« The Canterville Ghost by Oscar Wilde オスカー・ワイルド 『カンタヴィルの幽霊』『カンタヴィル・ゴースト』 | Main | The October Country by Ray Bradbury レイ・ブラッドベリ 『10月はたそがれの国』 »

Friday, 23 November 2007

Travels with a Donkey in the Cevennes by Robert Louis Stevenson スティーヴンソン『旅は驢馬をつれて』

■地図と表紙画像 A map and book covers
Left Map of route.  Image source: Wikipedia
Centre Travels With a Donkey in the Cevennes, Echo Library (2006)
Right小沼丹全集 補巻』未知谷 (2005)

↓ Click to enlarge ↓

Travelsmap  414npd3zh8l  51ytd8aaksl


■日本語訳 Translations into Japanese
 
(J1) 酒井 1954, 1978, etc.
誰も彼も、この他國人に親切をし、助けになろうと切望していた。(……)それは、セヴェンヌ山脈を通りぬけて、南へ行こうと、私が企てた旅行から大部分生じたのである。私のような旅人は、その地方では前代未聞であったのだ。私は月へ旅行しようとでも企てる人のように、侮蔑の眼で見られたが、また寒氣きびしい極地めがけて出掛ける人のように、尊敬にみちた興味をもって見られもした。皆がよろこんで私の準備を助けようとした。

   R.L.Stevenson =著 酒井善孝=訳註
   『Travels with a Donkey 旅はロバをつれて
   研究社新訳註叢書30 研究社出版 1954/03, 1978, etc.

   この (J1) は、下の (J5) 澤村+酒井 1927 を改訂・増補したもの。
 
 
(J2) 吉田 1951
誰もが私には親切で、私に援助を惜しまなかったのである。(……)彼等が私に示した關心は、私がそこから南へ、セヴェンヌ地方に旅行しようとしていることに多分に負う所があった。私が計畫しているような旅行は、彼等には未聞のことだった。私は、月に向って飛ぼうとしているもののように輕蔑され、しかも同時にまた、北極探險にでかける人間に對して示される底の尊敬の念をもって迎えられた。みんなが準備の手傳いをしようとして(……)

   スティヴンソン=著 吉田健一=訳
   『旅は驢馬をつれて 他一篇
   岩波文庫 1951/11
 
 
(J3) 小沼 1950, 1956, etc.
あらゆる人間がこの異国人に親切心を見せるべく、役立つべく気を揉(も)んでいた。(……)セヴェンヌ地方を通って南方へ抜ける、という私の旅行計画が専らその原因となっていたのである。私のような旅行者はこの地方では未だかつて聞いたこともない代物(しろもの)であった。私はまるで月世界へ旅行を企てている人間ででもあるかのように軽蔑(けいべつ)の眼で見られた。とはいえ、また、酷寒の極地に向かって出発する人間ででもあるかのように、一種尊敬のこもった好奇心で眺められもした。誰でも私の準備の手助けをするに吝(やぶさ)かでなかった。

   3a. R.L.スチヴンスン=著 小沼丹(おぬま・たん)=訳「旅は驢馬をつれて」
    『小沼丹全集 補巻』未知谷 2005/07 所収
   3b. R. L. スティヴンスン=著 小沼丹=訳 江國香織=解説
    『旅は驢馬をつれて』大人の本棚 みすず書房 2004/12
   3c. R.L.スティーヴンソン=著「旅は驢馬をつれて」
    『スティーヴンソン作品集1』復刻 文泉堂出版 1999/03 所収
   3d. スティヴンスン=著『旅は驢馬をつれて』角川文庫 1956/12
   3e. R.L.スチヴンスン=著『旅は驢馬をつれて』家城書房 1950

   3b. の底本は 3d.。引用は 3b. に拠りました。
 
 
(J4) 藤田 1929
誰も彼も皆、この他國人(びと)に深切をつくし、助けになつてやらうと一生懸命になつてゐたのである。(……)セヴェンヌの山續きを通り拔けて、南の方へ出ようといふ私の旅行計畫が、大いにその因をなしてゐたのである。私のやうな斯ういふ旅人は、之れ迄、此の地方で曾て耳にせざるところのものであつたのである。私は、恰かも月の世界へ旅行を企ててゐる男でゞもあるかのやうに、輕蔑の眼を以つて見られてゐたが、また反面には、かの寒風凛冽たる極地へ向つて出發せんとして居る者のやうに、一種尊敬的の興味を以つて見られて居たのである。そしてもう皆が喜んで、私の出發の用意の手傳をしてくれた。

   アール・エル・スチヴンスン=著 藤田千代吉=譯註
   『驢馬と旅して
   文化生活研究会會 定價壹圓五拾錢 1929/10(昭和4)
 
 
(J5) 澤村+酒井 1927
誰も彼も、この他國人に親切をし、助けにならうと切望してゐた。(……)それは、大部分、セヴェンヌを通つて南へ行く私の企てた旅行から生じたのである。私のやうな旅人は、其地方では前代未聞(ぜんだいみもん)であつたのだ。私は月へ旅行しようとでも企てる人のやうに、侮蔑的の眼で見られたが、また寒氣凛烈な極地めがけて出掛ける人のやうに、尊敬的な興味をもつても見られた。皆が悦んで私の準備を助けようとした。

   R. L. Stevenson =著 澤村寅二郎+酒井善孝=譯註
   『英文世界名著全集6 驢馬紀行
   英文世界名著全集刊行所 1927/10(昭和2)

   本書は対訳本。書名は奥付に拠る。扉に印刷された表題は、次のとおり。
   Travels with a Donkey (Abridged), World's Classics in English
 
 
■英語原文 The original text in English

(....) every one was anxious to be kind and helpful to the stranger. (....) it arose a good deal from my projected excursion southward through the Cevennes. A traveller of my sort was a thing hitherto unheard of in that district. I was looked upon with contempt, like a man who should project a journey to the moon, but yet with a respectful interest, like one setting forth for the inclement Pole. All were ready to help in my preparations (....)

   Travels with a Donkey in the Cevennes (1879)
   by Robert Louis Stevenson

   E-text at:
   * Project Gutenberg
   * Wikisource

   Scanned books at Internet Archive
 
 
■著者名の日本語表記
 Transliteration variations of the author's name in Japanese

   スチヴンスン ………小沼 2005
   スチヴンスン ………小沼 1950
   スチヴンスン  ………藤田 1929
   スティーヴンソン……小沼 1999
   スティヴンスン  ……小沼 2004
   スティヴンスン  ……小沼 1956
   スティヴンソン    ……吉田 1951
   (カナ表記なし) ……酒井 1954 - Stevenson で通しているようです
 
 
■外部リンク External links

   * On the Stevenson Trail with a Donkey in the Cevennes
   * Travels with a Donkey in the Cevennes - Wikipedia
   * Robert Louis Stevenson - Wikipedia
   * ロバート・ルイス・スティーヴンソン - Wikipedia
 
 
■更新履歴 Change log

2007/12/19 酒井善孝=訳註 1954/03, 1978, etc. を追加しました。


にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ翻訳ブログ人気ランキング参加中

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザの画面を更新すると入れ替わります。 
↓ Renew the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

■CD

■DVD

  

|

« The Canterville Ghost by Oscar Wilde オスカー・ワイルド 『カンタヴィルの幽霊』『カンタヴィル・ゴースト』 | Main | The October Country by Ray Bradbury レイ・ブラッドベリ 『10月はたそがれの国』 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58807/17156798

Listed below are links to weblogs that reference Travels with a Donkey in the Cevennes by Robert Louis Stevenson スティーヴンソン『旅は驢馬をつれて』:

« The Canterville Ghost by Oscar Wilde オスカー・ワイルド 『カンタヴィルの幽霊』『カンタヴィル・ゴースト』 | Main | The October Country by Ray Bradbury レイ・ブラッドベリ 『10月はたそがれの国』 »