヴァイク 『マリー・アントワネット』 (2) »

Comments

It's a shame you don't havce a donate button! I'd without a doubt donate to this fantastic blog! I suppose for now i'll settle for bookmarking andd addng your RSS feed to my Google account. I look forward to neww updates and will talk about this blog with my Facfebook group. Talk soon!

Posted by: mountain bikes | Saturday, 19 October 2013 12:20 am

It's going to be end of mine day, except before end I am reading this enormous post to increase my knowledge.

Posted by: http://Www.Barredeson.com | Monday, 11 November 2013 04:42 pm

Good post. I am dealing with many of these issues as well..

Posted by: รับทำ seo | Wednesday, 18 December 2013 02:55 am

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Leave It to Jeeves (The Artistic Career of Corky) by P.G. Wodehouse P・G・ウッドハウス 「コーキーの芸術家稼業」「コーキーの画業」「コーキイの芸術的生涯」:

« Marie Antoinette by Stefan Zweig (1) シュテファン・ツヴァイク 『マリー・アントワネット』 (1) | Main | Marie Antoinette by Stefan Zweig (2) シュテファン・ツヴァイク 『マリー・アントワネット』 (2) »