« Johnny Depp Again from Charlie and the Chocolate Factory ジョニー・デップふたたび(『チャーリーとチョコレート工場』より) | Main | コソボを見て備前を思い出す。 »

Monday, 18 February 2008

Sternstunden der Menschheit by Stefan Zweig ツヴァイク / ツワイク 『人類の星の時間』『人類の星の瞬間』『人生の星輝く時』

■はじめに Introduction

1912年、人類初の南極点到達をめざしたロバート・F・スコット率いる英国隊は、到達直前の地点で、ノルウェーのロアルド・アムンゼン(注)らの一行に、先を越されたことを知った。以下に引用するのは、そのときの模様を再現して描いたウィーン出身のユダヤ系作家シュテファン・ツヴァイクの著書から。

注: 「ロアルド・アムンゼン」の発音は、ノルウェー語原音だと「ロアール・アムンセン」のほうが近いらしい。


 Images 

↓ クリックして拡大 Click to enlarge ↓

a. 8960639_b b. Les_tres_riches_heures_de c. Scott03

■中國語譯(繁體字)Translation into traditional Chinese
 
   《人類的群星閃耀時》
   作    者:  舒昌善/斯蒂芬.茨威格
   出 版 社:  廣西師範大學出版社
   出版日期:  2004年8月
   I S B N:   756334912
   More details at 蔚藍網上書店 (welan.com.tw)


■中国語訳(簡体字)Translations into simplified Chinese

(C1) 張偉 2005

   《人类群星闪耀时:岁月中的决定时刻
   作  者:(奥)斯蒂芬·茨威格 著,张伟 译
   出 版 社:北京出版社
   出版时间:2005-1-1
   ISBN: 9787200050349


(C2) 彭浩容 2004

   《人类的群星闪耀时
   作  者: [奥]斯蒂芬·茨威格 著,彭浩容 译
   出 版 社: 中国言实出版社
   出版时间: 2004-9-1
   ISBN: 9787801285546


 Video 1 
Scott's Expedition 1912: A Slideshow

Uploaded to YouTube by allanhunter1964 on 21 Jun 2009.


■日本語訳 Translations into Japanese

(J1) 片山 1972
「ここには見るべき何ものもない。最近の数日間のものすごい単調なけしきから区別されるような何ものもない。」——ロバート・F・スコットが南極を初めてその目で見たときの叙述はただこれだけである。彼らの目が見さだめた唯一のいちじるしいもの、それは自然の産物ではなく、競争相手の手の業(わざ)であった。すなわち、それはノルウェーの国旗が立っているアムンゼンのテントであり、その国旗は、彼が人類のために征服した稜堡の上で無遠慮に勝ちほこってはためいていた。

   「南極探検の闘い—スコット大佐、90緯度 1912年1月16日」

  • ツヴァイク=著 片山敏彦(かたやま・としひこ)=訳 『人類の星の時間』 ツヴァイク全集5(全21巻) みすず書房 1972/11

(J2) 吾妻 1968
『ここには見るべき何ものもない。ここ数日間の恐るべき単調さから区別される何ものもない』——これが、ロバート・F・スコットが南極についてしたためた叙述の全部であった。彼らがここで発見したただ一つの特筆すべきことは自然のことではなく、競争相手の人間がなしとげたことについてであった——それはノルウェーの国旗がひるがえっているアムンゼンのテントであり、その国旗は彼が攻略した人類の塁壁の上に、尊大に勝ち誇ったようにはためいていた。

   「南極探検の悲劇—アムンゼンに一足遅れたスコット隊 1912.1.16」

  • ツヴァイク=著 吾妻雄次郎=訳 「人類の星の瞬間」 『人生の名著17』 全20巻 大和書房 1968/07 所収

(J3) 芳賀 1952
「ここには何一つ見るべきものはない。この數日來の怖るべき單調さと違つたものは、何一つない」——ロバート・F・スコットが南極について書いている描冩は たつたこれだけなのだ。そこで彼等が發見した唯一の驚くべきものは、自然によつて形造られたものではなく、敵對者であつた人間の手によつて造られたものであつた。それはノールウェーの國旗を建てたアムンゼンの天幕であり、その旗は翩翻として大膽にひるがえり、勝利を誇るかの樣に奪取しえた人類の歴史の城壁の上にはためいているのであつた。

   「南極の爭覇(スコット大尉、南緯90度)1912年1月16日」


■カタルーニャ語(カタロニア語)訳 Translation into Catalan


■スペイン語訳 Translation into Spanish

La única descripción que consta en su Diario es ésta: "Nada puede verse aquí que se distinga de la terrible monotonía de los últimos días." La única particularidad que descubren allí no es obra de la Naturaleza, sino de una mano rival: la tienda de Amundsen con la bandera noruega, que ondea insolente y victoriosa sobre la vencida fortaleza.


■フランス語訳 Translation into French


■英訳 Translations into English

(E1) Bangerter, 1999

   "The Battle for the South Pole" (Scott and Amundsen) in 1912


(E2) Paul & Paul, 1940
"There is very little that is different from the awful monotony of past days." This is all Robert Falcon Scott has to say about the South Pole. What they find there is not a product of nature, but a thing made by the hands of men : a tent. Amundsen's tent, flying the Norwegian flag. The bunting streams impudently and triumphantly in the breeze.

   Quest of the South Pole: Scott reaches the Pole, January 16, 1912.

   More details at:


■ドイツ語原文 The original text in German

»Nichts ist hier zu sehen, nichts, was sich von der schauerlichen Eintönigkeit der letzten Tage unterschiede« – das ist die ganze Beschreibung, die Robert F. Scott vom Südpol gibt. Das einzig Seltsame, das sie dort entdecken, ist nicht von Natur gestaltet, sondern von feindlicher Menschenhand: Amundsens Zelt mit der norwegischen Flagge, die frech und siegesfroh auf dem erstürmten Walle der Menschheit flattert.

   Der Kampf um den Südpol - Kapitän Robert F. Scotts tragische Expedition
   zum Südpol (16. Jänner 1912)

The original edition contained only five (fuenf) episodes. Zweig later added seven more sketches to make a total of twelve (zwoelf). The following is the data for the first edition:

   Sternstunden der Menschheit: Fuenf historische Miniaturen
   by Stefan Zweig, 1927
   Cf.


■スコット自筆の言葉 Scott's own words

ツヴァイクがドイツ語に訳して引用している、スコット自筆の日記の一節の原文は、つぎのとおり。
Scott's own writing in his diary, the German equivalent of which was quoted by Zweig, is as follows:

   (...) there is very little that is different from the
   awful monotony of past days.

   Source:
   "Doomed Expedition to the South Pole, 1912"
   EyeWitness to History, www.eyewitnesstohistory.com (1999).


■その後 Thereafter

  • スコットの一行はアムンゼン隊より35日遅れて南極点に到達。その帰途、遭難して全員凍死した。捜索隊によって、遺体とともに、スコット直筆の日記や手紙が見つけられた。
  • アムンゼンは南極点初到達の16年後、遭難した飛行士たちを捜索中に自身が行方不明となった。乗っていた飛行艇の墜落事故により死亡したと推定されている。遺体は見つかっていない。
  • 著者ツヴァイクは、この本の初版を出した7年後に、ナチを逃れてオーストリアを脱出。イギリス、アメリカを経て、1942年、最後の亡命先ブラジルで2人めの妻といっしょに服毒自殺した。ヨーロッパの戦況などを悲観したものと考えられている。

■読者の感想 Some readers' comments on Zweig's book


■わたしのコメント My comment

   英雄には悲劇が似合う。


 Video 2 
Great Adventurers: Robert Falcon Scott (1999)

Uploaded to YouTube by calculus1968 on 18 Jun 2009. Profile of Captain Robert Falcon Scott with Sir Ranulph Fiennes from Great British Explorers.


 Video 3 
Ninety Degrees South / 90° South (1933)

Uploaded to YouTube by riverbanksy on 21 Aug 2011. Written, Directed, Filmed & Commentated by Herbert G. Ponting. Copyright: National Film & Television Archive (UK).


■外部リンク External links

  • [de] Sternstunden der Menschheit - Wikipedia ドイツ語
  • [de] Stefan Zweig - Wikipedia (1881-1942) ドイツ語
  • [en] Stefan Zweig - Wikipedia 英語
  • [ja] シュテファン・ツヴァイク - Wikipedia 日本語

■更新履歴 Change log

  • 2013/08/22 ドイツ語原文を挿入しました。
  • 2013/04/25 つぎの3本の YouTube 動画を追加しました。
    1. Scott's Expedition 1912: A Slideshow
    2. Great Adventurers: Robert Falcon Scott (1999)
    3. Ninety Degrees South / 90° South (1933)
  • 2013/04/03 スペイン語訳の訳文を挿入し、書誌情報を補足しました。
  • 2008/03/08 吾妻雄次郎=訳 1968/07 を追加しました。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ翻訳ブログ人気ランキング参加中

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■和書 Books in Japanese

■DVD
  

■洋書 Books in non-Japanese languages
  
  

|

« Johnny Depp Again from Charlie and the Chocolate Factory ジョニー・デップふたたび(『チャーリーとチョコレート工場』より) | Main | コソボを見て備前を思い出す。 »

Comments

Dorothea is the best... Jeanette http://essex-insurance.info

Posted by: empire health insurance | Saturday, 11 December 2010 08:31 pm

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Sternstunden der Menschheit by Stefan Zweig ツヴァイク / ツワイク 『人類の星の時間』『人類の星の瞬間』『人生の星輝く時』:

« Johnny Depp Again from Charlie and the Chocolate Factory ジョニー・デップふたたび(『チャーリーとチョコレート工場』より) | Main | コソボを見て備前を思い出す。 »