« Антон Чехов - Кто виноват? / Who Was To Blame? by Anton Chekhov チェーホフ 「臆病なのは誰のせい?」「だれの罪か」 | Main | The Captain of the Polestar by Arthur Conan Doyle コナン・ドイル「ポールスター号の船長」「北極星号の船長」 »

Sunday, 20 January 2008

Федор Достоевский - Преступление и наказание (2) Crime and Punishment by Fyodor Dostoevsky (2) ドストエフスキー 『罪と罰』 (2)

« 1 Crime and Punishment
« 1 罪と罰


 Comics 
『罪と罰』のマンガ版いろいろ—表紙画像その他
Comic adaptations of Crime and Punishment: Cover photos, etc.

↓ Click to enlarge ↓

a. 2010_manga_tsumi_to_batsu b. Url c. 581732927

d. 30979144 e. Tezuka_crime_500 f. Raskolnikov

g. Dostoyevskycvr


■上掲マンガ版の書誌情報 Bibliography on the comic adaptations above


■中国語(簡体字)訳 Translation into simplified Chinese

(……)这时他使出浑身的力气又打了一下,两下,一直是用斧背,而且都打在头顶上。血恰似从翻倒的杯子里迸涌出来,身子仰面倒了下去。他往后退去,让她完全倒下,并立刻俯下身子,看看她的脸;她已经死了。

   《罪与罚》 作者:费奥多尔·米哈伊洛维奇·陀思妥耶夫斯基 译者:非琴
   E-text at:
   * 天涯在線書庫(tianyabook.com)
   * 虹橋門戸网(hqdoor.com)


■中國語(繁體字)譯 Translation into traditional Chinese

(……)這時他使出渾身的力气又打了一下,兩下,一直是用斧背,而且都打在頭頂上。血恰似從翻倒的杯子里迸涌出來,身子仰面倒了下去。他往后退去,讓她完全倒下,并立刻俯下身子,看看她的臉;她已經死了。

   《罪与罰》 費奧多爾·米哈伊洛維奇·陀思妥耶夫斯基 譯者: 非琴
   E-text at 龍騰世紀書庫 (millionbook.net)


 Video 1 
テレビ 罪と罰 (2002) BBCドラマ 第1話 パート2
TV Crime and Punishment (2002) BBC Drama, Episode 1, Part 2

監督: ジュリアン・ジャロルド 出演: ケイト・アシュフィールド、ララ・ベルモント、ジョン・シム(ラスコーリニコフ役) 引用箇所に対応する犯行シーンは 3:26 あたりから。 Uploaded to YouTube by Pasifaessa1 on 8 May 2011. Directed by Julian Jarrold. Starring Kate Ashfield, Lara Belmont and John Simm (as Raskolnikov). The crime scene corresponding to the excerpt below starts around 3:26.


■日本語訳 Translations into Japanese

(J1) 亀山 2008
(……)そこでさらに、一度二度と力にまかせて、斧の峰を頭頂部めがけて打ちおろした。コップを倒したみたいに血がほとばしり、体は仰向(あおむ)けに倒れた。彼は一歩後ずさりして倒れるにまかせたが、すぐにその顔のうえに屈みこんだ。すでに死んでいた。

   ドストエフスキー=作 亀山郁夫=訳
   『罪と罰1』(全3冊)光文社古典新訳文庫 2008/10


(J2) 江川 1999
(……)彼はもう一度、二度、峰のほうで、脳天だけをねらって、力まかせに斧をふりおろした。コップをぶちまけたように血がほとばしり、体は仰向けに倒れかかった。彼は一歩足を引いて、老婆を倒れさせ、すぐにかがみこんで顔をのぞきこんだ。彼女はもう死んでいた。

   ドストエフスキー=作 江川卓=訳
   『罪と罰(上)』(全3冊)岩波文庫 1999/11


(J3) 小泉 1990
(……)つづけて、彼は斧の峰で、脳天ばかりをもう一度、それから、もう一度、力のかぎり打ちのめした。コップを倒しでもしたように、血がほとばしり、体は仰向きに倒れかかった。彼はさっと身を引いて、老婆が倒れるのにまかせると、すぐさま、その顔をのぞき込んだ。もう死んでいた。

   フョードル・M・ドストエフスキー=作 小泉猛=訳『罪と罰』
   『集英社ギャラリー[世界の文学]14 ロシア2』集英社 1990/05 所収


(J4) 原 1978
(……)そこで彼は力まかせに一度、二度と、斧の峰で脳天を殴りつけた。コップをくつがえしたように、血がほとばしり出た。身体が仰向けに倒れた。老婆はもはや死んでいた。

   ドストエフスキー=作 原卓也=訳
   『グラフィック版世界の文学15 罪と罰』世界文化社 1978
   この版は抄訳のようです。


(J5) 北垣 1974, 1976, etc.
(……)そのとき青年はあらんかぎりの力をふるって、やはり斧のみねで、同様脳天に一度、二度と打撃を加えた。血が、コップでもひっくり返したように、どっと流れ出、体はあお向けにぶっ倒れた。彼はあとへ身をひいて、倒れるにまかせてから、すぐに相手の顔にかがみこんだ。老婆はもうこときれていて(……)

   5a. ドストエフスキー=作 北垣信行=訳『罪と罰(上)
    愛蔵版エキスパンドブック(挿し絵入り2巻本)
   5b. ドストエフスキイ=作 北垣信行=訳「罪と罰」
    『豪華版 世界文学全集13 ドストエフスキイ』講談社 1976/10
   5c. ドストエフスキイ=作 北垣信行=訳「罪と罰」
    『世界文学全集41 ドストエフスキイ』講談社 1974/09
   引用は 5b. に拠りました。


(J6) 工藤 1968, 1987, etc.
(……)つづけて、彼は斧の峰で、脳天ばかりをもう一度、それから、もう一度、力のかぎり打ちのめした。コップを倒しでもしたように、血がほとばしり、体は仰向きに倒れかかった。彼はさっと身を引いて、老婆が倒れるのにまかせると、すぐさま、その顔をのぞき込んだ。もう死んでいた。

   ドストエフスキー=作 工藤精一郎=訳
   6a.罪と罰(上)』Timebook Town 電子版 2004/09/24
   6b.罪と罰(上)』(全2冊)新潮文庫 1987/06
   6c.新潮世界文学10 ドストエフスキー1』(全49巻)新潮社 1968/05
   引用は 6c. に拠りました。


(J7) 江川 1966
[訳文は追って挿入するつもりです - tomoki y.]

   ドストエフスキー=作 江川卓=訳『罪と罰(上)
   旺文社文庫 1966/01


(J8) 池田 1963, 1994
(……)青年はつづけて第二、第三の打撃を、やはり斧の峰で、脳天めがけて力いっぱい打ちおろした。血がコップをひっくり返したようにどっとほとばしって、体が仰向けにどさりと倒れかかった。彼は一歩身を退(ひ)いて倒れさせると、すぐに老婆の顔の上へかがみこんだ。もう事切れていた。

   ドストエフスキイ=著 池田健太郎=訳
   8a.世界の文学セレクション36 18 ドストエフスキイ
    中央公論社 1994/01 所収
   8b.世界の文学16 ドストエフスキイ 罪と罰』中央公論社 1963/02
   引用は 8b. に拠りました。


(J9) 小沼 1960, 1971
(……)すかさず彼は力まかせに、一度、二度と、峯の方ばかりで、いずれも脳天を狙ってなぐりつけた。血が、コップをぶちまけたようにさっとほとばしり、からだは仰向けにどうと倒れた。彼は身をひいて、からだの倒れるのを見すますと、すぐに彼女の顔の上にかがみこんだ。彼女はすでに死んでいた。

   ヒョードル・ミハイロヴィッチ・ドストエフスキー=著 
   小沼文彦(こぬま・ふみひこ)=訳「罪と罰」
   9a.筑摩世界文學大系38 ドストエフスキーI』筑摩書房 1971/03 所収
   9b.世界名作全集19 罪と罰』筑摩書房 1960/06
   引用は 9a. に拠りました。


(J10) 米川 1952, 1959, etc.
(……)そのとき彼は力まかせに、もう一、二度 みね(#原文は太字でなく傍点)のほうばかりで、やはり脳天を打ちつづけた。血はコップをぶちまけたようにほとばしり出た。そして、からだはあおむけに倒れた。彼は一歩身をひいて、倒れさせた後、すぐ老婆の顔の上へかがみこんだ。彼女はもう死んでいた。

   ドストエーフスキイ=著 米川正夫=訳「罪と罰」
   10a.ドストエーフスキイ全集6 罪と罰 付・創作ノート
    河出書房新社 1969/05 所収
   10b.世界文学全集18 ドストエーフスキイ
    河出書房新社 1959/11 所収
   10c.罪と罰』河出書房 1952
   引用は 10b. に拠りました。


(J11) 中村 1928, 1958
(……)そこで彼は力まかせに、一度、二度、背のほうばかりで、脳天めがけて打ち続けた。血は、コップをぶちまけたようにほとばしり、からだは仰向けにどうとたおれた。彼は身をひいて、たおれさせると、すぐさま彼女の顔の上へ屈み込んだ。彼女はもう死んでいた。

   ドストエーフスキイ=作 中村白葉=訳『罪と罰(1)』(全3巻)
   11a. 岩波文庫 改版 1958/11
   11b. 岩波文庫 初版 1928/06
   引用は 11a. に拠りました。


(J12) 内田 1892, 1913, etc.
(……)斯うなるとラスコーリニコフの勇氣は忽(たちま)ち十倍し鉈(なた)を取直して眞向微塵(まツかうみぢん)に二度まで打下すと鮮血泉の如く迸(ほとばし)ツて死躰は どたり(#原文は太字でなく傍点)轉(ころ)がつた。

   ドストエフスキー作 内田魯庵=譯「罪と罰」
   12a.内田魯庵全集12 翻訳1』ゆまに書房 1984/04 所収
   12b. 丹羽純一郎=譯者代表『明治飜訳文學集』明治文學全集7
    筑摩書房 1972/10 所収

   * 引用は 12b. に拠りました。
   * 12a. の訳者「例言」によると、この訳は、英訳本(「ヴヰゼツテリイ社」
    刊1886年)からの重訳。疑わしい箇所は「友人長谷川辰之助氏」に確認
    したとある。長谷川辰之助とは、二葉亭四迷の本名。
   * また、12a.「解題」によると、巻之一(1892年11月10日内田老鶴圃
    刊行)、巻之二(1893年2月25日内田老鶴圃刊行)。後に改訳し、巻之一、
    二を合わせたものを「前篇」として、1913年7月5日に丸善より刊行した
    (「後篇」は結局未刊に終わった)。改訳本は、多くの箇所で内田老鶴圃
    刊本と異なるとして、異同が列挙されている。


 Video 2 
罪と罰 (1983) フィンランド映画
Rikos ja rangaistus (1983) a Finnish film

監督: アキ・カウリスマキ 出演: マルック・トイッカ、アイノ・セッポ、エスコ・ニッカリ 引用箇所に対応する犯行シーンは 0:52 あたりから。 Uploaded to YouTube by subsro on 20 Dec 2007. Directed by Aki Kaurismäki. Starring Markku Toikka, Aino Seppo, Esko Nikkari. The crime scene corresponding to the excerpt below starts around 0:52.


■英訳 Translations into English

(E1) Monas, 2006
He struck once more, then again, full strength, with the blunt side of the ax, and on the top of her head. The blood gushed as from an overturned glass, and the body fell backward. He stepped back to let her fall, and immediately bent over her face. She was dead.

   Crime and Punishment by Fyodor Dostoyevsky
   Translated by Sidney Monas
   Signet Classics; Reissue edition (March 7, 2006)


(E2) McDuff, 2002
At that point, with all his might, he landed her another blow, and another, each time with the butt [of the axe] and each time on the crown of the head. The blood gushed out as from an upturned glass, and her body collapsed backwards.  He stepped back, allowed her to fall and at once bend down over her face: she was dead.

   Crime and Punishment by Fyodor Dostoyevsky
   Translated by David McDuff
   Penguin Classics; Revised edition (December 31, 2002)


(E3) Coulson, 1995
Then he struck her again and yet again, with all his strength, always with the blunt side of the axe, and always on the crown of the head. Blood poured out as if from an overturned glass and the body toppled over on its back. He stepped away as it fell, and then stooped to see the face: she was dead.

   Crime and Punishment by Fyodor Dostoyevsky
   Translated by Jessie Coulson
   The World's Classics, Oxford University Press, USA;
   Reprint edition (December 1, 1995)


(E4) Garnett, 1917
Then he dealt her another and another blow with the blunt side and on the same spot. The blood gushed as from an overturned glass, the body fell back. He stepped back, let it fall, and at once bent over her face; she was dead.

   Crime and Punishment by Fyodor Dostoevsky
   Translated by Constance Garnett
   E-text at:  
   * Dostoevsky Research Station by Christiaan Stange
   * The Literature Network
   * Schulers Books Online
   * Project Gutenberg
   * 4Literature.net
   * Bartleby.com
   * InLibrary.net


■ドイツ語訳 Translations into German

(D1)
Da schlug er aus voller Kraft noch einmal und noch einmal zu, immer mit dem Rücken des Beiles und immer auf den Scheitel. Das Blut strömte heraus wie aus einem umgestoßenen Glase, und der Körper sank hintenüber gegen Raskolnikows Beine. Raskolnikow trat zurück, ließ ihn vollends hinfallen und bückte sich sogleich zu ihrem Gesichte; sie war bereits tot.

   Schuld und Sühne by Fjodr Michailowitsch Dostojewski
   E-text at Projekt Gutenberg-DE Spiegel Online


(D2)
Da schlug er sie zum zweiten- und zum drittenmal immer mit dem Beilrücken und immer auf den Scheitel. Das Blut lief wie aus einem umgefallenen Glas, und der Körper fiel auf den Rücken. Er trat etwas zurück, ließ dem Körper Zeit, ganz umzusinken, und beugte sich dann über ihr Gesicht; sie war tot.

   Fëdor Michajlovič Dostoevskij
   Verbrechen und Strafe (Schuld und Sühne)
   E-text at Zeno.org


 Video 3 
罪と罰 (1970) ソ連映画
Crime and Punishment (1970) an USSR film
Crime_and_punishment_lev_kulidzhano
監督: レフ・クリジャーノフ 出演: ゲオルギー・タラトルキン、タチアナ・ベードワ、ヴィクトリア・フョードロワ ビデオの埋め込みは禁じられています。ご覧になるには 
 ここをクリック  引用箇所に対応する犯行シーンは 23:00 あたりから。 Uploaded to YouTube by Fathreena on 4 Nov 2011. Directed by Lev Kulidzhanov. Starring Georgi Taratorkin, Tatyana Bedova, Viktoriya Fyodorova. Embedding disabled by request. To watch the video  CLICK HERE  The crime scene corresponding to the excerpt below starts around 23:00.


 Video 4 
罪と罰 (1935) アメリカ映画
Crime and Punishment (1983) a US film

監督: ジョセフ・フォン・スタンバーグ 出演: ピーター・ローレ(ラスコーリニコフ役)、エドワード・アーノルド、マリアン・マーシュ 引用箇所に対応する犯行シーンは 20:05 あたりから。 Uploaded to YouTube by DoctorBritches on 24 May 2012. Directed by Josef von Sternberg. Starring Peter Lorre (as Raskolnikov), Edward Arnold, Marian Marsh. The crime scene corresponding to the excerpt below starts around 20:05.


■ロシア語原文 The original text in Russian

Тут он изо всей силы ударил раз и другой, всё обухом и всё по темени. Кровь хлынула, как из опрокинутого стакана, и тело повалилось навзничь. Он отступил, дал упасть и тотчас же нагнулся к ее лицу; она была уже мертвая.

   Федор Достоевский - Преступление и наказание
   E-text at:
   * RussianLessons.net
   * ilibrary.ru


■著者名の日本語表記のゆれ
 Transliteration variations of the author's surname in Japanese

   ドストエフスキー………亀山 2008
   ドストエフスキー………小泉 1990
   ドストエフスキー………原 1978
   ドストエフスキー………小沼 1971
   ドストエフスキー………工藤 1968, 1987, 2004
   ドストエフスキー………江川 1966, 1999
   ドストエフスキー………内田 1892, 1913, 1972, etc.
   ドストエフスキイ………北垣 1974, 1976, etc.
   ドストエフスキイ………池田 1963, 1994
   ドストエーフスキイ……米川 1952, 1959, 1969
   ドストエーフスキイ……中村 1928, 1958

   [参考]
   ドストエフスキー………NHKことばのハンドブック第2版 2005
   ドストエフスキー………広辞苑第5版 1998(単行本CD-ROM版
   ドストエフスキー………平凡社大百科事典 1985


■What's in a name? 著者名の英語表記のゆれ

  * What's in a name? Or how do I pronounce and spell....
 
   Dostoyevsky   -- Sidney Monas, 2006
   Dostoyevsky   -- David McDuff, 2002
   Dostoyevsky   -- Jessie Coulson, 1995
   Dostoevsky     -- Constance Garnett, 1917

   Cf.
   Dostoyevsky   -- Encyclopaedia Britannica, 2006
   Dostoevsky    -- Wikipedia, 2006
   Dostoevsky    -- The New Oxford Dictionary of English, 1998
   Dostoevskii    -- 広辞苑第5版 1998(単行本CD-ROM版
   Dostoevskii    -- 平凡社大百科事典 1985


■外部リンク External links

 [en] English
   * Dostoevsky Research Station
   * "Crime and Punishment" manga page at TezukaOsamu@World
   * Crime and Punishment (manga) - Wikipedia

 [ja] 日本語
   * Seigoさんによるサイト「ドストエフ好きーのページ
   * 『罪と罰』 惨殺シーン比較(2003-09-06 - こせきの日記)
   * 『罪と罰』読むならどっち?岩波VS新潮
   * Bookshelf/Entertainment - Sacred Journey
   * TezukaOsamu@World -罪と罰-


■更新履歴 Change log

2013/03/15 Sidney Monas 訳、David McDuff 訳、および Jessie Coulson 訳。
         これら3種類の英訳の訳文を挿入しました。また、つぎの4本の
         YouTube 動画を追加しました。
         1) 『罪と罰』 (2002) 監督: ジュリアン・ジャロルド
         2) 『罪と罰』 (1983) 監督: アキ・カウリスマキ
         3) 『罪と罰』 (1970) 監督: レフ・クリジャーノフ
         4) 『罪と罰』 (1935) 監督: ジョセフ・フォン・スタンバーグ
2010/07/23 表紙画像を追加しました。
2008/12/24 亀山郁夫=訳 2008/10 を追加しました。
2008/01/22 北垣信行=訳 1976/10、米川正夫=訳 1959/11、および
         内田魯庵=譯 1972/10 を追加しました。また、手塚治虫に
         よるマンガ化作品について、さらに書誌情報とリンクを追加しました。
2008/01/21 手塚治虫によるマンガ化作品についての書誌情報を補足しました。


« 1 Crime and Punishment
« 1 罪と罰

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ翻訳ブログ人気ランキング参加中

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

■DVD 

|

« Антон Чехов - Кто виноват? / Who Was To Blame? by Anton Chekhov チェーホフ 「臆病なのは誰のせい?」「だれの罪か」 | Main | The Captain of the Polestar by Arthur Conan Doyle コナン・ドイル「ポールスター号の船長」「北極星号の船長」 »

Comments

Hi

First of all let me introduce myself.

My name is Vyacheslav. I'm a Russian tutor.

I found on your website a number of useful links to Russian Language resources

I have a website of my own http://www.russian-plus.com :

Online video and audio Russian language lessons, podcasts and grammar

I make great Russian lessons and update it often.


thank you

Vyacheslav

Posted by: Vyacheslav | Friday, 12 March 2010 at 03:51 AM

Hello, Vyacheslav.

Many thanks for your comment and the link to your website. I watched your video on Russian alphabets and I like it. It is very well organized and easy to learn. I will visit your site again later. Thanks again.

tomoki y.

Posted by: tomoki y. | Friday, 12 March 2010 at 07:46 AM

Catalina, lol?!? http://insurances-names.info

Posted by: jarvi insurance | Tuesday, 30 November 2010 at 11:27 AM

Hi there! Would you mind iif I share your blog with my facebook group? There's a lot of people that I think would really enjoy your content. Please let me know. Many thanks

Posted by: luggage sets | Tuesday, 01 October 2013 at 05:33 AM

I was excited tto uncover thks page. I want to too thhank you forr your time for this wonderful read!! I definitely savored every little bit oof it and I have you saved to favv to cjeck out neww thinngs in your web site.

Posted by: onlycocktaildresses.com | Tuesday, 01 October 2013 at 01:51 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58807/17733802

Listed below are links to weblogs that reference Федор Достоевский - Преступление и наказание (2) Crime and Punishment by Fyodor Dostoevsky (2) ドストエフスキー 『罪と罰』 (2):

« Антон Чехов - Кто виноват? / Who Was To Blame? by Anton Chekhov チェーホフ 「臆病なのは誰のせい?」「だれの罪か」 | Main | The Captain of the Polestar by Arthur Conan Doyle コナン・ドイル「ポールスター号の船長」「北極星号の船長」 »